FC2ブログ

二次元ドリーム文庫のカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

カテゴリ:二次元ドリーム文庫

二次元ドリーム文庫のカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-04-27二次元ドリーム文庫 「ま行」
魔王様、ヤラれる前に異世界転生! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.04.27磯貝武連 キルタイムコミュニケーション (2018-04-24)売り上げランキング: 13,880Amazon.co.jpで詳細を見る2018年4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。これもどうやら、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品の書籍化作品らしいですね。主人公は、ごく普通の男子学生です。ある日、そんな日常に異変...

記事を読む

2018-04-11二次元ドリーム文庫 「や行」
百合エルフと呪われた姫 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.04.11あらおし悠 キルタイムコミュニケーション (2018-03-28)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「レム」は、エルフの里に住んでいるハーフエルフの少女です。しかし、エルフの半端者として居場所のない彼女は、いつしかその世界に興味を…。人間の街へとやって来た...

記事を読む

no-image

2018-02-28二次元ドリーム文庫 「か行」
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.02.28Amati キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。今月、二次元ドリーム文庫、こればっかりですねぇ(汗)主人公は、今時?の男子学生です...

記事を読む

no-image

2018-02-27二次元ドリーム文庫 「た行」
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.02.27犬吠ろめゐ キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。増えましたね、人気なネット作品を書籍化する流れ。実は、今作と同時発売のもう1冊も同じ...

記事を読む

no-image

2018-02-05二次元ドリーム文庫 「ま行」
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.02.05竹内けん キルタイムコミュニケーション (2018-01-31)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、エロライトノベルの読書が趣味の男子学生です。そんな彼は、ある日、魔王として異世界に召喚されてしまう事になる展開です。 登場ヒロイン登場するヒロイ...

記事を読む

no-image

2017-12-27二次元ドリーム文庫 「さ行」
新米兵士から金髪ドS女上官の玩具にランクアップ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.12.27新居佑 キルタイムコミュニケーション (2017-12-22)Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の青年です。そんな彼は、最近軍隊に入隊したばかりの新米兵士です。そんな彼が上官の「ナターシャ」に目を付けられてしまう展開です。 登場ヒロイン登...

記事を読む

no-image

2017-12-26二次元ドリーム文庫 「か行」
孤独なビッチ 異世界風俗のモン娘とエルフと魔王和え (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.12.26上田ながの キルタイムコミュニケーション (2017-12-22)Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「シェリア」は、凄腕の女傭兵です。そんな彼女の楽しみは、戦いで高ぶった身体を夜のお店ですっきりさせる事。この日、彼女は興味を持ったモ...

記事を読む

2017-11-04二次元ドリーム文庫 「あ行」
家康、恋の陣! 椿姫と築山殿と女城主とおこちゃ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.11.04竹内けん キルタイムコミュニケーション (2017-10-24)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「瀬名」(せな)「田鶴」(たづ)「井伊 直虎」(いい なおとら)「おこちゃ」がいます。瀬名は、家康の正妻です。気位が高く、ツン...

記事を読む

2017-11-03二次元ドリーム文庫 「か行」
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.11.03市村鉄之助 キルタイムコミュニケーション (2017-10-24)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、ライバル視している存在がいます。それは、学園一位の実力を持つ「ケイト」でしたが、何度も挑むものの、その度に返り討ちにされていました。しかし、そんな...

記事を読む

2017-10-06二次元ドリーム文庫 「や行」
百合風の香る島 由佳先生と巫女少女 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.10.06あらおし悠 キルタイムコミュニケーション (2017-09-28)Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「由佳」(ゆか)は、これから離島の女子校に教師として赴任する事に。初めての環境に不安で一杯な由佳でしたが、彼女の心配は別な事で吹き飛ぶ事に…。何とそこ...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 魔王様、ヤラれる前に異世界転生! レビュー

魔王様、ヤラれる前に異世界転生! (二次元ドリーム文庫)
磯貝武連
キルタイムコミュニケーション (2018-04-24)
売り上げランキング: 13,880

魔王様、ヤラれる前に異世界転生! (二次元ドリーム文庫)
2018年4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

これもどうやら、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品の書籍化作品らしいですね。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
ある日、そんな日常に異変が…。
突然主人公の前に現れたのは人間ではなく、女悪魔であり、主人公はこの世界に転生した魔王だと知らされる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 御鶴城 媛乃」(みつるぎ ひめの)
  • 鷹杜 柚子」(たかもり ゆず)
  • エデル・ワイズ・ブローグルト」(以下エデル)
がいます。

媛乃は、主人公の隣の家に住んでいる幼なじみです。
少しクールな雰囲気があるものの、主人公に対しては献身的に支える一面も。

柚子は、主人公の妹です。
現在、海外赴任する両親と一緒に海外に出ています。
主人公に対しては、素直になれずツンケンする所があります。

エデルは、主人公の前に現れた女悪魔です。
異世界から主である魔王を捜しています。
魔王に対しては、忠実な性格の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が元々は異世界の魔王であり、この世界に転生した存在と知らされる流れですね。
異世界からこっちの世界に逆転生って事ですねぇ。

最近、主人公はおかしな夢を見る事が増えてきていました。
それは、当初は現実感に乏しい光景に思えたものの、日々同じ夢を見るたびに少しづつ、惹かれるものを感じ出す様に。

そんな中、主人公は放課後の校舎に忘れ物を取りに来た際に、異様な光景に出くわす事に。
自分の目の前に、魔法陣が現れ、そこから頭に角の生えた明らかに人外な美人が現れたのです。
まさかの事態に困惑する主人公に、彼女から告げられたのは、思いもしない内容でした。

主人公は、何とこの世界とは別の世界で魔王だった…らしいです(汗)
どう考えても胡散臭い話ではあるのですが、目の前にいる女性エジルの頭の角や、最近夢で見る例の光景などの存在があるため、頭から否定できない面もありました。
彼女曰く、主人公はまだ転生前の記憶を全部取り戻している訳ではないらしく、まだ不自由分。

そこで彼女が行ってきたのが、自分とHする事で魔力的な物を身体に取り込み、魔王としての覚醒を刺激しようとして来る事になり、Hな関係に…。
そんな所を、幼なじみの媛乃に見つかってしまう事になり、揉める流れですね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。

今作の見所は、媛乃とエデルとの敵対関係でしょうか(汗)
これは単に恋のライバルって意味合いもありますが、別の側面も実はあるんですね。

まぁ、ここでは詳細は省きますが、媛乃も実は主人公の正体を知ってはいるんですね。
彼女としてはこのままの関係性を維持したいので、主人公が魔王として覚醒して欲しくはない訳ですね。
対して、エデルは当然主人公が魔王として覚醒する事を望んでいます。

そして、ここで重要なのが上記のストーリー展開でも書いていますが、エジルとHする事で魔力的な物を取り込み、魔王の覚醒が近づく事に。
逆に媛乃との行為をする事で、その影響を減少させる効果があるらしいんですね。

この両者との関係が肝な訳ですねぇ。
つまり、どちらかとHする事で、もう片方の女性ともHしないといけない状況になっているんですね(汗)
これによって、主人公を巡るHなバトルが展開される事に繋がっていく訳ですね♪
どちらも負けじと主人公との行為に盛り上がっちゃいますねぇ。

これだとふたりとも義務的に感じるかもしれませんが、どちらも覚醒(覚醒阻止)を除いても、個人的な感情として主人公に好意を持っています。
そのため、両者とも主人公との行為を自ら望んでいますので、そこはご安心を。

この主人公自身も、幼なじみである媛乃に好意を持っていましたけども、いきなり現れたエデルにも情を抱いているので、板挟みですねぇ(汗)
エデル曰く、どうやら魔王時代も結構数多くの女性と関係を持ってたみたいなんで、それを引き継いでいる様で(汗)
更に途中から、妹である柚子も主人公を巡る争いに参戦するために、ますます事態はこじれてHになっていく事になりますね。

中盤から終盤辺りでは、妹の柚子が登場し、彼女メインな展開に。
途中から登場なので、頑張らないと印象に残りませんからねぇ、爪痕残さないとね(汗)
キャラ紹介ではツンケンと書きましたが、想像付くと思いますが、実際はお兄ちゃん大好きツンデレっ娘です♪
これまでの反動なのか、素直に主人公に甘える様は妹の立場をフル活用していますね(汗)

終盤では、全員交えてのハーレム展開になりますね。
当初の問題は何となく解決?し、それぞれ軽く揉めつつも、賑やかな展開が楽しめますね。

挿絵


挿絵は「弥弛」さんが手がけています。
PCゲームの原画などもされているみたいですね。
カバーコメントによると、10数年ぶりの挿絵だそうです(汗)

可愛らしく柔らかそうな肉感で、なおかつ繊細で描き込まれた絵柄が印象的ですね。
個人的には、制服の布の質感描写が好みでしたね。
こういうしっかりシワの表現とかしていると、リアリティが増して、その制服を着ている身体付きをより感じる事ができるので良かったです。

エデルは、角がなければもっと好みなんだけどなぁ…(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、転生云々を除けば、割とベタな板挟みな展開(途中から三つ巴)な内容でしたね。
なので、サクッと気軽に読みやすい仕上がりになっていると思いますね。

後は、ページ数の割には結構なボリューム感がありましたね。
実はこの作品、ページ当たりの文字サイズが結構小さめなんですよね(汗)
だからページ数自体は大して増えていない訳ですね。

美少女文庫の直後に見たら、一回りくらい小さく感じちゃいましたが…。
まぁ、無駄に増ページで価格上がるよりはマシかなぁ(汗)

本編の後には、ふたつの書き下ろし短編が収録されています。
まぁ、あくまでも短編なので、そこまでボリューム感はないですが、本編では描かれていないヒロインたちの姿もあったりと、ファンには嬉しい要素も。

Amazon版 電子書籍
魔王様、ヤラれる前に異世界転生! (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
魔王様、ヤラれる前に異世界転生!

楽天
魔王様、ヤラれる前に異世界転生! (二次元ドリーム文庫) [ 磯貝武連 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 百合エルフと呪われた姫 レビュー

百合エルフと呪われた姫 (二次元ドリーム文庫)
あらおし悠
キルタイムコミュニケーション (2018-03-28)

百合エルフと呪われた姫
2018年3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「レム」は、エルフの里に住んでいるハーフエルフの少女です。
しかし、エルフの半端者として居場所のない彼女は、いつしかその世界に興味を…。
人間の街へとやって来た彼女は、王女「アルフェレス」(以下アル)と出会う事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • レム
  • アル
がいます。

レムは、エルフの里に住む、ハーフエルフの少女です。
人間とエルフの間に生まれた境遇ゆえに、里では居場所がありません。
活発考えるよりも行動な性格の持ち主です。

アルは、王都の第一王女です。
勝気で負けず嫌いな性格ですが、素直な面もあります。
ある秘密が…。

ストーリー展開


展開的には、ハーフエルフのレムが里を抜け出し、王女であるアルと出会う流れですね。

エルフの里で居場所がなかったんですね、レムは。
それは彼女が人間とエルフの間に生まれたハーフエルフだったってのが大きな理由でもありました。
退屈な見張り役を10年ほどさせられ、里のエルフたちからの扱いも混血なせいか露骨であり、この生活に心底ウンザリしていたのでした。

そんな中、彼女は一大決心。
このエルフの里を抜け出し、人間の住む世界に踏み込んだのでした。

レムにとって、人間を実際に見た事はなく、里では人間は野蛮であり、エルフと知られればただでは済まないと聞かされていた存在。
実際、人間の街でエルフと正体がばれてしまった際には身の危険を感じ、恐怖を抱く事にも。

しかし、そんな中、レムはたまたまこの国の第一王女であるアルフェレス(アル)の姿を見る事に。
向こうもレムの姿を認識したのですが、レムは初めて見たアルの姿が印象に残ったのでした。

もう見る事はないであろう、王女の姿。
しかし、意外な場所でふたりは再会を果たす事に…。

行く当てもなく彷徨うレムが辿り着いたのは、何だか手入れのされていない寂れた豪邸。
そこに忍び込んだレムは、そこで王女であるはずのアルと出くわしたのでした。
何故、王女であるはずの彼女が、こんな寂れた場所にひとり…?

どうやら、彼女はこれまで何回も政略結婚をして来たものの、その結婚は即行破綻し、出戻りを繰り返していたのです。
そんな存在は、当然厄介者と疎まれる存在となり、王女という立場ながら、ひっそりと暮らす事になってしまっているんですね。

そんな境遇の話を聞いて、レムはハーフエルフという自分と似たような境遇をアルに感じる事に…。

更に、アルには一番の問題がありました。
それは、若い頃に謎の魔女にかけられた呪いの存在…。
何と、アルは夜になると猫の姿になってしまうという呪いをかけられてしまっていたのです(汗)

お互い、何か似た者の空気を感じたのか、いつしか親しくなっていくふたりは、アルにかけられた呪いを解くために旅を始める事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、自慰などがありますね。
まぁ、女性同士の物語なので、男性主人公相手にする様な行為はないのは当然ですな。

勿論、序盤からラブラブイチャイチャで、そういう関係になっていった訳ではありません。
最初は、お互いぶつかるってのはお約束ですからねぇ(汗)
でも、今作の彼女たちは、最初からそこまで悪くない感じの印象ではありましたけどね、前作とかに比べれば(汗)

序盤は、感情からって訳ではなくて、アクシデント的な所から勢いで関係を持っちゃって…みたいな所からスタートしているので、なし崩し的というか(汗)
そこにお互いの理解が深まっていく中で、自然とかけがえのない存在へと次第に変化していく事になりますね♪

元々、お互い、孤独を抱え、近しい存在がいなかった境遇の持ち主。
それを理解し、一緒に寄り添える存在だと受け入れてからは、一気に心の距離は縮まっていく事になりますね。
…身体の距離は、それまでに勢いで縮まっていましたからね、それに気持ちも追いついたと(汗)

なので、前半、後半で同じ行為ではありますが、そこに込められた感情などは全然別物になっているのも見所ですね。
まぁ、なし崩し的な行為に何だかんだ感じちゃうみたいなノリも嫌いじゃないですが(汗)

百合物では、見所のひとつである?破瓜シーンですが、今作ではまた少し普段とは違う描かれ方をしていたのは印象的でした。
今までよりもストーリー性重視な展開でしたので、性欲云々とは切り離した雰囲気の中での行為でしたね。
神聖さを感じるというか…。

挿絵


挿絵は「うなっち」さんが手がけています。

可愛らしい絵柄で、女性陣の行為描写でも変に生々しすぎず、ふたりを見る事ができますね。
柔らかい印象の絵柄は、エルフなどのファンタジーの世界観にも合っていますね。

ハーフエルフって事で、レムの姿はぱっと見普通の少女ですね。
特徴的な耳もそんなに目立たないサイズですし、あまりエルフ感はなく見れるかな?
ハーフエルフである彼女には大変申し訳ないですが、エルフっぽさを期待すると肩透かしかもしれませんね(汗)

個人的に好きなシーンは、レムが一時的にメイドの恰好をするんですが、その際にアルをからかっている表情ですね。
にやりとした表情が可愛らしくて好きですね、同時に顔を赤らめているアルの姿も描かれているのもポイントですな♪

途中から、アルの姿に変化が起こる事になり、猫じゃなくて、猫耳状態の姿になるんですね。
まぁ、アルが金髪のキャラクターのせいなのか、猫耳ってより、狐耳みたいに見えなくもないですが(汗)

挿絵数:13枚

総評


全体的には、このシリーズ?ならではの、安定した仕上がりでしたね。

何となくこのシリーズを見ると、何か男女の話よりも女性同士の方が展開がドラマチックですよね。
途中にあるふたりを阻む障害なども、中々シリアスで。
それだけの事態を彼女たちなりに乗り越えていく中で、お互いの想いに気づき、気持ちを通わせていくってのは、男女ともに同じなんでしょうけれども、より繊細で深い所での結び付きみたいなのは、同性ゆえに描けるものなのかなとも思いますね。

前作と比べるとファンタジーな世界観なせいか、割とふんわりまったりした印象なので、そこまで重さはないですので、読みやすいかと思いますね。
ファンタジーな世界観だからこそ、描ける内容だったかもしれませんね、そこら辺は。

今作は、色んな要素てんこ盛りでしたからねぇ、百合でエルフで他諸々で…(汗)


Amazon版 電子書籍
百合エルフと呪われた姫 (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
百合エルフと呪われた姫

楽天
百合エルフと呪われた姫 (二次元ドリーム文庫) [ あらおし悠 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる レビュー

義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)
Amati
キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)

2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。
今月、二次元ドリーム文庫、こればっかりですねぇ(汗)

主人公は、今時?の男子学生です。
そんな彼は、母親の再婚により、いきなりふたりの姉妹が家族になる事に。

主人公は、そんな姉妹から迫られてしまい、関係を持つ事になる流れですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 一条 恵」(いちじょう めぐみ)
  • 一条 夏海」(いちじょう なつみ)
  • 石川 茜」(いしかわ あかね)
がいます。

恵は、主人公の家族となった姉妹の姉です。
主人公のクラスメートでもあります。
基本的には、しっかり者の美少女なのですが…。

夏海も、主人公の家族となった姉妹の妹です。
恵(主人公)とはひとつ年下なのですが、小柄な体格ゆえ、それ以上に若く見られてしまう事も。
元気でテンション高めな小悪魔的な性格の持ち主です。

茜は、主人公の通う学園の生徒会長です。
主人公に好意を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、主人公に家族が増える事になり、家族となった姉妹から迫られてしまう流れですね。
…これだけ見たら、イチャラブ姉妹物な感じなんですけれどもねぇ(汗)

きっかけは、主人公の母親がいきなり再婚を発表した事からでした。
主人公は、それ以前から母親と数年交際している相手の男性とは顔馴染みとなっていたのですが、ある日、主人公が家に戻ると男性と見知らぬ女性…、少女がふたり。

あの美少女たちは、一体どこの誰と色めき立つ主人公でしたが、そこで発表されたのが母親のいきなりの再婚のお知らせ(汗)
そう、見知らぬふたりの美少女は、再婚相手の男性の娘だったのです。

こうして、いきなりふたりの美少女が主人公の身内、家族となったのです。
この年頃の少女たちだといきなり知らない男が家族になるって事に、少なからず戸惑いや、時には嫌悪感すら抱くかもしれないのですが、彼女たちは別でした。
最初から、主人公に対して好意的に接してきて、むしろ主人公の方が距離感に戸惑うくらいだったんですね。

更に、姉の恵は兄が欲しかったという事で主人公をにいさんと呼びたいと言い出す程。
主人公は彼女とは同い年ですが、実際には少しだけ恵の方が早い誕生日なので、正確には姉と弟の関係になるんですけどね(汗)

こんな感じで、ふたりの妹(自称妹も含む)が出来た主人公。
何だか落ち着かない中、少しは兄らしく接しようとする主人公でしたが、次第に妹たちの本性を知る事に…。


妹たちは、主人公の事を実は以前から知っており、異性として好きなんですね。
その想いは今も消えておらず、ある日、迫って来る事に…。
しかし、主人公は実は生徒会長の茜と交際?関係にあり、姉妹も絡んでおかしな関係性に発展していく流れですね。

ってか、茜の存在は意外でした。
表紙絵を見ても、義妹のふたりだけだったので、姉妹物かと思ってたんですよね。
正直、読んだ感じ、茜には悪いけれども、いなくて姉妹だけでも成立しそうな話だと思ったんですけどねぇ(汗)


後は、開始早々に、主人公のキャラが好かなかったのが痛かったです(汗)
まだ高校生なのに、普通に家の中だけとは言え、飲酒をしている言動などはどうなのかな、と。
別に必ずしも主人公が良い子ちゃんな優等生である必要性は全くないですが、こんな不要なキャラ付けいらないと思いますけどねぇ。

凄い不良って訳でもないんですが、その他の言動を見るに、ナチュラルにクズの素質を持っているんじゃないかな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰、フェラ、パイズリなどがありますね。
その他では、バイブ、ローター、電マなどの小道具を使用する展開もありますね。

今作の見所は、登場人物全員、主人公含めて難アリなキャラクターだったという事かな(汗)

主人公と生徒会長の茜が付き合っているのは上記でも書いた通りなのですが、この関係性も何とも…。
当時、茜から告白された主人公は、面倒だと告白を断る際に、ド変態としか付き合えないって断ったんですね(汗)
そのせいで、恋人になるために自ら茜はド変態になる事を望んできたゆえに、変態チックなプレイをする関係が始まってしまったというから、罪作りな男ですねぇ。

まぁ、実際、行為では普通に変態的というか、ドS全開な行為を淡々と茜にさせている辺り、あながち本当の話だったかもしれませんが(汗)

そして、例の姉妹もまた、主人公を好きなのは本当なのですが、よくよく話を聞くと話す内容がネジの外れたぶっ飛んだ話ばかり(汗)
頭のおかしい主人公に惚れた姉妹もまた、頭がおかしかったのです(汗)
まぁ、好きって感情が強すぎるんでしょうけれども、普通にしていれば皆、美少女なのにねぇ(汗)

そのため、普段のやり取りと同様に行為中の描写、やり取りも、同じ様なノリが続きますね。
主人公は、相変わらずに変に冷めているというか…、テンションの起伏があんまりないんですよね(汗)
なので、どこか淡々と行為に応じている感じがあるのが、個人的には好みではなかったですね。

でも、他の投稿サイトの書籍化作品でも似た様な感じの作品もありましたし、こういうナチュラルクズ主人公って流行りなのかな。

ローター+電マで数十分絶頂させまくる展開とかあるんですが、ヒロインがもう人の言葉を発していないですね。
そりゃ、ずっと強烈な刺激を与えられ続けているので、普通ではいられないってのは分かるんですが、全くそそらない(汗)
主人公も淡々とそんな真似できちゃう辺りがね(汗)

まぁ、主人公だけおかしい訳ではなく、ヒロインたちも負けじとどこかおかしいキャラではありますけどね(汗)
主人公も若干引いている時あるし(汗)
でも、何だかんだそれに対応してドSな行動に出れる辺りは、やはり素質十分なのかも…。

個人的には、ヒロインがおかしいってのは、別に良いんですよ。
この程度の残念ヒロインなんて珍しくもないですしねぇ。
でも、こういう主人公は好みじゃないんですよね、感情移入して見れなくなるんで(汗)

所々では、ヒロインたちの視点での心情描写なども一部描かれていましたね。
やはり、彼女たちの視点で描かれていると、主人公側からでは一見意味不明な考えも、一応彼女たちなりの理由、考えがあっての事と分かりますね。
…思いの根底は、純粋なはずなんだけど、何でこうなったんだろう(汗)

終盤では、姉妹一緒になっての行為なども描かれていますね。
姉妹で肉棒を咥え込んだり、玉を含んだりと一緒になって、主人公の股間にむしゃぶりついている姿は姉妹の息ピッタリですね♪
残念?なのは、ここで茜が参戦しなかった事ですね。


本編以外では、お約束の番外編があり、そこでは各ヒロインとのHばかりが描かれています。
まぁ、そこまでボリュームはないんで、詳細は避けますが、挿絵の効果も相まって恵が随分キテます(汗)
そのせいか、印象度は本編以上な気がしました(汗)

意外と本編では、それなりに行為をしているはずなのに、個人的にはあまり印象がなかったんですよねぇ。
ヒロイン3人分なので、行為が分散したりとか、バイブとか小道具を使っている場面も多々あったせいかな?

挿絵


挿絵は「日茶のむ」さんが手がけています。

可愛らしく透明感のある絵柄が印象的ですね。
…だからこそ、作中のヒロインたちの残念感も際立ちますが(汗)

可愛らしく綺麗で繊細な絵柄なので、ある意味では作中の文章を浄化しているかの様な効果も(汗)
行為描写も可愛らしい絵柄で、変に濃くなく生々しさもないため、安心して見られるクオリティーですね♪

印象的だったのは、夏海ですね。
作中でも触れられていますが、姉の恵との身長差が凄い事になっていますね(汗)
とても1歳違いとは思えない身長差なので、妹感はかなり感じますねぇ。

番外編にも挿絵がありましたね。
同時発売の作品の方では、挿絵がありませんでしたが、今作にはありましたね。
上記でも書きましたが、恵の様子が…(汗)

挿絵数:13枚+番外編+1枚

総評


全体的には、調教色もあり、レーベルのカラーとしては二次元ドリーム文庫ではなく、えすかれ美少女文庫寄りな内容に感じましたね。

何も前情報が無いと純粋な妹物に思うかもしれませんので、そこは注意ですかね。
まぁ、基本は姉妹がメインなので、恋人の茜の存在はちょっと薄かったかな?
最初から恋人ポジションの娘って、基本他のヒロインにお株を奪われてしまって、不遇な扱いされるものですからねぇ(汗)

本編とは別で、最後に番外編で全員との絡みがありましたが、あくまでもオマケ程度のボリュームですね。
まぁ、番外編って事でストーリー展開を考えずにHに持ち込める分、ある意味では本編よりも行為の印象は強かった気も(汗)

ちょっとクセのある作品だと思いますが、これがハマれば中々楽しめるのではないでしょうか。
個人的には、ちょっと合わなかったですが(汗)

Amazon版 電子書籍
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる

楽天
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫) [ Amati ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! レビュー

種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫)
犬吠ろめゐ
キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)

2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。
増えましたね、人気なネット作品を書籍化する流れ。
実は、今作と同時発売のもう1冊も同じくノクターンノベルズの書籍化作品だそうで、実質今月、二次元ドリーム文庫はない事に(汗)

主人公は、26歳の医療機器商社の営業マンです。
そんな彼は、会社に戻る道中で見かけた覚えのない鳥居、その先にある祠に興味本位に立ち寄ってみる事に。
しかし、気づけば帰り道が分からなくなり、途方に暮れる中、古びた旅館に辿り着いたのでした。

そこには、美人、美少女な三姉妹が働いており、そこで熱烈なもてなしを受ける事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 葛葉」(くずは)
  • 燐火」(りんか)
  • 月夜」(つくよ)
がいます。

葛葉は、三姉妹の長女であり、旅館の女将でもあります。
優しく癒し系な性格の持ち主です。
おっとりした物腰ですが、怒ると怖いです。

燐火は、三姉妹の次女です。
可愛らしい容姿ですが、かなり気が強いツンデレ系な性格の持ち主です。
それゆえに旅館を訪れた主人公にもツンツンした態度を取ります。

月夜は、三姉妹の三女です。
人見知りな所があり、オドオドとした言動をする所があります。
一方で、打ち解けると主人公をお兄様と呼び、かなり甘えてくる、甘えっこな面も。

ストーリー展開


展開的には、主人公が興味本位で立ち寄った先で迷い込んだ旅館で三姉妹から熱烈なもてなしを受ける流れですね。

そもそも、主人公が営業マンって設定が珍しいですねぇ。
大抵学生主人公で、あまりこういう主人公像はいないですし、ちょっと新鮮。

そんな主人公は、営業の仕事の帰りに見かけた覚えのない、鳥居があるのに気づく事に。
興味本位で何となく立ち寄る事にした主人公は、そのまま奥へ向かい、その先にある祠にまでたどり着き、帰ろうと思うのですが、何故か帰り道が無くなっていたのです(汗)
どうして、そんな事になっているのか分からないまま、どうにかしようと帰り道を探す中で道に迷ってしまった主人公は、最終的にこんな場所には似つかわしくない旅館に辿り着く事に。

そこで主人公を迎えたのは、いずれも美しい美人(美少女)な三姉妹でした。
日も暮れ始め、このまま引き返すのは危険と、そのまま旅館に泊まる事になるのですが、そこで主人公は三姉妹から熱烈なもてなしを受ける事となる流れですね。
熱烈なもてなし…、Hなもてなしも含まれている訳ですねぇ。

この三姉妹、実は人間ではなく、狐であり、皆、女性ばかりで自分たちだけでは子は出来ないんですね。
なので、昔から人間の男性をさらって、子種をもらい、子作りをしてきた歴史があるとの事で、その相手に主人公は選ばれたという訳ですね。
狐娘な美女、美少女相手に中出し三昧をできる状況に主人公も何だかんだ乗り気で、宿に滞在して、Hしまくる流れですね。

読んで思ったのは、意外と主人公のノリ?が若めだったかな。
この手の作品では珍しい主人公設定だったので、もっと学生じゃない感があるかと思えば、大差なかった(汗)
正直、学生主人公でも別に問題ないレベルかなとは思いましたが、多少言葉に説得力を持たせるために年齢を上げた感じかな?

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラなどがありますね。

結構、主人公は経験豊富なのか、少なくても童貞ではない様で随分こなれた印象。
そのせいか、結構ガツガツとしたスケベな肉食系な感じでしたねぇ。
序盤に浴場でいやらしく身体を洗ってもらって、股間がギンギンになってしまって、たまらず肉棒をいきなり握らせるとかね(汗)

まぁ、向こう側は大歓迎なだけに嫌われる事はないんですが(汗)

三姉妹では、三女の月夜の出番がかなり多かったのが印象的でしたね。
彼女も、他の姉妹同様に関係を持とうとしてくるのですが、実年齢は立派な年齢ですが、身体はまだ主人公を受け入れるにはちょっと不安なくらいなんですね。
なので、主人公は時間をかけて何度も少しづつ愛撫で彼女の身体を開発していき、受け入れられる様に仕上げていく事になる訳ですね。
そのため、他の女性陣よりもかなり本番行為に至るまでの過程はじっくり描かれていますね。

…次女の燐火の初体験の雑さが際立ちますな(汗)
彼女はツンツン系なツンデレ娘なので、素直になれないで言動がアレだったので、主人公も結構最初から乱暴って訳ではないですが…。
同じ未経験な月夜比べると遥かに扱いは手厳しいものがありましたね(汗)

まぁ、終盤にかけては燐火がメインっぽい扱いになっているので、序盤の扱いは帳消しでしょうか。
ツンデレらしく、終盤では主人公に甘えてデレる様を楽しむ事ができますね。

一方で、長女の葛葉が一番存在感なかったのは意外でした。
序盤も序盤に主人公との初行為に至っていたので、かなり出番があるかと思いきや…。
その後は、妹たちの影になってしまい、行為こそその後もあるのですが、他のふたりに比べるとそんなに深く関わってこなかった印象が残りましたね。
妹思いな彼女なので、自分を抑えた結果でしょうか(汗)

ラストでは、三姉妹一緒になってのハーレム展開が描かれています。
ですが、これは番外編という扱いのパートなので、今作の特典的な要素の中での展開ですね。
本編は、燐火のパートでフワッと終わっているので、3人一緒の展開はなかったです(汗)

一応、本編内では、葛葉、月夜のふたり一緒になっての行為はありましたけどね。
すっかりHに目覚めた月夜のアシストを含めて、葛葉がじっくり愛撫で責められてメロメロになってしまうのが印象的でしたね。

挿絵


挿絵は「みあ」さんが手がけています。

可愛らしく、柔らかいキャラクターが印象的な絵柄ですね。
それぞれ個性的な狐娘ら三姉妹を魅力的に描いていますね♪

姉妹の内、葛葉、月夜が控えめで可愛らしいキャラクターなだけに、燐火のツンデレ具合が良いアクセントになっていますね。
お互いの存在が、互いを引き立てて、魅力を更に強く強調しているので、良いバランスですねぇ。

主人公の顔も描かれている挿絵もありますね。
個人的には顔を出さない方が好きですので、無くても良かったですが、これは好みですね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、もっとH寄りかと思いきや、意外とストーリー性もある内容でしたね。

話の内容としては中々ページも多く、読み応えがありましたね。
どうしても、ネット作品はある意味制限がないから詰め込み続けられるという利点がある分、このボリュームなのでしょうが、同時に文字サイズが小さい事に…。
無理にページに詰め込んだ結果でしょうねぇ(汗)

その割には、途中で話が終わり、ラストまで描かれていないままでフワッと終わったりと、相変わらずすっきりしない書籍化になっているのは残念。
何で毎回半端にした状態で販売するのか、疑問ですね、最初から続編を考えての事なのかもしれませんが…。

なのに、毎回お約束で付いてくる番外編の存在は必ずいれないといけないんですかね(汗)
まぁ、書籍化の特典って事なんでしょうけれども、しょせんは番外編、そこまでのボリュームでもないですし、むしろ最後まで本編を入れるべきだと思うんですけどねぇ。

1冊で入りきらない文量ならば、そもそも書籍化が向いていないだろうし、どういう基準で選んでいるんですかね(汗)
あとがきでも続きに言及していないので、続編は出ないという事かな?
美少女文庫よりも二次元ドリーム文庫は続編出している事も多いので、無くはないですが、印象は良くないですね。

ちなみに、同作品がオシリス文庫というレーベルで1~3巻発売中みたいですね(汗)
元々は、ノクターンノベルズ⇒オシリス文庫で発売された作品が、二次元ドリーム文庫でも出たって事ですか?
もう何でもありですねぇ(汗)

オシリス文庫の1巻、2巻の表紙絵が、今作の口絵でまんま再利用されていますね。
オシリス文庫の説明を見るに、この二次元版は1巻と2巻の内容がまとまった物っぽい?
3巻で完結しているらしいのですが、3巻の内容をあらすじで見ると、その部分は二次元ドリーム文庫版で描かれていないので、多分そうなのかなと。

内容は、普通に楽しめる仕上がりなのに、売り方が残念なのが勿体ないなと思ってしまいました(汗)

Amazon版 電子書籍
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!

楽天
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫) [ 犬吠ろめゐ ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ レビュー

魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション (2018-01-31)

2018年1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、エロライトノベルの読書が趣味の男子学生です。
そんな彼は、ある日、魔王として異世界に召喚されてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エターナル
  • レーバテイン
  • マリィ
  • アレキサンドライト
がいます。

エターナルは、女勇者です。
誇り高き性格の持ち主です。
主人公を討伐すべき悪として認識しています。

レーバテインは、伝説の女魔王です。
炎の女帝の二つ名を持っており、豪快な性格の女傑です。

マリィは、魔女です。
主人公を異世界へと召喚した張本人でもあります。
ちょっとズレた残念な思考の持ち主です。

アレキサンドライトは、神出鬼没な謎の少女です。
容姿は少女ながらも、その年齢は200を超えており、世界の調停者と自称しています。
ボクっ娘でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に魔王として召喚されてしまう流れですね。
最近は、レーベル問わず転生ばかりしている気がするなぁ(汗)

主人公は、ごく普通の男子学生な訳ですが、それがまさかの異世界に飛ばされてしまった訳です(汗)

そこで、主人公は自身を召還したマリィから魔王として、この世界に召還された存在であると知らされる事に…。
しかし、魔王と言っても、先ほどまで普通の男子な人生だった訳で、魔王らしい所は皆無。
とても剣と魔法の世界で戦う術など持ち合わせておりません(汗)

この手の話では、異世界だと何かしらの能力を有するものと相場が決まっている訳ですが、主人公は何と女性とHすると強くなるらしいのです(汗)
半信半疑の主人公を無視して、乗り気なマリィと思わぬ形で初体験を経験する主人公は、本当にその行為により、魔王としての力を得る事に成功。

こうして、主人公はマリィを始めとした女性陣と次々にHしていき、魔王の力を高めていく事となる流れですね。

ちょっと気になったのは、二次元ドリーム文庫って度々出て来る事かな(汗)
タイトルでもある様にエロラノベで得た知識~って事で、それを引き合いに出して来るのは分かるんですけどねぇ。
まぁ、ある程度Hに慣れてくれば、もう引き合いにあまり出て来なくなるので、それまでの辛抱でしょうか(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他にも名前の無い様なキャラたちとの行為も一部ありましたね。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
マニアックな要素では、ウナギ責め?もありますね(汗)

主人公は女性とHする事でその力を高める事ができるのは、前述した通り。
なので、マリィを始めとして、他の女性陣にも手を出していく訳ですね。

そして、基本的にどのヒロインも主人公と行為ですぐ堕ちます(汗)
エターナルみたいに、例外もいますが、大体は早いですね、拍子抜けするくらいに。
まぁ、それは魔王としてのスキルも影響しており、ドンドン女性と経験する事で成長し、結果、それが女性たちの身体の感度や近くにいるだけで発情を刺激するなどの影響を与える様にもなるんですね。
Hするのが強くなるための方法な訳ですから、周りをドンドン発情させるってのは、成長のために理にかなった能力ではありますけどね。

結果として、攻略を容易にする一方で、攻略に味気なさも感じる結果に繋がっているのかな(汗)
まぁ、メインだけで4人で、その他大勢なヒロインたちも含めると、これくらいじゃないとこなせないのかな。


上記にもありますが、メインキャラ達の他にもその他大勢の女性たちとも関係を持っていきますね。
まぁ、その他大勢って書くのも失礼ではありますが、名前も出て来ない様な扱いなので(汗)
種族も多岐にわたり、ダークエルフを始め、サキュバス、女錬金術師、ドワーフ、獣人、雪女、人魚、女吸血鬼などなど…。

まぁ、数行とかで行為まで至っているだけに、内容はお察しのレベルですね(汗)
肉棒を突き立てられて、すぐさま歓喜の声をあげ、絶頂してメロメロっていう反応の連続を見せつけられます。
ただ単に次々と女性陣と関係を持って、主人公の力が成長しているだけのためのパートですね。

正直、これらのサブキャラに使うページをメインのヒロインたちの方に回して欲しかったかなぁ…。
名前もなく、剣士だの職業や種族名だけで称される様な女性陣といくらHしても、読んでいて何も感じる物がないんで(汗)
メイン所だけでも4人いる訳ですし、これでも成長要素含めて人数は十分だと思うんですけどね。

上記にあるウナギ責めですが、多くのウナギがヒロインの身体を責め立てる展開ですね(汗)
ウナギですから、あんな所にまで入り込んでいく訳ですね♪
挿絵を見ると、若干触手責めにも見えなくもないかな、でも触手とはまた一味違った嫌悪感があるなぁ(汗)

エターナルは、結構序盤から出て来る割には本格的に行為になるのは結構遅めでしたね。
てっきりメイン格のヒロインだと思ってたので、ちょっとイメージと違う役回りの存在になってしまい、あまり印象に残らなくなってしまったのが残念でした(汗)
最後の堕ち方も凄いアッサリとした幕引きに終わってしまって、裏があるのではと思う程でした(汗)

むしろ、最初から出ていたマリィの方がヒロインとしては一番印象に残る結果に(汗)
元々、こういう少し?抜けたキャラは嫌いではないですし、年上だけれども主人公にだけは甲斐甲斐しく尽くす感じが何とも微笑ましかったですね。
まぁ、服装のセンスはアレですが(汗)

アレキサンドライトとも行為になるんですが、こちらも更に遅かったですねぇ、ほぼラスト(汗)
こういう感じのキャラは、大体こんな感じになる予想通りな展開になる彼女でしたが、出番が遅すぎて印象が…。
ボクっ娘だったり、容姿が若すぎるなど、人を選ぶキャラだったかな、ハマる人はハマるんでしょうけどもね(汗)

挿絵


挿絵は「A.S.ヘルメス」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズやあとみっく文庫とかの挿絵もされていますね。
…あとみっく文庫ってもう終わったんですかねぇ、何年も動き無いけども(汗)

それはさて置いて、繊細で淡い色調(トーン)で描き込まれた絵柄は独特の雰囲気を感じさせますね。

…しかし、最初見た時は淡っ!?って思ってしまったくらいに淡い色味でしたね(汗)
どう表現すればいいのかなぁ…、鉛筆で濃淡で人物を描いた感じって言えば、何となくイメージできますかね(汗)

そんな感じで描かれているので、他ではあまり見ない独特な雰囲気なんですよね、全体的に靄がかかっているというか。
それゆえに、激しいH行為をしていてもどこかそう感じさせない所がありますねぇ。
ウナギを使う特殊なプレイもあるんですが、ぱっと見触手にしか見えない(汗)

ねっとりとした艶っぽい表情がたまらない一方で、ちょっとクセがある表情かなって思う面も。
ここら辺は好みですかねぇ、ちょっと個人的には挿絵のページによっては微妙に感じますが(汗)
特に主人公の顔はいらなかったかな、この人の男性の絵はあんまり自分の好みじゃないんで(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、いかにも異世界転生らしい話だったかな?(汗)

ハーレムシリーズをずっと描いてこられた方なので、こういう転生物でファンタジー世界。
どうなるかと思ってたのですが、予想よりも全体的にサラッと軽くライトな読みやすさを重視した感じに仕上がっていた印象ですね。
まぁ、これだけの人数+サブも出ている分、展開や行為もかなりテンポが良くないと話が回らないというのもあるのかもしれませんね。

これといった話の展開はなく、気軽に女性陣とのHを楽しめる作品になっているので、構えずに読みやすいと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ

楽天
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫) [ 竹内けん ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 新米兵士から金髪ドS女上官の玩具にランクアップ レビュー


12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の青年です。
そんな彼は、最近軍隊に入隊したばかりの新米兵士です。
そんな彼が上官の「ナターシャ」に目を付けられてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ナターシャ・シロフスカヤ
がいます。

ナターシャは、皇国軍の遊撃魔法中隊の隊長です。
圧倒的な美貌と戦闘能力を持っています。
更に性格がドSであり、周囲からは恐れられています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が軍隊に入り、上官から玩具にされる流れですね。

そもそも、これまでごく普通の青年だった主人公が軍隊に入ったのか。
それは何とも短絡的な理由がありました。

現在、この国では人間ではない、機械の獣「ロスト」とかいう存在に襲撃されている状況なんですね。
まぁ、そのロストを使って国を襲っているのは、過激派の人間の仕業ですけどね。
ともあれ、そんな敵との戦いが膠着状態になりつつある中で、主人公は入隊をする事に。

その理由は、入隊し、軍隊経験者は様々な恩恵があるとの煽り文句に釣られたため(汗)

今後の就職に有利だとか、年金がもらえるとか、女の子にモテモテとか…。

全部が主人公には上手い話ではありましたが、中でもモテモテって所に食いついたみたいですね(汗)
これまでは、良い人止まりで恋愛に発展しなかった人生なだけに、これでモテると喜び勇んで飛びついた入隊だった訳ですが、上手い話には裏がある訳で…。
楽勝な任務かと思えば、とてもそうとは言えない状況に放り込まれてしまい、いきなり生命の危機に…。

そんな中で、主人公は皇国軍の遊撃魔法中隊の隊長であるナターシャに助けられる事に。
まぁ、小柄で年下の少女だと、上官と思わずに気安くタメ口で話しかけて危うく殺されかけましたが(汗)

その後、主人公は辞令で、先ほどのナターシャの部隊に転属する事に。
こうして、主人公はナターシャから手荒い指導を受ける事になる訳ですが、意外と頑張る主人公に目を付けたナターシャからHな指導を受ける事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ナターシャとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ(オナホール)やフェラ、自慰、パイズリなどがあります。

主人公は、ナターシャからHな行為をされる訳ですが、それが一応建前上、拷問に耐える訓練って事に(汗)
目隠しされて、オナホールコキされて耐えれって、中々酷な訓練ですね(汗)
ナターシャに言葉責めされながら、扱かれ続けられる甘美な責め苦に悶絶しつつ、どこかで興奮を隠せない主人公をよそに、ナターシャ自身もこれまで感じた事のない興奮を感じる様に…。

彼女も実は、男性経験はないために、少しづつ主人公を意識している節が垣間見えて来ますね。
まぁ、あくまでもナターシャ的には上官である事などを理由に、常に主導権を取ってくる流れになる辺りが彼女らしいですが(汗)
主人公も主人公で、腹立つ一方でこういうのもアリではないかというM心を自覚していく事になるので、ある意味お似合いなのかな(汗)

とは言え、行為の中で時折見え隠れする、快感に対して初々しい反応だったりは、彼女の素が垣間見える貴重なシーンですね。

基本、ナターシャ主導の展開なんですが、一部では主人公が主導権を取る展開も。
まぁ、そう彼女に仕組まれた流れではありますが、普段以上に欲情した主人公がナターシャの股間にむしゃぶりつき、激しく愛撫すると、さすがの彼女も絶頂♪
主人公に命じて、激しく肉棒を突き立てられると、普段の自分からの行為とは違う感覚、快感を感じる様は見所ですね。

こういった関係だけではなく、任務内でも少しづつ主人公が成長をしていく過程を経て、ナターシャの主人公に対する認識にも変化が…。
頼りない部下から、少しづつ確実に認識を改め、認めていく中で好意を抱く様になるのがニヤニヤものですねぇ♪
まぁ、こういう性格で上官って事もありますから、素直じゃない態度な訳ですね(汗)

終盤では、そんな上官と部下ってだけの関係ではないふたりの行為を見る事ができますね。
まぁ、相変わらずな言動もあるんですが、その中に含まれた主人公への想いが感じられる様になっており、ナターシャの気持ちが伝わりますね。

挿絵


挿絵は「もり苔」さんが手がけています。
初めて小説の挿絵を手掛けたそうですが、そうとは思えないクオリティですね。
まぁ、元々同人活動などもされている方らしいので、挿絵が初なだけで腕前はご覧のクオリティってだけですな。

可愛らしくも凛々しさもあるナターシャを魅力的に描いていますね。
軍人キャラなだけに、そこの塩梅が絶妙ですねぇ♪

小悪魔的な笑みを浮かべた表情も彼女らしさですが、時折垣間見える素っぽい表情もまた魅力的ですね。
顔を赤らめた彼女の表情は、年相応な少女っぽさが感じられて、可愛らしいです。

普段が普段な言動なだけに、こういう表情されるとギャップがあって、余計にグッときますねぇ♪

終盤、妊娠するんですが、お腹が大きくなるほどではない時期なのが、ちょっと残念かな(汗)
…うーん、ドS上官の軍服妊娠姿ってマニアック過ぎるか(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、結構分かりやすいツンデレ系な上官との甘い展開が楽しめる作品でしたねぇ。
まぁ、その「甘さ」ってのが若干一般的なものとは違う様な気はしますが(汗)
そこら辺は、軍人ゆえって事で、彼女たちならではの愛情表現って事なんでしょうね。

結構、序盤から厳しい言動を受ける訳ですが、ナターシャのキャラも愛らしさが最初から含まれているので、変に嫌悪感とか抱く様な事にはなりませんから、読みやすい仕上がりですね。
作品によっては、ただただ不快なケースもありますが、今作ではそういう事もなく、Mっ気のない人でも別に問題なく楽しんでついていける塩梅加減になっているので、主人公みたいなドM気質じゃない人でも大丈夫ですよ(汗)

…ドMの人には多分手ぬるいとか思うんじゃないかな、むしろ(汗)


Amazon版 電子書籍
新米兵士から金髪ドS女上官の玩具にランクアップ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
新米兵士から金髪ドS女上官の玩具にランクアップ

楽天
新米兵士から金髪ドS女上官の玩具にランクアップ (二次元ドリーム文庫) [ 新居佑 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 孤独なビッチ 異世界風俗のモン娘とエルフと魔王和え レビュー

孤独なビッチ 異世界風俗のモン娘とエルフと魔王和え (二次元ドリーム文庫)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション (2017-12-22)

12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「シェリア」は、凄腕の女傭兵です。
そんな彼女の楽しみは、戦いで高ぶった身体を夜のお店ですっきりさせる事。
この日、彼女は興味を持ったモンスター娘の店に入り、新しい経験をする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • シェリア=イーノ=ゴーロック
がいます。

シェリアは、凄腕の女傭兵です。
昼間は、戦闘服を纏った女傭兵の顔で、夜は派手な格好で遊び歩く淫乱な面があります。

ストーリー展開


展開的には、女傭兵である主人公、シェリアが夜のお店を満喫する流れですね。

二次元ドリーム文庫では、最近珍しい主人公が女性ヒロインですね。
主人公がいやらしい目に遭う二次元ドリームノベルズでは、当たり前なんですけれども、文庫の方では珍しいですな。

シェリアは、昼は傭兵として命がけの生活、戦いをしている訳ですね。
それゆえに、その後はどうしても身体が興奮し、高ぶってしまい、肌を交えたくなってしまうんですね。
元々、傭兵として生きている彼女は、そういった欲求に素直に生きているため、この日も女性もOKな夜のお店を探していたのです。

しかし、基本的に夜の店というのは、男性客をターゲットにしたものが多く、意外と彼女の様な女性客もOKな店は少ないのが現実でした。

そんな中、ようやくシェリアは女性もOKな店を探し出す事に。
そこは、どうやら魔物…、モンスター娘を扱った店だったのです。

彼女にとっても、こういう相手は初体験。
ドキドキしつつ、入店し、ラミア娘とのプレイを体験する事に…。
その後も、シェリアは様々な相手と関係を持っていく事になる流れですね。


なので、正直これって言うストーリーの目的はないんですよね、傭兵ですし。
その場その場で欲望の赴くままに、その都度好みの相手を選んで行為に至るってのを繰り返していく流れなので、特に何かがある話ではないですね。

そんな女傭兵シェリアの性生活を描いた作品って感じでしょうか。
…うーん、これってドキュメンタリー?(汗)

Hシーン


Hシーンは、シェリアの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、自慰、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり、特徴としてはタイトルの様に人間以外の相手とも多く関係を持つ展開が印象的でしたね。
人間ではありえない様な身体的特徴をそれぞれ持つ、モンスターたちですから、それを活かしたプレイの数々は通常の経験人数の多いシェリアにとっても未知で新鮮な行為な訳ですね。

例えば、ラミア娘だったら、尻尾で身体を締め付けられたり、人間ではありえない舌の長さを活かした舌技で、シェリアを翻弄する訳ですね。
そりゃ、シェリアの食道辺りまで届く長い舌で口内、喉内?を弄られるのは未知の経験ですもんねぇ(汗)
…私がそんなのされたら、オエッて、えずいちゃうな(汗)

勿論、モンスターばかりだけではなくて、普通の人間などの相手もありますので、ご安心を。
まぁ、比率としては人外の方が多いけれども…(汗)

中には、人間のまだあどけない少年相手もありますね。
普通の人間相手ならば、経験豊富なシェリアなだけにまだあどけない経験のない男子相手では満たされないと思いきや…。
傭兵などやっているだけに肉食系な彼女ですから、何も女を知らない初心な男子相手にするのは、ある意味ゾクゾク興奮するシチュエーションみたいですね(汗)

射精も経験ないらしい男子相手に、ねっとりじっくり言葉を絡めていく様は見所ですね。

彼女自身は、どちらかと言えばガツガツと責められる方が好きらしいですけどね。
その一方で、別のダークエルフとでは、男子相手よりもさらに強制的に搾り取っていく展開も(汗)

女騎士とかでお馴染みな?オークに負けちゃって襲われちゃう展開なプレイもありましたね。
傭兵であるシェリアにとっては、ある意味リアルな展開ではないでしょうかね、彼女も上記にある様に結構責められるのも嫌いではないだけに、オークの巨根に生唾ごっくんな反応を見せてくれますね♪
リアルだったら、そのまま命の危機なシチュエーションなだけに、店で体験できるのも新鮮ですな。

しかし、それはあくまでもプレイ。
ある程度満足した彼女ですが、本気を味わいたいと思う気持ちで、更にヤバいお店で本物のローパーを相手に選んだり(汗)
こいつは、イソギンチャク的な触手一杯なモンスターで、シェリアを体内の中に丸飲みして、彼女の穴と言う穴を多くの触手で蹂躙する事に。
ドリームノベルズでは割と?定番な触手で口内から尻穴まで貫通される展開を二次元ドリーム文庫で見る事になるとは思いませんでした(汗)

知性の無いモンスターによる本気の行為の前に、死を感じる様な状況下でもシェリアは、恐怖だけではない興奮を感じたり…。
まぁ、モンスターから分泌される媚薬成分の影響もあるのかもしれませんけども、異常な状況下ではそうなっても仕方ない所もありますしね(汗)
しかし、本能のままにだけひたすら身体を貪ってくるタイプのモンスターは、やはりこの手の作品では強いですよねぇ、スライムとか(汗)

終盤では、シェリアがふたなり化して、逆に女性を責め立てる展開も。
責めるのも好きな彼女なだけに、肉棒を使って相手を責めるのは、シェリアの見た目も相まってハマりますねぇ。
でも、個人的に好きな初めての肉棒の快感に悶える感じのノリではなく、ガンガン肉棒で突きまくって相手を責め立てる感じなので、今作のふたなり展開に関しては、好みではなかったかな(汗)

挿絵


挿絵は「218」(にーや)さんが手がけています。

シェリアは、女傭兵でいかにもな眼帯をしているのが特徴的ですね。
一応、これも作中で眼帯の意味が明かされますけどね。
眼帯をしているのが、人によっては評価が分かれるかもしれませんね。

シーンによっては可愛らしさを強く感じるかと思えば、別のシーンでは色気を強く感じたりと、状況によって雰囲気が異なる姿が印象的でしたね。
責められている方の表情のが彼女も満更ではないだけに、そっち系のプレイの方がイキイキしてたかな?

丸飲み、触手責めな場面の挿絵は、あそこだけ見たら二次元ドリームノベルズかなって絵でしたね(汗)
あれだけ絵(世界)が生々しい(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、色々マニアックな要素を含んだ作品でしたね。
なので、人によってかなり評価が分かれる作品だと思いますね、良くも悪くも。

特に今作の主人公が女性って事とH好きって所は、大きい要素でしょうね。
まぁ、この主人公が自分からグイグイいかないとHにならないしねぇ…。
無理やりだったら、それこそ二次元ドリームノベルズでいいやって、なっちゃうし、どうしてもこういう形になるのは仕方ない所でしょうか。

個人的には、モンスター「娘」との行為が多いのかなって思ってたんですが、そうでもなかったですね(汗)
ほんの一部くらいだったので、ちょっとイメージとは違っていたかなぁ。

後は、上記にもありますが、章ごとに相手役を変えて、行為に至って気持ちよくなるって内容なので、展開がワンパターンではありますね。
メインとなる核のストーリーがないので、どうしても短編を集めた感じという印象もあって、連続した内容に見えないのが残念かな。
全編を通して明確な目的があれば、また印象も変わったろうに、惜しい作品かなと(汗)

…しかし、傭兵なんだけれども、基本Hシーン関係の描写が主だから、ただのH好きなお姉さんにしか見えませんな(汗)

Amazon版 電子書籍
孤独なビッチ 異世界風俗のモン娘とエルフと魔王和え (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
孤独なビッチ 異世界風俗のモン娘とエルフと魔王和え

楽天
孤独なビッチ 異世界風俗のモン娘とエルフと魔王和え (二次元ドリーム文庫) [ 上田ながの ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 家康、恋の陣! 椿姫と築山殿と女城主とおこちゃ レビュー

家康、恋の陣!  椿姫と築山殿と女城主とおこちゃ (二次元ドリーム文庫)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション (2017-10-24)

家康、恋の陣! 椿姫と築山殿と女城主とおこちゃ (二次元ドリーム文庫)
10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 瀬名」(せな)
  • 田鶴」(たづ)
  • 井伊 直虎」(いい なおとら)
  • おこちゃ
がいます。

瀬名は、家康の正妻です。
気位が高く、ツンデレな性格の持ち主であり、おしゃれ好きなお姫様です。

田鶴は、家康の初恋の女性で、通称「椿姫」。
女性ですが武芸の才能に恵まれた男勝りな性格の持ち主の女武者でもあります。

直虎は、瀬名の従姪であり、女城主でもあります。
凛々しい真面目な男装の麗人です。

おこちゃは、家康の従妹で、後の側室となる存在です。
神社の娘でもあり、巫女さんをしています。

実は、キャラ紹介ページには上記の4人のヒロインが掲載されているんですが、もうひとりヒロインがいます。

ストーリー展開


展開的には、家康が幼少期からの生い立ちを描いた流れですかね。

…何か、はっきりしないぼやけた書き方に思えるかもしれませんが、そうなんですよね(汗)
何というか、これと言った内容が無いってのは、さすがに暴言ですが、何か目的がある訳ではないんですよね、これ。
それこそ、主人公である家康が幼い頃からの成長までの流れを描いているんですが、何かねぇ…。

歴史にあまり詳しくないだけに、この作品の話がどこまで本当なのかも分かりませんけども、家康がこの時にこういう状況になっており、その際に出会った女性陣と関係を持っていくって感じのストーリー展開となっています。
まぁ、逆に言えば、本当にそれだけの話だったかな(汗)

別に歴史が違った場合の家康のもしもを描いた訳でもなく、恐らくは歴史に準じた流れを辿っているだけなので、これといった目的が見えないというか。
歴史物っぽく淡々と家康の人生を辿っている感じがあるせいか、一定の距離感があるというか、主人公であるはずの家康が話を引っ張っている感じを受けないんですね。

だから、凄い紹介(レビュー)しずらい作品に仕上がっているなと感じますね、個人的には(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
キャラ紹介にも書きましたが、他のもうひとりヒロインがいますので、全部で5人ですかね。

行為的には、手コキ、フェラ、アナルセックス、パイズリなどがあります。

今作の見所としては、この時代の女性たちの姿を描いた所でしょうか。
やはり、今の時代とは全然行為を含め、あらゆる事への基準、感覚などが異なる訳ですよね。
その辺りの違いも、また興味深いですねぇ。

登場時で、既に経験があるのは、田鶴だけで後は全員男性経験はありません。
主人公も初恋の相手である田鶴と初体験を経験して、男性としての自信を身に着けていく訳ですね。
まぁ、肉棒は大きいけど、早漏らしいですが、そこは主人公らしい尽きぬ精力でカバーですよ(汗)

主人公は、どうやら女性陣の反応を見るに、あんまり男前ではないらしいですが、股間の物は全員お気に入りだそうで(汗)

田鶴以外の女性陣は、経験がなく、当初は大体が初めての行為に対して、及び腰になっている所があるのですが、主人公との行為を経験して、ドンドンHの快感にのめり込んでいく事となりますね。
特に年月が過ぎる中で、この世界では子供を作るのが早いだけに、ヒロインによっては出産を経験する事になっており、より女性として成熟した魅力が多く描かれているのも、今作の特徴かな。
現代物では、妊娠、出産が作品のゴールであるケースが多いだけに、この時代の女性らしさがありますよね。

実際、出産を経験している頃の方が、最初の初々しさも勿論良かったけれども、より女性として魅力が感じられますね。
そこには出産などを経験し、母となった事でたくましく生き、精神的に成長した女性らしい強さの表れも相まっているのかもしれませんね。
まぁ、全員が全員出産している訳ではないんですが(汗)

さすがに、作品的に妊娠中の行為とかはなかったですね(汗)
現代物なら、お腹が大きくなっている状態での行為とかもある事はあるんですが、さすがにこの世界観ではねぇ…。

後は、残念ながらヒロイン数が多い事もあり、あんまり個々の行為描写が少なめだったのは仕方ない所ですかね(汗)
ストーリーも進行しなければいけないだけに、そっちばかりに精を出す訳にも。

終盤では、一部のヒロインを除いた全ヒロインを交えたハーレム展開が描かれています。
ヒロイン4人がかりでのパイズリもあったりと、圧巻の光景も♪
まぁ、女性陣同士でちょっと張り合って、ピリッとした空気も感じられたりと、中々甘さだけではない空気もありましたが、基本的には甘い雰囲気でしたね(汗)

挿絵


挿絵は「あらいぐま」さんが手がけています。

可愛らしい絵柄が特徴的ですね。
全員、童顔な顔立ちなんですが、それでもしっかり色気も感じますね♪

後は、当然ですが時代的に和装なのも、ポイントではないでしょうか。

行為中の挿絵では、フェラ音などやピストン音などのHな音が描き文字で描かれているのも特徴ですね。
これによって、挿絵の行為がよりHに感じられる様になっていますね。
こんな可愛らしい女性陣が、こんなはしたない音を出していると思うと余計に興奮しますな♪

まぁ、個人的には文章の感じ、雰囲気からするとちょっとキャラデザインが可愛すぎるかなって思うけども、これで作品の雰囲気を変に重くしないいる効果もあるでしょうし、これはこれでアリなんでしょうね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、上記に書いた様に何とも言えない作品でした(汗)
歴史を知っていると、もっと面白く楽しく読めるのでしょうが…。
歴史に詳しくないと、有名どころ以外の登場人物などに馴染みがなくて、入り込みにくいかもしれませんね(汗)
淡々とした描写で描かれているのは、歴史物っぽさを感じるだけに、好き嫌いがはっきり出るんじゃないでしょうか。

後は、単純にこのボリューム(ページ数)でやる様な話じゃないかなって(汗)
今作の女性陣は、実質5人のハーレム。
普通の作品でもそれだけで厳しいのに、更に歴史物だと、どうしても文章量が必要なテーマですから、両立は厳しいですよね(汗)

実際、終盤は駆け足気味な印象を受けただけに、ページ数が違えばまた違った評価になったのではないかと思っちゃいますね。
主人公がオリジナルのキャラなら~と一瞬思ったけども、そっちの方が説明描写にページを使うか(汗)

Amazon版 電子書籍
家康、恋の陣! 椿姫と築山殿と女城主とおこちゃ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
家康、恋の陣! 椿姫と築山殿と女城主とおこちゃ

楽天
家康、恋の陣! 椿姫と築山殿と女城主とおこちゃ (二次元ドリーム文庫) [ 竹内けん ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! レビュー

口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)
市村鉄之助
キルタイムコミュニケーション (2017-10-24)

口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)
10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、ライバル視している存在がいます。
それは、学園一位の実力を持つ「ケイト」でしたが、何度も挑むものの、その度に返り討ちにされていました。
しかし、そんな中主人公はケイトの秘密を知る事に…。
何と、男性だと思っていたケイトが実は男装していた女性であったのです。

主人公は、自分の正体を口止めしてくるケイトから、見返りとしてHな奉仕を受ける事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ケイト・ブレナン
  • ティアナ・リントナー
  • アキラ・コノエ
がいます。

ケイトは、教会に選ばれた聖剣使いの勇者です。
可愛らしい小柄な見た目とは裏腹に、圧倒的な実力の持ち主で学園一位の座にいます。

ティアナは、貴族の令嬢です。
前線で戦う事よりも回復、支援の魔術を得意としています。
傷ついた主人公を呆れつつも、回復してくれる人の良さがあります。

アキラは、ケイト、主人公に次いで学園三位の実力を持っています。
自分の上をいく主人公をライバル視しています。
凛々しい雰囲気の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公が勝手にライバル視している相手が、まさかの女性であったと知る流れですね。

この世界では、教会と聖剣に選ばれた存在が勇者と称されるらしいですね。
なので、勇者ってのは、この世界にひとりだけではなく、何人かいるみたいですね。
主人公の学園にいるケイトもそんな勇者のひとりでした。

圧倒的な力を有し、学園の人間など相手にもならない、その強さは正しく勇者にふさわしい実力でした。
そんな勇者に対して、複雑な感情を抱いているのが主人公でした。
実際は、毎回戦いを挑むも敗北という結果に終わる羽目に…。

主人公とて、この学園でケイトに次ぐ実力はあるだけに別に弱い訳ではないんですけどねぇ(汗)

挑んでは返り討ち、そんな事が繰り返されていた中、事態は動き出す事に。

この日も、いつも通りケイトに敗れ、更衣室に行くと、そこにいたケイトが何と男性ではない事が判明(汗)
彼女…、ケイトは男装をして、これまで学園で男子生徒として振る舞っていたのです。

そこには彼女のかかえる事情が色々とある訳ですが、ここでは省略(汗)

偶然とはいえ、ケイトの秘密を知ってしまった主人公。
ここでケイトが切り出したのが、何でもするから黙っててくれという台詞(汗)
勿論、主人公としたらライバル視してたけども、別に恨みがある訳でもないだけに、それをネタに何かしてもらうつもりはなかった訳ですね。

しかし、ケイトからしたら、その言葉を信じたいけれども、それだけでは不安。
そこで、彼女の行動は主人公に自分の身体を好きにしてもいいという誘いだったのです。
これでお互いの秘密を共有する間柄って事にしようとした訳ですな(汗)

こうして、主人公は彼女の誘いを拒み切れず、そこからHな関係になっていく事となる流れですね。


…しかし、この手の話ではよくある事ではありますが、最初から女だろう感が凄くて、まさかって意外な感じでもなかったですな(汗)

実は、アキラもまた男装の女性である事が、後で分かるんですが…。
最初から完全に女性と思ってたから、途中まで読んでいて「?」って思ってました(汗)
「彼」って描写されてて、最初ミスかと思ってたのは内緒(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、素股、アナルセックス、自慰などがあります。

今作の見所は、「口止め」による行為展開でしょうか。

秘密を知った事で突然関係を持つに至った、ケイトとアキラ。
それゆえに行為までの展開は早く、何度も行為に耽る様にもなった訳ですが、弊害も。
それは、本来であれば好意、気持ちを伝えてから始まるであろう関係の過程をすっ飛ばして、秘密の口止めという理由で関係に至った事でした。

この行為は、口止めの意味であって、好意ではない。
そんな理由付けをしてしまったゆえに、行為こそできても、真の意味での結びつきが出来ていないあいまいな関係性を構築してしまった訳ですね。
そして、女性陣たちはそんな形で結ばれた事を嬉しくも、後悔の念もあったりと複雑な心情が垣間見えますね。

ふたりとの行為ではフェラなどで射精こそしていますが、この時点での本番行為、キスは一切ありません。
そこには、上記のあいまいな関係性ゆえに、そこを許しては…という所もありますし、主人公側からしたらキスや本番を許さないだけに、あくまでも口止めでの行為なんだと受け止めてしまう結果にも繋がるなど、歯がゆいですね(汗)

反対に、唯一普通の女性?であるティアナとは、最初から本番行為がありますね。
まぁ、彼女も若干変な流れからの行為に至ってはいるんですが、彼女は最初から好意をはっきりと出して伝えたって事が大きかったですね。
順番的には、一番最後なのにそのせいで印象に残っていますね。

勿論、最終的には全員とも本番行為は解禁されますので、ご安心を♪

終盤では、全ヒロイン交えてのハーレム展開になっていますが、実質的にはケイトとの行為がメインかな?
ここで、ようやくケイトとの本番行為が解禁となるだけに、どうしても彼女がメインになるのは当然ですね。
他のふたりも少しは、絡んでくるものの、想い人(主人公)がケイトとしているのを見せられて、切なくも興奮し、自慰に至るって感じでしょうか。


個人的に、残念だったのはパイズリ展開がなかった事でしょうか。
一応、文章で端折られた中にはパイズリで射精させてもらった的な内容があるにはあるんですが、それだけなので、実質ない様なものですね。

挿絵


挿絵は「イット」さんが手がけています。
カバーコメントに初めましてとあるので、お初なのかな?

淡い色味にシャープですっきりとした描線で描かれた女性陣は、スラッとした印象がありますね。
まぁ、どう見ても最初から女性に見えるってのは仕方のない事でしょうから、今更気にしない(汗)

実際、どの女性陣もタイプの異なる魅力の持ち主ですからねぇ。
それだけ隠し切れない女性としての魅力に満ち溢れているって解釈しましょう♪

これだけ美少女たちを男子と思い込む…、いったいこの学園の男子は美少年ばかりなのだろうか(汗)

挿絵数:11枚

総評


全体的には、男装女性陣と口止めHという、王道的な展開が楽しめましたね。
それゆえに、バレバレな正体に始まり、そこまで展開に新鮮さもインパクトも薄かったものの、分かりやすくサクサク読みやすい作品に仕上がっていますね。

女性陣3人との関係性も、ギスギスした泥沼感もなく、読んでいて胃が痛む事もないですしね(汗)
なので、男装女性陣(全員じゃないけども)との甘々な雰囲気を楽しみたい人には満足できるのではないでしょうか。

そういや途中で主人公が勇者しか触れられないらしい聖剣を触れたのは何でなんだろ?
結局、その理由も何も説明ないまま終わったけども…(汗)
個人的には、別にそんな事しないで自力で倒せば良かったんじゃないかと思うんですけどねぇ(汗)

Amazon版 電子書籍
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです!

楽天
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫) [ 市村鉄之助 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 百合風の香る島 由佳先生と巫女少女 レビュー

百合風の香る島 由佳先生と巫女少女 (二次元ドリーム文庫)
あらおし悠
キルタイムコミュニケーション (2017-09-28)

百合風の香る島 由佳先生と巫女少女 (二次元ドリーム文庫)
9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「由佳」(ゆか)は、これから離島の女子校に教師として赴任する事に。
初めての環境に不安で一杯な由佳でしたが、彼女の心配は別な事で吹き飛ぶ事に…。

何とそこは、女性同士が愛し合っている事が普通な驚きの環境だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 御浦 由佳」(みうら ゆか)
  • 天野 美沙希」(あまの みさき)
  • 瀬名 ちひろ」(せな)
がいます。

由佳は、離島の全寮制女子校に赴任した新人教師です。
全てが初めて尽くしの教師生活に不安を抱いています。
生真面目な性格の持ち主です。

美沙希は、離島の女子校の生徒です。
容姿端麗で成績優秀な存在で、彼女に憧れる女生徒も数多く存在します。
クールで年齢よりも大人びた雰囲気を持っています。

ちひろは、離島の女子校の生徒です。
美沙希に憧れているひとりであり、彼女の傍にしばしばいます。
新人教師として現れた由佳にも興味を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、赴任した離島が女性同士の恋愛が当たり前に横行している様な場所だったという流れですね。
…百合島って島なんですかね?(汗)

実際は、別な名称の島ですけどね、百合島じゃなくて(汗)

それはさておき、新人教師である由佳の赴任が決まったのは、本土から離れた離島にある女子校でした。
いきなり、新人教師な由佳としては不安になる環境ですよねぇ。

とは言え、まだ大学を卒業してまだそう時間が経っていないせいか、持ち前の威厳の無さか、出会った女生徒たちからは距離が近く慕われる事に…。
まぁ、慕われているってのは良い言い方で、実際は舐められているとも言えるかも?(汗)

そんなこんなで何とかやっていけそうかと思う由佳は、少しづつこの島の顔を垣間見る事に…。

それは、たまたま道の角を曲がった先で見た光景でした。
何と、道で女子校の生徒ふたりがキスをしていた光景だったのです。
それも、軽いソフトな遊びのキスとかではなく、どう見ても気持ちの入ったキスであり、まさかの光景に度肝を抜かれる由佳。

由佳には、その生徒に見覚えがありました。
この島に来る際にたまたま見かけた女生徒であり、後で女生徒がこの島で有名な存在であると、他の生徒たちから聞かされていたからです。
その生徒…「美沙希」は、教師である由佳にキス現場を目撃されても、シレッとした態度を崩す事なく、余裕の笑み。

逆に目撃した側である由佳の方が、言葉に困る状態という(汗)

こうして、由佳にとっては最悪となる美沙希との出会いでしたが、その後も由佳は彼女に心身ともに振り回される事となる流れですね。


今作の離島という舞台も、特殊な環境を構築しており、独特な世界観を感じさせますね。
実は、この島は男性がひとりもいない女性だけの島なんですね。
更に実際は女子校のためだけみたいな環境なので、殆どが女生徒…、若い少女たちばかりなのです。
勿論、教師たちも女性ですし、島の店の主人なども全員大人の女性であるものの、大半は女生徒となります。

そんな特殊な本土から離れた離島ゆえか、女性同士の交際も実質認められている所があるんですね。
勿論、大っぴらに宣言している訳でもないですけれども、教師であっても、交際自体を咎める事はないという、普通の感覚ではありえない世界でした。

そんな中にこれまで男性経験もなく、真面目に生きてきた由佳が来る訳ですから、カルチャーショックも凄いでしょうね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。
一部、それ以外の女性たちが絡む様な場面などもありますが、基本はキャラ紹介の3人ですね。

行為的には、自慰などがあります。
今作は、百合物で女性ばかりの展開ですので、フェラとかそういう展開はありませんね、当然ですが(汗)

やはり、今作の見所と言えば、百合物ならでは?の複雑な人間関係描写でしょうか。
男女のそれとは、また違って同性であるゆえか別の深み、激しさを感じさせる人間模様が魅力ですよね。
…毎回、このシリーズで思いますが、よくよく何か起こるよね、胃が痛くなる様な事態が(汗)

今作も、それは健在であり、序盤から色々起こりますよ(汗)
その中心にいるのが、あの美沙希です。

美沙希は、どこか人を惹きつける魅力を持っており、女生徒の中には彼女に憧れている娘も少なくありません。
…憧れどころか、関係を持ちたいと思う様な娘も決していない訳ではないんですね。

実際、美沙希はメインキャラのひとりである、ちひろとも関係を持っていますしね。
そう、ちひろとのキスの現場を由佳に目撃された訳ですね、あの時。
そして、美沙希のターゲットは由佳にも…。

ちひろを引き連れて、一緒になって由佳に迫る事に。
まぁ、この時の美沙希はどちらかと言えば、ちひろをメインに由佳に迫らせて、それを見守る&ちょっかい程度でしたが。
それでも、由佳にとっては男性経験もなく、女生徒ふたりに身体を弄られてしまい、最終的には乱れてしまいます。

以降も、度々由佳は強く拒み切れず、美沙希、ちひろに良い様にされてしまう訳ですねぇ(汗)

毎回、こんな事はダメだと思いつつも、自分よりも遥かに経験豊富な美沙希たちの前にいつも最終的に快楽に流されてしまう由佳。
思い描いていた教師生活とかけ離れた状況に自己嫌悪と何故こんな事を…と憤りを美沙希に感じる日々。
困った事に、次第にその快感をどこか心待ちにする気持ちすら生じてきた事も、転嫁され美沙希への複雑な想いに至る結果となりますね。

後に、そんな由佳の心情が大きく美沙希に傾く出来事があり、関係はまた動き出す事になる訳ですね。
ここら辺から、一気にちひろの存在感が大きく発揮される事に。
これまでは、美沙希の影に隠れる様な存在だったのが、かなり積極的に行動し、行為を含め、目立つ様になりますね。
…若干、ヤンデレ化している様な気もするけど、挿絵含め(汗)

表紙絵などでも分かる様に、あくまでもメインヒロインはちひろではなく、美沙希です。
ですが、美沙希との関係が完全に出来上がるまで、結構な時間がかかるんですよねぇ。
良くも悪くも由佳は、美沙希に振り回され続ける事になるので、色々な紆余曲折があり、遂に終盤で心を通わせる様は良かったですね。

クーデレとでも言うのか、美沙希の素直になった様は、普段とのギャップのせいかかなり可愛らしく感じますね♪
まぁ、デレてもからかう様な小悪魔な面は相変わらずなのも、彼女の魅力ですかね。
欲を言えば、こういう姿、表情をもう少し早くからたっぷり見たかったなぁ(汗)

挿絵


挿絵は「神崎詩音」さんが手がけています。

可愛らしく綺麗なキラキラした絵柄ですね。
特に瞳の描写ですね、大きく時にキラキラと輝き、時にしっとりとした愁いを見せる表情は見所ですね。
しっかり色気もありつつ、変に生々しくない清潔感も感じさせる絵柄は、百合物との相性もバッチリですね♪

個人的には、由佳と美沙希のキスシーンはお気に入りですね。
行為の最中ではなく、服を着ている状態でのシーンですが、初めてお互いの気持ちが通った所での一枚は印象的でした。
いやらしさなど微塵もない、純粋で綺麗なキスは甘さと微笑ましさを感じさせますねぇ♪

後は、行為の所も書きましたが、若干ヤンデレ入っているちひろも見所かな(汗)
瞳に光がない彼女は、中々キテますねぇ…(汗)

挿絵数:13枚

総評


全体的には、百合シリーズ安定の出来栄えと言った所でしょうか。
これまでのシリーズを読んでいれば、安心して読める仕上がり具合だと思います。

個人的には、女性同士の絡みで興奮はしないので、純粋に物語を楽しんだ感じですが、かなり読み応えがありましたね。
話が進む度に、コロコロと人間関係が動く様は、読んでいて心臓に良くないですね(汗)
毎回、そうなんですけれども、主人公たちが本気でぶつかって、想いを通わせるという様は女性同士ならではな、迫力が感じられて見入っちゃいますね。

男同士だと…、土手で殴り合いとか? 発想が昭和だ(汗)

Amazon版 電子書籍
百合風の香る島 由佳先生と巫女少女 (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
百合風の香る島 由佳先生と巫女少女

楽天はこちらからどうぞ
百合風の香る島 由佳先生と巫女少女 (二次元ドリーム文庫) [ あらおし悠 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます