FC2ブログ

2017年01月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2017年01月

2017年01月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2017-01-26美少女文庫 「あ行」
おやすみせっくす 僕のために眠る妹 (美少女文庫)posted with amazlet at 17.01.26みかづき 紅月 三上 ミカ フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2017年1月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作は、原作がある作品のノベライズ作品らしいですね。同人コミックが原作みたいですが、コミックで十分完成されてそうな気がするんですけどね(汗)オリジナルの展開とかあるんですかね? 私は元を読んで...

記事を読む

2017-01-24美少女文庫 「あ行」
淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 17.01.24ほんじょう 山羊 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2017年1月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、引きこもりがちであまり他人と接触を持たない男性です。そんな彼の家に、両親が再婚した事で、義弟と一緒に生活する事が決まり、戸惑う主人公。そんな中、家から見覚えのない本を見つける事に...

記事を読む

2017-01-22美少女文庫 「ま行」
メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ (美少女文庫)posted with amazlet at 17.01.21青橋 由高 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2017年1月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、普通の男子学生です。そんな彼は、両親が仕事の関係で家を離れる事になったのですが、代わりにメイドの「楓」(かえで)が主人公のお世話を焼く事に…。しかし、そんな状況を快く思わない、主人公の...

記事を読む

2017-01-20新刊
美少女文庫 2017/1/20分の新刊購入しました♪「おやすみせっくす 僕のために眠る妹」「メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ」「淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!?」いよいよ1月の新刊が始まりましたねぇ。まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞ美少女文庫 おやすみせっくす 僕のために眠る妹 レビューえすかれ美少女文庫 淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? レビ...

記事を読む

2017-01-08オトナ文庫
裏就活 〜何でもシますから挿入れてください! (オトナ文庫 57)posted with amazlet at 17.01.07布施はるか パラダイム (2016-12-20)売り上げランキング: 51,684Amazon.co.jpで詳細を見る2016年12月発売のオトナ文庫のレビューです。なので、私にしては珍しくオトナ文庫最新作のレビューですね、今月のは13日発売ですので。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、一流企業に勤務する会社員です。そんな彼は、ある日、特別...

記事を読む

2017-01-05オトナ文庫
ヴァージン・ワイフ、密やかな開通 ~あなた、お父さんに躾けられてしまったの…~(オトナ文庫 49)posted with amazlet at 17.01.05布施はるか パラダイム (2016-10-07)売り上げランキング: 18,699Amazon.co.jpで詳細を見る2016年10月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、妻に先立たれた初老男性です。そんな彼は、慣れない一人暮らしに四苦八苦していた所、説得され息子夫婦の家に同居す...

記事を読む

no-image

2017-01-03新刊
今後2017年度に発売される予定作品です。 1月発売予定オトナ文庫 2017/1/13牝犬孕ませ母娘丼 ~美人巨乳親子をアヘらせヤリまくり飼育♪~ (オトナ文庫 60)北原みのる、 赤木リオ寝取りの蜜約?ミダラに惑う姉妹の淫果? (オトナ文庫 61)雑賀匡、 竜太美少女文庫 2017/1/20美少女文庫 メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ レビュー青橋 由高、 HIMAえすかれ美少女文庫 淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? レビューほんじ...

記事を読む

美少女文庫 おやすみせっくす 僕のために眠る妹 レビュー

おやすみせっくす 僕のために眠る妹 (美少女文庫)
みかづき 紅月 三上 ミカ
フランス書院

おやすみせっくす 僕のために眠る妹 (美少女文庫)
2017年1月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作は、原作がある作品のノベライズ作品らしいですね。
同人コミックが原作みたいですが、コミックで十分完成されてそうな気がするんですけどね(汗)
オリジナルの展開とかあるんですかね? 私は元を読んでいないので分かりませんので、それを考慮してご覧ください。

主人公には、妹の「」(ゆい)がおり、仲の良い兄妹として周囲からも認識されています。
仕事で不在がちな親に代わって、ある意味では兄であり、親の様な感覚で唯を見守ってきたのですが、ある出来事をきっかけにして、ふたりの関係に変化が生じる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 月岡 唯」(つきおか ゆい)
がいます。

唯は、主人公の妹です。
明るく可愛らしく、小柄な容姿もあり、周りから愛される性格をしています。
ある意味、親以上にいつも一緒である兄、主人公を慕っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が妹の唯とある出来事をきっかけに、関係に変化が生じる流れですね。

元々、主人公と妹の唯は、仲の良い兄妹として周りから認識されています。
主人公も唯には甘く、唯もまた優しい兄を慕っており、この関係性は変わらないものと思われたのですが…、ある出来事をきっかけに変化の兆しが。

きっかけは、何気ない会話のやり取りからでした。
主人公が何気なく、唯に彼氏がいない事をからかい半分で口にした際に、彼女の口から出た言葉は主人公の予想だにしていないものだったのです。

何と、唯曰く、男子から告白されたというのです。

この話によって、主人公自身も想像しない程に心を乱される結果となったんですね。

まだそんな話なんて早いとばかりに思ってた妹が、告白された。
それは唯が、他の男のものになるという事に、主人公の中ではどす黒い感情が大きくなるのを感じる事になったのです。
まぁ、可愛い妹で大事にしてきただけに、そういう感情を抱くのは分からなくもないですが、主人公の中ではドンドンどす黒い感情が大きく育ち続けていってしまったんですね(汗)

そして、行きついた思考は、兄としては間違っているものでした。

他の男に渡すくらいなら、いっそ…という、とんでもない考え。
しかし、一度思った考えを頭から消す事は出来ず、主人公は遂に深夜、唯の部屋を訪れ、熟睡する唯の身体に触れてしまう事に。

こんな事をしてはいけないと思う一方で、すっかり熟睡している唯の身体を触る内に、主人公の理性は確実に弱まり、ドンドン身体をまさぐる手は止まらなく。
そうなれば当然、唯の意識も徐々に覚醒してくる事になる訳で…。

何故、兄が自分の身体に覆いかぶさって、まさぐっているのか?
一瞬パニック状態になるも、咄嗟に寝たふりを続けてしまい、止めさせるタイミングを逸してしまう唯。
そんな事にも気づく事なく、主人公は彼女の身体を愛撫し、自分で射精してしまう事に。

そして、この夜を皮切りにして、毎晩の様に主人公は寝ている唯の部屋に忍び込む事に…。
一方の唯も、深夜の来訪をどこかで心待ちにしているかの様に、寝たフリを続ける事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、唯との行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰などが描かれています。

やはり見所は、寝ている妹にHな行為をするっていう倒錯したシチュエーションでしょうか。
上記にもありますが、あくまでも寝ている「フリ」をしている妹にHな行為をするってのが正確ですね。

主人公は、本当に眠っていると信じ込んでHな行為をし、唯は寝ているフリをして主人公の行為を受け入れるという、何とも奇妙な構図になっていますね(汗)
まぁ、唯としては最初の時にはっきり起きたって反応をすれば良かったのでしょうが、タイミングを逸してしまいましたからねぇ。

普通の兄妹の関係としては、おかしいってのは理解しているものの、自分に異常なまでに執着心を見せる主人公を拒絶できないってのも確かなんですよね。
また主人公の愛撫による感覚は、まだ男性経験のない彼女にとってはとても大きな衝撃であり、大きな快感を知ってしまう結果となり、いつしか心のどこかで心待ちにしている節すら感じさせる様に。
主人公も愛撫してても、感じやすくなっている唯の反応はしっかり感じ取っており、それが余計に主人公の興奮を刺激する事に(汗)

ちなみに、この時点では、まだ主人公は唯と本番には至っていません。
まぁ、主人公は何だかんだ言いつつも(思いつつも)、他の男に奪われるくらいならと言う歪んだ感情に突き動かされているので、それが最終目的ではあるんですが、まだ経験のない唯の身体にはまだ受け入れるのは難しいのではないかと思い、愛撫に留めていたという所があります。
この愛撫を連日の様に繰り返す事で、唯の性感は確実に刺激され、絶頂し始める様になりますね。

結果的に、最初に無理やりに挿入してたら、もう破瓜の痛みだったりで唯と主人公の関係は以降、悪い方にこじれた可能性はあるだけに、愛撫で快感を少しづつ覚えさせていったってのは大きかったかもしれませんね、そこまで考えての事ではないでしょうが(汗)

その後、遂に主人公は最後の一線を越えてしまい、唯との本番行為に…。
まぁ、相変わらず寝ている(フリ)状態のヒロイン相手ってのは、中々ないシチュエーションですねぇ(汗)


以降は、少しづつ形が変わるものの、最終的に唯が眠る事(意志表示)がある種のサインと化す様になる訳ですね。
主人公は、それを暗黙の了解だと認識し、深夜に彼女の部屋を訪れる…という流れに。

この辺りの主人公の反応が完全にパブロフの犬みたく、条件反射で興奮する有様なんですよね(汗)
ちょっと唯が意思表示のサインを見せるだけで、すぐに興奮し、股間が反応してしまうという、完全にアウトな有様。
まぁ、妹に手出した時点でアウトですがね(汗)

そんなダメ主人公を精一杯受け入れてくれる唯は、天使ですなぁ。
色々な箇所で彼女の心情描写も合わせて描かれているので、彼女の主人公への想いなども分かる様になっていますね。
様々な事で揺れ動く彼女の心の様は、感情移入度を高めてくれますね。


当然ではあるんですが、唯が寝ているだけにどうしてもフェラなどの行為は控えめになってしまいますね(汗)
フェラも、強引に口内に咥えさせての行為があったりするくらい。
実際は、イメージする程、そこまで荒々しい訳ではないんですが、相手はフェラの知識もなかった初心な娘な訳ですから、十分荒々しいですよね(汗)

終盤では、もう完全に兄妹であり、恋人関係になるので、寝たフリ以外での行為も解禁♪
もう既に甘さはずっとありましたけども、やはりお互いの気持ちを理解した後では、その喜び、甘さも増しますからねぇ。
余計にイチャラブな事になっていますね♪

まぁ、気恥ずかしくなりそうな台詞も出てきたりで、何とも読んでてニヤニヤしちゃいますね(汗)

挿絵


挿絵は「三上ミカ」さんが手がけています。
最初に書いた様に、原作作品を描かれたご本人ですから、そりゃ間違いなしな出来栄えですね♪
帯には、本作だけの描き下ろし漫画も収録とあるので、原作を知っている人でも楽しめる内容になっているのではないでしょうか。

漫画のクオリティは、そりゃ文句なしでしょう♪
意外とページ数もしっかりあって、読み応えと唯の可愛らしさ、Hな姿が楽しめる様に仕上がっていますねぇ。
だから、最初から小説じゃなくて漫画だけで良いんじゃ…? ってのは無粋ですかね(汗)

勿論、挿絵も漫画に負けず劣らずの出来ですね。
一枚絵でもしっかり行為の迫力、淫靡さがあるだけに魅力的ですから、見てて物足りなさはないでしょう。

ラストの締めが漫画でってのも、また文章で締めた感じとは違う感慨がありますね。
唯の幸せそうな笑顔に、やられますねぇ♪

挿絵数:漫画6ページ&漫画4ページ
挿絵数:10枚

総評


全体的には、妹との深夜の秘め事を魅力的に描いていますね。
私は原作を知らないだけに、どれだけそれに忠実なのかオリジナル展開なのかは分かりませんが、小説で見るとまた漫画とは違う感覚を味わえるのではないでしょうか?
逆に小説から入って、漫画の方に入るってのもアリでしょうしね♪

軽く調べたら、似たシリーズ作品もいくつか出ているみたいですね。
これらも、もしや小説化するんですかね? 好調なら。

可愛らしくて健気な感じの妹ヒロインが好みであれば、かなり楽しめるのではないでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? レビュー


淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? (美少女文庫)
2017年1月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、引きこもりがちであまり他人と接触を持たない男性です。
そんな彼の家に、両親が再婚した事で、義弟と一緒に生活する事が決まり、戸惑う主人公。

そんな中、家から見覚えのない本を見つける事に。
何とそれは、淫魔を召還する書物であり、結果的にサキュバスを召還する事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 儀式 有紀」(ぎしき ゆうき)
  • 春日部 莉子」(かすかべ りこ)
  • リリス
がいます。

有紀は、主人公の義理の弟です。
主人公の親が再婚した事で家族となったばかりです。
言葉数は控えめで、どこか冷めた態度をしています。

莉子は、自称有紀の先輩の黒ギャル娘です。
楽しい事が好きなノリの良い性格の持ち主です。

リリスは、主人公が召喚してしまう事になるサキュバスです。
主人公に呼び出され、主人公と契約を結ぼうとして来る事になります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が淫魔を召還してしまう流れですね。
…これじゃ、良く分かりませんね、実際若干ややこしいんですよ(汗)

話を整理すると…。
主人公は、現在親元を離れて一人暮らしをしています。
んで、この主人公、引きこもりの様な生活を送っているのですが、投資で儲けているので自分の家を持っているんですね(汗)

という訳で、お金の心配もしないで悠々自適な?引きこもり生活を送っていたのですが、父親の再婚をきっかけに主人公の生活が脅かされる事になってしまったのです。

原因は、主人公の再婚相手の息子。
主人公にとっては義理の弟となる存在な訳ですが、両親が仕事で海外に行く事に。
しかし、その義弟は学校もあり、ここに残りたいが両親が不在で一人暮らしをさせるには不安と、主人公の家に住まわす流れとなったからなんですね。

引きこもりな主人公にとって、義理の弟という微妙な関係の相手と一緒に生活っては、確かに気まずいですよね(汗)
渋々ではありましたが、何だかんだ良い奴の主人公は住まわせる部屋の掃除を行っていた最中にそれを発見したのでした。

それは、一冊の本。
見覚えのない書物には、何とも怪しげな文章が…。
どうも、淫魔を召還するための方法が書かれたものであり、いかにも胡散臭い内容だったのです(汗)

しかし、結果として召喚は成功し、淫魔であるリリスが出現。
それと同時期に家にやってきた義弟の有紀、何故か一緒にやってきた謎のギャル、莉子のふたりも一緒になって、おかしな共同生活が始まる事になる流れですね。

またややこしい事に、義弟のはずの有紀の外見は完全に女子の恰好をしている、美少女にしか見えない存在だったのです(汗)
ネタバレかなとも思ったんですが、タイトルに男の娘ってあるし、良いですかね(汗)
ここをぼかしつつ、Hシーンの事を書くのは大変ですし(汗)


この作品は、本題に至るまで結構長いんです(汗)
全体の半分くらいになって、ようやく始まる感じなので、かなりスロースタートな印象ですね。
まぁ、正直大した内容ではないかなぁ…、主人公にとっては大事なんでしょうけども(汗)

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、アナルセックス、パイズリなどがあります。

やはりある意味での今作の見所は、義弟である有紀との行為ではないでしょうか(汗)
女性が男装とかではなくて、完全に男なので、これが受け入られるかでだいぶ評価は変わるかと思います。
まぁ、見た目はかなり華奢な女子に見えるだけに、そこまで生々しさは感じにくいとは思いますけどね。

前半部では、主に主人公が莉子&有紀になす術ない状況にされちゃう展開ですね。
まぁ、童貞な主人公に経験豊富な莉子たちの相手が出来るとは思えませんからね。
特に、男子である有紀とのアナルセックスには、色んな意味で敗北感があるでしょうし…(汗)

こうなると、サキュバスであるリリスとの行為はどんな事になるのか…と思うかもしれませんが、サキュバスであるリリスの方が一番初々しさがありましたね、反応に(汗)
サキュバスなんですが、彼女は結構純情な面があって、主人公にいつしか胸キュン(汗)
なので、彼女と関係を持った後は、何気に尽くす女になってたりと、可愛らしい姿を見せてくれましたね♪

…しかし、てっきり読むまでは人外であるリリスがメインヒロインかと思ってたんですが、一番扱い悪かった気が(汗)
正直、彼女がいる必要性がかなり薄い物語になっているんですが、唯一彼女と関係を持った事で主人公の股間周りがパワーアップしたって所が全てかな。

実際、これで少し前まで童貞だった主人公の肉棒は、経験豊富な彼女たちが見た事もないほどに巨根化し、また凄まじい精力を誇る存在になっていく事に。
この肉棒で、莉子や有紀に対して前半戦のリベンジを果たす事になる流れになっていますね。
まぁ、仕方ないんでしょうが、リリスの存在意義がこの要素のためになっているのが勿体ないですねぇ(汗)

後は、この肉棒で経験豊富な莉子、有紀をメロメロにして、自分の与える快楽に溺れさせて堕とす流れですね。

当然の流れですが、こんなパワーアップをした肉棒に女性陣も主人公にベッタリな事になる訳ですね。
あんまり、こういう反則技みたいな方法で解決ってのは、個人的には好みではないですけどね(汗)

またこの際には、莉子はかなり早い段階で堕ちてしまう事になります。
彼女は前座扱いかなぁ、あくまでも本命は義弟である有紀となり、彼女?は莉子よりもじっくりと時間をかけて肉棒の味を叩き込むのが描かれています。
主人公の肉棒をアナルで咥え込んで、悶絶し、自分自身の可愛らしい肉棒から精液を発射させる始末だったりと、主人公の反撃に息も絶え絶えですね。

そういう行為なども描かれてはいるものの、全体的には少し駆け足感はあったかな。
序盤の流れ、本題に行くまでに時間がかかり過ぎたからでしょうねぇ(汗)

終盤では、全員を交えてのハーレム?展開に。
何故か全員ボテ腹状態になっており、何でもあり状態ですな(汗)
まぁ、サキュバスのリリスがいるからこそ何でもできるという効果が大きいですね。

挿絵


挿絵は「ぐじら」さんが手がけています。
成年コミックや同人ゲームの原画などを手掛けているみたいですね。
ギャルとかの作品もあるだけに、今作にはピッタリな人選ですね♪

個性的でありつつも、不思議と?魅力的であり、いやらしさもある絵柄ですね。
特に目付きというか、眼力のこもった表情は女性陣の意志の強さなどを感じさせますね。

そんなヒロインが、次第に行為で悶絶し、アヘ顔をさらけ出すというギャップがありますね。
眼力がある分、アヘ顔の破壊力は中々ですねぇ(汗)

正直、クセがある絵柄だとは思いますので、好き嫌いは分かれそうですね(汗)

面白いと思ったのは、最近の美少女文庫では記憶にないんですが、一部文章と挿絵が組み合わさった挿絵があった点ですね。
ページの半分が挿絵でもう半分が文章という珍しい構成になっていたのが印象的でしたね。
挿絵と文章を同時に見る事ができるので、中々良い感じですね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、えすかれらしいノリと勢いで描いた作品だったなと(汗)

上記でも触れていますが、やはりサキュバスのリリスの存在があまり活きてなかったのが勿体ないですねぇ。
最初に召喚されてからしばらくはいないのかと思う程、存在感なかったし(汗)

割合としては、やはり男の娘である有紀が一番存在感があったという内容だったので評価は分かれそうですね。
まぁ、絵柄では普通に女子にしか見えないレベルなので、違和感はさほどないとは思うんですけどね。

話自体は、大した内容ではないので、Hに助けられている印象かなぁ。
そのHも話を最初に引っ張り過ぎて、後半駆け足気味だったのが、大変勿体ないと言える作品でした。
うーん、キャラクターは結構個性的なだけにもっと面白くなりそうなのにねぇ(汗)

関連商品


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ レビュー


メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ (美少女文庫)
2017年1月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな彼は、両親が仕事の関係で家を離れる事になったのですが、代わりにメイドの「」(かえで)が主人公のお世話を焼く事に…。

しかし、そんな状況を快く思わない、主人公の幼なじみまでもがメイドになり、主人公のお世話をする事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 西園 楓」(にしぞの かえで)
  • 初山 穂乃花」(はつやま ほのか)
がいます。

楓は、主人公の元にやってきたメイドの女性です。
穏やかで年下である主人公をご主人様と呼び、お世話をしてくれます。
メイドという職業を天職であると明言し、熱い情熱を燃やしたり、意外と焼きもち焼きな面も。

穂乃花は、主人公の幼なじみです。
ちょっと勝気で行動的な性格をしており、主人公の世話を何だかんだと焼きたがる面も。
主人公に好意を抱いているものの、中々素直に言い出すきっかけがない状態です。

ストーリー展開


展開的には、主人公の世話をするために、メイドの女性+幼なじみがやってくる事になる流れですね。

主人公は、両親と一緒に暮らしていたんですが、丁度、このタイミングで主人公の両親が仕事で不在になる事になっていたんですね。
そのため、しばらくの間、ひとり暮らしかと思ってた矢先、両親から依頼されたメイド、楓がやって来たという事ですね。
更に、この日主人公は試合で足を負傷したので、ある意味ナイスタイミングでもあった訳ですね♪

しかし、幼馴染の穂乃花からしたら、悪いタイミングでもありました。
彼女は、日頃から主人公の世話を何だかんだ言いつつもしてくれる存在だったのですが、今回のひとり暮らしに加え、足の負傷…。
これがチャンスとばかりに、告白の機会をうかがっていたんですね。

ってか、もう殆ど告白な台詞の最中にメイドの楓が現れてしまい、結局伝えるべき事を伝えられなかった穂乃花の心中や(汗)

こうして、幼なじみの恋心にも気づかず、主人公とメイドの楓との共同生活が始まる事に。

実は、主人公も幼なじみの穂乃花に好意を抱いているんですが、そこは悲しい男子の性。
巨乳な美人なお姉さんメイドなんかが、ご主人様とか言って接してきたら、そりゃ彼女にも気持ちが傾きますわな(汗)

そして、ふたりの関係が大きく動き出すのは夜でした。
この夜、あまり体の強くない主人公は熱を出して寝込んでしまう事に。
この際の看病で、色々あって、楓が主人公を手コキで射精させてしまう結果になってしまうんですね。

…どういう看病したんだって話ですけどねぇ(汗)

まぁ、結果として、これで楓のお世話にHなご奉仕も含まれる事となり、楓と関係を持ってしまうのも時間の問題でしたね。

しかし、そんな状況に幼なじみの穂乃花も黙ってはいられません。
これまで長年想い続けてきた想い人を、いきなりぽっと出のメイドにとられる訳にはいきませんからね(汗)

こうして、穂乃花も何故かメイドとして主人公のお世話をする事になる流れになっていますね。


この流れ、どこかで見たような…?
今作のタイトルでも分かるかも知れませんが、同著者の初期作品である「メイドなります」の流れに似ているんですよね。
あれも確かメイドがやってきて、ツンデレ幼なじみも主人公を取られまいとメイドになって、ご奉仕参戦みたいなノリの作品でしたからね。
ある意味では、リメイクっぽい感じな作品ですかね?

まぁ、メイドなりますと同じ世界観であるのをうかがわせる描写や、過去の毒舌メイドシリーズ(そんな分類で良いのかアレですが)などを連想させるキーワードなどもちりばめられているので、全く同じ作品って訳ではないですけどね。
過去のメイドシリーズを見ている人は、色々と反応しちゃいそうな要素がある分、より楽しめますね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。
他には、母乳要素もありますね。

やはりふたりのメイドとの行為ってのが見所ですね。
穂乃花は正式なメイドって訳ではないですけども、どちらも主人公に対しての想いは間違いないですからねぇ。
ふたりとも愛のこもったご奉仕を見せてくれますね♪

まぁ、それぞれふたりのヒロインがいる事で、より一層盛り上がっている側面もありますね。
どちらも主人公の事が好きなので、当然その愛を一番欲しいのは当たり前の事ですから、より行為にも熱が入る訳ですね。
それに楓は、途中からメイドとして参戦する穂乃花をメイドの後輩的な扱いで指導したりと、色々複雑な状況に(汗)

穂乃花も負けん気が強い娘なだけに、言われっぱなしは好かないとばかりに対抗する事になる構図になっていますね。
まぁ、ふたりともそれぞれを認めてはいるので、穏やかで憎み合っているとかそういう雰囲気ではないですけどね。
…でも、どっちかをひいきすると、もう一方が怖いですが(汗)

そこら辺の女性陣のドタバタ、コミカルな会話などのやり取りなども見所の一つになっていますね。
特に楓は、メイドとしての生き方のみな所があるので、全ての基準がメイド目線になってしまっているために、一般人である穂乃花との噛み合わなさ加減も面白いですね。
楓は、過去作品の様な毒舌メイドヒロイン娘らとは違うので、あそこまでの毒を吐く事はないですが、たまに見せる押しの強さが(汗)

また彼女には、母乳が出るという体質があるんですね。
なので、行為には母乳が登場する様な場面もありましたね。
序盤の母乳を飲ませながらの手コキで精液発射などの展開は、年上女性ならではな展開ではないでしょうか。

まぁ、彼女も初めて自分以外の存在からの吸引などにかなり過敏な反応を見せたりと、ちっとも母性的ってよりもいやらしい姿になっていましたが(汗)
その他では、お約束?な母乳で滑りを良くしたパイズリ展開などのシーンなどもありますね。


対する穂乃花は、母乳も出ないですし、年齢から言えば巨乳ですが、大きさは楓に負けるだけにちょっと可哀想な気も(汗)
まぁ、中々素直になれないツンデレ幼なじみってだけでも、中々の魅力を有しているとは思いますけどね♪

個人的な印象では、彼女よりも先に楓が行為を経験しているだけに、覚えもいい楓が主導権を握る展開が目立つ事でしたね。
ここは好みなんでしょうけども、どうしても楓ありきの穂乃花な気がしてしまったのは勿体ないかなと。
どうしても、行為の際には傍らに楓がいて、メイドとしてのHなテクニック指導などをしてくるだけに、穂乃花の存在がサブ的な立ち位置に感じられてしまったかなって。

年上、先輩メイドって要素があるだけに、どうしても楓と穂乃花は同格に感じにくい立ち位置になっているので、穂乃花好きな人は少し物足りないかも知れませんね。

行為の中で、女性陣の心情描写などが描かれているのは、感情移入度を高めてくれますので、良かったですね。
彼女たちの思っている主人公への想いなどの強さを垣間見れるだけに、見応えがありますね♪

終盤近くでは、少し主人公のSっ気のある行為展開も。
メイドへのお仕置きって事で軽くするつもりが、女性陣の反応だったりに感化されてしまい、普段よりもSっ気を発揮した主人公の言葉責めやお尻叩きなどの比較的ソフトな行為が描かれていますね。
まぁ、そんなにエグい内容ではないので、苦手な人も問題なく見れるレベルですので、あくまでもアクセント的なものですね。

挿絵


挿絵は「HIMA」さんが手がけています。
最近の美少女文庫では、お馴染みな方ですね♪

スラッとしたスタイルの良い、胸の大きなヒロインたちの姿が印象的ですね。
また大人っぽいお姉さん系のキャラクターがハマる絵柄なだけに、今作の楓との相性も良いですね。
勿論、幼馴染の穂乃花も可愛らしく、ツンデレ感と凛とした雰囲気を併せ持つ印象がありますね。

主人公がヒロインよりも小柄で童顔なので、女性陣のどちらも年上に見えるんですよね。
なので、可愛いよりも年上な感じが好みな人はより楽しめるかもしれませんね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、上記にも書いた様に過去の作品に似た作品だったなという印象ですね。
なので、大分まったり穏やかな内容だったかなと思いますね。

近年、目立った様な毒舌メイドシリーズとはヒロイン像が違うので、あれしか知らない人には大人しすぎるかもしれませんな(汗)
私としては毒舌メイドも好きだし、こういう王道な感じのヒロインも良いと思いますので、メイド好きならば十分楽しめるかと思います♪

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

美少女文庫 2017/1/20分 新刊購入

  •  投稿日:2017-01-20
  •  カテゴリ:新刊
美少女文庫 2017/1/20分の新刊購入しました♪

「おやすみせっくす 僕のために眠る妹」
おやすみせっくす 僕のために眠る妹 (美少女文庫)
「メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ」
メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ (美少女文庫)
「淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!?」
淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? (美少女文庫)
いよいよ1月の新刊が始まりましたねぇ。
まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
美少女文庫 おやすみせっくす 僕のために眠る妹 レビュー
えすかれ美少女文庫 淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? レビュー
美少女文庫 メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

オトナ文庫 裏就活 レビュー

裏就活 〜何でもシますから挿入れてください!  (オトナ文庫 57)
布施はるか
パラダイム (2016-12-20)
売り上げランキング: 51,684

2016年12月発売のオトナ文庫のレビューです。
なので、私にしては珍しくオトナ文庫最新作のレビューですね、今月のは13日発売ですので。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、一流企業に勤務する会社員です。
そんな彼は、ある日、特別推薦枠就活生の面接官に抜擢される事に。

そこで主人公は面接する事になった、ふたりの女性に目を奪われる事に。
女性としての魅力を持つふたりの女性に対し、欲望を抱いた主人公は、面接官という立場を悪用し、言葉巧みに女性たちと関係を持つ事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 十文字 亜由美」(じゅうもんじ あゆみ)
  • 片倉 由貴」(かたくら ゆき)
がいます。

亜由美は、著名な経営学者を父に持ち、自身も様々な事に秀でた才媛です。
主人公の会社に特別な憧れを持っており、入社を強く希望しています。
誇り高く勝気なお嬢様気質を持っており、男性経験はありません。
裏就活

由貴は、プログラム技術に長けた女性です。
とにかく人見知りが激しく、人と接するのが苦手であり、反面ネットでは積極的な面を見せるオタク気質な面があります。
意外に性的な事に対して、強い興味を抱いています。
裏就活

ストーリー展開


展開的には、一流企業の面接官となった主人公が面接官の立場を悪用し、女性たちと関係を持つ流れですね。
…まぁ、ろくでもない奴ですねぇ(汗)

冒頭では主人公の立場、状況などが描かれているんですが、正直無くても問題ない様な要素でしたので、カット(汗)
まぁ、面接官に抜擢されるって事だけが重要なので、それだけ分かればよろしいかと。

主人公の勤務する会社は、とにかく有名な一流企業な訳で、そこに入りたい者は多い訳ですね。
そんな中、主人公は特別推薦枠の人間を面接する役目を与えられたのです。

特別推薦枠に入る様な存在は、大学側が太鼓判を押す優等生ばかりなので、よほど何かない限りは面接は形式だけの物であり、採用間違いなしとなる存在なんですね。
なので、主人公としては形式上だけの仕事だった訳ですが…。

面接したふたりの女性…、亜由美と由貴のふたりに目を奪われてしまう事に。
容姿、身体付きなど魅力溢れるふたりを見て、主人公はエロモードに(汗)
まぁ、当然誇り高い亜由美には小馬鹿にされ、人見知りな由貴にはドン引きされるという、情けない状態になってしまうのですが(汗)

しかし、この主人公、自分が悪いのにも関わらず、そんな態度を取った女性陣にご立腹。

そんな主人公は、この面接官という立場を悪用し、自分の好き勝手に女性たちを手に入れようとする事を決意する流れですね。

これだけでも伝わるか分かりませんが、かなり動機が緩いというか…、馬鹿っぽい(汗)
主人公は、本当に一流企業に勤務しているのか疑うレベルに、子供っぽい性格に感じましたねぇ。
なので、全然重苦しい雰囲気など微塵もないテイストになっていますね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラ、自慰などがあります。

どうやら原作版では、自分で任意に面接する相手を選択する事で、そちらのヒロインのストーリーに分岐するっぽいみたいですね。
このノベル版では、両方のヒロインと同時並行に関係を持っていく事になりますね。

どちらも性格が異なるタイプと思うんですが、意外に共通しているのは、押しに弱い所かな(汗)
どう考えても主人公からの命令というか、指示はセクハラ以外の何物でもない訳ですが…、ってかセクハラ以上な悪質な内容ですけどもね。

そんな普通であれば絶対従う訳のない内容を、彼女たちは何だかんだありつつも従うんですね。
勿論、根底には逆らえば、この企業への就職が絶望的となるであろうという点が大きく働いているのは明らかですね。
後は、どちらの女性も結構勢いに流されやすいというか、主人公が強く出ると弱い所があるんですね。

オドオドとした印象の由貴は分かるんですが、お嬢様で勝気そうな亜由美までも、そうとは思わず、そこは意外でしたねぇ。
勿論、どちらも完全に納得している訳でもないので、困惑などの色が隠せないですが、大して言葉巧みでもない主人公の言葉に丸め込まれている感はありましたね(汗)
…本当にふたりとも優秀なのかな?(汗)

そんな訳で、主人公のとんでもない内容を心底信じてはいないものの、逆らえずにHな行為をする事になりますね。

ふたりとも初体験の時から、割と反応が良かったのも印象的ですね。
特に由貴は、普段オドオドとした態度が目立つ中で、行為中は結構熱っぽい反応が返ってくるなど、素質?を垣間見えていますね。
裏就活

まぁ、由貴はどうも官能小説を愛読しているという趣味などがある様で、男性経験こそなかったものの、性行為に対してかなり興味があったってのが大きいですね。
なので、行為では主人公も時に戸惑う様な反応をする事も。

一方で亜由美は、お嬢様でプライドの高い性格の第一印象からは一転。
意外とMっ気があるのが、徐々に明らかになっていきますね。
もしかしたら、実は隠されたこういうMっ気のある性格が強く出てこられると押しに弱い所に繋がっているのかもしれませんね。

主人公も途中から、彼女の気質を見抜いて、より彼女のMっ気を刺激する様な内容、シチュエーションでの行為で亜由美を物にしようと企む事になりますね。
裏就活

由貴は、普段からそういう官能小説などを読んでいた事もあり、元々性欲、好奇心が強くあるので、結構早くのめり込んでいった印象ですね。
小説にある行為の場面に自分を重ねて妄想してたりと、想像力豊かな面があるだけに、普段とのギャップが感じられますね。
裏就活

終盤では、ふたり一緒になっての行為もありますね。
最初の顔合わせでは、ちょっとライバル視している所も見受けられましたが、すぐにお互いの存在を認め、一緒に行為に耽る様になりますので、問題はないですね。
女性陣での会話も何かすっかりこの状況に適応して、互いの身体をエロい、エロいと褒めあったりで微笑ましいですね。

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しています。
原画担当は「DAIKICHI」さんが手がけています。

普段からどこか色気を感じさせる表情が印象的ですね。
普段から表情を赤らめているせいで、そう感じるんですかね?
頬を赤らめているせいか、一層、由貴は恥ずかしがっている様に見えますし、亜由美はお嬢様な中に可愛らしさを感じさせますね。

主人公の行為でも、そんなに痛々しさを感じさせない表情なので、苦手な人でも見やすいでしょうか。
裏就活 裏就活

一部では、若干アヘ顔的な表情がありますね。
目が上を向いて、舌を突き出している程度なので、そこまでエグさは感じさせないとは思いますが、普段よりも確かに快感でおかしくなっているのが伝わる表情にはなっていますね(汗)
普段は黒目が目立つだけに、それが小さくなっているから余計にそう感じるんでしょうね。

まぁ、そこまで我慢できないレベルではないとは思いますが、苦手って人は一応ご注意を。

挿絵数:28枚

総評


全体的には、思ってた以上に緩いノリというか、コミカルとすら思う内容だったのは予想外でしたね(汗)
タイトル的にも、もっとヘビーな物をイメージしてただけに、拍子抜けと言うか…。

そのため、重いハードなノリを期待すると完全にがっかりする事になりますが、あんまり重苦しい雰囲気は苦手という人には読みやすく、楽しめる内容になっているとは思いますね。
…皆、優秀な人間なはずなんですけどねぇ(汗)
まぁ、痛々しく感じないってだけでも、かなり読みやすくHを楽しめる訳ですので、こういうものだと分かっていれば十分アリかと。

まったり読めるノリになっているので、気軽な作品を読みたいなら楽しめると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
裏就活〜何でもシますから挿入れてください!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

オトナ文庫 ヴァージン・ワイフ レビュー


2016年10月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、妻に先立たれた初老男性です。
そんな彼は、慣れない一人暮らしに四苦八苦していた所、説得され息子夫婦の家に同居する事に。
同居生活を始める中、主人公は息子の妻である「久留美」(くるみ)に黒い欲望を抱くのを自覚する様になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 浅石 久留美」(あさいし くるみ)
がいます。

久留美は、主人公の息子の妻です。
おっとり落ち着いた性格の持ち主であり、お嬢様で箱入りで育った育ちの良さがあります。
ヴァージン・ワイフ

ストーリー展開


展開的には、主人公が息子の妻である久留美に欲望を抱く事になる流れですね。
よくある流れな作品ですな。
まぁ、パクリとかではなく、どうしても似たような流れになるんでしょうねぇ、この手の話って。

そんな主人公は退職をして妻との余生を楽しむつもりだったのですが、息子の結婚の後に亡くなってしまい、一人暮らしを余儀なくされてしまったんですね。
生活も荒んでしまい、それを見かねた息子夫婦が一緒に同居を持ちかけてきたのです。

最初は、主人公はその話を色々理由を付けて拒んではいたのですが、息子の説得に折れて、同居を開始したという経緯ですね。
まぁ、拒んでいた理由の中には息子の妻である久留美に対して、良からぬ欲望を抱いていたためでもあるんですよね(汗)
息子の妻に対して、歪んだ性欲を抱くのは、さすがにマズイと主人公も自覚して距離を置いていた訳ですが、同居する事になり、日ごとに増す欲望…。

また困った事に、主人公の息子はとにかく奥手であり、久留美とは結婚2年目でもあるのに、まだ結ばれていないと息子から相談される始末であり、まだ誰の物にもなっていない久留美の身体を想像し、主人公の欲望は刺激される結果となっていたのです。

そして、ある日…。
偶然、主人公の部屋を掃除していた久留美がたまたま主人公の持っていたエロ本を発見し、興奮する様を目撃した主人公は、遂に行動を開始する事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、久留美との行為が描かれています。

行為的には、自慰やフェラやパイズリなどがあります。
一部では、ローターやアナルバイブなどを使用する展開もありましたね。

やはり見所は、自分の息子の妻を寝取るというシチュエーションでしょう。

主人公は、元々亡き妻との関係は良好であり、退職後は妻との生活(性生活も含め)を楽しみにしてたんですね。
それが妻を亡くした事で、たがが外れた格好となっており、亡き妻の様な性に奥手な久留美に余計に食いついた所はありますね。
だからって、手出しちゃいかんですけどね、実際(汗)

また久留美は、主人公の息子である夫を愛しているのですが、夫婦の関係はまだなかったんですね。
夫も彼女も奥手であるゆえに、行為に至るきっかけを言い出す事ができなかった訳ですね。
でも、久留美も年頃の女性ですから、ちゃんと性欲はあるんですよね。

だからこそ主人公の部屋でエロ本を見てしまい、興奮してた訳ですね。
そんな所を主人公に目撃されてしまい、主人公のペースに流されてしまう事になりますね。

勿論、いきなり挿入なんて事はしませんが、最初から彼女の股間を中高年らしく?ねっとりと愛撫されてしまう事に(汗)
経験もなく、自慰の経験もそこまでなかった久留美なので、いきなりの愛撫の前にちょっとした錯乱状態に。
これまで絶頂を知らずに生きてきた彼女なだけに、いきなり義父にそんな愛撫をされているなどの異常な状況に整理が追い付いてないのが垣間見えますねぇ。
ヴァージン・ワイフ

初めての絶頂を経て、久留美の態度はその後もあまり変化がない様に感じるものの、やはり意識するとよみがえる感覚に戸惑う事に…。
主人公は、その後も彼女に迫り、様々な行為で快感を与えていく事に。

そして、遂に夫ではなく義父に処女を奪われてしまう事になる久留美。
一度身体を許してしまえば、もはや抵抗も弱々しいものとなり、ますます主人公の行為はエスカレートしていきます。
勿論、彼女は行為に対して嫌がる仕草、台詞は常に口にしますが、それ以上に行為でしっかりと感じてしまい、はしたない声を出しますけどね。
ヴァージン・ワイフ

お約束の夫と主人公を比べてしまう流れもしっかりありますね。
最初は夫婦関係のなかったふたりですが、途中で久留美は夫と遂に結ばれる事になる展開があります。
まぁ、そこの描写は一切ありませんけどね。

その時まで童貞だったらしい夫と、その父である主人公。
まぁ、男性としての能力、テクニックなどは比較にならないでしょうねぇ(汗)
ようやく夫らしく振る舞えたと浮かれる夫の姿が余計に悲しいですね(汗)
ヴァージン・ワイフ

ちなみに後で初夜の際に夫が興奮しちゃって久留美を乱暴にし過ぎてしまったと口にしてたのを耳にして、久留美が「…あれで?」絶句してたのが印象的でした(汗)
結果として、この件を抜きにしても、夫相手では満足できない身体になってしまったと、彼女自身が再認識してしまう事になりましたね。

実際、ある程度関係を続けてきた頃になると久留美の反応もかなり主人公に素直になっていく様子が垣間見えます。
終盤近くまで来たら、もはや積極的に彼女の方から主人公の部屋を深夜に訪れる様になったりと、離れられない状態になってきているのが分かりますね。
…知らぬは、夫ばかりですねぇ。

意外だったのは、フェラなどの行為が思った以上に少なかった所ですね。
登場も結構終盤だったりと、少し物足りなさは感じたものの、そんな行為を何だかんだと許すまでになったという久留美の心情の変化も見える場面ですね。

終盤では、妊娠し、お腹が大きくなった状態での行為も描かれています。
…誰の子供なんですかねぇ。
母乳も出る様になり、より淫らな女性と変化した久留美の姿は印象的ですね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われています。
原画担当は「一河のあ」さんが手がけています。

可愛らしく柔らかい絵柄が印象的ですね。
そんな清純そうな久留美が、小汚い主人公に良い様にされてしまうというね(汗)
主人公の小汚い顔が描かれているのは、人によって好き嫌いが分かれると思いますね、私もない方が好きですが(汗)
ヴァージン・ワイフ

久留美の表情は、基本的に変化しないので表紙絵の表情が好みであれば問題ないかと思います。
光を失ったりとか、そういう分かりやすい大きい変化がないですね。
アヘ顔のひとつもありそうですが、特にそれっぽいのはなかったですので、人によってはあまり変化がない表情と思うかもしれませんね(汗)

逆に言えば、可愛らしい絵柄のままなので、エグさも薄く、嫌悪感を抱きにくい絵柄とも言えますし、どっちを好むかって所でしょうか。

挿絵数:25枚

総評


全体的には、展開として珍しいインパクトのあるものは、これといってなかったものの安定した作りかなと。
元々、この手の作品は似通っているだけに、こんなものかなと思いますけどね。

あまり変に暗く重い話ではないので、比較的見やすい仕上がりの作品になっていますね。
ヒロインである久留美のデザインが好みであれば、より楽しめると思います。

DMM 電子書籍
ヴァージン・ワイフ、密やかな開通

DMM 原作PC版ダウンロード
ヴァージン・ワイフ 密やかな開通〜あなた、お父さんに躾けられてしまったの…〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

2017年 発売予定作品一覧

  •  投稿日:2017-01-03
  •  カテゴリ:新刊
今後2017年度に発売される予定作品です。

1月発売予定


オトナ文庫 2017/1/13
牝犬孕ませ母娘丼 ~美人巨乳親子をアヘらせヤリまくり飼育♪~ (オトナ文庫 60)
北原みのる、 赤木リオ
寝取りの蜜約?ミダラに惑う姉妹の淫果? (オトナ文庫 61)
雑賀匡、 竜太

美少女文庫 2017/1/20
美少女文庫 メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ レビュー
青橋 由高、 HIMA
えすかれ美少女文庫 淫魔とギャルと男の娘は俺の嫁!? レビュー
ほんじょう 山羊、 ぐじら
美少女文庫 おやすみせっくす 僕のために眠る妹 レビュー
みかづき 紅月、 三上 ミカ

ぷちぱら文庫 2017/1/31
ぷちぱら文庫 中出し許可区のハーレム生活 レビュー
愛内なの、 あきのしん

オトナ文庫 2017/1/31
オトナ文庫 巨乳×露出 Kカップもぎたて果実とLカップ熟れた果実のお外でぷるるん味比べ! レビュー
田中珠、 桃色劇場
オトナ文庫 寝取り返し お前の旦那だって僕の妻を奪ったんだから、いいだろう レビュー
雑賀匡、 アパダッシュ

2月発売予定


二次元ドリーム文庫 2017/2/1
二次元ドリーム文庫 百合ラブスレイブ わたしだけの委員長 レビュー
あらおし悠、 鈴音れな

オトナ文庫 2017/2/10
人妻店長の痴態勤務 ?夜勤バイトの愉しみ方? (オトナ文庫 66)
北原みのる、 アパタイト
人妻好きが透明人間になったら?~家庭内でヤリたい放題生ハメ孕ませ~ (オトナ文庫 59)
春風栞、 Miel

美少女文庫 2017/2/20
えすかれ美少女文庫 アンスイート 井上愛&黒瀬勝子 レビュー
ほんじょう 山羊、 田中 あじ
えすかれ美少女文庫 ドSな生徒会長サマがMノートに支配されました。 レビュー
鷹羽 シン、 有末 つかさ
美少女文庫 ダークキングダム 淫虐の姫騎士と強欲の魔王 レビュー
山口 陽、 うるし原 智志

2017/2/28 ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 お姉ちゃんとショータくんと。 レビュー
黒瀧糸由、 アンモライト
ぷちぱら文庫 洗脳チートで簡単にハーレムをつくろう! レビュー
愛内なの、 凪丘

2017/2/28 オトナ文庫
修羅の痴漢道 (オトナ文庫 63)
緒莉、 BISHOP
リベンジポルノ (オトナ文庫 52)
村上佐知子(髪ノ毛座)、 アトリエさくらeXtra

3月発売予定


リアルドリーム文庫 2017/2/24⇒3/1
リアルドリーム文庫 囚われた人妻捜査官 祐美子 母娘奴隷・黒い淫獄 レビュー
筑摩十幸、 asagiri

二次元ドリーム文庫 2017/3/1
二次元ドリーム文庫 悦楽のノワール 腰砕け吸血姫の快楽特訓 レビュー
那羽都レン、 平賀まつり

二次元ドリームノベルズ 2017/3/1
二次元ドリームノベルズ 魔を祓う神巫 宮藤京香の寝取られ退魔帖 レビュー
ぽいぽい、 みやねあき

ぷちぱら文庫 2017/3/10
ぷちぱら文庫 【超朗報】隣部屋の美人妻が甘やかしご奉仕してくれるらしいwww レビュー
愛内なの、 ぽるのいぶき

オトナ文庫 2017/3/10
処女ビッチだらけのテニス部合宿! アタシが処女だって証拠がドコにあんのよ!? (オトナ文庫 64)
K-TOK、 マリン

美少女文庫 2017/3/21
美少女文庫 亡国の剣姫と忘国の魔王 レビュー
わかつき ひかる、 つかこ
美少女文庫 思った以上に透視能力 美少女を征服して世界最強! レビュー
アナルカン、 MtU
美少女文庫 嫌な顔されながら子づくりさせてもらいたい レビュー
上原 りょう、 40原

二次元ドリームノベルズ 2017/3/24
二次元ドリームノベルズ きらら★キララ2 魔法少女は変わっていく… レビュー
さかき傘、 希望つばめ
二次元ドリームノベルズ 欲望特急 スレイブパーサー搾精捜査 レビュー
冬野ひつじ、 sasana

二次元ドリーム文庫 2017/3/29
二次元ドリーム文庫 天使と悪魔の禁忌な黙示録 レビュー
竹内けん、 ダイアル
二次元ドリーム文庫 騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け レビュー
上田ながの、 瀬奈茅冬*

ぷちぱら文庫 017/3/31
ぷちぱら文庫 孕ませオナホ退魔騎士ユーディット レビュー
遊真一希、 Miel
ぷちぱら文庫 引きこもりの妹が身体で家賃を払おうとしてくるんだが!? レビュー
橘トラ、 あにぃ

オトナ文庫 2017/3/31
爆乳人妻メード ~癒され乳母孕ませの館~ (オトナ文庫 67)
天城悠理、 エレクトリップ
夫に言えない義父との姦淫 ?嫌だったはずなのに、忘れられないの? (オトナ文庫 69)
雑賀匡、 アパタイト

4月発売予定


ぷちぱら文庫 2017/4/14
ぷちぱら文庫 世界を救った英雄は異世界でのんびり暮らす レビュー
愛内なの、 あきのそら

オトナ文庫 2017/4/14
孕ませて♪人妻商店街 (オトナ文庫 72)
春風栞、 Miel
必ずデキる☆おりこう彼女! 葉月&綾音 学校で性春! (オトナ文庫 62)
蝦沼ミナミ、 Pin-Point
身代り淫行生活 ?親友を守るため、外道教師のいいなりになる優等生"映舞"? (オトナ文庫 70)
田中珠、 ぱちぱちそふと黒

美少女文庫 2017/4/20
美少女文庫 年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! レビュー
葉原 鉄、 ひなた もも
美少女文庫 竜王子のハーレムタワー 嫁ドラゴンをコンプして最強進化を目指します レビュー
朱月 十話、 ぎうにう
美少女文庫 クイーンズブレイカー 鬼畜王の女王征服ハーレム レビュー
天乃 聖樹、 さとー さとる

ぷちぱら文庫 2017/4/28
ぷちぱら文庫 JuiCy妹☆変態パコりっくす 目指せ! モテカワHなオンナノコ レビュー
橘トラ、 アンモライト

オトナ文庫 2017/4/28
巨乳令嬢MC学園 (オトナ文庫 68)
布施はるか、 ルネ
新妻ふわトロ癒やらしエステ (オトナ文庫 74)
黒瀧糸由、 アトリエかぐや CheshireCat

5月発売予定


オトナ文庫 2017/5/19
友母ガチ孕ませ! ~デカパイ母性ママを俺の牝にしてやった! ~ (オトナ文庫 71)
北原みのる、 Miel
右手がとまらない僕と、新人ナース (オトナ文庫 73)
姫ノ宮レイ、 Waffle

ぷちぱら文庫 2017/5/19
ぷちぱら文庫 異世界の回復魔法使い レビュー
愛内なの、 鳴海茉希

美少女文庫 2017/5/20
美少女文庫 転生したらエルフの王宮をハーレムにデキました! レビュー
みかど 鉄狼、 ゆらん
美少女文庫 桜の咲く頃、僕は妹と再会する レビュー
わかつき ひかる、 樋上 いたる
美少女文庫 戦国妖狐綺譚 もののけ巫女と武田の忍び レビュー
井の中の井守、 おりょう

二次元ドリームノベルズ 2017/5/24
二次元ドリームノベルズ けだものスレイブ レビュー
上田ながの、  

オトナ文庫 2017/5/31
エンコーJKビッチギャル オジサンとなまパコ性活 (オトナ文庫 76)
草郎、ちくび、 田中珠
エリート女上司を催眠で孕ませオナホにしたエロすぎる会社性活 (オトナ文庫 78)
春風栞、 Miel
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ ?年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活? (オトナ文庫 75)
さんきち、 ANIM
催眠委員長 (オトナ文庫 50)
おくとぱす、 include

ぷちぱら文庫 2017/5/31
ぷちぱら文庫 揉ませてよオレの正義4 レビュー
鏡裕之、 牡丹

二次元ドリーム文庫 2017/5/31
二次元ドリーム文庫 俺とエッチをする権利書が出回ってラッキースケベが無双すぎる レビュー
黒名ユウ、  

6月発売予定


ぷちぱら文庫 2017/6/9
ぷちぱら文庫 絶対的権力者は異世界でハーレムをつくる レビュー
愛内なの、 はっとりまさき

オトナ文庫 2017/6/9
お前の妻は、オレの淫乱肉嫁 ?お隣さんは欲求不満でした? (オトナ文庫 79)
布施はるか、 アパダッシュ

美少女文庫 2017/6/21
美少女文庫 僕には龍神なお姉ちゃんがいます レビュー
青橋 由高、 HIMA
えすかれ美少女文庫 灼炎のエリス 私、勇者やめて雌豚になります! レビュー
天那 コータ、 てんまそ
美少女文庫 スケベで鬼畜な師匠と素直で従順で美少女な弟子 レビュー
アナルカン、 西E田

二次元ドリーム文庫 2017/6/22
ハーレムアベンジャー 痴女と監獄とエッチな責め苦 (二次元ドリーム文庫)
ちぇりーな、 竹内けん
二次元ドリーム文庫 僕のエッチなしでは学園最強のヒロインが最弱になる件 レビュー
シロクマA、 磯貝武連

オトナ文庫 2017/6/23
妹交姦〜お兄ちゃんじゃなきゃ駄目…なのに…〜 (オトナ文庫 77)
たかとうすずのすけ、 雑賀匡

ぷちぱら文庫 2017/6/23
ぷちぱら文庫 スローペースな異世界ライフ コツコツ&こっそり鍛えて最強に!? レビュー
愛内なの、 あきのしん

リアルドリーム文庫 2017/6/29
リアルドリーム文庫 恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち レビュー
早瀬真人、 猫丸

ぷちぱら文庫 2017/6/30
ぷちぱら文庫 おっぱいカフェ 母娘でコスちち レビュー
黒瀧糸由、 一河のあ
ぷちぱら文庫 女子限定♪孕ませハーレム学園都市 レビュー
遊真一希、 石井彰
ぷちぱら文庫 モテない男の家に配給される女たち レビュー
8、 ここあ

7月発売予定


ぷちぱら文庫 2017/7/12
性的ないじめですか? いいえ、ご褒美です! (ぷちぱら文庫 256)
雑賀匡、 Miel
俺が校則! 中出し以外は校則違反!!! ~女子校生全員中出し完全制圧計画~ (ぷちぱら文庫 257)
MBS TRUTH、 赤木リオ

美少女文庫 2017/7/20
最弱魔王ですが股間の魔剣は最強です 大邪竜、吸血鬼司教、鬼姫、勇者 (美少女文庫)
葉原 鉄、 〆鯖 コハダ
JKエルフと君の先生。 (美少女文庫)
箕崎 准、 日吉 ハナ
童貞を殺す大魔王! 例のセーターを着たサキュバス姫 (美少女文庫)
有末 つかさ、 伊藤 ヒロ


ぷちぱら文庫 2017/7/20
隠しスキルで無双ハーレム! (ぷちぱら文庫creative 167)
愛内なの、 LOLICEPT

オトナ文庫 2017/7/20
常夏の孕ませ人妻アイランドへようこそ! ~エロムチ義母達4人と無人島種付けバカンス! ~ (オトナ文庫 80)
北原みのる、 Miel

二次元ドリームノベルズ 2017/7/22
淫紋屈服 金色のミルカ (二次元ドリームノベルズ)
ウナル、 Q

二次元ドリーム文庫 2017/7/27
魔法のオナホでエッチないたずらし放題! (二次元ドリーム文庫)
089タロー、 相川たつき

オトナ文庫 2017/7/28
背徳の母娘丼 ?淫欲に沈むママといもうと? (オトナ文庫 82)
田中珠、 アパタイト

ぷちぱら文庫 2017/7/28
純真で人の頼みを断れない結衣ちゃんに僕だけの中出しオナホになってもらった (ぷちぱら文庫 261)
bbsacon、 甲斐谷こう太
そうだ、異世界で援交しよう。?強く気高きサポあり乙女? (ぷちぱら文庫creative 169)
黒おーじ、 氷室
ようこそ! スケベエルフの森へ (ぷちぱら文庫 258)
和知まどか、 葵渚

リアルドリーム文庫 2017/7/29
ヤブヌマ2 他人棒に啼かされる君が愛しくて (リアルドリーム文庫)
ナオト。(サークル N.R.D.WORKS)、 猫丸

8月発売予定


ぷちぱら文庫 2017/8/9
精霊召喚術士のスローライフ?異世界でほのぼの生きよう! ? (ぷちぱら文庫creative 170)
物緒から、 愛内なの

美少女文庫 2017/8/21
おいでよ! 水龍敬ランド ビッチとスケベなパレードデイ (美少女文庫)
上原 りょう、 水龍 敬
催眠性指導 (美少女文庫)
巽 飛呂彦、 愛上 陸
僕とエルフメイド姉妹の三人暮らし (美少女文庫)
青橋 由高、 やんよ

ぷちぱら文庫 2017/8/22
JKビッチ西沢雫のエンコー100万円計画♪ (ぷちぱら文庫 262)
橘トラ、 ぱこぱこそふと
エデンズリッター 淫悦の聖魔騎士ルシフェル編 (ぷちぱら文庫 263)
和知まどか、 Waffle

二次元ドリーム文庫 2017/8/30
性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)
高岡智空、 草上明

ぷちぱら文庫 2017/8/31
無敵の孕ませオナホ姫騎士団 (ぷちぱら文庫 259)
遊真一希、 Miel

オトナ文庫 2017/8/31
パパァ…もうやめてぇ…。 ?愛娘へのしつけは肉棒で? (オトナ文庫 84)
ヤスダナコ、 アパタイト
課外授業 -私立白麗女子学園- (オトナ文庫 85)
雑賀匡、 BISHOP


9月発売予定


10月発売予定


11月発売予定


12月発売予定


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます