FC2ブログ

Gーtype novelsのカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

カテゴリ:Gーtype novels

Gーtype novelsのカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2013-02-13Gーtype novels
G-type NOVELS 下級生2 七瀬 SECRET TRACK下級生2 七瀬SECRET TRACKposted with amazlet at 13.02.13森野 一角 コアマガジン Amazon.co.jpで詳細を見る*中古のみPCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、破天荒な行動を取る事でも知られている学園の問題児として有名です。そんな主人公ですが、苦手なタイプの相手がいます。それは、学園の自治会執行部の副会長でもある「高遠 七瀬」(たかとう ななせ)でした。しかし、...

記事を読む

no-image

2012-06-10Gーtype novels
Gーtype novels 姉・オレ・妹 教師、同級生、後輩のカンケイ姉・オレ・妹 (G-typeNOVELS)posted with amazlet at 12.06.10有栖月 明里 コアマガジン Amazon.co.jp で詳細を見る* 中古のみです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公の家族構成は、姉が2人に妹が1人というもの。周りからは、仲が良すぎると言われる程だったのですが、主人公はいつしか姉妹に対し、特別な感情を抱く事に…。しかし、事態は三姉妹にみならず、...

記事を読む

2012-01-08Gーtype novels
Gーtype novels CRAVE×10CRAVE×10 (G‐type NOVELS)posted with amazlet at 12.01.08森野 一角 ちぇりーそふと コアマガジン 売り上げランキング: 923024Amazon.co.jp で詳細を見る*中古のみです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は名家の跡取りですが、平凡な性格です。他とは違う事は、主人公には従姉妹の女性たちが10人もいるという事くらいなもの。そんな彼は、二十歳になる日に家に代々伝わる儀式を執り行う事に...

記事を読む

2011-08-08Gーtype novels
G-type NOVELS KYRIEKYRIE (G-typeノベルズ)posted with amazlet at 11.08.08森野 一角 コアマガジン Amazon.co.jp で詳細を見る*中古のみです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、銀色の髪に銀色の瞳を持つ事から「銀狼」の二つ名を持つ軍人です。記憶がなく、ただ淡々と任務をこなすだけの日々であった主人公ですが、命令で天女の都「イシュチェル」に向かう事に。夢の都と称されるイシュチェルは今まで過ごして...

記事を読む

2011-03-28Gーtype novels
G-type NOVELS 中出し以外は校則違反!!中出し”以外は校則違反!! (G-typeNOVELS)posted with amazlet at 11.03.28舞田 朗 コアマガジン 売り上げランキング: 169171Amazon.co.jp で詳細を見る*中古のみです。不治の病におかされた(?)中出精多の望みは、美少女たちに中出ししまくり生きた証を遺すこと。折しも学園祭真っ盛りのある女子校に立てこもり、目を付けた女の子を襲いまくる…。とびきりエロくてポップな中出しコメディ。 ...

記事を読む

2010-01-26Gーtype novels
G-type NOVELS 人妻かすみさん2 奥様・未亡人オーナーと共同性活人妻かすみさん(2) (G-typeNOVELS)posted with amazlet at 10.01.26フレーム コアマガジン Amazon.co.jp で詳細を見る前作で霞と許されぬ関係を結んだ主人公だったが、叔父の転勤を機に霞と離れ離れになり、2人の関係は消滅してしまう。月日は流れて2年後。主人公はとあるペンションでアルバイトをする事になるが、そこで霞と偶然再会してしまい…。以前、当ブロ...

記事を読む

2009-11-09Gーtype novels
Gーtype novels 人妻かすみさん 母娘と共同性活人妻 かすみさん (G-typeノベルズ)posted with amazlet at 09.11.09杜村 まひる コアマガジン Amazon.co.jp で詳細を見る憧れの人妻・霞さんと一つ屋根の下で暮らすことになった主人公。ある夜、つい関係を持ってしまったことから、霞さんとのイケナイ日々が始まった…。夫や娘に顔向けできないと思いつつ、肉欲に流されてしまう人妻の明日は!?背徳のエロティックストーリー。 原作...

記事を読む

G-type NOVELS 下級生2 七瀬 SECRET TRACK レビュー

G-type NOVELS 下級生2 七瀬 SECRET TRACK

下級生2 七瀬SECRET TRACK
森野 一角
コアマガジン

*中古のみ

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、破天荒な行動を取る事でも知られている学園の問題児として有名です。
そんな主人公ですが、苦手なタイプの相手がいます。
それは、学園の自治会執行部の副会長でもある「高遠 七瀬」(たかとう ななせ)でした。
しかし、この日はいつもと少し違い、何故かなりゆきで主人公は彼女と一緒に暮らす事になってしまうと言う展開です。

登場ヒロイン


七瀬の他に登場するヒロインは…

柴門 たまき」(さいもん)
平沢 博子」(ひらさわ ひろこ)
堀出 実果」(ほりいで みか)がいます。

七瀬は、主人公の学園の自治会執行部の副会長です。
生真面目で正義感が強く、風紀を乱す主人公を敵視しており、事あるごとに衝突しています。
ある事がきっかけで主人公の住まいに一緒に住む事になります。

たまきは、主人公の幼なじみです。
主人公の事は、長い付き合いで良く理解しており、世話を焼いてきます。
明るく世話好きな性格をしています。

博子は、主人公たちの一つ下の後輩です。
発明、研究好きな少女であり、現在ロボット開発に力を入れています。
主人公の運動能力の高さから、彼にデータ取りを頼んできます。
基本、無表情で冷静な性格であり、最低限の事しか話さない所があります。

実果は、プロを夢見ているストリートミュージシャンです。
主人公と出会い、以来主人公を慕っています。
自分の事を「オレ」と呼び、語尾が「ッス」という気さくでボーイッシュなキャラクターの持ち主です。


ストーリー展開


展開的には、主人公はある事がきっかけで七瀬を自分の家に匿う事になる流れですね。

そもそも、何故そんな事になったのかと言うと、主人公が雨の中ひとり佇む七瀬を目撃した事がきっかけとなっています。
いくらあまり関係がよろしくない相手だとは言え、女性がひとり雨の中で傘も差さずにずぶ濡れになっている様をほっとけない訳ですね。
更に、彼女が家を出てきたなんて言った事で、猶更放っては置けなくなった主人公は、とりあえず主人公の家に連れていったという事なんですね。

しかし、とりあえず一晩だけのつもりでしたが、七瀬の置かれている状況を知った事で、しばらくの間住まわせる事になります。

こうして苦手とする相手である七瀬と、共同生活をする事になった訳ですが、当然彼女との共同生活は学園側に知られる訳にはいかず、秘密にしなければなりません。
まぁ、即幼なじみのたまきには、事情を説明せざるを得なくなりましたが、面倒見の良い彼女なだけに協力してくれる事になりますけどね。

そんな七瀬との共同生活を送る主人公は、ある感情の変化が見られる様になっていきます。
それは彼女の事を異性として意識してしまう様になった事。

何とも七瀬に失礼な話ですけども、それまでの主人公は彼女の事を異性とは認識していなかった様ですね(汗)
主人公の行動に口煩く干渉してきた相手で面倒な奴みたいな印象が強くて、異性って事が見えなかったと。
しかし、一緒に生活をする様になって、彼女と話す機会が当然増え、それまでの厳しい表情だけではなく、柔らかい笑みなどの今まで知らなかった素顔を見ていく事で、一気に彼女の事を意識してしまう様になった訳ですね。

そんな中、ふたりの関係に大きな変化が生じる出来事が起きる事になり、ふたりの関係は一気に進展する事になります。
ここからの主人公ならびに七瀬の変化はかなり印象深いものがありましたねぇ。
ふたりの感情の変化が描写されており、読んでてニヤニヤしますね♪

Hシーン


Hシーンは、七瀬との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
他では、ローターなどの小道具を使用した行為もありますが、ごく一部ですね。

やはり七瀬のキャラクターが良いですね、ツンデレとはまたニュアンスが違うんですけども、好きになった相手には尽くす感じがあって♪
また冷静で落ち着いた印象のある彼女ですけども、実は結構顔に出る所があるんですよね。
そんな彼女の素が垣間見えるとニヤニヤしちゃいますね、主人公の事を言われて真っ赤になったりと顔に出るのが可愛いですね♪

考えれば主人公は、それまで怒っている七瀬しか、ある意味知らなかった訳ですから、そんな表情などされてはギャップにイチコロなのも分からなくはないですな(汗)

コスチュームの要素では、彼女のバイトの制服や浴衣での行為もありますね♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく、オリジナルのイラストになっています。
ちょっと意外だったのは、原作版の原画を手掛けた「門井亜矢」さんではなく、「あきら」さんによるイラストなんですね。
私は良く知らないですけども、元々何か関わってたのかな?

あきらさんの絵柄のキャラクターの内面も描いた、繊細さが七瀬のキャラクターにはよく合っていると思いますね。
七瀬の様な気がちょっと強くて、素直になれない様なヒロインは原作版よりもハマっているかもしれませんね。

逆にちょっとしか挿絵にはないですが、実果はちょっと雰囲気が違うかな(汗)
ちょっとボーイッシュってよりも少女っぽさが強かった気がしますね。

ちなみに私は、門井亜矢さんの絵柄は1作目の下級生の方が好みですね(汗)
何か今作の2は、可愛らしいのだけども、随分さっぱりした感じになっている気がしてねぇ…。
そのせいか、七瀬みたいなキャラはあきらさんの絵の方が雰囲気があると感じるのかな?

挿絵数:18枚

総評


全体的には、七瀬をメインヒロインにしつつも、たまきとの関係性など見所の多い展開だったかな。
まぁ、割とベタなストーリー展開だったりでインパクトはさほどないかもしれませんが、その分しっかりと描いているので読んでて感情移入はしやすかったですね。

原作版は分かりませんが、登場ヒロインも絞られていて、その分少し絡みもあったのは良かったですね。
個人的には、実果も結構お気に入りですね、嫌味がなくていいキャラですね。

七瀬好きには楽しめるのではないでしょうか。

原作PC版
下級生 2
下級生 2
posted with amazlet at 13.02.13
エルフ (2004-08-27)


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ
 タグ

Gーtype novels 姉・オレ・妹 教師、同級生、後輩のカンケイ レビュー

Gーtype novels 姉・オレ・妹 教師、同級生、後輩のカンケイ

姉・オレ・妹 (G-typeNOVELS)
有栖月 明里
コアマガジン
* 中古のみです。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公の家族構成は、姉が2人に妹が1人というもの。
周りからは、仲が良すぎると言われる程だったのですが、主人公はいつしか姉妹に対し、特別な感情を抱く事に…。
しかし、事態は三姉妹にみならず、幼なじみや転校生まで巻き込んでいく事になると言う展開です。

登場するヒロインは、姉で長女の「神薙 優花」(かんなぎ ゆうか)、姉で次女の「神薙 彩花」(かんなぎ あやか)、妹で三女の「神薙 花梨」(かんなぎ かりん)、主人公の幼なじみの「功刀 聡実」(くぬぎ さとみ)、転校生の「鳳凰院 翔子」(ほうおういん しょうこ)がいます。

優花は、主人公の姉であり長女です。
教師でもあり、主人公のクラスを担任してもいます。
家ではだらしない姿も度々見せ、下着でうろつく事も。
水泳部の顧問でもあります。

彩花は、主人公の姉であり、次女です。
姉と言っても、実際は主人公と同い年であり、少し誕生日が早いというくらいです。
面倒見がよく、家庭では皆のまとめ役でもあります。
水泳部に所属しています。

花梨は、主人公の妹であり、三女です。
彼女だけ主人公たちとは別の学校に通っていますが、主人公たちの学校の隣にあるために度々目撃する事も。
元気いっぱいな活発な性格でゲーム好きだったりとやんちゃな面もあります。
彼女もまた水泳部に所属しています。

聡実は、主人公の幼なじみです。
彼女も花梨同様に隣の学校に通っており、度々こちらの学校にやって来る事もあります。
彼女の父親が堅気の職業ではないため、彼女の傍にはボディガードが控えています。

翔子は、主人公の学校に転校してきたお嬢様です。
大金持ちで主人公の学校の理事長の親戚でもあるらしく、権力を持っていきなり生徒会長になっています(汗)
思考が偏っており、高飛車な性格しており、トラブルメーカーでもあります。


展開的には、主人公が家族である姉妹に関して、家族以上の気持ちを持ち始めた事で関係が変化していく事になる流れですね。

実は、主人公は神薙家では唯一血の繋がりがないんですね。
つまり姉妹は、義理の姉妹である訳なんですね。
今までは、そんな事を気にせず、姉妹仲良く家族として過ごしていた訳ですが、少しづつ姉妹を意識する様になります。
とは言え、この時点では何となくといった感覚だったのですが、それがある日の出来事を境に大きく動き出してしまう事になるんですね。

それは、ある日の夕食で優花がワインを持ち込んで来たんですね。
何だかんだ主人公たちも飲んで軽く酔いが回ってしまう事になるんですが、その後に主人公は優花が自分の部屋で自慰をしていたのを目撃してしまう事になります。
今まで見た事のない淫靡な姿の姉を見て、ひどく興奮を覚えた主人公は、自慰を終えて眠った優花とHする事になる訳ですね。
酒で酔って寝た所を…って、字面だけ見たら、ただの犯罪者みたいですな(汗)

この事をきっかけに、一気に姉妹に対して強く意識する事になります。
そして、他の女性陣ともHな関係になっていく事に…。


Hシーンでは、全ヒロインとの行為が描かれていますので、かなりの量ですね。

行為的には、自慰、フェラくらいでしょうか。
まぁ、キャラ数が多いので、あまり色々な行為は出来なかったかな(汗)
全ヒロインとHしているだけに、どうしても個々のシーンは少ないのは仕方ない所ですね。

一応姉妹は、やや優遇されているかなと思います。
でも、花梨はちょっとふたりの姉に比べるとやや少ないかな。

まぁ、花梨は水着姿での行為があったのは良かったですけどね。
水着の胸の部分を切り取ったりとちょっとマニアックな所が良いですねぇ。
特に水着の種類の描写はなかったと思いますが、多分彼女は水泳部なので競泳水着なのかな?
さすがにスク水ではないと思うけど(汗)

後は、翔子が意外に多めでしたねぇ。
本番こそ1回止まりでしたが、フェラなどの行為はあったので。
逆に聡実はH自体が終盤までなかった事もあり、一番少ないですね(汗)

個人的には、パイズリがなかったのは残念でしたね。
基本ヒロイン勢は巨乳が多いのですが、特に優花はB99というサイズなのだから、パイズリがあっても良かったかなと(汗)
まぁ、原作版ではあるのかもしれませんけどねぇ。

終盤では、姉妹一緒な行為がありますね。
残念ながら全ヒロイン一緒という展開はさすがにありませんでしたが、ラストの展開を見るとこの後ありそうですね(汗)

挿絵は、原作版の画像を使っている様なものから、鉛筆線のままで着色しているものまでありますね。
まぁ、そんなに線画だからってクオリティーが下がるものはないので、問題ないと思いますけどね。
線画に着色したものでも、しっかり股間にモザイクが入っているのが当たりまえなんですが、妙に違和感(汗)


全体的には、姉妹との関係に葛藤する主人公みたいな感じになるかと思いきや、最初こそ少しそんな感じがありましたが、最終的には特に何もためらいはなかった印象がありますね(汗)
そのためシリアスと言うよりもややコミカル寄りな感じですかね?
自身の欲望に正直って事で全員と関係する辺りが人によって好みが分かれるかなとは思います(汗)
基本、エロしか頭にないってタイプですね、この主人公。

…話が進む内にその傾向が強くなった気がするのは気のせいかな(汗)

友人などのサブキャラが意外に登場頻度があったのは意外でしたね。
基本、コミカルな展開なせいもあるのかな。

後は、今作の文字が小さい事が気になった所かな(汗)
ここの「Gーtype novels」は、大体文字が小さ目でギッシリなんですけども、今作もでしたね

ハーレム系なので仕方ないんですが、個人的には姉妹に登場ヒロインを絞っても良かったのではないかなと。
姉妹の関係に焦点を当てて、もっと個々の描写を増やして欲しかったなとは思いましたね。
さすがに姉妹+2人は、無理がありますしね(汗)

原作PC版


DVD-PG版
姉・オレ・妹~教師、同級生、後輩のカンケイ~ DVDGAME

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ
 タグ

Gーtype novels CRAVE×10 レビュー

Gーtype novels CRAVE×10

CRAVE×10 (G‐type NOVELS)
CRAVE×10 (G‐type NOVELS)
posted with amazlet at 12.01.08
森野 一角 ちぇりーそふと
コアマガジン
売り上げランキング: 923024

*中古のみです。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は名家の跡取りですが、平凡な性格です。
他とは違う事は、主人公には従姉妹の女性たちが10人もいるという事くらいなもの。
そんな彼は、二十歳になる日に家に代々伝わる儀式を執り行う事になります。
その儀式で主人公は、10人の従姉妹を凌辱する事を強要される事になると言う展開です。

登場するヒロインは…。
「篠原 葵」(しのはら あおい)
「御神 永遠」(みかみ とわ)
「橘 和真」(たちばな かずま)
「一柳 ナナ」(いちやなぎ)
「森永 くるみ」(もりなが)
「大道寺 水子」(だいどうじ みずこ)
「古舘 千歳」(ふるだて ちとせ)
「葉山 睦美」(はやま むつみ)
「飛鳥 宴」(あすか えん)
「矢吹 ひよこ」(やぶき)

従姉妹以外では
「真子」(まこ)と謎の少女がいます。

葵は、主人公の従姉妹のひとりです。
主人公を兄と慕っています。
成績優秀でスポーツ万能であり、学園ではアイドル的存在です。
CRAVE×10

永遠も主人公の従姉妹のひとりです。
占いが得意であり、良く当たるので評判となっています。
そのせいか、他の従姉妹の中でも独特な雰囲気を持っている存在です。
CRAVE×10

和真も主人公の従姉妹のひとりです。
ノートパソコンを常に手放さなく、理知的な考え方をしています。
葵とは異母姉妹でタイプが違いつつもいいコンビです。
CRAVE×10

ナナも主人公の従姉妹のひとりです。
病弱であり、殆どの時間を病室で過ごしています。
素直で純真な性格の持ち主です。
CRAVE×10

くるみも主人公の従姉妹のひとりです。
ネズミのキャラクターが好きで、その耳飾りを付けています。
かなり子供っぽい性格です。
CRAVE×10

水子も主人公の従姉妹のひとりです。
アメリカかぶれな考えをしており、何故か自分の事を「シンディー」と呼び、名前で呼ぶと怒ります(汗)
CRAVE×10

千歳も主人公の従姉妹のひとりです。
和服の似合う大和撫子な娘であり、英語などは苦手です。
CRAVE×10

睦美も主人公の従姉妹のひとりです。
中華の血を引いており、古風な話し方をする娘です。

宴も主人公の従姉妹のひとりです。
眼帯をしているなど、どこか変わった雰囲気を持った娘です。
どこか諦めたような眼差しが印象的でもあります。
CRAVE×10

ひよこも主人公の従姉妹のひとりです。
貧しい家計の中、姉弟らのために働いています。
それでもいつも笑顔を忘れない明るい性格の持ち主です。
CRAVE×10

真子は、主人公の家のお手伝いさんです。
従姉妹ではないですが、遠縁の親戚でもあります。

謎の少女は、突如主人公の前に現れた少女です。
その目的も正体も不明です。
CRAVE×10


展開的には、主人公は成人になる誕生日に代々続く儀式に臨むことになります。
しかし、その儀式で主人公の前に現れた謎の少女に告げられた言葉は、主人公はある存在によって呪いがかけられているというものでした。
そしてその呪いが解けねば7日後に死ぬと宣言されてしまいます。

それを解く方法は、10人の従姉妹を凌辱するというとんでもない内容であり、主人公は困惑します。
しかし、主人公はそれを望んでおらずも、主人公の中に宿っている呪いの元凶のせいで従姉妹たちを前にした時、主人公の理性は働かぬ様になり、凶暴な感情に支配されてしまうんですね。
こうなってはどうしようも出来ず、従姉妹を凌辱し終わるまで彼女たちの身体を貪る事になる訳です。

主人公は、自分の意思ではないままに出会う従姉妹たちを次々と凌辱していく事になります。
凌辱を重ねるたびに、主人公の中で確実に凶暴な衝動が日に日に高まっていくのが主人公も自覚しているんですね。
また力も人間離れした強さが出る様になったりと、人間離れしていく事に不安と恐怖を抱いていきます。
自分を兄の様に慕ってくれていた従姉妹たちを凌辱の末に物言わぬ人形の様な状態にしては、普段の主人公に戻ったら計り知れない後悔、罪悪感に苛まれるでしょうからねぇ(汗)

一族の連中は、そんな主人公や従姉妹たちにはお構いなしで主人公に従姉妹たちを凌辱させようとする訳です。
これには、主人公たちの知らない儀式の効果があるためなんですね。
そのため従姉妹が10人いるというのも意味がある訳です。
なので、ただキャラ数がいるってだけはないのは良かったのですが、残念ながらやはりノベル化で10人ってのは消化出来なかった様で、省略されてしまった不遇な扱いを受けている従姉妹が数人いますけどね(汗)

中盤以降は、主人公によってこの儀式の意味を知らされた従姉妹たちが儀式について調べる様になります。
ここである程度の儀式の知識や何を目的にしているのかがおぼろげにですが、分かってきます。
しかし、その間にも主人公の中で暴走する存在によって、従姉妹たちはひとり、またひとりと凌辱されていく事になります。
それでも、主人公を助けるために彼女たちはあえて主人公の近くを離れないのがどれだけ愛されているのが伝わってきますね。
残念ながら序盤早々に凌辱された従姉妹たちは、そんな経緯も知らずにただ凌辱されてしまうだけに可哀想なんですが(汗)

その後も主人公たちの焦りを余所に、儀式は着々と進行していき、とうとう後ひとりという所まで来ることになります。
ここらで謎であった少女や主人公の内に潜む存在の正体や、その目的などが明らかにされていく事になり、物語は佳境へと突き進んでいく事になります。


Hシーンでは、ヒロインたちを相手に凌辱行為を行う事になります。
なので、甘い雰囲気でのHシーンは一切ありません(汗)

残念なのは、上記にもある様に出番がなく、描写のみで既に凌辱されたとされてしまう不遇な従姉妹がいる事ですね。
具体的には、睦美と宴だけHシーンの描写がありませんでした(汗)
どちらも他の従姉妹とは、雰囲気が違うキャラクターなだけに残念…。
宴は何で眼帯とかしているかなどは、全く分からないまま出番終了と言うのは扱いがなぁ…。
10人分のシーンを入れるのが難しかったのでしょうが、何とか入れて欲しかったですね。

Hシーンがあるのは、上記ふたり以外の従姉妹に加え、お手伝いの真子と謎の少女もいます。
…このふたりのせいで従姉妹が外れたのかな(汗)

どのヒロインも1回分のHシーンしかないのは残念ですが、これまた仕方ないですね。
行われる行為は、主人公が乗っ取られてしまう状態で凌辱するので、結構強引にヒロインたちを凌辱する事になります。
とは言え、行われる行為自体は基本殆ど愛撫せずに、まだ準備の出来ていない膣に無理やり挿入し、膣内射精を行うってパターンです。
キャラが違うものの、行う展開が似ているのでもっとバリエーションがあるとより良かったんですけどね。

泣き叫ぶ従姉妹をお構いなしにゴリゴリと初めての膣内を蹂躙する展開は中々迫力がありますね。
同一ヒロインに対して複数回行為がないために、どうしても初回の反応は似通ってしまうのは致し方ないんですけどねぇ。
それでも、終盤の従姉妹たちは事態をある程度理解しているのもあって、やや反応が違ったのは変化があって良かったです。
個人的には永遠のシーンが、一番展開が違って楽しめましたね。

挿絵は原作の画像ではなく、マーカーか何かで着色した絵やラフっぽい絵に処理を施した様なものでした。
なので、挿絵によって描きこみがまちまちではありましたが、それでもヒロインたちの表情などは魅力的に描かれているので、それ程不満はないと思います。
上手い人の絵は多少ラフさがあっても、良く見えますなぁ♪
大概の挿絵がヒロイン涙浮かべていますが(汗)

気になったのは文字がこのサイズの作品しては、小さめな事ですね。
内容が多い分、ギリギリまで収めるための工夫なのでしょうか?
なので、結構ボリュームあるのかなと思いつつ読みましたが、意外に早く読めたかな。

途中の展開は、基本従姉妹の凌辱を繰り返す展開なので、そこでちょっと中だるみしたかなと言う印象がありましたね。
そこらで大きな変化などがあれば、また違ったのではないかと思うとちょっと勿体ないかな。
個人的には従姉妹10人という設定が詰め込み過ぎな原因となって、あまり物語全体を省略してしまった感があったので、中途半端に従姉妹のシーンを削るならもっと半数以下にまで描写するヒロインを絞ってやっても良かったのではないかなと感じました。
和な雰囲気、要素もあるので、その世界観は良かったですけどね。


楽天は売り切れでした(汗)

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
【独占】CRAVE×10

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ
 タグ

G-type NOVELS KYRIE レビュー

G-type NOVELS KYRIE

KYRIE (G-typeノベルズ)
KYRIE (G-typeノベルズ)
posted with amazlet at 11.08.08
森野 一角
コアマガジン

*中古のみです。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、銀色の髪に銀色の瞳を持つ事から「銀狼」の二つ名を持つ軍人です。
記憶がなく、ただ淡々と任務をこなすだけの日々であった主人公ですが、命令で天女の都「イシュチェル」に向かう事に。
夢の都と称されるイシュチェルは今まで過ごしていた戦場とは無縁の平和な土地であり、自分の居場所ではないと思う中で、告げられた内容は「2人の姫を犯す」という物で…という展開です。

登場するヒロインは、主人公が告げられた2人の姫である「シンシア・バーツラフ・キュンティア」、「テレザ・ヘンリーク」がおり、それ以外にも主人公を都へと連れてきた「ダナ」、主人公の前に現れた巫女少女の「朱鷺」(とき)、主人公の世話係の「ノエル」、主人公と同乗して都へとやってきた「ミューラ」、「エレナ」、都でカジノのオーナー兼ディーラーの「アデラ」、シンシアの母の「オルガ」、シスターの「ワイダ」の10人がいます。
…さすがゲーム原作なだけがあって、数が多いですね(汗)

シンシアは、子供の様に純粋な白の姫です。
見た目は少女ですが、実際は300年とかなりの年数を生きている現在の天女の巫女でもあります。
主人公を何故かお兄様と呼び、慕ってきます。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

テレザは、黒髪に碧い瞳をした青の姫です。
汚れを知らずに育ったために、気高く誇り高いまっすぐな性格をしています。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

ダナは、主人公を天女の都に案内した少女です。
都で行なわれる「大祭」に関わる存在でもあります。
幼い容姿ながら、年相応以上の大人びた態度を見せます。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

朱鷺は、何故か巫女の格好をしている少女です。
主人公の前に度々現れます。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

ノエルは、主人公の世話係として軍から派遣されています。
とは言え、それ程役に立っているかは微妙なところも(汗)
おっとり間延びした喋り方が特徴であり、卵料理ばかり作るという困った面も。

ミューラは、主人公と同じ馬車に同乗していた少女です。
貴族の血を引いている様ですが、決して裕福ではなく、都へとやってきた経緯があります。
性格は結構テンションが高めなところがあります。

エレナもミューラと同じで一緒の馬車に乗っていた少女です。
貧乏な孤児であり、願いを叶えてもらうために都へとやってきました。
主人公の事を英雄の様に思っている節があります。

アデラは、都でカジノのオーナー兼ディラーをしています。
飄々とした態度を取るところがあります。

オルガは、シンシアの母親で世界を支配する黒の女王です。
不老不死の存在でもあります。
冷酷な態度も見せますが、娘であるシンシアには母親らしい顔を見せる事も。

ワイダは、信仰心の厚いシスターです。
いつも微笑みを絶やしませんが、時折見せる振る舞いは人間離れしている時も…。


展開的には、主人公はふたりの姫を犯す儀式の代行者として、シンシアとテレザを抱く事になる流れです。
ですが、これだと彼女たちも自身の役目を理解しているために陵辱にはならないはずなのですが、ここで登場するのが「代行者」の存在です。
どういう事かと言うと、代行者は主人公であって、主人公ではないんですね。

主人公の意識の中に、別の代行者の意識が宿り、行為の最中のみ主人公の意思ではなく、代行者の意思で身体が動くようになり、彼女たちを好き勝手に犯す訳です。
その間、主人公はそれをただ見せられているという状態になります(汗)
なので、ここで陵辱感が出てくる訳ですね。

でも、個人的にはこれだと第三者の行為を見るだけだから、あまり好みな展開ではないんですよね(汗)
この代行者、女に飢えているのか、それ以外のヒロインたちとのHシーンでも主人公がそんな気分でないと表に現れて陵辱するという奴なので困った存在です(汗)
そのせいで、主人公自身の意思での行為が殆どないのが今作の特徴ですね。
個人的には、そのせいで正直あまり楽しめなかったなぁ…。
一応、主人公の意思でHするヒロインもいますが、何故かメインヒロインではないという有様です(汗)
てっきり、終盤はどちらかのヒロインとは、主人公の意思でHな展開になるのかと思ってたんですけどねぇ…。

ストーリーも2人の姫である、シンシアとテレザの両者を陵辱を繰り返す流れなんですが、今作ではそれほど両者の印象が薄い様な…。
勿論、ストーリーに絡んでいる重要な存在なんですが、思ってたよりは出番が少なかったですね。
これには、他のヒロインたちのエピソードが入っているために出番が少なく、印象が薄まった感がありますね。
その分、各ヒロインのHシーンが増えるのはいいのですが、殆ど代行者絡みになるのが残念(汗)

シンシアが序盤は比較的存在感がありましたが、終盤には多少テレザが盛り返すかな?
私はテレザの方が好みなので嬉しかったけど、それでもあっさりしてたかな(汗)
ここで彼女たちとの仲が深まるとかするのかと思ってたんですけど、そういう展開がなかったので、最終的にはメインヒロインはいない感じに落ち着いていきますね。

終盤では、主人公の失われた記憶の事から、全ての謎が明らかになっていく展開には謎が解けていく小気味いい爽快感があって、テンポがあって良かったですね。
しかし、ここまで来るとほぼ全キャラが重要な存在だと分かりますねぇ。
大概、主人公の背後に立つキャラは只者ではないです、見分け方としては(汗)
まぁ、中には話に絡まない薄いキャラもいますけどね(汗)

挿絵は原作同様に「あきら」さんが手がけています。
てっきり読む前は、原作版の画像を使っているのかなと思ってましたが、どうも違う様で。
何だろ?何種類かそれぞれ挿絵の作りが違っているんですよね、今作は。

おそらく原作の原画にマーカーかで着色したらしき物や鉛筆線のままの物、CGで描かれたと思わしき物と統一されてないんですね(汗)
まぁ、それぞれに魅力があるので、私は特に不満はなかったですけどね。

KYRIE~BLOOD ROYAL3~ KYRIE~BLOOD ROYAL3~


全体的には、ストーリー性が強い作品でしたね。
Hシーン的には代行者が殆どという事もあり、個人的な評価としては微妙ではありましたね(汗)
単純に陵辱物としてみても、それ程エグくない+回数が少なめなのでこれまた微妙な事に…。
各ヒロインとも大体1回程度しかしていないために、あまり内容が深くないのがなぁ。
話の展開は、結構謎があって気になるだけに、ちょっと勿体無い印象ですね。

後、この作品はボリュームがある作品なせいか、今作の文字が小さいんです。
なので、読んでてかなり詰め込んでいる印象ですね。
「G-type NOVELS」が全部そういう訳ではないようで、他の手持ちの作品を確認したんですが、今作ほど文字は小さくはなかったです。
やはり、今作のボリュームが多いために1冊に収める様にしたんですかね?
ヒロインも多いし、設定が多い作品だからそうなったんでしょうねぇ。


楽天は売り切れです(汗)

原作PC版
KYRIE(キリエ)~BLOOD ROYAL3~ DVD版
ちぇりーそふと
売り上げランキング: 8148

*中古のみです。

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 カテゴリ
 タグ

G-type NOVELS 中出し以外は校則違反!! レビュー

G-type NOVELS 中出し以外は校則違反!!

中出し”以外は校則違反!! (G-typeNOVELS)
舞田 朗
コアマガジン
売り上げランキング: 169171

*中古のみです。

不治の病におかされた(?)中出精多の望みは、美少女たちに中出ししまくり生きた証を遺すこと。折しも学園祭真っ盛りのある女子校に立てこもり、目を付けた女の子を襲いまくる…。とびきりエロくてポップな中出しコメディ。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は風邪を引いてしまい、数日で治るかと思ってたものの、一向に治らないまま。
ついには入院してしまう事になるも、ここでも検査を繰り返すばかりで一向に退院できないまま時間が経ち、次第に不安になっていく主人公。
そんな最中、医師と看護婦が自分の事について話している場面に遭遇し、聞き耳を立てる主人公の耳に聞こえてきた内容は、所々聞き取れなかったものの、どうやら自分の病気は重く、もう長くはないと思い込んでしまいます。
まだ何もしたい事をしていないと落ち込む主人公は、女性に中出しをし、生きた証を遺したいという考えに至り…。
タイミングの良い(悪い?)事に、近くの女子校が学園祭を開いている事に目を付けた主人公は、学園を封鎖し、立てこもり、女生徒に中出しを行なうために行動を起こすという展開です。

…もう、つっこみ所が多すぎて(汗)

登場するヒロインは、8人+αと中々の人数ですが、実際原作PC版では、15人という大人数(汗)

今作で登場するヒロインは…。

丘野 涼音」(おかの すずね)水泳部所属
沢代 夏実」(さわしろ なつみ)文芸部所属
夢月 さやか」(むつき さやか)演劇部所属
入間 硝子」(いるま がらす)園芸部所属
朝霧 氷澄」(あさぎり ひずみ)生物部所属
美里 蝶子」(みさと ちょうこ)所属なし
福茉 凪羽」(ふくまつ なぎは)所属なし
青空 小鳥」(あおぞら ことり)アイドル
+αとして、名も無き看護婦さんがいます(汗)

ノベル版未登場のヒロインは…。
鈴原 まひる」(すずはら まひる)陸上部所属
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

笹倉 渚」(ささくら なぎさ)チアリーディング部所属
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

水杜 楓」(みずもり かえで)茶道部所属
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

花深 風華」(はなみ ふうか)所属なし
山吹 夕海」(やまぶき ゆうみ)所属なし
夏ノ香 木葉」(なつのか このは)所属なし
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

貴咲 恵波」(きさき えなみ)所属なし
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

と、なります。

涼音は、主人公の行動に疑問を感じ、更正させようと考える優しい娘です。
ポジション的にはややメインぽいかな?

夏実は、学園祭の実行委員長です。
生真面目で勝気な面があります。

さやかは、演劇部所属なせいなのか、自分を「プリンセスさやか」と思い込んでいる節がある不思議キャラです(汗)

硝子は、無表情で無関心な所がある娘です。
所属している園芸部で花の世話は熱心にするものの、自身への意識は驚くほど低いなど極端な思考をしています。

氷澄は、このメンバーの中では、主人公にあからさまな敵意を向けてくる娘です。
生物部で使うのかメスを所持しており、切りつけてきます(汗)
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

蝶子は、Hな事に興味津々な娘です。
ですが、それを隠そうとしていますが、隠しきれていません。
個人的に一番印象が薄かった娘でもあります(汗)

凪羽は、一見するとお嬢様の様な雰囲気を持っているおっとりした娘です。
とにかくドジッ娘であり、ミスばかりしています。
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

小鳥は、この学園の人間ではなく、現役の人気アイドルです。
この学園には、ゲストとして呼ばれていました。
人懐っこく、明るい素直な性格でアイドルっぽさが良い意味でないです。

看護婦さんは、主人公の入院していた病院に勤めている看護婦です。
医師と彼女の話を盗み聞きした事で、主人公は自暴自棄となり、中出しを企む事となります。
そんな主人公の毒牙にかかった最初の犠牲者でもあります(涙)
何気に処女でした(汗)


展開的には、残りの生をまさしく精として吐き出し、女子たちに中出しをしまくるという流れになります(汗)
冒頭のあらすじを見たら分かるでしょうが、かなり強引とも言える展開ですよねぇ。

疑問だと思うのは、何故主人公はここまで中出しに拘っているかという事がありますが、それは彼の生きた証として子を遺したいという思いがあります。
だからって、レイプ紛い(ってか紛いでなくそのものですが)の行為をしようとするのはどうかとは思いますが(汗)
彼の名前も「中出 精多」(なかいで せいた)というそのものズバリな名前をしています(汗)
更に彼の性癖にも関係があり、腹ボテの妊婦に性的興奮を覚えるというのもあります。
幸せそうに膨らむお腹を撫でている姿の妊婦さんの事を旦那に中出しされたんだと言っている様に見えてしまい興奮してしまう訳です(汗)

さて、こんな陵辱な展開なのですが、この作品…、ちっとも陵辱ぽくないです(汗)
まぁ、そこら辺はここまで読んでくださっていれば、何となく分かるんじゃないかと思うんですが、もはやギャグですよね、これ(汗)
なので、シリアスさは殆どなく、どちらかと言うとコミカルなノリで進行していく事になります。
真っ当な?陵辱を求める人には、おすすめできないかと思いますね(汗)

私は、「おいおい…」みたいに突っ込みながら読んでましたが、そういう読み方が正しいんでしょうかね…。
こういうノリが気にならなければ、緩い感じで楽しめるとは思います。

もう今作の人間の反応がおかしいので、突っ込み所は事欠かないです(汗)
主人公によって、入り口を封鎖されて、見せしめに全校生徒の前で開催のあいさつをしてた夏実を犯し、中出しするもパニックにならずに行為が終わった頃には皆いなくなっており、通常通り学園祭の持ち場に着く生徒たちの落ち着き様がありえないでしょ(汗)
何で逃げ出さないのか、とか言いたくなります…。

主人公もまさかの反応に、困惑するものの、各催し物の会場で女子たちに中出しをする事になります。
それを知っているにも関わらず、主人公が現れても基本的にヒロインは逃げる事もせず、応対するのが何とも(汗)
さすがお嬢様学校は、こういう事が起きてもパニックにならない教育でも受けているのだろうか…。
端から現実感など皆無な作品ですが、ここまでそうだと清々しいですよねぇ(汗)

片っ端から、女子に中出しを行い続ける主人公ですが、涼音に本当にこんな事をしたいとは思えないと疑問を持たれる事がきっかけとなり、少しづつこの行為に自問自答する様に変化していきます。
まぁ、それでも涼音、始め中出しはしっかり決めるんですがね(汗)
しかも、こんな行為をされても主人公に好意を持つ娘も出てきたりとハーレム的な流れになっていきます。

Hシーンは、タイトルでもある様に中出しがメインとなっています。
一部フェラもあるキャラクターはいますが、基本的には強引に挿入で破瓜、中出しという流れが基本ですね。
キャラ数も多いために、どうしても行為の種類はさほどないのが残念ではありますね。
何気に実は…、あるヒロインだけ挿入されていないんですよねぇ(汗)
看護婦さんすらあるというのに…。

挿絵はてっきり原作版の画像を使っているかと思いきや、原画を手がけている「望月望」さんの描き下ろしのイラストのみで構成されているという豪華仕様♪
好きな絵師さんなので、これは嬉しいですねぇ。
しかし、注意なのはCGではなく、手描きの挿絵となっており、挿絵によってはかなりラフなものもあります。
でも、こういうプロの人のってそれがまた上手く見えるんですよねぇ♪
ラフすぎる挿絵自体は殆どないですし、マーカーか何かで着色している様ですので、白さが目立つという仕上がりでもありませんので、問題はないでしょう。
モノクロでも髪の毛の塗りは綺麗になっており、十分な仕上がりだと思います。
個人的には、何気に看護婦さんも挿絵があり、可愛かったです♪

おバカなコミカルなノリが嫌いでなければ、楽しめると思います。
ノベル版に未収録な面々で見た目好みなキャラがいたので、ちょっと気になるなぁ。


楽天はこちらからどうぞ
【中古】【古本】中出し以外は校則違反!! 女子校祭・乗っ取り計画/舞田朗
*中古のみです。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
‘中出し’以外は校則違反!! ~女子校祭・乗っ取り計画~

原作PC版 DVD-PG 通販はこちらからどうぞ
“中出し”以外は校則違反!!~女子校祭・乗っ取計画~ DVDPG
*中古のみです。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

 カテゴリ
 タグ

G-type NOVELS 人妻かすみさん2 レビュー

G-type NOVELS 人妻かすみさん2 奥様・未亡人オーナーと共同性活

人妻かすみさん(2) (G-typeNOVELS)
フレーム
コアマガジン

前作で霞と許されぬ関係を結んだ主人公だったが、叔父の転勤を機に霞と離れ離れになり、2人の関係は消滅してしまう。月日は流れて2年後。主人公はとあるペンションでアルバイトをする事になるが、そこで霞と偶然再会してしまい…。

以前、当ブログで「Gーtype novels 人妻・かすみさん 母娘と共同性活 レビュー」をレビューしたのですが、その頃、初めて続編が出ていると知りました(汗)
ですが、数が少ないのか売ってなくて、あきらめていたのですがこの間、近所の古本屋で発見したので慌てて購入しました(汗)

前作は楽しめただけに期待も大きいので、実際どうなのかなぁという感じでしたが、読んでみれば相変わらずの出来で問題なく楽しめました♪
前作から思ってましたが、相変わらずかすみさんは可愛らしい女性ですねぇ。
ホント、正直10代の娘かと思うような可愛さは反則ですね(汗)
年頃の娘がいるとは思えません・・・。
そういう意味で熟女という印象は殆どないと思いますが、その見た目の色気とのギャップがまたそそります。

ですが、今作はどうも前作の関係から離れてしまっている状態から話が始まっているのは意外でした(汗)
前作は幸せそうな展開で締められていたので、何があったのやら・・・(今作で少し語られてます)
そんな微妙な関係で久しぶりに会う二人に再び進展が?。

今作は前作で出てきたヒロインがかすみさん以外不参加(泣)されており、新ヒロインが2人登場します。
主人公のアルバイト先のオーナー「奈津乃」(なつの)、そこのお客「碧」(みどり)です。
碧は主人公にいきなり好意的なそぶりをしており、かすみさんがそれを見て恋人と思い、嫉妬してしまったりと結果的にトラブルメーカーな要素が(汗)
まぁ、だからこそすれ違いや誤解を乗り越えて、燃え上がるものがある訳ですが。
主人公もなし崩し的に関係を持ってしまうから、また話がややこしくなるんですけどね(汗)
個人的には、オーナーの奈津乃がお気に入りになりました。
こちらは未亡人という立場もあってか、色気ありますねぇ♪
とは言え、積極的に色気を振りまくタイプではなく、今でも夫を想っているので、Hな関係は少しのみなのが残念ですね。
主人公の名前を呼びながら、オナニーする姿はいやらしすぎます(汗)
cyber_0008js-004.jpg
今作はやはりかすみさんがメインヒロインなので、仕方ないですね。
勿論、かすみさんのHは多く情熱的です。
cyber_0008js-001.jpg cyber_0008js-006.jpg
かすみさん視点の描写も読み応えがあり、感情移入しやすいと思うので読みやすいと思います。

DMM 原作PC版 ダウンロード版はこちらからどうぞ
cyber_0008ps.jpg

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

 カテゴリ
 タグ
None

Gーtype novels 人妻かすみさん 母娘と共同性活 レビュー

Gーtype novels 人妻かすみさん 母娘と共同性活

人妻 かすみさん (G-typeノベルズ)
杜村 まひる
コアマガジン

憧れの人妻・霞さんと一つ屋根の下で暮らすことになった主人公。ある夜、つい関係を持ってしまったことから、霞さんとのイケナイ日々が始まった…。夫や娘に顔向けできないと思いつつ、肉欲に流されてしまう人妻の明日は!?背徳のエロティックストーリー。

原作はPCゲームのノベライズです。
人妻ものですが、かすみさんが可愛らしい性格なので淫靡な感じではないのですが、やはりその豊満な体は色気があります♪
cyber_0001js-003.jpg

こういうのでは夫から寝取ってしまう展開で、罪悪感を感じることも少なくないですが、この作品ではあまり存在感がない夫である事やかすみさんに当たったりと感じが悪いので読んでいて罪悪感はあまり感じないです。
勿論、当の本人たちは感じてますが(汗)

終盤はかすみさんの妹や娘とHな展開になるので、若干ハーレムぽい感じも・・・。
cyber_0001js-005.jpg

途中、関係が気まずくなる状態もありますが、そこまで重さは感じない展開で比較的ライトで読みやすいと思います。
濃厚な修羅場的な展開はないのでそういうのが好きな人は物足りないかも(汗)
これを純愛系と表現するのはどうかとは思いますが、それに近いのかなぁ・・・。


原作PC版 DMM ダウンロード版はこちらからどうぞ
人妻・かすみさん 母娘と共同性活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます