FC2ブログ

二次元ドリームノベルズのカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

カテゴリ:二次元ドリームノベルズ

二次元ドリームノベルズのカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2019-08-04二次元ドリームノベルズ 「さ行」
星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 19.08.04有機企画 キルタイムコミュニケーション (2019-08-01)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「叶音」(かのん)は、正義のヒロインです。彼女は、変身ヒロイン「セイクリッドカノン」として侵略星団プラネタリーギアと戦っ...

記事を読む

2019-08-03二次元ドリームノベルズ 「さ行」
聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 19.08.03筑摩十幸 キルタイムコミュニケーション (2019-08-01)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。ヒロイン兼主人公の「聖奈」(せな)は、人間ではなく元エリート天使です。そんな彼女は、人間界の救世主となる可能性がある青年の警護の任務に。青年を悪魔の手から守り...

記事を読む

2018-12-22二次元ドリームノベルズ 「た行」
隷属娼艦アルタイル ~女性将官は恥辱に沈む~ (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.12.22有機企画 キルタイムコミュニケーション (2018-12-18)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年12月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「クラウディア」は、宇宙戦艦アルタイルの艦長です。人類と敵対する地球外生命体「グリード」と戦っています。しかし、艦内に侵入を許し...

記事を読む

2018-11-07二次元ドリームノベルズ 「た行」
超昂神騎エクシール ~双翼、魔悦調教~ (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.11.07峰崎龍之介 キルタイムコミュニケーション (2018-10-31)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年10月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、普通の学生なんですが、実は魔王の転生体でもあります。そんな彼は、本来敵対するはずだった神騎と呼ばれる存在...

記事を読む

2018-09-06二次元ドリームノベルズ 「は行」
姫騎士エレナ 背徳に染まる寝取られ母娘王室 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.09.06新居佑 キルタイムコミュニケーション (2018-08-31)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「エレナ」は、ラングラン王国の王女であり、姫騎士です。母親である女王「オリヴィア」の治める国は、平和で穏やかな日々を過ごしていたので...

記事を読む

2018-07-05二次元ドリームノベルズ 「さ行」
装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.07.05有機企画 キルタイムコミュニケーション (2018-07-03)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。価格が通常よりも高いので分かる様に、これも小説投稿サイト「ノクターンノベルズ」の書籍化作品です。主人公兼ヒロインの「流華」(りゅうか)は、学生...

記事を読む

2018-06-05二次元ドリームノベルズ 「は行」
変幻装姫シャインミラージュ2 汚辱に染まりゆく光 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.06.05でぃふぃーと キルタイムコミュニケーション (2018-05-29)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年5月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。これの前作を読んでいたとばかり思ってたのですが、よく確認したら読んでいなかったみたいです(汗)なので、前日に前作のレビュー記事を掲載しまし...

記事を読む

2018-06-04二次元ドリームノベルズ 「は行」
変幻装姫シャインミラージュ 砕かれるプライド、穢される存在 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.06.04でぃふぃーと キルタイムコミュニケーション (2015-10-02)Amazon.co.jpで詳細を見るこの作品は、2015年10月発売の二次元ドリームノベルズの作品です。2018年に続編となる2が発売されたんですが、私は前作を読んでいなかったので、先にこちらから読んでいきます(汗)何で当時買わなかったのかと思ったら、小説...

記事を読む

2018-04-29二次元ドリームノベルズ 「あ行」
アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の烙印 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.04.28筑摩十幸 キルタイムコミュニケーション (2018-04-27)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年4月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「アナスタシア」は、神々の国アスガルド王国を護る姫女神です。彼女と、その姉「ブリュンヒルデ」の姉妹の活躍によって護られていた国の平和は...

記事を読む

no-image

2018-02-24二次元ドリームノベルズ 「英題」
FTB! ~ふたなりちんぽタッグバトル~ (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.02.24下山田ナンプラーの助 キルタイムコミュニケーション (2018-02-22)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品はどうやら小説投稿サイトのノクターンノベルズの書籍化作品だそうですね。最近、二次元ドリームノベルズはそっちからの書籍化が増えてきている様...

記事を読む

二次元ドリームノベルズ 星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 レビュー


星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 (二次元ドリームノベルズ)
2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「叶音」(かのん)は、正義のヒロインです。
彼女は、変身ヒロイン「セイクリッドカノン」として侵略星団プラネタリーギアと戦っています。

そんな彼女は、敵の罠にかかり、催眠調教を受け、身も心も淫らに変えられていく展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 響 叶音」(ひびき かのん)
がいます。

叶音は、変身ヒロイン「セイクリッドカノン」として、悪の侵略者から人々を守る正義のヒロインです。
活発で勝気な性格の持ち主ですが、色恋にはまだ縁遠い初心な面もあります。

ストーリー展開


展開的には、正義のヒロインである叶音こと、セイクリッドカノンが催眠で堕ちちゃう流れですね。

最近、突如としてこの星にやって来た侵略星団プラネタリーギア。
連中は、この星に侵攻し、全人類を支配下に置くべく侵略を開始。
発達した文明、技術で強化された部隊の前には、この星の軍などの戦力では太刀打ちできなかったのです。

そんな危機の中、現れたのが星剣神姫セイクリッドカノンでした。
彼女は、強力な怪人などをものともしない強さで倒していき、その活躍は遂に敵の幹部クラスまで倒す程に。

それは、敵も彼女を無視できない程の存在になったとも言えました。
新たな敵の女幹部「ルリアーナ」は、叶音が正体を隠して通っている学校の中にまで入り込み、叶音に近づいたのでした。

彼女の目的は、セイクリッドカノンの力の源。
しかし、セイクリッドカノンは正義の力によって護られており、ルリアーナも手出しができなかったのです。
そこでルリアーナの考えた策は、叶音を快感で堕としてしまう方法だったんですね。

物理的なダメージを与える様な攻撃には守護の力も効果があるんですが、残念な事に性的な責めには働かない模様(汗)
更に、ルリアーナの催眠による暗示効果も相まって、叶音の性感はみるみる刺激されていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、叶音の行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、自慰、パイズリ、手コキなどがありますね。

見所は、催眠による暗示などの効果ですね。
これまたお約束な味覚の変化などで、肉棒の味を美味と感じる様になり、精液を口内に溜めて飲み下して恍惚の表情を見せるなど変化は明らかですね。
勿論、理性ではこんな事は異常であり、嫌悪感もある一方で、暗示による味の変化や過敏になった性感などの身体から生じる快楽の板挟みに苦しむ事になりますね。

かと思えば、犬や猿、セミの真似をさせられるといった、雑な扱いも(汗)
敵の前で間抜けな姿を晒す、これはこれでかなり屈辱的な行為ではありますけどねぇ。

その後も、様々なシチュエーションを催眠で行い、異様な光景に(汗)
認識を催眠でおかしくされているため、異常な展開も彼女にとってはそれが普通であると認識しているゆえですね。
しかし、もう既に催眠下で支配されていて、叶音自身はそれを自覚できていない状態ですから、もう叶音としては詰んでいる状態ですよね(汗)

おかしい行為を普通の行為と認識しても、いざそれを体験すれば身体は反応してしまう事に。
電車内での行為は普通の事と思ってても、やはりどこかに気恥ずかしさ、羞恥心を抱いたりする訳ですね。
周りの冷ややかな視線に、自分が間違っているのではないかと思ったりと、不安を与える状況になっているのも彼女の精神を削る要因になっていますね。

定番ではありますが、自身が命がけで守ろうとしている存在からの罵倒とか憎しみの声ってのは、正義のヒロインには特に効きますからね(汗)


特に印象的だったのは、馬を自分の恋人と認識させて、初体験させるっていう(汗)
催眠によって、本人は勿論本気も本気なだけに、その光景は異様で滑稽さを感じさせる内容になっていますねぇ。
馬の肉棒って相当大きいって話ですけれども、それが初めてってのはさすがに酷かと。

とは言え、嫌いな相手に無理やりとかじゃなくて、彼女の中では好きな恋人との甘い経験と思えば、まだ救いはあるのかな?(汗)

行為の中には周囲の人間も巻き込む事も。
戦闘中のパワーアップのために、周りの人間たちから精液を頂くという、正義のヒロインらしからぬ行動に出たり(汗)
でも、そういうパワーアップする戦うヒロイン、作品によって結構いるし、ある意味間違いではないのかな(汗)

人間との絡みも、上記の様に一部ありましたが、大抵は敵側の怪人だったりが主ですね。
あんな人間にはできない様なプレイの数々を考えると、人間の男に物足りなくなるかもしれませんが(汗)
もっとも、人外との絡みは個人的には迫力は感じてもあまり興奮しないですな(汗)

敵であるルリアーナは、行為では叶音を手で弄る程度でしたね。
この著者さんの作品は、ふたなりの展開が多い印象だったので、ふたなり化でもして責めるのかなと思ったけれどもなかったですね。
まぁ、このルリアーナの性格上、人類を下等な存在をみなしているタイプなんで、それと絡むなんて野蛮って感じなのかも(汗)

挿絵


挿絵は、「neropaso」さんが手がけています。
イラストや漫画、同人活動などをされているみたいですね。

繊細な描線で描かれているのが特徴ですね。
二次元ドリームノベルズでは、どちらかと言うと作品のカラー上、濃いめの線という印象のが多いですが、こちらはシャープな印象。
より叶音、セイクリッドカノンの華やかさと、そんな彼女が酷い目に遭うギャップを引き立ててくれますね。

割と表情も淡い感じに描かれており、アヘ顔みたいな露骨な表情はないですね。
なので、この手の作品が苦手な人でも見やすい仕上がりになっていると思いますよ。

そのせいか、一部触手だったり怪人だったりの行為が描かれてはいるんですが、思ったより嫌悪感なく見れましたね。
生々しいのが好みな人には物足りないかもしれませんが、個人的にはこれでも十分ですな(汗)

あ、催眠物特有の光の無い瞳みたいな表現はないので、あれが苦手な人も問題ないでしょう。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、同時発売のもう1冊と比べてちゃんと催眠していましたね(汗)
でも、絵柄の淡さなどもあってか、意外と見やすい(読みやすい)仕上がりでした。

話としては、まだ続きそうな感じも若干ある様に感じましたが、どうなるんですかね?
二次元ドリームノベルズは、結構続編も出たりする事あるから可能性はありそうだけれども…。
でも、催眠物の続編だと今回と似た感じを繰り返しそうだし、これで綺麗に?終わる方が良いかもしれませんな(汗)

Amazon版 電子書籍
星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 レビュー

聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)
筑摩十幸
キルタイムコミュニケーション (2019-08-01)

聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)
2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

ヒロイン兼主人公の「聖奈」(せな)は、人間ではなく元エリート天使です。
そんな彼女は、人間界の救世主となる可能性がある青年の警護の任務に。
青年を悪魔の手から守りながら、青年と恋仲になっていくのですが、悪魔の罠にかかり、催眠をかけられてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 御光 聖奈」(みひかり せな)
がいます。

聖奈は、天界から人間界にやって来た元、エリート天使です。
お嬢様の様な口調と、誇り高い性格の持ち主です。
それゆえに、わがままで自分勝手な面もあるものの、根は素直な面も。

ストーリー展開


展開的には、元、エリート天使である聖奈が催眠にかけられてしまう流れですね。

私の勝手なイメージですけれども、天使とか悪魔とかが催眠ってキーワードが結び付かないですね(汗)
天使にも効く催眠…、催眠の可能性は無限大ですなぁ。

それはさておき、聖奈はエリートな天使ではあるんですが、手段を選ばない戦いもしたりと、天使らしくない天使なんですね(汗)
彼女の家は、天使の世界でもかなりの上の存在らしく、それゆえに聖奈の戦い方は名門の家にふさわしくないと判断される事に(汗)

そこで彼女は、とある任務を命じられる事に。
それは、人間界で今後救世主となる可能性のある人間を悪魔の手から警護するというものでした。
聖奈からしたら、人間界など左遷先みたいな認識なので、完全にやる気なし(汗)

とは言え、やらなければ彼女のエリート街道復帰の道はなし。

こうして人間界にやってきた聖奈は、救世主となる可能性のある男子学生の元に転がり込む事に(汗)
まぁ、当然高飛車にいきなりやって来て天使だの悪魔だの救世主だの言われて男子側は困惑する事となりますが、実際に悪魔も襲って来た事で事態を受け入れます。

学校でも、生徒として男子の傍にいる聖奈。
わがままな聖奈の食事の世話をする男子(汗)
おかしなふたりの関係性は、いつしか淡い恋愛感情へと発展するものの、そこに悪魔がつけ込み聖奈を貶めていく展開ですね。

Hシーン


Hシーンは、聖奈の行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、自慰、アナルセックスなどがありますね。
他の要素では、バイブなどの小道具を使用した展開も一部ありましたね。

やはり見所は、催眠要素ですよね。
でも、催眠要素が出て来るのは中盤手前くらいからなので、最初から出て来る訳ではなかったのは少し意外だったかな?
いつの間にか、シレっと使う様になってたり(汗)

後、催眠要素と一緒にタイトルになっているNTR、寝取られ要素ですね。
まぁ、二次元ドリームノベルズで、ヒロイン(主人公)に恋人がいる…って、もう寝取られるためみたいなもんですからね(汗)

聖奈の口調、性格も、如何にもな、お嬢様気質というか…。
こういうプライドの高い堕とし甲斐のありそうなヒロインですよねぇ(汗)

その他では、肉体改造的な要素もいくつか。
定番な要素だと、快感の感度を100倍とかに増幅とかですかね。
精液などの味が美味に感じる様に味覚を変えられたりとか…。
でも、別にこれは催眠による暗示での変化ではないので、あんまり催眠の存在感が無い様な気も(汗)


ちょっと気になったのは、寝取る側、相手役の男ですね。
これはもう人間止めた側ですが、いわゆるキモオタ系な見た目、喋り方をするんですよね。
んで、一目惚れした聖奈に執着する訳ですが、それゆえに言動がちょっと好き嫌いあるかもしれませんね(汗)

「聖奈たん」呼びだったりするんで、あまり行為でも迫力というか緊張感には欠けたかなと感じましたね。
まぁ、あとがきを見るに、あまりこの作品をシリアスでハードみたいな感じにはする気はなかった様ですし。
あえて、こういう感じに描いているって面はあるのかもしれませんね。


一部には、聖奈の行為以外の行為シーンも描かれています。
これは、敵側の悪魔の女性キャラがいるんですが、彼女が男をいたぶる展開ですね。
肉棒を足コキで射精させたり、男用の貞操帯を着けて、射精管理したり、Sっ気たっぷりの行為を見せてくれます(汗)
まぁ、あくまでもメインは聖奈ですから、こちらはオマケみたいなものですね。


終盤では、聖奈がドンドン行為と催眠による暗示で淫らに堕ちていく事になる様を見る事ができますね。
もう見た目も天使らしからぬ姿に変貌していきますね、元々天使っぽくはないけれども(汗)

挿絵


挿絵は、「ちうね」さんが手がけています。

思ったよりも柔らかめで、可愛らしい絵柄が印象的ですね。
敵役であるベリアルのデザインも、可愛らしさが強いですしね、やっている事は悪魔らしいですが(汗)

寝取られとかの割には、ハードな絵柄ではないので、苦手な人でも見やすい仕上がりかなと思いますね。
実際、最後まで可愛らしさは感じる絵柄でしたしね。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、正直あまり催眠物っぽく感じなかったかな(汗)

途中から、催眠を多用してはいるんですが、何か催眠である必要性をあまり感じないストーリーだったので、あまりピンとは…。
それ以前に、肉体の感度を上げたりとか肉体改造できるんだから、別に催眠いらなくない?って(汗)

まぁ、あとがきには寝取られ、寝取り云々については書かれていたものの、全く催眠の文字はなかったので、厳密には催眠物でもなかった模様(汗)
もっとも寝取られとしても、かなり弱めなので、何が売りなのかはよく分からない(汗)

上記でも書いた様に、作品自体が割と緩い雰囲気というか、痛々しさを感じさせない仕上がりなんですよね。
まぁ、天使らしくない戦い方するって聖奈のキャラも、いわゆる二次元ドリームノベルズのヒロイン(主人公)ぽくないですしね(汗)
逆に言えば、寝取られといった要素が苦手な人でも見やすい作品かもしれませんね。


Amazon版 電子書籍
聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 隷属娼艦アルタイル レビュー

隷属娼艦アルタイル ~女性将官は恥辱に沈む~ (二次元ドリームノベルズ)
有機企画
キルタイムコミュニケーション (2018-12-18)

隷属娼艦アルタイル ~女性将官は恥辱に沈む~ (二次元ドリームノベルズ)
2018年12月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「クラウディア」は、宇宙戦艦アルタイルの艦長です。
人類と敵対する地球外生命体「グリード」と戦っています。
しかし、艦内に侵入を許したグリードに、乗員を人質に取られてしまい、その身を堕とされていく展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • クラウディア・バルシュミーデ
  • エリーカ・ラーゲルフェルト
がいます。

クラウディアは、宇宙戦艦アルタイルの艦長です。
落ち着いた物腰の美人であり、艦長としての能力も秀でています。
婚約者がいます。

エリーカは、クラウディアの副官です。
自分にも周りにも厳しい真面目な性格で、味方からも恐れられています。
クラウディアを尊敬している一方で、男性を毛嫌いしている所があります。

ストーリー展開


展開的には、クラウディアの艦、アルタイル内にグリードが侵入し、クラウディアらはグリードの手に落ちる流れですね。

人類が地球を出て、更に活動の場を広げた中で、出会ったのがグリードと呼ばれる知的生命体でした。
グリードは、出会う星の資源を食いつぶして、繁殖し、また別の星へとその手を伸ばす、迷惑な存在だったんですね。
こんな連中と友好関係を築くのは無理と、人類とグリードが戦う事になったのは、ある意味当然の話。

クラウディアは、戦艦アルタイルの艦長として、グリードとの戦いを続けていました。
彼女の副官でもあり、エリーカと共に使える強力な攻撃でグリードに勝利してきたのですが、遂にグリードに艦内に侵入を許す事に…。

そんな所に不運にも?出くわしてしまったのは、艦内の乗組員の男、マキムラ。
まぁ、この男、何でこの艦にいれるのか分からない様な、ダメな奴で、ふたりから(特にエリーカ)クズ扱いされています(汗)
そんな奴なので、自分のせいなのにふたりに逆恨みしているんですが、そこに出会ったグリード。
グリードに寄生されてしまうマキムラでしたが、その力を利用して、クラウディアたちに復讐しようと企てる流れですね。

…ある意味、ろくでもない奴同士、相性があったのかも(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰、アナルセックス、手コキ、足コキなどがありますね。
その他の要素では、ふたなり、触手やバイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

グリードに寄生されている訳ですが、それゆえに人外な面を見せる事も。
触手の要素も、その一部ですが、割と人の形は残したままだったかな?
女性陣に手を出すのは、人としての動機が大きいですが、グリード的には戦況を変えうる情報を聞き出そうとする目的も含まれています。

クラウディアらは、当然この戦況がグリード側に傾く訳にはいきませんから、責め苦に耐えようと頑張る流れですね。
まぁ、クラウディアは恋人もいますが、一方の副官のエリーカは、性格的に経験はなし(汗)
とは言え、経験者な彼女としても、常識人なだけに型通りの経験しかしていないでしょうから、こんな奴からの執拗な行為に関しては未経験みたいな所はあるでしょう。

分泌された媚薬の効果もあり、女性陣は強烈な快感を感じる様にも。

個人的に印象的だったのは、アナルに歯ブラシ突っ込まれてゴシゴシされる展開(汗)
既に媚薬によって感度が飛躍的に向上しているので、こんな扱いをされても十分感じてしまう事になる訳ですね。
絶対痛そうだけどなぁ…、ブラシが柔らかめだったのかな?(汗)

後は、ふたなり要素ですね。
この著者さん、これまでの作品、全部ふたなり物ですからね(汗)
今作は、タイトルにはふたなりとないですし、メイン要素ではないんですが、ここでもしっかり要素は含めてきましたねぇ。

肉棒から生じる快感や射精の絶頂感など、未知の快感を経験し、すっかり息も絶え絶えな姿は普段の凛々しさ、勇ましさとのギャップを味わえますね。
挿絵は可愛らしい絵柄なので、顔立ちと巨根のギャップも同時に感じられますね。
でも、個人的には結構ふたなり嫌いではないので、もう少し肉棒からの感じようなど内面を描いて欲しかったかな。

基本は、グリード相手になる展開ですが、中には他の乗組員との行為も。
エリーカも、そういう展開があるんですが、相手に自分の顔が見えない状態にされて乗組員らの性欲を受け続け…。
男嫌いな彼女なので、乗組員たちに身体を好き勝手にされる屈辱や、一方で感じる快感が入り混じり、悶える事になりますね。

…結構、印象ではクラウディアよりもエリーカの方が印象的だったんですよね。
まぁ、彼女は生粋の軍人気質に加え、男嫌いという、堕とし甲斐のあるキャラクターをしていますからねぇ(汗)
実際、行為に関してはクラウディアよりもかなり存在感があったと思いますね。

終盤では、個別ではなくふたり一緒になっての行為展開に。
大体、こういう作品の流れという意味では目新しいものはなかったですけどね(汗)
それゆえに、クラウディアたちの扱いは、ある意味見所でもありますね。

挿絵


挿絵は「氷室しゅんすけ」さんが手がけています。

可愛らしい絵柄が印象的ですね。
表紙絵を見れば分かりますが、柔らかく可愛らしい絵柄です。
なので、今作の様な内容だと生々しくエグイ仕上がりになりがちなのですが、今作は結構そういう色はないですね。

結構、文章だと酷い行為とも言えない様な事されていても、絵柄はエグくないので、この手の作品が苦手な人でも見やすい仕上がりになっていると思いますね。
可愛らしいんですよね、結構な目に遭っているにも関わらず(汗)

個人的には、エグいよりは良いかなとは思うんですが、好みは分かれるかもしれませんね。
あんまり過激だったり、エグいと自分は興奮しないんですよね(汗)
逆に、その逆の人もいるでしょうから、そういう人は物足りないかもしれませんね。

まぁ、一方でふたなりの肉棒などは結構顔に似合わずな…(汗)
媚薬には成長促進の効果もあるそうで、腋毛などの体毛も生やされ、一部のシーンで描かれています。
結構、リアルなチリチリ具合なのが、また顔立ちの愛らしさとのギャップが感じられましたね(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、知的生命体による侵略物だったんですが、あんまりそんな感じも…(汗)
寄生した人間が普通にクズであり、そのキャラのまま、話が進み、女性陣を好き勝手するので、人外感は控えめだったかなって。
まぁ、グリードはいわゆるエイリアンな訳ですけれども、やはり言葉を人間を介しても話すと化け物感は薄れますよね(汗)

顔立ちの可愛らしさなども含めて、この手の作品が苦手な人でも読みやすいかもしれませんね。
ふたなりがダメだと厳しいかもしれませんけども、エイリアンよりそっちが問題かな(汗)

Amazon版 電子書籍
隷属娼艦アルタイル ~女性将官は恥辱に沈む~ (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
隷属娼艦アルタイル 〜女性将官は恥辱に沈む〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 超昂神騎エクシール 双翼、魔悦調教 レビュー

超昂神騎エクシール ~双翼、魔悦調教~ (二次元ドリームノベルズ)
峰崎龍之介
キルタイムコミュニケーション (2018-10-31)

2018年10月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、普通の学生なんですが、実は魔王の転生体でもあります。
そんな彼は、本来敵対するはずだった神騎と呼ばれる存在と共闘しており、共通の敵と戦っています。

そんな中、ふたりの神騎が敵の手に落ちてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エクシール」(エリス・エクシリア)
  • キリエル」(報生キリカ)
がいます。

エクシールは、主人公を倒すために天界から遣わされた神騎(天使)です。
真面目で責任感が強い性格な優等生的な所があります。
それゆえに、それに縛られ、上手く自身の気持ちを出せない不器用な面も。
超昂神騎エクシール

キリエルは、エクシールと同じ神騎ですが、人間の少女です。
主人公の後輩であり、ある事がきっかけで、神騎キリエルとして、エクシールと一緒に戦っています。
気さくな性格の持ち主です。
超昂神騎エクシール

ストーリー展開


展開的には、魔王の転生体である主人公と一緒に戦う、神騎たちが敵の手に落ちてしまう流れですね。
…最近、魔王がどうたらな作品を読んだ気がする(汗)

私は、原作版をしていないのであまり分かりませんが、どうも原作版を最初からじっくり描いている訳ではないみたいですね。
原作のある程度の所まで、だいぶ端折って紹介しており、ほぼ終盤辺りのところからの展開みたいですね。
そこまで書いてて、全く原作と関係なかったらすみません(汗)


そういえば「超昂」ってキーワードで気づくかもしれませんが、過去に超昂のつく作品がありましたよね。
「超昂天使エスカレイヤー」や「超昂閃忍ハルカ」ですね。
今作は、それに続く作品みたいですね。


ザックリ今作の流れを説明すると…。
主人公は、魔王が人間に転生した存在らしいんですね。
昔から、魔王は転生を繰り返しており、力を蓄えている訳ですが、主人公の今の状態は不完全な覚醒状態みたいですね。

当時は、そんな魔王を倒す命を受けた神騎…、天使的な存在であるエクシールがやって来ていたのですが、色々な出来事があって、最終的に主人公と共闘する事になったんですね。
その中で主人公の後輩である少女、キリカがある事をきっかけに第二の神騎、キリエルとして一緒に戦う事になったり、と。
神騎であるふたりと共に戦う中で、戦況は色々動いた様で主人公たちを取り巻く状況も変化が。

敵が味方になったり、味方が敵になったり、色々動いたみたいですね(汗)
まぁ、主人公と神騎のふたりの関係はより深まっており、信頼関係…、恋愛関係に至っていますね。
…そこを初見な私は、しっかり見たかったんですけどねぇ、そこは原作版でたっぷりという事ですかね?(汗)
超昂神騎エクシール

しかし、奮闘むなしく敵の手に落ちてしまった神騎のふたり。
神騎ふたりに襲い掛かる、調教行為の数々に彼女たちふたりは肉体、精神ともに追い詰められていく事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。
一部では、それ以外の女性の行為も描かれてはいますが、基本は神騎のふたりですね。

行為的には、フェラや自慰、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、ふたなりなどの要素がありましたね。

超昂シリーズ?のお約束で、ヒロインは主人公との行為でパワーアップする仕様なんですよね。
この時点では主人公と神騎のふたりとは何度も関係を持ち続けており、主人公相手との経験も豊富な訳ですね。
なので、初めての行為が見れなかったのは少し残念ですかねぇ…。
超昂神騎エクシール

まぁ、今作の肝はあくまでも敵の手に落ちた彼女たちふたりが、様々な調教行為を受け続けていく所ですね。

もっとも、神騎のふたりですが、あくまでもメインはタイトル通りエクシール。
なので、キリエルに関してはかなり早い段階で堕ちますが仕方ないかな(汗)


ふたなりに関しては、意外とボリュームが多くて中盤辺りはふたなりパートでしたね。

最初は、敵の女性がふたなり化してヒロインを肉棒で突くって流れですね。
一応、エクシールもクリを肥大化させられてしまい、手で握られる程のサイズにされてしまい、扱かれる展開も途中にあるんですが…。
描写や挿絵を見ると、肉棒化ではなく、あくまでも肥大化なので、この時点ではふたなりって感じでもないんですよね。

まぁ、幸いな事に?、その後にエクシールにも、しっかりと肉棒を生やされてしまうので、良かった良かった?(汗)
そのままキリエルの口を味わい、大量に精液を口内に放つ事に…。
キリエルも堕ちているというか、この時点では敵側に逆らえないって感じですかね。
なので、エクシールへの態度も豹変って訳ではなく、それが余計にエクシールも強く出れない所がありますね。

まぁ、フェラの最中もですが、キリエルも次第に行為の中で、ドンドン淫らな表情を見せていきますね。
初めてのフェラの快感に悶え、射精するエクシール以上に貪欲に彼女の肉棒に吸い付き、射精を促していく様は普段のキリエルとは違う、女の顔を垣間見えます。

更にフェラだけではなく、キリエルの膣内にエクシールの肉棒を挿入しての本番行為も。
フェラで散々射精していたエクシールですが、彼女が見た事も無い様な淫らなキリエルの艶めいた言動と強烈な膣内の快感に我を忘れる程に没頭して、身体を貪りますね。
まぁ、途中からはむしろキリエルの方が強制的に射精して硬さを失った肉棒を膣内で勃起させ続けて、射精を促す痴女ぶりを見せつけて、息も絶え絶えでしたが(汗)

逆にキリエルがふたなり化して、エクシールとの行為もありますね。
こっちに関しては、エクシール程の描写量ではなかったですし、出来上がっているキリエルよりも、まだ肉棒に慣れていないエクシールの反応の方が見たいので、そこは問題ないかな。
勿論、ふたりでずっと絡みっぱなしな訳ではなく、手下の雑魚とかの相手もさせられます。
超昂神騎エクシール

仕方ない事なのでしょうが、初見だとキャラをあまり深く知らない分、印象が弱いのが…。
そのせいか、行為もどこか印象が弱く、パンチに欠ける印象は否めないのが正直な所ですね。


終盤は、本編ではなく、後日談という形で描かれています。
そこでは、神騎であるふたりではなくて、主人公とある女性キャラとの話がメインで描かれているパートになっています。
これは、あとがきを見ると、原作版ではないキャラとの行為が描かれているそうですね。

一応、他のふたりも参戦はしていますが、ちょっと絡む程度なので、あくまでもメインは違いますね。

挿絵


挿絵は「孫陽州」さんが手がけています。
原作版の画像ではなく、別の人が挿絵を手がけていますので、気になる人は注意でしょうか。
超昂神騎エクシール

繊細な描線で、描き込まれた絵柄は行為の迫力を感じさせますね。
若干、アヘ顔的な表情もありましたが、そこまで気にはならないかなと思います。

原作版とは当然絵柄が違いますが、別の人ゆえに原作に縛られない展開のシーンも描けるのは利点だと思いますね。
上記にもある様に、原作版にはないらしい、後日談のHシーンも描かれているので、これは貴重なのでは。

挿絵数:20枚

総評


全体的には、やはり原作版をしていないと、ちょっと印象が弱いというか、各キャラに感情移入しにくい面は否めないかなぁ。
勿論、知らないなりに楽しめるとは思いますが、主人公との関係が出来上がっている状態からスタートしているのもあって、そこまでの経緯が省かれているのがね(汗)
何となくダイジェストを見せられている感じはしますねぇ。

既に原作を知っている人ならば、気にならないかもしれませんが、やはり物語、キャラに対しての印象は弱いですね。
そういう意味では、原作ありきな純粋なノベライズとしてはちょっと微妙かも…(汗)

初見の人向けではないのかもしれませんね。
とは言え、原作プレイ済みの人も、正直物足りなく感じるのではないでしょうかね、誰も得しない結果になってそう(汗)
原作がある事が足枷になってしまい、結局持ち味を活かせていないのが、勿体ないですねぇ(汗)

Amazon版 電子書籍
超昂神騎エクシール ~双翼、魔悦調教~ (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
超昂神騎エクシール 〜双翼、魔悦調教〜

原作PC版
超昂神騎エクシール
超昂神騎エクシール
posted with amazlet at 18.11.07
アリスソフト (2017-07-28)


DMM 原作PC版ダウンロード
超昂神騎エクシール

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 姫騎士エレナ 背徳に染まる寝取られ母娘王室 レビュー


姫騎士エレナ 背徳に染まる寝取られ母娘王室 (二次元ドリームノベルズ)
2018年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「エレナ」は、ラングラン王国の王女であり、姫騎士です。
母親である女王「オリヴィア」の治める国は、平和で穏やかな日々を過ごしていたのですが、野心を持つ大臣が暴走。
大臣によって、親娘は凌辱されてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エレナ=ウィル=ラングラン
  • オリヴィア=ナイ=ラングラン
がいます。

エレナは、ラングラン王国の王女であり、姫騎士です。
勝気で誇り高い性格の持ち主です。
幼なじみの少年に淡い好意を抱いています。

オリヴィアは、ラングランを統べる女王であり、エレナの母親です。
穏やかで包容力のある女性らしさを持っていますが、一国を統べる女王としての強さを持っています。

ストーリー展開


展開的には、エレナたちが野心家の大臣の手によって、凌辱される流れですね。
…大体、国の中にこういうクズがいますねぇ(汗)

まぁ、この大臣、今までも色々と悪事を行っているらしい真っ黒な奴なんですね。
行っているらしい、とあるのは、小癪な事に上手く自分の仕業だという証拠を残さず、やらかしているから(汗)
それでも、疑惑の目が向けられているんだから、余程そんな事しそうな奴なんでしょうねぇ。

この日も大臣の命令で子飼いの部下共が王国内のダンジョンに忍び込んでいたのでした。
このダンジョン、かなりの広さと深さであり、内部には様々な魔物が巣食っているんですが、探索する連中は後を絶たない状態。
そして、最近になってから、このダンジョンの中に遺跡がある事が判明。

どうも、かつて世界で悪行を為した邪神を封印した遺跡らしいんですね。
それゆえ、女王であるオリヴィアは調査が終わるまで、遺跡の探索を中止する命令を出した訳ですが、この悪大臣は完全に遺跡に入り込めなくなる前に遺跡にある貴重な品を盗み、金にする目的で部下を向かわせるというクズっぷり(汗)

まぁ、この時は現れた魔物、オーガたちによって、それどころではなく終了した訳ですが。
しかし、それでも手に入れていたアイテムが大臣の手に渡ったんですが、これが都合良い事に邪神の力を有していたんですね(汗)
これによって、大臣は邪神の力を手に入れ、並みの兵士などが相手にならない能力を誇る、エレナたち親娘を自分の物にするために動き出すという流れですね。

そして、大臣は女王、オリヴィアが不在の際を狙い、娘のエレナに迫る事に…。

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、アナルセックスやフェラなどがありますね。
その他の要素では、触手、産卵など(汗)

邪神の力を得た所で、戦う力はあってもHは?と思いますが、邪神パワー(媚薬)&もともと女遊びしまくってたらしいので、そっち方面も強い様です(汗)
まぁ、こんな悪事する様な奴が女遊びしない訳もないですからねぇ。

対して、当然姫であるエレナは、男性経験などある訳もなく、性的には初心。
恋心を抱く恋人はいても、まだまだ清い関係なだけに、中年オヤジの大臣のねちっこい責めに抵抗するのは難しい話ですな。
割とあっさりと快感を確実に自覚し始める事となり、戸惑う事に…。

しかし、初回の挿入はアナルだったのは意外でしたね。
中盤辺りで、遂に破瓜する事になるんですが、ちょっと意外な触手での破瓜でしたね。
こういう奴は、自分の手で奪う事を重要視しているかと思ったんですが、そうでもないのかな?

まぁ、後でしっかり自身の巨根な肉棒を突き立てられてしまう事になり、触手とは比べ物にならない衝撃、快感を受ける事になるので、ご安心を(?)
嫌悪している憎い相手であるはずなのに、圧倒的な存在感の肉棒の前には無力…。

エレナの母親で女王でもあるオリヴィアも、夫を亡くしている未亡人。
当然、年齢的に熟れた身体を持て余しているだけに、危うさは娘のエレナ以上なものがありますね。
これまでに何度も経験しているだけに、一度その味を思い出したら、歯止めがかからなくなるのは必然ですね。

母娘ふたりの作品ではありますが、あくまでも今作は娘のエレナがメインです。
中盤辺りまでは、母親であるオリヴィアがあまり出てきませんし、登場しても彼女のパートは短めでしたねぇ。
まぁ、タイトルは姫騎士エレナですからね、仕方ないかな(汗)

あ、要素に産卵ってありますが、卵のままスポンって産むので、まだ大丈夫かと思います。
まぁ、本人は産み落とす快感に身悶えする程のはしたない姿を晒してくれましたけども(汗)


後は、タイトルに寝取られってあり、更にエレナには恋人がって事で、当然そんな展開も。
まぁ、かなり相手役の少年が鈍感&仕事でエレナと離れているという展開もあって、大臣との関係がバレそうみたいなノリではないですね。
それでも、当の本人であるエレナからしたら気が気ではないのは確かな訳で、バレてしまうかもといった恐怖心や罪悪感などの感情が強烈な快感のトリガーになっていましたね。

個人的には、エレナだけでなく、母親であるオリヴィアにも娘の恋人の近くとかで行為してバレそう~みたいな展開があっても面白かったかなと思いましたね。
また恋人同士であるエレナとはちょっと違う立場で、でもバレたら同じくらいマズイ関係性があるだけに、面白かったんじゃないのかなって。


終盤は、これまでの調教で既に何倍どころじゃない程に感度が上がっている所に、感度一万倍とかにされたり(汗)
感度が飛躍し過ぎでしょう…、さすがにやり過ぎでちょっと興ざめですねぇ。
そこまで行ったら気持ちよさの前にもはや痛みとかになるんじゃないのかと思ってしまいますが…(汗)

挿絵


挿絵は「こうきくう」さんが手がけています。

顔立ちは可愛らしいのに、ムッチリとしたかなりの肉付きの良い身体のアンバランスさが印象的ですね。

繊細な描線で描かれた絵柄は、細かく描き込まれており、シャープな印象も与えますね。
なので、あまり生々しいエグさを感じさせず、見やすい絵柄に仕上がっていると思いますね。

今回のヒロインは、母娘だった訳ですが…、正直、あんまり母娘っぽい実感は薄かったかもしれません(汗)
何か印象的には、姉と妹というか…、母親っぽく感じなかったんですよね、個人的には。
勿論、要所で見せる女の顔だったりは、色気のあるもので娘には出せない艶が感じられるんですけどね。

結構、お互いの雰囲気が似ているんで、もう少し個人差が欲しかったですかね、体型的にも。
肉体のボリューム感は、さすが母であるオリヴィアの方が勝っているんですけどね。
表情だけだと、ぱっと見、一瞬どっちがどっちか分かりにくい所は正直ありましたね(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、タイトル通りに母娘が凌辱によって堕とされてしまう内容でしたね。
まぁ、良くも悪くも二次元ドリームノベルズらしい話だったかな、と(汗)
欲を言えば、これはって売りとなる要素があればもっと良かったかなとは思いましたね。

タイトルに寝取られってありますが、そこまでエグくないので、苦手な人でも読みやすいかと思いますよ。


そういえば、序盤にエレナがオークより強いオーガを一発で倒すシーンがあるんですが、描写でオークを倒した事になっていたミスが(汗)

Amazon版 電子書籍
姫騎士エレナ 背徳に染まる寝取られ母娘王室 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
姫騎士エレナ 背徳に染まる寝取られ母娘王室

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女 レビュー


装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女 (二次元ドリームノベルズ)
2018年7月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
価格が通常よりも高いので分かる様に、これも小説投稿サイト「ノクターンノベルズ」の書籍化作品です。

主人公兼ヒロインの「流華」(りゅうか)は、学生ながら闇に紛れて、人に仇なす存在、妖魔と戦っている存在です。
彼女は、変身ヒロイン「装刃戦姫サクラヒメ」として、妖魔と戦っているのですが、妖魔の幹部の罠にハマってしまい、命令に従わなければならない状況に追いやられる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 建宮 流華」(たてみや りゅうか)
  • クリスティーナ・エイミス
がいます。

流華は、学園で生徒会長兼剣道部部長です。
しかし、その他に人に危害を加える妖魔と戦う存在、装刃戦姫という変身ヒロインでもあります。
凛々しい古風な性格の持ち主でもあり、最近、恋人ができたばかりです。

クリスティーナは、流華の親友の外国人です。
彼女もまた流華同様に、装刃戦姫のひとりでもあります。

ストーリー展開


展開的には、変身ヒロイン「装刃戦姫」として戦う流華が、敵の罠にハマり、Hな命令に従わされる流れですね。
…まぁ、大体変身ヒロインは、こうなる運命ですよね、うん(汗)

この世界には、闇に紛れて人を襲う妖魔、オニグミなる存在がいるんですね。
そして、この妖魔から人々を救う存在が流華が変身する、装刃戦姫という存在です。

装刃戦姫というのは、流華だけではなく、他にも多く存在するみたいですが、彼女はその中でも別格の最強の装刃戦姫なんですね。
流華は、装刃戦姫サクラヒメとして、人々を妖魔から救う一方で、親の仇として追っている妖魔がいました。

しかし、その行方は掴めなかったのですが、ある日、向こうから流華の前に現れたのです。
またとない好機だったのですが、逆に流華の付き合い始めたばかりの恋人を人質に取られてしまい、手が出せなくなってしまう事に…。
そして、流華は敵の指示に従わざるを得なくなってしまいます。

その際に、何と流華の股間に並の男性以上に立派な肉棒を生やされてしまう事になる流れですね(汗)
…どんな流れだ(汗)

若干、ここら辺の流れは読んでいて急だなぁって思いましたね、原作からこうなのか、端折ってこうなのか知りませんが(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、自慰、足コキなどがありましたね。
その他の要素では、小道具やふたなり要素もありますね。

やはり今作の見所は、ふたなり要素でしょうか。
タイトルにも入っている通り、ふたなりの要素がかなり含まれています。
なので、ふたなり要素が苦手な人はお気を付けください、タイトルにあるので大丈夫でしょうが(汗)

敵から生やされてしまった肉棒。
このふたなりを執拗に責められ、流華は未知の快感に身悶える事になる訳ですね。

そもそも、まだ恋人とはキスもしていない程の清い交際。
それがいきなりふたなり生えるとか、経験値以前の問題ですからね(汗)
流華は、凛々しい真面目な古風なキャラクターなので、当然性に関してはかなり疎い訳ですね。
言葉使いで「うむ」とか普通に使う学生ですし(汗)

そんな彼女がふたなりから生じる未知なる快感に、文字通り腰砕けになるのは当然ですね(汗)
敵も完全にそんな彼女を辱める様に、勝ち目のないゲーム、賭けを持ちかけてくるのもお約束ですね。
いきなりオナホールで射精我慢とか、酷すぎる(汗)
まぁ、当然勝負には負けてしまい、普段の凛々しさなど微塵も感じさせない淫らで下品な顔、言動で、濃厚な精液を大量に発射してしまう訳ですが(汗)

その後も続く、彼女への執拗な責め。
その度に、毎度毎度覚えさせられた隠語連発して、濃厚な精液をドバドバ発射してしまう事になり、少しづつ確実に流華の精神、身体は追い詰められていく事に。

ふたなりメインな話なので、殆どが肉棒中心の行為展開なんですよね。
なので、肉棒を刺激されて(させて)の射精という男性的な快感の描写が多いのも特徴ですね。
挿入される様な展開は、かなり終盤の終盤近くまでないので、そっち方面の描写を期待するとがっかりかもしれません。

後は、結構他の人の目に触れる展開が多いのも特徴かな。
割と序盤から人だらけの電車内でいきなりふたなりを扱いての自慰を乗客に見せつけるという展開があったりと、見られる展開が多いですね。
当然、周りはドン引きですよ、いきなり現れた変態少女に(汗)

時には射精を禁止されて放置され、射精したい欲求で頭一杯になったりと、すっかり射精の虜に…。
射精させてもらえるならば、尻の穴も舐める事も辞さないくらいに(汗)


中盤になって、もうひとりのヒロインであるクリスティーナが登場します。
ここで、多少クリスティーナがメインの展開が描かれる事になりますね。
んで、色々あって、流華同様に彼女もふたなりにされます(汗)

ちなみに、クリスティーナにも宿敵みたいな存在がおり、そいつからふたなりにされてしまう事になり、肉棒を弄られて射精させられてしまいます。
なので、流華と似た様な対となる展開になっていますね。
…しかし、流華同様の理由で手出しできなくなるのは、さすがに都合よすぎる感が(汗)


後は、ヒロインがふたりだからこその展開である、お互いの肉棒を刺激し合う展開も見所ですね。
お互いが先に射精させようと、互いの肉棒を足コキやパイズリフェラなどで責め立てて、射精させる光景は、装刃戦姫とはかけ離れた光景ですね(汗)
でも、この時点ではまだオナホールへの挿入はあっても、実際に女体に挿入させた事はないんですね。

そんな童貞少女たちが、巻き込まれた女生徒たちを助ける名目で、次々肉棒を挿入する事態も見所(汗)
もはや女性陣を助けるのは建前に近い様な状態で、初々しい女性陣の初めてを肉棒で貪るのに夢中になっているのだから、見てられませんね(汗)
ここまでに色々、数々の醜態をやらかしていた彼女たちではありましたが、ここが人を守るのが本分であったはずの装刃戦姫として完全に道を踏み外した感はありましたねぇ。
…んー、結構前からアウトだったかな?(汗)

更に終盤では、恋人であるはずの少年のアナルに肉棒を突き立てる、とんでも展開も(汗)
もはや恋人の事よりも、肉棒を突っ込んで精液を出したいって意識に支配されていますねぇ。

挿絵


挿絵は「緑木邑」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズではお馴染みな方ですが、結構久しぶりかも?

可愛らしく綺麗な絵柄ながらも、しっかり濃い仕上がりが特徴ですね。
特に何と言っても、肉棒、ふたなりの描写ですよね(汗)
下手な男子顔負けな立派な肉棒をこれでもかと見せつけてくれております。
しっかり玉まであって、無駄に玉に毛が生えているのが、何とも生々しいです(汗)

そんな立派な肉棒からドバドバ精液を噴き上げる事になる訳ですが、その際の表情のアヘ顔具合も印象的です。
…そういえば、この人の絵柄は普段可愛らしいのだけれども、時に結構なアヘ顔するんだった(汗)
まぁ、そんな眼球グリンってなる程に男の快感が凄いって事を、見せつけてくれている訳ですね。

挿絵数も豊富で迫力のある肉棒姿を見れるのは、嬉しいですね♪

挿絵数:29枚

総評


全体的には、ふたなり三昧な展開でお腹いっぱいですね(汗)
女性陣が挿入される展開は、殆どないので、そこら辺が気になる人は注意ですが、ふたなり物って分かっているはずなので、多分大丈夫かとは思います(汗)

とにかく、敵による変態的なシチュエーションの中で、流華、クリスティーナ共に肉棒の快楽に翻弄され、堕ちていく彼女たちの姿は見応え十分ですね。
一方で、ただ行為を目一杯詰め込んだ感もあって、もう少し絞っても内容をもっと掘り下げても良かったかもしれませんね。

全体的に濃いはずなんだけれども、少しどこかアッサリしているというか、もっと掘り下げて、この場面が見たいと思うんだけれどもそこまで至らず終わってしまうかなって。
何か表面的というか、どこかダイジェスト感あるかなぁ、やる事はやっているはずなのにね(汗)

あくまでも、これは私がただ思った事なんで、十分楽しめる作品に仕上がっているとは思いますけどね。
個人的に値段を考えれば、通常版の価格で十分な出来だとは正直思います。
ちょっと期待値が高すぎたゆえの感覚なのかなぁ…、悪くはないんだけどもそこまで良くもって感じです(汗)

Amazon版 電子書籍
装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 変幻装姫シャインミラージュ2 汚辱に染まりゆく光 レビュー

変幻装姫シャインミラージュ2 汚辱に染まりゆく光 (二次元ドリームノベルズ)
でぃふぃーと
キルタイムコミュニケーション (2018-05-29)

変幻装姫シャインミラージュ 2
2018年5月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

これの前作を読んでいたとばかり思ってたのですが、よく確認したら読んでいなかったみたいです(汗)
なので、前日に前作のレビュー記事を掲載しましたので、セットで見て頂けたらなと思います。

小説投稿サイトのノクターンノベルズの書籍化作品ですね。
なので、前作も特に引きがある様な場面ではなく、フワッと終わっています(汗)
今作は、その続編となります。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 東堂院 紗姫」(とうどういん さき)
  • がいます。

    紗姫は、東堂院財閥の令嬢です。
    怪人に襲われた際に、シャインミラージュへと変身できる様に。
    学校では、生徒会長でもあります。
    お嬢様らしいプライドの高い性格の持ち主です。

    ストーリー展開


    展開的には、シャインミラージュに変身した紗姫が、敵に捕まり、あれこれされる流れですね。
    …前作と変わっていない!(汗)

    そして、思い切り前作の続きから始まります(汗)
    基本的な設定なども特に触れず、前作のあらすじのページもないという、販売側のやる気のなさは大変残念ですね。
    前作の発売から2年以上も経過しているのに、こういう新規の人へのフォローがないのは、勿体ないなぁ。

    まぁ、前作に関しては、書いたばかりのレビューをご覧ください(汗)

    二次元ドリームノベルズ 変幻装姫シャインミラージュ 砕かれるプライド、穢される存在 レビュー

    ザックリ説明すると、いきなりやって来た敵「ダーククライム」と戦っている、変身ヒロインのシャインミラージュ。
    ですが、強化された敵の前に負けちゃうシャインミラージュは、アナルばかり弄られちゃうお話です(汗)
    …大体、そんな感じなのが何とも(汗)

    んで、毎回好き勝手された後に、解放されるんですよね。
    完全に舐められている証拠ですよね、負ける事がないと分かっているからこそ最後まで追い詰めずに放すと。

    まぁ、全く勝ち目がない訳ではないんですけれどもね。
    彼女が万全の状態ならばまだ強いんですよと、一応フォローしておきます(汗)

    Hシーン


    Hシーンは、シャインミラージュの行為が描かれています。

    行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックス、尻コキ、自慰などがありましたね。
    その他の要素では、母乳噴射やバイブなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

    相変わらず尻を叩かれて悦ぶのもお馴染みの反応ですね(汗)

    そういや、今回初めて、不良学生や中年男性との行為がありましたね。
    でも、これまで散々人間離れした巨根を持った怪人連中にアナルねじ込まれていたんだから、今更人間相手じゃ物足りないんじゃ…(汗)
    実際、どこかで物足りなさを感じるものの、それでもこれまでの行為で高められてしまった性感は確実に彼女に快感を与える事になりますね。

    正直、怪人の雑魚戦闘員とかはある種、人間っぽいし、あまり差がなかった感も(汗)
    でも、中年男性相手の行為は、やはり若い学生らにはない、ねちっこさなどがあって、また雰囲気が違いましたね。
    中年男性を相手に客を取って、それぞれ変態フェチ的な行為をする事になるのは、また戦いに負けるとは違う、惨めさ、屈辱感がありますね。

    母乳に関しては、前作で母乳が出る様に改造された結果ですね。
    射精と同じ様に発射の際に快感を感じる様にされてしまい、乳首を弄られる度にビュービュー発射する羽目に(汗)
    ドSな中年男に乳牛扱いされて、バケツに乳絞りされたりと、散々な目にも…。

    牛扱いされたかと思えば、鼻を押されて豚鼻にされたり、鼻フックされたりと豚扱いも(汗)

    相次ぐ手法を変えたやり方によって、シャインミラージュの肉体、精神は疲弊していく事に…。
    持ち前の性格で何とか踏みとどまっているものの、行為の中ではそんな自分の立場を一瞬忘れてしまう様な場面も垣間見せるなど、彼女の追い込まれていく様が見えますね。
    終盤では、彼女も反抗的な態度を取る事も出来ずに、涙と共に弱音を吐くなど、大分弱っている姿も見せますが、そんな状態をみすみす敵が手心を加える訳もないですけどねぇ(汗)

    個人的には、前作にあったふたなり展開がなくて残念でしたねぇ。
    そもそも、その時の敵であるミスティの登場シーン自体が今作はあまりなくて、ふたなりもなかった結果になりましたね。
    敵側の女性キャラが彼女だけなので、中々他の敵ではふたなりを活かせる展開がないのも影響したかなぁ。

    相変わらず、アナル特化な展開に終始しており、結局最後まで本番行為はないため、未だに処女というアンバランスな事に(汗)
    まぁ、本番行為が絶対なければいけない訳でもないですが、引っ張り過ぎな気もさすがにしますねぇ。
    今更、破瓜したとしても特にこれといった感慨はないでしょうね、散々あれだけアナルで乱れきっているのに(汗)

    挿絵


    挿絵は、前回同様に「高浜太郎」さんが手がけています。
    前作から数年経過していますが、相変わらずシャインミラージュの可愛らしくもHな姿が堪能できますね♪

    中には、うさ耳なバニーガールっぽい恰好もありましたね、このチョイスは敵の趣味なのかな…(汗)
    その他にもチア姿になったりとか、割とコスプレチックな展開も。
    牛柄の衣装に鼻輪を着けられての乳牛プレイでは、乳首をグイグイと捻られてミルクを発射する姿が見れますね。
    ちょっと虚ろになりかけている感じの表情が、彼女が大分追い詰められている事が垣間見えますね。

    前作に引き続き、鼻フック姿もありましたが、これもそんなに違和感のない様に描かれているので、下品な感じはなかったですね。

    散々アナルセックスで放たれた精液を薬剤で固められてしまって、排泄物化した固形精液をアナルからひねり出す展開は、中々衝撃的な光景でしたね。
    まぁ、精液を固めている分、マシなのかなぁ…(汗)
    正直、彼女からしたらどっちでもこんなのをブリブリしちゃうってのは、お嬢様な彼女には酷な仕打ちですね(汗)

    後は、Hシーンではないですが、腹パンされて悶絶するシャインミラージュも見所のひとつでしょうか(汗)

    挿絵数:14枚

    総評


    全体的には、前作同様にふわっと終了という、消化不良な内容でしたね(汗)

    結局、2になっても話的には一切何も進展せず、ただただ前作の延長上なだけの話でしたからね。
    こう言っては何ですが、前作の方が普通に面白く感じただけに、今作が続編である必要性が見えなかったのが残念ですね。
    …むしろ、パワー(トーン)ダウンしていないですかね、今作?(汗)

    勿論、やる事はやっている(本番以外)んですけれども、何か物足りなかったなぁ…。
    やはり、2作目で何も起こらずに、ただ同じ様な展開を続けたのはマイナスですね、目玉が何もなかった。
    シャインミラージュが堕ち切る訳でもなく、緩やかに堕ちていく過程をただ見るだけのは2作目としては弱いですよ、やはり。
    3に繋げる引きもなく、仮に3で完結としたら2なんかいらないよねってなりかねない(汗)

    ノクターンノベルズの方、見てきたら、まだ書籍化していない分があるので、3あるのかなぁ…。
    でも、こう言っては何ですが、何冊分も引っ張る内容ではないし、3出たとしてもスルーの予定です(汗)

    Amazon版 電子書籍
    変幻装姫シャインミラージュ2 汚辱に染まりゆく光 変幻装姫シャインミラージュシリーズ (二次元ドリームノベルズ)

    DMM 電子書籍
    変幻装姫シャインミラージュ

    DMM 原作PC版ダウンロード
    変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン

    ブログランキング参加中です。
    よろしければ応援お願いします♪

    二次元ドリームノベルズ 変幻装姫シャインミラージュ 砕かれるプライド、穢される存在 レビュー


    この作品は、2015年10月発売の二次元ドリームノベルズの作品です。
    2018年に続編となる2が発売されたんですが、私は前作を読んでいなかったので、先にこちらから読んでいきます(汗)



    何で当時買わなかったのかと思ったら、小説投稿サイトのノベライズ作品だった様で…。
    値段も高いしねぇ、普通のやつよりも、そりゃ買わないな(汗)

    この世界は、ある日突如現れた異世界からの侵略者「ダーククライム」なる存在に襲撃される事に…。
    警察などでも対処できない敵に対し、現れた存在が。
    お嬢様である「紗姫」(さき)は、変身ヒロイン「シャインミラージュ」へと変身し、ダーククライムと戦っていたのですが、敵の手に落ちてしまう展開です。

    登場ヒロイン


    登場するヒロインは…
    • 東堂院 紗姫」(とうどういん さき)
    • がいます。

      紗姫は、東堂院財閥の令嬢です。
      怪人に襲われた際に、シャインミラージュへと変身できる様に。
      学校では、生徒会長でもあります。
      お嬢様らしいプライドの高い性格の持ち主です。

      ストーリー展開


      展開的には、シャインミラージュに変身した紗姫が、敵に捕まり、あれこれされる流れですね。
      …まぁ、大体変身物ってそんな感じですよね(汗)

      突如現れた、ダーククライムの敵たちと敵対する紗姫のシャインミラージュ。
      シャインミラージュに変身できるようになってから、何体もの敵を倒してきたものの、ダーククライムの全容は掴めずにいました。

      そんな中、彼女は敵を追いつめ、これを何とか撃破するものの、新たに現れた強化された敵兵たちによって、なす術なく捕らわれる事に…。
      これまで敵を倒せていた攻撃が、雑魚に効かなくなったんだから、もうお手上げですね(汗)

      お約束で敵たちに何度も精液を飲まされまくる事態になったものの、何故かそのまま解放される事になり、毎回別の敵が現れては負けてしまって、Hな事をされてしまう流れですね(汗)
      もう完全に舐められてますよねぇ、いつでも倒せる存在になっているから(汗)

      Hシーン


      Hシーンは、シャインミラージュの行為が描かれています。

      行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリ、自慰(アナル)などがあります。
      一部では、肉体改造要素や鼻フックやバイブなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

      元々、お嬢様なので、口調が「~ですわね」みたいな感じなんですよね。
      更にプライドの高い性格なので、こういった台詞がハマるんですが、捕らわれたヒロインがこんな口調では煽っている様なものですね(汗)
      まぁ、二次元ドリームノベルズのヒロインは、これくらい勝気じゃないと務まりませんからね♪

      とは言え、性に関しては全く知識に乏しい彼女。
      そのため、初めて味わう男の肉棒の圧力に戦慄する事になり、弱い面も垣間見えますね。
      まぁ、敵からしたらそんな様子がまたたまらなくて、余計に行為に熱が入ってしまうのだから、皮肉なものです(汗)

      アナルセックスだったりも何もかもが彼女の価値観を大きく揺るがす一撃ですよね(汗)

      序盤から敵に好き勝手されるシャインミラージュですが、まさかの本番行為はありません(汗)
      序盤は、フェラ(イラマチオ)での大量精飲に始まり、アナル弄りやアナルセックスの味を本番よりも先に覚えてしまう事に…。
      度重なるアナルセックスを経て、すっかりアナルでの快感に抗えなくなってしまう姿は、見所ですね。
      また彼女にとって変態的な行為である事が余計に感度を高めてしまい、嫌悪が快感に上書きされていく事となりますね。

      そんな反応のシャインミラージュをあざ笑うかの様に、憎い敵から辱めの言葉を浴びせられるのは、相当な屈辱感でしょうねぇ。
      本来、プライド高く勝気な彼女ですが、その一方でMっ気もまた敵の行為によって、確実に開花しつつあるのが随所に垣間見えますね。
      序盤の頃もお尻を何度も引っ叩かれていく中で、次第に痛みとは別の熱さを感じだしたりしていましたしねぇ。
      度々、お尻叩かれている様な気もします(汗)

      肉体改造に関しては、母乳が出るようにされたり、ふたなり化とかですね。
      母乳を出す際に、射精と同じ様に発射で感じる様に改造されてしまい、立派な巨乳をこねくり回されてビュービュー、ミルクを噴射して快感に悶える事に。
      更にふたなり化されてしまい、こちらでも大量の精液を噴射する事になり、本物の射精の快感を味わう事に…。
      肉棒を同性の敵「ミスティ」から足で踏まれたり、手コキで追い立てられて強制射精させられてしまう事になりますね。

      しかし、何よりもミスティの手で射精させられるのではなく、彼女の指示とは言え、自分の手で肉棒を扱く展開は紗姫を追い詰めていきますね。
      強制とは言え、自分の意思で扱き、その快感に悶えて大量発射ってのは、心理的にダメージが大きいですよねぇ。

      終盤は、割とあっさりした感じかなぁ、まさかの雑魚たちに良い様にされるので(汗)
      話が最後まで描かれていないで、バッサリ終わるというか、第1巻終了みたいな感じでフワッと終わるんで、最後っぽさは皆無ですね。
      続編前提な終わり方なので、名前アリの敵どころか、名も無き雑魚どもに良い様にされる訳ですねぇ(汗)

      挿絵


      挿絵は「高浜太郎」さんが手がけています。
      二次元ドリームノベルズ系では、お馴染みな方ですよねぇ。

      繊細な描線で描かれたヒロインは、可愛らしさに加え、淫靡さも発揮されており、艶めかしい魅力を見せてくれますね。
      シャインミラージュの恰好が、ぴちぴちなレオタード風なコスチューム姿ってのが、また印象的ですね。

      鼻フック姿も描かれているんですが、上手く鼻の位置というのか、表情によって、鼻フックがあまり露骨に目立たない様に描かれていますね。
      なので、パッと見では鼻フックされているか分かりにくく描かれているので、普通に可愛くてエグイ事にはなっていません。
      まぁ、ガッツリお笑い芸人ばりに鼻フックされている彼女を見たかった人には、物足りないんでしょうけれども(汗)

      この鼻フックシーンでは、同時にコスチュームを肉棒が貫通して、着衣パイズリみたいになっているのも特徴ですね。
      個人的には、こういう衣装のままでパイズリしているのは好みなので、中々嬉しいシーンでした。
      この鼻フック姿なら、気になりませんしね♪

      目隠しされる際には、男の使用済みのパンツをかぶされるなど、中々酷い扱いをされても、何故か可愛く見えるなぁ…(汗)

      挿絵数:19枚

      総評


      全体的には、思ったよりもここまでアナル寄りな作品だったのは予想外でした(汗)
      まさかの本番行為はなしってのも、意外でしたね。
      話も最後まで完結していないまま、終わったし、色々突っ込み所の多い内容かなぁ…。

      タイトルも別に、アナルに特化したタイトルじゃないですか。
      尻穴なんちゃらヒロイン~みたいなタイトルとかなら、一発で分かるんですが…(汗)

      本番行為なんかいらない、アナルだけでOKって人にはよろしいのではないでしょうか。
      でも、これだけアナルの快感に目覚めてしまった彼女は、仮に今後本番行為があってもこんなに反応するのだろうか…?(汗)

      ちなみに、この作品は2015年発売で、続編の2は、2018年発売…。
      続編が出てから慌てて今作を読んでいる私はまだしも、当時買った人はまさかこんなに時間を経過して続編が出るとは予想外でしょうね(汗)
      ちゃんと完結してから、発売すれば、一番良かったんでしょうけどねぇ、売り方のせいで評価が下がるのは勿体ない所ですな。

      この後、続編も読んでレビューしたいと思います。

      PCゲームもあるんですが、原画の人が違うんで、結構別人感がありますねぇ。
      ゲームの方がより可愛らしい印象かな?
      変幻装姫シャインミラージュ

      DMM 電子書籍
      変幻装姫シャインミラージュ 砕かれるプライド、穢される存在

      原作PC版


      DMM 原作PC版ダウンロード
      変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン

      ブログランキング参加中です。
      よろしければ応援お願いします♪

    二次元ドリームノベルズ アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の烙印 レビュー

    アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の烙印 (二次元ドリームノベルズ)
    筑摩十幸
    キルタイムコミュニケーション (2018-04-27)

    アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の烙印 (二次元ドリームノベルズ)
    2018年4月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
    読み終わったので、レビューです。

    主人公兼ヒロインの「アナスタシア」は、神々の国アスガルド王国を護る姫女神です。
    彼女と、その姉「ブリュンヒルデ」の姉妹の活躍によって護られていた国の平和はアスガルドに恨みを抱くロキによって崩壊する事に…。

    ロキの復讐のターゲットは、国だけではなく、アナスタシアたちにも向けられる事になる展開です。

    登場ヒロイン


    登場するヒロインは…
    • アナスタシア
    • ブリュンヒルデ
    がいます。

    アナスタシアは、アスガルドの姫騎士です。
    見た目は小柄で幼く見えるものの、沈着冷静で敵には容赦がなく、その力は最強と呼ばれる程。
    王であるオーディンに拾われて養女となった経緯があります。
    アナスタシアと7人の姫女神

    ブリュンヒルデは、アナスタシアの姉であり、オーディンの娘の姫騎士です。
    真面目で正義感の強い性格で、弱者に優しいです。
    最近、義妹であるアナスタシアとの関係に悩んでもいます。
    アナスタシアと7人の姫女神

    ストーリー展開


    展開的には、アナスタシアたち姉妹が復讐のターゲットにされてしまう流れですね。
    まぁ、完璧な逆恨みですが(汗)

    これまで、彼女たちの国、アスガルドは敵対する巨人族の国ニベルヘイムとの戦闘状態が続いている状態。
    そして、アナスタシアたち姫騎士によって、国に敵対する巨人族の侵攻を退けているんですね。
    特にアナスタシアの力は、圧倒的であり、身体の大きな巨人族もなす術ない程。

    そんな巨人族を率いているのが、何ともパッとしない容姿の男、ロキでした。

    こいつは、人間と神族との間に生まれたハーフで、元はアスガルド側なのですが、その出生もあって周りから馬鹿にされ、悪事を働いたため、追放された存在なんですね。
    まぁ、生まれはどうしようもできないですが、その後の劣等感丸出しで悪事を働いて追放されているのは、こいつの問題ですからねぇ(汗)
    それで敵国に寝返って、攻めて来るんだから、そりゃ、女性陣にも嫌われるわなと(汗)

    案の定、返り討ちに遭い、アスガルドに連れていかれ、近々処刑される事に。

    しかし、この判断が大きな誤りでした。
    ロキとふたりっきりとなったブリュンヒルデは、無力と思われていたロキから思わぬ反撃を受ける事に。
    ロキは、精神を操作できる、催眠術的な力を手に入れており、それをブリュンヒルデに使ったのです。

    まだ完全ではないものの、確実にその心、身体を支配されていくブリュンヒルデ。
    そして、ロキの復讐の矛先は、アナスタシアにも及ぶという流れですね。

    何で、このふたりかと言うと、アスガルド時代に彼女たちの召使い的な事をしていた過去があるんですね。
    優しいはずのブリュンヒルデにも好かれておらず、クールなアナスタシアには侮蔑されていたので、恨みがあると(汗)
    まぁ、元々神々には人間の血云々で大分態度が違うって土壌もある様ですが、それ以上にこいつの日頃の行いなんじゃないかなぁ…。

    Hシーン


    Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

    行為的には、フェラや自慰、パイズリなどがあります。
    その他の要素では、触手や子供プレイ、ミミズ責め、ふたなりなどの要素もありますね。

    やはり、ロキの精神操作による展開が見所ですね。
    その一環で、肉体を改造される要素、展開もありますね。
    精液を美味に感じる様な味覚にされたり、排泄を性的に感じてしまう様に身体を作り替えられてしまうなどですね。

    でも、思ったよりもそんなに詳細にはそこら辺は描かれていなかった様な気もしましたね、それを見せる場面も特には。
    あんまり活かせなかったかなという印象がありましたねぇ(汗)
    アナスタシアと7人の姫女神

    子供プレイは、男が子供になって甘えるんじゃなくて、アナスタシアが子供って事ですね。
    彼女は見た目が、ブリュンヒルデよりも小柄で子供っぽい容姿なだけに、ある意味、ピッタリですかね(汗)
    また彼女自身、父親代わりのオーディン、父性に対して、憧れの様な感情を抱いているので、余計にこの精神操作は彼女には効果的なんですね。

    まぁ、さすがに以後全部こんな口調って訳ではないですので、そこはご安心を(汗)
    時折、行為の最中に子供口調が出て来る場合はありましたけどね。

    一方のブリュンヒルデは、子供プレイはないですが、清楚な彼女がまだ射精も知らぬ初心な少年たちに淫らな性指導をする展開も。
    本来であれば、真面目で清楚な彼女がする訳もないであろう淫らな授業。

    いつも汚いロキに感情では嫌々抱かれている分、彼女的には自分から積極的に迫るのはある意味、新鮮な行動なんですよね。
    勿論、これもロキに命じられたからやっている行動ではありますが、相手が初心な少年ってだけでブリュンヒルデ的には多少なりとも情を抱くのは当然ですね。
    まぁ、その感情も自身の快楽の前にかき消され、少年らを道具の様に扱い、行為に耽る事に(汗)

    ミミズ責めは、ミミズってか触手に近いかな。
    ミミズみたいな奴が股間に入り込んだりみたいな展開なんですが、挿絵見たら思ったよりもずっとサイズが太かった(汗)
    これじゃ、普通に太さは触手と大差ないですねぇ、長さは短いんですが。
    アナスタシアと7人の姫女神

    終盤では、ふたなり要素もありますね。
    片方のヒロインだけにふたなりが生える展開なんですが、これもまた微妙かな…。
    あんまりボリュームもなくて、アッサリした印象でしたね。

    挿絵


    挿絵は「くろいわしんじ」さんが手がけています。
    二次元ドリームノベルズでは、久しぶりの登場ですかね?

    二次元ドリームノベルズ クリスタルセイバーミア 産卵淫辱に堕ちる戦姫 レビュー
    二次元ドリームノベルズ 守護聖姫アルテアガーディアンズ レビュー

    原作版とは、絵は違っているみたいですね。
    原作版では、「七彌」さん、「saxasa」さん、「へいろー」さん、だそうです。
    なので、原作版とはまた違ったアナスタシアたちを見る事ができる訳ですね。

    原作版は、可愛らしさの方が印象的でしたが、こちらはより艶、生々しさがある様な感じでしょうか。
    挿絵が原作とは違う方なので、原作版とは違うオリジナル展開、要素もあるのかな?
    原作を知らないので分かりませんが、挿絵にゲームのCGを使わない分、オリジナル要素が入れやすいと思うので、もしかしたらあるのかもしれませんね。
    アナスタシアと7人の姫女神

    途中では、妊娠してお腹が大きくなっている女性陣たちの姿も。
    小柄なアナスタシアが、そうなっているとまた印象的に感じますねぇ。

    今作では、ロキは顔とか出てきませんが、原作版を見たらもっとブサイクと思ったけども、いかにも卑屈って感じでしたね(汗)

    挿絵数:9枚

    総評


    全体的には、まぁ、良くも悪くも二次元ドリームノベルズらしい話だったかな(汗)

    Hシーンに関しても、個人的には凄い悪いって訳でもないんですが、これといったものも…。
    色々な要素を見せてくれているものの、どれもこれというものがなく、ただ数多く種類を入れている様な印象であんまり残るものがなかったですね。
    もう少し、入れる要素を絞って展開されても良かったのではないかと思いましたね。

    そういや、この作品のタイトルの「7人の姫女神」ってふたりじゃないかって思ったのですが、あとがきによると今作のノベルに関しては、アナスタシアとブリュンヒルデのふたりをメインにした作品にしたとのコメントが。
    原作版には、ちゃんと全員いるみたいですけどね。

    まぁ、ノベルズの文量で7人分なんて絶対無理だろうと思うので、これは英断かと思いますね(汗)
    どうせ出てきても、その他大勢になるのは目に見えていますしね、ふたりで十分ですね。
    ふたりでも、今一つかなって思うのに…、これで7人とか(汗)

    ちなみに、原作版のサイトを見たらブリュンヒルデって、実は婚約者いるみたいですね(汗)
    でも、全くこのノベル版では影も形も出てこないですが…、その婚約者の妹が出て来ないヒロインのひとりなので、結果、関係する全要素をカットされたのだろうか(汗)
    そんな不遇なヒロイン「ジークリーネ」は、原作版でどうぞ…。
    アナスタシアと7人の姫女神

    原作PC版


    DMM 原作PC版ダウンロード
    アナスタシアと7人の姫女神 〜淫紋の烙印〜

    Amazon版 電子書籍
    アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の烙印 (二次元ドリームノベルズ)

    DMM 電子書籍
    アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の烙印

    ブログランキング参加中です。
    よろしければ応援お願いします♪

    二次元ドリームノベルズ FTB!ふたなりちんぽタッグバトル レビュー

    FTB!  ~ふたなりちんぽタッグバトル~ (二次元ドリームノベルズ)
    下山田ナンプラーの助
    キルタイムコミュニケーション (2018-02-22)

    2018年2月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
    読み終わったので、レビューです。

    今作品はどうやら小説投稿サイトのノクターンノベルズの書籍化作品だそうですね。
    最近、二次元ドリームノベルズはそっちからの書籍化が増えてきている様なってか、そもそもノベルズが出なくなってきていますな(汗)

    登場ヒロイン


    登場するヒロインは…
    • 天音 美結」(あまね みゆ)
    • 室戸 冴香」(むろと さえか)
    がいます。

    美結は、聖珠学園に転入してきたばかりの女子学生です。
    ある事にコンプレックスを感じています。
    明るい活発な性格の持ち主で、たまにお調子者の熱血系。

    冴香は、FTB四大流派の血を引く少女です。
    クールな性格で、他者と関わりを持つ事を嫌っている節があります。

    ストーリー展開


    展開的には、ある理由が原因で聖珠学園へ転入してきた美結は、FTBという謎の競技の存在を知り、それにのめり込んでいく流れですね。

    この聖珠学園というのは、普通の学園ではないんですね。
    何と、ここの学園は両性具有…、ふたなりの少女だけが通える学園なんですね(汗)

    つまり、美結はふたなり少女であり、同時にこの学園の女生徒は全員ふたなりである事を意味するんですね。
    更に女性教師も、同じ様にふたなりという環境なんですね。

    元々、美結は周りの人間とは違う身体に対して、強いコンプレックスを感じており、どこか周りとは馴染み切れない生活を送ってた経緯がありました。
    そこで、この学園の事を知り、同じ身体を持つ生徒らばかりの環境ならばと転入を決めた訳ですね。

    その環境はこれまでのふたなりをひた隠しにしてきた彼女にとってはカルチャーショックの連続でした。
    皆、このふたなりばかりの環境にいるせいか、当たり前の事なんですね。
    だから、ふたなりに関しての会話も直接肉棒を扱いてきたりなどの過激なスキンシップ的な展開もあり、美結も最初は困惑する羽目に(汗)

    そんな環境に少しづつ慣れてきた頃に、美結は任意で部活に入るかを選ばされることに。
    別に帰宅部でも良いかと思った時、彼女の目に留まったのは、これまでの学校では見た事のない部活動の名前でした。

    FTB部。
    見た事も聞いた事のない部活名を不思議がる美結は、クラスメートからそれがお互いのふたなりを絶頂させて先に射精させる競技だと聞かされる事に(汗)
    これが、タイトルになっているあのネーミングな訳ですね(汗)

    タイトルだけだと馬鹿っぽいネーミングなんですが、競技としては真っ当なものらしく、誇り高い競技らしいです(汗)
    人生で初めて知った競技に対して、淡い興味を抱く美結。

    彼女にとって、このFTBは大きなインパクトを与えたのでした。
    これまで彼女にとってはコンプレックスのみの存在だった、ふたなりを誇示して戦う競技という、新たな価値観に惹かれたのです。
    …うーん、何か真面目に書いているけれども、突っ込み所が凄い気がする(汗)

    そんな訳で、美結は自らFTBの世界へと一歩を踏み出したのですが、FTBの先輩でもある冴香の指導(手コキ)の前に、ビュービュー精液を噴き出す羽目になってしまう流れですね。

    私はてっきりふたなりに関しては、自前(こういう表現でいいのか分かりませんが)ではなくて、何かしらの原因によって生ずるものかと思ってたので、このふたなり世界観は予想していなかったですね(汗)
    そして、FTBというぶっとんだふたなりバトルという、若干スポ根テイストなノリ(汗)
    従来の二次元ドリームノベルズとは、ちょっと毛色の違う雰囲気は、やはりノクターンノベルズからの物なのかなと思いましたね。

    Hシーン


    Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。
    その他にもサブキャラたちとの行為なども描かれています。

    行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、足コキ、自慰などがあります。

    やはり、この作品ではふたなり要素が全てですね(汗)

    後は、この手の作品でバトルで負けちゃったら辱めを受けるってのはお約束ですよね。
    このFTBは、最初から敗者への扱いも含まれているらしいので、避けられませんね(汗)
    当然、女性器もある訳ですから、そのまま相手のふたなりを突き立てられてしまう訳ですねぇ。

    逆に自分たちが勝てば、相手にダメ押しのふたなり挿入もある訳ですね。
    まぁ、力を尽くして戦った相手には辱めるつもりが美結らはないのですが、姑息な相手だったりすると、挿入する展開も一部。

    試合中も挿入はありなんですよね、これも攻撃のひとつでもある訳です。
    まぁ、半端な経験では先に射精してしまうリスクもある、諸刃の剣でもありますが。

    美結はこれまでFTBの存在も知らない素人も素人な訳です。
    そんな彼女が、いきなり臨むFTBの世界…。
    まぁ、全てが彼女の知らない世界であり、彼女の立派なふたなりも、初めての感覚、快楽に射精しまくりです(汗)

    そりゃ、未経験者がプロに挑んだら、そうなるわな(汗)
    過剰なくらいに自分で感じている様を実況しているかの様に歓喜の叫びを出しつつ、濃厚な射精をする事に…。
    冴香の手コキレッスンでも、悶え、我慢できずに短時間でビュービュー発射して、呆れられる始末(汗)
    また冴香の態度が涼しい顔して冷静なのが、美結の喘ぎ声とのギャップを感じさせますね。

    まぁ、実際は冴香も含めてふたなり女性陣、皆絶頂して射精する際は、大体同じ反応していますけどね(汗)
    冴香も普段のクールな感じからは想像できない激しい口調で悶絶射精してしまいますし、それだけ射精の快感が凄いのでしょうねぇ。

    基本は美結が責められて絶頂しまくる、Mっ気の強い展開が多いでしょうか。
    作品のノリがスポ根物テイストなので、最初はまるで歯が立たない主人公が次第に急成長を遂げて、より強者へ立ち向かっていく感じを考えると、序盤はこんなはしたなく絶頂しまくるのもアリかなと思いますけどね。
    …しかし、敵の繰り出すふたなり攻撃の技があんまり気持ち良さそうに見えないのは何故だろう(汗)


    思った以上に、その下手な男性以上に立派な肉棒ですが、挿入をしないし、されなかったのは意外でしたね。
    それ以前に、全体的に行為の頻度にかなり偏りがあるんですよね。
    まぁ、この辺りはFTBと言っても格闘技の延長でもあるゆえに、パイズリやフェラなどの行為に至りにくいんですね。
    どうしても必然的に相手を打撃や拘束しての手コキ抜きみたいな手コキでの射精頻度がかなり高い傾向があります。

    それゆえか、個人的には試合よりも、冴香との練習の方が良かった印象がありましたね。
    冴香とは、話が進む中で徐々に当初の関係性からより親密なものへと変化していく過程も描かれており、どことなく百合的な甘さも含んだ感じになっているのも影響しているかもしれませんね。
    でも、そんなに彼女とのそういう意味での行為はあまりなかったですけどね、あくまでも恋仲ではなくパートナーなので。

    挿絵


    挿絵は「シロクマA」さんが手がけています。
    二次元ドリーム文庫では、「僕のエッチなしでは学園最強のヒロインが最弱になる件」がありますね。

    二次元ドリーム文庫 僕のエッチなしでは学園最強のヒロインが最弱になる件 レビュー

    印象としては、かなり可愛らしい絵柄でしたね。
    作品がスポ根テイストなのもあり、変に濃くない、生々しすぎない塩梅で可愛らしさを感じさせる絵柄で良かったのかもしれませんね。

    敵も挿絵で顔も描かれているんですが、意外と絵を見ると可愛らしい顔立ちしているんですね。
    台詞とか描写を見ていると、どんな顔しているんだと思えば(汗)
    ラスボス的な存在も、もっとごつい奴想像していましたが、意外と可愛らしいし、身体はごついけど(汗)

    挿絵数:12枚(番外編0枚)

    総評


    全体的には、タイトル通りにふたなりを前面に出している内容なので、完全に人を選ぶ内容ですね(汗)
    まぁ、それはタイトルを見れば分かるので、今更な話ですかね、苦手な人はそもそも読まないだろうし(汗)
    ノリが完全にスポ根物のそれなので、このノリが好みであれば十分楽しめるかと思います。

    真面目な顔して読む内容じゃないですね、試合の描写とか真面目に書いているけれども、ギャグに近いし(汗)
    これが普通の世界だから、誰も突っ込まないある意味、狂気の世界です(汗)
    勿論、戦っている美結らは大真面目ですけどね。

    後、書き下ろし短編2作収録されていますね。
    番外編は、本来とは異なる別の展開だったりもあったりで、興味深い展開も。
    ボリュームはさほどないので、あくまでもオマケですけどね。

    内容自体は不満はないんですが、やはりノクターンノベルズ書籍化するとノベルズの価格が上がるのがちょっと残念かな。
    ノベルズとして発売するならば、通常のノベルズの価格で出して欲しいかなってのは個人的な気持ちですね。
    さすがに、1000円超えは手を出しづらいのが本音でして…(汗)

    Amazon版 電子書籍
    FTB! ~ふたなりちんぽタッグバトル~ (二次元ドリームノベルズ)

    DMM 電子書籍
    FTB! 〜ふたなりちんぽタッグバトル〜

    ブログランキング参加中です。
    よろしければ応援お願いします♪
    Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます