FC2ブログ

黒井弘騎のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:黒井弘騎

黒井弘騎のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2013-06-21二次元ドリームノベルズ 「ま行」
二次元ドリームノベルズ 魔宝怪盗マジカルシャドー魔宝怪盗マジカルシャドー (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 13.06.21黒井 弘騎 桐島 サトシ キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 436,295Amazon.co.jpで詳細を見る摩天楼のジャングルとも呼ばれている巨大都市「メガシティ」。そのメガシティを騒がしている存在が、今巷の話題を集めています。それは、魔宝怪盗(レガシィハンター)マジカルシャド...

記事を読む

2012-01-29二次元ドリームノベルズ 「さ行」
二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエルII ダスクリベレーション新装版 聖天使ユミエルII ダスクリベレーション (二次元ドリームノベルズ 336)posted with amazlet at 12.01.29黒井弘騎 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る1月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。新装版なので、これは過去発売されていた聖天使ユミエルの2作目のリバイバル作品です。なので、...

記事を読む

2012-01-14二次元ドリームノベルズ 「さ行」
二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド (二次元ドリームノベルズ291)posted with amazlet at 12.01.14黒井弘騎 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見るもうすぐ新刊で新装版IIが発売されるという事で、今頃購入してみました(汗)新装版とある様に、この作品は過去に発売されていた作品のリバイバル作品です。私は過去作品を読んでいない...

記事を読む

2011-07-05二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ ディバインハートマキナ 反逆の女神ディバインハートマキナ ~反逆の女神~ (二次元ドリームノベルズ 327)posted with amazlet at 11.07.05黒井弘騎 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公兼ヒロインの「来須 麻希奈」(くるす まきな)は、悪の秘密結社「ミレ...

記事を読む

2010-03-17二次元ドリームノベルズ 「あ行」
二次元ドリームノベルズ エンジェルストライカーズエンジェルストライカーズ (二次元ドリームノベルズ 307)posted with amazlet at 10.03.17黒井弘騎 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 578Amazon.co.jp で詳細を見る全宇宙を侵略するゼノクライスト帝国から地球を守る魔法少女戦隊「エンジェルストライカーズ」。人類の希望となって活躍する彼女たちだったが、帝国幹部の奸計によって一人また一人と陵辱されてい...

記事を読む

no-image

2009-12-14二次元ドリームノベルズ 「さ行」
二次元ドリームノベルズ セラフィックナースエリカセラフィックナースエリカ価格 935円 税込 レビュー( 0件 )謎の病「デモナ病」。人を肉欲の怪物に変貌させるウィルスに怯える人々の希望は、セラフィックナースエリカ―汚れなき白衣に身を包み、ハートの弓矢で怪物を「治療」する謎のナース―のみ。その正体は、熱い奉仕の心を内に秘めたヘルメス学園の生徒会長、鷲沢江梨香だった。普段は生徒たちの尊敬を集める彼女。だが、デモ...

記事を読む

二次元ドリームノベルズ 魔宝怪盗マジカルシャドー レビュー

二次元ドリームノベルズ 魔宝怪盗マジカルシャドー

魔宝怪盗マジカルシャドー (二次元ドリームノベルズ)
黒井 弘騎 桐島 サトシ
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 436,295


摩天楼のジャングルとも呼ばれている巨大都市「メガシティ」。
そのメガシティを騒がしている存在が、今巷の話題を集めています。

それは、魔宝怪盗(レガシィハンター)マジカルシャドーと自らを名乗り、どんな手段を用いたかは分からぬも、確実に狙ったお宝を盗み出しています。
そんなマジカルシャドーを捕まえるために、治安維持部隊である「ナイトハウンド」も乗り出すものの、女怪盗を捕える事はできません。

しかし、この日、新たな標的を狙ったマジカルシャドーは、罠にかかってしまう事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

女怪盗「マジカルシャドー
ナイトハウンド所属の「結城 沙羅」(ゆうき さら)
ナイトハウンド所属の「各務 舞夜」(かかむ まや)がいます。

マジカルシャドーは、今メガシティを騒がせている女怪盗です。
謎の力を使い、どこからでも狙った標的を盗み出しています。
市民からは、その鮮やかな手腕などから人気があります。

沙羅は、メガシティの治安維持部隊であるナイトハウンドの小隊長です。
女性ながらに、小隊長に就任して短期間で目覚ましい成果を挙げており、隊員たちからの信頼を得ています。
冷静沈着な性格であり、自身の考える正義のために突き進む、意志の強さをもっています。

舞夜は、ナイトハウンドに最年少で所属している新人の少女です。
しかし、性格は仕事に真面目ながら、天然でおっちょこちょいな所があるためにあまり結果が出せていません。

ストーリー展開


展開的には、マジカルシャドーが新たな品を狙いにやって来るも、逆に仕掛けられた罠によって、捕らわれてしまう事になる流れですね。

そもそもマジカルシャドーという、女怪盗。
彼女は、謎の多い存在なんですね、本名や目的など。

彼女が現状狙っているお宝は、大企業が保有している宝石ばかりなんですね。
そのために一般市民には手を出さない事もあり、市民からは怪盗であるにも関わらず、ある種のヒーロー、ヒロイン的な存在にまで昇華している節がある程なんですね。

当然、そんな義賊であるとは言え犯罪者を英雄視させるのは、警察にとってはマイナス以外にありません。
治安維持部隊であるナイトハウンドも、そのため相当マジカルシャドーを捕えるために全力を尽くしているものの、彼女の謎の能力によって、手も足も出ない状態なんですね。

普通の犯罪者らには、その強さで恐ろしい存在と恐れられているナイトハウンドですら、このザマなのですから、それが皮肉な事に余計市民の興奮を高めてしまっていますね(汗)


そんな女怪盗が狙っているのは、宝石なんですが、ただの宝石ではないんですね、実は。
魔宝と称されている、不思議な力を秘めた宝石なのです。
その力によって、ナイトハウンドたちを手玉に取れる訳なんですね。

マジカルシャドーは、そんな魔宝の力は常人には御せる物ではないと所有者から盗み、これを封印するという目的のために動いているのです。
そして、今回、魔宝の中でも強力な力を秘めた「罪過のブラックダイア」を標的にする事になるのですが、逆に彼女は罠にかかってしまう流れになります。


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。

行為的には、手コキや自慰、フェラ、アナルセックスなどがあります。
他の要素としては、女性陣によるレズ行為や触手もあったりしますね。

個人的に怪盗ものっぽさを感じたのは、侵入した室内に設置されたレーザー的な要素ですね。
まぁ、こういうのって赤外線のセンサーだったり、レーザーだったりしますけども、本来の用途以上に改良されたレーザーによって、破壊力というか殺傷力が増している高出力のレーザーの中を傍目からは不自然で滑稽な恰好でやり過ごしていく所が良かったですね。

これは直接的な行為でも何でもないんですが、その周囲に張り巡らされているレーザーの出力が半端ないので、近くを通るだけで肌が焼ける様な程の熱量を感じる訳ですね。
正に命がけな状態ながら、レーザーが乳首を掠める様な状況に、マジカルシャドーは鋭い熱さによる痛みに悶絶する様は淫らですね♪
またボディスーツが緊張もあり、汗をかいている様なのが、より興奮をそそりますねぇ。


触手要素は、生物ではなくメカ的な物なので、個人的には見た目こそ近いものの、何となく無機質感があるせいか嫌悪感は薄れますね。
まぁ、やっている事は生物もメカも関係ない訳ですが(汗)

終盤近くまでは、沙羅との女同士や機械などのメカなどにいたぶられる展開がメインなので、男性相手の行為がないんですね。
終盤近くになってようやくちゃんとした人間の男性たちとの行為がありますけども、ガッツリ男相手な展開は控え目なのは、人によっては物足りないかもしれませんね。

その分、沙羅とのレズ的絡みなどが多めなので、そっち方面が好みな人には嬉しいのかな?
沙羅のSな感じが、よくハマっていますね♪

挿絵


挿絵は「桐島サトシ」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズでは、「特捜姫兵アルテミス」シリーズや「超昂閃忍ハルカ」シリーズなどがありますね。
上記の2作品よりも、今作の方が巻数は早いですね。

やはり、この方の描くキャラクターは独特の魅力がありますねぇ♪
繊細で緻密に描きこまれたヒロインたちが、これまた色気が凄いですな。

この絵柄だからこそ、こういうマジカルシャドーという存在も、ある種の説得力がありますね。
普通なら、かなり怪しさ爆発なだけにね(汗)

マジカルシャドーのボディスーツ姿がまたHで良いんですよねぇ♪
でも、あんまりスーツって感じではない印象もあるんですが、似合っているからいいか(汗)

沙羅も、これまたいかにもなキャリアウーマン的なキャラクターで、メガネが似合っていますね。

この人の描く冷静でクールなヒロインの切れ長な眼差しが、色っぽいんですね。
マジカルシャドーも、どちらかというとそっち系なんですけども、ちょっと小悪魔的な性格があるので、また雰囲気が違いますね。
それらを考えると、唯一舞夜は可愛らしい幼い顔立ちなのである意味、ギャップがありますね(汗)

挿絵数:16枚

総評


全体的には、女性同士の絡みが多いせいか、独特の雰囲気がありましたね。
魔宝による不思議な力があるって設定なためか、どこか怪盗ものっぽくない所もあるんですが、それでも基本的な要素は抑えていましたし、中々読み応えのある展開になっていましたね。

個人的には、あのラストの後もどうなるのか見たかったですねぇ。
まぁ、あそこで終わるのが、余韻のある区切りなんだろうけど(汗)

魔宝怪盗マジカルシャドー

楽天はこちらからどうぞ
魔宝怪盗マジカルシャドー

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
魔宝怪盗マジカルシャドー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事

二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエルII ダスクリベレーション レビュー

二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエルII ダスクリベレーション


1月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

新装版なので、これは過去発売されていた聖天使ユミエルの2作目のリバイバル作品です。
なので、多少新規シーンなどが追加されてたりするみたいですね。
まぁ、過去の作品を見ていないので、私は全くどこが違うのか分かりませんが(汗)


新装版 聖天使ユミエルのレビューはこちらからどうぞ
二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド レビュー

ざっくりとしたあらすじ…

主人公兼ヒロインの「羽連 悠美」(はむら ゆみ)は、聖少女ユミエルとして人に仇なす異形の存在「エクリプス」と戦い続けています。
そんな彼女は、ある学園にエクリプスの気配を感じ、生徒として学園に潜りこむ事に。
そこで出会った「一之瀬 恵理子」(いちのせ えりこ)と、悠美は友情を深めるものの、学園のエクリプスにより、恵理子は精神操作されてしまい、悠美自身もユミエルの力を封じられてしまい、度重なる凌辱を受ける事に…。

登場するヒロインは、前作同様に悠美に、恵理子、クラスメートの「新野 瞳」(しんの ひとみ)がいます。

悠美は、エクリプスと戦い続ける少女です。
しかし、内向的で純情な性格ゆえにその戦いで苦しむ事もありますが、持ち前の正義感で頑張っています。

恵理子は、悠美が学園にやってきた時に知り合う事になる生徒です。
風紀委員長を務めており、学園内の揉め事に目を光らせています。
活発な性格で悠美といきなり友人になります。

瞳は、恵理子のクラスメートです。
言葉数が少なく、冷静沈着な雰囲気を持つ才女です。
恵理子とは、仲が良いらしく彼女の明るさに好ましさを感じてもいます。


展開的には、今作でも悠美の状況は変わらずにこれまで通り、学園生活を送らざるを得ない事になっています。

傍目には同じ様な彼女ですが、彼女を取り巻く環境は転入直後とは別物になっています。
前回の凌辱によって、それを知っている男子生徒からは性欲に支配された好色な視線で見られている事になります。
しかし、何よりも悠美の心を苦しめているのは、親友と言えるまでになっていた恵理子の事ですね。
彼女もエクリプスにより、今までの彼女ではなく、精神を操作されており、エクリプスのシナリオ通りに悠美を精神的に追い込んでくる立場となっているからです。

これまでの人生で、悠美には心の寄り所となれる存在は先代の聖天使であった母親以外にはいなかったんですね。
そんな彼女の前に現れ、聖天使として戦う悠美の事を気味悪がらずに接してくれた彼女が味方ではなくなった事に悠美の心は穏やかではいられません。

実際、恵理子の行動によって、無関係な生徒までを被害に逢わせてしまう状況を作り、それをしれっと悠美(ユミエル)のせいだと周りの生徒たちを巧みに誘導し、凌辱にもっていく事になるなど、やり口がすっかり陰湿なものに…。
エクリプスの精神操作を受けているだけに何ともやりきれないですが、一番の被害者は無関係なのに巻き込まれてしまった生徒だよなぁ(汗)

またこういうシチュエーションでの凌辱行為が似合うんですよね、悠美は…。
ひたすら人のために戦い、守るという使命感以上の、ある種の呪いにも似たものとして聖天使の役目には彼女を縛っている事にもなるのですが、そのため守ろうとしている人らに罵声を浴びせられるという行為は彼女を一番苦しめる要因でもあるんですね。

そんな悠美を苦しめる場所は、学園だけではなく寮の悠美の自室にまでも及び、彼女を心身ともに消耗させる事になります。
しかし、そんな状況下で悠美は恵理子の精神操作されている中でも、自分を案じている事を知る事に。
ですが、それを良しとするエクリプスではなく、またもエクリプスの干渉に遭い、恵理子は危機に…。
この時に、悠美の身に大きな変化が起こる事となり、彼女の姿は今までのものとは全く違うものへと変貌していく事となります。


Hシーンは、基本的にはエクリプスとの凌辱行為がメインですね。
一応序盤にこそ、一般生徒たちによる凌辱行為がありますが、その後はなくなり、エクリプスとの展開に移行していきます。
個人的には、もう少し真っ当な姿の相手との行為が見たかったですけどね(汗)

エクリプスは人間が変貌した存在ですが、姿形はカエルだのウツボだのエイだのとまとものがいないですからねぇ(汗)
行為も勿論、人間離れした行為ばかりなので、迫力やインパクトはありますけどね。

特にインパクトあったのは、耳の穴に舌を挿入ってシーンでしたね(汗)
長い舌によって、鼓膜まで突き破られるという展開はかなりのインパクトです。
耳が性感帯の場所であった悠美でも当然、破瓜の痛みはありつつも、その耳内を縦横無尽に蠢く舌によって絶頂をするまでになるのは、さすがというか(汗)

他にも乳首にエクリプスの毒針触手を肉棒の様に何度も打ち込まれて絶頂するシーンなども印象に残りましたねぇ。

精神操作されている恵理子とのレズ行為や、エクリプスによって恵理子の股間に肉棒を生やされてのふたなり化による悠美とのHなどもあります。
ふたなり化は、個人的には結構嫌いではないですし、実際恵理子と悠美の関係って割と最初からレズっぽい所もあって、そういう展開もあるんではないかなと思ってただけにあったのは、良かったです♪
悠美の膣内の気持ちよさにたまらず濃厚な精を迸らせる展開は、かなり早く早漏なんですが、そこが恵理子が男の感覚に不慣れな所が表現されていていいですねぇ。

中盤では、ちょっと展開が凌辱は凌辱でも悠美が男を責めていくという逆な展開が見られたのは珍しかったですね。
意外に二次元ドリームノベルズで、逆に男を襲うってノリはないですからねぇ。
なので、痴女的な妖しさを感じさせる悠美の姿は普段の彼女とはまた違う魅力があると思います。
でも、相手がエクリプスな事もあり、かなり手荒なSな行為が多いのでちょっと見てて痛々しいですが(汗)

挿絵は前作同様に「白ぅ~凪ぃ」さんが手がけています。
なので、問題はないと言いたいのですが…、何か前作と絵柄が変化していませんかね?(汗)
白ぅ~凪ぃさん自身のコメントにも久しぶりの描画で描き方を思い出すのが…とあったので、やはり絵柄のテイストがやや変化したかなと。

確かに私はこの間前作を読んだばかりでしたが、実際ノベルズでは2009年発売だったみたいですから、それから3年近くも経過していれば絵柄も変わるでしょうしね(汗)
今作のは、前作よりも色気が強く出ている感じでしょうか。
表情も生々しさが出ており、前作の様な、かっちりとした表情よりも艶気が増してますね。

正直私の好みで言えば、前作の方が好みですので、今作のはあまりハマりきらなかった所があるのも確かです(汗)
まぁ、この辺りは好みですが、それでもかなり描きこまれた描写は迫力があり、見所だとは思いますけどね。

全体的に、かなり濃厚な展開で読みごたえがあった作品ですね。
とりあえずこの学園での物語に関しては、ここで終わっているので前作と今作で前編後編みたいな感覚で読むのが良いと思います。
今作からでもあらすじもあり、読めなくはないとは思いますが、やはり前作から読むのが良いでしょうね。
いきなりエクリプスに良い様にされている状態から始まりますし(汗)

でも、これ3、4作目も新装版出るんですかね? また2、3年後だったりして(汗)

新装版 聖天使ユミエルII ダスクリベレーション 新装版 聖天使ユミエルII ダスクリベレーション

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】聖天使ユミエル(2)新装版

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
新装版 聖天使ユミエルII ダスクリベレーション

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド レビュー

二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド


もうすぐ新刊で新装版IIが発売されるという事で、今頃購入してみました(汗)

新装版とある様に、この作品は過去に発売されていた作品のリバイバル作品です。
私は過去作品を読んでいないのですが、4作くらいシリーズ化されているんですね。
これは、その1作目のリバイバルって事なのでしょうか?
今後発売予定のIIと2作目のサブタイトルが同じなので、そうなんでしょうね。
…って事は、4冊出るの?(汗)


主人公兼ヒロインの「羽連 悠美」(はむら ゆみ)は、実は聖少女ユミエルとして人に仇なす異形の存在「エクリプス」と戦い続けています。
数えきれない程のエクリプスを倒してきた彼女ですが、今回悠美はエクリプスを追い、ある学園に潜入する事になります。
しかし、悠美は敵の手に落ち、凌辱されてしまうと言う展開です。

登場するヒロインは、悠美の他に学園で知り合った女生徒の「一之瀬 恵理子」(いちのせ えりこ)、「新野 瞳」(しんの ひとみ)がいます。

悠美は、エクリプスと戦い続ける少女です。
しかし、内向的で純情な性格ゆえにその戦いで苦しむ事もありますが、持ち前の正義感で頑張っています。

恵理子は、悠美が学園にやってきた時に知り合う事になる生徒です。
風紀委員長を務めており、学園内の揉め事に目を光らせています。
活発な性格で悠美といきなり友人になります。

瞳は、恵理子のクラスメートです。
言葉数が少なく、冷静沈着な雰囲気を持つ才女です。
恵理子とは、仲が良いらしく彼女の明るさに好ましさを感じてもいます。


展開的には、悠美はエクリプスを追って学園に転入する事になり、恵理子たちと知り合う事になります。
今まで一人きりでエクリプスとの孤独な戦いを繰り広げていた彼女にとっては、恵理子たちとの交流は戦いに疲れていた悠美の心に沁みこむんですね。
過去には助けた相手にまで、恐怖の目を向けられたりと感謝される事のなかっただけに、彼女たちと過ごす時間は心地よいものな訳です。
まぁ、それゆえに恵理子のピンチに対して、見捨てる様な事は出来ず、悠美は敵の凌辱を受ける事になるのは皮肉な話ですね。
でも、仮に恵理子でなくても見捨てれる真似が出来ない彼女だったでしょうが。

恵理子を助けるために、悠美は凌辱されながらも何とか危機を脱する事ができますが、結果恵理子にユミエルであるという事を知られてしまう事となります。
悠美としては、正体がバレる事も覚悟で助けに来たのですが、恵理子は悠美を怖がる事はせずに受け入れてくれます。
ベタなシーンではありますけど、こういう所をしっかりと描いているのは好印象ですね♪

この後で悠美は恵理子に正体の事や、エクリプスなどの事について語る事になります。
正直、読み手もここまで何故悠美がユミエルとして戦い続ける必要があるかなどは、断片的にのみしか描かれてなかったんですね。
なので、ここで読み手も詳しい状況を知る事となる訳です。

彼女の語るエクリプスの事や悠美に聖天使の役目を託した母親の事などが語られる事になり、恵理子は悠美の背負った過酷な運命を知る事になります。
それを聞いても、ますます恵理子の悠美に対する気持ちは変わる事がなく、ふたりの繋がりは増す事になるんですが、その気持ちのままキスを交わす事になったのはちょっとびっくり。
…何だろ、別な意味で仲良くなってきた感も(汗)

しかし、この幸せな時間も長続きはせず、恵理子は学園を支配しているエクリプスの手に落ちてしまいます。
悠美は、恵理子を助けるため、エクリプスとの決着を付けるために向こうの誘いに乗る事になります。
ですが、悠美はある事情で戦えなくなってしまい、凌辱される事に…。

Hシーンは、ユミエルこと悠美だけではなく、恵理子にもあります。
恵理子に関しては、序盤に不良学生に強引にフェラをさせられて顔射されてしまう展開があります。
個人的には、恵理子のキャラクターは好きなだけに結構興奮できるシーンでした♪

後、印象に残っているシーンは、敵の能力により恵理子が敵の操られている場面ですね。
なので、普通ならば口にしないいやらしい発言などを平気で言う訳ですが、そこで悠美は男子生徒たちの性処理をするはめになってしまいます。

個人的に、こういう正義のヒロインが本来は守るはずの存在である一般人から凌辱されてしまうってシチュエーションが好みなんですね。
なので、それが入ってたのが嬉しかったですね♪
また親友である恵理子から、男子たちを抜いてあげなさいとか言われるのは、悠美にはたまらない責めですし、彼女を人質に取られているのと同じですからね(汗)

男子たちの肉棒をたどたどしい手つきながらも、手コキで射精に導いていく彼女の姿にまた男たちの興奮は高まるばかり…。
勿論、手だけでは済む訳もなく口での行為もしながら男子たちを射精させる事になります。

その後は、本番もありますが敵に凌辱されているので初めてではないみたいですね(汗)
でもそんな描写あったかなぁ…。
一応人間相手のHは初めてではありますが、処女ではないので挿入されてすぐに感じてしまう事になりますね。

勿論、人間以外のエクリプスに凌辱される展開もありますが、個人的にはあまり人間離れした奴に凌辱されるのは好みではないですが(汗)
でも、この時では悠美はユミエルに変身しているので、その格好での行為なのは良かったですけどね。
男子相手でもその格好のままでHシーンあっても良かったけど、男子の時はスク水なのでどっちも捨てがたい…。
それにエクリプス相手にスク水ではさすがに格好がつきませんしね(汗)

挿絵は「白ぅ~凪ぃ」さんが手がけています。
成年コミックなどもやられているだけに、いやらしさは文句なしですね♪
かなり描きこまれた絵柄で、迫力などが二次元ドリームノベルズの相性抜群ですね。
H度はかなり高いと思います。
肉棒の描き方が成年コミックな感じですねぇ、あの先端部の凶悪さとか(汗)

後は、終盤のヒロインたちの目が光がなかったから、ちょっと怖かったですね(汗)

全体的には、変身ヒロインの王道な展開だったかなと思いますね。
しっかりキャラクターが描かれており、見応えがありましたので個人的には結構満足ですね。
でも、このラストの展開でどう今後に繋がるのかが、続編を見ていない私には謎(汗)
4まであるんでしょ? このシリーズ…。

とりあえず今月発売される新装版の続編を待ちたいと思います(汗)
でも、4まで続くのかと思うと今後どうするかな…。
新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】聖天使ユミエル新装版

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ ディバインハートマキナ レビュー

二次元ドリームノベルズ ディバインハートマキナ 反逆の女神


6月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公兼ヒロインの「来須 麻希奈」(くるす まきな)は、悪の秘密結社「ミレニアム」によって、天才科学者だった父親と妹「亜里亜」(ありあ)らと共に囚われの身となり、人体実験に使われてしまった過去があります。
しかし、洗脳手術前に父親の決死の行動によって麻希奈は逃げ延びる事に成功。
麻希奈は、改造された事で手にした力によって、正義の戦士「ディバインハート・マキナ」へと変身し、ミレニアムと戦う日々を過ごしています。
そして、マキナは自らわざと捕まり、ミレニアム内部に潜入し、決着をつけようとするものの、彼女の前に立ち塞がったのは父と一緒に拉致にあった妹、亜里亜の姿だった…という展開です。

登場するヒロインは、麻希奈に亜里亜の姉妹のみです。

麻希奈は、ミレニアムによって人体改造をされてしまった改造人間です。
改造によって、「創世の宝玉」と呼ばれるミレニアムの秘宝を埋め込まれており、その力を引き出して戦っています。
学園にも通っていますが、他の生徒たちと必要以上に親しくならない様にと一線を越えない距離感での最低限の付き合いしかしていません。

亜里亜は、麻希奈の妹です。
姉と同じようにミレニアムに拉致されており、姉共々連中の慰み者にされていました。
麻希奈の脱出時に生き別れ、消息が不明のままです。
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~

展開的には、麻希奈はミレニアム本社に侵入し、決着をつけようとしてたものの、その前に立ち塞がった、妹の亜里亜…。
彼女もまたミレニアムによって改造人間にされており、彼女には創世の宝玉の対になる存在、「破滅の宝玉」を埋め込まれており、彼女もまた変身し、「デモニックギア・アリア」となり、マキナに襲い掛かる事になる流れです。

…これ読んだ時に、5月にレビューした二次元ドリームノベルズの「聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ」を思い出したのは私だけでしょうか?(汗)
あの作品も、PCゲームとして発売され、二次元ドリームノベルズになった経緯があり、それも共通していますし、何よりあれも変身ヒロインものなんですよねぇ。
まぁ、あれは魔法少女系ですけど。
そして、あれも妹が敵に回るという…所までそっくりなんですよねぇ(汗)

向こうの場合は、姉に恋人を取られたと嫉妬したところを突かれたんですが、今回は一緒に捕まったのにマキナのみ脱出してのうのうと過ごしていた事に対する強い憎しみがあるんですよね。
まぁ、マキナが逃げてしまったら、当然残された方に尚、強い責め苦が待ち受けているのは想像付きますからねぇ…。

そんなアリアの強い憎しみの前にマキナはなす術がない状態に。
マキナはアリアにかつてミレニアムの連中に陵辱されていた過去を思い出させる様に、妹の手によって陵辱されてしまいます。
見所なのは、姉の性感を知り尽くしている彼女によって意思とは裏腹に絶頂してしまうマキナの姿ですね。
特にアリアに口内に舌を入れられ、唾液を流し込まれ、舌同士で扱かれる描写はいやらしいですねぇ♪

そんな絶頂して無力となったマキナは、再びミレニアムに自身の身体を改造されてしまいます。
これには理由があって、創世の宝玉に選ばれたマキナは、自身の意思でなければ、その効力を発揮できないという事情があるんですね。
なので、強制的に人格を弄ったりしては無意味な訳で、マキナには自分の意思でミレニアムに服従させる必要がある訳です。
そこで陵辱による快感行為で彼女を墜とし、マキナの力を利用しようと考えています。

再改造によって、格段に快感による耐性がなくなり、戦う力も激減したマキナは度重なる陵辱によって心身ともに消耗していきます。
今作では改造人間とか登場しているだけあって、スライム状のものや怪人相手などに陵辱されるなどの展開があるのはお約束ですね。
純粋な人間の形態ではないがゆえの一方的な陵辱行為は、やはりこういう作品では抑えておかないといけませんねぇ♪

更に学園にも彼女の安息の場はなくなっており、マキナは学園の男子生徒たちにも陵辱される事になります。
元々、学園内というか外でも彼女の存在は悪のテロリストとして報道されている状態なだけに男子側としたら、何の躊躇いもなくお仕置きと称して行為に臨める訳ですね。
まぁ、それがなくても発情してしまった彼女を前にしたら、そりゃ獣欲が暴走しますわな(汗)
この頃には、すっかり出来上がってしまっているマキナはご主人様たちからの行為として嬉々として受け入れる様になっています。

Hシーン的には、男子生徒らの集団を相手にした展開もですが、個人的には再改造によって施されていた、クリトリスの男根化が個人的には見所ですね。
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~

となると、その肉棒の相手ですが、登場している女性だとやはりそこは妹のアリアですよね。
ですが、残念だったのはアリアの膣内に挿入という展開がなかった事ですね。
やはり本来感じる事のなかったであろう、妹の膣内の感触に翻弄され、快感に悶えるシーンは欲しかったですねぇ(汗)
まぁ、アリアはドSなのでそんな行為は許さないか(汗)
実際アリアからは足コキで射精しかなかったですし…。
自分の足での刺激に悶える姉の姿を嬉々として、見下ろすアリアの姿は彼女の積もりに積もった強い憎しみが表れている印象的なシーンですね。

一応終盤に彼女も陵辱シーンがありますが、それくらいしかなかったので欲を言えば、アリアの捕まっていた時期の陵辱シーンなども見たかったですねぇ。
中々、アリアも魅力的なキャラクターだったのでもう少し見せ場が欲しかったかな。

挿絵は「KAGEMUSYA」さんが手がけています。
原作版の方で、原画を担当されているので全く違和感なく楽しめますね。
挿絵は初めてとの事ですが、やはり原作版も手がけているのでクオリティーは高いですね♪
はっきりとした描線で描かれているので、こういった陵辱系の作風にハマる絵柄だと思います。
マキナの意思の強さが伺える表情や勝気というか強気のアリアのSっ気たっぷりな表情などは魅力的ですねぇ。

個人的に気になったのは、一部の怪人の絵がややゲテモノじみている事でしょうか(汗)
私もこの手の作品は見慣れているんですが、妙にインパクトのある外見だったので…。
触手嫌いな私には…(涙)

お気に入りは、マキナがスライムに纏わり付かれて身体を蹂躙されているシーンですね。
スライムが膣内に侵入されて、嫌悪感もありながらもそれだけではない感覚に歯噛みしている苦悶の表情は魅力的です♪
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~

王道なストーリーなので、読みやすい作品だとは思います。
まぁ、逆に言うと意外な展開はあんまりないって事でもあるんですけどねぇ(汗)
こういう作品のお約束な展開が好みなら、何だかんだ楽しめるんじゃないでしょうか。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ディバインハ-トマキナ~反逆の女神~

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ディバインハートマキナ 反逆の女神

DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~



ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ エンジェルストライカーズ レビュー

二次元ドリームノベルズ エンジェルストライカーズ

エンジェルストライカーズ (二次元ドリームノベルズ 307)
黒井弘騎
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 578

全宇宙を侵略するゼノクライスト帝国から地球を守る魔法少女戦隊「エンジェルストライカーズ」。人類の希望となって活躍する彼女たちだったが、帝国幹部の奸計によって一人また一人と陵辱されていく。理性を蕩かす妖蟲姫の搾乳調教、機械触手による公開破瓜、仲間を襲う禁断の肉棒快楽…。チームの要・リョーコは堕ちた仲間たちの姿を突きつけられ正義の心を折られていく。魔法少女戦隊の正義を嬲る淫虐なる侵略者。

3月発売の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

発売前情報で「戦隊もの」みたいな事を言ってたので、へぇ、珍しいなぁという印象でちょっと期待していたんですが、実際は私の思っているような戦隊ものではなかったですね(汗)
私のイメージが古かったかな、**レンジャーみたいな(汗)
制服のようなバトルスーツの感じなんでしょうかね? この作品のは。
なぜ疑問系なのかと言うと、挿絵ではいつも敵によって既に破かれており、いまいちちゃんとした状態での描写がなかったので良く分かりませんでした(汗)
でも、一人はなぜかゴスロリっぽい格好ですので、皆同じ衣装ではないみたいですが…。
個人的には破かず、ボディに張り付くような衣装を堪能したいんですけどね(汗)

話の内容は、宇宙よりやってきたゼノクライスト帝国から地球を守る魔法少女戦隊「エンジェルストライカーズ」が敵の手に墜ちて、身も心も墜ちてしまう話です。
ざっくり過ぎましたが、大体こんな感じですね(汗)
個人的には陵辱系は好みではないですので、基本的に評価は低めですので、あくまで参考としてください。
お好きな人は上乗せで考えてください(汗)

ノリは特撮物の様な感じで展開されていきます。
とは言え、それは序盤まででそれからは陵辱色が濃くなるのでまた違いますが。

エンジェルストライカーズと言うだけあって、戦隊ものの基本?の5人がメインヒロインとなります。
主人公の「リョーコ」は主人公らしく意思の強さと正義感が持ち味の正統派です。
チームリーダーの「セーラ」は、大人の女性であり、包容力などを持ったヒロインです。
そのセーラの娘であり、チーム最年少の「マリス」は言葉使いなどがまだまだ幼さを感じさせるヒロインです。
後は遺伝子改造された双子の姉妹の「リンファ」と「レイファ」がいます。
大概、遺伝子操作されたキャラクターは、冷静沈着なタイプが多いですがリンファは真逆なツンデレッ娘です。
反面、レイファは冷静なタイプです。

しかし、5人ものヒロインがいるためかひとりひとりの見せ場は若干少なめでしょうか。
5人合わせればそれなりの文量となりますが、個々のお気に入りのヒロインがいた場合はもう少し見たいかなと思う事も。
リンファ、レイファに関してはふたり同時となります。

個人的にはセーラ、マリスが好みでした。
セーラはかつての過去の弱みに付け込まれてしまい、その贖罪(しょくざい)としてその身を差し出すといった展開になるのですが、そう自分に言い訳をつけて感じる快感に呑まれてしまって墜ちる姿はいやらしいですね♪
その娘のマリスは、そんな母の姿にショックを受けてしまいますが、また同時に快感にむせぶ母の姿に自分も少しづつ快楽へと踏み込んでしまいます。
幼く、快感を未経験である彼女にはまた快感に墜ちるのも早かったですね(汗)
そんな彼女には股間に肉棒を生やされていまい、リョーコはマリスにアナルを犯されてしまいます。
どうも、私はヒロインが自身には存在しないはずの男性器による快感を味わう描写が好きなようで…(汗)

個人的にはそこまで評価が悪くはないのですが、触手が結構な頻度で出たのが残念です。
いい加減、触手に変わる何か発明してくれないかなぁ(汗)

スト?リー的に気になったのは、敵が強い事でしょうか。
ラスボスどころかその幹部部下すら倒せないとは…。
強大な力で蹂躙するという表現なのかもしれませんが、ちょっとパワーバランスが悪いかなぁと。
せめて一体くらいは倒せて希望を持たせて、落とすような展開があっても良かったかなと思いました。
これでは20人くらいで行かないと勝てなそうです(汗)
幹部同士の対立構造とか内部分裂的なものもあると面白かったかもしれませんが、この人数なのでそんな余裕はないかな。
一般人を人質に取られて助けるために、身を呈して逆に守る対象から陵辱されるような展開があると個人的には喜びます(汗)

あ、セーラは今のメンバーよりも前からエンジェルストライカーズだったみたいなので、その頃の若きセーラの番外編みたいのもあってもいいですね。
ずいぶんと陵辱されたようですが…。

楽天はこちらからどうぞ
エンジェルストライカーズ

エンジェルストライカーズ エンジェルストライカーズ

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
エンジェルストライカーズ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリームノベルズ セラフィックナースエリカ レビュー

二次元ドリームノベルズ セラフィックナースエリカ

セラフィックナースエリカ
セラフィックナースエリカ
価格 935円 税込 レビュー( 0件 )

謎の病「デモナ病」。人を肉欲の怪物に変貌させるウィルスに怯える人々の希望は、セラフィックナースエリカ―汚れなき白衣に身を包み、ハートの弓矢で怪物を「治療」する謎のナース―のみ。その正体は、熱い奉仕の心を内に秘めたヘルメス学園の生徒会長、鷲沢江梨香だった。普段は生徒たちの尊敬を集める彼女。だが、デモナ病治療施設を管理する医師が少女の正体に気づく。実は怪物の姿を隠した彼らこそ、ウィルスの発生源だったのだ。分娩台に拘束され、性器観察される少女ナース。さらに江梨香は生徒会長として、全校生徒の前でウィルス検診と称したオナニー&手コキの精液採取を強制されることに…。未知の火照りに戸惑う少女。やがてセラフィックナースの正体をさらけ出す江梨香を、猛る牡の汚濁が染めていく…。

この作品は、個人的にイラストが好みでより楽しめました♪
何て言うか・・・、おっぱいの弾力感と言うんでしょうか、ムチムチ感がたまらないです(汗)
後、肉棒の絵が妙に好みでした(汗)
個人的には変にゴツゴツしたのはあまり好きじゃないので・・・。
あまり人間離れしたのだとあまりノって読めないんですよ。
今作のは妙にゴムっぽい質感というかピッチリ勃起がパツパツに張り詰めている感が興奮しました。
・・・おかしいのでしょうか、私は(汗)

私の性癖は置いておいて、内容はドリームノベルズの定番である変身ヒロインのバトルもの?です。
敵に囚われた人々を助けようと結果、Hな行為を科せられて、ドンドンエスカレートしていくのはお約束ですね。
また、今作のヒロインはナースなのでなおさらその自己犠牲の精神からHな行為に臨んで行きます。

異形の敵に陵辱されるのも興奮しますが、個人的には全校生徒に対して手コキで精液検査のための精液採取を強制させられる展開はお気に入りです♪
皆、憧れの生徒会長であり、セラフィックナースのオナニーを見せ付けられて皆の興奮は既に頂点なので、群がるようにナースに精液飛ばしまくりです。
そういった展開が好きな人?にはおすすめです。

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
セラフィックナースエリカ

アマゾンはこちらからどうぞ
セラフィックナースエリカ (二次元ドリームノベルズ)
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます