FC2ブログ

2013年01月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2013年01月

2013年01月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2013-01-18Harvest novels 「な行」
Harvest novels 人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち人形の館―淫夢に抱かれたメイドたち (ハーヴェストノヴェルズ)posted with amazlet at 13.01.18アトリエかぐや 招き猫 ハーヴェスト出版 Amazon.co.jp で詳細を見る*中古のみPCゲームが原作のノベライズ作品です。現在、主人公は人里離れた山奥にある「葛城家」の住み込みの使用人として働く事になります。ある夜、主人公は初めて屋根裏部屋に入り込んでしまう事に。見慣れぬ骨...

記事を読む

no-image

2013-01-15二次元ドリーム文庫 「な行」
二次元ドリーム文庫 なりきりプリンセスなりきりプリンセス (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 13.01.15神楽 陽子 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る二次元ドリーム文庫の初期の頃の作品なので、大分古いですがレビュー(汗)主人公兼ヒロインの「アリア」は、街の風俗店で働いています。そんな彼女は、ある理由もあって店の人気を集める存在でもあります。その理由とは、実は彼女はオルティッツ...

記事を読む

2013-01-13DOUMUゲームノベライズSERIES
DOUMUゲームノベライズSERIES リエゾン ~liaison~リエゾン (DOUMUゲームノベライズSERIES)表紙画像がなかったので、いつも通りパシャリと(汗)PCゲームが原作のノベライズ作品です。個人的には以前読んでお気に入りだったんですが、ちょっと手放してしまって、また買い直した作品です(汗)主人公は、凄い絵描きになりたいと画家を目指して上京し、美大に入った大学生です。しかし、そこで味わった現実の厳しさの前に主人公の...

記事を読む

2013-01-11Paradigm novels 「英題」
Paradigm novels MAID iN HEAVEN SuperSMAID iN HEAVEN SuperS (パラダイムノベルス 272)posted with amazlet at 13.01.10バリカン腱司 パラダイム 売り上げランキング: 814,650Amazon.co.jp で詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。今作は、元々2005年に「MAID iN HEAVEN」という作品が最初に発売されており、そのリニューアル作品として発売されたものです。なので、先に旧作版の方がいいかなと思ったんですが、近所...

記事を読む

no-image

2013-01-08二次元ゲームノベルズ
二次元ゲームノベルズ 真・燐月 あたたかな絆真・燐月 〜あたたかな絆〜 (二次元ドリームノベルズ 28)posted with amazlet at 13.01.08大熊狸喜 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 554,258Amazon.co.jp で詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。この作品の前に、「真・燐月 運命の絆」が発売されています、そちらのレビューは、こちらからどうぞ二次元ゲームノベルズ 真・燐月 運命の絆 レビューし...

記事を読む

2013-01-05Paradigm novels 「た行」
Paradigm novels 特別授業3特別授業3 (パラダイムノベルス 530)posted with amazlet at 13.01.05田中珠 パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る12月発売のパラダイムノベルスの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。いやぁ、久しぶりのパラダイムノベルスですねぇ(汗)巨乳ファンタジー2以来だから、3ヶ月ぶりになるのか…。もうぷちぱら文庫がメインになるのかな…、ちょっと寂しいけど...

記事を読む

2013-01-04ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 はじめてどうし2はじめてどうし2 (ぷちぱら文庫 82)posted with amazlet at 13.01.04島津出水 パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、極々平凡な男子生徒。しかし、そんな主人公ですが最近付き合い始めた彼女「柳原 藍」(やなぎはら あい)がいます。とは言え、まだ付き合いだして3ヶ月になりま...

記事を読む

2013-01-03ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 フリフレ 着信アリ エッチときどき恋。フリフレ 着信アリ――エッチときどき恋。 (ぷちぱら文庫 79)posted with amazlet at 13.01.03緒莉 パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。今作のノベル版は、原作で発売している1作目と2作目をまとめた物になっています。なので、前半の第一部が「フリフレ」、後半の第...

記事を読む

Harvest novels 人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち レビュー

Harvest novels 人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち


*中古のみ

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

現在、主人公は人里離れた山奥にある「葛城家」の住み込みの使用人として働く事になります。
ある夜、主人公は初めて屋根裏部屋に入り込んでしまう事に。
見慣れぬ骨董品が多く置かれたその部屋で、彼はある物を見つけます。

それは、精巧に作られたドールハウス。
何気なくドールハウスに触れた事から、主人公は奇妙な異変に巻き込まれていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
葛城家のメイドの「湯浅 七海」(ゆあさ ななみ)
同じくメイドの「和泉 紫苑」(いずみ しおん)
同じくメイドの「槇之 マリア」(まきの)
葛城家の主人の妻の「葛城 十羽子」(かつらぎ とわこ)
葛城家の娘の「葛城 紗英香」(かつらぎ さえか)
住み込みの家庭教師の「高村 樹里」(たかむら じゅり)がいます。

七海は、葛城家のメイドです。
主人公と年齢は近いものの、メイドとしての期間はかなり長いです。
両親も使用人として、葛城家に仕えています。
明るく優しい性格の持ち主です。
人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち

紫苑も七海同様にメイドです。
最近、余所から連れてこられた経緯があります。
職務には真面目なものの、あまり表情を変える事はなく、主人公を含め、他の人間とあまり最低限しか話さない所があります。
人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち

マリアもメイドのひとりです。
紫苑とは真逆に活発で物怖じのしない性格の持ち主です。
その態度は、十羽子などにもであり、周りが冷や冷やする事も。
人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち

十羽子は、葛城家主人の後妻として嫁いでいます。
おっとりした性格をしており、冗談を真に受けたりなど、天然な所を垣間見せる事も。
人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち

紗英香は、葛城家の娘です。
厳しい性格ですが、えこひいきをしない分、周りからの評判は悪くありません。
メイドの七海とは仲が良く、姉妹の様な感じも。
人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち

樹里は、紗英香の弟の勉強を見ている住み込みの家庭教師です。
紗英香の弟は病弱であり、住み込みという形で勉強を教えています。
しかし、この館に留まっているのはそれだけが目的ではない様で…。
人形の館 淫夢に抱かれたメイドたち

この他、十羽子の義理の妹にあたる「本条弥生」というキャラクターもいますが、出番は少ないです。

ストーリー展開


展開的には、主人公がたまたま踏み入った屋根裏部屋でドールハウスを見つけた事から、異変が起こる事になる流れですね。

そもそもは、屋根裏部屋の存在など知らなかった主人公ですが、誰かに導かれるかのように迷い込んでしまい、ドールハウスを見つける事になるんですね。
そして、何気なくそれに触れる事になるのですが、その際に主人公は奇妙な感覚に襲われる事に…。

そこで主人公は、現実にはありえないであろう女性陣の裸体を見る事になるんですね。
彼女たちは過激な発言などをし、主人公を誘惑してくる事に…。
しかし、気づけばそこは自室のベッドであり、あの光景は夢か幻だったのかと困惑します。

その後、主人公は館の執事からドールハウスに関する秘密を聞く事になります。
それは持ち主の淫らな妄想を具現化するという、俄かには信じがたい話だったのです。
まぁ、執事はそれを迷信として与太話として聞いているんですが、主人公は触れた感覚もあり、もしかしたら…という思いが増す事になる訳ですね。

そして、主人公は実際にドールハウスを試してみる事で、館の人間を操れると確信する事になります。
こうして、主人公は自身の欲望のままに、館内の人間を好きにする様になっていく展開です。

またドールハウスを使った事では、主人公は一人称が「僕」から「俺」へと変化するのも印象的な要素です。
これは、主人公が常に抱いていた想いであり、その世界では「俺」として女性陣を自由に抱く事になります。

抱く相手も自由であり、主人公は日中に馬鹿にされた相手を対象に、この世界で復讐による凌辱を行ったりと、まさにこの館の絶対的な存在として振舞う訳ですね。
ドンドン回を重ねる事で、エスカレートしていくのは、行為だけではなく、主人公の精神をも激しい気性をもたらせる事にもなるんですね。
飛躍的に成長する支配欲求などの描写は、主人公のある意味人間臭い所を描いていますね。

Hシーン


Hシーンは、七海、マリア、紗英香、弥生、十羽子、樹里との行為が描かれています。
弥生まで数に入っているとは意外でした(汗)

行為的には、アナルセックス、フェラなどがあります。
結構アナル率高かったですねぇ。
他の要素では、バイブなどの小道具を使用した展開も用意されています。

でも、それ以上にこのドールハウスの力を使っての行為なので、普通のとはまた雰囲気が異なっているのが印象的ですね。

現実なんだけども、現実感の乏しい展開で行われる行為の描写は、一種異様な空気感がありますね。
ドールハウスの力を使えば、どんなシチュエーションなども行える訳ですからねぇ。
お嬢様である紗英香をメイドにして奉仕させたりなども、自由ですね♪

全体的に妖しい雰囲気での行為なので、淫靡感はかなりありますね。
逆に言うと真っ当な行為が基本ありませんけども、それ程エグイ展開描写はないので、嫌悪感などはないと思います。
やはり、そこら辺はハウスを使う人間の欲望で行われる訳ですから、どうしても強引さや強制的だったり、SM系よりになるのは仕方ない所かな。
アナルセックスなどが多いのも、そこら辺によるんでしょうね。

その他では、一部ですが主人公以外の相手からの凌辱展開もありますが、数は少ないので大丈夫かな。
しかし、冷静に考えたら、ハウスの力以外の行為は一切なかった様な(汗)

普通の状態での行為もあると、よりお互いの展開が引き立ったのではないかと思うだけにちょっと残念ですねぇ。

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく、ハーヴェストノベルズお馴染みのペン画ですね。
なので、絵柄のクオリティーは十二分あるので、特に問題はないでしょう。
毎回、綺麗な描線で描かれているので、雰囲気を壊す事なく見れるのは素晴らしいですねぇ。

総評


全体的には、ドールハウスという反則級な代物が出ており、それに振り回される人間を描いた作品でもありましたね。
作中でもこのドールハウスにまつわるきな臭い話があったりしますし、実際主人公も短期間で精神を蝕まれていますからね(汗)

後半の展開は、かなり引き込ませる流れが続き、行為は減るものの、読み応えがありました。
ラストも、これまた予想外の展開でしたね(汗)
こういうラストも久しぶりな感じがあったな、最近の作品ではあまり見ないし。


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
人形の館 ~淫夢に抱かれたメイドたち~ DL版

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
人形の館

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

二次元ドリーム文庫 なりきりプリンセス レビュー

二次元ドリーム文庫 なりきりプリンセス

なりきりプリンセス (二次元ドリーム文庫)
神楽 陽子
キルタイムコミュニケーション

二次元ドリーム文庫の初期の頃の作品なので、大分古いですがレビュー(汗)

主人公兼ヒロインの「アリア」は、街の風俗店で働いています。
そんな彼女は、ある理由もあって店の人気を集める存在でもあります。
その理由とは、実は彼女はオルティッツ公国の王女「ミシェラ=シャルルドゴール」と瓜二つの容姿をしていたのです。

そんなアリアの元に、何と王女ミシェラが訪ねて来る事に。
何と彼女は、アリアを自分の身代わりとして王女になれと迫る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、アリアとミシェラのふたりです。

アリアは、街の風俗店で働く性奴です。
そんな状況を極々当たり前の事と考えています。
性奴としての生き方しか知らないので、常識に疎い所があります。

ミシェラは、オルティッツ公国の王女です。
父親である国王に甘やかされて育てられた事もあり、かなりのワガママです。
今回も自身のワガママのために、アリアを身代わりとして仕立てようと画策する事になります。

ストーリー展開


展開的には、アリアが王女のミシェラそっくりの外見である事で、ミシェラの代わりに王女になる事になってしまう流れです。
かなりミシェラのワガママが過ぎますねぇ、理由もしょうもないし(汗)

そんな彼女のそっくりさんであるアリアが、これまた性奴であったってのは何とも皮肉と言うか…。
性奴とは、主人や客の性的な欲求を満たすための女奴隷を意味します。

この国では、昔から奴隷制度が根付いている土地なんですね。
そのため、性奴も国の制限こそあるものの、殆ど黙認状態であり、女性たちですらも、その状況を普通に受け入れている程です。
なので、この国では風俗店が大量に存在している訳ですが、その中でもアリアの存在は別格となっています。

そりゃ、この国の王女であるミシェラと瓜二つの容姿な訳ですからねぇ。
そんな彼女とHな行為が出来、更に性奴な訳ですから、彼女に命令しても何ら問題ないですし、やりたい放題ですもんね。

それに加え、アリアは性奴として出来た存在である事も大きいですね。
彼女は、物心ついた時から身寄りがなく、性奴としての生き方しか知らない訳です。
なので、性奴での常識が彼女の常識の全てとも言えるので、それを苦しいなどとは考える事はないんですね。

そんな彼女を見た目だけで王女の代わりをさせるのは、さすがにマズイので勿論出来るだけの王族としてのマナーなどを教え込む事にはなります。

そして、いざ入れ替わる事になった訳ですが、多少ボロを見せる事はあったものの、意外にうまくいく事に。
というか、むしろアリアの王女の方が周りからの評価が高くなるというまさかの展開になる辺り、よほどミシェラの態度は酷かったんだなと感じさせますなぁ(汗)

これだけならば、何も問題はないかと思われたのですが、アリアは性奴の考えで物事を考えるゆえに、その後城内をかき回す事になります(汗)
ぶっちゃけて言えば、Hの事ですね。
彼女にとって、優れた女性=上手に男を愉しませる存在であり、一国の王女であるミシェラともなれば、性奴など目ではないくらいのHであるという誤った考えを持っている訳です(汗)

なので、彼女はミシェラとして男性陣にHな行為をしなければならないと、行動を起こす事になり、騎士たちに迫るという流れになっていく訳です。

Hシーン


Hシーンは、アリア、ミシェラの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

中盤くらいまでは、ミシェラがお忍びで出かけていったので、当然アリアばかりが目立ちますね。
彼女は、性奴なのでやはりHには積極的ですので、ノリノリですね。
王女のミシェラになりきって、城内の男を誘惑する姿は普段のポヤーンとした姿とはまた違って見えます。
ミシェラの様な高貴さは少ないものの、彼女にない艶気は分がありますね。

対してミシェラは、ワガママな王女様とは言え、そこはやはり王族。
勿論、未経験なのでアリアとのギャップがありますね。
やはり、未経験ゆえに恥じらいがあるのも、普段のワガママっぷりの目立つ彼女なだけに、初々しい態度は可愛らしく感じますねぇ。

終盤では色々な事情により、乱交状態みたいになってたりもします(汗)
挿絵だけ見ると、ある意味凌辱されているかの様ですが、別にそういうしんどい状況ではないので大丈夫かと思います(汗)

やはり個人的には、ミシェラよりも最初から出番があるアリアの方が印象に残りますねぇ。
もう少し、その頃ミシェラは~みたいな視点切り替えなりが少しでも要所要所であれば、もっと彼女に対する愛着も増したのかなとは思いましたけどね。

挿絵


挿絵は「ミヤスリサ」さんが手がけています。

最近の絵柄に比べると、若干ほっそりしている様な気もするかな?
私のイメージだと、もう少しふっくらしている感じなんですよね。
でも、ヒロインの愛らしい表情は変わりませんね♪

ふたりのヒロインなんですが、そっくり設定なので、実質ひとりみたいになっているのは残念ではありますね(汗)
でも、やはり表情は似ているんですが、何となく雰囲気などでどっちがどっちか分かるかな?

総評


全体的には、男主人公ではなく、女性ヒロインが主人公という最近では珍しい作りでしたね。
最近だと二次元ドリームノベルズくらいだしなぁ(汗)

まぁ、今作は別にノベルズみたく凌辱がある訳ではないですので、ご安心を。
乱交気味な展開はありますけども、別に嫌々って感じではないですし、明るい雰囲気の作風なので、楽しめる作品だと思います。


楽天はこちらからどうぞ
なりきりプリンセス

残念な事に古い作品なんで電子書籍あるかと思ったんですが、DMMにはないんですな(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

DOUMUゲームノベライズSERIES リエゾン レビュー

DOUMUゲームノベライズSERIES リエゾン ~liaison~

リエゾン ~liaison~
リエゾン (DOUMUゲームノベライズSERIES)
表紙画像がなかったので、いつも通りパシャリと(汗)

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
個人的には以前読んでお気に入りだったんですが、ちょっと手放してしまって、また買い直した作品です(汗)

主人公は、凄い絵描きになりたいと画家を目指して上京し、美大に入った大学生です。
しかし、そこで味わった現実の厳しさの前に主人公の気持ちはあっという間に揺らぎ、打ちのめされてしまう事に…。
そんな中、主人公はたまたまかかって来た宝石店のキャッチセールスの電話を受ける事になり、断り切れずに向かった宝石店でふたりの女性と出会い、知り合う事になります。

この出会いによって、主人公のその後は大きく動き出す事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、
主人公にキャッチセールスをかけてきた宝石店店員の「響 純
同じく宝石店店員の「高峰 美奈子
主人公の幼なじみの「秋月 詩織」がいます。

純は、主人公にキャッチセールスをかけた宝石店の店員です。
店の営業成績も良く、いつも売上が一番です。
かなりはっきりとした性格の持ち主で、カッとなりやすい短気な所があります。

美奈子も、純と同じ宝石店で働く店員です。
立場的には、純の先輩にあたりますが、営業成績は純とかなり差をつけられています。
純とはかなり仲が悪く、お互い嫌味をぶつける事もしばしば。
リエゾン ~liaison~

詩織は、主人公の幼なじみです。
現在は地元でバスガイドをしています。
以前は、人前では大人しく内向的な性格でしたが、現在は明るく積極的になっています。
リエゾン ~liaison~

ストーリー展開


展開的には、挫折した主人公が純からのキャッチセールスを受けた事をきっかけに、ふたりの女性陣と関わる事になる流れですね。

主人公は、地元では誰もが絵の上手さを褒めてくれる程の腕前だったんですね。
それで意気揚々と上京し、美大に入った訳ですが、現実は厳しかった訳です。

まぁ、そこら中から上手い人らが集まってくる訳ですからねぇ、自分のレベルを思い知らされた結果となったんですね(汗)
教授からも冷たい言葉ばかりを浴びせられてしまい、主人公の気持ちはすっかり折れてしまう事に…。

そんなタイミングにかかって来たのが、純からのキャッチセールスの電話だったんですね。
美大生にそんな宝石なんて買う余裕がある訳ではないのですが、彼女の熱心な勧誘を断り切れずに、宝石店に向かう事になります。
そこで純と美奈子と知り合う事になるんですが、当然お金はないので、勧誘は不成立ですな(汗)

これで本来ならば、学生である主人公と社会人のふたりの女性陣との縁は切れるはずな訳ですが、話は思わぬ方向に。
美奈子が主人公に興味があるからちょっかいかけようかなと言い出す事になるんですね。
まぁ、これはこの時点では本心からというよりも、純への挑発、対抗心的なもので言ったっぽいですけども。

しかし、純は意外にも主人公には比較的印象が良かったみたいですね。
彼女も最近出会いがなかったり、可愛い年下との恋なんていいのかなみたいな事を考えてた事もあり、ちょっと意識する事になるんですね。
なので、彼女からデートに誘ったりと良い感じになるんですが、そこに美奈子がちょっかいを出してきたりする事になります。


これだけ聞くと、よくあるハーレム的なストーリーなのかと思うかもしれませんが、この作品は結構生々しいというか、痛い所が含まれているんですね(汗)
そういう意味では、結構リアルな展開になっているのが特徴でもありますね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

派手さはあまりないのかもしれませんが、独特のエロさというかいやらしさがあると思います。
まぁ、ストーリー描写と同様にしっとりというのか、ちょっと淡々という感じはしますね。
リエゾン ~liaison~

射精時の描写も、何ともあっさりとした描写だったりするんですが、何かこれはこれで作風に合っているのかなとも思います。
何だかんだ当時は、これでも結構興奮できましたし、今改めて読んでも中々そそるものは感じますね。

一部だけですが、ヒロインが主人公以外の男との行為描写があったりするので、人によっては注意でしょうか。
まぁ、一部だけなのでそこまで気にするレベルではないと思いますけども、一応。

全ヒロインとの行為はありますけども、詩織は…、正直H要員な扱いは否めませんね(汗)
あくまでも、純と美奈子がメインとなっていますね。
まぁ、詩織と主人公の幼なじみの距離の近い感じは他のヒロインとはまた違った感じで見えるんですけどね。
他の2人は年上だしねぇ、やはり違うんだろうな。


面白いのは、主人公だけの視点で進行するのではなく、純や美奈子(その他キャラもあり)などの視点での描写がある事ですね。
結構切り替えが序盤から中盤で多いので、その時のヒロインたちの心情が分かるのは嬉しいですし、感情移入できますね。

挿絵


挿絵は、いつもの様に原作版の画像を…って言いたいですが、違いますね(汗)
表紙に設定資料付きってある様に、設定資料が挿絵みたいに掲載されています。

なので、色鉛筆なのかで肌の影指定されてたり、絵によってはこういう風に~みたいなコメントが書きこまれた状態になっており、ある意味では貴重な状態ではないでしょうか。
まぁ、それはいいんですが、挿入されているタイミングが微妙ですね(汗)
リエゾン ~liaison~

例えば、全く本文でHシーンでもないのにヒロインのHシーンだったり、詩織と二人っきりなシーンであった挿絵は、全部美奈子のHシーンだったりとタイミングが意味不明です(汗)

原画担当の「菊地政治」さんの絵柄は個人的に好みですね♪

*今作の表記では「菊地」なんですが、DMMで検索した場合「菊池」になっているんですが、どっちなんだろ?
大体、菊池表記みたいなんで、ここでは菊池表記にします。

思えば、これが菊池さんを知った最初の作品かな?
まぁ、私は殆どPCゲーム買わないので、後であの絵見た事あるやつ、この人だったのかってのは良くあります(汗)

総評


全体的には、最近の作品ではあまり見ない展開が多い作品でしたね。
改めて今読んでみると、特にそう思わせます。

主人公とヒロインの誤解やすれ違いなどは、読んでて痛々しかったですね。

あまり書けないんですが、主人公は最終的には純と美奈子のどちらかとくっつくんですが、それまでのやり取りがねぇ…。
片方のヒロインが主人公の元を去っていくのも、他の萌え系だとお互い前向きな感じの別れになりがちですが、これは最後まで主人公たちにきつく冷たい態度のままで終わってしまうのが、ある意味でリアルだなと思いますね。

どちらかというと、後半につれてHシーンは減るという珍しい流れなんですが、それ以上にストーリーに引き込まれるので、そんなに気にならなかったですね。
今作では、主人公だけではなくて、他のヒロインたちにもそれぞれ内に秘めた悩みや過去はあるんですね。
それらと向き合っていく事で、双方前向きに進んでいく事になる訳です。

しかし、その分というか、序盤の主人公のウジウジっぷりは中々のものです(汗)
自分なんか…~みたいなネガティブ発言連発なので、そこら辺がイラっとする人は注意かな。
ヒロインにまで、ビンタされてキツイお言葉をかけられるくらいだしなぁ(汗)

派手さはないのかもしれませんが、丁寧に描かれている作品だと思います。
さすがに随所に古さは感じますけども(汗)
後、当時も思ってたけども、美奈子は内面あんなキャラクターなのに、何で仕事ができないキャラ設定なんだろうなぁ(汗)
純との差別化を図ったゆえなのだろうか…。


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
リエゾン ~liaison~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

Paradigm novels MAID iN HEAVEN SuperS レビュー

Paradigm novels MAID iN HEAVEN SuperS

MAID iN HEAVEN SuperS (パラダイムノベルス 272)
バリカン腱司
パラダイム
売り上げランキング: 814,650


PCゲームが原作のノベライズ作品です。

今作は、元々2005年に「MAID iN HEAVEN」という作品が最初に発売されており、そのリニューアル作品として発売されたものです。
なので、先に旧作版の方がいいかなと思ったんですが、近所で見つからなかったので先にレビューとなります(汗)
まぁ、ここからでも説明もありますし、分かるとは思いますので、問題ないかな。

どうも一部に今作オリジナルの要素が含まれているみたいですが、私には違いが分からないです(汗)

主人公は、ごく一般的なサラリーマン。
彼は、大のメイド好きであり、日夜巨乳のメイドさんを欲しております(汗)

そんな彼の前にある日現れたのは、幼なじみで妹的存在だった「なぎさ」でした。
しかも、なぎさはメイドの格好で…。
何と彼女は、主人公のメイドになろうと、メイドの専門学校で修業し、主人公の元に現れたのでした。

可愛いなぎさがメイドになって現れた事で、主人公の夢は現実の物となり、主人公はなぎさとラブラブな生活を満喫する事になります。
しかし、そんな甘い時間は長くは続かず、なぎさは契約していた芸能プロの社長に無理やり連れ去られてしまい、離ればなれになってしまうというのが、前作版の内容です。



今作は、なぎさを連れされてしまってから1年後。
なぎさと離ればなれになってしまった主人公の前に、再びなぎさが芸能プロから逃亡してやって来る事に。
また主人公は、彼女との時間を取り戻すかの様に、なぎさとの甘い生活を過ごす事になる流れです。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、なぎさのみです。

なぎさは、主人公の幼なじみ兼妹的存在兼メイドです(汗)
大好きな主人公のためにメイドになったのもあり、主人公のためならどんな事もしてくれます。
しかし、メイドですが料理は苦手(汗)
MAID iN HEAVEN SuperS

ストーリー展開


展開的には、主人公の元を強制的に去ってしまったなぎさでしたが、1年後また再び主人公の元にやって来たなぎさと生活をする事になる流れですね。

序盤は、前作の事を主人公が回想する展開で初見の人でも分かる様に説明されていますので、問題はないかと思います。
でも、前作に書いてあるので、そちらを読んでもらえればって書いてあったのは噴きました(汗)

1年もの間、なぎさと離ればなれであった主人公は、突然の再開にちょっと暴走気味ですな。
まぁ、元々主人公はテンション高めなのが基本っぽいですけども、よりはっちゃけてますね(汗)
そんな状態なので、再会もそこそこにすぐさまHに突入するのは、お約束です。

こうして、なぎさとのイチャラブH生活が始まる事になり、毎日の様に主人公はなぎさとH三昧となります。
しかし、そんなふたりに近づく怪しい存在が…。

Hシーン


Hシーンは、なぎさとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、アナルセックスなどがあります。

とにかくなぎさとのHシーンがかなり豊富なのが、今作の特徴ですね。
逆に言うと、それがメインなので、お話的には…ですが(汗)

なぎさはメイドでもあるので、ご奉仕的な行為も勿論ありますが、それ以上に主人公からの展開が多いので、彼女が受け身になりがちかな。
まぁ、あのテンションで迫られては、受け身にならざるを得ませんけどねぇ(汗)
MAID iN HEAVEN SuperS

更に主人公はSMにも興味があるんですね。
今作でも、なぎさを裸にして犬の様に首輪などを着用させ、夜に外出し、電柱に犬の様におしっこをさせたりなどの行為をしております。
他にも荒縄で縛り、アナルを弄ったりなど中々のものですね。
MAID iN HEAVEN SuperS MAID iN HEAVEN SuperS

小道具もアナルバイブや珍しい物では、クスコなんかもあったりします(汗)
こんな物持っているのは、そうはいないだろうに…。

でも、キャラクターデザインやコミカルでノリの軽い感じの文章もあって、そんなに生々しさは感じにくくなっていますので、苦手な人でも読めると思います。
変に重くならないので、嫌悪感はあまりないはずです。

当然メイドさんな訳なので、メイド服姿での行為がメインとなっているのも、メイドさん好きには嬉しい要素ですね♪
まぁ、逆に私服みたいな格好もひとつくらいあると新鮮味があって良かったのかなとも思いますが。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
前作版も今作も同じ「キリヤマ太一」さんが原画を担当しています。

ですが、前作版は98年度発売という長い時間が経過しているせいか、かなり絵柄が今とは変化していますね(汗)
なので、別の人が描いたかと思う程ですねぇ、時代を感じる懐かしい絵柄ですね。
MAID iN HEAVEN SuperS MAID iN HEAVEN

そのため絵柄の印象もあり、ノベル版も前作と今作では印象が別物の様に感じますね。

どちらも可愛らしく、特に今作版では絵柄が温かみのあるもので、コミックの様な絵柄の印象もありますね。
行われる行為も、この絵柄の柔らかさもあり、嫌悪感なく見れるのは、この手の要素が苦手な人には大きいですね。
MAID iN HEAVEN SuperS

笑顔のなぎさは、とても魅力的で主人公ならずもグッときますね♪
何気にポニーテールなのも、彼女の魅力を引き出していますね。

総評


全体的には、基本なぎさと一緒にイチャラブ生活を堪能するってだけですね(汗)

原作版をしていないので分かりませんけども、元々が様々な調教プレイを行うって作りらしいので、最低限の基本的なストーリーしかないのかもしれませんね。
まぁ、その分Hシーンが豊富だと思えば…。

個人的にちょっと気になったのは、文章の描写ですかね、ちょっとクセがあるかな(汗)
変なテンションというか、あとがき曰く「馬鹿馬鹿しさ大爆発のギャグ百連発」らしい小ネタの数々が含まれています(汗)
本当に100個かは分かりませんけども(汗)

普通に芸能人とかの名前をまんま使ってたり、商品名もあったりと、色々大丈夫なのかと思ってしまいます(汗)
そういう時代だったんですかね?(汗)

ちなみに、MAID iN HEAVENのノベルは…
KKベストセラーズという所から発売されていた「BESTゲームノベルスSERIES」版⇒パラダイムノベルス版の「MAID iN HEAVEN」⇒そして今作の「MAID iN HEAVEN SuperS」という順で発売されています。
何気に別の出版元から、発売されるってのは珍しいですねぇ(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
MAID iN HEAVEN SuperS

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ゲームノベルズ 真・燐月 あたたかな絆 レビュー

二次元ゲームノベルズ 真・燐月 あたたかな絆

真・燐月 〜あたたかな絆〜 (二次元ドリームノベルズ 28)
大熊狸喜
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 554,258

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

この作品の前に、「真・燐月 運命の絆」が発売されています、
そちらのレビューは、こちらからどうぞ
二次元ゲームノベルズ 真・燐月 運命の絆 レビュー

しかし、当時運命の~レビューを書いて、後日今作のレビュー書きますってありますが、それから丸一年以上経ってたという(大汗)
まぁ、当時から新刊ではなかったので、それ程需要はなかったでしょうが、それでも遅すぎますな(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは、「緋月 鈴音」(ひづき すずね)、「緋月 鮎美」(ひづき あゆみ)のふたりです。

鈴音は、主人公の燐堂家と深い関わりがある緋月家の娘です。
主人公とは、生まれる前から将来を約束された許嫁という関係です。
活発な性格をしており、物怖じをしない明るい娘です。

鮎美は、鈴音と同じく緋月家の娘です。
しかし、鮎美は緋月分家の娘です。
鈴音とはこれまた違い、大人しく控え目な性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、前作(運命の絆)での過酷な運命を乗り越えた主人公たちは、ようやく鈴音、鮎美らとの幸せな時間を始める事になる流れですね。

過酷な運命については、長くなるので前作のレビューを~って言いたい所ですが、前作のレビューからある程度抜粋(汗)

主人公は名家として名高い「燐堂家」の御曹司ですが、次期党首となるはずの主人公にはある使命があり、それは昔からの慣習で行なわれており、主人公は「緋月家」の娘たちと交わり、男子を妊娠させなければならないというものです(汗)
元々は、生まれた時点で主人公とそうなるはずであった少女「緋月鈴音」(ひづきすずね)がいたのですが、事故に巻き込まれてしまい、亡くなってしまったのです。
そこで、急きょ緋月分家の娘たちを相手に妊娠させろと命令される事になる訳です。


これが、真・燐月の前の作品である「燐月」シリーズからの基本的なストーリーですね。
本来の役目であった鈴音がいない事で、主人公は分家である鮎美たちの家に行き、相手を探す事になってたと。
なので、燐月では鮎美の他に姉妹であるヒロインたちもおり、候補者のひとりだった訳です。
今作では、彼女たちは少し顔見せしている程度ですけどねぇ。

まぁ、その後、実は鈴音は死んでた訳ではなかったなどの事実が分かったりし、何とか紆余曲折あって彼女を助ける事に成功したのが前作の展開だったんですね。
今更だけども、軽くネタバレ?(汗)

んで、鈴音も完全に元気になった所から物語は展開される事になります。
ようやく始まりますね、殆ど説明だったけども(汗)

…なんですが、ようやく色々なものから解放された主人公たちは、ようやく真っ当な?日常を送る事になっており、波乱らしい波乱が無くなっているんですね(汗)
なので、物語としてはふたりの許嫁のヒロインたちとのイチャイチャ生活を満喫するという流れになっており、ぶっちゃけ書く事ないんですよねぇ(汗)


まぁ、ようやく彼らも解放されて、人並みな幸せを手に入れた訳ですから、ただラブラブでもいいんですけどね。
そうしたら、本来の学生らしい感じになるのは当然な事ですしね。
実際、主人公のキャラクターもどこか、年相応な感じになっている気がしますしねぇ。

過去作のは、鈴音を失った(と思ってた)主人公が代わりの女性を見つけ、孕ませるといった目的などもあって、今作よりも幾分影のある感じがあった気がするんですね。
世界観もやはりどこか薄暗い印象があっただけに、今作の雰囲気はかなり明るいものになっているのは、ある意味で感慨深いものがありますね。
まぁ、過去作でもそれぞれの作品では、主人公たちはその世界で幸せを掴んでいる訳ですけども、またそれとは違うのかなって。

今作は、そんな普通のイチャイチャっぷりをニヤニヤしながら楽しめばいいんじゃないかな、と(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキや素股、フェラ、パイズリなどがあります。

個人的に印象的だったのは、様々なコスチュームでの行為が結構豊富だった事ですね。
定番の体操服+ブルマだったり、スク水などの水着姿もしっかりありますが、中でも印象的だったのは、サッカーのユニフォーム姿ですね。

意外とあんまりなくないですか? こういうユニフォーム姿でのHって。
なので、新鮮で尚且つ爽やかなHさがあって、かなり個人的に印象深かったですねぇ。
残念ながら、この格好は鈴音だけだったのですが、ユニフォームと無縁な大人しい鮎美が着た姿も見てみたかったなぁ。

他にもウェディングドレス姿や妊娠してお腹がふっくらと丸みを帯びている状態での行為などもあり、見所は多いですね。
行為も彼女たちヒロインからの奉仕的なパターンも半分くらいあり、主人公が愛されている感じがよく伝わってきますね♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく、オリジナルの挿絵となっています。
挿絵は、前作の「真・燐月 運命の絆」同様に「」さんが手がけていますので、前作を読んでいる人には問題なく見れると思います。
ちなみに表紙絵は「カワギシケイタロウ」さんが手がけているのも、同様ですね。

相変わらず、線を重ねたタッチで描かれており、原作版の絵柄とはかなり違います。
絵柄的にこちらの方が若干リアルになっていますね、少し大人っぽいかな。
原作版も可愛いですが、今作のもまた違った魅力がありますねぇ。

総評


全体的には、話として一つの完結をしているだけに、甘々でイチャラブなヒロインたちとの展開を堪能する作りでしたね。
なので、小難しい展開はなく、明るく純愛な展開を味わえます。
ある意味、波乱はなく平和な日常ばかりなので、ここから入ると物足りなさもあるかもしれませんが、今までのシリーズを読んでいる人には感慨深いものがあると思うだけに、人によって差はあるかもしれませんね(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】真燐月 [ 大熊狸喜 ]

原作PC版
真・燐月 PREMIUM EDITION
真・燐月 PREMIUM EDITION
posted with amazlet at 13.01.08
セレン (2007-10-26)


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

Paradigm novels 特別授業3 レビュー

Paradigm novels 特別授業3


12月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

いやぁ、久しぶりのパラダイムノベルスですねぇ(汗)
巨乳ファンタジー2以来だから、3ヶ月ぶりになるのか…。
もうぷちぱら文庫がメインになるのかな…、ちょっと寂しいけど。

主人公は「碧坂学園の教師です。
しかし、学生を指導する裏では、生徒を物色し、気に入った女生徒を自分好みの奴隷に仕立て上げるという顔を持っています。
そんな主人公は、今現在、「森宮 早紀」(もりみや さき)という女生徒を狙っています。
早紀を堕とすために早紀に関するある情報を掴んだ主人公は、行動を開始する事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
森宮 早紀」(もりみや さき)
辻井 ありさ」(つじい)
真島 美香子」(まじま みかこ)
森宮 理絵」(もりみや りえ)

早紀は、主人公が狙っている生徒です。
公私ともに優良な学生であり、人付き合いも上手いですが、内心では他人を信用する事ができないという面があります。
母親の理絵に強い愛情を抱いており、心の拠り所となっています。
特別授業3

ありさは、1年生の女生徒です。
先輩である早紀とは幼なじみの関係であり、彼女に憧れ、事あるごとについて回っています。
そのため、彼女に近づく主人公に対して露骨に敵視しています。
特別授業3

美香子は、主人公の同僚の新人教師です。
かつて主人公の教え子でもあり、その際に主人公から面倒を見られた事で尊敬の念を持っています。
既婚者であり、エリートの夫と仲睦まじく暮らしています。
特別授業3

理絵は、早紀の母親でシングルマザーです。
女手一つで娘を育てた女性です。
しかし、かつて主人公によって凌辱調教された過去があります。

ストーリー展開


ストーリー展開は、主人公が調教の相手として早紀を狙う中で彼女の関する情報を入手し、彼女への行動を開始する事になる流れですね。

主人公は、今まで教師になってからこれまで様々な女生徒に調教を繰り返してきた過去があるんですね。
そんな主人公は、今年になってかつて初めて教師生活をスタートさせた母校に戻ってくる事になります。
まぁ、既にかつての母校は古くなって旧校舎になっており、今は新しい校舎がある訳で、時間の流れを感じさせます。

でも、主人公にとってはこの旧校舎の一室を奴隷の調教場所として勝手に作り替えて利用しようとしているので、好都合ではありますけどね。

そんな訳で、主人公のメインターゲットは早紀となる訳ですが、主人公はまずは地道に彼女の行動パターンなどを把握するための下調べを行う事になります。
その過程で他のヒロインたちとの絡みで人となりの紹介となっていますね。

そして、主人公はある事がきっかけで早紀のとある情報を手に入れる事になり、事態は急変する事に。
これで材料は整ったと、主人公はついに彼女を誘いだし、行動を開始する事になり、彼女を凌辱する事に成功します。
しかし、当然というか他の女性陣にも手を出す様になる展開ですね。

Hシーン


Hシーンは、早紀、美香子、ありさ、理絵…って、結局全員ですね(汗)

行為的には、フェラや自慰などがあります。
他には、バイブなどの小道具を使った行為なども一部ありますね。

まぁ、あくまでもアクセント程度のものでしたが、あとがきによると物語性を考えてソフトな責めを中心にまとめたとありましたので、そのせいでしょうね。

原作版では結構ハードな行為もあるみたいですので、そういった行為が好みであれば原作をチェックするといいのではないでしょうか。
私は、そんなに痛い的なプレイは得意ではないのでいいかな、原作版は(汗)
特別授業3 特別授業3

やはりメインヒロインは早紀なんですが、その他のヒロインも並行して凌辱し、堕とす事になります。
美香子は、王道な凌辱展開ですかね、おびき寄せての凌辱で。
ありさは、少し毛色が異なっており、建前としては凌辱なんですけども、一応早紀の身代わりとして受ける事になるって感じですね。

理絵に関しては…、もう既に完全に奴隷として出来上がっています。
一応、冒頭に彼女が学生時代の初々しい?凌辱シーンはありますけどね(汗)

早紀は、やはり他のヒロインとは違い、かなり意志の強いキャラクターなので、中々主人公の行為に堕ちないんですね。
凌辱されても、殺意混じりの視線や言葉をぶつけてくる辺りは、かなり強いですね。
その分、主人公も歯ごたえのある相手だと、余計に嗜虐心をそそる事になるのだから、彼女にとってはたまりませんけども(汗)
特別授業3

早紀以外のヒロインは、やはりHシーン自体の量は少な目でいつのまにか堕ちてしまいますね。
あくまでも、メインは早紀って事ですね、終盤では他のヒロインたちとの絡みもあるんですが、早い段階でも少し絡み(H関係なく)が見たかったかなとは感じましたね。

度重なる行為を受け、さすがの早紀も気持ちよりも、先に身体が反応をしてしまう様になり、そんな自分がたまらなく許せなく、悔しいと感じ、想いが溢れて涙する彼女の姿は、普段とは違う弱々しさ、脆さを感じさせる印象的な姿に見えましたね。
まぁ、早紀はまだ学生な訳ですし、誰にも相談できず、ひたすら耐えているのだから、あまりにも抱え込むには大きすぎますしね。
更に色々ありますし…。

でも、美香子も個人的に結構良かったですね。
彼女は新婚で人妻なんですが、やはりそういう相手をモノにしていくという流れは興奮するものがありますね。
特に彼女の場合は、夫も登場しており、寝取り感があるのもポイントでしょうか。
まぁ、さすがに夫の前でとかはないんですが、他の理絵以外の学生とは違う、成熟した色気を感じられるので、好みでしたね。
特別授業3

理絵? 彼女は最初から出来上がり過ぎてて、基本過程がないのがね(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しているので、違和感なく楽しめると思います。

原作版では、「かなみ」さん、「玄野トモアキ」さん、「水島☆多也」さんが原画を手がけています。
それぞれ担当しているヒロインがあるみたいですね、

やはり個人的には「水島☆多也」さんの絵柄の印象が強いですかね、早紀も担当されているそうですし、猶更かな。

挿絵の画像も、2ページでの見開きの挿絵があったりと、かなり贅沢な作りになっています。
見開きって、そんなに普通入ってても1、2枚程度な事が多いんですが、最初の方からあったりと結構枚数が多いのは意外でしたね。

総評


全体的には、次々と女性陣を奴隷化していくために奔走する主人公が印象的な作品でしたね。
まぁ、早紀以外のヒロインももう少しかまって欲しかった気持ちはありますが、ストーリーの設定上仕方ないんですけどね。

この手の作品の主人公は、多かれ少なかれ似たタイプの主人公ですが、今作のは設定的な事もあり、少し感じが違ったかな。
それを除けば、大体似た様なタイプですけども(汗)
そこの要素が気に入れば、評価もかなり上がるのではないでしょうか?

ラストの展開は、何ともな結末でしたが、こんなもんですかね(汗)
それ以上に単なる人のよさそうな学園長の垣間見えた一面はちょいと意外でしたが(汗)
やはり学園長にもなると、そういう付き合いがあるんだろうか…。


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】特別授業 3 [ 田中珠 ]

原作PC版
特別授業3 SLG
特別授業3 SLG
posted with amazlet at 13.01.05
BISHOP (2012-09-28)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
特別授業3SLG

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 はじめてどうし2 レビュー

ぷちぱら文庫 はじめてどうし2


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、極々平凡な男子生徒。
しかし、そんな主人公ですが最近付き合い始めた彼女「柳原 藍」(やなぎはら あい)がいます。
とは言え、まだ付き合いだして3ヶ月になりますが、藍の大人しい性格ゆえに中々イチャイチャ恋人らしい展開にはなっていません。
何か、関係を進展させるきっかけはないものかと思い悩む主人公でしたが、それは思わぬ形で現れる事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、藍のみです。

藍は、主人公のクラスメートであり、恋人でもあります。
真面目で大人しく口数があまり多くないので、あまりクラスでは目立つ存在ではないです。
主人公の事を以前から好意を持っていて、彼女の方から告白してきて今に至ります。
はじめてどうし2

ストーリー展開


展開的には、藍と付き合いだしてはいるものの、未だに清い交際止まりな事に男子として悶々とする主人公でしたが、思わぬ形できっかけが起こる事になる流れですね。

まぁ、主人公の悶々とした気持ちも分かるんですけどね(汗)
付き合って3ヶ月、手を繋いだり、軽いキスはするものの、そこから先はまだ進んでいないんですね、ふたりは。
主人公としては、もう少し関係を進展させたい気持ちがある一方で、藍に対して積極的に行ってもいいのだろうかという悩みがある訳です。

そんな中、主人公は話の流れで初めて藍の自宅に上がる事になります。
両親もいないと彼女の発言にいよいよ進展が!?と緊張する主人公は、ある事がきっかけとなり、一気に初Hまで進展します♪

無事に主人公たちは初Hを経験した事で、主人公と藍はどんどんHにハマっていく事になる流れですね。
とは言え、一気に凄い行為をし出す訳ではないんですけどね、あくまでも彼らの中で、ですし(汗)

ぶっちゃけ、それからは基本Hなので、あまりストーリーはないんですよね(汗)
勿論、他の生徒には秘密の学園生活の描写もあるんですけども、特に特筆すべき展開はないかな。
あくまでも、藍とのイチャラブを活かす程度の味付けかなって感じですね、ニヤニヤしますけども(汗)

Hシーン


Hシーンは、藍との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。

ドンドン過激になるって感じではないので、アナルセックスとかの濃い展開はないですが、ラブラブ感の強さはありますね。
まぁ、マニアックな行為を期待してた人には物足りないかもしれませんけどね(汗)

何と言うか、ドンドンHな行為になっていく一方で、普段のふたりの感じって初々しさがあるんですよねぇ。
それがまた何とも言えないギャップでもあり、ニヤニヤしてしまいますね。
個人的には、お互いの呼び方をそれまでのと変えてみて、名前を呼び合って「ん?」「呼んでみただけ」みたいな、やり取りなんかは読んでて気恥ずかしくなりますね(汗)

藍のキャラクターも可愛らしいですね♪
大人しい控え目な性格なんですけども、彼女なりに積極的にしようという感じは伝わってくるのが良いんですよね。
付き合って時間が経つと、少しづつ彼女の新たな面も見えてきますね。

特に意味はないんだろうけども、この時の藍がテンション高かった事もあり、主人公に甘えたくなって「きゅ~っ」って謎の声を出して身体を摺り寄せてきたのはビックリでした(汗)
まぁ、可愛らしくは感じますけどね、現実だと微妙でしょうが(汗)

最初は恥ずかしがって口にもできなかった隠語も、行為を重ねる様になると恥じらいつつも口にしてくれる様になるのはHですね。
恥じらいつつってのが大事なんですよね、あっけらかんと言われては冷めちゃいますしね(汗)

でも、前作のはじめてどうしを考えると、行為の過激さは幾分低くなっている感じはありますけどね。
前作は若干ですけども、SMチックな要素もありましたし。

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用していますので、クオリティーの問題はないですね。
前作にあたる「はじめてどうし」と同じ「熊虎たつみ」さんですね、原画は。

やはり藍のデザインは、可愛らしさがあっていいですね♪
ちゃんと作られているんだなって感じたのは、別の容姿が用意されている点ですかね。

特に一部シーンでは、普段コンタクトらしいのですが、この時はメガネを着用しているんですね。
普段も賢そうな藍ですけども、やはりメガネがあると一気に知的で大人びて見えますねぇ♪
この状態でのHシーンもあり、中々見所なシーンではないでしょうか。
はじめてどうし2 はじめてどうし2

総評


全体的には、ひたすらイチャイチャ藍との恋人生活を体験するって展開でしたね。
なので、一切波乱らしい波乱は存在せず、藍との甘い生活を堪能するという事を重視した作りです。

あ、今更ですけども、今作は「2」と銘打たれていますが、前作の「はじめてどうし」とはコンセプトが同じであるだけであり、キャラクターなどの繋がりはありませんので、今作からでも楽しめる様になっていますので、ここからでも大丈夫です。
逆に、2から前作って流れもアリですね。

楽天はこちらからどうぞ
 はじめてどうし 2 (ぷちぱら文庫) (文庫) / ディーゼルマイン/原作 島津出水/著

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
はじめてどうし2~HAPPY・バカップル~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 フリフレ 着信アリ エッチときどき恋。 レビュー

ぷちぱら文庫 フリフレ 着信アリ エッチときどき恋。


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

今作のノベル版は、原作で発売している1作目と2作目をまとめた物になっています。
なので、前半の第一部が「フリフレ」、後半の第二部が「フリフレ2」となっています。
それぞれヒロインと主人公は別であり、別個のストーリーとなっています。

第一部 フリフレ


主人公は、学校の教師をしています。
教師としての勤務態度には問題はないものの、生徒たちとは距離を置いて接している彼はある日、暇つぶしとして学校で話題となっていたネットの掲示板「FreeFriends」にアクセスする事に。

そこで主人公が掲示板で目を惹いた文章がありました。
それは、他のどの書き込みとは違い、真面目で丁寧な文章であり、ある意味異質な存在でもありました。
気になった主人公は、その書き込みの主と連絡を取る事にし、待ち合わせをするのですが、そこで主人公を待っていたのは、主人公の学校の生徒である「倉橋 結依」(くらはし ゆい)であったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、結依のみです。

結依は主人公の学校の生徒です。
お嬢様であり、学校では品行方正な模範的な生徒です。
基本的には大人しく、世間知らずな性格をしています。
フリフレ

ストーリー展開


展開的には、主人公がアクセスした掲示板「FreeFriends」内で、連絡を取った相手が生徒である結依だったという流れですね。

このFreeFriendsという掲示板は、現状出会い系サイトとして使われている存在なんですね。
ここには自らの身体を売る女と、それを買う男たちで溢れている訳ですね。
それは、主人公の学校でも同様であり、最近はこのサイトなどを利用している女生徒が出てきているという話を耳にする様になっています。

そんなタイミングでの主人公のアクセスは、教師として生徒の動向をチェックという理由ではなく、単なる暇つぶしでした。
彼にとって、管轄外の学校外の生徒の動向など知った事ではないんですね。
そんな中、見つけたのがあの特徴的な書き込みだったんですね。

そして、それが生徒である結依だった訳ですが、実はこの時点で結依本人はこのサイトに書き込みをするという事がどういう意味を持つのかは理解していないんですけどね(汗)
掲示板の事は、知り合いから教えてもらっただけであり、彼女は本当に話相手になってもらおうというくらいの感覚だった訳ですね。

そんな事など知らない主人公は彼女を伴い、ホテルに向かい、ようやく事態を呑みこめた結依を半ば強引に…。
これをきっかけにして、主人公は結依の身体を味わう事にハマり、結依を幾度となく呼び出し、関係を持つ事になっていきます。

Hシーン


Hシーンは、結依との行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックスなどがあります。
他にも一部、バイブやローターなどの小道具を使う展開も用意されています。
フリフレ フリフレ

序盤は、嫌がる彼女を相手に半ば強引な行為が多い訳ですが、度重なる行為を経て、確実に彼女の身体は反応をする様になっていきます。
そして、ついに絶頂をしてしまう様になった辺りから、結依の様子にも若干の変化が起こる様になります。
彼女の中で、事態を受け入れつつある過程の描写は見所のひとつですね。

勿論、彼女は最初は未経験の処女だった訳ですが、そんな彼女の変化は最初からと比べると大分出来上がっていく事になるのが分かりますね。

主人公は、どちらかと言うとってか、完全にSっ気たっぷりな性格なので、彼女の嫌がる様を見て、極度に興奮したりする一面がありますね(汗)
でも、ある意味でこの時の主人公は大分熱っぽくなっているのも印象的でしたねぇ。
普段は全てにおいてかなり冷めた感じがある主人公ですが、結依との関係は彼にとっても変化をもたらした様ですね。
…それが結依にとっては幸せなのかは、また別の問題ですがね(汗)
フリフレ フリフレ

第二部 フリフレ2


主人公は、教育実習生です。
そんな彼は、たまにネットの掲示板で女性と一夜を共にする事を繰り返していました。
そして、この日も掲示板「FreeFriends」で知り合った相手と待ち合わせをする事に。
ですが、相手は主人公が教育実習で来ている学校の生徒「篠崎 菫」(しのざき すみれ)でした。
主人公は彼女を連れ、ホテルへ向かい、菫と関係を持つ事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、菫のみです。

菫は、主人公が教育実習にやって来た学校の生徒です。
基本的には、明るく小悪魔的な所があります。
しかし、家庭の事情により、金銭的に困窮しており、「FreeFriends」で自らの身体を売る事を決意しています。
フリフレ2

ストーリー展開


展開的には、主人公が生徒である菫を買う形になり、関係を持つ事になる流れですね。
前作の結依とはケースが違いますが、結果関係を持つ事になりますね。

しかし、前作との大きな違いは、流れる雰囲気でしょうか。
決してコミカルなだけの話ではなく、むしろ結構重くなりそうな要素も含んでいるんですが。それがそれ程きつくない塩梅になっており、読みやすいですね。
前作とは違い、向こうが凌辱ならば今作は純愛的な方向で描かれております。

まぁ、原作版にはこの作品も両方の結末があるみたいですけども、ノベル版はって事ですね、今回は。

主人公の性格も、前作よりかはまだまともかな(汗)
あれは大分出来上がってただけに、まだマシですねぇ。
とは言え、今作の主人公も、あまり教育実習とか受けているのに、同じ学校の生徒と関係持つとかおかしいけども(汗)

しかし、事態はこの後急展開を迎える事になります。
そこにはある事が原因となっていますが、これは軽くネタバレになるので伏せときます(汗)
私の予想とはちょっと違ってましたねぇ…。

しかし、それでも作品の雰囲気は、そこまで深刻さはなかったかな。
個人的には、変に重苦しくなくて丁度良かったから問題なかったですけどね。

甘い雰囲気と、それなりにシリアスな部分のバランスが中々良かったです。

Hシーン


Hシーンは、菫との行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、自慰などがあります。
フリフレ2

前作の結依とかとの行為と比べると、かなり甘さの強い印象ですね。
なので、凌辱的な乱暴な要素はありません。
フリフレ2

最初は彼女も未経験の処女である菫ですが、行為を経るに従って、徐々に慣れて積極的になったりする姿は可愛らしく魅力的ですね。
積極的になってきたりと、普段の小悪魔的な所も垣間見えますね。
そういうイチャイチャ感も味わえるのは良いですね♪
フリフレ2 フリフレ2

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用していますので、問題はありませんね。
原画担当の「珈琲貴族」さんの絵柄は素晴らしいですね♪

他の作品は「CURE GIRL」やぷちぱら文庫の「それでも水着は脱がさない!」の挿絵もそうですね。

繊細で儚げな印象の強い絵柄は、この作品の持つ独特の雰囲気との相性が抜群ですね。
キャラクターが決して明るいだけではない世界観などを邪魔する事なく引き立たせています。
パッと見、派手さはないかもしれませんが、そんなの必要ないですね。

総評


全体的に、どちらのヒロインも事情は異なりますが、それぞれ悩みを持っているんですよね。
そんな彼女たちがこれまた動機は違うものの、「FreeFriends」にアクセスする事になり、そこから各主人公と出会う事になる訳ですね。
何とも奇妙な偶然というか、縁とでも言うのか(汗)

これからも、FreeFriendsを経由し、新たな出会いが生まれるんでしょうねぇ。
ある意味、何作でも作れそうですな(汗)

そのために似た展開というか、ストーリーで始まる訳ですけども、またそれぞれのヒロインなどもあって当然印象は異なってきます。
ノベル版では、それぞれ結末はひとつですが、原作版では純愛、凌辱と2種類の結末があるみたいですね。

今作では、凌辱は結依、純愛は菫という構成になっています。
個人的には、やはり純愛な菫のストーリーが良かったですね。
結依にも幸せになって欲しかったけども、あんな形だっただけに、どう幸せな方向に持っていくのか気になります(汗)
まぁ、今作での彼女はあれはあれで幸せなのかもしれませんけども。


フリフレ
フリフレ
posted with amazlet at 13.01.03
Noesis (2009-04-03)

フリフレ2
フリフレ2
posted with amazlet at 13.01.03
Noesis (2011-12-22)


DMM 原作PC版 ダウンロードはこちらからどうぞ
フリフレ
フリフレ2【萌えゲーアワード2012 ロープライス賞 金賞受賞】

楽天はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 079【1000円以上送料無料】フリフレ 着信アリ-エッチときどき恋。/緒莉/Noesis

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます