FC2ブログ

二次元ドリーム文庫 「か行」のカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

  • ホーム
  • »
  • 二次元ドリーム文庫 「か行」

カテゴリ:二次元ドリーム文庫 「か行」

二次元ドリーム文庫 「か行」のカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2017-11-03二次元ドリーム文庫 「か行」
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.11.03市村鉄之助 キルタイムコミュニケーション (2017-10-24)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、ライバル視している存在がいます。それは、学園一位の実力を持つ「ケイト」でしたが、何度も挑むものの、その度に返り討ちにされていました。しかし、そんな...

記事を読む

2017-10-05二次元ドリーム文庫 「か行」
クーマゾ♪ しつけてお姉ちゃん (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.10.05栗栖ティナ キルタイムコミュニケーション (2017-09-28)Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、家が古くから続く剣道場の跡取り息子です。しかし、姉の「薫」(かおる)には勝てないでいました。そんな中、主人公は生徒会室の片づけを頼まれた所、何故かSMグッズの入った...

記事を読む

2017-04-01二次元ドリーム文庫 「か行」
騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.04.01上田ながの キルタイムコミュニケーション (2017-03-29)Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。百合とタイトルにある様に、今作は男性主人公のいない百合作品です。主人公兼ヒロインの「サリア」は、騎士として名を上げるために、人に害なす悪魔を狩る事に。しかし、その戦いで...

記事を読む

2016-07-27二次元ドリーム文庫 「か行」
子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.07.27089タロー キルタイムコミュニケーション (2016-07-22)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな彼は、ある日偶然目撃した光景に目を疑う事に…。何と、街中で鎧姿に羽が生えた女性が空を浮いていたから(汗)謎の女性を追いかけ...

記事を読む

no-image

2015-06-27二次元ドリーム文庫 「か行」
クールな生徒会長はパイロット候補生 エッチで乱れるほどシンクロ率アップ! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.06.27上田ながの キルタイムコミュニケーション (2015-06-25)Amazon.co.jpで詳細を見る6月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。この世界では、外宇宙から人類に対して敵対する存在がおり、多くの命が失われています。そんな現状を打破すべく、人類はこれらの存在に対...

記事を読む

no-image

2015-05-20二次元ドリーム文庫 「か行」
吸血姫とミニメイドに搾られて今夜も眠れない (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.05.20夜士郎 キルタイムコミュニケーション (2015-05-16)Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、妙に性欲が強い男子学生です。そんな彼の前に突如現れたのは、ふたりの吸血鬼!?しかし、吸血鬼が欲したのは、主人公の血液ではなく、精液だったという展開です。登...

記事を読む

no-image

2015-02-15二次元ドリーム文庫 「か行」
クールな女軍人がエッチなおねえさんに変わるまで (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.02.14夜士郎 キルタイムコミュニケーション (2015-02-13)Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、両親の離婚をきっかけに、母親と共に母の生まれ故郷「トリスフール」で暮らす事に。全く異国な環境での生活に不安を抱く主人公ですが、そこで彼を出迎えたのは...

記事を読む

no-image

2015-02-14二次元ドリーム文庫 「か行」
子作り教室 ライバルお嬢さまの幸せ計画 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.02.14木森山水道 キルタイムコミュニケーション (2015-02-13)Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、自身の将来のためにひたすら勉強に励むガリ勉男子です。周りの評価などなんのその、目的の為に努力を続ける彼でしたが、そんな彼に突っかかって来る存在が…。それは...

記事を読む

no-image

2015-01-29二次元ドリーム文庫 「か行」
学園百合ストーリーズ 3つの恋花 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.01.29上田ながの キルタイムコミュニケーション (2015-01-20)Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は、タイトルで分かる通り、男性主人公などが登場しない百合作品です。また3つの恋花とある様に、3つの少女たちの物語が描かれているオムニバス作品と考えてよろしいかと思いま...

記事を読む

no-image

2014-08-15二次元ドリーム文庫 「か行」
クーマゾ! ふぁんたじ~ しつけて姫騎士様 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 14.08.15栗栖 ティナ キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。過去に発売されたクーマゾシリーズの最新刊ですね。過去シリーズとは、世界観自体もファンタジー物になっているので別物ですね。今作から読んでも、問題なく読める内容になっていますので...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! レビュー

口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)
市村鉄之助
キルタイムコミュニケーション (2017-10-24)

口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)
10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、ライバル視している存在がいます。
それは、学園一位の実力を持つ「ケイト」でしたが、何度も挑むものの、その度に返り討ちにされていました。
しかし、そんな中主人公はケイトの秘密を知る事に…。
何と、男性だと思っていたケイトが実は男装していた女性であったのです。

主人公は、自分の正体を口止めしてくるケイトから、見返りとしてHな奉仕を受ける事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ケイト・ブレナン
  • ティアナ・リントナー
  • アキラ・コノエ
がいます。

ケイトは、教会に選ばれた聖剣使いの勇者です。
可愛らしい小柄な見た目とは裏腹に、圧倒的な実力の持ち主で学園一位の座にいます。

ティアナは、貴族の令嬢です。
前線で戦う事よりも回復、支援の魔術を得意としています。
傷ついた主人公を呆れつつも、回復してくれる人の良さがあります。

アキラは、ケイト、主人公に次いで学園三位の実力を持っています。
自分の上をいく主人公をライバル視しています。
凛々しい雰囲気の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公が勝手にライバル視している相手が、まさかの女性であったと知る流れですね。

この世界では、教会と聖剣に選ばれた存在が勇者と称されるらしいですね。
なので、勇者ってのは、この世界にひとりだけではなく、何人かいるみたいですね。
主人公の学園にいるケイトもそんな勇者のひとりでした。

圧倒的な力を有し、学園の人間など相手にもならない、その強さは正しく勇者にふさわしい実力でした。
そんな勇者に対して、複雑な感情を抱いているのが主人公でした。
実際は、毎回戦いを挑むも敗北という結果に終わる羽目に…。

主人公とて、この学園でケイトに次ぐ実力はあるだけに別に弱い訳ではないんですけどねぇ(汗)

挑んでは返り討ち、そんな事が繰り返されていた中、事態は動き出す事に。

この日も、いつも通りケイトに敗れ、更衣室に行くと、そこにいたケイトが何と男性ではない事が判明(汗)
彼女…、ケイトは男装をして、これまで学園で男子生徒として振る舞っていたのです。

そこには彼女のかかえる事情が色々とある訳ですが、ここでは省略(汗)

偶然とはいえ、ケイトの秘密を知ってしまった主人公。
ここでケイトが切り出したのが、何でもするから黙っててくれという台詞(汗)
勿論、主人公としたらライバル視してたけども、別に恨みがある訳でもないだけに、それをネタに何かしてもらうつもりはなかった訳ですね。

しかし、ケイトからしたら、その言葉を信じたいけれども、それだけでは不安。
そこで、彼女の行動は主人公に自分の身体を好きにしてもいいという誘いだったのです。
これでお互いの秘密を共有する間柄って事にしようとした訳ですな(汗)

こうして、主人公は彼女の誘いを拒み切れず、そこからHな関係になっていく事となる流れですね。


…しかし、この手の話ではよくある事ではありますが、最初から女だろう感が凄くて、まさかって意外な感じでもなかったですな(汗)

実は、アキラもまた男装の女性である事が、後で分かるんですが…。
最初から完全に女性と思ってたから、途中まで読んでいて「?」って思ってました(汗)
「彼」って描写されてて、最初ミスかと思ってたのは内緒(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、素股、アナルセックス、自慰などがあります。

今作の見所は、「口止め」による行為展開でしょうか。

秘密を知った事で突然関係を持つに至った、ケイトとアキラ。
それゆえに行為までの展開は早く、何度も行為に耽る様にもなった訳ですが、弊害も。
それは、本来であれば好意、気持ちを伝えてから始まるであろう関係の過程をすっ飛ばして、秘密の口止めという理由で関係に至った事でした。

この行為は、口止めの意味であって、好意ではない。
そんな理由付けをしてしまったゆえに、行為こそできても、真の意味での結びつきが出来ていないあいまいな関係性を構築してしまった訳ですね。
そして、女性陣たちはそんな形で結ばれた事を嬉しくも、後悔の念もあったりと複雑な心情が垣間見えますね。

ふたりとの行為ではフェラなどで射精こそしていますが、この時点での本番行為、キスは一切ありません。
そこには、上記のあいまいな関係性ゆえに、そこを許しては…という所もありますし、主人公側からしたらキスや本番を許さないだけに、あくまでも口止めでの行為なんだと受け止めてしまう結果にも繋がるなど、歯がゆいですね(汗)

反対に、唯一普通の女性?であるティアナとは、最初から本番行為がありますね。
まぁ、彼女も若干変な流れからの行為に至ってはいるんですが、彼女は最初から好意をはっきりと出して伝えたって事が大きかったですね。
順番的には、一番最後なのにそのせいで印象に残っていますね。

勿論、最終的には全員とも本番行為は解禁されますので、ご安心を♪

終盤では、全ヒロイン交えてのハーレム展開になっていますが、実質的にはケイトとの行為がメインかな?
ここで、ようやくケイトとの本番行為が解禁となるだけに、どうしても彼女がメインになるのは当然ですね。
他のふたりも少しは、絡んでくるものの、想い人(主人公)がケイトとしているのを見せられて、切なくも興奮し、自慰に至るって感じでしょうか。


個人的に、残念だったのはパイズリ展開がなかった事でしょうか。
一応、文章で端折られた中にはパイズリで射精させてもらった的な内容があるにはあるんですが、それだけなので、実質ない様なものですね。

挿絵


挿絵は「イット」さんが手がけています。
カバーコメントに初めましてとあるので、お初なのかな?

淡い色味にシャープですっきりとした描線で描かれた女性陣は、スラッとした印象がありますね。
まぁ、どう見ても最初から女性に見えるってのは仕方のない事でしょうから、今更気にしない(汗)

実際、どの女性陣もタイプの異なる魅力の持ち主ですからねぇ。
それだけ隠し切れない女性としての魅力に満ち溢れているって解釈しましょう♪

これだけ美少女たちを男子と思い込む…、いったいこの学園の男子は美少年ばかりなのだろうか(汗)

挿絵数:11枚

総評


全体的には、男装女性陣と口止めHという、王道的な展開が楽しめましたね。
それゆえに、バレバレな正体に始まり、そこまで展開に新鮮さもインパクトも薄かったものの、分かりやすくサクサク読みやすい作品に仕上がっていますね。

女性陣3人との関係性も、ギスギスした泥沼感もなく、読んでいて胃が痛む事もないですしね(汗)
なので、男装女性陣(全員じゃないけども)との甘々な雰囲気を楽しみたい人には満足できるのではないでしょうか。

そういや途中で主人公が勇者しか触れられないらしい聖剣を触れたのは何でなんだろ?
結局、その理由も何も説明ないまま終わったけども…(汗)
個人的には、別にそんな事しないで自力で倒せば良かったんじゃないかと思うんですけどねぇ(汗)

Amazon版 電子書籍
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです!

楽天
口止めのご褒美は男装乙女とイチャエロです! (二次元ドリーム文庫) [ 市村鉄之助 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 クーマゾ♪ しつけてお姉ちゃん レビュー

クーマゾ♪ しつけてお姉ちゃん (二次元ドリーム文庫)
栗栖ティナ
キルタイムコミュニケーション (2017-09-28)

クーマゾ♪ しつけてお姉ちゃん (二次元ドリーム文庫)
9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、家が古くから続く剣道場の跡取り息子です。
しかし、姉の「」(かおる)には勝てないでいました。

そんな中、主人公は生徒会室の片づけを頼まれた所、何故かSMグッズの入った箱を見つけてしまう事に(汗)
扱いに困り、家にまで持ち帰ってしまった所を姉の薫に見つかってしまう事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 内藤 薫」(ないとう かおる)
がいます。

薫は、主人公の姉です。
剣道の腕前は、超一流であり、道場の人間は相手になりません。
自分に厳しく、凛とした雰囲気には男女問わずファンが多いです。

ストーリー展開


展開的には、主人公が何故かSMグッズを持ち帰ってしまい、姉の薫にバレる流れですね。
どんな流れかは、気にしてはいけない…(汗)

主人公は、剣道場の跡取り息子なのですが、姉の薫に勝てないで厳しく叱責されている日々を送っています。
実際、彼女の剣の腕前は確かであり、道場では敵無しなのですが、実は、主人公も大会では負けてないんですね。

でも、姉の薫の前では勝てない…。
これが薫にとっては、弟の力量があるのにも関わらず勝てない事が歯がゆい訳ですね。
結果、言葉も少し厳しいものとなっています。

主人公自身も、姉の太刀筋が見えない訳でもなく、戦えるはずと理解しているのですが、ある事が心理的に歯止めとなっていたのです。
ある事については、後で…。

そんな中、学校で主人公は学校の生徒会長である「奏」(かなで)に呼ばれる事に。
奏は、姉の薫と仲が良いらしく、度々話し込んでいるのを主人公も知っていました。

ちなみに、この奏、恐らく前々作のクーマゾ2で登場したヒロインかな?
さすがに発売から丸5年以上経過しているので、もう手元に残していないんですが、当時のレビュー記事を見ると、恐らく同一人物かな。
当時のレビューは、名前しか書いてないから、確定ではないんですが、多分そうでしょう(汗)

二次元ドリーム文庫 クーマゾ!2 しつけてお兄ちゃん レビュー

そんな彼女からのご指名で、主人公は生徒会室の片づけの手伝いをさせられる事になるのですが…、そこである物を発見。

まぁ、上記で書いているのでサラッと書きますが、何故か学校にある様な物ではない様々なSMグッズが入った箱でした。
奏にはゴミだと言い繕って、処分のため生徒会室を出た主人公ですが、焼却炉で処分して大丈夫なのか悩み、結局自宅まで持ち帰ってしまったのです(汗)

これまでSMとかには特に興味もなかった主人公。
しかし、SMグッズの数々を見て、SM系雑誌に掲載されている女性の表情が薫にだぶったのです。

これこそが、主人公の悩みでもありました。
主人公は、正確には薫に全敗ではなく、実は幼い頃に勝った事が一度だけあったのです。
その際の敗北し、主人公を下から見上げる姉の表情に、当時の主人公は異様な高ぶりを覚えたんですね。
弟に負けた悔しさ、弟が成長した喜び…、様々な感情が入り混じった表情を向ける姉の姿は、主人公の何かを強く刺激した訳です。

しかし、主人公は以来、そんな感情を姉相手に抱いてはいけないと恐怖心、罪悪感にも似た思いになってしまったんですね。
これまでの薫との戦いでも、それをまた感じてしまうのではないかという恐れが、以来勝てなくなった理由でもありました。

SM雑誌に載っている女性たちの浮かべる表情は、あの時の姉、薫と似ている…、と。
結果、そんな妄想をしていた時を、薫に見つかってしまう事に(汗)

この後は、薫から勝負を挑まれ、これまでのトラウマを振り払う様にし、遂に薫に2度目となる勝利。
しかし、負けた薫の様子がおかしい事に…。

実は、主人公がかつて薫を打ち負かした際に感じた激しい高ぶり。
それは、薫もまた感じた感情だったのです、ただし彼女の場合はその逆、主人公に負けた際に抱いた高ぶり…。
そう、彼女は実はM気質であり、主人公に支配されたがっていたという流れですね。

Hシーン


Hシーンは、薫との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、緊縛要素、浣腸、小道具を使う展開なども一部ありましたね。

やはり今作の見所としては、姉、薫のクーマゾ気質という所でしょうか。
これまで負け知らずな彼女が、かつて主人公に負けた際に味わった感情…、それは彼女がそれまでに抱いた事のない強烈なものでした。
その際の主人公が薫に見せた表情に、当時の薫はゾクゾク痺れた訳ですねぇ。

主人公は主人公で、その薫の表情にゾクゾク痺れてた訳だから、相性バッチリですな(汗)

これまでは、それをひた隠しにしてた訳ですが、薫が遂にそれを告白した事で、姉弟の関係は大きく激変する事に。
いきなり主人公の股間ににじり寄り、股間の匂いに興奮をするなど、これまでの凛々しく厳しい彼女とは別人の様に(汗)

主人公もそんな豹変した薫の姿に、大興奮。
かつて自分が薫に激しい高ぶりを抱いた時と同じ姿に、知らず知らずにSな言動を…(汗)
薫もそんな主人公のこれまで見せなかった強い有無を言わせぬ言動に興奮、喜びの色を浮かべ、主人公の指示に従う事になりますね。

そのままフェラから本番に至り、ふたりの関係は決定的に変わりますね。

一度、関係を持てばもはや歯止めが利かない、若いふたり。
自宅だけでは収まらず、次第に行為は大胆になり、学校内で人の気配を感じながら行為に耽る事に…。
もう、この辺りのふたりの行為へのハマりっぷりが凄いんですよねぇ、親も海外に行っており、家にふたりきり…、そら止まらんわな(汗)

勿論、ふたりとも行為の後は、性欲が鎮まるから落ち着き、猛省するんですけどねぇ。
でも、いざ相手を前にすると、身体が過敏に反応しちゃう訳ですよね(汗)

この辺のふたりは、これまでのタガが外れた事で暴走しっぱなしでしたからね。
それゆえに、バレたら破滅的な状況下での行為がよりスリリングで興奮を高めて、更に盛り上がるなど悪い方向へ(汗)
まぁ、それを経て、激情に流されずに互いを思いやりつつも、行為は濃厚にふたりなりに愛情深くシフトしていく事になりますね。
…SM色がない訳ではないですな、うん(汗)


作中では、若干の緊縛展開もありますね。
個人的にはそんなに興奮しない要素ではありますが、さすがに縄通して宙吊り行為するとは思わず、それは印象深かったですね(汗)
精々、手を縛るくらいかと思ってたんで、いきなり!?って(汗)

その後も、亀甲縛りなどマニアックな展開もありましたが、正直描写としてはそこまで詳細ではなかったです。
ちょっとそういうのをやりました程度なので、そんなにやたら詳しい描写でもなく、サラッとしていましたので、苦手な人もそこまで気にならないかと。

全体的に、叩いたりみたいな直接的な責めは、あまりなく(竹刀で叩くとかはありましたが)、殆どが言葉責めだったり、周囲に人がいる様な状況下での行為など羞恥心をくすぐる様な方向性が大半ですね。
私的には時に幾分主人公の言葉責めが熱がこもると強めかなと思いましたが、そこまでではないはずです。
まぁ、言われた本人が満更ではない反応しているから問題ないでしょう(汗)

終盤では、妊娠し、お腹が大きくなった姿の薫との行為も描かれていますね。
挿絵見ると結構な大きさになっているけども、中々主人公もアナルバイブ突っ込みながら、挿入したりと激しい扱いしてますね(汗)
大抵、こういう状態での行為って母性が出てたりとか、甘さも強いものですが、挿絵の効果もあってか、濃厚で全然雰囲気が甘そうに見えないという(汗)

挿絵


挿絵は「澤野明」さんが手がけています。
成年コミックやPCゲームの原画などを手掛けておられるみたいですね。

クーマゾ初代、2、ふぁんたじ~は「大空樹」さんが担当でしたが、今回は澤野明さんに変わりましたね。
なので、2の奏は残念ながら挿絵には登場しません。

基本、可愛らしくムチッとした肉付きの絵柄ですね。
…でも、注意って訳ではないのですが…、今作は表紙絵で判断すると「アレ?」って思うかもしれません(汗)

何故かと言うと、行為時の薫の描写がかなり生々しさがあって、濃いめなんですね。
そのため、表紙絵の薫と別人に見える様な表情(瞳)になっているので、「誰?」ってなる可能性が…(汗)

アヘ顔とはまたニュアンス違うんですけれども、…黒目が消えるんですよ(汗)
普段、黒く塗られる瞳孔部分が行為が激しく極まると、動向部分が斜線で縁取られ、中が白くなるんですね。
その結果、凄い鬼気迫る表情を見せてくれます(汗)
…文字では表現難しいですねぇ、見たら一発で分かると思うんですが。

個人的な好みで言えば、あの表情が印象に残り過ぎて、全く行為に興奮できませんでしたが(汗)
正直万人向けはしないかなぁ、あれが凄いハマる人も中にはいるんでしょうけども。
表紙絵(裏表紙)の薫は可愛らしく、アレはある意味罠だなぁと思いました(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、クーマゾらしくクールでMなヒロインとの行為が味わえましたね。
正直、そこまでクール感は控えめだった様な気もしますが…。

後は、クーマゾの最新作ってのも若干今更感もあるかな(汗)
前作のふぁんたじ~からは丸3年、その前の2からは丸5年以上経過しており、今頃?とは正直思いましたし。
それゆえか、挿絵の担当をこれまでのシリーズ全部手掛けた大空樹さんから澤野明さんに変更し、心機一転を図ったのかな?
単純にスケジュールとかで合わなかったのかは、私には分かりませんが(汗)

挿絵の効果もあってか、これまでのシリーズよりも迫力が増している様な印象がありましたね。
ある意味では、あの表情に全部持っていかれたかなと(汗)

Amazon版 電子書籍
クーマゾ♪ しつけてお姉ちゃん クーマゾ!シリーズ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
クーマゾ!

楽天はこちらからどうぞ
クーマゾ♪ しつけてお姉ちゃん (二次元ドリーム文庫) [ 栗栖ティナ ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け レビュー

騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け (二次元ドリーム文庫)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション (2017-03-29)

騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け (二次元ドリーム文庫)
3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

百合とタイトルにある様に、今作は男性主人公のいない百合作品です。

主人公兼ヒロインの「サリア」は、騎士として名を上げるために、人に害なす悪魔を狩る事に。
しかし、その戦いで彼女は逆に悪魔に命を救われるという大失態…。

騎士として、悪魔と言えども受けた恩は返さねばと、悪魔「アーニャ」と共同生活を始める事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • サリア=ハートネス
  • アーニャ
がいます。

サリアは、騎士の家系に生まれた少女です。
騎士として名を上げようと考え、悪魔退治に乗り出しています。
生真面目で義理堅い性格の持ち主である一方、抜けた面も。

アーニャは、人間ではなく悪魔です。
厳密には、人間の精気を糧とするサキュバスでもあります。
悪魔らしい物の言い方をする一方で、人間の暮らしに興味津々だったりする面も。

ストーリー展開


展開的には、騎士であるサリアが、悪魔であるアーニャを倒そうとするものの、逆に助けられてしまい、一緒に生活する事になる流れですね。

サリアの家は、かつては王家に仕えた騎士の家系だったのですが、今は没落してしまっているんですね。
それゆえにサリアの夢は、騎士として名を上げて、家の名誉を取り戻そうと考えていたのです。

そこで彼女が取った方法。
それは、人に害なす存在である悪魔を自分が退治する事で、騎士として名を上げようとした訳ですね。

しかし…、現実は厳しい様でサリアは初めて対峙する悪魔の姿にすっかり戦意喪失気味(汗)
何とか気持ちを奮い立たせたものの、足を踏み外し、崖に…。
悪魔と戦うどころか、このままでは転落し、助からないだろうと思われた時でした。

化け物の姿だった悪魔が、美少女の姿になり、サリアの危機を救ったのでした。

目覚めたサリアは、悪魔であるアーニャに助けられた事を知り、心中は複雑。
まぁ、そりゃ悪魔の命を狙ってきたのに、悪魔に命を助けられるってのは、騎士じゃなくても心中複雑でしょうねぇ(汗)

しかし、何故自分を狙った相手を助けるのか?
アーニャ曰く、サリアの前に戦った悪魔狩りとの戦闘によって、アーニャは決して軽くない負傷をしていたらしいんですね。
そこで、怪我が回復するまでサリアに悪魔狩りから自分を匿えという事なんですね。

この提案に、当然難色を示すサリアでしたが、アーニャには命を助けてもらった恩がある訳ですね。
相手が悪魔とは言え、騎士として、恩知らずな真似はできない…。
苦渋の選択で、サリアはアーニャの提案を受け入れる事となり、こうしてふたりのおかしな共同生活が始まる事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、女性同士なので、当然フェラとかそういった行為はないですね(汗)

共同生活の際にアーニャから、怪我を治すためには精気が必要と言われるんですね。
そこで、サリアとキスをする事が日常的に行われる事になる流れですね。

やはりそこから、一歩踏み込んだ女性同士の絡みに至るまでの関係性の過程が見所ですね。

元々、サリアはアーニャを倒すのが目的であったものの、アーニャ自身は別にサリアに敵対心を持っている訳ではないんですよね。
まぁ、大して相手にもならないと思われている可能性もなくはないですが(汗)
なので、最初からアーニャの態度は割と馴れ馴れしいんですよね。

そんな彼女のペースに生真面目な性格のサリアは振り回される事になるのが微笑ましいですねぇ♪
何だかんだサリアも相手をする辺りが、生真面目というか…(汗)

そんな生活を過ごす内に、それぞれに心境の変化が…。
まぁ、一緒に生活して、定期的にキスしていれば、多少なりとも相手に情も湧くでしょうしね(汗)

勿論、サリアとしては恩があるとは言え、いずれは倒すべき相手とそんな事をしている訳ですから、複雑な心境ではあるんですよね。
一方でアーニャとのキスでは、感じた事のない興奮、快感を覚え、生真面目な彼女としては頑なに否定するくらいしかできない訳ですが。
まぁ、そんな彼女の態度がまたアーニャには、からかい甲斐のある存在として見える訳ですね(汗)

中盤辺りまでは、キスのみと軽めの展開のみですね。
それでも初々しいふたりなだけに、反応などは見所でもありますね。

中盤以降になり、話も進み、キス以上の行為に発展する事になります。
この時点では、話の流れ上でそうなったって感じなので、まだお互いの関係は近づいてはいるものの、決定的ではないって感じですね。
でも、そんな微妙な距離感のふたりが、キス以上に至る事でより一層お互いの距離は確実に縮まっているのを感じ取れますね。

いつしか、最初の頃の様な抵抗感は、サリアの中から消え失せる事に…。
素直に行為での快感を口に出したりと、以前とは違う姿を見せてくれますね。
勿論、変わったのはサリアだけではなく、アーニャも同様ですね。

その後、更にお互いの存在を大事なものと認識して来ると、よりふたりの関係は強固なものになっていきますね。
それに伴い、行為もまたより一層情熱的なものへとなっていく事に。

挿絵


挿絵は「瀬奈茅冬*」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫の百合作品では、もはやお馴染みのお名前になってきましたねぇ(汗)
なので、安定感は抜群ですね。

どちらのヒロインも、可愛らしいキャラクターデザインですね。
サリアは、騎士って事でもっと凛々しいかと思いましたが、凛々しすぎず、愛らしさのあるバランスで魅力的でした♪
アーニャも、悪魔なんですが、そんな感じはしないくらいに可愛らしくて、小悪魔って感じですかね。

表紙絵では、アーニャはたまに角が生えているんですが、挿絵では殆どその姿ではなく、普通の角が見えない姿なので、余計に普通の女の娘という感じですね。
あまりに人外過ぎると、女性同士の関係って所から意味合いが離れてしまうでしょうし、これで正解でしょうね(汗)
個人的には、口絵のアーニャのうっとり顔がお気に入りですね♪

行為描写は、可愛らしさもありつつ、普段以上に色気が増した雰囲気が描かれていますね。
淡い色味で柔らかさが感じられる仕上がりは、ガツンとしたインパクトは控えめながらも、しっかりとした艶がありますね。
お互いの事を信頼し、愛している様は彼女たちの表情を見れば、一目瞭然ですね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、女性同士の恋愛物でしたが、世界観がファンタジーなので、苦手な人でも入りやすいかなとは思いましたね。

また今作って、単に女性同士ってだけではなくて、人間と悪魔という他種族間での話でもあるんですよね、そういや。
家のためにアーニャに戦いを挑んで、彼女の人となり(悪魔となり?)を知り、人ではない悪魔の彼女を愛する様にまで至ったサリアの心情は見所ですね。
勿論、アーニャ側の描写もありますけどね。

そこまで変に描写も生々しくないと思いますので、読みやすい仕上がりですね。
女性同士という事が気にならなければ、十分楽しめると思います。

Amazon版 電子書籍
騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ レビュー

子作りヴァルキリー!  戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2016-07-22)

子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)
7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼は、ある日偶然目撃した光景に目を疑う事に…。
何と、街中で鎧姿に羽が生えた女性が空を浮いていたから(汗)

謎の女性を追いかけた主人公は、そこで女性が死霊と戦闘する場面に出くわしてしまい、結果、死亡してしまう事に!?
そんな主人公を救うには、鎧姿の女性…ヴァルキリーを孕ませる必要があるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • セルヴィス
  • グリムヒルデ
  • ブリュンヒルト
がいます。

セルヴィスは、主人公が目撃した戦乙女…、ヴァルキリーと呼ばれる存在です。
凛とした性格の持ち主で、ヴァルキリーとしての使命に燃えています。
勝気で負けん気が強い性格でもあるものの、ちょっと世間知らずな面もあります。

グリムヒルデ(以下ヒルデ)も、ヴァルキリーです。
セルヴィスをお姉さまと慕っている妹分的な存在です。
セルヴィスを慕うあまり、暴走する事もしばしばあり、彼女の傍にいる主人公を快く思っていません(汗)

ブリュンヒルト(以下リュン)も、ヴァルキリーです。
セルヴィスたちの長に当たる存在であり、歴戦の戦乙女です。
クールで厳格な性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公がまさかのヴァルキリーの戦闘に巻き込まれてしまい、命を落としてしまう流れですね。
まぁ、よくあるよくある(汗)

主人公は、ごく普通の学生だった訳ですが、ある日、鎧姿の女性を目撃したんですね。
それだけなら、よくある光景?だったのですが、そんな女性が空に浮いてたら、さすがに異常な光景だった訳ですね。
しかし…、周りの反応はまるでなく、どうやら主人公しか見えない模様で。

その後、主人公は彼女を探してたんですが、そこで死霊と戦う彼女の姿を見つけたのです。
美しいその姿に見とれる主人公でしたが、次第に劣勢になっていた彼女の危機に思わず飛び出してしまったのです。
そして、結果として主人公は敵に向かって繰り出された女性の攻撃を受けてしまったのです(汗)

この状態に狼狽したのは主人公ではなく、相手の女性…、セルヴィスの方でした。

彼女は、当然人間ではなく、ヴァルキリーと呼ばれる存在であり、今回死霊を刈るために地上に降りてきたんですね。
そんな中で、結果として人間である主人公を殺めてしまった訳ですから、使命に燃える彼女としてはまさに予想外な事態だった訳ですね。

彼女が取った手段は、主人公の魂を取り込み、一時的に主人公の命を存続させたんですね。
とは言え、このままではセルヴィスから離れる事も出来ず、根本的な解決にはなりません。
そこでセルヴィスは、子供を早く作れと言ってくる事に(汗)

どうも主人公の子供を作る事で、それを足掛かりに復活できるらしいんですね。
しかし、主人公にそんな子供を作ってくれる様な女性に心当たりはなかったので、責任を感じたセルヴィスが名乗り出る事となり、彼女と子作りをする事となるのでした。
そこに更に他のヴァルキリーたちがやって来て、次々と彼女たちと関係を持っていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがありますね。

やはり見所は、人間ではなくヴァルキリーとの行為ですよね。

ちなみに主人公の子供を産むと宣言した、セルヴィスは全くHに対して無知です。
だからこそアッサリと引き受けたってのがあるんでしょうねぇ(汗)
まぁ、他のヴァルキリーたちを見ると、別にヴァルキリーがそういう性的な事を知らないって訳ではなくて、単にセルヴィスがそうだったってだけみたいですけどね。

そんな何も分からない彼女を相手にHな行為をし始める訳ですが、初めての挿入で痛みを感じつつも、次第に快感を感じ始める事になりますね。
未知の快感を知ってしまい、急速に彼女の中で行為に対してハマっていく事になりますね。
まぁ、セルヴィスはちょっとツンデレ的な要素があるので、そこがまた彼女の魅力になっていますね。

元々、彼女から子作りを承諾してただけに、基本的に何だかんだいってもHを拒みませんし、イチャイチャし放題ですな♪
彼女は、Hに対しての知識がなかっただけに、基本的に受け身で従順な所があるのもたまりませんね。

そんな所に他のヴァルキリーたちも参戦してくる事に。

ヒルデは、セルヴィスの妹分で彼女を凄い慕っているんですが、それがもはや同性愛にまで昇華されている所があるんですよね(汗)
それだけに主人公への好感度は決して高くはないんですが、彼女とも結果的にHする事になりますので、ご安心を。
まぁ、それの動機が彼女らしい訳ですが、何だかんだ憎めないキャラクターですよねぇ(汗)

リュンに関しては…、正直驚きましたね。
詳細は避けますが、下手したら彼女がメインヒロインになっててもおかしくない経緯があったので。

セルヴィスがメインヒロインなのかと思ってただけに、そこからのリュンの登場、経緯を見ると急展開に感じましたねぇ。
Hシーンに関しては、彼女は普段はクールで厳格な口調のキャラなんですが、行為になるとかなり蕩けます(汗)
かなり主人公に対して、絶大な信頼、愛情を示すようになり、甲斐甲斐しく奉仕し、尽くす面を見せてくれる様になりますね。

このギャップがたまりませんね、最初の刺々しかった態度と比べると。

まぁ、そんないきなり登場して主人公にメロメロになっちゃう彼女の存在をセルヴィスが快く思わないのも必然ですよね(汗)
嫉妬心をたぎらすセルヴィスとの火花散る女のバトルも見所ですね(汗)

そんなヴァルキリーたちに、これ程までに愛されているのは男冥利に尽きるというものですな♪

ストーリー的に、当然ですが中出し展開が多いのも特徴ですね。
終盤では、無事に妊娠し、お腹が大きくなったヒロインたちとの行為も描かれていますね。
全員、胸から母乳を出して、母性といやらしさを発揮してくれます♪

挿絵


挿絵は「へいろー」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫、初かな?
ラノベとかの挿絵などを手掛けていたりする方みたいですね。

可愛らしさと女性の色気を併せ持った絵柄が印象的ですね。
特に瞳の描き方ですね、キラキラしていて独特の目力を感じさせる仕上がりになっていますね。
ヴァルキリーらしい意志の強さなどが感じられる一方で、女性らしさも行為では感じさせる表情も良いですねぇ♪

まぁ、大体Hシーンでは蕩けていましたけども(汗)

ヴァルキリーという事で、鎧姿での行為もいくつかありましたね。
体勢的にあまり良く見えなかったりするのもあるんですが、今一つ鎧感?が乏しかったのは残念かな(汗)
中出しメインな作品ですが、漆黒の鎧姿なリュンに精液をぶっかけたら白さが映えたかなとは思いましたね。

終盤では、ボテ腹状態になっている女性陣の姿も見る事ができます。
挿絵は2枚分ありますが、1枚は背面からの行為になっているので、あまりお腹の膨らみが見えず残念ですね。
ここらは3人同時での行為になっているので、配置の関係もあるんでしょうが(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ヴァルキリーたちとイチャイチャ三昧する展開でしたね。
ヴァルキリー物は、結構嫌いではないので中々楽しめましたね。

そういや最初、主人公がこんな状況となるきっかけとなった死霊との戦い以降、何も戦いはなかったですな(汗)
まぁ、その分ヴァルキリーらとのHな子作りをたっぷりと楽しめると思えば、気にならないですが。

中々、甘さも出ておりニヤニヤできる所もあるので、ヴァルキリー物が好みであれば楽しめるかと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 クールな生徒会長はパイロット候補生 レビュー


6月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

この世界では、外宇宙から人類に対して敵対する存在がおり、多くの命が失われています。
そんな現状を打破すべく、人類はこれらの存在に対して人型の機動兵器を造り出したのです。
その名は「防人」(さきもり)。

主人公は、そんな防人のパイロットを育成する学校へ通っている男子学生です。
頭脳は優秀であるものの、肝心の実技が全くダメな成績である主人公は、何と学校で才媛として名高い「凛音」(りんね)のパートナーに選ばれる事に…。

防人との同調を高めるために、主人公は彼女との訓練を行うのですが、何故かHな事に…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

黒棺 凛音」(くろひつぎ りんね)がいます。

凛音は、主人公の通う学校の生徒会長です。
常に沈着冷静で感情を乱す事がないクールな立ち振る舞いをしています。
パイロットしても優秀で、本来2人乗りである防人の操縦も単体でこなせるほどの才能の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、防人のパイロットを目指す主人公が、凛音のパートナーに選ばれる事になる流れですね。

防人ってのは、上記でもある様に人型の機動兵器の名前なんですね。
これに2人で乗り込み、片方が脳、もう片方が心臓という役割を担当する事になり、戦う訳ですね。
脳がアクション担当で、心臓がエネルギー担当って言えば、イメージしやすいでしょうか。

主人公は、そんな防人のパイロットを目指して、士官学校に入ったのです。
戦いで亡くなった父親の様になりたいという目的のために。
しかし、悲しいかな、現実問題として主人公のパイロットしての力量は最低とされるレベルであり、ここでは落ちこぼれ扱いされる事も珍しくはないんですね(汗)


そんな中、主人公たち学生はパートナーとなる存在が発表される事になり、ドキドキ。
パートナーは、こちらから選べるものではなく、学校だけでなく、卒業後も軍に配属されても一緒にいなければならない存在なのですから、主人公たちのドキドキも当然ですよね。

そして何と主人公のパートナーは、凛音だったという事になる訳ですね。
更に、一緒に寝食を共にする事に様になり、とんでもない展開に…。
これには主人公自身も驚きですが、何とか相応しいパートナーになろうと意気込むものの、足を引っ張りまくる事に(汗)

まぁ、これには実力以前に美しい彼女と一緒にいる事で、思いっきり意識してしまって、操縦以前な状態だった訳ですね(汗)
凛音も普段からクールで主人公の動揺など気にも留めない有様なので、余計にねぇ。


とうとう、我慢の限界に達した主人公は、こっそり自慰を…。
しかし、そこを凛音に見られてしまい、絶体絶命のピンチのはずが、何と彼女に射精させてもらえる事に(汗)
何とこういう事をする事で、シンクロ率が高まるのではないかと凛音の考えがあったんですね。

こうして、主人公は彼女とシンクロ率を上げるためにHな訓練をする事になる流れですね。


二次元ドリーム文庫としては、結構珍しい切り口な作品ではないでしょうか?
メカでSF色があるってのは、ファンタジー系が多いドリーム文庫としてはちょっと新鮮ですね。

しかし、はっきりと世界観の説明で人死の事を明記してたってのも意外でした。
そこら辺は、ぼかして襲い掛かってくる敵に対抗するみたいなノリで描かれるのかと思ってたので(汗)

Hシーン


Hシーンは、凛音との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

中盤辺りまでは、上記のストーリー展開である様に、あくまでもシンクロ率を高めるという事で、凛音の方から射精させてくれるって流れが大半となっているのも特徴ですね。
その間は、残念ながら本番行為こそありませんが、手コキやフェラなどで射精させてくれるのだから、十分過ぎますね♪

中盤を過ぎた頃辺りから、ふたりの関係にも少しづつ変化が見られていく事になりますね。
ここら辺から、彼女のクールだけではない表情や態度なども見え隠れする様になって、余計に愛らしさが増している印象ですね。

本番行為をする様になってから分かる事ですが、結構凛音って感じやすい所があるんですよね。
これまでは彼女が一方的に射精させてくれてたので、分かりませんでしたけども、Hに慣れてくるとかなりの感じっぷりを見せる様に♪
台詞にもハートマークが入り出す事になりますね(汗)

普段クールな言動からの姿なだけに、Hなギャップもまた魅力です♪


一応、今から100年以上未来の設定ですので、たまに登場するアイテムなんかも、珍しい物がありましたね。
浣腸に使った細菌や汚物を除去してくれるスライムだったりなど、微妙な所がハイテク仕様に(汗)

そんなスライム浣腸とかの気になる描写ですが、そこまで過剰じゃなく、あくまでも二次元ドリーム文庫なので、期待はしない様に(汗)
お漏らしとか多少ありますが、それを恥ずかしがる彼女の可愛らしさが感じられるレベルですね。
そうです、クールな彼女ですけども、別に恥ずかしがらない訳ではないんですよ(汗)

途中くらいから、たまに垣間見える照れの表情や描写などはニヤニヤものです♪
終盤近くまで来ると、クールなだけではない情熱的な姿も垣間見えたりなど、より女性らしさが感じられる様になりますね。

挿絵


挿絵は「あめとゆき」さんが手がけています。
カバーコメントによると、挿絵は初との事でしたが、そんな事を思わせない出来栄えでしたね♪

PCゲームの原画などもされているみたいですね。
って、大分前にレビューしてた「ラブラブル」にも原画家のひとりとして参加されていたんですね。

可愛らしい絵柄が印象的ですね。
クールな凛音なんですけども、挿絵での彼女はクールって印象よりも可愛らしさが目立っていたかな?
名前の様に凛とした雰囲気、眼差しがある中に、それで隠せない程の可愛らしさが含まれていますね♪

パイロットスーツなんかも、近未来の定番なアイテムではありますが、何故にこんなにHなデザインなんですかね?(汗)
これは余程ハートが強くないと、着れないでしょうね…。
作中では、女性が凛音しか出てこないですが、他に女性候補生はいるのだろうか(汗)

スーツの件もあるせいか、意外と全裸になっているシーンってなかったのもコスチューム好きには嬉しいのではないでしょうか。
スーツだけではなく、通常時の軍服姿も魅力的でしたね♪
この格好での行為も描かれています。

そういや全く防人のデザインは出てこなかったですね、さすがにメカデザインはきついか(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、防人とか外宇宙からの侵略者みたいなノリでSF色が凄く強いかと思えば、結果としては普通だったかな(汗)

今作では士官学校内でのお話だった事もあり、ぶっちゃけその謎の外宇宙から攻撃してくる存在との戦いは一切ありませんでしたね(汗)
うーん、もっとドンパチするのかと思ってただけに、ちょっと肩透かしだったかな、模擬戦とかはありましたが。
あくまでも候補生の話ですから、仕方ないんですけどねぇ。

普通に学園物として見ればいいのかなと思いますね。

まぁ、そんな細かいこと気にならないのであれば、普通に楽しめる作品に仕上がっているとは思います。
こういうSF系のシチュエーション要素を含んだ作品ってのは、やはり文庫では貴重なだけに好きな人ならより堪能できますしね♪

楽天は、こちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】クールな生徒会長はパイロット候補生 [ 上田ながの ]

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
クールな生徒会長はパイロット候補生 エッチで乱れるほどシンクロ率アップ! (二次元ドリーム文庫)



ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 吸血姫とミニメイドに搾られて今夜も眠れない レビュー

吸血姫とミニメイドに搾られて今夜も眠れない (二次元ドリーム文庫)
夜士郎
キルタイムコミュニケーション (2015-05-16)

5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、妙に性欲が強い男子学生です。
そんな彼の前に突如現れたのは、ふたりの吸血鬼!?
しかし、吸血鬼が欲したのは、主人公の血液ではなく、精液だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

セイラ=カルマード
エナ」がいます。

セイラは、主人公の前に現れた吸血鬼の貴族です。
美しさと豊満なボディの持ち主なのですが、色々残念な性格の持ち主でもあります(汗)

エナは、セイラの御付きの吸血鬼です。
メイド服を着用しており、家事など万能にこなす完璧な存在でもあります。
一見子供の様な容姿をしていますが、基本的にクールで毒舌な所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公の前に現れた吸血鬼ですが、彼女らは血液ではなく精液を欲し、Hな展開になるという流れですね。
…うん、良くある話ですな(汗)

主人公の前にいきなり現れた彼女たちなのですが、これには主人公の行動がきっかけでした。

性欲過多な主人公は、この日自慰の材料に何かH本はないかと家の倉庫内を調べてたんですね。
性欲のためには、物色も辞さない行動力はさすがですな(汗)

そこで見つけたのは、H本だけではなく、ロザリオ(十字架)だったのです。
それをきっかけにして、最終的にはロザリオに封じられていたというセイラとエナのふたりが出現したという訳ですね。

…まぁ、封印が解けた理由は何とも馬鹿馬鹿しいものだったんですけどもね(汗)


ともかく、長き封印から目覚めたセイラは力を失っており、主人公は吸血の危機に…!
しかし、セイラは血が苦手な吸血鬼だったのです(汗)
…吸血鬼で吸血できないってのは、かなり問題ですよねぇ(汗)

そこでエナの提案で、血液の代わりに主人公の精液を吸精する事になるという流れですね。

どうも精液摂取ってのは、吸血鬼にとってはあまりよろしくない行為みたいですけどね。
サキュバスと吸血鬼は、だいぶ違う存在であり、その様な真似ははしたないという感覚みたいですな。
まぁ、お付きのエナは主であるはずのセイラの意見は完全無視ですが(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、足コキ、パイズリ、自慰、アナルセックスなどがあります。

吸血の代わりに吸精をする事となったセイラな訳ですが、最初はそんな事は嫌と不満だった訳ですね。
しかし、実際に射精や精液を知って、一気にその考えが傾く事に…(汗)

まぁ、これで何となく分かるかもしれませんが、彼女は性に関して経験がないんですよね。
そんな彼女でしたが、主人公の精液を味わい、その味にハマってしまい、後はもうひたすら夢中になってしまいますね♪

ちょっと残念なキャラクターも、彼女の個性ですね(汗)
何とか威厳がある様に見せようとするんですが、何とも様にならない辺りが何とも、愛おしいおバカというか(汗)

対して、エナのキャラクターも中々魅力的でしたね。
クールで毒舌系な小柄な容姿という、いかにもな組み合わせですが、それだけに安定感がありましたし。
お兄ちゃんと主人公を呼ぶようになる辺りも、分かっているなと(汗)

そんな彼女の足コキ(足弄り?)なんかは、様になっていますよねぇ♪
タマを足先で弄りつつ、「ここに腐った汁が」なんて言われた日には(汗)

普段はあまり表情が変わらないクールな彼女ですが、やはり行為になれば、多少なりとも顔を上気させているのが新鮮ですね。
挿絵だと結構、反応がはっきり表現されててこれまた良い感じですね♪
勿論、クールなだけではない彼女の素も後に出てくる様になりますし、見た目通りな愛らしさが増していきますね。


中盤辺りまでは手コキやフェラなどで射精はあったものの、本番行為は一切ありませんでしたが、中盤過ぎた辺りから、いよいよ解禁となり、本番行為での描写がメインになっていきますね。
それと同時に、セイラと主人公の関係も一気に甘く感じだす様になっていく事になりますね♪

一部、食品+精液の組み合わせなんかもありましたね。
まぁ、この手のは好みが分かれる要素でもあるので、そこまで量も描写も特別多くはなく、あっさりですけども、苦手な人は少し注意でしょうか。
変に生々しくはなかったので、必要以上に構えることもないかなとは思いますけどね、登場する場面も一瞬ですし。

挿絵


挿絵は「空維深夜」(そらいしんや)さんが手がけています。
最近の二次元ドリーム文庫では「おねショタ!」などがありますね。

お姉さん的なキャラもいける方なので、今作の様な吸血鬼との相性もいいのではないでしょうか。
まぁ、お姉さんってレベルではないくらいな年齢ですけどもね、セイラは(汗)
それを感じさせないのも、ちょっと抜けているからなのか…(汗)

そんなセイラに対して、小柄なエナも中々魅力的なキャラクターですね。
メイド服な格好も良く似合っていますな♪

コスプレって程ではないんですが、他の衣装に着替えた姿もいくつかありましたね。
制服やスク水姿なども見る事ができますね♪
普段の姿とはまた違って、別の雰囲気が味わえるのは良いですね。

制服姿なセイラも、普通の学生っぽくなって新鮮ですね、ちょっと賢そうだぞ(汗)
後は、エナもメイド服以外のスク水姿も新鮮でした。
多分メイドの象徴?であるカチューシャがないせいなのかな?

挿絵数:14枚

総評


全体的には、タイトル通りな展開なんですけども、ちょっと気になった点も…。

それは、キャラ紹介には載っていないんですが、あるクラスメートの存在があるんですね。
当然、Hもない関係なんですが、終盤、ラスト辺りでは若干絡んで来るんですよね。
なので、この娘の存在が必要だったのかなって(汗)

中途半端な扱いでちょっと勿体なかったんですよね。
サブヒロインで使うのか、完全に存在(出番)がないのか、はっきりとして欲しかったですね。

それを除けば、安定した仕上がりで読みやすい作品ですね。

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】吸血姫とミニメイドに搾られて今夜も眠れない [ 夜士郎 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 クールな女軍人がエッチなおねえさんに変わるまで レビュー


2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、両親の離婚をきっかけに、母親と共に母の生まれ故郷「トリスフール」で暮らす事に。
全く異国な環境での生活に不安を抱く主人公ですが、そこで彼を出迎えたのはふたつ年上の従姉「セシル」でした。

しかし、軍人として、将来を期待されている彼女からスパルタ指導を受ける事となってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

セシル・べレスフォード」がいます。

セシルは、トリスフールで暮らす、主人公の従姉です。
優秀な成績とクールな美貌で学園での男女問わず人気があります。
軍人を志すだけに厳しくクールな言動をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が母親の故郷のトリスフールに住む事になる所から物語が始まります。

きっかけは、主人公の両親の離婚でした。
まぁ、何とも緩い感じなので、陰鬱としたものはないんですけどね。

主人公は、母親が引き取る事となり、彼女の故郷であるトリスフールへ一緒に住む事になった訳ですね。
しかし、主人公は当然ながら不安だらけな心境でした。

いきなり知らない異国で生活するんだから、そりゃ戸惑ってしまうのも仕方ない所がありますよね。
それに主人公は、気弱な性格なので余計に心配も増すってものです(汗)

そして、主人公は向こうの学園に通う事になったのですが、そこで見た光景は未だかつて見たことがないものでした。
その光景は、文字通りの騎馬戦。
しかし、日本の様な人の騎馬ではなく、本物の馬に騎乗した軍服姿の男女の姿だったのです。

そう、この学園は王族や貴族などの立場ある人間を守る近衛兵を育成する学園なのです。
…そんな学園に気弱な主人公は通う事となった訳です(汗)

更に主人公を驚かせたのは、彼の従姉であるセシルは、その学園のトップエリートであり、有名人となっていた事。
そして、そんな彼女に目を付けられてしまい、男らしく鍛え直してやるとスパルタ指導をされる事になってしまう流れですね(汗)

…アニメ観賞などが趣味なインドアな主人公には、酷な話ですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、セシルとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

今作の見所は、やはりセシルのキャラクターですね。
軍人としての将来を期待される逸材である彼女は、ミリタリー好きなコスプレ少女とは全く別物な訳です。
それゆえに、本物としての存在感がありますね。

そんな彼女ですが、序盤は性的な感覚に疎い所が垣間見えるんですよね。
裸を主人公に見られても、特に動じなかったりといった感じで(汗)
まぁ、そこは主人公の容姿が年齢よりも小柄だったり、幼く見えるなどで男として認識されてなかった感もありますが(汗)

でも、この要素が後のセシルには効果的だったりするんですけどね♪

主人公と接する中で、徐々に主人公を異性として認識し始めていくと、途端に赤くなり始めたりして、一気にクールさが霧散しますね♪
また先ほどの主人公の容姿が女の娘ぽいゆえに、主人公の反応に可愛らしさを感じる所も、見ててニヤニヤしちゃいますね♪
なので、あんまりクールな印象は思ったよりもなかったかなと思いましたね。


と、言いつつもスイッチの入ったセシルが主導権を握っての主人公をいたぶるプレイもありましたけどね(汗)
ここでは主人公は女装させられたり、アナル弄りをされたりとかなりMっ気を発揮する展開かつ、彼女のSっ気を感じさせる場面でしたね。
そんな感じで主人公は、中盤辺りまではセシルに主導権を握られてしまう事が目立ちましたね。

ですが、逆にそれ以降は主人公が主導権を握る様に変化を見せていく事に。
セシルは、そんな主人公にHでやり込められてしまう様な立場になっていく逆転現象も見所と言えます。
…まぁ、個人的には主人公はやられているままでも良かった様な気もしましたが(汗)

いや、主人公が急成長を遂げていくので、何かキラキラとまぶしくて見てられんかったのですよ(汗)
セシルじゃないけども、こんなに男として成長して…って感じでしょうか。

挿絵


挿絵は「Zukky」さんが手がけています。
カバーコメントによると、初の挿絵という事です。
そんな事を感じさせないクオリティの高さがあったので、何も気にしないで見れる仕上がりになっていますので、ご安心を♪

表紙絵で分かる様に、全体的に淡い色味で描かれた絵柄ですね。
中の挿絵でも、それは健在であり、淡い色味で雰囲気を感じさせるものとなっています。
淡いと、どこかHシーンではインパクトがないぼやけた仕上がりになっている作品も中にはあるんですが、結構可愛らしさに色気を滲ませた感じで良かったんじゃないでしょうか。

特に個人的には、主人公の肉棒を手コキで射精に導いたシーンがお気に入りですね。
素手でなく手袋コキだったりする所も良いんですが、セシルの表情ですね。
少しボーっとした様な目線、上気した頬などが相まって、中々な色っぽさを感じさせるシーンだと思います♪

設定では、主人公は小学生並みっていう背丈らしいですが、そんな風には感じなかったかな?
体格も普通に感じたけども、それは彼女のトレーニングによる成長と、良い風に解釈しておきましょうか(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、中々読み応えがあったと感じる内容でしたね。

このタイトルだと、どこかコミカルテイストな感じかと思うんですが、勿論そういった場面もあったりするものの、主人公の心身の成長なども描かれているなど、コミカルだけではない展開になっていくので、終盤の展開は綺麗にまとまっていた印象がありましたね。

主人公だけではなく、セシルもいくらエリートコース一直線な彼女でも、まだ学生である事には変わりません。
それゆえに彼女とて感情などによって、結構揺れ動く所はある訳です。
そんな彼女を成長した主人公が支えになりつつ、互いに前に進むっていう所は多少綺麗すぎる感すらありましたが、読んでいてやはり気持ちの良いものですね。

ラストの展開なども余韻を感じさせるものとなっており、読後感も良く、魅力的な作品だったと思います。


楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】クールな女軍人がエッチなおねえさんに変わるまで [ 夜士...

Amazon版 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
クールな女軍人がエッチなおねえさんに変わるまで (二次元ドリーム文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 子作り教室 ライバルお嬢さまの幸せ計画 レビュー

子作り教室 ライバルお嬢さまの幸せ計画 (二次元ドリーム文庫)
木森山水道
キルタイムコミュニケーション (2015-02-13)

2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、自身の将来のためにひたすら勉強に励むガリ勉男子です。
周りの評価などなんのその、目的の為に努力を続ける彼でしたが、そんな彼に突っかかって来る存在が…。

それは学園で、誰からも人気なお嬢様「エレクトラ」。
何故か彼女にライバル視された主人公は、彼女の策略にハメられてしまい、謎の子作り教室なる教室に参加させられてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

花園・P・エレクトラ」(はなぞの・ぴゅあら)
百花繚 蘭」(ひゃっかりょう らん)がいます。

エレクトラは、文武両道でお嬢様で、美少女という文句なしな存在です。
誰にでも優しいはずなのに、何故か主人公をライバル視しており、事ある毎に突っかかってきます。

蘭は、特別教室の教師です。
普段からサングラスを着用しており、生徒に対して厳しい態度で接するスパルタ系でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が何故かライバル視されているお嬢様のエレクトラの罠にかかってしまい、謎の子作り教室なる教室に強制参加する羽目となる流れですね。

…色々おかしい話ですねぇ(汗)

まずは、話を整理していきましょう。

主人公は、これまで馬鹿真面目にひたすら勉強を続けてきた、ガリ勉なんですね。
今時、ガリ勉なんて言葉、久しぶりに耳にした言葉な気がします(汗)

その努力の甲斐もあって、主人公の成績は学年でトップと言う存在になっていたのです。
そうなると、学園でも特別視されそうなものですが、それはなかったんですね。

主人公は、それこそ勉強にだけ力を入れて生活しており、そのストイックなスタイルは、周りの人間を遠ざける結果となっていたからです。
彼自身も、そんな反応にはお構いなしであり、積極的に自分から他者に接触する事もなく、過ごして来たのです。


そうなると気になるのが、何故にそんな勉強に拘るのか?
それは、このまま良い大学、良い会社に入り、安定した生活を送るという何とも現実的過ぎる将来を夢見ていたから(汗)
それだけに、こんな友達付き合いとか、何も役に立たないものなど彼には無駄な事でしかなかった訳ですねぇ。

さて、こんな主人公でしたが、最近ある悩みが…。
それは、学園で主人公とは比べるまでもない人気のお嬢様であるエレクトラの存在でした。

彼女は、文武両道、お嬢様、美少女という恵まれた存在であった訳ですが、妙に主人公には突っかかって来るんですね。
唯一、彼女は主人公に勉強の成績で勝てた事がなかったんですね、万年、2位で。
それゆえ、彼女は事ある毎に主人公の前に現れては、宣戦布告してくるのが恒例となっていたのです(汗)

そんな中、主人公はエレクトラから差し入れを受け取る事に。
こんな事は今までなかっただけに戸惑うものの、差し入れのドリンクを飲んだ彼は、気づくとそこは見知らぬ場所に…(汗)

何と、そこは学園の噂で知られた「特別教室」だったのです。
…特別教室、そこは成績の悪い生徒らが送られてしまう場所であり、何もできない生徒らにせめて少子化対策のため子作りを強要させるという、とんでもない教室だったのです(汗)

もはや生徒を子供を作るための存在にしていますね(汗)

それはさておき、何とそこにはエレクトラの姿も!?
何と、これまたおかしな事に彼女はここで性行為での成績勝負だと言い放ち、主人公に宣戦布告をしてきたのでした(汗)

こうして、おかしな対決が幕を開ける事となる流れですね。

これで分かるかと思いますが、突っ込み所の多い話です(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、素股、パイズリなどがあります。

やはりタイトルにもある子作りという要素が大きいかと思うんですが、正直全体としてはそこまでそればかりではないかなって印象ですね。
勿論、最終的には中出ししまくりな展開ばかりになりますが、一応授業らしく段階を踏んでの行為もあるので、いきなりそればかりではないですね。

序盤は、前戯などの行為から始まり、徐々に進んでいくって感じですね。
また主人公は、これまで勉強だけが人生の様な生活だったので、当然童貞ですし、更に自慰もした事がないってのは珍しいですね(汗)


今作の面白い要素は、上記にもある様にエレクトラとの勝負って所です。
向こうから仕掛けてきた状況な訳ですが、主人公としても勝負とあっては負けたくないって感情があるんですね。
それゆえに、例えHな行為であっても、負けたくない訳です。
まぁ、かなりそれまでに彼女の方が主人公を挑発しまくってきた経緯があるだけに、もう我慢ならないって感じでのきっかけがあった所はありますね。

しかし、主人公は勉強はできても童貞。
そこで特別教室の教師でもある蘭に指導を頼む事になる流れとなっています。

何が面白いって、このふたりのやり取りが何か妙に熱いんですよ、テンション高いと言うか(汗)
そこら辺のノリも見所かと思います。

そんな関係な事もあり、あくまでも蘭はサブ的な存在でもあります。
結構、ギャップなどがあって良いキャラしてただけにもっと見たかったんですけども、仕方ないですかね。
年上な女性相手なだけに、エレクトラとはまた違った雰囲気、魅力がありましたからねぇ。

逆にエレクトラとの関係は、話が進んでいく度に関係も変化が生じてくる事となります。
こちらの変化も見所のひとつですね、エレクトラだけではなく、主人公自身の変化もまた感じ取る事ができます。

しかし、エレクトラのキャラが結構ぶっ飛んでた様な…(汗)
序盤の授業からも分かるんですが、結構ノリが良くて隠語とかも口にするんですね。
で、口調がお嬢様口調なので、何か妙ないやらしさを漂わせているんですよね、お勃起とか(汗)

そういった、かなり積極的ないやらしさがあるので、主人公も思わず理性が飛んでしまう事もしばしばですね♪

終盤では、何かもう周りが圧倒されてしまう様な濃厚な展開、Hが繰り広げられていましたね(汗)
もう、この辺りになると主人公たちはお互いに気持ちに素直になっていて、もはやバカップルに近い有様なので、余計にふたりの世界ですな(汗)

挿絵


挿絵は「みかわや」さんが手がけています。

Hで可愛らしいヒロインたちが印象的ですね♪
エレクトラは、見た目からしても可愛らしさの強いデザインですが、教師の蘭も結構可愛らしかったですね。
可愛いお姉さんってのがピッタリ来るデザインで、気に入っています。

エレクトラは、表紙絵でも分かる様に金髪なんですが、作中では黒がかった描写なので、何か違和感が(汗)
身体つきもイメージよりも、結構迫力のあるボディラインでギャップがありましたね。
もっと小柄な印象があったんですが、そんなに小さくなかったかな?

金髪ツインテールの娘って、小柄なイメージがあったもので(汗)

主人公の顔も、度々描かれているんですが、結構なイケメンじゃないですか。
作中では周囲から気持ち悪がられている扱いなのに、どういう事よ?(汗)
…あのレベルでも、駄目な世界なのか!?

挿絵数:14枚

総評


全体的には、色々ぶっ飛んだ設定などで読んでて多少ノリに戸惑う事も(汗)
変にテンションが高くなったりなど、起伏のあるテンポに個人的には乗り切れてなかった感もありましたね。

主人公と蘭との関係なんかは、結構面白かったですけどね。
主人公が結構蘭を尊敬している感じが普段の彼とは違って素直に見えて微笑ましかったし。
個人的には、こっちの展開をもっと見てみたかったのが正直な所なんですけどね(汗)

勿論、メインであるエレクトラも、可愛らしいしちゃんとしていれば良い娘なんですけどね(汗)
妙なノリ、テンションで勢いを感じさせる展開、描写はある意味、必見かも?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】子作り教室 [ 木森山水道 ]

Amazon版 電子書籍版はこちら
子作り教室 ライバルお嬢さまの幸せ計画 (二次元ドリーム文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 学園百合ストーリーズ 3つの恋花 レビュー

学園百合ストーリーズ 3つの恋花 (二次元ドリーム文庫)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション (2015-01-20)

1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は、タイトルで分かる通り、男性主人公などが登場しない百合作品です。
また3つの恋花とある様に、3つの少女たちの物語が描かれているオムニバス作品と考えてよろしいかと思います。
個々は短編なので、ストーリーに関してはかなりあっさりレビュー仕立てですので、ご理解ください(汗)

第一話


登場ヒロイン


登場するヒロインは…
三日月 蒼葉」(みかづき あおは)
桃園 雪菜」(ももぞの ゆきな)

蒼葉は、元気いっぱいの少女です。
雪菜とは幼なじみの関係であり、雪菜に友人以上の感情を抱いています。

雪菜は、蒼葉の幼なじみの少女です。
言葉数が少なく、あまり表情が変わらないです。
蒼葉のよき理解者です。

ストーリー展開


展開的には、蒼葉は幼なじみの雪菜に同性以上の感情を抱いており、その想いに悩む事になる流れですね。

流れとしては、同性相手への感情に悩まされるヒロインを描いています。

過去に男子から告白されても、蒼葉は別に嬉しくもなかったりと、彼女の心には雪菜への想いが募っているんですね。
しかし、その一方でその感情を向こうに告げる勇気もなく、友人として過ごす日々…。

そんな中で、蒼葉は雪菜に好意を抱く男子に雪菜への紹介を頼まれてしまう事になり、蒼葉の気持ちはより揺れ動く事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、雪菜との行為が描かれています。

やはり見所は、友人から恋人へのお互いの関係に大きな変化が生じる所ですよね。
それを如実に表す、濃厚かつ美しさを感じるキスシーンは見応えがありますね。

やはり何事にも控え目な雪菜に対して、蒼葉が積極的にリードしていくって感じですかね。
勿論、雪菜もそれに彼女なりに応えてくれる訳ですので、燃えない訳にはいかないですね♪

ふたりの破瓜シーンは、より印象的でしたね。
百合物にあまり縁がない私には、ちょっと印象深い場面でもありましたね。
やはりガツガツとした、いやらしさってよりも気持ち的に充実感を感じる展開だったかなという印象ですね。

まぁ、短編ゆえに初Hシーンだけの描写だったので、その後の行為ではまた違った姿を見せてくれたのかなって期待もあったんですけどねぇ。

第二話


登場ヒロイン


登場するヒロインは…
井村 茉莉子」(いむら まりこ)
久我山 伊織」(くがやま いおり)がいます。

茉莉子は、学園の美術教師です。
元、この学園の卒業生でもあります。
作品を今も制作しており、モデルを探していました。

伊織は、茉莉子の教え子で彼女のモデルをしています。
可愛らしく元気な所がどこか犬っぽさを連想させる愛らしさを持っています。

ストーリー展開


展開的には、茉莉子は生徒の伊織を美術のモデルに作品を製作していたものの、伊織から告白をされてしまう事になる流れですね。

元々、茉莉子はこれまでモデルになってくれる生徒を探してたんですね。
そんな彼女は伊織をモデルにして、作品を製作する事に。
ちなみにヌードモデルです(汗)

これを受けたってのも、伊織の茉莉子へ対する感情ゆえな所もあるんでしょうね。
そんな中での、まさかの告白。

しかし、この状況、茉莉子にはある既視感が…。
実は彼女もまた女生徒の頃に同じように同性の教師に告白した過去があったから。
伊織の感情を理解できる茉莉子は、伊織を受け入れる事になる流れとなっています。

Hシーン


Hシーンは、伊織との行為が描かれています。
一部ローターを使う様な行為もありましたね。

第一話は、幼なじみ同士の物語であったのですが、今回は教師と生徒の関係。
ヒロインたちの年齢差や立場の違いなどによる感情などが描かれているのも印象的でしたね。

それだけに茉莉子は、経験が豊富な分、伊織を導く様な形が多くなっていますね。
実際、この話は複数回の行為が描かれていますが、序盤の行為は茉莉子を愛撫して絶頂させるのみと、彼女自身は何もないままだったりという事もありましたからね。

勿論、茉莉子の行為がない訳ではないので、ご安心を♪

第三話


登場ヒロイン


登場するヒロインは…
奥乃院 華恋」(おくのいん かれん)
夏神 早苗」(なつがわ さなえ)がいます。

華恋は、この学園の生徒会長です。
丁寧で優しく優美な雰囲気、振る舞いなどで生徒、教師問わず圧倒的な支持を集める存在でもあります。

早苗は、学園に入学してきた生徒です。
姉から華恋の事を知り、それ以来気になる存在になっています。

ストーリー展開


展開的には、華恋に早苗が告白をし、ふたりの交際が始まる事になる流れですね。

元々、早苗には姉がおり、彼女の姉から華恋の写真を見せられていた事がきっかけで、一目で心を奪われてしまったんですね。
まぁ、この時点では憧れの方が強かったのかもしれませんが、それはいつしか日増しに大きくなっていき、好意へと変化してきた訳ですね。

彼女を追いかけるように同じ学園に入学し、結果として、念願の華恋とも知り合う事ができた早苗。
そこから少しづつふたりの距離は縮まっていく事になり、彼女の所属する生徒会にも入り浸る様にまでに。

この時点でも、当初の遠目から見るだけの状態からすれば、夢のような状況ですよねぇ。
目の前で華恋がおり、早苗と自分の名前を呼んでくれるんですから。

しかし、それだけに早苗の中には、彼女に対しての想いがどんどん溢れ出してくるのも確かだった訳ですね。
そして…遂に、早苗は華恋に自身の気持ちを伝える事を決意する流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

先輩と後輩って関係性もあり、やはり華恋の方がリードする様な展開が多いでしょうか。
早苗からってのも次第に出てきますけども、彼女からって行為は中々行けないですよね、序盤は特に(汗)

個人的には、この話がメインなのかなって感じもしましたね。
まぁ、それはただ表紙絵になっているってだけの理由なんですが(汗)
でも、いかにもな百合らしさが発揮されている話だと思いますね、華恋のキャラクターなどが。

後輩の早苗に対しても、愛撫しながら「気持ちいいですか?」みたいな言葉使いで終始いるってのが、余計に倒錯した感情をより強調していると思いますね。
こんな華恋に愛撫されてたら、そりゃ早苗も心身ともにメロメロになってしまうのも分かりますね♪

詳細は書きませんが、前半と後半ではふたりの行為も含まれる意味合いが変わってくるってのも大きなポイントですね。
後半では、よりふたりの関係も親密になり、より甘さ、愛情が含まれる事になりますね。

挿絵


挿絵は、全話とも「アルデヒド」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「百合色学園寮 恋人はルームメイト」がありますね。
今作同様に百合作品の挿絵ですね。

なので、あちらの作品を読まれた人にはだいぶイメージがしやすいのではないでしょうか。

特に今作は3つの短編のオムニバスなので、総勢6人もの女性陣を見る事が出来る訳ですね。
ある意味、贅沢な仕様と言えますね♪

やはり見所は、キャラクターたちのキスシーンでしょうか。
男女のキスシーンも勿論魅力的ですが、彼女たちのキスもまた違った大事なシーンですもんね。
男性相手とは違った、美しさを感じさせますね。

挿絵数:11枚

総評


全体的には、オムニバス作品なんですが、作中の舞台となる学園は同じなので、他の話のヒロインたちが少し顔を出したりなどの繋がりは一応ありましたね。

共通して言えるのは、どこかに切なさというか痛みというのか、そういった感情が含まれている所ですね。
勿論、全部最終的には幸せで終わる話ではあるんですが、そこまでの過程の中には甘くイチャイチャするだけではない、少しばかりの辛い要素があるんですよね。

やはり、女性同士という何だかんだ周りには公にしにくい関係性である事だったり、どこかで普通の男女の仲ってのとは違う所はどうしても感じる所はある訳で…。
そこら辺の感情を描写されている事で、より感情移入しやすくなっているのではないかと思いますね。
時には傷つきながらも、相手と真摯に向き合っていく様は見所です。

個人的には、Hシーンは正直物足りなさがありましたが、物語としては男女の恋物語とはまた違った美しさ、魅力があると感じる事も出来たので、全体としては満足できたかなと思います。

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】学園百合ストーリーズ [ 上田ながの ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
学園百合ストーリーズ 3つの恋花

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリーム文庫 クーマゾ! ふぁんたじ~ しつけて姫騎士様 レビュー

クーマゾ! ふぁんたじ~ しつけて姫騎士様 (二次元ドリーム文庫)
栗栖 ティナ
キルタイムコミュニケーション

8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

過去に発売されたクーマゾシリーズの最新刊ですね。
過去シリーズとは、世界観自体もファンタジー物になっているので別物ですね。
今作から読んでも、問題なく読める内容になっていますのでご安心を。


主人公は、現在巷を騒がせている盗賊です。
そんな彼は、ある目的のために王城に侵入をするのですが、何故か結果として、国民から圧倒的な支持を得ている姫騎士「エルフィリア」を誘拐する羽目になってしまう事に(汗)

しかも、事態はそれだけではなく、何故かエルフィリアを調教する事になってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

エルフィリア=リーゼ」(以下エルフィリア)
ラティーナ=ニュクス」(以下ラティーナ)
アイシャ=グロリア」(以下アイシャ)がいます。

エルフィリアは、リーゼ王国の姫であり、騎士としても戦う姫騎士です。
騎士としての能力も圧倒的と正に敵なしです。
クールで落ち着いた性格をしていますが、実はある秘密が…。

ラティーナは、この大陸でもっとも歴史のある宗教、ニュクス教団の象徴とされる聖女です。
平和を愛し、争う事へのむなしさを訴えています。
おっとりとした性格の持ち主であり、誰にでも優しいです。

アイシャは、魔法ギルドを若くして束ねる稀有な才能の持ち主です。
無表情がちで冷めた発言をするものの、決して冷たいのではなくて、人見知りな所があるためです。

ストーリー展開


展開的には、盗賊である主人公は、何故か姫騎士であるエルフィリアを誘拐する事になってしまう流れですね。

そもそも主人公の目的は、エルフィリアを誘拐する事ではなかったんですね。
彼は、王国内で貴族の屋敷ばかりを専門に狙っている盗賊です。

そこに盗みに入るのには、ある理由があったのです。
元々、主人公は盗賊などとは無縁の立場にあったのですが、ある事が原因で転落する結果となってしまったのです。

それは主人公のせいではなく、立場のあった彼の父親の存在を快く思わない連中のせいでした。
彼の父親を罠にはめ、亡き者にしたと主人公は思っており、復讐の機会を窺っていたのです。

今回、ある重要な情報を入手した主人公は、大胆にも王城に潜入した訳ですね。
しかし、王城で目当ての場所で出会ったのは、姫騎士として名高いエルフィリアだったのです。

彼女との戦いでかろうじて勝利した主人公でしたが、状況は彼の思いもしなかった展開へと進む事になるのです。
何と、エルフィリア自ら、自分を盗めと言い出したのです(汗)

戸惑いつつも、結果的に彼女を連れ去ってしまう事になる主人公でしたが、彼女に何よりも知りたかった父親を陥れた存在の情報を聞き出そうとします。
そこでエルフィリアが情報と引き換えに提示した条件は、何と自分を徹底的に貶め、凌辱して欲しいという、まさかのものだったのです(汗)


実は、エルフィリアにはある性癖があるのですが、それがドM気質だったのです(汗)
彼女は過去のある経験から、強者で姫と言う完璧な自分を打ち負かしてくれる存在を欲していた経緯があるんですね。
そして、今回主人公は彼女に勝った事で、その欲求を満たしてくれる存在と見込んだ訳ですね。

こうして、主人公は彼女から激しく調教し、凌辱の限りを尽くしてほしいと頼まれる事になる流れですね(汗)
更に後々、他の女性陣をも巻き込んだ展開へと発展する事になる訳ですね。

…勿論、他の女性陣も秘密があるのはお約束ですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰などがあります。
お尻叩きや全裸で散歩などMっ気を刺激する様な行為もありますね。
その他、ローター的な使い方をする道具などもありますね。

やはり今作の特徴的な要素は、ヒロインがタイプが違うものの、Mっ気がある点ですね。
それぞれが、興奮のスイッチが違うのは個性が感じられて良かったですね。
丁寧に描いているので全く性癖についていけずにポカーンみたいな事にはならないかと思います。

そこまで生々しくなっていないので大丈夫でしょうしね♪

そもそも、彼女たちはその性癖をずっと周りには隠して過ごしていた訳です。
それを隠す事無く、しかも自分の求める物を与えてくれる主人公という存在を見つけただけに、皆かなり舞い上がっておりますな(汗)


3人登場後は、3人一緒になっての展開になりますね。
ひとりひとりが濃い内容なのに、3人一緒ってのもかなり濃厚な展開になるのは想像に難くないですね(汗)

この3人は、国民から三女神と称されている存在でもあるんですが、当然そんな立場の彼女たちを否定する様な発言などで貶めていく言葉責めなのが印象的でしたねぇ。
興奮のスイッチはそれぞれ違うものの、自分の現在の立場と実際の自分たちの差を突いていく事で彼女たちを貶める訳ですね。
そんな呼ばれ方にふさわしくない、マゾ豚とか汚れとか結構な発言ですな(汗)

まぁ、主人公も何だかんだ罪悪感を感じつつ、これも情報を得るためだとやってはいますが、やはりそこは彼も男性。
美しい3人の女性陣を前にしては、いつの間にか言動に熱が入るもの致し方ないですなぁ(汗)
主人公もまた、3人と接する中で自分も知らなかった性癖に目覚めてしまった格好ですね。

挿絵


挿絵は過去の「クーマゾ」シリーズ同様「大空樹」さんが手がけています。
なので、マゾっ娘たちを描くのは、お手の物ですね♪

クールなんだけども、可愛らしい塩梅のデザインが秀逸ですよね。
まぁ、行為中はクールな表情を保っていられませんけども(汗)
ってか、全体的に皆可愛らしくて、そこまでクールさを感じさせる表情はなかったですけどねぇ。


個人的に印象的だったのは、アイシャでしたね。
何でか私は、最初彼女が幼い感じかとてっきり思い込んでいたんですよね(汗)

ほら、あの魔女的な帽子にちょっと毒のある言動、基本無表情ってキャラは、何か小柄な体格のイメージがあったんですね。
なので、挿絵見て「アレ? 結構大人っぽい?(汗)」って意外に感じてしまった訳です。

勿論、大人っぽい彼女のキャラクターも魅力的ですね。
どんな時でも、あの帽子をかぶっているってのも何か可愛らしくて良いですねぇ♪
あれは手放せないんでしょうかね?(汗)

彼女たちの身体に便器とかマゾとか罵る様な言葉を落書きするシーンがあるんですが、ファンタジーなのに漢字とかで書かれていると若干違和感がある様な(汗)
まぁ、細かい事なんですけどね(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、ファンタジー物となったクーマゾシリーズですが、またちょっと新鮮な感じで見れましたね。
やはり現代設定だと中々制約もあったりするだけに、こういう世界観だと色々融通が利きますしね。
年齢的にもどうしても現代だと学生一択になっちゃうしなぁ。

そういう意味では、変化が付けられて良かったのではないかなと思いますね。

まぁ、思ってたよりもエルフィリアがクールってのとはちょっとニュアンスが違う様な感じのキャラだったかなとは思いましたけどね(汗)
もっと厳しいキツイ印象なのかなって思ってたので、意外とお茶目というノリの良さにはビックリしましたが、結構好きです、こういうシレッとしてボケる感じ♪

当人は大真面目なんでしょうけどもね(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】クーマゾ!ふぁんたじ~ [ 栗栖ティナ ]

Amazon版 電子書籍
クーマゾ!ふぁんたじ~ しつけて姫騎士様 クーマゾ!シリーズ (二次元ドリーム文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます