FC2ブログ

2016年07月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2016年07月

2016年07月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-07-17新刊
ぷちぱら文庫 2016/7/15分の新刊購入しました♪「透明人間になってお嬢様を孕ませてみた」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)ようやく元通りの状態に戻ってきたので、これからはあまりお待たせせずに済むかなと思います、大分お待たせしてすみませんでした(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 透明人間になってお嬢様を孕ませてみた レビューブログランキング参加中です。よろしければ応...

記事を読む

2016-07-16ぷちぱら文庫
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ(ぷちぱら文庫243)posted with amazlet at 16.07.16田中珠 パラダイム (2016-07-08)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、元々お金持ちの家のお坊ちゃんでしたが、落ちこぼれてしまった事でぷち勘当されてしまったのです。すっかり人が苦手になり家から出れない引きこもり状態と化し...

記事を読む

2016-07-14二次元ドリームノベルズ 「さ行」
聖騎士売春物語 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 16.07.14如月トモエ キルタイムコミュニケーション (2016-06-24)Amazon.co.jpで詳細を見る6月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「エリナ」は、帝国で聖騎士として戦っている誇り高き騎士です。そんな彼女の国は他国による侵攻によって敗北となり、彼女も囚われの身となり、処刑される事となってしまっ...

記事を読む

2016-07-12ぷちぱら文庫
Wエルフはご奉仕メイド!!(ぷちぱら文庫Creative 145)posted with amazlet at 16.07.12愛内なの パラダイム (2016-06-30)Amazon.co.jpで詳細を見る6月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、いわゆるニートでダメな人間でしたが、誰にも負けないと自信を持っているものがありました。それは、架空の存...

記事を読む

2016-07-10ぷちぱら文庫
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活(ぷちぱら文庫 242)posted with amazlet at 16.07.10布施はるか パラダイム (2016-06-30)Amazon.co.jpで詳細を見る6月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。この国では、魑魅魍魎が猛威をふるっている存在として恐れられています。そんな魑魅魍魎たちから人々を守る存在が退魔士という存在でした。主人公は...

記事を読む

2016-07-09新刊
ぷちぱら文庫 2016/7/8分&先月の二次元ドリームノベルズの新刊購入しました♪「甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ」「勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります」もう新刊が出てしまった…。まだ元通りのペースに戻れていないので、もう少し気長にお待ちください(汗)後、新刊見に行ったら、あったのでようやく入手(汗)まだ読んでいないので、気長にお待ちください(汗)レビューは、こちらから...

記事を読む

2016-07-08リアルドリーム文庫
女探偵眞由美の誘惑事件簿 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 16.07.08伊吹泰郎 キルタイムコミュニケーション (2016-06-29)売り上げランキング: 20,019Amazon.co.jpで詳細を見る6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、普通の男子学生です。そんな彼は、女性探偵の助手という一風変わったアルバイトを始める事になります。そこで主人公は、様々な事件を通して、探偵「眞由...

記事を読む

2016-07-03新刊
ようやく6月の新刊の残りを購入しました(汗) リアルドリーム文庫「女探偵眞由美の誘惑事件簿」 ぷちぱら文庫「Wエルフはご奉仕メイド!!」「最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活」ようやく買えたものの、まだ二次元ドリームノベルズのもう1冊が手に入らないんですが…(汗)近所の書店でずっと買っているんですが、もう電子書籍でいいかなぁ…。まだ読めそうもないんで、もうしばらくお待ちください(汗)レビ...

記事を読む

ぷちぱら文庫 2016/7/15分 新刊購入

  •  投稿日:2016-07-17
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2016/7/15分の新刊購入しました♪

「透明人間になってお嬢様を孕ませてみた」
透明人間になってお嬢様を孕ませてみた(ぷちぱら文庫creative 146)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)
ようやく元通りの状態に戻ってきたので、これからはあまりお待たせせずに済むかなと思います、大分お待たせしてすみませんでした(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 透明人間になってお嬢様を孕ませてみた レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ レビュー


7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、元々お金持ちの家のお坊ちゃんでしたが、落ちこぼれてしまった事でぷち勘当されてしまったのです。
すっかり人が苦手になり家から出れない引きこもり状態と化してしまった主人公の元に、以前から主人公に尽くしてくれていたメイドさん「結乃」(ゆの)がやってくる事に。

主人公に頑張ってほしいと、日常の世話からHなお世話までしてくれる様になり、そこに主人公の幼なじみの「裕美」(ひろみ)までもが、加わる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 佐倉 結乃」(さくら ゆの)
  • 一ノ瀬 裕美」(いちのせ ひろみ)
がいます。

結乃は、主人公の家で働いていたメイドです。
かいがいしく世話を焼いてくれる優しいメイドさんです。
穏やかで母性的な性格の持ち主で尽くし上手な女性です。
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ

裕美は、主人公の幼なじみです。
勝気で意地っ張りな性格で、主人公の同級生でもあります。
主人公に好意を持っているものの、中々素直になれない所があります。
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ

ストーリー展開


展開的には、家から出れなくなった引きこもりな主人公を励まし、元気づけるために女性陣がHな応援をしてくれる様になるという流れですね。
…何それ、うらやましい(汗)

元々、主人公は普通にそこそこ出来る学生だったんですが、親の方針でエリート校に入学させられたんですね。
当然、あくまでもそこそこだった主人公には、そこでの生活は馴染めずに登校する事がおっくうになってしまい、最終的には家に閉じこもってしまったという訳ですね。
んで、親からぷち勘当されてしまい、アパートで一人暮らしする羽目になったという経緯ですね。

そこでも、主人公の気持ちはすっかり折れてしまい、アパート内で食事も取らず倒れ込んでいたと(汗)

そこに現れたのが、以前から主人公に尽くしてくれていたメイドの結乃でした。
彼女は、主人公に何故か以前から一番尽くしてくれており、ご主人様と呼んでくるほどだったんですね。
…普通、ご主人様は雇い主である主人公の親になるよね?(汗)

そんな彼女は、とうとう主人公の元に職務を辞めてまで駆けつけてきたのでした。

こうして、彼女との生活が始まり、主人公は様々なサポートを受ける様に。
それは食事の世話に始まり、掃除洗濯、家事全般だけではなく、更にはHなご奉仕まで…♪

そんな中、主人公に好意を抱いている幼なじみである裕美まで現れて、結乃に負けじとばかりに主人公にHな励ましを行い始める事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、尻ズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、ヒロインたちによる主人公への甘やかしっぷりですね。
これは、立ち直る前にどっぷり甘やかされて、もう再起できないんじゃないかと思うレベル(汗)

甘やかしぶりも、ヒロインによって少し違いがあり、結乃がお姉さん的な母性での甘やかしで、裕美は幼なじみのツンデレ的な甘やかしとタイプは違えど、主人公への愛が溢れていますねぇ。
…問題は、何故か妙にHな行為に集中している所がある点かな(汗)

頭を撫でるとかだけでもいいと思うんですが、そのまま本番行為になるのが急すぎる気がするんですけどねぇ。
まぁ、この年代の男子にはエロな方法のが効果的かもしれませんけども(汗)

主人公を励ますという名目?な行為な関係上、基本的にヒロインが主導権を握っての展開になりがちですね。
主人公は、どうしても受け身が多いので(汗)
更に、結乃は励ます口調がどうしても赤ちゃんプレイ程ではないですが、それっぽい感じになるので、好みが分かれるかもしれませんね。
まぁ、苦手な人は大体タイトルとかで分かるとは思いますから、大丈夫かと思いますけどね。

対して、裕美は同い年もあって、主人公も甘える一辺倒ではない分、少しテイストは異なりますね。
彼女のツンデレ具合がたまりませんね、ほぼデレですけども(汗)

ふたりとも優しく励ましてくれるので、何か見てて気恥ずかしさすら覚えるレベル(汗)
それが受け付けないと、楽しみ切れないかもしれませんけども…、ヒロインたちがここまで励ましてくれるんですから、それに応えないと男じゃないですな(汗)

Hな励ましという要素なせいか、結果的に隠語が多い所も特徴ですね。
母性的な結乃も甲斐甲斐しいメイドだけではなく、時には調子の悪い主人公のためにナースに扮しての、エロエロ看病をしてくれますしね。
定番の白い膿を出してすっきりですな♪
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ

対して、裕美はチア姿になって、文字通りの応援しながらの励ましHをしてくれますね♪
さすがに挿入中に、ポンポン?だかを持って応援されるのは、反応に困りますが、それだけに主人公を想ってくれるのは嬉しいですね。
結構勝気な性格ながらも、時折いじらしいというか、健気な面も垣間見えるんですよね、その塩梅が良いですねぇ。
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ

途中からは、ふたり一緒になっての行為になりますね。
それまでは、たまに主人公を取り合って軽く火花を散らす事もあったけども(汗)
まぁ、家では結乃、学校では裕美と分担ができてましたけどね、さすがにメイドさんが学校には来れないしなぁ(汗)

終盤近くになると、ふたりとの妊娠して腹ボテ状態での行為もありましたね。
これまでに既にもう母性たっぷりな彼女たちでしたけども、母となって更に増している印象がありましたね。
…子供の方がしっかりしてそう(汗)
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しています。
原画担当は「KYO燈弥」さんが手がけています。

淡い色味で繊細な絵柄が印象的ですね。
なので、あまり生々しくなくてさっぱりとした雰囲気で見やすい仕上がりになっているかな?

おっとりお姉さんな結乃、ちょっと勝気な裕美も魅力的ですね。
個人的には、ギャップ込みで裕美かな、時々見せる表情にドキッとしますね♪
…勿論、結乃も魅力的ですよ、ええ(汗)

コスプレ要素も割とあったのも見所ですね。
まぁ、結乃はある意味最初からメイドなので、コスチューム要素がありますな、本職だからコスプレは失礼か(汗)
ナースだったり、チア衣装、ブルマやスク水要素も少しですがありましたね。
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ

挿絵数:35枚

総評


全体的には、主人公を元気づけるためにヒロインたちがHな応援をしまくる内容でしたね。
ちょっと過剰な気もしないでもないですが、ここまで応援されるのも男として奮起したくなるかもしれませんね。
一歩間違うと、更に堕落しそうですが(汗)

主人公の引きこもりで、何とか学校に行くのもやっとなくらいな状態をどう見るかで評価も感情移入も変わるかな?
最終的には出歩ける程度にはだいぶ成長?していますが、中にはイラッとする人もいるのかな?(汗)

もう少し主人公の心理的なトラウマ、心の傷について詳しく描かれていれば、また違った印象もあるとは思うんですが、ちょっと弱かったので。
まぁ、コミカルな目線で見れば、そこまでイライラ気にする事ではないかとは思いますけどね、素直に女性陣に甘えればいいのかなと(汗)

純粋にまったりとヒロインたちに甘えたい人には、より楽しめる作品だと思います♪

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ 〜癒します!励まします!フレー♪フレー♪種付けがんばれ♪〜

Amazon版 電子書籍
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

二次元ドリームノベルズ 聖騎士売春物語 レビュー

聖騎士売春物語 (二次元ドリームノベルズ)
如月トモエ
キルタイムコミュニケーション (2016-06-24)

聖騎士売春物語 (二次元ドリームノベルズ)
6月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「エリナ」は、帝国で聖騎士として戦っている誇り高き騎士です。
そんな彼女の国は他国による侵攻によって敗北となり、彼女も囚われの身となり、処刑される事となってしまったのです。

しかし、刑の執行が行われる寸前に彼女に救いの手が…。
資産家によって、身柄を預かられた彼女でしたが、自身にかかった多額の身代金を返済するために、娼館で身体を売る事を科せられてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エリナ・ヴァルーク
  • ユカ・ユーリカ
がいます。

エリナは、帝国の聖騎士です。
真面目で誇り高き騎士、そのままな性格の持ち主です。
主君でもある皇帝を密かに想ってもいます。

ユカは、帝国の隣国である共和国で名を馳せる財団の当主です。
エリナよりも年下なのではないかと思わせる容姿の持ち主であり、その性格は狡猾です。

ストーリー展開


展開的には、聖騎士であるエリナが他国に囚われてしまい、処刑されそうになったものの救われたのですが、その結果、身体を売る事になってしまう流れですね。

そもそもの発端は、帝国に隣国である共和国が攻め込んできた事が原因でした。
かつてから、帝国が周辺国を守ってきた過去があるにも関わらずの侵攻に、帝国の聖騎士であるエリナが率いる騎士団が出撃したのでした。
当初は、帝国が誇る騎兵によって圧勝だったものの、共和国の新兵器である銃によって、自慢の騎馬隊はエリナ自身も含み、壊滅…。

捕らわれの身となってしまったエリナは、形ばかりの軍事裁判によって死刑判決が言い渡されてしまったのです。

しかし、その際に救いの手が…。
共和国内で一定の力を持っているユカによって、エリナの身柄は彼女が預かり、多額の賠償金を支払う事になったのでした。

そして、ユカはエリナに自分の力で稼いで借金を払えと言って来たのです。
それは自分の身体を売って、金を稼げと言う意味であり、エリナは葛藤しつつも、それに従う事となる流れですね。


彼女が抱えている借金の金額は、普通に働く程度では何年かかるか分からない程の額なだけに、娼婦以外の道などなかった訳ですね。
ですが、彼女には聖騎士以外に祭司という顔もあり、それが彼女に葛藤を抱かせる原因にもなっています。

彼女は、帝国の皇帝に対し、淡い恋心を抱いているんですね。
また彼女は祭司という顔もあり、帝国の各地の女祭司は皇帝との一夜を共にするという儀式があるんですね。
そして、本来この戦闘がなければ近々、エリナがその儀式を行う事になっていた訳です。

ここでエリナには相反する問題が生じる事に…。
急ぎ、自由の身になり、国に戻るためには身体を売らなければならない。
しかし、敬愛する皇帝との儀式を行うには清い身体でいなければならない…と葛藤する姿は見所ですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、アナルセックスなどがありますね。
その他の要素では、愛馬との行為も一部ありましたね(汗)

見所は、騎士である事に誇りを持っているエリナが、金のために身体を売る様ですね。
彼女の様に騎士であり、そんな彼女には娼婦の様な行為など卑しいものだった訳ですね。
しかし、今の彼女は元聖騎士…、そんな綺麗事を言っている場合ではないんですよね(汗)

純潔だけは守り通したいと考え、序盤は口だけだったり、アナルセックスだったりと本番行為だけは避けていく事になるものの、それだけでは解放には程遠い…。
最終的にはエリナは、自身の淡い想いを諦め、少しでも早く帝国、皇帝の元に戻るために金を得れる方を取る事に。

勿論、彼女は男性経験もないだけにユカから行為などについて学ぶ事に…。
エリナにとって金銭のために励むいやらしい行為など、嫌悪すべき事でもある訳ですが、仕方なく行為を覚えていく事に…。
ただ射精させるだけではなく、本番行為もする様になると、挿入される快感に戸惑いつつも、その快感に乱れ始める様になりますね。

特に印象的だったのは、やはり彼女もこれがお金に繋がると分かっているだけに、普段の凛々しい騎士っぽさから、娼婦らしい男に媚びた言葉使いを見せる様になった所ですね。
甘く、男性相手に敬語で隠語を口にし、媚びる…、自分の本心に仮面をかぶり、娼婦を演じ、男から金を受け取る生活に少しづつ変化が生じていく様が印象的です。

こういう甘ったるい口調なエリナが凄い印象深かったですね、ギャップがあって。
彼女がもっとも嫌うような女性像を、彼女自身が体現しているという状況がある意味、たまらないですね。
その現実と理想のギャップにエリナの心が擦り切れていく様も見応えがあり、楽しめましたね。

まぁ、こういった借金を返す~といった内容の作品では特別珍しいものではないんですが、丁寧にヒロインであるエリナの描写がされているので、見応えがありましたね。

そういや、相手の男は基本的はまだ普通の男の範疇ばかりでしたね。
もっと化け物的な物とか出てくるのかなとか思ったんですが、ファンタジーでもモンスターの類はいない様なので、触手とかもなかったですしね。
唯一の例外は、彼女の愛馬との行為くらいかな(汗)

ユカに関しては、行為をするってよりかは、エリナにレクチャーする様なノリでフェラの手本を見せる場面などがあったってくらいですね。
エリナとは全く違うノリで行っている様は、これはこれで見所ですかね、もう少し見せ場も欲しかったけども(汗)

挿絵


挿絵は「伊藤隆生」さんが手がけています。
同人活動やPCゲームの原画などもされているみたいですね。

柔らかくて、可愛らしさがある絵柄ですね。
イメージ的には、エリナはもう少し鋭い感じの表情なキャラクターなのかなと思ってたので、少し意外だったかな。

この絵柄のおかげで、激しい行為を受けている場面でも、それほど痛々しい感じは受けなかったですね。
私的には、その点はありがたいですが、もっとエグイものを期待してた人には物足りなかったかもしれませんけども(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、二次元ドリームノベルズらしい作品だったかなと。
ヒロインが、精神的にも肉体的にも追い込まれていく様が丁寧に描かれており、読み応えがありましたね。
ラストの展開も、二次元ドリームノベルズらしい終わり方で…(汗)

この手の借金ヒロインは、借金を返しても幸せになれないのは、お約束ですねぇ…。
共和国側からしたら、ひとりの時代遅れな騎士女が時代についていけなかっただけの話なんでしょうけどね。
何とも、こう色々と考えさせられる作品でした(汗)

Amazon版 電子書籍
聖騎士売春物語 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
聖騎士売春物語

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 Wエルフはご奉仕メイド!! レビュー


Wエルフはご奉仕メイド!!(ぷちぱら文庫Creative 145)
6月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、いわゆるニートでダメな人間でしたが、誰にも負けないと自信を持っているものがありました。
それは、架空の存在であるエルフに対する愛情(汗)
日夜、エルフの事を考える様な、ダメな日常…もとい、有意義な日常を過ごしていた主人公は、何と女神からエルフ愛を認められる事になったのです(汗)

そして、主人公は女神から異世界でエルフ救済を託される事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • リーナ
  • ウェンディ
がいます。

リーナは、主人公の元でメイドとして働いているハイエルフです。
主人公に窮地を助けてもらった経緯があり、主人公に惚れ、尽くしています。
ダークエルフであるウェンディに対しては、少し複雑な感情も。

ウェンディは、リーナと同じ様にメイドとして働いているダークエルフです。
しかし、ダークエルフの姫として育っており、剣で戦う事に関しては優れているものの、家事全般は不得手です。
若干、しっかりしている様で抜けている面も。

ストーリー展開


展開的には、エルフ好きのダメ主人公が、その愛で女神から異世界のエルフたちを救う使命を与えられる流れですね。
…もう何でもありだなぁ(汗)

そんなにも主人公は、エルフという存在に対して強い想いを抱いていた訳ですね。
エルフ物のエロ同人で自慰しまくったりと、その愛は女神にまで届いてたという事です、ただの性欲じゃないかというつっこみは置いといて(汗)

そして、主人公は女神から異世界でエルフたちを救う使命を与えられる事となったのです。
主人公にとっては、願ったり叶ったりの展開なので、二つ返事で快諾し、異世界に旅立ったのでした。

勿論、いきなりただ現実生活でエロい事しかしてなかった主人公が異世界に行っても、瞬殺。
なので、女神による様々な恩恵を与えられての異世界ライフが始まった訳ですね、チートですな、いつもの。

これで殆ど何でもできる様になり、無敵となった主人公はエルフたちを救うために行動を開始し、その際にハイエルフのリーナ、ダークエルフのウェンディから惚れられて、自分の屋敷でメイドとして生活を共にするようになり、エルフハーレムを開始するという流れになっていますね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリなどがあります。

やはり見所は、可愛らしいふたりのエルフがメイド姿でご奉仕って所ですよね♪
いかにもメイドらしくしっかりとしているリーナとちょっとメイドっぽくないウェンディの対比も良いですね。
それでも、主人公への想いはどちらのヒロインもしっかりあるだけに、行為や会話のやり取りに表れていますね♪

特にリーナは、優秀なエルフメイドでもあるせいか、メイドのイメージが印象的でしたねぇ。
そんな彼女は、昼間はメイドとして真面目に仕事に励む分、基本的にHな事は控えめなんですが、夜は中々の乱れっぷりを見せてくれるギャップも見所ですね。
まぁ、そのうちあんまり昼夜、関係なくなってきますが(汗)

ウェンディは、ちょっと不器用な所があるだけにメイドっぽさは控えめですかね。
そこが彼女の魅力でもある訳ですから、問題ないですけどね♪
結構快感に弱い所があるので、ちょろいですな(汗)

途中までは、個々のヒロインとの行為でしたが、途中からはふたり一緒になっての行為になっていき、いよいよハーレムらしくなってきますね♪
序盤の頃は、お互いに険悪…とまではいかないものの、どこかで距離がある部分もあったふたりですが、それも少しづつ改善されていきましたね。
何だかんだいいコンビになってきていると思いますね♪

ちょっと気になったのは、描写こそないですが、物語上、ヒロインたちが他の男性を相手にする展開がある所ですね。
一切過程は描かれていないので、最低限の描写ですし、本番はしていないので、気にならないなら問題ないかとは思いますが。
まぁ、主人公も浮気心で他のエルフとも関係持ってしまったり(これもほぼ描写なし)しているだけに、正直いらない展開かと思いましたが(汗)

普通に純粋にふたりだけとのイチャイチャハーレムってだけでも良かったとは思うんですけどね。
一応、話的にエルフの今後の衰退を回避すべき対策の一環みたいな要素ではあるんですが、やはりヒロインは主人公だけってのはあるかなぁ(汗)

挿絵


挿絵は「木ノ崎由貴」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

今作でもエルフたちの可愛らしい姿を魅力的に描いているんですが…。
今作では、ご存知の通り、ハイエルフのリーナとダークエルフのウェンディのふたりが登場する訳ですね。
んで、表紙絵ではこのふたりがはっきり描かれているんですが、中の挿絵ではダークエルフのウェンディの肌色が全くダークじゃないんですよね(汗)

表紙絵では、あんなにちゃんと褐色の肌色しているのに、中の挿絵は普通のエルフと変わらない肌色(汗)
ふたり一緒に登場している行為の場面を見ても、普通にハイエルフふたりですな(汗)
なので、残念ですが、ダークエルフ好きな人にはあまりお勧めできない事になっていますねぇ。

それを除けば、可愛らしくHなエルフ娘たちとの行為が楽しめるのですけどねぇ。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、メイドなエルフたちとのハーレム生活を楽しむ作品でしたね。
まぁ、上記にも書いた様に、一部必要かな?と思うような展開があったりしたのは、個人的には微妙でしたが、それを除けば概ね楽しめたかな。

ノリが全体的には軽いので、重さも特になく、サクサク読みやすい仕上がりですね。
異世界だからこそな、何でもありな世界観ですし、余計にそれが際立っているのかなと感じましたね。
…でも、正直異世界ものである必要性は弱かった様に思えましたがね(汗)

まぁ、メイドなエルフが好みであれば、楽しめるかなとは思います。

Amazon版 電子書籍
Wエルフはご奉仕メイド!! (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
Wエルフはご奉仕メイド!!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活 レビュー


最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活(ぷちぱら文庫 242)
6月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

この国では、魑魅魍魎が猛威をふるっている存在として恐れられています。
そんな魑魅魍魎たちから人々を守る存在が退魔士という存在でした。

主人公は、その退魔士なのですが、力は最弱(汗)
しかし、偶然にも最強退魔士として名高い「巴月」(はづき)の窮地を救ってしまったのです。

完全に実力ではなく、偶然によるものだったのですが、彼女は主人公に惚れてしまう事となり、主人公はその純粋な想いにかこつけて好き勝手エロい事をする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 巴月」(はづき)
がいます。

巴月は、最強の退魔士として名高い存在です。
魔物の血を引く一族の末裔という立場と凛とした他人を寄せ付けない態度も相まって、周りからは忌避されている存在でもあります。
戦う事でしか生きる理由を見出せない所があります。
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活

ストーリー展開


展開的には、最弱退魔士の主人公が偶然にも最強退魔士の巴月を助けた事で彼女から惚れられてしまう流れですね。
…何故、こんなろくでもない奴に惚れたっ(汗)

主人公は、ここのメーカーの主人公らしく?スケベでどうしようもない性格の持ち主なんですね(汗)
そんな性格でも、まだ強ければ良いのに強くもない訳で…。

しかし、そんな彼が偶然から最強退魔士である巴月を助けてしまったんですね。
まぁ、それは偶然と更にはよからぬ下心から出た結果だった訳ですが。

巴月は、それを良い様に解釈してしまった訳ですね(汗)
そこから主人公に惚れてしまったのです…!
彼女は天涯孤独な存在だったり、周りからは強すぎる事なども相まって、孤立してきた人生だっただけに、主人公の様な偽りの優しさにコロッと騙されて、勘違いしてしまった訳ですね(汗)

いくら剣が強くても、そこら辺はまだまだですねぇ…。

すっかり主人公にベタ惚れしてしまった巴月。
主人公のどんな要求にも甲斐甲斐しく応え、絶対の忠誠と愛を誓ったのでした(汗)

主人公は、そんな彼女の身体を堪能しまくりつつ、彼女の退魔士とのしての力も利用して、成り上がっていくという流れですね。


この展開は、読んでいて少し意外だったかなと思いましたね。
大体、いつも股間の巨根で好き放題ってパターンだったじゃないですか(汗)
でも、この作品の巴月は偶然と下心による勘違いな結果とは言え、主人公の行動に惚れた訳ですよ、巨根じゃなくて。

そのスタートの違いってのは、少なくても読んでいる私の中ではいつものアレな展開とはわずかな様で大きな差なのではないかと感じているんですよね。

Hシーン


Hシーンは、巴月との行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリなどがありますね。
その他の要素では、一部食ザー要素などもありますね。

やはり見所は、巴月の異常とも言える主人公への忠誠心ですね(汗)
もう、一切主人公の要求を拒む事がないんですよねぇ。
主人公は、最初からお構いなしで巴月を好き勝手に扱う訳ですが、それも嬉々として受け止めていく姿は感動的ですね(汗)
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活

彼女にとっては、主人公から求められる事が何よりも嬉しいんですよね。
武力だけではない、彼女自身を求められている、必要とされているという事がたまらない訳ですね。

勿論、これまではひたすらに退魔士として戦うだけの生き方しかなかっただけに、男性経験など皆無です。
しかし、主人公にその身体を求められて、一気に性も開花しちゃう訳ですな(汗)
剣の腕もいいと、行為も覚えが良いんですかね♪

元々、巴月のスタイルの良さは誰もが認める所な訳ですから、それを自由に好き勝手するのが爽快ですね。
この主人公に限った事ではないんですが、ここまで尽くしに尽くしてくれている相手を便器扱いしたりするのは、ちょっと心苦しいものがありますねぇ(汗)
まぁ、彼女はそれも完全に受け入れちゃっているので、自分からどんな隠語も恥ずかしがらずに、嬉々として言ったりしていますが(汗)

どんな内容も抵抗は一切しないので、反抗的なツンデレ系なヒロインが好みな人には今一つかもしれませんね。
まぁ、後半でちょっとある展開が起こり、少し反抗的な巴月の姿が見れる場面がありましたけどもね。
だから、そこが逆に新鮮さを感じましたね、いつも従順過ぎる程でしたから(汗)

…よく考えたら、ここのメーカー作品のヒロインと変わらないか、反応が(汗)
でも、根底に一応勘違いからのものとは言え、彼女なりの愛がある訳ですから、他作品の巨根シリーズの様な巨根にメロメロになったヒロインらとは違うと思いますね。
そう思いたいですな(汗)

終盤では、孕ませての腹ボテ状態での行為もありましたね。
母乳も噴射しながら、アヘ顔を晒す姿は、とても母のものとは思えませんな(汗)
まぁ、それがこの作品の魅力でもありますからね♪
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しています。
原画担当は「石井彰」さんが手がけています。
もはやぷちぱら文庫で最多なのではないかと思うくらいのお馴染み度ですね(汗)

今作でも凛々しい退魔士である巴月を魅力的に描いていますね。
そこからの行為時の惚けた表情とのギャップが見所でもありますね。

個人的に結構お気に入りだったのが、豚耳などの豚娘コスプレ姿ですね(汗)
でも、あんまり豚っぽく見えなかったのが良かったんですよね、豚耳とか猫耳っぽくて。
手袋はあの特徴的な豚の手の形になっていましたが、それも可愛らしさがあって良かったですね。
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活

一部では、ある展開で変化の生じた巴月の姿も見る事ができます。
これ、最初ノベル発売前にどんな作品かと原作版のサンプル画像を見たら載ってたんですが、ノベル読むまで巴月とは違う、別のヒロインかと思い込んでいたので、ノベル読んで驚きました(汗)
褐色の肌色な巴月も中々そそりますねぇ♪
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活

過剰なアヘ顔も、殆どないのも個人的には良かったです(汗)

挿絵数:20枚

総評


全体的には、ひたすらに主人公への愛を貫く、巴月の姿が印象的な作品でしたね。
たまにその愛情の強さに、あの主人公も戸惑う事もあるくらいでしたからねぇ(汗)

好き勝手ヒロインにやりたい放題な展開だらけですが、根底に一応、愛情があるだけに読み手の心情としては読みやすかったかな?
ノリもいつも通りなので、他の作品が好みであれば問題なく楽しめると思います。
個人的には、主人公は相変わらずのろくでもない性格ながらも、他作品の様なヒロインに対し、ネガティブな妬みといった感情や復讐心とかは抱いてないだけに気持ち、まとも…ではないけども、少しはマシなキャラクタだと思いますね。

何だかんだ主人公も、巴月に入れ込んでいるとも言えなくはないですしね。
まぁ、あれについてこれるのは彼女くらいなものでしょうけども(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
【割引】 最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活

Amazon版 電子書籍
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活 (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 2016/7/8分&先月の二次元ドリームノベルズ 新刊購入

  •  投稿日:2016-07-09
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2016/7/8分&先月の二次元ドリームノベルズの新刊購入しました♪

「甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ」
甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ(ぷちぱら文庫243)
「勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります」
勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります(ぷちぱら文庫creative 147)

もう新刊が出てしまった…。
まだ元通りのペースに戻れていないので、もう少し気長にお待ちください(汗)

後、新刊見に行ったら、あったのでようやく入手(汗)
聖騎士売春物語 (二次元ドリームノベルズ)

まだ読んでいないので、気長にお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
二次元ドリームノベルズ 聖騎士売春物語 レビュー
ぷちぱら文庫 甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ レビュー
ぷちぱら文庫 勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

リアルドリーム文庫 女探偵眞由美の誘惑事件簿 レビュー

女探偵眞由美の誘惑事件簿 (リアルドリーム文庫)
伊吹泰郎
キルタイムコミュニケーション (2016-06-29)
売り上げランキング: 20,019

女探偵眞由美の誘惑事件簿 (リアルドリーム文庫)
6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな彼は、女性探偵の助手という一風変わったアルバイトを始める事になります。
そこで主人公は、様々な事件を通して、探偵「眞由美」(まゆみ)に惹かれていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 玉村 眞由美」(たまむら まゆみ)
がいます。

眞由美は、主人公が助手としてアルバイトしている事務所の女探偵です。
元々は将来を渇望された弁護士であり、探偵になった変わり種でもあります。
凛々しさもありつつも、女性らしい母性的な優しさも持ち合わせています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が探偵事務所でアルバイトとして働く事になる流れですね。

主人公は実際にはある理由で、ここにバイトをしに来たんですね。
それは、主人公の大学の法学部の学部長が眞由美の親族であり、彼女のしている仕事ぶりなどをバイトとしてスパイし、報告してほしいというものだったのです。
まぁ、それはすぐ眞由美にバレバレだった訳ですが(汗)

しかし、そんな主人公は無事に採用となった訳ですが、スパイ云々関係なく、眞由美に対して一目惚れしてしまったんですね。

こうして彼女の助手として働く事となった主人公は、様々な調査を行う中で、彼女との仲が少しづつ進展していく事となる流れですね。


探偵ものという事で、どんな感じなのかと思ったんですが、結構ほのぼのとした感じの内容でしたね。
子供たちの依頼を受けたりとか、微笑ましいエピソードが中心に描かれていますね。

だから殺人事件を解決とか、推理的な物語が描かれている訳ではないという事ですな(汗)
そこら辺の要素を期待してた人には、ちょっと肩透かしな感じかもしれませんけども、リアルドリーム文庫のノリなら、こんな感じでしょうかね。
さすがに文庫のページで難事件解決して、Hな事している余裕はないですもんね(汗)

まぁ、だからこそちょっとした事件とも言えない様な頼み事を解決する中で、彼女の人となりなども良く分かる事となり、余計に彼女に惹かれていく訳ですね。
そして、それは何も主人公だけの話ではなくて…、眞由美にも言える事だったという事ですね♪

Hシーン


Hシーンは、眞由美との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他では、アナルビーズの様な小道具を使用する様な展開も一部ありましたね。

やはり見所は、年上の女性である眞由美との関係ですね。
主人公は、これまで女っ気なく童貞だった訳ですが、そんな主人公に眞由美からの秘密のお勉強もバイトの報酬に含まれる事となり、Hな関係にもなっていく訳ですね。
給料だけではなく、こんなお勉強まで…たまりませんな♪

主人公は、柔道をしていたりと結構体力があるので、精力も旺盛な訳ですね。
それだけに一度程度の射精で収まる訳もなく、何度も射精しても大丈夫なんですね。
その精力には、年上のお姉さんである眞由美も息も絶え絶えな程になってしまう事に(汗)

実際、結構当初から眞由美は、経験豊富なお姉さんの印象よりも、意外と初心じゃないけども、そこまで経験豊富って感じではかった様に感じたんですよね。
だから、てっきり私は最初は処女なのかと思ってました、フェラだけとかの経験があるだけで(汗)
まぁ、そんな事はなかったんですけども、それくらいにいつしか主人公の勢いにのまれていった感がありましたねぇ。

さすがの名(?)探偵も男子学生の性欲を見誤ったかな(汗)

途中からは、主人公が結果的に行為中にリードしていく様な場面も垣間見えましたね。
特に終盤の方のアナルセックスに関しては、彼女も未経験なだけに、未知の衝撃にもはや普段の様な態度ではいられませんでしたね、もはや意味をなさない声で(汗)
主人公からしたら、普段理知的な眞由美をここまで乱れさせているという事実に、ある意味では男としての征服欲みたいなものを刺激される格好でもありますね。

そういった迫力のある行為描写がリアルドリーム文庫らしさが魅力ですね。
ガツガツとした荒々しさと、濃厚なねっとりとした絡み、言葉のやり取りなんかが、行為の迫力に拍車をかけていますね。
まぁ、野外だったり、調査している現場でやるのは、程ほどにした方がいいかもしれませんけども(汗)

挿絵


挿絵は「AZASUKE」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、以前にレビュー済みな「オフィスの甘い蜜 女上司の贈り物」以来でしょうか?
それから7年ぶりくらいなのか、ご無沙汰ですねぇ(汗)

表紙と中の挿絵ですが、何か印象が違う様な?
表紙絵はすっきりとした印象なんですが、中の挿絵は、それよりも生々しさがより出ていた印象があり、そう感じたんでしょうね。
行為中の挿絵ばかりってのもあるんですが、汗だくになって上気した表情などを見たら、そりゃ濃厚に感じますもんね。

肉感的でねっとりとした雰囲気が描写されており、行為の激しさが味わえますね。

サブキャラも結構良いキャラしているんですが、その娘も見てみたかったですね。
まぁ、挿絵が5枚のリアルドリーム文庫で、余計な描写は無理だと分かってはいるんですけどね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、私が当初思ってたような探偵ものではなかったのですが、これはこれでまったりと楽しめる作品でしたね。
綺麗で、読後感の良い仕上がりが印象的でした。

全く殺伐とした話ではないので、誰でも読みやすい内容で万人向けですね。
個人的には、殺人事件でなくてもいいけども、もう少し歯ごたえのある難事件とかあっても良かったかなとは思うけども、そればっかりだとリアルドリーム文庫である必要もないですしね(汗)
思ったよりHなお勉強の頻度も高めだったし、そっち方面では中々満足できる内容に仕上がっているのではないでしょうか♪

Amazon版 電子書籍
女探偵眞由美の誘惑事件簿 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
女探偵眞由美の誘惑事件簿

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

ようやく6月の新刊の残りを購入(汗)

  •  投稿日:2016-07-03
  •  カテゴリ:新刊
ようやく6月の新刊の残りを購入しました(汗)

リアルドリーム文庫


「女探偵眞由美の誘惑事件簿」
女探偵眞由美の誘惑事件簿 (リアルドリーム文庫)

ぷちぱら文庫


「Wエルフはご奉仕メイド!!」
Wエルフはご奉仕メイド!!(ぷちぱら文庫Creative 145)
「最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活」
最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活(ぷちぱら文庫 242)

ようやく買えたものの、まだ二次元ドリームノベルズのもう1冊が手に入らないんですが…(汗)
近所の書店でずっと買っているんですが、もう電子書籍でいいかなぁ…。
まだ読めそうもないんで、もうしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
リアルドリーム文庫 女探偵眞由美の誘惑事件簿 レビュー
ぷちぱら文庫 Wエルフはご奉仕メイド!! レビュー
ぷちぱら文庫 最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます