FC2ブログ

Yuyiのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:Yuyi

Yuyiのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2013-01-24美少女文庫 「か行」
美少女文庫 黒騎士王の正しい飼い方黒騎士王の正しい飼い方 (美少女文庫)posted with amazlet at 13.01.24みかづき 紅月 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る1月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。物語は、主人公が幼なじみのピンチを助けた事から、逆に主人公自身がピンチとなってしまう状況から始まります。絶体絶命の中、主人公の前に現れたのは、大きな剣を手にした騎士姿の美少女でした。自...

記事を読む

no-image

2012-08-26美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 超能力学園!超能力学園! (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 12.08.26巽 飛呂彦 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る8月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、普通の男子学生です。しかし、そんな彼はある日の授業中に居眠りをしてしまい、目を覚ますと教室の雰囲気がおかしい事に気づきます。それは、何故か全員の動きが止まっているから。困惑しつ...

記事を読む

no-image

2011-02-22美少女文庫 「あ行」
美少女文庫 お嬢様☆嫁入り抗争お嬢様☆嫁入り抗争 (美少女文庫)posted with amazlet at 11.02.22月乃 御伽 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見るなびく黒髪に日本刀!?墨宵組の桜VS銀髪ツインテール&二丁拳銃、緋巴。街を二分する極道お嬢様が抗争付きでアナタを取り合い。「桜がパイズリしたげる」「緋巴の事、イジメていいんだからねッ!」極嬢ふたりの誘惑に、腹ペコ妹の空ちゃんまで加わって…波乱必至の嫁入り抗争、こ...

記事を読む

美少女文庫 黒騎士王の正しい飼い方 レビュー

美少女文庫 黒騎士王の正しい飼い方

黒騎士王の正しい飼い方 (美少女文庫)
みかづき 紅月
フランス書院

1月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

物語は、主人公が幼なじみのピンチを助けた事から、逆に主人公自身がピンチとなってしまう状況から始まります。
絶体絶命の中、主人公の前に現れたのは、大きな剣を手にした騎士姿の美少女でした。
自らを「ヘル」と名乗った彼女から、主人公は魔王の生まれ変わりであると教えられ、彼女から忠誠を誓われる事になる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは、ヘルの他に、主人公の幼なじみである「白銀坂 亜姫」(しろがねざか あき)がいます。

ヘルは、主人公の前に現れた美少女騎士です。
しかし、可愛らしい容姿とは裏腹に手にした大剣「グラム」を軽々と扱える腕前の持ち主です。
主人公を魔王の生まれ変わりと忠誠を誓っています。
かなりの大食いでもあります(汗)

亜姫は、主人公の幼なじみです。
ハーフなため、ブロンドの髪に青い瞳という容姿をしています。
ちょくちょく主人公の世話を焼いてきます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が幼なじみの亜姫の窮地を救ったものの、主人公がピンチとなり、そこにヘルが現れる事になる流れですね。
…これまたかなり強引な展開で始まる訳ですけども、まぁ、それは今に始まった事ではないので各自で飲み込みましょう(汗)

まぁ、そんないきさつで現れたヘルですが、主人公を魔王様と呼んでくる訳ですね。
彼女からは、自身は魔王の剣であり、盾であり、魔王に変わらぬ忠誠を誓うと言われる訳ですが、勿論主人公は困惑するばかり。
しかし、彼女の存在は紛れもない事実であり、主人公も心底納得できている訳ではないのですが、それを受け入れる事に。

実際、彼女の話はスケールが大きすぎて飲み込むのは簡単ではないですからね(汗)
ヘル曰く、魔王の魂は、かつて魔界からこの世界へと飛ばされ、以降輪廻転生を繰り返し続けていたと言います。
そして、その度に戦いが繰り返されていたのですが、前回の戦いは今までとは様相が違っていたのです。

敵は、魔王と彼女の持つ魔剣グラムに呪いをかけたとされています。
そのため、主人公は魔王の記憶が欠如(一部うろ覚えな所はあり)され、ヘルも封印されていたらしいのです。
なので、彼女の力は全盛期から比べるとかなり落ちているとされ、ヘルは早く魔剣と魔王の封印を解除し、世界征服を企んでいるんですね(汗)

しかし、気になるのは、その呪いの解き方。
何気なく尋ねるのですが、何故か急に落ち着かない態度を取るヘル。
何と呪いを解くには、彼女とHをする必要があるんですね(汗)

恥じらいながらも、主人公を導くヘルの姿に、欲望を後押しされた主人公は彼女にHな行為をしてしまいます。
こうして、何だかんだ彼女との生活を始める事になった主人公ですが、怪しい存在の影が彼らに近づきつつある事に…。

そのため、敵の存在もあり、それらとの戦う描写もあります。
結構な尺を使って描かれていたのは、賛否あるかな(汗)

Hシーン


Hシーンは、ヘルとの行為が描かれています。
幼なじみの亜姫との行為は残念ながらありません(汗)

行為的には、フェラ(イラマチオ含む)、手コキ、アナルセックスなどがあります。

女騎士という事もあり、予想がつくかもしれませんが、やはりヘルも女である前に騎士としての誇りを重要視しているので、Hな行為には耐性がないんですね。
それ以前に、女という身体にも忌々しさを抱いている位ですからね、騎士には不要だと。
そんな彼女ですが、身体の前に興奮している主人公相手にはちょっと満更でもない感情も湧く辺りは、やはり女性としての何かが刺激されるみたいですけどねぇ。

H時には、普段から基本献身的なのですが(食べ物が絡む以外は)、より行為中は彼女の忠誠心というか、献身性が垣間見えますね。
主人公の命令にも従順になったりなど、よりその辺が強調されていますね。
どちらかと言うと、比較的受け身な印象ですかね、序盤は特に。

とは言え、ヘルは普段との騎士も別に凛々しさよりも可愛さの印象が強いだけに、そこまでH時との落差、ギャップは控え目だったかな。
Hなどに対して、初々しい態度は十分愛らしい存在であるので、そんなに気にする必要はないでしょうけどね。

他には、コスチューム要素もありますね。
騎士の鎧姿に始まり、何と裸エプロン姿や私服(ニットワンピース)などがあり、それぞれの格好も魅力的ですね。

挿絵


挿絵は「Yuyi」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みになりましたねぇ。
私としては、アニメ化もした「お嬢様☆嫁入り抗争」が印象的なんですけども。

やはりこの人の絵柄の特徴である、ぷっくりとした可愛らしさは健在ですね。
でも、気持ちすっきりしてきたかな? 以前の作品よりも。
結構日常のシーンもあるので、この可愛さがより強調されていますね。

残念なのは、幼なじみの亜姫の姿が挿絵に全くなかった事ですね。
Hシーンはおろか、姿もないとは…(汗)
一応、巻頭のカラー絵で描かれてはいますけど、これだけでしたね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、それなりに楽しめたものの…って感じでしょうか(汗)
何と言うのか、消化不良と言う程ではないんですが、ちょっと物足りなさも感じましたね。

読み終わった時に、あまり終わった感じがなかったんですね。
ぶっちゃけて言えば、まだ全てが終わった訳ではないんですね、今作(汗)
敵との決着も、はっきりとはついていないままだったりするので、余計そう思うんでしょうね。

まだ続きそうな感じがあるんですよねぇ。
ん~、亜姫とHしなかったのも、今後の展開があるからって事とか考え過ぎですかね(汗)

Amazon版 電子書籍
黒騎士王の正しい飼い方

DMM 電子書籍
黒騎士王の正しい飼い方

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 超能力学園! レビュー

えすかれ美少女文庫 超能力学園!

超能力学園!  (美少女文庫えすかれ)
巽 飛呂彦
フランス書院

8月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、普通の男子学生です。
しかし、そんな彼はある日の授業中に居眠りをしてしまい、目を覚ますと教室の雰囲気がおかしい事に気づきます。
それは、何故か全員の動きが止まっているから。
困惑しつつも、誰も動く事のない世界で好き勝手できると思いついた主人公は、女性たちへと向けられる事になるという展開です。


登場するヒロインは、主人公の幼なじみの「祐篠 カンナ」(ゆうじょう)、同じく幼なじみの「篠田 みひろ」(しのだ)、下級生の双子の少女の「平泉 加奈」「平泉 多英」(ひらいずみ かな)(たえ)、帰国子女の東欧系ハーフの「アリッサ・梢・ファリーナ」(こずえ)、体育教師の「三崎 能里子」(みさき のりこ)がいます。

カンナは、主人公の幼なじみです。
水泳部所属で日焼けした容姿に男っぽい口調もあり、女の子っぽさをあまり感じさせません。
ですが、発育した胸などは彼女が女性である事を言葉よりも主張しています。

みひろも、主人公の幼なじみですが、現在は引っ越して距離が離れた事もあり、疎遠になっています。
また彼女は高校に入る頃には、不良少女となっており、増々主人公が接する事は減っています。

加奈と多英は、下級生の双子の少女たちです。
見た目はかなり幼いのですが、これでも高校生です(汗)
言動もやはり子供っぽさが強く、加奈は「~なの」、多英は「~よの」という特徴的な語尾を付けて話します。
主人公をお兄ちゃんと慕っています。

アリッサは、東欧系ハーフの帰国子女です。
容姿端麗、スタイル抜群、成績優秀と完璧な美少女であり、学校内の人気も抜群の存在です。

能里子は、主人公の学校の体育教師です。
体育教師らしくさっぱりとした性格をしています。
現在、彼女は結婚しており、妊娠9か月目に入っており、お腹がかなり目立っている状態でもあります。


展開的には、主人公が気づけば世界の時間が止まっている事に気づき、それを女性へのイタズラに使おうとする流れですね。
…何と分かりやすい(汗)

そもそも、何故時間が止まる事になったのかや、何故主人公だけが他の人間とは違って停止していないで動けるのかなどは分からなく、謎なんですよねぇ(汗)
まぁ、えすかれシリーズだからって事でしょう(汗)

一応、序盤の所に何か関係ありそうな描写があるんですが、それくらいですかね?

ともかく、理由は分からずとも主人公ひとりだけが自由に動き回れる状況になった訳です。
色々とこの停止した世界の事象を確かめる主人公ですが、その間に考えが邪なものへと…。
お約束で女性に対してHな欲求を抱く事になった訳ですね。

折しも停止した時間帯は、授業終了直前。
全校の中には、当然体育終わりの着替え中の時間にあたる訳ですね。
そうなれば、主人公は禁断の女の園へ向かうのは当然の事です(汗)

そこで主人公は停止しているアリッサの姿を発見する事になります。
憧れの存在である彼女に好き勝手に触れれる、この状況を見過ごす訳もなく、夢中になって彼女の豊かな胸や乳首、そして股間にむしゃぶりついたり、弄ったりする事に。

まぁ、この時点では本番行為に至る前に時間が再び動き出したという事もあり、未遂に終わる事になりますが(汗)

この事からも分かる様に、主人公が任意で時間を止めたり動かしたりする事は出来ないんですね。
なので、偶発的に時が停止するのを待つという事になる訳です。
そう考えると微妙な使い勝手な能力?ですねぇ(汗)

しかし、初回の停止後以降も定期的に発現する時間停止の度に主人公は、女性陣相手にHな行為をする事になります。


Hシーンでは、全ヒロインとの行為が描かれています。

他にもサブキャラ程度のちょっと名前が出る様な娘たちともHしていますけども、はっきり言って性欲解消的な扱いなので、数にはカウントしていません。
それも酷い話ですけどねぇ、良く考えれば(汗)

行為的には、フェラくらいでしょうか。
まぁ、今作の時間停止というシチュエーションそのものが全てという展開ですので、少ないのも仕方ないですかね。

それに、そもそも主人公以外は時間停止している状態。
そうなれば、ヒロイン側は全く動かない訳ですから、そりゃフェラやパイズリなどは行いにくい状態ではあるのも影響していると考えられますね。
フェラもどちらかと言えば、勝手に女性陣の口内に肉棒を突き立てるイラマチオに近いですしね。

なので、大半の描写が反応のないヒロインたちとの行為中心という事になります。
これって、ちょっと特殊なシチュエーションなので、好みが分かれる感じがありますねぇ。
何しても声を上げる訳でもないし、一方的に責めたてる展開に終始するのはあまり他作品では見られないので、ある種新鮮ではありますね。

ですが、正確には全くの無反応ではなく、しっかり愛撫によって乳首が勃起もしますし、股間も濡れてきますね。
なので、完全に停止ってのはちょっと語弊があるのかもしれませんけども、話(興奮)を盛り上がるための設定だと思えばいいのかなと(汗)

まぁ、Hシーンでは停止中だけではないので、ご安心を。
合間や終盤では、時間が停止していない中での行為もありますので、そこは問題ないですね。
印象としては、停止6~7、未停止4~3程度のバランスでしょうか?

停止中の行為は、基本無表情ってよりもHの準備などない状態な訳ですので、その表情のままで行為に至っているという違和感が変に興奮を誘う要因になっているのかな?
まず普通の状態では、相手を無視した様な視線、表情での行為ってあまりに不自然ですからねぇ。
なので、これはこれでしか味わえない感覚だなとは思いますね。

まぁ、これだとどうしても自分本位な形になるので、愛情などに関してはどうしても弱いですけども。

個人的に良かったのは、妊娠している能里子との行為ですね。
こちらも停止中の行為になるのですが、教室内で生徒たちが目の前にいる中で動かぬ腹ボテ教師との行為に耽るってのは、また凄い状況ですね(汗)
停止中ですが、主人公が関与していると停止から解けるらしく、母乳を噴いたりするのも見所のひとつですね。
…もう何でもアリだなぁ(汗)

終盤では、全ヒロインとのハーレム状態での行為などもありますね。
でも、何で皆に気に入られているのかは今一つ腑に落ちないですが(汗)

ストーリー的には、メインヒロインはカンナですね。
彼女とは、ラストら辺までHがなしだったのは意外でしたねぇ。


挿絵は「Yuyi」さんが手がけています。
最近だと「とりぷるM クラスメイトは放課後ドレイ!?」などがありますね。

プニッとした可愛らしさの強い絵柄が特徴的であり、正直な所、今作の様な作風との組み合わせはちょっと意外だったですね。
まぁ、幼い容姿の双子だったりもいますし、合わなくはないですけども、全体的に教師の能里子なども童顔だったりと好みが分かれるかもしれませんね。


全体的には、時間停止というトンデモ設定で突っ込み所が多くはありますね。
まぁ、この著者さんの他の作品「さいみん」シリーズもぶっ飛んでいるだけに慣れてはいますけども(汗)

停止が解けた後に何故かヒロインたちに気に入られる様になる辺りは、さすがにちょっと都合良い気もしますけどもねぇ…。
元々、懐いてた双子や何だかんだ好意を持っている幼なじみらはまだ分かるんですけども、さすがに人妻教師は無理があるんじゃなかろうか。
なので、そんな事、気にしない人なら楽しめると思います(汗)

最初、タイトルだけ見た際は、超能力者たちが学園でバトルするのかと思ったんですけども全然違いましたね(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

美少女文庫 お嬢様☆嫁入り抗争 レビュー

美少女文庫 お嬢様☆嫁入り抗争

お嬢様☆嫁入り抗争 (美少女文庫)
月乃 御伽
フランス書院

なびく黒髪に日本刀!?墨宵組の桜VS銀髪ツインテール&二丁拳銃、緋巴。街を二分する極道お嬢様が抗争付きでアナタを取り合い。「桜がパイズリしたげる」「緋巴の事、イジメていいんだからねッ!」極嬢ふたりの誘惑に、腹ペコ妹の空ちゃんまで加わって…波乱必至の嫁入り抗争、ここに開幕。

2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

ある日、主人公は街で困っている2人の女性をそれぞれ助ける事から物語は始まります。
助けられた事に2人の女性は、それぞれ主人公に好意を持ってしまう事になります。
しかし、そのふたりは街を二分する極道、マフィアのお嬢様だったのです(汗)
元々ライバル関係にあるふたりは、組だけでなく、主人公を巡って熱い火花を散らすという展開です。

登場するヒロインは「桜」(さくら)、「緋巴」(あげは)、主人公の妹の「空」(くう)がいます。

桜は、極道の墨宵組長の娘です。
和装で黒髪といかにもな風貌で、基本的には礼儀正しく丁寧な口調です。
しかし、見た目によらず行動的な積極性もあります。
刀を常に携帯していたりでただ優しいだけではない面も(汗)

緋巴は、マフィアグループの娘です。
ロシアにルーツがあるのか、銀髪に白い肌で小柄な体型もあり、お人形の様な印象も与えます。
中々自分の感情を素直に出す事ができない不器用なツンデレな性格です。
こちらも二丁拳銃を所持しています(汗)

空は、主人公の妹です。
空腹になると動けなくなるという困った妹でもありますが、主人公は溺愛しています。
舌足らずなのか主人公を「にーたん」と呼んだりと幼さが強いキャラクターでもあります。
まぁ、実際幼いんですが(汗)


展開的には、常日頃ライバル関係にあるふたりのヒロインが主人公にそれぞれ惚れてしまった事で更にふたりの対立は深まり、主人公を取り合う流れですね。
そのアピールがドンドンHな方向にシフトしていくのはお約束ですね♪
片方とHな関係になった事を知った相手がそれを知って対抗心もあって、これまたHな展開に…って奴ですねぇ。

若干ここまでに至る時間が早いのではないかとは思いますが、元々一般人には警戒され、また距離を置かれていた人間だった彼女たちだけに特別扱いしなかった主人公の存在と言うのは確かに大きかったのかなとは思いますけどね。

そういう事もあり、王道の展開ですが元々今作は全体的にコミカルな作風ですので、これくらいの方が分かりやすくていいですよね。
しかし、物語はこれに留まらず、主人公の妹の空の存在が後々効いてくる事になります。
単なるマスコットキャラだと思っていた彼女にもまさかの展開があるとは…正直予想外でした(汗)

H後は、更にふたりの争いはヒートアップ(汗)
主人公を他所に、ふたりの主人公の包囲網は教室、自宅へと狭まっていく事になります(汗)

Hシーン的には、それぞれのキャラクターを活かした展開があります。
桜は、可愛い弟が欲しかったという事もあり、主人公を弟として可愛がる倒錯したプレイも展開されます。
更に主人公に自分を「お姉ちゃん」と呼ばせたりと、姉弟プレイが楽しめるのはいいですね。
勿論、実際の姉でも何でもないのですが、ちゃんと甘々な雰囲気がしっかり出ているので、甘えさせてくれる姉モノが好きな人には嬉しいのではないでしょうか。

そして緋巴とは、桜とは逆に主人公が「お兄ちゃん」と呼ばせる展開になります。
桜同様に、緋巴は兄という存在を求めていた事もあり、これまた兄妹プレイと化すのが特徴ですね。
一粒で二度美味しいうまい作りですよねぇ♪

それぞれ想い人であり、憧れの兄、弟と化した主人公に抱かれる事でもうすっかり蕩けちゃって呂律が回りません(汗)
どちらも呂律が回らない事もあって、赤ちゃん言葉の様な話し方になるのは、そういうのが好きな人にはニヤニヤすると思いますね♪
個人的には「せっくしゅ」とか妙に新鮮でした(汗)

どちらかと言うと、兄が欲しいと甘えたい願望の強いであろう緋巴の言動はかなり容姿もあって幼く見えます。
実際身体の成長はかなり遅く幼いんでしょうけどね(汗)

更に妹の空までもが主人公と幼いながらもHな事になってしまいます(汗)
まぁ、きっかけは家に桜らが上がりこんだ事によるものなんですが、元々秘めた想いに自身も気づいていなかったのが浮き彫りになってしまった格好ですね。
その想いを自覚した、ここら辺の空を見ると、天真爛漫だと思ってた彼女にも結構大変な過去があったのだなと…。
それゆえに兄にべったりなのも分からない訳ではないですねぇ。
でも、そんな空にクラスメートの渡した参考資料が同著者のデビュー作「は?れ部創立!」だったのは、どうかと(汗)

その後は、空まで交えた展開になっていきます。
行為もエスカレートし、ネコ耳メイドコスチュームに身を纏い、アナルを貫かれて精を放たれて絶頂するヒロインらは魅力的ですね♪

終盤はついにこの関係に決着が付くという、今までとは違って中々熱い展開になります。
今まで周りの状況に流されるだけであった主人公が、がむしゃらに奔走する展開は盛り上がる展開ですね。
生い立ちや相当な頭がいい分、どこか冷めた、諦めたところがあった感がある主人公が行動を起こすというのはいいですねぇ。
まぁ、私はそんなにこの主人公、頭良い?と思ってしまうところがありましたけどね(汗)

気になったのは、やはり主人公のキャラクターでしょうか。
桜たちの学園に特待生として入学できる程の学力の高さが唯一の取り得として語られていますが、正直そこまで頭の良さが必要な展開はなかったですね(汗)
特待生の特権で住まいが提供され、妹の学費がタダという事でこの学園に来たのですが、もしこれだけのためにそういう設定ならいらなかったんじゃないかと。
極道やマフィアの娘らというのは、もう学園では知らない者もいませんし、教師も怖がっているのだから、裏で手を回して、前述の特権をエサに強引に個々の学園に引っ張ってくる事も十分可能そうですしね。

挿絵はライトノベルなどの挿絵を手がけている「Yuyi」さんが担当しています。
可愛らしい絵柄で、全体的に年下のヒロインが多い今作では相性がいいのではないかと思います。
実際年上の桜も柔らかい表情をするだけに、甘えさせてくれるお姉さん色が出ているので、問題ないですね♪
すっきりした描線で比較的シンプルかもしれませんが、文とのバランスを考えれば十分かと思うレベルですので気になりませんね。

読み終わってみると個人的には、空の存在感が思ったよりあったのが意外でしたねぇ。
表紙絵はあんなにちっこい扱いだったのに、下手したら桜らヒロインを押しのける力を持っていますし(汗)


楽天はこちらからどうぞ
お嬢様☆嫁入り抗争

同名作品のアダルトアニメ版のレビューはこちらからどうぞ
お嬢様☆嫁入り抗争 上巻 極嬢の恋煩い レビュー

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢様☆嫁入り抗争

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます