FC2ブログ

2017年04月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2017年04月

2017年04月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2017-04-29新刊
ぷちぱら文庫 2017/4/28分の新刊購入しました♪「JuiCy妹☆変態パコりっくす 目指せ! モテカワHなオンナノコ♪」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 JuiCy妹☆変態パコりっくす 目指せ! モテカワHなオンナノコ レビューブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

2017-04-27美少女文庫 「た行」
年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! (美少女文庫)posted with amazlet at 17.04.27葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の?性欲ダダ漏れな男子学生です(汗)そんな彼に突然、ふたりの姉が増える事に!?見た目が自分よりも若く見えるけども、母性一杯な姉たちに主人公は甘えてしまう事になる展開です。 登場ヒロイン登場するヒロ...

記事を読む

2017-04-26美少女文庫 「ら行」
竜王子のハーレムタワー~嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します~ (美少女文庫)posted with amazlet at 17.04.26朱月 十話 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、人間ではなく竜人の少年であり、一国の王子でもあります。しかし、竜として主人公の力は弱々しい物であり、落ちこぼれと評されているのが現実でした。そんな主人公は、次期皇帝の最有...

記事を読む

2017-04-25美少女文庫 「か行」
クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム (美少女文庫)posted with amazlet at 17.04.25天乃 聖樹 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。舞台は、男性の立場は家畜以下と言っても過言ではない扱いをされる世界。女性上位の世の中で、主人公は男として虐げられた生活を送っていました。そんな中、主人公は自分がかつて女性を征服していた鬼畜王と呼ばれる...

記事を読む

2017-04-22新刊
美少女文庫 2017/4/20分の新刊購入しました♪「年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! 」「クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム」「クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム」昨日、買ったんですが、体調を崩してしまい、掲載できてませんでした。まだ体調が完全ではないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞ美少女文庫 年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! レビュ...

記事を読む

2017-04-18ぷちぱら文庫
世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす (ぷちぱら文庫Creative 163)posted with amazlet at 17.04.18愛内なの パラダイム (2017-04-14)Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、元々ブラック企業に勤め、過酷な勤務にすっかりボロボロになってしまっていた社会人です。...

記事を読む

2017-04-16新刊
ぷちぱら文庫 2017/4/14分の新刊購入しました♪「世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす レビューブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

2017-04-13オトナ文庫
処女ビッチだらけのテニス部合宿! アタシが処女だって証拠がドコにあんのよ!? (オトナ文庫 64)posted with amazlet at 17.04.13K-TOK パラダイム (2017-03-10)売り上げランキング: 16,318Amazon.co.jpで詳細を見る2017年3月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、これといって目立たない男子学生です。そんな彼は、姉妹も所属しているテニス部でマネージャーとして活動していますが、テ...

記事を読む

2017-04-05ぷちぱら文庫
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット (ぷちぱら文庫 252)posted with amazlet at 17.04.05遊真一希 パラダイム (2017-03-31)Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、退魔士を養成する学園に所属しているものの、落ちこぼれの学生です。そんな主人公の目下の楽しみは、同じ学園に所属する「精霊皇女」の異名を持つ、退魔騎士の「...

記事を読む

2017-04-04ぷちぱら文庫
引きこもりの妹が身体で家賃を払おうとしてくるんだが!? (ぷちぱら文庫creative 162)posted with amazlet at 17.04.04橘トラ パラダイム (2017-03-31)Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、一人暮らし中の大学生です。そんな彼のアパートに、実家にいるはずの妹「芽衣」...

記事を読む

ぷちぱら文庫 2017/4/28分 新刊購入

  •  投稿日:2017-04-29
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2017/4/28分の新刊購入しました♪

「JuiCy妹☆変態パコりっくす 目指せ! モテカワHなオンナノコ♪」
JuiCy妹☆変態パコりっくす ?目指せ! モテカワHなオンナノコ♪? (ぷちぱら文庫 253)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 JuiCy妹☆変態パコりっくす 目指せ! モテカワHなオンナノコ レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

美少女文庫 年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! レビュー


年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! (美少女文庫)
4月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の?性欲ダダ漏れな男子学生です(汗)
そんな彼に突然、ふたりの姉が増える事に!?
見た目が自分よりも若く見えるけども、母性一杯な姉たちに主人公は甘えてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 橋永 風美」(はしなが ふみ)
  • 橋永 葉実」(はしなが はみ)
がいます。

風美は、主人公の姉代わりになった女性です。
年齢に比べて子供っぽい容姿をしており、感情表現も豊かなために余計に愛らしさを感じさせる存在です。

葉実は、風美の姉です。
こちらも風美と同じく見た目が子供っぽい姿をしています。
普段から丁寧な言葉使いをするしっかり者でもありますが、かなりしたたかな面も…。

ストーリー展開


展開的には、主人公にふたりの姉が出来る事になる流れですね。
…超展開(汗)

元々、主人公には姉などいません。
何故そうなったのかは、主人公の父親が交通事故に遭った事がきっかけでした。
相手方も同じ様に怪我をして入院した訳ですが、その際に主人公を無視して話が決まっていき、最終的に向こうの家族である風美、葉実のふたりが主人公の家に厄介になるという事に決まったのでした(汗)

こうして、彼女たちと共同生活を送る事になった訳ですが、何より驚いたのは彼女たち姉妹が主人公よりも年上だった事(汗)
彼女たちも主人公を、実の弟の様に可愛がってくれたんですね。
しかも、その可愛がりっぷりは今日が初対面とは思えない程に甘く親密なもので、主人公はすっかり骨抜きに。

そんな中、ある事件が姉妹との関係を大きく変える事に。
姉妹と同居する前に意気揚々と通販で頼んでたオナホールが姉妹にバレてしまったのです(汗)

もう、おしまいだと絶望する主人公でしたが、風美の謎のフォローから、話はおかしな方向に…。
母親がいないので、恋しいのではという謎の発想から、彼女のおっぱいを吸う、謎の展開に(汗)
更に、それだけでは終わらずに最終的には本番行為まで至ってしまい、もはや姉弟じゃないけども、姉弟じゃない関係になってしまったのです。

そこに葉実も加わり、姉たちの過剰ともいえる関係がエスカレートする流れですね。

…今更なんですけども、タイトルのバブみって何なんですかね?(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所は、主人公に異常に母性愛を発揮する姉妹の姿でしょうか。
何故か、お姉ちゃんを通り越して、お母さんになってあげるとか言っちゃうレベルですからね(汗)

ちなみに、葉実は「ママ」、風美は「おかあさん」という謎のこだわりが存在します(汗)
まぁ、母性って意味合いでは違いはないんでしょうけども、中々ママ呼びってのも厳しいものがありますねぇ。
主人公も、甘えながらも結構ダメージを受けてましたからね(汗)

その一方で、姉妹をそう呼んで行為をするってシチュエーションに、とんでもなく高ぶっているのもまた確かでもありましたけどね。

私には主人公は、ただのエロ馬鹿男子にしか見えないですが、どうも姉妹的には違う様で(汗)
彼女たちには、主人公が実は母親がいなくて無理をしているのではみたいなのが感じられていたそうで、それをどうにかしようとして結果がアレだったみたいですね(汗)
まぁ、彼女たち自身も何だかんだ楽しんでいますけどね♪

こんな可愛らしい見た目に反して、中々のいやらしさを持った姉妹なのも、たまりませんね。
年齢的には、そういう事に興味津々でも何ら問題ない年齢ですもんね。
相当ドスケベな主人公も、思わず気圧される程に時には淫らな姿を見せてくれますね♪

この見た目だから、余計に淫らに卑猥に感じてしまうんですよね(汗)
まぁ、素直な風美はまだしも、葉実は自分がそうする事で破壊力があるってのをよく理解してやっているってのが、また…(汗)

どうしても女性陣を母的な存在として扱うために、甘えさせてくれる展開が多めかな?
とは言え、主人公も時には暴走してかなり姉妹をハードに扱う事もあったりするので、全部が全部向こうに主導権があるって訳ではないですね。
まぁ、姉妹もそれをしっかり受け止めちゃう辺りが凄い訳ですが(汗)

その分、濃厚な匂い立つ様なねっとりとした行為描写が、ママとかとのギャップを強く感じさせますね。
挿絵の効果もあって、生々しく感じにくいけども、実際は相当な濃さでしょうねぇ(汗)

ある程度、進むと姉妹一緒の行為展開になっていきますね。
まぁ、最初から仲が良い姉妹でしたし、多少主人公を巡って張り合う様なシーンも見られたものの、お互いに主人公を溺愛しているので、揉める事もなかったですね。

姉妹息の合った行為ややり取りなどは、見所でもありますね。
一緒だと彼女たちの個々の違いも垣間見えて、また面白いですね。

挿絵


挿絵は「ひなたもも」さんが手がけています。
美少女文庫でも、お馴染みな方ですね。

表紙絵でも分かる様に、可愛らしい絵柄が印象的ですね。
どちらかと言えば、妹系の作品のイメージが強かったんですが、今作は姉であり母って事に(汗)
まぁ、妹に見える容姿なので問題ないですな(?)

またこの人の絵柄って、可愛らしいんですけども、かなり汁気描写などの激しい絵柄なんですよね。
なので、キャラクターの愛らしさとHのギャップが魅力でもある訳ですが、今作でもそれは健在ですね♪

やはり姉妹の見た目に注目が行きがちですけども、何気に格好も見所ですね。
何故か、初等部の制服(違和感なし)姿になったり、動物コスプレみたいな姿にもなったりしますね。
こんな格好が似合ってしまうのも、年齢を考えたらすごい事ですな(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、テンションなどが妙に高い勢いで突っ走った作品だったかな(汗)
まぁ、このヒロインたちとHしようなんて、普通のキャラでは勢いがないと中々できないでしょうからねぇ(汗)

当然というか、この容姿というか、見た目、ノリについていけないと中々楽しめないかも知れないですね。
まぁ、表紙絵見たら大体分かるでしょうから、そこら辺は問題じゃないか(汗)

女性に甘えたい人向けかなとも思うんですが、しかし見た目は自分よりも若く見えるという、特殊なヒロインたちなので、いかにもお姉さん系のヒロインの方が好きな場合は違和感があるかも?(汗)
決して万人向けな作品ではないでしょうが、ハマる人にはハマる作品だとは思いますね。

強引な展開で勢いで突っ走っていくだけに、細かい事を気にしないなら大丈夫でしょう(汗)

Amazon版 電子書籍
年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! (美少女文庫)

DMM 電子書籍
年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 竜王子のハーレムタワー 嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します レビュー


竜王子のハーレムタワー~嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します~ (美少女文庫)
4月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、人間ではなく竜人の少年であり、一国の王子でもあります。
しかし、竜として主人公の力は弱々しい物であり、落ちこぼれと評されているのが現実でした。

そんな主人公は、次期皇帝の最有力とされる「ユスティリニア」に目を付けられてしまい、決闘を申し込まれてしまう事に…。
このままでは、確実に命を落とすのが目に見えている主人公は、決戦までの時間に何とか力を蓄えようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • シャルム=ウル
  • レーゼ=スピアラン
  • ミリス=ウル
  • ユスティリニア=クリューヌ
がいます。

シャルムは、主人公の姉です。
家の中でも、最も能力のある存在であり、強力な力を有しています。
周囲には堅物で通っているものの、主人公の前ではひたすら激甘な溺愛っぷりを発揮しています。

レーゼは、唯一竜人ではなく、人間の女性です。
スピアラン王国の末の王女でもあります。
女だてらに竜騎士として、戦いたいと日々悶々としています。

ミリスは、主人公と同じウル家の六女です。
主人公たちとは違い、側室の娘という事で家の立場は低いです。
本来は主人公よりも若いのですが、成長が早く、見た目では主人公の方が若く見える状態でもあります。

ユスティリニアは、次期皇帝の呼び名の高い存在です。
その呼び名通り、最強種の竜でもあり、その力は驚異的な物があります。
冷静な面もあるものの、種として強力な力と闘争本能を有しているため、苛烈な面も。

ストーリー展開


展開的には、主人公が最強の存在のユスティリニアに目を付けられてしまい、力を得るために頑張るって流れですね。
かなりザックリ表現すると、そんな感じですかね(汗)

主人公たち、竜はそれぞれ素質を持って生まれて来るらしいんですが、主人公のそれは微妙な素質だったんですね(汗)
過去に前例が殆どない様な素質であり、それが開花した記録が過去にないという、未知数な素質を有していたのです。

まぁ、その素質の開花=進化のタイミングは個人差がある訳ですが、一生進化しない可能性もまたある訳ですな(汗)

また、困った事に主人公の家は一国を統べる名家であり、主人公は立場上王子でもある訳ですね。
しかし、王子である主人公の力は現状、ウル家の当主としてはふさわしくないってのが自他共に認める評価だったのです。
進化するまで待ってくれる猶予はなかったのです。

実際、姉であるシャルムの方が圧倒的な力を有しており、主人公も彼女に当主の座を譲る事にしたんですね。
しかし、事件はその当主の座を譲る事とした報告をするために、帝城に向かった最中に起こったのでした。

そこで鉢合わせとなったのが、次期皇帝に最も近いとされる、ユスティリニアでした。
何故か、そこで主人公は彼女に目を付けられてしまい、決闘を申し込まれてしまったのです(汗)
まぁ、決闘という表現ですが、力量差を考えればただの虐殺というか、文字通りに喰われるだけ…。

とは言え、主人公としても、ただ大人しく喰われる訳にもいきません。
彼女の決闘の日までに、少しでも素質を開花させ、進化しようと試みる事となる流れですね。


正直、何でいきなりユスティリニアに目を付けられたのかという説明は、この時点では特に説明されていないので何とも状況が分かりにくいんですよね(汗)
まぁ、ネタバレって言うと大げさですけども、彼女にも色々事情がある訳ですよ、これがね。
それゆえにこういう形でしか、主人公と絡めないって感じなんですかねぇ。

これだけじゃ、何の事か分からないとは思いますけども(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。

今作の見所としては、基本年上の女性陣との行為展開が多い点ですかね。
まぁ、正確にはミリスは大人びているものの、妹ですし、レーゼは竜である主人公との実年齢差はかなりあるでしょうが(汗)

物語的には、早く進化しなければいけないのに、Hしている場合かって話ですが、都合良い事に女性陣とHな行為をする事で強くなるみたいなお約束があるので、大丈夫です(汗)
なので、女性陣と戦う⇒お約束で当然勝つ⇒H⇒パワーアップという流れで、女性陣と関係を持っていく中で進化していく事になりますね。

まぁ、この流れは、姉であるシャルムやユスティリニアとの関係に至るまでには必須な流れでもあります。
彼女たち竜は、種の本能として自分よりも強い者にしか、その身を委ねない訳ですよ。
感情よりも、力の優劣が優先されるってのが、難儀な話ですが(汗)

逆に言えば、自分よりも弱い相手に好意を抱いても、その想いを遂げる事はできないという事でもあります。
なので、あそこまで主人公を溺愛し、甘やかしている姉のシャルムでも、フェラとか行為で射精させてはくれても、それ以上の本番行為は自制している事でも、それが彼女たちにとって絶対である事が窺えます。
つまり、彼女たちと関係を持つには、それ以上に強くなる必要がある訳ですね。

…ぶっちゃけちゃうと、つまりユスティリニアも、そういう事です(汗)
次期皇帝間違いなしな彼女は、ある理由で主人公に好意を寄せていた訳です。
しかし、そのままではその想いを遂げる事など不可能…、そこで自分以上強くなれって感じなのが、あの展開って訳ですよ(汗)

そう思うと、ある意味ではユスティリニアはかなりのツンデレキャラに見えますな(汗)

そういった経緯もあるだけに、行為をする段階ではもうヒロインたちとの関係性は逆転している様なものです。
何せ、自分を打ち負かしている男との行為となる訳ですから、既に心を奪われたようなものですからねぇ。
なので、甘々ベタベタって感じとはニュアンスが少し異なる雰囲気になっているかな?

主人公も進化を経て、だいぶ成長してますしね、頼れる男としての表情も垣間見えるようになったかな。
この著者作品の主人公像は、毎回妙にキラッキラしてて、個人的にはあんまり好みではないんですが、今作では若い少年って立ち位置がそれにハマった感はありましたね。
まぁ、この性格で最強になったら、それはそれで面白くない奴ですが、私的には(汗)

終盤では、全ヒロインとの行為のハーレム展開が描かれています。
正確には全員同時ではなく、人数を分けてだったりしているんですけども、まぁ、細かい事は良いでしょう(汗)

やはりというか当然と言うべきか、ユスティリニアの変化が一番ギャップがあるかな?
まぁ、彼女のこれまでの動機などを思えば、遂に想いが成就したって話な訳ですから、ベッタリ甘々になるのは分からなくもないですな♪
もはやデレしかない有様で、主人公をダーリンと呼ぶ様になるなど、最初とは違った姿を見せてくれますね。

挿絵


挿絵は「ぎうにう」さんが手がけています。
美少女文庫では、初めてですね、他のレーベルではたまに見ますが。

やはり他の作品同様に、独特の絵柄というか雰囲気を持っていますね。
特に瞳の描写が個性的で、印象的ですよね♪

今作でも、個性的で魅力あるヒロインたちを描いていますね。
今作のヒロインの大多数は、竜って事でファンタジー要素が強い世界観に負けない個性がありますね。
個人的には、ページの都合上難しいんでしょうけども、人形態じゃない竜の姿も見てみたかったかなぁ、

少年な主人公の顔も普通に描かれているので、苦手な人はご注意を。
まぁ、ある意味女性っぽい顔立ちしているので、そんなに気にはならないかとは思いますが(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、大仰な設定とか世界観の割には、スケール感があった様な無い様な話だったかな…。
動機が動機なだけにねぇ、元々主人公が何かをするって訳でもないしね、単に死にたくなかっただけだし(汗)
個人的には、何か回りくどくてそんなにハマらなかったんですね。

別にチート物でもないんですが、何故かそんな匂いも次第に…(汗)
最強になっていくお話なので、どうしてもそんな雰囲気になるんでしょうけどね。
まぁ、絶対勝つんだろうなぁと分かるだけに、ハラハラドキドキもしないですが…。

一方で女性陣に勝ってHしていくって流れなので、女性陣が主人公にメロメロになる流れは分かりやすいかな。
好みなタイプのヒロインがいるなら、中々楽しめるのではないでしょうか。

Amazon版 電子書籍
竜王子のハーレムタワー~嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します~ (美少女文庫)

DMM 電子書籍
竜王子のハーレムタワー〜嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム レビュー


クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム (美少女文庫)
4月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

舞台は、男性の立場は家畜以下と言っても過言ではない扱いをされる世界。
女性上位の世の中で、主人公は男として虐げられた生活を送っていました。

そんな中、主人公は自分がかつて女性を征服していた鬼畜王と呼ばれる存在の末裔である事を知る事に。
こうして、主人公は今の女性が支配する世界から男の立場を取り戻そうと、各国の女王を落とそうとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • リーシャ
  • アデル
  • ダフニ
  • グネヴィア
がいます。

リーシャは、エルフの国の女王です。
前女王が亡くなった事で、若くして女王の座についた事もあり、女王としては疑問符の付く状態です(汗)
感情に素直な性格で、暴走する事もしばしば…。

アデルは、獣人の国の女王です。
獣人らしく力がある奴が正しい的な、勝気で姉御肌な面があります。
しかし、認めた相手には従順な面も。

ダフニは、この世界で女性上位な教えを流布している、ファムルス教の総本山で聖女として崇められている存在です。
聖女らしく、落ち着いた性格の持ち主ですが、ある隠された面が…。

グネヴィアは、主人公の村を襲った大国の女王です。
気性が荒く、男性をゴミ以下の存在として認識しています。

ストーリー展開


展開的には、女性に虐げられている世界から男の立場を取り戻すために主人公が立ち上がるって流れですね。

この世界では、宗教の教えとして女性は優れた存在であり、男性は呪われた野獣といった存在ってのが、当たり前に浸透しているんですね。
そのため、いずれの国々も女性が女王として国を治め、男性は隅っこで固まり、肉体労働の駒としての存在であったのです。
ちなみに子供は、人工授精で誕生しているらしいですね。

まぁ、そんな世界なだけに男性として生を受けた瞬間から、もう過酷な人生が運命付けられてしまう世界ってのは酷な話ですねぇ(汗)

主人公も、そんな世界で他の男性陣たちと一緒に貧しくも生きてきた青年のひとりでした。
他の男性陣がすっかり女性に対し、従順となっていても、主人公だけは反骨心を持っていた稀有な存在でもありました。
しかし、女性は男性と違い、強い魔力を持っており、その力で男性は全く敵わない有様…。

そして、主人公たちの前に現れた存在が、主人公の微かな幸せを奪ったのです。
それは大国であるダウゼン帝国の女王、グネヴィアでした。

彼女は、ここに大罪人の血を引く男がいると、ここにいる住民たちを殲滅しにやって来たのです。
その危機を何とか脱した主人公ですが、ここで主人公は自分の出生の秘密を知る事となったのです。

何と、主人公はかつて女性を征服していた男性、鬼畜王と呼ばれる存在の末裔だったのです。

こうして主人公は、今の現状から男の立場を取り戻すために、各国の女王を物にしていく事にする流れですね。


こう書くと、結構重くてシリアスな感じなのかなって思うかもしれませんが、結構緩いです(汗)
主人公たちの村が魔法で襲撃された際も、阿鼻叫喚な状況下で村人が「ばんじーじゃんぷ」とかふざけた台詞を口にしてたりと、雰囲気ぶち壊しでしたからねぇ。
これ以外にも、結構要所要所でボケをかます場面があったりで、個人的には読んでてかなり白けましたが(汗)

この人のラノベは読んだ事ないんですが、こう言うノリが好きなのかな?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックス、自慰などがあります。

見所は、主人公が女王たちをHでメロメロにしていく過程でしょうか。
この世界では、長らく女性による支配が続いていただけに、性行為自体が存在しない世界な訳ですよね。
なので、性行為の経験は全員皆無。

そんな彼女たちを相手に、主人公がHのすばらしさを身をもって感じさせる訳ですな♪
皆、Hの気持ちよさを知れば、もうメロメロですからねぇ。

主人公も、鬼畜王に目覚めたせいか、特殊なスキルを使用できるようになり、それを使って女性陣とのHにこぎつける事になりますね。
まぁ、スキル云々の説明とか見てて、何とも恥ずかしいけども、本人は大真面目です(汗)

女性陣も生まれてこの方Hに関して知識などはなくても、女性としての本能はある訳ですね。
ちゃんと主人公の肉棒を見て、身体に反応が生ずる訳ですよ、生理的な興奮として。
でも、本人たちにはその感覚自体が初めての事なので、戸惑う事になる訳ですが。

主人公自体も、当然初めてのはずなんですが、割とあっさりと女性陣をメロメロにしちゃうのは、鬼畜王の為せる技なのか(汗)

女性陣は、ある意味ではHする状態にまで行けばもうクリアみたいなものなので、そこまで行っちゃえば余裕ですね。
後は男とのHでメロメロにしてしまえばいいだけですからね。
なので、Hシーンで抵抗するってヒロインは基本いなかったのは、やや物足りなさがあったかもしれません。

実際、人数も4人なので、割と初回の行為だけでアッサリ堕ちてしまうので、歯応えはなかったですね(汗)
グネヴィアも、そこまで抵抗してこなかったってのもあり、全員チョロイと感じるレベルですね。


あ、鬼畜王ってあるので、結構ドS的な事を考えるかもしれませんが、別にSって感じでもなかったですね。
まぁ、そもそも女の敵って意味合いでの鬼畜王って呼ばれ方っぽいニュアンスなので、行為が鬼畜って訳ではないですね。
てっきり鬼畜主人公かぁ、また俺様系主人公なのかと食傷気味だっただけに、良い意味で予想を裏切られましたね(汗)

女性陣も経験がないから、そんなに歯応えもないですし、鬼畜である理由もないですな。

終盤では、全員交えてのハーレム展開になりますね。
この時点ではすっかりメロメロ状態になっているので、もう普通の女性と変わらないですな(汗)
女王らしい威厳などかなぐり捨てて、我先へと主人公との行為をせがむ姿は見所でもありますね。

てっきりメインヒロインは、動機的にある意味グネヴィアかと思ってたんですが、エルフのリーシャっぽいかな?
やはり最初の女性ヒロインってのは、出番的にも美味しいですからねぇ♪
彼女は、分かりやすい性格ってのもヒロインっぽいし(汗)

でも、基本的には行為回数が全員さほど差がないので、あんまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

挿絵


挿絵は「さとーさとる」さんが手がけています。

美少女文庫では、もうお馴染みですね♪
ヒロインたちが全員可愛らしい女性陣の姿なので、そんなに嫌な奴感も薄いので、読みやすいのではないでしょうか。
そもそも勝気な表情の前に大体、涙浮かべてはしたない姿になっている絵しかないので、可愛らしい感情しかないですな(汗)

個人的には、グネヴィアとアデルが少し褐色の肌なんですが、挿絵ではかなり薄かったので、もう少し濃くても良かったかなって思いましたね(汗)
4人一緒に並んでも、そんなに目立たないレベルなので…。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトルで鬼畜王などとあるので、どんな作品かと思ってたんですが、そんな鬼畜じゃない仕上がりで良かったです。
逆に、そこの部分で惹かれた場合は肩透かしも良い所でしょうが…(汗)

比較的緩くコミカルな面も、垣間見えるだけに、サラッと読みやすく進みますね。
変に構えずに気楽に読めると言う意味では、そんなに悪くはないかとは思います、内容も特にないけども(汗)

まぁ、人数が4人なので個々のヒロインの描写が若干弱めだった感は否めないかなぁとは思いましたが…。
でも、結構のどのヒロインも好みなだけに、誰を外すかは難しいですねぇ…。
うーん、ストーリーにあんまり絡まない、アデルかなぁ…(汗)

Amazon版 電子書籍
クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム (美少女文庫)

DMM 電子書籍
クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 2017/4/20分 新刊購入

  •  投稿日:2017-04-22
  •  カテゴリ:新刊
美少女文庫 2017/4/20分の新刊購入しました♪

「年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! 」
年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! (美少女文庫)
「クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム」
クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム (美少女文庫)
「クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム」
竜王子のハーレムタワー~嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します~ (美少女文庫)

昨日、買ったんですが、体調を崩してしまい、掲載できてませんでした。
まだ体調が完全ではないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
美少女文庫 年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! レビュー
美少女文庫 竜王子のハーレムタワー 嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します レビュー
美少女文庫 クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす レビュー


世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす (ぷちぱら文庫Creative 163)
4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、元々ブラック企業に勤め、過酷な勤務にすっかりボロボロになってしまっていた社会人です。
そんな彼は、気づけばいわゆるファンタジー的な世界に転生していたのです(汗)

こうして、この世界よりも進んだ知識を有していた主人公は、メキメキと頭角を現す事となり、勇者的な存在へ…。
そして、世界を救った主人公は、後はのんびりしたいとスローライフを始め、女性陣とHな事ばかりする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ロミー
  • セラフィーナ」(以下セラフ)
がいます。

ロミーは、主人公のメイドとして雇われた少女です。
純朴で素直な性格の持ち主です。

セラフは、エルフの女性です。
以前、主人公が旅の途中で出会っており、その際に恩義を感じていました。
主人公を追いかけて、やって来る事に。
生真面目な性格ゆえに変な空回りも(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公が転生して、大活躍後に悠悠自適な生活を送る流れですね。
ぷちぱら文庫ってか、愛内作品の代名詞となった、お馴染みのチート転生主人公物ですな(汗)

お約束で主人公は、元の世界ではあんまりいい環境に居なかった訳ですね。
まぁ、そこの居心地が良ければ、別に無理して、異世界転生する必要なんかないしね(汗)
んで、すっかり過酷な状況に疲れ果てていた主人公は、気づいたら異世界に転生していたって話ですね。

主人公は以前の知識を持っているだけでも、相当な優位性がある訳ですが、更にこの世界で魔法も習得し、天才的な才能を発揮したのです。
魔法だけではなく剣技も習得し、いつの間にか勇者として周りから注目を浴びる存在へとなっていった訳ですね。

こうして、勇者として魔王を討伐の旅に出た主人公は、8年がかりで遂に魔王を倒し、世界を救ったのでした!
…って事が、転生してから5ページ程度に描かれています。
これで8年がかりとか言われても、何も感慨などありませんけどね(汗)

まぁ、チート転生系としては、ここからが本番な訳ですからね。
こうして平和になった訳ですが、戦時なら頼られた勇者という存在も平和になれば、国からしたら煙たい存在…。
権力者からは厄介者扱いされる事になるのを恐れた主人公は、辺境の領主として、そこに居を構え、のんびりと自由な生活を送る事を決意したのでした。

そこで主人公は、憧れであるメイドであるロミーを雇う事にし、イチャイチャH生活を満喫する事になる流れですね。
後から、更に以前の知り合いであるエルフのセラフも参戦し、よりH三昧な生活を送る事になりますね。


…しかし、毎回この人の作品を読むたびに思いますが、いつもプロローグがHシーンで始まり、んで、次の章から経緯説明って流れですな。
こういうテンプレートが出来上がっているんでしょうねぇ、そうじゃないと毎月作品出せないよね(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所は、辺境の地で悠悠自適なHな生活を過ごすところでしょうか。
そのために、ロミーをメイドとして雇う事になる訳ですしね♪

ちなみに、主人公は童貞です(汗)
この世界では若くして勇者として戦っていた訳で、そんな余裕もなかったですしねぇ。
実際には、世の中には主人公を誘惑する女性も数多くいたものの、そこには下心が見え見えな女性ばかりが迫ってただけに、そういう女性にはうんざりしてたってのもありますけどね。

それだけに、メイドとして雇う事になるロミーは、純粋な性格ですっかりお気に入りに♪
とは言え、いきなりすぐさまHという訳にはいかないですけどね(汗)
お互いに経験のないふたりなだけに、何とも初々しいテンポでの進展となっていきますね。

本番行為こそないものの、ロミーの身体を愛撫して、彼女に初めての感覚、快感を与える事は早くからしていましたけどね。
本当に彼女は性的に疎かったので、そこから初めていくのが結果的にも効果的だったんでしょうね。
主人公もまた童貞で経験がないから、こういう形を経て、女性への扱い方を理解していく事にも繋がっていますね。

まぁ、魔法とかも習得が早い天才肌な主人公なだけに、Hのテクニックの覚えも良いでしょうしね(汗)
なので、中盤辺りまでは本番行為自体が行ってはおらず、愛撫に留まっていますね。
それでも、ロミーから主人公への愛撫って事でフェラなどの行為は描かれていましたので、そこまで物足りなさはないとは思いますが。

特にフェラシーンでは、まだまだ不慣れながらもロミーの主人公への想いが伝わりそうな熱心さで肉棒を吸いたてる彼女の姿が印象的でしたね♪

その後は、エルフのセラフも登場し、賑やかになりますね。
ここら辺でようやく本番行為も解禁となり、ヒロインたちとの関係も大きく進展する様に。
ヒロイン同士も、最初はお互いを意識してぎこちない所はあったものの、別に主人公を巡って~みたいな感じではないですね(汗)
そのぎこちなさも、次第に解消され、仲の良さも見える様になります。

個人的には、エルフのセラフの方が好みかなと思うんですが、気持ち扱い的にはやはりロミーが上っぽいのかな(汗)
途中参戦だしねぇ、そこら辺は仕方ないのかなって感じですが…。
まぁ、この手のキャラは中々本命にならないですしねぇ、永遠の二番手というか(汗)


ちょっと残念だったのは、シーンによってヒロインたちとのHシーンが端折られて、最後までしっかり描かれていない事がある事ですかね。
あるシーンでは、パイズリやフェラで射精するんですが、その後本番に突入して二発分、膣内に射精したみたいな文章だけで済まされているんですよね(汗)
ヒロインの人数が多い場合は、これでも仕方ないかなとは思うんですが、今作はふたりだけなのでしっかり最後まで描いて欲しかったかな、と。

Hシーン以外の日常シーンでの描写が割と多かったのも影響しているのかな?
まぁ、全部のシーンで端折られている訳ではないので、そこまで気にする程度ではないとは思いますけどね。

終盤では、ヒロインふたり一緒になってのハーレム展開となります。
別に最初からいがみあってた訳でもないヒロインたちですが、更に仲良しになっているだけにふたり一緒での行為でも信頼関係の強さは見て取れますね。
行為中にも、息の合った動きを見せたり、興奮に駆られてキスしちゃったり♪

挿絵


挿絵は「あきのそら」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みの方ですね♪

行為中のキラキラと輝く女性陣の姿は、愛らしさも含みつつも、年齢以上の色気も感じさせますね。
まぁ、セラフはエルフなので、実年齢は凄い高いんでしょうけども(汗)

行為シーンによっては、フェラの際のはしたない音などが描き文字で描かれています。
本番シーンでも、描き文字のある場面があり、より視覚的興奮を煽りますね。
でも、全部のシーンに描き文字が入っている訳ではないので、ないとちょっと寂しく感じますね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、いつも通りな作品でしたね。
正直、他の愛内作品を読んでいる人には目新しい物は特にないかと思います(汗)
さすがに似たような内容の作品を短期間に出し過ぎている様な気がしますね。

話もこれといったパンチがなく、印象に残らないかな(汗)
ぶっちゃけ転生する必要もないですしねぇ、この世界で普通に勇者で良い気もするし。
結局、平和になった後の余生の話な訳ですから、そこに転生云々はそこまで関係ないですしね。

そもそもチート転生主人公系の作品は、敵無しになるので、結局は平和になった後の生活話(H三昧)になりがちな訳ですよね。
なので、これも他の作品も似たり寄ったりになるのは当然でしょう。

酷くつまらないとまでは言いませんし、普通かなって思いますが、特別そこまで良くも…。
ヒロインの魅力で何とかなっている作品かなと言うのが、正直な感想でしょうか(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 2017/4/14分 新刊購入

  •  投稿日:2017-04-16
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2017/4/14分の新刊購入しました♪

「世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす」
世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす (ぷちぱら文庫Creative 163)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

オトナ文庫 処女ビッチだらけのテニス部合宿! レビュー


2017年3月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、これといって目立たない男子学生です。
そんな彼は、姉妹も所属しているテニス部でマネージャーとして活動していますが、テニス部としての成績は微妙…。
そんな中、テニス部で合宿を行う事になるのですが、そこで話の流れがおかしな方向になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 佐野 ありか」(さの)
  • 佐野 みあか」(さの)
  • 桐生 ゆかり」(きりゅう)
  • 犬伏 カレン」(いぬぶし)
  • 間野谷 桜子」(あいのや さくらこ)
がいます。

ありかは、主人公の姉でテニス部に所属しています。
テニス部ではエースとして活躍しています。
派手な容姿とファッションで華やかな存在として認識されていますが、男性との交流は殆どない模様。
勝気で素直ではない性格です。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

みあかは、主人公の妹でテニス部に所属しています。
小悪魔的な魅力を持った存在であり、ギャル的な格好を好み、男女の交友関係は広いです。
意外とお兄ちゃん子でもあります。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

ゆかりは、テニス部部長です。
ありかとは、共にエース的な存在で切磋琢磨している関係でもあります。
品行方正なお嬢様なので、生真面目で思い込んだら一直線な面も。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

カレンは、主人公のクラスメートでテニス部の女子です。
アジア系のハーフ少女で、褐色の肌が印象的な存在です。
かなりマイペースな性格の持ち主でもあります。
露出の多い衣装を好んだり、見た目の印象から遊び人と思われている節も。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

桜子は、主人公たちテニス部の顧問です。
おっとりした雰囲気に立派な巨乳の持ち主でもあります。
生徒思いなのですが、思い込みの激しい面も。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

ストーリー展開


展開的には、主人公たちテニス部が合宿する事になる流れですね。

まぁ、それだけではただのテニス物な訳なので、それだけではないですよ(汗)

主人公は、テニス部のマネージャーとして活動している訳ですが、このテニス部はある問題を抱えていたんですね。
それは、公式戦で中々勝てず、結果が出せていない事でした。

練習試合では、姉のありか、部長のゆかりなどは凄い成績なのに、公式戦となると、結果が出ないんですね。
本人たちもそれを自覚しているのですが、それを克服する手立ては未だになかったのです。
ふたり共、周囲の目が気になる様なんですね、どうやら観客の。

大勢の観客に見られる事によって、緊張するのか、身体に余計な力みが入り、それまでの伸び伸びとしたプレイが出来なくなってしまい、ミスを多発させ、自滅してしまっていたのです。

そんな中、主人公は家で姉妹に自室のエロ本を見られてしまう事に(汗)
実はモテモテだろうと思ってた姉たちが男性経験のない事を、エロ本の反応などから知る事に…。
しかし、主人公に知られた事が恥ずかしいのか、姉、ありかが暴走し、主人公の股間を握って、結果的に射精させる事態に発展(汗)
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

しかし、その事が意外な効果を発揮したのです。
翌日の試合で、ありかはこれまでとは違った堂々としたプレーを見せたんですね。
まぁ、前日の行為を考えれば視線など、相手にもならなかったんでしょうね(汗)

それは、姉、ありかも同様だったのか、ポツリとこぼしてしまったのが皆に知られて大騒ぎ(汗)
そこから、話は皆も主人公の股間を弄って、羞恥心に慣れたら成績も上がるという、凄い理論に発展し、合宿で体験しようという話に…。

こうして、主人公はテニス部の女性陣とHな行為をする事になる流れですね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリなどがあります。

タイトルを見て分かるでしょうが、全員実は男性経験のない女性ばかりなんですよね。
生徒だけではなく…、顧問の桜子も、実はそうなんですよね(汗)

そんな女性陣が、主人公と関係を持つ事になるんですが、ヒロインによっては目的が違う様な。
最初の名目である、試合の見られる事をに対する羞恥心克服と本気で思っているのは、真面目な部長のゆかりくらいなものですからね(汗)
後は、単純にHに興味があるって感じのニュアンスが大半ですね。

まぁ、どのヒロインも何だかんだ主人公との関係は、それ程悪くはありません。
なので、主人公と関係を持つ事によって、何となく良い雰囲気に、それぞれなっていくって感じでしょうか。

そのため、性欲優先な展開での関係なんですけども、ほんのり甘さも感じ取る事ができますかね。
元々、妹のみあかは、主人公の事が好きですし、姉のありかは何だかんだ言いつつも…って感じでしたしね。

特にみあかは、行為をして主人公に甘える様になったりで、普段との小悪魔っぷりが控えめになって、より素直で可愛らしい印象が出ていましたからね♪
普段のちょっとませた態度も悪くないですが、こういうデレた姿も妹らしくで良いですね。
…半面、姉のありかは、かなりツンデレ寄りな性格の持ち主なので、中々手ごわいですけども(汗)

個人的には、カレンが結構印象的だったかな。
彼女ってマイペースで、行為にも軽いノリみたいな感じで始まったりするんですけども、その淡々とした感じ、やり取りなんかが逆に新鮮って言うか、クラスメートって感じがありましたね。
そこから関係を持って、少し女が出て来る感じも初々しさがありましたね。
まぁ、ここの女ってのは恋愛ってよりも、H寄りな感情が強いですけども、それでも行為でかなり激しく感情を出す様になったりという変化が垣間見えましたね。

一番、残念(勿体なかった)だったのは、顧問の桜子ですね。
彼女とは何気に一番最初に関係を持つんですが、以後は存在自体が殆どなくて、終盤になって、ようやく出て来る扱いの悪さでしたからね(汗)
その時点では、他の女性陣同様に関係を持つ事になって、定期的にHしているって説明の描写があっただけでしたし…。
一応、最後のラストの全員を交えたハーレム展開では彼女の行為も描かれていますけどね。


行為を重ねていくと、女性陣もかなりHに対してハマってきたのか、かなり積極性を見せる事に。
より激しく大胆に主人公を求めてくる事になり、もはやテニスの合宿なのか分からないレベルですね(汗)


上記にもある様に、終盤では全員交えてのハーレム展開になりますね。
顧問の桜子も交えての、全員横一列に並んでお尻を向けている様は、壮観ですね♪
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

終盤では、全員妊娠してお腹が大きくなった状態での行為もありましたね。
色々、突っ込み所の多い状況ですけども、本人たちが問題じゃないならいいんですかね(汗)
全員ってのも、中々凄い光景ですよね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「金城航」さんが手がけています。

他の作品のゲームを見ると、巨乳系のが多いので、そういうのが得意なのかな?
確かに今作のヒロインも巨乳揃いですしね♪

個人的には、巨乳もですが、女性陣の表情が印象的でしたねぇ。
何とも表情を赤らめている彼女たちの表情は、艶っぽさを感じさせますね。
まぁ、こんな色気あれば、皆、経験豊富そうに見えますね(汗)
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

やはり独特の存在感は、ハーフ娘のカレンでしょうか。
何とも気だるそうな感じが、また異彩を放っていますね(汗)
それでもHシーンでは、かなり表情豊かになっていましただけに、普段とのギャップも見所ですね。

終盤のヒロイン全員の腹ボテ姿は、あんまり見る機会(枚数)がないのが、ちょっと勿体なかったですねぇ。
この人数で1枚だと手狭ですから、複数枚欲しかったってのは贅沢ですかね(汗)

挿絵数:31枚

総評


全体的には、明るくHな展開が味わえる作品でしたねぇ。
恋愛色は、どうしてもストーリー的に控えめでH寄りな仕上がりになっていますが、そんなに気にならないかな?
何だかんだ、好かれている様な感触はありましたしね。

人数が多いゆえに、個々の描写は控えめですが、全員分って事でそれなりに満足感は得られるかなと思います。
ノリが合えば、中々楽しめるかと思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
処女ビッチだらけのテニス部合宿!「アタシが処女だって証拠がドコにあんのよ!?」

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 孕ませオナホ退魔騎士ユーディット レビュー


孕ませオナホ退魔騎士ユーディット (ぷちぱら文庫 252)
3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、退魔士を養成する学園に所属しているものの、落ちこぼれの学生です。
そんな主人公の目下の楽しみは、同じ学園に所属する「精霊皇女」の異名を持つ、退魔騎士の「ユーディット」のHなボディを盗み見て自慰するくらいなものでした(汗)
しかし、そんな日々を過ごす中、突如学園を襲ってきた魔物の人質にされてしまう主人公。

ユーディットを凌辱する事を命令された主人公は、大喜びでユーディットの身体を貪る事になる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ユーディット
がいます。

ユーディットは、退魔騎士の家系に生まれた生粋の退魔騎士です。
更に退魔騎士の国の皇女でもあり、その強さ、美しさから精霊皇女なる異名を持っています。
真面目で誰にも優しい性格ですが、人生を退魔騎士として捧げており、色恋沙汰とは無縁でもあります。
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

ストーリー展開


展開的には、主人公が魔物に命じられて、ユーディットを凌辱する事を嬉々として行う流れですね。
…このメーカー安定のろくでなしですなぁ、主人公(汗)

これまたお約束で、主人公は退魔士の血筋ながらも、大した家柄でもなく、落ちこぼれな訳ですね。
そもそもが退魔士としての使命感など持ってはおらず、ただやっている様な自他共に認めるダメな奴だったのです。

そんな彼と、ユーディットは、正に対極にある存在。
精霊皇女などと呼ばれ称される彼女とは、接点もなく、雲の上の存在でした。
そんな主人公の唯一の楽しみと言えば、抜群のスタイルを持つユーディットの姿を見て、自慰する事という(汗)

しかし、そんなふたりが交わる事となる出来事が、その後待ち受けていたのです。

きっかけは、学園に突如現れた魔物たちの襲撃。
退魔士を養成している学園とは言え、大半は実戦経験もない生徒であり、奇襲でまともに対処できない学園。
主人公は、魔物のリーダー格に捕らわれてしまい、孤軍奮闘するユーディットは主人公を人質に取られ、抵抗出来ずに…。

自分は魔物に捕まっているのに、無抵抗となったユーディットの姿に思わず欲情する主人公(汗)
そんな強い性欲を察知した魔物から、主人公は彼女を凌辱しろと命じたのです。

この命令に、ろくでなしの主人公は大興奮(汗)
魔物に脅されて仕方なくやったという大義名分を得た主人公は、嬉々としてユーディットの身体に手を伸ばす事に。
そんな様に、ユーディットもゲスと罵る始末ですが、主人公はお構いなし(汗)

そのまま、欲望の赴くままに主人公は彼女の初めてを奪う事になるのですが、その後もやり続けて、すっかりユーディットは主人公にメロメロに(汗)
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット
こうして、主人公はメロメロになった彼女を自分の物にし、隙を見せた魔物もユーディットに始末させ、事態を解決。
主人公は彼女を自分の所有物として、彼女を使い、功績を上げ、Hしまくるという流れですね。


内容としては、以前レビューした「最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活」に近いですかね。
あれは、ちょっとした勘違いで主人公に最強退魔士が惚れちゃって、主人公の手足として敵を倒しまくって、功績を上げるって内容でしたし。
まぁ、こっちは最初から惚れてた訳でもないですけどね、Hで落としただけで(汗)

Hシーン


Hシーンは、ユーディットとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

上記でも書いた様に、最初は主人公との行為など望んではいなかった彼女が、行為ですっかり落ちてしまい、メロメロになってしまう事になる訳ですね。
なので、いつも通りに落ちるまでの状態が、そこまでで終わりな訳です。
後は、ずっと最後までメロメロになってて、もう最初の精霊皇女なユーディットではなくなっていますからね(汗)

最初で最後の姿を、焼き付けてやってください(汗)
以後は、もう主人公の虜…、そんな言葉では表現できない心酔っぷりを見せてくれます。
主人公のために生き、主人公のために全てを捧げる…、そんな感じですね。
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

それだけに、主人公の命令は絶対服従とばかりに、嬉々として受け入れる事に…。
まぁ、アナルセックスの時は最初は抵抗があったのか、さすがに言葉を濁してましたが、それも最初の事。
結局は、肉棒を突っ込まれてよがる事になりますが(汗)

今作に限った事ではないですが、全体的に主人公のヒロインに対する扱いが雑です(汗)
まぁ、そんな扱いでも、ユーディットとしては主人公がこんな自分を扱ってくれているって感慨に変換される様なので、幸せそうですがね(汗)

ユーディットも、普段から注目されていた存在ゆえか、周りに衆人の目があっても気にしないハートの強さがありますね。
むしろ、嬉々として周りに対して声高らかに主人公との絆を見せつける様な言動もするくらいですからねぇ、隠語全開で(汗)
常人には理解できない関係性、世界がそこにはある訳ですな(汗)
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

それだけに、主人公もかなり激しく(変態的に)ユーディットを責め立てていく展開が多いですね。
並みの女性では、とても耐えられそうもない行為の数々も退魔騎士として優れている彼女なだけに耐えられるってにも大きいですね。
そんな彼女でも、時には感じまくって意識飛んじゃう事もありますしね(汗)

ヒロインが今作品、ユーディットひとりなだけに、それだけ濃厚なHシーンを独り占めしているので物足りなさはないでしょう。
むしろ、序盤から主人公に心酔するために、お腹いっぱいな程に見せつけてくれる結果となっていますので、多すぎるかも(汗)


後は、タイトルに孕ませというだけに中出し展開も多いですね。
でも、個人的には精液だけではなくて、尿まで膣内で注ぎ込んじゃう展開の方が印象に残っていますが(汗)
終盤では、ボテ腹での行為もありますが、挿絵的にはあまりお腹が目立たない体勢になっている事もあり、あんまり妊娠している感じがないかもしれませんね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「石井彰」さんが手がけています。
もうお馴染みですな、すっかり。

安定のクオリティーですね、各表情ともに(汗)
この人の描く、ヒロインは皆可愛らしいだけに、そこからのギャップが凄い訳ですが…。

表紙絵の様な戦いの際の恰好もHで良いですねぇ。
中には、学園の制服姿もあるんですが、何か軍服っぽい恰好もあるんですよね。
これが、また雰囲気が違っていて別の魅力がありますね♪
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

でも、普通のセーラー服みたいな制服もあるんですよね、2種類あるの?(汗)
こっちのは、あまり描かれていなかったので、もう少し見たかった気もしますね。

まぁ、やはり最大の見所は、いつものアヘ顔などの行為中の表情ですね。
普段の凛々しい表情とは、別人のように蕩けた表情やアヘ顔のユーディットの姿はギャップがありましたね。

ノベルにはなかったですが、原作にはメイド姿もあるみたいですね。
まぁ、変態エロメイドさんになってしまうんでしょうけども(汗)
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

挿絵数:24枚

総評


全体的には、従来の作品とあまり変わり映えのしない展開だったかな(汗)

序盤、早々に主人公に心酔するので、後は大体似たり寄ったりなH展開が続くのは仕方ない所でしょうか。
まぁ、そのマンネリ化は、他のシリーズでも同様なだけに、今更な感もありますけどね(汗)

それくらいお腹一杯に感じる程に、ユーディットとの行為が描かれているという事でもあります。
…これが普通の男女の行為であれば、また違うんでしょうけども、このふたりなので胸やけしそうです(汗)

ヒロインの見た目などが好みであれば、楽しめるのではないでしょうか。
え? 退魔士要素? あの恰好をするための様なもんですよ(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット 〜地位能力血統全てを備えた完璧皇女オナ穴で性処理しながら俺TUEEE!!〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 引きこもりの妹が身体で家賃を払おうとしてくるんだが!? レビュー


引きこもりの妹が身体で家賃を払おうとしてくるんだが!? (ぷちぱら文庫creative 162)
3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、一人暮らし中の大学生です。
そんな彼のアパートに、実家にいるはずの妹「芽衣」(めい)がやって来る事に。
学校を不登校する様になった彼女は、家から追い出され、主人公を頼って来たという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 中野 芽衣」(なかの めい)
がいます。

芽衣は、主人公の妹です。
学校では優等生キャラですが、家ではぐうたらでめんどくさがりな性格です。
お兄ちゃん子でもあります。
あるきっかけで、引きこもり状態になっています。

ストーリー展開


展開的には、妹の芽衣が実家を追い出されて、主人公の元にやって来る流れですね。

主人公は、元々妹の芽衣をずっと可愛がってきたんですね。
しかし、その結果、芽衣は主人公に依存する様になってしまった事で、主人公は大学進学と共に芽衣と離れ、自立させようと実家を離れていたのでした。

実家を離れてから一度も会っていなかったのに、何故か自分の一人暮らしをしているアパートに芽衣が来ていたんですね(汗)
芽衣に話を聞くと、何でも家を追い出されたというのです(汗)

彼女曰く、主人公と離れてしまってから男子に告白されたのがきっかけらしいんですね。
主人公以外の男性に免疫のなかった彼女は、突然の告白にパニックを起こし、逃亡(汗)
しかも、それ以来男性が怖くなってしまったとかで、家から出なくなり、不登校に…。

その結果、両親は家から彼女を追い出してしまったという事で、主人公を頼ってきたらしいです。
…その告白した男子も、告白して逃亡されて、挙句不登校となったらショックでしょうねぇ(汗)

そんな訳で、主人公を頼って転がり込んできた芽衣ですが、元々家にいた頃からダラケタ私生活なので、まったく不登校が治る気配はなし(汗)
むしろ、家でインドア生活を満喫しているかの様な姿に、妹には甘い主人公も頭を悩ませる事に…。

元々、主人公も一人暮らしでバイトしながら学校に通っている立場。
芽衣が増えた事で、確実に生活費の負担が増しており、主人公としてもいつまでも芽衣をここに居させる訳にもいかなかった訳ですね。
そこで、心を鬼にして、家賃が払えないなら出ていけと言った所、事態は思わぬ方向へ。

何と、芽衣は自分の身体で家賃を払うと言い出したのです(汗)
まさかの展開に戸惑う主人公でしたが、実家を離れてから久しぶりに再会した芽衣は、すっかり身体も成長しており、アパートに転がり込んでの数週間で芽衣にドキドキしていただけに、それを受け入れて芽衣の身体に手を伸ばす事となる流れですね。
…ダメな兄ですねぇ(汗)

こういうやり方を覚えちゃうと、将来心配ですねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、芽衣との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股、アナルセックスがあります。
一部、ローターなどの小道具を使用する様な展開もありますね。

やはり見所は、芽衣との行為ですよね。
彼女は、男子に告白されてパニックになるのでも分かるでしょうが、男性経験などある訳もありません。
更に、まだ性に対してかなり疎いくらいの知識しかないんですね。

そんな疎さなのに、身体で払うなんて言うのだから、意味分かっているのかって話ですよね(汗)

何も経験どころか、知識も疎いだけに反応が一々可愛らしいですねぇ♪
ここで気になるのは、男子に告白されて男が怖くなった事があるのに、大丈夫なのかって所ですよね。
確かに主人公は兄でもある訳で、主人公なら大丈夫と思う一方で、兄よりも男性って目線で見てもしまうんですね。

まぁ、男性としたら興奮たまらない様な状態では、男が出てしまうのも分かりますな(汗)
それを少し怖く感じる節もありますが、やはり今まで慕ってきた訳ですから、それは崩れませんけどね。
むしろ、異性として主人公を見る様になりつつあった事で、芽衣の主人公への心情の変化の一端が垣間見えますね。

その後も、何か芽衣が、わがまましちゃう度に身体で~って流れになっていく事に(汗)

そんな関係が続くと、当然行われる行為も少しづつ過激に…。
まぁ、最初からフェラで口内発射しちゃったり、結構やる事やってますけどね(汗)
そして、遂に行為は本番まで…。

さすがに、初めてを家賃とかと一緒にしちゃまずいですよねぇ、何なら釣り合うのか分かりませんけども(汗)

最終的に関係を持ってしまう訳ですが、やはりこれが更にふたりの関係性を大きく動かすきっかけになっていますね。
当然、ふたりともそれを意識してしまったりと、微笑ましいですね。
更に、この辺りくらいから芽衣の変化も…。

彼女は、前半部辺りだと、そんなに行為に乗り気って感じではないんですね。
あくまでも、交換条件だという嫌々って訳ではないものの、それ程乗り気というニュアンスではなかったです。
それが、次第に行為を重ねていく中で、Hの気持ちよさを感じられる様になっていき、乗り気になっていく過程が印象的でした。

勿論、それはあくまでも相手が主人公である事が大前提なのは、言うまでもないですね♪


個人的に良かったのは、芽衣視点での描写があった事ですね。
彼女が、どう感じているのかが彼女の目線で描かれている事で、より一層感情移入できましたね。
また、結構その芽衣の視点の描写パートが多かったんですね、それも嬉しかったですね。

Hシーン毎にも、それぞれ芽衣の心情が描かれているので、余計に興奮を煽りますね♪

挿絵


挿絵は「あにぃ」さんが手がけています。
ラノベの挿絵やPCゲームの原画なども手掛けていますね。

可愛らしい絵柄で、妹ヒロインとよく合いますね。
挿絵も、色味のトーンや描き込み、メリハリのある絵に仕上がっており、クオリティーが高いですね♪
たまにある白っぽい挿絵よりも、やはり密度が濃い分、興奮度も違ってきますからね。

途中、一部シーンで眼鏡を着用している芽衣の姿も見れますね。
眼鏡好きには嬉しいのではないでしょうか?
普段よりもやはりかけていると、賢そうに見えますね(汗)

でも、やはり芽衣は裏表紙の絵みたいに、だらけている姿が魅力的ですかね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ぐーたらな妹との話なんですが、思ったよりかは割とまともな娘でしたねぇ。
まぁ、塩梅が個人的に丁度良かったのかなぁ、アレよりもっとぐーたらだったら話は違ったかもしれませんね(汗)
何だかんだ、やればできるって娘なので、そこら辺はぐーたら可愛らしい範疇だったかなと。

彼女の視点でも描いている分、より感情移入できたってのも大きかったかな。
主人公に対する感情も描かれているので、彼女の内面も分かりますしね。
結構、喜怒哀楽が強い所がたまにあって、それを素直に出せるってのは、彼女の魅力でもありますね。

まぁ、大抵はぐーたら娘ですけども(汗)
妹系の作品が、好みであればより楽しめるのではないでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます