2017年3月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、これといって目立たない男子学生です。
そんな彼は、姉妹も所属しているテニス部でマネージャーとして活動していますが、テニス部としての成績は微妙…。
そんな中、テニス部で合宿を行う事になるのですが、そこで話の流れがおかしな方向になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 佐野 ありか」(さの)
  • 佐野 みあか」(さの)
  • 桐生 ゆかり」(きりゅう)
  • 犬伏 カレン」(いぬぶし)
  • 間野谷 桜子」(あいのや さくらこ)
がいます。

ありかは、主人公の姉でテニス部に所属しています。
テニス部ではエースとして活躍しています。
派手な容姿とファッションで華やかな存在として認識されていますが、男性との交流は殆どない模様。
勝気で素直ではない性格です。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

みあかは、主人公の妹でテニス部に所属しています。
小悪魔的な魅力を持った存在であり、ギャル的な格好を好み、男女の交友関係は広いです。
意外とお兄ちゃん子でもあります。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

ゆかりは、テニス部部長です。
ありかとは、共にエース的な存在で切磋琢磨している関係でもあります。
品行方正なお嬢様なので、生真面目で思い込んだら一直線な面も。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

カレンは、主人公のクラスメートでテニス部の女子です。
アジア系のハーフ少女で、褐色の肌が印象的な存在です。
かなりマイペースな性格の持ち主でもあります。
露出の多い衣装を好んだり、見た目の印象から遊び人と思われている節も。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

桜子は、主人公たちテニス部の顧問です。
おっとりした雰囲気に立派な巨乳の持ち主でもあります。
生徒思いなのですが、思い込みの激しい面も。
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

ストーリー展開


展開的には、主人公たちテニス部が合宿する事になる流れですね。

まぁ、それだけではただのテニス物な訳なので、それだけではないですよ(汗)

主人公は、テニス部のマネージャーとして活動している訳ですが、このテニス部はある問題を抱えていたんですね。
それは、公式戦で中々勝てず、結果が出せていない事でした。

練習試合では、姉のありか、部長のゆかりなどは凄い成績なのに、公式戦となると、結果が出ないんですね。
本人たちもそれを自覚しているのですが、それを克服する手立ては未だになかったのです。
ふたり共、周囲の目が気になる様なんですね、どうやら観客の。

大勢の観客に見られる事によって、緊張するのか、身体に余計な力みが入り、それまでの伸び伸びとしたプレイが出来なくなってしまい、ミスを多発させ、自滅してしまっていたのです。

そんな中、主人公は家で姉妹に自室のエロ本を見られてしまう事に(汗)
実はモテモテだろうと思ってた姉たちが男性経験のない事を、エロ本の反応などから知る事に…。
しかし、主人公に知られた事が恥ずかしいのか、姉、ありかが暴走し、主人公の股間を握って、結果的に射精させる事態に発展(汗)
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

しかし、その事が意外な効果を発揮したのです。
翌日の試合で、ありかはこれまでとは違った堂々としたプレーを見せたんですね。
まぁ、前日の行為を考えれば視線など、相手にもならなかったんでしょうね(汗)

それは、姉、ありかも同様だったのか、ポツリとこぼしてしまったのが皆に知られて大騒ぎ(汗)
そこから、話は皆も主人公の股間を弄って、羞恥心に慣れたら成績も上がるという、凄い理論に発展し、合宿で体験しようという話に…。

こうして、主人公はテニス部の女性陣とHな行為をする事になる流れですね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリなどがあります。

タイトルを見て分かるでしょうが、全員実は男性経験のない女性ばかりなんですよね。
生徒だけではなく…、顧問の桜子も、実はそうなんですよね(汗)

そんな女性陣が、主人公と関係を持つ事になるんですが、ヒロインによっては目的が違う様な。
最初の名目である、試合の見られる事をに対する羞恥心克服と本気で思っているのは、真面目な部長のゆかりくらいなものですからね(汗)
後は、単純にHに興味があるって感じのニュアンスが大半ですね。

まぁ、どのヒロインも何だかんだ主人公との関係は、それ程悪くはありません。
なので、主人公と関係を持つ事によって、何となく良い雰囲気に、それぞれなっていくって感じでしょうか。

そのため、性欲優先な展開での関係なんですけども、ほんのり甘さも感じ取る事ができますかね。
元々、妹のみあかは、主人公の事が好きですし、姉のありかは何だかんだ言いつつも…って感じでしたしね。

特にみあかは、行為をして主人公に甘える様になったりで、普段との小悪魔っぷりが控えめになって、より素直で可愛らしい印象が出ていましたからね♪
普段のちょっとませた態度も悪くないですが、こういうデレた姿も妹らしくで良いですね。
…半面、姉のありかは、かなりツンデレ寄りな性格の持ち主なので、中々手ごわいですけども(汗)

個人的には、カレンが結構印象的だったかな。
彼女ってマイペースで、行為にも軽いノリみたいな感じで始まったりするんですけども、その淡々とした感じ、やり取りなんかが逆に新鮮って言うか、クラスメートって感じがありましたね。
そこから関係を持って、少し女が出て来る感じも初々しさがありましたね。
まぁ、ここの女ってのは恋愛ってよりも、H寄りな感情が強いですけども、それでも行為でかなり激しく感情を出す様になったりという変化が垣間見えましたね。

一番、残念(勿体なかった)だったのは、顧問の桜子ですね。
彼女とは何気に一番最初に関係を持つんですが、以後は存在自体が殆どなくて、終盤になって、ようやく出て来る扱いの悪さでしたからね(汗)
その時点では、他の女性陣同様に関係を持つ事になって、定期的にHしているって説明の描写があっただけでしたし…。
一応、最後のラストの全員を交えたハーレム展開では彼女の行為も描かれていますけどね。


行為を重ねていくと、女性陣もかなりHに対してハマってきたのか、かなり積極性を見せる事に。
より激しく大胆に主人公を求めてくる事になり、もはやテニスの合宿なのか分からないレベルですね(汗)


上記にもある様に、終盤では全員交えてのハーレム展開になりますね。
顧問の桜子も交えての、全員横一列に並んでお尻を向けている様は、壮観ですね♪
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

終盤では、全員妊娠してお腹が大きくなった状態での行為もありましたね。
色々、突っ込み所の多い状況ですけども、本人たちが問題じゃないならいいんですかね(汗)
全員ってのも、中々凄い光景ですよね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「金城航」さんが手がけています。

他の作品のゲームを見ると、巨乳系のが多いので、そういうのが得意なのかな?
確かに今作のヒロインも巨乳揃いですしね♪

個人的には、巨乳もですが、女性陣の表情が印象的でしたねぇ。
何とも表情を赤らめている彼女たちの表情は、艶っぽさを感じさせますね。
まぁ、こんな色気あれば、皆、経験豊富そうに見えますね(汗)
処女ビッチだらけのテニス部合宿!

やはり独特の存在感は、ハーフ娘のカレンでしょうか。
何とも気だるそうな感じが、また異彩を放っていますね(汗)
それでもHシーンでは、かなり表情豊かになっていましただけに、普段とのギャップも見所ですね。

終盤のヒロイン全員の腹ボテ姿は、あんまり見る機会(枚数)がないのが、ちょっと勿体なかったですねぇ。
この人数で1枚だと手狭ですから、複数枚欲しかったってのは贅沢ですかね(汗)

挿絵数:31枚

総評


全体的には、明るくHな展開が味わえる作品でしたねぇ。
恋愛色は、どうしてもストーリー的に控えめでH寄りな仕上がりになっていますが、そんなに気にならないかな?
何だかんだ、好かれている様な感触はありましたしね。

人数が多いゆえに、個々の描写は控えめですが、全員分って事でそれなりに満足感は得られるかなと思います。
ノリが合えば、中々楽しめるかと思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
処女ビッチだらけのテニス部合宿!「アタシが処女だって証拠がドコにあんのよ!?」

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ