FC2ブログ

Paradigm novels 「や行」のカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

カテゴリ:Paradigm novels 「や行」

Paradigm novels 「や行」のカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-03-12Paradigm novels 「や行」
夢みてナイト! (パラダイムノベルス 268)posted with amazlet at 16.03.12沖田 和彦 パラダイム 売り上げランキング: 979,717Amazon.co.jpで詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、妄想力豊かな男子学生です(汗)そんな彼の前に突如美少女が、主人公を訪ねてくる事に。何と自分を「夢魔見習い」だという少女は、主人公の望むがままの夢を見させてくれるという。どんな夢を見るかは、主人公の妄想次第という事...

記事を読む

2014-01-17Paradigm novels 「や行」
Paradigm novels 揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい揺れるバスガイド (Paradigm novels (255))posted with amazlet at 14.01.17谷口 東吾 パラダイム 売り上げランキング: 987,751Amazon.co.jpで詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、叔父の経営する観光会社でバスの運転手をしています。そんな観光会社ですが、現在会社は経営難であり、苦しい状態にありました。そんな中、叔父が亡くなり、増々会社の経...

記事を読む

2010-11-19Paradigm novels 「や行」
Paradigm novels 遊撃警艦パトベセル こちら首都圏上空青空署遊撃警艦パトベセル (パラダイムノベルス 337) (PARADIGM NOVELS 337)posted with amazlet at 10.11.19布施はるか パラダイム 売り上げランキング: 515213Amazon.co.jp で詳細を見る首都治安の切り札巨大遊撃警艦パトベセル。その指揮を、ワガママな総監の一人娘がとることに。新人として配属された主人公の運命は? PCゲームが原作のノベライズ作品です。2007年に日本...

記事を読む

Paradigm novels 夢みてナイト! レビュー

夢みてナイト! (パラダイムノベルス 268)
沖田 和彦
パラダイム
売り上げランキング: 979,717

Paradigm novels 夢みてナイト!
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、妄想力豊かな男子学生です(汗)
そんな彼の前に突如美少女が、主人公を訪ねてくる事に。

何と自分を「夢魔見習い」だという少女は、主人公の望むがままの夢を見させてくれるという。
どんな夢を見るかは、主人公の妄想次第という事で、Hな妄想が大好きな主人公は妄想三昧に耽る展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • りりこ
  • 有栖川 はるか」(ありすがわ)
  • 神流木 凪沙」(かんなぎ なぎさ)
がいます。

りりこは、主人公の元にやってきた夢魔見習いの少女です。
気が弱く、ドジな面がありますが、一生懸命な性格の持ち主です。

はるかは、主人公が憧れている美少女です。
容姿端麗、成績優秀なお嬢様であり、周りからは高嶺の花扱いされてます。
おっとり控え目な性格の持ち主です。

凪沙は、主人公の幼なじみで、神社の娘です。
活発な性格で、主人公にちょくちょく世話を焼きにきます。
かなり手が早いので、主人公を良く殴っています(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公の元に夢魔見習いのりりこがやってきて、彼女の力でHな妄想を見る事ができる様になる流れですね。
…超展開(汗)

りりこは人間ではなくて、夢魔の見習いなんですね。
まぁ、確かに翼があったりしますしね(汗)

実は、彼女が来る前に、主人公の元にある電話があったんですね。
それによると主人公が夢魔見習いの受け入れ先に選ばれたって連絡だったんですが、当の主人公は全く本気に思っていなかったと。
そこに承諾を得たと思ったりりこがやって来てしまった訳ですね(汗)

まぁ、何とか彼女を受け入れる事にした主人公ですが、そこにはある理由も。

それは、りりこが使える夢魔(見習い)としての能力でした。
彼女の力で、条件付きではありますが、好きな夢を見る事ができるというものなんですね。
それは、夢というにはあまりにリアルな体験をする事ができ、妄想が得意な主人公にとってはまさしく夢のようなものだったのです。

こうして、主人公は毎晩の様に憧れの存在であるはるかを含めた、Hな夢を堪能しまくる事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、自慰などがあります。
その他の要素では、まさかの触手要素まで(汗)

やはりりりこの能力によって、Hな妄想の夢を見る事ができるってのが今作の特徴ですね。
無理ありそうな設定でも夢ならば、すぐ叶える事ができますからね。
まぁ、私からしたら夢魔見習いが来る時点で現実が夢超えてますがね(汗)

それだけに場所や年齢、立場などに無理矢理な設定でも、実現可能となり、あたかも現実かの様なリアルなモノになる訳ですね。

例えば、幼なじみの関係である凪沙と主人公が、兄妹となってHしちゃったり、りりこが主人公に仕えるメイドになったり、はるかと恋人になっての過激な行為など、どんなシチュエーションでも実現可能となっています。

普通、夢であれば、夢から覚めてしまえば、結局いい夢でもガッカリな気がする所ですが、夢魔の力で見た夢は強烈なのか、かなり満足げ(汗)
休みの日であれば、1日中でも見たいと思う程の中毒性になってしまっているのが、危ないですねぇ。
実際、主人公もドンドンやつれていっており、それだけ夢に囚われているとも言えるかもしれませんね(汗)

まぁ、主人公は満足げでも、読み手からすると微妙な所はありますよねぇ。
読み手にとっては、あくまでも夢オチと変わらない訳ですから(汗)
なので、私も読んでいる際には、これは夢?現実?って気にしながら読んでしまいました(汗)

正直言うと、ほぼ全て夢の中での行為となっており、現実での行為はあまりないものと考えていいと思います(汗)
てっきり、終盤辺りから現実での行為も描かれていくだろうと思ってたので、これは予想外でしたねぇ。
そこら辺が、ちょっと残念でしたねぇ、やはり読み手としては軽い印象になってしまうんですよね、どんなにHな内容だったとしても。

夢の中では、触手も登場する様な展開もありましたね、さすが夢ですね(汗)
触手で身体を固定されて、身体を弄られたり、アナルなどに突っ込まれたりなど中々な目に遭っています(汗)
でも、作品の雰囲気のせいか、そこまで生々しくは感じにくいとは思いますけどね。

だって夢だし、平気平気(汗)

個人的には、りりこが主人公に雑に扱われても何だかんだ慕っている感じが良かったですね。
凪沙も幼なじみらしい距離感と反しての恋人に踏み込めない感じがニヤニヤ。
逆に一番主人公の本命である、はるかが印象が弱かったのが何とも(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
「むりりん、ぞの、ケイ」さん、3人が手がけています。

原画家さんが複数人いますが、いずれも可愛らしいヒロインを描いていますね。
りりこ、凪沙は小柄なので、年下っぽい印象もありますね。
…そういや、りりこって何歳なんだろ?(汗)

コミカルなシーンなどもあり、余計に可愛らしさが強調されていますね。
大体、その場合はりりこが悲惨な目に遭う感じですが(汗)

触手要素も描かれているんですが、思った以上にちゃんとした触手っぷりでした(汗)
もっとライトな感じの描写かなって思ってただけに、妙にクオリティの高い触手描写は印象的でした。
まぁ、1枚だけなので大丈夫と思いますけどね。

挿絵数:20枚

総評


全体的には、タイトル通り、夢見まくりな内容でしたねぇ。
それゆえに、現実での展開は控え目だったかなとは思いましたね。

一応、夢と現実が完全にではないんですが、多少リンクする面もあって、夢だけモテても、現実は…って感じにはなっていない所があるので、妄想の空しさはあまり感じないとは思うのが救いですかね?

それでも上記でも書いてますが、やはり生身(現実)での行為がもっと欲しかったし、見たかったんですよね。
ヒロインたちは、可愛らしく好感が持てるだけに、そこら辺が気になる人には、少し不満が残るかもしれませんね(汗)

原作PC版

*中古のみ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

Paradigm novels 揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい レビュー

Paradigm novels 揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい

揺れるバスガイド (Paradigm novels (255))
谷口 東吾
パラダイム
売り上げランキング: 987,751

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、叔父の経営する観光会社でバスの運転手をしています。
そんな観光会社ですが、現在会社は経営難であり、苦しい状態にありました。
そんな中、叔父が亡くなり、増々会社の経営は厳しさを増す事に…。

叔父の妻が社長に就任し、何とか立て直しを図る中、銀行から融資の条件を出される事になるのですが、それはとんでもない内容だったと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

瑚乃 風夏」(この ふうか)
桜間 衣帆」(さくらま いほ)
長峰 のどか」(ながみね)
クリスティナ・ポクマ
橘 舞」(たちばな まい)がいます。

風夏は、主人公の幼なじみです。
学生時からずっと一緒であり、現在も主人公の勤務先である「橘観光」でバスガイドとして勤務しています。
揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい

衣帆も、主人公の幼なじみの女性です。
主人公よりひとつ年上ですが、妹と思われる様な小柄な容姿をしており、コンプレックスでもあります。

のどかも、主人公の幼なじみであり、姉の様な存在だった女性です。
衣帆とは姉妹です。
現在は、結婚しており、名字が長峰となっています。
名前通り、のどかでマイペースな所があります。
揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい

クリスティナ(以下クリス)は、海外から主人公を訪ねて来た女性です。
それにはある理由があるのですが、そこから橘観光で働く事になります。
大人しい性格ですが、主人公に対しては心を許し、積極的な面も。
揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい

舞は、橘観光の社長であり、主人公の叔父の妻です。
夫を亡くしてしまったので、未亡人でもあります。
主人公の事を実の息子の様に可愛がっています。
揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい

ストーリー展開


展開的には、主人公の勤める橘観光が経営危機に瀕してしまい、銀行から融資の条件を持ちかけられる事になる流れですね。

それは、驚くべき条件だったんですね。
何と、バスガイドの女性たちがバス観光中に乗客に肉体を使った特別な接待を要求されたのです(汗)

当然、風夏らはこの条件に難色を示す事に。
まぁ、当然ですよねぇ、いきなり性接待をしろとかふざけた話ですし(汗)

しかし、主人公の反応は違うものであり、結構乗り気だったんですね。
主人公は、幼い頃に母を亡くし、その後父親が海外に行って行方不明となり、孤児になってた過去があります。
そんな彼を叔父夫婦が引き取ってくれ、育ててもらったという事があり、何とかこの家とも言える橘観光を存続させたいという思いがあるんですね。

って、気持ちは分かりますけども、それでよく幼なじみを性接待に参加させようとしますね、この主人公は(汗)
個人的には、この時点で主人公に感情移入できませんでしたね。

まぁ、彼もさすがにそれで無理強いは出来ないとは思ってますけどね。
けれども、それを口にする主人公に対して、急に風夏らの反応は急に前向きになり、特別接待を受け入れる事になります(汗)
うーん…、さすがに展開がちょっと強引な感は否めませんねぇ。

こうして、バスガイドによる特別接待を決めた訳ですが、当然肉体で接待する様なスキルなど普通のバスガイドである彼女たちには酷な話。
そこで主人公が、彼女たちに特別接待の研修を身体を持って行う事になる流れとなっています。

途中、風夏、衣帆だけでしたが、途中からのどか、クリスなどもバスガイドに参加を決め、彼女たちとも研修を行う事になります。
…これでいいのかなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、素股などがあります。
他の要素では、母乳要素もありますね。

主人公は、あくまでも研修としてHな指導を行う事になります。
なので、彼なりの誠意で研修で射精はしないという、訳の分からない決まりを守っています(汗)
そのため、指導しての行為で射精を堪えるために寸止めされて、読み手はスッキリしないですな(汗)

その割に、プライベートというか研修外での女性陣に告白されての行為は普通に射精しているので、何だかなぁ(汗)

母乳に関しては、妊娠している訳ではなく、怪しげな母乳が出る薬品を入手して、女性陣に飲ませた事で、母乳が出る様になります。
もう何でもアリですな(汗)
でも、母乳を活かした展開が殆どなかったので、何だったのか(汗)

後は、ヒロイン同士のレズ的要素も一応ありましたね。
これも研修の一環であり、男性が女性を相手にどういった気持ちで接するのかを理解させるという名目はあるんですけどね。

個人的に気になったのは、主人公はかなりのおっぱい好きという設定なんですが、正直そこまでそれを感じなかった事ですね。
異様なこだわりがある訳でもないし、言う程胸への執着を感じなかったのが残念ですねぇ。
絶対あると思ってたパイズリ要素も、一応挟んでもらったという描写文こそありましたが、それもたった1回だけと全く堪能できない作りだったのは、尺の都合ですかね?(汗)


特に気になったのは、特別接待の事ですね。
乗客に対して、Hな接待を行うって事で、主人公以外の男に奉仕する、いわゆる寝取られ的なものを期待する人もいるでしょうが、原作版はどうか知りませんが、このノベル版では全くそんな展開ないです(汗)

なので、そういった展開が苦手な人にはいいでしょうけども、期待してた人には残念な結果になっていますね。
まぁ、このライトな作風でそんな展開ある訳はないって思うべきですかね(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使っていますと言いたいですが、古めのパラダイムノベルスにあった画像をトレースした様な線画にトーン処理を施したものになっています。
毎回、そうなんですが、これだと何か描線がモサっとしているんですよね(汗)

ゆっくりと線をなぞったかのような、均一な線が原画を担当された「龍牙翔」さんの繊細な描線を損なっていると思います。
もう少しシャープだと、また受ける印象も違うだろうに勿体ないですねぇ(汗)

挿絵数:20枚

総評


全体的には、色々と展開に突っ込み所があり、正直今ひとつの内容だったかなという印象ですね(汗)
まぁ、ご都合主義なのは今に始まった事ではないんですが、個人的にどうにも気になってしまいました。

後は、メインヒロインが特にいなかった事も影響しているかな。
誰かひとりに絞った展開にすれば、まだ行為の甘さも出ただろうかなと思うだけに、勿体なかったですね。

肝心の特別接待も結局止めたりと、一体何がしたかったのかよく分からないものになってしまっているのが、色々勿体ない作品でしたね。
そこそこ面白くなりそうな要素はあるのに(汗)


楽天はこちらからどうぞ
揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
揺れるバスガイド おっぱいがいっぱい

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
 タグ

Paradigm novels 遊撃警艦パトベセル レビュー

Paradigm novels 遊撃警艦パトベセル こちら首都圏上空青空署

遊撃警艦パトベセル (パラダイムノベルス 337) (PARADIGM NOVELS 337)
布施はるか
パラダイム
売り上げランキング: 515213

首都治安の切り札巨大遊撃警艦パトベセル。その指揮を、ワガママな総監の一人娘がとることに。新人として配属された主人公の運命は?
遊撃警艦パトベセル

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

2007年に日本の中央で大きな地殻変動が起こった事により、日本は一瞬にして壊滅状態に陥る事に…。
経済大国である日本の壊滅は世界にも経済危機を巻き起こす事になり、世界経済は大混乱に。
しかし、各国の支援を受け、数年という短い期間であるにも関わらず、以前よりも発展を遂げる事となります。
これを機に、東京は東諒と名を改め、各地もそれにならって名を変えていく事になります。
そして警察も警際と呼称を改め、警視庁も警偉庁と変化し、警偉庁は増加する凶悪犯罪に対するために創り出されたのが空中戦艦パトベセルという設定です。

そして、新米警際官である主人公は何故か辞令を受け、青空警際署に配属となる所から始まります。
青空警際署とは、空中戦艦パトベセルの事であり、主人公はそこで人型のロボット「ジェクト」のパイロットとして抜擢されるという展開です。

…何かどっかで聞いた事のありそうな展開ですね(汗)
しかし、2007年とか妙に具体的だなぁと思いましたが、どうもこの原作が発売したのがその年だったみたいです。
ちなみに今作の舞台は2017年らしいです。
…後、7年で街の上、戦艦飛んじゃうの?(汗)

登場するヒロインは、青空警際署のメンバーです。
青空署の署長「七瀬 ヒカリ」、オペレーターの「端深 空」(はたみ くう)、整備の「篠原 伊月」(しのはら いつき)、キャリア組の「黛 玲於奈」(まゆずみ れおな)、通信士の「桃本 みつな」、コックの「野々宮 柚」(ののみや ゆず)、女医の「駿河 葉澄」(するが はずみ)、世間を騒がす「怪盗ロール」の8人です。

殆ど女性ばかりの職場でハーレム状態なのは、お約束ですね(汗)
ここのメーカーは、多人数のヒロインを登場させるのに定評があるだけに尚更ですね。

ヒカリは、署長という立場ですが、警偉庁からの評判はすこぶる悪いトラブルメーカーとして通っていますが警偉総監の娘という事もあり、強くは言えない様です。
ワガママで強引なところもあり、序盤は個人的にイマイチなキャラクターでしたが、終盤辺りからドンドン変化が…。
名前、七光りから来ているんでしょうか?(汗)
遊撃警艦パトベセル

空は、オペレーターとして欠かせないキャラです。
性格は寡黙で、淡々としており、冷静な印象が強いです。
名前と見た目が、某有名キャラクターに似ているのは気のせい?(汗)
遊撃警艦パトベセル

伊月は、整備の人間です。
整備という部署もあり、豪快で元気な言動のキャラクターです。
でも、とんでもない爆乳の持ち主ってのがまた何ともギャップがあっていいですねぇ♪
遊撃警艦パトベセル

玲於奈は、キャリア組で主人公と同じく途中からこの青空署に来ます。
ツンケンしているかと思いきや、意外にノリがいいと言うか、ツッコミ気質な面もあり、いいキャラクターです。
ちょっとツンデレな面もありますね。
遊撃警艦パトベセル

みつなは、通信士です。
ですが、よく噛むという通信士としては致命的な面が(汗)
いかにもと言うドジッ娘ですねぇ。
遊撃警艦パトベセル

柚は、コックとして活躍しているキャラです。
主人公を兄に似ているらしく、兄さんと呼んで慕ってきます。
コックという立場なせいか、あまり登場機会はないのが残念な所ですね。

葉澄は、女医として艦内にいます。
いきなり主人公とHしちゃうH要員な立場なキャラですね。
主人公は彼女で童貞を卒業します(汗)
そこ以外は登場シーンもさほど無く…(汗)
遊撃警艦パトベセル

怪盗ロールは、世間を騒がせている怪盗です。
ですが、民衆の人気は高い様です。
性格はお馬鹿っぽいお嬢様キャラという感じですね(汗)
遊撃警艦パトベセル

展開的には、序盤から中盤にかけては、基本コミカルな展開がメインで色々なキャラクターとHな展開になりまくりというものです(汗)
ですが、中盤以降くらいから少しストーリーはシリアスさが出てきて、雰囲気が少し真面目になります。
個人的には、こっちの展開のが好みでしたねぇ。
まぁ、コミカルなノリも嫌いではないんですが、序盤がそういった展開のもあって後半部が引き立ちましたね。

Hシーンは、全キャラクターとする関係もあり、各キャラクターとのHが少ないのは致し方ないところでしょうか…。
もっと見たかったキャラクターとかいるだけに、残念ではありますが。ここのメーカー作品は諦めないと駄目ですね(汗)
もっと見たいなら原作をプレイしろって事でしょうね。
終盤には皆揃ってのハーレム状態もありますが、流して描かれているので具体的な場面ではないので、実質各キャラクター1回づつですね。

個人的に、挿絵で使われてた原作画像では、怪盗ロールが呼び出した魔人の可愛さにやられました(汗)
彼?にかかっては、戦艦パトベセルも形無しですねぇ。

コミカルとシリアスさのバランスが良い作品だったと思いますが、やはり全キャラのHを入れた事でキャラ同士の魅力が薄まったのは残念ですね。
ある程度のヒロインに絞って、メイン数人の描写を増やしても良かったかもしれませんねぇ。
まぁ、そしたらそうしたで全員分見たかったとか言い出すんでしょうが(汗)

楽天はこちらからどうぞ
遊撃警艦パトベセル

原作PC版


DMM 通販 DVD?PG版(DVDプレイヤーで使用)はこちらからどうぞ
遊撃警艦パトベセルDVD-GAME (DVDPG)

*ブログで利用している原作画像はDVD?PG版のサンプルです。
多分、PC版も同じだとは思いますが、そちらにサンプルがなかったので(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます