FC2ブログ

2016年10月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2016年10月

2016年10月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-10-08二次元ドリーム文庫 「た行」
貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.10.08黒名ユウ キルタイムコミュニケーション (2016-10-04)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。著者さんのカバーコメントで処女作とあるので、これがデビュー作なのかな?主人公は、ちょっと?スケベな童貞男子学生です。そんな彼は、ある日覗きを行い、逃走する中...

記事を読む

2016-10-07新刊
二次元ドリーム文庫 2016/10/04分の新刊購入しました♪「貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園」昨日買ったんですが、掲載できてませんでした(汗)できるだけ早くレビュー掲載しますので、もう少しお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞ二次元ドリーム文庫 貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 レビューブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

2016-10-05二次元ドリームノベルズ 「ま行」
魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 16.10.05空蝉 キルタイムコミュニケーション (2016-09-30)Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。以前に同タイトルの1作目も発売しています。▼二次元ドリームノベルズ 魔剣士リーネ 二人の姫が孕みし刻 レビュー主人公は、大陸支...

記事を読む

2016-10-03ぷちぱら文庫
どんな時でも巨乳女子と子作りOK!! 〜目が覚めたら全ての女が俺に惚れていた!?〜 (ぷちぱら文庫creative 153)posted with amazlet at 16.10.03愛内なの パラダイム (2016-09-30)Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、これといった学歴もなく、コンビニでアルバイトして...

記事を読む

2016-10-01新刊
二次元ドリームノベルズ&ぷちぱら文庫 2016/9/30分の新刊購入しました♪ 二次元ドリームノベルズ「魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻」 ぷちぱら文庫「どんな時でも巨乳女子と子作りOK!! 〜目が覚めたら全ての女が俺に惚れていた!?〜」もう10月に入っちゃいましたねぇ…、読書の秋らしくなるといいけども。まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞ二次元ドリームノベル...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 レビュー

貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 (二次元ドリーム文庫)
黒名ユウ
キルタイムコミュニケーション (2016-10-04)

貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 (二次元ドリーム文庫)
10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

著者さんのカバーコメントで処女作とあるので、これがデビュー作なのかな?

主人公は、ちょっと?スケベな童貞男子学生です。
そんな彼は、ある日覗きを行い、逃走する中、転んで気絶してしまう事に…。

目覚めた主人公は、しばらくしてから何か違和感に気づく事に。
何故か女性陣の性格が一変しているように感じたという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 姫宮 エリカ」(ひめみや)
  • 月野 乃乃」(つきの のの)
  • 白鳥 清香」(しらとり きよか)
  • 滝沢 翔子」(たきざわ しょうこ)
  • 五十嵐 美里」(いがらし みさと)
がいます。

エリカは、主人公の幼なじみです。
ちょっとHな小悪魔的な言動で主人公をいじってくる存在でもあります。

乃乃は、下級生の図書委員です。
本が好きで大人しい性格の持ち主ながらも、ド迫力な胸を持っています。

清香は、先輩の風紀委員長です。
品行方正、才色兼備、純情可憐という学生らの人気を集める存在でもあります。

翔子は、女子剣道部の主将です。
男兄弟の中で育ったせいか、どこか中性的な言動が特徴的でもあります。
爽やかで後輩の女子人気が高い所があります。

美里は、生活指導の新人教師です。
ナイスボディの持ち主ですが、お堅く厳しい性格の持ち主で生徒らからは恐れられています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が覗きの逃走中に頭を打って気絶した後に何かがおかしい事に気づく流れですね。
…覗きの逃走ってのが、何とも情けないですが(汗)

目覚めた時点では、特にいつも通りに感じたものの、時間が経過する間に少しづつ何かがおかしいと気づき始めたんですね。
何が違うのか? それは女性陣でした。

例えば、生活指導の美里はいかにもお堅い女教師な恰好だったのが、何故か露出が激しい恰好とイメージが違いすぎる事に。
恰好だけではなく、言動も男を誘うようなHな感じになっており、普段の彼女とは別人の様…。
それは、彼女だけではなく、普段Hな感じとはイメージできないような女性陣まで、Hになっていたんですね。

そこで主人公は、ある考えに至る事に。
もしかしたら頭を打って、別世界、いわゆるパラレルワールドに来ちゃったんじゃないかという突飛な発想に(汗)
しかし、そうとしか考えられない程に、女性陣の変貌ぶりが凄かったってのも確かなんですよねぇ。

その考えは、乃乃と出会った事で更に確信する事に。
どうやらこの世界は、貞操観念が男女で逆転した世界らしいという事なんですね。

つまり童貞が女性とのHに焦がれる様に、この世界では処女である女性が男性とのHに焦がれるという訳ですね(汗)
でも、最近の男子って結構草食系なんて言われているけども、ここではそうではないっぽいですな。
…まぁ、草食系な主人公など誰が読みたいのかって話ですけども(汗)

その後、結果的に主人公は乃乃と関係を持つ事に。
まぁ、逆転が正しいとすれば彼女もHに飢えている存在である訳ですから、そんな彼女とふたりっきりってのは美味しく頂かれてしまうって意味ですもんね(汗)

しかし、主人公としては何も問題はありませんでした。
彼からしたら、女性陣が積極的にHに応じてくれるという状況である訳ですからね♪

こうして、主人公は次々と女性陣と関係を持っていく事になる流れとなっています。

最初、この逆転した感覚が読んでて少しややこしく感じてたんですが、次第にどうでもよくなりました(汗)
最終的には、あんまり普段と変わらないというか、気にならなくなりましたね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰や手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
他の要素では、アナルビーズなどの小道具も一部ありますね。

やはり見所は、普段の女性陣と違い、Hに関して素直に積極的な姿勢を見せる女性陣の姿でしょうか。
でも、この手の作品の女性なんて、世界関係なくそんなもの当たり前だからある意味、珍しくもなんともないんですけども(汗)

ギャップって所を強調しているんでしょうけども、残念な事にあまり変化前の女性陣との絡み自体がさほどなかったんですね。
とりあえず女性陣とは1度会話などで絡んでいたものの、それくらいかな?
なので、あんまり変化のギャップが今一つ目立っていない印象がありました。

そもそも性格が逆転ではないんですよね、あくまでも貞操観念だけが逆転な訳です。
変化後の世界でも根っことなるベースは同じなんですよ、性格も。
その結果、変化がHだけの反応に留まるので、あまりキャラとしてのギャップを感じさせない一因になっているのではないかなと(汗)

ギャップ云々を考えなければ、普通にHな女性たちとのHを楽しめるって感じですかね。
あまり逆転云々を気にしない方が素直に楽しめるのではないでしょうか?

Hに積極的なヒロインたちですが、羞恥心がない訳ではありません。
なので、主人公との行為でも恥じらいをしっかり感じているので、あっけらかんとした羞恥心のない反応ではないのでご安心を。
貞操観念が逆転しても、照れ、恥じらいは残りますからね♪

それでも隠し切れない程の性への好奇心などは女性が見せると、何故か純粋でHに見えるけども、主人公みたいな男だと…(汗)


ちょっと残念なのは、主人公は個々のヒロインたちと別個に関係を持っているので、ハーレム展開はない事でしょうか。
それに文庫のページ数でやはりヒロイン5人分ってのは、中々ボリューム的にも難しかったかなと。
どうしても、ヒロインとの行為が物足りなかった感がありましたねぇ、個別では(汗)

個人的に見た目が好みな翔子は、終盤の1回だけだったりと、ヒロインによって差があったのも残念。
まぁ、序盤から出ているヒロインの方が目立つのは当然ですが、ちょっと終盤翔子やエリカらの行為が駆け足で慌ただしかったのは勿体ない限りですね(汗)

てっきりエリカがメインヒロインだと思ってたし、そんな感じだったのに、あの扱いは何とも物足りないなぁ。
1人くらい減らしても、もっと個々のヒロインをしっかり描いてほしかったかなとは感じましたね。
まぁ、恋愛色は殆どないHしまくるノリな作品なので、別にいいのかもしれませんが(汗)

挿絵


挿絵は「鬼丸ゆる」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫は初めてですかね?

繊細で色気ムンムンな絵柄が印象的ですね。
今作のような無駄に色気を振りまく女性陣という内容にピッタリな絵柄ではないでしょうか♪

可愛らしさも含みつつ、色気を感じさせる表情などが見所ですね。

特に乃乃の印象は強かったですね。
眼鏡キャラなんですが、それがこの絵柄に合っていて、余計に色気を感じさせることになっていましたね。
立派な胸がブルンブルン揺れていますねぇ♪

もう一人の眼鏡キャラでもある美里も、知的さといやらしさが増して感じますね。
眼鏡好きな人にはより一層楽しめるのではないでしょうか?

汁気の描写が粘液って感じが良く表現されているのも好印象ですね。
余計にこれが行為に耽る女性陣を淫らに感じる事ができますね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、貞操観念を逆転したという世界でHしまくる内容でしたね。
タイトルで壮大な感じでしたが、意外とそうでもなかったですね(汗)

恋愛よりもHに重きをおいた作りなので、甘さは程ほどなんですが、その分H三昧な展開が味わえる様になっていますね。
あんまり逆転要素とか考えずに、軽いノリで展開されるので、手軽に可愛い女性陣とのHを楽しみたいって人には良いのではないでしょうか?

Amazon版 電子書籍
貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 2016/10/04分 新刊購入

  •  投稿日:2016-10-07
  •  カテゴリ:新刊
二次元ドリーム文庫 2016/10/04分の新刊購入しました♪

「貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園」
貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 (二次元ドリーム文庫)
昨日買ったんですが、掲載できてませんでした(汗)
できるだけ早くレビュー掲載しますので、もう少しお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
二次元ドリーム文庫 貞操観念が逆転して童貞女子がエッチに飢えた学園 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

二次元ドリームノベルズ 魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻 レビュー


魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻 (二次元ドリームノベルズ)
9月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

以前に同タイトルの1作目も発売しています。
二次元ドリームノベルズ 魔剣士リーネ 二人の姫が孕みし刻 レビュー

主人公は、大陸支配を目論む帝国に対抗するライオネル王国の司令官です。
快進撃を続けてきた彼らでしたが、共に戦っていた剣士「リーネ」が敵の手に落ちてしまう事に…。

敵の手に落ちたリーネが見たのは、主人公の許嫁であった「メモリア」の変わり果てた姿だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • リーネ
  • メモリア
がいます。

リーネは、主人公と共に帝国に対抗している女騎士です。
騎士の名家の出であり、選ばれた者だけに使える聖剣ラグナロクの持ち主でもあります。
主人公よりも少し年上であるゆえか、お姉さんぶるところがあります。

メモリアは、主人公の幼なじみであり許嫁という存在です。
主人公とは両想いであったものの、先の戦闘により、領主であった彼女の地は帝国に占領されてしまい、行方不明となっていました。

その他にも、他のキャラクターも少し登場していますが、基本的には上記のふたりですね。

ストーリー展開


展開的には、帝国と対抗する主人公たちでしたが、リーネが敵の手に落ちてしまう流れですね。

前作と似たような感じではあるんですが、あれとは異なる状況も割とありますね。
前作では、今作のヒロインであるリーネとメモリアは名前が少し出る程度で存在は全くない様なレベルでしたので(汗)
今作の分があるから、前作ではあえての存在感だったんですかね?

そんな訳で、前作のヒロインたちは逆にあまり今作では登場していないという事になっていますね。
著者のカバーコメントにもあるんですが、全く同じ話を別視点でってよりかはパラレルワールドとして描かれているそうですので、細かい事は気にしない(汗)

さて、そんな今作ですが、帝国の支配に対し、戦い続けている主人公たち。
快進撃を続けている彼らでしたが、頼りの剣士リーネが敵の手に落ちてしまう事に…。

捕らわれたリーネが見たのは、主人公の許嫁であるメモリアの変わり果てた姿でした。
帝国に占領されて消息不明だった彼女は、かつて主人公の仲間で帝国に寝返ったファルコンによって、寝取られてしまい、すっかり虜となっていたのでした。

そして、ファルコンの標的は捕らわれたリーネにも向けられる事となったという流れですね。

まぁ、この作品は寝取られ作品ですから(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。

やはり今作では寝取られ要素が肝な訳ですが、前作とは少し構成が違いますね。
前作では、両方のヒロインが同時期に個々で寝取られていく流れでしたが、今作では既に主人公の許嫁であったメモリアは寝取られ済みな訳ですね。
対して、リーネは捕らわれたばかりなので、これからという状況なので、出来上がったヒロイン、こレからのヒロインという異なる存在を見る事ができる様になっています。

そうなるとメモリアは描写が弱いのではないかと思うかもしれませんが、回想という形で最初の頃の寝取られる様が描かれているので、多少はマシかな?
とは言え、主人公の許嫁でまだ結ばれてなかったと思えば、それを主人公の知らぬ間にされていたってのは、寝取られとしてはマイナスかもしれませんけどね(汗)
一番美味しい所を主人公に見せつけないでどうするよ、と(汗)

リーネの場合は、しっかり見られたので大丈夫ですけどね。
リーネは、行為の前から事前に身体を少しづつ刺激を与えていって、焦らしていく事に。
これによって、さすがの彼女も確実に身体を心を女の快感に削られてしまう事になっていく訳ですね。

更に望まぬ初体験を経ると、加速度的に彼女の身体は追い詰められていく事になりますね。
挿入の痛みや憎い相手への嫌悪感などを帳消しにしても余りある強い快感を味わう事で彼女の中で確実に当初から抱いていた強い意志が揺らぎだす結果に。
勿論、淡い感情を抱いた主人公への気持ちも健在であるものの、それはか細いものに…。

途中では、行為の相手が少年の場合も。
まぁ、これはファルコンが自分以外の男では満足できない事をリーネに悟らせるための茶番に近いですけども(汗)
童貞少年の股間を見て、彼女が主人公と同じくらいのサイズだと理解し、少年との行為を通して、主人公の肉棒への物足りなさを自覚する彼女の姿は見所ですね。

寝取られ物のお約束ですけども、やはりそこで比較されちゃうとね(汗)

彼女の中でも、そんな事を考える自分自身に嫌気を感じてはいるものの、それが皮肉にも行為に耽る彼女の性感を高める要素にも繋がっているんですよね。

作中では、思ったよりはリーネの方が出番が多かったですね。
上記にも書きましたが、メモリアの寝取られだったりを回想で描いたりと、ちょっと扱いがリーネよりも悪かったですね。
他にも、中盤辺りでは主にリーネメインで終盤こそ一緒に行為をしていたりと遅れを取り戻していますが、全体的な印象としてはリーネほど目立っていなかったですね。


寝取られに関しても、意外と主人公の前で(映像で)の行為がさほどなかったのも、ちょっと肩透かしだったかな。
てっきり常に主人公の方に、ヒロインたちの行為を見せつけてくるのかと思ってたのですが、そう回数は多くなかったですね。
なので、印象としてはガッツリ寝取られって気はしないかもしれませんね。

もう少し主人公と絡まないと、そこら辺が希薄になってしまっている気がしますね。
そもそも主人公の存在が薄いのが致命的だったのかも…(汗)

挿絵


挿絵は「桐島サトシ」さんが手がけています。
前作同様なのは、嬉しい所ですね。

やはり繊細ながらも描き込まれた描線が印象的ですね。
迫力と可愛らしさ、色気が原作版よりも増しているくらいですからね(汗)

肉棒の描写や行為の激しさもしっかり描かれており、余計に可愛らしい彼女たちが行っている行為の異様さが引き立っていますね。
女性陣が華奢な感じがあって、余計に痛々しさと妙な色気を感じさせる仕上がりになっていますねぇ♪

ヒロインたちのアヘ顔的な表情もないですし、思ったよりかは見やすいのもありがたいですね。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、前作同様に主人公の大事な存在たちが寝取られてしまう展開ですね。
上記でも書いた様に寝取られとしては、そこまでエグくはないので大好物な人には物足りないかもしれませんね。

こう言ってはなんですが印象としては、前作の方がインパクトあった気がしますね…。
2作目までの期間が長かった(1年程度ですが)のも、少し影響してたかな? もう出ないかと思ってた(汗)

苦手な人でも読みやすいかと思いますが、苦手な人が果たして読むのかな(汗)
まぁ、寝取られって事にあまりこだわらずに読めば問題ないかと。
普通の二次元ドリームノベルズ感覚で読めると思いますよ。

Amazon版 電子書籍
魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻 魔剣士リーネシリーズ (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
魔剣士リーネ

DMM 原作PC版ダウンロード


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 どんな時でも巨乳女子と子作りOK!! レビュー


どんな時でも巨乳女子と子作りOK!! 〜目が覚めたら全ての女が俺に惚れていた!?〜 (ぷちぱら文庫creative 153)
9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、これといった学歴もなく、コンビニでアルバイトしている男性です。
ここでも決して、扱いは良くなく、身も心もボロボロ…。
そんな中、ある日から何故か主人公の周りに変化が…?

何故か、周りの女性たちがやけに主人公に好意的になっていたのでした。
全く縁のなかった女子校生たちからモテ始める事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 西園寺 陽月」(さいおんじ ひづき)
  • 金村 橙子」(かねむら とうこ)
がいます。

陽月は、名門校に通うお嬢様です。
物腰穏やかでおしとやかな性格の持ち主でもあります。

橙子は、陽月のクラスメートです。
ポニーテールが似合う、ちょっと勝気な性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、うだつの上がらない主人公が何故かモテ始める事になる流れですね。

何故か、それまでは全く誰にも好かれてなかったのが、何故かある日を境に変わったんですね。
…誰からもって好かれてないってのも酷い話ですが(汗)
まぁ、正確には全員って訳ではないですけども、上司や同僚、お客の大半からはあまり好かれてないですが(汗)

しかし、ある日を境にそれが一変。
何故か、手厳しかった同僚の女性や女性客から妙に好意的な反応になっていたんですね。
でも、男性の上司は相変わらず手厳しいんですが(汗)

それでも主人公にとっては、まさかの展開に戸惑うばかり。
今までレジで文句を言われていた女性客である橙子からも、好意的な反応をされ、一気に親密な雰囲気に…。
ってか、いきなり家に食事を作りに来てくれるとか、進みすぎぃ(汗)

まぁ、そのままお約束でHな関係にまでなってしまう訳ですな♪
しかし、橙子だけではなく、お嬢様である陽月とも急速に親しくなり、彼女とも関係をもってしまう事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
ほんの一部ですが、それ以外の名も無きナンパした女性との行為も数行だけありましたが、実質は上記のふたりです。

行為的には、フェラ、パイズリ、自慰などがあります。

タイトルで子作りってありますが、別に妊娠するとかはないですね。
あくまでも中出ししているって意味合いが強いかな?

その辺をあまり期待しない方がよろしいかと思います(汗)

これまで全く女性に縁がなかった主人公が、女性陣から好意を持たれて、Hな関係になる訳ですね。
橙子、陽月ふたりのヒロインのタイプが違うのが、よりモテている感じが出ていますねぇ。
…似たタイプばかりってのも面白みがないですしね(汗)

橙子は、変化前はちょっと勝気な感じの印象が強かったですが、変化後はかなり親しみやすい印象になって、刺々しさはなくなっていましたね。
だいぶ素直で可愛らしい娘ですね♪
もっとも、ツンデレ系が好きな人には、この反応は少し残念で物足りないかもしれませんけどもねぇ(汗)

陽月は、橙子とは違い、変化前の最初から主人公への態度は変わっていなかったですね。
勿論、変化後はより一層好意的な反応を示すようになっているので、何も変わっていない訳ではないんですけどね。

橙子も陽月も喜怒哀楽をはっきり出すんですが、その方向性というかニュアンスが違うってのは個性で魅力ですよね♪
どちらも主人公にかなり好意を寄せている所は、共通していますけどね。
本来であれば、どちらも…特にお嬢様である陽月はそこまで積極的に動けなそうなんですが、何故か大胆になっていますね。

そうなると、どちらの娘も好きな相手とのH…、燃えない訳はないですよね♪
ふたりとのかなり最初から積極的で大胆な姿を見せてくれますね。
あ、どちらも男性経験はないので、余計にこの勢い、大胆さは凄いですね。

行為中の台詞もハートマークが所々で登場するなど、イチャイチャとした甘さも感じさせます。
あまりハート乱舞されると、それはそれでアレですが、今作ではそこまで乱舞してなかったかな?

終盤近くになると、ヒロインふたり一緒になってのハーレム展開ですね。
ふたりがかりのWパイズリなど、ふたりの息の合った行為も見所になっていますね。
すっかり、この頃になるとふたりの関係もより深まっており、仲の良さも感じられますね。

元々、別に敵対関係って訳でもないので、修羅場はないのでご安心を(汗)

挿絵


挿絵は「きびぃもか」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫ではお馴染みですかね?

この人の絵柄は凄い特徴があるから、印象に残りますよね♪
今作でも、それは健在であり、可愛らしくHなふたりを魅力的に描いていますねぇ。
かなり童顔なデザインなので、可愛い系の絵柄が苦手だと厳しいかもしれませんが(汗)

こんな愛らしいのに、Hではしっかり女性らしい色気を感じさせるので、ギャップがありますね。
…まぁ、よく確認してみたら全部挿絵Hシーンばっかなので、通常時が分からなかったか(汗)
一応、普通の姿はキャラ紹介の所のカラー絵くらいですが、ありましたね。

挿絵では、行為中のHな描き文字もあって、よりコミック的ですね。
可愛らしいヒロインたちの行為が、そういう描き文字がある事でより熱心さが増してHに感じられますね♪

個人的には、Wパイズリフェラのシーンがお気に入りですね。
ふたりして熱心に肉棒に奉仕する様がたまりません♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、可愛らしい娘らとイチャラブするお話でしたね。

残念なのは、結局何で急にモテモテになるかは明らかにならなかった事かな。
個人的には何かしらの理由が欲しかったんですけどね(汗)
でも、しょーもない理由を語られるよりは良いのかなぁ…。

あとがきにありますが、ご都合主義なハーレム展開が好みであれば十分楽しめるかと思います。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

二次元ドリームノベルズ&ぷちぱら文庫 2016/9/30分 新刊購入

  •  投稿日:2016-10-01
  •  カテゴリ:新刊
二次元ドリームノベルズ&ぷちぱら文庫 2016/9/30分の新刊購入しました♪

二次元ドリームノベルズ


「魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻」
魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻 (二次元ドリームノベルズ)

ぷちぱら文庫


「どんな時でも巨乳女子と子作りOK!! 〜目が覚めたら全ての女が俺に惚れていた!?〜」
どんな時でも巨乳女子と子作りOK!! 〜目が覚めたら全ての女が俺に惚れていた!?〜 (ぷちぱら文庫creative 153)

もう10月に入っちゃいましたねぇ…、読書の秋らしくなるといいけども。

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
二次元ドリームノベルズ 魔剣士リーネ 許嫁と女騎士が寝取られる刻 レビュー
ぷちぱら文庫 どんな時でも巨乳女子と子作りOK!! レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます