FC2ブログ

赤月蓮理のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:赤月蓮理

赤月蓮理のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2011-07-06Pumpkin novels 
Pumpkin novels ラブラブル ~Lover Able~ラブラブル (パンプキンノベルズVol.102)posted with amazlet at 11.07.06赤月蓮理 イーグルパブリシング 売り上げランキング: 26753Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売のパンプキンノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、妹の「花穂」と叔父の元に預けられる事になります。そして、叔父の経営するビーチサイドカフェ「フ...

記事を読む

2010-09-19Pumpkin novels 
Pumpkin novels 乙女恋心プリスター ツドラ編乙女恋心プリスター ツドラ編 (パンプキンノベルズ)posted with amazlet at 10.09.19赤月 蓮理 イーグルパブリシング 売り上げランキング: 100735Amazon.co.jp で詳細を見る大陸の北西にそびえる大国、ツドラ。広大な領土の多くは雪と氷に閉ざされている。この厳しい環境を生き抜くため、ツドラ政府はプリスターによる技術発展に力を入れてきた。プリスターとは女の子の分身である不...

記事を読む

2010-07-04Pumpkin novels 
Pumpkin novels 乙女恋心プリスター モンローハート編乙女恋心プリスター モンローハート編 (パンプキンノベルズ96)posted with amazlet at 10.07.04赤月蓮理 イーグルパブリシング 売り上げランキング: 304573Amazon.co.jp で詳細を見る「プリスターは女の子の心の分身である」「プリスターには心がある。だが、プリズムは女の子の心の分身ではない。だから心がないと言われている。人間やプリスターを襲うのもそのためだ」「続...

記事を読む

2010-01-18Pumpkin novels 
Pumpkin novels @Honey Coming Royal Sweet@HoneyComing RoyalSweet (パンプキンノベルズ93) (PUMPKIN NOVELS 93)posted with amazlet at 10.01.18赤月蓮理 イーグルパブリシング 売り上げランキング: 18302Amazon.co.jp で詳細を見る2009年8月28日発売の大人気はにかみ学園ラブいちゃADVゲーム、『@HoneyComing RoyalSweet』が『パンプキンノベルズシリーズ』でノベライズ。ヒロイン達とのあたたかくて甘いストーリー。 お待た...

記事を読む

2009-11-19Pumpkin novels 
Pumpkin novels 黄昏に煌く銀の繰眼黄昏に煌く銀の繰眼 (パンプキンノベルズ91)posted with amazlet at 09.11.19赤月蓮理 イーグルパブリシング 売り上げランキング: 125134Amazon.co.jp で詳細を見る2009年8月28日発売の精神支配淫欲ADV『黄昏に煌く銀の繰眼』が、『パンプキンノベルズシリーズ』にオリジナルストーリーでノベライズ!比良坂愛唯(ひらさかめい)の行方を探してほしいという両親からの依頼を受けた探偵は愛唯の行方...

記事を読む

2009-10-29Pumpkin novels 
Pumpkin novels 絶対可憐!お嬢様っ絶対可憐!お嬢様っ (パンプキンノベルズ89)posted with amazlet at 11.06.19赤月 蓮理 イーグルパブリシング 売り上げランキング: 790657Amazon.co.jp で詳細を見る教育実習先は、お嬢様が集う全寮制学園!人見知りなオタクである賢次朗は、幼なじみの七星に頼ろうとするが、「オタクは嫌い」と袖にされてしまう。教育実習生活に不安を抱くが、漫研の部長・飛鳥との出会いで一転、幸せ爆発のオ...

記事を読む

Pumpkin novels ラブラブル レビュー

Pumpkin novels ラブラブル ~Lover Able~

ラブラブル (パンプキンノベルズVol.102)
赤月蓮理
イーグルパブリシング
売り上げランキング: 26753

6月発売のパンプキンノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、妹の「花穂」と叔父の元に預けられる事になります。
そして、叔父の経営するビーチサイドカフェ「フルーティア」でアルバイトする事に。
そこで一緒に働く事になる魅力的な女性陣たちとの物語です。

登場するヒロインは、妹の「花穂」以外に、フルーティアで働く同僚「琴宮千夏」、「三枝奈々子」、「柳瀬さつき」、「姫野つぐみ」がいます。

花穂は、主人公の妹です。
主人公に対し、小悪魔的な誘惑をする事もあります。
一緒にフルーティアで働く事になります。
ラブラブル ~Lover Able~

千夏もフルーティアで働く事になる同僚です。
主人公たちと同時期にこちらにやってきた事もあり、仲良くなった娘です。
おとなしい性格ですぐ赤くなるなど純な面があります。
ラブラブル ~Lover Able~

奈々子は、フルーティアの実質的きりもりしている存在です。
バイトたちのリーダーとして、明るく頼れるお姉さんです。
叔父の店長よりも人望、能力ともに申し分ないという(汗)
ラブラブル ~Lover Able~

さつきも、フルーティアで働く同僚です。
表情があまり変わらない所がありますが、好奇心が旺盛な面も。
何気にボクッ娘です♪
ラブラブル ~Lover Able~

つぐみも、フルーティアで働いています。
学年的には主人公の後輩ですが、フルーティアでは先輩にあたります。
健気な性格で一生懸命働きますが、ドジな面も(汗)
ラブラブル ~Lover Able~

展開的には、主人公はフルーティアで働く中でフルーティアの女性陣たちと親しくなっていき、Hな関係になっていきます。

ここで面白いのは、最初千夏とお互い惹かれあって、Hまでいくのですが何故か恋人という事にはならないんですね。
と言っても、実質もう恋人関係だろうというのは傍目から見ても明らかなんですが、千夏はバレバレなんですが秘密の恋みたいなシチュエーションに憧れているので、はっきりとは明言はしないでぼかすんですね。
そのせいか、主人公にはまだ付き合っていないのならと他のヒロインたちがアプローチをかけてくる事になります。
そして、それを拒みきれない主人公は別のヒロインたちとも関係を持っていってしまうという事に…。

この主人公、何か最初からモテモテですねぇ(汗)
何か褒めれば、皆赤くなって喜んだりと初期から好感度高すぎです。

今作では、千夏、つぐみ、さつき、奈々子、花穂の順でのエピソードになっています。
と言っても、それぞれ独立した短編ではなく、通しての作品なので相当な複雑な関係の職場と化していますね(汗)
実際、これ男側からしたら居心地悪すぎでしょう(汗)
まぁ、これだけ可愛らしい女性陣から迫られたり、Hしてくださいとか言われたら断れないってのも分かりますけどねぇ…。
一応店では職場恋愛は禁止らしいけど、店長がイチャイチャしているのを見ると腹が立つってのが理由なので無視ですな(汗)

しかし、このヒロインたち人間が出来ているのか、主人公が自分以外の他の娘と付き合っても問題ないとか凄い寛容です。
さつきに至っては、女性に優しい所が好きだから、他の女性に冷たくしちゃダメってのは名言?迷言ですね(汗)

この主人公も、Hを経験したばかりってのもあるんでしょうが、ずっとそればっかな面がありますね。
彼としては優先するのは千夏なんですが、中々シフトの関係などでふたりっきりになれなかったり、バイト後も彼女の都合で会えない事が多いんですね。
もう朝から彼女とHするってのを思ってただけに、性欲がおさまりつかない訳です。
そこに都合よく?現れる別のヒロインたちとついHな展開になってしまうというパターンが多いかな。

Hシーンでは、皆初めてな事もあり、それ程過激な行為はないですね。
それでも、フェラやパイズリなどは全ヒロインではないですが、多々あります。
後は、フルーティアでのHが多いため、必然的にフルーティアのコスチューム衣装のままでHするのでコスプレ的要素もあるのが嬉しいですね♪
更に千夏のみ夏休みの学校でのHもあるので、彼女の制服姿でのHシーンが拝めます。
…学校のシーンは、これのためだけ登場でしたねぇ(汗)

挿絵は、原作版の画像を使っているのでクオリティは問題ないですね。
特に今作では、贅沢に見開き2ページでの挿絵もキャラクター事に多めで見応えあります♪
どのヒロインも可愛らしいので、言う事なしですねぇ。
…あえて難を言うなら、私にはキャラが似ているので一瞬誰だか判別つかない事があるくらいでしょうか(汗)
カラーなら髪の色とかで分かるんでしょうが、モノクロだとねぇ…。

DMMのサンプル画像でも、妹の花穂と奈々子を間違えて載せようとしてしまいました(汗)
モノクロだと髪の色で判別できなくて…。
公式HP行って、確認してきましたのでもう間違えてないはず。

原作版では、純愛作品という事でいずれかのヒロインひとりとの物語がそれぞれあって、今作のノベルの様なハーレムな展開はないそうですね。
ノベル版では、それをあえて全ヒロインからモテモテのハーレム展開にしたとの事です。
あとがきで、今作の主人公は「ポジティブ外道」と称されてました(汗)
…分かるなぁ、それ。
なので、原作版を経験しててもオリジナルの展開が楽しめるという事ですね。
まぁ、原作してからこれ見たら、どういう事よ?となるかもしれませんけども(汗)

残念なのは、ハーレムと言っても全ヒロイン交えてのHシーンなどの複数人数でのプレイはない事ですね。
あくまでも1対1での行為となります。

主人公の節操のなさが気にならなければ、女の娘たちも可愛いので楽しめるかと思いますよ(汗)

あ、関係ないけどキャラ紹介にある叔父の店長の顔に噴いました(汗)
顔面の中央にパーツ集まりすぎでしょ、あれは(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ラブラブル

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ラブラブル ~lover able~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

Pumpkin novels 乙女恋心プリスター ツドラ編 レビュー

Pumpkin novels 乙女恋心プリスター ツドラ編

乙女恋心プリスター ツドラ編 (パンプキンノベルズ)
赤月 蓮理
イーグルパブリシング
売り上げランキング: 100735

大陸の北西にそびえる大国、ツドラ。広大な領土の多くは雪と氷に閉ざされている。この厳しい環境を生き抜くため、ツドラ政府はプリスターによる技術発展に力を入れてきた。プリスターとは女の子の分身である不思議な生き物で、そのかわいらしい姿とはうらはらに、強力な力を秘めている。しかし、プリスターの強力な力を自在に操ることができるマホウ少女を決定する大会─4年に一度行われるプリスターバトルの大会でツドラはいまだ優勝したことがない。サモンディレクターのアモンは4人の女の子、ミカン、リンゴ、シルケ、レムと共にそれぞれの思いを持ってこの大会に参加することになった。

9月発売のパンプキンノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

既にレビュー済みの「マリアンロード編」「モンローハート編」に続いての今作が3作目となります。

なので、基本的な設定はレビュー記事をコピーしたままのを載せます(汗)
ざっくり世界観などを説明すると…、この世界には『プリスター』と呼ばれる不思議な生き物がおり、剣や魔法で戦う代わりに、この生き物でバトルすることが通例となっており、女性の分身でもあります。
そしてプリスターは女性の心と同じなので、主人公の様な「サモンディレクター」がヒロインらを成長させる手助けをする訳です。

今回の主人公は今までよりも実力の秀でたタイプです。
言葉数が少なく、基本無愛想ですが、自分の妹には過剰なくらい入れ込むシスコンでした(汗)
まぁ、態度もガラッと変わるわけではないので、気持ち悪くはないですけどね。

ヒロインの「ミカン」「レム」「リンゴ」「シルケ」らと共にチームを組み、ツドラ初のマホウ少女を目指します。
今作ではミカンがメインヒロインですね。

ミカンは、一見猫耳な外見をしているのですが、これは本物ではなく、飾りらしいですね。
プリスターなどの存在があるから、別に猫耳が生えていても別段問題はなかった気はしますが(汗)
主人公に一目ぼれしており、主人公の生涯のパートナーを自称しています。
性格は、活発で結構大胆でもありますが、実際は照れたりなど可愛いところも。
パートナーを自称しているので、結構ウザイのかなと思いましたが、そんなに何でもでしゃばったりしたりはしないので好印象ですね。

レムは、主人公を師匠と呼び、崇めているキャラクターです。
基本元気で頭を使うのは苦手です。
何となく犬っぽい感じですね。

リンゴは、キャラ紹介ではカジノで予想屋をしてたら、賞金首にされていたらしいです(汗)
今作では、そこら辺には全く触れていないので、よく分からないですねぇ。
性格は、ネガティブな思考の持ち主で何かと悪い方に考え、主人公にも理由なくすぐあやまったりします(汗)

シルケは、賞金首なんですが何故か主人公達と行動を共にしています。
そこら辺の理由が書かれてないんですが、どこか見逃したかな(汗)
そういった経歴の持ち主なので、たまに悪だくみをしてたりと黒い一面を覗かせます。

他にも主人公の妹の「ミャン」などもいますが、基本ヒロインは上記の4人です。
今作も上記4人とはHアリです♪
まぁ、ミャンは無いですが(汗)

上記のキャラ紹介でもあったんですが、所々説明不足というか、言葉足りずな箇所が多々あるのが気になりますねぇ。
そこらはやはり原作PC版をプレイしている前提で書かれているのかな。

他にもミカンとリンゴのとある関係などがあるのですが、何も脈絡もなくポンとそれが出てきたりして読んでて戸惑う事も(汗)
キャラ紹介にもそういう事はなかっただけに、唐突な印象はありますね。
戦闘の描写もあっさりしており、ぶつ切り感があるなぁ(汗)
会話もそういう淡々とした感じがあるのですが、これは主人公があまり饒舌でないキャラクターな事も影響しているのかもしれませんね。

Hシーンは各ヒロインにあり、それぞれキャラクターの魅力が感じられます。
でも、シルケとのHシーンになる過程がいまいちピンと来なかったなぁ(汗)
正直、何で惚れているのかさっぱり(汗)
恐らくそれが、賞金首で同行している事にも繋がっている気がしますが、どうなんだろ?

メインのミカン以外は、1回のみでしかも皆始めてな事もあり、挿入シーンだけで終わったのは残念ですね。
一応ミカンは手コキなどもありますが、ちょっと物足りなさもありますねぇ。

中盤くらいからは、敵の存在が明るみになってきますが、シリアスなんだろうけど、そこまでの緊迫感は薄かったかな。
全体的に淡々としているんですよねぇ、この作品(汗)
何だろ、他の編の主人公よりも落ち着いているのが、逆にこの雰囲気では活きていない感じがするなぁ。

マリアンロードのキャラなども登場したりしますが、ちょっとした登場ですので当然絡みは少ないです。
モンローハートはないのは何故なんだろ?

結構いまいちな面を書いてしまいましたが、個人的には今作で今までぼやけていた話、要素がすっきり明らかになるのかなと勝手に思い込んでいたんですよね。
でも、解決どころか結果として更に疑問は増えてしまったことにガッカリ(汗)
まぁ、原作版やれば一発で解決なんでしょうけどね。

…そもそも、今作でこのシリーズは完結なのかな?
これがラストならば、ちょっと不満ですねぇ(汗)

乙女恋心プリスター 乙女恋心プリスター 乙女恋心プリスター
乙女恋心プリスター 乙女恋心プリスター

楽天はこちらからどうぞ
乙女恋心プリスター(ツドラ編)

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
乙女恋心プリスター


「乙女恋心プリスター」本編で12人のヒロイン達とエンディングを迎えた後の「After」と、
あのサブキャラクター達との「Another」が描かれたストーリーを収録!

乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~ 乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~ 乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~ 乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ

Pumpkin novels 乙女恋心プリスター モンローハート編 レビュー

Pumpkin novels 乙女恋心プリスター モンローハート編

乙女恋心プリスター モンローハート編 (パンプキンノベルズ96)
赤月蓮理
イーグルパブリシング
売り上げランキング: 304573

「プリスターは女の子の心の分身である」「プリスターには心がある。だが、プリズムは女の子の心の分身ではない。だから心がないと言われている。人間やプリスターを襲うのもそのためだ」「続きが聞きたい女生徒は、手取り足取り腰取り、個人レッスンをするので遠慮なく申し出るように」当然のように女生徒たちから華麗にスルーされた新米教師カイト・ヒジカタが授業を終えると、『マホウ少女決定大会』に一緒に出場する4人が集まってくる。『放課後、ひとりで校舎に残っていると、突然、闇に溶け込むような黒灰色の身体に紅の瞳を持つプリスターがあらわれるの。嫌いなもの、見たくないものに変身して、その子の心を傷つけて、そして、プリスターを奪って消えちゃうんだって。プリスターを奪われた女の子は、恐怖とショックのあまり、自宅の部屋にこもりっきりになっちゃうの』女の子たちの間でこんな噂が流れていた。

6月発売のパンプキンノベルズの新刊です。
本来は昨日とかにレビューした作品よりも先に読むはずでしたが、下に重ねてたので、気づきませんでした(汗)
なので、今頃に遅れてしまいました…、待ってた人いたら申し訳ないです。

さて、気を取り直してのレビュー行きましょう?

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
ちなみに原作版は未プレイです(汗)

当ブログで別の編でもある「マリアンロード編」に続く2冊目となっています。
そのため世界観は同一なんですが、主人公、ヒロイン、所属する国が違うという訳で前作のマリアンロード編とはまた違った視点で語られるのは面白いですね。

「マリアンロード編」のレビュー記事はこちらからどうぞ
Pumpkin novels 乙女恋心プリスター マリアンロード編 レビュー

ざっくり世界観などを説明すると…、この世界には『プリスター』と呼ばれる不思議な生き物がおり、剣や魔法で戦う代わりに、この生き物でバトルすることが通例となっており、女性の分身でもあります。
そしてプリスターは女性の心と同じなので、主人公の様な「サモンディレクター」がヒロインらを成長させる手助けをする訳です。
まぁ、主人公はまだ新米なサモンディレクターでもあり、教師でもありますが、まったくヒロインによっては相手にされてない有様ですが(汗)

主人公も前作の主人公とはタイプが異なり、今作のはかなりスケベです(汗)
まぁ、分かりやすくていいですけどねぇ、個人的には好感が持てます。
ちょっと鈍感すぎるのは難ですが(汗)

ヒロインは、主人公の生徒である「ランカ・シロガネ」「ソシア・リュウソウジ」「サンデー・クノウ」「メイリン・マシロ」の4人です。
一応、今作では最終的なメインヒロインがランカであるようなんですが、ほぼ横一線のハーレム関係と言ってもいいでしょう。
どうやら、あとがきによると原作版ではハーレムエンドみたいなのは存在しないようで、今作はそれを叶えた形となっているようですので、オリジナルの原作版をプレイしていても楽しめそうですね♪

今作で個人的に驚いたのは、各ヒロインとのHシーンがあったところですね♪
前作の「マリアンロード」編では、メインヒロインの「ジュリエッタ」としかHシーンがなかったので、てっきりないのかと思い込んでたので…(汗)
ですので、これは嬉しい誤算でしたね。
まぁ、原作版は前作の他のヒロインにもHシーンはあるみたいなので、これは前作のノベル版がたまたまそうだった様なんですが…。
そこら辺、違ってたら、申し訳ないです(汗)

ランカは上で挙げたようにメインヒロイン格で、幼なじみみたいな感じのキャラクターですね。
実際はそんな関係ではない様ですが、それが一番イメージしやすいのではないかなと思います。
ウブなようで、ちょっとした主人公のセクハラ発言に顔を真っ赤にさせるのはニヤニヤします(照)

ソシアは、4人の中では常識人でつっこみ役をする様なキャラクターです。
それで分かるように、真面目であり、主人公に一番きつい応対をしますが、内心では…。
Hシーンでは、その真面目さのせいか、唯一本番はないです。

サンデーは、ちょっと謎のあるキャラクターで主人公を小バカにしてからかう所があります。
小悪魔というのとはまたちょっと違うかな…。
主人公は色々いじり甲斐のある奴と思われているのやも…(汗)

メイリンは、おっとりした優しいキャラクターです。
かなり天然な所があり、主人公らとの認識が違うところもチラホラとあり、こういう娘は、中々向けられる好意に気づかないよねぇ(汗)
そんな娘がHな展開になるとまた興奮しますねぇ♪

Hシーンは、ラブラブなものなので、派手なプレイなどはないのですが、それでも十分過ぎる程興奮します♪
そこら辺はキャラクターの魅力によるものも大きいとは思いますね。

ハーレム展開ですので、ストーリーとの合間に各ヒロインとのエピソードがあるって感じの構成ですね。
勿論、ストーリーもしっかりしているので、問題はないです。
もっとも、肝心な要素は明らかにならないままですが。
前作のマリアンロード編でのキャラクターなども登場し、更に終盤は賑やかですねぇ。

この作品の挿絵は、ゲーム原画を使っているので、原作の魅力が味わえていいですねぇ。
このキャラデザインが好きなタイプなので、嬉しいです。
出るとこ出てるボディラインと言うか、おっぱいの張り具合とかが好みです♪

個人的には、前作の方よりも好みな展開でよかったです。
まぁ、ヒロイン皆とHできるのが大きい魅力ってのもありますが(汗)

読み終わったから、あとがき見て気づいたんですが、著者名が前作と違う…?
見比べたら別の方でした(汗)
更に原画まで…、道理で若干違うかなとは思ってはいたのですが…、ほ、本当だよ?
って事は、次の「ツドラ」編もまた違うのかな?

乙女恋心プリスター 乙女恋心プリスター 乙女恋心プリスター
乙女恋心プリスター 乙女恋心プリスター

楽天はこちらからどうぞ
乙女恋心プリスター(モンローハート編)

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
乙女恋心プリスター


「乙女恋心プリスター」本編で12人のヒロイン達とエンディングを迎えた後の「After」と、
あのサブキャラクター達との「Another」が描かれたストーリーを収録!

乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~ 乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~ 乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~ 乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ

Pumpkin novels @Honey Coming Royal Sweet レビュー

Pumpkin novels @Honey Coming Royal Sweet

@HoneyComing RoyalSweet (パンプキンノベルズ93) (PUMPKIN NOVELS 93)
赤月蓮理
イーグルパブリシング
売り上げランキング: 18302

2009年8月28日発売の大人気はにかみ学園ラブいちゃADVゲーム、
『@HoneyComing RoyalSweet』が『パンプキンノベルズシリーズ』でノベライズ。
ヒロイン達とのあたたかくて甘いストーリー。

お待たせしました、読み終わったので早速レビューです。

まぁ、甘いですね(汗)
まさしく帯にある「甘々エッチをめしあがれ」な通りですね。
今作の原作であるPC版は、外伝的な作りでサブヒロインたちとのHも可能だったので、今作のヒロインも個性的な組み合わせです。

構成は、それぞれ3人のメインヒロインに分けて短編3本で展開されています。
今作はこの構成が丁度いいですね。
まぁ、短いので物足りないかもしれませんが、1ヒロイン1冊丸々は難しいかなと思いますし、個人的には丁度いい分量でした。

登場ヒロインは以下の3人です。
朝陽



「朝陽」編では、冒頭いきなりHシーンからスタート。
そのまま、こんな恋人関係となったきっかけを回想する流れになっています。
こんな幼なじみ、うらやましいですねぇ・・・。
朝、起こしに来て電気アンマをされるなんて・・・、何かそんなAVあったような(汗)
まぁ、本気のアンマされたらつぶれちゃいますが(泣)
そんな環境にあっても、好意に気づかないのはさすが鈍感主人公。
好きでもない男にアンマしないだろなぁ・・・、まぁそんな理由で気づく主人公いたら嫌ですけどね(汗)
そんな微妙な関係に影響を与えるのがクレアの存在なんですが、報われないなぁ。
@Honey Coming Royal Sweet

「苺」編では、教師と教え子の関係な訳ですが、男まさりな彼女の恋愛不慣れっぷりにニヤニヤ♪
料理下手だったり、怖いものがあったりと可愛いですねぇ。
ですが、そこはやはり大人な女性なだけあってか、初めてのHでは主人公をリードする姿勢はさすがだなぁと感心しました。
主人公との立場を考えて、なぜか結果的に学園の制服を着てHするって展開はH過ぎますね・・・。
好きな教師+学園内+制服姿=私が萌死(汗)
そんな事してもらえるなんて、うらやましいぞ主人公・・・。
@Honey Coming Royal Sweet

「港」編では、まぁ一番個性的なメイドさんがやりたい放題ですね。
この考えが掴めない、捕らえどころのなさが素敵です。
屋敷の階段をワックスがけまでしてツルツルにして、主人を綺麗に転落させるとか殺意を感じるんですが(汗)
そんな彼女がひょんな事から主人公のメイドになる話な訳ですが、メイドらしく行動しない彼女に振り回される主人公はいつのまにか港を気になる存在と・・・。
港も主人公を好きと知り、Hな展開になるんですが、私は何か裏があるんじゃないかと落ち着いてHシーンを堪能できませんでした(汗)
まぁ、考えすぎでしたが、H中の発言には主人公ならずもドキッとしました(汗)
こんな事言われたら、へこんじゃいます・・・。
そういう所が彼女の魅力ではあるんですけどねぇ。
彼女と付き合うには胆力が必要だなぁ(汗)
@Honey Coming Royal Sweet


テイストの違う3タイプの甘々なストーリーが味わえるので、お得な1冊ですね。

@Honey Coming Royal Sweet @Honey Coming Royal Sweet @Honey Coming Royal Sweet
@Honey Coming Royal Sweet @Honey Coming Royal Sweet


楽天はこちらからどうぞ
@Honey Coming Royal Sweet

原作PC版
@HoneyComing RoyalSweet プレミアムエディション
HOOKSOFT (2009-08-28)
おすすめ度の平均: 3.5
4 ハニーカミング
5 皆さん、批判をしてるようですが・・・
1 なんだこのバカップルゲームは…
4 全攻略後の感想
3 「ちょっと残念」な部分が…。


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
@HoneyComing RoyalSweet

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ

Pumpkin novels 黄昏に煌く銀の繰眼 レビュー

Pumpkin novels 黄昏に煌く銀の繰眼

黄昏に煌く銀の繰眼 (パンプキンノベルズ91)
赤月蓮理
イーグルパブリシング
売り上げランキング: 125134

2009年8月28日発売の精神支配淫欲ADV『黄昏に煌く銀の繰眼』が、『パンプキンノベルズシリーズ』にオリジナルストーリーでノベライズ!
比良坂愛唯(ひらさかめい)の行方を探してほしいという両親からの依頼を受けた探偵は愛唯の行方を追うために、友人や教員たちへ聞き込みをしていく。
その中で、失踪事件のキーパーソンとして神宮寺雅希(じんぐうじまさき)が浮かび上がってくる。
探偵は雅希の潜伏先をつかみ、愛唯を発見するが、愛唯は精神を支配する『繰眼』の影響によってセックスの快楽におぼれる変わり果てた姿となっていた・・・

さっそく新刊のレビューです。
上記の説明でも分かるように、原作はPCゲームですが、今作はオリジナルのスト?リー展開となっています。
そのため、原作版をプレイ済みでも一風違った作品を楽しめると思います。
個人的にはこのスタイルは正解だと思います。
この物語を少し離れた位置から描いている展開は読み応えがあり、一気に読んでしまいました。

今作の主人公は名もなき探偵であり、探偵のキャラも個人的に好きでした。
とはいえ、あまり人間味が感じられないような印象もあり、そこがまた謎めいている気もしますが・・・。
Hシーンなどを見ても、動揺など感情の起伏を感じさせる描写がこれといってなかったってのも理由だったり。
ゲーム中のキャラクター達から色々と聞き込みをしていき、少しづつ結末に近づいていく展開はサスペンスらしくて面白いですねぇ。
ゲームには存在しない探偵という第三者をうまく使って、物語を追体験させるのはいい手法ですね。
まぁ、それゆえに彼を待つ結末は納得できますが・・・。

黄昏に煌く銀の繰眼 黄昏に煌く銀の繰眼 黄昏に煌く銀の繰眼

この探偵自体は、Hをする展開はないのですが、回想シーンなどでヒロインのHシーンがあったり、探偵がHを目撃するといった形でHシーンが盛り込まれています。
個人的には、本筋とは関係ない扱いでしたが、陸上部の娘が男子部員相手に抜きまくる展開は興奮しました。

終盤の展開はまぁ、こういう感じかなと思っていたので、ある程度は予想通りでしたが、こういう作品だからアリでしょうか。
この作品に漂う雰囲気や世界観はダークで好きなので、結構満足できました。
まぁ、このストーリーはあくまでひとつの物語(番外編)なので、真実は分かりませんが・・・。
真実を知りたければPC版ってのはうまいなぁ・・・(汗)

黄昏に煌く銀の繰眼 黄昏に煌く銀の繰眼

原作PC版
黄昏に煌く銀の繰眼
黄昏に煌く銀の繰眼
posted with amazlet at 09.11.19
CLOCKUP team ANISE (2009-08-28)
おすすめ度の平均: 4.0
4 あと一歩な作品


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
黄昏に煌く銀の繰眼

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

Pumpkin novels 絶対可憐!お嬢様っ レビュー

Pumpkin novels 絶対可憐!お嬢様っ

絶対可憐!お嬢様っ (パンプキンノベルズ89)
赤月 蓮理
イーグルパブリシング
売り上げランキング: 790657

教育実習先は、お嬢様が集う全寮制学園!人見知りなオタクである賢次朗は、幼なじみの七星に頼ろうとするが、「オタクは嫌い」と袖にされてしまう。教育実習生活に不安を抱くが、漫研の部長・飛鳥との出会いで一転、幸せ爆発のオタクライフに変わる。しかし、飛鳥とのHをしようとしていたところを七星にみつかってしまい、学生自治会により漫研は廃部の危機に追い込まれる。

・・・どっかで聞いたようなタイトルですね(汗)
この作品はオタクをテーマにしたのは、他にもあるのでそこまで目新しさはないのですが、キャラクターたちが生き生きとしているために入りやすいと思います。

絶対可憐!お嬢様っ 絶対可憐!お嬢様っ

基本的にヒロイン達は何かしらに傾倒しているもの(趣味)があり、それが各キャラを魅力ある存在にしています。
そうなるとどうしてもこの手の作品では、マニアックネタなどを盛り込んでくるもので知らない人には置いてきぼりになりやすい事が多々あるんですが、やはり若干あります。
まぁ、分からないままでも問題ないとは思いますけどね(汗)

絶対可憐!お嬢様っ 絶対可憐!お嬢様っ

各キャラとはHシーンの見せ場はしっかり盛り込まれているのは好感が持てます。
ストーリーもそこまで派手さはなく、至って普通なノリですがどのキャラも嫌味がなく可愛らしいのでキャラ好きなら楽しめるかと思います。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】絶対可憐!お嬢様っ

原作PC版
絶対可憐! お嬢様っ
絶対可憐! お嬢様っ
posted with amazlet at 11.06.19
すみっこ (2009-06-26)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
絶対可憐!お嬢様っ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます