FC2ブログ

オトナ文庫のカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

カテゴリ:オトナ文庫

オトナ文庫のカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-01-14オトナ文庫
爆乳温泉 〜淫乱女将悦楽の湯篇〜 (オトナ文庫 96)posted with amazlet at 18.01.14天城悠理 パラダイム (2017-11-17)売り上げランキング: 198,327Amazon.co.jpで詳細を見る2017年11月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、以前旅行で訪れた旅館の女将である「百合絵」(ゆりえ)に好意を抱いている男性です。何度もこれまでに通いつめ、彼女の心と身体を自分のものにしたいと考える主...

記事を読む

2018-01-06オトナ文庫
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣 (オトナ文庫 98)posted with amazlet at 18.01.06神崎美宙 パラダイム (2017-12-25)売り上げランキング: 13,590Amazon.co.jpで詳細を見る2017年12月発売のオトナ文庫のレビューです。2017/12/25の発売なので、これが現在最新作ですかね、オトナ文庫では。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、ごく普通の男子学生です。彼には、想い人「優衣」(ゆい)...

記事を読む

2017-12-13オトナ文庫
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん♥ (オトナ文庫 97)posted with amazlet at 17.12.13蝦沼ミナミ パラダイム (2017-11-30)売り上げランキング: 88,798Amazon.co.jpで詳細を見る2017年11月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、ぽっちゃり体型な男子学生です。そんな彼は、同級生の「ちえり」に勉強を教えて欲しいと頼まれる事に。そんな彼女に勉強を教える事にし...

記事を読む

2017-12-07オトナ文庫
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化 (オトナ文庫 94)posted with amazlet at 17.12.07田中珠 パラダイム (2017-11-17)売り上げランキング: 13,003Amazon.co.jpで詳細を見る2017年11月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、親友の母親、「京香」(きょうか)に想いを寄せている男子学生です。そんな中、京香のHな姿を妄想してた主人公は京香に見つかり、妄想で勃起した股間を見られてしま...

記事を読む

2017-11-10オトナ文庫
巨乳家族催眠 (オトナ文庫 87)posted with amazlet at 17.11.10男爵平野 パラダイム (2017-10-25)売り上げランキング: 16,046Amazon.co.jpで詳細を見る2017年10月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、受験に失敗をして予備校に通う青年です。そんな彼は、最近になって父親が再婚をした事で、新しい家族との生活を始まる事に。しかし、幼い頃からひとりだった主人公は、中々新しい家族...

記事を読む

2017-09-08オトナ文庫
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜 (オトナ文庫 75)posted with amazlet at 17.09.08さんきち パラダイム (2017-05-31)売り上げランキング: 213,655Amazon.co.jpで詳細を見る2017年5月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、大学受験に失敗した浪人生です。今回予備校に通うため、兄の家に居候する事に。そこで主人公は、兄不在の際に兄の妻である「...

記事を読む

2017-08-16オトナ文庫
身代り淫行生活 〜親友を守るため、外道教師のいいなりになる優等生"映舞"〜 (オトナ文庫 70)posted with amazlet at 17.08.16田中珠 パラダイム (2017-04-14)売り上げランキング: 39,128Amazon.co.jpで詳細を見る2017年4月発売のオトナ文庫の今更レビューです(汗)PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、地方の名門校に勤める男性教師です。外面は良いものの、その素顔はこれまでに出会い系サイトで何人もの女生徒と関...

記事を読む

2017-08-08オトナ文庫
新妻ふわトロ癒やらしエステ (オトナ文庫 74)posted with amazlet at 17.08.08黒瀧糸由 パラダイム (2017-04-28)売り上げランキング: 144,132Amazon.co.jpで詳細を見る2017年4月発売のオトナ文庫の不定期レビューです(汗)PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、一流エステ店のマッサージ師として働く新人社員です。とは言え、まだ新米である主人公はまだまともにマッサージさせてもらえる訳もなく、雑用で怒られる日々…...

記事を読む

2017-07-09オトナ文庫
右手がとまらない僕と、新人ナース (オトナ文庫 73)posted with amazlet at 17.07.08姫ノ宮レイ パラダイム (2017-05-19)売り上げランキング: 125,707Amazon.co.jpで詳細を見る17年5月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、大学を卒業したばかりの社会人です。そんな彼は、ある日道でたまたま病院前で見知った顔を目撃する事に…。それは、学生時代に憧れていた先輩「みさき」の看護師姿...

記事を読む

2017-06-13オトナ文庫
新作が近所の書店にまだ入荷していないみたいで、まだ買えていないので、とりあえず過去に発売した作品のレビューを掲載しておきます(汗)清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌 (オトナ文庫)posted with amazlet at 17.06.13北原みのる パラダイム (2016-09-30)売り上げランキング: 350,101Amazon.co.jpで詳細を見る2016年9月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、一人暮らし...

記事を読む

オトナ文庫 爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇 レビュー

爆乳温泉 〜淫乱女将悦楽の湯篇〜 (オトナ文庫 96)
天城悠理
パラダイム (2017-11-17)
売り上げランキング: 198,327

2017年11月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、以前旅行で訪れた旅館の女将である「百合絵」(ゆりえ)に好意を抱いている男性です。
何度もこれまでに通いつめ、彼女の心と身体を自分のものにしたいと考える主人公。
それと同時に旅館に宿泊している他の女性客にも手を出していく展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 江永 百合絵」(えなが ゆりえ)
  • 大善 稜子」(だいぜん りょうこ)
  • 笠崎 木霊」(かさざき こだま)
がいます。

百合絵は、老舗旅館の女将です。
しっとりとした艶に穏やかな物腰な性格の持ち主です。
夫を亡くした未亡人でもあり、未だに夫に操を立てています。
爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇

稜子は、旅館で出会う宿泊客です。
後輩の木霊と共に旅館に来ています。
大胆な性格かつ、性欲旺盛な肉食系でもあり、男女ともに狙った相手には積極的。
既婚者であるものの、夫との仲は冷えています。
爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇

木霊は、稜子の後輩です。
大人しく控えめな性格の持ち主であり、人見知りな面も。
一方で、優しくされると安心し、懐いてしまう危うさも…。
既婚者で夫との間に子宝に恵まれない事に悩んでいます。
爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇

ストーリー展開


展開的には、女将の百合絵に惚れた主人公が彼女を手に入れようとしながら、他の女性客にも手を出す流れですね。
…クズじゃないですか、この主人公(汗)

これで分かる様に、この主人公はあんまり褒められた奴ではないです(汗)
主人公的には、女将の百合絵に対しての感情は下心だけではない、愛らしいんですが、彼にとっては身も心も支配し、自分なしではいられない様な存在にしたいという、歪んだ考えがある訳ですね。

過去のシリーズ?の主人公とは、結構性格が違う印象ですね。
以前の作品の主人公は、ここまでギラギラしてなかった様な気がします。

そんな主人公のぎらついた考えは、今の所は何も成果を上げてはいませんでした。
未亡人である百合絵は、亡き夫に操を立てているため、主人公もあくまでも常連客止まりな関係で進展していなかったんですね。
まぁ、主人公自身は最悪強引に迫れば…みたいな考えで行けると思っている辺り、相当な自信家ですねぇ(汗)

とは言え、いきなりそんな強行に出るのはリスクがあるだけに、何かきっかけが…。

そんな中、主人公はこの旅館に宿泊している女性客と知り合う事に。
それが稜子、木霊の先輩後輩ふたりだったんですね。

このふたりも、百合絵とはまた違った魅力、身体をしているだけに、あくまでも本命は百合絵ですが、主人公としては興味を引かれる存在でもありました。
稜子も、いきなり主人公に満更でもない様な態度を見せるなど、本命の百合絵との進展はなくとも、相手には困らない主人公ですね(汗)

そんな流れで主人公は稜子にマッサージをしたりと、急接近。
同時に子宝に恵まれない木霊とも、そっち方面のアプローチから急接近し、最終的にはふたり共と関係を持つ結果になるのはお約束(汗)

そして、遂に半ば強引に主人公は百合絵に迫り、確実にその距離を縮めていく事になる流れですね。
結局、強引な勢いで迫るんだね、出たとこ勝負じゃないか(汗)
まぁ、主人公的には行けるっていう勝算があるんでしょうけれどもね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰や手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。
その他の要素では、縄やバイブなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

思ったよりもマッサージ展開があったのも印象的かな。
上記にも少しマッサージをしたり~とありますが、何か主人公はマッサージの資格持っているらしいですね。
その肩書を利用して、女性客である稜子、木霊にマッサージをしていく事になる訳ですが、いつの間にかってかほぼ最初からエロマッサージっぽい展開に(汗)
際どい所を触ったり、刺激して女性陣の身体をマッサージってか、愛撫ですね、実際(汗)
爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇

前半部は、主にこんな形で展開するんですが、全ヒロイン含めて本番行為は中盤以降辺りからですね。
まぁ、いきなりマッサージから挿入ってのもこの主人公ならありそうではありますが、それくらいの分別は付いた様で(汗)
女性陣をマッサージ(愛撫)で絶頂させたり止まりでしたね。

しかし、そこまでいけば女性陣のガードもだいぶ下がっているだけに、それ以上の行為も時間の問題ですな。
アプローチの方法は女性陣によって様々ですが、場慣れしている主人公は対応を使い分けて、行為へ持っていく事になりますね。

また主人公は、これまでで分かる様にSっ気の強い性格。
対してヒロインたちは、多少個人差はあれども、総じてMっ気が目立つ印象でしょうか。
なので、次第に女性陣は主人公に対して、身を委ねていく様になっていく事になりますね。

意外だったのは、これだけの爆乳揃いな面子ばかりなのに、パイズリが終盤までなかった事ですね。
もっと頻繁に出てきそうなものだったのだけれども、ちょっと肩透かしだったかな。
パイズリよりも母乳を噴いたりといった描写の方に力を入れている印象ですねぇ。

まぁ、あの爆乳具合ではパイズリがパイズリに見えないですけれども、うーん(汗)
爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇

終盤では、3人一緒になってのハーレム展開ですね。
この時点では、全員妊娠しており、お腹が大きくなった状態での行為も描かれているんですが…。
全員、胸の方が大きくて全然目立っていないという、まさかの弊害が(汗)

母乳も妊娠したからビュービュー噴いちゃっていますが、以前から温泉の効果か母乳出てたしなぁ(汗)
爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇
そういう意味では、妊娠、母乳といった要素が今作の設定によって無意味ではないですけれども、自滅して印象が薄れてしまった感は否めないかなと思いますね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「高橋レコード」さんが手がけています。
他の爆乳~シリーズ?でもお馴染みですね。

やはり何といってもあの爆乳具合でしょう、見所は。
それだけに、胸に全部印象を持っていかれている感はありますが、それだけの存在感なだけに仕方ないですね(汗)
上記の女性陣の妊娠姿でも触れた様に、何かしていても、結局胸に目が行くんですよねぇ…。
爆乳温泉 淫乱女将悦楽の湯篇

後は、今更の話ですが、余りにも爆乳過ぎて人によっては興奮どころか、気持ち悪く感じる可能性もあるって事かな。
まぁ、そんな人は表紙絵を見て、買って読もうとは思わないでしょうが(汗)

挿絵数:24枚

総評


全体的には、タイトル通りに今作も爆乳な女性陣を堪能できましたね。
まぁ、個人的にはあんまり好みな主人公像ではなかったですが、ちょっとくらいガツガツギラついていないと話が進まないか(汗)
自信家なんでしょうねぇ、良くも悪くも。

そういえば、未亡人である百合絵はまだしも、他のふたりは既婚者。
そんな相手と関係持って、妊娠させちゃう訳で、ある意味では寝取りにもなっている訳ですが、そっち方面の感慨、興奮はないですね。
顔も何も台詞ひとつも出ない様な夫の存在など、ある訳ないですからねぇ(汗)

まぁ、それにそっちの方に力入り過ぎたら、本命の百合絵が薄れるし、こんなもので良いのかもしれませんね。
実際のところ、何か百合絵の印象あまりなかったんですよね、私的には(汗)
本命なんだから、もう少し何か彼女を前面に出しても良かった気はします。

原作PC版
爆乳温泉 ~淫乱女将悦楽の湯篇~
エレクトリップ (2017-08-25)


DMM 原作PC版ダウンロード
爆乳温泉 〜淫乱女将悦楽の湯篇〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ

オトナ文庫 強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣 レビュー


2017年12月発売のオトナ文庫のレビューです。
2017/12/25の発売なので、これが現在最新作ですかね、オトナ文庫では。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
彼には、想い人「優衣」(ゆい)がいるものの、自分との立場の違いに悩んでいます。
そんな事も影響してか、次第に自信を喪失し、性格が暗く…。

ある時、優衣の親友から聞かされたのは、優衣は襲われたい願望があると聞かされる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 柚木 優衣」(ゆずき ゆい)
  • 筧井 恭子」(かけい きょうこ)
  • 相川 深雪」(あいかわ みゆき)
がいます。

優衣は、主人公の幼なじみであり、想い人です。
家の近い主人公とはよく登下校する事が多いです。
大人しく穏やかな性格の持ち主であり、最近の主人公の変化を心配しています。
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

恭子は、優衣の親友です。
見た目がいかにも遊んでいる様な雰囲気を持っているものの、意外と初心な所があります。
以前は、主人公とも冗談を言う様な仲でしたが、現在は主人公を嫌っています。
サバサバした性格の持ち主です。
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

深雪は、主人公の妹です。
甘えん坊で無邪気な性格の持ち主でありますが、最近は主人公に対して小生意気な面を見せる様に。
優衣とも仲が良く、姉妹の様な関係も。
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

ストーリー展開


展開的には、主人公が想い人の優衣に襲われ願望があると知る事になる流れですね。
…凄い願望ですねぇ(汗)

元々、主人公と優衣は幼なじみの関係でもあります。
主人公は普通の家庭に育った一方で、彼女の家はお金持ちのお嬢様という環境の違いがありました。

しかし、子供の頃ならばそんな立場の違いなど気にしないもの。
子供の頃は、主人公が半ば強引に優衣の事を引っ張って連れ歩き、遊んでいた訳ですが、成長するに従い、そんな事は出来なくなっていった訳ですね。
成長するに従い、自分と彼女との立場の違いに引け目を感じるようになっていったのでした。

何故に引け目に感じるかってと、彼女を好きだったから。
別に肝心の優衣の方は主人公と距離を置く訳でもなく、むしろそんな変化を見せる主人公を心配してかまってくれるのですが、主人公はついぶっきらぼうな態度で上手く対応できないんですね。

そんな状況を続けるうちに、次第に主人公の性格は暗く歪む事に…。
そんな見事な悪循環に陥っている中、主人公にある出来事が。

それは、優衣の親友、恭子からもたらされた例の内容でした。
彼女曰く、優衣は襲われたい願望を持っているという、にわかには信じがたい内容だったのです。
半信半疑な主人公でしたが、その内容は主人公の心に何故か響き続けたのでした。

そして、偶然にも優衣とふたりっきりの状況になった主人公は、本当に優衣を襲ってしまう事に(汗)
勿論、いきなりの事態に困惑、抵抗する優衣でしたが、もう動き出した欲望は止まらず…。

彼女の初めてを奪ってしまい、彼女を泣かせてしまう事に…。

ここで恭子の言葉が嘘だと思うが、もはや後の祭り。
そんな騙された、身勝手な怒りも含めて恭子を問い詰める中で、売り言葉に買い言葉で今度は恭子を襲う事に(汗)

またも行為後、我に返る主人公でしたが、何故か優衣の時も、恭子の時も感じた甘い匂い…。
一体何の匂いなのか分からないものの、その匂いに誘われるかのように主人公は、女性陣を事あるごとに襲う流れですね。

…本当に主人公、危ない奴じゃないですか(汗)
しかし、良く分からなかったのは、この匂い云々。
何か伏線的な物かと思ったら、そうでもなかったみたいで…(汗)

何かこの匂いを放つ女性は、襲われたい願望があるみたいな風に描かれていたんですよね。
主人公は、これを嗅ぎ取れるようになったって感じっぽいですね、解釈が合っているか分からないけれども(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、足コキなどがあります。
マニアックな行為として膝コキなどの要素も一部ありましたね。

今作では、上記の様にヒロインたちを襲っちゃうってのがメインですね。
…活字にした時のインパクトよ(汗)

襲うっていう表現が何ともアレなんですけれども、言う程のインパクトはなかったかな?
色々要因はあるんですが、初回の行為から比較的襲われた女性陣が快感を感じている様が描かれていたってのは大きいかと。
まぁ、実際ずっと泣き叫ばれたら、心折れますけれどもね(汗)

割と序盤から反応がある分、抵抗感も幾分和らいでいるかなと思いますね。
後、大きいのは主人公に対してヒロインたちが個人差はあれど、好意を抱いているってのもあるかな。
特に優衣に関しては、こういうムードもへったくれもない形での行為になってしまい、勿論悲しい気持ちもある一方で、形はこうでも関係を持てた事には満更でない所があるんですよね。

まぁ、優衣の性格だと中々自分からって感じではいけないでしょうし、そのままでは関係はずっと平行線だろうってのは彼女自身が一番分かっているでしょうしね。
だからって、こんな形で関係が進展するとは思ってはなかったでしょうが(汗)
そんな事もあって、彼女自身は何だかんだ、以降も続く主人公からのいきなりの行為にも比較的素直に応じる事に。

これは、他の女性陣も同じであり、あんまり抵抗する訳でもなく、かといって完全に歓迎って訳でもない何とも微妙な心理状態の上にある感じですね(汗)
回数を経ると、更に抵抗も弱くなり、もう諦め&期待という相反する感情に揺れ動いています(汗)

これらの要素があって、何とも無理やりな行為の流れなんですけれども、そこまで嫌悪感のある展開になっていない不思議な塩梅の作品に仕上がっているんですね。
なので、比較的この手の内容が苦手な人でも読みやすいかなとは思いますね。

すぐ思い立ったらHするって感じなので、登下校の際にも結構すぐそこら辺の物陰に連れ込んでHします(汗)
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

珍しくフェラらしいフェラがなかったのも印象的かな、パイズリの際に舐める程度はあったりしましたが。

後、何かこの作品は足フェチ的な要素を含めた内容らしいですね。
確かに一番最初の行為は本番ではなく、膝コキとマニアックな行為で始まっていましたし、足にちょいちょいフォーカスが来る印象はありましたね。
んー…、でも、そこまで足フェチ感は感じなかったかなぁ、無いとまで言いませんが、それメインって程でもないかと。
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

タイトルの様に、半ば強引にされちゃっても身体は反応しちゃうみたいなノリ+αで、足やストッキングなどの要素を見せている程度のアクセントと考えた方が良いかと思いますね。
正直、そこだけで内容に期待する様なレベルではなかったです、原作版がどうか分かりませんが(汗)

終盤は、全ヒロインを交えてのハーレム行為になりますね。
この頃だとかなり自分の感情などに素直になっているので、より積極性が見えますね。
まぁ、この辺りだと「強引」ってのとは少しニュアンスが違う様な気もしますが、Hだから良いか(汗)
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は、「いっせー」さんが手がけています。
こういう系の作品が多いみたいですね(汗)

可愛らしさと色気、清潔感のある絵柄ですね。
この愛らしさがあるからこそ、少々強引な展開の行為をしても、生々しすぎないで済んでいる面がありますね。
まぁ、そんなに痛々しい表情を見せないってのは大きいですね。

足フェチ要素のある作品って事もあってか、ストッキング姿の女性陣の足も良く描かれていますね。
…まぁ、正直そこまで私自身は足フェチではないんですけども(汗)
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣 強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

汁気描写も結構多いのも特徴ですかね。
精液もかなりド派手に発射して、女性陣の全身に降り注ぐ程の精液量は、見栄えしますが出過ぎな気も(汗)
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

挿絵数:29枚

総評


全体的には、タイトル通りな内容だったかなと思います。
上記でも書いていますが、意外と変に重く感じる事もなく、嫌悪感も控えめ(ほぼないかな?)で読みやすい仕上がりだったので、苦手な人でも読めるかと思います。

私自身も、購入時には重そうかなぁって若干身構えていた所があったんですが、杞憂でした(汗)
なので、誰でも大丈夫なレベルかと思いますよ、何だかんだ主人公に好意持っているし。

そういえば、著者さんの神崎美宙さんって、あの二次元ドリーム文庫でミルクシリーズ(勝手に命名)とかやってた方なんですね。
最近、全然名前見なくなったなぁと思ったら、意外な名前を見つけて、これ買ってみたんですよね。

原作版のシナリオやっているのかぁと思ったら原作版は関わっていないっぽいけども(汗)
二次元ドリーム文庫のイメージが強いので、何か他のレーベルで見ると新鮮ですねぇ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ

オトナ文庫 バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん レビュー

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん♥ (オトナ文庫 97)
蝦沼ミナミ
パラダイム (2017-11-30)
売り上げランキング: 88,798

2017年11月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ぽっちゃり体型な男子学生です。
そんな彼は、同級生の「ちえり」に勉強を教えて欲しいと頼まれる事に。

そんな彼女に勉強を教える事にしたのですが、そのお礼としてHな行為をちえりから受ける事に…!?
主人公は、そんなちえりに対して、次第に惹かれていく事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 椎名 ちえり」(しいな)
がいます。

ちえりは、美人で人当たりの良いクラスの人気者な女生徒です。
ブラジル系の血を引いているせいか、褐色の健康的な肌が印象的です。
しかし、その見た目ゆえに遊んでいるという目で見られています。
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

ストーリー展開


展開的には、主人公がちえりに勉強を教えるお礼にちえりからHな行為をしてもらう流れですね。
夢の様な話ですねぇ(汗)

元々、主人公とちえりは同じクラスメートである一方で、これまでそんなに親しかった関係ではなかったんですね。
そんな彼女が、ある日主人公を待ち受けて、お願い事をして来たのです。

それが、主人公に勉強を教えて欲しいというものでした。

主人公は、ぽっちゃり(正直太っているレベル…?)なんですが、意外と運動も出来るし、勉強も学年トップクラスという結構モテそうなスペックを持っている存在なんですね。
まぁ、オタク気質なので、人付き合いは男女問わずそれ程得意ではない様ですが。
そんな、ちえり自身も主人公の学力を理解しているので、こうして勉強を頼みに来たという経緯があるんですね。

いわゆるギャル的な存在に見られるちえりですが、実際彼女もこれまでは今が楽しければOK的な考えでいた様ですが、最近になってそれだけではマズイんじゃないかと思いだしたらしいんですね。
なら、勉強をしておいた方が良いとは考えたけども、これまで何もしていなかったので、何からどうすればいいのかさっぱり(汗)
そこで、分かる人に勉強を教えてもらおうと考えた訳ですね。

見た目の印象から主人公もちえりが遊んでいる娘だと思ってたのですが、そんな姿に認識を改める事にし、彼女のお願いを快諾。
…まぁ、それとは別にやはり思春期の男子ですから、こんな見た目がHなちえりと一緒にいたいという下心もありましたがね(汗)

ともあれ、彼女に勉強を教える事になった訳ですが、クラスメートからお金を取る訳にはいきません。
教わるだけでは申し訳ないと恐縮するちえりは、Hな奉仕でお礼とする提案をして来る事となり、彼女からフェラで射精させてもらう事に。

こうして、勉強と引き換えにHな行為をしてもらう関係が始まったふたり。
そんな中で、主人公はHの時以外の勉強の際などに垣間見える彼女のある意味、真面目で真っすぐな姿勢に少しづつ心惹かれていく事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ちえりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、素股などがあります。

まぁ、タイトルがタイトルなので、やはりフェラは外せませんよね♪

彼女には、彼氏がいるので、彼女的には本番は浮気になるからダメだと言うんですね。
でも、フェラなら浮気じゃないからOKらしいってのが彼女らしい価値観と言うか…(汗)
これでは、遊び人とかって噂が流れるのも分からなくないですな(汗)

とにかくちえりのキャラクターですよね、この作品の肝は。
見た目、凄いギャルっぽい感じなんだけれども、意外と些細な事に喜んだり、純粋で真っすぐだったり気遣いのできる性格は会話の節々で感じ取れますね。
勿論、見た目通り?にHも大好きなのですが(汗)

そんな彼女と一緒に過ごす中で、自然と情を抱くのも当然な事ではありましたが、一方で彼女には彼氏がいるという事実が、複雑な所ではありますね。
彼女も彼氏の事を話す際には、普段以上の笑顔を見せられると、自分との関係の距離を感じる瞬間でもあった訳ですね。
よく考えれば、主人公の立場は彼氏側から見たら、後から来た存在なんだから、文句言える立場じゃないですけどねぇ(汗)

こんな関係性なふたりなので、フェラはOKだけども本番行為はNG(汗)
そのため、本番行為はかなり終盤も終盤までありません。
それまでは、フェラとかパイズリ、素股などでの射精展開だけですね。
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

まぁ、十分Hなのは感じられる濃いめ行為描写だったり、挿絵もあるので、そんな物足りなさは少ないかと思います。
フェラが結構多めなので、好きな人にはむしろ良いのかも?

ちえりとの行為では、雰囲気がカラッとしたHさなのも特徴のひとつですね。
Hが好きなんだなぁと感じさせる彼女の言動、反応の良さは見ていて、微笑ましさも感じますね。
…勿論、いやらしさもですね♪

上記にもありますが、終盤でようやく本番解禁となります。
なので、回数自体はかなり少ないんですが、ここまでちえりとの関係を積み上げてきた中での念願の行為ですから、見所でもありますね。
元々、大胆な彼女ではありますが、主人公との関係を深める中でより一層積極的になっている感がありますね。
それくらい、主人公に真っすぐな想いをぶつけて来ているのが垣間見えて、エロ微笑ましいですねぇ♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「はましま薫夫」さんが手がけています。
他の作品だと「えろげー!」とか「euphoria」とかがありますね。

やはり、いかにもなギャルっぽい、ちえりのキャラデザインが印象的ですね。
健康的な色気、魅力に溢れた姿は彼女の愛嬌の良さも相まって、より魅力的に感じますね。
やはり、この褐色な肌色だと余計にセクシーに感じますよねぇ。
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

身体付きも、メリハリのあるボディで学生とは思えない容姿なのも見所ですね。
こんな娘が学校いたら、そりゃ人気あるし、変な噂も流れるわな(汗)

今作では上記にもありますが、フェラシーンが結構多めなので、彼女のフェラ顔の描写も多いですね。
タイトル通り、しゃぶるのはお上手なだけに時にはドアップになって、主人公の肉棒を咥え込んでいる姿も目立ちますね。

また精液だったり、フェラの際に流れるよだれや、キスの際に舌同士に伝う唾液などの汁気の描写も印象的でしたね。
繊細に描かれている汁気表現が、このメリハリのある絵に良く合っていますね。
他の可愛い感じの絵柄では、違和感を感じるかもしれませんが、この絵柄の濃さとのバランスが良いですね。

挿絵数:28枚

総評


全体的には、良い意味で第一印象を裏切った作品だったかな。
もっとHやりまくりなだけの話かと思ってたんですが、ちょっと違いましたね。
…まぁ、Hやりまくりってのはある意味間違いではないか、本番行為自体は少ないけれども(汗)

明るい雰囲気の作品ではありますが、要所要所ではベタなんですが、ちょっとシリアスめな展開もあり、それがアクセントになっていますね。
主人公もちえりも、それぞれ悩みなどを抱えていたりするんですが、ふたりの関係が深まるにつれて、お互いが解決の助けになっていったりと、より関係が強固なものになっていく過程が描かれているのは読み応えがありましたね。
こういうバックがあって、よりキャラの魅力が増して来る訳ですね。

タイトルで緩めな印象を抱くかもしれませんが、中々読後感の良い仕上がりになっていると思いますよ。

後、原作版だと後日談を無料配布しているみたいですね(プレイには本編が必要)
んで、それを見たら、どうやらこのノベル版のラストの展開が、そこみたいですね。
使われている画像も同じでしたので、多分そうですね。
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

オトナ文庫 元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化 レビュー

元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化 (オトナ文庫 94)
田中珠
パラダイム (2017-11-17)
売り上げランキング: 13,003

2017年11月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、親友の母親、「京香」(きょうか)に想いを寄せている男子学生です。
そんな中、京香のHな姿を妄想してた主人公は京香に見つかり、妄想で勃起した股間を見られてしまう事に…。

京香は、元ヤンという過去があり、いつも厳しくされているだけに、殴られると思いきや…。
彼女は、主人公の肉棒に目が釘付けに!?
これはチャンスと、主人公は勢いづいて、京香と関係を持つ事にする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 田崎 京香」(たさき きょうか)
がいます。

京香は、主人公の親友の母親です。
かつては、地元で有名なヤンキーとして名前が轟いていました。
母親となっても、勝気で強気な性格ですが、叱る時以外は包容力のある女性でもあります。
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

ストーリー展開


展開的には、元ヤンである京香を寝取っちゃう流れですね。
…大体、そんな感じです、うん(汗)

元々、京香は若い頃は地元で有名なヤンキーだったんですね、伝説的な。
今では、一児の母として、若い頃同様に魅力的な姿を保ってもいます。

そして、彼女の息子が主人公の親友なんですね。
そんな事もあり、主人公にとっては京香は自分が幼い頃から知っている存在でもありました。
と同時に、いつしか彼女を友人の母親ってだけではなく、異性の女性として認識する様になったのでした。

まぁ、京香は子供がいるとは思えない様な若々しさに巨乳の持ち主だったりと、主人公には十分異性として、性欲の対象になる存在ですからね。
とは言え、彼女は親友の母であり、人妻ですから彼女のHな姿を妄想に自慰で性欲を発散させるだけで、叶わぬ想いでもありましたが。

そんな中、主人公は親友の家で京香の下着を見つけ、すっかり股間を大きくさせてしまう事に。
そんな場面で部屋に入って来た京香に怪しまれてしまい、勃起した股間を見られてしまったのです。
伝説的な元ヤンだった京香に知られてしまい、どれだけぶっ飛ばされるのか…、後悔する主人公でしたが、京香の様子が何かおかしい…?

何と、京香は勃起した主人公の肉棒に目が釘付けになっていたのです。
それもそのはず、主人公の肉棒は巨根と呼ばれる様な立派なサイズであり、こんなサイズのものを見た事のない京香は動揺していたんですね。

そんな彼女の様子を見て、主人公はこれは千載一遇の好機と半ば強引に京香に迫り、関係を持つ事に。
こうして、主人公は関係を持った京香を自分の物にするために、事あるごとに行為を迫る流れとなっています。

Hシーン


Hシーンは、京香との行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、アナルセックスなどがあります。

やはり今作の肝は、元ヤンである京香を肉棒でメロメロに堕としちゃうという所ですね。
普段は、誰も敵わないであろう京香を普通の男子学生が肉棒で屈服させちゃうんですからねぇ。

個人的には、京香のキャラクターが好みでしたね。
元ヤンで、言葉使いも怒るとゲンコツが飛んでくる様な強気な彼女なんですが、元ヤンらしく?ある意味真面目なんですよね。
自分の息子や主人公にもちゃんとやるべき事をしない場合は、鉄拳制裁してきますが(汗)
それ以外は、何だかんだ良い母親、女性らしさがあるんですね、口うるさいけども世話好きだったりと。

主人公の巨根を見て、信じられず思わず動揺するなど、意外と可愛らしい面もあるのがツボでしたね♪


ちょっと気になったのは、展開の早さ。
何せ、巨根を見せて動揺した際に勢いで関係を持った初回時にもうほぼ京香が堕ちましたからね(汗)

この辺りは最近は似た内容ばかりで購入を見送っている、同メーカー作品の巨根シリーズを彷彿とさせる展開の早さという事でしょう(汗)
特に今作は、京香ひとりだけなので、余計に展開が早く感じますねぇ。
その分、残りのページを彼女ひとりにたっぷり使えるというアドバンテージは確かにありますけどね。

後は、主人公との関係が始まっても、即、性格激変って感じではなく、それなりにちゃんとしてたのも好印象かな。
他のシリーズでは、即、洗脳でもされたのかと思う程に、肉棒の虜になるので、それに比べるとまだマシでしたね(汗)
まぁ、勿論、行為を重ねるにつれてドンドン主人公、肉棒の虜になっていって、旦那、息子への気持ちが薄れていく様にはなりますけどね。
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

京香は、ちょっと(かなり?)実はMっ気も持っているんですね。
主人公に物扱いというか、所有物扱いされて最初は激怒してた彼女ですが、ペチペチと身体を引っ叩かれたりすると、次第に身体を熱くさせたりも…。
主人公も、地味にSっ気が強いんで、ご主人様的に彼女から主導権を握り続けて、彼女を母親から女に変えていく事になりますね。
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

個人的な好みで言えば、主人公はSでなくても良かったんですが、親友の母親、人妻を物にするとなれば、こういう性格じゃないと成り立たないかなとも思いますけどね(汗)
まぁ、巨根シリーズとかの主人公もバリバリのドSで、豚扱いとか当たり前だったから、これはもうここのカラーなんでしょうね(汗)
せっかくの母親、人妻なのだから、少しは甘えさせてもらうような母性的な面も見たかった気はします。

何度か、他の人たちの前で京香との行為を見せびらかす様な披露する展開もありましたね。
もう京香も、むしろ見て欲しいとばかりに主人公との行為を普段以上に盛り上がっていましたねぇ(汗)
まぁ、Mっ気もある彼女なだけに、この状況下もある意味で楽しんでいるのかも…。

終盤では、妊娠してお腹が大きくなった状態での行為も描かれています。
すっかり主人公にメロメロになっている彼女なんですが、それでも元ヤンならでは?一緒に帰宅した際に先に入って入り口で出迎えるなど彼女らしさが垣間見えるのが良かったですね。
褒められて、デレデレに甘えてきたりもするんですが、よくある様な敬語なご主人様的な台詞ではなくて、「よしとくれよぉ」みたいな言い回しをする辺りが、彼女らしいです♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「T-28」さんが手がけています。
ここの作品では、お馴染みな方ですね。

今作では、元ヤン人妻というヒロインキャラクターだっただけに、気が強そうで美人なデザインが肝ですね。
でも、母親である母性感も時折感じさせる雰囲気が、ただ怖い厳しいだけではない魅力のひとつとして重要なんですよね。
そのバランスが良い感じにとれていて、個人的にはかなりツボなキャラクターでした♪

後は、コスプレ要素も結構ありましたね。
バイクに乗るライダースーツだったり、元ヤンらしく特攻服だったり(汗)
そんな姿で行為をしちゃったりで、また彼女の新しい魅力を感じさせてくれましたね。
挿絵のモノクロだと、黒のライダースーツが背景と同化してあんまり見えないのが残念でしたが(汗)
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

挿絵数:25枚

総評


全体的には、もっと手ごたえがあるかと思いきや、すぐヒロインが堕ちるので定評のあるメーカーの作品らしく展開が早かったですね(汗)
その分、京香との行為を長く楽しめると、良い解釈をしましょう(汗)

そういえば親友の母親であり、人妻でもある京香なので、寝取りでもある訳ですよね。
でも、正直そこら辺の描写は何ともあっさりしたものであり、期待するレベルではないです(汗)
なので、あんまりそっち方面の背徳感的なものとは、無縁な感じですね。

まぁ、その分、京香と思いっきり楽しめると思えばって、さっきも同じ様な事書いた様な?(汗)
突っ込み所の多い、勢いで突っ走っているノリなので、気楽にサクッと読めると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化 〜友達の強気かあちゃんで好き勝手ザー処理遊び孕ませ〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ
 タグ

オトナ文庫 巨乳家族催眠 レビュー

巨乳家族催眠 (オトナ文庫 87)
男爵平野
パラダイム (2017-10-25)
売り上げランキング: 16,046

2017年10月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、受験に失敗をして予備校に通う青年です。
そんな彼は、最近になって父親が再婚をした事で、新しい家族との生活を始まる事に。
しかし、幼い頃からひとりだった主人公は、中々新しい家族に馴染めず、壁を感じる事に…。

そんな中、孤独を感じた主人公は怪しげな広告に載った催眠術を使えるペンライトを購入し、家族に使ってみる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 間宮 美冬」(まみや みふゆ)
  • 日野原 春珂」(ひのはら はるか)
  • 間宮 夏希」(まみや なつき)
  • 間宮 秋葉」(まみや あきは)
がいます。

美冬は、主人公の父親と再婚した女性です。
息子となった主人公にも何かと親身になってくれる良妻賢母です。
家事全般が得意で、穏やかな性格の持ち主です。
巨乳家族催眠

春珂は、美冬の妹です。
病院勤務の精神科医として働くバリバリのエリートでもあります。
それゆえに勝気で強気な性格の持ち主であり、いきなり現れた主人公に警戒感を抱いています。
巨乳家族催眠

夏希は、主人公の妹となった女性です。
根は素直で性格も良いのですが、頑固な面もあり、中々心を開かないガードの堅さがあります。
主人公に対する第一印象も良くない様子…。
巨乳家族催眠

秋葉も、主人公の妹となった女性です。
大人しく引っ込み思案な性格の持ち主です。
新しい兄が出来た事を喜んでいるのですが、それをうまく表現できていません。
巨乳家族催眠

ストーリー展開


展開的には、親の再婚によって新しい家族を得た主人公が、上手くいかずに催眠に頼る流れですね。

元々、主人公は幼い頃に両親が離婚しており、父親と暮らしてきました。
しかし、当然父親も仕事で働いているため、幼い頃から主人公は家でひとりぼっちだった訳ですね。
それが影響したか、あまり人と上手く接する事が苦手に。

そんな中、主人公の父親が再婚する事に。

向こうのお相手には、ふたりの娘がおり、いきなり主人公は年齢的にはふたりの兄となったのです。
女性ばかりな所にいきなり主人公が家族として入る…、それは主人公にとっては難しい立場でもありました。
上手く接せられないしねぇ(汗)

それにふたりの妹は、年齢も年齢で難しい年頃。
向こうもいきなり現れた男に対しては、複雑な思いを持っていますからね。

特に、夏希に関しては初対面の時からぶっきらなぼうな態度を見せるなど、明らかに歓迎していないオーラ全開(汗)
一緒の家で生活する様になっても、当然の如く、言われ放題な始末…。
一方の秋葉も、別に主人公を嫌っている訳ではないものの、彼女の引っ込み思案が災いし、オドオドとした態度や避ける様な態度に出てしまうために、主人公には避けられていると思われるなど、それぞれ噛み合わなかったのです。

唯一、自分にもいつも優しく接してくれる母の美冬も、あくまでも愛する夫の子供という状況だからこそと思ってしまった訳ですね。
若干、被害妄想入っている様な気もしますが、実際美冬とも上手く会話を返せない主人公なだけに、余計に家族に入り込めていないと孤独感を感じるのかもしれませんな(汗)

そんなだから、幼い頃から母親のいない、ひとりぼっちだったために家庭というものにある種の憧れを抱く主人公は、この状況に絶望を感じる事に。

そんな中、見かけたのは人間関係などの悩みに催眠グッズを紹介する、何とも胡散臭い広告(汗)
普段ならば、完全に嘘くさいと取り合わないだろう主人公も、何か心惹かれるものを感じ、ダメ元で購入する事に…。

届いたのは、催眠術が使えるらしいペンライト。
ちゃっちい見た目に不安を感じつつも、美冬にペンライトを使ってみると…、何と効果が。

すっかり気を良くした主人公は、美冬に家族なら…と、Hな行為を要求し、関係を持つ事に。
こうして、主人公は美冬の成功を足掛かりに、他の女性陣にも催眠をかけ、自分の理想の家族を作る事になる流れですね。

主人公の理想の家族ってエロい事する家族なんですかね、何か偏っている気が(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリなどがあります。

やはり今作の見所は、催眠要素ですよね。
上記でも書いた様に、主人公は家族に飢えている所があるんですが、その方向性が変なんですよね(汗)
ザックリ言えば、自分を拒まず受け入れてくれるって事なのかなとは思いますが…。

そんな歪んだ彼の家族観を実現するために、催眠の力を使って、Hな関係、行為をしていく感じですね。

女性陣も、そんな内容が普通の家族ではありえない物だと思うものの、主人公の言葉を納得し、受け入れていく事になりますね。
いきなり最初で美冬と本番行為まで至るくらいですから、催眠の効果が絶大ですねぇ。
本番の際には、さすがに彼女も難色を示したものの、家族で愛し合うのは当たり前という言葉で受け入れちゃう事になりますし。

個人的には、欲を言えばもう少し段階を踏んで欲しかったですね。
どうせ万能なのだから最初くらいは本番行為はまだできないみたいな展開があっても良かった気はします。
まぁ、ヒロインが4人だからそんなに悠長にやってられないか、ページ的にも(汗)

こんな強力な効果なので、正直ヒロインの攻略は容易です。
毛嫌いしてた夏希も、そんな苦労もなく、数回で完全に催眠支配下にする事ができますし、警戒する春珂も同様。
なので、嫌っているヒロインの抵抗を楽しみたいと思う人にとっては、何とも物足りないあっけなさがあると思いますね(汗)

催眠物に抵抗は無意味ですけども、多少はねぇ…(汗)

催眠以外では、何気にコスプレ要素も目立ちましたね。
何故か、ナース姿での行為だったり、体操服、スク水などと結構種類も豊富でしたねぇ。

意外と珍しい?のは、眼鏡姿ですね。
普段眼鏡をかけている美冬、春珂だけではなく、他の夏希、秋葉も眼鏡をかけての行為がありました。
また眼鏡をかけると、雰囲気がガラッと変わって新鮮ですねぇ。
巨乳家族催眠

終盤は、当然真の「家族」となった女性陣たちとのハーレム展開ですね。
ちゃっかり、春珂も家族に含まれちゃっています(汗)
その前にも複数人数での行為展開は、ありましたけどね。

全員妊娠して、お腹が大きくなった状態での姿が描かれていますが、残念ながらあんまり描写量はなかったですね(汗)
挿絵もあるんですが、美冬が目立っている一方で他の女性陣があまりお腹がはっきり見えないんで、全員妊娠している感じは薄いかも。
巨乳家族催眠 巨乳家族催眠

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「スカイハウス」さんが手がけています。

ちょっと調べてみたら、大分古い作品ですが「花の記憶」や「ここは楽園荘」とかもこの方だったと知って個人的にビックリ(汗)
殆ど作品の記憶ないけども、絵は結構好きでした。

そのイメージと比べると、大分絵柄が変わったんですね、気づかないくらいだし。
今作の絵柄では、等身が高くなって、繊細で色気、艶が増した印象かな?
でも、あの当時のアニメ系とでも言うのか、あの瞳の描き方が好きだったんですけどねぇ、好みで言えば(汗)

話は、今作に戻って。
繊細でしっとりとした絵柄で、催眠によって主人公の理想とする「家族」となる姿が印象的でしたね。
催眠状態になった時は、表紙絵の様な例の光の無い瞳になるんですが、行為中ではそういう瞳ではなく、普通の状態に戻りますね。
あの瞳、表情だとそそらないって人もいるでしょうから、そういう人には有難いですね。
巨乳家族催眠 巨乳家族催眠

普通の瞳になっている分、催眠状態下なはずなのにどこかで自分の意思でやっているのではと思ってしまう時もありますね。
それゆえに、催眠でのさせられている感とかが幾分薄れているかもしれませんね。
それを良いとするか悪いとするかは人によるでしょうが。

挿絵数:26枚

総評


全体的には、王道催眠物らしい展開だったなという感想ですね。

ヒロインが4人ゆえに、個々の描写は少し物足りなさがあったけども、許容範囲かと思います。
春珂は、途中参加なので終盤近くは彼女がメインになってしまったので、特に夏希、秋葉あたりが物足りなさがあったんですよね。
正直、春珂はいなくても問題なかったんじゃないかと個人的には思いましたが(汗)

催眠物が好きならば、楽しめる作品に仕上がっていると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
巨乳家族催眠「家族なんだから、セックスするのは当たり前よね……」

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ

オトナ文庫 メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ レビュー


2017年5月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、大学受験に失敗した浪人生です。
今回予備校に通うため、兄の家に居候する事に。

そこで主人公は、兄不在の際に兄の妻である「遥佳」(はるか)と、関係を持ってしまう事に…。
その後も、周りの人妻たちと次々に関係を持ってしまう事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 篠田 遥佳」(しのだ はるか)
  • 二階堂 みなみ」(にかいどう)
  • 波多野 菜月」(はたの なつき)
  • 楠見 律子」(くすみ りつこ)
がいます。

遥佳は、主人公が居候する事となる兄の妻です。
しっかり者で面倒見がよい明るい性格の持ち主です。
主人公との関係も、弟の様な感覚に思っており、無防備な姿を晒す事もしばしば。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

みなみは、兄夫婦のご近所さんで、人妻です。
たまに遥佳の家にお邪魔して、談笑しています。
人見知りな性格で、少しそっけないクールな面を見せますが、打ち解けた相手には積極的な面を見せる様になります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

菜月は、遥佳の妹で、彼女も人妻です。
姉同様に美人でスタイル抜群ですが、それ以上に自由奔放な性格をしており、享楽的な所があります。
主人公に迫って、からかう趣味があります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

律子は、主人公の叔母にあたる女性です。
主人公は遥佳の家に居候になるまでは、彼女の家でお世話になっていた経緯があります。
主人公の事を溺愛しており、執着心があるのか、唯一の独身者でもあります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

ストーリー展開


展開的には、主人公が人妻と関係を持ちまくる流れですね。
…凄いザックリとし過ぎですね(汗)

元々、主人公は大学受験で失敗してしまい、浪人生の立場となっています。
予備校に通う事となったのですが、叔母の律子の家からは通うのが中々大変な距離だったため、兄夫婦の遥佳たちの家に居候し、そこから通う事となったのです。
内心、主人公としては勉強もですが、憧れの存在である遥佳と一緒の生活って事も嬉しい要素でした。

そんな楽しみな新生活が始まって、しばらくの時間が経過すると、困った悩みも。

遥佳は、昔からお互い知っている関係でもあり、弟の様に思われているせいか、次第に彼女の気が緩んできた所があるんですね。
それこそ、風呂上りにバスタオル一枚で出入りしたりと、主人公の存在を良い意味で気にしなくなっていった訳ですね。
それ自体は、嬉しい事でもありますが、興奮した気持ちを持て余す結果となり、勉強に身が入らなく…(汗)

気軽に自慰も出来ませんしねぇ、居候の身では(汗)

そんな中、遊びに来てた遥佳の妹である菜月に過激なスキンシップをされ、思わず股間が大きく…。
享楽的な彼女は、そんな反応してしまった主人公を構わず、手コキで射精させてしまう事となり、余計に悶々とする羽目に(汗)

その後、更にお酒の入った遥佳とも関係を持ってしまう事に…。
彼女は、お酒が入ると結構性格が大胆になるというか、ギャップがあるんですよね(汗)
その流れから、Hな行為が始まり…、遂には関係までも持ってしまった訳ですね。

これをきっかけにしてという訳ではないのですが、その後も他の女性陣と関係を持ち出す事となっていく流れになっていますね。

…そんなに、この主人公は年上の女性の何かを刺激する何かがあるんですかね? 母性本能?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、全ヒロインが主人公よりも年上である所でしょうか。
人妻ってのも挙げようかと思ったんですが、叔母の律子は唯一独身だったので(汗)
でも、大半のヒロインが人妻ってのも大きな特徴ですけどね♪

年上なヒロインたちゆえに、可愛らしくも母性的な包容力のある雰囲気が出ていましたね。
やはり、これは同学年とかのヒロインでは中々出せない味なだけに、印象的ですね。
母性的なんて言うと、甘えさせてもらうとかの甘々な展開をイメージするかもしれませんが、正直そこまでそういうのはないですね。

過剰な甘々さは、控えめになっており、変にクドさはないので、読みやすいかと思います。
逆にそっち方面を期待してた人には、少し物足りないかもしれませんけどね(汗)

年上のヒロインばかりですが、全員が全員経験豊富って訳でもないので、人によっては初々しい反応を見せる人も。
逆に手慣れている感じの人もいたりと、主導権を握ったり、握られたりといった形がそれぞれあるのも個性があって良いですね。
リードしたり、リードされたり…、どっちの女性のタイプもそれぞれ魅力的です♪
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

また相手が大半、人妻って事で、ちょっと寝取り的な要素も考えるかもしれませんが、正直そこもあんまりないですね。
何故かと言うと、女性陣の夫ですけども、遥佳の夫である主人公の兄ですら殆ど登場しない有様で、他のヒロインの夫に至っては一切作中に出てきません。
なので、正直あんまりヒロインたちを人妻って感じる面はかなりなかったと思いますので、寝取る感覚にもならないってのが正直な所ですね。

タイトルにメス堕ちみたいな、ちょっと過激なネーミングしてますが、かなり柔らかい雰囲気で重さは一切ないですので、ご安心を。

作品の構成、展開的に仕方なかったのかもしれませんが、複数ヒロインでの行為は殆どなかったですね。
まぁ、皆に秘密にするもんなぁ、言える訳ないし(汗)
なので、ハーレム的な全員で~みたいな展開は、原作版にはあるのか分かりませんけども、ノベル版に関してはなかったですね。

唯一、遥佳と菜月の姉妹だけ、ふたり一緒での行為がありましたけどね。
性格も正反対な彼女たち姉妹の異なる魅力が垣間見えるやり取りなどは、見所の一つでもありますね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われていますね。
原画担当は「相川亜利砂」さん、「薦田ロボ」さん、「リャオ」さんが手がけています。

どの女性も可愛らしさと、年上の女性の色気を併せ持ったキャラデザインが魅力的ですね。

個人的には、結構肉棒の表現とかが存在感あって良かったですね。
肉棒だけではないんですが、結構パキッとした色使いだったりで、女性の身体も肉感的な描写がされているので、健康的なHさを感じられるのが良いですねぇ♪
こういうはっきりとした表現は、よりガツンと視覚的にも刺激があるので、印象が強いですよね。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

汁気描写も、結構濃いめな仕上がりで射精されて、全身を精液まみれになっているシーンはいやらしさと色気を感じましたね。
でも、ヒロインによって汁気の描写が違うので、原画担当の方の違いもあるのかな?

担当のひとりである相川亜利砂さんのキャラは、遥佳、菜月らしいですが、このふたりの汁気(精液)描写は結構濃くて自分好みでしたね。
…そのため、このふたりの時だけ、主人公は他のヒロインよりも大量に精液出している様な気がしますねぇ(汗)

挿絵数:26枚

総評


全体的には、タイトルのメス堕ちって表現の印象とは違って、割と穏やかな雰囲気の話でしたねぇ。
まぁ、明るい寝取りハーレムって帯にもありましたしね(汗)

実際、陰鬱とした重さは皆無で穏やかな雰囲気の中で関係を持つので、間違ってはいないですかね。
なので、苦手な人でも読みやすい仕上がりになっているので、年上ヒロインが好みならば十分楽しめると思いますよ♪

Amazon版 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ ~年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活~ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜

DMM 原作PC版ダウンロード
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜 DL版【電動オナホール対応】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

オトナ文庫 身代り淫行生活 レビュー


2017年4月発売のオトナ文庫の今更レビューです(汗)
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、地方の名門校に勤める男性教師です。
外面は良いものの、その素顔はこれまでに出会い系サイトで何人もの女生徒と関係を持っていた、裏の顔がありました。
そして、今回のターゲットに狙いを定めてたのですが、ある事情で、教え子である「映舞」(えま)に変える事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 月成 映舞」(つきなり えま)
がいます。

映舞は、主人公の担当するクラスの女子生徒です。
地元の名士の娘であり、文武両道、才色兼備の優等生なお嬢様です。
美貌とお嬢様の高貴な雰囲気ゆえか、周りから敬遠され、孤独を感じている面も。
身代り淫行生活

ストーリー展開


展開的には、主人公が次なるターゲットに教え子である映舞を選ぶ事になる流れですね。
まぁ、これだけでは説明不足なので、補足すると…。

主人公は、これまでに各地を転々としていた教師であり、現在、この田舎で名門校の教師をしています。
普段は、温厚な教師という顔を見せているものの、裏では、各地でいわゆる出会い系的なサイトで知り合った女性たちと関係を持っていた、裏の顔があった訳ですね。
教師と言う立場で、こういう行為を繰り返していた訳ですが、罪悪感はなかった主人公。

そして、今回の相手だったのが、何と主人公の教え子だったのです。
金銭交渉の中のやり取りで、彼女から顔を隠した制服姿の画像を見せられ、主人公は正体を知ったんですね。
そこで、主人公は彼女の名前を挙げて、ファミレスに呼び出したんですね。
…脅迫以外の何物でもないですな、向こうからしたら知らない奴が自分の名前を知っているって相当な恐怖ですよ(汗)

実際、その娘も恐怖で、主人公に逆らえなくなってしまってた訳ですね、それをネタに。
そして、ファミレスに呼び出して、脅していた奴が自分だとバラし、驚く様を楽しんでから飽きるまで抱いてやろうと考えた訳ですな。
いやぁ、ろくでもない奴ですねぇ、良い趣味している(汗)

主人公としては、ある意味賭けでもありました。
必ず、相手の女子生徒が呼び出しに応じるかは不透明だったからです。
それこそ、警察沙汰になる可能性もわずかながらもあるだけに、どう転ぶかは分からなかったんですね、手応えはあったものの。

しかし、その主人公のふたつの予測とは違う展開が起こる事に…。

それは、待ち合わせの場所にやって来た女生徒が、件の女生徒ではなかったからでした。
その女生徒は、優等生として有名なお嬢様の映舞だったのです。

どうやら、脅迫された女生徒は、有力者の家の映舞に事態を相談してたみたいなんですね(汗)
そして、真面目な彼女は何と女生徒の代わりとして、ここにやって来たのです。
主人公としても、この展開は予想外だったものの、元のターゲットよりも遥かに上玉な映舞が自分からやって来た事で、彼女に女生徒の身代わりになってもらい、関係を持つ事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、映舞との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

やはり見所は、身代わりで主人公に抱かれる事になる映舞ですね。

まぁ、普通に考えたら、映舞の行動はちょっと度が過ぎていますよね。
そもそも、本来のターゲットだった女生徒と、映舞は別に親友と言える程の間柄ではなかったのですから。
そんな縁の薄い相手のために、身代わりになるという、ある種異常と言える映舞の行動の理由は、徐々に明かされていきますので、ご安心を。

実際、行為の中での彼女の反応は、極端な姿を見せる事も…。
序盤は、特に主人公がちょっと責める行為展開が目立つ事となり、彼女を揺さぶる事になり、不安定にさせてしまうんですね。
そうなってしまった映舞に主人公が放置プレイしたものだから、これ以上うかつな事をできないと焦る程の取り乱しようを見せましたね。
身代り淫行生活

この映舞の持つ危うさ…、不安定さが、上記の身代わりになった事などにも繋がる訳ですね。
それを徐々に知っていく中で主人公にも、ある心境の変化が…。

主人公は、ちょっと歪んでいるというか、皮肉めいた性格をしているんですよね(汗)
それだけに、行為を受けても耐える映舞の姿は、ある意味では凄く刺激的に感じる所があるんですね、嗜虐心を煽るというか。
それと同時に、何か苛立つものがあり、それが彼女への強めの責めにも繋がっている面がありますね。
身代り淫行生活

それも次第に話が進む度に、映舞よりもむしろ主人公の側の変化が大きくなり、徐々に会話のやり取りに始まって、行為にも甘さが見える様に…。
ここら辺は、好みが分かれる所でしょうかね?
最初から最後まで甘さのない流れか、逆に甘さのある流れかってのは。

個人的には、甘さが出てくる方が読みやすくなるので、これはこれで良かったかなとは思うんですけどね。

映舞も、最初の頃に比べたらだいぶ素直に感情を見せる様になってきたり、淫らな姿をさらけ出してくる様になりましたね♪
まぁ、最初の関係のきっかけがきっかけでしたからねぇ、あの頃と比べれば当然か(汗)
そんなころを経て、素直に主人公を信頼していく様が、微笑ましいというのはちょっとニュアンスが違いますが、お互いの存在の繋がりを感じさせますね。

主人公も自覚していますが、映舞も主人公もどこか欠落しているのを、互いが補っている様な所がある訳ですね。
それを認識してからは、一層行為にも熱が入り、互いを求めるかの様な勢いで身体を求めていますね。
なので、上記では甘さって表現こそしていますけども、またそれとは正確にはちょっと違うのかもしれませんね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「佐藤サブロー」さんが手がけています。

柔らかい絵柄で可愛らしいキャラクターが魅力的ですね。
この作品は、結構内容は重めな感じなんですけども、絵柄は結構可愛らしいんですよね。
だからこそ、雰囲気が中和されているのかな? 逆に痛々しさが引き立っているのかもしれないけども(汗)

実際、こんな可愛らしい健気な娘が好き勝手されてしまっている訳ですから、可哀想になる気持ちは分かりますけどね(汗)
特に序盤から中盤辺りまでは、主人公の行為に思わず涙を浮かべちゃう映舞の姿が印象深いですね。
身代り淫行生活 身代り淫行生活

でも、思ったよりかはあんまり表情に露骨に出ない娘かもしれませんけどね。
アヘ顔がある訳でもなく、目を見開くような強い表情がある訳でもなく、涙を見せる程度と意外と控えめな所もありましたね。
そういう意味では、比較的絵柄の表現はマイルドかもしれませんね。

挿絵数:29枚

総評


全体的には、凌辱物ではありますが、次第に恋愛色が出てくる様になり、甘さも感じられる仕上がりでしたね。
それゆえ、読後感も変に重苦しくなくて、この手の作品が苦手な人でも読みやすいかと思いますね。
まぁ、ガッツリぶれずに最後まで凌辱で突き進んで欲しかったって人は、物足りないかもしれませんけども(汗)

私も、読むまではてっきり最後までそんな感じなのかと思ってたので、そこは意外ではありましたね。
個人的には、こういう終わりも嫌いじゃないので、特に問題なかったですが。
…ある意味、主人公ツンデレですよねぇ(汗)

単にラブラブ全開って感じで終わる訳ではなく、どこかしっとりとした雰囲気で終わるのも、このふたりの関係ならではなものがありましたね。
恋愛とかって感じでは括れない関係性ってのが、このふたりにはピッタリだったかなと。

ちなみに、あとがきによると、原作のストーリーとは少しニュアンスを変えたものになっているみたいですね。
ルートって表記があったので、話の分岐が原作版にはあるみたいですね。
ちょっと調べたら、ガッツリぶれずに徹底的な方向性もあるんですね、これ(汗)

Amazon版 電子書籍
身代り淫行生活 ~親友を守るため、外道教師のいいなりになる優等生“映舞”~ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
身代り淫行生活 〜親友を守るため、外道教師のいいなりになる優等生‘映舞’〜

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
身代り淫行生活〜親友を守るため、外道教師のいいなりになる優等生‘映舞’〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ

オトナ文庫 新妻ふわトロ癒やらしエステ レビュー

新妻ふわトロ癒やらしエステ (オトナ文庫 74)
黒瀧糸由
パラダイム (2017-04-28)
売り上げランキング: 144,132

2017年4月発売のオトナ文庫の不定期レビューです(汗)
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、一流エステ店のマッサージ師として働く新人社員です。
とは言え、まだ新米である主人公はまだまともにマッサージさせてもらえる訳もなく、雑用で怒られる日々…。

そんな中、偶然にもここの社長夫人であるキャロライナをマッサージできるチャンスに恵まれ、彼女に認められる存在に。
これをきっかけにして、他の女性客にもマッサージが出来る様になり、その立場を確立させていく事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • キャロライナ・モレッツ
  • 香住 怜奈」(かすみ れいな)
  • 早見 栞」(はやみ しおり)
  • 百梨蜜柑」(ももなしみかん)
がいます。

キャロライナは、主人公の勤めるエステ店の社長の後妻です。
自身も優秀なやり手の経営者という面も持っています。
新妻ふわトロ癒やらしエステ

玲奈は、主人公の上司の妻であり、社長の一人娘でもあります。
物腰が穏やかで恥ずかしがり屋なところがあり、人前にあまり出るのが苦手な面があります。
新妻ふわトロ癒やらしエステ

栞は、大手証券会社の部長で、人妻です。
自他共に厳しい真面目な性格で夫を尻に敷いています。
日々の激務に対して、癒しを求めています。
新妻ふわトロ癒やらしエステ

蜜柑は、主人公の大学時代からの友人であり、同じ職場で働く同僚でもあります。
彼女自身はマッサージではなく、経営の方に携わっており、学生時代から主人公の素質を見抜き、ゆくゆくは一緒に独立する事を夢見ています。
新妻ふわトロ癒やらしエステ

ストーリー展開


展開的には、新米マッサージ師だった主人公が、その資質を認められていく流れですね。
ザックリ言えば、成り上がり物的な流れですかね?

主人公は、一流エステ店に勤める事が出来たばかりの新人マッサージ師なんですね。
狭き門を通って来た訳ですから、それなりの腕を持っている訳ですが、今のところは上司のサポート、雑用をメインにするばかりで、まともにお客にマッサージを施せる状況ではなかったのです。

どうやら、この店ではマッサージ師にランクが設定されており、当然主人公は最下層のランクであり、テストに合格しないとランクアップできない世界なんですね。
それに加えて、自分の上司となるマッサージ師が、何かと主人公に厳しく当たってくる事が多く、この先不安な状態でもありました。

そんな中、ある日、この状況を一変させるチャンスが…。
それは、ランクが上のマッサージ師たちが全員不在の日に、ここの社長夫人であるキャロライナが店に訪れたのです。

学生時代から主人公の素質を見抜き、ゆくゆくは一緒に独立を夢見る、蜜柑がこのチャンスを見逃すはずもありませんでした。
直接、社長夫人であるキャロライナに気に入ってもらえる事が出来れば、今後の展開が有利ですからねぇ。
とは言え、失敗すればクビもあり得そうなだけに、蜜柑の度胸は凄いですね(汗)

それだけ、主人公のマッサージ師としての素質を信じている訳ですよね。

そして、その賭けは無事、成功。
キャロライナに気に入られた主人公は、彼女を始めとして、セレブな女性たちの相手をする事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、素股などがあります。

やはり見所は、マッサージによって女性陣を文字通りメロメロにしちゃう点ですね♪

主人公のマッサージは、実は女性に対して、本来のマッサージ効果な気持ちよさだけではなく、性的な快楽まで与えるという効果があったのです。
それゆえに、女性陣は主人公の手で身体を触られ、丹念にマッサージをされる事で、まるで愛撫でもされたかの様に快感を覚え、絶頂してしまう事に…。
…ってか、普通に愛撫ですけどね、やっている事は(汗)
新妻ふわトロ癒やらしエステ

時には、普通に股間に舌を這わせて、舌先でグリグリと愛撫しちゃっている事もありましたし(汗)


そして、今作ではタイトルにもある様にヒロインの大半は人妻って事がありますね。
まぁ、唯一蜜柑だけは人妻ではないですけども、それは置いておいて(汗)

そして、人妻ヒロイン3人に共通しているのが、夫との性事情です。
全員、事情は違えど、特にHに対して何かしらの不満を抱いているんですね、実は。

キャロライナは、後妻で高齢の夫という事で行為らしい行為がなく、欲求不満。
玲奈は、夫との関係がギクシャクしており、H行為自体も自分勝手なものであり、不満。
栞も、夫との関係が冷めており、当然H行為自体も愛情を感じない始末で不満と…。

それぞれ何かしらの肉体的精神的に欲求不満を抱く女性陣ですから、殆ど愛撫みたいな主人公のマッサージにメロメロ♪
その気持ちよさにハマってしまうのもある意味、当然ですよね。
その快感が忘れられずに、何度も足繁く主人公の元を訪れる様になる訳ですね。

そうしている内に、女性陣も気に入った主人公に対して、Hな行為をしてくれる様になる訳ですね。
セレブな女性たちがパイズリだったり、フェラだったりで主人公を発射させてくれるのは、たまりませんね♪
新妻ふわトロ癒やらしエステ

あくまでもマッサージ?なので、この時点では本番行為まではありませんが、中盤辺りで本番解禁となると、本番行為もする様になりますね。
まぁ、肉棒を使って奥を刺激するマッサージの一環って意味合いもある様ですが(汗)
新妻ふわトロ癒やらしエステ

…マッサージとは何か、分からなくなってきた(汗)

途中では、複数人数での行為もありますし、勿論終盤ではヒロイン全員交えたハーレム展開も用意されています。
まぁ、その場合だと、どうしても個々の女性陣の描写はアッサリ気味なのが残念ではありますけどねぇ。

そういや、唯一独身の蜜柑との行為は最後近くでようやくありましたね。
あくまでも作品的には、サブ的な立ち位置なのかもしれませんが、結構可愛らしいキャラなだけに、もう少し早く見たかったかなとは思いましたね。
一応、本番までには至らないものの、中盤辺りでマッサージで一緒になって絶頂に達している場面はありましたけどね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われています。
原画担当は「みゃぁん」さんが手がけています。

他の作品を見ると、大体が巨乳(爆乳?)なヒロインが目立つ印象ですね。
そのため、パイズリシーンも複数回あったりと、巨乳好きには嬉しい展開が多めですね♪

どちらかと言えば、お姉さん系の印象が強いですかね? 今作は。
でも、可愛らしさも含みつつ、年上な色気が感じられるのが魅力ですね♪
…勿論、蜜柑も可愛らしいですよ、ええ(汗)

基本的には、エステ店での行為が主になりますが、時には女性の自宅だったり仕事場でもHな事になるので、エステ店での彼女たちとは違う姿が見れるのも嬉しいですね。
やはり仕事ができる女性が多いので、そんな姿での行為もまた感慨深いものになっていますね。

挿絵数:23枚

総評


全体的には、セレブたちな女性陣に気に入られて、マッサージでも成り上がる感じの展開が意外性があって良かったですね。
ただエロエロマッサージで、H三昧みたいな話かと思ってたので(汗)
…まぁ、それも間違ってはないかな(汗)

主人公の敵って訳ではないですが、厳しい上司などの存在もあって、成り上がっていく感じがより小気味よく感じられますね。
まぁ、正直言えば、凄い出世した感は控えめなので、そこを過度に期待し過ぎるとアレですが(汗)
もう少し周りからの評価が変わる感じ(描写)があれば、より感じたんでしょうけどねぇ。

とは言え、ヒロインも4人と多く、更に女性陣との関係も描かれて親密になっていくのが描かれていると思えば、名も無い同僚共の評価の有無など些細な事かもしれませんな(汗)

ちょっと目上の女性陣が主人公にメロメロになる様やマッサージというシチュエーションなどが好みであれば、十分楽しめる作品に仕上がっていると思います♪

Amazon版 電子書籍
新妻ふわトロ癒やらしエステ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
新妻ふわトロ癒やらしエステ

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
新妻ふわトロ癒やらしエステ 〜毎日がHなラッキー×トラブル×ハプニング〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ

オトナ文庫 右手がとまらない僕と、新人ナース レビュー

右手がとまらない僕と、新人ナース (オトナ文庫 73)
姫ノ宮レイ
パラダイム (2017-05-19)
売り上げランキング: 125,707

17年5月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、大学を卒業したばかりの社会人です。
そんな彼は、ある日道でたまたま病院前で見知った顔を目撃する事に…。
それは、学生時代に憧れていた先輩「みさき」の看護師姿でした。

しかし、その時彼女の背後から車が…。
思わず彼女を助けるために、飛び出した主人公はみさきを救ったものの、骨折してしまう事に。

責任を感じたみさきは、主人公の入院中の世話を甲斐甲斐しく行ってくれるのですが、いつしかそれは性的なお世話まで…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 愛乃 みさき」(あいの)
がいます。

みさきは、主人公の学生時代の先輩です。
花などが好きで園芸部に所属しており、主人公も所属していました。
現在は、病院の新人看護師をしています。
献身的で優しく思いやりのある性格の持ち主です。
右手がとまらない僕と、新人ナース

ストーリー展開


展開的には、主人公が憧れの存在であったみさきの危機を救って入院した事から看護師となった彼女から手厚い看護を受ける事になる流れですね。
ある意味、夢のシチュエーションですかね?(汗)

主人公は、この日、偶然病院前でかつて学生時代に憧れていた先輩、みさきが看護師として働いている場面に遭遇したんですね。
彼女も主人公の存在に気づき、数年ぶりの再会となったふたりでしたが、そんなふたりを引き裂く様に暴走した車がみさきの背後に…。

思わず飛び出して彼女を救ったものの、主人公は骨折してしまったのです。
しかし、目の前が病院ですので、すぐに主人公は治療を受け、入院する事に。

骨折しても嬉しかったのは、主人公に感謝したみさきが、主人公の世話を甲斐甲斐しく行ってくる事でした。
毎日、何かと主人公の元を訪ねては世話を焼いてくれる彼女に、主人公はかつてから抱いている淡い感情を刺激されたのでした。
…そして、刺激されているのは、それだけではありませんでした。

毎日、世話を焼いてくれるみさきですが、その持ち前の熱心ゆえか自分の恰好がどれだけ男心を惑わすか、分かっていない訳ですね(汗)
そりゃ、好きだった相手がナース服で至近距離で身体拭いたり、食事まで食べさせてくれたら、股間もつい反応しちゃいますよね(汗)

当然、その反応はすぐにみさきにも気取られる事に…。
しかし、彼女の反応は恥ずかしがりながらも、嫌悪などではなかった様で、最終的には射精させてあげると言い出したのです(汗)

そこからは、もう早かったですね。
戸惑う主人公の肉棒を取り出して、みさきの手コキが始まったのです。
憧れの相手からの甘美な手コキの快感の前に、あっけなく大量に射精してしまう事になるのですが、その後もみさきからの奉仕は続き、ドンドンエスカレートしていく事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、みさきとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所は、看護師であるみさきに看病してもらえるシチュエーションですね。
元々、先輩後輩の関係であり、今回の骨折のきっかけとなった事故から助けてくれた訳ですから、そりゃ彼女の感謝も強いものになっています。
それだけに、熱心な看護っぷりだった訳ですが、それがHな看護にも火がついた形になっていますね。

お約束?の、身体を綺麗に拭いてもらう中での行為だったり、尿瓶を手伝ってもらう中で、意識しちゃって勃起しちゃうみたいな展開もしっかりありますね♪

中盤辺りまでは、主に主人公がみさきから手厚いHな行為をしてもらえる展開が目立ちますね。
これは、主人公の怪我がまだ完治していないため、思う様に動けないってのも影響しています。

ここでの行為は主に手コキやフェラなどで、本番行為までには至っていないのも特徴ですね。
そのため、彼女が主導権を取って、射精させてくれるという流れになっていますね。
右手がとまらない僕と、新人ナース

中盤辺りからは、主人公の怪我も徐々に回復する事となり、多少なりとも動けるようになる分、多少されるがままではない展開も見られる様になったかな?
とは言え、元々主人公はみさきに強く出れないキャラなので、そこまで主人公がバリバリ主導権を握るって感じのノリにはならなかったですけどね。

最初からかなり積極的に主人公に過剰ともいえるレベルでHな事をしてくれるみさきですが、話が進むにつれて、それがますます顕著に(汗)
主人公ならずも、どうしてここまでしてくれるの?と思う程に、彼女の献身的でHな姿を見せてくれますね。
まぁ、そこら辺の理由については、話が進む中で徐々に明らかになっていきますので、ご安心を。

みさきは、健気で優しい性格な訳ですけども、Hの際でも、その性格は健在でもあります。
主人公に優しく甘く献身的に尽くし、射精に導いてくる様は、別な意味でも白衣の天使ですね(汗)
また意外とH時には、はしたない言葉なども口にしたりと大胆な言動をするなど、普段とはまた違う一面も垣間見えますね♪
右手がとまらない僕と、新人ナース 右手がとまらない僕と、新人ナース

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われています。
原画担当は「さくやついたち」さんが手がけています。

以前、レビュー済みの作品だと「都合のよいセックスフレンド?」がありますね。
Paradigm novels 都合のよいセックスフレンド? レビュー

表紙絵を見ても分かる様に、独特の絵柄で少しクセがありますね。
童顔で可愛らしい絵柄の印象が強いので、好き嫌いがある絵柄かも知れませんね。

実際、みさきのデザインも年上のお姉さんながらも、可愛らしさが強い印象ですしね。
まぁ、こういう娘がHな姿を見せるってのが、またギャップを感じて良いのではないでしょうか。

話自体が大半Hシーンばかりなので、挿絵もかなり豊富ですね。
この可愛い顔に似合わない巨乳っぷりも魅力のひとつですね♪

結構絵柄に似合わず?精液などの汁気の描写が多いのも特徴ですね。
射精時には、かなり大量の濃厚な精液をその身に浴びて、恍惚となっているみさきの姿も見る事ができますね。
右手がとまらない僕と、新人ナース 右手がとまらない僕と、新人ナース

何気に結構、印象に残っているのが、尿瓶をあてがわれている場面ですね。
正確には、その後に股間が反応してしまい、勃起してしまっているのを手コキしてもらう辺りなんですけど。
ここの挿絵は、みさきの顔が入っていないんですね、珍しい事に。

股間周りしか描かれておらず、尿瓶とか勃起を握る彼女の手だけしか描かれていないんですが、それが妙に艶めかしく見えたんですね、フェチ的というか。
こういう演出も、たまには新鮮で良いですね♪

挿絵数:31枚

総評


全体的には、思ったよりもHシーンの多さが印象的でしたねぇ。
まぁ、怪我して動けない+看護師の看病とくれば、そうなるのは必然かなとは思いますが。
お姉さんから、優しくしてもらいたい人には、より楽しめるのではないでしょうか。

そういえば帯やあとがきに書いてありますが、まさかの実写化するそうで。
公式サイトを興味本位で見たんですが…、うん、原作ありきの実写化はどーして失敗するんですかね?(汗)
みさきに寄せようとするのは分かるんですが、実写でピンク髪ってのは、きついですね…(汗)

Amazon版 電子書籍
右手がとまらない僕と、新人ナース (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
右手がとまらない僕と、新人ナース

DMM 原作PC版ダウンロード
右手がとまらない僕と、新人ナースVC版(高解像度版)【電動オナホール対応】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

オトナ文庫 清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌 レビュー

新作が近所の書店にまだ入荷していないみたいで、まだ買えていないので、とりあえず過去に発売した作品のレビューを掲載しておきます(汗)

清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌 (オトナ文庫)
北原みのる
パラダイム (2016-09-30)
売り上げランキング: 350,101

2016年9月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、一人暮らしを始めたばかりの大学生です。
そんな彼は、ご近所に住む人妻の「遥香」(はるか)と知り合う事になり、一目惚れ(汗)
とは言え、人妻である彼女との関係が進展するはずもなく…と思われたのですが、彼女の部屋に落とし物を届けに行ったことをきっかけに彼女と関係を持ってしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 小野田 遥香」(おのだ はるか)
がいます。

遥香は、主人公の引っ越してきた場所のご近所さんです。
主人公とは歳が一回りも離れているらしいですが、そうは感じさせない若々しさを持っています。
可愛らしく清楚な雰囲気を持った年上の女性ですが、実は相当性欲が強い様で…。
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌

ストーリー展開


展開的には、主人公が人妻である遥香に一目惚れをしてしまい、ひょんなことから関係を持ってしまう流れですね。
…どうやったら、そんな「ひょんなこと」が起こるんですかねぇ(汗)

元々、これまで女っ気のない学生時代を過ごしてきた主人公でしたが、大学進学で地元から出てきた訳ですね。
そんな中、主人公は自分の引っ越した先の近所に住んでいるらしい、遥香と偶然知り合う事に。

そして、遥香に一目惚れしちゃう訳ですねぇ(汗)
…ですが彼女には旦那がいる、人妻であり、主人公の想いは叶わぬ想いだったのです。

しかし、そんな関係性に変化が…。

ある日、たまたま遥香と出会った主人公は、彼女と別れた後に彼女の落とし物とみられる財布を発見する事に。
これまで彼女とは、会う度に多少会話をする程度の関係だっただけに、財布を届ける事を口実に彼女に家に行けると鼻息も荒くなった訳ですね。
まぁ、普通は届けて終わりなだけの話ですけどね(汗)

ですが、出迎えてくれた遥香の服装は自宅だからか、普段よりも露出の激しいものであり、興奮した主人公の股間が丸分かり状態(汗)

嫌われてしまうと焦る主人公でしたが、遥香の態度はいつも通り…。
いや、何かがおかしい?
何と、いきなり主人公の股間に手を添えて、普段口にした事のない様な卑猥な発言をし出したのです(汗)

そう、実は遥香はかなりHな女性であり、夫と最近性行為をしておらず、欲求不満だったのです。
いつもとは違う、いやらしい雰囲気全開の遥香に圧倒されながら、主人公は結果的にそのまま彼女と関係を持つ事に…。

主人公のHが気に入ったのか、遥香もご機嫌♪
こうして、主人公は人妻である遥香との秘密の付き合いが始まる事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、遥香との行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰、パイズリなどがあります。

やはり見所は、人妻である遥香とのH三昧な日々ですね♪
まぁ、とにかく遥香が欲求不満が凄いのか、いつも激しいんですよね(汗)
それに負けない主人公の精力も普通ではないですが…。

今作では、そんなHな人妻である遥香との行為がこれでもかと詰め込まれていますね♪
…むしろ、それしかないとも言えるかなぁ(汗)

普段は穏やかで清楚なお姉さんって感じのある、遥香ですけども、Hになると肉食系とでも言うのか、かなり激しく求めてくる事に。
行為中は常時、隠語まみれな台詞を口にしたりと、ギャップが凄い事になっていますね。
人によっては、若干引くレベルですな(汗)
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌

主人公も、遥香と経験するまでは童貞なので、彼女に主導権を握られる展開も多かったですが、次第に行為にも慣れてきて、彼女の激しさについていける様になったりと成長を見せますね。
遥香は別にSっ気があるって訳ではなく、ただHなだけというか、攻めるとかって感じではないですけどね、元々。
主人公曰く、むしろMっ気があるくらいみたいですよ(汗)

確かに所々言動で、そんな感じは見え隠れする所はありましたね。
自分でオナホにしてとか言っちゃったり、肉便器とか言ったり(汗)
まぁ、主人公はそれに乗っかる事はないので、ご安心を。
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌

終盤では、妊娠してお腹が大きくなった彼女との行為も描かれています。
お腹が大きくなって、母親の表情を見せる一方で抑えきれない女の表情もあったりするのも見所ですね。
母乳も出る様になったりと、また以前とは違う姿も垣間見えますね。
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌

個人的に少し気になったのは、遥香の人妻感の無さ(汗)
ある意味、売りな要素でもあると思うんですが、あんまり無かったですね、正直。
夫も登場していませんし、彼女の台詞で描かれているくらいと存在感がなかったので、大分アッサリしたものですね。
なので、私の中では遥香は、ただのH好きなお姉さんって認識でした(汗)

後は、常にHなだけに、少しメリハリが欲しかったかな。
恥じらいが遥香にない訳ではないんですが、かなり控えめなだけに常に同じ調子に感じてしまうのが勿体なかったかと。
基本的に反応が似通っているので、たまに彼女が困惑する様な展開だったりとか、バリエーション、緩急があればより良かったかなとは思いましたね。

まぁ、元々低価格作品にそこまで求めるのも酷かもしれませんが(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われています。
原画担当は「T-28」さんが手がけています。

そもそも清楚って表現の遥香ですけども、個人的には普通に色気のある感じでしたけどね。
これも欲求不満が表ににじみ出たものなんですかねぇ(汗)
勿論、魅力的な存在である事は間違いないですけどね♪

そんな彼女がHの際には、豹変したかのように淫らな姿をさらけ出すのは上記でも書いた通りですが、当然行為中の挿絵でもそれは顕著ですね。
顔を上気させ、どこかうっとりとした艶っぽい表情を浮かべ、嬉々として主人公の肉棒を咥え込む姿はギャップがありますね。
遥香のHが余程好きなんだなと感じさせる積極的な行為への姿勢、反応は見所でもありますね。
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌 清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌

終盤になると、妊娠して腹ボテ状態での行為も描かれていますね。
元々、年上でお姉さん的な魅力を持っている彼女ですから、余計に母性的な印象も。
そんな状態での行為では、母乳が出ちゃう遥香との行為も一部だけですが、ありましたね。

挿絵数:29枚

総評


全体的には、ストーリーらしいストーリーは、最低限にして、後はひたすらH三昧という内容なのは、実に分かりやすいかな。
その分、かなり急展開だったりで強引さも感じさせますが、それも味って事で(汗)

後は、人妻物として読むと、少々物足りなさは感じるかなとは多々思いますが、そこら辺が気にならなければ楽しめるかとは思いますね。
Hなお姉さん物みたいな感じの方が感覚としては近いかもしれませんね。


Amazon版 電子書籍
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌 (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
清楚ビッチな人妻遥香さんとのむさぼり交尾日誌

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます