FC2ブログ

suneのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:sune

suneのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-12-25美少女文庫 「は行」
羽目鳥さんは撮られたい!~可愛い教え子は露出好き~ (美少女文庫)posted with amazlet at 18.12.25天那 コータ フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年12月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、学校の教師です。顧問である写真部には、新入部員の「ミヅキ」だけが通っており、実質ふたりっきりな事が多い状況。そんな中、主人公はミヅキに、とある疑惑を抱く事になる展開です。 登場ヒロ...

記事を読む

2018-06-25美少女文庫 「は行」
××管理しないで、後輩さん 最強Sデレ少女と恋をしよう (美少女文庫)posted with amazlet at 18.06.25伊藤 ヒロ フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年6月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな彼の所属する部活には、唯一の後輩がいるのですが…。この後輩、「薫子」(かおるこ)は、事あるごとに主人公をからかって辱めるのが趣味だったのです(汗)更...

記事を読む

美少女文庫 羽目鳥さんは撮られたい! レビュー


羽目鳥さんは撮られたい!~可愛い教え子は露出好き~ (美少女文庫)
2018年12月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、学校の教師です。
顧問である写真部には、新入部員の「ミヅキ」だけが通っており、実質ふたりっきりな事が多い状況。
そんな中、主人公はミヅキに、とある疑惑を抱く事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 羽目鳥ミヅキ」(はめどり)
がいます。

ミヅキは、写真部に所属する新入部員です。
明るく小悪魔的な性格の持ち主でもあります。
とある性癖を持っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が部員のミヅキにある疑惑を抱く流れですね。

元々、主人公が顧問をしている写真部は、殆ど人の集まらない部(汗)
今や、ちゃんとしたカメラではなく、スマホで事足りてしまう時代。
所属している部員の大半は、名前だけの幽霊部員であり、部活に通う生徒は殆どいない現状があります。

そんな中、珍しく新入部員としてやってきたのが、ミヅキでした。
まぁ、彼女もあまりカメラには興味がないみたいで、部室に来ても何かをする訳ではなく、だべっているだけですが(汗)
なので、主人公とふたりきりでだらけた時間を過ごすだけですね。

しかし、ある日、主人公はミヅキに疑惑を抱く事に。
きっかけは、たまたま購入したHな雑誌。
いわゆる素人の女性がHな写真を投稿する類いの奴ですね。

雑誌を見て、とある写真に目を奪われる事に。
顔は隠されているものの、その姿は部員のミヅキを彷彿とさせるものだったのです。
まさか、ミヅキ本人…?

本人なのか違う別人なのか、気になって仕方ない主人公。
とは言え、そんな事を本人に聞ける訳もありません(汗)
しかし、それからミヅキの行動は何故かHな格好を見せつけたりと、主人公をドキドキさせる事に。

まぁ、大体察しはつくでしょうが、その正体はミヅキ本人であり、主人公をHな挑発でからかっていたんですね(汗)
これを大人として、毅然とした態度で対処できれば良いのでしょうが、主人公には無理な話(汗)

こうして、生徒であるミヅキのペースの巻き込まれる事となり、彼女と関係を持っていく流れですね。
…しかし、こんな苗字、学校でいじめられないのかなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、ミヅキとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰などがありますね。
他の要素では、アナルプラグなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

今作のタイトルにもある撮られたいってのが、大きな要素ですね。
それが、あの投稿写真にも表れている訳ですね。

序盤は、上記にもある様に、ミヅキが主導権を握っての展開が主ですね。
自分よりも若いミヅキに、好き勝手にからかわれて、辱められる事になる訳ですが、それだけではありません。

主人公たちの部活は、写真部。
主人公はミヅキと違って、本当に写真が好きなんですね。
なので、カメラを持つと写真好きのスイッチが入るんですね(汗)

そうなると、これまで年下のミヅキにからかわれていた主人公の言動が一変。
かなり、強気なグイグイ来る感じの性格が表に出るんですね。
こうなると、主導権は一変し、ミヅキはこれまでの態度が嘘のように従順に(汗)

主人公のSっ気のある言動、言葉責めによって、彼女の性感が強く刺激されてしまい、触られていないのに言葉だけでも感じてしまう程(汗)
カメラも使い、彼女の卑猥な姿を言葉責めしつつ、撮影していく事で、これまで感じた事の未知の感覚を味わい、深みにハマっていく姿は、普段の小悪魔的な彼女からは想像付かないですね(汗)
なので、お互いに受け身だったり、攻めだったりの行為での違いをそれぞれ楽しむ事ができるのも特徴ですね。

まぁ、普段は主人公はカメラいつも持っている訳でもないんで、大体はミヅキのペースになりがちですが(汗)

個人的には、ミヅキにいじられっぱなしになる作品なのかと思ってたので、これは意外でしたね。
逆にミヅキが受け身にまわるシーンでは、彼女のMっ気も味わえて中々新鮮な反応を楽しめましたね♪
まぁ、どちらも彼女が変態なのは変わらないんですが、臆面もなくぶっ飛んだ姿がたっぷり見れる分、受け身の方がより印象が強かったですね。

勿論、彼女だって恥ずかしくない訳ではないんですよ、露出とか撮影好きでも。
なので、声がうわずってしまい、鼻息荒く興奮と羞恥心の入り混じった姿で、ハートマーク乱舞で行為に応じるミヅキの愛らしさは見所ですね。


私的には、「撮る」ってのが、写真部って事もあり、写真のイメージがあったんですが、動画ってのもある訳ですね。
動画配信で卑猥な姿を視聴者に見せつけたり(汗)
でも、顔を隠しての行為なので、これでも十分反応しますが、意外と普通に夜人気のない屋外での露出の方が反応が過敏だったりする辺りがリアルでしたね。
配信はあくまでも安全に配慮した行為ですからねぇ、屋外は何が起こるか分からない恐怖がありますから、余計に反応するんでしょうね。

終盤は、甘さも行為に加わって、より行為は濃密に感じますね。


挿絵


挿絵は「sune」さんが手がけています。

可愛らしい絵柄が印象的ですね。
顔立ちは可愛いのだけれども、ミヅキのボディは中々のムッチリした肉感でギャップがありますね。

文章では結構なはしたなくだらしない表情をしていても、挿絵の表情は全然可愛らしいですね。
なので、生々しい変にエグい挿絵はないので、苦手な人も見やすい仕上がりになっていると思いますよ。
文章では、時に言葉にならない奇声あげたりしているけれども、安心ですね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、これって、えすかれ美少女文庫かなって話でしたね(汗)
行為は、かなり変態色というか描写、反応が濃いめなので、そこが合うかどうかがポイントですね。

まぁ、濃いながらもある意味、凄い純愛物なんですよね(汗)
なので、何か最後は、良い話みたいに綺麗にまとまっているので、終わり良ければ全て良しですかね?(汗)
露出やS、Mなどの要素などが好みであれば、より楽しめる作品かと思いますよ。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 ××管理しないで、後輩さん 最強Sデレ少女と恋をしよう レビュー


××管理しないで、後輩さん 最強Sデレ少女と恋をしよう (美少女文庫)
2018年6月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼の所属する部活には、唯一の後輩がいるのですが…。
この後輩、「薫子」(かおるこ)は、事あるごとに主人公をからかって辱めるのが趣味だったのです(汗)

更に、この日の彼女の行動はエスカレートしていき、遂に性的な弄りにまで発展してしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 新居 薫子」(あらい かおるこ)
がいます。

薫子は、主人公の所属する部活の後輩です。
日焼けした肌に活発そうなショートカットに小悪魔的な性格の持ち主です。
どこか肉食獣を思わせる凄みを持っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が後輩の薫子に性的な弄られ方をする流れですね。
…一体、どんな後輩だ(汗)

主人公だけの部活に、薫子が入部してふたりだけの部活中に、主人公はひたすら薫子にからかわれていたんですね。
困った事に、主人公は年下の後輩であるはずの薫子に対して、何故か強く出れない所があるんですね。
何というか、薫子自体は敬語で接してくるんですが、邪悪な笑みというか野性味ある表情の迫力なのか、彼女の前ではタジタジになってしまいます(汗)

そして、何よりも困るのが、彼女の振る舞い。
わざと下着を見せつけて来るかの様な恰好をしてみたり、それを見た主人公の反応を笑ってからかう訳ですね。
彼女からしたら、その主人公が真っ赤になっている様がたまらないんですよねぇ、趣味が悪いけれども(汗)

そんなからかいが日常だったのですが、この日はいつもと違ったのです。
薫子の言動が妙にいつも以上に度が過ぎていたんですね。
そんな薫子は、昨夜自慰をしてただろうと主人公に言ってくる事に(汗)

困惑する主人公ですが、実際に昨夜自慰をしていただけに正解なんですが、女子に突きつけられて、そうとは言えないよねぇ(汗)
しかも、主人公は薫子を妄想の材料にして自慰をしてただけに、猶更正直にはなれません(汗)
まぁ、そんな抵抗などもはや薫子の完全なペースになす術なしですが。

散々、自慰の事でひたすら弄られ、すっかり主人公の心は追い込まれる事に…。
女子に性的な事で弄られるのは、きついなぁ、これ(汗)

そこでまたも飛び出した、とんでも発言。

賭けをして負けたら、薫子による射精管理を受ける事を要求されたのです(汗)
もう、からかいの域をとっくに超えているけれども、冗談ではなく彼女は本気だから、これまた困る…(汗)
まぁ、想像付くでしょうが、賭けは負けてしまい、主人公は強制的に射精管理される事になってしまう流れですね。

ぶっ飛んでいますねぇ、インパクト重視な今時の美少女文庫って感じだなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、薫子との行為が描かれています。

行為的には、足コキやフェラ、自慰などがあります。

見所は、薫子による主人公の射精管理ですね。
…射精管理などという不穏なキーワードよ(汗)

ただ半ば強引に射精させられるみたいなのかなって思ってたんですが、貞操帯着けられたりと結構ガチな奴でした(汗)

タイトルにもある様に、薫子はかなりSです(汗)
でも、Sデレってある様に、デレもあるんですよね。
実際、主人公の予期せぬリアクションに一瞬素が見える事も。

彼女の視点での描写では、彼女の内面も描かれており、主人公に対する何とも屈折した感情も垣間見えますね。
…しかし、デレ以上にSっ気の強さが前面に出ているため、印象は弱めかも(汗)

無理やり貞操帯を着けられて、射精できず、悶々とし続けて、主人公の精神は射精で頭一杯。
そんな精神状態なので、薫子に無理やり着けられたのに翌日外してくれる薫子に感謝する始末(汗)
良い具合に躾けられてしまっている…(汗)

元々、薫子よりも年上と思えない気弱な性格な主人公ですが、Sな言動に、もはや涙目ってかワンワン泣く事に(汗)
時には、尻をぶたれ、玉を思いっきり引っ叩かれるなど、若干読んでて痛々しく感じました(汗)
かと思えば、言葉巧みに主人公を優しく?するなど、弱った主人公の心につけ込んでいき、何故か感謝させる手段も。

言葉悪いけれども、躾けというか支配しているというか、うーん(汗)

これだと薫子が極悪人みたいですが、一応彼女の根底には主人公への愛があるってのは、フォローしておきます(汗)
その表現の仕方がねぇ…、当人も一応自覚している様ですが。
罰と称して薫子の事を好きって言わせながら自慰させたりとか、屈折しているなぁ(汗)

その後も、彼女のトンでも理論に丸め込まされてしまい、射精管理されてしまう主人公(汗)
ドンドン思考停止状態に陥り、薫子の言葉に支配されていく事に…。

このちょっと病的なノリが、人によっては好みが分かれるかなぁ(汗)

挿絵


挿絵は「sune」さんが手がけています。

繊細で透明感のある絵柄が印象的ですね。
薫子の日焼けした肌と、この透明感ある繊細な絵柄が独特の色気を感じさせますね。
…この絵だけ見ると、あんな真似しているとは思わないんだけどなぁ(汗)

それゆえに変に生々しすぎずに見れる内容に仕上がっていると思うので、絵で嫌悪感を抱かせない仕上がりは絶妙だと思います。
この絵柄で、正統派な内容も見てみたかったですな(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、評価に困る作品だったかなぁ…(汗)
ヤンデレとはまたちょっと違うんだけれども、若干どこかを病んでいる感のある薫子に目を付けられてしまった主人公の姿をまざまざと見せつけられるお話でしたね。

インパクト重視で良くも悪くも印象には残るものの、単純にこれがいやらしいのか、興奮するのかと言えば、正直微妙(汗)
まぁ、こういうのがたまらなく興奮する人もいるのでしょうけれども、個人的には全く興奮するまでには…。

確実に人を選ぶ作品だと思うので、万人向けじゃないですね(汗)
そういえば、もうえすかれとか細分化するの止めたんですかね? 大分前からないけれども。
まぁ、最近の美少女文庫は一般受けしない様な尖った作品が目立つ様になってきたし、今更分ける必要もないのかな。

もう少しマイルドな方が個人的には好みでしたが、こういう一癖あるヒロインが好みであれば楽しめるかと思います(汗)

Amazon版 電子書籍
××管理しないで、後輩さん 最強Sデレ少女と恋をしよう (美少女文庫)

DMM 電子書籍
××管理しないで、後輩さん 最強Sデレ少女と恋をしよう

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます