FC2ブログ

葉原鉄のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:葉原鉄

葉原鉄のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2011-02-20美少女文庫 「か行」
美少女文庫 学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫 (美少女文庫)posted with amazlet at 11.02.20葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る俺の正体が世界を滅ぼす魔王だって!?覚醒した日から学園生活はバラ色へ!幼なじみにして正義の巫女・姫子ネエが我が身犠牲に(?)ご奉仕ご奉仕。不死ロリの悪魔姫マリカからも搾られつづけて…どんどん高まる精力で、ふたりの前と後ろの処女を独占征服。2月発...

記事を読む

no-image

2010-11-23美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.11.23葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見るいつも暴力ばかりの幼なじみ・麗理と毒舌ロリッ娘・愛理。まさか隣の水戸姉妹がツンマゾだったなんて!ボテ腹になっても姉妹ゲンカは終わらない。11月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、早速レビューです。人気ツンマゾシリー...

記事を読む

no-image

2010-08-08二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 みにまむシスターズみにまむシスターズ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 10.08.08葉原 鉄 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 123133おすすめ度の平均: 挿絵には目をつぶってくださいAmazon.co.jp で詳細を見る物語は主人公が幼い頃に別れた憧れのお姉ちゃんを捜すため、転校をしてきたところから始まります。そこで主人公は幼い姿のまま成長が止まってしまった特殊な三姉妹に迫...

記事を読む

no-image

2010-06-27美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.06.26葉原 鉄 フランス書院 おすすめ度の平均: 国の運命をかけてAmazon.co.jp で詳細を見るわたしを次期王女・ミナミと知っての誘拐ですか!初恋の人からレイプだなんて最高すぎ。最凶のツンマゾ姫を女王にするため、仕組まれた拉致監禁!ギロチンよりも素敵な調教で姫のドM魂を大更正!ハメ撮り脅迫。ぶっ...

記事を読む

no-image

2010-03-26二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 まじかるリトル☆ダブルママまじかるリトル☆ダブルママ (二次元ドリーム文庫112)posted with amazlet at 10.03.26葉原鉄 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 237573おすすめ度の平均: ちっちゃいママは嫌いですか?Amazon.co.jp で詳細を見る育ての母と産みの母、二人のママは永遠の魔法少女!?ひょんなことから出自を知った青年・忍が巻き込まれる疾風怒涛の親権争い!フェラ、腿コキとちっちゃ...

記事を読む

no-image

2010-03-22美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってMツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.03.22葉原 鉄 フランス書院 売り上げランキング: 234Amazon.co.jp で詳細を見るはっきり言っておくぞ!(ツンツン)不良も恐れる憲兵生徒会長・羽黒ユウが、初体験から失神絶頂を極めたぐらいで、M奴隷になると思ったら、大間違いだ!(キリッ)フェラをしながら、もぉ幸せぇだなんて感じていない...

記事を読む

no-image

2010-01-21二次元ドリーム文庫 「か行」
二次元ドリーム文庫 学園すいーとパイ 麗しの生徒会執行部学園すいーとパイ 麗しの生徒会執行部 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 10.01.21葉原 鉄 キルタイムコミュニケーション おすすめ度の平均: 恋愛要素は薄い 胸が云々はどうでもいいです。 巨乳ヒロイン4人でハーレムAmazon.co.jp で詳細を見るクールな男になりたい卯月は、学園中の巨乳美少女が集う生徒会に出入りすることに。学園一の爆乳少女や高飛車な豊...

記事を読む

no-image

2010-01-20二次元ドリーム文庫 「は行」
二次元ドリーム文庫 ボクミコ! 巫女とミコトの退魔修行ボクミコ! 巫女とミコトの退魔修行 (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 10.01.20葉原 鉄 キルタイムコミュニケーション おすすめ度の平均: ボク、巫女です。巫女は処女でなければならないんです。 物足りない 「逆巫法」とか「儀式」とかこの際無視無視Amazon.co.jp で詳細を見るワケあって巫女の修行を積むことになったミコトと美少女巫女たちの同居生活が始ま...

記事を読む

no-image

2010-01-05二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリーム文庫 どきどきクラブボックスどきどきクラブボックス価格 662円 税込 レビュー( 1件 )部活動予算を発端に、生徒会長・晴男を巡って個性豊かなスポーツ少女、文化系少女達が織りなす恋の鞘当て!漫研のドイツ娘のパイズリ奉仕や腹黒ロリ副会長の足コキプレイなど、今日も今日とて部活棟がエッチなハプニングに包まれる。 ヒロインが生徒会長ものという作品は数多いですが、こちらは主人公が生徒会長という立場ですが...

記事を読む

2009-12-17二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリーム文庫 どらぐろいやる2 水都の乙女たちどらぐろいやる 2 水都の乙女たち (二次元ドリーム文庫 143)posted with amazlet at 09.12.17葉原鉄 キルタイムコミュニケーション (2009-12-10)売り上げランキング: 788おすすめ度の平均: 孕ませAmazon.co.jp で詳細を見る海洋都市国家・シルレアをお忍びで訪れたルードたち。南国を満喫する一同を待ち受けるのは街の名物女騎士と、絶妙テクのロリくノ一。水の都に舞い踊る...

記事を読む

2009-09-26二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリーム文庫 どらぐろいやるどらぐろいやる (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 10.05.12葉原鉄 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 47685おすすめ度の平均: いくらかん奈さんの絵でも 珍しく口絵がリバーシブルAmazon.co.jp で詳細を見る誇り高き若き黒竜・ルード。戦闘シスター・ノアに破れた彼に待ち受けていたのは…、美しき王女ヘルダによって、ひたすら精を絞られ続ける日々だった!東方よ...

記事を読む

no-image

2009-09-18美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はMツンマゾ!―ツンなお嬢様は、実はM (えすかれ美少女文庫)posted with amazlet at 10.03.22葉原 鉄 フランス書院 売り上げランキング: 7566おすすめ度の平均: 無茶苦茶な話のくせにラブコメ? ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ Sは暴力も肯定する? ドMなお嬢様に無理やり「ご主人様」に選ばれてたっぷり調教することを強要されるお話Amazon.co.jp で詳細を見る私の秘密を知ったからにはわかって...

記事を読む

no-image

2009-09-18美少女文庫 「あ行」
美少女文庫 お嬢様ファイティング!!!お嬢様ファイティング!!! (美少女文庫)posted with amazlet at 11.01.31葉原 鉄 フランス書院 売り上げランキング: 185412Amazon.co.jp で詳細を見る不動院学園格闘番付1位のサーシャは、マゾでえっちな、あなたのペット。自慢の金髪と美貌にぶっかけられて、痙攣絶頂。ロストバージンは私からの騎乗位奉仕で。「凛々しくてMなサーシャが好きだよ」とあなたが言ってくれるなら、私はもっ...

記事を読む

美少女文庫 学園魔王 レビュー

美少女文庫 学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫


俺の正体が世界を滅ぼす魔王だって!?覚醒した日から学園生活はバラ色へ!幼なじみにして正義の巫女・姫子ネエが我が身犠牲に(?)ご奉仕ご奉仕。不死ロリの悪魔姫マリカからも搾られつづけて…どんどん高まる精力で、ふたりの前と後ろの処女を独占征服。

2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

主人公はひょんな事から、怪しげな祠を破壊してしまった事が全ての始まりとなります。
その後、主人公の前に現れたのは褐色の小柄な少女に見えるも、どこか大人びた女性。
彼女は実は人間ではなく悪魔であり、主人公を魔王と呼んできます。
しかし、代々祠を封印していた家系の娘で主人公の姉的存在の「姫子」(ひめこ)は、悪しき存在となる主人公を止めようとしますが主人公の力は増すばかりで…という展開です。

登場するヒロインは、姫子に、主人公を魔王と呼ぶ「マリカ」がいます。

姫子は、主人公の姉代わりの様な存在です。
実際、主人公は同い年ながらも彼女を「ヒメ姉」と呼び、何だかんだ主人公は頭が上がらない存在でもあります。
性格は、生真面目で融通が利かなく、自分の考えを押し付ける面もありますが、主人公の事を考えています。
神社の巫女でもある彼女は、同時に魔を討つ巫女でもあります。

マリカは、主人公が封印を結果的に解いた祠に封じられていた悪魔です。
かつて主人公の前世である魔王に付き従っており、主人公の覚醒を促しています。
見た目は比較的幼い容姿であり、古風な話し方をし、実際の年齢は数千年以上です。


展開的には、主人公が魔王の能力を手に入れて、それを使って好き勝手Hな事をやらかすってノリでしょうか。
別に世界征服とか、そういう悪事はしないのが何とも無駄使いっぽい(汗)

そもそも主人公は勃起しただけでも貧血になったりなど、身体に不安を抱えています。
興奮すると身体に心臓などに痛みが走り、血を吐いたりとそんな身体と長いこと付き合っている状態なんですね。
その思い切り興奮できない身体ゆえなのか、性に対する興味、熱意はかなりのものです(汗)

学園でも魔王と呼ばれるだけで扱い自体は、さほど変わらないってのがこれまた情けない(汗)
それでも進んで主人公の侍女となる女子たちが結構いたり、そんな彼女たちとHな事が出来るのはうらやましい…。
彼女たちは主人公の力で強引にそうしている訳ではなく、自ら望んでいます。
その中には、主人公と同じ所属のオカルト研究会のメンバーでもある「田無」さんもいます。

そんな主人公をどうにかしようと諦められない姫子は、自らの身体を使って、精と共に力を出させてしまおうと考え、Hな展開になるのはお約束ですね♪
姫子は普段から厳しく自分を律しているためか、あまり好意的な感情は見せず、ポーカーフェイスな印象があるんですが、Hシーンでは主人公に激しく求められて嬉しくなったり、主人公がいないと寂しいなどと素直な顔を見せます。
もっとも、彼女はそれを口に出しては言いませんが(汗)

Hシーンは序盤にマリカとの初体験があります。
まぁ、この時はアナルでの初体験でしたが(汗)
その後は覚醒した力もあり、姫子とのHがありますね。
魔王になった後は、主人公は時々興奮すると少し攻撃的になる事もあるのか、姫子を責めまくる展開ですね。
豊かな胸や乳首を指や口で舐られて、自慰すら殆ど経験のない彼女は初めての快感にされるがままです。

ここら辺は、しっかり出番がありますが、全体を通すと姫子の立ち位置は何とも微妙なところも…。
それは、マリカの存在ですね。
序盤では、彼女の正体はいまひとつ分からないんですが、終盤近くになるとそれが明らかになります。
私は途中で「もしかして**?」みたいな予想がついたんですが、そのままでした(汗)
思えば、彼女は主人公の事は殆ど「魔王」って呼んでたけど、様付けは序盤くらいなものでしたからねぇ。

マリカによって、本来なら強みである姫子の幼なじみの強みがなくなるんですよねぇ(汗)
まぁ、そりゃ何千年もの関係なんだから、当たり前なんですけどね。

そんな立場ですが、途中で自分の主人公への気持ちを開き直って受け入れたら、彼女なりに大胆になって積極性をアピールする様にもなります。
とは言え、やはり経験の少なさと人生?経験の差ゆえか、マリカにはどうしても受け手に回らざるを得ない所はありますけどね(汗)
相手が悪いですね、悪魔ですし(汗)

マリカとのHは、基本フェラや乳首責め、舌での前立腺責めなどで射精などの行為自体はあるんですが、挿入自体はわりと終盤ですね。
アナルセックスは初体験では、こなしてましたがそれ以降はそれもなかったですし。
まぁ、終盤までの間には、姫子とのHシーンが入っているので、不満や物足りなさはさほど感じないとは思いますが、個々の気に入ったキャラクターのHが欲しい人には多少不満はあるかもしれませんね。

終盤には、まさかの触手を生やしての触手プレイまであったのは驚きました(汗)
個人的には、いらなかったなぁ…。


挿絵は同レーベルの「姉妹丼でいこう」を手がけた「田宮 秋人」さんです。
相変わらずこの人の絵柄は一目見て、分かりますねぇ。
描き込んだ繊細な描写は、独特ですからねぇ♪

でも、モノクロは表紙絵のカラー絵に比べると、ちょっと雰囲気が違うかな?
何だろ、少し古めかしい感じも(汗)
まぁ、いわゆる萌え的な感じではないですからねぇ。
逆にこういう描き込んだ絵柄のが、Hシーンでは生々しさがあって、情事の臭い立つ感じまでもが描写されていると思うので悪くはないと思いますね。
最近のシンプル目なCG絵みたいなのに、目が慣れているから、そう思うのかなぁ(汗)


全体的に物語がタイトル通りとは言え、本当に学園に終始してましたねぇ(汗)
まぁ、悪くはないんですが、戦いなどの舞台が学園の空間とは違う別な閉鎖空間でやるばかりならば、それほど学園でなくても良かったのではないかと思ったり(汗)
意外にしっかり戦闘などの描写がされてたのは、個人的に面白かったですね。
やりとりもライトノベルっぽさがあったりと読みやすさに繋がっているかなと思いますね。
個人的には、これだけ設定豊富でインパクトがあるはずなんだけど、何か物足りなさを感じてしまうのは、何でだろうなぁ…。


楽天はこちらからどうぞ
学園魔王武闘派巫女と悪魔姫

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願


いつも暴力ばかりの幼なじみ・麗理と毒舌ロリッ娘・愛理。まさか隣の水戸姉妹がツンマゾだったなんて!ボテ腹になっても姉妹ゲンカは終わらない。

11月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

人気ツンマゾシリーズも今回で早4作目ですねぇ。
今作も安定したツンマゾ具合です(汗)

主人公はいきなり冒頭から監禁されてしまうところから始まります、自分の家なのに(汗)
事の始まりは、幼なじみの「麗理」(れいり)との距離がハプニングによって、グッと近づいた事にあります。
そして、何となく甘い雰囲気で初体験をする事になります。
これだけだと、普通のラブラブものなんですが、麗理はツンマゾの素質を開花させてしまい、主人公に対し、調教監禁を求めて主人公を閉じ込めるという行動を起こします(汗)
更に麗理の妹である「愛理」(あいり)も加わってしまい、ふたりからSなご主人様を求められてしまうという流れです(汗)

…相変わらず、このシリーズはぶっ飛んでますねぇ(汗)

ヒロインは、上記のふたりです。

麗理は、主人公の幼なじみです。
典型的な口よりも手が出るという普通ならツンデレ系とされるキャラクターですね。
まぁ、これはツン「マゾ」ですから…(汗)
そんな彼女は、いつも事あるごとに主人公に手をあげてしまっていた事を心の中では申し訳ないと思っていましたが、それが結果的に今までの分をやり返して欲しいみたいな思考に落ち着くのはどうなんだろ(汗)

愛理は、麗理の妹です。
こちらは麗理とは逆で口が先なタイプのキャラクターで、身体能力は皆無に近いです。
彼女は変貌した姉の様子を見てしまい、それをきっかけにツンマゾへの道を歩み始めることに…。
飴を舐めるのが好きで…、その後はアレを舐める事になる訳ですね(汗)

展開的には、各ヒロインとのツンマゾになっていくきっかけなどがあり、そこからふたり同時に相手をする事になっていくという流れですね。
やはり主人公は基本H以外ではそんなに鬼畜でも何でもない普通な訳ですが、そこをふたりがうまく煽ったりする事で主人公にお仕置きをされるという状況を持っていかせようとする姿はある意味すがすがしいですねぇ。

行なわれるプレイも、当然調教色の強いものとなっていきます。
個人的にはフェラのシーンが多かった愛理がお気に入りですね。
姉の麗理は、結構あっさりとマゾを受け入れていたのに対し、愛理は普段からの毒舌もあり、しばらくはそれを受け入れなかったのも大きいかなと思います。
その分、余計姉よりも調教色があったのではないかなと。
それに飴を舐めるのが好きだったり、フェラで口内射精されて悶々とし出したりと、昨日レビューした「妹ぺろぺろ」に近いものを感じました(汗)
あれも主人公が結果Sだったし、イラマチオやったり、口マ*コ呼ばわりなど、近いものが…。

終盤は、またも監禁されて行為の写真を更に加工したものを大量に作り、ネットで公表しようと画策したりと姉妹の暴走は止まりません(汗)
更にダメ押しで、主人公の大好物のプリンに精液を垂らし…、混ぜあわせるという暴挙をあえて起こし、主人公の怒りに火をつけ、過激なお仕置きをねだるという有様です。
実際、その後は願った通り怒れる主人公に縄で吊り上げられて、ローター&バイブを突っ込まれて放置されてしまうというご褒美をもらう訳ですが(汗)

プリンのシーンは、映像だったら正直エグイ事になっているでしょうねぇ(汗)
私はそんなAVでも食べ物に精液かけて食するシーンとかはさほど興味ないですのでアレですが…。

今までのシリーズのキャラクターなども、若干ですが名前や台詞など登場したりするのも、シリーズを見続けている人にはニヤリとしますね。
でも、今作って時間的には最新ではない…ですよね?
前作よりちょっと前の様な?

相変わらず濃い内容なのは確かなんですが、何となくこれでも大人しくなったというか…、手堅くなったかなという印象でしたね。
まぁ、このシリーズも4作目ですから、多少のインパクトはやはり薄れていくのも仕方ない所ではありますね。
ストーリーの盛り上がり的には、前作を4作目にして、今作は3作目の方が良かったんじゃないかなとも思いましたが…。

…冷静に考えるとこの作品で大人しいって感想はまずいんじゃないかと思いましたけど(大汗)

でも、個人的にはそろそろ他の展開になってもいいんじゃないかなぁとは思いますね。
他の別作品も見たいし。

挿絵はシリーズ引き続いての「あきら」さんですので、問題ないですね。
もうこのシリーズはこの人なしでは成り立たないでしょう(汗)
個人的にはカラーの表紙絵より、中のモノクロの挿絵の方が好みでした♪

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!!姉妹でドレイ志願

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 みにまむシスターズ  レビュー

二次元ドリーム文庫 みにまむシスターズ

みにまむシスターズ (二次元ドリーム文庫)
葉原 鉄
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 123133
おすすめ度の平均: 4.0
4 挿絵には目をつぶってください


物語は主人公が幼い頃に別れた憧れのお姉ちゃんを捜すため、転校をしてきたところから始まります。
そこで主人公は幼い姿のまま成長が止まってしまった特殊な三姉妹に迫られてしまうという流れです。
これだけだと意味不明な話ですが(汗)

この作品の主人公は、かなりの個性派です。
何と言っても「鬼熊獅郎」というごつい名前であり、その名前負けしないほどの強面です。
実際は、顔の傷は幼い頃ついたものだし、性格も大人しい方とギャップがあります(汗)
まぁ、よくある周りが勝手に勘違いしてそれが一人歩きしているキャラクターですね。

ヒロインは、タイトルの「みにまむ」に絡んで、身体の成長が止まってしまったという姉妹が登場します。
「トモリ」、「アキラ」、「ヒカリ」の3姉妹です。

トモリは、学園の教師であり、主人公のクラスの担任でもあります。
普段から真面目で怖がられており、「グングニルのトモリ」と恥ずかしい名で呼ばれています(汗)
まぁ、実際小柄なだけでは生徒に舐められるでしょうから、これくらいでもいいのかもしれないけど、なぜこんな痛い通り名が…。

アキラは、この学園の女番長をしており、そのせいか学ランを着用しています。
性格は良くも悪くもおバカなでしょうか(汗)

ヒカリは、姉妹の中でも最も小柄なキャラクターです。
主人公に懐いており、「おにーさん」と呼んで来ます。

主人公はお姉さんを捜す過程で、姉妹たちとHな展開になっていく流れなんですが、この作品はどう言えばいいのか(汗)
何と言うか、ゆるーい感じなんですよねぇ…。
ノリがバカっぽいというか、独特な雰囲気ですね。
私は正直、ちょっと合わないのがあったんですが、好きな人はたまらないのか…な…(汗)
正直、本当に憧れのお姉さん?ってのみ理由で進行するので、ストーリー性はあまりないですね。
動機としてはやや弱いかなと思います。

結果としてH重視な展開になりますね。
その分、結構珍しくマニアックな髪コキなどのプレイがあったり、満員電車内で足コキだったりと見所は多いとは思います。
気になるのはみにまむなので、どうしてもやや幼い体型のヒロインばかりな事でしょうか。
まぁ、みにまむなのは百も承知で手に取るとは思うので、そこはいいのかな。
でも結果、主人公の肉棒がえらいサイズに見える挿絵もあるのは(汗)
ヒロインとの対比もあるので、巨大に見えるんでしょうが、個人的にはちょっと萎えるかなぁ…。

挿絵は、今作では気になりますね。
表紙絵の段階でよく見ると「あれ?」ってのも…。
作中の挿絵自体も、やや違和感がある箇所も見受けられるけど、まぁ慣れ…でしょうか(汗)

終盤は皆まとめてハーレムプレイが展開されます。

個人的には、いまひとつなのが正直な感想でしょうか。
キャラクターは個性的で、ヒカリは見た目の幼さとは裏腹に結構淫靡な印象もあって、魅力なだけに勿体無いですね。
過去のエピソード以外にも、何かあればよかったかなぁ。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)
葉原 鉄
フランス書院
おすすめ度の平均: 5.0
5 国の運命をかけて

わたしを次期王女・ミナミと知っての誘拐ですか!初恋の人からレイプだなんて最高すぎ。最凶のツンマゾ姫を女王にするため、仕組まれた拉致監禁!ギロチンよりも素敵な調教で姫のドM魂を大更正!ハメ撮り脅迫。ぶっかけ戴冠式。首枷&孕ませで、姫は終身ラブ奴隷。


6月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

ご存知、人気シリーズ「ツンマゾ」の第3作品目となる最新刊です。
個人的には、このシリーズの集大成的な作品と言えますね。

主人公はあるお金持ちのお嬢様の家庭教師をしており、その時に愛の鞭として少女を叩いてしまった事が主人公と彼女の運命を変えることに…。
その数年後の主人公は、その件が原因で人生を転落していく事となり、原因となった少女「ミナミ」に対し、復讐心を持っており、協力者の強力を得て、彼女の誘拐に成功します。
しかし、ミナミは「ツンマゾ」な思考をしており、主人公の行為を嬉々として受け入れてしまうという展開です(汗)

今作もヒロインはひとりですが、濃厚なプレイ満載なので物足りないなんてバチが当たります(汗)
ミナミは、主人公はどこかのお嬢様程度と思ってましたが、実際は東欧の一国にある、フィニシア国の第一王位継承者という存在です。
そんなキャラクターがこんな性格してたら…(汗)
今までのシリーズのヒロイン同様、マゾ要素が満載なので、この誘拐、復讐などご褒美ステージに見えるのでしょう(汗)

更に手を出された過去が、彼女にこの喜びを結果として教えてくれた訳で主人公に好意を持っているのだからノリノリです。
むしろ主人公に罵詈雑言を浴びせて、挑発する有様(汗)

そのせいで、何とも言えないやり取りになるんですよねぇ。
ここがこの作品らしさが存分に出ていますね。
序盤の主人公の悲壮な決意などが消えうせちゃいます(汗)

その代わり、主人公にも復讐心とはまた違う心情が芽生えていく事になります。
このシリーズは主人公の存在も重要なだけに、他作品よりもキャラクターが立っていないと成り立ちませんからねぇ。

理由がシリアスな始まりだったんですが、作風は鬱さはないと思います。
むしろプレイなどが濃すぎるために、そっち方面で受け付けない人がいるのではないかなと(汗)
終盤の展開は個人的にはちょっと置いてきぼりな所も(汗)

そしてこの作品がシリーズ集大成的な作品だというのは、話のスケールもそうですが、何と言っても過去シリーズ作品のキャラクターらが登場していることでしょう。

しかもちょっと顔見せ程度ではなく、結構本筋に絡んでいるのは驚きました。
そして、そんなキャラクターの繋がりも明らかになったりとシリーズのファンには注目する点が多いです。
まぁ、今作から入った人にはピンと来ないでしょうから、そこまで関心はないでしょうけども(汗)

ここまで世界観も大きくなってしまうと、今後どうするんでしょうねぇ(汗)
まだ明らかになっていない事も色々あるので、続きそうではあるんですが、個人的には下手にマンネリ化する前にきっぱり締めてもいいのではないかと思うんですけどね。

挿絵はこれもシリーズお馴染みの「あきら」さんが担当で、問題はなく入り込めるでしょう。
この作品のヒロインの表情はこの人ではないともう活きないのではないかなぁ(汗)
この作品くらいではないでしょうか、ヒロインの表情が皆ハの字なのは(汗)

Hシーンに関しては書かなくていいでしょう、察してください(汗)
シリーズのファンには文句なくおすすめです♪

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!M姫様の戴冠

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 まじかるリトル☆ダブルママ  レビュー

二次元ドリーム文庫 まじかるリトル☆ダブルママ

まじかるリトル☆ダブルママ (二次元ドリーム文庫112)
葉原鉄
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 237573
おすすめ度の平均: 5.0
5 ちっちゃいママは嫌いですか?

育ての母と産みの母、二人のママは永遠の魔法少女!?ひょんなことから出自を知った青年・忍が巻き込まれる疾風怒涛の親権争い!フェラ、腿コキとちっちゃな身体を擦りつけての奉仕に忍の理性は悶絶頻り、前代未聞のホームコメディがここに登場。

タイトルから分かる通り、「まじかる」、「リトル」、「ダブル」、「ママ」という色々な要素が入っている今作。
そのためかなり詰め込みすぎな感がありますね(汗)
欲張りすぎかな…、色々と。
それでも、物語のテンポが速く展開していくのですが、その分ペースについていけない人もいるのではないでしょうか。
私もその一人です(汗)

正直個人的にはマジカル要素はいらなかったかな…、この作品の要素では。
かなりこの作品は不思議パワーが存在している世界観なので、これをいらないと言うのはかなりの暴言かもしれませんが(汗)
ちょっとそっち系の設定を受け付けなかったんですよねぇ…。
元々キライではないのですが、何かこの作品のはちょっとひっかったのはなぜだろう…?

そんな作品ですが、主人公の母親「朔」(さく)はリトルママらしくで可愛らしい外見です。
幼い見た目とは相反して、主人公に接する姿は年上の包容力を感じさせるものです。
頼れる言動と見た目、このギャップがいいですねぇ♪
そんな朔に主人公は許されざる想いを秘めており、理性を総動員し、日々悶々としています。
そんな想いを何とかしようと剣の修行したりで山にこもったりというのはどうなんだ(汗)
更に師匠までいたりするのは、すごい展開ですが、ほとんど話に関して機能していない師匠の存在などはいらなかった感はありますね。

そこまでしても、朔への想いは膨れるばかりな主人公の前にいきなり現れた魔法少女(汗)
その名も「シャイニー・セルマ」!(汗)
朔、同様幼い外見ですが、朔と違いかなり天然というか抜けているような話し方をします。
ちょっと苦手な話し方ですね、私的には(汗)
そんなセルマと主人公は何故かHな展開となってしまいます。
その後明かされる、主人公との関係が今後の主人公らの関係に変化が起こっていきます。

その関係は朔との関係も一変させる事になるのですが、まぁ、そこまでシリアス的な展開が起きるわけではないので、サクサク読めますが。
そもそも主人公だけが色々考えちゃってるだけですけどね。

そんな主人公を朔は優しく受け入れ、Hな展開になります。
やはりメインは彼女でしょうから、破壊力は中々のものですね♪
セルマよりも主人公が想い焦がれていた相手なだけにH描写も力が入っており、主人公ならずとも興奮度は高いと思います。
小柄な身体ながらも、主人公の通常よりも超興奮で二割増し?な肉棒を膣内で受け止める姿はたまりません。
挿絵もレベル高めで好印象です♪

お相手はママだけではなく、クラスメイトの「織枝」(おりえ)、お嬢様の「楓」(かえで)もいるんですが、キャラクター数が多いためか出番も少なめなのは残念です。
普通の作品ならメイン級なのでしょうが、今作では微妙かな(汗)
最後の扱いとか…。
結構いいキャラクターだと思うだけに勿体無い気もしますねぇ。

織枝らだけではなく、更に終盤は追加され…(汗)
ヒロイン増やしすぎっ

終盤はマジカルなファンタジックな展開なので、はまるかどうか好みが分かれそうですね。
バトル要素も若干あります。

全体的に展開が早くコミカルなストーリーですが、個人的には朔らのママに焦点を合わせたストレートな作品でよかったのにというのが感想ですね(汗)
変に魔法などの要素を取り入れてるので、設定過多になっている感があります。
冒頭らへんの話はなくして、その分を不遇なヒロインの方に回してほしかったかなぁ。
ママらは魅力的なだけに惜しい印象です。

楽天はこちらからどうぞ
まじかるリトル・ダブルママ

DMM 電子書籍ですぐ読むなら、こちらからどうぞ
まじかるリトル☆ダブルママ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM

ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM (美少女文庫えすかれ)
葉原 鉄
フランス書院
売り上げランキング: 234

はっきり言っておくぞ!(ツンツン)不良も恐れる憲兵生徒会長・羽黒ユウが、初体験から失神絶頂を極めたぐらいで、M奴隷になると思ったら、大間違いだ!(キリッ)フェラをしながら、もぉ幸せぇだなんて感じていない!(メロメロ)今日は危険日、ナカ出しは許さないぞ!(マゾマゾおねだり)。

えすかれレーベル作品らしくぶっ飛んだ作品となっています(汗)
このタイトルで以前も発売されており、シリーズ化したんでしょうかね?

前作「えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM レビュー」はこちらからどうぞ

昨日レビューした「どれちょ!」とはまたテイストが違い、内容の濃さで言うとこちらが上かな。
どれちょ!がアナル寄りなプレイだとすれば、今作は精液、ザーメンものがメインなプレイとなるのでしょうか(汗)
かなりねちっこい描写が多いので、苦手な人は受け付けない作風かもしれません…。

まぁ、前述のどれちょ!は複数ヒロインでしたが、今作はヒロインは生徒会長「ユウ」のみという事もあり、回数、濃さは上回ってますね。
…あれ? どれちょ!もこの作品もえすかれレーベルで更にヒロインが生徒会長なんですね(汗)
使いやすいんでしょうかねぇ…、生徒会は。

内容はお堅い生徒会長(剣あり)が主人公にMドレイにされるという話?(汗)
ざっくり説明だとこんな感じでしょうか。
ちょっと複雑なんですよね、この作品のキャラクターは。

主人公はよくあるお人よしな人畜無害なタイプと思いきや…、そういう態度を取っているというキャラクターは新鮮でした。
どこまで素なのか…、相手に合わせる所があるから結果的にユウと絡むと今作ではSなキャラが際立ったって事なんでしょうか?
イマイチよくキャラが掴めてません(汗)

今作では中々のドSぷりを見せています。

性格だけではなく、肉棒がかなりのやんちゃぶりで常に先走り液が出っ放しで股間にナプキンをくくりつけているというぶっ飛んだ設定はどうなのか(汗)
そんな有様なので精液の量、濃さはすごい訳です。

そんな主人公はユウの関係者と思わしき謎のキャラ「キラリン」の助言を受け、ユウがレイプ願望があると悟り、レイプしちゃうのはどうなんだ(汗)
それから主人公に呼び出されてはトイレでフェラを命じられ、口内発射させられたりと濃い展開になっていきます。

主人公は彼女が喜ぶようなきつめの台詞などを言ってきます。
「メス豚」を始め、雑巾呼ばわりでこぼれた精液を顔面で拭わせようとしたり、ボンレスハム(骨抜き)にして、肉奴隷にしたいと語ったりとかなりのSっぷり。

ここら辺で興奮するかは人次第なんでしょうが、私はそんなに興奮はしなかったですねぇ(汗)
個人的にザーメンものは好みなシチュエーションなんですが、見せ方は好みとは違うので…。

前作となる「ツンマゾ!」では、Mなヒロインにノーマルな恋愛を求める主人公が結果としてSな立場となる作品でしたが、この作品ではMに対してSで応えるため際限なくエスカレートしていく事になります。

これでは読み手が置いてきぼりになる事も…。
内容が変態ちっくなだけに、どこか一息つける要素があれば読みやすかったかなとは思いました。

謎のキャラ「キラリン」など正体が不明なままなのも気になります。
挿絵まであるのに…。

後のシリーズ化も考えての事なんでしょうか。
どうやら、前作とも世界観がつながっているようでそれらしき描写があったりしますが、個人的にはまだ前作の方が合うかな(汗)

このMにはSを! みたいなノリにどれだけ感情移入できるかが鍵でしょうか。
挿絵は前作同様「あきら」さんが担当し、安定感のある描写です♪
決して万人向きではないですが、好きな人はたまらないのでしょうねぇ(汗)

ちなみに前作のは「ツンマゾ!」の!が1つに対して、今作は!!で2つに…。
なら次回作は!!!に?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!武闘派生徒会長だってM

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 学園すいーとパイ レビュー

二次元ドリーム文庫 学園すいーとパイ 麗しの生徒会執行部

学園すいーとパイ 麗しの生徒会執行部 (二次元ドリーム文庫)
葉原 鉄
キルタイムコミュニケーション
おすすめ度の平均: 3.5
4 恋愛要素は薄い
3 胸が云々はどうでもいいです。
4 巨乳ヒロイン4人でハーレム

クールな男になりたい卯月は、学園中の巨乳美少女が集う生徒会に出入りすることに。学園一の爆乳少女や高飛車な豊乳生徒会長。スタイル抜群の美乳書記に、ツンデレロリ巨乳美少女らのウブな少年の股間を巡る熱烈奉仕は、ますますエスカレート。

タイトルでお分かりの様に、おっぱいがテーマな作品です。
皆、ヒロインたちは巨乳ぞろいでおっぱい好きにはたまらないですね。

ですが・・・、この作品主人公が駄目駄目です(汗)
駄目と言うより、痛いかも・・・。
この主人公、小柄である事などから見た目で舐められるのが嫌な性格で、クールな態度を取ろうとしているんですが、まぁメッキにもなっていないメッキっぷりで(汗)
そんなキャラクター作りをミスっているせいか、クラスでは友人もいないは、そのくせ異様な巨乳好きという有様です。
男は黙ってブラックコーヒーなどと飲んで、我慢している自分は格好いいと思っているくだりは、痛すぎます(汗)
年齢などは書かれていないので、正確には分かりませんが先輩もいるのでおそらく1年生だと思うんですが・・・。
高校1年としたら、この精神年齢は低いと言うしかないですねぇ(汗)
この主人公では感情移入できない人もいるんじゃないかな・・・。

ヒロイン達でメインヒロインに近い存在は、主人公の幼なじみのお姉さん「星子」(せいこ)でしょうか。
お姉さんキャラなのに、ミニマムな背丈は可愛らしいですねぇ。
そのくせ、巨乳なのはけしからんです(汗)
序盤は主人公とは一線を引いた関係でしたが、中盤頃から甘やかしモードに入ります。
主人公とはいい雰囲気になるのですが、ハーレム的な流れになるのでやはりその中の一人という扱いになるのは残念なところです。

生徒会長の「呉葉」(くれは)は、主人公に興味津々なご様子ですが、気になったのは主人公を「ボクちゃん」と呼ぶことですね(汗)
なぜか母乳が出る体質と言う設定付きです。
生徒会書記の「冴」(さえ)は、冷静沈着なタイプで主人公にはあまり関心がなさそうですが、主人公の肉棒には反応するようで・・・。
感極まると、口調が関西弁になるというのがちょっと新鮮でした。
若干レズッ気もあるのか、会長などとも絡んでます。
後は、主人公が憧れていた図書委員の「言音」(ことね)がいます。
学園内一の巨乳という、おとなしい娘かと思いきや、意外に性には積極的で意外でした。
委員会頑張っているって理由で胸揉ませてくれるなんて・・・(汗)
・・・私も学生時代、図書委員だったのにそんな素敵な先輩はいなかったなぁ(泣)

Hは結構いやらしい感じで思ったより興奮度は高いです。
隠語も多めで、独特のエロさはあると思います。
・・・生徒会長との「ボクちゃん」プレイは何か赤ちゃんプレイに近いものがあるなぁ(汗)

一応、ストーリー的にはヒロインたちとの主人公の成長を描きたかったのかと思うようなラストだったんですが、H覚えて駄目になりそうな予感も(汗)
個人的におもしろかったのは、母親に母子姦もののエロ本を見つかって「胸のない母に興味はない」と滑らせ、母親を泣かしたってエピソードでした(汗)
駄目すぎる・・・。

楽天はこちらからどうぞ
学園すいーとパイ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 ボクミコ! レビュー

二次元ドリーム文庫 ボクミコ! 巫女とミコトの退魔修行

ボクミコ! 巫女とミコトの退魔修行 (二次元ドリーム文庫)
葉原 鉄
キルタイムコミュニケーション
おすすめ度の平均: 2.5
3 ボク、巫女です。巫女は処女でなければならないんです。
2 物足りない
3 「逆巫法」とか「儀式」とかこの際無視無視

ワケあって巫女の修行を積むことになったミコトと美少女巫女たちの同居生活が始まった。そこで次から次へと少年を襲う、儀式と称するエッチな悪戯の数々。退魔修行の名を借りた、袴っ娘たちによるミコト争奪戦はヒートアップ必至。

表紙、挿絵は人気の「龍牙翔」さんです。
可愛らしいヒロインを描かれるので好きです♪
勿論、今作もいい出来で満足です。

そんな今作は巫女ものという定番なジャンルですが、ヒロインが5人(人?)と結構な大所帯となっています。
まぁ、そのせいでどうしても一人一人の文量は必然的に少なくなるので、やや消化不良気味に感じる点もあります。
正直3人程度のヒロイン数でも十分良かったのではないかと思いました。
ヒロインの内の2人は召喚した式神なのですが、両方もしくは片方いらなかったのではないかなぁ・・・。
キャラクターとしてある程度、キャラは立っているとは思いますが片方でも成立したとは思います。
特に式神は主人公への純粋な好意というのとは、やや違う感じの印象を持っていると見えただけにHに絡んでくるとラブラブとは違うノリに見えてしまいますね。

一応メインヒロインに近いのは主人公と交際中の「真乃」(まの)です。
冒頭いきなり真乃とのHシーンから開始というのは、珍しいですね。
とはいえ、どうしてもそういう関係の二人ってあまり優遇されない傾向があるんですけどね(汗)
ハーレム的な流れになっていくとどうしても、他ヒロイン達の中に埋もれ気味になるんですよね・・・。
真乃とのHが原因で物語が展開し始める事になるんですが、予想通りHな修行になっていくわけです。

この修行、儀式の設定が思ったより設定が出来ており、固有名詞というか専門用語が頻繁に出てくるんですがちょっとくどいかなぁ・・・。
まぁ、私の理解力が足りないのでしょうが(汗)
特に式神のひとりの「柳」(やなぎ)の戦闘描写は、かなり力が入っていると感じました。
でも、ちょっと唐突な気がしたので、そこまで入れる必要あったのかなという印象ですね。

全体的に色々な要素を入れようとして、文章過多になっている気がしました。
読み終わるまで、文庫にしては若干時間かかったのはそのせいか、私だけなのか分かりませんが(汗)

主人公のキャラクターは、典型的な流されるタイプですね。
見た目も性格も女性ぽく、作品中では儀式に必要として女装状態です(汗)
そんな状態の主人公に襲い掛かる(!?)ヒロイン達のHな修行に精が枯れる勢いです。
そのため、こういう主人公が苦手な人には感情移入できない可能性も・・・。
私はそんなに嫌いではないですが(汗)

個人的には恋人の真乃の妹「理乃」(りの)は結構好きなキャラクターでした。
感情が表に出やすい真乃とは違い、ほとんど感情を出さない、毒舌で小柄なタイプです。
年上な主人公も彼女にはたじたじで、なすがままです(汗)
でも、Hの時は少しですが、感情が露わとなり、主人公への想いが感じ取れて好印象です♪
まぁ、一方的に手コキで責められて「変態」と言葉攻めされたら・・・、Sッ気があるのがたまりませんね(汗)

そこまでH三昧な修行、儀式をした結果は・・・、どうなのよ、これといったオチでしたが(汗)

全体的にH三昧なのでHを楽しみたい人にはいいかなぁ。
魅力的な点も多いので、興味があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 どきどきクラブボックス レビュー

二次元ドリーム文庫 どきどきクラブボックス

どきどきクラブボックス
どきどきクラブボックス
価格 662円 税込 レビュー( 1件 )

部活動予算を発端に、生徒会長・晴男を巡って個性豊かなスポーツ少女、文化系少女達が織りなす恋の鞘当て!漫研のドイツ娘のパイズリ奉仕や腹黒ロリ副会長の足コキプレイなど、今日も今日とて部活棟がエッチなハプニングに包まれる。

ヒロインが生徒会長ものという作品は数多いですが、こちらは主人公が生徒会長という立場ですが、実質的な立場は副会長であるヒロインの影響力が強いという悲しい事実が(汗)

この作品はかなり他の二次元ドリーム文庫の中でもかなりキャラが立っているというか濃いです(汗)
ヒロインが個性的なのは当然として、主人公のキャラクターはかなりキテますね。
これを受け付けるかどうかで、この作品の評価は大きく分かれると思います。
私自身は、序盤こそあまり馴染めませんでしたが、終盤はこのノリに慣れてきました(汗)
ページ数が少なめな文庫なのに、序盤は妙に読むのに時間かかってしまいました・・・。

主人公ははばからず巨乳を愛する、と公言する巨乳好きでそれが行動の指針になっている所もあるというかなりぶっ飛んだ性格をしています。
当然、女生徒からの支持は高くないのですが、本人はそんなのお構いなしです。
ジャマになっている生徒に「胸の小さい順から去れ」など名言連発です(汗)
まぁ、ただの巨乳バカではなく、一応考えて行動している所も見受けられるのでそこは評価できますね。
(巨乳生徒の頼みを何でも聞くだけではなく、納得のできない話には賛同しないなど)
微妙な温度の熱血漢という印象でしょうか(汗)

そんな主人公と絡む副会長「優美」などのヒロインも当然皆、個性的で会話シーンはかなりのつっこみどころ満載です。
この作品では、メインヒロイン的な存在はいないようで、最終的にはハーレム的な状態になります。
この話の流れから言うと、副会長ぽいんですけどねぇ。
個人的にはおせっかい焼きキャラクターのヒロイン「千佳」(チアリーダー)は幼なじみ的な香りもするんですが、普通のクラスメートの関係だったのでちょっと残念。
・・・千佳の胸が小さいからなんでしょうか(汗)
でも、結局Hなどやる事やっているんだから、巨乳じゃなくてもいいんですね(汗)
この作品は胸がほとんどないか、巨乳かしかでないという二者択一的な世界ですので、ちょうどいいサイズは出ないのは男らしいのか・・・。

中盤で主人公のお供的な少年も一緒にHに参加させられて、イカされちゃうという展開があるので他の男が出てくるのが嫌な人はご注意を。
まぁ、顔が出ているわけでもないですし、そこまで詳細な描写もあまりないので、そこまで警戒するレベルではないのですが、よく考えるとそういう場面が出るのも二次元ドリーム文庫では珍しいかも(他の男のHシーン)

全体的に独特の勢いというかノリがあるので、そこが気に入るかで読みやすさは変わるかと思います。
最近見ないある意味、男気のある主人公には一見の価値あり・・・?

イラストは、可愛らしいロリっぽい絵が特徴的な絵師さんですね。
この柔らかさがあればこそ、この勢いやノリのある話がまだ読みやすくなっているかも(汗)
この人の作品でははっぴぃサマービーチ 水着でラブアタックプリンセス狂想曲 ロイヤルウエディングなどの作品も担当されています。
独特なアングルからの挿絵を描かれるので印象が強いです。
性器らへんのクローズアップが多い気が(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 どらぐろいやる2 水都の乙女たち  レビュー

二次元ドリーム文庫 どらぐろいやる2 水都の乙女たち

どらぐろいやる 2 水都の乙女たち (二次元ドリーム文庫 143)
葉原鉄
キルタイムコミュニケーション (2009-12-10)
売り上げランキング: 788
おすすめ度の平均: 4.0
4 孕ませ

海洋都市国家・シルレアをお忍びで訪れたルードたち。南国を満喫する一同を待ち受けるのは街の名物女騎士と、絶妙テクのロリくノ一。水の都に舞い踊るは乙女たちの闘姿と媚態と―そして、悲恋!?黒竜一行の珍道中は、今日も今日とて煩悩まみれ。

12月発売の新刊です。
タイトルで分かるようにかつて発売された「どらぐろいやる」の正式続編です。
1年以上前に出たこともあって、若干忘れ気味(汗)なまま読んでみましたが・・・。
う?ん、こんなキャラクターだったっけ?主人公は(汗)

確かに主人公は前作で自分の精液が良薬であるという理由で、捕らえられてしまい、病弱な王女に精液を搾り取られる日々になり、その過程で射精の快感に目覚め、まるで性に目覚めた中学生のような有様です。
今作はそれから性行為を繰り返した経験豊富なためか、妙にこなれて可愛げがなくなった気が(汗)
前巻から時間が経っているのも、イメージと変わっていると感じる原因かもしれません。

今作は舞台を変え、他国でのエピソードとなっています。
個人的に意外だったのは、青髪のヒロインでなんと人妻(汗)
口調も特徴的な柔らかい口調なのも意外でした。
もっときついキャラクターなのかなと思ってたので。

むしろツンケンしてたのは逆のヒロインでした(汗)
まぁ、見た目が幼くロリ系で可愛らしいので全然毒舌でも痛くもかゆくも。
もっと言っ・・。

挿絵のレベルが高めなので、H度もかなりあるかと思います。
物語的には正直、続編でやる意味は薄いかなとは感じました。
王女の病弱さはある程度は改善されていますし、そうなると主人公はドラゴンである理由も薄く、ただ精力・体力が異様なだけに(汗)
でも、まだ続きそうな感じですね、これは。

追記
小冊子は、本当に番外編と言うか、外伝ですね。
何気ない日常の一コマです。
こちらは前作のメンバーのみで展開されていますので、新ヒロインはいません。
Hばかりでおさまりのつかない主人公に対して、ヒロイン達が・・・という展開。
まぁ、4Pなので大した内容ではないのですが(汗)

どらぐろいやる2 水都の乙女たち どらぐろいやる2 水都の乙女たち

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
どらぐろいやる2 水都の乙女たち

楽天はこちらからどうぞ
どらぐろいやる(2)
関連記事

二次元ドリーム文庫 どらぐろいやる レビュー

二次元ドリーム文庫 どらぐろいやる

どらぐろいやる (二次元ドリーム文庫)
葉原鉄
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 47685
おすすめ度の平均: 3.0
1 いくらかん奈さんの絵でも
5 珍しく口絵がリバーシブル

誇り高き若き黒竜・ルード。戦闘シスター・ノアに破れた彼に待ち受けていたのは…、美しき王女ヘルダによって、ひたすら精を絞られ続ける日々だった!東方よりの食客カクたんの手ほどきで、精力満点の白濁液を搾り取られるルードの運命やいかに。

どらぐ・・って聞くとスレイブしか浮かばない私です(汗)
主人公は竜ですが、序盤で人間の姿になってからは、体にいいとされる精液を抜かれまくる事に。
Hの経験などなかった主人公はどんどんHの虜に・・・。

かなりHシーンは濃く、精液描写も多く、好きな人は楽しめるかと。
若干、個人的にはイラストがクセがありますが、好き好きでしょう。

メインヒロイン?の王女ではなく、シスターが気に入った私です(汗)

どらぐろいやる どらぐろいやる

楽天はこちらからどうぞ
どらぐろいやる

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
どらぐろいやる

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM

ツンマゾ!―ツンなお嬢様は、実はM (えすかれ美少女文庫)
葉原 鉄
フランス書院
売り上げランキング: 7566
おすすめ度の平均: 4.5
5 無茶苦茶な話のくせにラブコメ?
5 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3 Sは暴力も肯定する?
5 ドMなお嬢様に無理やり「ご主人様」に選ばれてたっぷり調教することを強要されるお話

私の秘密を知ったからにはわかってるんでしょ!(ツンツン)ほら、首輪をつけて奴隷にしなさい!憧れのお嬢様を調教できるなんて最高でしょ!ああ、どんな命令をされるの?(ドキドキ)え、普通にデートがしたい?ちょ、調子にのらないでよ!(赤面)アナタはただのご主人様なんだから。

新たなジャンルの登場(汗)
もう何でもありですねぇ・・。

純愛を望む主人公と望まないヒロインの対比がいい味を出してます。
台詞回しがちょっとクセがあるように感じましたが、まぁ許容範囲かと。
レイプを強要したりと、Mなヒロイン像は初では・・?

根底には愛があるので、まぁこの手のが苦手な人も読みやすいと思います。
でも、Hは濃いです。

当時、同時期に他作品を読んだんですが、ヒロインの姿がかなり特徴が似ていたのが印象に残ってます。
やはりこの手のキャラは金髪、ツインテールなのは基本なんでしょうか・・。

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!ツンなお嬢様は、実はM

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 お嬢様ファイティング!!! レビュー

美少女文庫 お嬢様ファイティング!!!

お嬢様ファイティング!!! (美少女文庫)
葉原 鉄
フランス書院
売り上げランキング: 185412

不動院学園格闘番付1位のサーシャは、マゾでえっちな、あなたのペット。自慢の金髪と美貌にぶっかけられて、痙攣絶頂。ロストバージンは私からの騎乗位奉仕で。「凛々しくてMなサーシャが好きだよ」とあなたが言ってくれるなら、私はもっと強くなれる!格闘お嬢が捧ぐ絶対無敵LOVE宣言。

バトル物っぽいけど、そこまでバトルをしている感じではなく、どっちつかずな印象。
ヒロインがなぜ主人公に惹かれるのかが良く分からないまま進行していく感がして、読み手を置いていく気がします。

イラストは人気エロマンガ家の龍牙翔さんで、魅力的なのでそこはいいです。

ヒロインが1人という事もあり、Hシーンも多く、食ザーメンプレーなどといった濃いプレーもありエロさは高いだけに、心情などをもう少し分かりやすくしてくれれば良かったのですが・・・。

登場人物が少ないだけに、感情移入できないのはかなり厳しいかもしれません(汗)
まぁ、私は、という事ですので誤解なきように。

楽天はこちらからどうぞ
お嬢様ファイティング!!!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢様ファイティング!!!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます