FC2ブログ

黒澤清崇のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:黒澤清崇

黒澤清崇のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2015-10-20二次元ドリーム文庫 「あ行」
異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 15.10.20089タロー キルタイムコミュニケーション (2015-10-17)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、地方貴族の嫡男です。そんな彼は、勉学、武術に励み、遂に王宮警護を主とする近衛騎士に任命されるまでになったのです。そこまで頑張ったのには、ある理由がありまし...

記事を読む

no-image

2014-11-15二次元ドリーム文庫 「わ行」
二次元ドリーム文庫 わたしがゼッタイ妊娠するもんっ! 幼なじみの正妻戦争わたしがゼッタイ妊娠するもんっ! 幼なじみの正妻戦争 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 14.11.15大熊 狸喜 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、最近一人暮らしをする事になったばかりの学生です。この日、高等科に進学した主人公は、...

記事を読む

2014-05-17二次元ドリーム文庫 「か行」
二次元ドリーム文庫 クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 14.05.17愛枝直 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、あまり目立つ事を好しとしない性格の持ち主です。そんな彼は、ある日教室で今時珍しいカ...

記事を読む

2013-07-14二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 魔王をラブ奴隷にしてみませんか?魔王をラブ奴隷にしてみませんか? (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 13.07.13089タロー キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。物語は、いきなり主人公が謎の女性から命を狙われる事になる所から始まります(汗)しかも、命を狙ってきている存在は、普通の女性ではなく、...

記事を読む

2013-03-24あとみっく文庫
あとみっく文庫 モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている!モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている! (あとみっく文庫 55)posted with amazlet at 13.03.23上田ながの キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1,029Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のあとみっく文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、魔法学校に通っている学生です。更に彼は、かつて世界を救った魔導師の子...

記事を読む

2012-10-25あとみっく文庫
あとみっく文庫 どうやら俺は四天王の中で最弱みたいですどうやら俺は四天王の中で最弱みたいです (あとみっく文庫 51)posted with amazlet at 12.10.25倉田シンジ キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1931Amazon.co.jp で詳細を見る10月発売のあとみっく文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、かつて魔王に打ち勝ち、辺境の地へと追いやった勇者の家系の人間です。そのため、主人公は魔族討...

記事を読む

2011-05-17二次元ドリーム文庫 「さ行」
二次元ドリーム文庫  スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない? (二次元ドリーム文庫 189)posted with amazlet at 11.05.17神楽陽子 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 671Amazon.co.jp で詳細を見る5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったのでレビューです。主人公には、幼馴染みで神社が実家の「真一寺 綾」(まいちじ あや)の手伝いをする事になると...

記事を読む

2010-11-15二次元ドリーム文庫 「さ行」
二次元ドリーム文庫 スク水メイドがご奉仕します!スク水メイドがご奉仕します! (二次元ドリーム文庫 171)posted with amazlet at 10.11.15神楽陽子 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 380Amazon.co.jp で詳細を見る学校では憧れの先輩たちは…家では、なんとボクのメイドさん!?プールでお風呂で、ダイタンなスク水姿で迫られちゃう夢の生活。幼なじみのツンデレメイドと世間知らずのお嬢さまメイドの二人による...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? レビュー

異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション (2015-10-17)

異世界でもデキる妹はいかがでしょうか?
10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、地方貴族の嫡男です。
そんな彼は、勉学、武術に励み、遂に王宮警護を主とする近衛騎士に任命されるまでになったのです。
そこまで頑張ったのには、ある理由がありました。

それは、かつて妹の様に接していた3人の女性の存在との再会を果たすため。
3人は、今や美しく成長した姫たちだったのです。
こうして、再開を果たした訳でしたが、3人から猛アプローチをかけられる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • アリシア・ヴァルトハイム
  • エスト・ヴァルトハイム
  • モニカ・ヴァルトハイム
がいます。

アリシアは、第一王女です。
明るく純真無垢な性格の持ち主です。
普段は姉としてしっかり者なのですが、主人公の前では甘える事も。

エストは、第二王女です。
姫というよりも凛々しい女騎士といった雰囲気を持っています。
基本的にクールな言葉使いをしますが、好意を抱いた相手には尽くす面も。

モニカは、第三王女です。
ちょっと素直になれなく、おませで口うるさい所があります。
巨乳揃いなふたりの姉とは違い、控え目な身体にコンプレックスを感じている面もあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がかつて仲が良かった姫たちと再会する事になり、アプローチをかけられる事になる流れですね。

元々、主人公は幼い頃に3人の姫らと仲が良かった過去があるんですね。
それは、主人公が王族の遠縁とかがあったりで、接する機会があったのが大きかったのです。

その際に姫らも、同年代の友達が欲しかった事で主人公と打ち解けた事により、いつしか兄の様な存在として慕う様になった訳ですね。
主人公も年下の彼女たちの事を妹の様に可愛がったと。
まぁ、この年齢だからこその付き合いですよねぇ、そこまで身分の壁ってないでしょうし。

そんな楽しい時間も遂には終わり…、姫らと別れる事になり、主人公は再会を約束したのでした。

そして、数年後…。
姫らとの再会を夢見て、騎士としての勉学、武術を磨き、遂に王宮の警護する近衛騎士の立場を実力で掴んだのでした。

主人公が成長したのと同時に姫たちも、幼い頃からの美しさに磨きをかけて、王女としての美しさを持っていたのです。
しかし、慕っている主人公に対しての態度は、かつてのまま…、いやそれ以上のものであり、主人公にベッタリ(汗)

幼い頃ならまだしも、今の年齢でそれはマズイと生真面目な主人公は対応に困るのですが、その後に起こった出来事にはそんなレベルではない衝撃を受ける事となる流れですね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

序盤は、主人公が相手が王族って事で立場を考えて、一定距離を置こうと試みる訳ですが、女性陣はそんなのお構いなしです(汗)
彼女たちからしたら、主人公はお兄様(個々で呼び方は違いますが)な訳ですから、甘えたい訳ですよねぇ。
まぁ、甘えるだけでなく、異性としても意識しているのは明らかですしね♪

それだけにかなり女性陣が積極的な姿を見せるのも特徴ですかね。
でも、主人公も普段は生真面目なキャラですけども、どうもHに関しては強欲と言うか豪胆なキャラなんですよね、実は(汗)
なので、その気になった主人公はかなりガツガツしてきますね。

アリシアを始めとして、3人の姫たちもそれぞれ個性的ですね。

アリシアは、純粋で性行為も良く理解していない程の純真さ、教えたことをそのまま吸収する所などが魅力ですね。
それだけにハマった時の爆発力は凄いですよね。

結構思考が暴走する所があるむっつりなエストが個人的には、結構好きでしたね。
勝手に盛り上がって興奮したりするのが、普段の凛々しい態度とのギャップがあって良かったですね。
…もはやむっつりって感じではない様な気もしますが(汗)

モニカは、ちょっとおませな感じがあるのが魅力的ですね。
ツンデレ系な所があるのもあり、他の姉たちに目移りする主人公にヤキモチ焼いたりと嫉妬が見え隠れするのもニヤニヤ♪
でも、ツンって程ではなかったかなとは思いますけどね、まぁ、姉たちに比べたらって位ですね。

最初から主人公を大好きオーラ満載なだけに、行為での甘さ、イチャラブ加減はかなりのものですね。
基本的に、大体3人一緒での行為が主になっているので、余計に濃厚さがありますね。
アリシアとの個人での行為が1回だけあったくらいだったかな?

何か読んでいて、3人の母親であるアストリアとも関係を持つのかなって思ったんですが、さすがにそれはなかったですね。
何となく乱入してきてもおかしくない様な雰囲気のあるキャラクターだったので(汗)
まぁ、最初に娘たちの初体験の場に同席していて、アドバイスなどを行っているなどの参加?はありましたけどね。

そういう本格的な参加を期待していた人には残念かもしれませんが、この手のキャラは娘たちの存在を食ってしまいかねないだけに、不参加は正解だったかもしれませんね(汗)

後、タイトル的にデキる妹って事で孕ませなどを考えると思いますが、妊娠はしますけども、腹ボテ行為とかの描写はありませんので、ご注意を。

挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫ではお馴染みですね。
今作の同著者さんとの組み合わせでは「魔王をラブ奴隷にしてみませんか?」がありますね。

独特のキラキラ感というか、華やかさを感じさせる濃い目な絵柄は、今作の様なファンタジー物とも相性が良いですね♪
今作でも3人の異なる魅力の姫たちを描いていますね。

行為では、どの娘も目に涙を浮かべているのが印象的でしたね。
勿論、苦痛による涙ではないのはお分かりでしょう♪
よだれもたらしちゃうほど、感じ入っている姿も良く見られますね。

どの娘も可愛らしいんですけども、印象に残ったシーンだと、序盤に手コキで射精させているモニカですかね。
ここでの彼女の反応が、素って感じが見えて余計に可愛く感じたんですよね。
まぁ、普段から可愛いんだけども、特にって事で(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、デキる妹シリーズながらも、ハーレム的な要素だったり、ファンタジーの世界観などもあり、新鮮さがありましたね。
主人公の出世、ライバル的な存在などもあり、中々読み応えのある展開も良かったのではないでしょうか。

少し主人公が綺麗かなって印象がありましたけども(見た目ではなく)、優秀って意味で。
とは言え、そこまでそれをひけらかす様な展開はなかったですが、そんな感じに見えたので(汗)
まぁ、優秀じゃないとあの3人に近づく事すらできなかった訳ですから、優秀じゃない訳にもいかないですしねぇ。

行為描写も中々濃厚でしたし、愛されているなぁってのが良く分かる展開でしたから、ヒロインたちが好みならば十分楽しめる作品に仕上がっていると思いますよ♪

Amazon版 電子書籍
異世界でもデキる妹はいかがでしょうか? (二次元ドリーム文庫)

DMM版 電子書籍
異世界でもデキる妹はいかがでしょうか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 わたしがゼッタイ妊娠するもんっ! 幼なじみの正妻戦争 レビュー

二次元ドリーム文庫 わたしがゼッタイ妊娠するもんっ! 幼なじみの正妻戦争


11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、最近一人暮らしをする事になったばかりの学生です。
この日、高等科に進学した主人公は、突然現れた美少女たちに声をかけられる事に。

それも3人もの美少女たち。
何と、彼女たちは、幼い頃に主人公と結婚の約束をしていた事を、未だに覚えていたのです。
主人公は、そんな彼女たちに猛アピールをされる事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

春野 桃実」(はるの ももみ)
夏森 華」(なつもり はな)
秋山 莉凛」(あきやま りり)がいます。

桃実は、幼い頃に主人公と仲の良かった娘です。
明るくて快活な性格の持ち主で、誰ともでも打ち解けやすい所があります。
大好きな料理の腕前は、かなりのものです。

華も、幼い頃に主人公と仲が良かった娘です。
穏やかで包容力を感じさせ、世話好きな性格の持ち主でもあります。

莉凛も、幼い頃に主人公と仲が良かった娘です。
黒髪が良く似合う大和撫子でもあります。
かなり恥ずかしがり屋で、お喋りな方ではないです。

ストーリー展開


展開的には、主人公の前に美少女3人が現われた事から、主人公への猛アピールが始まる事になる流れですね。

これがどういう事かと言うと、実は主人公は今でこそ落ち着いているんですが、幼い頃は親の仕事の関係で各地を転々としていた時期が続いていたんですね。
子供の頃は、主人公も元気一杯な性格で誰とでも仲良くなれる事が出来たので、友達が出来ないって事態はなかったですけどね。

そんな中、主人公が仲良くなった中に、この3人の少女たちも含まれていたのです。

彼女たちと出会う時期、場所は同じではなく…

桃実:保育園1年生
華:保育園2~3年生
莉凛:初等科1年生という時期にそれぞれ知り合っていたのです。

そして、それぞれの娘たちと仲良くなる中で、主人公は女性陣から「自分をお嫁さんにして」と告白されていたのですが、当時の主人公はその都度、特に何も考えずに承諾してたという訳なんですね(汗)

そんな主人公なので、今の今までそんな事忘れていたのですが、女性陣は一途にも忘れていなかったんですね。
こうして、主人公の元に集まって来た女性陣。

修羅場になるかと思いきや、意外にもこの時点で互いの存在は理解しているんですね。
なので、ライバルではあるんですが、それぞれを尊重した不思議な関係性を構築しているのです、主人公は蚊帳の外ですが(汗)

そして、既に彼女たちの中では、誰が一番(正妻)に選ばれても、文句なしで、残りのふたりは愛人って話がついているんですね(汗)
そのため、ある意味ではもう完結みたいな状態でスタートするってのが、少し新鮮だったかな。

ハーレム系でこういう展開になるのって、大体終盤になってからなんですが、序盤でもうこういう感じになっているのが珍しい気がしますね。
なので、修羅場のギスギスした雰囲気とかとは無縁なので、最初から甘々ですね、全員。
勿論誰もがそりゃ正妻ポジを狙うってのはありますけどね、一応。

更に主人公は、同じマンションどころか、同じ部屋で女性陣たちと共同生活する事になります(汗)
もはや主人公に逃げ場なしですな、色々と(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股などがあります。

今作では、主人公とヒロインたちが同じ場所で生活をする事になるので、早い段階から行為になるのが特徴でもあります。
しかし、肝心の本番行為は中盤辺りまでありません(汗)

どういう事かと言うと、幼い頃から主人公との結婚を夢見てきた彼女たち。
当然、男性経験などありませんから、主人公の勃起した肉棒のサイズに怯えちゃうんですね(汗)

そのため、序盤は本番はせずにパイズリなどで射精させて、女性陣も肉棒に触れる様に慣らせていく期間って感じですね。
まぁ、いきなり全員同時でのトリプルパイズリだったりあるので、十分Hシーンは味わえるとは思いますけどね。

そんな訳で、中盤辺りで個々のヒロインたちとのストーリー展開があって、ヒロインたちと本番行為をする事になる流れですね。
やはり、正妻の座は欲しい訳で他の娘に先駆けてはじめてを経験したヒロインはちょっと得意げになっている姿は何とも微笑ましいですね♪

個々のパートが終わったら、また3人での行為に戻り、ハーレム展開になります。
やはりあまり女性陣にライバル的な感覚が希薄なので、甘さがダイレクトに伝わってきますね。

他のヒロインが主人公と絡んでいる光景に、興奮を刺激されている描写とかあったり、3人の関係が良い事を物語っていますね。
それだけにもっと積極的に3人が絡んで来る様な場面があっても良かったかもしれませんね。

挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫ではお馴染みですね。

今作のヒロインたちの甘さ加減を魅力的に表現していますねぇ♪
皆、ぷにっとした柔らかそうな肉感表現も良いですね。

皆3人ともどちらかと言えば、童顔なので少し大人びた感じのデザインの娘がいても良かったかもしれませんね。
まぁ、皆可愛いから問題ないですけどね♪

他には、精液や汗など汁気描写などが印象的でした。
可愛らしいキャラクターたちと、汁気描写の組み合わせは童顔とのギャップがあって、いやらしさが強調されていましたね。

Hシーンでも何でもないんですが、彼女たちがジャージ姿になっている場面は妙ないやらしさを感じましたね。
ヒロインのお尻のラインが凄い強調されているシーンがあって、更にそこまで股間のラインとか出ないだろうってくらいでしたね(汗)
…生地が薄いのかしら? レオタード?(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、ヒロインたちとの甘々な生活を楽しめる作品でしたね。

共同生活を送っているだけに、結構日常生活の描写もあったのは、個人的には良かったですね。
やはり行為だけではなくて、日常の描写もあるからキャラの存在感も増すので、ある程度欲しいですからね。

まぁ、料理得意な桃実がいるせいか、妙に卵かけごはんとか料理の描写が無駄に力入ってた気がしますが(汗)


個人的に少し引っかかるのは、それぞれ桃実は料理、華は家事、莉凛はHで一位って流れになっている事かな。
何でそんな莉凛が一番Hみたいなノリになっているのかが、今ひとつピンとこなかったかな(汗)
他のふたりも普通にHで魅力的だと思うんですけどねぇ…?

何か作中では一番エロスを感じさせるみたいな扱いになっていたので、そういう事になるんでしょうが、莉凛派以外の人には納得いかないんじゃないのかなって(汗)
Hじゃなくて、普段の生活などで何か得意な設定にすべきだったのではないかな?
ある意味フェアではないかと、正妻をHで選ぶって流れになるのに。

そこら辺だけが若干引っかかったのが、少し勿体なかったかなとは思いましたが、甘々な雰囲気を堪能できる作品が好みなら、楽しめる作品に仕上がっていますね。

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
わたしがゼッタイ妊娠するもんっ! 幼なじみの正妻戦争

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件 レビュー

二次元ドリーム文庫 クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件


5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、あまり目立つ事を好しとしない性格の持ち主です。
そんな彼は、ある日教室で今時珍しいカセットテープを発見する事となります。

何気なく、持ち帰って再生して見た所、それは主人公の思いもしない様なHな内容だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
琴宮 千弦」(ことみや ちづる)がいます。

千弦は、主人公のクラスメートです。
成績優秀な優等生で、生徒会で副会長でもあります。
躾けの厳しい家に育ち、クラスメートであっても敬語で話すなど生真面目な性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が教室でHなカセットテープを見つけたという流れですね。

今時懐かしいカセットテープ。
そんな物を見つけた主人公は、何となく拾い持ち帰る事になります。
この時点では、何となく好奇心で聞いてみただけだった訳ですが、内容に驚く事に。

何とテープに録音されていたのは、女性器の俗称を恥じらいながらも口にする女性の声だったのです(汗)
驚いたのは、それだけではありませんでした。
何故ならば、その声の主に心当たりがあったからなんですね。

クラスメートの千弦。
可愛らしい彼女が何故こんなテープを持っていたのかは、謎ですが、主人公としてはこのテープの扱いに悩む事に…。
直接渡すのは、内容を聞いたって言っている様なものであり論外。
悩んだ末に主人公は、こっそり彼女の机に戻す決断をするのですが、結果としてそれは肝心の千弦にバレてしまうのでした(汗)

しかし、ここから話は思わぬ方向に。
生真面目な彼女は、主人公に何故そんな事をしたのか明かしてきたんですね。
主人公としては、あまり深入りするべきではないと思ってたのですけども、そこで彼女の思い悩んでいる事に思う所があったのです。

ザックリ言うと、彼女は厳しい躾けを受けていた訳ですが、それゆえにそんなはしたない言葉を知らずに育ってきた訳です。
そんな中、今回の様な卑猥な単語を知り、大きな衝撃を受けたのです。
しかし、反面思ったのです、もし…こんな言葉を口に出してみたら自分はどうなるのかと。

その結果は、彼女にこれまで感じた事の無い感覚を味あわせる結果となったんですね。
本人は何故だかも理解できないけども、身体はその言葉に過敏に反応して、ドキドキが止まらなかったと。

しかし、それを大っぴらに受け入れる事は千弦には難しい事であり、自身はその感情を持て余し、自分を恥ずべき「悪い子」という存在として思い込んでいる所があるんですね。

主人公としては、深入りするつもりもなかったのですけども、彼女を否定する事はしたくなかったんですね。
これは主人公のある過去が関係しているんですけどもね。
まぁ、とにかく主人公としては、彼女が自身の性癖に悩む事を少しでも軽減させてやりたいと思う様になって行く事になります。

そこで主人公は、彼女を建前上、テープを預かっている。
だからそんな男に強制的に悪い子をさせられているという大義名分を与えようとしたと。
こうやる事で、千弦にガス抜きをさせようと考えた訳ですね。

彼女もこの提案を受け入れて、奇妙な脅迫関係が出来上がる事になったのです。


とにかく純粋な千弦なだけに、いけない言葉を口にして興奮してしまう事に対して異常という認識が彼女を苦しめている所がある訳ですね。
厳しい躾けの反動なんですかねぇ、これは(汗)

こんな事から始まった関係性なんですけども、彼女は性的な事は生真面目なだけに殆ど何も知りません。
女性器の俗称程度で後は知らないくらいなんですね。
そこで主人公は、自身のコレクションから二次元ドリーム文庫を貸したりしてたのは面白かったですね(汗)

見事な宣伝ですなぁ、これは(汗)

元々、学年トップな成績の持ち主の彼女なので知識を与えれば、あっという間に貪欲に吸収する辺りは優秀ですねぇ。

放課後にふたりで文庫のHな内容をなり切って朗読するって何ともHな事をする様になります。
千弦はもう見なくても完全暗記済と言うのも凄いですな、どんだけ読み込んでいるのかと(汗)

回を重ねる度にドンドン彼女の語りは熱を帯び、普段の愛らしい姿からは想像も出来ない様な色気を醸し出して、自分が語る作品のいやらしい言葉を口にして股間を熱くさせる様になる様に…。
これを相手にする主人公もこんなHな言葉を間近で聞かされてたらたまりませんね、こりゃ(汗)

あくまでも脅迫という関係であるふたりの関係だったのですが、こんなやりとりを何度も重ねていたら、少しづつ関係が変化していくのも当然ですよね。
次第にふたりはお互いを意識していく事になる流れですね♪

Hシーン


Hシーンは、千弦との関係が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリなどがあります。
他の要素では、ローターなどの小道具を使用する展開もあります。

行為自体のバリエーションは少な目ですけども、それを補う要素があるので問題ないと思います。

その要素とは、やはり隠語要素ですよね。
元々、千弦の性癖はそこから始まっている訳ですから。

最初はHな言葉の意味も分かってなかった彼女ですけども、勉強の成果であっという間に隠語をマスターしていきますね♪
とは言え中盤までは、Hな朗読会がメインなので自発的な発言ってよりも、作品を再現していますね。

そして、中盤までは主人公との行為は一切ないんですね。
中盤以降にようやくフェラシーンがあって、その後にようやく結ばれるのですが、そこまでは本番もありません。
でも、個人的にはそこまで物足りなさは感じなかったですけどね。

じっくりとそれまでに千弦たちのキャラクターをしっかりと描けているため、愛着が湧いている事もあるのか、単純に読んでて魅力的だったんですよね。
Hな彼女の姿は朗読などで見る事はできましたし、主人公とのやり取りも丁寧に描いており、主人公に惹かれていく過程も見る事が出来て、Hシーン以外でもニヤニヤできました♪

そんな中、主人公と結ばれた彼女は、もうこれまでの姿が序章だったかのごとく、更にHな姿を見せてくれるようになります。
積極的になっているんですけども、そんな姿も愛おしく感じてしまいますね。
隠語というか、この娘の発言が一々主人公への想いが溢れているんですよね、ここまで想われて幸せ者ですよねぇ、主人公は♪

隠語ものってあんまりにも過度にやり過ぎると、引いちゃうところはあるんですけども、今作は個人的には許容範囲内ですかね。
そこまで隠語を口にする事に抵抗がなければ、十分楽しめると思います。

しかし、千弦も序盤のちょっとした事で罪悪感を抱いていたころに比べると別人の様な変わりぶりですなぁ(汗)
まぁ、本当に幸せそうで何よりですけどね♪

挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。
最近の作品だと「魔王をラブ奴隷にしてみませんか?」などがありますね。

魔王をラブ奴隷にしてみませんか?でもそうでしたけども、この人の絵柄は、今回の様な性格の良い娘との相性が特に良いですよね♪
絵柄から滲み出ているというかね、この良い娘なオーラが。
少し童顔な所がまたそれを強調しており、守ってあげたくなるような可愛らしさを出しているのかもしれませんね。

個人的に印象的だったシーンは、フェラをしている場面があるんですけども、ここの時だけ髪型がいつものではなくて、ポニーテールだった事ですね。
普段とはまた活発な雰囲気があって、いつもとは別の魅力がありましたね♪
こういう髪型も良いですねぇ。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、ヒロインの千弦のキャラクターが魅力的でしたねぇ。
完全に嫌な男キャラがいる事で、より魅力を引き出していましたな(汗)
なので、ストーリー性もベタな展開なんですけども、しっかり描かれているのでキャラクターに感情移入しやすい作品に仕上がっていると思います。

隠語も、個人的にはそこまでくどくは感じなかったので、気にはならないかなと思います。
甘さもかなりあり、中々読んでてニヤニヤできるのではないでしょうか♪

クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件 クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件 ...

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
クラスメイトが生真面目すぎて淫語性癖をこじらせてた件

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 魔王をラブ奴隷にしてみませんか? レビュー

二次元ドリーム文庫 魔王をラブ奴隷にしてみませんか?

魔王をラブ奴隷にしてみませんか? (二次元ドリーム文庫)
089タロー
キルタイムコミュニケーション

7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

物語は、いきなり主人公が謎の女性から命を狙われる事になる所から始まります(汗)
しかも、命を狙ってきている存在は、普通の女性ではなく、何と人間はなかったのです。
そう、彼女は魔族であり、魔王という存在だったのです(汗)

しかしその後、状況は大きく動き出す事になり、何故か彼女を性奴隷にする事になってしまうという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

リスティア・マト・ティアマティ」(以下ティア)
タルテ・アシュタロト」(以下タルテ)がいます。

ティアは、鮮やかな赤い髪に瞳が印象的な存在です。
絶大な魔力を持っており、その力は先代魔王の力をも凌駕しています。
そのため、魔界でも畏怖されています。

タルテは、ティアに仕えている専属メイドです。
クールな性格で頼りになるティアにとっては姉の様な所もあります。
主であるティアが絡むと、暴走する面もあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が何故か魔王であるティアに襲われる事になり、これまた何故かティアを性奴隷にする事になる流れですね。

意味不明過ぎる(汗)

一つ一つ説明しますと、まず正確にはティアは魔王ではないんです、今は。
ティアは、現在次期魔王という立場なので、そんなに間違いではないんですけどね。

現在、魔界では現魔王が魔王の座を退く事が決まっており、その後継者を決めている最中なのです。
そこで最終的に勝ち上がってきたのが、圧倒的な魔力を持つティアだった訳ですね。

ティアも知らなかったのですが、これで魔王になれるという訳ではなかったのです。
次期魔王になる者にだけ伝えられる重要事項であり、ティアも現魔王から教えられる事になります。

しかし、その内容はティアには衝撃的な内容だったのです…。
何と、魔王になる者は、人間界で勇者の末裔の男から性奴隷にされる事が条件という、とんでもない事に(汗)

そう、現魔王もまたかつて人間界で勇者の末裔に性奴隷として、その身を好き勝手されていた過去があったのです。

ここで疑問なのは、何故勇者の末裔とやらに性奴隷にならなければいけないのかという事なんですが、これに関しての詳細は省きますが初代の魔王と勇者との間で起こった事が原因であり、それが今日まで脈々と受け継がれて来たんですね。
勿論、そんな事を嫌がっても性奴隷にならなければ、魔王になる資格も手に入れられないのです。

これで話は、冒頭の主人公にティアが襲い掛かるのに繋がります。
彼女は、主人公を倒す事で、この永きに亘って続いた因縁を断ち切ろうと考えた訳ですね。

まぁ、結果としてそれは不可能となり、結局ティアは主人公に介抱される有様でしたが(汗)
そりゃ、過去の魔王だっていきなり「はい、性奴隷になります」とか言う訳はないだろうし、こうやって反抗を試みた魔王は多いだろうしね(汗)


しかし、この介抱された事もあり、ティアの主人公に対する認識は大きく変わる事となります。
そんな性奴隷なんか言う存在など、ろくでもない悪だと思ってた彼女にとって、主人公の優しさは予想だにしない物だった訳ですね。
まぁ、主人公からしたら勇者とか魔王とかサッパリ意味不明ですし、性奴隷も彼が言い出した訳ではないんですけどね(汗)

そんな事もあり、ティアはすっかり主人公を信用し、心を許していく事になります。
ティアは、主人公が親切にしてくれるのも、自分の事を可愛いと言ってくれる事に戸惑いつつも、経験した事のない喜びを感じる事に。

強大過ぎる魔力を持つゆえに、他人から畏怖されてただけに、可愛いなどと言われる経験もなかったんですね。
そりゃ、コロッと好きになってしまうのも分からなくはないですかね(汗)

そのため結果として、ティアの方から自分を性奴隷にして欲しいと頼み込んでくる事になります。
主人公もそれまでは、性奴隷にするために犯すみたいな事に抵抗を感じていましたけども、ティアの気持ちに応えようと考え、彼女とHする事になる流れですね。

イチャイチャラブラブな生活を送るふたりでしたが、ティアを心配したメイドのタルテまでもが、ティアを追って来る事になり、賑やかな事になっていきます。

Hシーン


Hシーンは、ふたりのヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、自慰、パイズリ、手コキ、アナルセックスなどがあります。

性奴隷と言っても、主人公とティアは好き同士のラブラブなので、全く痛々しさは感じません。
むしろ、甘くイチャイチャし過ぎている位ですけどね(汗)

ティアも最初は性に関して、無知とまでは言わないまでも、あまり男性については詳しくはないですね。
まさか、彼女も魔王に性的な知識がいるとは思わなかったでしょうしね(汗)

でも、主人公のHを経験した事で、一気に性の方も開花する事になりますね。
こちらの方も素質があったのか、かなりHで可愛らしい姿を見せてくれます♪

一方のタルテも、また大人っぽさと可愛らしさを併せ持ったヒロインですね。
あくまでも、メインヒロインはティアなので、控え目ではありますけども、ツンデレではないものの、デレた感じはティアとはまた違った魅力がありましたね。
意外に可愛いって言葉にティアよりも弱いのもポイントですね♪

挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。

二次元ドリーム文庫では「スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?」など
あとみっく文庫では「モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている!」などがありますね。

トーンを効果的に使ったパキッとした絵柄が印象的なので、一目でこの人だなって分かりますね。

可愛くも表情に大人っぽさや艶があるので、幼い顔立ちなんですけども色気がありましたねぇ。

挿絵だと、若干シーンによってティアとタルテの区別がつきにくいのも(汗)
このシーンでは、ティアもメイドのコスチュームなので似ているんですよねぇ。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、ひたすら甘くイチャイチャしてただけな様な…(汗)
いや、別に全然悪くないんですけどね、皆可愛いし♪

ティアとの関係も性奴隷ではなくて、「ラブ奴隷」って所がミソですよねぇ、これは。
ニヤニヤしながら読後感も良く、読みやすかったです。

まぁ、もう一波乱くらいあっても良いのかな?って感じもしましたけども(汗)

魔王をラブ奴隷にしてみませんか? 魔王をラブ奴隷にしてみませんか?

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】魔王をラブ奴隷にしてみませんか? [ 089タロー ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
魔王をラブ奴隷にしてみませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事

あとみっく文庫 モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている! レビュー

あとみっく文庫 モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている!

モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている! (あとみっく文庫 55)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1,029

3月発売のあとみっく文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、魔法学校に通っている学生です。
更に彼は、かつて世界を救った魔導師の子孫でもあるのですが…、魔法が使えないという半端者です。
しかし、そんな主人公ですが、ある秘密があり…、という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
クレア
ミア
ハル
ライム
ルリカ
ティファニア=ラルグラド」がいます。

クレアは、ケンタウロス族の少女です。
真面目で素直な性格をしており、主人公をいつも励ましています。

ミアは、ラミア族の少女です。
普段は寡黙であり、口数は少ないです。
主人公を馬鹿にしている男子の使い魔でもあります。

ハルは、ハーピー族の少女です。
人間に対して憎悪を抱いており、近隣の村などを襲っています。

ライムは、スライム族の少女です。
落ちこぼれな主人公の事を小馬鹿にしています。

ルリカは、フェンリル族です。
ティファニアの使い魔でもあります。
小柄で幼い容姿ですが、千年以上の時を生きています。

ティファニアは、魔法学校の教師です。
落ちこぼれの主人公に対しても、優しく接するお姉さんでもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が魔法学校で落ちこぼれなのですが、とある秘密がある流れですね。

今の主人公の学校で置かれている状態は、あまりよろしくない状態なんですね。
現在、魔法学校では進級のために行う「サモンファミリア」、召喚の儀式をする必要があります。
ファミリアは、いわゆる使い魔というやつですね。

魔導師は、生涯1体しか使い魔を持つ事が出来ず、更に召喚できる使い魔は、魔導師の力量に応じたものになります。
つまり、強力な使い魔を持っている事が、そのままステータスなんですね。

しかし、主人公は使い魔の強弱云々の前に、何も召喚が出来なかったんですね(汗)
魔力自体は、主人公自身にしっかりとありますし、魔法に関する知識などは他の追随を許さないレベルなのに、実技は全く結果を出せなかったのです。

呼び出せる使い魔に個人差はあれども、誰でもできる様な召喚の儀式に、失敗した事で主人公の立場はかなり学校内では浮いている訳ですね(汗)
それでなくても、主人公はこの世界の有名人である大魔導師の子孫なので、彼に対する注目はかなりのものなので、これはきついですねぇ。

また、いかにもなそれを小馬鹿にする嫌な男が出ており、主人公をネチネチ馬鹿にするので、一層主人公の立場を惨めなモノにしてくれますな(汗)
まぁ、こういういけ好かない野郎がいるから、後で見返す的な展開に盛り上がりが増す訳ですけどね。

嫌いじゃないですよ、この後で見返す流れは、個人的に大好物です♪


落ちこぼれな主人公ですが、そんな彼を慰めてくれる存在がいます。
それが、ケンタウロス族の少女であるクレアなんですね。
当然、ケンタウロスなので人間ではなく、亜人という分類がされる存在ではあります。

今ひとつ亜人の定義が分からないですけども、今作で登場するヒロインはティファニアが人間であり、それ以外が亜人という事になります。
まぁ、フェンリルであるルリカは違うかもしれませんけども、それ以外は亜人ですね。
…人の顔をしていれば、亜人なんですかね?(汗)

ちなみに魔物は魔物でいる様ですね、増々違いが分からないな(汗)

話戻って、亜人であるクレアは落ちこぼれな主人公の事を慰めてくれる良い娘な訳ですけども、クレア自身も人間の決めたルールでは、野良亜人という事になるんですね。
主がいない亜人は、害を及ぼす存在になりうるという事で、処分の対象にもなるんですね。
なので、亜人としても、主の使い魔になるという事は存在を許されるという意味を持つ訳ですね。

そこで、主人公はクレアを使い魔にしようと試みるのですが、やはりここでも契約の儀式は失敗に終わってしまう事に…。

ですが、その後に起こった出来事をきっかけにして、主人公はクレアと結ばれる事になりますが、行為後に主人公たちに異変が起こる事になります。
今までどんなにやっても成功しなかった契約が出来たのです。

どうやら主人公は、亜人の娘たちとHする事で、契約を結ぶことができるという特殊な体質だったのです(汗)
その後、お約束で様々なヒロインと関係を持ってしまう事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、クレア、ミア、ハル、ライムとの行為が描かれています。
つまり亜人組ですね。
そのため、ルリカ、ティファニアとの行為はありません。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

今作では、やはり行為云々ではなく、いわゆる魔物娘というか人外のヒロインとの行為が印象的ですね。
特に個人的には、ケンタウロスのクレアが印象的でしたね。
意外に、4本足のヒロインは見ないと思うだけにかなり新鮮でした(汗)

彼女の身体の作りがどうなっているのか気になりましたし、行為をしている挿絵も新鮮な感じでしたね。

その他のヒロインは、他の作品でもお馴染み?な種族なので、そこまで新鮮さはないですけども、やはり普通の人間のヒロインにはない魅力というか、興奮はありますよね。
スライムのライムとの行為でも、彼女の身体に取り込まれていながらの行為などは、他では中々ありえないシチュエーションですしね(汗)

終盤では、全ヒロインを交えての行為もあり、ハーレム感がありますね。
まぁ、遠目で見たら襲われている様に見えるかもしれないけども(汗)

やはり、皆主人公に好意を抱いているだけに、甘さを感じられますねぇ。
それが以前のレビューした魔物娘たちにやられてしまう、「犯され勇者」とは違う点ですね。
あれはあれでほぼ全編Hのみで良かったですし、今作のニヤニヤできる甘さも捨てがたいだけに両方良いですね。

挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。
同レーベルのあとみっく文庫だと「どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです」以来でしょうか。

可愛らしさの強い絵柄で、魔物娘を魅力的に描いていますね♪
中々、魔物のデザインを残して可愛らしさを出すってのは、難しい事だと思うのですが、皆愛らしくなっていますので、気持ち悪さはないと思います。

可愛らしさが基本強いんですけども、行為中の彼女たちにはしっかり色気も出ているので、また普段とは違った魅力も垣間見えますね。
ライムとの行為は、身体中ねとねとになっての行為なので、アレはアレでヌルヌルで気持ちよさそうですねぇ。
行為後が大変そうですけども(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りに魔物娘とのイチャイチャを堪能できる作品ですね。

主人公を敵視するライバルではないですけども、その様な敵役の存在もあって、それを見返す感じも含まれているので、中々読後感の良さがありましたね。

ラストもラストで、主人公の能力の正体が判明したりするのですが、続編もあるのかな?
まぁ、続けようと思えば続かなくもないかなといった感じで終わっていますので、無くはないのかなとは思いますけどね。
でも、これだともっと大きな敵の存在がないと、狭い世界の中でイチャイチャするだけだし、どうなのかな。

先生たちともHするのかと思ってただけに、無かったのは、ちょっと残念でしたが、続編があれば期待したい所ですね、そこらは。

基本、明るい雰囲気で展開されるので、読みやすくなっています。
こういう魔物娘たちが気にならないのであれば、普通の人間のヒロイン感覚で読めるので、嫌悪感などはないでしょう。

ぷちぱら文庫の「犯され勇者」とはまた全然印象の異なる作品なので、読み比べてみるのも良いのではないでしょうか。

モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている! モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている!

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている! [ 上田ながの ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
モンスター娘が恋人になりたそうにこちらを見ている!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

あとみっく文庫 どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです レビュー

あとみっく文庫 どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです

どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです (あとみっく文庫 51)
倉田シンジ
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1931

10月発売のあとみっく文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、かつて魔王に打ち勝ち、辺境の地へと追いやった勇者の家系の人間です。
そのため、主人公は魔族討伐のために旅立つ事になります。
ある古城で主人公は、魔王に従う四天王のひとりと戦う事になり、辛くも勝利するのですが、その際に受けた毒により、倒れてしまう事に…。

その後、目覚めた主人公は驚く事に。
何と主人公を助けたのは、他の四天王たちであり、何故か主人公が倒した四天王の一角を担う羽目になってしまうという展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは、魔王の娘の「パンドラ」、四天王のひとりの「ノーラ」、主人公の幼なじみの「セリア」がいます。

パンドラは、魔王の娘です。
それゆえかワガママな所や世間知らずな面があります。
何故か主人公を気に入り、何かとサポートしようとする甲斐甲斐しい面も。

ノーラは、魔王に従う水を司る四天王のひとりです。
元はスライムだったという異色の経歴の持ち主でもあります。
寡黙で表情が変わらない冷静な性格ですが、四天王トップを目論むなど野心もあります。

セリアは、主人公の幼なじみです。
主人公よりも実力の面では上であり、王国騎士として主人公の勇者パーティーの一人として参加しています。
主人公に淡い好意を抱いています。


ストーリー展開


展開的には、勇者である主人公が結果的に敵側である魔王側の四天王の一角になってしまうという流れですね。

では、何故主人公がこんな事になったのかというと、主人公が四天王のひとりを倒した事が発端となっています。
とは言え、主人公は勇者とされながらも実はそんなに強くないんですね(汗)

主人公のご先祖様は、勇者として魔王を辺境にまで追いやる事には成功したものの、子孫である主人公はごく普通の力の持ち主な訳です。
確かに、主人公には勇者の素質はあるらしいのですが、現状では幼なじみのセリアにもボロ負けだったりと、まだ勇者と言うには物足りないものなんですね。

しかし、勇者の再来と国を挙げてのお祭り騒ぎとなってしまい、王の命により、いきなり実戦経験を積む間もなく討伐への旅に出されてしまう事に…。
幸い、セリアを含む実力のあるパーティーメンバーの力で古城へとやってくる事ができた訳ですが、やはりこの時点でも主人公の成長は微々たるものだったのです(汗)

そして、古城内で罠にかかり、主人公は他のメンバーと散り散りになってしまいます。
更に間の悪い事に、そこで主人公は四天王のひとりと出会い、戦う羽目に。
絶体絶命のピンチでしたが、持ってきてたご先祖様のアイテムの数々を片っ端から使う事で、何と勝ってしまうんですね(汗)

…この四天王が滅茶苦茶弱かったのか、ご先祖様のアイテムが強力だったのかは定かではないですけどね(汗)

まぐれに近い形ながら、四天王のひとりを倒す事に成功した訳ですが、その際に主人公は毒にやられており、結果その毒で倒れてしまう事に…。
そして、気づいた主人公は自分が助かったと悟る事になる訳ですが、何と主人公は残る四天王によって助けられていたのです(汗)

彼らから伝えられた内容は、主人公が倒した四天王の空きを主人公が四天王として埋めろという、とんでもないものだった訳ですねぇ(汗)
こうして、主人公は勇者から四天王のひとりとなってしまう事に(汗)
まぁ、この四天王に囲まれている状態で、実は勇者ですとか、嫌だとか言える訳もないですからね(汗)

そして、四天王となった主人公には、自身の属性を決める事になります。
これは、同じ四天王のノーラが水を司るといった様に、四天王にはそれぞれ炎や風などの属性を持っているんですね。
主人公も、そのため属性を決める事になる訳ですが、強くない彼にとっては殆どの属性との契約が困難でした(汗)
ゲームでも良くあるお約束ですよね、契約には自身の力を示す必要があるってのは。

そこで、何とか戦う必要のない属性をと、選ぶ事になったのが闇の属性。
おっかなびっくり、闇の属性を得るために試練に臨んだ主人公の前に現れたのは、魔王の娘であるパンドラだったんですね。
ワガママなお嬢様に気に入られないと無理なために、ある意味では戦うより難易度が高いとされる試練なのですが、何故かパンドラは主人公を気に入ってしまうんですね(汗)

どうも彼女には、主人公の弱々しさなどがとても珍しく新鮮に映ったみたいなんですね(汗)
当然、彼女の周りには力自慢な連中が普通でしょうからねぇ。
更に魔王の娘なんてどうすれば…と落ち込む主人公の姿に何故かパンドラは強く母性本能をくすぐられるらしく、あっさりと契約出来てしまう事になります。

こうして、主人公は闇の属性と魔王の娘であるパンドラからの手厚い加護を受ける事になり、本格的に四天王として活動する事となります。
更にパンドラは惚れた男である主人公に手柄を与えさせようとする事で様々な事に巻き込まれていくって流れですね。

個人的には、主人公の何とも微妙で複雑な立ち位置が面白かったですねぇ。
四天王でも一番格下であり、立場的には人間の敵となっており、戦わなければならないですが、人間を傷つけたくない主人公を敵とみなして人間は襲ってくるという板挟み的な立場は、どうにもこうにもできないですね(汗)


Hシーン


Hシーンは、パンドラ、ノーラ、セリアとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
他には、若干触手要素もありますね、まぁ、ファンタジーですしね(汗)

ノーラは元々スライムなだけに、どうも挿入の感覚が人のそれとは違っているみたいなのが面白いですね。
スライムらしくか、ねっとりと強い締め付けではないものの、絡みつくような感触らしく、これはこれで気持ちよさそうですねぇ♪

全員ヒロインが今思えば、可愛らしいタイプばかりでしたね。
それでも、個々で性格がまた違うので、同じ感じではないので、似た印象は抱かないとは思いますが。
この手のファンタジーでは、お色気担当なヒロインがいそうなだけに、そういったセクシー要員がいないのは意外ですね。
特に敵側だと、淫魔的なキャラとかいそうなのにね(汗)

個人的には、セリアのキャラクターも少し意外でした。
騎士という事や主人公の幼なじみだったりするので、てっきり気が強くツンデレ的な性格かと思ってたんですが、違ってましたね。
普段は騎士らしく振舞っていますが、意外に可愛らしいというか、素顔は主人公もちゃん付けで読んだりするのがギャップがありましたねぇ。

終盤では全員との行為もありますが、途中では端折られていたりする箇所もあるのは、残念ですねぇ。


挿絵


挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「スク水メイドがご奉仕します!」、「スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?」などがあります。

上記でもある様に、可愛らしいヒロインたちを魅力的に描いていますね♪

カラーの表紙絵なども良いんですが、個人的には挿絵のがより好みでしたね。
くっきりとした描線でイキイキと描かれたキャラクターたちが印象的です。

所々、ギャグっぽいコミカルなSDキャラみたいなシーンもあったりするんですが、それがまたいい味を出していますねぇ。
あるヒロインとの行為中、他のヒロインが相手にされていないので、不満げな表情を見せるヒロインたちが可愛いです♪

一番お気に入りだったのは、ノーラですね。
ヒロインたちから主人公は抱きつかれているんですが、それぞれヒロインたちは「自分こそが」という意識でくっついたりしているんですが、彼女はくっついているんですが、表情が全くの無なんですよね(汗)

でも、しっかり主人公の腕を組んでたりとちゃっかりしているのが可愛いですねぇ。
他の感情豊かなヒロインとのギャップがあって見所だと思います。
何気に他のヒロインに対抗心燃やしているのか、怒りマーク浮かんでるし(汗)


総評


全体的には、シリアスさよりもコミカルさの強い作品でしたね。
まぁ、タイトルでもそれは分かるとは思いますけども(汗)

ストーリーは、賑やかで楽しい展開な訳ですけども、若干ページ数に対してHシーンは控え目な印象がありましたね。
まぁ、あとみっく文庫はラノベに近いレーベルなので、こんなものかなと言えばこんなものですが(汗)
とにかく巻き込まれ体質の主人公のストーリーが好みならば、楽しめて読めると思います。

続編に関しては、何となくまだ続きそうな感じもありましたけども、多分続いても似た展開になるだろうしなぁ(汗)
正直、ダラダラと続けるストーリーではないかなと思うだけに、これで終わるのが良いのかもしれませんね(汗)

どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです [ 倉田シンジ ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫  スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない? レビュー

二次元ドリーム文庫  スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?

スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?  (二次元ドリーム文庫 189)
神楽陽子
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 671


5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

主人公には、幼馴染みで神社が実家の「真一寺 綾」(まいちじ あや)の手伝いをする事になるところから物語は始まります。
きっかけは綾が巫女として「神前の舞い」を踊る事になったからです。
慣わしで巫女は神社にて10日間ほど生活をし、身を清めるという事から、主人公たちは電気も通っていない神社で10日間過ごす事に…。
更にとある理由で幼馴染みの「セシル」も巫女として参加する事になるものの、ふたりの巫女装束にスク水という大胆な格好に主人公の理性は…という展開です。

登場するヒロインは、綾にセシルのみです。

綾は、実家の「宇受女ノ社」(うずめのやしろ)で巫女として働く、幼馴染みです。
今回、夏祭りで行なわれる神前の舞いを踊る事になっています。
主人公より年上な事もあってか、主人公をパシリの様に扱う面も(汗)
勝気で中々素直になれない性格でもあります。
日本刀をいつも持ち歩いています(汗)

セシルも主人公の幼馴染みであり、今回とある事情により巫女として参加する事になります。
性格は、生真面目で凛々しく、何故かいつも騎士剣を持ち歩いており、まさしく騎士といった感じです(汗)
機械の類に異様に弱いなどという面も(汗)

展開的には、主人公はふたりの幼馴染み巫女の手伝いで同じ神社に寝泊りする事になる中で、Hな展開になっていくという流れです。
そもそも、この神前の舞いというものは、近年は行なわれていなかったという経緯があります。
それには事情があり、元々綾の宇受女ノ社はアメノウズメを祀っている神社である事があります。
アメノウズメは、官能的な踊りなどで有名なセクシーな存在な訳です。
そのため、このアメノウズメを祀っている神社では、かつてはストリップの様な舞いを祭りで披露してたんですね。

でも、現代の時代にはそういった行為はふさわしくないと行なわれていなかった訳ですが、急遽行なわれる事に…。
さすがに裸ではまずいという事で、水着を着用するという流れになったのはいいのですが、何故かスク水という(汗)
なので、ふたりの巫女はスク水の上に巫女装束を着るという凄い格好になっている訳です(汗)


前置きが長くなりましたが…
主人公はそんな格好をしている幼馴染みと一緒に生活をする事になる訳で、もうたまらない状態です(汗)
彼女たちは、普通に過ごしててもやはりそんな刺激的な姿を見せつけられたらねぇ…。
更に神社では電気などがないために、夏の暑さは我慢できないので水浴びをする訳で…、水に濡れた巫女服とスク水のダブル攻撃はかなりの破壊力です(汗)
ある意味、裸よりいやらしいなぁ…。

しかし、それでも奥手な主人公は彼女たちに行動を起こす事はなかったのですが、ある日に起きたハプニングをきっかけにして遂に主人公の理性が吹っ飛んでしまう事になります。
半ば強引に主人公はふたりを抱いてしまう事になる訳です。
まぁ、最初の時点ではふたり同時にという訳ではなく、綾⇒セシルの順で彼女たちの初めてを貰う事になります。
しかし、問題はこの後に…。

お互い主人公の事を想っていたふたりは、主人公を自分だけを見てもらおうと対抗心を燃やす事になってしまいます。
Hした事で気持ちに素直になったという事なんでしょうが、ふたりの内どちらかを選ぶことなど出来ない主人公はふたりに挟まれ、悩み苦しむ事に(汗)


両者のいがみ合いは、本来の目的であった神前の舞いの練習も行なえない状況へと発展していきます。
こうなると、もう微笑ましいライバルな状況ではなくなってしまいますね(汗)
そんな彼女たちにプッツンした主人公は、彼女たちをふたりまとめてHなお仕置きをしていく事になるんですが…。
元はと言ったら、主人公がはっきりしないからじゃないかと思ったのは私だけではないはず(汗)

ここからは、だいぶHの方向性が過激というか変態チックになっていくのが特徴的ですね。
最初はパイズリやフェラはまぁ普通ですけど、徐々に主人公が軽くSっ気を出していく事につれて、マニアックなプレイになっていきます。
ビデオカメラで録画しながら、縄で縛ってWフェラに始まり、アナルセックス、中出し、アナル内に挿入中に放尿など中々濃い内容です。
絵馬にどうして欲しいかわざわざ書かせるあたり、結構Sだなぁ(汗)
可愛らしい丸文字で「ミルクちょおだい」とか妙ないやらしさが…ありますねぇ。

勿論全ての行為中も、巫女装束+スク水での行為なのは徹底してます。
このこだわりっぷりはスク水などへの愛を感じますね♪

綾やセシルらの感じすぎてしまい、呂律がまわっていない状態の描写が個人的には良かったですね。
「せっくしゅ」など赤ちゃん言葉ではないですが、それに似た感じにも聞こえて可愛らしいなぁ♪
もう語尾の方に行くと、おかしい事になってたりもありますけども(汗)

しかし、祭りのアイテムをもHな行為に使う主人公は、ヒロインの言葉を借りると「女性を辱める天才」ですね(汗)
まさかヨーヨー釣りのヨーヨーやリンゴ飴をそう使うとは…。
まぁ、ここまで出来るのは愛あればこそですね。
無理やり強引にしている訳ではなく、イチャイチャラブラブな中での変態行為という事で(汗)
何だかんだ彼女たちもそんな行為に適応して、Hな姿を見せ付けてくれますしね。
なので、嫌悪感は感じにくいかなとは思いますが、そもそも変態系プレイが抵抗ある人はどうか分かりませんが(汗)

個人的には、凛々しい女騎士ぽかったセシルの終盤のイキっぷりが凄かったですね。
強烈な精液の一撃となる中出しを受けてアヘ顔を晒しての絶頂シーンは迫力があり、見所です。
でも、そこの挿絵がなかったのは残念なような怖いような(汗)

挿絵は「黒澤清崇」さんが手がけています。
このふたりの組み合わせは「スク水メイドがご奉仕します」に続いてですね♪
前回でもスク水の魅力を余すことなく描いていたので、今作でもそれは健在ですので、不満に感じる事は殆どないのではないでしょうか。
毎回スク水ばかり描いて大変そうだ…(汗)
個人的には紺のスク水も悪くないけど、白とかもあってもいいかなと思ったのですが、それだと巫女装束の白と混ざってしまいますね(汗)
紺の色合いに白の巫女装束が映えるという効果もあるんでしょうねぇ。


基本的に毎回ふたり一緒での行為ばかりだったのは、悪くはないんですがもう少しふたりきりでのシーンもあると良かったかなとは思いました。
一応セシルの初体験シーンのみ、ふたりきりだったのですが、綾はなかったですからねぇ。
途中であるかなと思ってのでちょっと残念かな。

後は、これだけきっかけになった神前の舞いのシーン描写が殆どなかった事が(汗)
う~ん、まぁ、あくまでも設定だけなんでしょうが、もう少しあっても…。
ストーリーよりH重視な作品だったので、仕方ないんでしょうけどねぇ。

まぁ、その分中身の濃いプレイが盛りだくさんだったので、がっつり楽しみたい人にはいいと思います。
しかし、スク水はメイドといい巫女といい、何でも合うんですねぇ(汗)
このスク水の秘めた可能性はまだまだ続くのでしょうか?


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】スクみこっ!紺な巫女ってありえなくない?

スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない? スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
スクみこっ! 紺な巫女ってありえなくない?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 スク水メイドがご奉仕します! レビュー

二次元ドリーム文庫 スク水メイドがご奉仕します!

スク水メイドがご奉仕します! (二次元ドリーム文庫 171)
神楽陽子
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 380

学校では憧れの先輩たちは…家では、なんとボクのメイドさん!?プールでお風呂で、ダイタンなスク水姿で迫られちゃう夢の生活。幼なじみのツンデレメイドと世間知らずのお嬢さまメイドの二人による全身を使ったご奉仕に、少年の理性は沸騰寸前。

11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

主人公は生徒会で会計をしていますが、それほど要領が良くない事もあり、あまり役立っていません。
しかし、そんな主人公は実は裕福な資産家の息子という秘密があり、生徒会会長の「紅亞」(くれあ)、と副会長の「翠」(すい)は何と主人公の屋敷で働くメイドでもあったという展開です(汗)

登場ヒロインは、上記のふたりのみです。

紅亞は、生徒会長として学園でも人気があります。
性格は、おしとやかで母性的な育ちの良さを感じさせます。
元々は生粋のお嬢様育ちで主人公とは許嫁の関係にありましたが、家庭の諸事情により、現在は主人公の屋敷でメイドとして働いています。

翠も、生徒会長の紅亞同様、主人公の屋敷で働くメイドでもあります。
性格は、主人公をHなスキンシップなどでからかったり、少しツンデレな面もあります。
年下の主人公をあだ名で呼んだりと、ある意味メイドらしくない態度なんですが、憎めないですね(汗)

タイプ的には翠の方がメインヒロイン格なんですが、この作品ではメインヒロインはないですね。
あくまでもふたりは同格な存在です。

作品的には、タイトルで分かる様にスク水がメインでバンバン出てくるので、スク水にあまり興味が無い人はどうなんだろ…(汗)
でも、これは中々おすすめできる作品だと思いますよ♪

スク水+メイドという要素が良いですねぇ。
私はスク水自体は、それほど見て興奮って訳ではないんですが、これはメイドの要素があるので、頭にはヘッドドレスにエプロン+薄手の手袋に白・黒タイツという姿は新鮮でした♪
なので、メイド好きの人も受け入れやすいんじゃないのかなと思います。
…両方好きならそれはそれで倍美味しいですね♪

まぁ、何で屋敷でスク水なのかは色々な事情があっての事なんですが(汗)

物語としては、彼女達がもうすぐメイドを辞めてしまうという状況になって、好意を寄せているふたりのアプローチが過熱してきた中で、いよいよ我慢してきた想いが止められなくなりH三昧の淫らな日々が始まるという展開になっていきます。
最初こそ、そういった関係になるのをためらっていた主人公でしたが、一度スク水の味を知れば、もう止まりません(汗)
…実際、ハプニングからとはいえ、スク水にグレープフルーツの果汁がかかったのを「ご賞味下さい」と言われたらねぇ(汗)
そう考えるといきなりマニアックな始まり方ではありますね…。

かなり今作はHシーンが濃いのが特徴でもあり、プレイも中々です♪
フェラで顔射に始まり、ふたりとの初体験、手袋コキ、アナルセックスや小道具、パイズリ、足で踏まれて発射など盛りだくさんです。
勿論、どのシーンでもスク水は欠かしませんよ。

何故か、アナル関係では結構ページを使っての力の入れ様でした(汗)
アナルビーズやバイブなど二次元ドリーム文庫ではあまり登場しない小道具が出てきたのは印象的ですね。
ヒロインのアナルに対する印象の違いの対比も中々面白いです。

中盤程度からは、内向的だった主人公の性格もHな経験をする事で、多少変化が出てきます。
特にずっと姉の様な立場で、強く出れなかった翠のHで感じさせた事の経験が大きいですね。
なので、終盤はお仕置きと称してのプレイなどちょっと路線が変わっている面もあります(汗)

かなり描写もねっちりとしており、読んでてかなり興奮モノでした(照)
同著者作品の「スク水メイドぱらだいす」を連想する人もいるかもしれませんが、個人的にはアレよりもかなり評価は上ですね。
まぁ、あの作品はスク水+メイドと共通点もありますが、キャラクターが多かった事もあり、個人個人はそれほど描写がなかったんですよねぇ。
今作はふたりとヒロイン数を絞っている事もあり、それぞれの魅力が出ていると思います。

評価の違いには、挿絵の影響も大きいですね。
「スク水メイドぱらだいす」では、ちょっと中の挿絵が好みでなかった事もあったのですが、今作の挿絵を描いている「黒澤清崇」さんは、ご本人曰く小説の挿絵は初めてとの事。
しかし、そんな事を感じさせない画力で魅力的なヒロインを描かれているので問題なしですね、個人的には♪

作中で、著者作品の「ボクのメイドは同級生」が出てきたりとニヤリとさせる要素もあります。

後、個人的に気になったのは、勿論好意はあるんだけど、ラブラブ感があんまりなかった事かな。
性欲優先な感じでしたねぇ、全体的に(汗)
主人公のどこかにふたりは自分の物だ、みたいな独占欲ぽさを感じさせる様な雰囲気はあった気はするけど、それもそれほど露骨ではなかったかなと。
そこには、ヒロインらがいつも一緒にHしている事もあるのかもしれませんね。
思い返すと、ヒロインと二人っきりってシーンはなかった気がするし(汗)

でも、それを差し引いてもHシーンの濃厚さ、迫力は見所だと思いますので、おすすめです♪

楽天はこちらからどうぞ
スク水メイドがご奉仕します!

スク水メイドがご奉仕します! スク水メイドがご奉仕します!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
スク水メイドがご奉仕します!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます