FC2ブログ

二次元ドリーム文庫 「な行」のカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

  • ホーム
  • »
  • 二次元ドリーム文庫 「な行」

カテゴリ:二次元ドリーム文庫 「な行」

二次元ドリーム文庫 「な行」のカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-12-31二次元ドリーム文庫 「な行」
女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.12.31089タロー キルタイムコミュニケーション (2016-12-21)Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、魔王を討伐するためにやって来た勇者です。そんな彼は、魔王と対峙し、聖剣の力を発揮して戦った際に異変が…!?何と戦っていたはずの魔王の姿が、可愛い女の娘に変化し...

記事を読む

2016-12-02二次元ドリーム文庫 「な行」
猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.12.02冬房すずや キルタイムコミュニケーション (2016-11-25)Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、何となく日々を生きているサラリーマンです。そんな彼は、ある日道で行き倒れていた少女を発見、保護する事に。しかし、その少女の頭には作り物には思...

記事を読む

2016-11-05二次元ドリーム文庫 「な行」
抜きコキ ハニトラエステ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.11.05高岡智空 キルタイムコミュニケーション (2016-11-01)Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、エステ店の若店長です。若いながらも、何とか様々な手段で潰れかけてたエステ店を立て直し、順調だった中…。ライバル店が突如出店し、客足が減少する非常事態に…。更にライバル店か...

記事を読む

2016-01-26二次元ドリーム文庫 「な行」
にんかつ! 犬耳娘と幼馴染に赤ちゃんをせがまれて精巣がカラになりそうな件 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.01.26冬房すずや キルタイムコミュニケーション (2016-01-21)Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の犬好きな大学生です。そんな彼は、いつの間にか現れた子犬に懐かれてしまう事に。ペット禁止なのですが、仕方なく家に...

記事を読む

2013-08-18二次元ドリーム文庫 「な行」
二次元ドリーム文庫 にぎってフルスイングにぎってフルスイング (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 13.08.17神楽陽子 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな平凡な彼でしたが、彼の周りには2人の美少女の存在がおり、賑やかなものとなってます。それもそのはず、幼なじみの「由希奈...

記事を読む

2013-03-16二次元ドリーム文庫 「な行」
二次元ドリーム文庫 ネトゲの嫁が生徒会長だった件についてネトゲの嫁が生徒会長だった件について (二次元ドリーム文庫 253)posted with amazlet at 13.03.16神楽陽子 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の高校1年の学生です。そんな彼は、今世間で流行っているネットゲームにハマっているひとりでもあります。更...

記事を読む

no-image

2013-01-15二次元ドリーム文庫 「な行」
二次元ドリーム文庫 なりきりプリンセスなりきりプリンセス (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 13.01.15神楽 陽子 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る二次元ドリーム文庫の初期の頃の作品なので、大分古いですがレビュー(汗)主人公兼ヒロインの「アリア」は、街の風俗店で働いています。そんな彼女は、ある理由もあって店の人気を集める存在でもあります。その理由とは、実は彼女はオルティッツ...

記事を読む

no-image

2010-03-28二次元ドリーム文庫 「な行」
二次元ドリーム文庫 ナイショのカンケイ 委員長の秘密ナイショのカンケイ 委員長の秘密 (二次元ドリーム文庫130)posted with amazlet at 10.03.28あらおし悠 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 55009おすすめ度の平均: (気づかなかったけど)この帯ひどいよ。ネタバレじゃん。Amazon.co.jp で詳細を見る転校先で出逢った正義のスケバン・霞直に一目惚れした圭介。最初はウザがられていたものの、次第に仲良くな...

記事を読む

no-image

2009-10-15二次元ドリーム文庫 「な行」
二次元ドリーム文庫 なりゆきガーディアン なりゆきガーディアン価格 662円 税込 レビュー( 0件 )優しいだけが取り得の少年・冬馬。彼はある日の放課後、学園に潜む不死者に狙われる…!?その日から、ガードマン役の美少女ハンターたちに囲まれ、何故かモテモテ状態に。エッチな護衛人たちは彼の気を引こうとあの手この手でおもてなし。 この作品は、評価に困る感じですねぇ・・・。結構、強引な展開で進行するんですが、勢いが...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 女体化魔王と子作りしちゃいませんか? レビュー

女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2016-12-21)

女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)
12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、魔王を討伐するためにやって来た勇者です。
そんな彼は、魔王と対峙し、聖剣の力を発揮して戦った際に異変が…!?
何と戦っていたはずの魔王の姿が、可愛い女の娘に変化していたという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • メル=ディアヴォルス」(以下メル)
がいます。

メルは、魔王です。
好戦的な性格の持ち主で、カッとなりやすい所があります。
美しい容姿を持っているものの、そういう事には無頓着で疎いです。
褒められると照れてしまう面も。

ストーリー展開


展開的には、魔王が何故か女の娘になってしまう流れですね。
…超展開!?(汗)

元々主人公は、魔王を討伐するために魔王がいる城にまでやって来たんですね。
その理由は、世界平和の気持ちもある中で、魔王を倒せば女性にモテモテになるという、不純な動機があったのです(汗)
そんな動機で魔王の所まで行けるってのは、それはそれで凄い実力ですけどねぇ(汗)

そして、目的の魔王と対面を果たした訳ですが、主人公は驚く事に。
魔王の姿は、男性ながらも一見すると女性の様に整った顔をしていたんですね。
まぁ、魔王自身は女顔である事を気にしているので、それを主人公に言われて激怒してましたが(汗)

見た目は女顔でも、そこは魔王。
魔王の本気の一撃を迎撃するために、主人公は聖剣で対抗する事に。
聖剣には、持ち主の願望の力に応じて強さを発揮する事が出来るため、主人公は強い願望を頭に浮かべるのですが、それがやはり美少女と子作りしまくりたいみたいな願いなのが、何とも(汗)

しかし、この願いの強さは残念な事に?本物であり、聖剣の力は大きく増幅され…、辺りは光に包まれる事に。

気が付けば、そこは魔王城の中ではなく、どこかの森の中。
そこで主人公は、一緒に倒れていた存在に目を奪われる事に…。

何と、魔王と思われる存在は、さっきよりも女性らしさに拍車がかかっており、胸などの膨らみが…。
そう、聖剣の力で主人公の願望を増幅した結果、魔王(メル)が女性化してしまったのです(汗)

元に戻るためには、魔王城まで戻るしかないらしいふたりは、一緒に行動をする事になるのですが、すっかり女性化したメルを気に入ってしまった主人公は、事あるごとにHなちょっかいを出す事になる流れですね。

…緩いノリですねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、メルとの行為が描かれています。

行為的には、素股や自慰、パイズリ、フェラなどがあります。

やはり見所は、女性化した魔王との行為って点ですね。
正直、微妙な人もいるんじゃないですかね? 元々は男性って事が引っかかるって人が(汗)
主人公は全く気にしていないどころか、すっかりメロメロになっており、夢中ですが。

メルは、性格的には勝気で口より手が出る様な所があったんですが、それが女性化すると何かツンデレキャラみたいになるんだなぁ(汗)
まぁ、男性時の頃も結構ノリが良いというか、ツンデレっぽい片鱗は会話のやり取りなんかで見せていただけに、ハマってはいますね。

更に元々、性的な内容に関しては疎い、恥ずかしがりな面があっただけに、女性化した事で余計にそれが愛らしさに繋がっているのは、本人には屈辱でしょうねぇ(汗)
未知の女性化した感覚の違いに戸惑い、恥じらうメルの姿はすっかり魔王の面影はないですね。

そこがまた主人公にとってはたまらない様で、すっかり勇者じゃなくエロ男子に(汗)

メル自身も、主人公の行為を拒み切れずHな事になるのを繰り返すうちに、心境に変化が…。
まぁ、最初からかなり感度が高い身体でもあった様で、様々な行為に過敏に反応してしまうんですよね、身体が。
それにいつしか引き寄せられてしまう様に、少しづつ快感の虜になっていく様になりますね。

特に胸、乳首の感度が高い様で、良く主人公に乳首摘ままれて悶えています♪

本当に彼女はツンデレ的な性格なので、女性化がハマってしまうんですよね(汗)
主人公にHな事されて言う台詞が一々それっぽい(汗)

実際、女性化の効力はその後も進行しており、知らず知らずのうちにメルの精神も女性らしくしていってはいるんですね。
なので、少し言葉使いなどがより女性っぽくなってきているのが垣間見えますね、「俺」から「わたし」になったり。
でも個人的には序盤の口のちょっと悪いツンデレの頃も好きだったかも(汗)

終盤近くになると、かなりメル自身も女性化に適応してきた所があり、より自然な感じになっていますね。
主人公への感情にも素直になったりして、すっかり女性に。
行為でもかなり素直に反応する様になったり、初めてのフェラを披露したりと変化を感じさせますね。

元男性だったから今までフェラに抵抗あったのは分からなくもないですな(汗)
それを気にしなくなる程に主人公への好意を素直に表現する様になったと思えば、またニヤニヤ物ですね♪

子作りがタイトルにもありますが、妊娠中の行為などは描かれていないのは、少し残念かな。
それまで、ずっとイチャラブHしまくってただけに、しっかりとお腹が大きくなった姿での行為があれば良かったんですけどねぇ。

挿絵


挿絵は「奈々篠ヵ劇」さんが手がけています。

可愛らしくて柔らかい絵柄で女性化したメルを魅力的に描いていますね♪
個人的には、表紙絵よりも中の挿絵のメルの方が好みだったかな。

表紙絵のメルは、瞳がかなり描き込まれてて、より透明感があってキラキラしている印象なんですね。
挿絵では、瞳の描写がそこまで描き込まれていないので、キラキラ感が控えめになっており、個人的にはそっちのが好みだったんですね。

表情もより、柔らかい表情に仕上がっていて、魔王らしさの欠片も良い意味でない事になっており、可愛らしい美少女になっていますね。
元々の男性時の顔は描かれていなかった事もあり、このメルの顔しか知らない訳なので、そこまで男性時の影を感じる事はなく、楽しめるのではないかと思います。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、女性化した魔王とイチャラブHする内容でしたね。
元男性が女性化したヒロインって要素をどう思うかで評価が多少変わるのかな?(汗)
別に元々可愛らしい…って書くとアレですが、憎めないキャラだっただけに女性化がハマっているので、そんなに気にはならないとは思いますけどねぇ。

そもそもタイトルに書いている訳ですし、気にする人は読まないよね(汗)
なので、気にせずに読んでいける作品に仕上がっているので、ツンデレ系?ヒロインとのイチャラブが好みであれば、問題なく楽しめると思いますよ。

Amazon版 電子書籍
女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
女体化魔王と子作りしちゃいませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活 レビュー

猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活 (二次元ドリーム文庫)
冬房すずや
キルタイムコミュニケーション (2016-11-25)

猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活 (二次元ドリーム文庫)
11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、何となく日々を生きているサラリーマンです。
そんな彼は、ある日道で行き倒れていた少女を発見、保護する事に。
しかし、その少女の頭には作り物には思えない猫耳が付いていたという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 爪里 すみれ」(つめざと)
がいます。

すみれは、主人公が発見した行き倒れていた少女です。
頭には謎の猫耳がついています。
控えめな性格の持ち主で、どこか少し影がある所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が行き倒れていた少女、すみれを保護する事となる流れですね。
…事件の香り!?(汗)

まぁ、実際そんな感じなんですよね。
主人公は、たまたま道で行き倒れていた少女、すみれを発見する事に。
彼女の状態は、靴もはいてなかったり、泥まみれだったりと何かあったと思うには十分でした。

気が付いた彼女は、最初は主人公を警戒してましたが、最終的に主人公の家に連れていく事に。
…下心があった訳ではなくて、あくまでも人助けですよ、ええ(汗)

そこで主人公は、すみれから事情を聞かされる事に。
実は、すみれは人間ではなく、獣人と呼ばれる存在なんですね、猫耳生えてたから分かるとは思いますが(汗)
そして、ある事情により、彼女は今までの生活から逃げてきたんですね。

それを知って、主人公は彼女を大事にしたいと思う様になり、一緒に生活する事を提案し、迷惑はかけられないと出ていこうとしたすみれも受け入れてくれて、不思議な共同生活が始まる事となる流れですね。

不思議な共同生活を過ごす中で、主人公は次第にすみれを意識してしまう様に。
年齢差がある事で、どこか保護者的な目線でもいただけに、そんな彼女を異性としてみてしまう事に自己嫌悪したり。
すみれ自身も、主人公に対していつからか淡い好意を抱く様になっていくだけに、読んでいる方からしたらじれったいって感じですけどねぇ(汗)

まぁ、その後、お互いの気持ちに素直になって、恋人同士のイチャラブ生活が展開される様になりますので、ご安心を♪

Hシーン


Hシーンは、すみれとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキなどがあります。
その他では、バイブなどの小道具を使用する展開も一部ではありますね。

すみれは、獣人なので人とは違う生態があるんですね。
それが、発情期です。
タイトルにも発情とあるし、獣人って事で察せれる人もいるでしょうけども(汗)

序盤は、すみれの発情期で発情した身体を、発散させるために愛撫で絶頂させる展開が主ですね。
ここでは、まだ恋人関係でもないので、本番行為はなかったですね。
それでも初心なすみれは、初めての経験にかなり大きな反応を見せて、何度も絶頂する事に♪

中盤辺りで、すみれとの関係も進展し、恋人同士となった事で本番行為も解禁で、よりイチャラブHな展開が始まる事になりますね。
この頃になると、気持ちが通じ合った事も影響して、控えめな印象の強いすみれも主人公に対しては少し積極的な姿を見せる様にもなりますね。
なので、ここからもっとHしまくりな展開になるんだろうなと思ったのですが…。

その後、ストーリーが展開される事になり、結果としてそっちに重きが置かれてしまい、丸々1章分(40ページ程度)Hがなくなってしまいましたね(汗)
まぁ、ここら辺は彼女が何故行き倒れていたのかの原因と、その解決などが描かれているので、必要な部分ではあるんですが、もっとここからイチャイチャするのだと思ってたので、少し消化不良だったかなぁ(汗)

そもそも、発情中なんてタイトルや序盤の発情展開を見ただけに、私としてはもっとそれが強い作品だと思ってたんですね。
普通の人間の娘の方が多分、よほど濃いHをするであろう気がする程度になっているので、常時発情状態って訳ではないなら、発情時くらいはもっと大胆で濃厚な奴があるとインパクトがあったかなとは感じましたね。

実際、読んでみると発情要素がHな関係になるきっかけにこそなっていましたが、それくらいなもんだったな、と。
発情って事で、凄いHしまくるノリを期待すると少し肩透かしかもしれませんね。


まぁ、逆に考えれば、変に肉欲重視なノリにならないので、ヒロインとの甘さがしっかり感じられる描写になっているとも言えますからね。
すみれは、序盤よりも積極的になっているとはいえ、それでも控えめな性格をしているだけにしっとりとした甘さを感じる行為描写になっていますね。
彼女は、何と言うか控えめな性格なせいか、ちょっとHな意地悪してみたくなる感じがある様な気がするなぁ(汗)

年齢差もあってか、主導権は殆ど主人公だったので、すみれは基本受け身。
たまに彼女からってのもありはしましたが、欲を言えば、もう少し前に出てきて欲しかった所はありましたね。
せっかく、ヒロインが獣人なんですから、獣人ヒロインならではな行為展開などがあっても良かったかもしれませんね。
…それが何かは、分かんないですけども(汗)

挿絵


挿絵は「夕海」さんが手がけています。
イラストや漫画、同人活動などをされているみたいですね。

柔らかい可愛らしさの強い絵柄ですね。

表紙絵の絵柄は、線が細く薄めだったので、ちょっと弱い印象があったんですが、中の挿絵では線がしっかり描かれているので、薄さや弱い印象はなかったのは良かったです。
…うーん、ちょっと表紙絵で損している様な気がするなぁ、個人的な好みですが(汗)

すみれも可愛らしい猫耳が印象的で、控えめな性格とのギャップがありましたね。
猫耳のキャラって、結構喜怒哀楽の感情が強いイメージがありません?
彼女はそれが控えめな所があるので、ちょっと独特な雰囲気、印象があったんですよね。

それだけに時折見せる、感情が溢れている姿はより魅力的に映りましたね♪

終盤では、珍しく彼女の背後から行為に至る場面が描かれているんですが、ここで尻尾が描かれていましたね。
もっと長いのかと思ったら、結構短めで可愛らしい尻尾をしているのも、彼女らしくて似合っていましたね♪

挿絵数:12枚

総評


全体的には、猫耳少女と甘いイチャラブする話でしたが、結構ストーリー性があるのが印象的でした。
人によっては、必要なさそうな感じかもしれませんが、それがあるゆえに彼女との関係などに深みが増しているかなとは思いますね。
とは言え、もう少しH要素があっても良かったかなとは思いますが、贅沢ですかね(汗)

タイトルにある、発情や極甘Hってので、ちょっと期待値が上がり過ぎたのかもしれませんな(汗)
そこまで期待しなければ、それなりに満足できる仕上がりなんでしょうけども、ちょっと物足りなさがあって勿体ない作品だなってのが正直な感想ですね。

Amazon版 電子書籍
猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活 (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 抜きコキ ハニトラエステ レビュー

抜きコキ ハニトラエステ (二次元ドリーム文庫)
高岡智空
キルタイムコミュニケーション (2016-11-01)

抜きコキ ハニトラエステ (二次元ドリーム文庫)
11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、エステ店の若店長です。
若いながらも、何とか様々な手段で潰れかけてたエステ店を立て直し、順調だった中…。
ライバル店が突如出店し、客足が減少する非常事態に…。

更にライバル店から、引き抜きという名目でHな誘いを受ける事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 椎名 翠子」(しいな みどりこ)
  • 黒川 静菜」(くろかわ しずな)
  • 遠峰谷 理音」(こだま りおん)
がいます。

翠子は、主人公の店のスタッフです。
元々は、彼女の祖父がエステ店の店長だった事もあり、この店に対する想いは強いです。
おっとりしたお嬢様なのですが、意外に大胆で積極的な面も。

静菜も、主人公の店のスタッフ兼学生です。
主人公とは学校の先輩後輩の関係でもあります。
昔から主人公をからかっては楽しんでいる小悪魔的な性格の持ち主です。

理音は、主人公の店の近くに出店してきた、ライバル店の店長です。
有名な資産家の娘であり、若くして才能もある優秀な存在でもあります。
主人公を引き抜こうと画策しています。

ストーリー展開


展開的には、エステ店の店長である主人公がライバル店から引き抜きされそうになる流れですね。

エステを題材にした作品も、これで3作目という事でシリーズみたいになってきましたね。
エステなので、どうしても二次元ドリーム系の主人公だと学生なので、エステとの結びつきが弱くて、中々設定が大変そうなのが読んでて伝わりますが、今作の主人公は学生ではないので、だいぶやりやすいかな?(汗)

さて、そんな主人公は経営が微妙だったエステ店を独自の手法で立て直した存在だったんですね。
何とか経営も軌道に乗ってきた中、突如現れた存在が…。

それがライバル店となるエステ店の店長である理音でした。
彼女の実家は、資産家であり、その資金をつぎ込んだライバル店の出現に、主人公は脅威を感じる事に…。

そして、この時主人公は理音から招待状をもらい、ライバル店に招かれる事になりました。
敵情視察って訳ではないですが、実際に店舗やスタッフを見る機会が得られる事で、主人公はこの誘いに乗る事に。
実際、店内の内装などは自分の店舗とは桁違いであり、内心穏やかではいられません(汗)

その後、主人公は彼女からエステの体験を勧められる事となるのですが、これが理音の巧妙な罠でもありました。
早い話が、エステの体験と称したエロい行為を主人公に体験させて、骨抜きにしようと(汗)
そして、主人公をこの店に引き抜こうと画策したのです。

勿論、そんな引き抜きには応じられない…、そう思う一方で体験した行為に主人公の心は揺れ動く事に(汗)
その後も繰り返される、お誘いを拒めず、主人公は毎日のように理音の元に向かい、Hなサービスを受け続け、すっかり骨抜き状態に仕上げられちゃう羽目に(汗)

そんな主人公の様子に疑問を抱いたエステ店の翠子、静菜たちは、主人公が理音によって引き抜かれようとしている事実に辿り着き、それを妨害すべく、自らもHな行為で主人公を留まらせようと試みる流れですね。
まぁ、翠子や静菜としては主人公が店長としてだけでなく、個人的な好意があるから、理音に奪われまいとする訳ですね。
…問題は、その好意がちょっと偏ったものって事なんですが(汗)


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、足コキ、フェラなどがありますね。
その他の要素では、前立腺責めなどもあります。

今作品のテーマがエステな訳ですが、まぁ、何だかんだもっともらしい事言っても、ただの風俗にしか見えないですな(汗)

今作では、主人公が「ひたすら」に女性陣に弄られる展開となっています。

主人公は、童貞で女性経験もないために、女性陣の行為になす術がありません(汗)
それどころか、女性陣による責め(行為や言葉)で、恥をかかされ男としてのプライドを木っ端微塵にされる羽目に。
まぁ、Mな気質の主人公には、強烈な辱めと同時に強烈な快感、興奮を抱く結果となり、ちんけなプライドなど気にせず、女性陣に行為をねだる始末ですが(汗)

とにかく、女性陣の言葉責めが豊富なんですよね。
早漏だの、子供扱いでからかわれて射精すれば、小馬鹿にされてと、男を全否定(汗)

しかし、主人公も相当なM気質だと思いますね。
女性陣もそんな主人公の気質を見抜いており、自分たちの虜にしようとしてくる訳ですね。
すっかりM男に仕上げられてしまい、ちょっと身体を触れられただけで、興奮のスイッチが入る始末にまで「教育」されていますね(汗)


残念だったのは、全員と本番行為がある訳ではない事ですね。
具体的には、翠子だけと本番行為があるだけで、他のふたりはありません(汗)
そもそも、本番の時期もかなり遅かったですしね。

まぁ、それでも十分濃い内容の数々なだけにあまり物足りなさは感じないとは思いますが、気にする人はご注意を。

ちなみに、この事が結果的に主人公がひたすら女性陣に翻弄される展開に影響を及ぼしているとも言えます。
本番行為がないって事は主人公が女性陣を絶頂させる機会はゼロではないですが、かなり減る事を意味しますからね(汗)

実際、主人公が基本的にひたすら弄られて、射精させられまくる展開ばかりなので、反撃する場がない訳です。
所々では、主人公の愛撫というかむしゃぶりついて感じさせるって展開はありますが、それくらいなので行為で主人公が男らしい主導権を握るって機会がないと言えます(汗)
なので、主人公が最終的にはHで女性陣に反撃するって展開はなく、最後まで弄られまくりで終わるので、それが苦手だと厳しいかもしれませんね(汗)

挿絵


挿絵は「魁李」さんが手がけています。
同レーベルでは、同じエステシリーズ?の「陽菜とママのラブハメエステ」もそうですね。

可愛らしく上気した表情に色気を感じさせる絵柄ですね。
今作では、主人公と年齢が近いヒロインたちなので(年下&年上)、あまり年齢差はないので、大人の色気ムンムンって感じではなかったですね。
でも、そんなのを気にさせないくらいに十分いやらしい姿を見せてくれるので、問題ないでしょう♪

全体的に主人公の上にヒロインたちが~って構図が多い気が(汗)
まぁ、主人公は女性陣に弄られる役回りなので、どうしても受け身になるのは当然ですしね。

特に後輩の静菜は、いかにも小悪魔的な表情を見せるのが個人的に良かったですね。
年下にちょっと小馬鹿にされる感じがハマっていますねぇ♪

挿絵数:14枚

総評


全体的には、とにかく女性陣に弄られまくるMっ気主人公のお話でしたね(汗)
なので、それが合わない人には厳しいでしょうが、好みであればかなりの破壊力なのではないでしょうか。

個人的には、もう少し主人公もたまにはやり返して、男を見せて欲しかったかなとは思いましたが(汗)
常時、もう女性陣によって完璧仕上げられてしまっているだけに、終始そればかりってのはちょっとねぇ…。
まぁ、Mっ気のある人にはそっちのが良いのかもしれませんけどもね。
…いや、本当に濃厚でした(汗)

Amazon版 電子書籍
抜きコキハニトラエステ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
抜きコキハニトラエステ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 にんかつ! 犬耳娘と幼馴染に赤ちゃんをせがまれて精巣がカラになりそうな件 レビュー


にんかつ! 犬耳娘と幼馴染に赤ちゃんをせがまれて精巣がカラになりそうな件 (二次元ドリーム文庫)
1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の犬好きな大学生です。
そんな彼は、いつの間にか現れた子犬に懐かれてしまう事に。
ペット禁止なのですが、仕方なく家に連れて帰ってしまったのですが、その翌日…。

何と、その犬はタダの犬ではなく、「千代」(ちよ)という犬神であり、主人公に子作りをせがんでくる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 物部 涼音」(ものべ すずね)
  • 千代」(ちよ)
がいます。

涼音は、主人公の幼なじみの少女です。
主人公が大学に進学して、しばらく疎遠になっていました。
真面目な所があるものの、勝ち気な性格の持ち主でもあります。

千代は、主人公に懐いてきた犬…、もとい犬神です。
何故か主人公に好意的であり、子作りをせがんでくる事になります。
長い年月を生きており、言葉使いも古い言い方をします。

ストーリー展開


展開的には、主人公が犬を拾ったら、それが犬神であり、子作りをせがまれてしまう流れですね。
…急展開!? まぁ、いつも通りではありますが(汗)

当然、いきなり子作りなんて言われても戸惑う訳ですよね、しかも人ではなく犬神とか言われては。
更にいきなりフェラされてしまって、射精までしてしまう事に(汗)

そんな中、久し振りに再会した幼なじみの涼音もいきなり主人公の前に現れる事に。
まぁ、彼女は主人公に会いにやってきたって訳ではなくて、目当ては犬神の千代であり、結果的に再会を果たした形ですけどね。

そこで主人公は、彼女から詳しい事情を聞く事に。

涼音曰く、彼女の家系は実は退魔師の家系であり、退魔師は犬神を使役している存在だと言う事。
んで、千代は涼音と契約して、形式上では涼音に使役される立場にある訳なのですが…。
肝心の千代が、全く涼音を主と認めておらず、好き勝手していたのです(汗)

千代が主人公の元にやって来たのも、子作りのためだったという事ですな。

しかし、千代の目的を知った涼音は、そんな事を認める訳にはいかないとご立腹。
それもそのはず、涼音もまた主人公の事を異性として意識していたから、淡い恋心を抱いた相手を奪われる訳にはいかないですよねぇ。

こうして、主人公を巡っての女の戦いが始まる事に…、って書くと凄い大げさに感じますけども(汗)

この様に基本コミカルテイストなんですが、若干真面目な所も含んでいるので、ちょっと雰囲気が違うかな。
まぁ、全体で見ればコミカル寄りだと思いますし、そこまで重い訳でもないので、気にするレベルではないでしょうが。
彼女たちも色々ある訳ですよ、うん(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、足コキなどがありますね。
一部では、ローターの様な小道具を使用する展開もありましたね。

子作りって目的があるので、全体的には中出し展開が多めかな。
勿論、それ以外にも射精はしていますけどね。

ふたりヒロインがいる訳ですが、やはり犬神である千代との行為は印象的ですね、涼音には悪いけども(汗)
人ではなくて、犬神ですから、そりゃ珍しいですもの。

犬耳だったり、尻尾があるくらいしか外見の差はないので、普通の娘と同じ感覚で見れるとは思いますね。
途中から首輪も装着する様になるので、若干犯罪臭もしなくもないですが(汗)
でも、最初表紙を見た印象だと、千代が犬ではなく狐なのかと思ったんですよね、白かったし(汗)

口調が「わし」とかなど年寄りっぽい話し方なのは、好き嫌いがあるかもしれませんね。
何となく私の中では、犬は「わし」ってイメージじゃなかったので、少し残念だったけども、これはこれでアリかと思いますけどね。

特に千代で印象的だったシーンは、彼女は自分の姿を自在に変えれるのですが、子供(少女)形態になった所ですね。
あの若い見た目に、あの話し方はギャップがあって良かったですね♪
首輪もしているままなんですが、身体の大きさが違うだけに首輪のインパクトが通常時よりも大きいですね、漂う犯罪臭(汗)

子供を欲している彼女の子供もこんな感じになるんでしょうかね?

その状態でも行為をしているので、こちらも見所の一つでしょうか。
普段よりもサイズが違うだけに、余計に主人公を受け入れる際の衝撃も大きく、また違った感覚での行為が描かれていますね。

対しての涼音ですが、真面目でこれまで経験どころか、自慰もなかったらしい彼女の展開は、積極的に来る千代とはまた違ったものがありましたね。
どちらかと言えば、攻めの千代、受けの涼音って感じですかね。
実際、涼音はちょっとMっ気がある所があって、ちょっと主人公に苛められちゃう様なシチュエーションが多めでしたね。

主人公も行為の最中は、我を忘れるとちょっと強引になる所が垣間見えたりで、余計に嗜虐心を煽る涼音の姿はたまらなく感じる所があるんでしょうね。
ローター責めさせてみたりと、中々いじわるですねぇ、主人公も(汗)
その結果、普段は素直になりにくい涼音なだけに、行為時のMっ気を感じさせる様はギャップを感じられるって所はありますけどね♪


終盤では、ふたり同時での行為もあります。
普段はいがみ合っているって程ではないですが、つい言い合いになる彼女らですが、お互い何だかんだ仲は良いですからねぇ。
…主にいつも千代が煽っている感はありますが(汗)

挿絵


挿絵は「ウラジロ」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では、初めての方ですかね? 何か見た事ある様な絵柄だけど…。

可愛らしくも独特な表現が印象的な絵柄ですね。
トーンの使い方のせいなんですかね、独特の質感が感じられて、柔らかさがありますね♪
この絵柄だから、ヒロインたちも柔らかさと色気を併せ持った魅力的な姿で描かれていますねぇ。

個人的に好きなシーンは、涼音がバイト先のメイドさんの格好をしているんですが、その股間にはローターを主人公に仕込まれて、涙ぐんでいる様がグッときましたね。
彼女には悪いんですけどね、グッと来ている場合ではない訳で(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、最初の展開やタイトルの雰囲気でもっと軽い雰囲気かと思ってましたが、少しシリアスめな所も含んでおり、意外な感覚でしたね。
まぁ、基本はイチャイチャしているんですけども、もっとイチャラブを前面に出しても良かったかなって。
これは単に私の好みなだけですが(汗)

こういう犬神の要素であったりなどの和の雰囲気のある作品は、珍しく新鮮さがありましたね。
なので、この手の雰囲気が好みな人には、より楽しめる作品に仕上がっていると思いますよ。

あ、涼音が退魔師とかって事ですけども、そっち方面の描写は全くないので期待しない様に(汗)

Amazon版 電子書籍
にんかつ! 犬耳娘と幼馴染に赤ちゃんをせがまれて精巣がカラになりそうな件 (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
にんかつ! 犬耳娘と幼馴染に赤ちゃんをせがまれて精巣がカラになりそうな件

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 にぎってフルスイング レビュー

二次元ドリーム文庫 にぎってフルスイング

にぎってフルスイング (二次元ドリーム文庫)
神楽陽子
キルタイムコミュニケーション

8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな平凡な彼でしたが、彼の周りには2人の美少女の存在がおり、賑やかなものとなってます。
それもそのはず、幼なじみの「由希奈」と先輩の「美緒」にふたりから言い寄られており、主人公は板挟みになっているのです。

そんなふたりのアプローチは、増々過激になっていく事になり…と言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
鳳 由希奈」(おおとり ゆきな)
篠ノ宮 美緒」(しのみや みお)のふたりがいます。

由希奈は、主人公の幼なじみです。
以前、引っ越しており、離れていたのですが、最近になって同じ学校に転入してきました。
育ちがいいのか、いつも敬語で話すお淑やかな性格をしています。
しかし、ただ大人しいだけではなく、主張する事に対しては引かない所もあります。

美緒は、主人公のひとつ年上の幼なじみであり、学校の生徒会長でもあります。
優雅な立ち振る舞いと自信たっぷりのクールな言動で、学内の男女を問わず心酔させています。

ストーリー展開


展開的には、主人公を巡って、ふたりの女性たちが火花を散らす事になる流れですね。

これで分かる通り、ふたりの女性は主人公に対して好意を持っているんですね。
まぁ、特に由希奈に関しては、かなり主人公にベッタリなので丸わかりですからねぇ。
美緒に関しては、年上であり、主導権を取り続けるタイプの性格ってのもあり、からかっている感が強いですが、それでも主人公に対する想いは垣間見えますね。

そんなふたりから、毎日の様にアプローチを受け続けている訳ですが、主人公としてはどちらか一方にいい顔をする訳にはいかず、板挟みで悩んでいるんですね。
普段は大人しい由希奈ですが、事が主人公に絡む場合は年上である美緒にも引かずに張り合うだけに、余計に主人公は肩入れができない訳ですね。

そのため、主人公は周りの人間から、ヘタレだの優柔不断だの言われてしまう始末ですが、事実なだけに言い訳もできませんね(汗)

そんなジリジリとした三角関係が続いていた中、遂にそれが動き出します。
とある状況から、結果として何故か美緒たちに股間を握られてしまう事になってしまうんですね(汗)
…どんな状況だ(汗)

この時は結果として射精にまでは至らず、未遂で終わったのですが、この事をきっかけとして両者の行動は増々エスカレートしていく事に…。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、足コキ、尻ズリ、パイズリ、フェラなどがあります。
~コキ要素が多いのが特徴ですね。

やはりタイトルにもある様に、手で握るという要素が強いですかね。
なので、手コキの行為描写はかなりしっかり描かれていますね。

今作の設定では、ヒロインたちは学校の校風で手袋を着用するのが義務つけられているんですね。
そのため、手袋の状態での手コキなどの要素が入っているのも特徴的ですね。

他にも、ラテックス製の手袋といったマニアックな手袋着用のままの手コキなどもあります。
材質にこだわる辺り、さすがですね(汗)

しかし、手コキなどにこだわっているせいもあってか、挿入しての本番行為などに至るのは終盤近くまでないという事になっています。
個人的には、もう少しバランスよく行為をして欲しかったんですけども、先に本番しては手コキの感動も薄れてしまうか(汗)

主人公は、それまでので何となく分かるでしょうが、かなり受け身になりがちな性格なので、行為も殆ど女性陣が主導する形になります。
まぁ、当然っちゃ当然なんですよね。

殆ど主人公は手コキなどで射精させられているので、女性陣を感じさせて、みたいな逆転劇が本番もないので起こる訳もないですからね(汗)
本番も初回の行為描写だけで終わったのもあり、主人公が行為で主導権を握るのは難しいですかねぇ。

挿絵


挿絵は「はっとりまさき」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫「ネトゲの嫁が生徒会長だった件について」がありますね。
思えば、今作の著者である「神楽陽子」さんと同じ組み合わせでしたね。

可愛らしく魅力的なヒロインたちが印象的ですね。
穏やかな由希奈も良いんですが、ちょっと小悪魔さのある美緒のデザインも中々ですね♪
最初のイメージでは、もっときつい性格かと思ってたんですが、思った程ではなかったのもあり、より愛らしさはありました。

この著者さんの作品で欠かす事のできない要素の一つの水着もあります♪
今作はスク水ではなく競泳水着の上に白衣を羽織るという、これまた通好みな格好もあり、見る目を楽しませてくれますね。

個人的に、あの格好は好みなので嬉しかったですね。
ただ競泳水着だけの姿とはまた違うんですよねぇ、白衣を羽織っている感じがそそる♪

挿絵数:11枚

総評


全体的には、タイトル通りの握りっぷりでしたねぇ。
手コキ系に特化しているものの、正直特別凄い手コキ押しって感じでもなかったかな?
主人公的に受け身なので、あんまりガツガツしてこなかったのも影響していますかね、そこら辺は。

個人的には、水着での手コキがピークだっただけに、ちょっと後半部は弱かったかな(汗)
まぁ、これは好みの問題でしょうけどね。




しかし、この作品で一番驚いたのは、毎回地味に楽しみなカバーのコメントなんですが…。
著者さんの「神楽陽子」さんが、ここのコメントで今作がエロラノベ作家として最後の作品だと書かれています(汗)

最初はネタかと思ったんですが、どうも本当の様ですね…。
たまにあそこのコメントはネタを書かれる人も多々いるので、そういうアレと思ったんですが(汗)

二次元系のキルタイムの公式ブログでも、今回のカバーコメントについて詳細こそ触れてませんが、大切なお知らせがありますので、見てくださいって書かれているのを見ると、さすがにネタではないんでしょうね。

この方の作品は、全部ではないでしょうが近年の作品は大概読んだと思います。
毎回、何の縛りを入れているのか、脈絡もない所にスク水などの要素を入れてくる執念にも似た想いがとても印象的です(汗)

これだけ色々作品読んでいると、いつの間にかひっそりと見なくなった作家さんとかも正直多々いるんですが、こういう形で辞められてしまうのを知るのは初めてなので何とも寂しいですねぇ。

となると二次元ドリームノベルズの「私立探偵高須賀エリカの事件簿」シリーズもあれで終わりなのかぁ…。
あの微妙に緩い感じが結構好きだったので、とても残念ですね。

何はともあれ9年間お疲れ様でした、色々と楽しませて頂きました。
今度、未見の作品でも探して読んでみようかなと思います。

にぎってフルスイング にぎってフルスイング

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】にぎってフルスイング [ 神楽陽子 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
にぎってフルスイング

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 ネトゲの嫁が生徒会長だった件について レビュー

二次元ドリーム文庫 ネトゲの嫁が生徒会長だった件について


3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の高校1年の学生です。
そんな彼は、今世間で流行っているネットゲームにハマっているひとりでもあります。
更に彼には、ネトゲにハマっている理由があります。

それは、主人公がネットゲーム上で結婚しているから。
ミーナ」という女性キャラと結婚し、ラブラブなゲーム生活を送る主人公ですが、実はミーナは学園の生徒会長「桐生 美奈」(きりゅう みな)であると気付く事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、美奈のみです。

美奈は、主人公の学園の生徒会長を務めている3年生です。
真面目でお堅い性格で知られています。
容姿端麗で凛々しさのある態度で、女性からの人気も高いです。

ストーリー展開


展開的には、主人公がハマっているネットゲーム内で結婚している相手「ミーナ」が、何と学園でお堅い生徒会長である美奈であったと気付く事になる流れですね。

そもそものきっかけは、主人公、ミーナたちがプレイしているネットゲームで、彼女とネット上でそれぞれが操るキャラクター同士で結婚した事があります。
以来、主人公の楽しみは単純にゲームだけではなく、ミーナとの甘いやり取りな訳ですね。

実際、彼らのやり取りはボイスチャットで、本物の新婚顔負けの甘さとなっています(汗)
まぁ、基本的に甘いのは相手のミーナ側なんですけどね、主人公の事を「ダーリン」って呼んでいますし。

そんなふたりのやり取りは、ボイスチャットだけに留まらなくなる事に。
とうとう、ゲーム内ではなくて、実際に直接会おうという話になったんですね、いわゆるオフ会ですな。

ド緊張の中、待ち合わせのカラオケ店の一室でミーナに出迎えられる事になるのですが、何と彼女はゲーム内のキャラであるミーナになりきった格好をコスプレしているサービスっぷりなんですね♪

ちなみに、ゲーム内でのミーナの格好は、スク水にピンク髪のツインテール少女というかなりマニアックな仕上がりとなっています(汗)
よく再現しましたねぇ、髪はエクステを使用しているとは言え、スク水で初対面とか(汗)

まぁ、紹介文やタイトルでもお分かりの様に実際は、ミーナと主人公は初対面ではない訳ですけどね。
そして、ミーナである美奈は、相手が主人公である事がここで分かった時の彼女のリアクションは必見ですね(汗)

この時点では、主人公はミーナの正体に気づいてはいないのですが、徐々に時間を経て行く中で少しづつ、ミーナに対する疑問が出てくる事になり、彼女が実は美奈ではないかと思う様になります。

そして、こっそりと観察した結果、主人公は美奈がミーナである事を確信するのですが、ミーナはそれを隠し続ける事になる流れですね。


この手の何かしらの秘密を抱えたヒロイン相手にする場合、どの程度それを引っ張るかという点が気になる所ですが、今作の場合は思ってたよりも長めでしたね(汗)

もうミーナ=美奈という事が読み手ならず、主人公までも分かっているんですけども、それを美奈側が隠しきれていないですが、認めようとはしないんですね。

そのため、ミーナの時はミーナらしいキャラクター設定での接し方ですし、美奈では普段の生徒会長然とした対応を崩さない訳です。

そういった経緯があるので、おかしな付き合い方を続ける形になっていますね、主人公は。
なので、かなりその構図を引っ張るので、人によっては早く正体明かしちゃえと言う、じれったい思いをする事になるかもしれません(汗)
もっとも、途中で殆ど破綻している設定になっていますけどね(汗)


Hシーン


Hシーンは、ミーナ(美奈)との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、アナルセックス、パイズリなどがあります。

印象的だったのは、ミーナと美奈という存在は、同一人物でありながらも、異なる存在としての行為を行うという要素でしたね。
なので、一粒で二度美味しいではないですけども、そんな感じを味わせてくれます。

ミーナは、主人公をダーリンと呼んだりといった話し方などが舌ったらずというか、幼さを感じさせる甘い話し方である一方で、美奈は実際の通り、主人公よりも年齢が上であるので、年上の女性らしさが強く出ていますし、落ち着いた印象がありますので、まるっきり別人格とも言える両極端さが味わえる事になりますね。


上記のストーリー展開でも書いていますが、私が当初思ってたよりもミーナであるシーンが多いんですね。
なので、ミーナとの行為もしっかり描かれていたには予想外であり、嬉しい結果でもありましたね。

つまりただのコスプレHな訳ですけども、美奈もキャラに入り込んでいるというか、なりきっていますので積極的なんですよね、恥ずかしさで照れていながらも。
美奈では、恥ずかしくてできない様な事も、ミーナであるという事で割り切っているんですかね、その辺り。
まぁ、そうじゃないとダーリンとか言えないわな(汗)

まぁ、ミーナのボリュームが多い分、美奈との行為は少ない事になったのはちょっと残念ですかね。
ミーナのキャラクターも良かったですけども、美奈のメガネ姿も魅力的だっただけに惜しいですね。
個人的には、あまりメガネキャラ得意って訳ではないんですけども、美奈のデザインは結構グッときました♪

ミーナという事で、スク水状態が多いのも特徴ですね。
何故にスク水なのかは、これが神楽作品だからとしか言えませんな(汗)
その分、スク水に対する熱い情熱は伝わると思いますので、スク水好きには嬉しいですね♪


挿絵


挿絵は「はっとりまさき」さんが手がけています。
カバーコメントで挿絵の仕事は初とあったので、そうみたいですね。
HP見たら、携帯アプリのイラストとかも数枚担当されているとか。

可愛らしい絵柄で、ミーナと美奈のヒロインを描いていますね。
細めの描線で、色味も淡いんですけども、それでも漂っている色気、いやらしさはかなりのものでした♪
あのおっぱいの描写が何とも柔らかそうであり、弾力感を感じさせて興奮ものです。

色味が淡い挿絵って、中には白さが際立ってしまってて、あっさりしているものもあるんですが、今作の挿絵は全体的に白っぽさを感じないと思います。

美奈のダブルピースしているシーンもあり、見所ですね。
まぁ、いわゆるアへ顔ダブルピースではなく、恥ずかしさで顔を真っ赤にしている不器用なダブルピース姿で可愛かったです♪

挿絵数:14枚

総評


全体的には、甘さがあって、イチャイチャ感の強い作品で読んでて楽しめましたね。
ミーナも美奈も魅力的で、満足です♪

とは言え、気になったのは、やはり純粋に美奈との絡みが少なく、終盤までお預けな所でしょうか。
大部分がミーナなので、もっと美奈を見たい人は多いんじゃないかなと。
まぁ、途中からミーナであっても、美奈っぽさが出ていたりで、両者が入り混じった感じになっていますけどね。

もっと早くバレるか、バラしてすぐ話が進むのかなと思ってただけに、あそこまでこれで引っ張り続けるとは思ってもみませんでしたが(汗)
なので、その過程を楽しむ内容って感じですかね。
そんな波乱な展開は基本ないので、まったりと読めるのではないでしょうか。

ネトゲの嫁が生徒会長だった件について ネトゲの嫁が生徒会長だった件について

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ネトゲの嫁が生徒会長だった件について [ 神楽陽子 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ネトゲの嫁が生徒会長だった件について

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 なりきりプリンセス レビュー

二次元ドリーム文庫 なりきりプリンセス

なりきりプリンセス (二次元ドリーム文庫)
神楽 陽子
キルタイムコミュニケーション

二次元ドリーム文庫の初期の頃の作品なので、大分古いですがレビュー(汗)

主人公兼ヒロインの「アリア」は、街の風俗店で働いています。
そんな彼女は、ある理由もあって店の人気を集める存在でもあります。
その理由とは、実は彼女はオルティッツ公国の王女「ミシェラ=シャルルドゴール」と瓜二つの容姿をしていたのです。

そんなアリアの元に、何と王女ミシェラが訪ねて来る事に。
何と彼女は、アリアを自分の身代わりとして王女になれと迫る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、アリアとミシェラのふたりです。

アリアは、街の風俗店で働く性奴です。
そんな状況を極々当たり前の事と考えています。
性奴としての生き方しか知らないので、常識に疎い所があります。

ミシェラは、オルティッツ公国の王女です。
父親である国王に甘やかされて育てられた事もあり、かなりのワガママです。
今回も自身のワガママのために、アリアを身代わりとして仕立てようと画策する事になります。

ストーリー展開


展開的には、アリアが王女のミシェラそっくりの外見である事で、ミシェラの代わりに王女になる事になってしまう流れです。
かなりミシェラのワガママが過ぎますねぇ、理由もしょうもないし(汗)

そんな彼女のそっくりさんであるアリアが、これまた性奴であったってのは何とも皮肉と言うか…。
性奴とは、主人や客の性的な欲求を満たすための女奴隷を意味します。

この国では、昔から奴隷制度が根付いている土地なんですね。
そのため、性奴も国の制限こそあるものの、殆ど黙認状態であり、女性たちですらも、その状況を普通に受け入れている程です。
なので、この国では風俗店が大量に存在している訳ですが、その中でもアリアの存在は別格となっています。

そりゃ、この国の王女であるミシェラと瓜二つの容姿な訳ですからねぇ。
そんな彼女とHな行為が出来、更に性奴な訳ですから、彼女に命令しても何ら問題ないですし、やりたい放題ですもんね。

それに加え、アリアは性奴として出来た存在である事も大きいですね。
彼女は、物心ついた時から身寄りがなく、性奴としての生き方しか知らない訳です。
なので、性奴での常識が彼女の常識の全てとも言えるので、それを苦しいなどとは考える事はないんですね。

そんな彼女を見た目だけで王女の代わりをさせるのは、さすがにマズイので勿論出来るだけの王族としてのマナーなどを教え込む事にはなります。

そして、いざ入れ替わる事になった訳ですが、多少ボロを見せる事はあったものの、意外にうまくいく事に。
というか、むしろアリアの王女の方が周りからの評価が高くなるというまさかの展開になる辺り、よほどミシェラの態度は酷かったんだなと感じさせますなぁ(汗)

これだけならば、何も問題はないかと思われたのですが、アリアは性奴の考えで物事を考えるゆえに、その後城内をかき回す事になります(汗)
ぶっちゃけて言えば、Hの事ですね。
彼女にとって、優れた女性=上手に男を愉しませる存在であり、一国の王女であるミシェラともなれば、性奴など目ではないくらいのHであるという誤った考えを持っている訳です(汗)

なので、彼女はミシェラとして男性陣にHな行為をしなければならないと、行動を起こす事になり、騎士たちに迫るという流れになっていく訳です。

Hシーン


Hシーンは、アリア、ミシェラの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

中盤くらいまでは、ミシェラがお忍びで出かけていったので、当然アリアばかりが目立ちますね。
彼女は、性奴なのでやはりHには積極的ですので、ノリノリですね。
王女のミシェラになりきって、城内の男を誘惑する姿は普段のポヤーンとした姿とはまた違って見えます。
ミシェラの様な高貴さは少ないものの、彼女にない艶気は分がありますね。

対してミシェラは、ワガママな王女様とは言え、そこはやはり王族。
勿論、未経験なのでアリアとのギャップがありますね。
やはり、未経験ゆえに恥じらいがあるのも、普段のワガママっぷりの目立つ彼女なだけに、初々しい態度は可愛らしく感じますねぇ。

終盤では色々な事情により、乱交状態みたいになってたりもします(汗)
挿絵だけ見ると、ある意味凌辱されているかの様ですが、別にそういうしんどい状況ではないので大丈夫かと思います(汗)

やはり個人的には、ミシェラよりも最初から出番があるアリアの方が印象に残りますねぇ。
もう少し、その頃ミシェラは~みたいな視点切り替えなりが少しでも要所要所であれば、もっと彼女に対する愛着も増したのかなとは思いましたけどね。

挿絵


挿絵は「ミヤスリサ」さんが手がけています。

最近の絵柄に比べると、若干ほっそりしている様な気もするかな?
私のイメージだと、もう少しふっくらしている感じなんですよね。
でも、ヒロインの愛らしい表情は変わりませんね♪

ふたりのヒロインなんですが、そっくり設定なので、実質ひとりみたいになっているのは残念ではありますね(汗)
でも、やはり表情は似ているんですが、何となく雰囲気などでどっちがどっちか分かるかな?

総評


全体的には、男主人公ではなく、女性ヒロインが主人公という最近では珍しい作りでしたね。
最近だと二次元ドリームノベルズくらいだしなぁ(汗)

まぁ、今作は別にノベルズみたく凌辱がある訳ではないですので、ご安心を。
乱交気味な展開はありますけども、別に嫌々って感じではないですし、明るい雰囲気の作風なので、楽しめる作品だと思います。


楽天はこちらからどうぞ
なりきりプリンセス

残念な事に古い作品なんで電子書籍あるかと思ったんですが、DMMにはないんですな(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 ナイショのカンケイ 委員長の秘密 レビュー

二次元ドリーム文庫 ナイショのカンケイ 委員長の秘密

ナイショのカンケイ 委員長の秘密 (二次元ドリーム文庫130)
あらおし悠
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 55009
おすすめ度の平均: 4.0
4 (気づかなかったけど)この帯ひどいよ。ネタバレじゃん。

転校先で出逢った正義のスケバン・霞直に一目惚れした圭介。最初はウザがられていたものの、次第に仲良くなっていき、ついに恋人同士に!その一方で、霞直を嫌うツンツン委員長・朋華への好意にも気づき始めて…。圭介の恋の行方は。

この作品は二次元ドリーム文庫の中でも、ストーリー性があると思う作品でした。
そのため、じっくり読み進める楽しみはあるかもしれませんね。

そんな作品の内容ですが、主人公は転校してきたばかりの初登校の電車内で今時珍しいスケバンスタイルの格好をした「霞直」(かなお)を見つけるところから物語が始まります。
個人的にポニーテールのちょっと不良系なヒロインは好きなので、嬉しい作品です♪
まぁ、実際の娘は…(汗)

そんな霞直の姿に心惹かれてしまった主人公は偶然、霞直が不良男子との対決している場面に出くわします。
元々、暴力沙汰がキライな主人公は、そんな場面に力もないのに割って入ったためにノックアウト(汗)
目が覚めるとそこは転校先の保健室。
更に主人公の側には、美少女が2人。
2人の正体は生徒会長の「円香」(まどか)にその妹で主人公のクラスメートである「朋華」(ともか)でした。
運が悪い?事にノックアウトされた瞬間、見えた霞直の下着が頭から離れない主人公は勃起したまま…。
何故か、そんな肉棒を円香が…。

そこから主人公は、この姉妹と霞直の存在に関わる事になっていきます。
ここでポイントなのはやはり霞直の存在です。
彼女には何か色々背負っている物があるようで、主人公は気になってしまいます。
この作品はちょっと仕掛けがあるので、中々書きにくいんですが…(汗)

私は中盤くらいでそれに気づきましたので、そこまで斬新でもないのでしょうが、二次元ドリーム文庫ではちょっと珍しい作風なのかなと思いました。
勝手なイメージですけど、何か美少女文庫ぽい気も?

どのヒロインともHな展開はなるのですが、何と言うんでしょうかあまり、なし崩れ的なノリでのHとは違い、ストーリー性を感じさせる印象でした。
かと言って、H度が低い訳ではないので、そこは嬉しいです♪

個人的にはやはり霞直とのHはよかったです。
挿絵でこちらを上目遣いで見つめながらのフェラシーンは、素晴らしいですね(照)
円香は話的に仕方ないのでしょうが、Hが少なめだったのは残念…。
朋華も序盤は保健室の一件もあって、主人公には素っ気無かったのですが、終盤は可愛い姿を見せてくれます。
キャラクターが活かされているという印象が強い作品で満足度は結構高いです。

まぁ、仕掛けに関しては…、読んだ後だとタイトルで想像つきそうですねぇ(汗)
途中で気づく前提なのだろうからいいのかな?

楽天はこちらからどうぞ
ナイショのカンケイ

販売開始日: 2010/03/31
DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
ナイショのカンケイ 委員長の秘密

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 なりゆきガーディアン レビュー

二次元ドリーム文庫 なりゆきガーディアン 

なりゆきガーディアン
なりゆきガーディアン
価格 662円 税込 レビュー( 0件 )

優しいだけが取り得の少年・冬馬。彼はある日の放課後、学園に潜む不死者に狙われる…!?その日から、ガードマン役の美少女ハンターたちに囲まれ、何故かモテモテ状態に。エッチな護衛人たちは彼の気を引こうとあの手この手でおもてなし。

この作品は、評価に困る感じですねぇ・・・。
結構、強引な展開で進行するんですが、勢いがあるんで何となく読んでしまうんですよね。
ヒロインキャラクターも個性派ぞろいで、チェンソー持ったツインテール娘やシスター、退魔士などその手の職種が勢ぞろい。

放課後、残っていた事で事件に巻き込まれる事となった主人公は、不死者と呼称される存在らにはごちそうな存在という理由がありますが・・・、はて? こんな設定、どっかで・・・。

まさしく、「なりゆき」って感じなのでしょうか(汗)
まぁ、このなりゆきとはチェンソー持ちのヒロインがなぜか主人公を気に入る事で結果として不死者たちから守ってくれることによるものですが。

かなり個性的な言動をするキャラたちゆえ、クセのある文章なのでそこはちょっと人を選ぶかもしれませんね。
ラストが何ともはっきりしない感じというか、ぼかした感じなのでそこははっきり終わってほしかったかなぁ。

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
なりゆきガーディアン

アマゾンはこちらからどうぞ
なりゆきガーディアン (二次元ドリーム文庫 89)
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます