FC2ブログ

葉原鉄のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:葉原鉄

葉原鉄のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2017-07-23美少女文庫 「さ行」
最弱魔王ですが股間の魔剣は最強です 大邪竜、吸血鬼司教、鬼姫、勇者 (美少女文庫)posted with amazlet at 17.07.22葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、先代の魔王の跡を継いだ二代目の魔王です。ですが、主人公の魔王としての実力は先代には遠く及ばないものであり、自他共に認めるダメ魔王だったのです(汗)それゆえに、先代魔王に忠誠...

記事を読む

2017-04-27美少女文庫 「た行」
年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! (美少女文庫)posted with amazlet at 17.04.27葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の?性欲ダダ漏れな男子学生です(汗)そんな彼に突然、ふたりの姉が増える事に!?見た目が自分よりも若く見えるけども、母性一杯な姉たちに主人公は甘えてしまう事になる展開です。 登場ヒロイン登場するヒロ...

記事を読む

2016-11-25美少女文庫 「あ行」
エルフスレイヤー みんなまとめてイキ殺せ! (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 16.11.25葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、冒険者として古代遺跡の調査に参加しています。そんな遺跡の中で、主人公たち一行はエルフの集団に遭遇し、こっ酷い目に。そんな中、主人公と雇い主が所有していた少女、「ユニ」は、逃げる中で...

記事を読む

2016-08-23美少女文庫 「ま行」
魔城伝説ガンダルヴィア 男装の剣士と悪魔の聖女 (美少女文庫)posted with amazlet at 16.08.23葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。魔術師のレオは、酒場でユーヴィスという剣士に声をかけられる事に。今は、魔都と呼ばれる邪神に滅ぼされた地を救いたいとレオをパーティーに誘ったのでした。しかし、そこでユーヴィスは真実を知る事となる展開です。 ...

記事を読む

2016-03-25美少女文庫 「た行」
転生剣奴の子づくり闘技場 (美少女文庫)posted with amazlet at 16.03.25葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、異世界の前世と思わしき記憶を持っている存在です。そんな彼の現世での立場は、色々あって闘技場で互いの命を懸けて闘う剣闘士になって戦う展開です。 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「ライティウス」 「デュランタ」 「ルナハ...

記事を読む

2015-10-30美少女文庫 「た行」
ツンマゾ!? 最強ドMな魔王サマ (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 15.10.30葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、魔王を倒すべく育てられた勇者です。そして、遂に彼は魔王の城奥深くまで踏み入り、魔王と対峙する事に…。強大な力を誇る魔王との戦いは、激闘だったものの、魔王を倒したのでした。しかし、主人公は魔王を殺...

記事を読む

no-image

2015-06-25美少女文庫 「あ行」
悪魔が来たりてAV撮影!? (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 15.06.25葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る6月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、最近念願のひとり暮らしを始めた学生です。そんなひとり暮らしを満喫する矢先に、とんでもない来訪者が…。それは、何と頭に角を生やした悪魔たち!?何故か主人公の前に現れた悪魔たちは、AV男優になれと主人公に迫っ...

記事を読む

no-image

2015-01-24美少女文庫 「た行」
超お嬢様学校で全処女み~んな×ませた (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 15.01.24葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生。そんな彼は、ある出来事をきっかけに、お嬢様だけのお嬢様学校で過ごす羽目になってしまう事になるという展開です。登場ヒロイン登場するヒロインは…「早乙女 真珠」(さおとめ ま...

記事を読む

no-image

2014-09-28美少女文庫 「あ行」
美少女文庫 俺の聖剣をヌイてみろ! 勇者と魔女と姉ウサギ俺の聖剣をヌイてみろ! 勇者と魔女と姉ウサギ (美少女文庫)posted with amazlet at 14.09.27葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。数々のドラゴンを葬り続けた、英雄「ガルド」。それゆえに「虐竜士」(カルネイジア)と呼ばれる程の存在が、主人公の父親なのです。しかしガルドは他界し、彼が愛...

記事を読む

no-image

2014-02-25美少女文庫 「さ行」
えすかれ美少女文庫 最強パーティが俺専用××にクラスチェンジ!?最強パーティが俺専用××にクラスチェンジ!? (美少女文庫)posted with amazlet at 14.02.25葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ギルドスクールに所属しているギルドメンバーです。そんな彼は、他に女性3人のスクールのメンバーとパーティーを組み、ダンジョンの冒険を...

記事を読む

no-image

2013-10-23美少女文庫 「あ行」
えすかれ美少女文庫 お嬢様は押しかけドレイ!? 暴走マゾ&ミニミニ先輩お嬢様は押しかけドレイ!? 暴走マゾ&ミニミニ先輩 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 13.10.23葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生なのですが、実はもうひとつの顔が…。それは、エロ同人作家という一面でした。そんな事をひた隠し...

記事を読む

no-image

2013-05-25美少女文庫 「ま行」
えすかれ美少女文庫 魔界を攻略して魔王をエロドレイにしてみた魔界を攻略して魔王をエロドレイにしてみた (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 13.05.25葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、全寮制の男子校で学ぶ学生です。女っ気が全くない環境なために、主人公は日々女性に対して飢えています(汗)そんな中、主人公は謎...

記事を読む

no-image

2012-05-27美少女文庫 「あ行」
えすかれ美少女文庫 妹と幼なじみがヤンデレすぎてハーレム修羅場!妹と幼なじみがヤンデレすぎてハーレム修羅場! (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 12.05.27葉原 鉄 フランス書院 売り上げランキング: 1581Amazon.co.jp で詳細を見る5月発売のえすかれ美少女文庫です。読み終わったので、レビューです。主人公は、家が「黄不動流兵法」という古武道の跡取り息子である事以外は至って普通の少年です。しかし、そんな彼...

記事を読む

no-image

2011-12-21美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 土下座でお願いされたのでみ~んな×ませた土下座でお願いされたのでみ~んな×ませた (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 11.12.21葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る12月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公はある日、家族と初めての海外旅行をする事になります。しかし、楽しみだった主人公の旅行は船が座礁し、大破の中で両親共々海に投げ出...

記事を読む

no-image

2011-08-26美少女文庫 「た行」
美少女文庫 天然お嬢様は無垢でMで幸せで天然お嬢様は無垢でMで幸せで (美少女文庫)posted with amazlet at 11.08.26葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。物語は、とあるお金持ちのお屋敷の引越しのアルバイトに主人公が参加している所から始まります。学校で禁止されているにも拘らず、何故アルバイトしているかと言うと…、脱童貞のための風俗資金...

記事を読む

no-image

2011-02-20美少女文庫 「か行」
美少女文庫 学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫 (美少女文庫)posted with amazlet at 11.02.20葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る俺の正体が世界を滅ぼす魔王だって!?覚醒した日から学園生活はバラ色へ!幼なじみにして正義の巫女・姫子ネエが我が身犠牲に(?)ご奉仕ご奉仕。不死ロリの悪魔姫マリカからも搾られつづけて…どんどん高まる精力で、ふたりの前と後ろの処女を独占征服。2月発...

記事を読む

no-image

2010-11-23美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.11.23葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見るいつも暴力ばかりの幼なじみ・麗理と毒舌ロリッ娘・愛理。まさか隣の水戸姉妹がツンマゾだったなんて!ボテ腹になっても姉妹ゲンカは終わらない。11月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、早速レビューです。人気ツンマゾシリー...

記事を読む

no-image

2010-08-08二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 みにまむシスターズみにまむシスターズ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 10.08.08葉原 鉄 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 123133おすすめ度の平均: 挿絵には目をつぶってくださいAmazon.co.jp で詳細を見る物語は主人公が幼い頃に別れた憧れのお姉ちゃんを捜すため、転校をしてきたところから始まります。そこで主人公は幼い姿のまま成長が止まってしまった特殊な三姉妹に迫...

記事を読む

no-image

2010-06-27美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.06.26葉原 鉄 フランス書院 おすすめ度の平均: 国の運命をかけてAmazon.co.jp で詳細を見るわたしを次期王女・ミナミと知っての誘拐ですか!初恋の人からレイプだなんて最高すぎ。最凶のツンマゾ姫を女王にするため、仕組まれた拉致監禁!ギロチンよりも素敵な調教で姫のドM魂を大更正!ハメ撮り脅迫。ぶっ...

記事を読む

no-image

2010-03-26二次元ドリーム文庫 「ま行」
二次元ドリーム文庫 まじかるリトル☆ダブルママまじかるリトル☆ダブルママ (二次元ドリーム文庫112)posted with amazlet at 10.03.26葉原鉄 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 237573おすすめ度の平均: ちっちゃいママは嫌いですか?Amazon.co.jp で詳細を見る育ての母と産みの母、二人のママは永遠の魔法少女!?ひょんなことから出自を知った青年・忍が巻き込まれる疾風怒涛の親権争い!フェラ、腿コキとちっちゃ...

記事を読む

美少女文庫 最弱魔王ですが股間の魔剣は最強です レビュー


最弱魔王ですが股間の魔剣は最強です 大邪竜、吸血鬼司教、鬼姫、勇者 (美少女文庫)
7月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、先代の魔王の跡を継いだ二代目の魔王です。
ですが、主人公の魔王としての実力は先代には遠く及ばないものであり、自他共に認めるダメ魔王だったのです(汗)
それゆえに、先代魔王に忠誠を誓っていた部下たちに、見下されている始末…。

しかし、主人公には先代並みの力を持つ肉棒があった事に気づき、それを使って見下していた部下たちを屈服させようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • シャノン
  • ダキニ
  • ノスフェラティア
  • テュポーン
がいます。

シャノンは、酒場で働く女性です。
明るく快活な性格の持ち主で、周りから若干浮くくらい(汗)
恋に恋する女の娘でもあります。

ダキニは、主人公(魔王)に従う四天王のひとりです。
極東の国との同盟の証として、こちらにやって来た姫です。
主人公に唯一好意的な存在でもあります。

ノスフェラティアは、四天王のひとりです。
主人公の父親、先代魔王に心酔しており、主人公を魔王として認めていません。

テュポーンは、四天王のひとりです。
実年齢とは一致しない幼い容姿の持ち主ですが、その力は圧倒的です。
魔王としてまだまだ頼りない主人公を鍛え上げようとし、毎回殺しかけています(汗)

その他にも、名前ありのサブキャラは何人か登場しますが、ここでは省きます(汗)

ストーリー展開


展開的には、魔王な主人公が股間の肉棒を使って見下す部下たちを屈服させる流れですね。

元々、主人公は先代魔王が崩御し、その息子である主人公が二代目として魔王の座についた訳です。
主人公も全くの雑魚ではないものの、その力は先代魔王に比べる事もおこがましい程の力量差ではありました(汗)

自他共に認める、不出来な存在…。
しかし、立場上は最も上である魔王であると言う現実は、そこら中に歪みを作っていたのです。

その一つが、魔王を支える魔王軍の四天王の存在でした。
彼女たち四天王は、それぞれが強力な力の持ち主でありますが、先代の強さに惚れ込み、従っていた面がある訳ですね。
力が全てである存在を統べるには、当然それ以上の力があるのは大前提ですからねぇ。
…しかし、悲しい事に主人公の力は、彼女たち四天王に劣る有様であり、双方の力関係は微妙なバランスにあったのです(汗)

一応、今は魔王の息子であり、現魔王としての立場がある主人公を立てているものの、それが本心から来るものではないのは明らか…。
熱烈な先代魔王を信奉するノスフェラティアに至っては、主人公を魔王ではなく、王子呼びと、決して魔王として認めていないのが分かる有様。

当然、彼女たち四天王がそんな態度では、その下にいる連中も主人公への敬意など薄れていくのは当然であり、主人公の求心力は落ちる一方だったのです。

そんな中、主人公はある出来事をきっかけにして、股間に異変が生じる事態に…。
何と、股間の肉棒が今までの自分の肉棒とはまるで別物と思う程の、強力な魔力を放つ肉棒へ変化を遂げたのです。
それこそ魔剣と呼べる程に、その肉棒は立派なサイズ、形にパワーアップしていたのです。

これでなら四天王にも勝ち目があるのではないかと思った主人公は、この肉棒を使って四天王を性的に屈服させる事を思いつく流れになっていますね。

何だ、この馬鹿っぽいストーリー(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
一部、その他のサブキャラとの行為も描かれてはいますが、メインはあくまでも上記のヒロインたちですね。

行為的には、フェラやパイズリ、自慰などがあります。

やはり見所は、主人公が実力では全く歯が立たない女性陣を相手に、肉棒の力で屈服させるって所ですかね。
まぁ、屈服って表現だとちょっと言葉がきつい印象がありますけども、要は主人公を魔王として一人前と認めさせるって事ですね。
…エロい事で認めさせても、って気はしないでもないけども(汗)

まぁ、単純に力では、四天王に全く歯が立たないどころか瞬殺なだけに、こっち方面に逃げるしかないわなと(汗)
最初の主人公は肉棒が別に凄かった訳ではないのですが、上記のストーリーにある様にあるきっかけで凄い肉棒にパワーアップした訳ですね。
それを行使して、女性陣をHでメロメロにしちゃうって流れになっています。

とは言え、いきなり主人公がHさせてくれって言ったとしても、主人公を頼りない存在と認識している女性陣がする訳がないですので、各ヒロインたちと初回の行為を行うまでの過程は見所でもありますね。
そんな何か凄い事が起こる訳でもないんですけども、一度関係持ったらもう主人公に逆らわなくなるので、最初の行為はある意味見所な訳です(汗)

別に女性陣から主人公が嫌われているって訳ではないんですけどね、正確には。
ダキニ、シャノン辺りは、最初から主人公に好意的ですし、テュポーンは強くなって欲しくて半殺しにしてくるだけで愛情がない訳ではないですしね(汗)
まぁ、テュポーンの感情は恋愛的な愛ではなく、年齢的に孫とかを思う感覚に近いかもしれませんが…。

明確に主人公を毛嫌いしているのは、ノスフェラティアくらいな物ですが、小馬鹿にしてくるってくらいなものですけどね。
あくまでも主人公がヒロインたちを魔王としてふさわしい存在とHで認めさせるってノリですからねぇ、大変緩いです(汗)

なので、Hシーンでもコミカルでノリの軽いやり取りが多く、緩い雰囲気で濃いめなHが展開されるのも今作の特徴ですね。
主人公は人間ではない魔王なので、数発の射精など屁でもないので、精力に物言わせて、女性陣をひたすら肉棒で制圧していく事に。

女性陣も圧倒的強さゆえか、これまでに男性経験が一切ありません。
それゆえに、初めてとなる主人公との行為、肉棒による行為の快感、勢いに負けてしまう事になりますね。
基本、ヒロインの身体って結構小柄、華奢に見える体型をしているので、主人公の激しい行為の前に心配になりますが、そこは見た目は可愛くても実力者ですから、その激しい肉棒の突き込みにも耐えられる訳ですね。
勿論、肉棒の前にはしたなく絶頂し、だらしない姿を見せる事はありますけども、タフさは全然負けてませんね♪

凄い、ついで感はありますが、四天王の部下たちも一緒に餌食になる展開も(汗)
実際、ついでな訳ですから、ザックリとした描写ではありますけども、それぞれの主たちがあの体たらくなのですから、子分たちが抗える訳もないですからねぇ(汗)

個人的に印象的だったのは、シャノンですかね。
キャラ紹介に恋に恋するって書いたんですが、それが良く分かる性格と言うか(汗)
一歩間違えたらヤンデレになりそうな気もするテンションは、中々四天王にも負けていませんねぇ…。


終盤では、全ヒロインを交えてのハーレム展開があります。
この辺まで来ると、主人公のキャラも序盤に比べると変化がありますね。
四天王たちを肉棒で認めさせたという事実は、彼の余裕、自信を持たせる結果となっていますからね。
…まぁ、個人的には最初の頃の冴えない卑屈な性格のキャラの方のノリのが好みだったんですけどねぇ(汗)

挿絵


挿絵は「〆鯖コハダ」さんが手がけています。
美少女文庫は初めてかなと思ったら、「お嬢様☆温泉学園」があったんですね。
あれは、2011年だったから、6年ぶりかぁ…、そのせいか大分絵柄が変わっていますね(汗)

表紙絵を見れば、一目瞭然ですが、ヒロインたちが全体的にあどけない童顔ですね。
体型もキャラによっては、小柄で童顔と相まって幼さを感じさせる仕上がりになっています。
まぁ、それでも出る所はしっかり出ているのが凄いですねぇ(テュポーンは除く…)

それだけに、こういう絵柄が苦手な人には少し厳しいかもしれませんね(汗)

終盤では、全員交えた展開になるのは上記にある通りなんですが、4人一度に並ぶと一瞬誰が誰か分からなくなりますね(汗)
細部を見比べれば、判別できるんですが、それくらいに童顔で可愛らしいって事でもありますね。

ラストでは、妊娠してお腹が大きくなっている女性陣の姿も…。
顔があんなに可愛らしいだけに、お腹が大きくなっている姿は何とも言えないですな(汗)
まぁ、基本人間じゃない存在だからセーフって事で(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、正直、ページ数の割には内容の薄い話だったかな(汗)
元々の動機が弱いので、どーしてもそうなってしまいますよねぇ。
まぁ、割り切ってH三昧を堪能と言う意味では、そんなに悪くはないかなとは思いますが。

この緩ーいノリがハマれば十分楽しめるかとは思います。
でも、本当にそれだけの話だっただけに、もう一捻り欲しかったかなとは思いましたけども、贅沢かな(汗)

えすかれじゃないけれども、色んな意味でえすかれっぽい作品でした(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! レビュー


年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! (美少女文庫)
4月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の?性欲ダダ漏れな男子学生です(汗)
そんな彼に突然、ふたりの姉が増える事に!?
見た目が自分よりも若く見えるけども、母性一杯な姉たちに主人公は甘えてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 橋永 風美」(はしなが ふみ)
  • 橋永 葉実」(はしなが はみ)
がいます。

風美は、主人公の姉代わりになった女性です。
年齢に比べて子供っぽい容姿をしており、感情表現も豊かなために余計に愛らしさを感じさせる存在です。

葉実は、風美の姉です。
こちらも風美と同じく見た目が子供っぽい姿をしています。
普段から丁寧な言葉使いをするしっかり者でもありますが、かなりしたたかな面も…。

ストーリー展開


展開的には、主人公にふたりの姉が出来る事になる流れですね。
…超展開(汗)

元々、主人公には姉などいません。
何故そうなったのかは、主人公の父親が交通事故に遭った事がきっかけでした。
相手方も同じ様に怪我をして入院した訳ですが、その際に主人公を無視して話が決まっていき、最終的に向こうの家族である風美、葉実のふたりが主人公の家に厄介になるという事に決まったのでした(汗)

こうして、彼女たちと共同生活を送る事になった訳ですが、何より驚いたのは彼女たち姉妹が主人公よりも年上だった事(汗)
彼女たちも主人公を、実の弟の様に可愛がってくれたんですね。
しかも、その可愛がりっぷりは今日が初対面とは思えない程に甘く親密なもので、主人公はすっかり骨抜きに。

そんな中、ある事件が姉妹との関係を大きく変える事に。
姉妹と同居する前に意気揚々と通販で頼んでたオナホールが姉妹にバレてしまったのです(汗)

もう、おしまいだと絶望する主人公でしたが、風美の謎のフォローから、話はおかしな方向に…。
母親がいないので、恋しいのではという謎の発想から、彼女のおっぱいを吸う、謎の展開に(汗)
更に、それだけでは終わらずに最終的には本番行為まで至ってしまい、もはや姉弟じゃないけども、姉弟じゃない関係になってしまったのです。

そこに葉実も加わり、姉たちの過剰ともいえる関係がエスカレートする流れですね。

…今更なんですけども、タイトルのバブみって何なんですかね?(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所は、主人公に異常に母性愛を発揮する姉妹の姿でしょうか。
何故か、お姉ちゃんを通り越して、お母さんになってあげるとか言っちゃうレベルですからね(汗)

ちなみに、葉実は「ママ」、風美は「おかあさん」という謎のこだわりが存在します(汗)
まぁ、母性って意味合いでは違いはないんでしょうけども、中々ママ呼びってのも厳しいものがありますねぇ。
主人公も、甘えながらも結構ダメージを受けてましたからね(汗)

その一方で、姉妹をそう呼んで行為をするってシチュエーションに、とんでもなく高ぶっているのもまた確かでもありましたけどね。

私には主人公は、ただのエロ馬鹿男子にしか見えないですが、どうも姉妹的には違う様で(汗)
彼女たちには、主人公が実は母親がいなくて無理をしているのではみたいなのが感じられていたそうで、それをどうにかしようとして結果がアレだったみたいですね(汗)
まぁ、彼女たち自身も何だかんだ楽しんでいますけどね♪

こんな可愛らしい見た目に反して、中々のいやらしさを持った姉妹なのも、たまりませんね。
年齢的には、そういう事に興味津々でも何ら問題ない年齢ですもんね。
相当ドスケベな主人公も、思わず気圧される程に時には淫らな姿を見せてくれますね♪

この見た目だから、余計に淫らに卑猥に感じてしまうんですよね(汗)
まぁ、素直な風美はまだしも、葉実は自分がそうする事で破壊力があるってのをよく理解してやっているってのが、また…(汗)

どうしても女性陣を母的な存在として扱うために、甘えさせてくれる展開が多めかな?
とは言え、主人公も時には暴走してかなり姉妹をハードに扱う事もあったりするので、全部が全部向こうに主導権があるって訳ではないですね。
まぁ、姉妹もそれをしっかり受け止めちゃう辺りが凄い訳ですが(汗)

その分、濃厚な匂い立つ様なねっとりとした行為描写が、ママとかとのギャップを強く感じさせますね。
挿絵の効果もあって、生々しく感じにくいけども、実際は相当な濃さでしょうねぇ(汗)

ある程度、進むと姉妹一緒の行為展開になっていきますね。
まぁ、最初から仲が良い姉妹でしたし、多少主人公を巡って張り合う様なシーンも見られたものの、お互いに主人公を溺愛しているので、揉める事もなかったですね。

姉妹息の合った行為ややり取りなどは、見所でもありますね。
一緒だと彼女たちの個々の違いも垣間見えて、また面白いですね。

挿絵


挿絵は「ひなたもも」さんが手がけています。
美少女文庫でも、お馴染みな方ですね。

表紙絵でも分かる様に、可愛らしい絵柄が印象的ですね。
どちらかと言えば、妹系の作品のイメージが強かったんですが、今作は姉であり母って事に(汗)
まぁ、妹に見える容姿なので問題ないですな(?)

またこの人の絵柄って、可愛らしいんですけども、かなり汁気描写などの激しい絵柄なんですよね。
なので、キャラクターの愛らしさとHのギャップが魅力でもある訳ですが、今作でもそれは健在ですね♪

やはり姉妹の見た目に注目が行きがちですけども、何気に格好も見所ですね。
何故か、初等部の制服(違和感なし)姿になったり、動物コスプレみたいな姿にもなったりしますね。
こんな格好が似合ってしまうのも、年齢を考えたらすごい事ですな(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、テンションなどが妙に高い勢いで突っ走った作品だったかな(汗)
まぁ、このヒロインたちとHしようなんて、普通のキャラでは勢いがないと中々できないでしょうからねぇ(汗)

当然というか、この容姿というか、見た目、ノリについていけないと中々楽しめないかも知れないですね。
まぁ、表紙絵見たら大体分かるでしょうから、そこら辺は問題じゃないか(汗)

女性に甘えたい人向けかなとも思うんですが、しかし見た目は自分よりも若く見えるという、特殊なヒロインたちなので、いかにもお姉さん系のヒロインの方が好きな場合は違和感があるかも?(汗)
決して万人向けな作品ではないでしょうが、ハマる人にはハマる作品だとは思いますね。

強引な展開で勢いで突っ走っていくだけに、細かい事を気にしないなら大丈夫でしょう(汗)

Amazon版 電子書籍
年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい! (美少女文庫)

DMM 電子書籍
年上ロリ姉妹にバブみを感じて甘えたい!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 エルフスレイヤー みんなまとめてイキ殺せ! レビュー


エルフスレイヤー みんなまとめてイキ殺せ! (美少女文庫)
11月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、冒険者として古代遺跡の調査に参加しています。
そんな遺跡の中で、主人公たち一行はエルフの集団に遭遇し、こっ酷い目に。
そんな中、主人公と雇い主が所有していた少女、「ユニ」は、逃げる中で入り込んだ遺跡の一室である現象に遭遇する事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ユニ
  • ヒルデガルト
  • カリューシア
  • マドゥーシア
  • エルドベリア
がいます。

ユニは、主人公が雇われていた主が所有しているハーフエルフの少女です。
幼い頃から、エルフや人間に虐げられてきた生い立ちゆえに、自分の存在に強いコンプレックスを抱いています。
奉仕好きな、相手に対して尽くす献身的な性格の持ち主です。

ヒルデガルトは、エルフの女騎士です。
魔法よりも武術に長けた誇り高い性格の持ち主です。

カリューシアは、エルフの氏族長の娘です。
長寿のエルフの中では、一番若い最年少の少女であり、皆に愛されている存在でもあります。
まだ子供らしい活発で好奇心旺盛な性格の持ち主です。

マドゥーシアは、エルフの氏族長です。
エルフらしく他の種族とは距離を取り、中でも人間を毛嫌いしています。
魔術に長けた存在でもあります。

エルドベリアは、エルフの祖神と呼ばれる存在です。
見た目は、一番幼い容姿に見えますが、永き時を生きている存在であり、強い母性も持ち合わせています。
ある事情で、身体を封印されており、魂だけの存在と化しています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が遺跡内である不思議な状況に遭遇する流れですね。

元々、その遺跡は冒険者である主人公を雇った伯爵の領地内で発見されたものでした。
恐らくその遺跡は、だいぶ昔にエルフが作った物であるとされ、伯爵はそこに何か財宝の類があるのではないかと思い、調査に乗り出した訳ですね。

しかし、遺跡内で遭遇したのは、財宝ではなく複数のエルフたちでした。
彼女たちエルフ(エルフの男もいましたが)は、ここは自分たちの所有物だと主張し、主人公たち一行を追い返そうとしてきたんですね。

人間とエルフの関係は、遥か昔からすこぶる悪い物があり、伯爵とエルフとの主張は平行線…。

しかし、遺跡にアクシデントが発生し、主人公たちはその隙に逃げる事に成功。
主人公は、とっさに侯爵の所有物であるユニの手を引き、一緒に逃げたのでした。

何故、そんな事をしたのか。
主人公は、彼女に対して強い興味というか、情を持っていたんですね。
この遺跡探索の道中も、彼女は所有者である侯爵から何度も腹いせと思われる内容で殴られていたんですね。
主人公は、そういう場面で密かに彼女の身を守っており、アクシデントが起きた際に隙を見て、ユニを連れ出したという訳ですね。

主人公はスケベな性格の持ち主なので、勿論、そんな行動には下心があったのも事実ですが、女好きゆえに女性が意味もなく殴られている状況を見過ごせなかったという所はありますね。

そんな中、主人公とユニは遺跡に封印されていた存在、エルドベリアと出会う事に。
エルドベリアは、主人公でも知っているエルフの祖神と呼ばれる存在であり、エルフが人間嫌いとなった原因とされる存在でもあったのです。

そんな彼女から、主人公はある頼み事をされる事に。
それは、主人公にエルフたちとHしまくって、子供を作って欲しいという頼みでした(汗)

スケベでエルフ好きな主人公は、勿論、快諾する事に(汗)
こうして主人公は、エルドベリアのお墨付きをもらって、エルフたちとHしまくる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
一応、その他大勢の名前が出てくる程度のサブキャラクターも何人かいますけども、実質は上記のヒロインたちですね。

行為的には、パイズリやフェラ、自慰などがあります。

やはり登場するヒロインが全員、エルフってのがエルフ好きにはたまらないのではないでしょうか。

そんなエルフたちですが、一部のエルフを除いて主人公を含む人間嫌いな訳で、いきなりHとはいかない訳ですね。
力で無理やりと思っても、魔法や剣技などに長けた彼女たちエルフには主人公は真っ向勝負では勝ち目がないだけに、正攻法では難しいんですね。
そんな悩みも、ユニのおかげで解決。

実は、彼女はエルフと人間の子…、いわゆるハーフエルフであり、エルドベリア曰く、巫女の素質があるらしいんですね。
それゆえに、封印されたエルドベリアの魂を憑依させる事が出来て、エルドベリアと話せる様になったり出来た訳ですね。
そして、そんな巫女の素質を持つユニと主人公がHをすると、その周囲のエルフに発情効果を与える事が出来、それを利用して発情して本来の力を発揮できないエルフたちをモノにしてしまおうという訳です。

この作戦は効果絶大であり、次々とこの方法でエルフたちとHしてしまえば、後は主人公の肉棒で何度も絶頂させてしまう事でメロメロにしてしまう訳ですね♪
なので、各エルフヒロインの攻略は、そこまで難しくはなく進む印象ですね。
まぁ、人数も多いですし、テンポよく行かないとねぇ、サブキャラもいるし(汗)

個人的に、印象的なヒロインは、ユニとカリューシアのふたりでしょうか。
特にユニの存在は、今作のメインヒロインと呼べる存在として、少し扱いが違いますね。

ユニは、主人公と出会うまではハーフエルフという立場のせいで、かなり酷い目に遭ってきた生い立ちがあります。
それゆえに、彼女の自分自身に対する認識は、相当に低いんですね。
それこそ、主人に食事として食べ残しをもらっても、食べ物をくれる有難い存在と思うなど、その基準が著しく低いんですね。

そしてハーフエルフは、人間からもそんな扱いですが、エルフからも忌み嫌われる存在であり、居場所がない訳です。
そんな彼女に好きに生きる自由を与えたいと、主人公は彼女に肩入れしており、他のエルフとは違う特別な存在となっているのが描かれていますね。
だから、彼女との行為は、どこか主人公も態度というか、優しい感じがしますねぇ。

後は、カリューシアですね。
彼女は、エルフの中ではもっと若い最年少ゆえか、かなり純真で素直な娘です。
なので、ユニや主人公にも変わらない態度で接するなど、愛らしい存在になっていますね。
それだけに、好奇心も旺盛でHにもかなり興味津々で、すっかりその味にハマっちゃうなど、天真爛漫な姿を見せてくれますね。

途中から、主人公の事をおとうさん呼びする様になると、余計に危ない香りが…(汗)

他のエルフ(エルドベリア以外)は、主人公を毛嫌いしているだけに、行為の序盤は反抗的だったりする態度を見せるものの、既に発情状態となっていた身体は主人公を求め初めているという事になりますね。
なので、そこからの行為で絶頂しての快楽落ちっぷりは見所でもありますね♪
行為の中で、女性陣の心情描写があるのも、快感に葛藤する様が垣間見えて良かったですね。

終盤では、全員交えてのハーレム展開などがありますね。
この時点では、皆、無事妊娠してお腹が大きくなっているだけに、また違った雰囲気の行為が味わえますね。
…見た目が若いエルフたちが、お腹を大きくしている光景は、何となく犯罪臭が(汗)

女性陣の態度も、すっかり主人公に心酔している状態ですから、余計に甘さが出ていますね♪

挿絵


挿絵は「西E田」さんが手がけています。
美少女文庫では「エロ勇者転生 召喚の巫女も姫騎士も淫魔族も!」以来ですかね。

繊細で淡いしっとりとした絵柄が特徴的なだけに、今作の様なファンタジー作品との相性も良いですね。
前作のエロ勇者転生もファンタジーでしたしね。

今作ではヒロイン全員がエルフなだけに、かなりバリエーションは苦労したんじゃないかな(汗)
それぞれのキャラも立っており、パッと見て誰がどういう性格の娘なのか、分かるのはさすがですね。

個人的には、若いエルフの方が表情とかは好みだったかな、ユニ、カリューシアとか。
そちらの方が、感情がはっきり出ている感じがあって、可愛らしかったんですよね。
やはりエルフが成人年齢くらいになると、可愛らしさよりも綺麗になる感じなのが影響しているかな?

挿絵数:10枚

総評


全体的には、こう言ってはなんですが、思ったよりもちゃんとしているストーリーで驚きました(汗)
ただエルフ好きな主人公によるH三昧な話なのかと思ってたので、ストーリー性もあって、中々良いまとめ方だったなと思いましたね。
勿論、Hもしっかりしまくっているだけに、バランスの取れた内容に仕上がっていましたね。

そういや最近の著者作品って、えすかれの割に結構ストーリー性がある作品になっているなぁって印象があるので、今作もそんな感じでしたね。
今月の美少女文庫の中では、個人的に一番読み応えがあった作品でした。

Amazon版 電子書籍
エルフスレイヤー みんなまとめてイキ殺せ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

美少女文庫 魔城伝説ガンダルヴィア 男装の剣士と悪魔の聖女 レビュー


魔城伝説ガンダルヴィア 男装の剣士と悪魔の聖女 (美少女文庫)
8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

魔術師のレオは、酒場でユーヴィスという剣士に声をかけられる事に。
今は、魔都と呼ばれる邪神に滅ぼされた地を救いたいとレオをパーティーに誘ったのでした。
しかし、そこでユーヴィスは真実を知る事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ユーヴィス
  • アルマ
がいます。

ユーヴィスは、その名を知られた無双の魔剣士です。
圧倒的な剣技で敵を葬り去る強さと、それと相反する様な小柄で中性的な顔立ちをしています。
真っすぐな性格の持ち主で、正義感の強さがある反面、頑固な面もあります。

アルマは、ユーヴィスと行動を共にしている神官です。
若い少女の見た目にも関わらず、その能力は高く、天才と評される程。
寡黙と思える程に落ち着いた物腰の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、有名な剣士ユーヴィスたち一行が魔都に向かう事になる流れですね。

強国であるガンダルヴィアは、今から15年前に滅んでしまった国なのですが、その末路は普通ではなかったんですね。
他国の強化に伴い、次第に追い詰められたガンダルヴィア王は邪神を呼び出す禁忌を犯し、その結果滅んだというのが知れ渡っていたのです。
しかし、ガンダルヴィアの貴族だったというユーヴィスには信じられないというんですね。

ユーヴィス曰く、こうなったのは王を誑かした、王家のお抱え魔術師だったギースバッハが真の元凶だと信じて疑っていないんですね。
そして、今も魔都にはギースバッハが存在しており、それを討伐し、王の名誉を取り戻す事を使命としていた訳ですね。
そこに向かうために、ユーヴィスは魔都に向かうために、魔術師のレオ、神官のアルマを旅の共として向かい入れたのです。

魔剣を使うユーヴィスを筆頭に、立ち塞がる魔物を倒していく一行。
順調に思われた道中に、ユーヴィスに異変が…。

実は、魔剣を使うたびにユーヴィスには魔剣の影響が及び、身体が疼く様になっていたんですね。
それをレオに見抜かれたユーヴィスは、パニック。
何故ならば、ユーヴィスは男性ではなく、女性だったからなんですね。

まぁ、タイトルに男装の剣士ってあるから、既にバレバレですけどね(汗)
こうして、ユーヴィスは自身の正体がバレたレオから道中、Hな行為をされて、魔剣の発情効果の発散を受ける事に…。
だましだまし、身体の発情を抑えながら、ようやく魔都にたどり着いた彼女が知ったのは、残酷な現実だったという流れになっていますね。

…うーん、結構ネタバレ要素が多くて、あんまり詳細に書けないのがもどかしいですねぇ(汗)


ちなみに、私最初この表紙絵がうるし原智志さんだったので、途中までわかつき作品かと思い込んでおりました(汗)
まぁ、行為描写を見て、なんか違う?と思って確認したら別人でしたな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。

やはり見所としては、男装のユーヴィスの行為でしょうかね?
女性として見られる事を良しとしない、彼女にとって女性の身体というのは、邪魔な物でしかないんですよね、当初の彼女からしたら。
戦うには不都合な身体付きなどを忌み嫌っている彼女が、女の身体を知る事で抱く感情、感覚などが見所の一つでもありますね。

いくら男性以上の剣の腕を持ち、魔物を倒し続けてきても、性行為に及んでしまい、本物の男性を知れば、その仮初の男性像など脆くも崩れ去るのは当然の事ですからねぇ。
自分にはない男性器の迫力、熱さ、存在感の前には、女性の身体はあまりにも無力でもあった訳ですな。

何かこう書くと、無理やり行為で屈服されてしまったかの様な誤解をしそうですが、別にそういう感じではないのでご安心を。
少なくても、嫌悪感を感じる様な無理やりな責めは基本的にはなくて、思ったよりかはまともな行為になっていると思います。
それに魔物とか化け物に何かされるみたいなエグい展開も一切ないので、そういうのが苦手な人でも問題なく読める物になっています。

序盤は、特に魔剣の影響で発情した身体を弄られてしまい、絶頂に導かれてしまう彼女の姿が印象的でしたね。
最初の頃は、そんな姿を他人に晒す事にも抵抗があった彼女が、次第に発情を発散する行為が定番化する様になり、どこかでそれを心待ちにしている様にすらなるのがニヤニヤしますね♪

もうひとりのヒロインであるアルマですが…、ちょっとクセのある娘なんですよね、色々な要素が入り込んでて…(汗)
それは、ストーリー上の理由によるものなのですが、ネタバレになるのであんまり言えないなぁ。
それを含めても、正直個人的には微妙な立ち位置なヒロインでもありましたね、行為こそありましたが、ユーヴィスだけでも良かったかな。

まぁ、それぞれの存在がお互いの感情に刺激を与えているって所はありましたけどね、嫉妬心だったりが。

終盤では、ふたり一緒の行為になりますね。
でも、あんまりハーレム感は感じない所が、この作品らしい所ではあるんですよね(汗)

挿絵


挿絵は「うるし原智志」さんが手がけています。
美少女文庫でも最近お馴染みになってきていますかね?

今作でも魅力あるヒロインたちを描いていますね。
ふたりともタイプの違う美少女たちなだけに、異なる雰囲気が印象的ですね。

個人的にやはりこの人の描くヒロインの泣き顔には、グッとくるものがありますね♪
絵になるんですよね、この涙を浮かべた女性の表情が。
まぁ、泣いちゃっている本人は、それどころではないだけに申し訳ないですが(汗)

唯一残念だったのは、今回は挿絵の枚数が妙に少なかった事ですね、リアルドリーム文庫かな?(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、こういっては何ですが、この人こういう作品書けるんだって感じた作品でしたね(汗)
結構、これまでの美少女文庫ではぶっ飛んだノリの作品の印象が強かったもんで、そこがちょっと意外で新鮮でもありました。

逆にこれまでの様なノリを期待している人には、物足りないかもしれませんけどね(汗)

シリアスさの強い内容でコミカルさといったおふざけの要素は殆どない、正統派な展開でしたからね。
でも、別に読みづらいさは感じずにサラッと読みやすい仕上がりなので、誰でも楽しめるかなと思います。

ストーリー重視な作品なので、H度はそれほどではないのが、好みが分かれるところかな(汗)

Amazon版 電子書籍
魔城伝説ガンダルヴィア 男装の剣士と悪魔の聖女

DMM 電子書籍
魔城伝説ガンダルヴィア 男装の剣士と悪魔の聖女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 転生剣奴の子づくり闘技場 レビュー


転生剣奴の子づくり闘技場 (美少女文庫)
3月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、異世界の前世と思わしき記憶を持っている存在です。
そんな彼の現世での立場は、色々あって闘技場で互いの命を懸けて闘う剣闘士になって戦う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ライティウス
  • デュランタ
  • ルナハソール
  • マルシュタール
がいます。

ライティウスは、主人公が所属する剣闘士団「雷光団」の団長です。
元は、彼女自身も剣闘士として戦ってきましたが、勝ち続けて自由を得た伝説の存在でもあります。
獣耳と尻尾を持った小柄な獣人でもあります。

デュランタは、主人公と同じ雷光団に所属するエルフの剣闘士です。
基本的に寡黙で物静かな性格の持ち主です。

ルナは、帝国第4皇女という立場の少女です。
闘技場の持ち主でもあり、また雷光団のパトロンでもあります。
皇女という立場ゆえか、言葉使いこそ丁寧ですが、嗜虐的な性格の持ち主でもあります。

マルシェは、帝国第3皇女であり、ルナの姉です。
皇女と言う立場でもあるにも関わらず、自身も闘技場でその武力を見せつけるために戦う騎士でもあります。

これ以外にも名前ありのサブキャラは数名いるんですが、ここでは省略します(汗)

ストーリー展開


展開的には、転生した主人公はこの世界で剣闘士として戦う事になる流れですね。

元々、主人公は日本人だった様で、当時の記憶を持って、この世界で生まれ変わった存在なんですね。
そして、そんな主人公のこの世界での立場は、ヴェルク族と呼ばれる脳筋的な何でも力が物を言う様な種族だったのです(汗)

そんな中で、前世の記憶を持っている主人公は、一般的な知識があるだけでも、相当な賢人ですよね。
実際、主人公の存在はこの種族に伝わる伝説的な存在でもあったのですが、脳筋族(笑)には中々理解されない存在でもあった訳ですが(汗)
しかし、後にヴェルク族は脳筋ゆえに考えなしに最強の帝国に手を出して、アッサリ国が滅ぶ結果に(汗)

結果、主人公は帝国に捕らわれ、ライティウスに拾われ、彼女の雷光団に入る事となり、剣闘士となったのでした。
…随分、波乱に満ちた人生送ってますなぁ(汗)

これで剣闘士として、命を懸けた戦いを繰り広げると思いきや、それは確かにそうなんですが、ちょっと違う所があるんですね。

それは、真剣勝負は勝負だけども、命を奪わない戦い。
早い話が、八百長ですね(汗)

あくまでもショーとしての見世物としての戦いをしようという事なんですね。
これは主人公だけの考えではなく、この雷光団共有の考えでもあります。

勿論、これは雷光団だけの話であり、その他で行われる剣闘士の戦いは死者も当然出ている訳ですが、主人公はそれを良しとはしない考え、ポリシーを持っているんですね。

こうして、様々な趣向で観客たちを盛り上げながら戦っていた主人公たちですが、パトロンでもある皇女に八百長がバレてしまい…という流れですね。


正直な所、ここら辺までの流れ、動機が今ひとつ弱かったかなとは感じましたね(汗)
明確な目的などが、そこまではっきり描かれていなかったので、何となく話が進んでいった感があったんですよね。
…私が単に理解しきれていないのかもしれませんけどね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、フェラなどがありますね。
やはり、タイトルで分かる様に中出し展開が多くありますね。

主人公は、いわゆる脳筋な種族に転生した事もあって、身体は立派なものです。
種族の中では知恵担当な立ち位置でしたが、八百長とは言え、剣闘士として戦っているだけに、その腕っぷしは相当なものでもありますからね。
何だかんだ筋トレが好きでもありますし(汗)

そんな彼なだけに、そりゃHも激しいものがある訳ですね、精力バッチリですから♪
でも、ヒロインたちもかなり性に対して、貪欲な所が各々ありましたねぇ。

デュランタは、割とすぐに主人公にベタ惚れになりますし、ライティウスは口調は軽いですが、何だかんだ好意的ですしね。

まぁ、他の皇女組は好意云々なスタートではなく、それこそ行為からの発展なので、前述のふたりとは別物ですけども。
色々皇女組は、性格に若干問題がある娘らなだけに、そりゃまともな恋愛感情からなんて事はとても望めませんしね(汗)


個人的には、特筆すべきプレイ内容などはなかったんですが、単純にいやらしかったのが良かったですね。
主人公、ヒロイン共にかなり積極的で貪欲、貪る様な激しい絡みの描写は読み応えもあって、印象的でした♪

著者の「葉原鉄」さんの持ち味ってかなり濃厚で勢いのある行為描写だったりするので、今作もそれは健在って事でしょうね。
また特徴でもある、精液描写だったりも健在でもあり、ねちゃねちゃ言わせるシーンも。
挿絵の汁気多めな絵柄も相まって、濃いめな行為を味わえますね♪

終盤は、もう全員ノリノリになっての子作り展開になりますね。
さすがにこの人数での行為には、主人公も中々堪えるものがある様ですが、大半が戦士みたいなもんだしねぇ、ヒロイン陣(汗)


4人と多い人数との行為があると、どうしても個々の文量が物足りないなんて事がありますが、今作はあまりそれを感じさせませんでしたね。
それだけ個々の行為の描写が読み応えがあった結果と、それぞれキャラクターも個性が強いですからねぇ(汗)

勿論、もっとヒロインとの話が行為含めて欲しいなとは思いますが、それを言い出したらきりがないですしね(汗)

挿絵


挿絵は「Hisasi」さんが手がけています。
PCゲームの原画や成年コミック、ラノベの挿絵などでも活躍されているそうですね。

それだけに迫力ある濃厚な絵柄は納得ですね♪
クセのあるヒロインたちを魅力的かつ、いやらしく描いていますね。

上記にも書きましたが、汁気描写もコミックらしい感じで良いアクセントになっていますね。
可愛らしいのに生々しさも多分に含んでいる辺りが、良いですね。

ライティウスたち異種族とのHシーンは、いかにもファンタジー世界って感じですよね。
勿論、皇女たちも魅力的ですけどね、それぞれ性格に難がありますが、オーラがありますし(汗)
そんな女性陣をガツガツ貪るかのように行為に耽る様は見応え十分でしょう♪

終盤では、全員がこちらにお尻を突き出した状態もあって、壮観ですね。
皆、すっかりトロトロに惚けた表情をしており、だらしのない表情の卑猥さが見所ですね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、転生要素が思ったよりかは控え目だった作品でしたね。
途中まではそんなの忘れてしまうくらい存在感がなかった要素でしたが、終盤になってかなりそれを女性陣との縁に強引に使ってた感がありましたね(汗)

全体のテンションも高めで、勢いを感じさせるノリは、好みが分かれるかもしれませんが、個人的には中々楽しめました。

従来の転生物とは一味違うノリ、世界観などが感じられるとは思いますので、最近の異世界転生物に食傷気味な人には良いかもしれませんね。
…まぁ、転生要素なくても成立しそうな話ではありましたけどね、正直(汗)

Amazon版 電子書籍
転生剣奴の子づくり闘技場

DMM 電子書籍
転生剣奴の子づくり闘技場

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!? 最強ドMな魔王サマ レビュー


ツンマゾ!? 最強ドMな魔王サマ
10月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、魔王を倒すべく育てられた勇者です。
そして、遂に彼は魔王の城奥深くまで踏み入り、魔王と対峙する事に…。
強大な力を誇る魔王との戦いは、激闘だったものの、魔王を倒したのでした。

しかし、主人公は魔王を殺す事ができなかったのです。
何と主人公は、魔王の正体である美少女の姿に一目惚れをしてしまったと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ラズルシア
  • ヒュドラ
がいます。

ラズルシア(以下ルシア表記)は、全ての魔族の支配者である魔王です。
その存在自体が強力な影響を周囲に与える程であり、厄災とされる存在でもあります。
その正体は見た目こそ可愛らしい美少女であり、古めかしい言葉使いをしています。

ヒュドラは、主人公の持つ強力な剣に宿る精霊です。
主人公を幼い頃から見守り、鍛え上げた存在でもあります。
ボクっ娘だったり、自分で行動も出来たりするなど、結構軽い口調の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、魔王ラズルシアを倒すつもりだったのが、一目惚れしてしまい、倒す事ができなかった流れですね。
惚れた男の弱みですなぁ(汗)

しかし、主人公はこれまでの人生を魔族らへの憎しみ、打倒魔王へのために全て費やしていた人生だったんですね。
そこに、不必要な物などはいらなかった訳ですが、それゆえに主人公にとっては魔王の姿を見た主人公の心中に芽生えた感情は自身でも理解できなかったものだった訳です。

結局主人公は魔王を倒す事は出来なかったのです。
しかし、それに当の魔王ルシア(以下ルシア)自身は不満だった訳ですね。
自分を倒したのにも関わらず、それ以上を行わない主人公の態度が。

そんな中で、主人公はルシアから罵倒される事に(汗)
それこそ根性なしだの、童貞だのと言いたい放題で主人公を煽って来る訳ですね。
さすがにこれには、主人公もカッとなり、Hな行為に出てしまう結果となり、そこからHなお仕置きなどをする様になっていく流れですね。

まぁ、このお仕置きHがルシアにとっても感情を大きく揺さぶらせる事となったのです。
彼女にとっては、とてもない衝撃を与えたんですね、こんな事を今までされた経験がなかったので。
最強の存在ですから、それ以上である主人公という存在は彼女にとって稀有な存在でもあった訳です。

そして、彼女自体はこの立場から解放してくれる存在を心の中では、欲している所があるんですね。
魔王として相応しい力を持っているがゆえに、この立場を受け入れているに過ぎない彼女は、ある種の破滅願望的なものをいつしか抱くようになっていたのです。

そこに現れた、自分よりも強力な存在である主人公に凌辱というか、打ちのめされたいという片寄った思考…、いわば性癖が生まれたという事に(汗)
そういう事も相まっての凌辱行為を嬉々として受け入れるメス豚魔王様と化した訳ですねぇ。

主人公も、本音は普通に接したい所ですが、彼女の望みを受けて、凌辱行為に熱を込める結果となるのが、何ともややこしく歪な関係性として描かれているのが最大の特徴ですね。
…難儀な事ですねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、ルシアとの行為が描かれています。
残念ながら?ヒュドラとの行為は一切ありません。

行為的には、フェラ(イラマチオ含む)や素股、パイズリなどがあります。
他の要素としては、食ザー要素などがあります。

やはり、凌辱的というか調教的な行為の数々がメインですね。
基本的には、ルシアから煽られての形で展開される様なパターンが多く目立ちますね。
まぁ、主人公もいざ行為になれば、かなり乗り気になってしまって、行為にも熱が入る事となり、結果としてそれはルシアにはお仕置きであり、ご褒美でもある訳ですね♪

そのため、全体的にちょっとイラマチオの様な荒々しい行為だったり、言葉責め、乱暴の様な内容の行為もある訳ですが、彼女はそれを何だかんだ言いつつも受け入れるので、嫌悪感などは抱きにくい様になっていると思います。
まぁ、冷静に考えれば、最初は命がけの戦いをしてた関係なんですから、こんな程度は今更ですかね(汗)

苦手な人にはそれでもつらいかもしれませんが、ツンマゾシリーズってこんなノリですしね(汗)
逆に過去シリーズのノリなどが分かっていれば、問題なく楽しめると思います。

行為の中にも、コミカルな言葉のやり取りなども描かれているだけに、テンポの良さと軽妙さが相まって、独特の雰囲気を感じさせますね。
勿論、それと同時に行為の内容の濃さであったり、過激さはしっかりあるんですが、それらに片寄ら過ぎない絶妙な塩梅がツンマゾらしさでもありますからね。
これがないと、一気に生々しく重い雰囲気になってしまいますからね(汗)

また絵柄の印象も大きいですね、可愛らしさがあるのでエグさが前面に出てこないので、より見やすさとルシアの可愛らしさ、いやらしさに繋がっていますね。
展開によっては、食ザー要素なんかもあったりでエグいはずなのに、この絵柄だからあんまり感じなかったですし、個人的には助かりました(汗)

終盤では、よりふたりの関係性は深まって来る事となり、甘さも増していく事になりますね。
これまででも甘さは垣間見える場面は、所々ありましたけども、終盤ではそれ以上にはっきりと意志表示をしたりとより強く描かれています。
まぁ、こんな形での関係性でも、根底にある想いは本物な訳ですから、これはこれで彼ららしいですね。

もう終盤の彼らは、ただのバカップルに近くなっていた様な気もしますけどもね(汗)

挿絵


挿絵は「神無月ねむ」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね。
過去のツンマゾシリーズの挿絵は、「あきら」さんが担当してたのですが、今作は神無月さんでしたね。
今作はファンタジーな世界観だったりしますし、別物として考えれば良いのかな?

美少女文庫でお馴染みな神無月ねむさんなだけに、柔らかい絵柄と裏腹ないやらしさが、この作品でも活かされていましたね♪
上記でも書いた様に、あの絵柄だからこそ濃い内容も見やすくなっていましたねぇ。

個人的には、ヒュドラをもっと見たかったですけどねぇ。
良く考えると、表紙絵の小さくデフォルメされている奴でしか登場してなかった様な?(汗)
表紙絵のジト目な感じが、何とも言えない感じがありますねぇ。

ヒュドラの挿絵がない分?、ルシアの変態的な行為が一杯描かれているだけに、物足りなさはないかと思いますね。
お馴染みの描き文字もしっかりあり、安定した仕上がりですね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ツンマゾシリーズらしい、ちょっと?ぶっ飛んだ感覚のヒロインとのコミカルでHな行為が楽しめる作品でしたね。
シリーズ好きな人には、問題なく楽しめる仕上がりぶりなのではないでしょうか。

個人的には、従来のシリーズとは違い、ファンタジーって事もあってか、より読みやすかったかな。
今までだとヒロインが主人公に責められてて、どこかで痛々しかったりといった感情があったんですが、今作のヒロインは何せ魔王。
それだけに、ちょっとぐらいの行為など余裕で受け止めてくれるであろうといった感覚が自分の中にあって、安心して読めたってのが大きいのかな?

早い話が現実味が薄めになっているから、そういう感覚になるんでしょうね。
なので、これまでのシリーズがちょっとしんどいかなって人にも良いかもしれませんね。
…これでもダメだったら申し訳ないですが(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 悪魔が来たりてAV撮影!? レビュー


6月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、最近念願のひとり暮らしを始めた学生です。
そんなひとり暮らしを満喫する矢先に、とんでもない来訪者が…。

それは、何と頭に角を生やした悪魔たち!?

何故か主人公の前に現れた悪魔たちは、AV男優になれと主人公に迫ってくる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

ベリアル
カルラ
イフリータ」がいます。

ベリアルは、魔界からやってきた悪魔です。
「灼熱楽土」という魔界の勢力のひとつである派閥のリーダーでもあります。
プライドが高く、思いつきで行動する横暴な正確の持ち主でもあります(汗)
人間界の寒さに弱い面も。

カルラも、ベリアルの派に所属する悪魔です。
小柄な体格でスレンダーボディの持ち主です。
しかし、性格は結構な姉御肌な言動の持ち主でもあり、受けた恩は倍にして返すなどという珍しい性格?です。

イフリータも、ベリアルの派に所属する悪魔です。
凄まじい爆乳の持ち主でもあります。
おっとりとした柔和な性格で、主人公にも最初から好意的な態度を見せています。

ストーリー展開


展開的には、何故か主人公の元に悪魔たちが現われて、AV男優になれと言われる流れですね。
…久しぶりに意味不明な展開を見た気がするけど、大体こんなものか(汗)

何故、そんな事になったのか、ひとつづつ説明しましょう。

まず何故、主人公の前に悪魔が3人もやって来たのか。
それは何か友人が持ち込んだ怪しい魔術書が原因でした(汗)

それを結果的に主人公は、使った事になった様で、彼女たちを召喚してしまった格好となったらしいんですね。
魔術書を持ってくる友人ってのが、既におかしいんですけどねぇ(汗)

そして、何故AV男優なのか?

どうも、彼女たちの住まう魔界では、魔界統一をめぐり、様々な勢力による勢力争いが起こっているらしいんですね。
んで、今の所最大の勢力が行っていたのが、何とAVだと言うのです(汗)
悪魔もエロは大好きって事で、AVが人気らしいのです。

最大勢力は、そこに目を付けてAVを餌に勢力を拡大する事に成功しているとの事…。
それでいいのか、魔界(汗)

これを受けて、他の対抗勢力も負けじとAVを繰り出す事となり、ベリアルたちの一派もそれに乗っかろうとした訳ですね。
しかし、どうも彼女たちの勢力はわずか10人程度の新興勢力であり、今から同じような事をしても分が悪い。
そこで彼女たちは、AVの本場である人間界でAV撮影をするという、奇策に出たって訳です。


…私は、長々と何を書いているんだろうか?(汗)

まぁ、そんな訳で主人公はめでたく?それに選ばれてしまい、結果的に彼女たちに協力する羽目になる流れになっています。
しかし、彼女たちは実は男性経験もなければ、AVもしっかり見たことがないという有様で、いつの間にか主人公が彼女たち悪魔をHでリードしていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他、バイブなどの小道具を使用する展開もあります。

上記でも書きましたが、彼女たちは全員男性経験がありません。
そして、お約束?で主人公は童貞ながらも、立派な肉棒の持ち主であり、それで女性陣をメロメロにしていっちゃう流れになっているのも特徴ですね。
本来上位の存在を肉棒の力で支配的なノリは、えすかれらしいですね。

主人公も自覚のなかったSっ気が次第に開花していく事に(汗)

それぞれのヒロインも個性があって魅力的ですね。

イフリータは、おっとりお姉さん的な感じでHでも普段でも基本ノリが変わらない所が彼女らしいですよね♪
…一番怖いのってこういう娘だったりするよね?(汗)
べリアルは、横暴でワガママな所があるものの、その力関係が逆転してからの姿はMっ気も見えて、ギャップがあって良かったです。
カルラは、ちょっと言葉使いが男っぽいものの、結構義理堅かったり、ツンデレ的な雰囲気もありましたね。

個人的には、カルラのキャラクターが一番好みでしたね。
無愛想な感じの中に、恩義を感じた相手に尽くす感じが垣間見えるのはポイント高いですね。

今作では、AV撮影ってのがメインな訳で、当然撮影する展開があります。
まぁ、序盤はあまり撮影って感じがないままでの行為でしたけどね(汗)
主人公も初めての経験ばかりで、そこまで意識が回ってない感じでしたしね。

それは、女性陣にも言える事で、初めてとなる男性との性行為に相当な衝撃を受ける事となりますね。
ヒロインによっては、この段階でかなり主人公にメロメロになっていく姿が見えて、ニヤニヤものですね♪

全員と行為を経験する頃には、だいぶ行為にも慣れてきて、ようやくAV撮影らしさが出てくる様に。

ここら辺から、痴漢プレイみたいな撮影をしたりなど、らしくなりますね。
カルラのギャル女子高生は、妙にハマっていますね♪
ってか、イフリータなら全部痴漢でも何でも喜んで受け入れてしまうだろうし、べリアルはプライド高くて無理だろうし(汗)

主人公も何故かオジサンキャラになり切って、ギャル女子高生のカルラの身体をねちっこく弄っておりますよ(汗)
主人公若いのに、そんなオジサンキャラでどうするんだか(汗)

その他も、AVには定番のインタビューだったり、赤ちゃんプレイなど色々やっていますね。
あ、赤ちゃん側になっているのは主人公です、ヒロインじゃなくて(汗)

終盤では、全員交えてのハーレム…、乱交に近いかな(汗)
まぁ、色々経て主人公への感情も女性陣に芽生えているので、甘さも無い訳ではないですから、ハーレムとも言えるかな。
ベリアルは、Mなので基本全編にわたって扱いが酷い様な気がしますが、あんまり同情しないなぁ(汗)

挿絵


挿絵は「葵渚」さんが手がけています。
今作の帯に「人気沸騰絵師、初登場」とあるので、美少女文庫では初めてなんですね。

他の作品だと「対魔忍ユキカゼ」や「Tentacle and Witches」がありますね。
特に対魔忍は有名作品シリーズなのでご存知な人も多いのではないでしょうか。

それだけに挿絵のクオリティーは確かですね♪
褐色のヒロインを良く描いている印象があるんですけども、そういう意味でもバッチリな人選ですね。

そう、珍しい事に今作って全員褐色のヒロインなんですよね、これは見所のひとつではないでしょうか。
たまに複数ヒロインの中に、そういう娘っていてもひとりくらいなものですが、全員ってのは凄い貴重なのでは?
褐色の肌なだけに、独特の色気を感じますね♪

精液の白さも、肌色に映えますし、そこら辺も見所ですね。

撮影のプレイで、女子高生の制服の格好になっている女性陣は、普段の過激な衣装とはまた違った魅力がありましたね。
制服の白さも褐色の肌に良く映えて似合いますね♪
如何にもコスプレって感じのが、また良いんですよねぇ。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、えすかれらしいぶっ飛んだ展開、キャラの作品でしたね。
それだけに好き嫌いはあるとは思いますが、好きな人には楽しめるのではないでしょうか。

コミカルで勢い(テンション)のあるノリは、それなりに楽しめましたね。
一歩間違うと、お寒い事になるので、そこの塩梅が難しいんですが、キャラに助けられたかな?(汗)

悪魔好き?で、褐色ヒロイン好きならばより楽しめるでしょう♪

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

えすかれ美少女文庫 超お嬢様学校で全処女み~んな×ませた レビュー


1月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生。
そんな彼は、ある出来事をきっかけに、お嬢様だけのお嬢様学校で過ごす羽目になってしまう事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

早乙女 真珠」(さおとめ ましゅ)
可児 喜乃実」(かに きのみ)
仙道 流衣子」(せんどう るいこ)
加賀田 銀河」(かがた ぎんが)がいます。

真珠は、世界に名だたる早乙女グループの会長の孫娘です。
それゆえお嬢様の中のお嬢様であり、天使の様な純真さ、素直さを持っています。

喜乃実は、金髪縦ロールな髪型が印象的な娘です。
その見た目通り、誇り高く高飛車な性格をしていますが、見た目が小柄で可愛らしさがあります。
真珠をライバル視していますが、彼女には伝わっていない模様(汗)

流衣子は、ポニーテールの似合う活発な性格の娘です。
学園の女性陣の中では、お嬢様感があまりないため、話しやすい所があります。
爆乳の持ち主でもあります。

銀河は、学園の保健教諭です。
しかし、その見た目はとても教師とは思えない様な子供っぽい外見をしています。
落ち着いたというか、冷静なテンションの持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公がある理由からお嬢様学校で過ごす事になる流れですね。

このある理由…、それは主人公が車にはねられたからです(汗)

話は、その事故の前に遡ります。
お嬢様の中のお嬢様である真珠が、お嬢様学校から脱出を図った事が発端でした。
彼女は、ずっと学園の寮から出ていなかった生活だったため、その世界に興味があったのです。

そこで彼女は、学園を出入りするトラックに忍び込んで、脱出を図った訳ですね。
しかも、脱出しやすくするために運転手に睡眠薬を盛って(汗)

結果、当然運転手は眠りこける訳でトラックは暴走。
その際に、運悪く居合わせた主人公をはねてしまった訳ですね(汗)

良くもまぁ、死ななかったものですが、それは気にしない(汗)
勿論、無傷と言う訳ではなかったんですけどね。

その後、負傷した主人公は学園に運ばれて治療を受けたという訳なんですね。
ここには、学園側が起きてしまった不祥事を表沙汰にしたくないという意味合いも含まれていたと…。

こうして、主人公は図らずしも、お嬢様学校の内部に入り込む事が出来た訳です。
そして、この事態に原因となった真珠は責任を感じ、主人公を世話する事に。


真珠は、この学園で一番と言える程の存在感、影響力を持ったお嬢様。
そんな彼女に世話をされる事に気まずさも感じる主人公でしたが、ある事に気づく事に。

お嬢様で箱入りなだけに、皆男性という存在を殆ど理解していなかったんですね。
勿論、彼女らにも父親はいる訳ですが、それでも他の男性を目にする機会もない彼女たち。

そんな彼女たちに結果的に、主人公は男とは何か、どういう違いがあるかを教える様な流れになっていく訳ですね、お約束ですが(汗)
こうして、主人公は学園のお嬢様たちにHな事を教えていくという流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他にも、名簿が作れるくらいな数のお嬢様たちとの行為もありますが、ここではメイン所だけ紹介とさせて頂きます(汗)

行為的には、手コキやパイズリ、フェラなどがあります。

今作の見所は、男性の性など知る由もない箱入りお嬢様たちをHな色に染めてしまうという所でしょう。
普通の人間であれば、あまりに無垢な女性陣をそんなダマす様な真似、良心が痛む所ですがね(汗)

しかし、この学園では性教育とかやっていないのかと思う程に、主人公の事を素直に貪欲に吸収していく事になりますね。
特に真珠は、主人公に対して盲目的に信じ込んでしまうために、心配になるレベル(汗)
まぁ、元々天使のような純真さなだけに、こんな風に仕上がってしまった訳ですな。

そんな彼女と行為をした事を皮切りに、他の女性陣も真珠に触発されて、主人公と関係を結ぶ事に。
やはりそこは女性の性なのか、行為を見て、その行為の意味を理解していなくても、発情するのだから、身体は理解しているんでしょうね。

皆、当然初めてであり、破瓜して、中出しをされてしまうとすっかり皆、病みつきに…。
しかし、この時点でも自分たちのやっている行為が子作りである事は理解していない様ですけどね(汗)

それゆえに、何とも奇妙で異様な雰囲気での行為が繰り広げられる訳ですよね。
無邪気に隠語連発したり、射精を皆で応援したり、お兄ちゃん呼びをしてくれと頼めば言ってくれたりとカオスな事に(汗)

真珠の周囲のグループの女性陣を全部モノにした後も、主人公の性欲は増していき、他の学園の女子グループを次々と毒牙にかけてしまう事になる訳です(汗)

意外だったのは、思ったよりも中盤辺りはサブキャラ攻略がメインだったって事でしょうか。
キャラ紹介にある面子が思ったよりも初回以降はあまり出番がなかったりするのは、どーなんだろう(汗)

上記にもある様に、えすかれらしくかなりのサブキャラとの行為が多めに描かれています。
ヒロインによっては、挿絵もあったりで中々魅力的な姿を見せてくれますね。
また、こういう娘らが結構可愛らしかったりするから、何とも困ってしまいます(汗)

終盤では、ハーレム展開…と言いたいですが、どちらと言うと流衣子との行為が主になっていますね。
彼女は、真珠と並んでメイン中のメインヒロインなので、ようやく恋愛色があるかな(汗)
他のヒロインは、恋愛と結びつかない感じの繋がりなだけにねぇ。

挿絵


挿絵は「神無月ねむ」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね。

やはりこの人の描く絵柄は、可愛らしくてHで魅力的ですね♪
メインヒロインたちは勿論、サブキャラたちも結構描かれており、可愛らしい姿を見せてくれています。
この絵柄で、キャラクターたちの個性がより増していますね。

相変わらずの行為の際の音、喘ぎ、吐息なども描き文字で表現されているため、妙ないやらしさがあるのも特徴ですね。
小さくちょろっと描かれていてHなのが良いんですよね♪
これらとあの快感で蕩けた表情が組み合わさる事で、より一層いやらしさと可愛らしさが増している訳ですね。

挿絵数:9枚

総評


全体的には、何とも突っ込み所の多い作品でしたねぇ(汗)
えすかれらしく馬鹿馬鹿しい展開、シチュエーションの数々はある意味必見ですね。
一応、学園の秘密みたいな要素があったりはするんですが、そこまで気にしないで良いかと(汗)

基本は、女性陣とHしていくだけの内容なので、好みは分かれるかもしれませんが、えすかれですしね(汗)
数で勝負な作品だから仕方ない所ではありますが、その他大勢のサブキャラたち攻略は似たり寄ったりなのは残念だったかな。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 俺の聖剣をヌイてみろ! 勇者と魔女と姉ウサギ レビュー

美少女文庫 俺の聖剣をヌイてみろ! 勇者と魔女と姉ウサギ


9月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

数々のドラゴンを葬り続けた、英雄「ガルド」。
それゆえに「虐竜士」(カルネイジア)と呼ばれる程の存在が、主人公の父親なのです。
しかしガルドは他界し、彼が愛用していた聖剣「ヴァジュリウム」は、その息子である主人公に受け継がれたのです。

その受け継がれた聖剣を求めて、ヒロインたちが主人公の元に現れるものの、聖剣はとんでもない所にあったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

リュシアン
ナギ
キルシェ」がいます。

リュシアンは、主人公の父、英雄ガルドと並び称される程の女勇者です。
黒髪で凛々しい雰囲気を持っているはずなのですが、どこか頼りなさがあり、勇者らしい威厳がありません(汗)
主人公の聖剣を求めてやって来ました。

ナギは、魔女です。
見た目は少女の様な外見ですが、話し方などはどこか時代がかったものがあります。
意外にも俗事には疎いのか、無知な所もあります。
主人公の受け継いだ聖剣を求めて接触してきました。

キルシェは、主人公の相棒的な存在です。
人間ではなく白兎族と呼ばれる種族であり、長い兎耳が特徴でもあります。
その小柄な容姿などからは想像もできない程の戦闘力を持っており、幼い頃から知り合いな主人公は姉の様な存在で頭が上がりません。
サッパリとした豪快な性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公の受け継いだ聖剣を求めて女性陣が接触してくる事になる流れですね。

主人公が亡き父親から受け継いだ聖剣な訳ですが、主人公自身は特に興味がないんですね。
今でこそ英雄とか言われていますが、身内である主人公からしたら決して自慢の父親ではなかったのです。
主人公から言わせれば、ただの戦闘狂であり、快楽殺戮者なんですね(汗)

そのため主人公自身は戦闘など興味はなく、人を笑顔にしたいと料理人を志している程です。

そんな彼にとっては、伝説の聖剣だろうが何だろうが不必要な物であり、聖剣を手放してもいいとも思っています。

…ですが、それが出来ない深刻な事情が主人公にはあったのです。

それは、虐竜士とまで呼ばれた父親の存在。
数多くのドラゴンを葬ってきた彼の最期は、皮肉にもドラゴンの呪いによって亡くなってしまったのです。
更に呪いは、それだけではなく主人公に遺した聖剣にまでもかけられてしまいます。

何と、呪いによって、主人公の身体と聖剣が融合していたのです。
しかも、肉棒が聖剣と…(汗)

そこから何故か、女性陣とHな事になっていく流れですね(汗)
あんまりはっきりとした目的というのは、しばらくの間見えてこないんですね、実は。
その間に、ドンドンヒロインたちとHしちゃってたってのはありますね(汗)

中盤過ぎ辺りで、ようやく本題というか聖剣を解放するためにHが必要だと分かり、ヒロインたちとHをしまくるって流れですね。
…アレ? さっきまでと変わらなくない?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。
他の要素としては、精飲要素などもありますね。

主人公は、上記にある様に股間の肉棒が聖剣と同化している訳です。
そのため股間の肉棒は、かなりの威圧感を放つ業物と化しているみたいですねぇ(汗)
精力もおかしい程であり、何度射精してもお構いなしです。

更に、精液などにはどうやら女性を発情させる様な効果までもがある様で、女性陣は主人公の精液を飲んだり、舐めたりして発情状態になってしまう事に。

そういう要素なためか、精液を飲んだりかけたりする様な展開も多々見受けられましたね。
果物にかけて食べさせたり、皿に出して飲ませたりなど思ったよりも精液描写は多めな印象ですね。
…アレ? これもえすかれだったっけ?(汗)

個人的には、キルシェとの行為が印象的でしたね。
白兎族ですが、パッと見は可愛い彼女の話し方が姉御肌な感じでのギャップもさることながら、そんな頭の上がらなかった彼女がHではかなり可愛らしい姿を見せてくれるのは主人公ならずも可愛らしいですね♪

何でか行為中に笑顔でダブルピース強要されて、やってたのも可愛いですなぁ、特にアへ顔ではないのでご安心を?(汗)


ナギは、これまたあの子供っぽい姿ですが、自らを「わらわ」と呼んだりなど、見た目との話し方がギャップがあって可愛いですね。
もっと気難しい性格なのかなと思いきや、序盤で意外と簡単に嘘にひっかかるなど単純なのかな?って思わせる言動をしていたので、そうでもない様です(汗)

そんな彼女ですが、彼女との行為ではある要素が加わって、また雰囲気に変化が出てきますね。
ニュアンスは少し違うかもしれませんが、デレに近いものがあるかな? そちらの変化にも要注目です。

元々、ツンツンしてたって訳ではないので、ツンデレ的なものはないんですが、デレッデレになるので、かなり甘さが増しているのが印象深いですね。
結構、序盤との印象は変わるんじゃないでしょうかね?

リュシアンに関しては、若干掴みというか印象が他のメンバーより弱いかも…?(汗)
彼女は彼女で可愛らしいんですけどねぇ、他のふたりがキャラが立ち過ぎてて、若干分が悪いかな。
本人は頑張っているだけども、どこかドジで不器用な感じでいじられ役になって、オチ担当に使われている所が彼女らしいというか(汗)

終盤では、当然の様に全員での行為になります。
この辺りまで来ると、もはや全員、かなり出来上がっているだけにエロエロな感じに仕上がっていますね♪

挿絵


挿絵は「ミヤスリサ」さんが手がけています。
美少女文庫以外にも様々なレーベルの作品でもお馴染みですね。

柔らかく温かみのあるキャラクターのデザインは、今作のファンタジー要素にも相性がいいですね。
特にキルシェの様な兎耳なヒロインとの相性は抜群ですな♪

この柔らかさのある絵柄だからこそ、結構な汁気が飛び散る様な激しい行為でも、変に生々しく感じないだけに良いですね。
精飲やぶっかけなど中々濃い描写もあるんですが、この絵柄のおかげで見やすく仕上がっていますので、苦手でも安心ですね。
まぁ、文章は濃いめなものの、どこかコミカルさを含んだ所があるので比較的読みやすいとは思います。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ファンタジーの世界観でHな展開三昧な作品でしたねぇ。
まぁ、やっている事はHな事ばかりで世界が全く見えてこない狭い範囲での話でしたが(汗)

大体が街の宿屋でH三昧だったイメージしかないんだけども…。

その分、キャラクターが魅力的かつHな娘たちなだけに、そっち方面は見応えがありましたね。
読んでて「えすかれだっけ?」と思う事もあるのは、さすが濃厚な描写に定評のある著者作品です(汗)

多種族のヒロインとのHな展開など、キャラデザインが気に入れば、中々楽しめるのではないでしょうか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 最強パーティが俺専用××にクラスチェンジ!? レビュー

えすかれ美少女文庫 最強パーティが俺専用××にクラスチェンジ!?


2月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ギルドスクールに所属しているギルドメンバーです。
そんな彼は、他に女性3人のスクールのメンバーとパーティーを組み、ダンジョンの冒険をしています。

ですが、冒険中のパーティーは、ある罠(トラップ)にひっかかってしまう結果に…。
このせいで、3人の女性陣は強制的に転職(クラスチェンジ)をしてしまったのですが、何とそのクラスが「肉**」だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

エレイン・ペスカロロ
カエデ
クガミ・ルル」がいます。

エレインは、主人公のパーティーのメンバーです。
聖騎士の血筋という名家の出であり、それゆえか幾分高慢な所があるお嬢様でもあります。
潔癖な所があり、自分の意志を貫く頑固な性格の持ち主です。
クラスは聖騎士です。

カエデも、主人公のパーティーのメンバーです。
エルフの少女でありながら、何故かサムライに対して強い憧れがあり、「ござる」口調な話方をします。
エレイン程ではないですが、生真面目な性格の持ち主でもあります。
クラスは、サムライです。

ルルも、主人公のパーティーのメンバーです。
主人公とは幼なじみ以上の長い付き合いがあり、姉の様な存在でもあります。
見た目こそ幼いものの、常人離れした魔力の才能を有しており、優秀な頭脳を持っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公のパーティーがトラップにかかってしまった事で、彼女たちヒロインのクラス(職業)が肉**になってしまったという流れですね。
…ちょっ、肉**って(汗)

*作中では、普通に明記されているんですが、当ブログでは一応表現を差し控えております、ご了承下さい。
別に書いても禁止なキーワードではないとは思うので、大丈夫なんでしょうけども一応ね、また何かの手違いでブログ凍結とか嫌だし(汗)

さて、話戻って、何故こんな事になってしまったのか。

まず主人公たちは、ギルドスクールの学生冒険者という立場です。
彼らは、ダンジョンに挑み、冒険し、経験値を貯めてレベルアップして自身を成長させていく訳ですね。
なので、まずは様々なクラス(職業)でパーティーを組む事が大前提なのですが、主人公はこの時点で躓いていたんですね。

そもそも主人公を含め全員、スクール入学時には洗礼を受け、それぞれ神々の祝福を受ける事になります。
主人公も勿論、祝福を受けたのですが、その神が問題でした。

神の名は「ロッコ」。
賭博と悪戯を好む、気まぐれな神です。

この神から祝福を受けた主人公は、凄まじく極端な運を身に着けたのです。
宝箱を開ければ、十中八九トラップか、もしくは凄まじいレアアイテムという両極端な結果なんですね(汗)
しかし、レアが出る確率は低く、大半はトラップ三昧…。

これが災いして、主人公とパーティーを組んでくれる人がここまで見つからなかった訳ですねぇ。
ですが、ある意味幸運があったのか、スクールで最強パーティとも呼び声高いエレインたちのパーティーに参加する事ができたのです。
これは、そのパーティーで活躍してた盗賊が行方不明になったために、同じクラスの主人公を誘った訳ですね。

しかし、活躍するどころか、運の悪さでパーティーを苦しめる結果が出続ける事に(汗)
最強パーティーと名高い、彼女たちだから何とかなってたのですが、並のパーティーでは壊滅してたでしょうねぇ…。

そんな中、主人公の解除した宝箱のトラップに女性陣がかかってしまいます(汗)
発動したトラップは「クラスチェンジャー」。

聞き覚えのないトラップでしたが、これによって女性陣は今までのクラスから強制的にクラスチェンジしてしまったのです。
そして、転職後の彼女たちのクラスは、何と「肉**」だったのです(汗)

クラスが変わってしまったので、彼女たちの強さも1からのスタートに…。
何とか元のクラスに戻るために、必死で敵を倒して経験値を稼ごうと思うものの、女性陣のレベルに変化は起こらなかったのです。

後々分かるんですが、Hな行為をする事でレベルアップすると分かり、Hをする事になる流れとなっています。
お約束ですね♪

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰、パイズリ、手コキ、アナル舐めなどがあります。
珍しい行為では、腹ズリがあります(汗)

上記にもある様に、レベルをあげるためにはHな行為をしないといけませんので、Hの機会は多くありますね。

「肉**」にクラスチェンジした事で、彼女たちは淫臭という固有スキルがあったりするんですね。
男を興奮させ、誘う様なものを出している訳ですね、フェロモンみたいなもんですかね?
また彼女たち自身も、性欲が増す様になり、激しい欲情の炎が彼女たちをジリジリと焼く事になりますね。

皆、どこか幼さを残した表情なのに、いやらしいのだからたまりませんねぇ♪
特に幼なじみで姉の様な存在のルルは、見た目こそ一番小柄なのに、母性的なお姉ちゃん的なキャラをしてたのが良かったですね。
挿絵の効果もあって、中々ギャップがあるのは見所ですねぇ。

カエデは、エルフなんですがサムライになりたいため、口調がござるだったりするのが良い味出していますね♪
主人公との関係が進むと、名前から呼び方が「殿」になる辺りが可愛らしいですねぇ。
何故か彼女は犬のイメージがあるなぁ、主に尽くす感じが(汗)

エレインは、潔癖な性格なお嬢様でもあるために、そもそも主人公には素直な態度は取らないんですね。
なので、Hどころかまともに会話にもならない扱い(汗)

彼女も淫臭のスキルがあるために、確実に彼女の身体は性欲に蝕まれていく訳ですねぇ。
まぁ、意固地な彼女ですから、かなり限界まで我慢するので、その分、反動は凄い事になります♪
Mっ気が強めなのも、中々それまでのギャップがあって良い感じですねぇ。


えすかれなので、やはり行為重視の展開ですが、一応ヒロインたちが主人公に好意を抱く描写はあるので、気持ち的には感情移入しやすくはなっていますね。
勿論、行為中の描写もあるので、彼女たちが強い快感にメロメロになっていく様が分かる様になっています。

まぁ、メロメロ具合は心情描写なくても分かる程、明らかですけども(汗)

クラス以外のスキルの他に、個人のスキルもあるのですが、それぞれの特徴を活かした物が多いですね。
中には、他のヒロインたちにも影響を与える様なものもあり、そのひとつが「真性被虐域」というのがあります。

これはザックリ言うと、ヒロインのMっ気を増幅される様なものであり、自分をやたらに苛めて欲しかったり、罵って欲しいみたいな感情にさせてしまうものですね。

雑巾の様に踏んでとか(汗)
鎧の部分を軽く体重をかけないように踏んでみるのですが、こんな程度でも相手は「ひううぅん」とか絶頂の声を出して、喜ぶのだから、これには主人公も若干引く程です(汗)

こういったスキルを上手く使って、Hなシチュエーションを作り出しているのは、面白いじゃないでしょうか。
またそれが周りのヒロインにも効果があるのも良いですねぇ。
そのせいで、本来の彼女たちの性癖が良く分かんなくなってしまったけど(汗)

中盤辺りまでは、個々のヒロインたちとの行為ですが、その後は全員一緒になっての行為になりますね。
そのせいで、かなり濃厚な行為描写となっていますねぇ。

挿絵


挿絵は「神無月ねむ」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね。

今作の様な濃厚なHシーンも、いやらしくも愛らしく、魅力的に描いていますねぇ♪
どのヒロインも可愛らしくて、ルルの様な小柄なキャラも良いし、甲斐甲斐しく尽くしてくれるカエデ、デレた際の可愛らしさも魅力なエレイン…、選べないなぁ(汗)

そんな魅力あるヒロインたちが、Hで惚けた表情を見せてくれるのは興奮ものですね。
あの神無月さん特有の快感で惚ける、蕩ける様な表情が良いんですよねぇ。
いわゆるアへ顔ほど、エグくも生々しさもないのですが、しっかり可愛らしくいやらしいという表情の描き方は、中々余所では見られないだけにね♪

今作はファンタジー作品ですが、そこまでファンタジー感は挿絵からは感じなかったかな?
大抵、裸だったり、それに近い露出なヒロインたちだったので、あんまりちゃんとファンタジーぽい格好は、意外と少なかったですね。

美少女文庫では、珍しくキャラ紹介ページがあります。
これは、キャラ紹介ってよりも、ゲームのステータス画面的なものとしたひとつの演出でもありますね。
こういう遊びは、嬉しいですね。

挿絵数:13枚(3枚は、クラスチェンジ後のヒロインのステータス画面のもの)

総評


全体的には、古典的なダンジョンRPGなノリで展開されている雰囲気が新鮮でしたねぇ。
そういった世界観が好みであれば、尚楽しめるかもしれませんね。

それゆえか、はっきりとした目的は特になかったですね。
別に魔王を倒すとかではないですし、討伐ってよりもレベルアップと言った自己強化のためのダンジョン潜りって感じかな?

Hも強化の一環になる要素なだけに、それらと絡めて上手く展開させているかなと思いました。
まぁ、メインとなる様な目的がこれといってないので、もう少しストーリー性があっても良かったかもしれませんが。
一応、ちょっとした要素などは個々に散りばめられてはいるんですが、あくまでも世界観を感じさせる雰囲気づくりの意味合いが強いかな?

実は、あの人は…みたいな意外性のある展開も一部あったりと、気になる所も結構ありましたねぇ。
ちなみに、バトル描写などは、正直そこまで濃いものではないので、冒険の雰囲気を味わうためのものと割り切る方がいいかと思います(汗)


楽天はこちらからどうぞ
最強パーティが俺専用××にクラスチェンジ!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 お嬢様は押しかけドレイ!? レビュー

えすかれ美少女文庫 お嬢様は押しかけドレイ!? 暴走マゾ&ミニミニ先輩


10月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生なのですが、実はもうひとつの顔が…。
それは、エロ同人作家という一面でした。

そんな事をひた隠しにしているはずの彼の元に、突如現れた存在が彼の運命を変える事に…。
彼の同人作品を読んでファンになった名門お嬢様学校の制服を着た美少女「ノエル」が、押しかけて来たという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

天城 ノエル」(あまぎ)
桜小路 咲」(さくらこうじ さき)がいます。

ノエルは、聖蓮女学院の生徒会長です。
お嬢様ばかりが通う学院の中でも、天城家は名門であります。
白人の母を持ち、美しい金髪の持ち主でもあります。
かなりの自信家であり、思い込んだら止まらない所があります。

咲は、聖蓮女学院の前生徒会長です。
ノエルよりもひとつ年上ですが、幼い容姿をしているのでそうは見えません。
いつも穏やかで微笑を絶やしませんが、意外に腹黒な面も…。

ストーリー展開


展開的には、主人公が誰にも秘密に描いていた同人誌のファンとして現れたノエルに押しかけられてしまう事になる流れですね。

それは、主人公にとっては青天の霹靂。
彼が同人誌を描いている事は、クラスの友人たちにも知らせていない事だったからです。

まぁ、そりゃ描いている内容が「オリジナルの凌辱作品」であったら、中々言えないのも分かりますけどね(汗)
彼の描く凌辱作品は描くたびに新たな支持者を獲得し、今や知る人ぞ知る作家先生になっているんですね。
しかし、何故にお嬢様の中のお嬢様であるノエルが、こんな作品を知っている+ファンであるという事は、只々予想外な事態ですね(汗)

彼女がどういういきさつで主人公の作品を知ったのかは、本当に偶然なのですが、これをきっかけにしてノエルの行動は始まった訳です。

彼女にとっては、それまで知らなかった世界を知った訳ですから、良くも悪くも相当な衝撃だったんでしょうねぇ。
そして、一気に主人公の描く世界観などに心を揺さぶられる事になり、主人公の事を徹底的に調べ上げて直接会いに来たという行動力は凄いですね(汗)

まぁ、主人公にとっては勝手に押しかけられても単純にいい迷惑なんですけどねぇ。
実際ノエルを説得し、帰そうと試みるのですが、ノエルとの会話は噛み合う事はありません(汗)

ノエルとしたら、彼の作品のヒロインの様に自分を同じ目に遭わせて欲しいと思っている訳です。
なので、ずっと主人公を煽る様な発言を繰り返す事となり、さすがに我慢のならなくなった主人公に押し倒されてしまう事になり、念願?の行為を経験する事となる流れですね。


この後、ノエルはまたも自身の奔放さ全開で、家の全てを主人公に預け、主人公を主人、自分を彼のメイドとして振舞い出す事になります(汗)
まぁ、メイドらしいのはあくまでもメイドの衣装の見てくれくらいなものですけどね。
何せ、メイドの真似なんて許されない、大切に育てられた生粋のお嬢様だっただけに、いきなり家事などが出来る訳もないですしね(汗)


しかし、この事態に衝撃を受けたのは、主人公だけではありませんでした。
ノエルの友人と言え、ライバルの様な関係でもある咲も、いきなりのノエルの行動に衝撃を受けていたのです。
彼女の真意を探るべく、ノエルの元を追う咲も主人公の所にやって来る事になり、彼女もまた結果としてメイドとして仕える事に…。


Hシーン


Hシーンは、ふたりのヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラやアナル弄り、アナルセックス、パイズリなどがあります。
他の要素では、精液をデザートにかけて食べるなどのマニアックな行為も(汗)

序盤は、個々のヒロインの差が全然違ったのが印象的でしたね。
そもそも最初に来た動機が、ふたりとも全く違う訳で、行為に関してもかなり差があります。
最初からHな行為を期待していたノエル、ノエルの真意を探りに来た咲なので、これは凄まじい差ですね(汗)

なので、同じ男性経験がない事は共通していても、かなり違った雰囲気を感じられるのが大きな特徴でもあります。

特に咲は、基本的に相手を立てる様な行動をするので、ある意味メイドという形での奉仕はハマり役とも言える訳です。
対して、ノエルは形ばかりの奉仕で内容は雑そのものですから、ご奉仕フェラひとつでも、その差は歴然ですね(汗)


主人公は、理性が飛ぶとかなり暴走するキャラであり、そんな状態の彼からの行為が彼女たちにはたまらないんですね。
それこそ彼の描く作品の様に、彼女たちに激しくお仕置きしていく事になる訳です。
これには、そんな仕打ちを受けてこなかったお嬢様な彼女たちには、衝撃でもあり、また未知の経験でもありました。

またそれらが結果として快感に繋がっていく事になり、彼女たちはすっかり主人公からの快感を受け入れていく事になります。
何とも都合の良い感じがしないでもないですけどね(汗)


主人公的にノエルよりも咲の方がメイドらしいですし、好感を持つ訳ですが、途中からノエルの態度にも変化が見られるようになる事になります。
これがなかったら、ノエルの存在意義がなかったかも(汗)

ここまで散々もっとエロい言動をしてたのに、恋人の様に腕を組んで歩いたり、名前で呼び合って真っ赤になるなどの反応を見ると、主人公ではないですが、可愛らしい所もあるじゃないかと思ってニヤニヤしてしまいますねぇ♪
見た目は元々、美少女ですしねぇ、彼女は見た目だけなら…(汗)

この時点での奉仕がようやく奉仕らしくなっているのは良かったですね、主人公的にも(汗)
フェラさせれば、歯を立てられてたら奉仕どころではないですから。


人によって好みが分かれるのは、精液を食べ物にぶっかけるいわゆる「食ザー」要素でしょうか(汗)
私もそれ程、実写では興味ない要素なんですけども、文章だからそんなには気にはならなかったですね。
それと同時にノエルたちが、そんな食べ物をお互いの舌で取り合い、結果舌を絡めていく様は中々淫らで興奮できましたね♪

終盤では、ふたり一緒にビデオカメラを回しながらの行為になっていきます。
前述の食ザー行為も、この過程のひとつの要素でもありますね。

ビデオを回している事で、また行為の描写の雰囲気も違って見えるのが何とも不思議ですねぇ。
恐らくビデオに向かって、話しかけたりとかしている事も影響しているのかな?

主人公への愛情も、話が進むにつれてドンドン増してくる事になるのが、ちゃんと描かれているので分かりやすくなっていて良かったです。


挿絵


挿絵は「ひなたもも」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね♪

かなり濃いめの作品ですが、ひなたももさんの描くヒロインたちが可愛らしく、良い意味で行為のエグさを消していますねぇ。
なので、大分見やすいものになっていると思いますので、苦手な人でも手を出しやすくはなっているかも。

濃い作品に濃い絵柄の人を合わせてくるってのも、勿論アリなんですけども人を選ぶでしょうしね(汗)

ふたりとも美少女な訳ですが、やはり咲の見た目は印象的ですね。
あの容姿は、実年齢が主人公よりも上といっても、そうは思えない可愛らしさですからね。
なので、彼女との行為は何とも犯罪臭が…(汗)

ノエルは、最初あまり性格で好みではなかったのですが、中盤辺りからの変化で一気に彼女の株が急上昇しましたね。
それに伴って、彼女の絵柄もどこかより可愛らしさが増したかの様な錯覚を覚えますね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、中々テンションが高く、濃いめな作品でしたねぇ。
まぁ、この人の作品は大概こんな感じのが多いんですが(汗)

最初はノエルの暴走でどうなる事やらと思いましたが、彼女の変わりっぷりにはやられましたねぇ。
これで一気に引き込まれたかな、自分としては。
…これがなかったら、正直彼女は微妙だったままでした(汗)

まぁ、多少変化しても、あくまでもノエルはノエルな訳ですから、彼女の魅力が無くなってしまった訳ではないですので、そこはご安心を。
常に全開ダダ漏れが、状況を見て出せる様になったって感じですかね?(汗)
序盤がかなりインパクトあったせいか、これでもかなり大人しくなった印象が強いんですよねぇ、個人的には(汗)

楽天はこちらからどうぞ
お嬢様は押しかけドレイ!? 暴走マゾ&ミニミニ先輩

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 魔界を攻略して魔王をエロドレイにしてみた レビュー

えすかれ美少女文庫 魔界を攻略して魔王をエロドレイにしてみた


5月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、全寮制の男子校で学ぶ学生です。
女っ気が全くない環境なために、主人公は日々女性に対して飢えています(汗)

そんな中、主人公は謎の物体に遭遇し、気づけばそこは見知らぬ世界…。
何と主人公は、魔界へと飛ばされてしまったという展開です。


登場ヒロイン


登場するヒロインは…

第六天魔王「ノブナガ
鬼法王「アシュラ
悪魔大公「アスタロト
混沌太母「ティアマト」がいます。

他にも女性キャラがいますが、メイン格は上記の4人ですね。

ノブナガは、人魔という種族です
ポニーテールな髪型が特徴であり、凛々しい雰囲気を持っています。
主人公を、魔界へ呼び寄せた張本人でもあります。

アシュラは、アシュラ族の王です。
契約をとても重んじており、それを軽んじる者には容赦はしません。
見た目こそ幼い少女の様な体型をしていますが、その力は強大なものがあります。

アスタロトは、強大な権勢を誇る大魔族です。
現在、大魔王選挙の大本命と目されています。

ティアマトは、魔界で最古の一柱です。
魔界創世期から培ってきた権力は絶大なものであり、影の大魔王と呼ばれています。
現在は、力のある魔物を魔王として認可し、大魔王選挙候補者として認定する立場です。


ストーリー展開


展開的には、女性に飢えている主人公が何故か魔界へ飛ばされてしまったという流れですね。

まぁ、キャラ紹介の所でも書いていますが、実際には主人公は呼び寄せられたって形が正確な所なんですね。

そこには、ノブナガのある思惑がありました。
ノブナガというと、あの信長と思うかもしれませんが、それとは別らしいですが(汗)

魔界では「大魔王選挙」という選挙があるそうで、これまで代々大魔王を選出してきた経緯があるんですね。
そして、今回来たるべく新たな選挙に備えて、ノブナガが精力旺盛な主人公を召喚した訳です。

何故、召喚したのが主人公なのか?
それは、この魔界の特徴でもあるのですが、魔界にはいわゆる男性、牡というモノが存在しない世界なんですね。
そこで唯一の男性として、ノブナガは自らの所有物として主人公を確保し、秘宝と称し所有権を主張する事になったのです。

しかし、ただの男ではノブナガにとっては、意味がなく、主人公の様な性欲が凄い存在を欲してたのです。

現在、大魔王選挙で候補者であるノブナガの置かれている現状は、そこまで盤石なものではありません。
他の候補者たちも、同種族への影響力が強いため、簡単な状態ではないんですね。
そこでノブナガは、この魔界で唯一の存在である男の主人公を使い、他の候補者を攻略してしまおうと考えた訳です(汗)

早い話、対立候補者をHで堕としてしまえって事ですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
他にも、サブキャラクターとの行為があるんですが、当然というか描写量はさほどないですね。
結構可愛い娘もいるだけに、もっと見たいんですけどね(汗)

行為的には、手コキ、フェラ(イラマチオ)、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

他の要素では、利尿剤を飲ませてのお漏らしや、バイブなどの小道具を使用した展開などもありますね。


この世界には、男(牡)という存在がいないために、男というのは未知の存在なんですね。
なので、全員男との行為は未経験であり、男に関して新鮮な反応が見られるのは良いですね♪

先ほども書いた様に全員経験はないものの、その反応は様々な所も見所ですね。
アシュラは、真面目な性格なだけにそっち方面への知識などは全くと言っていい程、無知であり、肉棒による男を感じる事に動揺、戸惑う姿は彼女の小柄な体格もあって、何かいけない事をしている感を味わえますね♪

そういや、全員当然挿入初めてだと思うけども、特に破瓜する様な処女的な描写なかった様な?
まぁ、人間の女性と作りが同じかは分かりませんしね(汗)

アスタロトは、アシュラとは違い、彼女とのストーリー的な影響もあり、コミカル的な要素を含みつつ展開されるのですが、それがまたテイストが違ってて面白かったですね。
意外なアスタロトの素顔を垣間見れたりと、中々面白くHな展開かつテンポが良かったですね。
…結構、思い込みの激しいタイプなんでしょうね、彼女は(汗)

キャラタイプとしては、小柄って意味ではアシュラとティアマトも近いんですが、人生経験の差という感じがあって、似ているものの結構違いを感じるんですよね。
まぁ、ティアマトの方がより幼さが強いですね、より行為は犯罪チックというか(汗)

一部では、マニアックな要素に食べ物に精液を加えて食べさす様な行為もありますが、やっているノリがコミカル的なので、そこまで深刻にとらえなくていい分、苦手な人でも嫌悪感はあまり感じないかと思います。
まぁ、えすかれレーベルですしねぇ(汗)

ちなみに、アナルセックスですが、メインヒロインたちに対してはありません(汗)
メインたちはあってもアナル舐め程度であり、サブキャラクターにだけですね、アナルセックスは。

終盤では、メインヒロインたちを相手の行為ですね。
ヒロインたちに首輪に鎖など着けさせていたりと着々と調教が進んでいるのが分かりますね(汗)
まぁ、当人たちは何だかんだそれらの行為を楽しんでいるだけに、陰鬱なものはない分、明るい雰囲気での行為が楽しめます。


挿絵


挿絵は「有子瑶一」さんが手がけています。
美少女文庫ではお馴染みですね。

やはり可愛らしくHで、ちょっと変態チックな行為がある作品の相性は抜群ですね♪
汁気も多いだけに、生々しくなりがちなはずなんですが、必要以上に重さを感じないのが魅力的ですね。

個人的には、ティアマトのダブルピース姿は何か犯罪臭がするなぁ…(汗)

Hシーンでも書きましたが、メインヒロインたち以外のサブキャラも結構可愛らしいんですよねぇ、あまり挿絵ないけども(汗)
まぁ、挿絵も少しでもあり、行為描写もある分、扱いは良い方ではありますけどね。

終盤では、見開き2ページ分を丸々使った挿絵もあり、見応えがありますね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、そのまんまタイトル通りだったというか(汗)
しかし、同じ月の作品で信長かぶりっては正直、新鮮味はないですね(汗)
こういうのって、発売時期ズラしたりしないんですかね?

今作はハーレムものですが、Hありきで惚れたって感じなので、正直恋愛的な要素は薄いですね。
それでもイチャイチャな甘さはある程度あるとは思いますので、そこまで気にならないとは思いますけどね。

後は、全員人間ではないだけに人を選びそうですけども、挿絵を見る限り大して見た目の変化は頭の角だったりくらいなもので、異形の存在って感じは一切ないと思いますので、問題なく楽しめると思います。


楽天はこちらからどうぞ
魔界を攻略して魔王をエロドレイにしてみた

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事

えすかれ美少女文庫 妹と幼なじみがヤンデレすぎてハーレム修羅場! レビュー

えすかれ美少女文庫 妹と幼なじみがヤンデレすぎてハーレム修羅場!


5月発売のえすかれ美少女文庫です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、家が「黄不動流兵法」という古武道の跡取り息子である事以外は至って普通の少年です。
しかし、そんな彼にはいつもひとつ年上の幼なじみである「美崎 瑠璃」(みさきるり)に甲斐甲斐しく世話をされている毎日を送っています。
年頃の男子であるので、彼女が欲しいとは思いつつも、瑠璃(以下ルリ)との生活に満足しているある意味贅沢な時間を過ごしています。
ですが、その時間もある日を境に大きく変わりだす事に…。

きっかけは、学校の主人公の下駄箱の中に入ってた一通の手紙。
ラブレターだと興奮する主人公でしたが、中身は確かに愛をささやく内容だったものの、思った様な甘さはなく、ひたすら怖いものでした(汗)
それから主人公の教室の机に始まり、はては自室にまで異様な状態は付いて回る様に…。

そんな中、主人公の前に生き別れとなっていた彼の妹である「須藤 歌鈴」(すどうかりん)が現れる事によって、物語は甘くも恐ろしい流れになる展開です(汗)


登場するヒロインは、ルリに歌鈴(以下カリン)のふたりです。

ルリは、主人公のひとつ年上な幼なじみです。
年上ながら小柄な体格をしていますが、黄不動流の達人でその腕前はかなりのものです。
落ち着いた性格をしています。
そういや名前のルビが「るい」ってなっていたけど、ミスかな?(汗)

カリンは、主人公の生き別れた実の妹です。
今は叔父の養子という形になっており、主人公とは名字が違っています。
そのため戸籍上は従妹にあたる事になっています。
明るく活発な性格をしています。


展開的には、主人公がラブレターの様なものを貰ってから、周りでおかしな怪異が起こる事になります。
それと時を同じくして現れた、主人公の生き別れた妹「カリン」の存在が主人公に大きく影響を与える事になる流れです。

まぁ、怪異と時を同じくして現れたって時点で大体元凶は分かるかと思いますが(汗)

そもそもの始まりは、やはりあのラブレターからなんですね。
しかし、その中身は便せんの表裏にびっしりと血文字で意味不明な愛の言葉が綴られているというトラウマものな代物(汗)
その後も、どうにも血生臭い怪異が主人公の周りで起き出す事に…。

そんなタイミングで生き別れてたカリンが現れるのですが、主人公は何故か彼女の事を覚えていなかったんですね、彼女を見るまで。
しかし、そんな主人公の戸惑いを余所にカリンは主人公に再会後はお兄ちゃん、お兄ちゃんとべったり状態。
会わないうちに大きく育った彼女(胸)に喜ぶ主人公でしたが…。

気づけば主人公は、見知らぬ家の中におり、身体の自由がきかない状態(汗)
そう主人公は、カリンの手によって身体の自由を奪われてしまった訳ですね。
そして、主人公は次第に記憶をよみがえらせる事になり、かつて彼女との間に起こった事件を思い出す事になります。

幼少期に今回同様に主人公はまだ幼い妹カリンに襲われ、逆凌辱を受けるはめになったんですね(汗)
幸い、本番まではいかず、フェラ止まりで助かった訳ですが、これを受けてカリンは実家に置いておけないと判断されて叔父の所に養子に出された経緯があるんですね。
しかし、この程度で主人公への気持ちを諦める事はなかった彼女は、叔父たちを洗脳し、再び主人公の前に現れた訳です(汗)

前回の時は両親たちが止めに来ましたが、今回はそれもなく、主人公はカリンにフェラだけではなく、ついに妹と関係を持つ事になってしまいます。
もう関係を持ってしまった訳ですが、これ以上カリンとの関係を持つ事はあってはならないと考えた主人公は、彼女にある嘘をつく事に。
この時、主人公はこの嘘がまた新たなる火種を増やす事になるとは思いもしなかったのです(汗)

…まぁ、タイトル見たら何となく分かりますよね?(汗)


Hシーンでは、カリンとルリとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナル舐めなどがあります。
その他にもローターなどの小道具を使った行為などもあります。

行為の種類自体は少なめかもしれませんが、かなり内容が濃いので物足りなさは感じにくいはず。
…今回の美少女文庫は濃いのが多いなぁ(汗)
まぁ、行為が濃いのもですが、キャラが濃いのもあって、かなりのインパクトですね。

中盤くらいまでは、主人公は両ヒロインに押されっぱなしで受け身なのですが、中盤を過ぎた辺りから主人公の逆襲が始まります。
なので、後半部はまた雰囲気が少し違ってきますね。
押されっぱなしってのも中々きついですからねぇ、ずっとこんな展開が続くかと思っただけに少し安心(汗)

彼女たちは攻めもできますが、主人公に攻められるのもアリなのでどっちでもいけますね。
特にルリはMっ気もあるので、猶更でしょうか。
主人公は逆にだいぶSっ気が発揮されていく辺りが何とも言えませんね(汗)

この辺りの主人公の覚醒ぶりがようやく黄不動流の後継者という所に繋がった形ですね。
それまでは後継者にはふさわしくない程度の技量だったりという伏線がある訳ですが、覚醒の原因がヒロインたちの修羅場によるものだとは(汗)

印象に残ったのは、行為というか、精液を果物にかけて食べるシーンでしょうか(汗)
まぁ、これは苦手な人もいるだろうから、そういう場合は厳しいかもしれませんね。
女性陣も練乳とか言いながら、この苦味がたまらないとかド変態ですな(汗)

挿絵は「ミヤスリサ」さんが手がけています。
最近だと、ぷちぱら文庫の「ウサミミ少女とお嬢さまと巫女さんに迫られて困り果てた件」がありますね。

可愛らしく柔らかい絵柄が特徴ですね。
しかし、しっかり病んでいる表情はかなりのインパクトがありますね(汗)
挿絵より、カラーの方がより目の濁った感が表現されており、怖いです…。

中の挿絵はそういった表情は殆どなかったですし、あっても比較的柔らかく見えるのはカラーでないせいかな?
どちらかと言うと挿絵での彼女たちはむしろ可愛らしく見えるのが多いので、ある意味文章とのギャップがあるかもしれませんが(汗)

個人的には、フェラしているルリやカリンの表情が可愛らしく、またいやらしさがあってお気に入りですね♪
これだけを見るととてもあんな闇を抱えたヒロインには見えないんだけどなぁ(汗)


全体的には、かなり個性的なヒロインたちとの身を削る様な話でしたねぇ(汗)
まぁ、話が進むにつれて物騒な展開は無くなり、H方面にシフトしていくのでだいぶマシになりますけどね。
ある意味、ヒロインたちが刃物で戦いあう展開もあれはあれで面白くはありましたが(汗)

ヤンデレ好きならば、中々楽しめると思います。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

えすかれ美少女文庫 土下座でお願いされたのでみ~んな×ませた レビュー

えすかれ美少女文庫 土下座でお願いされたのでみ~んな×ませた


12月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公はある日、家族と初めての海外旅行をする事になります。
しかし、楽しみだった主人公の旅行は船が座礁し、大破の中で両親共々海に投げ出されるという悲劇に見舞われて無残な結果となってしまいます。
主人公が目覚めた場所は、見知らぬ広間の様な広大な部屋。
そこで主人公は自分を助けてくれた相手を知る事になります。
主人公を助けてくれたのは、エキドニア王国の姫でもある「ハルキュオネ=エオス」(通称ハル)でした。
そんなハルは、主人公にある頼みをする事になります。
それは、このエキドニア王国を助ける救世主として、主人公の子種を与えてくれというとんでもない話だったという展開です。

登場するヒロインは、ハル以外に、女王の「マリア=ヘスティア」、騎士団長の「ジークリンデ」、メイド長の「ツバキ」がいます。
その他にも、名前が付いているサブヒロインたちが6人程いますが、紹介は上記の4人とさせて頂きます。

ハルは、エキドニア王国で王位継承権1位の姫です。
日本のアニメやマンガなどを好んでおり、時々会話の中にそれ系なキーワードがチラホラとまざる事も(汗)
主人公の子種を求めており、頼んできます。

マリアは、現在のエキドニアの女王です。
ハルとは母親ではなく、叔母の関係でもあります。
王国内で随一の天才でもあります。

ジークリンデは、エキドニアの騎士団長をしています。
背丈はかなり小さいのですが、体格からは考えられない程の怪力の持ち主です。
男嫌いで主人公の事を毛嫌いしています。
ボクっ娘でもあります。

ツバキは、メイドたちをまとめるメイド長です。
名前の通り、日本人の血が入っています。
丁寧で落ち着いた印象がありますが、怒ると…。
ちなみに人妻でもあります。


展開的には、主人公はエキドニアで女性たちのために主人公の子種を与える事を懇願されてしまう流れですね。
どういう事かと言うと、このエキドニアにはある現象が起こっている事が要因なんですね。
それは、この国の女性が不妊になっているという事です。

国の言い伝えでは、話は神話の時代にまで遡る事になり、その神話に登場する存在によって今現在でも、国はその呪いに苛まれているという考えが一般的なんですね。
勿論科学でもどうにかしようとしてはいますが、中々成果は出ていないのが現状です。
語り継がれる伝承によれば、主人公はその呪いの影響を受けない存在であり、主人公の精を受け入れる事で女性たちを妊娠させたいと考えている訳です。

受け入れにくい話の数々ですが、実際に定期的に発現する、この呪いによってこの国の人口の世代間の比率は異常なほどに偏っているんですね。
呪いがある内は、子供がひとりも産まれないんですからねぇ、そりゃ国が成り立たないしなぁ。
そう考えれば、姫であるハル自ら、妊娠を望むのも分からなくは…ないかな?(汗)

主人公はそういう状況に置かれたにも関わらず、意外にもあっさりとこの話を快諾する事に。
まぁ、ある意味主人公も可愛い女の娘と合法的にHできる喜びもある様な(汗)

しかし、この状況を快く思わない人間もいるんですね。
それが騎士団長のジークリンデ率いる騎士たちです。
実は、主人公の精を受け入れようとする姫派の人間と科学の力によって、呪いを克服しようと考えている女王マリア派がいるんですね。
ジークリンデは勿論、女王派という事になります。

となると、対立派との戦いにでもなるのかと思いきや、実際はそこまで対立はないです(汗)
そもそも騎士団的には、ただ団長であるジークリンデのみが血気盛んに反対を謳っているものの、周りは話半分に聞いているんですね(汗)
更に、ジークリンデは結構なおバカなので、まぁコントロールしやすい事、しやすい事…。
主人公は言葉巧みに彼女を誘導し、結果Hな行為へと持ち込んでいく事になります。
…残念な娘ですなぁ(汗)

女王マリアとも最終的にはHな展開になり、主人公の行為は国全土を巻き込んでの展開となります。
まぁ、さすがに国民たちとのHをいちいち描写している訳ではないですけどね(汗)
人口が1500程度という少ない規模とはいえ、女性のHする対象数だけとしてもとんでもない数ですなぁ…。
なので、休肝日ならぬ休精日みたいなものまで定められている始末(汗)

Hシーンは、この人数なのでかなりのボリューム感です。
メインヒロインどころが4人に、サブキャラが6人程もいて、更にサブキャラも1回だけではないという力の入れよう(汗)

基本的には目的でもある妊娠のために中出しがメインですが、主人公の余りある程の精力の強さによって、複数回は当たり前なので、フェラやパイズリなどで射精してもお構いなしで行為が続く事になります。
複数プレイも多く、特にサブキャラ相手の場合はサブキャラ全員一緒にHになりますね(汗)

主人公は最初は童貞ですが、あっという間に性経験を重ねる事でH中はかなりSっ気が出てくる様になります。
なので、基本的にヒロインたちは主人公に調教されるっぽい感じになってHにのめり込んでしまう事になります。
最たるキャラは、騎士団長のジークリンデですね。
彼女は最初は主人公毛嫌いしていますが、最終的には主人公に調教されてしまい、文字通りの犬になってしまいますからねぇ(汗)
まぁ、こういう最初に抵抗してた立場のキャラはデレると極端ですね。

彼女だけに限らず、主人公はヒロインとの行為中に隠語というか恥ずかしい台詞を言わせようとするんですよねぇ。
こういう台詞って結構お約束ですけど、興奮するので言葉責めが好きな人には嬉しい要素ですね♪

行為自体は、パイズリやフェラや口内発射、顔射などありますが、それ程種類はなかったかな?
アナル系の行為もなかったと思うので、過激な行為が苦手な人でも楽しめると思います。
あくまでも目的は子づくりですしねぇ。

でも、単純にエロいと思うので、全く問題はないでしょう♪
キャラクターもそれぞれ個性的で物足りなさなど感じないと思います。
むしろ最初はサブキャラまでこんなに扱いがいいと思ってなかったので、それは予想外で嬉しかったですねぇ。

個人的にはツバキ相手の疑似ってか本当の寝取り展開シチュでしょうか。
彼女は結婚して、夫がいるので夫に操をたてているんですね。
でも、そんな彼女を少しづつ肉棒で追い込んでいき、虜にさせていくという展開が中々興奮度が高くお気に入りですね♪

若干気になったのは、ハルのオタク要素はあまり意味が薄かった感がありましたね。
てっきり、Hシーンで効果を発揮する要素かと思ってましたが、それ程関わってはなかったですね。
王国の姫の権限で本格的なコスプレ衣装などを特注するとかでHシーンがあっても良かったかなと。
でも、考えれば彼女の普段のお姫様な格好が我々一般人にとってはコスプレみたいなもんか(汗)

まぁ、人数も多めであり一人あたりの量は少な目な所はありますが、それは仕方ないかな。
それでも、メイン4人だと十分なページは確保されているので、問題はないと思いますね。

挿絵は、お馴染みの「神無月ねむ」さんが手がけています。
柔らかい印象の絵柄がまた相性ばっちりですね♪
結構な肉欲な展開なはずなのに、この絵柄でだいぶ印象が可愛らしく生々しさが軽減されているのがいいんですよねぇ。
メインヒロインだけでなく、サブヒロインもしっかり挿絵が用意されていたのは嬉しかったですね。
最初は、誰が誰か直前の文章で特徴を確認してましたが(汗)

終盤では孕ませなので、ボテ腹の挿絵もありましたが、もっと数があっても良かったかなってのは贅沢かな(汗)


全体的に、孕ませ目的なのでガンガンHする展開なので、H度は申し分ないですね。
反面、キャラクターの個々の描写が薄めだったかな。
せめてメイン4人くらいは、もっと描写があっても良かったかなと思いました。
まぁ、ハルなど自分の主人公に対する感情描写などありましたけどね。

ちなみに個人的に嬉しかった点は、冒頭にヒロインのキャラ紹介ページがあった事ですね。
美少女文庫ってキャラ紹介ページがなかったですよね?
個人的には、こういうのがあるのは確認できて読めるから良かったです♪
今回は全員外国のキャラだったので、名前はカタカナですが、漢字だと読み仮名が忘れたりするので、レビュー書くとき確認しやすいという個人的な問題なんですが(汗)

個人的には、これが今作で一番評価できるという本編無視な結果になってしまいました(汗)
勿論、内容もよかったですよ、言い訳っぽいですが(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】土下座でお願いされたのでみ~んな×ませた

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
土下座でお願いされたのでみ~んな×ませた

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 天然お嬢様は無垢でMで幸せで レビュー

美少女文庫 天然お嬢様は無垢でMで幸せで


8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

物語は、とあるお金持ちのお屋敷の引越しのアルバイトに主人公が参加している所から始まります。
学校で禁止されているにも拘らず、何故アルバイトしているかと言うと…、脱童貞のための風俗資金を稼ぐ目的だったからです(汗)
しかし、引越し作業の最中に主人公はお屋敷のご神体とされる大きな壷の中に転落し、気を失ってしまう事に…。
気づけば夜になっており、主人公の前にご神体の壷にお祈りをしに現れた「大友 真澄」(おおとも ますみ)に存在を気づかれてしまいます。
やけになった主人公は、ご神体の壷神のふりをしてしまうのですが、何と素直なお嬢様はそれを信じてしまい、主人公を神様と敬ってくる事になってしまうという展開です。

…書いといて何だけど、凄いストーリーだなぁ(汗)
何故、これがえすかれでないのだろうか?

登場するヒロインは、真澄に真澄の世話をするお付きのメイドである「イツキ」がいます。

真澄は、お金持ちのお嬢様です。
素直で信心深く、純真無垢な性格でかなりの天然です(汗)
主人公を壷神様と思い込んでいます。

イツキは、真澄お付きのメイドです。
有能なメイドさんで、一人で家事全般をこなす事ができます。
しかし、容姿は子供かと思うほどの小柄な体格ですが、ちゃんとした成人女性です(汗)
何故か忍術の様な行為も出来るなど謎の多いキャラクターです。


展開的には、主人公がとっさのでまかせで壷神として振舞った事で、真澄と関わる事になります。
主人公を神さまと信じてやまない彼女をあれこれ言い含めて、主人公は彼女にHな行為をしてしまう事になります。
真澄は、その幼い顔立ちにも関わらず、相当な爆乳の持ち主であり、主人公はすっかり興奮状態に…。
元々アルバイトも童貞卒業のためでしたしねぇ(汗)

豊満な胸を弄り倒し、自慰も知らぬ彼女に自慰を教え込む中で、素直すぎる真澄はこんな素敵な気持ちにさせてくれたと逆に感謝しちゃいます(汗)
調子に乗った主人公は、その勢いで彼女に挿入し、童貞を卒業します。
何も分からぬ真澄は、Sっ気のある主人公のお構いなしの抽送にかなり痛がるのですが、主人公に言われた「痛いぐらいの方が気持ちいい」との言葉による暗示によって次第に快感を覚えだすという、M気質を開花させる事に…(汗)

神のエキスと称した精液を中出しするなど、やりたい放題に真澄の受け入れ放題なやり取りが中々面白いですねぇ♪
でも、怪しげな宗教団体とかが自分を神の化身とか言って、こんな事してそうだな(汗)

事後、メイドのイツキに目撃されて殺されかけるものの、何とか逃げ出してこれで全て終わったと思う主人公でしたが、彼のクラスに転校生がやって来る事に…。
まぁ、これはお約束ですよねぇ(汗)

相変わらず彼女は、主人公を神さまと思いこんでいるため、クラスでも外でもお構いなしで神さま呼ばわりされるのは正直きついですな(汗)
定番なお弁当イベントも、このふたりにかかると濃厚なHな流れになり…。
フェラ指導に始まり、口内発射に結果的に発射して飛び散った精液がかかってしまったお弁当を嬉々として食する真澄は中々のものですね(汗)
食ザーメンとか、もう「えすかれレーベル」でいいんじゃないのかなと思いますが(汗)

その後も彼女のぶっ飛んだ思考などを披露しますが、個人的に面白かったのは初めての電車に挑戦しようとするのですが、改札付近は人通りが激しくとても彼女には突破できそうもありません。
そんな彼女をよそに主人公は、切符を挿入して改札を抜けていくのですが、それを感激の面持ちで「ゴッドパワー!」と言う彼女が可愛かったですね。
彼女の眼には、改札の障壁が主人公の動きを妨げる事無く、開いていく様がモーゼの十戒で海が割れる光景の様に見えたのでしょうかね?(汗)

そんな純粋な彼女に電車内で痴漢プレイをしたり、学園内でもやりたい放題な主人公に、とうとうイツキからきつい一撃を貰う事に…。

ここからは、主人公はメイドであるイツキに逆に身体をなぶられる展開になります。
Sっ気満載な主人公なだけに、好き勝手に責められるのはかなりの屈辱なんでしょうねぇ(汗)
しかも、見た目は成人しているとは思えない容姿のメイドさんですしね。

ここでのふたりの意地の張り合いは中々の見所ですね。
仮にSっ気なくてもおしっこ飲まされたりしたら、そりゃ屈辱ですね(汗)
しかし、ただやられるだけでは終わらない主人公は真澄の協力も得て反撃を開始。
ここぞとばかりに主人公は、彼女にされた屈辱を倍返しのごとくやり返します(汗)

小柄な体格同様に、小さな口内にいきり立った肉棒を突っ込み、強引に彼女の口内を蹂躙しながら口汚く罵る主人公は鬼畜ですね(汗)
ノリノリでイラマチオを行ない、性器として扱われる行為に次第にイツキ側も心身に変化が現れる様になります。
顔射や放尿などで確実に彼女の抵抗する気力を削いでいく手腕は恐るべし…。

しかし、そんな行為を真澄に目撃され、ようやく今まで自分達が行なっていた行為がどのような目的のためにするものだという事に気づく彼女が取った驚くべき行動には主人公ならずも度肝を抜かれますね(汗)
…純粋って、ある意味怖いなぁ(汗)

Hシーン的には、盛りだくさんかつ濃い内容が目立ちますね。
本当に何でえすかれではないのかが分からない程です(汗)
個人的には、今月発売の美少女文庫で一番内容がディープなのではないかと思いますので、H重視な人にはいいのではないかな。

イツキとのHもしっかり描かれているのが、個人的には意外でしたね。
てっきり賑やかしのサブキャラかと思ってただけにHもあるし、いいキャラですねぇ。
結構、この作品の根底にも繋がるであろう重要そうなキャラなのもいいですね。
Sっ気で責める展開も逆に責められてしまう展開もあり、満足させてくれます♪

基本的に主人公はSで変態系なプレイが多いので、好みはあるとは思いますが、問題ない人には楽しめると思います。
特に真澄に関しては、無垢な彼女に色々とHな言葉だったり行為を教えながらの展開が多く、その手のシチュが好きな人にはたまらないですね。
まぁ、覚えたての言葉を人前で語るのは別な意味でたまらないけど(汗)

あまり個人的な印象では、痛々しさの強いプレイは無いと思いますので比較的嫌悪感は持たないと思います。


挿絵は「kino」さんが手がけています。
調べたけど、同名の方が「でりばらっ!-deliverance of strays- 」というPCゲームの原画をしている様ですが、同一人物なのかな?
複数の原画の人が参加しているので、一概には言えませんがサンプル画像を見ると雰囲気似ているかな?(汗)

幼い顔立ちが印象的な絵柄で、とにかく愛らしいですね♪
この可愛らしさによって、結構濃いめな作品にも関わらず、嫌悪感が感じにくくなっています。
個人的には、それがありがたいです(汗)
天然巨乳お嬢様と毒舌貧乳メイドさんの魅力をうまく描いていると思います。

とにかくキャラクターが活き活きとしていますね。
Hシーンだけでなく、通常の会話のやり取りなどのテンポの良さは安定感があり、見所ですね。


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】天然お嬢様は無垢でMで幸せで

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
天然お嬢様は無垢でMで幸せで

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

美少女文庫 学園魔王 レビュー

美少女文庫 学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫


俺の正体が世界を滅ぼす魔王だって!?覚醒した日から学園生活はバラ色へ!幼なじみにして正義の巫女・姫子ネエが我が身犠牲に(?)ご奉仕ご奉仕。不死ロリの悪魔姫マリカからも搾られつづけて…どんどん高まる精力で、ふたりの前と後ろの処女を独占征服。

2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

主人公はひょんな事から、怪しげな祠を破壊してしまった事が全ての始まりとなります。
その後、主人公の前に現れたのは褐色の小柄な少女に見えるも、どこか大人びた女性。
彼女は実は人間ではなく悪魔であり、主人公を魔王と呼んできます。
しかし、代々祠を封印していた家系の娘で主人公の姉的存在の「姫子」(ひめこ)は、悪しき存在となる主人公を止めようとしますが主人公の力は増すばかりで…という展開です。

登場するヒロインは、姫子に、主人公を魔王と呼ぶ「マリカ」がいます。

姫子は、主人公の姉代わりの様な存在です。
実際、主人公は同い年ながらも彼女を「ヒメ姉」と呼び、何だかんだ主人公は頭が上がらない存在でもあります。
性格は、生真面目で融通が利かなく、自分の考えを押し付ける面もありますが、主人公の事を考えています。
神社の巫女でもある彼女は、同時に魔を討つ巫女でもあります。

マリカは、主人公が封印を結果的に解いた祠に封じられていた悪魔です。
かつて主人公の前世である魔王に付き従っており、主人公の覚醒を促しています。
見た目は比較的幼い容姿であり、古風な話し方をし、実際の年齢は数千年以上です。


展開的には、主人公が魔王の能力を手に入れて、それを使って好き勝手Hな事をやらかすってノリでしょうか。
別に世界征服とか、そういう悪事はしないのが何とも無駄使いっぽい(汗)

そもそも主人公は勃起しただけでも貧血になったりなど、身体に不安を抱えています。
興奮すると身体に心臓などに痛みが走り、血を吐いたりとそんな身体と長いこと付き合っている状態なんですね。
その思い切り興奮できない身体ゆえなのか、性に対する興味、熱意はかなりのものです(汗)

学園でも魔王と呼ばれるだけで扱い自体は、さほど変わらないってのがこれまた情けない(汗)
それでも進んで主人公の侍女となる女子たちが結構いたり、そんな彼女たちとHな事が出来るのはうらやましい…。
彼女たちは主人公の力で強引にそうしている訳ではなく、自ら望んでいます。
その中には、主人公と同じ所属のオカルト研究会のメンバーでもある「田無」さんもいます。

そんな主人公をどうにかしようと諦められない姫子は、自らの身体を使って、精と共に力を出させてしまおうと考え、Hな展開になるのはお約束ですね♪
姫子は普段から厳しく自分を律しているためか、あまり好意的な感情は見せず、ポーカーフェイスな印象があるんですが、Hシーンでは主人公に激しく求められて嬉しくなったり、主人公がいないと寂しいなどと素直な顔を見せます。
もっとも、彼女はそれを口に出しては言いませんが(汗)

Hシーンは序盤にマリカとの初体験があります。
まぁ、この時はアナルでの初体験でしたが(汗)
その後は覚醒した力もあり、姫子とのHがありますね。
魔王になった後は、主人公は時々興奮すると少し攻撃的になる事もあるのか、姫子を責めまくる展開ですね。
豊かな胸や乳首を指や口で舐られて、自慰すら殆ど経験のない彼女は初めての快感にされるがままです。

ここら辺は、しっかり出番がありますが、全体を通すと姫子の立ち位置は何とも微妙なところも…。
それは、マリカの存在ですね。
序盤では、彼女の正体はいまひとつ分からないんですが、終盤近くになるとそれが明らかになります。
私は途中で「もしかして**?」みたいな予想がついたんですが、そのままでした(汗)
思えば、彼女は主人公の事は殆ど「魔王」って呼んでたけど、様付けは序盤くらいなものでしたからねぇ。

マリカによって、本来なら強みである姫子の幼なじみの強みがなくなるんですよねぇ(汗)
まぁ、そりゃ何千年もの関係なんだから、当たり前なんですけどね。

そんな立場ですが、途中で自分の主人公への気持ちを開き直って受け入れたら、彼女なりに大胆になって積極性をアピールする様にもなります。
とは言え、やはり経験の少なさと人生?経験の差ゆえか、マリカにはどうしても受け手に回らざるを得ない所はありますけどね(汗)
相手が悪いですね、悪魔ですし(汗)

マリカとのHは、基本フェラや乳首責め、舌での前立腺責めなどで射精などの行為自体はあるんですが、挿入自体はわりと終盤ですね。
アナルセックスは初体験では、こなしてましたがそれ以降はそれもなかったですし。
まぁ、終盤までの間には、姫子とのHシーンが入っているので、不満や物足りなさはさほど感じないとは思いますが、個々の気に入ったキャラクターのHが欲しい人には多少不満はあるかもしれませんね。

終盤には、まさかの触手を生やしての触手プレイまであったのは驚きました(汗)
個人的には、いらなかったなぁ…。


挿絵は同レーベルの「姉妹丼でいこう」を手がけた「田宮 秋人」さんです。
相変わらずこの人の絵柄は一目見て、分かりますねぇ。
描き込んだ繊細な描写は、独特ですからねぇ♪

でも、モノクロは表紙絵のカラー絵に比べると、ちょっと雰囲気が違うかな?
何だろ、少し古めかしい感じも(汗)
まぁ、いわゆる萌え的な感じではないですからねぇ。
逆にこういう描き込んだ絵柄のが、Hシーンでは生々しさがあって、情事の臭い立つ感じまでもが描写されていると思うので悪くはないと思いますね。
最近のシンプル目なCG絵みたいなのに、目が慣れているから、そう思うのかなぁ(汗)


全体的に物語がタイトル通りとは言え、本当に学園に終始してましたねぇ(汗)
まぁ、悪くはないんですが、戦いなどの舞台が学園の空間とは違う別な閉鎖空間でやるばかりならば、それほど学園でなくても良かったのではないかと思ったり(汗)
意外にしっかり戦闘などの描写がされてたのは、個人的に面白かったですね。
やりとりもライトノベルっぽさがあったりと読みやすさに繋がっているかなと思いますね。
個人的には、これだけ設定豊富でインパクトがあるはずなんだけど、何か物足りなさを感じてしまうのは、何でだろうなぁ…。


楽天はこちらからどうぞ
学園魔王武闘派巫女と悪魔姫

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
学園魔王 武闘派巫女と悪魔姫

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願


いつも暴力ばかりの幼なじみ・麗理と毒舌ロリッ娘・愛理。まさか隣の水戸姉妹がツンマゾだったなんて!ボテ腹になっても姉妹ゲンカは終わらない。

11月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

人気ツンマゾシリーズも今回で早4作目ですねぇ。
今作も安定したツンマゾ具合です(汗)

主人公はいきなり冒頭から監禁されてしまうところから始まります、自分の家なのに(汗)
事の始まりは、幼なじみの「麗理」(れいり)との距離がハプニングによって、グッと近づいた事にあります。
そして、何となく甘い雰囲気で初体験をする事になります。
これだけだと、普通のラブラブものなんですが、麗理はツンマゾの素質を開花させてしまい、主人公に対し、調教監禁を求めて主人公を閉じ込めるという行動を起こします(汗)
更に麗理の妹である「愛理」(あいり)も加わってしまい、ふたりからSなご主人様を求められてしまうという流れです(汗)

…相変わらず、このシリーズはぶっ飛んでますねぇ(汗)

ヒロインは、上記のふたりです。

麗理は、主人公の幼なじみです。
典型的な口よりも手が出るという普通ならツンデレ系とされるキャラクターですね。
まぁ、これはツン「マゾ」ですから…(汗)
そんな彼女は、いつも事あるごとに主人公に手をあげてしまっていた事を心の中では申し訳ないと思っていましたが、それが結果的に今までの分をやり返して欲しいみたいな思考に落ち着くのはどうなんだろ(汗)

愛理は、麗理の妹です。
こちらは麗理とは逆で口が先なタイプのキャラクターで、身体能力は皆無に近いです。
彼女は変貌した姉の様子を見てしまい、それをきっかけにツンマゾへの道を歩み始めることに…。
飴を舐めるのが好きで…、その後はアレを舐める事になる訳ですね(汗)

展開的には、各ヒロインとのツンマゾになっていくきっかけなどがあり、そこからふたり同時に相手をする事になっていくという流れですね。
やはり主人公は基本H以外ではそんなに鬼畜でも何でもない普通な訳ですが、そこをふたりがうまく煽ったりする事で主人公にお仕置きをされるという状況を持っていかせようとする姿はある意味すがすがしいですねぇ。

行なわれるプレイも、当然調教色の強いものとなっていきます。
個人的にはフェラのシーンが多かった愛理がお気に入りですね。
姉の麗理は、結構あっさりとマゾを受け入れていたのに対し、愛理は普段からの毒舌もあり、しばらくはそれを受け入れなかったのも大きいかなと思います。
その分、余計姉よりも調教色があったのではないかなと。
それに飴を舐めるのが好きだったり、フェラで口内射精されて悶々とし出したりと、昨日レビューした「妹ぺろぺろ」に近いものを感じました(汗)
あれも主人公が結果Sだったし、イラマチオやったり、口マ*コ呼ばわりなど、近いものが…。

終盤は、またも監禁されて行為の写真を更に加工したものを大量に作り、ネットで公表しようと画策したりと姉妹の暴走は止まりません(汗)
更にダメ押しで、主人公の大好物のプリンに精液を垂らし…、混ぜあわせるという暴挙をあえて起こし、主人公の怒りに火をつけ、過激なお仕置きをねだるという有様です。
実際、その後は願った通り怒れる主人公に縄で吊り上げられて、ローター&バイブを突っ込まれて放置されてしまうというご褒美をもらう訳ですが(汗)

プリンのシーンは、映像だったら正直エグイ事になっているでしょうねぇ(汗)
私はそんなAVでも食べ物に精液かけて食するシーンとかはさほど興味ないですのでアレですが…。

今までのシリーズのキャラクターなども、若干ですが名前や台詞など登場したりするのも、シリーズを見続けている人にはニヤリとしますね。
でも、今作って時間的には最新ではない…ですよね?
前作よりちょっと前の様な?

相変わらず濃い内容なのは確かなんですが、何となくこれでも大人しくなったというか…、手堅くなったかなという印象でしたね。
まぁ、このシリーズも4作目ですから、多少のインパクトはやはり薄れていくのも仕方ない所ではありますね。
ストーリーの盛り上がり的には、前作を4作目にして、今作は3作目の方が良かったんじゃないかなとも思いましたが…。

…冷静に考えるとこの作品で大人しいって感想はまずいんじゃないかと思いましたけど(大汗)

でも、個人的にはそろそろ他の展開になってもいいんじゃないかなぁとは思いますね。
他の別作品も見たいし。

挿絵はシリーズ引き続いての「あきら」さんですので、問題ないですね。
もうこのシリーズはこの人なしでは成り立たないでしょう(汗)
個人的にはカラーの表紙絵より、中のモノクロの挿絵の方が好みでした♪

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!!姉妹でドレイ志願

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 みにまむシスターズ  レビュー

二次元ドリーム文庫 みにまむシスターズ

みにまむシスターズ (二次元ドリーム文庫)
葉原 鉄
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 123133
おすすめ度の平均: 4.0
4 挿絵には目をつぶってください


物語は主人公が幼い頃に別れた憧れのお姉ちゃんを捜すため、転校をしてきたところから始まります。
そこで主人公は幼い姿のまま成長が止まってしまった特殊な三姉妹に迫られてしまうという流れです。
これだけだと意味不明な話ですが(汗)

この作品の主人公は、かなりの個性派です。
何と言っても「鬼熊獅郎」というごつい名前であり、その名前負けしないほどの強面です。
実際は、顔の傷は幼い頃ついたものだし、性格も大人しい方とギャップがあります(汗)
まぁ、よくある周りが勝手に勘違いしてそれが一人歩きしているキャラクターですね。

ヒロインは、タイトルの「みにまむ」に絡んで、身体の成長が止まってしまったという姉妹が登場します。
「トモリ」、「アキラ」、「ヒカリ」の3姉妹です。

トモリは、学園の教師であり、主人公のクラスの担任でもあります。
普段から真面目で怖がられており、「グングニルのトモリ」と恥ずかしい名で呼ばれています(汗)
まぁ、実際小柄なだけでは生徒に舐められるでしょうから、これくらいでもいいのかもしれないけど、なぜこんな痛い通り名が…。

アキラは、この学園の女番長をしており、そのせいか学ランを着用しています。
性格は良くも悪くもおバカなでしょうか(汗)

ヒカリは、姉妹の中でも最も小柄なキャラクターです。
主人公に懐いており、「おにーさん」と呼んで来ます。

主人公はお姉さんを捜す過程で、姉妹たちとHな展開になっていく流れなんですが、この作品はどう言えばいいのか(汗)
何と言うか、ゆるーい感じなんですよねぇ…。
ノリがバカっぽいというか、独特な雰囲気ですね。
私は正直、ちょっと合わないのがあったんですが、好きな人はたまらないのか…な…(汗)
正直、本当に憧れのお姉さん?ってのみ理由で進行するので、ストーリー性はあまりないですね。
動機としてはやや弱いかなと思います。

結果としてH重視な展開になりますね。
その分、結構珍しくマニアックな髪コキなどのプレイがあったり、満員電車内で足コキだったりと見所は多いとは思います。
気になるのはみにまむなので、どうしてもやや幼い体型のヒロインばかりな事でしょうか。
まぁ、みにまむなのは百も承知で手に取るとは思うので、そこはいいのかな。
でも結果、主人公の肉棒がえらいサイズに見える挿絵もあるのは(汗)
ヒロインとの対比もあるので、巨大に見えるんでしょうが、個人的にはちょっと萎えるかなぁ…。

挿絵は、今作では気になりますね。
表紙絵の段階でよく見ると「あれ?」ってのも…。
作中の挿絵自体も、やや違和感がある箇所も見受けられるけど、まぁ慣れ…でしょうか(汗)

終盤は皆まとめてハーレムプレイが展開されます。

個人的には、いまひとつなのが正直な感想でしょうか。
キャラクターは個性的で、ヒカリは見た目の幼さとは裏腹に結構淫靡な印象もあって、魅力なだけに勿体無いですね。
過去のエピソード以外にも、何かあればよかったかなぁ。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)
葉原 鉄
フランス書院
おすすめ度の平均: 5.0
5 国の運命をかけて

わたしを次期王女・ミナミと知っての誘拐ですか!初恋の人からレイプだなんて最高すぎ。最凶のツンマゾ姫を女王にするため、仕組まれた拉致監禁!ギロチンよりも素敵な調教で姫のドM魂を大更正!ハメ撮り脅迫。ぶっかけ戴冠式。首枷&孕ませで、姫は終身ラブ奴隷。


6月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

ご存知、人気シリーズ「ツンマゾ」の第3作品目となる最新刊です。
個人的には、このシリーズの集大成的な作品と言えますね。

主人公はあるお金持ちのお嬢様の家庭教師をしており、その時に愛の鞭として少女を叩いてしまった事が主人公と彼女の運命を変えることに…。
その数年後の主人公は、その件が原因で人生を転落していく事となり、原因となった少女「ミナミ」に対し、復讐心を持っており、協力者の強力を得て、彼女の誘拐に成功します。
しかし、ミナミは「ツンマゾ」な思考をしており、主人公の行為を嬉々として受け入れてしまうという展開です(汗)

今作もヒロインはひとりですが、濃厚なプレイ満載なので物足りないなんてバチが当たります(汗)
ミナミは、主人公はどこかのお嬢様程度と思ってましたが、実際は東欧の一国にある、フィニシア国の第一王位継承者という存在です。
そんなキャラクターがこんな性格してたら…(汗)
今までのシリーズのヒロイン同様、マゾ要素が満載なので、この誘拐、復讐などご褒美ステージに見えるのでしょう(汗)

更に手を出された過去が、彼女にこの喜びを結果として教えてくれた訳で主人公に好意を持っているのだからノリノリです。
むしろ主人公に罵詈雑言を浴びせて、挑発する有様(汗)

そのせいで、何とも言えないやり取りになるんですよねぇ。
ここがこの作品らしさが存分に出ていますね。
序盤の主人公の悲壮な決意などが消えうせちゃいます(汗)

その代わり、主人公にも復讐心とはまた違う心情が芽生えていく事になります。
このシリーズは主人公の存在も重要なだけに、他作品よりもキャラクターが立っていないと成り立ちませんからねぇ。

理由がシリアスな始まりだったんですが、作風は鬱さはないと思います。
むしろプレイなどが濃すぎるために、そっち方面で受け付けない人がいるのではないかなと(汗)
終盤の展開は個人的にはちょっと置いてきぼりな所も(汗)

そしてこの作品がシリーズ集大成的な作品だというのは、話のスケールもそうですが、何と言っても過去シリーズ作品のキャラクターらが登場していることでしょう。

しかもちょっと顔見せ程度ではなく、結構本筋に絡んでいるのは驚きました。
そして、そんなキャラクターの繋がりも明らかになったりとシリーズのファンには注目する点が多いです。
まぁ、今作から入った人にはピンと来ないでしょうから、そこまで関心はないでしょうけども(汗)

ここまで世界観も大きくなってしまうと、今後どうするんでしょうねぇ(汗)
まだ明らかになっていない事も色々あるので、続きそうではあるんですが、個人的には下手にマンネリ化する前にきっぱり締めてもいいのではないかと思うんですけどね。

挿絵はこれもシリーズお馴染みの「あきら」さんが担当で、問題はなく入り込めるでしょう。
この作品のヒロインの表情はこの人ではないともう活きないのではないかなぁ(汗)
この作品くらいではないでしょうか、ヒロインの表情が皆ハの字なのは(汗)

Hシーンに関しては書かなくていいでしょう、察してください(汗)
シリーズのファンには文句なくおすすめです♪

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!M姫様の戴冠

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 まじかるリトル☆ダブルママ  レビュー

二次元ドリーム文庫 まじかるリトル☆ダブルママ

まじかるリトル☆ダブルママ (二次元ドリーム文庫112)
葉原鉄
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 237573
おすすめ度の平均: 5.0
5 ちっちゃいママは嫌いですか?

育ての母と産みの母、二人のママは永遠の魔法少女!?ひょんなことから出自を知った青年・忍が巻き込まれる疾風怒涛の親権争い!フェラ、腿コキとちっちゃな身体を擦りつけての奉仕に忍の理性は悶絶頻り、前代未聞のホームコメディがここに登場。

タイトルから分かる通り、「まじかる」、「リトル」、「ダブル」、「ママ」という色々な要素が入っている今作。
そのためかなり詰め込みすぎな感がありますね(汗)
欲張りすぎかな…、色々と。
それでも、物語のテンポが速く展開していくのですが、その分ペースについていけない人もいるのではないでしょうか。
私もその一人です(汗)

正直個人的にはマジカル要素はいらなかったかな…、この作品の要素では。
かなりこの作品は不思議パワーが存在している世界観なので、これをいらないと言うのはかなりの暴言かもしれませんが(汗)
ちょっとそっち系の設定を受け付けなかったんですよねぇ…。
元々キライではないのですが、何かこの作品のはちょっとひっかったのはなぜだろう…?

そんな作品ですが、主人公の母親「朔」(さく)はリトルママらしくで可愛らしい外見です。
幼い見た目とは相反して、主人公に接する姿は年上の包容力を感じさせるものです。
頼れる言動と見た目、このギャップがいいですねぇ♪
そんな朔に主人公は許されざる想いを秘めており、理性を総動員し、日々悶々としています。
そんな想いを何とかしようと剣の修行したりで山にこもったりというのはどうなんだ(汗)
更に師匠までいたりするのは、すごい展開ですが、ほとんど話に関して機能していない師匠の存在などはいらなかった感はありますね。

そこまでしても、朔への想いは膨れるばかりな主人公の前にいきなり現れた魔法少女(汗)
その名も「シャイニー・セルマ」!(汗)
朔、同様幼い外見ですが、朔と違いかなり天然というか抜けているような話し方をします。
ちょっと苦手な話し方ですね、私的には(汗)
そんなセルマと主人公は何故かHな展開となってしまいます。
その後明かされる、主人公との関係が今後の主人公らの関係に変化が起こっていきます。

その関係は朔との関係も一変させる事になるのですが、まぁ、そこまでシリアス的な展開が起きるわけではないので、サクサク読めますが。
そもそも主人公だけが色々考えちゃってるだけですけどね。

そんな主人公を朔は優しく受け入れ、Hな展開になります。
やはりメインは彼女でしょうから、破壊力は中々のものですね♪
セルマよりも主人公が想い焦がれていた相手なだけにH描写も力が入っており、主人公ならずとも興奮度は高いと思います。
小柄な身体ながらも、主人公の通常よりも超興奮で二割増し?な肉棒を膣内で受け止める姿はたまりません。
挿絵もレベル高めで好印象です♪

お相手はママだけではなく、クラスメイトの「織枝」(おりえ)、お嬢様の「楓」(かえで)もいるんですが、キャラクター数が多いためか出番も少なめなのは残念です。
普通の作品ならメイン級なのでしょうが、今作では微妙かな(汗)
最後の扱いとか…。
結構いいキャラクターだと思うだけに勿体無い気もしますねぇ。

織枝らだけではなく、更に終盤は追加され…(汗)
ヒロイン増やしすぎっ

終盤はマジカルなファンタジックな展開なので、はまるかどうか好みが分かれそうですね。
バトル要素も若干あります。

全体的に展開が早くコミカルなストーリーですが、個人的には朔らのママに焦点を合わせたストレートな作品でよかったのにというのが感想ですね(汗)
変に魔法などの要素を取り入れてるので、設定過多になっている感があります。
冒頭らへんの話はなくして、その分を不遇なヒロインの方に回してほしかったかなぁ。
ママらは魅力的なだけに惜しい印象です。

楽天はこちらからどうぞ
まじかるリトル・ダブルママ

DMM 電子書籍ですぐ読むなら、こちらからどうぞ
まじかるリトル☆ダブルママ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます