FC2ブログ

2-Gのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:2-G

2-Gのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2017-10-28ぷちぱら文庫
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど (ぷちぱら文庫 267)posted with amazlet at 17.10.28夜空野ねこ パラダイム (2017-10-25)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、天才的な頭脳を持ち、本来学生な年齢ですが若くして議員にまでなった存在です。そんな彼が、議員で積極的に推しているのが、極度な少子化を解消するためのSE...

記事を読む

2011-08-03Paradigm novels 「さ行」
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 風璃編 (パラダイムノベルス 518) (PARADIGM NOVELS 518)posted with amazlet at 11.08.03緒莉 パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売のパラダイムノベルスの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。6月に発売されていた同作品の別ヒロイン「月乃編」のレビューはこちらからどうぞParadigm novels ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 月乃編 レビューあら...

記事を読む

2011-07-08Paradigm novels 「さ行」
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 月乃編 (パラダイムノベルス 510) (PARADIGM NOVELS 510)posted with amazlet at 11.07.08緒莉 パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売のパラダイムノベルスの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、学園では体力バカと周りからは揶揄されている存在です。そんな彼ですが、発明の才能に関しては自身がある主人公。しかし、発明の大会では優...

記事を読む

ぷちぱら文庫 ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど レビュー


10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、天才的な頭脳を持ち、本来学生な年齢ですが若くして議員にまでなった存在です。
そんな彼が、議員で積極的に推しているのが、極度な少子化を解消するためのSEX新法と好きな相手とHできる許可証の制度でした。

主人公は、新法を成立させるため、全国の女生徒を無作為に学園に集め、許可証の試験運用をする事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 春日井 乃愛」(かすがい のあ)
  • 星宮 きらり」(ほしみや)
  • 沖田 奏音」(おきた かのん)
  • 東條 一華」(とうじょう いちか)
  • 朝槻 ほまれ」(あさつき)
  • 田所 南」(たどころ みなみ)
がいます。

乃愛は、主人公と同じく若くして議員となった存在です。
世界一の頭脳と美貌を持っていると思い込んでいるナルシストな面も(汗)
主人公とは、数年前からの腐れ縁的な存在でもあり、主人公に勝った事がないためライバル視しています。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

きらりは、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
明るく元気で人見知りをしない性格の持ち主でもありますが、言動が思春期男子以上の性欲の塊でもあります(汗)
当然、Hな行為に興味津々です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

奏音も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
実は、カリスマ的な人気を誇る人気アイドルとして活動している有名人でもあります。
ボーイッシュで中性的な魅力の持ち主で、女性ファンが多いですが、主人公もファンの一人です。
上級生である主人公を先輩と慕う、良い娘です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

一華も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
親が武道場を経営しており、彼女もまた幼い頃から武術に接していたため、その腕前はかなりのものです。
生真面目で頭の固い頑固な所があり、Hに対しても免疫がないために主人公には批判的です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

ほまれも、主人公と同じ学園に通う女生徒で先輩です。
男性について研究しているのですが、その解釈は間違った知識から始まっており、ズレた言動も多いです。
天然でおっとりした性格の持ち主です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

南も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
口下手でコミュ障、かつ被害妄想的な思考があり、男女問わず友達がいません(汗)
自虐的な所もあるゆえに、中々会話が成立しないですが、本人はこれでも友達を作ろうと頑張っているつもりです。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

ストーリー展開


展開的には、主人公が少子化解決のために必要な新法を制定ために、許可証の試験運用として女生徒を集めた学園でHに励む流れですね。
…自分で書いてて意味が分からない(汗)

この国では、極度の少子化となっており、中でも男女の比率が異常なレベルにまで来ていたんですね。
何と、その男女比は、1:8585というとんでもない比率で男性が生まれていない現状がありました。

1/8585って、レアキャラみたいな出現率ですね(汗)

当然、男性、女性どちらかが欠けても子供は生まれない…。
このままでは、この国は近い将来滅んでしまうという中、主人公が生まれた訳ですね。

主人公は、男性って時点で貴重な存在だった訳ですが、更に有能な存在としてメキメキと頭角を現す事に。
本来ならば学生な年齢という若さで、国会議員にまでなったのです。
この時代は、有能ならば年齢は問わないらしいですね、そのため、腐れ縁的な乃愛も同じく同時期に議員になっています。

そして、主人公にはかつてから、この現状をどうにかしたいという強い気持ちがありました。
それゆえに国会議員にもなり、自身の考える策を提唱したのです。

それが、SEX新法と、自由性行為許可証の交付でした。

具体的には、成人男性は自由性行為許可証の所持を義務付け、成人女性に許可証を提示した場合は、女性はそれに応えなければならないといった内容でした。
まぁ、当然これには女性側の反発が根強かったものの、既にこんな事をしなければいけない状態にまで来ていると危惧する主人公の演説にある程度の賛同の声も上がり始める事に。

そこで全国の女生徒を無作為に選出し、それらの女生徒を新しい学園に集め、そこの中で主人公が許可証を使ってみて、このやり方が効果があるのかとテストする試験運用が決まったのです。

こうして、主人公は学園内で許可証を使い、女性陣とHしまくる流れですね。

…これは、女性陣からしたらとんでもない話ですなぁ(汗)
乃愛ならずも反対するのも当然ですが、意外と中には乗り気だったりする娘もいるから、分からないものですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、素股などがあります。

やはり今作では、少子化をどうにかするためにも、許可証を使ってのH展開が印象的ですね。
…女性側からしたら、とんでもない話ではありますけどねぇ(汗)

上記にもありますが、乃愛たちみたいに反対派もいれば、きらり、ほまれみたいなOKな娘もいる訳ですね。
まぁ、反対派もいないと盛り上がりに欠けますしね、必要な存在ですよね。

そんな反対派の急先鋒な乃愛ですが、一番早く許可証を使われる羽目になり、いきなり経験する事に(汗)
この許可証は、まだ試験運用ではあるものの、拒んだ場合は罰則もあり、更に彼女も議員なだけに法を破れないと渋々応じる結果になりますね。

まぁ、ムードの欠片もない状況で始まる行為ではありますが、何だかんだ幼なじみまではいかないものの、それなりに腐れ縁な関係。
乃愛自身も主人公の有能さは認めているだけに、満更でもない感はありますね。
実際、行為を経験して、乃愛も快感、絶頂を経験し、以前よりも主人公に対し、当たりが柔らかくなった印象がありますね♪


この様に反対派、あまり賛成ではない女性陣も行為を経験すると、何だかんだで満更悪くない印象になるんですね。
普通は、そもそもそんな女性陣を行為に応じさせるまでが難関な訳ですが、許可証の罰則があるため、拒み切れないために行為に至る過程もスムーズな事で、ほぼ問題は一切ない難易度と化していますね。
そういう点では、緩い雰囲気でHが進む印象でサクサク展開されていきますね。

また各女性陣毎に、各章が分かれており、そのパート内で2回ほどの行為が描かれています。
基本的には、どちらかが前半が本番(初体験)行為&後半でフェラやパイズリなどで射精の前後半で構成されています。
(キャラによって本番が後半になっている場合もありますが)
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

そのため作品のテーマ的に、中出しがメインかと思いきや、意外と普通に他の行為で射精していますね。
特に多めだったのがパイズリですね。
大抵のヒロインは、皆巨乳揃いな事もあって、主人公もおっぱい好きなので、パイズリをお願いする展開が多かったですね。
まぁ、本番行為をある意味強引に許可証使ってHした後なら、今更パイズリを拒む娘も少ないでしょうからねぇ(汗)
(ヒロインによっては、初体験よりも先にパイズリになったりもしますが)

この様に、基本は各パートだけでのヒロイン毎の行為となりますが、唯一乃愛だけ優遇されており、更に回数が多く描かれています。
このノベル版でメインヒロイン格として描かれており、終盤の展開は彼女をメインとした展開になっているためですね。
なので、終盤は乃愛との展開に終始するために、全員交えたハーレム展開とかは残念ながらないですね(汗)

その分、終盤では乃愛とのイチャラブHが描かれていますね。
その中には、主人公の子供を妊娠して、お腹が大きくなっている中での行為も少しですが描かれており、彼女との甘い時間を感じられます。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「2-G」「健やか牛乳」「ねこきち」さんが手がけています。
でも、DMMの方で見たら、ねこきちさんの記載がなかったんですが、どうやらねこきちさんは、SDキャラの担当みたいです(汗)

明るく可愛らしい女性陣ばかりで、華やかさと賑やかさがありますね。
巨乳キャラも多いのも印象的でしたねぇ、あ、小さい娘も可愛いですよ、うん(汗)

個人的に印象的なキャラデザインは、きらりかな。
あんまりにもエロエロ男子みたいなノリは得意な方ではないんですが、あの猫っぽい表情と言いますか。
あのニヤぁとした口とか、結構好きなんですよね(汗)
でも、Hシーンだとそういう顔ではなくて、ちょっと恥じらいの表情が浮かぶというギャップも良い感じですね♪
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

まぁ、どの娘もそれぞれ魅力的ですけどね。
各章だけでは、物足りなさもあっただけに、欲を言えばもう少し見たかったですね、それぞれの姿を。

挿絵数:28枚

総評


全体的には、コミカルで緩い雰囲気で展開される作品でしたね。
…結構、許可証云々については酷いことやっている気はしますが、この時代ゆえの感覚なのかな(汗)
まぁ、最終的にはHに否定的ではなくなったので、結果OKって事で…(汗)

ストーリーに関しては、今作では上記にもある様に終盤近くは乃愛をメインとした展開になります。
多分、原作版では各キャラのルートがあるんでしょうけども、他のキャラがどんな感じの話になるか気になりますねぇ。

またこの手の作品では仕方ない事ですが、メインの乃愛の話になると、途端に他の女性陣の存在が消えます(汗)
それまでが何だかんだキャラが多くて、賑やかな印象だっただけに、何となく寂しさも感じるんですよねぇ…。
まぁ、その分を乃愛との行為と、その後の彼女との話がある訳ですが、それも少し駆け足気味に感じたのは物足りなさがあったかな。

ヒロイン6人分、H消化して、最後メインヒロインだから、どうしてもページ的に難しいのは分かるんですけどね(汗)
まぁ、そこは原作版で補うしかないでしょうね。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ぜったい遵守☆にゅ〜こづくりわーるど

Amazon版 電子書籍
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
ぜったい遵守☆にゅ〜こづくりわーるど

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

Paradigm novels ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 風璃編 レビュー


7月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

6月に発売されていた同作品の別ヒロイン「月乃編」のレビューはこちらからどうぞ
Paradigm novels ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 月乃編 レビュー

あらすじは、前回の月乃編から同じで…。

主人公は、学園では体力バカと周りからは揶揄されている存在です。
そんな彼ですが、発明の才能に関しては自身がある主人公。
しかし、発明の大会では優勝を逃す事になり、判定に納得のいかない主人公。
立ち直った主人公は、自分の才能を理解しようとしない世間への報復を決意。
手始めに自身の発明品を使い、学園を裏から支配する秘密組織「第二科学部」を立ち上げ、学園ハーレム化を目論むという展開です。

登場するヒロインは、主人公のクラスメート「笹ノ瀬 風璃」(ささのせ かざり)、「佐原 空希」(さはら あき)、主人公の幼なじみで生徒会長の「高良 月乃」(たから つきの)、風璃の幼なじみの「水原さらら」、主人公らの担任の「中平 唄葉」(なかはら うたは)がいます。

風璃は、主人公のクラスメートです。
バカ素直であり、単純な性格をしています。
特撮などが大好きでそういったヒーローな存在に憧れています。
性知識などは皆無であり、キスが一番Hな行為だと思っている面も(汗)
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ

空希も風璃同様主人公のクラスメートです。
とにかく大人しく存在感がなく、目立たない存在です。
押しに弱く、主人公の勢いにのまれてしまいます。
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!

月乃は、主人公の幼なじみです。
学園では生徒会長として生徒からの人気が高いです。
才色兼備で人当たりもいいのですが、主人公の前ではドSな表情を見せる事になり…。
主人公にとっては、幼い頃から数々のトラウマを植え付けられた存在でもあります(汗)
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!

さららは、風璃の幼なじみです。
風璃よりも年下で妹の様に可愛がっていますが、既に背は抜かれています(涙)
性格は夢見がちな所があります。
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!

唄葉は、主人公のクラス担任です。
優しく明るい性格で人気の高い教師です。
クラスの主人公や風璃などのクセのある生徒たちに振り回されている苦労人でもあります。
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!


展開的には、発売済みの月乃編からは多少展開が異なっています、当たり前ですが(汗)
月乃編では、主人公が秘密組織である第二科学部を立ち上げるまでの流れは全くなくて…、「と、いう事で立ち上げてみました」的な台詞でおしまいだったのですが、今回の風璃編はその細かい過程が描かれています。
と言っても、風璃の相当単純な性格が分かるだけとも言える内容でしたが(汗)

特撮好きで正義の味方に憧れている彼女の心をくすぐるキーワードをふんだんに散りばめた勧誘に彼女もすっかり正義の味方になったつもりに。
まぁ、実際は主人公の悪事のための悪の一味な訳ですが(汗)
そんな訳で風璃は主人公の活動に何の疑問も持たずに参加する事になります。

そんな彼女を引き連れての初の活動は、月乃編と同様に担任の唄葉相手に。
毎回運がありませんねぇ、彼女は…(汗)
ちなみに唄葉への行為のシチュエーションなどは月乃編とは若干異なっていましたので、繰り返しになっていませんのでご安心を。
まぁ、基本的な状況は似ていますけどね、主人公の発明品で姿を消してのHな行為をするってのは。

唄葉にとっては、姿が見えない主人公に訳が分からないまま陵辱されちゃう流れになりますが、そんな状況でも主人公の言われるままに「疲れをとるためにマッサージをする」と言う言葉を信じ込んで協力する風璃の性知識の無さが…、心配です(汗)
キスが最もHな事と思っており、逆に人前で裸になっても、そっちの方が何とも恥らっていない辺りが彼女らしいなぁ。

唄葉との行為は、風璃をごまかしながら何とか達成できた主人公でしたが、そんな所を目撃されてしまう事に…。
それが月乃編では普通に第二科学部を立ち上げたら、風璃と一緒に所属している事になる空希がここで登場し、彼女を仲間に引き込む流れが描かれています。
相変わらず名前を「くうき」と読み間違えられています(涙)

その後は、月乃編同様に学園の様々な部活の女生徒をターゲットにして、悪事を働く事になります。
月乃編とはまた違う部活や面子なので、月乃編とはまた違うシチューエーションでのHを味わえるのは嬉しいですね♪
特に部活の様々なHされちゃう娘たちは、ちゃんと画像もあり、可愛らしい娘たちばかりなのがいいんですよねぇ。
まぁ、H要員としての存在なのは仕方ない所ですが、その分いいやられっぷりを披露してくれますね。
その度に使う、主人公の発明品の名前がいちいち引っかかるんですけどもね、ホワイアングルベースとか(汗)

科学部に新体操部や陸上部、茶道部などがあります。
特に個人的には、茶道部の展開が面白かったですね。
実はこの茶道部の部長は男子嫌いであり、女生徒との関係があるという噂を聞きつけた主人公が、発明品で女性になる事で潜入するのですが…。
噂は真実であり、女性化した主人公は部長に迫られて彼女に感じさせられてしまい、絶頂に達してしまうという、今までとは真逆な展開が新鮮でしたね♪
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!
更に挿絵の画像では女性化した主人公の絵があるんですが、意外や意外…、中々の美少女なのがいいですね。
やられっぱなしな主人公ですが、途中で股間だけ男に戻る事でその姿のままでHできる展開になります。

活動の合間には、部下である風璃、空希とのHシーンも勿論ありますのでご安心を。
しかし、性知識が全くない風璃とのHシーンは一体どうやって始まるのかと思ってたんですが、発明品がきっかけです(汗)
そんなうとい彼女とのHですが、ここではHを治療の行為と偽っての行為となるので、風璃はこれがHだとは知らないまま破瓜する事になります。
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!

別に何も知らない彼女に強引にHに至った…と言う訳ではなく、ハプニング的なきっかけでの行為だった事もあるので、陰惨さは全くないですのでご安心を。

空希とのHもきっかけは発明品によるものから始まります。
その効果により、普段消極的な彼女が中々積極的に迫ってきたりする展開は意外にギャップがあってHですね♪
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!

何気に空希は陥没乳首なんですね(汗)
彼女のキャラクターも結構好きなんですよねぇ。
いつも主人公たちのペースに巻き込まれていて、流されるままなんですが、何だかんだ離れる事なく甲斐甲斐しく世話を焼いている姿は愛らしいですね。
そういう損な性分なんだろうなぁ(汗)

更に風璃と空希、一緒のHもあります。
ここでの見所は何と風璃がふたなり娘となってしまいます(汗)
さすがにそれを使って空希とHこそないですが、風璃のモノを口で舐めるなど、個人的に興奮ものな展開も♪
まぁ、これは一時的なので苦手な人もご安心を。

後は、風璃の幼なじみのさららとのHシーンもあります。
前作のレビューでは、あまり出番がないのではと書きましたが、思ったよりは出番はありましたね。
でも、やはり他のふたりに比べると少ないのは仕方ないですね、話にも関わっていないですし。
良く考えたら、彼女も第二科学部に入れちゃっても問題なかったのではないかと思うのだけど…。
あ、でも幼いキャラクターとか、かぶっちゃうか(汗)

終盤では、月乃編での重要人物である、魔法少女「プレシャスムーン」も登場しますが、これは殆ど出番がないです。
幼なじみの月乃も殆ど出ていないからなぁ…、さらら以下の存在感だし(汗)

挿絵は原作の画像が使われています。
やはり風璃はおバカだけど可愛いなぁ♪
主人公に褒められて、ニコニコ喜んでいる姿にやられました(汗)
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!

彼女の喜怒哀楽がはっきり出る所がまた可愛らしいですねぇ。
発明品で触手プレイはあるのは、個人的に余計だったけども(汗)

一応、終盤はちょっとシリアスな展開も月乃編同様にあります。
まぁ、それ程深刻さはないとは思いますけどね。
月乃編では全く出番がなかった、主人公の父親である理事長も今作では出てきますけど、意外に重要なキャラだったんですね、この風璃編では(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ぜったい絶頂☆性器の大発明!!(風璃編)

Amazon版 電子書籍
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!~風璃編~ (パラダイムノベルス)

DMM 電子書籍
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!〜風璃編〜

原作PC版


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

Paradigm novels ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 月乃編 レビュー


6月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、学園では体力バカと周りからは揶揄されている存在です。
そんな彼ですが、発明の才能に関しては自身がある主人公。
しかし、発明の大会では優勝を逃す事になり、判定に納得のいかない主人公。
そんな彼を幼なじみである「高良 月乃」(たから つきの)に痛いところを的確に突かれ、ノックアウトされてしまいます。
立ち直った主人公は、自分の才能を理解しようとしない世間への報復を決意。
手始めに自身の発明品を使い、学園を裏から支配する秘密組織「第二科学部」を立ち上げ、学園ハーレム化を目論むという展開です。

登場するヒロインは、主人公の幼なじみの「月乃」以外に、主人公のクラスメート「笹ノ瀬 風璃」(ささのせ かざり)、「佐原 空希」(さはら あき)、生徒会の副会長の「不知火 輝穂」(しらぬい かがほ)、主人公らの担任の「中平 唄葉」(なかはら うたは)がいます。

月乃は、主人公の幼なじみです。
学園では生徒会長として生徒からの人気が高いです。
才色兼備で人当たりもいいのですが、主人公の前ではドSな表情を見せる事になり…。
主人公にとっては、幼い頃から数々のトラウマを植え付けられた存在でもあります(汗)
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ

風璃は、主人公のクラスメートです。
バカ素直であり、単純な性格をしています。
特撮などが大好きでそういったヒーローな存在に憧れています。
性知識などは皆無であり、キスが一番Hな行為だと思っている面も(汗)
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ

空希も風璃同様主人公のクラスメートです。
とにかく大人しく存在感がなく、目立たない存在です。
押しに弱く、主人公の勢いにのまれてしまいます。
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ

輝穂は、生徒会副会長です。
生徒会長の月乃に心酔しており、月乃と幼なじみながら素行の悪い主人公を強く敵視しています。

唄葉は、主人公のクラス担任です。
優しく明るい性格で人気の高い教師です。
クラスの主人公や風璃などのクセのある生徒たちに振り回されている苦労人でもあります。
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ

展開的には、主人公は発明の大会で優勝できず、更に月乃からぐうの音も出ない正論でやり込められてしまい、逆ギレ(汗)
自身の発明品を使い、学園を裏から支配する秘密組織「第二科学部」を立ち上げ、学園ハーレム化を目論むという展開なのですが…、ハーレムとか何故出てきた(汗)
まぁ、Hな事したかっただけとも取れますねぇ。

そんな主人公は、風璃、空希を第二科学部へと勧誘し、行動を開始する事になります。
主人公は、正体を隠しており、悪の総帥「ダーク総帥」としてふたりに指示をしています(汗)
元々風璃はヒーローものが好きで自身もそういう立場になりたいという願望があるところを利用し、正義の味方として行動すると偽って入部しています。
空希は、たまたま主人公の正体を目撃してしまったので強引に入部(汗)

頭悪いと思える主人公の行動ですが、確かに自身が言うだけあり、発明に関しては天才的な能力を見せます。
と言うか、どうやって作ったんだよ?って言うとんでもない性能の発明品ばかりです(汗)
食べると姿が見えなくなる桃「ステルスピーチ」や自身の体の一部をある程度の距離ならワープさせれる「澪つくし」など反則級な代物ばかりです。
これらの発明品を活用し、主人公は女性たちにHな行為をする訳です。
…もっと使い道あるだろうに(汗)

でも、面白いですね、こういった現実離れした能力を活用してのHは。
透明だけならありますが、体の一部をワープさせての組み合わせのHというのは中々ないかな。
肉棒を相手の膣内にワープさせての行為ってのは新鮮ですねぇ。
…まぁ、これで興奮するかは難しいかもしれませんが(汗)
他の部員にも、何だかんだと言いくるめて、マッサージのつもりで身体中を弄らせるというコンビネーションです。
ちなみにやられたのは、先生の唄葉です(汗)

その後も、主人公は学園内の部活の生徒に対し、Hな行為をする事になります。
料理部始め、忍術研究部、黒魔術研究部などという妖しいものまで(汗)
そこの部員を発明品を活用した主人公は、Hする事に成功していき、主人公の野望は少しづつ前進していく事になります。
しかし、そんな主人公の前に現れた存在が!

それは、ステッキまで持ち、魔法少女の格好をした「プレシャスムーン」なる謎の存在(汗)
プレシャスムーンは、主人公たちの起こした事件の首謀者だとにらみ、主人公の前に立ち塞がる事になります。
まぁ、主人公たちからはコスプレ好きの痛い女と思われてましたが(汗)
しかし、彼女の行動の端々には正義の味方であるはずなのに、ドSな所があり…。

魔法を使い、戦う彼女に苦戦しながらも主人公は発明品を使い、彼女にHな行為をする事になります。
主人公に破瓜されながらも、事後に股間を全体重を乗せた一撃を食らわせるなどプレシャスムーンの負けん気の強さが垣間見れます(汗)

Hシーンでは、前述した学園内の様々な部活の女性たちとのHシーンもありますが、勿論キャラ紹介にないサブキャラなんですが、中々可愛い娘が多いのは嬉しいですね。
しっかり挿絵画像も用意されており、完全なH要員な立場ですが中々魅力的だと思います♪
基本的に発明品を使った特殊なHシーンがメインとなっており、普通のシチュエーションのH自体はあまりありません。
そういうのが好きでないならば、あまり楽しめないかも(汗)

個人的に特に印象的なシーンは、輝穂のHシーンでしょうか。
彼女は何と主人公によって、身体を小さくされてしまって肉棒に身体全体で抱きつけるサイズになってしまいます(汗)
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ
そんな彼女の手コキとかでなく、身体コキとでもいうのか全身で主人公の肉棒に抱きついている彼女の姿が印象的です。

こういうサイズの小さいキャラによる、身体全身で肉棒に抱きついて射精させるって展開は以前からありますけど、これこそ二次元だからこそのHシーンですよねぇ。

輝穂も複数回Hシーンがあったりと、意外に出番が多かったのは嬉しいですね。
まぁ、彼女にとっては災難でしょうけども(汗)

キャラ紹介にはありませんでしたが、公式HPではキャラ紹介に載っているヒロイン「長谷川 陽波」(はせがわ ひなみ)も登場していました。
ちょっとだけの登場でしたが、強引にHもしています(汗)
出番でいったら先生の唄葉とドッコイの扱いの少なさだったのだから、一応キャラ紹介に載せてやってもよかったんじゃないかなと思ったり(汗)

プレシャスムーンとのHは、彼女の魔法少女衣装もあってコスプレHチックで中々嬉しいですね♪
嫌がりつつも、主人公によって感じる様になっていくって流れはやはり燃えますねぇ。
まぁ、後が怖いんですが(汗)
ぜったい絶頂☆性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ

終盤になって、ようやく甘い雰囲気でのHシーンがあります。
これは今までの展開とは違い、主人公がどちらかと言えば責められる、主導権が向こうにある展開です。
なので、それまでの行為を考えるとちょっと新鮮ですねぇ。

挿絵は原作の画像が使われています。
この作品では、ただのアホの娘だったけど風璃がお気に入りでした(汗)
まぁ、そのヒロインも可愛らしかったですけどね、サブキャラ含め。
コミカルなストーリーに合った、愛らしさだと思います。

しかしこの作品、要所要所で小ネタがしこまれていますね(汗)
ほぼまんまだろってのも多々含まれており、これらのネタが分かる人には更にニヤっとできるのではないでしょうか。

基本的にコミカルなノリで展開する作品なので、そのノリが合わない人にはひたすら合わないかもしれませんね(汗)
一応、終盤はちょっとシリアスな展開もありますけども。

今作は「月乃編」とありますので、今後続編が発売される予定です。
次作は「風璃編」となっています。
今作では、Hシーンなどがなかった風璃たちですが、風璃編では十分登場するでしょうから期待ですね♪
公式HPだと後、登場していないのは「水原さらら」がいるみたいですね。
この娘は、風璃編で出るのかな?
まぁ、出てもちょい役でしょうけども(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ぜったい絶頂☆性器の大発明!!(月乃編)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍
ぜったい絶頂☆性器の大発明!!〜月乃編〜

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます