二次元ドリーム文庫 わたしを選んでっ!Hな巫女×3

わたしを選んでっ!Hな巫女×3 (二次元ドリーム文庫 247)
三津谷鷹介
キルタイムコミュニケーション

1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、長期休みの際にしばらく帰っていなかった地元の本家を訪ね、帰郷する事になります。
そこで主人公は、本家現当主である大伯母から、とある儀式への協力を求められる事に。
気軽に儀式の協力を引き受けた主人公でしたが、実は儀式の内容がHな行為であったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
中祢 柚香」(なかね ゆか)
上総 杏奈」(かみはさ あんな)
下条 ちえり」(しもじょう ちえり)の3人です。

柚香は、主人公の従妹で胸挟神社(むなさ)の巫女でもあります。
活発で勝ち気に見える事もありますが、実際の所は潔癖で繊細な面があります。

杏奈は、口撫神社(くちなで)の巫女です。
スタイル抜群で色気を持ったお姉さん的存在です。

ちえりは、足擦神社(あすり)の巫女です。
まだあどけなさが抜けない所があり、性的な事に興味深々でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が地元に帰ってきた事で儀式の協力を求められる事になる流れですね。

まぁ、この手の儀式と言ったら…ねぇ?(汗)
実際、その通りであり、この地で行う事になる儀式は、そっち方面ですね。

大伯母によると、この村には「お山」と呼ばれる地元で特別な山があるのですが、その山は珍しい男子禁制であり、その奥にはお社が3つ存在していると教えられる事になります。
そして、その3つのお社にはそれぞれ巫女がおり、25年に一度巫女の代替わりの儀式が行われるという事も。
代替わりの儀式には、唯一の男が必要であり、その男だけはお山に入る事を許され、神事に参加する事になるんですね。
つまり、主人公はこの男役に抜擢された事になる訳ですね。

とは言え、主人公はそれと、各巫女からもてなしを受ける事としか教えられないんですね。

いざ儀式の夜、主人公を先導するのは、胸挟神社の前代と語る柚香の母親なんですね。
代替わりの儀式という事は、彼女の跡を継ぐのだから…。
そんな主人公の予想通り、神社で主人公を迎えた巫女は、従妹でもある柚香だった訳です。

彼女から聞かされた内容は、この神社の御祭神は「ぱいずり」の神様だという、とんでも発言をする事に(汗)
そして…、大伯母から聞かされていた「もてなし」がパイズリであると気付く事になる訳です。

こうして、困惑する主人公ですが、柚香からパイズリのもてなしを受ける事になるのですが…。
そう、残り2つの神社もそれぞれの御祭神がおり、それぞれの巫女からHなもてなしを受ける事になる訳です。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股、足コキ、アナルセックスなどがあります。

やはり印象的な行為と言えば、柚香がした様にパイズリなどがあります。
当然ですが各巫女によって、行われる行為が違っています。

柚香はパイズリ、杏奈はフェラ、ちえりは素股という行為に別れています。
勿論、その他の行為もしますし、担当以外のヒロインでも同様の行為を行ったりはしますけどね。

実際、途中では神社ごとの行為を別の巫女であるヒロインたちが行う展開もあるんですが、当然というかちょっと自分たちの行為以外だとちょっとやり方がたどたどしいものがあるんですね。
その不慣れな感じがまたいやらしいんですけどねぇ。

どのヒロインも可愛らしいんですが、やはり儀式のためか一生懸命に「もてなし」を行う事になるので、いやらしさもあるんですよね。
まぁ、儀式の意味を理解している柚香、杏奈は普通ですけども、ちえりに関しては何ともフワッとした認識ですけどね(汗)

でも、その無邪気な所が彼女の魅力ですしね♪
小悪魔的とまではいかないですが、後々男を惑わせそうな…ってか、もう十分かな(汗)

ちょっと意外だったのが、杏奈が結構Hな感じだったのが嬉しい誤算でしたね。
おっとり天然系な性格なのですが、しっとりとした色気があって魅力的ですね♪
彼女の神社はフェラのもてなしというのもあり、フェラシーンが多く、フェラ好きな自分には高評価に繋がりました。

序盤は、儀式の通り、各巫女の元を主人公が訪れる事で、ふたりっきりでの行為でのもてなしを受ける事になります。
途中からは、全員などの複数人数での行為などがありますね。

まぁ、行為としては一部アナルセックスはありますけども、アナル神社とかなくて良かったです(汗)

挿絵


挿絵は「syokuyou-mogura」さんが手がけています。
…インパクトのある名前ですね(汗)

同人活動などもされている方みたいですね。

公式ブログも軽く見ましたけども、挿絵のお仕事は初めてなんですかね?
モノクロの仕事が初とありましたので。

表紙絵を見れば分かると思いますけども、クオリティーは高いので全く気にならないと思いますね♪

でも、それでなのかなと思ったのが、中の挿絵もクオリティーが高く、可愛らしくHなヒロインたちの姿を堪能できるんですけども、挿絵が表紙絵の様な絵をそのままグレーに印刷したかの様な印象のものになっていますね。
私はCGとか詳しくないので、そんなただ単純にモノクロになった訳ではないんでしょうけども(汗)

色味が淡い感じになっており、柔らかい印象でヒロインたちに合っているんですけども、股間の描写は殆どないですね。
肉棒のシルエットも殆どないですね、パイズリなどでは胸に挟まれているので形が浮かんでいますけども。
女性陣に至っては、完全に股間部分は何もないですね、ぼかしがあるだけで描きこまれている感じはないかな(汗)
修正でそう見えるのかもしれませんけどね。

なので、ガツンとしたエロさという意味では控え目な所はありますね。
まぁ、文章との相乗効果で十分興奮できるとは思いますが。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、ハーレム的な要素が強いですが、メインヒロインがいるタイプの構成ですね。
まぁ、誰がメイン格なのかは想像が付くと思いますけども、一応伏せておきます(汗)
ハーレム系でも、神社や巫女などの要素もあるため、和テイストになっており、また雰囲気が違って新鮮ではありましたね。

可愛らしくHシーンも割と用意されているので、読みやすく楽しめる作品になっているとは思います。

わたしを選んでっ!Hな巫女×3 わたしを選んでっ!Hな巫女×3

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】わたしを選んでっ!Hな巫女×3 [ 三津谷鷹介 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
わたしを選んでっ!Hな巫女×3

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事