FC2ブログ

089タローのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:089タロー

089タローのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2019-01-28二次元ドリーム文庫 「か行」
小悪魔カノジョ featuring かたこい (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 19.01.28089タロー Hisasi キルタイムコミュニケーション (2019-01-25)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。コミックが原作のノベライズ作品です。確かアダルトアニメ化もされていますよね、これ。人間以外の種族であるエルフも普通に存在する世界で、普通の人間である主人公は...

記事を読む

2018-06-08リアルドリーム文庫
コワレモノ:璃沙 ~家出娘と爛れた夏~ (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 18.06.08089タロー キルタイムコミュニケーション (2018-05-31)売り上げランキング: 1,138Amazon.co.jpで詳細を見る2018年5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。帯を見ると、これも同時発売のリアルドリーム文庫の新刊同様に原作があるんですね。同人コミックが原作のノベライズ作品となりますね。確かアニメ...

記事を読む

2017-07-29二次元ドリーム文庫 「ま行」
魔法のオナホでエッチないたずらし放題! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.07.29089タロー キルタイムコミュニケーション (2017-07-27)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通のスケベな男子学生です。そんな彼は、ある日、謎のオナホを手に入れる事に(汗)何と、そのオナホは、女体を再現して感覚共有までするとんでもない代物であ...

記事を読む

2016-12-31二次元ドリーム文庫 「な行」
女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.12.31089タロー キルタイムコミュニケーション (2016-12-21)Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、魔王を討伐するためにやって来た勇者です。そんな彼は、魔王と対峙し、聖剣の力を発揮して戦った際に異変が…!?何と戦っていたはずの魔王の姿が、可愛い女の娘に変化し...

記事を読む

2016-07-27二次元ドリーム文庫 「か行」
子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.07.27089タロー キルタイムコミュニケーション (2016-07-22)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな彼は、ある日偶然目撃した光景に目を疑う事に…。何と、街中で鎧姿に羽が生えた女性が空を浮いていたから(汗)謎の女性を追いかけ...

記事を読む

no-image

2016-03-21二次元ドリーム文庫 「た行」
デキる妹はいかがですか? 淫魔な妹と甘エロ子作り (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 16.03.21089タロー キルタイムコミュニケーション (2016-03-19)Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ずぼらな性格がある男子学生です。そんな彼には、ふたりの美少女である妹がおり、何だかんだ仲良くやってきました。そんな中、ある夜、主人公の前にやってき...

記事を読む

2015-10-20二次元ドリーム文庫 「あ行」
異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.10.20089タロー キルタイムコミュニケーション (2015-10-17)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、地方貴族の嫡男です。そんな彼は、勉学、武術に励み、遂に王宮警護を主とする近衛騎士に任命されるまでになったのです。そこまで頑張ったのには、ある理由がありまし...

記事を読む

no-image

2015-07-19二次元ドリーム文庫 「た行」
デキる妹はいかがですか? 子作り特別法! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.07.19089タロー キルタイムコミュニケーション (2015-07-15)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、年の離れた妹のふたりがおり、多忙で家を空けがちな両親に変わって幼い事から可愛がっていました。当然、妹ふたりも兄である主人公を慕っていました。物語は、そ...

記事を読む

no-image

2015-04-23二次元ドリーム文庫 「あ行」
おっぱい騎士を調教してみませんか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.04.23089タロー キルタイムコミュニケーション (2015-04-15)Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、女性のオッパイが大好きな男子学生です。そんな彼は、ある女性の存在に夢中になっていました。その相手は、留学生として、外国からやって来た美少女騎士の「アナスタシア...

記事を読む

no-image

2015-01-30二次元ドリーム文庫 「あ行」
おねショタ! 弟のお世話はお姉ちゃんにお任せ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.01.30089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、3人の姉がおり、その事が彼の悩みでもありました。どういう事か? それは彼女たち姉が弟である主人公を溺愛してかまってくるから(汗)結局、いつもそれに甘えてしまって...

記事を読む

no-image

2014-09-14二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリーム文庫 デキる妹はいかがですか? 実妹も義妹もお兄ちゃんとデキちゃう!デキる妹はいかがですか? 実妹も義妹もお兄ちゃんとデキちゃう! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 14.09.13089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、ふたりの妹たちがいます。しかし、家では甘えてくるのですが、学校...

記事を読む

2014-04-15二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか?いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 14.04.15089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。物語は、主人公が学校の入学式でとある女性に目を奪われてしまう事になる所から始まります。その相手は、学...

記事を読む

2014-01-29二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 嫁姉ッ! お姉ちゃんの愛情は無限大! 弟とだったら子作りもOK!嫁姉ッ! お姉ちゃんの愛情は無限大! 弟とだったら子作りもOK! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 14.01.29089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、3人の姉がいます。3人の姉は、それぞれ性格は違えど、若干問題を抱えてお...

記事を読む

2013-07-14二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 魔王をラブ奴隷にしてみませんか?魔王をラブ奴隷にしてみませんか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 13.07.13089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。物語は、いきなり主人公が謎の女性から命を狙われる事になる所から始まります(汗)しかも、命を狙ってきている存在は、普通の女性ではなく、...

記事を読む

2013-03-01二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか?3デキる妹はイヤですか?3 (二次元ドリーム文庫 251)posted with amazlet at 13.03.01089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。子供の頃に両親を亡くした主人公には3人の妹がおり、現在は祖父の最低限の援助を受けつつ、学生ながらアルバイトで生計を立てながら、妹たちを守ってきまし...

記事を読む

2012-08-04二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 おっぱいサムライ娘としてみませんか?おっぱいサムライ娘としてみませんか? (二次元ドリーム文庫 229)posted with amazlet at 12.08.04089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく平凡な学生ですが、剣術師範を父に持っています。そんな彼は剣道部に所属していますが、そんな部室にある存在が...

記事を読む

2012-02-02二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 ミルクな三姉妹はいかがですか?ミルクな三姉妹はいかがですか? (二次元ドリーム文庫 211)posted with amazlet at 12.02.02089タロー キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1126Amazon.co.jp で詳細を見る1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は両親が現在海外出張中であり、気ままな一人暮らしな状態。ですが、そんな主人公の家には数年前からのご近...

記事を読む

2011-07-28二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか?2デキる妹はイヤですか?2 (二次元ドリーム文庫 194)posted with amazlet at 11.07.28089タロー キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1043Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったのでレビューです。主人公には、ふたりの義理の妹である「実玖」(みく)、「芽衣菜」(めいな)がいます。幼い頃は主人公にベッタリだった彼女たちも...

記事を読む

2011-01-21二次元ドリーム文庫 「や行」
二次元ドリーム文庫 誘惑プリンセスはおキライですか?誘惑プリンセスはおキライですか? (二次元ドリーム文庫 179)posted with amazlet at 11.01.21089タロー キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 783Amazon.co.jp で詳細を見るとある理由で北欧からやってきた銀髪のお姫様アイシス。Fカップのおっぱいに甘酸っぱい恋心を秘め、想い人の少年・擁平と結ばれるためにエッチな誘惑を開始する!クールでかっこいいお姉...

記事を読む

2010-10-16二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 ママンな恋人はいかがですか?ママンな恋人はいかがですか? (二次元ドリーム文庫170)posted with amazlet at 10.10.16089タロー キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 494Amazon.co.jp で詳細を見るとつぜん崇之の家へとおしかけてきた、金髪セクシー美女&慎ましやかな大和撫子!彼女たちはなんと父親の再婚相手の候補だった!!その決定権が委ねられた少年を巡るお色気争奪合戦が開幕!そこに、...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 小悪魔カノジョ featuring かたこい レビュー

小悪魔カノジョ featuring かたこい (二次元ドリーム文庫)
089タロー Hisasi
キルタイムコミュニケーション (2019-01-25)

小悪魔カノジョ featuring かたこい (二次元ドリーム文庫)
2019年1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

コミックが原作のノベライズ作品です。
確かアダルトアニメ化もされていますよね、これ。

人間以外の種族であるエルフも普通に存在する世界で、普通の人間である主人公は魔法学園に入学する事に。
そんな主人公には、とある女性に淡い好意を抱いています。

それは、入学試験の際に出会ったエルフの「エレナ」という美少女。
しかし、普通のこれといった取り柄もない主人公には、告白する度胸もなく、遠くから想うだけ…。
そんな主人公の態度にしびれを切らせた、幼なじみの「」(ひびき)から、怪しい惚れ薬なるものをもらう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 眞嶋 響」(まじま ひびき)
  • エレナ・トゥエル・ファブリージア
がいます。

響は、主人公の幼なじみです。
明るい活発な性格の持ち主です。

エレナは、異国から来たエルフの転校生です。
穏やかで落ち着いた雰囲気の性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公がエルフのエレナに好意を抱き、幼なじみの響から惚れ薬をもらう流れですね。
…どんな流れなんだ(汗)

そもそも、この世界ではエルフがいる世界観なんですよね。
まぁ、ひと昔前までは、エルフの存在は周知されておらず、当時は大きな混乱になった様ですね。
ともあれ、現在では魔法技術も、世の中に普及し始めており、魔法を教える様な学園まででき始めている訳ですね。

そんな中、主人公も魔法学園に入ろうと思った際に、エルフのエレナと出会ったのです。
まぁ、ちょっとしたやり取りをした程度のものだったのですが、それだけでもすっかり主人公の心は彼女に惹かれてしまった、と。

しかし、惹かれたものの、それで告白する様な行動には出れない奥手な主人公。

そんな主人公の煮え切らない態度に不満を漏らすのは、幼なじみの響でした。
腐れ縁の様な関係を続けているふたりは、主人公がエレナに好意を抱いているのを知り、ある物を渡したのです。
それは、何と最近流行っているらしい、惚れ薬なる怪しげな代物(汗)

まぁ、魔法がある世界ですもんね、惚れ薬のひとつやふたつあっても、おかしくはないですかね(汗)

半信半疑ながら、響からの後押しを受けて、遂に主人公はエレナを呼び出し、彼女に用意した惚れ薬を飲ませようとする事に。

そして、結果的に何と主人公はエレナと関係を持つに至り、念願の恋人関係になる事に成功したのです!
…まぁ、結果こそ大成功ですが、若干流れとかは思ってたのとは違うものでしたが、成就した今では些細な事ですなぁ。

こうして、エルフの美少女のエレナとイチャラブな日々が始まったのですが、そこに響も参戦して、おかしな関係が始まる事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。
それ以外にも、他の女性陣との行為も描かれていますね。

行為的には、フェラや自慰、足コキなどがあります。

やはり見所は、ふたりのヒロインによる主人公を巡るHな戦いでしょうか。
まぁ、ここまで分かると思いますが、幼なじみの響も主人公の事が好きだったんですよね。
それなのに、自分の感情に素直に慣れない内に、いきなり現れたエレナに主人公を奪われてしまう結果になるのだから、皮肉な話ですねぇ(汗)

そこから主人公をエレナから取り戻そうと、Hで奮闘する事になり、主人公の周りはいきなり賑やかになっていく事に。
更に、途中では主人公との行為に、このふたり以外の女性陣も絡む展開もあるので、余計に賑やかに(汗)
まぁ、これはハプニング的な要素によって、行為に至る事になる展開なので、ずっと続く関係ではないですけどもね。

これらのサブヒロインたちからの関係も、メインヒロインであるふたりも含めて、全体的に女性陣からのアプローチが多いかな?
まぁ、大半が怪しい惚れ薬が発端となっている所からの関係なので、単純に恋愛感情から来る訳ではないですけども(汗)
なので、主人公も作中で、このふたりももしかして惚れ薬のせいで…って疑心暗鬼になるくらいですからねぇ(汗)

それだけ、薬の効果が半端ないって事ですよね。
勿論、響、エレナのふたりは主人公を本当に好きなので、そこはご安心を。
あくまでも主人公を巡るふたりの争いですからね、サブ組はサブなので。

とは言え、正直ここら辺のパートが必要だったのかは微妙な所かも。
その分、メインのふたりを掘り下げても良かった気がしましたけども(汗)


終盤では、またも怪しい薬でひと騒動。
薬の効果で主人公が、若返ってしまい、少年の姿に(汗)
可愛らしい少年姿に、母性をくすぐられた女性陣の魔の手が迫る事に…!?

母性本能を刺激された女性陣、特にエレナはお姉さん風を吹かせて、優しくHな行為をして来る事になりますね。
少年に戻り、肉棒も今とは全く違う姿になっていますが、そんな肉棒を優しくいやらしく扱き、射精を促してくる辺りは、これまでのエレナとはまた違った印象がありますねぇ。
結構、お姉ちゃんプレイにハマっている様子ですね、彼女自身が。

…いう程、タイトルの様な小悪魔感は特に感じなかったなぁ(汗)

挿絵


挿絵は「Hisasi」さんが手がけています。
原作となるコミックを手掛けたご本人なので、クオリティは間違いないですね♪

可愛らしさもありつつも、色気を感じさせる絵柄ですね。

今作は、ヒロインのひとりであるエレナがエルフだった訳ですが、個人的にはあんまりエルフ感はなかったかな?
何でだろう、耳とかエルフっぽい特徴があるんですけども、あんまりエルフって印象がなく、見てた様な気がします。
まぁ、学生服だったりで、あまり種族差が見えにくかったのもあるかもしれませんね。

後は、結構、汗や精液など汁気描写が多いのも特徴のひとつですね。
あまり多いと苦手な人もいるかもしれませんが、実際どの作品も行為の内容を考えたら、大体これくらい汁気あるよね、きっと(汗)

上記にもある様に、ふたり以外のサブヒロインの行為もある訳ですが、まさかの挿絵も用意されていましたね。
関係を持つのは数人いるんですが、その中のひとりとの行為が描かれています。
…意外と扱いが良かったですねぇ、彼女は出番含めて(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ヒロインふたりの板挟みな主人公の物語でしたね。
結局、フワッとしたまま終わるので、まだ続きそうな感じもありましたね、原作も続いているのかな?
でも、アダルトコミックが原作というのを考えれば、こんな感じの内容も納得かな。

如何にHな事を始めるかってものだから、どうしてもストーリー性よりもH寄りになってしまいますよね。
その分、個々のヒロインなどの掘り下げは弱くなるのは仕方ない所ではありますからね(汗)

コミックの小説化って事でそこら辺をかなり肉付けしてくれるのかなって勝手に思ってただけに、そこは少し物足りなさがありましたけどね(汗)
小説化になる売りだと思うんですよね、単にHシーンだけなら普通にコミックで見れば良いのだから。
もう少し小説ならではな、要素が見えると良かったかなとは思いましたね。

でも、原作コミックってどうやら、今作の話以外の話も含まれているコミックらしいんですね。
なので、数話な原作を元に小説化したのだとしたら、これでもかなり膨らませているのかも…。

原作版を未読かどうかで、結構読んだ人の印象は異なるかもしれませんね。
また、上記でも書きましたが、あまりヒロインに小悪魔感は感じなかったので、そこら辺を期待するとちょっと違うかもしれませんね。
…色々な要素がお互いに打ち消し合っている様な気がする(汗)

Amazon版 電子書籍
小悪魔カノジョ featuring かたこい (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍

原作版コミック DMM 電子書籍小悪魔カノジョ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 コワレモノ:璃沙 レビュー

コワレモノ:璃沙 ~家出娘と爛れた夏~ (リアルドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2018-05-31)
売り上げランキング: 1,138

コワレモノ:璃沙 ~家出娘と爛れた夏~ (リアルドリーム文庫)
2018年5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

帯を見ると、これも同時発売のリアルドリーム文庫の新刊同様に原作があるんですね。
同人コミックが原作のノベライズ作品となりますね。
確かアニメ化されているのは、以前から知ってたんですけどね、まだ見てはなかったけれども。

璃沙」(りさ)は、今時の学生。
そんな彼女は、両親の躾けにウンザリしており、この日も言い争いに。
勢いで家を飛び出した彼女は、叔父を頼って家に向かう事になるものの、叔父に襲われる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 皆川 璃沙」(みなかわ りさ)
がいます。

理沙は、私立に通う学生です。
根は素直で真面目なのですが、勝気な性格と難しい年頃もあって、両親と上手くいっていない所があります。
自分の容姿を理解している美少女でもあります。

…作中や表紙タイトルの名称は「璃沙」なんですが、キャラ紹介ページは「理沙」になっていますね(汗)

ストーリー展開


展開的には、璃沙が家を飛び出して、叔父を頼るも、叔父に襲われる流れですね。
…どんな流れだ、どんな(汗)

璃沙は、今時の娘らしく遊びたい盛り。
しかし、彼女の両親、特に父親は躾けに厳しく、あれこれ干渉してくる、璃沙にとってはうっとうしい存在なんですね。
この日も口論になった理沙は、勢いで家を飛び出す事に。

とりあえず友人たちの家にでも転がり込めばいいかなと軽く考えていたものの、タイミングが悪く誰も受け入れてくれなかったのです。
どうも、璃沙は彼氏がいるみたいで、そこに厄介になろうと思うも、こちらもダメと全滅。

このままでは家に戻る羽目になる事に…。
飛び出してきた手前、いきなり家に戻るのは抵抗がありますよねぇ(汗)

そんな時に思い出したのが、叔父の存在。
昔、この近くに住んでいると聞いていた事を思い出したのです。

叔父とは子供の時以来の再会。
一時期は、叔父が璃沙の家に居候していた事があり、その際は厳しい両親に叱られると甘やかす優しい叔父の所に転がり込んでいたものでした。
今回も甘えた態度を見せれば、助けてくれるだろう。

そんな甘い考えで叔父の元を訪ねる事に。
久しぶりに会った叔父は、記憶よりも太っていたものの、相変わらずの無害な温和な雰囲気に見えたのでした。
最初は、ぎこちなかった璃沙も、次第に両親への愚痴などでヒートアップ(汗)

その内、眠くなってきた彼女は叔父のベッドで眠ってしまう事に。
何と、子供の頃から久しぶりに再会した璃沙の成長に、女を感じた叔父は眠る璃沙の身体に触れだす事に。
当然、そんな事をしていれば、璃沙に気づかれてしまう事になるのですが、その際に彼女の行動によって叔父のスイッチが入っちゃう事となり、璃沙は叔父に襲われてしまう事になる流れですね。

まぁ、そのまま強引に~ってよりかは、一応選択肢は璃沙に選ばせてはいますけどね。

親にバレてもいいのか。
今夜だけと割り切るか。

…普通に考えれば、応じない様な気がしますが、璃沙にとってはこれが発覚して、余計に親からの干渉が増す事は何よりも避けたい事らしいんですね(汗)
なので、ゴムありを条件にして、行為に応じる事になる訳ですね。

ここまで来ても、干渉を嫌うってのも凄いですね(汗)
余程こじれにこじれているんだろうなぁ…。

こうして一夜だけの関係を持ってしまった璃沙ですが、叔父の家にその後も何だかんだ言いつつも出入りし、結果関係を持ち続ける事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、璃沙の行為が描かれています。

行為的には、フェラや素股、パイズリ、自慰などがあります。
その他の要素では、ローターなどの小道具を使用する展開も一部ありますね。

やはり今作の見所は、叔父との行為でしょうか。
この叔父が中年らしく?何ともねちっこい行為をしてくるんですよねぇ(汗)
別に痛い事をする訳ではないんですが、穏やかな言葉とは裏腹にちょいちょいSな顔も垣間見せますしね。

そんな叔父から受ける数々の行為に璃沙は翻弄される事に…。
璃沙は、こんな経緯を見たり、彼氏がいるってので分かると思いますが、既に経験済みなんですね。
とは言え、学生同士の交際ですから、叔父みたいな中年男性のそれとは全く別物だと言う事を身体で実感する事になる訳ですね。

肉棒の大きさや持続力、精力の強さ、テクニック…。
これまでの彼氏相手では感じた事のない快感、絶頂を何度も経験してしまう事になり、こんな事をしでかした叔父に憎まれ口を叩きつつも、どこかで行為が忘れられなくなっていくのを実感する事になりますね。
普通は、若い方が精力も高そうなもんですが、それも勝てないとなると学生の彼氏には太刀打ちできませんな(汗)

勝気な言動の璃沙ですが、叔父が相手ではそれも不発で、良い様にされてしまう関係性も見所でしょうか。
まぁ、叔父は基本態度がいつも変わらないから、璃沙の言動もどこ吹く風。
普段のやり取りでもそんなのだから、行為中では彼女には勝ち目はないですな(汗)

認めずに言葉でこそ何とか罵倒したりするも、快感で絶頂している中では迫力も何もなく、可愛らしさしかないですね♪

そもそも、本当に嫌なのであれば、初回以降は叔父の元を訪れる必要はないですからねぇ。
まぁ、両親の関係は相変わらず冷えているだけに、居場所がないとも言えますが。
意外とチョロイと言うか、璃沙のために有名店のケーキを用意されたら、即帰らずに食べていくとかね(汗)

そんなおかしな関係性が話が展開する中で、少しづつ変化する事に。
その間には、璃沙と彼氏との関係にもひびが入ったり、家庭での立場が悪化などと色々起きてきている中で、叔父との関係も変化していく訳ですね。
まぁ、相変わらず叔父は変態な訳ですが、怒りとかよりも呆れの方が強くなっていますね(汗)

彼女自身も、この場所が自宅よりも遥かにマシだと理解していますしねぇ。
行為も何だかんだとハマってきているのを自覚しているだけに、行為にもかなり素直になっているのが垣間見える様になりますね。

挿絵


挿絵は「よしろん」さんが手がけています。
原作となっている同人コミックを手掛けているご本人なのだから、クオリティは間違いないですね。

璃沙のキャラクターがまた良いんですよねぇ。
子供と大人の丁度境にいるというか、感情的にアンバランスな所が垣間見える感じが何とも言えませんね。
行為の中でも見える、女としての表情は同年代の娘らとは違う経験をしたせいか、どこか大人びて見えますね。

ラストには、原作のラフなどが掲載されていますね。
ラフって事なんですが、普通に見れる完成度の高さですねぇ。
こういうのが見れるのは、ファンの人には嬉しいのではないでしょうか。

挿絵数:5枚&コミック8ページ&イラスト4枚

総評


全体的には、もっとどぎつい内容かと思いきや、意外と読みやすく感情移入しやすい作品でしたね。
コワレモノってタイトルで、身も心もヒロインが壊れちゃうのかなって勝手に思い込んでいたので(汗)

叔父のキャラクターも、常識では絶対アウトな奴なんだけれども、叔父なりに身内である璃沙を大事なのは確かなんですよねぇ。
まぁ、璃沙も決して良い娘とは言えない娘なので、ある意味似たような存在かもしれませんね。
普通の感覚とはお互いどこか違う、感覚が壊れている様なふたりの姿が印象的な作品に仕上がっていますね。

単純な凌辱物とは、ちょっとテイストが違う作品になっているので、苦手な人もでも比較的読みやすいと思いますよ。

そういやちょっと疑問なんですが、叔父ってずっとあるけれども、璃沙の父親の実兄なんですよね。
だと、叔父じゃなくて伯父なんじゃないの?(汗) 叔父って弟の方だった様な気が…。
まぁ、弟だろうが兄だろうがどっちでもいいか、どっちにしても手を出すダメな奴だし(汗)

Amazon 電子書籍
コワレモノ:璃沙 ~家出娘と爛れた夏~ (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
コワレモノ:璃沙 〜家出娘と爛れた夏〜

原作の電子書籍
 

原作版 通販


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 魔法のオナホでエッチないたずらし放題! レビュー

魔法のオナホでエッチないたずらし放題! (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2017-07-27)

魔法のオナホでエッチないたずらし放題! (二次元ドリーム文庫)
7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通のスケベな男子学生です。
そんな彼は、ある日、謎のオナホを手に入れる事に(汗)
何と、そのオナホは、女体を再現して感覚共有までするとんでもない代物であり、それを悪用して、クラスメートの女生徒たちとの疑似体験をしまくる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 西園寺 姫香」(さいおんじ ひめか)
  • 天原 美空」(あまはら みそら)
  • 七瀬 聖」(ななせ あきら)
  • 橘 奈央」(たちばな なお)
がいます。

姫香は、主人公のクラスメートで財閥のお嬢様です。
穏やかで優しい性格の持ち主で、男子の憧れの存在でもあります。

美空も、主人公のクラスメートであり、幼なじみです。
風紀委員を務める生真面目な性格をしており、だらしない主人公をいつも叱っているお目付け役でもあります。

聖は、水泳部所属の1年生です。
クールで無口な所があり、人付き合いが苦手な面があります。

奈央は、主人公のクラス担任で水泳部の顧問でもあります。
美人なのですが、サバサバした性格の持ち主で凛々しい雰囲気があります。

ストーリー展開


展開的には、スケベな主人公が謎のオナホを手に入れた事から調子に乗る流れですね。
まぁ、スケベな時点で調子乗りですけども(汗)

主人公は、学校でも有名なスケベ男子なんですね(汗)
今時、珍しいくらいにストレートなんですよね、こいつは。

冗談じゃなくて、本当に普通にクラスの女子の胸触って来る奴ですからね(汗)
結構私も作品かなり読んでいますけども、今時そこまでストレートなスケベって少ない気がしたので、ちょっと新鮮でしたね。

スカートめくりもするわ、教師の奈央の胸に顔を埋めるなど、やりたい放題。
当然、幼なじみの美空からきつい一撃を食らう事になるのが、恒例となっていたんですね。
それでも、意外と被害に遭った女性陣からは、割と嫌われていないというのが、何とも恵まれた主人公補正という所でしょうか(汗)

まぁ、お約束でそんな好意には気づかない鈍感主人公な訳ですが(汗)


そんな主人公は、ある日、謎の猫からオナホをもらう事に。
凄い突っ込み所のある文章ですが、事実なんですよ、これ(汗)
かなり強引極まりない設定なんですが、人語を話せる猫とエロ話で意気投合した主人公はオナホをもらう事になった訳ですよ(汗)

…何でとか、聞いてはいけない(汗)

ともかく、そのオナホですが、普通のオナホではなく魔法のオナホらしいんですね。
何と、相手女性をイメージすると、その相手を模したオナホに変化するというとんでもない物だったのです(汗)
しかも、その相手とは感覚を共有するという効果まである優れものだったのです。

当然、こんな話、スケベな主人公が放っておく訳がありません。
最初こそ半信半疑だったものの、効果が本物と理解した主人公は、学校の女性陣をターゲットにして、女性陣と疑似的にHな行為をしまくる事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰やパイズリ、フェラ、手コキなどがあります。

やはり見所は、魔法のオナホによる展開でしょう。
好きな相手を反映した形に変化するオナホで、オナホと本人の感覚が共有されるという反則的な代物ですから、悪用のし甲斐はありますよね(汗)
なので、序盤はオナホを悪用して、次々とターゲットを変えて、Hないたずら(そんなレベルではないですが)を繰り返す事になりますね。

被害に遭った女性陣は、そりゃ困惑する事に。
何せ、誰もいないのに股間をまさぐってくる感覚があるのだから、パニックですよね(汗)
また困った事に主人公は、何か女性陣がやっている最中に行うから、周りの人らからしたら急に変な様子になった事に「?」ですよね。
まぁ、そういうシチュエーションでいたずらするのは、お約束ですからねぇ(汗)

この魔法のオナホですが、あのイメージする?形だけではないんですよ、実は。
オナホと言うと、アソコの形ばかりと思うんですが、胸の形にも変化するんですね。
どうも実際にも、胸の形になっている様なオナホがあるみたいなんですが、そういう形にもなる事で、遠隔パイズリも可能となっている訳ですね。

これまた女性陣にとっては、いきなり胸の間に熱い硬い何か棒が押し付けられる事になるんだから、困惑ですよね(汗)
まぁ、主人公はオナホとは言え、女性陣の胸の感触に酔いしれて、ゴリゴリ肉棒を押し付けていきますが(汗)

ちなみに、精液をオナホに発射した場合は、あくまでも精液の熱さだったり感触は相手にも感じられる様ですが、精液自体は向こうに出る事はありません。
そういう意味では、中出しし放題でもありますね。

また通常の形状だけではなく、胸もあるので、アナルも反映したオナホにもなったりします。
となると、アナルセックスと思いきや、さすがにいきなり突っ込むのもまずいので、指でのアナル弄りなどの軽めな内容ですね。
まぁ、それでも女性陣はアナルへの刺激に戸惑いつつも、次第に過敏に反応を示す様になったりと、満更悪くない反応を見せたのが印象的でしたね。

勿論、全編オナホによる疑似行為で終わる訳ではなく、ちゃんと生身の本人たちとの展開も描かれていますので、ご安心を♪
やはり、遠隔での独りよがりな行為とは違い、直接関係を持つ訳ですから、そこに甘さが感じられるのが一番の違いではないでしょうか。
何だかんだ言って、ヒロインの女生徒たちは主人公に決して悪い感情を抱いている訳ではなく、むしろ淡い好意すらありますしね。
残念ながら教師の奈央は、年齢差や立場もあってか恋愛色とは違う印象でしたが(汗)

美空、聖は、主人公に好意的なので、そこの甘さが多少ですが描かれていたのは良かったですね。
お互いに主人公を巡って、嫉妬が垣間見えているのもニヤニヤものですね♪
終盤の全員での行為には、主人公のキスを独占しようとする乙女心が垣間見えますねぇ。


印象的だったのは、終盤近くでオナホの事が女性陣にばれてしまってからの全員交えてのハーレム展開ですね。
ここでは、女性陣がオナホを活用する場面もあったりと中々新鮮な展開でした。
主人公と普通に生身での行為をする中で、女性陣が女性陣の股間を反映させたオナホを愛撫する事で、同時の責めになっている訳ですね。
女性陣が口でオナホを愛撫する事で、疑似的なレズ要素もあったりと、本来直接口をつけての愛撫とは違う、一風変わった印象の行為展開が描かれていましたね。

挿絵


挿絵は「相川たつき」さんが手がけています。
同人活動やPCゲームの原画なども手掛けているみたいですね。

主人公のいたずらによって、困惑するも快感に悶える可愛らしいキャラクター達を魅力的に描いていますね。
やはり、その際の女性陣の表情が魅力的ですよね、恥じらいつつも…って顔が♪

どちらかと言えば、いやらしさよりも可愛らしさの方が強調されていますね。
今作のノリというか雰囲気を考えたら、これで正解でしょうねぇ、馬鹿っぽいノリですし(汗)

教師の奈央の挿絵が思ったよりも多かったのが意外だったかな。
ほら、この手の作品だと生徒じゃない存在なので、どこか一歩引いた立ち位置になりやすいじゃないですか、恋愛対象とも少し離れるし。
でも、彼女は普段の言動とは違って、Hでははっちゃける性欲の強さも見せるだけに、Hシーンでの登場が多いのかもしれませんね。

勿論、その他の女性陣も可愛らしく魅力的な存在ばかりですけどね。
別にHなシーンではないんですが、個人的には走っている際に主人公にオナホ越しに胸を鷲掴みされて驚く表情の姫香が何かお気に入り(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、強引にも程がある展開でしたねぇ(汗)
もはや勢いに任せてって感じの展開には突っ込み所も多いものの、明るくコミカルなH展開が味わえますね。
まぁ、ヒロインの大半が主人公に好意的っていう土台があるから、まだコミカルとかで済んでいるけども、普通に考えたらとんでもなく質の悪い行動ですもんね(汗)

個人的には、全く無い訳ではないんですが、もう少し甘さがあっても良かったかなとは思いましたけども。
このノリが気にならなければ、問題なく楽しめるかと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
魔法のオナホでエッチないたずらし放題! (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
魔法のオナホでエッチないたずらし放題!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 女体化魔王と子作りしちゃいませんか? レビュー

女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2016-12-21)

女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)
12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、魔王を討伐するためにやって来た勇者です。
そんな彼は、魔王と対峙し、聖剣の力を発揮して戦った際に異変が…!?
何と戦っていたはずの魔王の姿が、可愛い女の娘に変化していたという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • メル=ディアヴォルス」(以下メル)
がいます。

メルは、魔王です。
好戦的な性格の持ち主で、カッとなりやすい所があります。
美しい容姿を持っているものの、そういう事には無頓着で疎いです。
褒められると照れてしまう面も。

ストーリー展開


展開的には、魔王が何故か女の娘になってしまう流れですね。
…超展開!?(汗)

元々主人公は、魔王を討伐するために魔王がいる城にまでやって来たんですね。
その理由は、世界平和の気持ちもある中で、魔王を倒せば女性にモテモテになるという、不純な動機があったのです(汗)
そんな動機で魔王の所まで行けるってのは、それはそれで凄い実力ですけどねぇ(汗)

そして、目的の魔王と対面を果たした訳ですが、主人公は驚く事に。
魔王の姿は、男性ながらも一見すると女性の様に整った顔をしていたんですね。
まぁ、魔王自身は女顔である事を気にしているので、それを主人公に言われて激怒してましたが(汗)

見た目は女顔でも、そこは魔王。
魔王の本気の一撃を迎撃するために、主人公は聖剣で対抗する事に。
聖剣には、持ち主の願望の力に応じて強さを発揮する事が出来るため、主人公は強い願望を頭に浮かべるのですが、それがやはり美少女と子作りしまくりたいみたいな願いなのが、何とも(汗)

しかし、この願いの強さは残念な事に?本物であり、聖剣の力は大きく増幅され…、辺りは光に包まれる事に。

気が付けば、そこは魔王城の中ではなく、どこかの森の中。
そこで主人公は、一緒に倒れていた存在に目を奪われる事に…。

何と、魔王と思われる存在は、さっきよりも女性らしさに拍車がかかっており、胸などの膨らみが…。
そう、聖剣の力で主人公の願望を増幅した結果、魔王(メル)が女性化してしまったのです(汗)

元に戻るためには、魔王城まで戻るしかないらしいふたりは、一緒に行動をする事になるのですが、すっかり女性化したメルを気に入ってしまった主人公は、事あるごとにHなちょっかいを出す事になる流れですね。

…緩いノリですねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、メルとの行為が描かれています。

行為的には、素股や自慰、パイズリ、フェラなどがあります。

やはり見所は、女性化した魔王との行為って点ですね。
正直、微妙な人もいるんじゃないですかね? 元々は男性って事が引っかかるって人が(汗)
主人公は全く気にしていないどころか、すっかりメロメロになっており、夢中ですが。

メルは、性格的には勝気で口より手が出る様な所があったんですが、それが女性化すると何かツンデレキャラみたいになるんだなぁ(汗)
まぁ、男性時の頃も結構ノリが良いというか、ツンデレっぽい片鱗は会話のやり取りなんかで見せていただけに、ハマってはいますね。

更に元々、性的な内容に関しては疎い、恥ずかしがりな面があっただけに、女性化した事で余計にそれが愛らしさに繋がっているのは、本人には屈辱でしょうねぇ(汗)
未知の女性化した感覚の違いに戸惑い、恥じらうメルの姿はすっかり魔王の面影はないですね。

そこがまた主人公にとってはたまらない様で、すっかり勇者じゃなくエロ男子に(汗)

メル自身も、主人公の行為を拒み切れずHな事になるのを繰り返すうちに、心境に変化が…。
まぁ、最初からかなり感度が高い身体でもあった様で、様々な行為に過敏に反応してしまうんですよね、身体が。
それにいつしか引き寄せられてしまう様に、少しづつ快感の虜になっていく様になりますね。

特に胸、乳首の感度が高い様で、良く主人公に乳首摘ままれて悶えています♪

本当に彼女はツンデレ的な性格なので、女性化がハマってしまうんですよね(汗)
主人公にHな事されて言う台詞が一々それっぽい(汗)

実際、女性化の効力はその後も進行しており、知らず知らずのうちにメルの精神も女性らしくしていってはいるんですね。
なので、少し言葉使いなどがより女性っぽくなってきているのが垣間見えますね、「俺」から「わたし」になったり。
でも個人的には序盤の口のちょっと悪いツンデレの頃も好きだったかも(汗)

終盤近くになると、かなりメル自身も女性化に適応してきた所があり、より自然な感じになっていますね。
主人公への感情にも素直になったりして、すっかり女性に。
行為でもかなり素直に反応する様になったり、初めてのフェラを披露したりと変化を感じさせますね。

元男性だったから今までフェラに抵抗あったのは分からなくもないですな(汗)
それを気にしなくなる程に主人公への好意を素直に表現する様になったと思えば、またニヤニヤ物ですね♪

子作りがタイトルにもありますが、妊娠中の行為などは描かれていないのは、少し残念かな。
それまで、ずっとイチャラブHしまくってただけに、しっかりとお腹が大きくなった姿での行為があれば良かったんですけどねぇ。

挿絵


挿絵は「奈々篠ヵ劇」さんが手がけています。

可愛らしくて柔らかい絵柄で女性化したメルを魅力的に描いていますね♪
個人的には、表紙絵よりも中の挿絵のメルの方が好みだったかな。

表紙絵のメルは、瞳がかなり描き込まれてて、より透明感があってキラキラしている印象なんですね。
挿絵では、瞳の描写がそこまで描き込まれていないので、キラキラ感が控えめになっており、個人的にはそっちのが好みだったんですね。

表情もより、柔らかい表情に仕上がっていて、魔王らしさの欠片も良い意味でない事になっており、可愛らしい美少女になっていますね。
元々の男性時の顔は描かれていなかった事もあり、このメルの顔しか知らない訳なので、そこまで男性時の影を感じる事はなく、楽しめるのではないかと思います。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、女性化した魔王とイチャラブHする内容でしたね。
元男性が女性化したヒロインって要素をどう思うかで評価が多少変わるのかな?(汗)
別に元々可愛らしい…って書くとアレですが、憎めないキャラだっただけに女性化がハマっているので、そんなに気にはならないとは思いますけどねぇ。

そもそもタイトルに書いている訳ですし、気にする人は読まないよね(汗)
なので、気にせずに読んでいける作品に仕上がっているので、ツンデレ系?ヒロインとのイチャラブが好みであれば、問題なく楽しめると思いますよ。

Amazon版 電子書籍
女体化魔王と子作りしちゃいませんか? (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
女体化魔王と子作りしちゃいませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ レビュー

子作りヴァルキリー!  戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2016-07-22)

子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)
7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼は、ある日偶然目撃した光景に目を疑う事に…。
何と、街中で鎧姿に羽が生えた女性が空を浮いていたから(汗)

謎の女性を追いかけた主人公は、そこで女性が死霊と戦闘する場面に出くわしてしまい、結果、死亡してしまう事に!?
そんな主人公を救うには、鎧姿の女性…ヴァルキリーを孕ませる必要があるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • セルヴィス
  • グリムヒルデ
  • ブリュンヒルト
がいます。

セルヴィスは、主人公が目撃した戦乙女…、ヴァルキリーと呼ばれる存在です。
凛とした性格の持ち主で、ヴァルキリーとしての使命に燃えています。
勝気で負けん気が強い性格でもあるものの、ちょっと世間知らずな面もあります。

グリムヒルデ(以下ヒルデ)も、ヴァルキリーです。
セルヴィスをお姉さまと慕っている妹分的な存在です。
セルヴィスを慕うあまり、暴走する事もしばしばあり、彼女の傍にいる主人公を快く思っていません(汗)

ブリュンヒルト(以下リュン)も、ヴァルキリーです。
セルヴィスたちの長に当たる存在であり、歴戦の戦乙女です。
クールで厳格な性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公がまさかのヴァルキリーの戦闘に巻き込まれてしまい、命を落としてしまう流れですね。
まぁ、よくあるよくある(汗)

主人公は、ごく普通の学生だった訳ですが、ある日、鎧姿の女性を目撃したんですね。
それだけなら、よくある光景?だったのですが、そんな女性が空に浮いてたら、さすがに異常な光景だった訳ですね。
しかし…、周りの反応はまるでなく、どうやら主人公しか見えない模様で。

その後、主人公は彼女を探してたんですが、そこで死霊と戦う彼女の姿を見つけたのです。
美しいその姿に見とれる主人公でしたが、次第に劣勢になっていた彼女の危機に思わず飛び出してしまったのです。
そして、結果として主人公は敵に向かって繰り出された女性の攻撃を受けてしまったのです(汗)

この状態に狼狽したのは主人公ではなく、相手の女性…、セルヴィスの方でした。

彼女は、当然人間ではなく、ヴァルキリーと呼ばれる存在であり、今回死霊を刈るために地上に降りてきたんですね。
そんな中で、結果として人間である主人公を殺めてしまった訳ですから、使命に燃える彼女としてはまさに予想外な事態だった訳ですね。

彼女が取った手段は、主人公の魂を取り込み、一時的に主人公の命を存続させたんですね。
とは言え、このままではセルヴィスから離れる事も出来ず、根本的な解決にはなりません。
そこでセルヴィスは、子供を早く作れと言ってくる事に(汗)

どうも主人公の子供を作る事で、それを足掛かりに復活できるらしいんですね。
しかし、主人公にそんな子供を作ってくれる様な女性に心当たりはなかったので、責任を感じたセルヴィスが名乗り出る事となり、彼女と子作りをする事となるのでした。
そこに更に他のヴァルキリーたちがやって来て、次々と彼女たちと関係を持っていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがありますね。

やはり見所は、人間ではなくヴァルキリーとの行為ですよね。

ちなみに主人公の子供を産むと宣言した、セルヴィスは全くHに対して無知です。
だからこそアッサリと引き受けたってのがあるんでしょうねぇ(汗)
まぁ、他のヴァルキリーたちを見ると、別にヴァルキリーがそういう性的な事を知らないって訳ではなくて、単にセルヴィスがそうだったってだけみたいですけどね。

そんな何も分からない彼女を相手にHな行為をし始める訳ですが、初めての挿入で痛みを感じつつも、次第に快感を感じ始める事になりますね。
未知の快感を知ってしまい、急速に彼女の中で行為に対してハマっていく事になりますね。
まぁ、セルヴィスはちょっとツンデレ的な要素があるので、そこがまた彼女の魅力になっていますね。

元々、彼女から子作りを承諾してただけに、基本的に何だかんだいってもHを拒みませんし、イチャイチャし放題ですな♪
彼女は、Hに対しての知識がなかっただけに、基本的に受け身で従順な所があるのもたまりませんね。

そんな所に他のヴァルキリーたちも参戦してくる事に。

ヒルデは、セルヴィスの妹分で彼女を凄い慕っているんですが、それがもはや同性愛にまで昇華されている所があるんですよね(汗)
それだけに主人公への好感度は決して高くはないんですが、彼女とも結果的にHする事になりますので、ご安心を。
まぁ、それの動機が彼女らしい訳ですが、何だかんだ憎めないキャラクターですよねぇ(汗)

リュンに関しては…、正直驚きましたね。
詳細は避けますが、下手したら彼女がメインヒロインになっててもおかしくない経緯があったので。

セルヴィスがメインヒロインなのかと思ってただけに、そこからのリュンの登場、経緯を見ると急展開に感じましたねぇ。
Hシーンに関しては、彼女は普段はクールで厳格な口調のキャラなんですが、行為になるとかなり蕩けます(汗)
かなり主人公に対して、絶大な信頼、愛情を示すようになり、甲斐甲斐しく奉仕し、尽くす面を見せてくれる様になりますね。

このギャップがたまりませんね、最初の刺々しかった態度と比べると。

まぁ、そんないきなり登場して主人公にメロメロになっちゃう彼女の存在をセルヴィスが快く思わないのも必然ですよね(汗)
嫉妬心をたぎらすセルヴィスとの火花散る女のバトルも見所ですね(汗)

そんなヴァルキリーたちに、これ程までに愛されているのは男冥利に尽きるというものですな♪

ストーリー的に、当然ですが中出し展開が多いのも特徴ですね。
終盤では、無事に妊娠し、お腹が大きくなったヒロインたちとの行為も描かれていますね。
全員、胸から母乳を出して、母性といやらしさを発揮してくれます♪

挿絵


挿絵は「へいろー」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫、初かな?
ラノベとかの挿絵などを手掛けていたりする方みたいですね。

可愛らしさと女性の色気を併せ持った絵柄が印象的ですね。
特に瞳の描き方ですね、キラキラしていて独特の目力を感じさせる仕上がりになっていますね。
ヴァルキリーらしい意志の強さなどが感じられる一方で、女性らしさも行為では感じさせる表情も良いですねぇ♪

まぁ、大体Hシーンでは蕩けていましたけども(汗)

ヴァルキリーという事で、鎧姿での行為もいくつかありましたね。
体勢的にあまり良く見えなかったりするのもあるんですが、今一つ鎧感?が乏しかったのは残念かな(汗)
中出しメインな作品ですが、漆黒の鎧姿なリュンに精液をぶっかけたら白さが映えたかなとは思いましたね。

終盤では、ボテ腹状態になっている女性陣の姿も見る事ができます。
挿絵は2枚分ありますが、1枚は背面からの行為になっているので、あまりお腹の膨らみが見えず残念ですね。
ここらは3人同時での行為になっているので、配置の関係もあるんでしょうが(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ヴァルキリーたちとイチャイチャ三昧する展開でしたね。
ヴァルキリー物は、結構嫌いではないので中々楽しめましたね。

そういや最初、主人公がこんな状況となるきっかけとなった死霊との戦い以降、何も戦いはなかったですな(汗)
まぁ、その分ヴァルキリーらとのHな子作りをたっぷりと楽しめると思えば、気にならないですが。

中々、甘さも出ておりニヤニヤできる所もあるので、ヴァルキリー物が好みであれば楽しめるかと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
子作りヴァルキリー! 戦乙女を孕ませちゃえ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 デキる妹はいかがですか? 淫魔な妹と甘エロ子作り レビュー

デキる妹はいかがですか? 淫魔な妹と甘エロ子作り (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2016-03-19)

3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ずぼらな性格がある男子学生です。
そんな彼には、ふたりの美少女である妹がおり、何だかんだ仲良くやってきました。

そんな中、ある夜、主人公の前にやってきた妹たち。
何と彼女たちは、ある理由で妊娠しないといけないとして、子作りを迫ってくる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 育島 アンジェ」(いくしま)
  • 育島 ルテア」(いくしま)
がいます。

アンジェは、主人公の妹です。
文武両道な優等生であり、ずぼらな兄である主人公に対してツンツンとした態度を見せます。
何だかんだ世話好きな性格でもあります。

ルテアも、主人公の妹です。
明るく純粋で甘えん坊な性格の持ち主で、年齢よりも若干子供っぽさを感じさせるキャラクターで愛されています。
しかし、そんな性格とは裏腹に立派なボディを持っています。

他にも幼なじみの娘もいるんですが、ここでは省いています(汗)

ストーリー展開


展開的には、妹たちが主人公に子作りを求めてくる流れですね。

このシリーズでは、お馴染みの展開ですね。
…良く考えれば、凄い展開ですが(汗)

とは言え、そんな事態になるまではあくまでも仲の良い兄妹って範囲だった訳ですね。
それがどうして、そうなったのかと言うと、彼女たちの抱える秘密に原因があったのです。

ザックリ言うと、実は彼女たちは人間ではなく、いわゆる淫魔と呼ばれる存在であり、ある目的のために自分たちを妊娠させる事ができる精液の持ち主を探しているというのです。

…特別な精液の持ち主?
はい、予想できると思いますが、それが主人公だったという訳ですね(汗)

こうして主人公は、淫魔な妹たちとの子作りHに励む事になっていく流れですね。


こう書いちゃうとかなり展開早いノリノリなものを感じてしまうでしょうけども、それよりかは幾分スロースタートな感じですね、実際は。
何よりも妹たちが淫魔と言えども初めての事でもあったり、これまでの兄妹関係性などもあって、ぎこちない空気になったりしてしまうなど、序盤からガツガツって展開ではないからですね。

特にツンデレ系な性格のアンジェは、主人公に淫魔である事を知られたくなかったなどもあって、どこか以前よりも距離を取った態度をする様になったりと、単純に即Hとはいかないのも大きいですねぇ。
まぁ、それでも多少のHな展開などはありますけども、それが余計に彼女を次から頑なにさせてしまう悪循環な事になっていますね(汗)

その分、明るく甘えん坊なルテアが場を引っ張るかのように、積極的にHな事になって…って流れが出来ていますね。
…大体、素直に中々なれないツンデレ系の娘の出番が、後回しになるのはお約束ですからねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。
ほんの一部、それ以外の描写がありますが、基本はふたりの妹たちですね。

行為的には、手コキやフェラ、自慰、足コキなどがあります。

やはり子作り目的な事もあり、中出しが多いですね。

上記にある様に、序盤は中々淫魔という事で主人公との関係がおかしくなったりなど、ぎこちない所があった訳ですが、次第にそれも薄れていくと、ようやく本格的な行為に繋がっていきますね。

そこまでをじれったいと思うのかは人によるでしょうが、個人的にはこういう葛藤などを経ての行為って所をしっかり描いていると、よりヒロインたちにも感情移入できるので、あまりに長くなければ歓迎ですね。

そこがあるからこその兄妹モノだと思いますからね、子作りよりも肝なのは。
そこら辺がクリアになれば、後はイチャイチャするだけですからね♪

実際、素直に行為に至った後はもう淫魔の血が騒ぎだしたのか、淫らに迫って来る様になりますからね(汗)
そこら辺も彼女たちが悩んでいた一因でもあるんですよね、本格的に関係を持ったら歯止めが利かなくなるという恐れを抱いているのも、距離を置いたひとつでもありましたし。
まぁ、それらも含めて主人公が受け入れてくれる事で、彼女たちの主人公に対する想いはより強く増す事にも繋がりますね。

常時ではないんですが、やはり淫魔としての顔が強くなる事があるんですよね、姉妹は。
そうなると、隠語も臆面もなく言えるようになったりと普段と違う顔を見せる様になるのもギャップが感じられましたね。
特に普段から明るく甘えん坊なルテアが、そんな感じになると破壊力がありますねぇ(汗)

素直な性格だから、それが性欲にも直結しちゃっているんですよね。
それゆえにアンジェ以上のどん欲さを感じさせる事もしばしば(汗)

勿論、アンジェもなんですが、やはり少しはツンデレ感も含んでいて、またルテアとは違った魅力を見せてくれますね。
行為に熱がこもって来ると、次第に素直な感情が口を出る様になったりするのも愛らしいですね♪
まぁ、行為が終わるとツンツンしたりするんですが、照れ隠しなのは丸わかりなのでニヤニヤ♪

終盤では、ボテ腹Hも少しですがありましたね。
どうしても話の展開的に、最終章辺りになるので、描写量が短いんですよね(汗)
とは言え、短いながらもしっかりと更に愛している主人公の精液中出しをおねだりする彼女たちのいやらしさと可愛らしさは伝わりますけどね♪

挿絵


挿絵は「ながのろ」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫の新刊は、初めてですかね?

柔らかい絵柄が印象的ですね。
可愛らしい妹たちのデザインにも合っているんじゃないでしょうか。
全体的に可愛らしさのが強いのは彼女たちが妹って意味でも、正解だと思います♪

この絵柄だと、普段ツンツンな態度も見せるアンジェも十分可愛らしさの方が強いですね♪
なので、ツンツンしてても可愛らしくてニヤニヤしちゃいますね(汗)
逆に甘えん坊なルテアは、余計に破壊力がありますよね。

行為中には、淫魔の格好(尻尾や羽などあり)になる事が多々ありましたね。
やはり興奮してくると、淫魔の血が騒ぐのか、表に出てくるらしいですね。
個人的には、淫魔ってよりかは悪魔っ娘みたいなノリで見てましたね、同じ様なもの?(汗)

行為中では、特にヒロインたちの表情が印象的でしたね。
可愛らしいだけではなくて、トロンとした感じの瞳の描写だったりなど、色気を感じさせる姿は正に淫魔ですね。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、デキる妹シリーズらしい可愛らしさ溢れる妹たちとのイチャラブHが楽しめる内容でしたね。
淫魔とか出てくるんだから、もう何でもアリですな、本当にこのシリーズ(汗)

今作では、淫魔などによりファンタジー的な要素が強いだけに、一歩間違えれば変なノリになる所でしたが、総じてみればシリーズらしさはある程度あったかなとは思いますね。
ちょっと途中で変な敵対勢力みたいのを入れてきたので、どうなるかなって思ったんですけどもね(汗)

そういう点では、普通の妹モノとは少し毛色がどうしても違ってしまう所はあるんですが、愛らしい妹である事には変わりませんので、そこら辺の要素が気にならなければ楽しめる作品に仕上がっているかと思いますよ。
…やり尽くしちゃって、淫魔とかになっちゃったのかな?(汗)

まぁ、読み手としてぶっちゃければ、無理にシリーズに拘らずに自由にやって欲しい気もしますけどね。

Amazon版 電子書籍
デキる妹はいかがですか? 淫魔な妹と甘エロ子作り (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
デキる妹はいかがですか? 淫魔な妹と甘エロ子作り

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? レビュー

異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2015-10-17)

異世界でもデキる妹はいかがでしょうか?
10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、地方貴族の嫡男です。
そんな彼は、勉学、武術に励み、遂に王宮警護を主とする近衛騎士に任命されるまでになったのです。
そこまで頑張ったのには、ある理由がありました。

それは、かつて妹の様に接していた3人の女性の存在との再会を果たすため。
3人は、今や美しく成長した姫たちだったのです。
こうして、再開を果たした訳でしたが、3人から猛アプローチをかけられる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • アリシア・ヴァルトハイム
  • エスト・ヴァルトハイム
  • モニカ・ヴァルトハイム
がいます。

アリシアは、第一王女です。
明るく純真無垢な性格の持ち主です。
普段は姉としてしっかり者なのですが、主人公の前では甘える事も。

エストは、第二王女です。
姫というよりも凛々しい女騎士といった雰囲気を持っています。
基本的にクールな言葉使いをしますが、好意を抱いた相手には尽くす面も。

モニカは、第三王女です。
ちょっと素直になれなく、おませで口うるさい所があります。
巨乳揃いなふたりの姉とは違い、控え目な身体にコンプレックスを感じている面もあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がかつて仲が良かった姫たちと再会する事になり、アプローチをかけられる事になる流れですね。

元々、主人公は幼い頃に3人の姫らと仲が良かった過去があるんですね。
それは、主人公が王族の遠縁とかがあったりで、接する機会があったのが大きかったのです。

その際に姫らも、同年代の友達が欲しかった事で主人公と打ち解けた事により、いつしか兄の様な存在として慕う様になった訳ですね。
主人公も年下の彼女たちの事を妹の様に可愛がったと。
まぁ、この年齢だからこその付き合いですよねぇ、そこまで身分の壁ってないでしょうし。

そんな楽しい時間も遂には終わり…、姫らと別れる事になり、主人公は再会を約束したのでした。

そして、数年後…。
姫らとの再会を夢見て、騎士としての勉学、武術を磨き、遂に王宮の警護する近衛騎士の立場を実力で掴んだのでした。

主人公が成長したのと同時に姫たちも、幼い頃からの美しさに磨きをかけて、王女としての美しさを持っていたのです。
しかし、慕っている主人公に対しての態度は、かつてのまま…、いやそれ以上のものであり、主人公にベッタリ(汗)

幼い頃ならまだしも、今の年齢でそれはマズイと生真面目な主人公は対応に困るのですが、その後に起こった出来事にはそんなレベルではない衝撃を受ける事となる流れですね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

序盤は、主人公が相手が王族って事で立場を考えて、一定距離を置こうと試みる訳ですが、女性陣はそんなのお構いなしです(汗)
彼女たちからしたら、主人公はお兄様(個々で呼び方は違いますが)な訳ですから、甘えたい訳ですよねぇ。
まぁ、甘えるだけでなく、異性としても意識しているのは明らかですしね♪

それだけにかなり女性陣が積極的な姿を見せるのも特徴ですかね。
でも、主人公も普段は生真面目なキャラですけども、どうもHに関しては強欲と言うか豪胆なキャラなんですよね、実は(汗)
なので、その気になった主人公はかなりガツガツしてきますね。

アリシアを始めとして、3人の姫たちもそれぞれ個性的ですね。

アリシアは、純粋で性行為も良く理解していない程の純真さ、教えたことをそのまま吸収する所などが魅力ですね。
それだけにハマった時の爆発力は凄いですよね。

結構思考が暴走する所があるむっつりなエストが個人的には、結構好きでしたね。
勝手に盛り上がって興奮したりするのが、普段の凛々しい態度とのギャップがあって良かったですね。
…もはやむっつりって感じではない様な気もしますが(汗)

モニカは、ちょっとおませな感じがあるのが魅力的ですね。
ツンデレ系な所があるのもあり、他の姉たちに目移りする主人公にヤキモチ焼いたりと嫉妬が見え隠れするのもニヤニヤ♪
でも、ツンって程ではなかったかなとは思いますけどね、まぁ、姉たちに比べたらって位ですね。

最初から主人公を大好きオーラ満載なだけに、行為での甘さ、イチャラブ加減はかなりのものですね。
基本的に、大体3人一緒での行為が主になっているので、余計に濃厚さがありますね。
アリシアとの個人での行為が1回だけあったくらいだったかな?

何か読んでいて、3人の母親であるアストリアとも関係を持つのかなって思ったんですが、さすがにそれはなかったですね。
何となく乱入してきてもおかしくない様な雰囲気のあるキャラクターだったので(汗)
まぁ、最初に娘たちの初体験の場に同席していて、アドバイスなどを行っているなどの参加?はありましたけどね。

そういう本格的な参加を期待していた人には残念かもしれませんが、この手のキャラは娘たちの存在を食ってしまいかねないだけに、不参加は正解だったかもしれませんね(汗)

後、タイトル的にデキる妹って事で孕ませなどを考えると思いますが、妊娠はしますけども、腹ボテ行為とかの描写はありませんので、ご注意を。

挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫ではお馴染みですね。
今作の同著者さんとの組み合わせでは「魔王をラブ奴隷にしてみませんか?」がありますね。

独特のキラキラ感というか、華やかさを感じさせる濃い目な絵柄は、今作の様なファンタジー物とも相性が良いですね♪
今作でも3人の異なる魅力の姫たちを描いていますね。

行為では、どの娘も目に涙を浮かべているのが印象的でしたね。
勿論、苦痛による涙ではないのはお分かりでしょう♪
よだれもたらしちゃうほど、感じ入っている姿も良く見られますね。

どの娘も可愛らしいんですけども、印象に残ったシーンだと、序盤に手コキで射精させているモニカですかね。
ここでの彼女の反応が、素って感じが見えて余計に可愛く感じたんですよね。
まぁ、普段から可愛いんだけども、特にって事で(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、デキる妹シリーズながらも、ハーレム的な要素だったり、ファンタジーの世界観などもあり、新鮮さがありましたね。
主人公の出世、ライバル的な存在などもあり、中々読み応えのある展開も良かったのではないでしょうか。

少し主人公が綺麗かなって印象がありましたけども(見た目ではなく)、優秀って意味で。
とは言え、そこまでそれをひけらかす様な展開はなかったですが、そんな感じに見えたので(汗)
まぁ、優秀じゃないとあの3人に近づく事すらできなかった訳ですから、優秀じゃない訳にもいかないですしねぇ。

行為描写も中々濃厚でしたし、愛されているなぁってのが良く分かる展開でしたから、ヒロインたちが好みならば十分楽しめる作品に仕上がっていると思いますよ♪

Amazon版 電子書籍
異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? (二次元ドリーム文庫)

DMM版 電子書籍
異世界でもデキる妹はいかがでしょうか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 デキる妹はいかがですか? 子作り特別法! レビュー

デキる妹はいかがですか? 子作り特別法! (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2015-07-15)

7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、年の離れた妹のふたりがおり、多忙で家を空けがちな両親に変わって幼い事から可愛がっていました。
当然、妹ふたりも兄である主人公を慕っていました。

物語は、そこから5年後…。
この国で問題となっている少子化対策の一環として「子作り特別法」なる法律が出来ていたのです。
この法律、何と15歳で結婚妊娠を法的に認め、推奨するというものだったのです(汗)

更に後に、兄妹間などの結婚などまで法的に認められてしまう事となり、妹たちから猛アプローチをかけられる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 大嶽 愛御」(おおたけ かなみ)
  • 大嶽 命」(おおたけ みこと)
がいます。

愛御は、主人公の妹で命の双子の姉です。
明るく家庭的でお淑やかな物腰の優等生ながら、兄である主人公の事となるとかなり周りが見えなくなる所があります。
主人公への呼び方は「お兄ちゃん」

命も、主人公の妹で愛御の双子の妹です。
明るく開放的な性格の持ち主で、子供っぽい所があります。
姉の愛御以上の胸を持っており、人目を気にせずにじゃれついて誘惑して来る小悪魔的な所もあります。
主人公への呼び方は「おにい」

ストーリー展開


展開的には、主人公が可愛がっている妹ふたりから迫られてしまうって流れですね。
ザックリし過ぎかな? 間違ってはないんですけどね(汗)

さて、物語はある出来事を経て、始まる事になります。
ここでは、ある出来事については伏せますが、あら?こんな始まり方なの?って思いましたね。
これによって、読み手が話に感情移入しやすい状況を作ったのかなって感じましたね。

最初、書こうかと思ったんですが裏表紙の説明も触れてなかったので、あえて伏せておく事にします。


話戻って、そんなこんなで、この国では少子化が問題となっているんですね。
…もう、この手の作品の少子化は鉄板ネタですねぇ、何でもアリだし(汗)

そんな状況をどうにかするべく、出来たのが子作り特別法だった訳ですね。
これによって、男女共に15歳からの結婚、妊娠が合法となり、学生結婚も珍しくなくなっている状態となっています。
早い年齢で妊娠、出産だと手厚い援助まで政府から受けれるとあるのだから、凄い話ですなぁ。

…モテない奴は、住みにくい世界な様で(汗)

そのため、可愛い妹たちも親から早い所、相手を見つけろなんて、とても普通ならこの年齢では言われない様な事を急かされている訳ですね。
主人公からしたら、可愛い妹たちが他の男と結婚し、子作り…と考えると、内心強い喪失感を抱く事に…。

しかし、主人公にとって幸いだったのは、彼女たち姉妹の意中の相手がいた事であり、他の男になど見向きもしなかった事があります。
そう、兄である主人公を異性として好きだったのです。

そして、ある日の夜、主人公は妹たちから気持ちを告白される事に。
その気持ちは、とても嬉しいものではあったものの、やはり主人公としては兄妹という事が最大の悩みでもありました。

例の子作り特別法も、さすがに兄妹間などの結婚などは認めていなかったからです。
しかし、妹たちの願いが叶ったかの様に、その後、兄妹、姉弟間での子作りを認める、子作り特別法が決まり、事態は急展開。

もはや、妹たちの想いを妨げる障害は無くなった事で、兄である主人公に今まで以上に想いをぶつけてくる事となる流れとなっています。

しかし、凄い決定をしたもんですなぁ、政府は(汗)
兄妹同士などによる妊娠、出産の影響などは大丈夫なんですかね?
全く、作中では、そこら辺には触れないままだったけども(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックス、自慰などがあります。

作品的に、子作りと言っているだけに中出し展開が目立っていますが、上記のような行為もあります。
まぁ、全体としてはやはり中出しメインな事は確かですね。

序盤から、好き好きオーラを出しまくってましたが、さすがに本番行為は解禁まではなかったですね。
先にアナルセックスなどはしてましたけども(汗)
法的に合法となった際には、もう姉妹の想いを止めるものはないので、それまで以上に爆発していますね♪

まぁ、色々この兄妹たちにはあっただけに、主人公に対する愛御や命の想いの強さもまた理解できますから、納得ではありますねぇ。

そんな姉妹ですが、性格は若干違うものの、それぞれ主人公が大好きなだけに関係に及び腰な主人公に対して、積極的な面を見せますね。
その姉妹の熱に影響される様に、主人公もまた自身の感情に素直になっていく事になります。
なので、割と早い段階で本番以外での関係はありましたね。

個人的に印象的だったのは、主人公から愛撫をされて感じまくる妹たちの姿でしたね。
命は、普段の小悪魔的な態度とは裏腹に主人公に股間を激しく啜られて、くひぃと声をあげて悶え、愛御もはしたない言葉を口にしつつ、過敏な反応を見せるなど、淫らな姿を見せてくれましたね。

ここでもそうなんですけども、結構愛御って何気にHなんですよね♪
ちょっとした所で、ポロッとHな事口にしてたりとかするのが、可愛らしいですねぇ。
ちょっと妄想しちゃう所もある様で、勝手に盛り上がってしまう所はあるんでしょうね(汗)

命は、普段はテンション高めの元気娘ですが、後で自分のやった事に対して思い出して赤面したりする様は、可愛らしいですね♪
姉妹それぞれに多少、コンプレックスを抱いていたり、決して見た目通りの娘でもないのもあり、しおらしい所があるのはギャップがあって良いですね。
まぁ、ずっと長い事一緒にいるだけに兄である主人公は、そういった感情も理解して受け止めているだけに、余計に想いが高まってしまっているって所はありますよね。

そんなふたりの妹の感情も描いているので、より一層甘く、そしていやらしさも伝わってくる事になりますね。
もう、姉妹の想いが燃え上がっているのが良く伝わってきます♪

中盤辺りを過ぎると、個々との展開よりかは全員一緒になっての展開になっていきます。
家族であり恋人でもあるだけに、皆一緒ですね♪

何故か終盤では、周りの眼がある中での姉妹との行為があったりするのは、どーなんですかね(汗)
個人的には、姉妹たちだけの状態でして欲しかった所もあるんですが、周りの眼がある中で全員の興奮が普段以上に増していたって事も事実なので、これはこれでアリなのかな(汗)

挿絵


挿絵は「SAIPACo.」さんが手がけています。

妹らしい可愛らしさに満ちたデザインが印象的ですね。
愛御も命も、それぞれにタイプこそ違いますが、可愛らしく美しいですね♪

特に互いに共通する青みを持った瞳がまた効いていますねぇ。
まぁ、挿絵では色は分かりませんけども、表紙絵などのカラー絵ではかなり印象深いんですよね。

妹らしい可愛らしさと行為中などに見える、女を強く感じさせる表情の塩梅も魅力ですね。
上気した顔に浮かぶ、恥じらいの色なども良いアクセントになっています♪

瞳の中のハイライトがハートマークになっている所があるんですよね。
主にHシーンでの瞳は、ハートになっていますね。
表紙絵でもハートマークが良く見ると確認する事ができますね。

こういう演出は、他作品でもたまに見られるんですが、やけに目立ってしまって気になる所でもあるんですね。
でも、この作品ではSAIPACo.さんの描く瞳を始めとして、キャラクターデザインがこのハートがあっても違和感を感じにくい絵柄になっている様な気がして、変に違和感を感じる事は特になかったですね。

挿絵数:11枚

総評


全体的には、過去のデキる妹~シリーズの流れを汲んだ作品で、安定した内容で読みやすかったですね。
序盤のあの展開って、色々シリーズ化していく中でのマンネリ感をどうにかしようと考えたゆえの展開だったんですかね?(汗)
まぁ、それが機能してたかは正直微妙な様な気もしますが、何だかんだ楽しめたので問題ないですね♪

愛御、命の妹たちはそれぞれで可愛らしい妹ですし、そんな妹たちとのHなイチャラブを楽しみたいって人にはたまらないのではないでしょうか。
法まで変えちゃってやりたい放題ですけども、そうじゃないとこの恋は成就しないしね(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】デキる妹はいかがですか? [ 089タロー ]

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
デキる妹はいかがですか? 子作り特別法! (二次元ドリーム文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 おっぱい騎士を調教してみませんか? レビュー

おっぱい騎士を調教してみませんか? (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2015-04-15)

4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、女性のオッパイが大好きな男子学生です。
そんな彼は、ある女性の存在に夢中になっていました。

その相手は、留学生として、外国からやって来た美少女騎士の「アナスタシア」でした。
彼女の美しさと気品ある物腰に夢中となった彼は、彼女を尊敬し、憧れていたのでした。

そんな中、主人公はアナスタシアのとある秘密を知ってしまう事に。
これをきっかけにして、主人公は彼女との関係に変化が生じる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アナスタシア・フォン・ベルエスパーダ」がいます。

アナスタシアは、主人公の学校に留学生としてやってきた少女です。
実家は名門の貴族という、由緒ある騎士の家系であり、彼女もまた剣の腕はかなりの物です。
穏やかで気品のある物腰な言動の持ち主です。

現在、ある秘密を抱えており、それに悩まされています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が憧れのアナスタシアの秘密を知ってしまい、そこから彼女との関係が大きく変化する事となる流れですね。
…まぁ、タイトルとかオッパイ好きな主人公ってので大体予想付くでしょうが(汗)

主人公は、元々あるきっかけで出会ったアナスタシアに一目で憧れてしまった訳です。
そんな彼は、それ以来アナスタシアの前に現れては、言葉を交わす様になるという行動的な面を見せる事に。
主人公にとっては、彼女は先輩にあたり、先輩先輩と追っかけまわす主人公を彼女もまた弟的な存在として接していたんですね。

アナスタシアにとっても、遠巻きに見てくる存在ではなく、積極的に懐に入り込んでくる主人公の存在は嬉しかった訳ですね。
相手によっては、疎ましく思われてしまう所ですけどね(汗)

そんな主人公は、アナスタシアは理想の存在で憧れでもありましたが、唯一残念なのは彼女の胸があまりない事だったってのは、オッパイ好きらしいのかな(汗)

まぁ、主人公は正確にはオッパイ好きではなくて、巨乳好きって感じですけどね、そういう記述あったし。
オッパイ好きと豪語するなら、巨乳も貧乳も愛さなければダメですしね。

まぁ、そんなオッパイ話は良いとして、ある日主人公は彼女の普段見たことのない姿を目撃する事に…。

その姿は、いつも彼女を見ていた主人公も見たことがないものだったのですが、何よりも主人公を驚愕させたのは、その胸でした。
何と、彼女の胸には立派なオッパイが…。

そう、アナスタシアは実は巨乳の持ち主でそれを隠していたのです。
そして、彼女は秘密を知ってしまった主人公に悩みを打ち明ける事に…。

彼女の悩みは、その巨乳であり、サイズだけではなく、感度が良くて試合の際などに集中の妨げになるという事でした。
そんな悩みを知った主人公は、自らの胸をコンプレックスに思う彼女を救うべく、Hな行為をし始める事になると言う流れですね。


しかし、同時発売の「とある~」のヒロインのひとりも名前がアナスタシアってのが、何ともまた(汗)
あえてかぶせてきたのか、それとも…?(汗)

Hシーン


Hシーンは、アナスタシアとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリや手コキ、フェラなどがあります。
その他、一部ではローターを使用する様な展開や母乳要素もありますね。

やはり注目は、胸、オッパイ要素ですよね♪
アナスタシアの胸は、サイズだけではなく、その感度が凄く良い事が逆に悩みの種となっているんですね。

それはちょっと触れるだけでも、過敏な反応を示し、悶絶する程なので、これでは試合どころではないですね(汗)
乳首や乳輪辺りを指で弄ってしまえば、それこそ普段の気品ある彼女とは思えない様な甘い声を上げて、悶えてしまうのだから、このギャップは主人公にはたまらない訳で、指で胸を弄る勢いは加速する結果になる訳ですね(汗)

そりゃ、自分の指、手でアナスタシアが息も絶え絶えな程になってしまうんだから、主人公としては男としても滾るものがありますね。
実際、彼女の胸を触り続けていく内に、主人公もドンドン興奮から大胆になってしまうんですよね、パイズリを彼女に頼んだりとか(汗)

触られただけで、こんな反応の彼女ですから、パイズリで肉棒を挟み込んでも、かなりの反応を見せてくれますね♪

調教と言うキーワードが、タイトルにありますが、そこまで調教メインではなかったかな。
途中、縛ったりとかの展開こそありましたが、期待し過ぎない様に(汗)
でも、彼女のMっ気のある感じは中々表現されてて、そこは読み応えがありましたね。

ある意味、彼女の反応はコミカルぽく感じなくもないくらいですが、それを上回る迫力、勢い、いやらしさがありましたので、大丈夫だとは思います。
普段との落差も考えると、より一層彼女の反応が新鮮なものに感じますね。

こんな事もあって、その後もHな特訓というかお触りは続く訳ですが、この時点では本番行為はありません。
あくまでも胸に対しての快感に慣れさすという面があるので、本番にはならないですね。
まぁ、パイズリとか乳首に肉棒を押し付けてたりと、十分過ぎる事をしているとは思いますけどね(汗)
結構、主人公も無茶しているから、変なプレイも多々あったりと暴走気味な面も。


それが途中から、より大きく関係が動き出すきっかけを経て、更に行為も盛り上がっていきますね。

彼女は、元々騎士(男)としてやっていく事を目的に生きてきた所があります。
そのために彼女にとっての、大きすぎる胸という存在は必要がない存在であり、彼女に自身が女である事を否応なしに知らしめるものでもあった訳ですね。
それを主人公が受け止め、受け入れてくれた事で、彼女の中で女として生きても良いという、新しい選択肢が出てきた事に。

それを理解してからの彼女は、より一層行為に対して、激しく甘く積極的な姿を見せてくれる事になりますね。
行為もより迫力が増し、熱のこもった行為描写を味わえるようになるのはたまりませんね♪

この頃だと、アナスタシアの素なんかも見る事が出来たりと、また序盤の気品ある彼女とはまた違った等身大な魅力も分かってきますね。
それがあるからこその行為でも、余計に彼女の一途な想いなどもより伝わってくる事になりますね。

挿絵


挿絵は「ホロすけ」さんが手がけています。
カバーコメントによると、初の挿絵だと言う事らしいんですが、それを感じさせない出来栄えですね。

表紙絵のカラー絵の印象だと、さっぱりした絵柄なのかなって感じでしたが、中の挿絵では結構トーンを使って、比較的濃いめな仕上がりになってて、印象が違っていましたね。
少なくても余白多くて、スカスカな印象などないはずです。
ちゃんと精液にもトーン処理などが施されていて、かなりクッキリとした絵柄で好印象ですね。

濃すぎず、見やすさと迫力が感じられる仕上がりで挿絵向きなのではないでしょうか。
表情も気品と可愛らしさ、色気のバランスも中々良くて、違和感なく見れましたね。

個人的には、Hシーンではないんですが、デートでぬいぐるみを見つけて、目を輝かせる(ハートマーク)彼女の姿が可愛らしくて、特に印象に残っていますね。
彼女も年頃なだけに、こういう表情もするんだなぁって、改めて新鮮な反応の姿を見て感じましたね♪

勿論、オッパイ描写も見事ですよ。
ゆさゆさと音が鳴りそうな程の豊かな胸を持った彼女は、見応えがありましたしね♪
個人的には、全裸というオッパイ丸出し以外も、もっと着衣やビキニ(水着)のオッパイも見たかったかな(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、オッパイ騎士とイチャラブするお話が堪能できましたね。
アナスタシアのキャラクターも良いんですよね、真っ直ぐで。
そんな彼女との関係を深めていく過程は、微笑ましさを感じつつ読めましたね。

ちなみに、ラスト辺りで彼女の母国の事が少し描かれているんですが、そこの文章で気になる所があり、調べてみると…。
アナスタシアの母国は「アスゥルランド」というんですが、実はこの著者作品で同じ国のヒロインがいる作品があるんですね。
誘惑プリンセスはおキライですか?」という作品のヒロインが、アスゥルランドのお姫様なんですよね。

そういった繋がりがあるとファンはにやりとしますが、これ4年位前の作品なので、分かる人どれだけいるんだか(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】おっぱい騎士を調教してみませんか? [ 089タロー ]

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
おっぱい騎士を調教してみませんか? (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
おっぱい騎士を調教してみませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 おねショタ! 弟のお世話はお姉ちゃんにお任せ レビュー


1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、3人の姉がおり、その事が彼の悩みでもありました。
どういう事か? それは彼女たち姉が弟である主人公を溺愛してかまってくるから(汗)
結局、いつもそれに甘えてしまっている主人公は、姉からの自立を決意するものの、ある日、突然主人公の身に驚くべき変化が起こる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

桂葉 百合菜」(かつらば ゆりな)
桂葉 美波」(かつらば みなみ)
桂葉 真子」(かつらば まこ)がいます。

百合菜は、主人公の姉で長女です。
主人公の学園の養護教諭でもあります。
おっとり天然系で母性的な性格の持ち主であり、弟である主人公を溺愛し、お世話するのが何よりの幸せです。

美波は、主人公の姉で次女です。
成績優秀かつ学園でも男女問わず人気を集めているクール系な美少女として通っています。
主人公を弄るのが楽しみであり、事ある毎にHなからかいをしてきます。

真子は、主人公の姉で三女です。
ボーイッシュな外見同様に、若干男っぽい言動があります。
生真面目な性格で他の姉たちが主人公を甘やかしているのを注意し、厳しく接しようとするものの、自身も結局甘やかしてしまう所が…。

ストーリー展開


展開的には、中々姉離れができない主人公にある日、異変が生じる事になる流れですね。

一体、その異変は何か!? 
…その前に、主人公は3人の姉たちから毎日、三者三様の可愛がられ方をしているんですね。

主人公も年頃の男子ですから、嬉しい反面気恥ずかしさもある訳です。
それも3人の姉が同じ学園にいるだけに、学園での注目もあり、余計に複雑な心境でもあるんですね。
3人とも学園と家での態度に大きな違いもないだけに、余計に恥ずかしいんでしょうね。

気恥ずかしくても、結局はいつも主人公が姉たちを受け入れてしまうだけに、主人公としては自分のダメさ加減を刺激されるって所も。
実際、全員姉たちは分野などは違えども、総じて優秀な成績であり、主人公としては余計に比較されるだけに自慢の姉でもあり、若干のコンプレックスでもある訳ですね。

そして、主人公には姉離れを考えさせる理由があったのです。

それは、何となく気になる女子の存在。
まぁ、それはまだ恋愛感情かと言うと、かなり淡いものではありましたが。
しかし、気になるのは彼女の好みが頼りがいのある男性って所でした(汗)
少なくても姉たちに甘やかされている自分とは真逆ですからねぇ…。

そんな主人公の気持ちを知って、ショックを受けつつも、主人公の恋を応援する姉たち。

しかし、その翌日、主人公の身に驚くべき変化が起こっていたのです。
何と、主人公の身体が小さくなってしまっていたのです(汗)
信じられない事ですが、子供の頃の姿に戻ってしまったという事に…。

こうして、主人公は姉たちに今まで以上に甘くお世話をされる事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラなどがあります。

やはり見所は、姉たちの可愛がりぷりでしょう♪
全員、三者三様ではありますが、共通するのは弟である主人公をとても愛しているって事ですね。

長女の母性で包み込む、百合菜。
基本的にノリは軽く、Hながらも、垣間見せる姉らしさの美波。
ボーイッシュながらも、その実、女性らしい真子、とタイプこそ違いますが、皆、主人公への愛を感じさせますね。

主人公は幼児化した影響か、本当に子供っぽくなっているんですね。
なので、ちょっとした事で泣きべそかいたり、暗闇が怖かったりなど、本当に子供の様な反応を見せる事に。
これがまた姉たちには、たまらなく母性をくすぐられる事になる訳ですねぇ。

抱きしめたりで安心させてくれるなど、甘えさせてもらえるシチュエーションが多いですね。
しかし、それで安心するだけではなく、主人公の股間は大きく反応してしまう事になる訳ですね。

そうなれば、当然…。
ここら辺の流れは、姉たちによって違いますが、結局のところ、お姉ちゃんらから様々な手段で射精させてもらえる事になりますね♪


全体的に主人公の体格差もあって、姉たちからの行為がメインですね。
受け身が多いですが、身体も幼児化している主人公が姉たちを押し倒すなんてのは無理ですから、当然ではありますね(汗)
まぁ、肉棒は結構立派らしいので、それでお姉ちゃんらをメロメロにしちゃうってのはありますが。

基本的に、お姉ちゃんたちからしてもらえるってシチュが好みであれば、十分楽しめるのではないでしょうか♪


主人公が姉たちに素直な感情を伝えたりすると、面白い位に姉たちが良い反応をするんですよね。
真っ赤になったり、本当に嬉しそうな笑みを見せたりと、それを見ててよりニヤニヤしちゃいますね。
更に行為もより熱を帯びていき、姉たちとの甘い行為を見る事が出来ますね。

終盤では、全員一緒になっての行為もありますね。
個々でもかなりの甘さでしたが、3人一緒だとよりいやらしさが増してきますねぇ。

挿絵


挿絵は「空維深夜」さんが手がけています。
生徒会は僕専用オナホール!?」や「僕のパーティーが戦闘中に誘惑してくるので世界が救えない」などがありますね。

メリハリの利いた線で描かれたヒロインたちは、はっきりとした印象がありますね。
勿論、姉らしい母性的な雰囲気なども含まれており、3人の姉たちの魅力をイキイキと描いていますね。

ボーイッシュな真子のデザインは、結構この手の作品のヒロインとしては珍しいのではないでしょうか?
ショーットカットでも、こういった髪型のヒロインはあまり見た記憶がないだけに新鮮さがありましたね。
反面、髪型が短すぎるかもしれないので、あまり好みじゃない人もいるかもしれませんね(汗)

殆ど面積のない過激な水着姿も見所ですかね?
個人的には、あれは変に見えてしまって興奮しないんですけどね(汗)

後は、この人の描く汁気は何か汁っぽくないのが少し残念かな(汗)

挿絵数:13枚

総評


全体的には、タイトル通りな姉たちにお世話(H含む)になるって作品でしたね。
まぁ、基本それだけなので、ある程度単調なのは否めませんが、個人的にはそんなに気にならなかったかな?
個々の姉たちのアプローチが若干違いますしね。

しかし、今作を読んでて以前レビューしたぷちぱら文庫に似たような作品があった事を思い出しましたね。
あれも三姉妹で、大体三姉妹の性格、キャラが今作と同じ様なのも一緒。
主人公が幼児化するってのも一緒と、結構かぶった展開、要素も多かったですので、あれが好みであったならば今作も楽しめるかと。

勿論、全く全部同じって訳ではないので、今作には今作の魅力がありますけどね。
コミカルながらも、要所はしっかり締めるストーリーも、中々良かったですね。
主人公の幼児化が気にならなければ、姉たちに愛されている感じを堪能できるかと思います♪

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】おねショタ! [ 089タロー ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
おねショタ! 弟のお世話はお姉ちゃんにお任せ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 デキる妹はいかがですか? レビュー

二次元ドリーム文庫 デキる妹はいかがですか? 実妹も義妹もお兄ちゃんとデキちゃう!



9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、ふたりの妹たちがいます。
しかし、家では甘えてくるのですが、学校など外になると冷たい態度などを取ってしまうふたり。
そんなふたりたちに振り回される生活を何だかんだ楽しんでいる主人公でしたが、何とそこに幼なじみの姉妹ふたりも主人公の妹となり、主人公に4人の妹が出来たと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

子蔵 真奈」(こぐら まな)
子蔵 雫」(こぐら しずく)
子蔵 美月」(こぐら みつき)
子蔵 皐月」(こぐら さつき)がいます。

真奈は、主人公の妹です。
学園では、生徒副会長という立場におり、凛とした雰囲気を持つ、生真面目な少女です。
しかし、家では人懐っこくなり、主人公に甘えたがります。

雫は、主人公の妹であり、真奈の双子の妹です。
活発でボーイッシュな性格の持ち主で学園では主人公を邪険にしていますが、家ではこちらも構ってほしい所があります。

美月は、主人公の幼なじみの少女ですが、両親の再婚によって妹になる事に。
普段は沈着冷静な性格をしているのですが、主人公に対しては俄然熱が入る所があります。
夢見がちな所もあり、主人公を運命の相手と思っています。

皐月は、美月の妹であり、主人公の妹となった少女です。
好奇心旺盛で子供っぽさが残る性格の持ち主でもあります。
しかし、時折小悪魔的な所も。

ストーリー展開


展開的には、主人公に結果として4人の妹が出来る事になる流れですね。

何故、こんな事になったのかと言うと、母親を亡くしていた主人公の父親が幼なじみだった美月、皐月の母親と再婚をしたからなんですね。
主人公には凄い懐いていただけに美月や皐月は主人公が兄になって大喜び。
反面、実妹であるふたりは、いきなり現れた義妹たちの存在が面白くない訳ですが(汗)

しかし、更なる事態が主人公を襲う事に!(大げさ)

主人公を昔から慕っていた義妹たちは、積極的に主人公に迫ってくる事になるんですね。
妹になっても、あくまでも「義理の」って所が、より彼女たち姉妹を積極的にさせている所はありますねぇ。
実妹である真奈、雫にとっては、ある意味で血縁というのはアドバンテージでもあり、障害でもある訳ですからね。

そんな積極的な義妹の行動に触発されたのか、真奈たちも主人公にアプローチをしていく事になる流れですね。

元々、彼女たちも以前から甘える時は胸をあえて当ててみせたりなど、ちょっとしたアピールはしてはいたんですけどね。
そこは妹に欲情する訳には兄としていけないという感情で何とかやり過ごしていた主人公のせいで、上手くはいきませんでしたが(汗)
でも、何だかんだ異性として女らしく成長しているんだなと思わせている分、ある程度の成果は出てたかもしれませんね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

見所は、同じ妹同士なんですが立場が違うゆえに実妹側と義妹側が張り合う事になる展開ですね。
また全員、主人公を大好きなだけに仲良くなれそうなんですが、実妹側と義妹側は元々あまり接点がなかったりしてた事や現れていきなり主人公に接していく様ですっかり溝が(汗)

勿論、最後までこんな感じで続く訳ではないですので、ご安心を。

最初は、義妹組のふたりが先行する形で主人公と関係を持っていき、それに続けとばかりに実妹組が動くって流れですね。

義妹組の美月と皐月は、やはりまだ妹って関係性ってよりも幼なじみのお兄ちゃん、妹関係って感じが強いですね。
それだけに主人公もダメだとは思っても、彼女たちの想いに応える結果になる訳ですね、元々好意を抱いてたってのも大きいんでしょうが。

実は、義妹たちも主人公とは久しぶりに再会したって事も相まって、かなり主人公への想いが爆発している感じですね(汗)
この機会を逃してなるものかとばかりに積極的に迫る姿は、魅力的ですね♪


それに触発されたかの様に、実妹側も積極的な姿を見せてきますね。
ちょっと素直になれない雫が主人公に正直な気持ちをぶつける場面は、彼女の素顔が垣間見えてニヤニヤものですね♪
対しての姉の真奈は、雫ほどツンデレでもないだけに若干あっさりしてた様な感も(汗)
まぁ、普段の凛とした雰囲気ではなくて、主人公と心が通じ合えた事で蕩ける様な笑みを浮かべていたのは印象的でしたけどね、幸せすぎて♪

終盤近くになると、これまでは同じ姉妹同士の組み合わせだったのが、シャッフルというか組み合わせが変わったりしたりも。
姉妹の妹同士の共演とかも中々見所ですね。
ツンデレ系な雫に天真爛漫な皐月って組み合わせは、感情表現が分かりやすいから賑やかですねぇ♪

そんな賑やかさとのギャップのあるいやらしさを見せるから、余計グッと来るんですよね。

対しての姉同士の組み合わせも、これまた妹たちとは違う色気が出てて、新鮮味がありますね。
何だかんだとこういうHをする時は、結構息の合った所が垣間見えたりするのも微笑ましいですね。

終盤では、お約束の全員一緒でのハーレム状態な展開になりますね。
女性陣が皆、巫女姿になっているのもあって、また独特な雰囲気を感じる事ができます。
(説明には書いてませんでしたが、主人公の実家は神社です)

口移しでお神酒を飲ませてきたりする場面は、個人的にいやらしかったですねぇ。


個人的にちょっと気になったのは、4人のヒロインとの行為描写があるだけに、若干個々が少なめかもしれないかなって事ですね。
中出しをねだるヒロインたちとの行為ってのもありますが、射精までのペースが早いですな(汗)
まぁ、これくらいじゃないと4人はこなせないかな(汗)

個人的には、4人はギリギリの人数かなって感じですね。
やはり2~3人が個々のボリューム的にも適しているかな?(汗)

挿絵


挿絵は「ここあ」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では、初?だったかな、意外にも。
どちらかと言うと、ぷちぱら文庫のイメージが強いかもしれませんね。

柔らかさのある絵柄が特徴でヒロインたちを魅力的に描いています。
妹モノとの相性は良いのではないでしょうか?

可愛らしさだけではない、艶気もあったりと細い線で描かれた彼女たちは興奮を煽る存在に映りますね。
それでいて生々しすぎない描写で丁度良い塩梅で見やすいですね。
個人的には、もう少し濃くても別にいいんですけども(汗)

何となくイメージとしては、お姉さん的なキャラが上手いのかなと思ってましたが、妹も良いですねぇ。
特にショートカットなボーイッシュ系のヒロインも可愛らしさがあって、良い感じです♪
口絵の皐月の猫口?(ω←これ)な口元も小悪魔的なものを感じさせますね。

上記の行為にもある様に、巫女姿だったり、学校の制服姿だったりもあるのは良かったですね。
その他にも一部ですが、部活のユニフォーム姿だったりもあって、意外とコスチューム要素があったのは嬉しい所です♪

挿絵数:14枚

総評


全体的には、妹たちとの濃厚な子作り三昧の日々って感じの作品でしたねぇ。
まさしくタイトル通りって感じですね。

あ、このタイトルどこかで見たことがあると思ったかもしれません。
同著者の作品に「デキる妹はイヤですか?」シリーズがありますが、同じタイトルで単純に「4」とかにしない所を見ると、別作品と考えていいのかな?
作品のコンセプトはかなり似通っていますけどね。

まぁ、あのシリーズが気に入っていた人ならば、今作も同じように十分楽しめるとは思います。
今後は、今作がシリーズ化していくんでしょうかね?

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】デキる妹はいかがですか? [ 089タロー ]
ブログランキング参加中です。

よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか? レビュー

二次元ドリーム文庫 いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか?


4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

物語は、主人公が学校の入学式でとある女性に目を奪われてしまう事になる所から始まります。
その相手は、学園の生徒会長「瑞希」(みずき)でしたが、実は彼女は主人公の幼なじみだった瑞希だったのです。

しかし、過去の記憶の彼女は、主人公を振り回してたとんでもないものばかりであり、やはり現在もその本質は変わっておらず、主人公は彼女に振り回される事になる流れです。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

九条瑞希」(くじょうみずき)がいます。

瑞希は、主人公のふたつ年上の幼なじみで学園の生徒会長です。
気が強く、幼い頃から主人公を振り回しており、主人公のトラウマとなっています(汗)
生徒会長の時は、お淑やかですが、ふたりきりには普段の態度になります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が入学した学園で生徒会長だった瑞希と再会する事になる流れですね。

しかし、最初は主人公もその彼女が自分が幼い頃に振り回されていた幼なじみのお姉さんとは気づいてなかったんですけどね。
何せ、久しぶりに見た瑞希の姿は、美しく成長し、全く幼い頃のヤンチャなガキ大将的な印象とは違ってから分からなかった訳ですな(汗)

だからこそ、お淑やかな生徒会長が自分を幼い頃振り回してた相手と同一人物って知った際の衝撃たるや(汗)

その後、主人公はそんな彼女に早々に目をつけられて、いつの間にか生徒会役員に選ばれてしまい、瑞希と接点を持つ事に。
そこで見せた彼女の顔は、間違いなく幼い頃、主人公を振り回していたいじめっこな彼女の顔だったのです(汗)

主人公は、その表情に怯えの色を見せる一方で、美しく女性らしく成長した瑞希にドキドキしている自分もいるんですよね。
瑞希の態度も、成長していても身体を密着して来たりと、幼い頃のノリだったりするからまた主人公もテンパるんでしょうね(汗)
まぁ、彼女の事だから分かっててやっている節もありますが(汗)

しかし、主人公の驚きは、それだけではありませんでした。
何と、自宅に帰って来た主人公を出迎えたのは、何故かメイド服に身を包んだ瑞希だったのです(汗)

こうして何故か、瑞希は主人公の専属メイドとしてお世話をする事になる流れですね。
学校では、生徒会長で家ではメイドと、いつも一緒ですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、瑞希との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、足コキ、手コキ、パイズリなどがあります。
他の要素では、ちょっとだけですが前立腺責めなどがありましたね。

元々、幼い頃はいじめっ子といじめられっ子という関係ではあった両者ですが、今度は「性的な」いじめって事になるんですかね?(汗)
主人公としては、これはこれで気恥ずかしいのは確かにあるんですけども、その一方で綺麗な彼女にそうされているっていう事に強い興奮を覚えているのもまた事実なんですね。

性的ないじめって事ですけども、実は瑞希もあんまり性的な事には耐性はないんですよね。
それは主人公も半ば理解しているんですけどね、彼女の強がりな態度には。
それがまた可愛らしくてニヤニヤしちゃうんですよね♪

足コキなんて、こういうキャラクターにピッタリな行為ですよね。
優位な立場に立っている感が他の行為よりも強いだけに、瑞希の小悪魔的な感じを味わえますね。
挿絵の効果もあって、より彼女の表情のちょっとSっ気も見えますな。

そんな彼女ですけども、キスのシチュエーションを気にしたりする辺りは、やはり女の子ですね♪
こういう娘の方が結構乙女ですよねぇ。


生徒会長お約束?の人前で話している中でこっそり隠れている主人公がヒロインにイタズラしちゃうって展開もありますね。
んで、相手に感じてしまっている様子を具合が悪いのかと心配されるってパターンはお馴染みですな♪
これは、主人公の立場が優位になっている例ですけども、主人公もずっと瑞希のペースに乗っている訳ではなくて、興奮しすぎて瑞希を押し倒してしまうなんて攻守逆転の展開もありますので、ご安心を。

瑞希も結構感じやすい所があるので、すぐさま甘い声を上げちゃう辺りが可愛らしいですね♪
それがまた主人公を興奮させちゃう訳ですな(汗)

途中からは素直になってきた事で、また甘さが増していますね。
デレ具合が良い感じです♪

挿絵


挿絵は「SAIPACo.」さんが手がけています。

意志の強さを感じさせるヒロインの瞳が魅力的ですね。
特に今作の瑞希の様な勝ち気さのあるキャラクターとの相性は良いと思いますね。

勝ち気って言っても、嫌な感じはなくて、それこそいたずらっ子とした感じが強いかな?
なので、その塩梅が丁度良くて可愛らしいんですよねぇ。

瑞希はメイドもやるので、メイド服の彼女の姿も見る事ができますね。
メイド服なのに胸を強調するかの様なデザインで、中々Hなデザインですね。
これは巨乳用なんですかね?(汗)

そんなメイド服の事を書きながらも、個人的に印象に残ったなシーンは制服姿っていう(汗)
上記の行為にもある様に、足コキがあるんですが、それの挿絵は中々良い感じでしたねぇ。
弄って顔が上気している感じなど、色気も感じさせてくれます。

勿論、メイド服姿の彼女も魅力的でしたけどね。
挑発的にスカートをめくって、下着を見せつけてくる感じもグッと来ますし。
後は、体操服+ブルマ姿だったり、ドレスアップした瑞希の姿もまた他の衣装とはまた違う雰囲気がありましたね。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、あんまりいじめっこって感じは控え目だった様な気がしますねぇ。
あくまでもいじめっこってのは、幼い頃の印象を引きずっていただけですからね。

実際、瑞希の態度が特別キツイ訳ではないですから、受ける印象はだいぶマイルドに感じましたしね。
最初から、主人公への感情、好意が見え隠れしていただけに、ただイチャイチャしているだけに思えてしまいますな♪

でも、途中にはふたりの関係に問題が起こるシリアスな展開もありましたし、彼女の主人公への長年の強い想いも描かれていて、ただただ甘いだけではなかったのは良かったですね。
こういうのがあるから、より甘さやデレ具合が引き立つ事になりますからね♪

まぁ、最初から十分甘かっただろうってツッコミはなしで(汗)

いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか? いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか?

楽天はこちらからどうぞ
【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか?

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
いじめっこ生徒会長にエッチなお返しをしませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 嫁姉ッ! お姉ちゃんの愛情は無限大! 弟とだったら子作りもOK! レビュー

二次元ドリーム文庫 嫁姉ッ! お姉ちゃんの愛情は無限大! 弟とだったら子作りもOK!


1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、3人の姉がいます。
3人の姉は、それぞれ性格は違えど、若干問題を抱えており、そのため主人公の父親は悩んでいます(汗)
そこで主人公は、彼女たちに花嫁修行を施して欲しいと、父親から教育係に任命される事になってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

逸見 愛華」(いつみ あいか)
逸見 桜子」(いつみ さくらこ)
逸見 加奈子」(いつみ かなこ)がいます。

愛華は、逸見家の長女です。
美人でスタイル抜群、成績優秀という完璧とも言える存在なのに、グータラしており、やる気がありません(汗)
主人公に対しては、小悪魔的な態度でからかう所があります。

桜子は、逸見家の次女です。
運動神経抜群であり、特に剣道の腕前はかなりのものです。
凛々しい雰囲気を持っていますが、とにかく不器用で家事全般がダメという面もあります。

加奈子は、逸見家の三女です。
他の姉たちに比べ、大人しく寡黙でクールな印象を与えますが、実際は献身的な性格の持ち主です。
家事などをふたりの姉に代わって行っています。
見た目に反して、寂しがり屋な所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が父親に命じられて、3人の姉の花嫁修業の教育係をする羽目になってしまう流れですね。

主人公の家である逸見家。
逸見家は、旧家の家柄であり、現在でも大富豪ではないにしても、各方面に顔が利く存在として財界に認識されているんですね。

それゆえに、いつ嫁に出しても問題のない立派な女性として躾けられるのが逸見家の女性として代々の務めだった訳ですね。
まぁ、今の時代からしたら何とも時代錯誤なお話ですが、そこまで行かずとも父親としては家事くらい出来る様になってもらいたいという事ですね。

しかし…
長女の愛華はグータラ。
次女の桜子は不器用。
三女の加奈子は、家事全般出来るものの、主人公に対して依存する所が強く、そういう意味ではやはり不適合な訳ですね。

こうして、主人公は姉たちと実家を離れて別の家で暮らし、花嫁修行をするって流れですね。
まぁ、その中にHな修行も含まれてしまうってのは、お約束ですよね♪

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、手コキ、フェラなどがあります。
でも、頻度という点では控え目だったかなって印象ですかね。
それ以上に甘い雰囲気が味わえるので、そこまで物足りなさはないでしょうけどね。

何といっても、3人の姉たちがそれぞれ魅力的ですね♪

普段グータラな愛華も、ここぞって時は姉らしい包容力だったりを見せてくれるギャップもあって、ドキっとさせますね。
からかうなど小悪魔的な感じな彼女ですが、実は男性経験はなくて、いざとなると照れたりするのが可愛らしいんですよね♪
それを指摘すると照れながら「弟のクセに」って言ってくるのもニヤニヤものです。

桜子も凛々しい態度の中に、可愛い主人公の頼みを聞いてしまったりといった優しさもよく伝わっており、愛らしいですね。
普段、凛々しい言動が目立つ分、行為などで恥ずかしがる素振りが、また良いんですよねぇ。
不器用な所がまた彼女の可愛らしさを引き出していますね。

加奈子は、大人しい中に主人公への好意をひしひしを感じさせますね。
最初からちょっと控え目な所がありつつも、可愛らしさがあって、放っておけない雰囲気があるんですよね。
まぁ、他の姉も別の意味で放っておけないですが(汗)

彼女は控え目な性格なだけに、他のふたりの様な直接的なアピールが苦手なんですね。
でも、わざと失敗して見せて、お仕置きという形で主人公とHしようとする辺りが何とも可愛らしいなぁと思いますね。
まぁ、現実だったら正直、面倒くさいんでしょうけども、気にしない(汗)

終盤近くになると、全員一緒の行為になります。
それ以前にも、ふたりでのWパイズリなどの展開があったりもしますけどね。
隙あらば、主人公を独占しようとする姉たちのやり取りも見所ですね。
皆、主人公大好きですな♪

挿絵


挿絵は「桃月すず」さんが手がけています。
カバーコメントではじめましてとあるので、挿絵は初なんですかね?

コミックなどを中心に活動されているみたいですね。

実際、挿絵での描写は、どこかコミック的な描き方という印象がありましたね。
別にコマ割りとかしている訳ではなく、どこか絵に躍動感というか動きを感じる絵になっているかなと。
可愛いながらも、色気を感じさせる表情もあり、よりコミック的な表現に感じますね。

線も強弱のメリハリがついた描き方なので、しっかりH度があるものに仕上がっていると思いますね。
少なくても、薄さはあまり感じないと思いますね。

個人的にお気に入りなシーンは、桜子が胸を露わにして恥ずかしがっている表情が好きですね。
別に行為の描写でもないんですが、あの赤らめた表情がツボでした♪

愛華は、浴衣姿の彼女をマングリ返しっぽい状態でのHシーンが印象深いですね。
あの体勢だとあまり浴衣が見えなかったですけども(汗)

加奈子は全体的に良かったですねぇ。
彼女は黒髪なので、こういう艶っぽさが如実に出るだけに、見所だと思います。

挿絵数:12枚

総評


全体的には、姉たちとの甘い生活を堪能できる作品になっていましたね。

義理ではなく、実の姉という事で、主人公も関係を持つ事には悩む所もあるんですが、その辺りの葛藤も描かれてはいますがそこまで重く描かれてはいないので、二次元ドリーム文庫らしく読みやすいものに仕上がっていると思いますね。

まぁ、あまり重くても楽しめにくいですからね(汗)

姉たちのキャラクターも魅力的なので、姉好きな人には中々楽しめる作品だと思います。
気に入る姉が見つかるのではないでしょうか?

嫁姉ッ! お姉ちゃんの愛情は無限大! 弟とだったら子作りもOK! 嫁姉ッ! お姉ちゃんの愛情は無限大! 弟とだったら子作りもOK!

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】嫁姉ッ!お姉ちゃんの愛情は無限大!弟とだったら子作りもOK! [ 089タロー ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
嫁姉ッ! お姉ちゃんの愛情は無限大! 弟とだったら子作りもOK!


桃月すずさんのコミック
あまえたがり (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
桃月 すず
ワニマガジン社


あまえたがり 桃月すず あまえたがり 桃月すず あまえたがり 桃月すず あまえたがり 桃月すず

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
あまえたがり

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 魔王をラブ奴隷にしてみませんか? レビュー

二次元ドリーム文庫 魔王をラブ奴隷にしてみませんか?

魔王をラブ奴隷にしてみませんか? (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション

7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

物語は、いきなり主人公が謎の女性から命を狙われる事になる所から始まります(汗)
しかも、命を狙ってきている存在は、普通の女性ではなく、何と人間はなかったのです。
そう、彼女は魔族であり、魔王という存在だったのです(汗)

しかしその後、状況は大きく動き出す事になり、何故か彼女を性奴隷にする事になってしまうという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

リスティア・マト・ティアマティ」(以下ティア)
タルテ・アシュタロト」(以下タルテ)がいます。

ティアは、鮮やかな赤い髪に瞳が印象的な存在です。
絶大な魔力を持っており、その力は先代魔王の力をも凌駕しています。
そのため、魔界でも畏怖されています。

タルテは、ティアに仕えている専属メイドです。
クールな性格で頼りになるティアにとっては姉の様な所もあります。
主であるティアが絡むと、暴走する面もあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が何故か魔王であるティアに襲われる事になり、これまた何故かティアを性奴隷にする事になる流れですね。

意味不明過ぎる(汗)

一つ一つ説明しますと、まず正確にはティアは魔王ではないんです、今は。
ティアは、現在次期魔王という立場なので、そんなに間違いではないんですけどね。

現在、魔界では現魔王が魔王の座を退く事が決まっており、その後継者を決めている最中なのです。
そこで最終的に勝ち上がってきたのが、圧倒的な魔力を持つティアだった訳ですね。

ティアも知らなかったのですが、これで魔王になれるという訳ではなかったのです。
次期魔王になる者にだけ伝えられる重要事項であり、ティアも現魔王から教えられる事になります。

しかし、その内容はティアには衝撃的な内容だったのです…。
何と、魔王になる者は、人間界で勇者の末裔の男から性奴隷にされる事が条件という、とんでもない事に(汗)

そう、現魔王もまたかつて人間界で勇者の末裔に性奴隷として、その身を好き勝手されていた過去があったのです。

ここで疑問なのは、何故勇者の末裔とやらに性奴隷にならなければいけないのかという事なんですが、これに関しての詳細は省きますが初代の魔王と勇者との間で起こった事が原因であり、それが今日まで脈々と受け継がれて来たんですね。
勿論、そんな事を嫌がっても性奴隷にならなければ、魔王になる資格も手に入れられないのです。

これで話は、冒頭の主人公にティアが襲い掛かるのに繋がります。
彼女は、主人公を倒す事で、この永きに亘って続いた因縁を断ち切ろうと考えた訳ですね。

まぁ、結果としてそれは不可能となり、結局ティアは主人公に介抱される有様でしたが(汗)
そりゃ、過去の魔王だっていきなり「はい、性奴隷になります」とか言う訳はないだろうし、こうやって反抗を試みた魔王は多いだろうしね(汗)


しかし、この介抱された事もあり、ティアの主人公に対する認識は大きく変わる事となります。
そんな性奴隷なんか言う存在など、ろくでもない悪だと思ってた彼女にとって、主人公の優しさは予想だにしない物だった訳ですね。
まぁ、主人公からしたら勇者とか魔王とかサッパリ意味不明ですし、性奴隷も彼が言い出した訳ではないんですけどね(汗)

そんな事もあり、ティアはすっかり主人公を信用し、心を許していく事になります。
ティアは、主人公が親切にしてくれるのも、自分の事を可愛いと言ってくれる事に戸惑いつつも、経験した事のない喜びを感じる事に。

強大過ぎる魔力を持つゆえに、他人から畏怖されてただけに、可愛いなどと言われる経験もなかったんですね。
そりゃ、コロッと好きになってしまうのも分からなくはないですかね(汗)

そのため結果として、ティアの方から自分を性奴隷にして欲しいと頼み込んでくる事になります。
主人公もそれまでは、性奴隷にするために犯すみたいな事に抵抗を感じていましたけども、ティアの気持ちに応えようと考え、彼女とHする事になる流れですね。

イチャイチャラブラブな生活を送るふたりでしたが、ティアを心配したメイドのタルテまでもが、ティアを追って来る事になり、賑やかな事になっていきます。

Hシーン


Hシーンは、ふたりのヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、自慰、パイズリ、手コキ、アナルセックスなどがあります。

性奴隷と言っても、主人公とティアは好き同士のラブラブなので、全く痛々しさは感じません。
むしろ、甘くイチャイチャし過ぎている位ですけどね(汗)

ティアも最初は性に関して、無知とまでは言わないまでも、あまり男性については詳しくはないですね。
まさか、彼女も魔王に性的な知識がいるとは思わなかったでしょうしね(汗)

でも、主人公のHを経験した事で、一気に性の方も開花する事になりますね。
こちらの方も素質があったのか、かなりHで可愛らしい姿を見せてくれます♪

一方のタルテも、また大人っぽさと可愛らしさを併せ持ったヒロインですね。
あくまでも、メインヒロインはティアなので、控え目ではありますけども、ツンデレではないものの、デレた感じはティアとはまた違った魅力がありましたね。
意外に可愛いって言葉にティアよりも弱いのもポイントですね♪

挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。

二次元ドリーム文庫では「スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?」など
あとみっく文庫では「モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている!」などがありますね。

トーンを効果的に使ったパキッとした絵柄が印象的なので、一目でこの人だなって分かりますね。

可愛くも表情に大人っぽさや艶があるので、幼い顔立ちなんですけども色気がありましたねぇ。

挿絵だと、若干シーンによってティアとタルテの区別がつきにくいのも(汗)
このシーンでは、ティアもメイドのコスチュームなので似ているんですよねぇ。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、ひたすら甘くイチャイチャしてただけな様な…(汗)
いや、別に全然悪くないんですけどね、皆可愛いし♪

ティアとの関係も性奴隷ではなくて、「ラブ奴隷」って所がミソですよねぇ、これは。
ニヤニヤしながら読後感も良く、読みやすかったです。

まぁ、もう一波乱くらいあっても良いのかな?って感じもしましたけども(汗)

魔王をラブ奴隷にしてみませんか? 魔王をラブ奴隷にしてみませんか?

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】魔王をラブ奴隷にしてみませんか? [ 089タロー ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
魔王をラブ奴隷にしてみませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事

二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか?3 レビュー

二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか?3

デキる妹はイヤですか?3 (二次元ドリーム文庫 251)
089タロー
キルタイムコミュニケーション

2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

子供の頃に両親を亡くした主人公には3人の妹がおり、現在は祖父の最低限の援助を受けつつ、学生ながらアルバイトで生計を立てながら、妹たちを守ってきました。
そんな境遇にも拘らず、3人の妹たちは素直に成長し、兄である主人公を慕っています。
決して恵まれた環境ではないものの、それなりに幸せで暮らしている主人公たちでしたが、祖父の一言をきっかけに妹たちとの関係が大きく変わっていく事になる展開です。

デキる妹はイヤですか?シリーズの3作品目ですね。
それぞれ独立した別個の作品なので、ここからでも問題ないです。
二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか? レビュー
二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか?2 レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは、妹の3人です。

三姉妹の長女の「種由 萌菜」(たねよし もえな)
三姉妹の次女の「種由 小桃」(たねよし こもも)
三姉妹の末妹の「種由 花梨」(たねよし かりん)

萌菜は、三姉妹の長女です。
次女の小桃とは双子でもありますが、見た目では小桃の方が身長が高い事もあり、長女に見られない事をコンプレックスに感じてもいます。
一家では、母親的な存在でもあります。
主人公に関しては、ツンツンした対応を取る事も。
主人公の呼び方は「アニキ」です。

小桃は、三姉妹の次女です。
素直な性格をしており、おっとりドジっ娘でもあります。
主人公にベッタリ甘えてきます。
主人公の呼び方は「お兄ちゃん」です。

花梨は、三姉妹の末妹です。
他の妹たちとは違い、物静かで感情をあまり出さない所があります。
それでも主人公にちゃっかり甘えたり、何気に鋭い発言をする事も。
主人公の呼び方は「おニィ」です。

ストーリー展開


展開的には、主人公は両親亡き後、何とか妹たちを守ろうと奮闘しており、そんな中、祖父からの一言から妹たちとの関係が大きく動く事になる流れですね。

いきなり両親がいないという、結構重い状況で始まります(汗)
本来は、まだ主人公も子供なだけに、妹たちとは別れ別れになるはずでしたが、祖父に頼み込んで別れないで一緒に生活できる様になっていたんですね。

実は、祖父は財閥の当主であり、主人公は援助を受けて、何とか学校に通っています。
とは言え、食費などは主人公がアルバイトで得たお金で何とかやりくりしているので、学生ながら頑張ってはいますね、4人分だし。

そんな自分たちのために頑張っている兄を、当然妹たちは感謝し、信頼している事に繋がる訳ですね。
それどころか、既にベタベタな位、好意抱いているのは丸わかりですけどね(汗)

そんな中、突然最近体調が思わしくない祖父から呼び出しを受ける事に。
そこで主人公は、まさかの後継者として指名されてしまう事になります。

まだ学生である主人公に、いきなり後継者という話は大きすぎるものの、妹たちと別れずに過ごせているのも祖父のおかげと思い、それを了承する事になるのですが、祖父の口から続いた言葉は、後継者以上の衝撃を与える事となるのです。

何と、後継者になる条件には、子孫をもうける必要があると…。
そんな相手などいない主人公は戸惑うのですが、祖父は妹たちと結婚し、子供を産めととんでもない発言をする事に(汗)

祖父曰く、主人公の家系は血縁の近い相手同士が子を成してきた家系だそうで、もう何でもアリですねぇ(汗)
ここら辺の設定は、相当力押しで、ある意味気持ちが良いくらいですな(汗)

今まで主人公は、妹を本当に異性としてではなく妹として見てきただけに、今ひとつ納得できていないのですが、兄大好きな妹らはまさかの結婚チャンスに色めき立つ事になり…、主人公は妹たちから迫られてしまう事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、妹たちとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、自慰などがあります。
やはり今作の設定的に、中出しが多いのは当然の特徴ですね。
なので、アナルセックスとはないですよ、念のため(汗)

妹たちは、ツンデレ気味な萌菜以外は最初から好意全開なだけに、行為を一度してしまえば、後はもうベタベタイチャイチャなのは当然ですね。
そのため、甘さがかなりな事になっていますね。

順番的には、お約束でツンデレ気味な萌菜以外のふたりの妹と先にHな関係になり、その後最後に萌菜とHする流れですね。
ベタですが、それぞれ妹たちは、キャラクターが立っていて良いですねぇ。

萌菜も、ツンデレ系ですが言動の端々に主人公への好意が見え隠れしているので、態度のきつさは全く感じないかと思いますので、逆にニヤニヤしちゃいますね。
小桃は、狙っているのかと思う程のドジっ娘ぷりなどは、分かっていても微笑ましいですねぇ。
でも、精子を「お精子」って呼ぶのはどうかと思いますが(汗)
花梨は、控え目そうですけども、ちゃっかりやる事はやっていたりと、中々美味しいキャラですねぇ。

終盤では、妊娠中の妹たちとの行為もちゃんとあります。
更に妊娠によって胸を膨らませた彼女たちは、乳首を甘く吸われて母乳を噴いたりと、すっかり出来上がっております(汗)


実の妹との行為なので、主人公も当初は葛藤はありますけども、覚悟を決めてからは気にしなくなりますね。
妹たちは、萌菜以外は最初から乗り気なので、そんな葛藤など抱かずに積極的に迫って来るので、背徳感的なものは殆どないと思いますね。
そこら辺をどう思うかで、また評価も変わるかな?

でも、変に主人公が葛藤し続けて話が進まないよりは、何倍も良いと思いますけどね。
それに二次元ドリーム文庫ですから、そこまで背徳感などは気にしないし。

挿絵


挿絵は「saxasa」さんが手がけています。
そういえば、前作までの挿絵は「あここ。」さんが手がけていたんですけども、今回は違うんですね?

まぁ、このシリーズは特に各作品の繋がりはないので、挿絵は誰でも問題はないとは思いますけどね。
コンセプトだけ繋がっているって感じですし。

saxasaさんの絵柄は、肉感的というか肌の張りがあるので、妹系にもどこか艶めかしさを感じますね。
ムチッとした感じが良いんですよねぇ。
童顔というか、元々絵柄的に幼顔のイメージがあるので、妹の相性も良いですね。

ボテ腹状態での行為の挿絵もありますけども、2枚程度だったのは残念な所かな。
もう少し枚数があっても良かったですね、欲を言えば(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、シリーズの中でも甘さが際立っていた印象がありましたね。
まぁ、前作とかからは時間が経っているってのもあるんでしょうけども(汗)

妹たちのキャラクターも良く、彼女たちの主人公への気持ちも伝わりやすく、感情移入がしやすかったです。
個人的には、今作が一番楽しめましたね、都合の良い設定は置いておいて(汗)

デキる妹はイヤですか?3 デキる妹はイヤですか?3

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】デキる妹はイヤですか? 3 [ 089タロー ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
デキる妹はイヤですか? 3

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 おっぱいサムライ娘としてみませんか? レビュー

二次元ドリーム文庫 おっぱいサムライ娘としてみませんか?


7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく平凡な学生ですが、剣術師範を父に持っています。
そんな彼は剣道部に所属していますが、そんな部室にある存在が現れた事から物語は動き出す事になります。
その存在は、転校してきたばかりで剣道部に入部を希望してきたという美少女「早乙女 朔耶」(さおとめ さくや)だったのです。

男ばかりでまったりと活動してた部員たちは大盛り上がり。
しかし、向こうから手合せを頼まれるものの部長も彼女には全く歯が立ちません。
ふがいなさに呆れる朔耶でしたが、ある日主人公は彼女と戦う事になってしまうのですが、突破口を見出した彼は勝負に勝ってしまいます。
それをきっかけに主人公は、朔耶の師匠をする事になってしまうという展開です。


登場するヒロインは、朔耶です。

朔耶は、主人公のクラスに転校してきた少女です。
武家の娘であり、父親から英才教育を受けており、その腕前はかなりのものです。
自身も剣の道を究めようとしており、それゆえか話し言葉などが古風だったりします。
武士の様に真っ直ぐな性格をしており、はっきりと物を言います。


展開的には、主人公が朔耶との勝負に偶然勝利してしまった事で、なし崩し的に彼女の師匠になるという流れですね。

元々は、彼女が持ち前の正義感で見かけた不良とのいざこざが原因なんですね。
そこで朔耶は、余裕で不良たちをあしらってた訳ですが、胸への一撃を受けてから一気に劣勢になってしまったのです(汗)
そこを主人公が救った事で、一気に彼女の評価が上がり、また話の流れで彼女と手合せをする事に。

手合せしてみると、やはり彼女の腕前は伊達ではなく、主人公は防戦一方。
何とか活路を見い出そうとする主人公は、先ほどの胸への攻撃を試してみると、一気に状況は逆転する結果に終わり、何と勝ってしまう事に。
この結果に、主人公は朔耶から師匠として朔耶を鍛える事になるという経緯があった訳です(汗)

まぁ、主人公からしたら勝ったのはまぐれみたいなものであり、朔耶には技術面で教える必要もないレベルなので困惑する訳ですけども、断れない訳ですねぇ。

とりあえず彼女との稽古を行う事になるのですが、他の部分では完璧なのに胸に関してはガードが甘くなるという悪癖があるんですね(汗)
彼女の反応などから、胸が過敏過ぎて感じてしまうのではという結論に至った事で、話は胸を鍛えるというおかしな方向に進む訳ですな。
鍛えるって言っても、筋肉を鍛えるとはまた別な話ですしねぇ、これは(汗)

ここからお約束でHな展開へとシフトしていく事になる訳ですね。
当然、この主人公からおっぱい揉むなんて真似が出来る訳もなく、ハプニング的な要素をきっかけにしての行為になりますね。


Hシーンは、朔耶との行為が描かれています。

行為的には、パイズリや自慰、フェラ、軽めの緊縛要素などがあります。

やはり朔耶は胸がとても敏感という事で、それをどうにかするために鍛錬という名目での行為が前半部では主ですね。
あの手この手で、彼女の胸を刺激する事になる訳ですね。

中では、ローターなどの小道具を使って、乳首などを刺激する事になるなどの展開もあります。
…余計、過敏になりそうですけどねぇ(汗)

とにかく朔耶は、胸の刺激にめっぽう弱いんですよねぇ。
試合でも胸への一撃でも痛みと同様に疼きを感じるくらいですから、そりゃ直接触られたり舐められたりしたら、もう普段の凛々しい剣士としての顔ではなくなってしまうギャップがまた興奮させますね♪


師弟の関係という始まり方ですけども、勿論愛情もしっかりありますので、そこは安心ですね。
もっとも最初から、朔耶の主人公への好感度は彼女の危機を助けた頃から決して好ましくないものではなかったですしね。
それが鍛錬という行為を経て、自分の気持ちを確信していくって流れになっていますね。

まぁ、彼女は剣一筋な生き方をしてて、横文字すら今ひとつ分かっていないだけに恋愛など未経験でしょうし、初めて感じる感情の高ぶりをどうしたらいいのか困惑する姿は可愛らしいですねぇ♪
パシリやバスケットまでも平仮名だったから、意味も知らないみたいですな(汗)
どんだけ山奥で育ったのか(汗)

新鮮だったのは、剣士娘である彼女とフェンシングも行った事ですね。
意外な感じもしますけども、ある意味では胸を狙う動きでは突きのフェンシングの方が確かに相性はいいのかも。
それに普段とは違った格好な朔耶の姿もまた新鮮であり、新たな魅力を感じさせてくれますね♪

まぁ、残念ながら?フェンシングでも正式な格好ではなくて、制服でフルーレを使うという状況でしたね。
…そう考えれば、別に剣術娘でなくとも、フェンシング娘がヒロインでも良かった訳か(汗)


挿絵は「もふりる」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「生徒会長ブリーダー お嬢様の飼育日記」や「マゾらぶ! 幼なじみは性奴隷」がありますね。

凛々しいんだけど可愛らしい朔耶の姿をばっちり描いていますねぇ♪
挿絵を担当された上記の作品のヒロインは、M要素のあるヒロインだった訳ですけども、朔耶もその傾向はややありましたね。
そういう点でもそういったキャラと相性がいいのかもしれませんね。

実際、感じてしまっている朔耶の表情はかなり蕩けており、その快感がはっきり分かりますね。
涙を浮かべてトロンとした姿が印象的です。


全体的には、いわゆるサムライ少女ものの展開でしたねぇ。
王道な設定なので、それらが好きな人にはすんなり入れると思います。

それゆえに意外性が殆どないので、インパクトはさほどないかもしれませんけども、安定感はありますね。
まぁ、実際にこんな娘いたらそりゃ凄いインパクトですけども(汗)

剣一筋だった少女が主人公に恋してデレデレになる過程は、何だかんだ言ってもたまらないですね♪

おっぱいサムライ娘としてみませんか? おっぱいサムライ娘としてみませんか?

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】おっぱいサムライ娘としてみませんか? [ 089タロー ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
おっぱいサムライ娘としてみませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 ミルクな三姉妹はいかがですか? レビュー

二次元ドリーム文庫 ミルクな三姉妹はいかがですか?

ミルクな三姉妹はいかがですか? (二次元ドリーム文庫 211)
089タロー
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1126

1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は両親が現在海外出張中であり、気ままな一人暮らしな状態。
ですが、そんな主人公の家には数年前からのご近所付き合いもあり、実はご令嬢な仲良し天見(あまみ)三姉妹がよく家に上がり込んでくるので、一人暮らしっぽくない状況です。
タイプの違う3人の姉妹に囲まれていたのですが、ある日彼女たちの母親から姉妹は一族の後継者に足るかを判断される事に。
そして母親から語られた内容は、後継者に足る者は上質の母乳を出せるのが条件と言い、主人公は姉妹の母乳を搾る事になる展開です。

…何が何やら、さっぱりです(汗)

登場するヒロインは、天見姉妹の長女の「瑠璃子」(るりこ)、次女の「真由子」(まゆこ)、三女の「鈴音」(りんね)の3人です。

瑠璃子は、天見家の長女です。
教師をしており、主人公の担任教師でもあります。
人前では教師らしくしっかり者な面もありますが、基本的に家ではだらけている事も。
思わせぶりな態度で主人公をからかう面もあります。

真由子は、天見家の次女です。
学園では主人公の先輩に当たります。
性格はおっとり系で主人公に関してはかなりの甘々な対応をしてきます。

鈴音は、天見家の三女です。
主人公とは同じクラスです。
主人公には何かと手厳しい事を言いますが、結局は世話を焼いてくるツンデレな性格をしています。


展開的には、天見家の姉妹といつもの様に行動している主人公でしたが、物語は姉妹の母親が久しぶりに姉妹との時間を設けた事から始まります。
家族水入らずの中に、ちゃっかり主人公も同席しての状況で母親が語ったのは、後継者の話。
次女と三女は、てっきり後継者は長女である瑠璃子であると思ってた訳ですが、母親曰く後継者には条件があると明かす訳ですね。
まぁ、それが上質の母乳を出せる存在であるというのが、主人公、姉妹ならずも「え?」って話ですが(汗)

母親が語るには、「女には子を産み、育てるという、優れた母である事が重要視される」というものがあるんですね。
そして優れた母になれるという事をどの様に判断する材料として、母乳が決め手だという事になります(汗)
かなり強引な理論?な訳ですが、姉妹が最も問題としたのは、この後の部分。

それは、母親が選定した男に実際に乳を搾ってもらうという、少々歪な形ですが婚約と同じ様な意味を持つ訳ですね。
姉妹(真由子、鈴音)は、明らかに主人公に対して好意を持っているだけに、勝手に婚約者まがいな相手をあてがわれる事に反発する事に…。
そんな状況で浮上したのが、主人公の存在。
姉妹はどうせ見ず知らずの男に乳を搾られるくらいなら、主人公にされたいと申し出るんですね。
姉妹の要望に母親も折れ、主人公は三姉妹の母乳を搾る事になるというのが、おおまかな流れです。

まぁ、強引ではありますが母乳ネタを絡めるには、これくらいの強引さは必要不可欠ですしねぇ(汗)

あぁ、ちなみに妊娠していないのに母乳が出るのかと思うかもしれませんが、天見一族の女性は母乳体質らしいですので、安心ですね♪
…もう突っ込まないよ(汗)


Hシーンでは、やはり最初は長女の瑠璃子が相手となります。
主人公はまだ経験がなく、女性の扱いなどにはうといですので、ここは大人な女性である瑠璃子の手ほどきで、と行きたい所ですが…。
主人公に乳首を刺激され、甘噛みされた事で絶頂し、母乳を噴きだす事になるのはいやらしいですねぇ。

その後に主人公は童貞卒業となる訳ですが、何気に主人公の肉棒はかなりのモノだったりと年上の瑠璃子を驚かす事になります。

更に主人公に「可愛い」と言われて、いつもの大人な彼女が照れてしまうのがニヤニヤものですね♪
美人とかは言われ慣れているんだろうけども、可愛いというのは今までには言われた事がなく、耐性がなかったのかな?

その後は、鈴音、真由子の順で母乳搾りとHをする事になります。
てっきり順番的にはツンデレな鈴音が最後になるかと思ってたんですけどね(汗)
こういうのって大体素直じゃないヒロインがラストまでお預けなパターンが多いので、ちょっと意外でしたね。

鈴音は、他の姉に比べると胸のサイズが小さいんですね。
彼女はそれをコンプレックス気味に感じている節がありますね。
まぁ、比べる相手が悪いだけで、鈴音のサイズは普通程度だと思いますけどねぇ(汗)

そんな彼女との乳搾り行為は学園の体育館倉庫内という定番どころなシチュエーションですが、そんな場所で何故か体操着の上から胸を揉み、母乳を搾ろうとするってのは意外でしたけども(汗)
まぁ、幸い?母乳よりも先に興奮して勃起した主人公の肉棒を鈴音がフェラして射精するという流れでこの場は終わりましたね。
体操着のまま、母乳噴いたらえらい事になってたろうし、これはこれで良かったのかな…?(汗)
なので、この場では本番まではなく、後日という事になります。

真由子は、次女なんですが母性感では長女の瑠璃子よりも強い印象があるんですね。
実際、いつもベタベタに甘えさせるだけにイチャつき度はかなりありますね。
そんな彼女との行為で印象的だったのは、主人公が彼女の膝枕で赤ん坊の様に母乳を飲まされながら、真由子に手コキされるシーンですね。
更に赤ちゃんの様に主人公に接する彼女は、「でちゅね~」などの赤ちゃんをあやすかの様な言葉使いで手コキされて射精するのは、かなりマニアックなシチュエーションですね(汗)

その後に真由子ともHする事になるんですが、結局やはり鈴音とは最後に持ち越される訳ですね(汗)

行為としては、やはり作品のテーマ的に母乳搾りなので、胸を強調した行為が多いですね。
母乳を噴いたり、飲んだりと母乳づくしですね♪
勿論、パイズリもあり、瑠璃子と真由子のふたりによるWパイズリは迫力がありますね。
更にそこに鈴音の胸での刺激も加わり、実質トリプルパイズリになっています(汗)
彼女たちの出す母乳で、ぬめりが増した事でパイズリの破壊力も増しているのも見所ですね。

終盤では、彼女たち姉妹がメイド服に着替えてのメイドさんプレイも用意されています。
メイドのご奉仕プレイは、3人同時でのご奉仕という事でかなりHですね♪
普段とはまた違うメイド服を着込んだ彼女たちの姿は、胸が強調されてH度が増していますねぇ。

まぁ、3人からドバドバと母乳を飲まされるのは嬉しい様な、これはこれできつい様な気もしますけども(汗)

挿絵は「FCT」さんが手がけています。
挿絵を担当された作品では、二次元ドリーム文庫「ミルク学園 にゅ~生徒会パラダイス」、「まじかるリトル☆ダブルママ」などがありますね。
ミルク学園~は著者さんが違うのですが、何かミルク要素が似ている様な(汗)
って事は、結果としてミルク描写もお手の物という事でもあるかもしれませんね。

絵柄は柔らかい描線が特徴的でほんわかした感じが作品と合っていると思います。
それでもしっかりとエロいという出来栄えで見応えがあります♪
胸の柔らかさを感じそうな描写は魅力的ですね。

個人的には、瑠璃子、真由子の爆乳クラスの胸も良いですが、適度な大きさの鈴音も捨てがたいですねぇ。
ってか、作中ではBらしいんですが、結構挿絵で見ると大きい様な気もしますけどね(汗)

乳首からドバドバっと噴き上がるミルクの描写もかなり描き込まれていて迫力がありますね。
メイド服での彼女たちの姿もとても魅力的で可愛らしくいやらしいです♪
特にメイド服で胸を出した状態でのクリームなどを胸に垂らして「召し上がれ」と言われた日にはもうむしゃぶりつきますね(汗)
モノクロの挿絵でもいやらしいけど、カラーでも見てみたかったなぁ。


とにかくミルク尽くしなタイトル通りの展開で、お腹一杯です(汗)
もう彼女たちが噴出したミルクは匂い立つ様な位ですねぇ。
まぁ、母乳要素が特に興味なくても、おっぱい尽くしな展開なのでおっぱい好きには楽しめるのではないかと思いますね。

ミルクな三姉妹はいかがですか? ミルクな三姉妹はいかがですか?

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ミルクな三姉妹はいかがですか?

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ミルクな三姉妹はいかがですか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか?2 レビュー

二次元ドリーム文庫 デキる妹はイヤですか?2

デキる妹はイヤですか?2 (二次元ドリーム文庫 194)
089タロー
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1043

7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

主人公には、ふたりの義理の妹である「実玖」(みく)、「芽衣菜」(めいな)がいます。
幼い頃は主人公にベッタリだった彼女たちも年頃になるにつれて、最近では主人公に対してはそんな事があったかと思わせる様な扱いを受ける始末。
しかし、そんな彼女たちはとある出来事をきっかけにして、何故か態度が急変!
何と幼い頃の様なベタベタと主人公に甘える様になってしまう事に…。
そんなふたりは、大好きな主人公に赤ちゃんを作ろうと積極的に迫っていく事になるという展開です。

ちなみに前作と今作はタイトルこそ同じですが直接の繋がりはありませんので、今作から読んでも問題はありませんのでご安心を。
あくまでもコンセプトのみ共通って事ですね。

登場するヒロインは、妹の実玖と芽衣菜のみです。

実玖は、主人公の義理の妹で芽衣菜の姉です。
活発な性格で明るく人気者です。
主人公に対しては、ツンツンした態度を取ります。
幼い頃は、主人公に甘えてばかりのお兄ちゃん子でした。

芽衣菜は、主人公の義理の妹です。
大人しい性格であり、怖がりな一面も。
実玖の様にツンツンした態度を取りませんが、そっけない態度で距離を取るそぶりを見せます。
幼い頃は、ちょっとした事でビクビクして主人公に助けてもらってばかりの子でした。


展開的には、主人公離れしている妹たちがとある出来事をきっかけにして、幼児の頃の性格になり、甘えられてしまう事になります。

…個人的には、ちょっとこうなったきっかけが今ひとつ強引な感がありましたねぇ。
まぁ、前作の展開も強引ではありましたけども(汗)

そんな急に主人公への好意を前面に出してくるふたりの妹に主人公は一気に彼女たちに対して今まで我慢していた気持ちが表に出てくる事になります。
元々、主人公は義理の妹たちに対して、好意をもってはいましたが、その気持ちを抑えていたんですね。
でも、こんな風に主人公を慕ってくる妹たちに理性はグラグラです(汗)

更にこうなった直後に、海外にいる主人公たちの母親の妊娠が明らかになった事で、ふたりも赤ちゃんがほしいと言い出す事になっている訳です。
理性グラグラの所に、赤ちゃんが欲しいとか言われたらたまりませんね(汗)

とは言え、彼女たちは幼児退行しているせいで肝心な赤ちゃんを作る方法を理解してはいません。
なので、その場ではそういった事にはなりませんが、思考は幼くても身体は立派に育っている彼女たちに反応した股間を観察、弄られて射精してしまいますけど(汗)

その後、中身が幼いままで学校に登校するふたりは学校でも周りに聞かれたら誤解される様な発言を連発(汗)
まぁ、ある意味、射精しちゃっている訳で誤解も何もないんですけどね(汗)
そんなふたりの姿を面白がっている級友たちの入れ知恵を受けて、Hする必要があると知り、主人公にHをねだる事になっていきます。

そうなってしまったら、もう理性が持たない主人公はついにふたりとHする事になり、後は彼女たちと赤ちゃんを作るためにHしまくりな展開となります♪

基本的にHシーンでは、作品の内容が内容ですので中出しがメインの流れになっています。
勿論、それだけでなくてフェラやパイズリなどの行為もありますのでご安心を♪
一度、Hを経験した事で姉妹も抵抗がなくなってきますね。
特に積極的な実玖は学校内の空き教室で主人公にHをおねだりをしてくるのが、いいですねぇ♪
まぁ、これは1回Hしただけで妊娠すると思い込んでいた実玖が何回もHする必要があると知ったから、早速実行に移したって訳なんですけどね(汗)

その後も、学校のプール掃除をしている芽衣菜ともHする事になります。
彼女は水着姿での行為になるんですが、どうも普通のスク水ではないみたいですね?
ここの学校のオリジナルデザインらしく、意外に所々露出が多いみたいですが残念ながら挿絵が脱がしている状態なのでどういう感じかはよく分かりませんね(汗)
パイズリ前に水着を上部脱いでしまったのが勿体無かったなぁ…。
欲を言えば挿絵の一枚くらい、パイズリ前にちゃんと着込んだ状態が見たかったですな(汗)

個人的には、その後1シーンだけ元の性格に戻った後のHシーンが良かったですね。
それまでの甘々なふたりの態度から一変している状態でのHシーンが新鮮でしたねぇ♪
状況が分からず、戸惑うふたりの姿や本来の彼女たちの主人公への思いなども描写されていたりしますし、ここは見所ですね。

挿絵は「あここ。」さんが手がけています。
前作も手がけていますので、違和感はないですね。
まぁ、元々シリーズですが独立した内容ですので、別の人でもいいのかもしれませんが(汗)
絵柄も巨乳な姉妹をうまく描いており、魅力的です♪
全体的にちょっとグレートーンがかっている印象でちょっと暗めかな?


やはり最初は、まさかこのふたりの性格が幼くなるってのが、予想外でちょっと気になってしまいましたね。
主人公大好きで甘々なふたりも勿論いいんですが、ツンツン、そっけないふたりがデレる姿が見たいのではないかなと…。
一応、中盤以降でふたりが元の性格に戻る展開もありますが、基本は幼い性格での展開になるのは好みと合わない人もいるかもしれませんね。
まさか、そういう展開とは思ってなかっただけに最初は「へ?」って感じでしたし(汗)

普通に素直にツンツンしてた妹らがデレるだけでも、十分問題なかったのではないかなと思ってしまいましたね。
ヒロインの幼い性格を楽しめるかでだいぶ評価が変わりそうな作品ではありますね。
…中々続編、シリーズものの2作目って難しいですねぇ(汗)

デキる妹はイヤですか? 2 デキる妹はイヤですか? 2

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】デキる妹はイヤですか?(2)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
デキる妹はイヤですか?2

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 誘惑プリンセスはおキライですか? レビュー

二次元ドリーム文庫 誘惑プリンセスはおキライですか?

誘惑プリンセスはおキライですか? (二次元ドリーム文庫 179)
089タロー
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 783

とある理由で北欧からやってきた銀髪のお姫様アイシス。Fカップのおっぱいに甘酸っぱい恋心を秘め、想い人の少年・擁平と結ばれるためにエッチな誘惑を開始する!クールでかっこいいお姉さん侍女も巻き込んでヒメゴトいっぱいの誘惑亡命生活が始まる。

1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

主人公は元SPであった父親の影響と過去のある出来事もあり、いつか一人前のSPになる事を目指しています。
そんな主人公の元に突如現れた女性たち。
その正体は、主人公がSPを目指すきっかけにもなった少年時代に出会った、北欧のお姫様「アイシス」。
日本滞在中の護衛を求めるアイシスに戸惑いつつも主人公はそれに応じるという展開です。

登場するヒロインは、お姫様の「アイシス」、アイシスの護衛の「カレン」がいます。

アイシスは、小国のお姫様です。
幼い頃に主人公と出会い、主人公の事を想っています。
性格は、明るく好奇心旺盛でやや天然系で主人公は振り回される事も(汗)
お姫様物のお約束ですね。
何と言っても表紙絵でもはっきり存在を主張している胸の大きさが印象的です♪

カレンは、アイシスの護衛兼従者です。
幼い頃からアイシスと共におり、主人公にとっても姉の様な存在でもあります。
あまり表情を変えないクールな印象ですが、恋愛事や性的な事に関しては結構顔に出たりします。
個人的には見た目が好みです♪

一応メインヒロインは、アイシスなんですが、主人公も気が多いのでカレンにも惹かれています。
一国の姫に飽き足らず…。とんだ強欲SP志望者ですね(汗)


展開的には、お姫様が主人公の所にやってくるよくある王道的な流れですね。
一応主人公はSPみたいな真似事をしている程度で、それほど他の作品ともそれほど大差ないですしね。
ヒロインを守ろうと咄嗟に行動するのは、普通の主人公でもやろうとするし(汗)
そういう意味では、今作の独自色はそれほどないかもしれませんね。

一応、アイシスを狙う謎の連中などの存在がありますが、それはそれほど大きくはないかな。
読んでれば想像付くレベルだと思いますし。

この手の作品は如何にヒロインのキャラクターの魅力があるかだと思うんですよねぇ。
その点は、アイシスらが十分魅力的だと思うのでそれは問題ないですね♪
でも、個人的にはもう少しアイシスのプリンセスらしさがあっても良かったかなと思いました。
見た目的な事ではなく、王族のカリスマ性みたいなのがもう少し発揮されていると尚良かったかなと。
一応終盤あたりで、そういった描写があったりはするんですけどね。

私的にはあまりお姫様ってより、どちらかというといいとこのお嬢様の感覚でしたねぇ(汗)
まぁ、どちらでも大差ないのかもしれませんけども(汗)
お姫様度が思ったよりかは薄かった印象ですね、私は。

Hシーンは結構豊富でそそるシーンが多々あったのは好印象です。
直接な行為ではないですが、体育で汗をかいたアイシスの身体をタオルで拭き取るシーンは妙に興奮しました(汗)
アイシスはEカップという巨乳の持ち主なんですが、そんな彼女の胸の下を胸をそっと持ち上げて拭く場面は個人的にツボでした♪

アイシスは、あえてベタベタした態度を取る事で、主人公を誘惑しているんですが、中々主人公はアイシスをお姫様であり、SPとして守るべき存在と思う事でいやらしい目で見てはいけないと自制しようといるんですね。
まぁ、ついその身体に見とれたりと、まだまだ修行が足りない様ですが(汗)

そんな我慢している(しきれてないけど)主人公にカレンが慰めてやろうとこちらも誘惑してくる展開はベタですがカレンが好みなので嬉しい限りです。
カレンは性にはうといんですが、それを悟らせない様にこなれている態度で迫ってくるも、やはり随所で普段のクールな表情から可愛らしい女性の顔を見せるのがたまりません♪
終盤では、Hシーンでは呂律もおかしくなるほど感じすぎてすっかり女の顔で主人公にメロメロです。

意外だったのは、そのサイズの大きさを誇るアイシスの胸を使ったパイズリが終盤までなかった事ですね。
もっと有効活用?して欲しかったなぁ(汗)
でも、アイシスとのシックスナインやカレンを交えてのWフェラなど見所もあるのはいいですね。
他にもロッカー内に閉じこもってのHや公園のベンチでHしちゃったりと場所を選ばない展開も(汗)

挿絵は「ピエ?ル☆よしお」さんが手がけています。
この人の絵柄は結構好きなんですが、今作でも柔らかい描線で可愛いらしいアイシスたちを拝めます♪
こういう線なので、特にアイシスの胸の柔らかさなどが強調されて零れ落ちそうとえらい事に…(汗)
アイシスもいいですが、個人的にはカレンも好みです♪
この人の絵は柔らかいので、クールビューティーなカレンもきつすぎず、でもクールな印象を持たせていつつも、女性らしい表情が似合ってとても魅力的です。

勿論Hシーンも柔らかそうなむっちりした身体の描写は素晴らしいですね。
Hシーンで見せる胸のひしゃげ方などが何気にその弾力を感じさせていやらしいです♪
そういう細かな描写はおっぱい好きにはたまらないのではないでしょうか。

お姫様物(こういうジャンルがあるかは分かりませんが…)らしい、ストーリーなのでインパクトはそれほどないですが、その分読みやすく安定感があると思います。
キャラが気に入ったなら楽しめるのではないかと思います。

楽天はこちらからどうぞ
誘惑プリンセスはおキライですか?

誘惑プリンセスはおキライですか? 誘惑プリンセスはおキライですか?

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
誘惑プリンセスはおキライですか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 ママンな恋人はいかがですか? レビュー

二次元ドリーム文庫 ママンな恋人はいかがですか?

ママンな恋人はいかがですか? (二次元ドリーム文庫170)
089タロー
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 494

とつぜん崇之の家へとおしかけてきた、金髪セクシー美女&慎ましやかな大和撫子!彼女たちはなんと父親の再婚相手の候補だった!!その決定権が委ねられた少年を巡るお色気争奪合戦が開幕!そこに、幼なじみのツンデレ美少女までもが宣戦布告。

10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

内容はと言うと…、主人公は幼なじみの「陽向」(ひなた)の親が管理するアパートに一人暮らし。
姉の様な陽向に何だかんだと世話を焼かれつつの生活を送っている最中、主人公の元に突如来訪者が来る事から物語は進行して行きます。
主人公の元に現れたのは、和装の似合うお淑やかな女性と金髪のセクシーな女性のふたり。
彼女らは主人公の父親と再婚する候補としてやって来て、主人公と一緒に生活をし、どちらが母親に相応しいか判断する羽目になってしまう事に…。
更にそこに陽向もその再婚候補に何と立候補し、主人公の母親に名乗り出るという展開です。

…って、主人公の父親も複数の候補作るなって話ですよね(汗)
息子のクラスメートを再婚候補にするってどんだけエロいのかと思ってました、最初(汗)

ヒロインは、上記の3人のママ候補です。
陽向に和装の似合う「麻耶」(まや)、金髪セクシーな「リスティ」(リサ)です。

陽向は、主人公の住むアパートの管理人の娘という環境もあって、幼い頃から幼馴染として過ごしてきています。
クラスメートなのですが、事あるごとに主人公にはお姉さん的な態度で接しており、主人公の世話を焼いています。
主人公にいきなり訪れた母親候補騒動に参加するために主人公の父親と再婚するという思いきった行動を…。
今作の帯にはツンデレみたいな感じで書かれてますが、読んだ感じはそんな印象は薄かったかな。

麻耶は、主人公のママとしてやってきた訳ですが、結果的にはまだ候補ですね。
和装で黒髪という、いかにもな大和撫子というキャラクターです。
性格もそんなキャラを地で行っており、茶道のの家元という環境もあってか、考え方も古風です。
あまり表情は崩さなく、落ち着きがあります。
真逆なタイプのリサとは、あまり相性が良くないようです。

リサは、アメリカ人であり、こちらもママ候補として主人公の元にやってきました。
お金持ちのお嬢様という印象どおり、性格も少し高飛車なところがあります。
海外の人らしく、積極的なスキンシップなどをして主人公を戸惑わせます。
外国人であるのを忘れてお嬢様キャラとして見てしまいますね(汗)

展開としては、主人公は父親の用意した新居に移り、ママ候補達と一緒に共同生活をし、ママに相応しい候補を選ぶというものです。
主人公にママとして認めてもらいたい、麻耶&リサは特に様々な行動を起こします。
食事の支度だったり、主人公の勉強を見たり、主人公を寝かしつけたりなど…。
まぁ、そこは若いママ候補たち。
主人公はそんな甲斐甲斐しく尽くしてくれる彼女達につい興奮してしまい…Hな展開になっていくというのはお約束ですね。

となると、パターンとしてはお色気担当なヒロインから…というのがお約束だと思うんですが、その通りです(汗)
リサによる手コキのレクチャーに始まり、初体験の相手と関係を持ってしまいます。
それにあてられたかの様に、麻耶ともHな展開になっていきます。
陽向は他のふたりに遅れて、関係を持つわけですが、本命ヒロインが最後ってのはお約束ですねぇ。
まぁ、表紙絵でヒロインらのパワーバランスははっきり分かる訳ですが(汗)

どのキャラクターも主人公に対して、優しく接してくれるので、まぁ甘いです♪
各ヒロインらの年齢を考えると、ママというよりも姉の方がまだしっくりくるのですが、ママとして甘えるのと、姉として甘えるってのはやはり何か受ける印象が違う気がしますね。
より甘く感じるというか…。
もっとも年上はリサだけで、陽向は同い年、麻耶に関しては、年下でママってのは何ともねぇ(汗)
…本当に主人公の父親はどうなんだ(汗)

Hシーンは3人分ですので、それなりにありますが、そこまで過剰な行為は少なめですかね。
もっともシチュエーションがアレですので、妙なエロさはあるかな(汗)
とは言え、普通に見たらママ候補ってより、婚約者候補みたいな感じにも見えるだけに淫靡かどうかは微妙かもしれませんけども(汗)

どのキャラも中々魅力的で、それぞれの良さがありますね。
リサは、たまにH中とか「カモンっ」とか妙なセリフが噴くんですが(汗)
麻耶に寝かしつけてもらう時に、官能小説の読み聞かせはマズイでしょ(汗)
それらのふたりに比べると、やや陽向は王道な展開だったかなぁ。
まぁ、そういうキャラがいるからこそ、周りのヒロインが活きる訳ですからねぇ。
終盤は、3人同時のハーレム状態です。

で、気になったのはこの展開をどう収拾つけるのかという点でしたが、「う?ん、こうきたかぁ」という感じでした(汗)
まぁ、ドリーム文庫ですし、こういうノリでいいのかな(汗)

挿絵は「かんみつ」さんが手がけています。
基本的に結構むっちり?ふくよかな感じで好みなんですが、目が挿絵によっては、きつく見えるかな?
麻耶の破瓜シーンは、妙にリアルに見えますね(汗)
これはリアルドリーム文庫だっけ?(汗)
まぁ、この人は黒目がちな絵柄なので、モノクロだと余計そう見えるのかもしれませんね。

甘々な作風が好みならば、楽しめると思います。

楽天はこちらからどうぞ
ママンな恋人はいかがですか?

ママンな恋人はいかがですか? ママンな恋人はいかがですか?

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ママンな恋人はいかがですか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます