FC2ブログ

2013年05月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2013年05月

2013年05月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2013-05-19二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 お姉ちゃんはつじょ~チュッ!お姉ちゃんはつじょ~チュッ! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 13.05.18上田ながの キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、学園で生徒会長を務めている姉「春那」(はるな)がいます。そんな姉に主人公は、姉弟以上の感情を抱いてもいます。そんな中、ある日ふた...

記事を読む

no-image

2013-05-18二次元ドリーム文庫 「さ行」
二次元ドリーム文庫 新エロデレ 小悪魔JK樹里奈の場合新エロデレ 小悪魔JK樹里奈の場合 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 13.05.18筆祭競介 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。新エロデレは、既に「新エロデレ セクシー姫アイナの場合」という作品が出ていますので、このシリーズでは2作品目となります。ですが、セクシ...

記事を読む

no-image

2013-05-16二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ 特救戦姫インビンシブルシスターズ特救戦姫インビンシブルシスターズ (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 13.05.16栗栖 ティナ キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 86,451Amazon.co.jpで詳細を見る現在、世界は外宇宙からの侵略者「スケアニア軍」によって、壊滅的な被害を受けています。そんな中、果敢にも侵略軍と戦う存在が。それは「インビンシブルシスターズ」と名乗る...

記事を読む

2013-05-14ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!? (ぷちぱら文庫 99)posted with amazlet at 13.05.14緒莉 パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、両親を早くに亡くしており、現在は叔父の援...

記事を読む

2013-05-12ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。 (ぷちぱら文庫 103)posted with amazlet at 13.05.11雑賀 匡 パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、駆け出しの脚本家として日夜脚本を書き続けています。それもこれも、彼には叶えたい夢があるから...

記事を読む

no-image

2013-05-11Harvest novels 「英題」
Harvest novels CONCERTO.CONCERTO. ~コンチェルト~ (ハーヴェストノヴェルズ)posted with amazlet at 13.05.11影山二階堂 ハーヴェスト出版 Amazon.co.jpで詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、天才的なボイストレーナー兼作詞家として、音楽業界で名を馳せている存在です。そんな彼は、現在彼の元で歌手デビューを目指すレッスン生を相手に指導をしています。しかし、その指導方法は一般のそれとは全く違...

記事を読む

2013-05-09Paradigm novels 「英題」
Paradigm novels Coming×HummingComing×Humming!! (PARADIGM NOVELS 389)posted with amazlet at 13.05.09島津出水 パラダイム 売り上げランキング: 522,937Amazon.co.jpで詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、これといって特徴のない普通の学生です。そんな彼ですが、ある出来事をきっかけにして、町一番の祭りである「吉乃祭」の準備会に強制参加する羽目に…。その過程で、主人公はクラス委員長でもある「...

記事を読む

2013-05-07リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 女医とナースと僕 童貞蜜液検査女医とナースと僕 童貞蜜液検査 (リアルドリーム文庫 22)posted with amazlet at 13.05.07高村マルス キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 296,469Amazon.co.jpで詳細を見る主人公は、高校二年の学生です。そんな彼は、以前行われた校内検診の検査、病院で精密検査をする必要があると知らされる事に。心当たりのない彼が向かった病院で待っていたのは、何やら企ん...

記事を読む

2013-05-05Paradigm novels 「か行」
Paradigm novels 今宵も召しませAlicetale今宵も召しませ▼アリステイル (Paradigm novels (172))posted with amazlet at 13.05.04岡田 留奈 パラダイム 売り上げランキング: 981,356Amazon.co.jpで詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、一人暮らししている普通の大学生です。そんな彼の元に、海外へ単身赴任している親から怪しげな荷物が届く事に。主人公が首をかしげながらトランクを開いてみると、何と、そ...

記事を読む

2013-05-04二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 俺の妹は中二病デレ 吸血姫な妹に吸い尽くされちゃう!俺の妹は中二病デレ 吸血姫な妹に吸い尽くされちゃう! (二次元ドリーム文庫 259)posted with amazlet at 13.05.04千夜詠 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には妹がいるのですが、現在は幼い頃に親戚に引き取られ、離れ離れとなっています。それから1...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 お姉ちゃんはつじょ~チュッ! レビュー

二次元ドリーム文庫 お姉ちゃんはつじょ~チュッ!

お姉ちゃんはつじょ~チュッ! (二次元ドリーム文庫)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション

5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、学園で生徒会長を務めている姉「春那」(はるな)がいます。
そんな姉に主人公は、姉弟以上の感情を抱いてもいます。

そんな中、ある日ふたりは、とある廃神社を目指し、山の中に。
しかし、結果としてその行動が、春那に異変をもたらす事になってしまいます。
何と、春那の身体は突発的に発情状態へとなってしまう様に(汗)

主人公は、姉の危機を救うために、彼女とHをする事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

姉の「朝倉 春那」(あさくら はるな)
鬼の「鬼巫女」(おにみこ)がいます。

春那は、主人公の姉です。
学園では、生徒会長を務めており、信頼っされている存在です。
クールな物腰と真面目な性格と、容姿の美しさから学園の男子から告白される事も珍しくありません。

鬼巫女は、千年前に都で暴れまわっていた鬼です。
最後は、神社へと封印されてしまっています。
可愛らしい少女の姿をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公は姉の春那と神社に行った事で、何故か発情体質になってしまう事になる流れですね。

まぁ、色々疑問はありましょうが、ひとつひとつ説明していきます(汗)

そもそも、主人公は姉である春那に対して、姉弟以上の感情を抱いています。
でも、この手の作品では意外な事に、主人公が既に春那に想いを告白しているのが珍しいですね。
それこそ毎度の様に、彼女への気持ちを前面に出しているんですが、当然春那はまともに相手はしていません(汗)

私は、てっきりこの主人公「僕」が一人称なタイプかと勝手に読む前に思い込んでいたんですが、「俺」でしたな(汗)
思ってたよりも、テンションも高かったし、全然イメージと違ってたなぁ。

そんな主人公と春那は、この時とある神社を目指して山の中を歩く事に。
今回目指す神社は、千年前に都で暴れていた鬼を封じたとされる鬼巫女神社なるもの。
その情報を仕入れてきた主人公は、姉の春那と共にそこを目指してた訳ですね。

何でまたそんな神社に行くのか。
それは、主人公の単純明快な理由がありました。
ただ単にそういう霊的な所に行って、いわゆる吊り橋効果を狙っただけなんですね(汗)
まぁ、未だに成功はしていない訳ですが…。

そんな不埒な目的だったのが問題だったのか、神社に辿り着いたふたりは結果として、そこに安置されていた壺を壊してしまうんですね。

そして、主人公は見てしまう事に。
壺から出た何かが春那の身体をまとわりつく様を…。

ここから、春那の身に異変が起こるのを主人公は身を持って感じる事になります。
何と主人公は、こんな状態でもつい春那とのHを妄想し、勃起してしまうのですが、それを嬉々として春那は触り出す事になったのです(汗)
いつも凛々しい彼女とは全く違う淫らな表情、仕草に主人公は違和感を感じつつも、興奮をこらえきれず、彼女と関係を持ってしまう事に…。

その後、どこからともなく現れた少女、鬼巫女から壺に封じていた呪いによって、春那は発情してしまう体質になってしまったと知らされる事になる訳ですね。
この発情は、困った事に発情するタイミング、更にはその相手にも区別なく発動するんですね。
つまり、知らない男性とでも状況があってしまえば、Hする事になるという、姉愛をこじらせている主人公には我慢ならないものなんですね。

そこで主人公は、他の男なんかに春那を奪われたくないと、自らが彼女の相手を買って出る事になる流れですね。
ちなみに呪いを解くためには、Hを規定回数こなす必要があるってのは、お約束ですな♪


Hシーン


Hシーンでは、春那と鬼巫女との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、素股、手コキ、自慰などがあります。
あまり行為のバリエーションは少な目かもしれませんが、それがあまり気にならない内容の濃さなので、そこまで物足りなさはないと思います。

個人的に印象深いのは、精液描写でしょうか。
春那の発情の呪いを解くためには、精気が必要なんですね。
そして、一度発情したら正気に戻るためにも精気は必要となる訳ですが、いつどこでそうなるか分からないだけに簡単ではないですね。

そこで主人公の精液を予め水筒に溜めておいて、発情したらそれを摂取する事で完全にではないものの、抑えようとする展開なんですね。
なので、場所を選ばず学校内で水筒に溜めた精液を発情する度に、ゴクゴク飲み干し、精液くさい息を出す春那の姿は興奮しましたねぇ。

…水筒に精液?
どこかで聞いた様な展開…、そうです。
偶然にも?同じ著者作品の二次元ドリームノベルズ「魔界王女 白銀のロゼッタ」でも、同様の内容があるんですね、水筒で精液ゴクゴクってのが。
学校内で、周りに人がいる中で精液を飲むって行為、シチュエーションはいやらしさ半端ないですね♪

他にも、コンドーム着用で挿入後、中に放たれた精液をコンドームから口に入れるなど、フェチ心を刺激する描写があるのは好きな人にはたまらないのではないでしょうか。


意外だったのは、行為が春那だけではなく、鬼巫女もいる事ですね。
まぁ、これには春那への助けに必要な行為って理由がありますけども、初回以外はふたりの行為に刺激されたってだけですけども(汗)
見た目は幼い少女ですが、やはりそこは長い寿命を持つ鬼。
言葉の端々に余裕、包容力を感じさせますね。

挿絵


挿絵は「田中竕」さんが手がけています。
竕って「デシリットル」って読むんですね、変換で出ました(汗)

同人活動などもされている様ですね。
DMMでも、同人誌がいくつかありましたね。
ゆめいろコミュニケーション
オカズのごはん

可愛らしいながらも、滲み出てくる色気が魅力的な絵柄ですね♪
この人の描く瞳の透明感などが好みですねぇ。

細めの線ながらも、しっかりいやらしさ、エロさを出しているので、かなり興奮度は高く感じます。
ぷりっとした肉感も魅力的ですなぁ。

鬼巫女の小柄な体格も中々そそります♪
豊満な肉体の春那とはまた違った魅力がありますね。

意外にサブキャラの女の娘も可愛らしいですね♪
真っ赤になっている表情がまたいいなぁ…。

挿絵数:12枚

総評


全体的には、当初私が抱いていたイメージとは、結構かけ離れた作品でしたが、かなり楽しめました。

イメージの差では、上記にもあった主人公の違いだけではなく、鬼や巫女、呪いといった要素の事ですね。
表紙絵とタイトルだけでは、どこにもそんな要素は見当たらなかったですからねぇ(汗)
まさか、こんな要素があるとは思ってもみなかったですけども、別に読んでて気になるレベルではないので大丈夫とは思いますけどね。

生真面目な性格である春那は中々、発情しても主人公との行為を持つって事に抵抗感を持っており、仕方なく行為はしてもキスはダメだったりと、かなり真面目なキャラクターだった訳ですが、そんな彼女が少しづつ主人公を受け入れていく過程も描かれており、読み応えがありましたね。

展開に若干?強引さがある気はしますけども、まぁ、こんなストーリーな時点で強引な訳ですし、まぁ気にしたら負けですかね(汗)

お姉ちゃんはつじょ~チュッ お姉ちゃんはつじょ~チュッ

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】お姉ちゃんはつじょ~チュッ! [ 上田ながの ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お姉ちゃんはつじょ~チュッ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 新エロデレ 小悪魔JK樹里奈の場合 レビュー

二次元ドリーム文庫 新エロデレ 小悪魔JK樹里奈の場合

新エロデレ 小悪魔JK樹里奈の場合 (二次元ドリーム文庫)
筆祭競介
キルタイムコミュニケーション

5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

新エロデレは、既に「新エロデレ セクシー姫アイナの場合」という作品が出ていますので、このシリーズでは2作品目となります。
ですが、セクシー姫~とは世界観や登場人物など全く別個のものとなっていますので、そちらを読んでいなくとも大丈夫な作りとなっていますので、ご安心を。
まぁ、旧エロデレは3部作ですけども、それも今作とは関係のない話ですね。


主人公は、ある日、クラスメートの「川澄 樹里奈」(かわすみ じゅりな)から告白される事から物語が始まります。
そんな事態に、主人公はビックリです。
それもそのはず、主人公は彼女に対して好意を抱いていたから。
しかし、更なる衝撃は彼女の発した発言から受ける事に…。

それは「わたしのペットになってね♪」と、いう内容だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、樹里奈ひとりです。

樹里奈は、主人公のクラスメートです。
見た目は、金髪に耳にピアスという出で立ちをしており、ギャル的な印象があります。
更に容姿端麗、スタイル抜群であり、そのため「セクシークイーン」というあだ名まである程です(汗)
成績も優秀であり、男性陣からの人気は高いです。

ストーリー展開


展開的には、主人公が樹里奈から告白をされたものの、何故かそれがペット扱いという内容だったという流れですね。

何故、ペット扱いなのか…、それには樹里奈の方に理由があるんですね。

そもそも樹里奈は、髪を金髪にしていたりとギャル的な要素があるんですね。
そのため、クラスは違うものの、そういう系統の女友達との付き合いをしています。

となると、彼女たちの話題は大抵男関係が中心になる訳ですねぇ、年頃ですし。
そして、その話題の中心には樹里奈といるってのがお決まりとなっている…訳なんですが、実は樹里奈には彼女たちに秘密にしている事が…。

その事が、その後に主人公へのペット発言へと繋がってしまう事になります。

彼女たちとの話の流れは樹里奈の予想外な方向へと進む事に…。
結果として、樹里奈は主人公をたぶらかして、ペットにしてみせるって話になってしまったんですね(汗)
ここで、最初の告白へと繋がる訳ですねぇ(汗)

面白いのは、主人公と樹里奈、両者の思惑が真逆な事にありますね。
主人公としては、樹里奈と付き合えるのは願ってもない話なんですが、ペット扱いにされる事には抵抗感がある訳ですね。
ちゃんとした付き合いをしたいんですね、彼としては。

しかし、樹里奈は樹里奈で自身のある秘密を守るために、何としても主人公をペットにしなければならないと…。

こうして、樹里奈からの過激なアプローチが始まる事になる訳ですが、好きな子にそんなHな誘惑行為をして欲しくないと、純粋な好意を抱く主人公は行為には感じつつも、ペットを頑なに拒む訳ですね。
そりゃ、ペットを承諾してしまえば、こういった行為はしてもらえるかもしれませんが、確実に恋愛対象ではなくなってしまう事を意味しますしね。
ペットでは、愛玩動物的な扱いですし(汗)


しかしながら、そんな拒否をする主人公の反応を、樹里奈は主人公が行為に満足していないと勘違いをする事で、増々アプローチが過激になって行く訳ですね。
…見事に噛み合っていないですな(汗)


とは言え、そこはエロデレ。
いつしか、その誤解も解ける事で、両者の関係はまた別な形へと姿を変えていく事になる訳ですね。

Hシーン


Hシーンは、樹里奈との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、手コキ、パイズリなどがあります。

エロデレシリーズなので、序盤のヒロインはかなり積極的に行為をして、誘惑してくる流れであり、デレ後には行為に恥ずかしさも含む事になり、ニヤニヤ感が出てくるのも特徴ですね♪
勿論、両方いいんですけども、やはり純粋に好意が含まれる行為の破壊力は相当なものですよね♪
とは言え、誘惑する樹里奈の行為もまた魅力的だし…、どっちも良いですな(汗)

マニアックな行為では、ブルマ着用してのブルマコキ? 尻コキ?とでもいうのか、ブルマとお尻の間に肉棒を突っ込む行為がありますね。
ただ突っ込むだけでも、プリッとしたお尻の感触は気持ちよさそうなんですが、そこにローションまで絡んで来る事でヌメリもあって、よりいやらしさも快感度もアップしていますね♪

他にも、猫耳ビキニ姿での逆ペットプレイなんかも見所であり、いやらしさがありますね。
ベタベタなんですけども、やはりご主人様呼びや、語尾に「ニャン」付けという要素もまた興奮を引き立ててくれる一因となっていますね。
これで甘さもあるんだから、反則物です(汗)

濃厚なイチャイチャな甘いキス描写も健在ですね♪
ハートマークが乱舞しております(汗)

印象的だったのは、デレ前の序盤の行為などはいかにもあだ名通りの「セクシー」などが前面に来ているかのような振る舞いだった訳ですけども、デレ後は可愛さに変わる訳ですよね。
まぁ、デレる前からも十分可愛かったとは思うんですけどね(汗)
でも、可愛さに加え、恥じらいが含まれるようになったので、より恥じらっている姿に可愛さが強調される結果にはなっていますね。

挿絵


挿絵は「しゅがすく」さんが手がけています。
カバーコメントに、はじめましてとあるので初なんですかね?
どうやら調べてみると、一般のライトノベルなどの挿絵などを多く手掛けておられるみたいですねぇ。

どっかで見た事ある様な絵柄だなと思ってましたが、違ったみたいです(汗)

絵柄的には、線が細めで淡い色味の彩色が印象的です。
なので、柔らかい印象が強いですね。
黒も純粋な真っ黒ではないため、より柔らかさが強調されていますね。

その分、全体的に絵柄が淡いので、そこまで強いエロさがないかもしれませんけども、独特の雰囲気がありますね。

調べた中で、結構猫耳というか獣耳?系の女の娘のイラストがあったので、元々お好きなテーマなのかもしれませんね♪
ならば、あの猫耳樹里奈の可愛さも魅力的ですねぇ。

挿絵数:9枚

総評


全体的には、エロデレらしくエロからデレへの変化が堪能できる作品になっています。

個人的には、それらも勿論魅了的でしたが、単純に甘々エロエロだけではなく、途中ではふたりの関係性に危機が起きたりといったシリアスな所も含んでいる点もメリハリがあって良かったですね。
やはり、こういう要素が少しでも加わっていると、よりエロや甘さが引き立つ事にも繋がりますしね。

これだけシリーズが続いているだけあって、安定感があり、とても読みやすい作品だと思います。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】新エロデレ [ 筆祭競介 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
新エロデレ 小悪魔JK樹里奈の場合

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ 特救戦姫インビンシブルシスターズ レビュー

二次元ドリームノベルズ 特救戦姫インビンシブルシスターズ

特救戦姫インビンシブルシスターズ (二次元ドリームノベルズ)
栗栖 ティナ
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 86,451

現在、世界は外宇宙からの侵略者「スケアニア軍」によって、壊滅的な被害を受けています。
そんな中、果敢にも侵略軍と戦う存在が。
それは「インビンシブルシスターズ」と名乗るふたりの少女だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

斑鳩 雪希」(いかるが ゆき)
斑鳩 桜花」(いかるが おうか)のふたりです。

雪希は、侵略軍と戦っている少女です。
特殊な戦闘スーツ姿に変身し、「ペルディータ」として戦っています。
冷静沈着な性格をしており、暴走しがちな妹の抑え役でもあります。

桜花は、雪希の双子の妹です。
雪希と同様に特殊な戦闘スーツ姿に変身し、「アトール」として戦っています。
活発な性格で姉とは違い、熱しやすい面があり、暴走する事も。

ストーリー展開


展開的には、スケアニア侵略軍によって壊滅的被害を受けている中、雪希と桜花のふたりがインビンシブルシスターズとして果敢に戦っている流れですね。

侵略軍が宇宙から攻めてきたのは、わずか1年ほど前の事。
地球で言うミミズの様な形状の化け物を兵の主力として戦うスケアニア侵略軍の前には、地球の戦力はあまりに無力だった訳ですね。

そこに現れた雪希、桜花の変身した姿であるインビンシブルシスターズが、侵略軍と戦っている状況です。
しかし、彼女たちには気がかりな事が…。

それは、この姉妹の着用するスーツを残し、姿を消した姉妹唯一の肉親である兄の存在があります。
長い事、行方不明であった彼の情報を知る事になるのですが、いかにも罠なんですね(汗)
とは言え、姉妹に選択の余地はない訳で、姉妹は兄を助けるために行動を開始する事になります。

…んで、当然罠にかかるって訳ですね、ノベルズ的に(汗)


Hシーン


Hシーンは、雪希、桜花の行為が描かれています。
その他では、一部ですが敵側の女幹部「エレン」の行為もあります。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、自慰、アナルセックス(触手)、放尿などがあります。

敵側のミミズの化け物なんですけども、やはり彼らの一部である触手的な肉棒で凌辱される事になりますね。
触手ですが、生殖機能もあるので、勿論精液もドバドバ出ます(汗)

しかし、触手=肉棒でもある訳ですけども、これを口に突っ込まれても、正直フェラって括りで良いのかは微妙な感じですよね(汗)
まぁ、長い肉棒と思えば問題ない…かな(汗)


こういったヒロイン物では、お約束の凌辱されてしまう様を守るべき存在である市民らに見られて、逆に嫌悪され、罵られる事になるという展開も健在ですね。
ベタではありますけども、やはりこの仕打ちは確実に精神的に効果を発揮するだけに有効な手段なんですよね(汗)
んで、そんな掌返しした男たちに逆に凌辱されてしまうのも、お約束ですな(汗)

やはり彼女たちも人の子。
そんな横暴な振る舞いをされては、内心黒い感情が頭をもたげるのも仕方ない所でしょうねぇ。
でも、そんな描写がまた彼女たちに人間味を感じさせてくれる訳ですけどね。

他には、彼女たちの兄との行為もありますね。
まぁ、行う状況が状況ですので、そんなにイチャラブとかではないんですが、それでもミミズの化け物とかとの行為よりも、姉妹の反応はより顕著なのは当然ですね(汗)
そんな状況下を忘れる如く、兄への行為にのめり込んでいくふたりの姿も印象的ですね。

単に全裸ではなく、変身時のコスチュームでの行為のみって点は、良かったですね♪
元々、露出部が多い過激なコスチュームなんですけども、やはりその格好で行為をするってのが、よりいやらしさを感じさせますね。


挿絵


挿絵は「Maruto!」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫「すうぃーとオフィス 誘惑の社長室」などの挿絵も手がけていますね。

特徴的な絵柄ですので、見覚えある人も多いのではないですかね?
私も、以前どこかで見た記憶がありましたが、お名前を知らなかった(汗)

可愛らしく、嫌悪感は控え目な絵柄が良いですね。
それでもしっかり触手などの描写もされており、丁度いい塩梅に仕上がっているかと思います。

敵のエレンのデザインも含めて、可愛らしさが残るために、そこまで生々しさや重さ、ハードさは幾分控え目に感じますね。
まぁ、触手はツルっとした質感と、それこそ肉棒に近い節ばった感じの中間な感じですかね。
いかにも表面は弾力があって、しかし芯が硬いって感じですよねぇ、これは(汗)

雑魚のミミズ兵のデザインはどんな気持ち悪さかと思いましたが、大体下半身しか描かれていないので、気持ち悪さはそんなに感じませんでしたね。
良かった、良かった(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、思ったよりもあまり凌辱っぽくない作品に感じましたね。
いや、勿論触手だったり守るべき相手の人間たちから凌辱される訳ですけども、それでも何かガツンとした物はあまり感じなかったんですよね、どこか。
それは絵柄の効果なのか、何なのかは分かりませんけども、そこまでエグさはなかったかなと。

徹底的にエグい展開を求める人には、内容に物足りなさを感じるかもしれませんね。
まぁ、その分そういう展開が苦手で軽いもので十分と考えている人には、今作は丁度いいかもしれません。
敵であるエレンが、結構甘い感じに見えたのも影響しているかな?(汗)


楽天はこちらからどうぞ
特救戦姫インビンシブルシスターズ

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
特救戦姫インビンシブルシスターズ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!? レビュー

ぷちぱら文庫 俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?



5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、両親を早くに亡くしており、現在は叔父の援助を受けて生活をしています。
そんな彼が、雷雨の夜に帰宅した時、彼の目にありえない光景が映る事に…。
それは、何と見知らぬ赤ん坊が空中に浮かんでいたから(汗)

主人公はこの見知らぬ赤ん坊を戸惑いつつも、放っておけません。
そこで、主人公は従姉で幼なじみの「山城 あかり」に相談し、最終的にはあかりを含めた女性陣で「ベイブ」を発足し、赤ん坊を育てる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

従姉で幼なじみの「山城 あかり」(やましろ)
転校生の「芳野 蛍」(よしの ほたる)
友人の「美作 日向」(みまさか ひなた)
教師の「志摩 千陽」(しま ちはる)
研究者の「筑紫 優月」(つくし ゆづき)がいます。

あかりは、主人公の従姉で幼なじみの存在です。
大企業のモバイル制作会社の令嬢でもあります。
山城の名を汚すまいと、彼女自身も生徒会長として活動するなど、真面目で努力家な性格です。
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

蛍は、最近転校してきた転校生です。
有名な占い師を母親に持っており、彼女自身も意味深な発言などをする事も。
ミステリアスな雰囲気を持っています。
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

日向は、主人公やあかりの友人であり、クラスメートです。
ゆるいマイペースな性格をしていますが、興味のある事には真面目な面があります。
メイド好きなオタクでもあります。
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

千陽は、主人公たちの担任教師です。
かなりの面倒くさがりな面がありますが、ちゃんと筋を通す所は通す面も。
未婚である事をネガティブに感じています。
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

優月は、あかりの親が経営するモバイル制作会社の開発研究所の所長です。
見た目は幼い少女であり、所長らしい威厳はありません(汗)
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

ストーリー展開


展開的には、主人公の前に突如見知らぬ赤ん坊が現れる事になる流れですね。
…どういう事なの?(汗)

とは言え、赤ん坊を放っておく訳にはいきません。
しかし、赤ん坊の世話など経験ない主人公は、あかりに助けを求める事に。
まぁ、正確には彼女に赤ん坊の事を知られてしまったんですが(汗)
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

ミルクの作り方ひとつとっても、四苦八苦なふたりだったのですが、日向にそれを話した事で、大きく状況は動く事になります。

それが、日向が命名した「ベイブ」の始まりだったのです。
ちなみにベイブとは、ベイビー育てる部活の略でベイブという安直な物でしたが(汗)
何故か部活として、赤ん坊を育てる事になった訳ですが、その後転校生の蛍などの協力を得ていく事になります。


しかし、この赤ん坊、勝手に名前が付けられて「みくる」と呼ばれる様になる訳ですが、謎の多い存在なんですよね。
登場時の浮いてたってのも、勿論そうですが、何故か周りの人間には「見知らぬ赤ん坊」ではないんですね。
何故か主人公の妹という認識なんですね、他の人間には。

そんなみくるとの生活も周りの協力を得て、少しづつ様になっていく中、またも事態は大きく動く事に…。

ここでの詳細は、あまり書きませんが、ざっくり言うと、あかりの父親に代わって、社長になります(汗)
んで、ヒロインたち5人と結婚します(大汗)

正直、この辺りの展開はかなり強引さのある流れでしたねぇ(汗)
まぁ、こうでもしないと一夫多妻って設定を作り出せないので、仕方ないんでしょうけどね。

実は、この辺りまで説明がなかったんですけども、どうもこの世界は少子化対策があるみたいなんですね。
それも一定の所得がある男性は、所得に応じた人数の妻を娶る事が義務づけられているそうです(汗)
…これ、結構とんでもない政策ですよね(汗)

で、この場合の主人公が5人の妻が必要という訳なのです。
こうして、ベイブのメンバーに所長の優月を含めた女性陣と結婚する事になります(汗)
結婚を決めるまでの葛藤などはほぼ皆無なのは、あっさりしているのは否めませんね。

ずっと好意を寄せてたあかりなどはまだ分かるんだけども、知り合って間もないメンバーまでもあっさり承諾なので、そんなに簡単に決めちゃっていいの?って思ってしまいましたが(汗)
殆ど葛藤もない(困惑する程度はありましたが)ので、ノリで結婚を決めたと思われても仕方ないレベルなのは…。

まぁ、結婚がストーリーのゴールではないですし、一夫多妻って要素もそういうノリに繋がってしまったのかもしれませんね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰やフェラくらいでしょうか。
バリエーションとしては、あまり豊富とは言えませんが、そこら辺はヒロイン数の数でカバーですかね。
個々にあまりページを使えないためか、若干行為があっさりな気もしないではないですけどね。

個人的に意外だったのは、全員一緒の展開がなかった事ですね。
てっきりラスト辺りに、全員とのハーレム的な展開があるとばかり思ってたのですが(汗)
そのため、一度に参加する人数は3人が最大ですね。

まぁ、あまりにも大人数だと訳が分からないので、この位が丁度いいとは思いますので、私としては問題はないですね。
Hシーンも過激さよりも、可愛らしさが強いので、より一層イチャラブ感を味わえますね。

俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!? 俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しているので、問題ないクオリティーですね。
原画担当は「ぱん」さん、「成沢空」さんです。

甘い雰囲気の強い作品ってのもありますが、全員可愛らしいですねぇ。
個人的には、教師である千陽が全く教師っぽくないというか、見た目が同級生ってあっても納得しそうな見た目でしたね(汗)

しかし、何と言っても赤ん坊のみくるですね、見所?は。
可愛らしい笑顔には、癒されますね♪
成長した姿も、これまた可愛らしいですなぁ。
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

挿絵数:38枚

総評


全体的には、5人のヒロインとイチャイチャする話でした、当然か(汗)
なんですけども、メインとなるヒロインはこのノベルでは、基本なかったかな?

結婚のきっかけになる、あかりは分かるとして、ノベルでは日向、優月辺りの存在感が割りとある感じですかね?
途中のストーリーでは日向を中心とした展開があったり、ラストの展開では優月が目立っていましたね。
残念ながら、他のヒロインは存在感がやや薄めでしたね(汗)

印象としては、優月が美味しかったなって感じでしたね、ラストの展開を見ると(汗)
私は原作版をしていませんが、ここのシーンは優月のエンディングがベースなんですかね? ここの挿絵を見るに。
未プレイなので、的外れな事言っているかもしれませんけども(汗)

突然、赤ん坊が現れるみたいなぶっ飛んだ展開で始まるものの、何ともフワッとしたノリでシリアスすぎず、緩すぎずって感じですかねぇ。
まぁ、作中のキャラたちは真剣なのかもしれませんけどもね(汗)
どこかまったりした雰囲気、ノリが好みならば、楽しめるのではないでしょうか。


楽天はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 099【1000円以上送料無料】俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ち...

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。 レビュー

ぷちぱら文庫 お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。


5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、駆け出しの脚本家として日夜脚本を書き続けています。
それもこれも、彼には叶えたい夢があるから…。
それは、妹の「明日奈」(あすな)に自分が書いた脚本を演じてもらうという約束をしていたから。
主人公、明日奈共にその夢に向かって、努力を重ねるふたりでしたが、ふたりの前に良からぬ影が…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

義理の妹の「柏原 明日奈」(かしわばら あすな)
義理の母の「柏原 奈々子」(かしわばら ななこ)
幼なじみの「琴平 歌穂」(ことひら かほ)がいます。

明日奈は、主人公の義理の妹です。
主人公との夢を叶えるために、劇団員として努力しています。
芸能事務所にも所属していますが、事務所の力が弱く、彼女が望む様な仕事は殆ど入っていません。
お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

奈々子は、主人公の義理の母親であり、明日奈の母親です。
ホスピスに勤務している看護師でもあります。
母性的な性格であり、包容力が強いです。
お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

歌穂は、主人公の幼なじみです。
彼女も明日奈同様に役者を志しており、同じ劇団に所属しています。
サバサバした姉御肌的な性格ですが、内心は女の子らしい繊細な面も。
主人公に密かな想いを抱いています。
お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

ストーリー展開


展開的には、主人公は明日奈との夢を叶えるために努力をしていますが、そこに不穏な存在が…という流れですね。

前述した様に、主人公と明日奈はかつて約束した夢があり、それが主人公の書いた脚本を明日奈が演じるというものだった訳ですね。
それから時間は経過したものの、お互いその夢を忘れる事無く、ふたりは努力をし続けている現状となります。

主人公は、駆け出しながらも新人脚本賞などを獲得しているなど、そのスタートは上々と言える状況ではあります。
しかし、明日奈に関しては、若干うまくいっていない節があるんですね。

それは、事務所の力が弱いゆえに、明日奈が望む様な役者仕事が入ってくる気配がない事なんですね。
入って来るのは、モデルなどの仕事ばかり。
これも明日奈の容姿が魅力的だからこそ入ってくるんでしょうけども、本意ではない仕事に不満の色が覗いている所があります。

まぁ、冷静に考えれば、選り好みできる様な立場でも何でもない訳ですけども、彼女としても早く役者としてやっていきたいって焦りはあるでしょうしねぇ。

そんな中、彼らに大きな影響をもたらす事になる出来事が…。
それは、明日奈たちの劇団の講師が都合により辞めてしまい、その後に講師として来るのが「毒島禄朗」(ぶすじまろくろう)という映画監督だったんですね。

この毒島、名前も凄いが経歴、実績共に群を抜いている存在なのです。
しかし…、一方でとにかくえげつない描写の作品を描く事でも知られ、評価は真っ二つな監督でもあります。
更に、スキャンダルには事欠かず、主演女優とのトラブルはかなりある程の監督でもあるんですね。

ふたりとも、毒島にはあまり好印象を持たないものの、講師である以上、彼の指示は絶対なのがつらい所ですが…。

そんな中、明日奈は毒島の監督作品の主演女優として異例の抜擢をされる事に。
監督の人間性は別として、有名監督の作品でデビューできるチャンスに明日奈のやる気は高まりますが、演技指導と称した毒島の指導はおかしな方向に…。


まぁ、ここまでで分かるでしょうが、今作はいわゆる「寝取られモノ」と呼ばれるジャンルの作品ですね(汗)
なので、その手の展開描写が苦手な人には正直おすすめしずらい作品になっていますね。
表紙絵は、あんなに可愛らしい明日奈の姿なのに…(汗)


Hシーン


Hシーンは、明日奈、歌穂の行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラなどがあります。

正直行為のバリエーションとしては、大してなかったですね。
まぁ、寝取られのシチュエーションを楽しめれば問題ないかな。
お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。 お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

寝取られモノな作品な訳ですけども、基本的に力付くで押さえつけてみたいな凌辱はないですね。
あくまでも、じっくりと追い込んでいって、ヒロイン側からそれを望む様に誘導していくというスタイルが基本ですね。
なので、泣きわめくヒロインを暴力で押さえつけて無理やり…って展開はないので、そういうのが苦手な人には少し安心ですかね?(汗)

その辺り、毒島は意外に策士ですな(汗)

残念だったのは、もうひとりのヒロインである歌穂の行為が殆どなかったのは
ストーリーの扱いなども、明日奈を煽る役というか、かなり可哀想な扱いになっております(汗)
原作では、彼女メインな話もあるのかな?

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用していますので、問題なく物語に入り込めるでしょう。
原画は「ティータ.J」さんが手がけています。

また可愛らしい絵柄なんですよねぇ、これが困った事に…。
それだけにそんな愛らしいヒロインたちが、あんな事に…(汗)
醜い毒島との対比も、そのギャップがあって、見所とも言えますね。

やはり、ブ男と美少女の組み合わせってのは、中々犯罪臭がありますな(汗)
実際、犯罪に近い事しているし(汗)

幸いな?事に、明日奈の目が虚ろなものになる事はなかったです(汗)
別のヒロインが一部、そういった表情がありましたけどね。

挿絵数:23枚

総評


全体的には、寝取られモノらしい王道展開が楽しめましたね。

個人的に良かったのは、ヒロインたちを罠にはめて、そのショックの隙間を狙っていくやり口ですね。
単純に、前述した様に力押しで凌辱という訳ではなくて、じっくり絡め手で対象を揺さぶって付け込む流れは、読み応えがありましたね。
罠っても、結構単純なものだったりするんですけども、それが効果的ってのがリアルでもありますね。

この手の作品の醍醐味ってそういう所だと思うだけに、そこら辺をしっかり描いているってのは良かったかと。

しかし、勿体ないかなと思ったのは、主人公側の描写が弱い事でしょうか。
殆どが妹視点の描写が続くので、主人公の存在が薄いんですね。
なので、最後まで存在感がないので、こちら側の反応、リアクションがないのが物足りないかな。

ある意味、オチじゃないですか? こういう作品の真実を知った(男)主人公の反応って。
でも、この作品ではそこまで行っていないんですね、決定的な確信を得ている状態でもないですし。
怪しんでいる止まり程度なので、真実を知っている訳ではないのが影響しているかな。

なので、読後感がすっきりしないってか、モヤっとする印象はありますね。
とは言え、多少の切なさはありますけどね、ラストの雰囲気は何とも言えない。
主人公を叩き落す様な強烈なオチを期待していなければ、それなりに楽しめるかと思います。



楽天はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 103【1000円以上送料無料】お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。/雑...

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

Harvest novels CONCERTO.  レビュー

Harvest novels CONCERTO.


PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、天才的なボイストレーナー兼作詞家として、音楽業界で名を馳せている存在です。
そんな彼は、現在彼の元で歌手デビューを目指すレッスン生を相手に指導をしています。
しかし、その指導方法は一般のそれとは全く違う物だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

レッスン生の「三石 みんと」(みついし)
レッスン生の「大泉 いちご」(おおいずみ)
作曲担当の「宮沢 桜」(みやざわ さくら)
社長令嬢の「鵜飼 椿」(うかい つばき)
謎の少女の「鳥居 あんず」(とりい)がいます。

みんとは、主人公のレッスンを受ける事になるレッスン生です。
実は、ある出来事がきっかけとなり、主人公の元で過ごす事に。
過去の記憶がないですが、大人しく温厚で優しい性格をしています。

いちごは、主人公のレッスンを受けるレッスン生です。
歌手になるのが夢であり、主人公に対して好意を抱いてもいます。
明るく元気な性格の持ち主であり、実年齢よりも見た目、性格共に幼さを感じさせます。

桜は、主人公の曲作りで作曲を担当する事もある作曲家です。
主人公とは学生時代の同級生であり、主人公も頼りにしています。
物静かな性格で控え目な所があります。
*(キャラ紹介ページでは、「さくら」記述ですが、作中では「桜」だったので、ここでは桜としています)

椿は、財閥のお嬢様であり、現在は父親のレコード会社の部長です。
主人公たちとは学生時代の先輩に当たります。
生い立ちゆえか、プライドが高く、高圧的な発言などが目立ちます。

あんずは、謎の少女です。
ある目的のために、主人公の屋敷に転がり込んできます。
容姿は悪くないのですが、豪快な性格や食欲旺盛な所、恥じらいの薄さなどであまり女性の魅力は薄れています(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公が自ら選んだレッスン生を相手に、普通では行わない様な「指導」を行う事になる流れですね。

まぁ、この手の作品な訳ですから…、それが何を示すのかと言うのは、大体予想が付くとは思いますけども(汗)
当然、Hな行為ですよねぇ♪

そう、主人公の行う特別レッスンとは、主人公曰く…
性の営みと歌の融合、つまりは性行為の快楽によって、真の声を引き出すもの、だそうです(汗)

何とも嘘くさい言い分ですが、実際にこれまで彼が手がけていた歌手たちは、華々しい成果を収めているだけに、効果はあるんですね。

そんな訳で、主人公はレッスン生を相手に指導を行い、彼女たちの声を引き出そうとする事になります。


これだけだと、割とレッスンする的な設定作品だとそんなに珍しくないんですが、今作では他の要素も含んでいるために、単純に指導していくだけのものとは若干雰囲気が違うのも特徴ですね。

それは、みんとの存在です。
キャラ紹介でも記憶喪失とありますが、そのせいかかなりの謎があるんですね。
そもそも主人公との出会いも、詳細は避けますが、普通の出会いではなかったですしね(汗)
そんな彼女が何故に、レッスン生なのかは、主人公が彼女の声に目を付けての行動によるものです。

謎だらけの彼女にまで、Hなレッスンを施そうとするのだから、主人公も大概ですね(汗)

そのため、通常のレッスンの他に彼女を取り巻く謎という大きくふたつの要素を含んでいるので、何ともどこか浮世離れというか、ファンタジーな印象もありますね。

Hシーン


Hシーンは、みんと、いちご、椿、桜、あんずの行為があります。
ですが、純粋に主人公との行為があるのは、みんと、いちご、桜の3人ですね。
他のヒロインに関しては、主人公以外が相手であったり、過去の行為描写などの場合となっています。

行為的には、フェラや自慰などがあります。
他の要素では、コスプレ要素やシチュエーションプレイなども若干ありますね。

主人公は、こんなレッスンをするくらいなので、ちょっと普通の人の感覚のそれとは異なっています。
いわゆる天才肌な性格というか(汗)
今までのレッスン生とも同様の行為をしている訳ですけども、あくまでも指導の一環であり、他意はないんですけどね。
一応、歌など仕事に関するものには、真面目ではあるんですよ、念のため(汗)

やはりみんと、いちごのふたりがメイン所ですかね、ストーリー的にも。
それ以外のヒロインは、おまけに近いですね(汗)
ストーリー途中までは、レッスンなどでの行為で、終盤はようやくプライベートな純粋な感情によるものになっています。

挿絵


挿絵は、ハーヴェストノベルズ特有の原作版の画像ではないものの、ペン画にトーン処理が施されたものですね。
このクオリティーの高さは凄いですねぇ、毎回思うけども。
なので、違和感を感じる事はないんじゃないでしょうか。

もっとも作品が古いので、違和感以前にあまり原作版を覚えていないかもしれませんけどもね(汗)

挿絵数:21枚

総評


全体的には、中盤辺りまではレッスンを軸にしつつも、徐々にみんととの謎など、彼女の存在を中心とした展開になっていきますね。

そのため、当然彼女がメインヒロインな訳で、他のヒロインは存在が控え目になってしまうのは仕方ないのでしょうが、勿体ない気もしますね。

個人的には、あんずは裸でも色気を殆ど感じさせないという別の意味でキャラの立っている存在だっただけに、もう少し彼女の話見たかったかな(汗)

ってか、この作品って個別のルートがあるのかも良く分かりませんが(汗)

特に終盤近くは、ファンタジー要素が色濃くなりますね。
純粋なレッスン物として、ヒロインを指導していく様なノリを期待している人には、余計な要素かもしれませんね(汗)


ちなみに、このメーカー調べてみたら、以前当ブログでもレビュー済の「New メイドさんの学校」も、ここの作品だったとは(汗)
でも、この2本だけなのかな…、メーカーも今は存在もしていないみたいですし(汗)

今作の巻末では、珍しくってか他では記憶がないんですが、原作版?(アニメ版?)の声優陣の座談会が収録されているのも特徴ですね。
写真ありで、制作などの話が見れるのは興味深いですねぇ。
その他には、プロデューサーや原画家などの座談会も写真付きで見る事ができます。

…今後の事を語っているのが、何とも今見ると切ないというか(汗)


原作PC版
CONCERTO. 初回限定版
CONCERTO. 初回限定版
posted with amazlet at 13.05.11
サッキュバス


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

Paradigm novels Coming×Humming レビュー

Paradigm novels Coming×Humming

Coming×Humming!! (PARADIGM NOVELS 389)
島津出水
パラダイム
売り上げランキング: 522,937

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、これといって特徴のない普通の学生です。
そんな彼ですが、ある出来事をきっかけにして、町一番の祭りである「吉乃祭」の準備会に強制参加する羽目に…。
その過程で、主人公はクラス委員長でもある「思川 優月」(おもかわ ゆづき)と親しくなっていく事になります。
しかし、彼女にはある秘密があり、優月にそれを打ち明けられた主人公は、優月に振り回されてしまうという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

クラス委員長の「思川 優月」(おもかわ ゆづき)
転校生の「芝山 美海」(しばやま みう)
幼なじみの「高遠 鈴香」(たかとお すずか)
幼なじみの「南殿 綾音」(なでん あやね)
美海の妹の「芝山 ひなた
担任の「笹部 しおり」(ささべ)などがいます。

この他にも、原作版には女性キャラはいますが、省略と(汗)

優月は、主人公のクラスの委員長です。
天吉神社の一人娘でもあります。
基本的に大人しい性格ですが、頑張り屋でもあります。
ある秘密が…。
Coming×Humming

美海は、主人公の学園に転校してきた転校生です。
その美少女なルックスや態度から、クラスどころか学園の人気者になります。
Coming×Humming

鈴香は、主人公が下宿している「高遠旅館」の娘です。
主人公とは幼なじみの関係です。
寡黙であまりしゃべらず、人付き合いは苦手でもあります。
Coming×Humming

綾音は、学園の生徒会長です。
主人公、鈴香とは幼なじみの関係でもあります。
姉の様な存在であり、主人公は頭が上がらないです。
Coming×Humming

ひなたは、美海の妹で、骨董屋で働いています。
元気いっぱいな性格で、ちょっと天然系な所も。
主人公を気に入ったのか、「おにーちゃん」と慕ってきます。
Coming×Humming

しおりは、主人公のクラスの担任です。
教師になったばかりの新人教師であり、ドジな所があり、生徒たちをヒヤヒヤさせています(汗)
吉乃祭準備委員会の顧問でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がある出来事をきっかけにして、町一番の祭りである「吉乃祭」の準備会に強制参加する羽目になる流れですね。

ある出来事ってのは、こういう作品ではお約束な感じですな(汗)
その後に、生徒会長である綾音の権限で、吉乃祭の準備に参加させられる事になります。
その過程で、それ程親しい存在ではなかった、優月とも親しくなっていき、彼女が天吉神社の娘である事が分かったりしますね。

町を挙げて執り行われる、春の豊稔祭が吉乃祭。
人々が酒や去年の収穫物を持ち寄り、冬の役目を終え山に還る「天伎姫」(あまのぎひめ)を労い、春よりこの地に鎮まる「吉乃姫」(よしのひめ)を歓待する豊穣祈願の祭りです。

今回は、吉野姫に扮する吉野形に優月が選ばれる事になり、主人公はもう一方の天伎姫扮する天伎形になる女性を捜す羽目になり、美羽を結果的に勧誘する事になります。
賑やかな面々と祭りの準備を行う主人公でしたが、そんな中、気になる事が。

それは、優月の事です。
彼女は普段はおっとりした感じなのですが、たまに彼女の様子が違う事があるんですね。
後に、主人公は優月の口から驚くべき秘密を明かされる事になります。

こうして、主人公は優月の秘密を唯一知る存在として、更に親密になり、彼女をフォローしていく展開ですね。


Hシーン


Hシーンでは、優月との行為が描かれています。

行為的には、フェラがあります。
やはり純愛系な作品なせいか、殆ど行為はなかったですね(汗)
そもそも、優月との行為を行うまでが長かったので、どうしても物足りなさは感じますねぇ。
Coming×Humming

まぁ、私は、この手の作品にはあまりHシーンに過度の期待はしていないので、こんなものかなとは思っていますが(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使っていますので、クオリティーは問題ないと思います。

原画担当には「有末つかさ」さん、「ほんたにかなえ」さん、「小桜りょう」さん、「せせなやう」さんが関わっているそうです。
有末つかささんは、美少女文庫の挿絵でもお馴染みですね。

Coming×Humming Coming×Humming

挿絵数:18枚

総評


全体的には、Hシーンこそ物足りなさはありましたが、ストーリーは丁寧に描かれている印象でしょうか。
まぁ、この手のノベルにお約束な、話が進んでいってメインヒロインに焦点があっていくと、他のヒロインたちが全く存在感がなくなってしまうのは健在でしたね(汗)

仕方ないのは分かりますけども、序盤の吉乃祭の準備会でのキャラが入り乱れてのドタバタな賑やかさが鳴りを潜めてしまい、ちょっと寂しい気持ちもありましたね。
登場シーンや台詞ひとつすらないからなぁ、完全に優月メインになると(汗)

個人的には、ラストの展開が悪い訳ではないんですけども、何かフワッとした感じで終わった気がしましたね。
どことなく端折ったかの様に早い印象で、余韻があまり感じなかったので、終わった感じが薄いのかな。
まぁ、これはあくまでも私の体感ですので、参考程度に(汗)

今作は、優月のストーリーだった訳ですけども、他のヒロインだとまたどうなるのか、気になりましたね。
個人的には、鈴香とのストーリーも気になるけども、優月みたいな感じにはならないで、本当に普通の学園ものみたいになるのかな?


楽天はこちらからどうぞ
Coming×Humming!!

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
Coming×Humming!!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 女医とナースと僕 童貞蜜液検査 レビュー

リアルドリーム文庫 女医とナースと僕 童貞蜜液検査

女医とナースと僕 童貞蜜液検査 (リアルドリーム文庫 22)
高村マルス
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 296,469

主人公は、高校二年の学生です。
そんな彼は、以前行われた校内検診の検査、病院で精密検査をする必要があると知らされる事に。
心当たりのない彼が向かった病院で待っていたのは、何やら企んでいる女医とナース?という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

女医の「藁科 志摩子」(わらしな しまこ)
ナースの「野川 沙貴」(のがわ さき)
女子医学生の「根本 優子」(ねもと ゆうこ)
女子医学生の「佐々木 万里」(ささき まり)がいます。

志摩子は、大学付属病院に勤務する泌尿器科の女医です。
知的な美女であり、性に関しても奔放な面があります。

沙貴は、同病院のナースです。
志摩子の補佐をしています。
きつめの眼差しが印象的であり、黒縁眼鏡をかけています。

優子は、女子医学生です。
巨乳が印象的であり、積極的で行動派な面があります。

万里も、女子医学生です。
積極的な優子に比べると、無口で物静かな面があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公は病院に精密検査をするために来たものの、そこで対応する女医たちは少し様子がおかしいという流れですね。

そもそも、主人公が何故精密検査を受けにくる事になったのかと言うと、学校での尿検査で陽性反応が出たためなんですね。
そこで主人公は病院の泌尿器科を訪ねる事になったと。

そして、女医である志摩子の語った内容は、主人公には予想外なものだったのです。
彼女曰く、淋菌の陽性反応が尿から出ていると言われる事に…。
ですが、主人公は女性経験も風俗も行っていないので、心当たりがありません。

そう語る主人公の反応など気にする訳でもなく、志摩子とその補佐であるナースの沙貴たちは主人公の診察を行う事に…。
しかし、どうにも様子がおかしいんですね、彼女たちの。
聴診器を胸に当てる際も、わざと主人公の乳首を狙って擦る様な真似をしたと思えば、全裸にさせた主人公に検尿をするという名目で、肉棒の至る箇所を消毒液を含ませた綿で念入りに拭かれ、彼女たちの前で検尿カップに放尿させられてしまう始末(汗)

どんな辱めって話ですよね、トイレで検尿とかじゃなくて、その場でって(汗)


その後、解放された主人公は帰宅の途につくのですが…、主人公がいない診察室内では淫靡な笑みを浮かべる女性陣の姿が…。
こうして、主人公は女性陣に振り回される事になる流れですね。


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、尻コキなどがあります。
他の要素では、前立腺責めやアナル責めなども。

主人公は、美少年って事なんですけども、それ以上にどこか少女的な要素も内面に含んでいるんですね。
自身の身体の体毛を剃ってたり、ピチピチのパンツやローライズのショートパンツを穿いたりするのが好きだったりと、少し一般的な男子とは異なる感覚を持っている節がありますね。
でも、別にオカマと言う訳ではないですけども、Mっ気もあったりと嗜虐心を刺激するタイプですね。
喘いだり、ちょっとした台詞に女性っぽさが垣間見えますね。

まぁ、そういう素質があるんでしょうねぇ、彼は(汗)

そのせいか、女医の志摩子を始めとして、ひたすら女性陣から弄られたりする様な行為が多いのが特徴ですね。
なので、受け身の主人公でMっ気がある様なのが好みではない人には、あまり楽しめないかもしれません。

女医など医療関係者であるゆえに、そういった分野の要素などがあるのも特徴ですねぇ。
でも、尿道にカテーテルや綿棒を挿入とかは、股間が読んでて痛くなりそうで個人的に苦手です(汗)

志摩子も結構なSっ気がありましたねぇ。
「精液採取していただいてありがとうございました」とかの台詞を主人公に強要したりとか、良い性格してますな(汗)

基本的に、女性陣に好き勝手されてしまう主人公ですが、終盤では少しだけですが、責める要素も一応ありますね。
まぁ、あくまでも一応なので、過度の期待は禁物ですが(汗)


挿絵


挿絵は「旅人和弘」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、「誘惑調教ひとりじめ 義母の秘密メニュー」、「媚肉嬲り」、「媚肉弄り」などでもお馴染みですね。

相変わらずのむっちりとした肉感的な絵柄は印象に残りますね。
まぁ、相変わらずって、この作品はちょっと前の物なんですけども(汗)

でも、この絵柄が特徴なので、一目で旅人和弘さんの絵だとすぐ分かりますね。

この人の絵柄は、そこまできつい感じがしないので、今作での行為のエグさが良い意味で軽減されているかと思います。
まぁ、そんなに挿絵がないので、軽減は控え目となってしまいますが(汗)

全ヒロイン、年上の女性な訳ですが、そんなヒロインたちを可愛らしくも色っぽく描いていますね。
沙貴は文章の説明だと結構きつい感じの印象でしたが、挿絵で見るとそうでもなかったかな?

ちなみに、主人公の顔は全くないんですが、どんな顔立ちをしているのか、ちょっと気にはなりましたね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、主人公がひたすら女医たちに責められまくる内容でしたね(汗)
正直、何故そんな事になったのかは、一応動機は描かれていますが、主人公には一切明かされていないままで終わりますし、それ以上の説明はあまりなかったですね。
なので、展開的にもそんなに変化はなく、責められてしまうのを状況こそ変わるものの、やる事は変わりませんね。

そういった作品なので責められる側が好みでないと、すべてを堪能するのは難しいかもしれませんね。
まぁ、私はそこまでM展開は好みではないんですが、独特のいやらしさは感じられましたし、それなりに興奮もできましたけどね。

個人的には、医学生のふたりはそこまで機能してなかったので、彼女たちを省いても良かったかなとは思いましたね。
その分、志摩子らとのエピソードなどを入れるなどしても良かったかなと。

個人的には、ちょっと合わなかったかなぁ(汗)
ここまで不条理に責められる、一方的な展開はあまり好みではなかったですね。
好きな人には申し訳ないですけども、好みの問題ですから、うん(汗)

女医とナースと僕 童貞蜜液検査 女医とナースと僕 童貞蜜液検査

楽天はこちらからどうぞ
女医とナースと僕 童貞蜜液検査

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
女医とナースと僕 童貞蜜液検査

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

Paradigm novels 今宵も召しませAlicetale レビュー

Paradigm novels 今宵も召しませAlicetale

今宵も召しませ▼アリステイル (Paradigm novels (172))
岡田 留奈
パラダイム
売り上げランキング: 981,356

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、一人暮らししている普通の大学生です。
そんな彼の元に、海外へ単身赴任している親から怪しげな荷物が届く事に。
主人公が首をかしげながらトランクを開いてみると、何と、その中で小さな少女が眠っていたのです(汗)
目覚めた少女は、自身を「アリス」と名乗り、主人公は彼女と共同生活をする事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
アリステル=レスデル」(通称:アリス)
沖野 未育」(おきの みいく)
水無瀬 綾乃」(みなせ あやの)
汐月 夜」(ゆうづき よる)
ハルモニ」がいます。

アリスは、主人公の所にやって来た少女です。
実は人間ではなく吸血鬼です。
普段から主人公の事を「お兄様」と呼んで慕ってきますが、気が強く、少し生意気な所があります。
今宵も召しませAlicetale

未育は、主人公の住むマンションの大家の娘です。
活発な性格と好奇心旺盛な所がありますが、ちょっと甘えん坊な面も。

綾乃は、主人公の住むマンションの住人のひとりで、主人公の隣人でもあります。
寡黙で大人しい性格で、主人公も殆ど会話をしていません。

夜は、主人公のかつての中学、高校で一緒だったクラスメートです。
成績優秀であり、主人公もかつて勉強を教えてもらってた事があります。

ハルモニは、謎の少女です。
詳細は、謎って事で(汗)


ストーリー展開


展開的には、主人公の元にアリスが荷物として送られてきて、一緒に生活する事になってしまう流れですね。

当然、見知らぬ少女がやって来た事に主人公も困惑する訳ですが、情けない事に初対面の彼女にすっかり場の主導権を握られてしまい、渋々了承する事になってしまいます(汗)

そもそも何故にアリスがやって来たのかと言うと、主人公の母親から主人公に面倒を見てもらえという事だったんですね。
そして、更に彼女が吸血鬼というぶっ飛んだ事のオンパレードともなれば、困惑しても仕方ないですな(汗)

実際に、主人公も空腹を訴えたアリスに血を吸われてしまうので、これは紛れもない事実な訳です。
まぁ、別に吸血鬼になるとかではないですが、やはり血を吸われるのは良い気持ちはしない訳で、何とか方法はないかと悩む事に。
一応、普通の食事でも足しにはなるんですが、大量の食糧を必要とするし、あくまでもメインの食事ではなく、おやつみたいな扱いなので、却下となります。
食費がとんでもない事になりますしね(汗)

そこで吸血鬼ものでお約束?なのが、体液である精液でもOKという事になり、これからは毎日精液を摂取する事になる訳ですね。
血液よりはマシですけどね(汗)

こうして、何とかアリスとの共同生活にも慣れてきた主人公ですが、主人公の周りで何やら動きが…。

Hシーン


Hシーンは、アリス、未育、夜、ハルモニとの行為が描かれています。
夜に関しては、フェラシーンが少しだけある程度で、綾乃は裸は見れるものの、端折られた様で行為の描写はありませんでしたね(汗)

行為的には、フェラ、足コキ、パイズリなどがあります。

吸血鬼で吸精って事もあり、フェラというか精飲の描写が少し多めかな?
でも、意外な事に主人公がマニアックな嗜好があるので、そっち方面の要素もありますね。
それは、メガネやニーソックスが好きな事(汗)

アリスもニーソックス着用している事もあり、堪能していますね。
その状態での足コキは分かるんですが、さすがにニーソックスを引っ張って肌にパチンとゴムが当たる音に興奮する主人公はちょっと理解できませんな(汗)
…奥が深いなぁ(汗)

メガネをアリスにかけさせてのフェラで放たれた精液がメガネのレンズにかかるなどのマニアックなシーンも見所ですね。
メガネをかけるだけで、一気にアリスが知的に見える…!(汗)
今宵も召しませAlicetale 今宵も召しませAlicetale

その他にもスク水などやローションプレイといった主人公の趣味が炸裂しております(汗)  

個人的には、精液をコンドームから飲むアリスの姿に興奮する主人公に少し共感しました(汗)
直に口内に発射したりするのとはちょっと違うんですよねぇ、いやらしさが。

まともに本番があるのは、アリス、未育、ハルモニの3人ですね。
とは言え、アリス以外は1回だけなので、やはりメインはアリスですね。
今宵も召しませAlicetale

挿絵


挿絵はそのまま原作版の画像ではないですが、結構きれいな仕上がりなので、そんなにしょぼさは感じないと思います。
古い作品にありがちな白っぽさもないですし、そんなに違和感なく見れるかと。

全体的に、どのヒロインも比較的童顔というか幼さを残した印象ですね。
なので、色気ってよりも可愛さの方が強いですね。

挿絵数:18枚

総評


全体的には、吸血鬼ものですけども、結構ほのぼのとした感じでしたね。
とは言え、勿論?吸血鬼もので定番な吸血鬼同士の対立などのバトル要素も、そこまで激しくはないもののありましたね。

個人的には、あまり出番、存在感の薄かった夜、綾乃らとのエピソードも気になる所ですけども、ページの都合上仕方ないですかね。
そこら辺は原作版でって事ですね。


ちなみに、私は以前どっかでこの作品に似た作品を見た様な記憶があったんですけども、調べたらこれでした。
今夜のオカズはレンジdeまりね (PARADIGM NOVELS (321))
村上早紀
パラダイム
売り上げランキング: 1,149,234


似ているのも当然で、両方とも「赤丸」さんが原画を手掛けているそうですね。
まぁ、見比べると発売が4年程の時間が経過しているせいもあり、絵柄が少し等身が上がっている感じがしますね。
この作品もヒロインが人外だったり、ワルモニというキャラがいたりと、今作との類似点があるのも面白いですね。
機会があれば、こちらもノベル版が出ているのでレビューしたいと思います。


楽天はこちらからどうぞ
今宵も召しませ アリステイル

原作PC版
今宵も召しませ▼Alicetaleおかわり
んの
売り上げランキング: 11,640


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
今宵も召しませAlicetaleおかわり

「おかわり」の意味は、元々はCD-ROM版であった原作版にイベントグラフィック(=エッチ)やボイスを追加したDVD-ROM版が「おかわり」表記となっています。
上記のは、そのバージョンになります。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 俺の妹は中二病デレ レビュー

二次元ドリーム文庫 俺の妹は中二病デレ 吸血姫な妹に吸い尽くされちゃう!


4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には妹がいるのですが、現在は幼い頃に親戚に引き取られ、離れ離れとなっています。
それから10年…、主人公はそんな妹「穂香」(ほのか)と偶然、再会する事に。
10年の歳月を経て、穂香は美少女へと成長していたのですが、何と彼女は中二病という病を発症させていた、痛い娘へと変貌していたという展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

妹の「花院 穂香」(かいん ほのか)
花院家のメイドの「佐久川 純菜」(さくかわ じゅんな)
大企業の令嬢の「九里田 早紀」(くりた さき)がいます。

穂香は、主人公の生き別れていた妹です。
現在、大富豪である祖父の元で暮らしています。
生まれながら色素が薄く、肌や髪が日本人離れした容姿をしています。
中二病をこじらせています(汗)

純菜は、花院家のメイドです。
主人公とは同じクラスメートでもあります。
個人的に穂香に絶対的な忠誠を誓っています。

早紀は、花院家と並ぶ大企業の令嬢です。
真面目で人の嫌がる仕事も率先して行うなど、出来た娘です。
穂香をライバル視している面があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が10年ぶりに別れていた妹、穂香と出会うものの、彼女は中二病をこじらせていたという流れですね(汗)

そもそも、主人公は妹である穂香と何故離れ離れで10年も会っていなかったのかというと、事情があるんですね。
当時、主人公兄妹は両親を事故で亡くしており、主人公は伯父、穂香は祖父の元についていった経緯があります。
そして、困った事に伯父と祖父の関係はあまり良くなく、これまで接点がなかった訳なのです。

しかし、今回伯父が事故に遭い、主人公は祖父である花院の家に厄介になる事に。
ちなみに穂香とは伯父の病院で10年ぶりに遭遇する事になった訳ですね。

こうして、主人公は穂香の屋敷、もとい城で一緒に暮らす事になったのです。
そこにはメイドさんが何人もおり、純菜もその中のひとりな訳ですね。

さて、こうして妹と一緒に生活する事になった訳ですが、彼女の言動は主人公には理解に苦しむものばかり(汗)
何せ10年ぶりの再会で穂香と呼びかけた主人公に返した第一声が「わらわは、エアル・スピック・スメリア」と返された日には、どうしていいのかと思うのも無理はないですな(汗)

彼女曰く、名前は穂香ではなく、エアル・スピック・スメリア。
吸血鬼の姫であり、闇の眷属を率いる七王が一人であり、主人公は彼女の剣であり盾である騎士という事になっている様です(汗)

…もう書いてて、何か恥ずかしいぞ(汗)

しかし、問題はこれだけではなかったのです。
まぁ、これだけでも十分過ぎますが(汗)

主人公は、妹である穂香に迫られる事になるんですね。性的なアプローチを受ける、と。
勿論、妹とそんな関係になる訳にはいかない主人公は、色々言って諭そうとするものの、当然そんな事を聞きいれる訳はありませんよね(汗)
逆に、主人公の中には魔王である「アスモダイ」とやらが存在しているらしく、封印をしなければならないと力説される始末(汗)

つまり、股間の肉棒が魔王であり、封印=挿入って訳ですな。
もっとも、この時点では挿入にまでは発展せずに終わりますけどもね。

そんな妹に振り回される主人公ですが、彼の周りではメイドの純菜やお嬢様の早紀までもが絡んでくる事になる流れですね。


まぁ、話が進展すると、穂香が何故にこんな事になってしまったのかが分かる様にはなっています。
ただ単にああいう空想を口走っている訳ではないのです、念のため(汗)
でもまぁ、ここまで行き着く前にどこかで止められなかったのかは、若干疑問ですがね(汗)

Hシーン


Hシーンでは、ヒロイン全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、足コキ、素股、アナルセックスなどがあります。

序盤に魔王がどうとか、封印がとかありましたが、意外にも穂香との本番行為は終盤までありません。
序盤は、素股や足コキなどでの射精こそありましたが、それくらいなものでしたね。

終盤までの間は、主にメイドの純菜にお嬢様の早紀との行為が中心になりますね。
特に純菜は、ある意味序盤主人公と穂香の邪魔をするためにHな行為をしてくる所があるんですね。
まぁ、主人公を嫌っているってよりも、兄妹として関係を持つって事を危惧しているゆえに、自身が間に入るって感じですけども。
メイドの鏡でもありますよね。

個人的には、お嬢様の早紀が当初のイメージと違ってたのが、印象的でしたね。
いかにもな金髪縦ロールのお嬢様って外見で、高飛車な感じかと思ってたんですが、最初こそそんな感じで描かれていますが、打ち解ける様になると、一気に上品な言葉使いながら親しみやすい感じになっていき、好印象でした♪
結構尽くすタイプですねぇ、彼女は。

彼女は、ちょっとMっ気があるので行為もそっち方面を刺激する展開が多いかな。
軽い言葉責めとか。

やはりちょっと残念だったのは、メインヒロインであるはずの穂香との行為が終盤までお預けな事ですね。
勿論、途中では本番以外の行為はありましたけども、それでもちょっと他のヒロインに押されている感はありましたね、キャラはぶっ飛んでますが(汗)

終盤で、ようやく彼女との本番行為もありましたね。
他では、他のヒロインとも絡むハーレム的な状態にもなります。

挿絵


挿絵は「あここ。」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では、「デキる妹はイヤですか?」、「デキる妹はイヤですか?2」でもお馴染みですね。

この人の絵柄は、身体つきが良い具合に肉感を感じられるのが魅力的なんですよね、むっちりとしている感じで。
どのヒロインも愛らしいデザインで、全員好みです♪

中でも、印象的だったのは、純菜がパイズリしながらも、他のヒロインとの関係に嫉妬する表情がグッときました♪

後は、欲を言えば、挿絵でもっと穂香のゴスロリ衣装をしっかり見たかったですねぇ。
残念ながら、挿絵では殆どってか、全然ないに等しいんですね(汗)
表紙絵で我慢するしかないのが勿体ないですね、せっかくの衣装なのに。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、中二病って要素が独り歩きしがちですけども、それを除くと結構まとも?なお話でしたね。
ただコミカル一辺倒ではない所もあり、それがいい引き締めになっているので、バランスもいいのではないかな。
でも、ちょっとラストが物足りないというか、もう少し続きを見たかったかなと。

もう少し、この話の続きを1エピソードくらいあっても良かったかなってのは、贅沢ですかね(汗)
やはり穂香との行為が終盤だったので、それもあって、もっと絡み(行為だけではなく)が見たかったってのはありますね。

まぁ、中二病をテーマにしているので、特に序盤の魔王が云々とかのやり取りで、拒否反応が出る人もいるかもしれませんけども、そこを乗り越えれば中々楽しめるのではないかと思いますよ、うん(汗)

俺の妹は中二病デレ 吸血姫な妹に吸い尽くされちゃう! 俺の妹は中二病デレ 吸血姫な妹に吸い尽くされちゃう!

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】俺の妹は中二病デレ [ 千夜詠 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
俺の妹は中二病デレ 吸血姫な妹に吸い尽くされちゃう!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます