FC2ブログ

Kyphosusのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:Kyphosus

Kyphosusのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2013-10-20二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 13.10.19Kyphosus Anime LiLiTH キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。原作PCゲームのノベライズ作品です。ぷちぱら文庫でも、同名のPCゲームのノベライズ作品がありますが、今回は二次元ドリ...

記事を読む

2011-04-16二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったらもしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら (二次元ドリーム文庫 186)posted with amazlet at 11.04.16Kyphosus キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 556Amazon.co.jp で詳細を見る突如社長に就任した年下の少女は強気なお嬢様!ビジバシこき使われるツンツン指導の後は、デレデレのあまーいご褒美エッチ!?さらに巨乳社長秘書も交え、しがないサ...

記事を読む

2010-10-07あとみっく文庫
あとみっく文庫 宇宙海賊学園ブラックキャット宇宙海賊学園ブラックキャット (あとみっく文庫)posted with amazlet at 10.10.07kyphosus キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1119Amazon.co.jp で詳細を見る名門、フェリカ航宙学園で人望集める生徒会長ルーリットの正体は、なんと宇宙海賊ブラックキャット!?銀河の富を搾取する『モード』を相手に、大暴れする海賊少女とその部下たちのちょっとエッチな大冒険。9...

記事を読む

2009-12-12二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯 (二次元ドリームノベルズ 302)posted with amazlet at 11.11.01Kyphosus キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る宿敵の邪道くノ一・朧の暗殺任務に身を投じる、対魔忍・井河アサギ。彼女は、妹のさくらとともに闇社会に潜む朧を追うが、人狼の女戦士に囚われ、再び恥辱の地下コロセアムへ連れ出されてしまうのだった。美しきくノ...

記事を読む

二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍 レビュー

二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍

対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍 (二次元ドリームノベルズ)
Kyphosus Anime LiLiTH
キルタイムコミュニケーション

10月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
原作PCゲームのノベライズ作品です。

ぷちぱら文庫でも、同名のPCゲームのノベライズ作品がありますが、今回は二次元ドリームノベルズ版になります。
そのため、今回のレビューでは、主にぷちぱら文庫版との違いなどを中心にレビューしていきます。

ぷちぱら文庫版のレビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 対魔忍アサギ3 最強の対魔忍 井河アサギ編 レビュー
ぷちぱら文庫 対魔忍アサギ3 鋼鉄の死神 甲河アスカ編 レビュー



登場ヒロイン


登場するヒロインは…

井河 アサギ」(いがわ)
井河 さくら」(いがわ)
八津 紫」(やつ むらさき)
甲河 アスカ」(こうかわ)がいます。

アサギは、対魔忍として魔物たちと戦っています。
天才的な剣技、体術などによる戦いぶりは数多くの敵を葬っており、対魔忍最強と目されています。
対魔忍アサギ3

さくらも対魔忍であり、アサギの妹です。
快活な性格で人懐っこいです。
紫とは幼なじみでもあります。
対魔忍アサギ3

紫は、対魔忍のひとりです。
その力量は、対魔忍最強と称される「アサギ」に次ぐともされる程です。
人並み外れた再生力を持っています。
対魔忍アサギ3

アスカは、対魔忍の中でも天賦の才に恵まれた少女です。
滅ぼされた里の仇を追い、返り討ちにあい、四肢を失ってしまっています。
現在、四肢を機械の義足、義手で固め、単身闇の勢力と戦っています。

ストーリー展開


展開的には、ぷちぱら文庫同様、アサギが新たな戦いに巻き込まれていく事になる流れですね。

同じゲームを原作にしているので、当然ベースは同じです。
しかし、今作の二次元ドリームノベルズ版では、ぷちぱら文庫版よりもかなり進んだ場面から始まっています。

具体的には…って、ぷちぱら文庫版では特に書いていなかった場面なので説明が難しいんですが(汗)
あまり詳細に書きすぎてもアレなので、ぼかした感じにします。

アサギは、ある場面で裏切り者みたいな扱いを受ける事になってしまい、これまであった後ろ盾を失ってしまうんですね。
ここから彼女は、孤軍奮闘な過酷な戦いを続けていく事になる訳ですが、これは前回(ぷちぱら文庫)では上巻にあたる「井河アサギ編」では、大体中盤の頃に起こる展開なんですね。

なので、いきなりこの孤軍奮闘の幕開けからのスタートで始まるので、かなり端折られている訳ですね。
ぷちぱら版でも、この辺りから大きく話が動き出す辺りなので、端折ってもそこまで支障はないかな?
回想的な描写を所々で挿入して、それまでに起こった出来事を描いているので、全く何もなく省かれている訳ではないですしね。

その後、孤独な戦いを続けるアサギですが、ぷちぱら文庫版同様に敵の手に落ち、度重なる凌辱調教を受ける事になる流れですね。


基本的に、アサギをメインにした展開であり、他のアスカらの描写は控え目ですね。
特に序盤は殆ど描写がないので、あっさりしたものです(汗)

終盤近くになれば、彼女たちにも出番がありますので、ファンはご安心を。
まぁ、正直さくらと紫に関してはちょっと少ないかなと思いますが(汗)

体感としては、アサギ6:アスカ2:さくら&紫合わせて2って感じですかね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、アナルセックス、自慰、手コキなどがあります。
他の要素では、触手やふたなりなどの要素もありますね。

今作では、驚いた事にぷちぱら文庫版では見なかった凌辱調教シーンばかりでしたね。
例えばオーク共に凌辱される様な、似た内容はありましたけども、シチュエーションが違うので、新鮮味がありました。

そのため、ぷちぱら文庫版を読んでいても新鮮な気持ちで読む事ができましたね♪

大半は、アサギ中心のHシーンなので、彼女の行為が多いのは当然ですね。
個人的には、彼女が普段の対魔忍の格好ではなく、スーツ姿で教師役としてオークたちの前に立つ展開でしたね。
元々、対魔忍を育成する学校の教師だっただけにはまり役でもありますね♪

この格好での行為は、またいつもとは雰囲気が違って、魅力的ですね。


対して、他のヒロインたちの行為もありますけども、思った程はなかったですね(汗)

途中途中で彼女たちも凌辱されているってのは分かるようにはなっているんですが、それ以上の詳細な描写自体は殆どなかったです。
そして、出番が来た頃にはほぼ出来上がった状態になっているので、そこまでの過程も見たかったかなとは思いましたけども、ページ数の制約を考えると難しいですかね(汗)
なので、彼女たちが凌辱されている場面はあまり見る事ができません。

その代わりに、彼女たちには肉棒を手術で生やされてのふたなり状態になる展開が多めに描写されています。
ふたなりが苦手な人にはアレですけども(汗)

でも個人的には、未知なる快感である肉棒からの快楽に悶絶する彼女たちの姿が見れたのは良かったですね♪
こういう展開好きですので、嬉しかったです。

ふたなり自体は、ぷちぱら文庫でもありますけども、また状況などが違うので、別物になっています。

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく「竜胆」さんが手がけています。
なので、ぷちぱら文庫よりもオリジナルな展開でも挿絵を使える利点がありますね。

竜胆さんは、以前発売した二次元ドリームノベルズの「対魔忍ユキカゼ 対魔忍魔調教に堕つ」でも挿絵を担当していましたので、相性はバッチリですね♪
表紙絵だけは、原作版の「カガミ」さんなので、そこは間違いない様に注意しましょう。

くっきりペンとトーンで仕上げられた絵柄は、メリハリがあってガツンと来るものになっていますね。
成年コミックを見ている様な加減は、個人的に好みですね。

原作版では、割とあったアへ顔的な表情は、今作では一切ないですね。
好きな人は残念かも知れませんねぇ、ある意味売りなだけに(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、ぷちぱら文庫と同じ流れながらも、見所の多い作品でしたねぇ。

Hシーンなど、ぷちぱら文庫とは違う展開だったのも好印象ですね。

あとがきで、原作から色々アレンジしたり設定を付け加えたりなどしたとの事が書かれていましたが、残念ながら原作版をしていないので、どこが違うのかなどが分からないのですが(汗)

そして、結末に関してもぷちぱら文庫版とは違っていました。
これも原作版にある結末のひとつなのかは分かりませんけども、また流れる雰囲気が異なるのでだいぶ印象は違いましたね。

そこら辺も見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍 対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】対魔忍アサギ(3) [ Kyphosus ]

Amazon版 電子書籍
対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
対魔忍アサギ3 淫獄都市の雌忍

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら レビュー

二次元ドリーム文庫 もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら

もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら (二次元ドリーム文庫 186)
Kyphosus
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 556

突如社長に就任した年下の少女は強気なお嬢様!ビジバシこき使われるツンツン指導の後は、デレデレのあまーいご褒美エッチ!?さらに巨乳社長秘書も交え、しがないサラリーマンが恋に仕事に慌ただしく頑張るオフィス・ラブストーリー。

4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

主人公の勤める会社「ノリヤマ商事」は突然の経営危機に陥っており、入社5年目になる主人公は不安で一杯な状況…。
そんな中、主人公の会社社長が突如代表取締役を退任すると発表があって、社内は騒然。
新たに社長としてやってきた人物は、何と若干二十歳のお嬢様(汗)
新社長に厳しく駄目出しをされ、落ち込むものの奮起し、社長の期待に応えていくという展開です。

登場するヒロインは、新社長となった「華俣 緋緒」(かまた ひお)、彼女の秘書である「川口 凛々亜」(かわぐち りりあ)のふたりです。

緋緒は、ノリヤマ商事にやってきた新社長です。
若干二十歳と若いものの、飛び級で大学を卒業した才女でもあり、また大財閥のお嬢様でもあります。
性格は強気であり、仕事では部下を叱咤するばかりで褒めるのは苦手という一面が(汗)
分かりやすいくらいツンデレです(汗)

凛々亜は、緋緒の秘書として一緒にやってきた存在です。
いかにも秘書というイメージそのままな外見は、知的さと色気を放っています。
落ち着いてはいますが、叱るばかりな緋緒のフォローなどもするためかクールさはあまり感じません。


展開的には、主人公は冒頭で彼女たちと出会う事になる訳ですが、それが社長だったと知るのは後になるというお約束で始まります。
そこでお互いに第一印象が良くないところから始まる事になります。
更に仕事ぶりを緋緒に散々駄目出しをされる事に…。

ここで主人公は年下の彼女にそこまで言われた事や、それを言い返せず、ぐうの音も出なかった自分を恥じて、発奮する事になります。
そんな姿を見て、緋緒の中の少しづつ悪いスタートだった主人公の印象が変わっていく姿が描かれているのが特徴ですね。
うーん、いかにもツンデレ系ヒロインらしい入り方と言えますね。

人を褒めるのが苦手な彼女は秘書の凛々亜に突っ込まれて尚更、仕事頑張るのなんて当たり前みたいな反応をしてしまうのがお約束な反応過ぎてニヤニヤ♪

また主人公も怒鳴ってばかりの緋緒の別な顔を見たり、彼女がなぜこんな会社の社長になったのかという事情を知る事で彼女に対する認識が変わっていく事になる訳ですね。
大体こういうヒロインに対して主人公が思うのって「怒ってなければ可愛いのに…」みたいな反応がありますが、今作でもそれは踏襲されています。
それで主人公は彼女を少しづつ気になっていく事になります。

しかし、今更何ですが珍しいですよねぇ、二次元ドリーム文庫で社会人の主人公って。
大体、学生ですしねぇ、文庫は。
設定自体はむしろリアルドリーム文庫みたいにも感じますが、会話のノリやツンデレな彼女のキャラクターなどはやはり二次元ドリーム文庫のそれですね。
まぁ、結構新鮮でいいのではないでしょうかね?

そんな徐々にお互いの距離が近づいていく中で、とある出来事が起こるのを契機に物語は進んでいきます。

その過程で秘書の凛々亜にHな誘惑されちゃったりするんですが、ここではパイズリはあるんですが本番まではなかった事が残念でしたね(汗)
その後も結局主人公とのHなシーンは基本ないまま終わってしまったのが、勿体無かったなぁ…。
せめて本番1回くらいはあって欲しいですねぇ。
あれだけいかにもな色気ムンムンなキャラなだけになぁ…。

そのため緋緒がメインヒロインですので、その分Hシーンは中々多めです。
もっとも彼女は経験はないために、初心な反応を見れるのはいいですね。
しかし、なかなか素直でない彼女の事。
Hする理由に仕事で成果を出した事へのご褒美という言い訳をするのは、可愛くてついニヤけちゃいますねぇ♪

初めてながらもフェラをして、口内発射された精液を飲むなど、中々頑張ってます。
しかし、H中に主人公が彼女の名前を普通に言うのはちょっと違和感かな。
それはH後に緋緒からも注意を受けるんですが、もっと後でなら名前を出してもいいのでしょうけど、いきなりはちょっと早い気がしましたね。

まぁ元々どこか主人公は、当初から社長である彼女に対して敬意がない感じを読んでて受けたんですよね、私は(汗)
確かに序盤は悪印象だった事で、彼女に対する怒り、恨みが社長としての敬意を超えたゆえかもしれませんけどねぇ。
そんな主人公とのやり取りを見てたせいか、あまり最後まで緋緒の事を社長という印象が薄いままで終始してしまった感がありますね(汗)

そんな社長っぽさが薄かった彼女ですが、Hシーンでは可愛らしさを存分に堪能できる内容でそれ自体は問題ないですね♪
小柄な体型ですが、出るところはしっかり出ているのもいいですね。
まぁ、人によってはペタンコな方が良かったのかもしれませんが(汗)

一度Hまでしちゃうと主人公はもう事あるごとに彼女とふたりっきりになってHしたがる事に(汗)
彼女も仕事中は駄目と突っぱねるものの、何だかんだHな展開になるのはお約束♪
基本的には会社内での情事がメインですが、終盤ではホテルでの展開もあります。

Hでは、普段怒れる彼女もされるがままで感じまくる姿がギャップがありますね。
主人公に尿道口を責められて、思わず放尿&飲尿と言う流れには、普段気位の高い彼女にとってはかなりの恥辱でしょうねぇ(汗)
まぁH中にあまり調子に乗ると終わった後が怖そうですが(汗)

会社のシーンも中々うまく描いているとは思いますが、会社内で起こっていた事の大きさはあまり感じられなかったのは残念だったかな。
もっとド派手な展開を期待していたんですが、意外にしょぼかったと言うか…(汗)
何でもする連中みたいな感じだったのに…。
もっとそっちのストーリー面があっても良かったのではないかと思ってしまいましたね。
これがしっかり描いていれば、より彼女の有能さや器の大きさが見えたとは思うんですけどね。

ラストも悪くはないんだけど「ここで終わり?」という感じでちょっとあっさりした感じでしたね。
個人的にはエピローグなどでその後が見たかったです。

挿絵は「K子」さんが手がけています。
可愛らしさの中に妖艶さというか色気を含んだ絵柄が魅力的ですね。
凛々亜のデザインは、いかにもベタな秘書な感じですが、またそれがいい♪
それゆえにHシーンがあればなぁ…(汗)
個人的にはHシーンではないものの、デフォルメされた緋緒のキャラのシーンが愛らしくてお気に入りです♪

全体的な感想としてはツンデレ系なヒロインってのは、しっかり描かれてましたが、それ以外の部分が今ひとつ欠けてたかなという印象ですね。
経営などの話は結構しっかりしていたのだけど、肝心の緋緒の一族の要素が殆ど描かれず、単なる理由付けのみで終始してたのが勿体無いかな。

まぁ、ライトな展開が気にならなければ楽しめるとは思います。
ツンデレさは十分に発揮されてましたし♪

楽天はこちらからどうぞ
もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら

もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
もしツンデレお嬢様が我が社の社長になったら

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

あとみっく文庫 宇宙海賊学園ブラックキャット レビュー

あとみっく文庫 宇宙海賊学園ブラックキャット

宇宙海賊学園ブラックキャット (あとみっく文庫)
kyphosus
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1119

名門、フェリカ航宙学園で人望集める生徒会長ルーリットの正体は、なんと宇宙海賊ブラックキャット!?銀河の富を搾取する『モード』を相手に、大暴れする海賊少女とその部下たちのちょっとエッチな大冒険。

9月に発売されたあとみっく文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

内容は、主人公兼ヒロインの「ルーリット」は、学生宇宙船「フェリカ航宙学園」の生徒会長として生徒らの人望を集める存在ですが、彼女は「宇宙海賊ブラックキャット」という裏の顔が。
宇宙海賊として、銀河中に暗躍する「モード」を相手に活動するという展開です。

…まさかの宇宙海賊(汗)
まぁ、タイトルが全部語ってますから、意外でも何でもないんですけどね。

宇宙という事もあり、今作はSF色の強い内容となっており、専門用語?と言うか設定などがてんこ盛りです。
まぁ、ここで説明はしにくいのですが、読めば何となく分かるとは思いますので、問題はないでしょう。
私はSF詳しくないので、何とも言えませんが、詳しい人にはアラが見えるのかな?

ヒロインは、主人公のルーリットの他に学園で生徒会のメンバーが中心となっています。
操縦長の「セスティ」、オペレーターの「ヴィネー」、突撃隊長の「デオディケー」、航海士の「デイジースピン」がいます。
その他には、ルーリットをライバル視している「キリア」がいます。

ルーリットは、学園では生徒会長ですが、裏ではブラックキャットの首領として活動しています。
性格は、結構熱くなる所があり、強敵との闘いに興奮する面も。
彼女には、何やら特別な存在でもあり、モードとは因縁がある様で、今作ではそこら辺はザックリと触れられていますが、今後続編があるのなら色々分かってくる事でしょうね。

セスティは、ブラックキャットでは操縦を担当しており、その技術は並外れています。
ルーリットに倒錯した愛情を抱いており、何かにつけて「お姉様」と慕い、ルーリットに近寄ってきます(汗)

ヴィネーは、オペレーター担当であり、サポートする存在です。
あまり感情を露わにしないタイプですが、かなり毒舌な所もあり、他のメンバーに浴びせる面も。
芋虫などの昆虫類が好物でもある様です(汗)

デオディケーは、突撃隊長として前線で戦う頼もしい存在です。
ですが、普段はオドオドとした態度で体格の良さもあり、何ともギャップがあります。
目の辺りまで髪で隠しているので、顔は分かりません。

デイジースピンは、学園では教官として、生徒らを指導しています。
ブラックキャットでは、航海士として年長者らしくサポートします。
性格は見た目に似合わず、口調などは砕けています。
元海賊として活動してた過去も…。

キリアは、フェリカ航宙学園に在学している生徒です。
ですが、彼女は軍事国「ワレカラ騎士団国」の総長の娘という経歴も。
そんな立場もあり、性格は誇り高く、プライドの高さもまたかなりの物で主人公であるルーリットには敵対心がメラメラです。

私は、購入まで殆ど事前知識を入れてなかったので、主人公兼ヒロインってのも知らなかったのですが、少し読んでみて男が出てこないので、「う?ん、レズ的な展開なのかな」とちょっと不安になったり(汗)
個人的にレズものはそこまで好みではないので…。

読み進めていくと、ちょうど良さそうな男性キャラが出てきたんですが、あんまり関係なかったですねぇ(汗)
今後、続編があれば関係が深まっていくのかもしれませんが、今作ではそういった感じは薄いですね。

展開としては、ルーリットらが敵である「モード」の連中の企みを潰すって感じですね。
でも、本当に序章の序章って感じですね、この作品では。
今作では幹部級の相手に対して、活動しているんですが、それも決着も付いてないままですし。
印象としては読みきり作品って言えばいいのかなぁ、続くかもしれないし、これで終わりかもしれないしという感覚でしょうか。
まぁ、一応今の所あとみっく文庫は単発作品が殆どないですし、設定も盛り沢山ですから多分続編もあるでしょうけど。

H的には、中盤くらいまではメンバーとのレズプレイくらいなものです。
主人公からではなく、向こうから迫られてしまい、抵抗むなしく何だかんだ感じちゃうみたいなノリですね。
その他では、まさかのあると思わなかったキリアのH、終盤に捕われの身になったルーリットが陵辱されてしまう展開があります。

面白かったのは、モードの幹部は人型の生命体ではなく、人外のエイリアンなのですが、そのため人型の肉体の仕組みや反応には無知です。
それを人間の部下が、ある事ない事誇張して、ルーリットの女性器の構造などを説明する辱めは見応えがありますね。
これはかなりの辱めですよねぇ(汗)

斬新と言うか、珍しかったのは、乳首責めに使われた乳首用のオナホールに更にはクリオナホなるモノまで登場した事ですね(汗)

他にも異形のエイリアンに陵辱されたりと、結構ページを割いています。
その分、今作はかなりのボリュームです。
まぁ、こういったSFやファンタジーなどは描写、設定説明にページを使いますしね。
でも、その割にはモードの存在の大きさ、非道さなどがあまり出てなかった感も…。
今作の印象では、ちょっとした小悪党に見えます(汗)
まぁ、今回の幹部などはそのうち雑魚扱いな立場のキャラなんでしょうが、もっと残忍さというか凄みがあっても良かった気がします。

本当に一般ライトノベルに近い作品の印象ですね、これは。
でも、あまりハマらなかったかな私には(汗)
主人公のルーリットにそんなに入れ込んで読めなかったんですよね…、今ひとつ物足りない様な…。
もう少し魅力があればまた違ったかもしれませんが、惜しいですね(汗)

良くも悪くもあとみっく文庫って言う作品でした(汗)

楽天はこちらからどうぞ
宇宙海賊学園ブラックキャット

宇宙海賊学園ブラックキャット 宇宙海賊学園ブラックキャット

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
宇宙海賊学園ブラックキャット

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ

二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯 レビュー

二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯


宿敵の邪道くノ一・朧の暗殺任務に身を投じる、対魔忍・井河アサギ。彼女は、妹のさくらとともに闇社会に潜む朧を追うが、人狼の女戦士に囚われ、再び恥辱の地下コロセアムへ連れ出されてしまうのだった。美しきくノ一姉妹を責め嬲る妖魔たちの異形ペニス。そして、女を肉悦に狂わせる肉体改造と恥辱責めの中で、美しき対魔忍姉妹は、無様なアクメ顔を晒し続けることに…。

12月発売の新刊のレビューです。
いや、これはかなり濃いですね・・・。
さすが個人的に一番Hが濃いと思う、ドリームノベルズ作品ですね。
作品によっては、それゆえに拒否反応も出る作品もあるんですがこの作品は読みやすかったです。
読みやすいと言っても、Hが薄いわけではないですよ(汗)

序盤からHな展開のオンパレードで飽きさせません。
主人公のアサギは敵の手によって感じやすく改造されていることもあって、すぐHなスイッチが・・・。
乳首にピアスされる事になっても、痛みより快感が上回ってしまい・・・射精のような勢いで母乳を噴いたり(汗)
そんな状態でも心だけは折れず、宿敵の命を狙い続けるアサギはいいですね。
すぐ墜ちてしまうヒロインは個人的には面白くないので・・・。

肉便器にさせられて、放置されたままで生きるためにも男たちの精液や尿を進んで要求し、ある時は一般人を誘惑して、時間内に規定回数精液を発射させるゲームをさせられたりとかなりのやられっぷりです。
個人的にはゲームに従いざるを得ない状況というのを理由、言い訳にして、一般人たちをイカせるアサギはいやらしく興奮します♪
基本相手にやられるがままな中、自分から誘惑という逆のシチュエーションはエロく感じました。

アサギの妹も同じような目にあうのですが、こちらはそこまで描写がなかったりとメインはあくまでもアサギですが。
妹とのプレイもあったり、おなか一杯な作品です。

・・・しかし、敵である朧は小悪党の香りしかしないなぁ(汗)

ゲーム版とは色々設定やイラストが違っていますが、個人的には今作のほうがお気に入りです。
表紙絵と中の挿絵は違う方が担当していますが、挿絵の方がコミック的で好みな絵でした♪

対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】対魔忍アサギ

Amazon版 電子書籍
対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯

DMM 原作PC版ダウンロード
対魔忍アサギ完全版

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます