FC2ブログ

2010年05月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2010年05月

2010年05月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2010-05-31二次元ドリームノベルズ 「わ行」
二次元ドリームノベルズ ワルプルギスの淫夢ワルプルギスの淫夢 (二次元ドリームノベルズ 295)posted with amazlet at 10.05.31さかき傘 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る貪欲な魔女狩り司祭グストーと闘う、漆黒の魔女ユリーシャ。無実の娘を守ろうとするゴシックドレスの少女は、グストーの肉奴隷に堕ちた魔女エリザの手引きにより、肉拷問にかけられてしまう。処女を散らされ、ボンデージ衣装で肉体を...

記事を読む

2010-05-30リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 義母と隣の未亡人親娘義母と隣の未亡人親娘 (リアルドリーム文庫21)posted with amazlet at 10.05.30小鳥遊葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 157585おすすめ度の平均: 義母の嫉妬と変貌がなかなか良い感じAmazon.co.jp で詳細を見る夫の留守居に熟れた肢体を持て余す義母…。「こんな、はしたない私を軽蔑しないでくださいね」めくるめく蜜劇に息つく間もなく隣家の親娘が加わる。海辺で...

記事を読む

2010-05-29Harvest novels 「ら行」
Harvest novels リトルバスターズ!エクスタシーCharacter Anthology 能美クドリャフカ編リトルバスターズ! エクスタシー Character Anthology 能美クドリャフカ編 (ハーヴェストノベルズ)posted with amazlet at 10.05.29上遠乃きつぐ 児玉新一郎 三日堂 ハーヴェスト出版 売り上げランキング: 5232Amazon.co.jp で詳細を見るなにやらクドの様子がおかしい。本人はそれを気づいていないようだが、同室の西園から話を聞くと、こ...

記事を読む

no-image

2010-05-28リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 女子校生令嬢たちの淫らな保健実習女子校生令嬢たちの淫らな保健実習 (リアルドリーム文庫 39)posted with amazlet at 10.05.28岡下誠 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る良家のお嬢様のあられもない質問から始まる放課後の蜜事。「だめですわ、そんなに激しく扱いては…あぁん」ブレザーに張り詰めた乳房を弄り焦らされる深窓の令嬢。初めての男根を蕩かす二人がかりでの舌奉仕、淫靡な...

記事を読む

2010-05-27リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と (リアルドリーム文庫 38)posted with amazlet at 10.05.27天草白 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る父の仇討ちに挑む青年剣士を取り巻く三人の美女。「よろしければ私がお慰め差し上げますわ…」苦悩する青年を励ますみだれ妻の柔らかな美臀、幼馴染みに組み伏せられ可憐に喘ぐ女剣士、ひくつく男根を包み...

記事を読む

2010-05-26Paradigm novels 「ら行」
パラダイムノベルス 林間島林間島 (パラダイムノベルス 456) (PARADIGM NOVELS 456)posted with amazlet at 10.05.26布施 はるか パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る本土から2時間ほどの離れ小島に引き取られた七海。宮司である伯父、晴彦との生活も慣れはじめたころ、巫女装束を着せられた七海は、島民の目の前で処女を奪われてしまう。しかし悲劇はそれだけでは終わらず…。凌辱描写に定評のあるNomadの最新作がノベル化。金...

記事を読む

no-image

2010-05-25Paradigm novels 「英題」
Paradigm novels D.C.II Fall in Love あふたーすとーりーず2D.C.II Fall in Love あふた~すと~り~ず2 (パラダイムノベルス 457) (PARADIGM NOVELS 457)posted with amazlet at 10.05.25島津 出水 パラダイム 売り上げランキング: 4795Amazon.co.jp で詳細を見る大ヒット作品『D.C.II Fall in Love』の第二弾です。今回はツンデレお姫様のエリカ、堅物委員長の麻耶、そして幽霊娘であるまひるとのラブラブエピソードを収録。『D.C...

記事を読む

no-image

2010-05-24美少女文庫 「あ行」
えすかれ美少女文庫 お姉ちゃんを×ませてお姉ちゃんを×ませて(美少女文庫えすかれ) (えすかれ美少女文庫)posted with amazlet at 10.05.24上原 りょう フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る「赤ちゃん、絶対産んであげるね」「その代わり、浮気は許さないぞ!」天然ぽわぽわ姉・まどかと厳格ツンツン姉・瀬名相手に、まさかの子作り!化け猫の呪いを解くには、コレしかないの!?初エッチで一発受精!猫耳も生えて二人はボテ腹...

記事を読む

no-image

2010-05-23美少女文庫 「さ行」
美少女文庫 さいみん生徒会さいみん生徒会 (美少女文庫)posted with amazlet at 10.05.22七海 ユウリ フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る「あーん、あたし、初めてなのに!」生徒会長・蒼井美咲へは操身騎乗位。書記の福原まこへは顔射、浴尿、ぶっかけH。お嬢様会計・朝日奈エミリは犬化させて、お尻もゲット。最高すぎる催眠ハーレム…だけど、この力は自分でもとめられない!?今日も全裸登校の3人がアナタを奪い合い。5...

記事を読む

no-image

2010-05-22美少女文庫 「あ行」
美少女文庫 妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い!妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い! (美少女文庫)posted with amazlet at 10.05.22青橋 由高 フランス書院 おすすめ度の平均: 妹二人に甘くもてあそばれるAmazon.co.jp で詳細を見る美星の腕ひしぎ、キマってる?美月のおまじないはどうですか?ツンでヤンで、お兄ちゃんLOVEな双子姉妹。兄ゲット(永久!)のためなら、手段は選びません!巫女衣装で初体験。双子でWフェラ...

記事を読む

二次元ドリームノベルズ ワルプルギスの淫夢 レビュー

二次元ドリームノベルズ ワルプルギスの淫夢

ワルプルギスの淫夢 (二次元ドリームノベルズ 295)
さかき傘
キルタイムコミュニケーション

貪欲な魔女狩り司祭グストーと闘う、漆黒の魔女ユリーシャ。無実の娘を守ろうとするゴシックドレスの少女は、グストーの肉奴隷に堕ちた魔女エリザの手引きにより、肉拷問にかけられてしまう。処女を散らされ、ボンデージ衣装で肉体を淫らに改造されるユリーシャ。少女は尻穴から白濁汁をひりだすアクメに溺れ、さらには再会した実の兄さえも惑わせる牝奴隷へと変貌していく…。

まず、こちらは5月に発売された「ワルプルギスの淫夢2」ではなく、1作目のレビューです。
私はまだ1作目を読んでいなかったので、先に2ではなぁと思い、先に読んでレビューしていますので、お間違えにならないようにご注意下さい(汗)

内容は、幼くして死病に侵されていた少女「ユリーシャ」は、魔女になる事を条件に助けられ、有名な魔女へとなっていくことに。
それはある目的のためでもあった最中、ユリーシャは罪もなき女性を魔女と称し、私利私欲で魔女狩りを行なっているグストーの手に墜ちてしまうという流れになっています。

「魔女狩り」なんて名分、ドリームノベルズにもってこいな陵辱のシチュエーションですよねぇ(汗)
なので、お約束?の焼印だったりと盛りだくさんです

この作品では「魔女」の使う魔法の概念も、知識と技術が昇華した産物という位置づけの存在となっており、それがある意味説得力がありますね。
まぁ、それでもリアルさはないですが(汗)
しかし、それは逆に力を発揮できねば肉体的には何ら年相応の少女と変わらない訳でもあるという事で・・・。

主人公であるユリーシャはお嬢様というか元々の育ちのよさもあって、誇り高い性格です。
ですが、心の奥底では病気で孤独だった過去からか愛情に飢えていた所があり、そこを突かれてしまい、徐々にグストーの洗脳に染まっていきます。
幼い頃から付いて回った病魔を取り払ってからは、何も恐れるもののなかった彼女にとって、この仕打ちは脅威そのものでしょう。

更に魔女狩りと称しての連日の行為は、単なる陵辱よりも陰険、陰湿なものがあり、ねちっこく責め立てられます。
向こうは魔女狩りで連れてきた少女達を調教し、奴隷化しているだけにユリーシャにもその執拗な責めは続く事になります。
むしろ魔女と理由をつけて連れてきた少女達よりも、本物の魔女であるユリーシャには更なる責め苦が来るのは当然の事ですね(汗)
そして責めも逆に魔女の力を悪用されてはたまりません(汗)
膣内を絶えず、微妙な刺激を与え続けることで、飛躍的に感度を増させたりなど・・・、ユリーシャの身体はドンドン淫らに作り変えられてしまう事になっていきます。
ねっちりとした描写でいやらしいですねぇ、これは(汗)

今作品は、魔女であるか否かを裁判を行なう設定が個人的には新鮮でした。
現実と同様に裁判官や陪審員などがおり、ここで正式に魔女と認定されてしまえば、それは魔女としてグストーにいい様にされる事でもあるわけです。
この作品の魔法や裁判など、何だか現代と通じるものがありますねぇ(汗)
まぁ、一方的に裏で根回しされた連中に有罪にされてはたまりませんが・・・。

全体的に押さえどころはしっかり押さえている作品だと思います。
そこに独特な魔女の設定を絡め、うまくまとめているなぁと思います。
描写はそこまで生々しさがいい意味で控えめなので、読みやすくて個人的にはアリです。
拷問器具とか出てくるともっと濃くて、くどそうなので、このくらいが丁度いいかな、私は(汗)
挿絵も可愛いユリーシャを堪能できます♪

ラストについては何とも唐突な展開に感じましたが、う?ん、これは続編がある前提での締め方だったんですかね?
でも、この時点のあとがきでは続編を伺わせる内容はなかっただけに、どう繋がっていくのやらって感じですが(汗)
・・・無理やり続編にしたのかな?
まぁ、陵辱モノが苦手な人でも読みやすくなったと思えば・・・かな?

「2」に関しては明日掲載予定です♪

楽天はこちらからどうぞ
ワルプルギスの淫夢

Amazon版電子書籍はこちらからどうぞ
ワルプルギスの淫夢 ワルプルギスの淫夢シリーズ (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ワルプルギスの淫夢

2のレビューはこちらからどうぞ
二次元ドリームノベルズ ワルプルギスの淫夢2 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

リアルドリーム文庫 義母と隣の未亡人親娘 レビュー

リアルドリーム文庫 義母と隣の未亡人親娘

義母と隣の未亡人親娘 (リアルドリーム文庫21)
小鳥遊葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 157585
おすすめ度の平均: 4.0
4 義母の嫉妬と変貌がなかなか良い感じ

夫の留守居に熟れた肢体を持て余す義母…。「こんな、はしたない私を軽蔑しないでくださいね」めくるめく蜜劇に息つく間もなく隣家の親娘が加わる。海辺で豹ビキニ姿をくねらせ少年を挑発する未亡人。同い年の恋人は青い肢体をおずおずと差し出し─。多感な少年を翻弄する、一夏の官能体験。

表紙絵を見て、どこかで見た覚えがあるなぁと思ってたら、同じリアルドリーム文庫では「誘惑の女教師 肉罠に堕ちた少年」やパラダイムノベルスでは「ミセス・ジャンキー」などを担当していた「辰波要徳」さんでした。
何でしょう、この熱を帯びたとろんとした?眼差しが印象的なんですよね。

そんな今作は、タイトルにもあるように義母ものです。
とは言っても、隣の未亡人親娘と続くようにお隣さんも巻き込んでます。

内容は主人公は義理の母である「美鈴」(みすず)に好意を寄せており、初めての相手は美鈴としたいと思っていますがそんなきっかけもなく・・・。
しかし、ある夜美鈴は海外に出張に行ってしまっている夫(主人公の父)との電話越しで自らの身体を慰めている美鈴を見てしまいます。
そんな姿を見た主人公はたまらず自慰をしてしまい、結果的に覗いていたことを美鈴に気づかれてしまいます。
ここから単なる義理の親子関係が少しづつ変化が生じていく事になるという流れです。

ヒロインには、美鈴にお隣に住んでいる未亡人の「良枝」(よしえ)にその娘で「明日香」(あすか)がいます。
実は明日香とは親公認の恋人という間柄なんですが、主人公が年上好みな事や美鈴を想っていることもあり、まだキス止まりな関係です。
正直、明日香の存在はそんな事もあってか、あまり意味がないのかなと思ったり(汗)
出番も少ないのであれば、最初からタイトルも隣の未亡人までで止めておけばよかったのではないかなと思いました。
顔も初H時の時でようやく顔知ったし、まぁ可愛かったですけどね(汗)

良枝は40近い年齢らしいですが、そんな風には感じさせない容姿(それほど挿絵はないですが)で主人公をからかってきます。
ですが、主人公の娘よりも自分のような年齢の相手が好きと知った事で徐々に本気になってきます。

主人公の実母を失った事が要因でこの年齢の女性に惹かれる理由ってのも分からなくはないですけどねぇ。

一応メインは美鈴なんですが、やや独特な話し方をするのが読んでてちょっと気になりました(汗)
主人公に敬語ぽいのは、まだ分からなくもないですが、時々変な文体になっている箇所がチラホラ・・・。
私と言っていたのに、急に美鈴って言い出したり(汗)
育ちのいいお嬢さんだったのか、ちょっとバカ丁寧な言い回ししたりと・・・。
そのせいか、ねっとりとした色気、艶を感じさせる良枝とはまた違い、可愛いらしさを感じさせるタイプではいますね。
いい義母になろうと思う気持ちと、主人公を求める気持ちとで板ばさみになっている美鈴の心情も見所です。

終盤は美鈴も自分の気持ちに素直になっていますが、ここに良枝が登場し、おかしな関係性が構築されていく事になります。
・・・蚊帳の外の明日香が泣けます(涙)

ラストはぶつ切りではないですが、「あれ? 終わり?」みたいな感じはありました。
エピローグがなかったので、余計そう思うんでしょうねぇ(汗)
もう少し余韻が欲しかったかなというのは贅沢なんでしょうか・・・。

H的には中盤まで、手コキやフェラといった行為のみで本番はなかったので、主人公ではないですが展開に焦れる人もいるかもしれませんが、このじれったさがあっての内容かなと思うので、結果、H度はやや抑え目かもしれませんが話的には必要かと思います。
でも、個人的には手コキなどの描写はもっとあっても良かったかなと思いますが(汗)

この雰囲気は好みなだけに、色々惜しい箇所があるのはちょっと残念ですね(汗)

義母と隣の未亡人母娘 義母と隣の未亡人母娘

楽天はこちらからどうぞ
義母と隣の未亡人親娘

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
義母と隣の未亡人親娘

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

Harvest novels リトルバスターズ!エクスタシーCharacter Anthology 能美クドリャフカ編 レビュー

Harvest novels リトルバスターズ!エクスタシーCharacter Anthology 能美クドリャフカ編

リトルバスターズ! エクスタシー Character Anthology 能美クドリャフカ編 (ハーヴェストノベルズ)
上遠乃きつぐ 児玉新一郎 三日堂
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 5232

なにやらクドの様子がおかしい。本人はそれを気づいていないようだが、同室の西園から話を聞くと、ここ数日深夜に外出を繰り返しているという。不安に思った理樹は、行き先を突き止めるべく彼女を追う。そこで見たのは…(『どっぐ・すたいる』)。「リキがダルメシアンさんになつちゃいました!?」来ヶ谷の遊びにつきあわされ、知らぬ間にクドの部屋で眠った理樹。朝起きると、何故かダルメシアンの姿。人間に戻る手がかりを求め、二人は学校内を歩きまわることに(『わんこぷれしー』)。「フラダンスをな…やることになったんだ」恭介の一言から、急遽練習をはじめたリトルバスターズの面々。だがクドの上達がいまいち遅い。しかし翌日のクドの動きは見違えるように変わっていた。その理由とは…(『フラダンスの犬』)。



人気PCゲームが原作のハーヴェストノベルズの新刊です。
ちなみに私は原作版は未プレイですので、キャラクターなどの関係などいまいちな理解っぷりなのでご了承下さい(汗)
なので、今作品では皆、読む人が知っている前提なのか、あまり詳しい説明はなかったので、私が受けた印象としては可愛らしい素直そうな女の娘って印象しかなかったのですが・・・。
裏があるとか・・・?(汗)

今作は、3話の短編で構成されており、それぞれが異なる著者さんが担当しているのが特徴ですね。
私は読んだ感じ、著者ごとのキャラクターの違和感は特別感じませんでしたが、原作のファンの人にはちょっとした違いが分かってしまうのかな?
まぁ、私が露骨に感じる程のキャラクターの性格などのばらつきはなかったと思います。

ちなみに中の挿絵もそれぞれ3編で担当されている方が違っているのには、注意です。
こちらは文章よりも明らかに絵のタイプが異なるだけに、気になる人はいるかもしれませんね。
この手のは、オリジナル?のストーリーなせいか絵が原作とは違うのが嫌いな人もいますからねぇ(汗)

3編分というストーリーなので、どうしても1話当たりのボリュームはやや少ない気もしますが、これは仕方ないかな。
で、今レビュー書いてて気づいたんですが、この作品って皆何かしら「犬」が関わっているんですね(汗)
短編なこともあり、あまり詳しく書けないですが・・・。
第1話ではクドがなぜか犬のマネごとをするようになって・・・、第2話は主人公?が犬の姿になって・・・、第3話はタイトルに犬の文字が(汗)
・・・あれ? 第3話だけあまり犬関係ない?(汗)
他の2話はモロに関わっているんですが・・・、そもそもこの娘は犬と何か繋がりがあるのかな??
全くキャラクターを把握できず、申し訳ないです(汗)

Hシーンはどうしても分量的に、さほど多くの頻度は無理なので、その分ラブラブ感の強いHが展開されています。
行為自体は、ラブラブメインという事もあって、どの短編も大差はないのですが、それぞれ挿絵が異なるのもあって、内容にマンネリ感はないと思います。
それぞれシチュエーションは異なりますしね、どの話も。
可愛らしい彼女の姿を堪能できます♪

他のキャラクターも個性的で、コミカルなシナリオが多いのが特徴ですね。
これもさっき気づいたんですが、ハーヴェストノベルズはこういう短編系は、「これらのストーリーのキャラクターなどの設定は公式な見解とは異なります」みたいな一文があるのが殆どだったんですが、これにはないのかなと思いきや、表紙に小さく「公認ショートストーリー」ってありましたね(汗)
・・・公式なのか(汗)
正直、あまり原作を知らないので、彼女達の魅力を理解しきっているとは全く言えない私には、まぁ普通な感じだなぁという印象なんですが、ファンの人にはきっとたまらないのでしょうねぇ(汗)

・・・今回、特に変なレビューになったなぁ(涙)

リトルバスターズ!エクスタシー

楽天はこちらからどうぞ
リトルバスターズ!エクスタシーCharacter Anthology(能美クドリャフカ編)

そんな彼女は人気者のようで、新たにPC作品も今後発売のようです♪


リトルバスターズ!エクスタシー リトルバスターズ!エクスタシー リトルバスターズ!エクスタシー リトルバスターズ!エクスタシー

DMM PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
リトルバスターズ!エクスタシー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

リアルドリーム文庫 女子校生令嬢たちの淫らな保健実習 レビュー

リアルドリーム文庫 女子校生令嬢たちの淫らな保健実習


良家のお嬢様のあられもない質問から始まる放課後の蜜事。「だめですわ、そんなに激しく扱いては…あぁん」ブレザーに張り詰めた乳房を弄り焦らされる深窓の令嬢。初めての男根を蕩かす二人がかりでの舌奉仕、淫靡な下着検査はやがてスパンキング責めに─。名門女学園での密やかな放課後が、青年を惑わせる。

5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

・・・ちなみに私は最初に表紙絵を見た時は、「怖っ」って思っちゃいました(汗)
リアルというか、実写チックな描写で個人的に苦手なタイプな絵ですねぇ・・・。
いわゆる官能小説な感じの絵ですよね? そういうイメージあるんですが、私は。
好きな人には申し訳ないです(汗)

同時発売のリアルドリーム文庫ではまさかの時代物ですが、こちらは学園ものですね。
内容は新人教師として赴任したばかりの主人公が様々なタイプの女子高生たちに翻弄されてしまうというのが流れですね。

出てくる女生徒たちは、旧家のお嬢様であり、生真面目な性格の「桜子」(さくらこ)、スポーツの得意な活発なタイプの「飛鳥」(あすか)、読書好きでメガネをかけた大人しいタイプの「由香里」(ゆかり)の3人です。

桜子は最初お嬢様な事もあったので、おしとやかな感じかと思い込んでたんですが、ちょっとプライドを感じるタイプでした(汗)
別に高飛車って程でもないのですが、予想していたイメージとは違いましたねぇ。
物語は彼女が見合いをする事になるという所から色々展開が始まっているのですが・・・。

飛鳥はこの作品で最も存在感があるキャラクターです。
まぁ、活発なのはいいのですが、さわやかなだけでなく、猫っぽい小悪魔的な要素を持った感じですかねぇ。
大概の出来事は彼女が発端である事が多いです(汗)
主人公をからかいの対象と言うか、いたずらの対象と見ている節があります。
桜子も彼女にそそのかされて主人公に迫ってくる展開が多いです。

由香里はメガネッ娘という事もあり、大人しい娘ですが、主人公に最初から淡い好意を持っているがバレバレです(汗)
まぁ、鈍感な主人公はまったく気づいてませんが・・・。
Hには終盤の参戦という事もあり、やや存在感は薄めかな。

この作品の主人公は新人で女性とあまりどう接していけばいいか、いまいち自信のなさが目立つキャラクターです。
そんな事もあり、飛鳥にからかいの対象として目を付けられるわけですが・・・、この弱気さは人によってはイラッとする人もいるかもしれませんねぇ。
常に敬語で接したり、女生徒に押し切られてHになる展開が序盤から終盤まで続くパターンもあり、合わない人は合わないかも(汗)
終盤は変にHを繰り返してきた事で、自信が少し付いてくるという成長?もありますが、もう少し早くても良かったかな。

ちなみにこの作品のタイトルにある「保健実習」とありますが、別に主人公は体育教師ではないです。
理由は桜子の見合いの前に男性を知っておかないという飛鳥の言い分によって、保険の実習という名目でHな展開が始まる事になるからです。
でも、てっきり本筋に繋がると思われた見合い話がほぼその後、全く描写がないので肩透かしな印象を受けました(汗)
だから、メインヒロインなんだろうなと思ってたけど、結局メインはいないですね、皆同列の扱いで。

個人的には学園内の描写でほぼ終始してたのも残念でした。
なので、好意っていうのがあまり感じにくい事に繋がっている気もします。
由香里など好意を持っているってのは分かるんですけど、Hありきってノリに感じるんですよね。
学園内で終始する割には、さほど場所のバリエーションが少なめな事も残念ではあります。
せっかくの女子高なので、色々な場所で行なっても良かったかもと。
一応、ブルマやスク水などコスチュームプレイなどもあるだけに勿体無いかなぁ。

Hに関しては、挿絵のリアルな実写かと見間違うような繊細な描写もあり、女生徒のリアルさはかなり出ています。
それゆえか、他作品ではよくあるような派手な描写はないですね。
挿絵が行為中の位置場面を写真に取ったみたいな感じですからねぇ(汗)
まぁ、このクオリティーで顔射とかのシーンを描いたら、それはかなり臭い立つ一枚になりそうですが(汗)

話的にはあまり派手な展開はなく、萌え的な要素はなく、地味めではありますが、それゆえにリアルな展開とも言えますけどね。
私としてはずっと突飛な現実味のない話ばかり読んでたせいか、どうも、こういう話では物足りなさを感じてしまうのもあるんですよね(汗)
女教師などの存在も欲しかったかなぁ・・・。

楽天はこちらからどうぞ
女子校生令嬢たちの淫らな保健実習

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と レビュー

リアルドリーム文庫 艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と


父の仇討ちに挑む青年剣士を取り巻く三人の美女。「よろしければ私がお慰め差し上げますわ…」苦悩する青年を励ますみだれ妻の柔らかな美臀、幼馴染みに組み伏せられ可憐に喘ぐ女剣士、ひくつく男根を包みしゃぶり尽くすくノ一の乳肉─艶めく媚態の乱舞する、仇討ち行の行く末とは。

リアルドリーム文庫の新刊ですが、まさかの時代物!?(汗)
ちっともリアルじゃないじゃんと思いましたが、帯には「時代に密着したエロス、迫真の舞台設定で送る」とあります。
密着したエロスってどんなのでしょうねぇ(汗)
ちなみに同時発売された「女子校生令嬢たちの淫らな保健実習」では帯には「日常に密着したエロス」ってありました。

今作の内容は、主人公は加賀藩の下級武士の家の次男坊です。
そんな中、主人公の父が客人として招いていた男に酒の席のいさかいが元で父親を殺されたしまいます。
そのため主人公は父の仇を討たなければならないというのが話の流れです。

ヒロインは主人公の幼なじみであり、町一番の剣術自慢の「沙夜」(さや)に、近所で小間物屋を営んでいる人妻の「綾乃」(あやの)、謎の多い女性の「桔梗」(ききょう)の3人です。
沙夜は年上の幼なじみで年下の主人公にも礼儀を弁えた態度を取ったりしますが、やはりどこかで本人は女だてらに剣術をしている事に男はこんな女は好かないだろうなどと悩む面も見せたり、他の女性といる主人公を見て、嫉妬したりなどと根は女性らしく可愛らしい面を見せてくれます。
ツンデレって訳ではないけど、この時代だとどう表現するのか気になりますねぇ(汗)
綾乃は人妻であり、大人の色気と母性を感じさせるタイプのキャラクターです。
おしとやかというか優しさを感じさせる物腰は主人公ならずも憧れちゃうのではないでしょうか。
桔梗は何とも怪しい色気というか艶っぽさを感じさせるキャラクターで、謎が多いです。
って、タイトルにくの一ってあるんでバレバレなんですけどね(汗)
そういった素性もあり、沙夜は勿論の事、人妻である綾乃よりも女という武器を存分に出したキャラクターですね。

時代物なので、今の言葉などを入れずに描写しており、雰囲気は出ているのではないかなと思います。
作品によっては、時代物なのに結構台無しな描写の作品もあるだけに、そこら辺は気をつけていますね。
でも、あの時代もイクとか言うんですかね?(汗)

全体的に剣の修行よりHの修行をしてたんではないかと思うほど、H三昧だった気はしますが(汗)
まぁ、それはお約束って事で・・・。

肝心の仇討ちの場面もあっさりしていたのは、ちょっと残念かな。
まぁ、そんなに長引いてもなんですが、そこをさらっと描かれると何のための時代物なのかなぁと(汗)
終盤は仇討ち後ということもあって、結果女性陣入り乱れてのハーレム状態と定番の流れです。

珍しい時代物でそれなりに楽しめたのですが、これをリアルドリーム文庫と言うのはやや引っかかる所も(汗)
何か二次元ドリームノベルズとリアルドリーム文庫の中間って感じですかねぇ。

挿絵は「母子交姦 恋人は幼馴染みの母」でも挿絵をされていた「asagiri」さんです。
・・・正直、母子交姦?では違和感があったんですが、今作の雰囲気では結構合ってたかなとは思いました。
和装が合うのかも知れないなぁ、母子交姦も和装のヒロインいましたし。

艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と 艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と

楽天はこちらからどうぞ
艶めき剣舞

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

パラダイムノベルス 林間島 レビュー

パラダイムノベルス 林間島


本土から2時間ほどの離れ小島に引き取られた七海。宮司である伯父、晴彦との生活も慣れはじめたころ、巫女装束を着せられた七海は、島民の目の前で処女を奪われてしまう。しかし悲劇はそれだけでは終わらず…。
凌辱描写に定評のあるNomadの最新作がノベル化。金目鯛ぴんくが原画を担当しています。

5月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、さっそくレビューです。

すがすがしいほどの陵辱作品で濃ゆかったです(汗)

そんな内容は主人公、ヒロインの「結城 七海」(ゆうき ななみ)は母子家庭に育つも、母を病で亡くしてしまいます。
そこに現れたのは、伯父だと名乗る男の晴彦。
頼るべき身内もなく、まだ小さい弟「靖明」(やすあき)の事もあり、晴彦の誘いで晴彦の住む「蔵海津島」(くらみつとう)へと向かう所から物語は始まります。
・・・もうこの展開が嫌な予感しかしないですね(汗)

晴彦の「水城家」(みずき)は、島では絶大な影響力を持っています。
そこには七海の母親の双子の姉の「水城 美沙緒」(みさお)、美沙緒の娘で七海と同年齢?の「水城 七瀬」(ななせ)がいます。
他にも病弱で伏せっている現当主、美沙緒の夫「清彦」、先代当主の「龍彦」がいますがあまり登場は少ないですが、重要なキャラクターばかりです。
七海の結城家と水城家は分家本家の関係だったりとちょっと把握するまではややこしかったです(汗)
この結城か水城かがこの作品では、かなり大きな要素なのが特徴ですね。

この作品は島が舞台って事もあり、独特の地域の伝統と言うか慣習が強く残っている雰囲気が出ています。
やはり同じ設定でファンタジーものの作品よりも、日本というか和な感じの方が淫靡と言うか生々しさが強く現れている様に感じますねぇ。
久しぶりにこういう雰囲気の作品を読んだって気がします。
この手のが好きな人にはたまらないのではないでしょうか?

長い年月を積み重ねてきたという血の重みを感じる、重厚な作品になっていると思います。
まぁ、こんな作品なので出てくるのは陵辱シーンばかりなんですけどね(汗)
またこの陵辱で名前が出てくる男連中が、無駄に存在感があります(汗)
妙に陽気な体力バカや変なテンションのキモデブなどに陵辱されるのは見てて不快に思う人もいるやもしれませんね。
まぁ、逆にそういうキャラに犯されている美少女の姿に興奮するって人もいるんでしょうけどね(汗)

陵辱されるのは、七海のみではなく、七瀬もです。
七海 七瀬
このふたりには、そうされる理由があるのがこの作品のキモである訳ですが。
出会う島中の男に陵辱されるってのは、ハードであり、エロくもあります。

また原画が「金目鯛ぴんく」さんなので、この作品には相性ばっちりと思います♪
何となく私は、この人のイメージって黒髪で和装なキャラクターが得意なのかなというイメージがあったので、そういう意味でももうばっちりですね、今作は。
淫靡な世界観を引き立たせています。

七海&七瀬 七海&七瀬

ほぼ味方のいない島内で、わずかですが七海らの身を案じる存在もいますが、事態をどうにかできる程ではなかったりと、それが逆に絶望感を引き出す要因になったりするのは皮肉な話ですねぇ(汗)

ラストはまぁ、何ともこの手の作品らしく、じわぁとした終わり方で締められています(汗)
個人的にこの作品はエロは当然なんですが、見所は血が繋ぐ、人間関係の複雑さや描写だと思っています。
何となく雨の降る音だけが響く静かな夜に読んだりしたら雰囲気出そうだなぁ(汗)
・・・もうすぐ梅雨の時期だろうから、試すのもいいかも?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
林間島

原作PC版
林間島(りんかんじま)
林間島(りんかんじま)
posted with amazlet at 10.05.26
Nomad (2010-01-29)
おすすめ度の平均: 4.0
4 内容は秀逸ですよ

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
【10%還元】2011/5/23昼12時まで♪
【DMM独占販売】林間島

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

Paradigm novels D.C.II Fall in Love あふたーすとーりーず2 レビュー

Paradigm novels D.C.II Fall in Love あふたーすとーりーず2


大ヒット作品『D.C.II Fall in Love』の第二弾です。今回はツンデレお姫様のエリカ、堅物委員長の麻耶、そして幽霊娘であるまひるとのラブラブエピソードを収録。『D.C.IIP.C.』の各ヒロインエピソードを知っているとより楽しめます。

パラダイムノベルス、5月の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

D.C.II Fall in Love あふたーすとーりーずシリーズは2冊目となる訳ですが、前作では「アイシア」「まゆき」「茜」の3人がメインヒロインでしたが、今作は「エリカ」「まひる」「麻耶」(まや)の3人がそれぞれメインヒロインとなる短編が収録されています。

1のレビューはこちらからどうぞ
PARADIGM NOVELS D.C.II Fall in Love あふたーすとーりーず1 レビュー

1と同じく、既に個々のヒロイン版のD.C.IIP.C.の作品の後なので、もう恋人同士でラブラブなのは変わりません。
あふた?とあるだけにその後の幸せそうなヒロインが印象的ですね。
まぁ、まひるだけはややテイストが異なりますが(汗)

どの話もある程度は、各ヒロイン作品を読んでいなくても、ある程度の説明はあるんですが、やはり知らないとではあふた?ストーリーの魅力は半減するかもしれませんね(汗)

エリカ編では、所属している生徒会での話がメインです。
現生徒会長の杏の跡を決める選挙が近づいており、そこにエリカが関わって行くという流れになっています。
彼女の気高さというか、高貴さが垣間見えるシナリオとなっており、カリスマ性を感じる所はさすがお姫様って感じですね。
とは言え、相変わらず主人公との関係を杏らにからかいのネタにされて真っ赤になったりという所は可愛らしいですが(汗)
Hシーンでは、彼女の兄から送られた差し入れの中に入れられていたコスプレ衣装を身に着けてのもあります♪
まぁ、エリカ編での兄貴の序盤での印象が強く、私的には主人公と同じくあまりいい印象がないんですよねぇ(汗)
でも、コスプレ衣装には罪はないので♪
バニーさんの様な格好をさせ、エリカにオナニーをさせてみたりとなかなかHな事になっています(照)

まひる編は、他のヒロインとはちょっと感じが違うんですが、まぁ彼女が特別なキャラクターなのは各作品を知っていれば当たり前の話なんですけどね(汗)
そんな事もあり、ラブラブなんですがちょっぴり切ない感じの余韻の残る作品となっています。
まひる自体のキャラクターは、素直でいい娘なだけに印象が残るんですよねぇ。
ここでも以前、まひるのストーリーで登場した友人の「ミキ」も登場します。
まぁ、今作はまひるは主人公との話が大半なので、頻度は少ないですが、この3人の関係はなかなか不思議な関係ですよねぇ(汗)
・・・ミキがヒロインの話とか出来ないのかしら(汗)
他にもまひるの家族が登場したりと、見所の多いストーリーとなっています。
個人的には主人公がまひるを朝倉姉妹や友人らに自分の彼女と紹介するくだりが好きですね♪

麻耶編では、最後の学園生活での文化祭を控え、以前行い、半ば伝説と化した「SSP」をリベンジする事になるという展開です。
ちなみに「セクシー」「寿司」「パーティ」の略です(汗)
前回のSSPに悔いを残す麻耶は、現生徒会長である杏らに内緒で決行をもくろみます。
そんな訳で、この作品では生徒会との熱い攻防も堪能できます。
しかし、麻耶ってずっと委員長って呼ばれてたから、若干違和感があるなぁ(汗)
前回とは環境も変わり、「ななか」がクラスにいたりとしてますが、やや存在感が・・・。
でも、エリカとのやりとりでは何気に活躍をしたりと頑張っています♪
HでもSSPのために用意した競泳用スク水を着たまましていたりと・・・(照)

全体的に、よく考えると生徒会の頻度が多いですね(汗)
まぁ、エリカ編では舞台が生徒会だし、麻耶らのクラスに杏らもいるのだから当然といえば当然ですね(汗)
個人的にはこのメンバーでのやりとりが好きなので、問題ないのですが単純にヒロインのみに活躍して欲しい人には不要と思う人もいるやもしれませんが。

今作だけで言うと、ヒロイン達とのイチャイチャするっていうだけなんですが、本編のその後っていうのが意味があるんですよねぇ。
好きなヒロインがいるなら、おすすめです♪

更に7月頃には「秋風のアルティメットバトル」も発売予定と商売上手な事で・・・(汗)

楽天はこちらからどうぞ
D.C.2 Fall in Love(2)

原作PC版はこちらから
D.C.II Fall in Love ~ダ・カーポII~ フォーリンラブ 初回限定版
サーカス (2009-12-18)
おすすめ度の平均: 4.5
3 えっ…て感じ
4 ヲタクの友達が
5 なかなかの作品
4 もっとアイシアを・・・
4 終わるのが寂しい


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

えすかれ美少女文庫 お姉ちゃんを×ませて レビュー

えすかれ美少女文庫 お姉ちゃんを×ませて


「赤ちゃん、絶対産んであげるね」「その代わり、浮気は許さないぞ!」天然ぽわぽわ姉・まどかと厳格ツンツン姉・瀬名相手に、まさかの子作り!化け猫の呪いを解くには、コレしかないの!?初エッチで一発受精!猫耳も生えて二人はボテ腹!学校で電車でビーチで、お姉ちゃんを×ませて。



5月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

この作品はえすかれなので、これも濃い作品なんだろうなぁとビクビクしながら読んだんですが、意外に読みやすかったです。
個人的にはハードなプレイなど嫌悪感が来るようなものがなかったので、それが読みやすさに繋がったのではないかと。

そんな内容は、主人公と元々従姉であった「まどか」「瀬名」(せな)の姉妹とは主人公の両親が他界したために姉妹の両親に引きとられ、一緒に生活をしている関係です。
毎日溺愛されて過ごす中、主人公に異変が・・・。
それはかつて主人公の先祖が猫のアヤカシを封印した事に端を発するものであったという驚愕の展開(汗)
そのせいか、主人公には猫耳としっぽが生えるという現象まで起こる始末。
動転する主人公に姉妹は、呪いを解く方法として伝わる一族の自分達を孕ませる事を提案するという展開です。

そんな凄い展開で幕を開ける訳ですが、あまりにもあっさりと主人公が事実を受け入れ、即行為に入るのは個人的には違和感がありましたね(汗)
もう少し、動揺したりしてもよかったのではなかったかなぁと。
まぁ、姉妹は元々主人公を溺愛しているので、口実としても問題なく行為に望める訳ですから分からなくはないのですけどね。
・・・性急なのは、えすかれだからかな(汗)

ヒロインは勿論、姉妹の「まどか」「瀬名」だけですので、行為も濃厚なシーンが多く登場します。
まどかは長女ですが、ぽわーっとしたタイプで年上っぽく感じにくく、主人公には常にベタベタで甘いです(汗)
対する瀬名はポニーテールな新体操を部活でしており、活発というか少し男言葉というかぶっきらぼうな話し方が特徴的です。
でも、絵を見てもあまりポニーテールらしく見えないような気が(汗)
愛情表現を露骨に出してくる姉とは違い、素直ではなかったりとツンデレ系でもあります。
まぁ、ダブルで甘々はしんどいですし、そんな強いツンではないので十分甘いです(汗)
個人的にはH時に「姉おっぱい」とか「弟精液」など独特の言葉使いをする瀬名が好みです♪

大概の孕ませ要素のある作品は、終盤やエピローグ頃に妊娠している場合が多いのですが、この作品はかなり早い段階で妊娠しちゃいます(汗)
まぁ、すぐさま出産とかはないですが、流石に(汗)
そんな訳で、中盤くらいからボテ腹な姉妹とのプレイがある訳ですので、孕ませ要素が好きな人には中々楽しめるのではないでしょうか。
でも、挿絵はアングル?体勢なものもあってか、そこまでボテ腹を全面に出している挿絵は少なめなのは勿体無いかな。
むしろ、胸とかお尻といった箇所の肉付きが目立つかな?
これらの箇所はそれぞれ姉妹で妊娠の影響で育っているので、アピールポイントですね。
まどかはデカ尻で、瀬名が巨乳で母乳発射です。

個人的に気になったのは、所々主人公がSっ気を出してくる事でしょうか(汗)
私のイメージでは、常に甘えるような展開かと思ってたので、たまに出てくるいたずら心というかSっ気がいやに私は目立ったんですよねぇ。
まぁ、そこまで気にならないレベルだとは思うんですが、これって本来の性格なのか、Hに慣れてきた事への裏返しなのか、アヤカシの影響が出ているのか・・・?

そうそう、中盤以降姉妹にも猫耳と尻尾が生えちゃいます(汗)
う?む、ボテ腹+猫耳+尻尾の組み合わせは強力ですね・・・。

えすかれにありがちなハードなプレイも今作ではほぼなく、プレイ自体としては普通の美少女文庫と比較しても、おとなしめな印象もありますが、ラブラブ感がかなり強いので結果、十分破壊力(殺傷力?)は高いでしょう♪

挿絵も柔らかいイメージ印象の強い「神無月ねむ」さんが担当しており、可愛らしい姉を描いています。
柔らかい描線で描かれるボテ腹ヒロインがラブラブ感の強い今作にはピッタリですね♪
あまり強調すると生々しさが出てくるでしょうから、これならボテ腹が苦手な人も受け入れやすいかと思います。

姉もの+孕ませ+ラブラブものが好みであれば、かなり良作とは思いますので、興味があれば読んでみてはいかがでしょうか。

楽天はこちらからどうぞ
お姉ちゃんを×ませて

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お姉ちゃんを×ませて

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 さいみん生徒会 レビュー

美少女文庫 さいみん生徒会

さいみん生徒会 (美少女文庫)
七海 ユウリ
フランス書院

「あーん、あたし、初めてなのに!」生徒会長・蒼井美咲へは操身騎乗位。書記の福原まこへは顔射、浴尿、ぶっかけH。お嬢様会計・朝日奈エミリは犬化させて、お尻もゲット。最高すぎる催眠ハーレム…だけど、この力は自分でもとめられない!?今日も全裸登校の3人がアナタを奪い合い。

5月発売の美少女文庫の新刊です。
では、早速レビューです。

内容はタイトル通りなんですが、主人公は転校してきたばかりな所から物語は始まります。
ですが、この主人公、秘密があり・・・。
主人公が通うこととなる男女共学の学園では、合併前の女子高出身の生徒会長「美咲」(みさき)が「ブルマ完全廃止運動」を呼びかけており、反対派の男子とはもめている状況(汗)
そして、主人公はそんな美咲たち生徒会のメンバーに知り合ってしまい、とある事から主人公にとある能力がある事を美咲に知られてしまいます。
その能力とは、催眠能力です(汗)
とは言っても、自分で思い通りに発動も解除も出来なく、微妙なものなのですが、美咲はそんな事は知らないので、主人公にその催眠の力で反対派の男子を賛成させるように仕向けさせる流れです。

かなり強引な展開ですねぇ(汗)

そんな作品の生徒会のメンバーは美咲に生徒会書記の「まこ」、会計担当の「エミリ」の3人です。
それぞれかなり個性的なメンバーです。
美咲は生徒会長という事もあってか、かなり自分本位な案を出してきます。
フェミニストな事もあり、ブルマだけではなく、スク水などを廃止させたがります(汗)

まこは、大人しめな印象の物腰なんですが、極度の潔癖症なのが玉に瑕・・・。
中盤からはその態度にも変化が見られますが、それまでの菌に対する恐怖心はキテマス(汗)
個人的にはもう少し存在をアピールしてほしかったかな、気に入っているだけに。

エミリはお嬢様という事もあって、主人公には他のふたりとは違い、最初から感じが悪い対応です。
よくあるツンデレだろうと思いつつも、途中結構主人公にカチンとくる暴言を浴びせるくだりでは、主人公ならずもちょっとイラッとしちゃいました(汗)
その分、H時のギャップは一番強かったですけどね。

3人ともH時の状況は皆、主人公の能力の思わぬ発動によって、引き起こされているので、H時ではヒロインたちは普段とは違う一面を見せてのHとなります。
まぁ、催眠ものにありがちな陵辱感というか暗さは全くないので、そこは安心して読めますので、ご安心を。
ヒロインによっては、それをきっかけに性格に改善があったりとまぁ、結果OKな展開もあったりします。

う?ん、そういう点も踏まえての最初のヒロインたちの性格をややクセのある感じにしておいたんですかねぇ(汗)

テンポがいいので、サクサク読めるのは好印象です。
最近のは、中々濃くて読みずらい作品もあるだけにこれは読みやすかったです。
とはいえ、Hに関しては、決して薄いわけではないです。
顔に放尿するとかワンワンプレイなど十分濃いようなシーンも(汗)
まぁ、催眠って相手の価値観を壊す訳なので、そういった行為なども結果可能なんでしょうかね。
個人的には所々、ヒロイン側のH時の心情描写が入っていますが、もう少し欲しかったかなぁ。
終盤はハーレム状態なプレイもあり、押さえどころは押さえていますね。

きっかけが催眠って事もあり、主人公への愛情があってそういう展開になったって訳でないのも個人的にはちょっと残念ですねぇ。
なので、モテているって訳でもないので、恋愛色がほぼないのは賛否あるやもしれません。
個人的には美咲あたり、一人を主人公の催眠が効かない体質のキャラクターとして出すとかしたらまた展開が変わったんじゃないかなと思ったんですが・・・。
実際、美咲は本作でも若干の耐性を持っているような描写があったので、そういう展開も面白いのではないかなと。

ラストに関しては、疑問が残りますね(汗)
何かはっきりしないまま終わったというか、どういう事?って感じで、あのくだりはいらなかったんじゃないかと思うんですけどね(汗)

イラストは好きな「YUKIRIN」さんで、今作でもむっちりとした肉感のおっぱいなどは健在です♪
今作のような、こういった濃いプレイでも変な生々しさがないのがいいですね。

個人的には読む前にあったイメージとは異なった作品でしたが、まぁこれはこれでありなのかなという感じですね。
主人公が基本的にこの能力をネガティブに捉えていたので、これがもう少し途中からでも「使いようなのかも」みたいな考え方が出来るとまた違った雰囲気になったのかもしれませんけどね。

例えば・・・、女生徒の中に、現生徒会に不満を持つものがいて、悪事を企んでいたところをたまたま見つけた主人公が能力で解決とか(汗)
実際、この生徒会あまりブルマ反対活動ばかりで色々苦情もあっただけに男子以外にも不満を感じる女子もいるだろうから、こういう展開はどうかなと妄想してみました(汗)

楽天はこちらからどうぞ
さいみん生徒会

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
さいみん・生徒会

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い! レビュー

美少女文庫 妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い!

妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い! (美少女文庫)
青橋 由高
フランス書院
おすすめ度の平均: 5.0
5 妹二人に甘くもてあそばれる

美星の腕ひしぎ、キマってる?美月のおまじないはどうですか?ツンでヤンで、お兄ちゃんLOVEな双子姉妹。兄ゲット(永久!)のためなら、手段は選びません!巫女衣装で初体験。双子でWフェラにも大挑戦。伝説のご神木の下、捧げられる3P絶頂。お兄ちゃんにいっぱいデレてあげる。

5月発売の美少女文庫の新刊です。
早速レビューです。

タイトル見るといろいろな要素入ってますねぇ(汗)
「妹」「ふたご」「巫女」「ツン」「ヤン」と・・・。
・・・ツンは分かるんですが、ヤンっていまいちピンとこないんですが(汗)

三ヶ月前に母親の再婚によって、双子の姉妹が家族に加わる事になったのですが、その姉妹はかなりのキャラクターで主人公を苦しめる事に(汗)
どちらも主人公を愛してやまないのですが、その愛情表現の方向性がずれているので主人公は本気にしていません。
そんな中、主人公の進路希望を姉妹が知った事で姉妹の実力行使が発動する事になっていくという流れです。

この姉妹、姉の「美月」(みづき)妹の「美星」(みほし)の双子姉妹、見た目もそっくりで主人公への想いもまた同じく強いです。
ですが、困った事に主人公の困り顔や苦悶の表情が大好物と言うとんでもない姉妹なのです(汗)
主人公の持ち物を勝手に拝借し、見つからずに困っているであろう主人公の様子を想像し、オナニーに耽ったりするわけです(汗)

ですが、それぞれ性格は異なり美月は口調こそ丁寧で優等生のようですが、考え方は真っ黒です(汗)
おまじないというか呪術的才能(汗)があったりと、神聖さというか神秘さがありますね。
もっともやっている事は・・・神秘さのかけらもないですが。
色々、独特な台詞回しがありますが、個人的に名言は主人公に熱い肉棒を挿入されて、「子宮が茹っちゃいますっ、子宮温暖化です」って台詞はすごいインパクトで印象的でした(汗)

対する美星は姉のような能力はなく、至って普通の女の娘ですが、その分活発なキャラクターで姉の精神的に責めるのとは違い、物理的な責めを得意をしています(汗)
なので、主人公は美星に関節技をかけられて悶絶している時に、まさか美星本人は主人公に密着できて喜んでいるとは想像できませんよね(汗)
でも、美星は分かりやすいツンデレ系なので、キャラクターはつかみやすいですね。

Hでも、ふたりの策略から始まる展開なので、主人公は基本受身な立ち位置です。
ほぼ終始、責められっぱなしな展開には不満がある人もいるかもしれませんね。
普段でも責められっぱなしなのに、Hでも主導権を握られてはねぇ(汗)
H時くらいはもっとやり返してもよかったかもしれませんね。
責められ好きにはいいのかな?(汗)

えすかれではないせいか、普段の生活シーンの描写が多めに描かれており、ややHは少な目な印象も。
これはキャラが立っており、普段のシーンが面白いだけに塩梅が難しいところですね(汗)
またHが姉妹揃っての展開なので、個人的にはひとりひとりの場面も欲しかったかな。

個人的には通常のストーリーでのやりとりが印象的なストーリー性の強い作品に感じました。
私はキャラクターのやり取りが好きですねぇ。

挿絵はよくコンビを組む「天河 慊人」さんなので、安定感はありますね。
最近だとこの組み合わせの「生徒会長は妄想系」の印象が強いですねぇ。
でも、この作品は生徒会長?の流れに近い作品だと思うんですが、その分、あの作品を読んだほどのインパクトはなかったかなと思うのも確かですね。

挿絵も同作品と同じだった事も、その印象を強めているのかもしれませんが。
最初は、ツンデレの美星はなくても、キャラの濃い美月だけでも成立するんじゃないかと思ってましたが、今考えるとそれだとなお生徒会長?っぽくなるんだな、きっと(汗)

楽天はこちらからどうぞ
妹はふたご巫女

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます