FC2ブログ

2016年05月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2016年05月

2016年05月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-05-28ぷちぱら文庫
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました(ぷちぱら文庫241) (ぷちぱら文庫 241)posted with amazlet at 16.05.28田中珠 パラダイム (2016-05-24)Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。サブタイトルにある、「知らないうちにまた」って所で分かるかもしれませんが、前作があるんですね。ぷちぱら文庫で発売もさ...

記事を読む

2016-05-27ぷちぱら文庫
異世界クラス転移で無双ハーレム! ?(ぷちぱら文庫Creative137) (ぷちぱら文庫 creative 137)posted with amazlet at 16.05.27愛内なの パラダイム (2016-05-24)Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通の男子学生…と言いたい所ですが、性格が難アリな事から虐げら...

記事を読む

2016-05-25新刊
ぷちぱら文庫 2016/5/24分の新刊購入しました♪「催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました」「異世界クラス転移で無双ハーレム! ?」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 異世界クラス転移で無双ハーレム!? レビューぷちぱら文庫 催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました レビューブログランキング参加中...

記事を読む

2016-05-24美少女文庫 「あ行」
異世界でアイドルハーレム始めましょ! 王女、女戦士、シスター、エルフ、フェアリー (美少女文庫)posted with amazlet at 16.05.24巽 飛呂彦 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、好きなアイドルグループに人生を費やしているといっても過言ではないほど、入れ込んでいる男性です。そんな彼は、気づけば何と異世界に召喚されてしまったのです(汗)そ...

記事を読む

2016-05-22美少女文庫 「た行」
トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 16.05.21遠野 渚 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、故郷でたったひとりの医者です。そんな彼の元に連れ込まれたのは、色々訳アリな3人の少女たちでした。話の流れで、彼女たちを引き取り、不思議な共同生活が始まる展開です。 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「...

記事を読む

2016-05-21美少女文庫 「さ行」
召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女 (美少女文庫)posted with amazlet at 16.05.21座敷猫 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、幼い頃から従兄から聞かされる各国の英雄譚に憧れて育った学生です。そんな動機から始めた剣道も続け、今に至る程に入れ込んでいた彼でしたが、ある日突然異変に見舞われる事に…。何...

記事を読む

2016-05-20新刊
美少女文庫 2016/5/20分の新刊購入しました♪「トリプル奴隷との甘~い生活」「異世界でアイドルハーレム始めましょ! 王女、女戦士、シスター、エルフ、フェアリー」「召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞ美少女文庫 異世界でアイドルハーレム始めましょ! レビューえすかれ美少女文庫 トリプル...

記事を読む

2016-05-15ぷちぱら文庫
美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。(ぷちぱら文庫Creative105) (ぷちぱら文庫 creative 105)posted with amazlet at 16.05.14さんきち パラダイム (2016-05-13)Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通の男子。そんな彼の元に現れたのは、謎の美少女から...

記事を読む

2016-05-14新刊
ぷちぱら文庫 2016/5/13分の新刊購入しました♪「美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。」安定の1日遅れでの入手(汗)まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。 レビューブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

2016-05-07オトナ文庫
人妻操作スマホ(オトナ文庫16)posted with amazlet at 16.05.07北原みのる パラダイム (2015-11-13)売り上げランキング: 266,105Amazon.co.jpで詳細を見る2015年11月発売のオトナ文庫です。PCゲームが原作のノベライズ作品です。現状、オトナ文庫のレビューは休止しているので、今後も余裕がある時に、たまにレビューするかも程度でお願いします(汗)主人公は、うだつの上がらないモテないサラリーマンです。ある時、主人公は謎の...

記事を読む

ぷちぱら文庫 催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました レビュー


5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

サブタイトルにある、「知らないうちにまた」って所で分かるかもしれませんが、前作があるんですね。
ぷちぱら文庫で発売もされており、私もレビューしてたので覚えている人もいるかも知れませんね。

一部、前作からも登場しているヒロインがいますね。
あとがきには、パラレル?みたいな事が書かれているので、直接繋がっている訳ではないみたいですかね?

まぁ、前作を知らなくても問題なく楽しめる作品になっているので、ここからでも大丈夫ですね。

ぷちぱら文庫 催眠クラス 女子全員、知らないうちに妊娠してました レビュー
ぷちぱら文庫 催眠クラス 女子全員、知らないうちに妊娠してました 委員長の特別授業編 レビュー



登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 橘 雪乃」(たちばな ゆきの)
  • 澄野 撫子」(すみの なでしこ)
  • 鳳 菜々緒」(おおとり ななお)
  • 渡瀬 はるこ」(わたせ)
  • 土井 紗耶香」(どい さやか)
  • 猪崎 まこ」(いのさき)
  • 宮本 つばさ」(みやもと)
  • 篠宮 えみる」(しのみや)
  • 小椋 美紀」(おぐら みき)
  • 水城 麗華」(みずき れいか)
  • 由月 慧」(ゆづき けい)
  • 桜木 るり」(さくらぎ)
がいます。

雪乃は、主人公のクラスメートです。
才色兼備、成績優秀という学年でも一番の優等生でもあります。
しかし、実はコスプレ好きなオタク趣味も持っています。
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました

撫子は、主人公のクラスメートであり、同い年の姉です。
何でもこなせる天才肌な面があり、主人公は頭が上がりません。
世話好きであり、主人公の事を表には出さないながらも溺愛しています。
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました

菜々緒は、主人公のクラス担任です。
大人の雰囲気を持った女性でもあり、生徒からの人気も高い存在でもあります。
落ち着いた性格の持ち主です。
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました

はるこは、主人公のクラスにやってきた教育実習生です。
おっとりした口調に爆乳の持ち主で主人公を始めとして男子の目をくぎ付けにしています。
菜々緒の大学時代の後輩でもあります。

紗耶香は、人懐っこい性格で誰とでも仲が良いムードメーカーです。
ギャルっぽい見た目に反して、実は真面目で家庭的な面があります。

まこは、運動神経が良く、スポーツ万能少女です。
サバサバと男っぽい言葉使いをしていますが、実際は可愛いもの好きな乙女な面もあり、コンプレックスを感じています。
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました

つばさは、小柄ながらまこ同様にスポーツ万能な少女です。
主人公とは小学校からの腐れ縁でもあります。
テンションが高く、若干脳筋的な思考の持ち主です。

えみるは、箱入りのお嬢様です。
ほんわかした雰囲気で誰とでも丁寧に話す良い娘です。
箱入りなので世間知らずな面もあります。

美紀は、規律に厳しい風紀委員です。
生真面目なな性格なので、だらしない男性を毛嫌いしている面があります。
だらしない主人公には、当然良い感情を持っていません(汗)

麗華は、主人公のクラスに転入してきた転入生です。
落ち着きがあり、優雅な立ち振る舞いが印象的なお嬢様です。
幼なじみで一緒に転入してきた親友の慧以外には興味がありません。
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました

慧は、麗華と共に主人公のクラスに転入してきた転入生です。
女子ながら、イケメンと言いたくなる様な凛とした雰囲気を持っています。
誰にも優しく微笑みかけるので、女性人気も高いですが、本人は幼なじみの麗華を一番大切に想っている様です。

るりは、クールな印象があり、実際口を開けばツンツンと毒舌な少女です。
ちょっと皮肉めいた言い方をするものの、意外とノリの良い性格でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が怪しげな催眠アイテムを手に入れた事から、クラスメートの女性陣に催眠を施しまくる流れですね。
この辺りは、前作とさほど大きな違いはないですね。

今作の主人公は、色々と胡散臭い、いわゆるスピリチュアル的なアイテムが好きらしく、通販とかで気になった商品を買ってしまうらしいですね(汗)
アレですよね、雑誌の広告とかにある胡散臭い奴。

まぁ、毎回姉の撫子にバレてはお説教&アイテム処分の刑に遭っているのに、買ってしまうんだからもはや病気ですな(汗)

そんな懲りない主人公は、この日も雑誌で催眠術アイテムセットを購入したのですが、またも撫子にお説教を食らう事に…。
結構な金額を払っただけに、諦めのつかない主人公は捨てる前に撫子にアイテムを試させて欲しいと懇願した訳ですね。
まぁ、当然胡散臭いアイテムが効く訳もなかった訳ですが…、セットのおまけに付属していたライターに最後の望みを託したのですが、何とこれが効いたのか、撫子が催眠状態に!

この効果は本物だと確信した主人公は、今後、クラスメートたちの女性陣に催眠術をかけ、好き勝手する事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、フェラ、手コキなどがあります。
妊娠というサブタイトルもあって、中出し展開も多いのも特徴でしょうか。

やはり催眠術要素は、今作、最大の特徴でもありますね。
これがないと、誰ともHできませんもんね(汗)

クラスメートに催眠術を使って、様々シチュエーションで行為を行う訳ですね。

定番?の持ち物検査にかけての、身体の検査…、女性陣が初めてかどうかの検査とか。
主人公の肉棒で、直接初めてか挿入して確かめる訳ですね、確かめた瞬間に初めてじゃなくなる訳ですが(汗)
ぶっちゃけ、この検査だけしか出番無い様なヒロインもチラホラいますね(汗)
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました

その他では、クラスの授業として卑猥な行為を授業内容として行うってノリもありますね。
巨乳な面子を集めてのおっぱい体操なる、パイズリ授業だったりなど、ぶっ飛んだ展開が描かれていますね(汗)
一応、行為中の会話ではリンパだとかバストアップだの、それっぽい言葉が並んでいるのが何ともシュールですねぇ。

でも、このおっぱい授業でもそうなんですが、意外と本番まではいかないんですよね。
この授業では、当然ですがトリプルパイズリで大量に射精してはいるものの、それどまりだったり。

身体測定でひとりのおっぱいをチューチュー吸ってむしゃぶりついたりするどまりだったりと、意外と大人しい事も。
まぁ、身体測定だと全ヒロイン分となってしまうから、厳しかったのかもしれませんね(汗)

残念だったのは、ページの都合なのか結局最後まで本番行為がないヒロインが数人いた点ですね。
姉である撫子と本番行為がなかったのはちょっと意外でした。
パイズリで射精しちゃうとかの展開はありましたけどね。


途中から、メイン格である雪乃との関係に話がシフトしていったのも影響していますかねぇ。
彼女との関係を描きつつ、他のヒロイン全員と…ってのはさすがに厳しいですし(汗)

雪乃との行為は、催眠下での行為もありますが、使っていない状態での行為もあり、素の彼女の魅力を味わえたのは印象的でした。
やはり、催眠状態下ってのは異常な状態でもありますからねぇ(汗)
まともに甘さを感じられるのは、この作品では新鮮に感じられますね♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使っています。
原画担当は「望月望」さんが手がけています。
前作でもお馴染みですね、って同じ面子も一部いるし、当然か(汗)

一部シーンでは、SDキャラによるコミカルな絵もありましたね。
普段のキャラ絵とはまた違った可愛らしさがあって、良いですねぇ♪
まぁ、姉の撫子のSD絵は、コミカルな様で妙な迫力がありましたが…(汗)

そういえば催眠物なので、表紙絵の様な瞳に光がない様な表情を考えていたんですが、挿絵の表情は皆、催眠下でも光がありましたね。
個人的には、光があった方が可愛らしいし、好きなのでありがたいですけどもね。

ちなみに、今作のぷちぱら文庫の表紙って雪乃とはるこなんですよね。
なので、途中まで雪乃だけではなくて、はるこもこの作品では結構メイン格の扱いなのかな?って思ってたんですが、全然違いましたね(汗)
それどころか、教育実習生で一番最後に途中参加するもんで、出番が…(汗)

人数が多い事もあってか、場面によっては見開きの横長な挿絵もありましたね。
複数人数が一堂に集まっている様は、見応えありますね♪
…中央の見えずらい位置にいる娘は可哀想ですけども(汗)

挿絵数:本編23枚、番外編2枚

総評


全体的には、前作同様に比較的コミカルな雰囲気、ノリで展開される内容でしたね。

比較的と言うのは、途中から雪乃に焦点をあてた内容にシフトしていくので、ここら辺からはコミカルさは少し控えめになっていった感があったからですね。
それまでは、全体的に緩めなコミカルなノリでヒロインたちとHな行為をしてましたからね(汗)

雪乃とのパートは正直短い印象は、どうしても残ったんですが頑張っている方かなぁ(汗)


…アレ? 何か忘れていませんか?
そう、あのサブタイトルの知らないうちにまた妊娠してましたって所ですよ。
誰も妊娠してなくない?(汗)

実は、本編の後に数ページ分、別の結末としてクラスメート全員が妊娠している展開が描かれております。
まぁ、そこまで過程が端折られすぎてて、全員いきなり妊娠している状態と、正直取ってつけた感はありましたがね(汗)
一応、こんな形ですけれども、タイトル回収はしておりますって感じですね。

原作PC版


DMM 原作PC版
催眠クラス WONDERFUL ~女子全員、知らないうちにまた妊娠してました

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 異世界クラス転移で無双ハーレム!? レビュー


異世界クラス転移で無双ハーレム! ?(ぷちぱら文庫Creative137)
5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通の男子学生…と言いたい所ですが、性格が難アリな事から虐げられてきた存在です(汗)
そんな彼でしたが、ある日、クラスメートらと共に異世界に飛ばされてしまったのです。
そして、主人公は結果として強大な力を手に入れ、異世界で自分の好き勝手に振る舞う事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 君島 きらら」(きみしま)
  • レイラ
  • ルミア
がいます。

きららは、主人公のクラスメートです。
主人公らと共に異世界に飛ばされてしまっています。
元の世界では主人公にきつく当たっている存在でもあります。

レイラは、異世界の住人のダークエルフでエルフ族の族長でもあります。
いきなりこの世界に現れた主人公たちを警戒し、襲撃してくる事に。
凛々しい雰囲気の持ち主です。

ルミアは、主人公たちを異世界に飛ばした張本人であり、女神です。
穏やかな雰囲気の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公たちが異世界に飛ばされてしまった事から、主人公が異世界で好き勝手する流れですね。

超展開って言いたい所ですが、以前この著者作品で似た設定がありましたな(汗)

ぷちぱら文庫 異世界にクラスごと転移した先でハーレムライフ!? レビュー

この作品でも、クラスの人間らが丸ごと異世界に飛ばされてしまった訳ですが、今作とは当然ですが、色々異なっていますので、ご安心を。

まぁ、第一に主人公のキャラクターが今作の方がクズって事でしょうか(汗)

性格に難アリな事もあり、元の世界ではクラスから馬鹿にされ、虐げられていたんですね。
また悲しい事に、力も女子のきららにすら勝てない有様で罵声を浴びせられ、足蹴にされたりなどとつらい学生生活を過ごしてきた訳です。

そんな中で、いきなりクラスに起こった異世界騒動。
いきなり彼らの前に現れた女神ルミアによって、異世界に飛ばされてしまったのです。

ルミア曰く、こっちの世界(異世界)では魔王が現れ、討伐したいものの、この世界の人間だけではそれも困難…。
そこで異世界から主人公たちを呼んで、魔王討伐してもらおうという事だったらしいんですね。
…ニコニコ穏やかながら、結構やり方えげつないですねぇ(汗)

勿論、そのままでは戦えないので、彼女から力を与えてもらい、戦えるようにしてもらう事になったんですね。

これにはオタク趣味な主人公も興奮。
異世界物では、自分の様な存在がパワーアップするというのが定番だったから。
しかし、その与えられる力は、どうやらその人間の性格などで決まる様で…、心も醜い主人公の力はゴミの様な何も役立たないものだったのです(汗)

…この世界でも、自分の存在は底辺なのか。
そんな絶望感を抱いた主人公でしたが、ここでまたも女神すらも予想しなかった事態が。

この事態に先手を打っていた魔王の罠が発動したのです。
それは、女神によって勇者にされた強者を無力にする、能力逆転の呪い…。

そう、何の価値もない能力を得ていた主人公は、この呪いによって逆転し、最強になったのです。
はい、結局いつものチート主人公になった訳ですね(汗)

こうして、性格に難アリな主人公は最強の力を手に入れ、それを使い、好き勝手に振る舞いだす流れですね。
逆転は、能力だけであって、性格は変わらないんですね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
一部には、バイブを使用する様な展開もありましたね。

タイトルにハーレムとある訳ですが、当初はとてもそんな感じではなかったですね(汗)
どのヒロインとも、最初の主人公への好感度は底辺な状態からのスタートでしたしねぇ。
そりゃ、無理やり行為していれば、そうなるわな(汗)

当初は、最弱だった主人公の力は最強に転じたのですから、もはや女性陣が叶う訳はないですしね。
なので、そんな力で女性陣と無理やりに関係を持って行った訳ですが…。

何故か女性陣は、皆、嫌なはずの主人公との行為で感じてしまう様になるんですね(汗)
彼女たち自身も何で!?と戸惑う中で、主人公との行為で確実に快感を覚え、絶頂してしまう事になってしまうんですね。
…まぁ、都合良い話ではありますが、いつまでもヒロインたちが嫌悪感ばかりってのも嫌ですから、仕方ないですかね(汗)

勿論、初回の行為だけで主人公にメロメロになったりする訳ではないんですが、確実に主人公に対しての態度に変化が見て取れますね。
まぁ、女性陣も絵柄のせいもあるのかもしれませんが、そこまで憎しみ一杯って感じに見えないで、挿絵で優しい表情なのも影響しているかもしれませんね(汗)

きららが色々罵ったりしてしますが、あんな蕩けた表情で行為中言われても、主人公じゃなくても堪えないでしょうねぇ(汗)
ツンデレぽくて、逆にニヤニヤしちゃいますよ、あれじゃ♪

なので、嫌がる女性陣との行為があまり好みではない人も、それほど気にはならないとは思います。

実際、割と早い段階で完全ではないにせよ、かなり主人公との行為を拒めなくなってきますしね。
きららは何だかんだツンデレ的なので、素直になるのには時間がかかりますが、その他の女性陣は結構早めだったかな。
行為に対して、次第に従順になってきて、より積極的に快感を求めるようになる様は普段とのギャップを感じさせますね。

勿論、それは行為中だけではなくなっていき、普段からも主人公に対する接し方などにも変化を見せる様になります。
まぁ、時々主人公のやりたい放題に対して、ボソッと毒づいたりする事はありますけども(汗)


一番変化したのは、女神のルミアかな。
元々、穏やかな性格な彼女ですが、Hにハマってしまった事で、堕落した感が(汗)
女神らしい、放漫なボディの持ち主なだけに性欲の神みたいになってしまっているのも、意外とはまり役かも?(汗)

終盤では、ハーレムらしく全員交えての行為が展開されますね。
この頃になると全員、主人公にメロメロになっていますね♪
まぁ、主人公の性格は相変わらずですが(汗)

挿絵


挿絵は「綾瀬はづき」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

今作でも色気たっぷりの女性陣を魅力的に描いていますね♪
上記にも書いていますが、この人の描くキャラクターは柔らかく優しい表情ですね。
なので、やはり嫌われている感じは控えめですね、ありがたい事に(汗)

個人的には、ダークエルフのレイラみたいな褐色キャラも好みなんですが、挿絵ではあんまり他のヒロインとの肌の色の差はあまりなかったですね。
確かに見比べれば、レイラの肌の色が濃くなっているのは分かるんですけども、もっと濃くても良かったかなと。
でも、彼女の初フェラシーンは可愛らしくて良かったですね、ちょっと戸惑っている感が♪

一部では、この世界のふたりが制服姿になったり、きららがドレス姿になったりとコスプレ要素がありましたね。
まぁ、行為中だったので、脱ぎ掛けの状態だったので、もっとはっきり着た状態で見たかったですねぇ(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、いつも通りのチート主人公によるハーレム物でしたね。
ちょっと主人公のキャラが癖があるだけに、好みが分かれるかなとは思いますけどね(汗)

ヒロイン陣は、途中で少し見直したみたいな描写がありましたが、…あれで?(汗)
よほど、主人公への当初のハードルが低かったんですかね…(汗)

個人的には、この主人公はあまり好感は持てませんけどもねぇ。
裏表はない性格は、ある意味良いかもしれませんが…、方向性がね(汗)
結構、女性にも気に入らなければ、容赦しないからなぁ・・・。

そこら辺が気にならないのであれば、異世界ハーレム物を楽しめると思います。

Amazon版 電子書籍
異世界クラス転移で無双ハーレム!? (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
異世界クラス転移で無双ハーレム!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 2016/5/24分 新刊購入

  •  投稿日:2016-05-25
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2016/5/24分の新刊購入しました♪

「催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました」
催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました(ぷちぱら文庫241)
「異世界クラス転移で無双ハーレム! ?」
異世界クラス転移で無双ハーレム! ?(ぷちぱら文庫Creative137)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 異世界クラス転移で無双ハーレム!? レビュー
ぷちぱら文庫 催眠クラスWONDERFUL 女子全員、知らないうちにまた妊娠してました レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

美少女文庫 異世界でアイドルハーレム始めましょ! レビュー


異世界でアイドルハーレム始めましょ! 王女、女戦士、シスター、エルフ、フェアリー (美少女文庫)
5月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、好きなアイドルグループに人生を費やしているといっても過言ではないほど、入れ込んでいる男性です。
そんな彼は、気づけば何と異世界に召喚されてしまったのです(汗)

そこで主人公は、戦争になりつつある国を変えるべく、思いついた案が。
それが、アイドルで国民の心を掴むというものだったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • アルピナ
  • ジュリア
  • クアドラン
  • ルーテシア
  • イリス
がいます。

アルピナは、主人公をこの異世界に召喚した張本人です。
王女でもあり、政治的な悩みを抱えており、その解決のために主人公を呼び出した経緯があります。
気が強そうな印象がありますが、意外と素直で可愛らしい面も。

ジュリアは、女戦士です。
年下のアルピナとは姉妹の様な関係性でもあります。
戦士というだけあり、かなり男勝りな言動をします。

クアドランは、名家のお嬢様でシスターでもあります。
おっとりした性格で、メンバー一番の爆乳の持ち主でもあります。

ルーテシアは、エルフの貴族の令嬢です。
見た目のクールな雰囲気通りに冷静で誇り高く、武人の様な言葉使いをします。

イリスは、妖精の少女です。
小さい外見にちょっと乱暴な言葉遣いをする所があります。

ストーリー展開


展開的には、異世界に召喚された主人公がアイドルで国を救おうとする流れですね。
…色々、何かがおかしい!?(汗)

何故にアイドルオタクな主人公が、この世界に召喚されたのか?
この国では、今困った状況になっていたんですね。
それは、魔王がどうとかって話ではなかったものの、国の一大事にもなりかねない状況だった様で…。

アルピナ曰く、この国は貴族たちの会議で運営されているらしいんですね。
んで、その選ばれた貴族たちが元老院のメンバーとなり、会議で様々な事が決定されていくという訳ですね。
しかし、現在そこで問題が起こっていると言うんですね。

ザックリいうと、今回あくどい事で巨万の富を築いた輩が金を使って、その元老院の連中を操りだしていると。
そのため、このままではそいつが権力を得て、他国との戦争を引き起こしかねないという状況になりかけている訳ですね。

そこでそんな暴挙を許す訳にはいかないと息巻くものの、手段が見つからないアルピナは主人公を召還したという訳ですね。
…人呼んでどうにかなる問題なのかなとは思わなくはないですが(汗)

そんな話を聞いて、主人公が思いついたのが自分がハマっていたアイドルの存在でした。
アイドルの力によって、元老院の支持を集めようと考えたんですね(汗)

こうして自らのアイディアに興奮した主人公は、手始めにアルピナを無理やりアイドルにしてみせると息巻き、結果Hまでしてしまい、アイドルの資質のある女性陣を次々スカウト(H)していく事となる流れですね。
…強引過ぎる(汗)


ここまでで分かると思いますが、この作品は結構強引で勢いまかせなテンションで突っ走っている感がありますね(汗)
えすかれ的なノリなんですが、普通の美少女文庫なんですね、これ。
…基準が分からない(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。

上記にも書いたように、主人公は女性陣をアイドルとして売り出す事になり、結果Hな行為もしちゃっているって感じの流れになっていますね。
…いや、むしろHあってこそのアイドルなのか(汗)

色々力説していますが、説得力はないはずなのに、女性陣はその勢いに巻き込まれてしまっている節もありましたけどね。
まぁ、そんな訳で最初こそ拒否、抵抗をする娘もいましたが、最終的にHで解決というシンプルな展開となっています(汗)

何か、この世界はH自体がない様な世界観らしく、男性も勃起する事もないし、性行為自体がないとか。
あんまり、そこら辺の詳しい事情は描かれてなかったと思いますが、大抵主人公が股間の勃起を見せつければ女性陣は何だかんだと見入ってしまうので、それで解決です!(汗)

それだけにヒロイン全員、当然男性経験はない訳ですね。
そんな彼女たちにHの快感の味を覚えさせて、一人前の?アイドルに育てていくってノリに繋がっていきますね。

正直あんまりヒロインたちにHな熱血指導みたいなノリばっかりかと思ってたけども、そこまでなかった印象でしょうか。
多少はありましたけどね、お約束のアイドルとして成長するため…云々ってノリは。
でも、単純にヒロインが5人という大人数だったので、5人分のパートをこなしてたら大分アイドルとしての全体の活動描写は控えめに終わったかなという感じでしたね。

なので、中盤過ぎる辺りまでは、個々のヒロインをHでアイドルに説得パートで、終盤辺りは全員交えてのアイドルハーレム展開という構成でしょうか。


ハーレム物ですから、ヒロインが主人公に惚れてなんぼのものなんですけれども、何故惚れたのかさっぱりなヒロインもチラホラ(汗)
まぁ、そこは異世界パワーという事にしておきましょうか(汗)

ヒロインたちは、主人公との行為が始めてだった訳ですが、決して性欲がない訳ではありません。
実際、結構早い段階から積極的に行為に応じたりといった娘の姿を見る事が出来ましたね。
全体的に、全員ノリノリな反応でしたしね、話が進むとより一層、積極性が増して♪

個人的に印象的だったヒロインは、イリスでしたね。
彼女は妖精、フェアリーなので人間のサイズではないので、こういうヒロインは珍しいですね。
勿論、彼女ともHな行為はありますよ。

人間のサイズではないので、肉棒に抱き着いて全身を使っての刺激で射精に導いて、全身に精液を浴びていたりと普通のヒロインではできない描写があるのも特徴ですね。
まぁ、残念ながらそんな彼女に肉棒を突き立てる訳にもいきませんけどもね、身体より肉棒のが大きいんだし(汗)
でも、終盤になるとある理由で彼女とも本番ができる様になるので、ご安心を♪

中には、女性陣同士でのレズ要素もありましたね。
一部シーンだけなんですけれども、また主人公が絡まないので独特の淫靡さが感じられますね。

終盤では、全員交えてのハーレム展開ですね。
ここでは、何故かローションだったり、風俗プレイ的な内容になっており、余計にハーレム感がありましたね。
四方八方からヒロインたちにご奉仕されている様は、まさにハーレムですね♪

まぁ、これがアイドルっぽいのかって言うと、何か違う気もしますけども、Hだからいいか(汗)

挿絵


挿絵は「師走の翁」さんが手がけています。
知っている人はご存知でしょうが、有名な成年コミックなどでお馴染みの漫画家さんですよね。

ムチっとした肉付きの良いヒロインの描写が印象的な絵柄だと思いますね。
可愛らしい顔立ちに、そのボディってのがまたいやらしさがあっていいんですよね。

挿絵の線は、結構太めではっきりとした印象ですね。

アイドルって事で、アイドルグループっぽい衣装を期待するかもしれませんが…。
実は中の挿絵では、そういう絵は一切なかったですね(汗)
そういうのは、表紙絵くらいだけでしたねぇ…。

挿絵は、それぞれの普段の恰好だったり、行為中で全裸なパターンが大半だったのは、少し残念ですね。
せっかくのアイドルな訳ですから、アイドルらしく活躍している姿も見てみたかったなぁ。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、緩めでコミカルさのある物語を勢いで貫いた印象の作品でしたね(汗)

正直な所で言えば、ぶっちゃけアイドル要素は殆どないに等しいです。
あくまでも、それをきっかけにHしたってだけですかね。
一応、最終的にはアイドル活動する展開も描かれてはいるんですが、6、7ページ程度の描写で歌を披露している程度な描写に挿絵もなかったので、何ともあっさりした終わりとなっていますね(汗)

まぁ、美少女文庫の何か元ネタがありそうな作品って、あくまでもとっかかりだけ似せて、後は別物なパターンなので、あまり期待する人はいないでしょうけども(汗)
とは言え、異世界、ハーレムといった要素が好みであれば、それなりに楽しめる作品に仕上がっているとは思いますけどね。

Amazon版 電子書籍
異世界でアイドルハーレム始めましょ! 王女、女戦士、シスター、エルフ、フェアリー

DMM 電子書籍
異世界でアイドルハーレム始めましょ! 王女、女戦士、シスター、エルフ、フェアリー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 トリプル奴隷との甘~い生活 レビュー


トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
5月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、故郷でたったひとりの医者です。
そんな彼の元に連れ込まれたのは、色々訳アリな3人の少女たちでした。
話の流れで、彼女たちを引き取り、不思議な共同生活が始まる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • クロエ
  • ソニア
  • イヴ
がいます。

クロエは、主人公が保護した少女のひとりのダークエルフです。
嗜虐的な思考の富豪によって、身体中を傷つけられています。

ソニアも、保護された少女のひとりで年長者です。
性に関して特化されたメイドでもあります。
それゆえそっち方面には長けている一方で家事などは壊滅的です(汗)

イヴも、保護された少女のひとりです。
実は人間ではなく、人工的に作られた存在のホムンクルスでもあります。
富豪の元で色々味わった影響か、少し心を閉ざしている節があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が訳アリな女性陣を引き取る事となり、Hで甘い生活を送る事となる流れですね。

主人公は、故郷でひとりだけの医者なんですが、そんな彼の元に連れ込まれた3人の美少女たち。
連れてきた町長によると、彼女たちはとある富豪の所有していた奴隷たちであり、その富豪が事故死した結果、現場にはこの3人の奴隷が残されていたため、保護したそうなんですね。

これだけ聞くと、何かこの娘らが何かしたかの様ですが、そういう訳ではないですよ(汗)

しかし、別の意味ではこの娘らは、色々放ってはおけなそうな雰囲気を出してはいた訳ですね。
それは、それぞれ富豪の趣味で身体を傷つけられた少女だったり、H奉仕に特化した少女だったり、ホムンクルスの少女だったりと訳アリな少女たちだったのです(汗)
…良い趣味してますねぇ、その富豪は(汗)

そんな富豪に飼われていた様な彼女たちなので、一般的な生き方とは無縁だった彼女たちを医者でもある主人公は見過ごせず、一緒に生活する事に。
こうして共同生活をする中で、主人公の優しさに触れて、彼女たち3人は主人公に心を開き、好意を抱く様になる流れですね。

まぁ、そりゃそんな扱いしてた様な富豪と比べれば、大概の奴は優しいご主人様になりますわな(汗)
そういう意味では、かなり彼女たちの心を掴むのは難しくはないでしょうねぇ。

思ったよりかは、全員最初から割と主人公を受け入れてた感がありましたしね。
もっとツンツンとした反抗的な娘ってのもいませんでしたし、割と早い段階で懐いてた感じは受けました。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリなどがあります。
その他には、オムツ、浣腸要素などもありますね。

…実は、私この作品読んでしばらくの間、遠野さんの作品だと気づかなかったんですよね(汗)
いや、ほら美少女文庫でこの絵柄(有末つかささん)だったんで、てっきり「青橋由高さん」の作品かと思ってたんですね(汗)

何で、気づいたのか?
それは…イヴがオムツを着用してたり、主人公の精液を含ませた下着をヒロインが履き出したりしたからです(汗)
オムツとかで気づく作家さんってのも稀有ですねぇ…。

それだけに、ヒロインたちが色々汁とか漏らしまくっているのも特徴ですね♪

女性陣は、これまでの主人からは良い待遇を受けることはなく、身体も心も傷ついていた訳ですね。
そんな彼女たちが、主人公の優しさに癒されて、好意を抱くのは当然の流れな訳で、そこからHな事に繋がっていきますね。
優しくされて、すぐ股間を濡らしてしまうってのも、どんなつらい環境にいたのだろうか(汗)
まぁ、言い換えれば敏感って事ですね♪

割と序盤からヒロインたちの心情描写がなされている事もあり、彼女たちの主人公へ抱く想いも分かるので、ヒロインたちに感情移入しやすい様になっていますね。
こういう所でも、彼女たちのこれまでの境遇なども垣間見えたりと、かなり大変な人生を歩んできたというのが分かりますね。
それだけに、そこからの主人公への好意があふれる様も良く伝わり、ニヤニヤ♪

性担当だったソニアは、当然男性経験は豊富ですが、他のふたりはまだ男性経験はありません。
ですが、ソニアも数多く経験していたものの、自身が行為を気持ちよく感じる事はなかったんですね。
それが主人公との行為では、今まで感じた事のない快感で絶頂してしまった訳です。

そういう意味では、彼女もまた初めての経験だったとも言えますね。

ヒロイン3人とも、主人公との行為を経験したら、もうすっかり虜♪
事あるごとに、股間を濡らしてしまっては主人公との行為を楽しむ事になりますね。

やはりオムツ要素だったり、お漏らし要素などの定番?描写もしっかりあります。
オムツに至っては、イヴは標準装備ですしね(汗)
オムツに関しては個人差はありましたが、さすがにお漏らしに関しては、やはり全員それぞれに恥じらいの色は感じられましたね。
いくらこれまで虐げられてきた過去があっても、好きな主人公にお漏らしを見せたり、後始末されるのは恥ずかしいですもんね(汗)

毎回、遠野作品の主人公はヒロインの後始末など気にしない訳ですが、今回の主人公は医者ですから余計に気にしないですな。


時にはひとりではなく、複数での行為もありますね。
まぁ、大抵が抜け駆けしちゃっている所がバレて、一緒に行為になだれ込む結果になっているって感じでしたが(汗)

勿論、終盤では全員交えてのハーレム展開ですね。
何でかヒロイン全員枷をつけての行為だったりと謎な展開もありましたが(汗)
元々クロエは何か枷とか首輪とかが好きな嗜好があったりしてはいましたが、全員となるとある意味、異様な光景ですねぇ(汗)

まぁ、以前の環境とは違って、今の彼女たちにとっては、こういう枷とかの存在はある意味では、指輪ではないですけども、自分たちが主人公の所有物であるという意識などがあるんでしょうね。
それは悪い感情ではなく、彼女たちにとっては大事で幸せな物という満足感にも似た感覚なのかも。
元々の境遇もあって、少し自己評価が低い面も彼女たちはあるだけに、彼女たちなりの精一杯なんでしょうねぇ。

この辺りでは、もう最初の頃の彼女たちのどこか悲痛な姿とは違い、生き生きとした生気に溢れている印象ですね♪
だから、何か読んでいて「キャラ変わった?」みたいな感じもありましたね(汗)
それだけ自分を出せる様になったって事なんでしょうねぇ。

挿絵


挿絵は「有末つかさ」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね。
上記にも書いた様に、そのせいで著者さんを勘違いするくらいにお馴染みですからね(汗)

どのヒロインも、可愛らしくて魅力的ですねぇ。
どの娘も何だかんだ素直で愛らしいだけに、甘やかしたくなりますね♪
まさしく甘い生活ですな。

結構、この娘たちは思ったよりかは感情を表に出すので、感情が分かりやすかったですね。
ああいう境遇にも関わらず、かなり素直なだけにより愛らしさはあると思います。
保護欲を駆り立てるというか…。

作中では、色々液体を股間から放ちまくっていますけども、絵柄としては特に描写もないですし、綺麗なので全く嫌悪感はないでしょう。
そういう意味では生々しさは殆どなく、控えめな印象がありますが、この方の絵柄はこういうテイストですし、生々しさを機倒するのが間違いって感じですな(汗)

やはり絵柄的に映えるのは、ダークエルフのクロエですね。
褐色の肌なだけに、他のふたりとの肌色の対比も相まって、お互いを引き立てていますね♪
傷だらけな身体ですが、そこまで痛々しさもないとは思います。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、可愛らしい3人の少女たちとのタイトル通りの甘い生活を楽しむ内容でしたね。

実際、話らしい話の展開はないので、いかに女性陣との仲を深めていくって感じですからね。
それだけに、ヒロインたちの魅力が肝という事になりますね。
皆、可愛らしいからそんな問題はないと思いますけどね♪

過去の著者作品から見ると、やや控えめな気がしました。
実際、絵柄のせいもありましたが、読んでてオムツが出てきたりするまでは遠野作品と気づかなかった一因には、そういう所があったんでしょうね。

勿論、従来の様な濃厚な下半身描写などは健在でしたけども、全体的に従来作品よりも角が取れたというか幾分マイルドになっているのかなって感じました。
なので、かなり読みやすい作品に仕上がっていると思います。

Amazon版 電子書籍
トリプル奴隷との甘~い生活

DMM 電子書籍
トリプル奴隷との甘〜い生活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 召喚されたら天下一武道会ハーレム! レビュー


召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女 (美少女文庫)

5月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、幼い頃から従兄から聞かされる各国の英雄譚に憧れて育った学生です。
そんな動機から始めた剣道も続け、今に至る程に入れ込んでいた彼でしたが、ある日突然異変に見舞われる事に…。

何と主人公は、異世界に勇者として召喚されてしまったのです(汗)
主人公はそこで勇者として認められるために、腕利きが集う武道会に出る事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ソフィア
  • イルル
  • イザベラ
  • スピカ
  • アストルテ
がいます。

ソフィアは、主人公を召還した国の第一王女です。
姫でありながらも、王国最高の騎士でもあります。
彼女の先祖は、当時世界を救った勇者と結婚しており、勇者の血を引いている家系でもあります。

イルルは、竜族の巫女です。
少女な外見ですが、竜族は長寿な種族なので、300歳以上でもあります。
おっとり間延びした言動が特徴な所があります。

イザベラは、この国で有名な商家となった家の娘です。
誇り高く自分にも他者にも厳しい所があるものの、認めた存在には素直な性格の持ち主です。

スピカは、ボーイッシュな元気娘です。
活発で明るい性格の持ち主です。
ボクっ娘でもあります。

アストルテは、この国の宰相です。
しかし、見た目は完全に子供で着ぐるみパジャマな様な恰好をしています。
見た目通り、子供っぽい言動なのですが仕事はできる有能っぷりでもあります。

ストーリー展開


展開的には、英雄譚に憧れている主人公が異世界の勇者として、武道会に出て戦う事となる流れですね。
よくある、よくある(汗)

異世界に勇者として召喚された事に、子供の頃から英雄譚に憧れていた主人公にとってはある意味、願ったり叶ったりな展開だった訳ですな。
この主人公は好きな世界なだけに、状況の理解、対応力が半端ないですね(汗)

まぁ、主人公がこの世界に召喚されたのかは、お約束でかつて当時の勇者に倒された魔王が再び力を取り戻す予言があったんですね。
そこでその時のために、新たな勇者を召還しようという事となって、呼び出されたのが主人公だったという訳ですね。

しかし、いきなり現れた奴をすぐさま勇者として認めるのもいかがなものかという話があるのも当然の流れ。

そこで勇者の座を腕利きの強者を集め、競わせて勝者を勇者として認めようとなったんですね。
なので、主人公の立場はあくまでも現在は勇者候補のひとりという立場な訳ですね。
真の勇者になるには、大会を勝ち上がらないといけないという事になったのです。

英雄譚に憧れている主人公としては、勇者も魅力的な響きですが、大会で腕を競うって事自体が心躍るシチュエーションでもある訳ですな。
こうして、主人公は武道会に出る事となる流れですね。


ちなみに、主人公以外の大会出場者は全員女性です。
彼女たちは伝説の武器を使うんですが、それを扱えるのはこの世界では女性だけらしいですね。
また、主人公たちが戦う武道会は命を取り合ったり、戦闘不能にするようなものではないみたいですね。

まぁ、よく考えれば勇者を決める大会で命を取り合ってたら、せっかくの魔王討伐の戦力が減りますもんね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
行為の種類自体は、人数の多さもあってか割と控えめな印象でしょうか。

Hの対象となるヒロインは、宰相のアストルテは例外ですが、他の全員は皆、武道会に出場する強者でもあるんですね。
なので、主人公とは対戦相手となる訳で、主人公は彼女たちと戦い、勝ったその後にHというのが基本的な流れです。

まぁ、お約束ですよねぇ、この手の流れは。
それゆえに結構バトル描写も頑張っているとは思うんですが、さほど読んでいてテンションは上がらず(汗)
何だかんだ勝ってHするんだろうなぁって思ってしまって…、実際その通りでしたが(汗)

とは言え、こういう流れだと敗者に無理やりな感じとも取れるかもしれませんが、主人公はそれこそ英雄譚に憧れる様な綺麗な主人公(童貞)なので、そんな無理やりみたいな事はしませんので、ご安心を。
女性陣も思った以上に主人公を認めてくれているので、むしろ向こうから積極的に迫ってくる感すらありますね。
こういう所がハーレムらしくて良いですねぇ♪

そもそも基本的に最初から主人公への感情は、決してどの娘も悪くなかったですしね。
ヒロイン同士も全体的に皆、仲が良くてほのぼのした雰囲気でしたしね、さすがに主人公と誰かがHしていると嫉妬心を抱く娘はいましたが(汗)

皆、良い娘たちなんですよねぇ、素直でまっすぐで。
それだけに彼女たちからの主人公への想いがよく表れていますね♪
まぁ、若干展開が早い気もしますが、これだけの人数ですしねぇ、多少の進展のペースはやむを得ないかな(汗)

女性陣は皆、男性経験がないのですが、主人公との行為を経て、どんどんHになってきますね。
戦う女性陣なだけに、皆、体力がありますからねぇ(汗)
特別凄い激しい行為って訳ではないんですが、主人公への愛情があるだけにより魅力的に感じられますね。

個人的には、スピカとの行為が印象的だったかな。
彼女は元気なボクっ娘ななキャラクターな訳ですが、最初の行為の際には女らしくない所を気にしていたりしていた所が、可愛らしかったですね。
やはりギャップがあると余計に可愛らしさが際立ちますねぇ。

今作のヒロインは、基本素直であまりギャップという面では控えめだったので、正統派なキャラクターが多かったですね。
それだけに主人公とのやり取りなんかも、甘く綺麗で見てて気恥ずかしさを覚えるくらいで(汗)
欲を言えば、個々のヒロインとのやり取りをもっと見たかったんですよね、皆魅力的なだけに。


終盤では、全員交えてのハーレム展開になりますね。
5人同時なので、もう凄い賑やかな状態になっていますね(汗)
その直前に、ようやくソフィアとアストルテとの行為が描かれているんですが、その直後に全員交えるだけに何か行為の余韻がなかったですね(汗)

アストルテはストーリー上、仕方ないとは思うんですが、ソフィアは少し行為まで引っ張り過ぎた感があったのが、個人的には残念ですね。
最初から好意的だったけども、他のヒロインに先を越されまくってしまったのがねぇ…。
扱い的にはメインだとは思うんですが、もう少し出番が欲しかったですね。

挿絵


挿絵は「あいざわひろし」さんが手がけています。
美少女文庫ではお馴染みですね。
美麗で繊細な描線は、ファンタジー物とも相性が良いですね♪

どのヒロインも魅力的で一人に選べませんねぇ(汗)
行為中の上気した表情が何とも艶っぽくて、普段の戦う女性陣とは違う女の魅力を感じさせますね。

どのシーンも印象的ですが、中でも終盤の全員がお尻を向けている光景は壮観でしたね。
皆、お尻を突き出しながらこちらを見ているんですが、その表情にも彼女たちの個性が表れていますね。
特にアストルテの表情というか、口元が「ω」になってて、彼女らしさが出ていますねぇ(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、綺麗で戦う女性陣とのハーレム展開を楽しめる作品でしたね。
テンポもよく、バトルもありと色々盛り沢山な内容だった訳ですが、やはりヒロイン数が5人というのは厳しかった感も(汗)

かなり頑張ってまとめているものの、やはり個々での物足りなさは否めないかな。

話も基本、真面目路線で展開する一方で、所々緩めなコミカルさもあったりで、読みやすい雰囲気ではないでしょうか。
まぁ、魔王云々に関しては妙なノリなコミカルさで終わったので、肩透かし感もありましたが(汗)

正直アストルテは、ページ量の関係でなくても良かったかなと、彼女には悪いけども(汗)
キャラとしていてもいいけども、別に無理にH対象にしないでも良かったかもしれませんね。
終盤の彼女の展開は、かなり強引に勢いで消化した感があったので…。

とは言え、正統派なハーレム物が好きであれば中々楽しめる作品に仕上がっていると思います。

Amazon版 電子書籍
召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女

DMM 電子書籍
召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 2016/5/20分 新刊購入

  •  投稿日:2016-05-20
  •  カテゴリ:新刊
美少女文庫 2016/5/20分の新刊購入しました♪

「トリプル奴隷との甘~い生活」
トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
「異世界でアイドルハーレム始めましょ! 王女、女戦士、シスター、エルフ、フェアリー」
異世界でアイドルハーレム始めましょ! 王女、女戦士、シスター、エルフ、フェアリー (美少女文庫)
「召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女」
召喚されたら天下一武道会ハーレム! 姫騎士、格闘少女、お嬢様剣士、竜巫女 (美少女文庫)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
美少女文庫 異世界でアイドルハーレム始めましょ! レビュー
えすかれ美少女文庫 トリプル奴隷との甘~い生活 レビュー
美少女文庫 召喚されたら天下一武道会ハーレム! レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。 レビュー


美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。(ぷちぱら文庫Creative105)
5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通の男子。
そんな彼の元に現れたのは、謎の美少女からいきなり迫られてフェラされてしまう事に(汗)
何と彼女は人間ではなく、魔王候補のひとりであり、何故か主人公を結婚相手に選んで迫ってくるのですが、彼女とは別に魔王候補が現れ…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • クリオラ
  • アンバー
  • ラシャル
がいます。

クリオラは、魔王候補のひとりで幻惑の二つ名を持つ存在です。
口調は偉そうですが、見た目の可愛らしさで全く威厳がありません(汗)
意外と素直な性格の持ち主でもあります。

アンバーも、魔王候補のひとりです。
明るい性格のドジっ娘です。
性に関する事に興味津々。

ラシャルは、クリオラ、アンバーの教育係の女性です。
知的で大人びた雰囲気を持つのですが、意外とポカもしたり…。
怒ると怖いです(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公の元に魔王候補を名乗る美少女たちが押し寄せてくる流れですね。
あ、魔王じゃないんですね(汗)

まぁ、候補とは言え、魔王になろうなんて存在が何でまた主人公の所に現れたのかって事なんですが…。
候補なんで、ある意味半人前な存在なんですよね、実は(汗)
そこでこの世界で成長し、立派な魔王になろうという訳ですね。

主人公を選んだのはお約束で良い魔力を持っているらしく、それを頼りにしたって感じですね、ざっくり言うと(汗)
そして、その魔力は精を変換して、その身に取り入れるので、必然的にHをする必要がある訳ですねぇ。

こうして、主人公に魔王候補のクリオラ、アンバーが迫ってくる事となる流れですね。
こうなるとふたりがライバルで対立して…みたいなノリかと思いきや、ふたり共基本性格が緩いんで、まったりした雰囲気でしたね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、手コキ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
マニアックな行為では髪コキなんかもありましたね、一瞬だけですが(汗)

やはり設定というと身も蓋もないですが、魔力云々という名目があるので、中出し展開が多めですね。
女性陣も最初からノリノリなので、明るさ、コミカルさがあるのが印象的ですね。

彼女たちは、やはり感覚が人間とは違うのか、純粋で積極的に迫ってくる印象がありますね。
でも、全く何も恥じらいがないって訳ではないですので、そこはご安心を♪ しっかり照れている場面もありますよ。
やはりある程度の恥じらいってのも興奮材料ですからねぇ。

そのせいか、余計に彼女たちの可愛らしさが強く印象付けられる結果となっていますね。


一応全ヒロインとの行為があるんですが、教育係なラシャルの行為は、かなり後の方になります。
彼女は、他のふたりとは違い、大人の色気を感じさせる知的美人なだけにまた違った魅力がありますね♪
まぁ、どうしても他のふたりとは扱いの面で控えめなのは仕方ない所ではありますが、それだけに印象深さもありますね。

お互い、異なる魅力があるからそれぞれが活きますしね♪

クリオラもアンバーも口調も特徴的でしたね。
クリオラは「~じゃ」で、アンバーは「~なのです」みたいな語尾になっていましたね。
あんまりやり過ぎても若干あざとさは感じなくもないですが、可愛いからいいか(汗)

終盤は、恒例のハーレム展開…って言いたい所なんですが、意外にもなし!?(汗)
絶対3人一緒の展開とかあると思ってたんですがなかったですねぇ、一緒に入浴するほのぼの展開こそありましたが…。

挿絵


挿絵は「能都くるみ」さんが手がけています。

ぷちぱら文庫ではお馴染みの方ですが…、思えば結構久しぶりな様な?
初期の頃は結構見かけてた印象があったんですが、最近はご無沙汰でしたね、2014年が最後かな(汗)

やはりこの絵柄は可愛らしくて良いですねぇ♪
久しぶりなせいか、余計にそう感じちゃいますね、柔らかさがあって可愛らしいヒロインたちはとても魅力的です。

魔王候補なんて言われている彼女たちですが、普通に美少女なので魔王感は皆無ですな(汗)
…魔王感とは何ぞやって話でもありますが(汗)

クリオラなんて、あの帽子の印象だけですが魔法使い…、魔女っ娘みたいな感じですしね、むしろ。
でも、彼女に良く似合っていましたけどね♪

アンバーもクリオラにはない(?)巨乳を存分に見せつけてくれましたね、制服姿も似合っていますし。
ラシャルも負けず劣らずの胸の持ち主なんですが、残念ながら披露する機会が少なかったのは残念。

そういやどうでもいい事ですが、表紙絵などのカラー絵だとラシャルって少し肌が黒いんですね。
中の挿絵では、全く普通の描写でしたけども、カラー絵の彼女たちと見比べると、他のふたりがかなり色白で目立ったもので。

挿絵数:9枚

総評


全体的には、緩いまったりとした雰囲気で展開される作品でしたね。
ぶっちゃけ話的にはこれといった内容はないので、緩く読める作品に仕上がっていると思いますね。
一番ヒロインの背景があったのが、ラシャルってのが何ともですし(汗)

表紙絵を見てヒロインたちが気に入ったら、十分楽しめると思いますよ。
魔王候補の少女たちが、人間界でドタバタHなコミカル展開は、個人的には嫌いではなかったですね。
肩の力抜いて、気軽に可愛いヒロインたちとのHを楽しみたい人にはよろしいかと思います。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 2016/5/13分 新刊購入

  •  投稿日:2016-05-14
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2016/5/13分の新刊購入しました♪

「美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。」
美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。(ぷちぱら文庫Creative105)
安定の1日遅れでの入手(汗)
まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 美少女魔王候補とナカ出し性活はじめました。 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

オトナ文庫 人妻操作スマホ レビュー

人妻操作スマホ(オトナ文庫16)
北原みのる
パラダイム (2015-11-13)
売り上げランキング: 266,105

2015年11月発売のオトナ文庫です。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

現状、オトナ文庫のレビューは休止しているので、今後も余裕がある時に、たまにレビューするかも程度でお願いします(汗)

主人公は、うだつの上がらないモテないサラリーマンです。

ある時、主人公は謎のスマホを手に入れる事に…。
何とそれは普通のスマホではなく、カメラに姿を収める事で対象の女性を好き勝手にする事が出来るというものだったのです。

こうして主人公は、憧れだった近所の美人妻たちを夢中になってカメラに収め、関係をもっていく展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 遠藤 澪」(えんどう みお)
  • 鳥居 理恵」(とりい りえ)
  • 妹尾 真琴」(いもお まこと)
がいます。

澪は、主人公と同じマンションに住む人妻です。
天然な所がある癒し系の性格の持ち主であり、のんびりした所があります。
一途に夫を愛しています。
人妻操作スマホ

理恵は、近所に住むセレブな人妻です。
物静かな性格で人見知りな面があり、羞恥心が強い所があります。
資産家の娘で箱入りで育てられています。
人妻操作スマホ

真琴は、近所の八百屋の奥さんです。
旦那と一緒に店を切り盛りしている明るく快活な性格の持ち主です。
意外と初心な純情な面も。
人妻操作スマホ

ストーリー展開


展開的には、モテない仕事もパッとしない主人公が謎のスマホを手に入れた事から、人妻らを好き勝手に操作できる様になる流れですね。

この日、主人公は酒に酔って愚痴をこぼしながら帰宅したのですが、起きてみると手元には見慣れぬスマホが…。
確認してみると、そこには何とも怪しげな文面があり、それによるとこのカメラで撮影した相手を自由にできるみたいな内容が書かれていたんですね。
…胡散臭いですねぇ(汗)

勿論、半信半疑な主人公でしたが、たまたま出会った人妻の澪を撮影してみた所、彼女の様子に変化が。
確かにスマホ上の彼女を触ったりすると、実際の彼女も反応をし出し、主人公はスマホの効果を認識する事となったのです。

ここで主人公は、澪に恋の病にかかっているなどとバレバレの嘘を言い出し、強引にHな行為へと持ち込んでいく事に(汗)
…天然系にしたって、ちょっと心配なレベルでしょう、これを信じたら(汗)
まぁ、いきなり主人公に対して身体が反応し出したりしているから、困惑しつつも流されてしまったって感じですかね?

と、好意的に解釈しても、強引すぎる展開なのは確かですけどねぇ(汗)

なので、罠にハメて女性陣を物にって形こそ、そんな感じなんですが、かなり緩いというか妙なノリなので、嫌悪感や痛々しさはあまり感じないものに仕上がっていると思いますね。

かなり口ではさすがに関係を持つ事に抵抗はありますけども、割とスムーズであっさりした印象があるので、重さもなく、苦手な人でも読みやすいと思いますね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやアナルセックス、フェラがあります。

やはりスマホによる操作要素が見どころですね。
とにかく、このスマホによる操作の効果は強烈であり、女性陣は何も抵抗ができない有様で主人公の行為を受け入れざるを得ない事となりますね。
せいぜい口で抵抗するくらいなものですが、どの女性も皆優しいから、やめて程度のもので、主人公への罵詈雑言はないです。

感度を上げたりできるスマホの効果の中には、陰毛をボウボウに生やさせる、誰得な機能も備わっています(汗)

主人公はこれまで童貞ですが、どうも肉棒は人妻の女性陣のお気に召したのか、悪くない反応を見せますね。
これもスマホの影響力なのか、純粋な肉棒によるものかは微妙な所ですかね(汗)

まぁ、それを引いても女性陣の攻略ペースは相当に早い気はしましたけどね(汗)
なので、彼女たちの抵抗のなさも相まって、かなり攻略の歯応えはないかな。
行為が終われば、また少しは罪悪感などを抱いたりするので、完全に堕ち切ってはいないですけどもね。

この手の作品では珍しく?夫たちに妻たちの痴態を見せつけて、妻たちを我が物とする流れもありましたね。
結構、この手の作品って下手すると夫の影も殆どないままなんて作品もあるだけに、ここまで普通に直接見せつける展開は新鮮でしたね。
でも、前述の様に妻たちがあっさり堕ちるだけに、印象が弱かったかな(汗)

まぁ、そもそも寝取りって寝取られよりもだいぶ印象が弱いものですからねぇ。
寝取った感慨も薄いですし、茶番ですな(汗)


個人的には、理恵との行為は彼女の性格を活かした展開があったので印象的でしたね。
彼女は、羞恥心が強い所が元々あり、それを刺激したネットの生配信で行為を披露させるなどの展開があったりしましたね。

真琴は、Mっ気があったりする様でそれを刺激した感じがあったかな。
まぁ、そこまで過剰ではないので、理恵よりかは印象が薄かったかなとは思いましたが。
…澪は、これといって何もなかった様な?(汗)

終盤では、全員を交えた行為が描かれていますね。
ここで初めてパイズリとかが出てきたのが印象的でした。
それまでは、ひたすら中出しばかりの展開だったので、何もないのかと思ってただけに、ここで遂にという感じでしたね。
人妻操作スマホ

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「T-28」さんが手がけています。
以前、オトナ文庫でレビューした「母娘丼マッサージ」もそうですね。

可愛らしい絵柄ですよねぇ。
今回は、ヒロイン全員が人妻でもありますが、あんまりそんな感じはなかったかな?(汗)
年上のお姉さんって感じで楽しめばいいのではないでしょうか。
でも、よく考えたら実年齢は分からないんですが、人妻でも主人公より年下って事もあるのか(汗)

何故か主人公は、女性陣をダブルピースさせたがる所がありますな(汗)
アヘ顔的な目を上にグリンとむいている表情も多々ありましたね。
…普段との表情の落差よ(汗)
人妻操作スマホ

上記にもある様に、スマホで陰毛ボウボウにされた状態の絵もありましたね。
確かに黒々しているなぁ、普通に比べると(汗)

挿絵数:29枚

総評


全体的には、結構ノリが緩めで軽い印象な作風なので、読みやすかったですね。
重くない雰囲気なので、気楽に読めると思います。

逆にガツンとしたノリを求める人には物足りないと思いますが、そもそもスマホで操作するとか重くなりようがないですもんね(汗)
人妻好きな人にはいいのではないでしょうか。

Amazon版 電子書籍
人妻操作スマホ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
人妻操作スマホ

DMM 原作PC版ダウンロード
人妻操作スマホ〜熟れムチボディを指先一つで自由自在!ヤリたい放題種付け〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます