FC2ブログ

2010年09月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2010年09月

2010年09月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2010-09-30Harvest novels 「か行」
Harvest novels 学園☆新選組! 十傑異聞録学園☆新選組!(十傑異聞録) (ハーヴェストノヴェルズ)posted with amazlet at 10.09.30たかなみれい ハーヴェスト出版 売り上げランキング: 386843Amazon.co.jp で詳細を見る新撰組が全員女の子!?ドタバタ幕末チック学園ラブコメディ「学園☆新選組!」が、1キャラ1話の全10話読み切りにミニゲームも付いた大入り番外編で登場! PCゲームが原作のノベライズ作品です。タイトルで分かる様に新...

記事を読む

no-image

2010-09-29美少女文庫 「あ行」
美少女文庫 あねてぃ お姉ちゃん先生は弟専用あねてぃ―お姉ちゃん先生は弟専用 (美少女文庫)posted with amazlet at 10.09.29上原 りょう フランス書院 売り上げランキング: 114000おすすめ度の平均: 郁美もいいキャラなんだけどなぁ ラブラブエッチな話Amazon.co.jp で詳細を見る「お祖父様に捨てられたリュウちゃんが東光院グループを引き継ぐのよ」意外な遺言からはじまった義姉・綾瀬のスパルタ&ラヴラヴ授業!Lesso...

記事を読む

2010-09-28二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょんいもうとダイアリー はぁれむばけ‾しょん (二次元ドリーム文庫110)posted with amazlet at 10.09.28伊吹泰郎 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 213217おすすめ度の平均: 義妹+妹みたいな彼女とその妹が描く夏休みAmazon.co.jp で詳細を見る自分を「お兄ちゃん」と呼ぶ年下の恋人、半年前に出会った血の繋がらない義妹、恋人との仲を邪魔する...

記事を読む

2010-09-27Paradigm novels 「あ行」
Paradigm novels アンサンブル 若葉編 舞い降る羽のアンサンブルアンサンブル (パラダイムノベルス)posted with amazlet at 10.09.27雑賀 匡 パラダイム 売り上げランキング: 1143775Amazon.co.jp で詳細を見る交通事故で、母親と右目の視力を失った若葉。家庭の事情から寺田家に預けられていた幼い楓は、彼女とその姉の桜子を、ずっと守っていこうと心に誓った。それから15年。楓にとって大切な妹だった若葉はいつしか特別な女...

記事を読む

2010-09-26Harvest novels 「あ行」
Harvest novels 妹汁妹汁 (ハーヴェストノベルズ)posted with amazlet at 10.09.25岡田留奈 ハーヴェスト出版 Amazon.co.jp で詳細を見る父親の再婚で、突然3人も妹が増えた晶。しかも両親は呑気に新婚旅行。そんな折、考古学者である父親の書斎から古文書を発見した晶。何気なく読み上げた途端、奇妙な呪いにかかってしまい!?しかも、この呪縛から逃れるには、少女の“汁”を集めないといけなくて…。幸か不幸か、家には可愛い妹...

記事を読む

2010-09-25Paradigm novels 「あ行」
Paradigm novels アンサンブル 淳編 舞い降る羽のアンサンブルアンサンブル (パラダイムノベルス)posted with amazlet at 10.09.25雑賀 匡 パラダイム 売り上げランキング: 1158387Amazon.co.jp で詳細を見る両親の都合で離れて暮らすことになった楓と淳の兄妹。お別れの日、ふたりは再会と結婚を約束する。それから15年。淳は兄との再会を夢見ながら、北海道で学生生活を送っていた。一方、東京の寺田家に預けられた楓は、寺...

記事を読む

2010-09-24リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り (リアルドリーム文庫 47)posted with amazlet at 10.09.24芳川葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 3028Amazon.co.jp で詳細を見る正哉が沙優李の養子としてやってきた美涌谷村では、古くから伝わる伝統儀式を行っていた。「今夜から三日間、仏間で私と一緒に寝てちょうだい」都会にはない淫靡な香りが漂う儀式の...

記事を読む

no-image

2010-09-23美少女文庫 「さ行」
えすかれ美少女文庫 生徒会長を脱がそう!生徒会長を脱がそう! (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.09.23羽沢 向一 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る「もし私が負けたら、全校生徒の前で処女をあげるわ!」ここはギャンブル学園、勝てば無敵の生徒会長・森沢想良も姉の流奈先生だって思いのまま。脱衣トランプ、パイズリルーレット、姉妹3Pを賭けて丁半博打!勝球拳で二人のお尻を奪っちゃえ!勝って勝って...

記事を読む

no-image

2010-09-22美少女文庫 「か行」
美少女文庫 このたび妹と結婚しました。このたび妹と結婚しました。 (美少女文庫)posted with amazlet at 10.09.22橘 真児 フランス書院 おすすめ度の平均: イラスト相性もよかったですAmazon.co.jp で詳細を見るついに! きょうだい婚が合法化!?  晴れて、最愛の真世をいもうと嫁に! 「お兄ちゃん……痛くしないでね」 嬉し恥ずかし初めての夜、困難を乗り越えロストバージン、隣の夫婦、 S姉×ショタ弟を見習って裸エプロン、...

記事を読む

no-image

2010-09-21美少女文庫 「あ行」
えすかれ美少女文庫 お姉ちゃんだって痴女になれるもん!お姉ちゃんだって痴女になれるもん! (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.09.21古田 航太 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る舞耶、ちゃんと痴女になれるもん! 天然ブラコン姉が勘違いから大胆痴女 に大変身!? 初咥えから淫語フェラで 見せつけごっくん! 初体験は騎乗位 で檄ピストン! 可愛い弟クンを何度 だって搾ってあげる!セーラー服で、 ギャ...

記事を読む

Harvest novels 学園☆新選組! レビュー

Harvest novels 学園☆新選組! 十傑異聞録

学園☆新選組!(十傑異聞録) (ハーヴェストノヴェルズ)
たかなみれい
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 386843

新撰組が全員女の子!?
ドタバタ幕末チック学園ラブコメディ「学園☆新選組!」が、1キャラ1話の全10話読み切りにミニゲームも付いた大入り番外編で登場!

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

タイトルで分かる様に新撰組の面々を元にした作りの作品ですね。
恋姫無双などでも、史実とは違い、女性キャラになっている作品はありますから、そんなに違和感なく適応している自分がいます(汗)

…アマゾンも新組って表記になってますね(汗)
このブログには修正しておいてますが、この作品は新組ですからお間違えなく…。

基本的な話の展開は…、正直この作品からははっきりしません(汗)
いきなり個別のヒロインたちの話になっているので、PCゲーム原作を知っているのが前提とも言えますね。

…とは言え、これでは紹介にならないので公式HPで基本ストーリー見てきましたので、それをザックリ紹介です(汗)

杏都(きょうと)にある「愛津女学園」(あいづじょがくえん)は、名の通り女子校でしたが、少子化などの要因にて生徒数が減少傾向に。
そんな事もあり、教頭は「共学化」を提言するも、伝統を重んじる学園長は現行維持の方針のまま平行線に。
これには生徒達も共学に賛成派、反対派の勢力に分かれてしまう事に…。

いつしか現体制を維持する生徒のことを「佐学派」(さがくは)。
現体制を排除して共学化を望む生徒のことを「討学派」(とうがくは)と呼ぶ様になっていきます。

断続的に続く、勢力の小競り合いによる混乱を治めるために学園長は風紀生徒の選抜を行い、できたのが「新選組」と言うわけです。
そんな学園にテストケースとして共学の相手校の理事長の息子である主人公が編入して来る事になり、2つの勢力は相手側に有利にさせないために主人公を奪い合うという展開らしいです(汗)

…なるほど、そんな話なんだ(汗)

そして、今作品では共学反対の立場の新選組に入る事になった主人公と、新選組の面々との短編が収録されているという作りです。
新選組とありますが、逆の討学派である、ヒロインたちのストーリーも入っています。

ヒロインは、新選組のメンバーからは7人、討学派からは3人で計10人とかなりの人数です。(汗)
その分、各ヒロインらの短編は短めなのは当然ですね…。

いつもヒロイン名は基本、下だけ表記するんですが、今作はモデルとしている人物がいますので、分かりやすくフルネームで表記しています。
なので、ある程度歴史に詳しい人には、「あぁ、この人物か」と分かると思います。

新選組からは…。
局長の「近藤イサミ」(こんどういさみ)、副長の「土方歳緒」(ひじかたとしお)、一番隊組長「沖田総詩」(おきたそうし)、二番隊組長「永倉やち」(ながくらやち)、三番隊組長「斉藤初音」(さいとうはつね)、八番隊組長「藤堂芹栖」(とうどうせりす)、十番隊組長「原田紗乃」(はらださの)。

討学派からは…。
新選組の対抗勢力のひとつ「徒沙班」の筆頭「坂本涼華」(さかもとりょうか)、「超秀班」筆頭の「桂心」(かつらこころ)、徒沙班の過激派「徒沙勤能党」の筆頭「岡田伊織」(おかだいおり)がいます。
残りの組長は、主人公らを含めいますが、女性は上記のメンバーになります。

…当て字だから入力面倒くさいなぁ(汗)

さて個別ヒロイン紹介を簡単にいきます。
イサミは、局長としてまとめ役なはずですが、かなりの天然であり、のんびりしています(汗)
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

歳緒は、厳しい性格で男嫌いであり、百合っ気も…。
そんな事もあり、主人公にもあまり好意的ではないですが、恋人になると可愛らしい面も♪

総詩は、剣の腕前は組でも一番なのですが、普段は日向ぼっこを愛するのんびりしたキャラです。

やちは、「粋」や「風流」といった事柄を愛するキャラクターです。
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

初音は、口数が少なく、無表情な事もあり、何を考えているのか分かりにくいキャラクターです。
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

芹栖は、組内では、比較的まともな性格であり、明るく礼儀正しいです。
しかし、バカ正直であるため騙されたりなどドジな面も…。

紗乃は、男勝りな性格であり、喧嘩っ早い所があるキャラクターです。
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

涼華は、土佐弁と標準語が入り混じった独特の話し方が特徴なキャラクターです。
飄々としており、つかみどころのない性格でもあります。

心は、成績優秀でお嬢様な事もあり、気品を感じるキャラクターです。

伊織は、「人斬り伊織」と呼ばれる剣の腕前をもっており、焼きそばパンひとつで1人で請け負っています(汗)
…焼きそばパンひとつで斬られたら泣くな(汗)

さて、今作では各ヒロインと恋人関係になっている前提でのストーリーが描かれており、いきなりラブラブです。
まぁ、そうじゃないと本に入らないですからねぇ(汗)
おそらくオリジナルの展開なんでしょうが、原作未プレイな私には分かりません…。

当然Hになる展開も早いです。
更にこの主人公、挿入に限らず、行為によってすぐさま発射してしまいます(汗)
早ければ数行で…。
まぁ、すぐさま復活し、行為は続きますのでご安心を。
そういう意味ではテンポの速いHシーンが展開されている訳ですね。
十分Hだと思いますので、それほど物足りなさは感じにくいとは思いますが、これだけのヒロインがいればもっと見たいと思うヒロインがいるでしょうから、その場合はもっと見たいと思ってしまうかもしれませんが(汗)
全体的にコミカルなシナリオですので、読みやすいと思いますが、キャラによってはノリが合わない可能性もあるかも。

更にこの作品、ページ数が厳しいにも関わらず、まさかのボードゲームが収録されています(汗)
タイプ的にはマップを周回する事で点数を稼いだり、相手に攻撃をしかけたりする双六ですね。
結構詳細なルールまで載っており、結構しっかりしています。
表紙カバー裏がマップになっており、トランプをダイスの代わりに使って行なう様です。
一人ではできませんので、お友達とやってみては…?(汗)

*今回、アマゾン、楽天で商品の検索中にパラダイム版も出ているのを知りました(汗)
こちらはおそらく冒頭のストーリーから描かれているのかな?
そのうち、読み比べてみるかなぁ。

楽天はこちらからどうぞ
学園・新選組!

原作PC版
学園☆新選組!  ~乙女ゴコロと局中法度~
メイビーソフト (2008-03-21)
おすすめ度の平均: 4.0
3 いいけど…
3 キャラが多すぎる。
3 前二作に比べると…。
5 面白いよ
4 う〜ん…


DMM 通販はこちらからどうぞ(ダウンロード版ではありませんので、ご注意下さい)
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 あねてぃ お姉ちゃん先生は弟専用 レビュー

美少女文庫 あねてぃ お姉ちゃん先生は弟専用

あねてぃ―お姉ちゃん先生は弟専用 (美少女文庫)
上原 りょう
フランス書院
売り上げランキング: 114000
おすすめ度の平均: 4.0
3 郁美もいいキャラなんだけどなぁ
5 ラブラブエッチな話

「お祖父様に捨てられたリュウちゃんが東光院グループを引き継ぐのよ」意外な遺言からはじまった義姉・綾瀬のスパルタ&ラヴラヴ授業!Lesson 1:放課後の補習教室。綾瀬がしてくれるフェラチオ奉仕。Lesson 2:二人きりの図書館。憧れの義姉は、ホントは処女で…。Lesson 3:閉じこめられた体育倉庫。ブルマ姿の綾瀬が可愛すぎる!たとえ、すべての試験をクリアして一人前の男になっても綾ネエからは卒業できない。

主人公は世界屈指の巨大資本グループの東光院財閥当主の次男の息子ですが、好き勝手な両親は蒸発し、施設で育った経緯があります。
しかし、長男を亡くしている当主が主人公を後継者として育てるべく、引き取られる事になるものの主人公にその資格がないと判断するや再度施設へと逆戻りという扱いをされて過ごしたせいで荒れた時代も。
その後、主人公は当主の長女夫婦に引き取られ、従姉で義姉でもある「綾瀬」(あやせ)と共にようやく満ち足りた生活を行なっている最中、祖父である当主が死去した事で再度後継者として求められる事になってしまう事に。
せっかく入った学校も転校させられ、入った先では、綾瀬が担任を務めるクラスだったという展開です。

姉で教師であるから、「あねてぃ」って事ですね。

ヒロインは、勿論綾瀬です。
他に登場ヒロインでは、綾瀬の熱狂的な信者である「郁美」(いくみ)がいますが、Hなどはないです。

綾瀬は、現在主人公の義姉でもあり、担任教師で東光院グループのトップという立場でもあります。
学校では、主人公に対しても一線を引いた態度で接していますが、自宅では主人公をちゃん付けで呼んだり、寝起きが良くなかったりと結構抜けたところも(汗)
学校ではクールで、家では甘い感じがいいですねぇ♪
クールと言っても、ツンデレみたいな程きつくはないですから、十分優しいですね。

郁美は、綾瀬を信奉するファンクラブ「ラヴラヴアヤセ」の会長でもあります(汗)
そのため、才色兼備な綾瀬と生活している主人公には敵視しており、事あるごとにねちねち絡む事も。
性格、思考は「おーほほほ」なお嬢様な感じのキャラクターです。
とは言え、いつもそういった面ばかりでなく、そこら辺は普通の女の娘ですね。

展開的には、主人公は綾瀬の管理下で後継者になるべく、教育を受ける訳ですが、そんな事には過去の苦い記憶もあり、身が入りません。
そこでテストでいい点を取ったら、言う事を聞くという話から結果、Hな展開になっていきます。

元々、主人公は幼い頃に優しく接してくれた存在であった綾瀬を憧れの存在としてましたし、その想いが年齢を経て、好意や異性として意識している事に。
綾瀬の洗濯物の下着を使ってオナニーするなど、若い性は暴走中です(汗)
綾瀬側も主人公には、好意を持っていますが、自分達の関係性もあり、考えないようにしていますが、その感情は行為を経て、抑えきれないモノへと…。

Hシーンでは、いきなり主人公に手コキに始まりフェラをされた事で、当初綾瀬が経験あるんだと勘違いして凹む描写は、わかつき作品みたいだなぁと思ったり(汗)
まぁ、それでやけになって暴走したりはしないですけどね。

Hを経験してからは、綾瀬の態度もずいぶんと変化し、学校のクールなイメージから笑顔も見られる様に。
それが結果として、主人公に対する郁美の疑心を煽り、大きな事態に発展していく事になるのは、見所ですね。
まぁ、こういう身分違いの恋愛に対する問題が現れるのはお約束でもあるんですけどね。
主人公と綾瀬は、家族でもあり、教師と生徒、大財閥のトップと学生な訳ですからねぇ、材料はいくらでもありますね(汗)

個人的にはここら辺からの郁美は、結構イメージが変わって好感が持てました♪
流れによっては、いい関係にもなりそうな感じですけど、ここは綾瀬一筋なので残念(汗)
まぁ、これはハーレム系ではないですからねぇ…。

H的には、その分色々なシチュエーションがあるのは良かったですね。
甘々な感じが良く出ていると思います。
体操服+ブルマでのパイズリや学校のプールで水着姿でのプレイ、男子トイレでのHでお漏らししちゃったりなど盛りだくさんです。
個人的には、ラブラブで申し分ないですね。

挿絵は、少しのっぺりした様な印象も受けますが、十分可愛らしい綾瀬が堪能できると思いますので気にならないですね。
大人っぽさよりもやや可愛らしさが垣間見えるイラストは絶妙ですね。
個人的にはもう少し大人っぽいのも、見てみたいかな。
あぁ、そういや郁美の絵なかったな(汗)

楽天はこちらからどうぞ
あねてぃ

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
あねてぃ お姉ちゃん先生は弟専用

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 いもうとダイアリー レビュー

二次元ドリーム文庫 いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん

いもうとダイアリー はぁれむばけ‾しょん (二次元ドリーム文庫110)
伊吹泰郎
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 213217
おすすめ度の平均: 4.0
4 義妹+妹みたいな彼女とその妹が描く夏休み

自分を「お兄ちゃん」と呼ぶ年下の恋人、半年前に出会った血の繋がらない義妹、恋人との仲を邪魔する彼女の妹。優しく気だてが良い、マジメで繊細かつ儚げ、小悪魔的でいかにも幼気―それぞれ異なる魅力に満ちた、愛らしい「いもうと」たちとの“性”活日記。

タイトル通り妹モノですね。
まぁ、全員妹という訳ではないですが(汗)

主人公は女子学院の新人教師です。
主人公の職場である学院には、主人公を慕う顔なじみの生徒「遥」(はるか)、遥の妹の「日向」(ひなた)、生徒会長である義妹の「ちさと」も通っています。
そんな中、主人公は遥との約束で夏祭りに行く事になるのですが、これがきっかけで主人公達の関係にも変化が起き出すという展開です。

ヒロインは、先ほど挙げた3人です。

遥は、5年前に主人公が家庭教師のバイトで受け持った生徒であり、主人公を慕っています。
性格は天真爛漫であり、明るく優しいキャラクターです。

日向は、姉の遥を心底尊敬しています。
そんな事もあるのか、姉が好意を抱く主人公には敵視している所があります。
性格も主人公には、辛辣でツンツンしています。
ですが、彼女も気づかぬ感情が…。

ちさとは、最近母親が主人公の父と再婚した事で主人公の妹になっています。
学院では生徒会長を勤めるほど、冷静で生真面目な性格をしており、大人びた容姿も相まって少しクールそうにも見えます。
主人公には、学院でも家でも最低限の対応を見せる程度でそっけない態度を見せますが、こちらも…。

妹はひとりなのに、何でこのタイトルなんでしょうね?(汗)
妹分って事なのかな?
まぁ、ぶっちゃけ妹でも違ってても何ら構いませんけどねぇ、私は(汗)

展開的には、主人公も好意を持っている遥との夏祭りにて、関係を持った事から、他のヒロインたちにも関係の変化による影響が出ていくことでそれぞれヒロインとの関係も大きく動き出していきます。
そういう意味では、一番先に関係を持った遥よりも、それに触発された日向、ちさとの描写の方が多めに描かれていますね。
実際悩んだりしていたりなどの描写は、遥は殆どないですから、印象は薄い感じがありますね(汗)

特に日向は当初は結構主人公のみならず先輩である、ちさとにも突っ掛かる様な発言していたので、あまり個人的に好感良くなかったのですが、ここらからは可愛らしいじゃないかとにニヤニヤ(汗)
特に口に精液が付いていることを気にして、キスのおねだりを躊躇してしまう所は、彼女の可愛らしさ、純なところが表現されていて良かったですねぇ♪

Hは結構濃い目ですね。
回数もですが、内容がなかなかの描写と挿絵による破壊力はかなりのものでしょう。
個人的に良かったのは、遥の胸の大きさを活かしてのパイズリ行為を妹の日向がレクチャーしての行為だったり、玉袋の頬張って舐め回す描写が良かったですね。
他にも、裸エプロンやスク水プレイなど結構マニアックなプレイがあるのもいいですね。
終盤にはアナルセックスやアナルいじりがあるのですが、ここの描写がかなり力が入っているのが印象的です(汗)

どうでもいい事なんですが、ちょっと気になったのは、ダイアリーとタイトルを銘打っているんですが、そんな要素は章題の8月○日って日記帳なタイトル付けくらいなもので、その他はヒロインらが日記をつけている描写もなく、あまり関係ないんじゃないかなという所ですね(汗)

挿絵は、二次元系ではお馴染みの「高浜太郎」さんが手がけています。
相変わらず、繊細な線で描かれたキャラクターらは、可愛らしさとそれ以上の色気、艶気が出ていて魅力的ですね♪
この挿絵も相まって、エロさが更に増していますね。

楽天はこちらからどうぞ
いもうとダイアリー
*残り少ないです(汗)

いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

Paradigm novels アンサンブル 若葉編 レビュー

Paradigm novels アンサンブル 若葉編 舞い降る羽のアンサンブル

アンサンブル (パラダイムノベルス)
雑賀 匡
パラダイム
売り上げランキング: 1143775

交通事故で、母親と右目の視力を失った若葉。家庭の事情から寺田家に預けられていた幼い楓は、彼女とその姉の桜子を、ずっと守っていこうと心に誓った。それから15年。楓にとって大切な妹だった若葉はいつしか特別な女の子に変わり、ふたりはついに体を重ねる。そんなある日、楓の大学の友人・星歌が訪ねてきた。ふたりの親しげな様子に嫉妬したのか、若葉は星歌にとげとげしい言葉を浴びせる。普段の彼女とは別人のような態度に楓は不安を覚えるが…。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
「桜子編」、「淳編」に引き続き、いよいよ最終巻の「若葉編」です。

基本となる内容は、主人公は幼い頃に家庭の事情で父親の知り合いである寺田家に預けられる事になります。
その際に、妹の「淳」(すなお)は地元に残り、離れ離れとなります。
寺田家には、そこの娘の「桜子」(さくらこ)、「若葉」(わかば)の姉妹がおり、少しづつ主人公を受け入れていく事に。
しかし、姉妹の母親である「百合乃」(ゆりの)が外出先で事故死してしまう。
一緒に事故にあった若葉は事故の後遺症で、右目が見えなくなってしまいます。
身体だけではなく、幼い心が傷ついた若葉は心を閉ざしてしまい、感情を出さなくなってしまうも主人公が支えとなる事で回復していきます。
それから15年経過して、ふたりの関係は家族から少しづつ変化していく事に…という展開です。

ヒロインは当然、若葉です。
意外に最初から恋人ぽい関係から始まっているのは予想外でしたね(汗)
とは言え、まだキスどまりな関係と初々しさがあります。

ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

…あれ? そういや輝がこの作品では居候で登場していないなぁ。
そういう点も含めて、やはり今作のみ少し時間軸は前になるんでしょうね。

読んでちょっと気になったのは、少しこの作品だけ時間が前から描かれてますね。
今まで作品のは、寺田家には犬が飼われているのですが、今作ではその犬がどういう経緯で飼われたのかも明らかになります。
あんまり本筋には関係なさそうですが、ここでも若葉の人となりが分かりますね。

中盤までは、何気ない話が展開されるんですが、ここら辺から若葉の様子に変化が出てきます。
時々、黒いと言うか事故直後の感情の抜け落ちた若葉を髣髴とさせる面が出るようになります。
ここからが、若葉編の盛り上がるところですね。
事故の原因となった姉の桜子(体調を崩して車で病院に行く最中、事故に遭っています)も事故の事に罪悪感などを抱えて不安定になる事もありましたが、そこまで心底落ち込んでいるという風ではなく、彼女なりに事故の事を飲み込めているのがうかがえますが、若葉にはそこまではできていない事も影響しているのでしょうね。

描写的には、主人公の初H後からそういうのが目に付くようになりましたが、まぁそれは関係はないのかな?
更に仲の良かった葎華が転校し、離れ離れになってしまう事も彼女の精神の安定さに影響を与えてしまったのかも。
元々、事故後主人公は若葉の傍からはいなくならないと約束しており、それが若葉には唯一の心の拠り所となり、不安定さに拍車をかける事になった要因ぽいですけどねぇ。
…頭数に入らない姉の桜子、涙目(汗)
まぁ、それは若葉の心情を考えると仕方ないんですが…。

更に、事態は妹の淳が主人公を捜しに来ており、まさかの再会を果たす事で若葉の心は…(汗)

そんな心の闇も描いている分、他の編に比べるとシリアスさというか重さがより増している作品だと言えますね。
その分、読み応えは中々あると思いますし、個人的にはこの若葉編が一番好みですね。
最初は、何で桜子編、若葉編、淳編の順じゃないかと思ってたのですが、なるほど若葉は最後じゃないといけませんねぇ、これは。

H的には回数などは、淳編よりもあります。
更にフェラシーンなどがあるのも今作では確か初めての様な?
もう少し量があると良かったけど、もし仮にこの作品でHが多かったら、ほとんど自分の不安などを誤魔化すための逃避的な側面でのHばかりになりそうだから、なくて正解かな(汗)
個人的にそういう感情でのHシーンは、あまり興奮しないので(汗)
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル? ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

ラストの展開は、一番エンディングらしいエンドだった気がします。
そういう意味でも、今作が締めに相応しいのではないかなぁと思います。
ぜひ、3巻まとめて読んでみると尚楽しめるのではないでしょうか。

でも…、よくよく考えると、DMMで原作PC版のダウンロード版が2990円で出ており、パラダイムノベルス3冊を定価で買うと、2700円ほどに(汗)
だったら、ゲームやる方が良くない? 声とかBGMあるし(涙)
やはり3冊は負担大きいな…。
個人的にはノベル版ではサブキャラで存在感の薄かったヒロインにHシーンがあるようなので、ちょっと興味があるけど、それだけのために原作版は手が出せないな…(汗)

楽天はこちらからどうぞ
アンサンブル(若葉編)
*残り少ないようです(汗)

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

Harvest novels 妹汁 レビュー

Harvest novels 妹汁

妹汁 (ハーヴェストノベルズ)
岡田留奈
ハーヴェスト出版

父親の再婚で、突然3人も妹が増えた晶。しかも両親は呑気に新婚旅行。そんな折、考古学者である父親の書斎から古文書を発見した晶。何気なく読み上げた途端、奇妙な呪いにかかってしまい!?しかも、この呪縛から逃れるには、少女の“汁”を集めないといけなくて…。幸か不幸か、家には可愛い妹たちが…。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

以前、当ブログで「姉妹汁」という作品をレビューしたんですが、これは「妹汁」と「姉汁」という作品のキャラクターを使ったオリジナルの作品だった訳です。
でも、当時私はその両方の作品は未見であったままでしたが、今回購入したので遅まきながらレビューとなります。
…順番的には逆ですね(汗)

内容は、主人公は父親が再婚した事で、いきなり3人の妹が出来る事から始まります。
そんな中、考古学者をしている父親の部屋の整理中に不思議な箱を発見。
それは「イナンナの甘露壺」と呼ばれる古代の秘宝で、瓶に直接触れた者は所有者に認定され、呪いがかかるという代物(汗)
呪いの解除には瓶に女性の体液を集めるしかない主人公は、妹達の体液を集める事になってしまうという展開です。

ここらは姉妹汁と変わらない設定ですね。
と言うより、これがオリジナルなので当然ですね(汗)

ヒロインは、勿論義妹たち長女の「結希」(ゆき)、次女の「未卯」(みう)、三女の「菜々」(なな)の3人に、結希の友人で姉妹汁でも登場した「梓」(あずさ)、義母の「幸恵」(ゆきえ)です。

…梓って、妹汁のメインヒロインじゃないんですね(汗)
てっきり姉妹汁でヒロインだったから、妹汁でもメインヒロインかと思ってたら、友人とは…。
そうなると大抜擢だったんだなぁ、あれは。

結希は、優しくお淑やかなキャラクターです。
でも、天然なところがあり、よく転んだりとドジッ娘でもあります。
そのためか、本人は長女らしい事が出来ていないと悩んでいる面もあります。
妹汁

未卯は、結希よりも更に大人しく恥ずかしがりやなキャラクターです。
それゆえどこかオドオドしており、三女の菜々にからかわれたりします。
マリモに名前を付けて可愛がっています。
妹汁

菜々は、他の姉たちに比べると、活発でテンションの高いマセた所があるキャラクターです。
行動的なので、主人公は振り回される事が多くあります。
妹汁

梓は、結希の友人であり、テニス部に所属しています。
姉妹汁と同じく、勝気で自由な感じはそのままですね(汗)

幸恵は、3人の母親であり、父親の再婚相手です。
おっとりした性格で現在は父親との新婚旅行に行っています。
妹汁

展開的には、妹たちの愛液を集めるというのが基本ですね。
まぁ、普通そんな事出来る訳はないのですが、呪いの影響もあってか、発情状態になったりするため、出来過ぎな程そういう展開に発展しますので問題ないです(汗)

妹たちの愛液を集めるだけに留まらず、Hな展開になったり、梓まで主人公を気に入ってしまい…。
とは言え、基本はやはり妹らがメインですね。
終盤は義母である幸恵ともちょっとHな展開になるんですが、ここはちょっと怪しい展開に(汗)

それと言うのも、終盤には呪いの影響が増してきた事で主人公にはある変化が起こるのですが…、これは(汗)
この展開は、姉妹汁でもあった事なのですが、まさかこの展開での締めくくり方となるとは意外でしたね。

あとがきで著者さんが、原作PCゲーム版のトゥルーエンドとは違うエンドにしたとあります。
なぜこれにしたのかなぁ(汗)
まぁ、これもこの作品ならではの結末だとは言えますが、ノベル化であえてこれにしたのは著者さんの望んだ事みたいですね。

でも、これだと冒頭の口絵?の原作版の画像とは違うんですよねぇ。
幸恵の原作画像でフェラシーンがあっただけにそういう展開があるのかと期待していただけに、残念(汗)

挿絵は、原作版よりもほんのり成長している印象の絵柄ですが、十分幼いですね(汗)
でも、個人的には挿絵版の絵が好みですので、問題ないですね♪

原作版は、やはり少し古めの作品もあってか、やや絵柄に古さを感じますが、ノベルには基本文章ですから問題ないですね。

…今考えると、姉妹汁には殆ど関係なかったな、この作品、梓だけだったし(汗)
姉汁」も一緒に購入しましたので、そのうちレビュー掲載する予定です。

楽天はこちらからどうぞ
妹汁

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
妹汁KAGUYAコレクション

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
妹汁

原作PC版
妹汁~KAGUYAコレクション~
アトリエかぐや BerkshireYorkshire (2008-05-30)
おすすめ度の平均: 4.0
5 やりやすいww
3 これは・・・


ブログランキング参加中です
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

Paradigm novels アンサンブル 淳編 レビュー

Paradigm novels アンサンブル 淳編 舞い降る羽のアンサンブル

アンサンブル (パラダイムノベルス)
雑賀 匡
パラダイム
売り上げランキング: 1158387

両親の都合で離れて暮らすことになった楓と淳の兄妹。お別れの日、ふたりは再会と結婚を約束する。それから15年。淳は兄との再会を夢見ながら、北海道で学生生活を送っていた。一方、東京の寺田家に預けられた楓は、寺田桜子と若葉の姉妹や友人の星歌に囲まれ、にぎやかに暮らしていた。そんなある日、彼は文緒という少女と出会う。彼女は借金をして行方をくらました義兄を訪ねて北海道から来たのだという。放ってもおけず楓は彼女を連れ帰るが…。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
アンサンブル 桜子編」に引き続き、淳編です。
一応このレビューでは、発売順である「桜子編」→「淳編」→「若葉編」の順で掲載します。

基本となる内容は、主人公は幼い頃に家庭の事情で父親の知り合いである寺田家に預けられる事になります。
その際に、妹の「淳」(すなお)は地元に残り、離れ離れとなります。
それから15年経過して、ふたりの関係は家族から少しづつ変化していく事に…という展開です。
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

今作のメインヒロインは、もちろん淳です。
勿論、前作のヒロインである桜子なども登場しますが、今作では淳側の新規キャラクターが多いのも特徴ですね。
淳を世話している「友希乃」(ゆきの)、友希乃の姪の「文緒」(ふみお)、淳の学校に転校してきた「葎華」(りつか)などです。
他にもいるんですが、メインどころはこれくらいですね。

淳は、主人公の妹で幼い頃に離れ離れになったきりです。
再会を夢見て主人公に宛てた手紙風な日記をつけるのが日課となっています。
性格は名は体をあらわすかのように素直ですね。
ボクッ娘なのもポイント高いのではないでしょうか?(汗)

友希乃は、淳を自分の経営するホテルに住み込みのバイトとして住まわせています。
性格はおおざっぱで、細かい事は気にしないタイプです。

文緒は、そんな友希乃の姪ですが、性格は似ておらず、基本的には大人しめな性格でしょうか。
美人で隙の無い感じの印象を与えますが、意外と抜けていたりと天然要素も。
現在はある事で悩んでいます。

葎華は、東京から淳のいる北海道まで転校してきたキャラです。
性格は、よくしゃべり、お調子者でトラブルメーカー的な感じも…。
淳を気に入り、よくボディタッチなどレズっ気も(汗)

ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

今作の構成は、淳、主人公との視点で交互に展開が進むのが特徴的です。
そんな事もあってか、淳側のキャラクターと主人公が出合ったりなど本人らは知らないながらも読み手は知っているだけに、いつ気づくんだろうかなど思いながら読んじゃいますねぇ。
前半部は、お互い出会うまでの話が展開されて、後半からは、ふたりの展開にシフトしていく感じですね。

15年ぶりの再会だったりな事もあり、中々ギクシャクした感じはあったけど、もう少しあっても良かったかなぁ。
思ったよりは普通だったけど、まぁ、実際こんなものかな(汗)
実は、淳には色々と複雑な立場にある事が終盤にかけて、分かってくるんですが本当に世界は狭いなって感じです(汗)

Hシーンが用意されているのは、淳と文緒のみです。
淳、文緒ともに1回のみなので、H的には正直物足りなさは否めませんね…。
まぁ、ストーリーや作風は純愛系ですので、そこは仕方ないんでしょうけどね(汗)
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

一応これ単独でも楽しめますが、当然、前作の桜子編から読んでた方が理解できて楽しめますね。

楽天はこちらからどうぞ
アンサンブル(淳編)

DMM独占販売 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 田舎の義母と僕 レビュー

リアルドリーム文庫 田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り

田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り (リアルドリーム文庫 47)
芳川葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3028

正哉が沙優李の養子としてやってきた美涌谷村では、古くから伝わる伝統儀式を行っていた。「今夜から三日間、仏間で私と一緒に寝てちょうだい」都会にはない淫靡な香りが漂う儀式の数々。巫女の美咲、村長夫人の敬子らも加わり、魅惑の儀式をこなしていくのだが…。

9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

田舎+義母って組み合わせは、もういやらしさ満載な感じがするのは何でしょうねぇ(汗)

主人公は叔母の「沙優李」(さゆり)の養子として、沙優李の住む美涌谷村へとやってくる事に。
村で行なう儀式「禊の儀」(みそぎのぎ)に臨む主人公にHな展開が…という流れです。

禊の儀は、高畠の人間が神社の裏の山で、村の一年の安寧への感謝と来る年の幸福を願い、行なう儀式です。

ヒロインは、義母の沙優李の他に神社の娘で巫女の「美咲」(みさき)、村長の妻である「敬子」(けいこ)がいます。

沙優李は、村の儀式を取り仕切る立場である「高畠家」の当主でもあります。
現在夫を亡くしており、男性がいない経緯もあり、主人公を養子としています。
性格は、穏やかであり、母性的な面が強いキャラクターです。
表紙絵でも分かる様に、相当な巨乳の持ち主でもあります。
主人公を「マーちゃん」と呼んでいます(汗)

美咲は、神社の娘で巫女でもあります。
主人公は養子になる前から、度々この村に訪れており、その度に遊んでいた過去がある、幼なじみの様な関係です。
年が少し主人公よりも上であり、口うるさい所があります。
性格は、ツンデレな所があり、主人公に淡い好意を抱いていますが中々素直になれない態度を取ってしまいます。

敬子は村長の妻です。
沙優李とは幼なじみの関係でもあります。
如何にもと言う様な色気を感じさせる妖艶なキャラクターです。
性には開放的なタイプであり、主人公を誘惑してみせたりします。

読んでて意外だったのは、タイトルでは義母とある訳ですが、序盤は全くそんな感じではなかった事ですね。
中盤辺りから、主人公は義母である沙優李に対し、欲情をしていく展開になるのですが、それまでは主人公は沙優李にはそんな考え自体がなかったです。
大概のリアルドリーム文庫作品で義母モノに関しては、主人公は最初から義母に対して、好意は勿論、性的な対象として見ているというパターンが殆どです。
でも、これはそういった感情を持っていない主人公が、別のヒロインたちとの性行為をきっかけに沙優李にも性的な存在として認識してしまうのがちょっと新鮮でしたね。
これは沙優李にしても同様で、途中から主人公に男を意識する様になっていきます。
それゆえにやや、思ってたよりもメインヒロインとしての立場が確立し切っていない感もありますねぇ。
他のヒロインとの差が思ってた程はなかったかなと。

展開的には、儀式の準備から始まり、それをこなす過程でのHな展開という流れですね。

Hシーンに関しては、最初から美咲の手コキに敬子の口内に発射など中々濃い展開で見応えがあります。
美咲は、儀式の妨げになるから仕方なくという感じですが、敬子はノリノリです(汗)
まぁ、ツンデレ気味な美咲と義母の沙優李では、中々そういう展開にはなりづらいですが、敬子の様な性に寛容なキャラクターはそういう展開には持っていき易いでしょうからね。
なので、初体験は敬子を相手に行なう訳ですが、場所が夫婦の寝室でなく、座布団のある和室ってのが個人的に妙にリアルというかいやらしい感じが出ていて良かったです♪
やはりイメージ的にはベッドでなく、布団でのHっていうのがあるんですよね(汗)

ねっとりとした描写でいやらしさと艶っぽさが表現されているのは好印象ですね。
美咲との何だかんだ言いながらも…みたいな展開からのHもいいんですが、やはり他の女性陣の艶気にはちょっと勝ててない感じもありますねぇ(汗)
美咲は経験があるんですが初々しさも感じられて、経験豊富なヒロインらとはまた違った魅力があるのも確かなんですけどね。

経験をした主人公は義母の沙優李にも欲情してしまうんですが、さすがに息子である主人公とは関係を持つ事に躊躇いがあります。
それでも豊かな胸を使ってのパイズリなどで射精させたりと、十分アウトな気がしますが(汗)
勿論、そのまま最後まで挿入お預けで終わったら、最悪ですが、そんな事はないのでご安心を。
これも儀式には必要な事と自分で理由をつけてからは、もう積極的になっています♪

終盤は、全員揃ってのハーレムプレイです。
ここでは、ヒロイン達同士で主人公の放った精液を啜ったり絡んだりと中々濃く、見応えありますね。

挿絵は結構くっきりとした描線で、アダルトコミックの様な感じとでも言うのでしょうかね?
まぁ、せっかくの挿絵もリアルドリーム文庫なので、あまり挿絵数が少ないのは残念ですね(汗)

同著者さんの作品のふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母を髣髴とさせるママぶりでした♪
同作品が楽しめたなら、今作も楽しめるのではないでしょうか?

田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り 田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り

楽天はこちらからどうぞ
田舎の義母と僕

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

えすかれ美少女文庫 生徒会長を脱がそう! レビュー

えすかれ美少女文庫 生徒会長を脱がそう!


「もし私が負けたら、全校生徒の前で処女をあげるわ!」ここはギャンブル学園、勝てば無敵の生徒会長・森沢想良も姉の流奈先生だって思いのまま。脱衣トランプ、パイズリルーレット、姉妹3Pを賭けて丁半博打!勝球拳で二人のお尻を奪っちゃえ!勝って勝って、森沢姉妹は揃ってボテ腹へ。



9月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

さて、内容は主人公の通う学園は他では見られないギャンブルが公認されています(汗)
さすがに金銭をかける様な真似はしないものの、対象はHな要求がかけられる状況です。

そんな状況に生徒会長の「想良」(そうら)は見過ごせなく、生徒のギャンブルは認めるが、それに破廉恥な賭けを行なう事を禁止する事を決めようとしますが、生徒らは女子まで反対する中、クラス全員と賭けを行います。
順調に勝ち続ける中、想良でしたが、主人公の前には手も足も出ない有様に。
その力に興味を持った想良は、自らの身体を賭けの対象にし、主人公に賭けを挑むという展開です。

ヒロインは、想良以外にも、想良の姉で教師の「流奈」(るな)がいます。

想良は、生徒会長であり、祖父は学園の創立者ですが、その会長の座も賭けに勝った事で手にしたほどの腕前を持っています。
実際は「幸運の炎」と呼ぶ、勝つための要素が炎状に見える能力を有しており、その力の効果もあります。
性格は生真面目であり、破廉恥な行いは毛嫌いしています。

流奈は、教師でもあり、想良の姉です。
性格は想良とは違い、勝つためならイカサマしてもという考え方を持っています。
妹と同じく、幸運の炎が見えます。

他にも、教師の「早織」(さおり)などもいますが、こちらはHなどはないです。

基本的な流れでは、主人公に姉妹が挑戦をして、Hな展開になるって感じですね。
主人公には姉妹の幸運の炎も効果が出ない事で、勝てなくてドンドンHな行為に発展していく訳です。

ちなみに主人公が登場するのが、39Pと結構後なのが意外でした。
私、最初に出てきた生意気そうな男子生徒が主人公なのかと勘違いしてましたよ(汗)
設定説明にページを割き過ぎな感はありますね。

えすかれという事もあり、Hシーンはかなり豊富ですが、皆クラスメートらの前で(しきりなどで隠された状態もあります)の行為ばかりです。
ここらは賛否あるんではないかなぁ(汗)
大人しいならまだしも結構、行なわれている行為に一喜一憂するため、歓声などがあったりと妙な存在感があります。

最初の頃こそは恥ずかしい事もあり、しきりなどがある状態でしたが、終盤はもうお構いなしです(汗)
そのため全編で羞恥プレイの要素もあるかもしれませんね、考えようによっては。

行為はフェラ、パイズリに始まり、挿入、アナルなど盛りだくさんです。
姉妹によって、反応に差がある事もあり、それぞれ違った魅力がありますね。
一応経験者であった姉の流奈は、最初から快感に悶えるのですが、性的な経験もなく、そういった事に潔癖なところがある想良には中々素直に感じる事に躊躇いが垣間見えます。

えすかれですから、Hシーンの濃さ、ボリュームなどは文句ないのですが、個人的に気になる点はありますねぇ。
まずは、恋愛要素といった要素が希薄な事でしょうか。

勿論、想良らは何も感情のない相手に身体を許すのはありえませんから、多少なりとも感情はあるのでしょうが、決定的にそれを描写しているシーンは特にないですね。

更に主人公のキャラクターが、恋愛よりも肉欲重視な所が強いのも、それに拍車をかけています。
まぁ、それにはとある理由が隠されているので、仕方ないのですが、それが解決した後もこれといった描写が見られなかったのは残念ですね。
そんな設定、理由がなかったら、この主人公、個人的には全く受け付けないタイプになる所でした(汗)

Hシーンの衆人の目がある中でのプレイに徹していたのも、結果として恋愛感を消していた要因でしょうね。
一応、個人的に会っていたケースもありますが、それはまた状況が違うので。

章の終わりに毎回主人公が、「母さんには悪いけど、??だから博打は止められないよ」って言いすぎ(汗)
2章、3章、4章と毎回これがあるのは、あえてなんでしょうかねぇ、気になって気になって(汗)

挿絵は、美少女文庫でお馴染みの「神無月ねむ」さんが手がけています。
可愛らしく、柔らかそうなボディは相変わらず素晴らしいですね♪
真っ赤になっている表情の描写が秀逸ですねぇ。

でも、何か全体的にトーンが濃いので、暗めな印象ですが、すっかすかな白い挿絵よりはいいですけどね。
何気にHシーンのない早織先生のHシーンを見て恥ずかしがっている挿絵が可愛かったです♪
終盤何気にオナニーしちゃっているんですよねぇ、この人(汗)

恋愛色は薄いですが、ギャンブルをテーマにした作りや設定などは中々新鮮で読み応えがありましたね。
まぁ、最近のえすかれにしてはHにくどさはさほど感じられなかったので、最近の暴走気味なえすかれに抵抗があるならば読みやすいとは思います。
特別アブノーマルなプレイはなかったですから。
これでしっかりとした恋愛要素も盛り込んでいたなら、化けた気もするんですがねぇ(汗)

序盤に主人公は1ヶ月ほど想良の屋敷に居候していたという記述がありましたが、全くそこらのエピソードは皆無でそんな説明自体が不必要にすら感じたので、そこをうまく使えばもっと恋愛感が出たのかなぁと思ったりしましたけど、えすかれだからそこまで恋愛色はいらないのかな?

読み終わっての印象は、良くも悪くもえすかれって感じですね、これは(汗)

楽天はこちらからどうぞ
生徒会長を脱がそう!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
生徒会長を脱がそう!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 このたび妹と結婚しました。 レビュー

美少女文庫 このたび妹と結婚しました。

このたび妹と結婚しました。 (美少女文庫)
橘 真児
フランス書院
おすすめ度の平均: 5.0
5 イラスト相性もよかったです

ついに! きょうだい婚が合法化!?  晴れて、最愛の真世をいもうと嫁に! 「お兄ちゃん……痛くしないでね」 嬉し恥ずかし初めての夜、困難を乗り越えロストバージン、隣の夫婦、 S姉×ショタ弟を見習って裸エプロン、 露出プレイ、お尻エッチにも大挑戦! 「もぉ! 毎晩いっぱい求めすぎ」


9月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

他の方のレビューでは、中々の高評価だったので、楽しみでした♪
さて、その結果は如何に…。

内容は、少子高齢化の更に加速した日本では、少子化は深刻な社会問題となっており、政府はきょうだいの結婚を認めるという驚きの案を出す事に。
とは言え、いきなりその様な急激な変化は混乱を招きかねないため、無作為に選ばれたきょうだいを同意の下、結婚させ、その生活をテストする事になり、そのテストケースに主人公と妹の「真世」(まよ)は選ばれ、ふたりは結婚生活を送ることになるという展開です。

まぁ、思い切った凄い案ですねぇ(汗)
えすかれでもいい様なネタな気もしますが…。

ヒロインは勿論、真世です。
しかし、他にも同じくテストケースになっている姉弟「さなえ」と「比呂海」(ひろみ)と、内閣府調査部所属の特務機関の「瑞姫」(みずき)がいます。

真世は、幼い頃から主人公にべったりな程、主人公の事が好きな娘です。
ですが、主人公以外の男性は父親であろうとまともに会話すら困難なほどの男性恐怖症でもあります。
押しに弱い所があり、特に主人公に強く言われると断れないところも。

さなえは、既に成人し、OLとして働いているバリバリのキャリアウーマンなキャラクターです。
弟の比呂海の事を愛していますが、少し年の離れている事もあるのか、童顔で女顔な比呂海にはやや苛めたくなる様です(汗)

比呂海は、真世と同じクラスメートですが、真世の男嫌いもあり、結婚まではあまり接点はなかった様です。

瑞姫は眼鏡の似合う、如何にもお堅そうな印象のキャラクターです。
主人公の結婚生活に忠告にくるなど、監視役でもあります。
ちなみにHシーンはないですが、自慰シーンはあります(汗)

さて冒頭から結婚生活に入り、新婚初夜でもあった訳ですが、何と失敗してしまいます(汗)
そこには真世の男性恐怖症にもなった原因が絡んできます。
お互い想い合った仲でもあるのに、結ばれない事は何とも皮肉な話ですねぇ。
そんなふたりを尻目に隣室からは、さなえと比呂海のHな事が聞こえてくるのが(汗)

そんな事で刺激を受けたり、瑞姫からの話を聞いた事もあり、遂に初体験を迎える事になる訳ですが、一度出来てしまえば後はもうふたりっきりな環境ですからそれはもう…(汗)
ですが、その後倒錯したさなえ&比呂海のHを目撃してからは、主人公はおかしな方向に…。
主人公もさなえの様に、真世に苛めたい願望が出てくる事で、Hは過激な展開になっていくことになります。
まず手始めに裸エプロンです(汗)

私は別の作品のレビューでも書いてますが、あまり裸エプロンってものには興奮しないんですが、それでもあっけらかんとそんな格好をする訳でなく、恥ずかしげに頬を染める真世の姿は悪くないですねぇ♪
真世の心情も描写がされていて、更に彼女の恥ずかしさとそれとは裏腹に快感を覚え始めている事に戸惑う姿には好印象です。
そんな自分をおかしいと思い、主人公を拒絶しようとしたりと彼女の潔癖さというか、生真面目さが出てますねぇ。

反面、この辺りの主人公は性欲に負けている様な感じを受けますねぇ。
真世に対する愛はあるものの、自分本位な面が所々垣間見えますが、本来なら結婚など考えられない中、一生自分の心に押さえ込んでおかなければならなかった純粋な想いや反面湧き出る劣情などといったものが合法的に解き放たれた訳ですから、その勢いの暴走は止められないのも致し方ないのかなとも思いますけどね(汗)

その後も、学校内でのHや羞恥プレイなどアブノーマルなプレイに走る主人公。
それも真世を感じさせたいと思う心から来るものですが、ちょっと性急な事もあり、まだ性に関してまだまだ成長期な中、そんな過度のプレイで真世の心には不安感が湧き出てくる事になり、主人公を信用できなくなってしまうなど心理描写もしっかり描かれているので読ませてくれますね♪

個人的に気になったのは、サブキャラが妙に目立つ事でしょうか(汗)
さなえ&比呂海に関しては、まさかのHシーンが複数も描写されており、かなりの分量を割いています。
まったくいらないとはいいませんが、もう少し出番が控えめでも良かったかもしれませんね。
その分、主人公たちのシーンが欲しかった感がありますねぇ。

更に瑞姫も個人的にはそこまで必要だったかと思ったりします(汗)
確かに多々主人公に助言はありましたが、どれもそこまで必須とは言えないかなと。

読んで思ったのはあまり結婚した感じではない様に感じたんですよねぇ。
まだ夫婦ではなく、恋人だなと。
あくまで付き合いだして同棲の恋人と大差ない印象を受けたので、もう少し結婚というかそういう要素ならではの何かがあっても良かったのではないかなとは思いました。

そもそも、妹ものは私の印象ですが、私がこの手の作品を読み出した頃からは当時よりも義妹と実妹の差と言うか違いがなくなってきている印象なんですよねぇ。
なので、既に実妹でも問題なくHし、妊娠し、出産して幸せになる様な展開の作品自体はそんなに珍しくはない今、

あえて実妹で合法で結婚可能にした意味はあったのかなと思ってしまいました(汗)

そういう考えもあって、別にこれは無理に実妹でやらなくてもできそうな話かなともちょっと思いながら読んでたのですが、エピローグの真世の言葉はいい感じでしたね。
確かにこれは実妹でなければ、言えない一言かもなぁ。
まぁ、ラストの結びの文はどうなのよとは思いましたが(汗)

大した事無い所で言えば、主人公の悪友もかなり年の離れた妹「マミ」ちゃんとやらと結婚を目論んでいるんですが、私最初、このマミちゃんを同著者さんの作品「隣りのランドセル」のヒロインのまみちゃんかと勘違いしてしまいました(汗)
まぁ、確か向こうはひらがな表記だったし、あの話はまみには姉はいたけど、兄はいなかったので関係ないとは思ったのですが、ランドセルを背負った写真を主人公に見せびらかしているシーンもあって、まさか…?と思ってしまいました(汗)

挿絵は「稲垣みいこ」さんの可愛らしい絵柄が真世の可愛さを引き立ててますね。
このほっそりとした華奢な感じが何とも儚げと言うか…(汗)
まさかのさなえらのHシーンの挿絵があったのは驚きでした。
でも、真世の首輪?チョーカーって言うんですかね?のくだりは何かあるのかと思ってたけど、特に表記無かった様な?

てっきり、過激なプレイになった時にでも主人公から贈られたみたいな流れでつけているのかと思いきや、冒頭すぐの挿絵で既につけてましたね(汗)
絵師さんの遊び心でしょうか?
そこら辺のエピソード知りたかったなぁ(汗)

楽天はこちらからどうぞ
このたび妹と結婚しました。

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
このたび妹と結婚しました。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 お姉ちゃんだって痴女になれるもん! レビュー

えすかれ美少女文庫 お姉ちゃんだって痴女になれるもん!


舞耶、ちゃんと痴女になれるもん! 天然ブラコン姉が勘違いから大胆痴女 に大変身!? 初咥えから淫語フェラで 見せつけごっくん! 初体験は騎乗位 で檄ピストン! 可愛い弟クンを何度 だって搾ってあげる!セーラー服で、 ギャルファッションで、ヴォンデージ で、いっぱいいっぱい食べちゃうぞ!



9月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

7月の「お嬢様・錦織由梨菜は保健が苦手!」、8月の「は~れ部創立! 新入部員(嫁)募集」に引き続いての新人作家さんの作品だそうですねぇ。
上記の作品もいい出来でしたので、期待できそうですが、今作はえすかれと言う事で凄い事になってないかと読むまで心配でした(汗)

内容は、主人公の1つ上の姉「舞耶」(まや)は、とある事から可愛い弟と思っていた主人公の事を異性として意識し始めてしまいます。
そんな中、舞耶は友人でもある「エリー」に主人公の事は隠し、恋の相談をして見る事に。
しかし、そんな友人から出た案は、痴女になり、意中の相手を虜にするべきと極端な助言をしてしまう事に(汗)
これを素直に受け止めてしまった舞耶は、主人公のお嫁さんを目指して痴女になるという展開です。

さすが、えすかれですね(汗)

ヒロインは、エリーも出てくるかと思いましたが、序盤で出てこなくなるので舞耶のみです。

舞耶は、普段はおっとり天然系なキャラクターですが、学業は成績優秀で通ってます。
反面、身体を動かす様な事は不得手です。
性格は、素直で人の言葉を信じやすいところがあり、それが痴女化に繋がる訳ですが(汗)
性的な知識も全くないですが、生来の優秀さでスポンジが水を吸うが如く、知識を吸収していきます。

更に舞耶はHの時にはスイッチが入るらしく、そうなると人格が変化したかと思うほどいやらしく痴女化してしまう様になります(汗)
痴女モードでは、言葉遣いや雰囲気も変化してしまい、普段の彼女の姿とはギャップがあります。
そういう点では、ある意味ふたり分のヒロインを味わえるとも言えますね。

さて痴女とある訳ですから、当然Hシーンは濃いです。
Hシーンでは、新人さんらしく勢いのある、他作品では見られない要素が多々ありました。

中でも目立ったのは、淫語責めというか、その勢いです。
とにかく長台詞で長いと1ページ丸々、1回の台詞で収まらないほどです(汗)
ここまでの台詞量は、他では稀ですねぇ。

ですが、改行もなくひたすら台詞で埋め尽くされているので、圧迫感もありますし、何より読みにくいですね(汗)
数回程度の頻度ならば、まだしも結構1ページ分とは言いませんが、それなりの長さの台詞が多めなので、人によってはうんざりして流し読みされかねない気がします。

台詞も、その長さの中で「~なの? そう~なのね」みたいに本来主人公の台詞の受け答えの代わりに舞耶が自分で聞いて、応えてという要素が入っているのでこんな長さの台詞になっている訳です。
ここまで続く台詞は、畳み掛ける勢いのある描写であるとも言えますが、人によっては馴染めない人もいるかもしれませんね。

…こんなに畳み掛ける淫語のAVあったら、私は引きますね(汗)
淫語と言うか、ただ状況描写を舞耶の口で実況している感もあるんですが、淫語のシャワーを浴びすぎて、もう訳分かんないです(汗)

あまり詳しくないですが、私の中でAVとかの淫語って聞いてて何となく嘘くさいと言うか白々しい感じを受けるんですが、活字でもそう思わせず使いこなすのは技量が必要なのかなとレビューを書くにあたって思ってみたりしました(汗)
この作品では、勢いで押してきている印象も受けるかなぁ。

プレイは様々で、経験がなかったにも関わらず、勉強のおかげですっかり一人前の痴女ですね(汗)
フェラ、パイズリ、アナルいじりなどは基本として、風呂場でのソープごっこであったり、海でのHやデパートの試着室の中など盛りだくさんです。
1回1回が濃く+淫語でボリューム感は凄いですね。

更に個人的に新鮮だったのは、ギャルになりきってのプレイでした。
別に顔黒くなっているとかそういう訳ではないですが、ギャル特有の話し方などで主人公をいじめる展開は中々興奮ですね。
「チョーウケるんですけどー」とか、まさか美少女文庫で見るとは思わなかったです(汗)
ギャルキャラって他作品でも、ほとんどないんじゃないかなと思うので、新人さんらしいというか思いきった要素だなぁと感心しました。
現実のああいう言葉使いは、個人的に苦手ですが、この作品では意外に受け入れやすかったです。

個人的には、少しでも普通の状態のままの舞耶とのHシーンがあっても良かったのではないかなぁと思ってしまいましたね。
全部痴女モードでは、お腹一杯です(汗)

挿絵は、「蓮見 江蘭」さんが手がけています。
正直、中の挿絵を見たら表紙絵の印象とはちょっと違ってましたね(汗)
何だろ…、モノクロはややクオリティーが落ちるかな、カラーに比べると。
角度にもよるんですが、横顔とかがやや細いと言うか、華奢なのかな…?
主人公の顔が描かれていますが、女っぽい顔立ちなのでそこまで違和感はないとは思いますが、顔がある主人公が苦手な人はご注意を。

楽天はこちらからどうぞ
お姉ちゃんだって痴女になれるもん!
*楽天は残りわずかです(汗)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お姉ちゃんだって痴女になれるもん!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


*一回掲載したら、記事部分が消えて掲載されてしまいましたので、再掲載しました(汗)
アマゾンの商品説明分の中に、文字化けしたのが含まれたまま、気づかず掲載したのでそこから先が消えた様です(汗)
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます