FC2ブログ

阿川椋のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:阿川椋

阿川椋のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2013-12-05リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母隣の美母娘 ~女子高生彼女と禁断のカノ母~ (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 13.12.05芳川葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 9,417Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、2つ年上の幼なじみの「美穂子」(みほこ)がいます。幼い頃から一緒に育った様な関係で...

記事を読む

2013-02-28リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン (リアルドリーム文庫 104)posted with amazlet at 13.02.28巨道空ニ キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 3,636Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の大学生です。そんな彼は、スポーツジムのクーポン券を手に入れた...

記事を読む

2012-08-01リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕 (リアルドリーム文庫 90)posted with amazlet at 12.08.01庵乃音人 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、年上の「柊 遙香」(ひいらぎ はるか)と交際して現在3か月目です。未だキスもしていなかっ...

記事を読む

2011-05-26リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師 (リアルドリーム文庫 62)posted with amazlet at 11.05.26芳川葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1527Amazon.co.jp で詳細を見る5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったのでレビューです。主人公には、父親が再婚した義理の母親「怜子」(れいこ)に対し、好意を持っています。そして...

記事を読む

2010-09-24リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り (リアルドリーム文庫 47)posted with amazlet at 10.09.24芳川葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 3028Amazon.co.jp で詳細を見る正哉が沙優李の養子としてやってきた美涌谷村では、古くから伝わる伝統儀式を行っていた。「今夜から三日間、仏間で私と一緒に寝てちょうだい」都会にはない淫靡な香りが漂う儀式の...

記事を読む

リアルドリーム文庫 隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母 レビュー

リアルドリーム文庫 隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母

隣の美母娘 ~女子高生彼女と禁断のカノ母~ (リアルドリーム文庫)
芳川葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 9,417

11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、2つ年上の幼なじみの「美穂子」(みほこ)がいます。
幼い頃から一緒に育った様な関係でもある美穂子に対して、主人公はいつしか姉の様な感情から異性として彼女に好意を抱く様に…。
そんな彼女と主人公は、恋人として付き合える事に!

しかし、受験生である美穂子のためにHは禁止。
そんな中、美穂子の母親「祥子」(しょうこ)から、まさかの提案をされる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

山室 美穂子」(やまむろ みほこ)
山室 祥子」(やまむろ しょうこ)がいます。

美穂子は、主人公の家の隣に住む幼なじみです。
清楚な顔立ちと抜群のスタイルで、学校の男子から人気があります。
明るく優しい性格の持ち主ですが、年下の主人公に対してはからかって来たりする事も。

祥子は、美穂子の母親です。
幼い頃に母親を亡くした主人公を、以来我が子の様に接しています。
母性の強い所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が幼なじみの美穂子と恋人同士になった事から、何故か母親の祥子まで巻き込んだ展開になる流れですね。

主人公は幼い頃から美穂子と一緒に過ごしてきたんですね。
それこそ彼女の家で食事を共にしたりしていた訳です。

思春期に差し掛かると、姉の様な存在であった美穂子の存在が、次第に異性として彼女に好意を抱いた訳ですね。
それはある意味、自然な事でもありますよね。

そして、それは主人公だけではなく、美穂子もまた主人公に対して弟の様な存在から少しずつ変わっていたんですね。
とは言え、主人公はそんな事が分かる訳はなく、家が隣である事や幼なじみであるがゆえに関係を壊すかもと、告白をしていなかったのです。

しかし、結果的にムードも何もない状態で、主人公は勢いで告白してしまう事に(汗)
失敗かと思われた告白でしたが、結果としてこの告白は受け入れられる事となり、美穂子と恋人同士となったのです♪


それ以降は、彼女と少しづつ関係を深めていく事になり、本番以外の手コキなどのHな行為をしてもらったりするのですが、ここで問題が。

美穂子は現在高校3年生。
これから大学受験が控えており、大事な時期な訳なんですね。

そのため主人公は、彼女の母親である祥子から、できるだけ受験の間はHを控えて欲しいと頼まれてしまったのです。
まぁ、受験生を持つ親御さんの気持ちも分かりますけども、付き合いたてでHもいよいよこれからって時の男子には中々酷な話ですよね(汗)

でも、主人公としても勿論、美穂子の受験がうまくいって欲しいと思う気持ちは本物。
性欲を持て余しつつも、彼女のためにそれを受け入れる事にしたのですが、言葉とは裏腹に落胆の色を浮かべる主人公の表情を見た祥子は母性をくすぐられてしまい、つい言ってしまうのです。

「美穂子の代わりに、おばさんが相手をするのは、どう?」と…。

祥子から突拍子もない発言を聞いて主人公も動揺するんですが、元々祥子にも憧れを抱いていただけに、その申し出を受け入れ、彼女と関係を持ってしまいます。
まぁ、幼い頃に母親を亡くして、母親代わりとして優しくしてくれた彼女の事を憧れていくって気持ちも分かるんですけどねぇ(汗)
それにすぐ初体験させてもらえるって分かったら、美穂子の事で罪悪感を抱きつつも、中々拒めないんでしょうね。

こうして、恋人の母とも関係を持ち、隠しつつ美穂子と交際を続ける流れとなっていきます。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

やはり今作の見所は、親娘との行為ですよね♪
若さ溢れる美穂子、母性溢れる祥子のキャラクターは、それぞれが魅力的ですね。

この手の作品だと、恋人と上手くいかない間に他のヒロインと関係を持ってしまうってパターンが多いですが、別に美穂子は主人公とうまくいっていない訳ではないんですよね。
あくまでも受験のため、あまり羽目を外せないってだけですからね。
しかも、行為を控えるって頼みは、美穂子は知らないですので、結構積極的に誘ってくる事にも(汗)

当然、それを拒める訳もなく、彼女とも結局Hな行為をしてしまう主人公なのでした(汗)

個人的に良かったのは、ヒロインたちの心情も合間に描かれている事ですね。
それは行為の最中でもですが、普段の主人公への想いも描かれているので、彼女たちの感情も分かるのでより感情移入できますね♪
そうじゃないと特に祥子は、何てはしたない事言っているんだって事になっちゃいますしね(汗)

個人的には、やはり祥子との行為がより印象深いですねぇ。
あの母性感は、中々少女では出せない味ですからね。
実の娘の恋人と関係を持ってしまう事に、罪悪感や背徳感などの複雑な感情を抱きつつも、身体は過敏に反応してしまう姿は見所ですね。

勿論、美穂子との付き合いたてな初々しさ溢れる行為も見所ですね。
彼女が、主人公に喜んで貰いたい一心で慣れないフェラをしたりするのは、また愛らしさを感じる事ができますね。
こういう甘いイチャイチャ感は、恋人という関係ならではですね♪


終盤では、ふたり一緒に交えての行為もあります。
娘が母を、母が娘の行為を見る中での行為って状況は、冷静に考えると何とも異様な雰囲気ですな(汗)
まぁ、別にギスギスした雰囲気ではなく、妙ないやらしさがある中での行為になるのでご安心を♪

やはり一緒にふたりを相手にしてみると、親子だなぁって感じさせる様な所も。
お互いにいくら親娘でも、行為中の顔は知らないだけに、お互いに見た事の無い表情な相手を見て、「あんなHな顔をするんだ」みたいな心を揺さぶられている描写は見応えがありますね。
それがまた両者の行為を燃え上がらせる事になっていきますね。

挿絵


挿絵は「阿川椋」さんが手がけています。
最近のリアルドリーム文庫では「濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン」や「家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕」などがありますね。

どの作品でもですけども、やはりムッチリとした肉付きの良い肉感的なヒロインたちが魅力的ですね♪
特に豊かな胸は、文字通り零れ落ちそうな程のサイズを誇っており、むしゃぶりつきたくなりますね。

美穂子もまた母親譲りの立派な胸を持っており、彼女の若さもあってパツパツに張り詰めていますねぇ♪
対して母親の祥子は、張りだけではない柔らかさなどがあって、どちらも魅力的です。

挿絵数が少ないのが残念なのは、基本ですね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、親娘との関係を描いているという、リアルドリーム文庫ではそれ程珍しくはない作品ですが、丁寧にヒロインごとの描写を含めているので読みやすく、ヒロインの人となりが見えて、愛着が持てる内容に仕上がっていましたね。

まぁ、主人公が若干性欲に流される傾向はありましたけども、そうじゃないと話にならないですしね(汗)
それくらいの方がHなシーンも見れますしね♪

展開はベタな方なので、そこの新鮮味は控え目かもしれませんが、親娘ものが好みであれば楽しめると思います。

隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母 隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母

楽天はこちらからどうぞ
隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
隣の美母娘 ~女子校生彼女と禁断のカノ母~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン レビュー

リアルドリーム文庫 濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン

濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン (リアルドリーム文庫 104)
巨道空ニ
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3,636

2月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の大学生です。
そんな彼は、スポーツジムのクーポン券を手に入れた事で、スポーツジムを利用する事になります。
そこで主人公は、対応してくれたジムのインストラクターの「伊東 由香」(いとう ゆか)に心惹かれてしまう事に。
彼女ともっと親しくなるために、ジムのアルバイトをする事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
伊東 由香」(いとう ゆか)
白石 恵」(しらいし めぐみ)
八坂 圭子」(やさか けいこ)の3人がいます。

由香は、主人公が通う事になるスポーツジムのインストラクター兼選手です。
勉強熱心であり、前向きでサッパリとした性格の持ち主でもあります。

恵は、主人公の大学の後輩です。
体力作りのためにジムに通っています。
主人公とは同じ同好会に所属しており、知り合いでもあります。

圭子は、ジムを経営する会社グループの女性役員です。
由香の友人でもあり、彼女の選手としての活動をサポートしています。
未亡人です。

ストーリー展開


展開的には、主人公がスポーツジムに通った際に、由香に心奪われてしまい、結果アルバイトとしてジムに関わる事になった事で、スポーツジムに関係する女性たちと関わる事になる流れですね。

元々、主人公は軽い気持ちで女の子と知り合えたらいいな程度の感覚でジムに参加したという経緯があるんですね。
まぁ、一緒に参加するつもりだった連中がこぞって不参加になったので、主人公だけジムに来た訳です。

そして、由香という存在に出会い、目的は結果果たした格好になった訳です。
それから主人公は、由香との時間を楽しみにジムに通う事になり、それなりに彼女と親しくにはなるのですが、問題はクーポンの期間が迫っていたんですね。
勿論、今後も由香に会うためや身体を鍛えるためにジムに通いたい所ですが、学生である主人公にはジムの会費は大きなものですので、継続は困難…。

そんな時に、由香からジムのアルバイトをやってみないかと誘われる事になり、ふたつ返事でアルバイトとして働く事になります。
仕事仲間となった事で、由香との関係も更に近づいた主人公に由香は誘惑してくる事になり、彼女と関係を持つ事になります。

とは言え、まだ由香とは付き合うとか恋人というはっきりとした関係ではないという微妙な関係ですが、更に主人公の前に他の女性たちが現れ、主人公を取り巻く状況は大きく変化を見せる事になっていきます。


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキ、アナル弄り(男女共に)、アナルセックスなどがあります。

意外にも思ったよりもアナル描写があったかな。
まぁ、中盤まではないんですし、特に多かったのは終盤くらいなのですので、全編アナル尽くしではないですが。
ヒロインの一人である圭子が結構アナル弄りがあって、彼女が登場してから増えてきた感じですね。

スポーツジムなので、あの特徴的な身体のラインが出ている衣装での行為が多いのも、嬉しい所ですね。
挿絵が少ないので、あまり姿を見る事が出来ないのが残念ですが(汗)

ハーレム的な作品なので、基本的には複数ヒロインでの行為が中心ですね。
最初の由香くらいなものかな、ふたりっきりというのは。
その時は他のヒロインはまだ登場してなかったですし。

スポーツジムという設定で、もっと引き締まった感じのヒロインばかりかと思いましたが、アスリートは由香だけですし、圭子は経営の方だあったりと、スポーツマンばかりな訳ではないですね。
まぁ、アスリートが3人だったら、主人公死んじゃうしな、きっと(汗)

挿絵


挿絵は「阿川椋」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、「家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕」や「禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師」、「田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り」などがありますね。

相変わらずのパツパツとした肉感的な絵柄が特徴でもあります。
他の作品でも、胸の強調などはかなりのモノでしたが、今作は特に衣装も相まってかなりの存在感が…。

表紙絵を見た時は、ボールかと思う程の胸の大きさだなと思った位ですからねぇ(汗)
ちょっと現実離れ気味なので、人によっては、ちょっと気持ち悪いと感じる人もいるかもしれませんね。
まぁ、それが売りというか特徴でもあるんですけどね、この人の。

気になったのは、他のヒロインに比べると若干恵だけ幼く感じる所があったかな。
まぁ、他のふたりは結構な身体付きをしているのもあってか、一緒にいる挿絵だと妙に恵が幼い感じに見えますね(汗)
確かにヒロインでは最年少なんですけどね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、分かりやすいハーレム物でしたね。

多少気になった点は、圭子の登場から行為に至るまで、かなり早かった事かな。
確かに、他のふたりに差をつけられているだけにチンタラしてられないってのも分かりますけどもね(汗)

一応、理由はあるにはありますが、何ともな…(汗)
まぁ、それだけが全ての動機ではないので、固執する必要はないですが。

殆どの世界が、スポーツジム内だったのも当然と言えば、当然ですが、もう少し個人のプライベートなどが垣間見えても良かったかなとは思いましたね。
家とスポーツジムの往復どころか、ジムから毎回始まって終わるので、主人公の事も良く分からない(汗)

作風としては、明るくクセがないので、読みやすい作品だと思います。

濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン 濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 家政婦は蜜尻女子大生 レビュー

リアルドリーム文庫 家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕


7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、年上の「柊 遙香」(ひいらぎ はるか)と交際して現在3か月目です。
未だキスもしていなかったのですが、この日主人公はデートの最中、彼女とキスを経験する事になります。
そんな中、彼女と別れ、帰り道で舞い上がる主人公の前に現れた存在が。

その相手は、主人公家が以前から両親が仕事の関係で不在になるために家政婦の募集をしてたのを知り、応募してきた希望者だったのです。
愛原 紬」(あいはら つむぎ)と名乗った彼女の姿に主人公は、遙香という恋人がいるにも関わらず、彼女に心を惹かれてしまう事になってしまう展開です。


登場するヒロインは、遙香に紬のふたりです。

遙香は、主人公の恋人です。
2つ年上で現在は大学生であり、高校時代は主人公と同じ高校にいました。
主人公とは高校時代の部活の先輩後輩の関係でもありました。

紬は、主人公の家の家政婦募集に応募してきた女性です。
彼女もまた女子大生ですが、苦学生のためにアルバイトとして家政婦をしています。
豊満なボディと柔らかく母性的な性格をしています。


展開的には、主人公の家に家政婦として紬が住み込みでやって来る事になる流れですね。

元々、主人公の家では両親が仕事の関係で家を不在にしている状況なんですね。
そこで家政婦を募集していたという経緯がある訳ですけども、実際にやって来たのが女子大生だったという事で主人公もかなり意識する事になります。
更に主人公は、初めて会った紬に対して、とある感覚を覚える事になります。

そんな相手が住み込みとして働くってなれば、集中できないってのも分かりますね(汗)
それでなくても、遙香とのキスなどをした事で、初Hへの期待でソワソワなのに(汗)

そんな中、主人公は後日のデートで遙香と初体験を行う事に成功します。
お互いに初めてを捧げられて、身も心も繋がった感じになった主人公ですけども、その後遙香とは彼女の大学の部の合宿で数日間離れ離れになる事になります。
せっかく初Hもしただけに、しばらく会えない事になったら、そりゃ辛いですねぇ(汗)

まぁ、穿った見方をすれば、その間に紬との話が起こるんだろうなぁって思いますけどもね(汗)

実際、その後は紬とのエピソードに移行する事になります。
遙香とはまた違った魅力などに主人公は紬への感情を抱く事になります。

そんな主人公は、洗濯機に入っていた紬の下着を見つけてしまい、ついそれを手に取ってしまうんですね。
そして、下着を使って妄想に耽り、自慰をしてしまう所を本人に見られるというお約束の展開に(汗)
もう終わったとへこむ主人公でしたが、紬は何とか許してくれて、更に話はおかしな方向に展開していく事になります。


Hシーンでは、遙香、紬のふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

他にマニアックな行為だと、顔面騎乗、尻コキとかもありますね。

この主人公、いつの頃からかある要因によって、女性の身体でお尻に強い興奮を抱く様になっているんですね。
なので、割とお尻を強調した描写、行為などがあるのが特徴ですね。
それがアナルセックスや顔面騎乗、アナル舐め、尻コキなどに繋がっている訳です。

まぁ、タイトルに尻って文字があるので、ある程度は想像が出来るのでないかとは思いますけども(汗)

やはりレーベルがリアルドリーム文庫って事もあってか、お尻の周辺の毛の描写などもしっかりされていますねぇ。
あまりそこら辺の描写って、他のレーベルだとあまり詳しくはやらないだけに新鮮でしたね。
まぁ、お尻の毛をクイッて引っ張ったり、舐めだしたら、女性陣はそりゃ恥ずかしいですよね(汗)

後は、お尻を強調しながらの放尿シーンなどもあり、見所になっていますね。
またそのシチュエーションは、トイレで主人公が見る前で用を足すという状態になっているんですけども、この時のトイレが水洗なのですが、和式のタイプの便座ってのがより、屈んでお尻などを突き出して強調させる効果がありますねぇ。
それに和式便器って、ちょっと雰囲気いやらしいですしね(汗)

勿論、お尻以外の要素でもフェラなどもありますし、回数もそれなりにあるのでそこまでお尻が好きでなくても、楽しめるとは思います。
私も、お尻がそこまで大好物って訳ではないですし(汗)

終盤にふたり一緒での行為はありますけども、基本はひとりずつとの行為がメインですね。
それでも、それ程物足りなさは感じないはずです。


挿絵は、「阿川椋」さんが手がけています。
他の作品では「禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師」、「田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り」があります。

その他の作品でも分かる様に、かなり肉感的な絵柄が特徴的ですね。
なので、独特の存在感といやらしさを感じますねぇ♪

今作のテーマでもあるお尻や胸なども、かなり強調しているので、見応えがあると思いますね。

個人的には、あれだけ豊満な胸もあるのだから、パイズリの絵とかも見たかったですねぇ。

意外と思ったのが、遙香のキャラデザインですかね。
作品を読んでて、彼女の挿絵が出るまでのイメージと挿絵ではちょっと違ったんですよねぇ。
まぁ、これは私が勝手にそう思ったってだけなんですけどもね(汗)
結構優しい女性って感じだったけども、見た目は意外に大人っぽくてクール系に見えたかな、と。


全体的には、久しぶりに正統派な作品を見たかなと感じましたね。

私は、当初ハーレム的な内容なのかと思っていたんですね。
ですが、読み進めると次第にそうではない事に気づいていく事になりますね。

はっきり言ってしまうと、どちらかを選ぶ事になる訳なんですけども、そこら辺のやりとりや描写が胸に刺さるというか…、色々思わされる事になりますね。
久しぶりにこういう展開の作品を見た気がしますね。
最近は、大体ライトなノリでハーレムに至る作品が多かった事もあり、これは今作を読んでて久々に味わった感覚でしたねぇ(汗)

そういう点でもリアルだったかなと思いましたね。
Hシーン以外の描写も、そういう事もあって、読み応えのある作品だと思いますので、そういう所を味わいたい人には楽しめるのではないでしょうか?

家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕 家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕

楽天はこちらからどうぞ
家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕 リアルドリーム文庫 / 庵乃音人 【文庫】

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師 レビュー

リアルドリーム文庫 禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師

禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師 (リアルドリーム文庫 62)
芳川葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1527

5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

主人公には、父親が再婚した義理の母親「怜子」(れいこ)に対し、好意を持っています。
そして、それと同時に彼女に対し沸き起こる性欲を彼女にぶつけたいと思う気持ちも持ち合わせています。
とは言え、そんな事を本人に対して言える訳もなく、日々を悶々と過ごしている状況です。
そんなある日、主人公の家庭教師として勉強を教えている「西牧 理沙」(にしまき りさ)に想いを伝えてみたらと言われる事から、主人公は理沙の提案に乗っかる形で怜子との思いを成就できるように行動を起こすという展開です。

登場するヒロインは、義母の怜子に家庭教師の理沙、主人公の担任の「冴島 敦子」(さえじま あつこ)がいます。

怜子は、主人公の義母です。
名門進学校で教鞭を振るう教師でもあります。
豊満な肉体を持っており、主人公を想う母性的な性格をしています。
主人公の家は改築時に、アパートも併設しており、怜子はその家主でもあります。

理沙は、主人公の家庭教師として勉強を見ている大学院生です。
「思春期の性」を研究しており、主人公が怜子の事を女性として見ている事に気づき、大胆な提案をします。
主人公のアパートに住んでいます。

敦子は、主人公の学校の担任です。
肉感的な身体つきをしていますが、普段学校ではそれを隠す様な服装をしており、地味な印象でした。
離れて暮らす中学生の息子がいます。
こちらも主人公のアパートに住んでいます。

展開的には、主人公が理沙に大胆な提案をされる所から物語が始まります。
そこで、伝えられたのは怜子の洗濯物の下着を自慰に使って、精液を拭きとらずにそのままにしておくというとんでもないもの(汗)
そんなのしたら、追放か出て行くよなぁ…。

更に理沙からは、テストで成績が上がったらご褒美もかねて、Hな行為をしてもらえる事になります。
ここでフェラや手コキなどで主人公は溜まっていた精を放出します。
これだけだと、何か理沙が痴女的な存在に感じられそうですが、実際の彼女はちょっとHなお姉さんキャラ程度でしょうか。
…あれ、痴女と変わんない?(汗)

主人公も気持ちの中では、理沙に対する好意も怜子ほどではないものの、好意があるのでそんな彼女との初体験も魅力的な訳です。
元々、理沙自身も主人公が中学生になった頃にアパートに入った事もあり、主人公に弟の様な感情を持っているので、怜子との関係を応援したい気持ちと研究の事が重なっているんですよね。
まぁ、Hまで許すのだから、弟の様な感情よりも上なんでしょうけどねぇ。

そんな彼女の言葉に乗って、それからは毎日怜子の下着にたっぷりと精液を染み込ませる主人公(汗)
毎日とか、嫌がらせすぎる(汗)
まぁ、幸い怜子側も主人公のある意味分かりやすいサインを見て、確実に心を揺さぶられる事になって行くので、理沙の思い通りに事が運んでいく様になります。
更に、主人公に黙って怜子と直接会ったりする事で、怜子の気持ちは確実に動く事に…。

そんな中で敦子とも関係を持つ事になってきます。
ここの理由はまた驚きの理由ですが、敦子もまた自身の息子が主人公同様に似た行為をしている事が発覚するためです。
とは言え、主人公と怜子はあくまでも義理の親子ですが、敦子とその息子は実際の親子であるのが大きな違いであり、障害でもありますね。
ですが、敦子もまた息子に対して想いがあるために、ある意味主人公と敦子の境遇は似たものがある訳ですね。
そんな事もあり、主人公と何だかんだ関係を持ってしまいます。

でも、お互いがそれぞれ相手に自身の想い人を反映させての擬似Hもあります。
個人的には敦子をママと言いながら、敦子もまた自分の息子としてのHシーンは中々倒錯して、独特のいやらしさがあって興奮しましたね。
敦子の主人公の肉棒を見て触って、自分の息子もこうなるのかなどと考えて興奮する描写などはかなりエロいですね♪

その後は、理沙と敦子と一緒にHな事になったり、怜子とついにHする事になるなど盛り上がってきます。

とにかく三者三様の魅力が出ているのがいいですね。
大人の色気という面では、一番年長者である敦子がかなり発揮されていますが、若い理沙の姉な雰囲気の色気もまたふたりとは違った魅力があります。
怜子は顔が敦子よりも童顔なんですが、肉感的な身体つきをしている事もあり、いいとこ取りみたいな感じも(汗)

行為自体はそれほど派手な過激なプレイはないんですが、それを物足りなさと感じさせないエロさがあるので、気にならないと思います。
挿入以外だとフェラ、パイズリ、手コキくらいですね。
もう、この作品に漂う雰囲気がいちいちHですからね(汗)

ちょっと気になったのは、アパートの設定がそれほど活きてなかったかなと言うくらいでしょうか。
全ヒロインが同じところに住んでいるんですが、あまり行き来もなかったし、あんまりアパート暮らしが見えてこなかった印象があったなぁ。
まぁ、そこまで気にする事ではないですけどね(汗)

挿絵は「阿川椋」さんが手がけています。
この組み合わせは「田舎の義母と僕」以来ですね。
あの作品でもですが、ムチッとした肉感的な身体つきが特徴的ですね♪
表情もリアルドリーム文庫にしては、結構リアル目ではない絵柄なので、他のレーベルしか馴染めない人にも受け入れやすいのはいいのではないでしょうか。
逆に濃いリアルめな絵柄を求める人にはマイナスかもしれませんが(汗)

個人的には、理沙が思ったよりも可愛くて好みでした♪
ショートカットだったのはちょっとイメージ違ってたけど、これもアリですね。
敦子の予想以上のお色気には、びっくりでした(汗)
いやぁ、これは艶っぽさが凄いですねぇ。
全ヒロインがどれも魅力的でした♪
それゆえに相変わらず挿絵数が少ないのが残念…。

どのヒロインも、年上の女性らしく主人公に優しく接してくるのが好きな人にはたまらないと思います。
Hシーンなどで彼女たちの視点でも、描かれていたりするのも思っている事が明らかになるので更に感情移入できていいですね。
ふんわり甘い雰囲気が新鮮でしたね、ツンデレとかいないし(汗)
近親相姦と書くと重い印象ですが、実際は結構ライトなので読みやすいと思いますよ。
主人公が「ママ」って呼ぶのもあるのかなとは思いますね、これが「義母さん」とかだとだいぶ重く見えますし(汗)

禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師 禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】禁断の誘惑アパ-ト

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
禁断の誘惑アパート 義母と女子大生家庭教師

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 田舎の義母と僕 レビュー

リアルドリーム文庫 田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り

田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り (リアルドリーム文庫 47)
芳川葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3028

正哉が沙優李の養子としてやってきた美涌谷村では、古くから伝わる伝統儀式を行っていた。「今夜から三日間、仏間で私と一緒に寝てちょうだい」都会にはない淫靡な香りが漂う儀式の数々。巫女の美咲、村長夫人の敬子らも加わり、魅惑の儀式をこなしていくのだが…。

9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

田舎+義母って組み合わせは、もういやらしさ満載な感じがするのは何でしょうねぇ(汗)

主人公は叔母の「沙優李」(さゆり)の養子として、沙優李の住む美涌谷村へとやってくる事に。
村で行なう儀式「禊の儀」(みそぎのぎ)に臨む主人公にHな展開が…という流れです。

禊の儀は、高畠の人間が神社の裏の山で、村の一年の安寧への感謝と来る年の幸福を願い、行なう儀式です。

ヒロインは、義母の沙優李の他に神社の娘で巫女の「美咲」(みさき)、村長の妻である「敬子」(けいこ)がいます。

沙優李は、村の儀式を取り仕切る立場である「高畠家」の当主でもあります。
現在夫を亡くしており、男性がいない経緯もあり、主人公を養子としています。
性格は、穏やかであり、母性的な面が強いキャラクターです。
表紙絵でも分かる様に、相当な巨乳の持ち主でもあります。
主人公を「マーちゃん」と呼んでいます(汗)

美咲は、神社の娘で巫女でもあります。
主人公は養子になる前から、度々この村に訪れており、その度に遊んでいた過去がある、幼なじみの様な関係です。
年が少し主人公よりも上であり、口うるさい所があります。
性格は、ツンデレな所があり、主人公に淡い好意を抱いていますが中々素直になれない態度を取ってしまいます。

敬子は村長の妻です。
沙優李とは幼なじみの関係でもあります。
如何にもと言う様な色気を感じさせる妖艶なキャラクターです。
性には開放的なタイプであり、主人公を誘惑してみせたりします。

読んでて意外だったのは、タイトルでは義母とある訳ですが、序盤は全くそんな感じではなかった事ですね。
中盤辺りから、主人公は義母である沙優李に対し、欲情をしていく展開になるのですが、それまでは主人公は沙優李にはそんな考え自体がなかったです。
大概のリアルドリーム文庫作品で義母モノに関しては、主人公は最初から義母に対して、好意は勿論、性的な対象として見ているというパターンが殆どです。
でも、これはそういった感情を持っていない主人公が、別のヒロインたちとの性行為をきっかけに沙優李にも性的な存在として認識してしまうのがちょっと新鮮でしたね。
これは沙優李にしても同様で、途中から主人公に男を意識する様になっていきます。
それゆえにやや、思ってたよりもメインヒロインとしての立場が確立し切っていない感もありますねぇ。
他のヒロインとの差が思ってた程はなかったかなと。

展開的には、儀式の準備から始まり、それをこなす過程でのHな展開という流れですね。

Hシーンに関しては、最初から美咲の手コキに敬子の口内に発射など中々濃い展開で見応えがあります。
美咲は、儀式の妨げになるから仕方なくという感じですが、敬子はノリノリです(汗)
まぁ、ツンデレ気味な美咲と義母の沙優李では、中々そういう展開にはなりづらいですが、敬子の様な性に寛容なキャラクターはそういう展開には持っていき易いでしょうからね。
なので、初体験は敬子を相手に行なう訳ですが、場所が夫婦の寝室でなく、座布団のある和室ってのが個人的に妙にリアルというかいやらしい感じが出ていて良かったです♪
やはりイメージ的にはベッドでなく、布団でのHっていうのがあるんですよね(汗)

ねっとりとした描写でいやらしさと艶っぽさが表現されているのは好印象ですね。
美咲との何だかんだ言いながらも…みたいな展開からのHもいいんですが、やはり他の女性陣の艶気にはちょっと勝ててない感じもありますねぇ(汗)
美咲は経験があるんですが初々しさも感じられて、経験豊富なヒロインらとはまた違った魅力があるのも確かなんですけどね。

経験をした主人公は義母の沙優李にも欲情してしまうんですが、さすがに息子である主人公とは関係を持つ事に躊躇いがあります。
それでも豊かな胸を使ってのパイズリなどで射精させたりと、十分アウトな気がしますが(汗)
勿論、そのまま最後まで挿入お預けで終わったら、最悪ですが、そんな事はないのでご安心を。
これも儀式には必要な事と自分で理由をつけてからは、もう積極的になっています♪

終盤は、全員揃ってのハーレムプレイです。
ここでは、ヒロイン達同士で主人公の放った精液を啜ったり絡んだりと中々濃く、見応えありますね。

挿絵は結構くっきりとした描線で、アダルトコミックの様な感じとでも言うのでしょうかね?
まぁ、せっかくの挿絵もリアルドリーム文庫なので、あまり挿絵数が少ないのは残念ですね(汗)

同著者さんの作品のふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母を髣髴とさせるママぶりでした♪
同作品が楽しめたなら、今作も楽しめるのではないでしょうか?

田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り 田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り

楽天はこちらからどうぞ
田舎の義母と僕

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
田舎の義母と僕 村の神事は淫靡な香り

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます