FC2ブログ

英田舞のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:英田舞

英田舞のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2012-04-29リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約 (リアルドリーム文庫 85)posted with amazlet at 12.04.29芳川葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 2722Amazon.co.jp で詳細を見る4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、現在高校一年です。そんな彼は、義理の母親である「玲奈」(れいな)とふたり暮らし。玲奈と再婚した父親も7年前に亡...

記事を読む

2011-11-30リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 性姦マッサージ 寝取られた貞淑妻性姦マッサージ ――寝取られた貞淑妻―― (リアルドリーム文庫 74)posted with amazlet at 11.11.30御前零士 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1680Amazon.co.jp で詳細を見る11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、自分には不相応とも言える様な美人な妻「美央」(みお)がいます。しかし、こんな傍目からは...

記事を読む

2011-08-28リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘いリアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘い (リアルドリーム文庫 69)posted with amazlet at 11.08.28草飼晃,羽沢向一,小鳥遊葵 高村マルス キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 4231Amazon.co.jp で詳細を見る8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作は、リアルドリーム文庫のアンソロジー作品となっています。以前にも...

記事を読む

2011-07-30リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘 (リアルドリーム文庫 66)posted with amazlet at 11.07.30天草白 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 966Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は幼い頃から水泳をしており、現在高校1年ながら水泳部の有力選手となっています。そんな彼は、水泳部が休みの日にも...

記事を読む

2011-03-31リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 桃色看護日誌 女医とナースと僕の日々桃色看護日誌 ~女医とナースと僕の日々~ (リアルドリーム文庫 58)posted with amazlet at 11.03.31斐芝嘉和 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 4358Amazon.co.jp で詳細を見る妖艶な女医・美沙緒の車にはねられた少年・努。お詑びも兼ねて彼女の病院に入院することになるが、女医をはじめ巨乳、童顔、潔癖症の各ナースに迫られる!「患者の性欲処理も看護...

記事を読む

2011-01-02リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイスAVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス (リアルドリーム文庫 52)posted with amazlet at 11.01.02早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 11848Amazon.co.jp で詳細を見る従姉の亜衣の家を訪れた圭佑は、彼女の会社の先輩理名に心惹かれてしまう。アルバイトとしてその会社に入るが─何とそこはAVメーカー!?「うふふ、今日...

記事を読む

2010-07-01リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 女子高生メイドと穴奴隷女教師女子高生メイドと穴奴隷女教師 (リアルドリーム文庫 40)posted with amazlet at 10.07.01松平龍樹 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1143Amazon.co.jp で詳細を見る教え子の穴奴隷に堕とされる二十五歳のグラマー女教師!「やめ…なさい…あなたは、生徒なのよ!」男子生徒による執拗なSM調教、女子高生メイドによる嫉妬交じりの責め。屈服、奉仕、被虐。尊厳を...

記事を読む

2010-04-30リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母 (リアルドリーム文庫 36)posted with amazlet at 10.04.30芳川葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1200Amazon.co.jp で詳細を見る精通は美しい義母の柔乳に顔を埋める夢だった。性に敏感な十五歳の少年を惑わす美しい“ふたりのママ”。おっとり義母の豊乳と勝ち気な叔母の若尻がタブーへ誘う。「ママのオッパイは祐ちゃん...

記事を読む

2010-02-09リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 女教師の童貞指導女教師の童貞指導 (リアルドリーム文庫 29)posted with amazlet at 10.02.09岡下誠 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 8771Amazon.co.jp で詳細を見る「ご褒美に特別授業をしてあげるわ…」怜悧な知的美貌と淫らな肢体を併せ持つ女教師。彼女の誘惑と挑発に少年の性欲は激しく燃え上がる。教え子と教師という関係の背徳感に加速する肉悦。少年の童貞勃起は巧みな指遣いと牝肉...

記事を読む

リアルドリーム文庫 若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約 レビュー

リアルドリーム文庫 若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約

若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約 (リアルドリーム文庫 85)
芳川葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 2722

4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、現在高校一年です。
そんな彼は、義理の母親である「玲奈」(れいな)とふたり暮らし。
玲奈と再婚した父親も7年前に亡くなっていますが、ふたりは親子として今まで暮らしています。

しかし、思春期を経た主人公は義母である玲奈に対して、異性としても意識をしてしまっています。
そんな中、主人公は伯母である「志乃」(しの)から電話でふたりっきりで旅行に誘われる事に…。
この叔母の誘いをきっかけにして、主人公の取り巻く環境が少しづつ変化して行く事になる展開です。

登場するヒロインは、玲奈と志乃のふたりです。

玲奈は、主人公の義母です。
おっとりとした性格で母性的でもあります。
血の繋がりはありませんが、主人公の事を大事に思っています。

志乃は、主人公の伯母です。
主人公の父親の兄の妻なので、血の繋がりはありません。
幼い頃から実の子供の様に可愛がってくれています。
グラマラスな体型をしています。


展開的には、主人公は玲奈に想いを抱いていますが、それが伯母である志乃からの電話をきっかけに思わぬ形で彼女たちとの関係が動き出す事になる流れですね。

どういう事かと言うと、主人公の元に伯母の志乃から、ふたりっきりで箱根に行こうと誘われる事になるからです。
主人公は、玲奈は当然ですが、志乃にも母親を亡くした時からもずっと実の子の様に可愛がってもらっており、志乃にも気持ちが相応に持っているんですね。
そんな彼女からのお誘いに主人公の気持ちは多少なりとも揺れる事に…。

その時、感情が揺れているのは、主人公だけではなく、玲奈も同様でした。
実は、志乃にはふたりの息子がいるのですが、3年前に突然の病で長男を亡くしてしまっているんですね。
その際、志乃は主人公を養子として引き取りたいという話があった訳です。

実際、それ以前に主人公の父親が亡くなった際も、当時まだふたりの息子がいても、志乃は主人公を養子として引き取りたいと申し出ていた事があり、玲奈がこれを拒否し、主人公もまた玲奈との生活を選んだので、当時の話は流れています。
しかし、今回のふたりっきりでの誘いは、玲奈にとって大事な息子である主人公を取られるのではないかという不安、心配な感情を抱く事に…。

その結果、玲奈は主人公に対して母親としては、かなり大胆に愛情を示してくる事に繋がっていきます。

まぁ、この志乃からの電話のタイミングがタイミングでしたからねぇ(汗)
この時、主人公は無防備に着替えている玲奈に若い性を思わずぶつけようとしてしまっている最中でしたからねぇ。
そうなれば、この状態で収まりの付かない主人公が伯母の志乃にコロッと転ぶのは想像できそうですしね(汗)

そのせいか、電話後にはあれ程、親子である事を強調して行為を許さなかったのに、電話後はフェラまでしてくれる事に(汗)
まぁ、彼女にとっては、胸を触らせる行為自体は母親としては問題ないみたいですけども(汗)
でも、乳首を弄るのはダメらしいですので、あくまでも甘えるのはOKなのか(汗)

しかし、結果として主人公は志乃との旅行で初体験を経験する事になるので玲奈の心配は的中した事になる訳ですが(汗)
初体験を経験した事で、主人公は増々玲奈に対する気持ちが増す事になるのは当然ですな。

そして、主人公は玲奈と一緒に、元々約束していた志乃親子との旅行に行く事になり…。


Hシーンは、当然ふたりとの行為です。

行為的には、フェラ、パイズリくらいなものでしょうか。
それだけ聞くと、かなり大人しい気もしますが、相手が義母に伯母である事を考えれば、十分過ぎるかなと思いますね。
私も特に物足りなさは感じませんでしたし。

同年代の幼なじみとかでは、味わえない雰囲気やいやらしさがありますしね。

中盤辺りまでは、比較的本番のシーン描写はあまりありません。
そこまでは、フェラなどで射精に導かれる展開がメインとなっています。
これは、序盤では玲奈が主人公との本番行為を拒んでいる状態が続くからです。
そのため、唯一の本番行為は伯母の志乃とだけですね。

まぁ、リアルドリーム文庫で実母か義母かは別としても、大体の作品では主人公と関係を持つ事になるのは、だいぶ後になる傾向がありますからね。
それ自体はいいのですが、作品によってはそれを引っ張り過ぎてラスト近くでようやく…といった展開の場合もあり、物語的にはいいのかもしれませんが、H目的としたら、そのシーンだけとかで物足りなさがあるので…。
今作はどうかと心配でしたが、やや終盤辺りからの展開で複数回用意されていて良かったです。

終盤では、ふたりを含めての行為も用意されています。
体型に個人差はありますが、どちらも魅力的な存在であるのは、間違いないだけに一緒の行為は中々見応えがありますねぇ♪
個人的には、せっかく一緒なのだからWフェラやWパイズリなどのシーンもあれば、尚良かったですね。


挿絵は「英田舞」さんが手がけています。
お馴染みな人なので、安心な出来栄えですね。
この人の描く、顔を赤らめている表情が何とも色っぽいですねぇ♪

個人的には、皆で旅行している中で海でビキニ姿を披露しているので、水着姿を見たかったなぁ。
挿絵が少ないので、そんな余裕はないのかもしれませんけども(汗)


全体的には、イチャイチャと年上女性に甘える感じの展開でしたねぇ。
まぁ、甘えるのは問題ないんですが、主人公が玲奈を「ママ」と呼ぶのは、人によって違和感を感じるかもしれませんけどね(汗)
それが大丈夫ならば、問題なく楽しめるかと思います。

個人的には、ハーレムっぽい感じかなと当初思いましたが、実際にはやや違う感じでしたね。
それは、あくまでもメインヒロインは玲奈であり、あくまでも志乃はサブヒロインって事ですね。
志乃は、主人公に好意はしっかりあるのは確かなんですが、ちょっと事情があり、その事で純粋な愛情かと言うと若干違うニュアンスを含んでいる感じがあるんですね。

なので、純粋にハーレムって感じよりは、義母寄りの話って感じですね。
ハーレム物を考えているとやや違和感を感じるのではないかな?
主人公を取り合う女のバトルな展開を少し期待していたのだけどなぁ(汗)
まぁ、嫉妬する描写などはありましたけどね、確かに。

私が思ってた様な展開ではなかったので、個人的にはやや微妙かな(汗)
甘さは中々良かったんですけどねぇ。

若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約 若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
若義母と熟伯母 蠱惑な蜜約

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 性姦マッサージ 寝取られた貞淑妻 レビュー

リアルドリーム文庫 性姦マッサージ 寝取られた貞淑妻

性姦マッサージ ――寝取られた貞淑妻―― (リアルドリーム文庫 74)
御前零士
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1680

11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、自分には不相応とも言える様な美人な妻「美央」(みお)がいます。
しかし、こんな傍目からは幸せだと思われる彼にはある悩みが…。
それは妻、美央との性生活の事。
美央は、今までの主人公との性行為で絶頂にまで達した事がないのです。
何とか彼女を感じさせようと、頑張るもののいつも徒労に終わり、自分だけが達してしまう状況に主人公は悩み、ついには肉棒が勃起しにくくなる事態にまで悪化する事に。

ついに思い悩む主人公は「他の男相手でも妻は感じないのか」と考える様に…。
この考えに取りつかれた主人公は、マッサージ師「斉田」に話を持ちかけ、美央に性感マッサージを受けさせる事に…という展開です。

登場するヒロインは、妻の美央に整骨院の受付などを担当する中年女性の「新倉 志保」(にいくら しほ)がいますが、関係はあまりないです。

美央は、主人公の妻です。
温厚で生真面目な性格であり、性的な事には苦手な面があります。
潔癖な所があり、感じる事を恥ずかしいと思う節があります。


展開的には、主人公が妻、美央との性行為にマンネリ感を覚えており、様々な行為を試すも彼女を絶頂に導かせる事ができない事で自信をなくした事で、妻を他の男が相手でも絶頂しないのかと考えて、行動を起こす流れです。
タイトルでは、「寝取られ」ってありますが、どちらかと言うと「寝取らせ」って感じですね。

斉田との打ち合わせを重ね、主人公は美央を何とか整骨院に誘導する事に成功します。
前もって、美央の興味を引くために、タダ券をこのためだけに作ったりと細かいですねぇ。
他にも、挿入などは禁止する事やマッサージ行為の様子は隠しカメラで録画し、主人公が確認出来るようにするなどの取り決めがなされる事になります。

最初は自分も同行しつつ、マッサージ行為に慣れさせていき、ある程度の期間が経過するまでは普通のマッサージ行為が続きますが、慣れた頃に美央だけを整骨院に向かわせ、いよいよ主人公の淫靡な実験が始まる事になります。
最初は美央が悩んでいた巨乳による肩の凝りの治療行為で回数を重ねてきましたが、いよいよ他の部位にも及ぶ事になります。
勿論、美央が怪しまない様にもっともらしい事を説明し、彼女にこれが純粋な治療行為だという事を認識されてからの行為なのは、斉田が今までにもこの手の行為を繰り返していたとされるのが納得の手口ですね。

まぁ、純粋な美央では一癖も二癖もある斉田とは、役者が違いますね(汗)

それでも最初は、太ももなどをオイルマッサージという比較的ソフトな行為で徐々に慣れさせていき、次第に治療行為は全身になる事になります。
ここまでくると、美央の姿も最初の私服姿で施術を受けていた頃とは違い、必要な事と言い含められてビキニ姿にまでなってしまいます(汗)

最初はうつ伏せで背中だけだった行為も仰向けでの行為になり、水着越しとはいえ、胸の膨らみを触る様に…。
勿論、困惑する美央を志保と斉田のふたりのやり取りで有耶無耶にしてしまう手口は健在であり、同じ女性である志保からの説得が効果的に働く事になります。

カメラからの映像に映る胸を斉田に触られて、小さいながらも声を出す妻の姿を見て、主人公は何とも言えない心境になりつつも、股間の肉棒は普段では考えられない程に硬く張り詰めているのが、何とも言えない切なさがありますねぇ。
とは言え、この状態は美央との行為までは持続しないので、主人公は嫉妬しながらもこの実験行為を続けなければならない事になります。

回を増す事に、行われる治療は確実に美央の身体から性感を引出し、遂に絶頂の声を上げさせる事になった様子を目の当たりにして、自身の愛撫の稚拙さを知らされる事になります。
しかし、結果としてここまで思い詰めて計画した、美央への疑問はこれで解決した訳ですね。
となれば、もうこの狂おしい実験は終了となる訳ですが…、勿論こんな行為を持ちかけられた斉田は、「はい、分かりました」と言う訳もなく治療は続く事になるのはお約束ですね。

ここから事態は主人公の手を離れだす事となり、斉田の主導で行われる様になっていく展開ですね。


面白いのは、ここからは主人公が夫ではなく、妻である美央からの視点による描写で描かれる事ですね。
夫側からでは、窺い知れない美央側の心情描写がしっかりと描かれています。
まぁ、夫がマッサージに誘ってくる辺りから、同じように展開が美央視点で描かれているので、同じ様な場面が2回分続くという事になります。
その分、重複する場面が多いのでそこら辺が単調に感じる人もいるかもしれませんが、個人的には色々美央がこういう風に思ってたんだなぁと感じる事ができたので、別に問題はなかったですね。

ページも重複を意識してか、普段の作品よりもややページ数が増えていますし、後の展開分で不足を感じる事はないでしょう。

Hシーンでは、マッサージという事でそういったシチュエーションでの行為が多いですね。
特にオイルマッサージなどは、テラテラとオイルでぬめる肌だったりという特有のいやらしさがありますよねぇ♪
個人的には、ビキニ姿でのそういった行為も入っていて良かったです。
挿絵があれば尚良かったのですが仕方ないですね、リアルドリーム文庫だし(汗)

やはり何と言っても、夫の視点ではカメラで録画した映像での描写だっただけに、実際彼女の視点での描写ではだいぶ印象が生々しくなっていますね。
夫とは違う男にされる事で、感覚が全く異なる事を理解する美央の描写にグッときたりしましたね。
彼女にとっては、夫が初めての男性であるだけに他の男と比較した事がないんですよね。
こういう作品では、夫よりも…ってのはお約束ですが、やはりここは押さえておくべき所だと思うのでいいと思いますね。

行為的には、結構マッサージ系が多いために美央が受け身な状況が続くんですね。
なので、美央側からって行為は思ったよりもないです。
一応、終盤にフェラがありますが、その程度でしたね。
まぁ、あくまでも行為は治療であるという認識なので、仕方ないですね。
その分、かなりそっち方面の行為はボリューム感があるので、マッサージ系が好みな人にはたまらないと思います。

終盤では、結構直接的な行為も出てきますが、遅いので本番行為を早く見たい人にはじれったいかもしれません。
しかし、本番よりもキスをされたシーンの方がより寝取られた感があったと私は感じましたね(汗)

挿絵は「英田舞」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。
どこか憂いを帯びた美央の描写は、魅力的だと思います♪
作風と相性のいい絵柄だと思いますが、やはりリアルドリーム文庫特有の挿絵数の少なさが勿体ないなぁ(汗)
個人的には、フェラシーンが好みでしたね。
斉田の股間に顔を埋めて、肉棒を咥えている美央の表情が何とも言えない顔をしており、いやらしさを感じました♪

最初の方で、「寝取られ」ではなく、「寝取らせ」だと書きましたが、夫の方はそうでも美央に話が移ってからの展開は正しくタイトル通りの「寝取られ」になっていきますね。
ある意味、今作は実験的な作りになっているのではないかと思いました。
夫側の視点と、美央側の視点をそれぞれ見せる作りは珍しくないですが、一から同じ場面を別視点で見せるってのはあまり見ないかなと思ったので。

そういった要素や寝取られ、寝取らせなどもあり、いつもの凌辱系作品とはまた雰囲気が異なった作品で中々新鮮な気持ちで読めました。
寝取られ系の作品が好みな人には楽しめると思います。

性姦マッサージ ――寝取られた貞淑妻―― 性姦マッサージ ――寝取られた貞淑妻――

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】性姦マッサージ

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
性姦マッサージ ――寝取られた貞淑妻――

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘い レビュー

リアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘い

リアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘い (リアルドリーム文庫 69)
草飼晃,羽沢向一,小鳥遊葵 高村マルス
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 4231

8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作は、リアルドリーム文庫のアンソロジー作品となっています。
以前にも、このブログでは「堕ちた人妻 抗えぬ未亡人」をレビューしていますが、あれはタイトル通り「人妻」をテーマにした作品集でしたが、今作では「母」をテーマにした作品が収録されています。
なので、母とのストーリーが苦手な人にはおすすめできないですが(汗)

収録作品は、計4作品です。
・「誘惑ママの太腿」著、高村マルス
・「都会の義母と僕」著、草飼晃
・「家では賢母、外では淫母」著、羽沢向一
・「僕の恋人は実の母」著、小鳥遊葵

それぞれの作品は著者が違うので、それぞれ違った母とのストーリーが楽しめます。
各タイトルを見ても分かる様に、母と言っても義母あり、実母ありとそれぞれ設定の違う母との物語が見れるのはいいですねぇ。

短編ですので、いつもの様に紹介すると書きすぎる事になるので、今回はあっさりめに紹介します(汗)

誘惑ママの太腿
主人公が継母の淑恵(よしえ)に父親のいない時に誘惑されるお話です。
度々思わせぶりに誘惑をしてくる淑恵に翻弄されながらも、時折反撃を試みる主人公の姿が印象的です。
淑恵もどちらかと言えばSっ気があるのですが、たまに見せるMっ気があったりと落差があるキャラクターがまたいやらしさがありますね。
主人公はどちらかと言えば、ややMなところがあるので、主導権を握るのは大体淑恵ですね。

行為も主人公の初Hで、中出しを嫌がる淑恵に手コキで射精させられるなど既にMっ気ある流れですね(汗)
他にも脚コキやフェラもあるのですが、射精まではしてくれないのは、個人的には残念。
まぁ、ページ的に仕方ないのかもしれませんが、本番以外だと手コキだけしか発射しないのは勿体無いかな(汗)
あまりタイトルにある「太腿」もそれ程強調していない気も…。
とは言え、太腿を使うような行為ってあまり浮かばないなぁ(汗)

挿絵は、表紙絵同様「辰波要徳」さんが手がけています。
PCゲームの原画とかも手がけているので、見たことある人も多いのではないでしょうか。
むっちりとした身体付きがいいですよねぇ♪
でも残念ながら表紙絵があったせいか、挿絵が1枚だったのがなぁ(汗)


都会の義母と僕
主人公は、都会の学校を受験に考えている状況です。
そこで彼はかつての父親の再婚相手である「楓」(かえで)の家に受験校の下見と夏期講習などのために2週間の滞在をする事になります。
かつての再婚相手と言うのも、主人公の父親は3度も結婚離婚を繰り返しており、主人公は最初の相手との子供であり、楓は2番目の再婚相手で元義母の関係に当たります。
なので、戸籍上はもう関係の無いふたりですが、幼い頃の主人公も楓には懐いており、楓もまた主人公を実の子供の様に可愛がっていたこともあり、今回彼女を頼って上京してきた訳ですね。

ある意味、母親でもある彼女に欲情する事に主人公はいけない事だとは思いつつもドキドキする姿がうまく描かれていると思います。
また彼女も久しぶりに当時よりも成長した主人公に目を細め、股間の成長も確かめさせて欲しいと手を伸ばす展開は王道ながらやはり興奮ものではないでしょうか?
個人的には、肉棒をギュッと握って扱く様な性急な行動ではなく、先端を弄ったり、先走り液を指先で伸ばしてきたりといやらしいけど、ゆったりとした行為は大人の女性にされている感がありますねぇ。

勿論、その後は性教育と称したHになるのですが、ここでも母性の強い楓らしい優しく手ほどきをする姿が印象的ですね。

挿絵は「ズンダレぽん」さんが手がけています。
同レーベルでもお馴染みなだけに、安定感は確かですね。
童顔というか若々しい義母である、楓を魅力的に描いています。
義母ってよりも義姉とかがしっくりくるくらいな気もしますけど、こういうママも良いでしょう♪


家では賢母、外では淫母
父親が連れてきた再婚相手である「睦美」(むつみ)の事を、母親を知らなかった主人公は本当に母親の様に思っています。
しかし、いつの頃か主人公の中で睦美を女性として見てしまう様に…。
そんな中、主人公は母として理想的な彼女がレザーのボンテージ姿で夫である主人公の父親と一緒に写っている写真を発見する事になります。
今までの彼女からは、想像もできない痴態の数々に主人公は裏切られたとショックを受けてしまいます。
そんな彼は、睦美に対して陵辱をする流れです。

甘めな展開だった、今までの作品に比べると調教というか陵辱というか、そっち系の作品ですね。
まぁ、主人公は童貞ですから陵辱ってのは、ちょっとニュアンスが違うかな(汗)
童貞な主人公ですが、Sであろうと頑張っていますがまだ経験の無さがないゆえか、少年っぽさが出ているのが何とも危うさを感じさせますね。
そんな主人公に支配される事に、悦びを感じる睦美も中々ですね(汗)

しかし、ラストの展開は意外でしたね(汗)
う~ん、ああいう繋がりもあるんでしょうねぇ、世の中には。

挿絵は「旅人和弘」さんが手がけています。
こちらも同レーベルで御馴染みですね。
はしたなくもいやらしい睦美の姿を描いています。
個人的には、ボンテージファッションはあまり興奮しないのですが(汗)
特に胸の部分が穴開いてて、乳房が露出してるタイプの奴は、私は引くというか何というかダメですね(汗)

僕の恋人は実の母
主人公には、姉の様な存在である「野々村 有紗」(ののむら ありさ)に対して好意を持っている反面、実母である「由布子」(ゆうこ)に対し、強い執着心を持ちます。
主人公の中で自分が母を守るという思いが、時を経て少しづつ変化してきた所があります。
そんな中、主人公は誘いをかけてきた有紗に応えて、彼女とデートの約束を取り付けます。
しかし、主人公を溺愛している由布子もまた主人公にHな行為を…。

この作品だけちょっと異なる展開ですね。
今までは母のキャラクターだけがいるんですが、有紗の存在が特徴ですね。
この存在が結果として、由布子の主人公に対する気持ちを刺激しているので必要なのかなとは思いますね。
勿論、有紗ともHシーンがあるので、また違った魅力を感じる事ができます。

有紗の姉的なキャラもいいですが、やはり由布子の母性とは比較にならないですねぇ(汗)
甘々な言動はかなりの破壊力がありますね。
Hシーンもいいんですが、序盤の胸を主人公に触らせながらの手コキ行為などが個人的にはツボでしたね♪
やり取りも甘さがあって、独特の淫靡さがあると思います。
まぁ、この作品だけではないですが、ママと呼ぶ行為が受け入れられないと厳しいかもしれませんが(汗)

挿絵は「英田舞」さんが手がけています。
こちらも同レーベルでは御馴染みですね。
由布子も有紗も挿絵があるのは、嬉しい所ですね。
由布子と有紗の身体付きもチェックできるかと思いきや、有紗がフェラシーンの挿絵なのでアップなので、身体付きがよく分からなかったのは誤算(汗)


テーマ的に、母物に興味がない人は読まないとは思いますが、短編でテンポ良く読めるのでこういうのから入るのもありかな?
短編ゆえにどうしても物足りなさがあるのも確かですが、異なる色の作品がまとめて読めるのも中々見所だとは思います。
イチャイチャ一辺倒な展開ばかりでないのも、メリハリがあっていいのではないかな。
挿絵の少なさは相変わらずでしたけどね…、更に短編集になって多くて各2枚に(汗)

リアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘い リアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘い

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】艶母たちの誘い

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
リアルドリーム文庫アンソロジー 艶母たちの誘い

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘 レビュー

リアルドリーム文庫 魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘

魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘 (リアルドリーム文庫 66)
天草白
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 966

7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は幼い頃から水泳をしており、現在高校1年ながら水泳部の有力選手となっています。
そんな彼は、水泳部が休みの日にも泳ぐために駅前にあるフィットネスクラブへ足を運んでみる事に。
そこで出会ったのは、ここのフィットネスクラブでインストラクターをしている「高木 美帆子」(たかぎ みほこ)という女性。
彼女からの指摘に腹を立てるも彼女との勝負に負けた事で、主人公は尊敬の念を抱く様になります。
そんな彼女に誘惑され関係を持つ一方で、転校してきた勝気なクラスメートにもライバル視されてしまい…という展開です。

登場するヒロインは、美帆子に転校してきたクラスメートの「高木 渚」(なぎさ)がいます。

美帆子は、フィットネスクラブで水泳などのインストラクターをしています。
クールな美貌の持ち主であり、言動も冷静です。
30代半ばの成熟した色気、艶気を放っている妖艶な女性でもあります。

渚は、最近主人公の学校に転校してきたクラスメートです。
勝気な性格をしており、男に対しても負けん気が強い所があります。
下手な男子を凌ぐ程の身体能力を有しており、自信を持っています。
苗字で分かる様に美帆子の娘でもあります。

展開的には、主人公は美帆子の指導を受ける様になり、美帆子に憧れを抱く様になります。
その気持ちも相まって、彼女を欲望の対象としても意識してしまいます。
実際、女盛りの年齢の艶気に競泳水着を着けた彼女の姿は思春期の男子にはたまらないでしょうからねぇ(汗)
そんな気持ちを彼女に見破られてしまった事で美帆子から誘惑を受け、Hしてしまう事になります。

しかし、話はそれだけに終わらず、学校では主人公に水泳勝負で負けた渚が主人公につっかかってくる事になります。
彼女に関してはかなり分かりやすい態度を取るので、読んでてニヤニヤが止まりませんね♪
初めて負かされた存在の男子である主人公をあからさまに意識しているのがみえみえですねぇ。
まぁ、お約束で主人公は鈍感なので気づきませんが(汗)

こうなると、親娘による修羅場になるかと思いきや、意外にもあっさり受け入れますね。
まぁ、そこに至る前には内心娘ともHしていると知った美帆子の嫉妬心も起きるんですが、それが結果として彼女に大胆な行為をさせる要因ともなっています。
どちらかと言うと、今作のメインヒロインは美帆子寄りですから、彼女の描写が多めですね。

主人公に初めての相手の行為として、アナルセックスをしてほしいと頬を染めて懇願する彼女の可愛らしさは魅力的です♪
初めてのアナルセックスで、主人公よりもむしろ性交の経験豊富な美帆子の方が快感にのまれてしまう描写はいやらしく、また年下の少年にここまで感じさせられて、どんどん本気になってしまいます。
確実に彼女の中で主人公の存在が大きくなっていき、自分と主人公との年齢差などを考えたりして、落ち込んだり不安になったりする姿はいままでクールで凛々しい彼女の姿とはまた違った儚さを感じさせますね。

そんな中で渚が主人公と母である美帆子との関係に気づくのですが、修羅場になるってよりもどっちも負けじと主人公に積極的にアピールしてくる展開になります。
ムチムチな身体付きの美帆子のヒップと爆乳な渚のアピールは見所ですね♪

ちなみに胸は美帆子がFで渚がHだそうです、どっちもでか過ぎる(汗)
そんな巨乳揃いの親娘同時のWパイズリシーンは挿絵の効果もあり、破壊力が相当なものですね。
個人的には、水着着用のままでの行為なのがまたいやらしく見えてお気に入りです♪

Hシーンは、やはり全体的に競泳水着を着た状態での行為が主です。
個人的にはさっさと全裸になっての行為よりもそっちの方が興奮度が高いので、全く問題はありませんけども(汗)
一応、終盤では全裸での行為も含まれていますので、全裸が好きな人もご安心を。
でも、この作品興味ある人は多かれ少なかれ、水着姿なのが好きなはずですけどね(汗)

内容も手コキ、フェラ、パイズリなど一通りありますけど、珍しくフェラが少なくパイズリが多いですね、割合としては。
まぁ、これにはふたりが胸が大きいというのが影響しているんでしょうね。
前述したアナルセックスもありますけど、水着以外にも美帆子のレオタードでのプレイもあります♪
彼女は、水泳のインストラクター以外にもエアロビクスも担当している事もあり、レオタードを着る事がある訳です。
競泳水着とはまた違った魅力といやらしさがあって、これも魅力的ですね。

挿絵は「英田舞」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では御馴染みですね。

相変わらずの色気ムンムンな絵柄は、健康的かつ艶気のある美帆子、渚のキャラクターに相性ピッタリですね♪
特にレオタード姿の美穂子の挿絵はかなりのいやらしさですね。
また水着姿とは違う、エロさがありますねぇ。
枚数は相変わらず少なめなんですが、一枚一枚が濃いめなせいか結構物足りなさを感じる事はなかったですね。

しかし、先月のリアルドリーム文庫も水着な作品でしたが、今作もでしたね。
夏だからなんでしょうかね?
さすがに、同時発売の作品は水着ではなく、痴漢系でしたけどね(汗)

水着好きには中々興奮するシチュエーションがあると思うので、今作は個人的にお気に入りです♪
渚のツンデレキャラもいいけど、やはり色気ムンムンな美帆子が魅力的過ぎでした。
こういうヒロインがいるのが、リアルドリーム文庫ならではですしね。

魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘 魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】魅惑のW水着

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘

ブログランキング参加中です。
よろしれば応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 桃色看護日誌 レビュー

リアルドリーム文庫 桃色看護日誌 女医とナースと僕の日々

桃色看護日誌 ~女医とナースと僕の日々~ (リアルドリーム文庫 58)
斐芝嘉和
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 4358

妖艶な女医・美沙緒の車にはねられた少年・努。お詑びも兼ねて彼女の病院に入院することになるが、女医をはじめ巨乳、童顔、潔癖症の各ナースに迫られる!「患者の性欲処理も看護婦の大切なオ・シ・ゴ・トよ」身体の上をナースのか細い手と淫靡な唇に這い回られ、豊乳や巨尻で誘惑されて、少年の理性は爆発寸前。

3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

いきなり女医の運転する車にはねられてしまった主人公は、彼女の勤める鈴森医院に入院するはめになる所から物語は始まります。
既に主人公の両親たちとは話がついており、主人公はVIP専用の特別な個室など治療費は全額負担という待遇を受ける事に。
更に主人公の看護係として、3人の看護師をつけられる事になります。
そして、看護は時としてHな看護まで行なわれる事となり…という展開です。

登場するヒロインは、主人公をはねた女医の「鈴森 美沙緒」(すずもり みさお)、看護師の「桃井 優子」(ももい ゆうこ)、「栗野 ほづみ」(くりの)、「鈴森 美夜子」(すずもり みやこ)の4人です。

美沙緒は、主人公をはねた張本人でこの鈴森医院の院長でもあります。
クールさとさばさばした性格を併せ持っており、自分のペースを持っているキャラでもあります。
まぁ、主人公をはねておいてシレッとした態度でいるのもどうかと思いますがね(汗)

優子は、看護師として主人公の世話をしています。
明るく解放的な性格で、いたずらが好きなキャラでもあります。
主人公の様な女性に慣れていない童貞が好みで、Hな事をしてくる事になります。

ほづみも、看護師として主人公の世話をしています。
年齢は主人公よりも上であるはずなのですが、それを感じさせない程の童顔と小柄な体型をしています。
性格もそんな外見に見合ったかのような、小動物系とでも表現できる様な素直で恥ずかしがり屋です。
そんな性格のためか、性に対する知識もうとく、優子の度の過ぎた性のアドバイスを鵜呑みにするなど信じ込みやすい面も。

美夜子も、看護師として主人公の世話をしています。
ですが、他のふたりとは違い、しょちゅう看護師らを見る度に股間が反応する主人公を嫌悪しており、まともに接してきません。
それで分かる様に、性に対して潔癖な面があります。
ちなみに院長である美沙緒の姪です。


展開的には、入院して手足の自由が利かなくなった主人公の世話をする看護師たちによって、Hな展開になってしまうという王道な流れとなっています。
こういうのはお約束ですよねぇ♪
でも、始まって早々からそういう展開が始まるというテンポの早さには驚きましたが(汗)

序盤は、男の性にうといほづみを相手に優子のHな男性器への愛撫指導みたいな展開になります。
やはりこういう展開は、病院ものらしくていいですよねぇ♪

その後も、自主的にほづみが献身的にフェラなどをしてくれる様になるんですが、そこには優子の入れ知恵が…。
当然優子にもフェラされたりなどする訳ですが、優子はHの時しか見ない気がするんですけどね(汗)
ナースコスした風俗の人かと思わせる巧みな性技の持ち主です(汗)
珠袋(作中ではそう記載)を口に長時間頬張るのは、精巣が熱に弱いからいけないとかそういう所は看護師らしさを垣間見せるんですけどね。
そんな教えを熱心にメモに取るほづみもちょっとずれてますが、一生懸命ではあるんですよね(汗)

初めて見た表現としては「口相撲」というキーワードが…。
優子によると、亀頭の両側から唇を寄せてふたりで舐めたりキスをし、発射した精液を飲んだ方が勝ちと言う凄いルール(汗)

ハーレム状態ではあるんですが、ギプスなどで身動きの取れない中でそうされたら、それはそれで恥ずかしさやされる一方で苦痛ではありそうですけどね(汗)

それでも他の女性陣からのHな展開はまだまだ続き…、更に院長である美沙緒まで参加する事に。
ここでようやくフェラ続きであった展開から、パイズリ、前立腺マッサージ、童貞喪失となります。
でも、意外だったのは前立腺辺りまでは、いつもの態度を崩さなかった美沙緒が主人公の肉棒を挿入して感じて、態度が変化した所でしょうか。
結構、甘えるような言動になった彼女は今までの態度とはちょっと新鮮に映ってドキッとしました。
まぁ、そんなのは行為中だけな訳ですが(汗)

ここら辺までは、身動きがとれないという事で、ずっと受身でひたすらされる側という展開ばかりでしたので、ちょっとS側の女性陣とMの主人公と言う図式が出来ていたのですが、ある程度動けるようになってこの図式が変化してきたのは良かったですね。
あんまりにもそういう展開が続くのは、それはそれでしんどいですからねぇ(汗)

そんな乱れた生活をしていては、優子、ほづみらとの関係は良好であるものの、美夜子からの心象は悪化する一方で…。
ますます距離は離れていくばかり(汗)
その後も接点はおろか、まともに登場もなくなってしまい、一体どうやってHする展開になるのだろうかと思ってたんですが、その形は驚くべき形でした(汗)
ここではそれをあえて書きませんが、うーん、何とも強引な(汗)
あれだけ距離をおかれていた理由もここで明らかになりますが、個人的にはいまひとつ納得できなかったかな。
結局美夜子ともHをする事になりますが、主人公は美夜子の素直でない態度などが可愛らしいと感動してましたが、私はそれほどは…。
そして、まさかのラストには驚かされましたね(汗)

そこまで書く訳にはいかないのでアレですが、読み終わってみれば「うーん」って所が多々あったってのが素直な感想ですね。
何だろうと思ったのですが、それは殆ど恋愛感がなかった事でしょうか。
基本的に、皆主人公を性欲解消的な存在として位置づけている感じなんですよね。
主人公の肉棒はどうやら彼女たちもお目にかかった事のない大きさだったりと言うのもあるのでしょうが。

美夜子については、最終的には**な事になるんですが、そんな彼女にしても、終盤まで避けられていた事もあり、彼女とのエピソードも殆どなしで終盤でHと個人的にはあまり感情移入できなかったです。
せめて**なところをもっと見せて欲しかったです。
それすらも描写で説明されているだけで、全く入院直後と変わったって実感も何もなかったのは残念。
1章分くらい、美夜子に絞って使って欲しかったなぁ。

全員が恋愛感情を持つ必要はないと思いますが、一人くらいは欲しかったですね。
美夜子がもっとそういうのが見える場面があればなぁ。
展開にも強引な部分が多々あり、個人的にはすっきりしない事が残ったままでしたね。

挿絵は、「英田舞」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、何作も手がけているので有名ですね。
相変わらず濃い目のしっかりした絵柄でいやらしさが出ていますね♪
独特の色気があるんですよねぇ、この人のは。
挿絵数が少ないので、終盤でようやく美夜子ってこういう顔だったんだと分かりました(汗)

個人的には、甘い看護生活というものよりも、より肉欲に近い作風だったため、あまりはまらなかったのですが、そういうタイプが好きな人にはいいのかな。

桃色看護日誌 女医とナースと僕の日々 桃色看護日誌 女医とナースと僕の日々

楽天はこちらからどうぞ
桃色看護日誌 女医とナ-スと僕の日々

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
桃色看護日誌 女医とナースと僕の日々

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

リアルドリーム文庫 AVメーカーのSなお姉さんたち レビュー

リアルドリーム文庫 AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス (リアルドリーム文庫 52)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 11848

従姉の亜衣の家を訪れた圭佑は、彼女の会社の先輩理名に心惹かれてしまう。アルバイトとしてその会社に入るが─何とそこはAVメーカー!?「うふふ、今日は何回射精させてあげようか?」ローションプレイにオナホールで精液を搾り取られ、見習い社員として奮闘する青年の行く末は─。

あけましておめでとうございます♪
12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

まぁ、新年に持ち越してしまいましたが(汗)

内容は、主人公は高校を卒業したものの、就職難のために就職できず、家族からは早く就職しろと圧力を受けている状態です(汗)
そんな中、主人公の従姉である「亜衣」(あい)に呼び出された主人公は、そこで亜衣の同僚である「理名」(りな)に夢中に…。
その後、亜衣から自分の勤める会社にアルバイトに来ないかと持ちかけられ、両親から就職しろとせっつかれていた事と理名にまた会えると二つ返事でOKをする主人公。
しかし、今まで知らなかった亜衣の会社が実はAVメーカーだったと知る…という展開です。

登場するヒロインは、亜衣、理名以外に会社の社長「夏希」(なつき)、社員の「真里子」(まりこ)がいます。

亜衣は、主人公の従姉であり、幼い頃から主人公に対し、弟というよりも舎弟の様な扱いをしています(汗)
そのため主人公は、亜衣には頭が上がりません…。
性格は当然Sっ気があり、事あるごとに主人公をいじめます。
いじめると言っても、それは性的な行為もある様で、主人公が中学の頃から手コキや足コキで射精させていた様です。
…性欲に支配される思春期にそんな事されたら、そりゃたまりませんね(汗)

理名は、亜衣と同じくAVメーカーに働いています。
主人公の憧れの存在でもあります。
清楚で大人しくお嬢様なキャラクターなのも、主人公的にはいつも虐げられている亜衣と比較してしまっている所があるのかもしれませんね(汗)

夏希は、亜衣たちが勤めるAVメーカーの社長です。
社員の少なさもあって、社長自らカメラで撮影などをこなす事も。
理知的でクールさを窺わせる外見通りの性格ですが、ひとたびスイッチが入ると一変し、被害妄想的なMっ気に(汗)

真里子は、亜衣、理名たちとは違い、メイクや衣装に終わらず、作品の女優としても出演しています。
他のヒロインに比べるとやや存在感が今ひとつで特に書く事も…(汗)

AVメーカーを舞台とした作品なのは、中々ないだけに新鮮で期待感もあったのですが、読み終わってみると微妙だったかなというのが正直な感想ですね(汗)

展開的には、タイトル通りSなお姉さん方にいじめられるのが基本スタイルです(汗)
更に主人公は何だかんだ言いながらもそれを最終的には受け入れるMっ気のある性格をしているので、そういう展開に拍車がかかります。
そのため、そういった展開が苦手な人には向き不向きがあるかもしれません。

舞台がAVメーカーなので、素人物の撮影の手伝いのつもりが騙されて出演させられたり、オナホールで扱かれたりとらしい描写がされています。
一応外部の女優たちとのHな行為もあるにはありますが、基本的には会社の女性陣たちとの行為がメインです。
まぁ、スタイルなど女優でもやっていけそうな面々ばかりなので、演技指導などの名目などでHな展開になったりも。

パイズリやフェラなど定番どころも当然ありますが、これといって特異なプレイはなかったですね。
なので、SM的なプレイは意外にもなかったですねぇ。
まぁ、終盤で主人公がアナルを犯されちゃう展開はありましたが(汗)
残念なのは、タイトルにもある様に主人公は童貞であるために、かなり終盤まで本番はないままな事ですね。
射精自体は、手コキやフェラなどで散々たっぷりとしていますが、童貞喪失まではかなり引っ張る事になります。

終盤では、女性陣全員相手のHシーンが展開され、ハーレム状態と言いたいところですが、正確には「ハーレム」ではなく「乱交」と表現するのがピッタリかなと思います。
なので、愛情はある意味あるかもしれませんが、それはラブラブっていうものではないという事です。

読んでみると同レーベルの著者作品の「女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠」を彷彿とさせます(汗)
これもあれも「童貞」がタイトルに入っていますしね(汗)

更に今作では「貞操帯」を女性陣ではなく、主人公が着ける事になり、射精を我慢させられるという責め苦を味わう展開も用意されています。
同時発売なリアルドリーム文庫の「花嫁調教」も主人公兼ヒロインが貞操帯を装着するんですが、今回のリアルドリーム文庫のテーマは「貞操帯」だったのでしょうか?(汗)

挿絵は、同レーベル作品を多く描かれている「英田舞」さんが手がけています。
「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」や「女子高生メイドと穴奴隷女教師」、「女教師の童貞指導」などがありますね。
柔らかそうな絵柄ながら、艶っぽさを感じさせる表情は見事ですね♪
今作はややコミック的な感じでしょうかね。
個人的には、真里子と夏希のWフェラシーンがいやらしく、色気爆発でお気に入りです♪
まぁ、挿絵数が少ないレーベルなのは残念ですね…。

全体的な評価としては、今ひとつなのが正直な感想ですね。
あれもこれも主人公はヒロインたちに翻弄される展開ばかりで、ひたすらMっ気満載で人を選ぶのは確かでしょう。
最後にそれを主人公は受け入れちゃってますし(汗)
まぁ、Sっ気が決して高過ぎる作品という程ではないとは私は思いますが、展開に今ひとつ感情移入できなかったのは痛かったかなと。
主人公よりも、年齢層が上の女性陣ばかりな事もあり、可愛がりみたいな方向に傾きすぎているのもあるんでしょうねぇ。

著者で買う買わないと決める方ではないんですが、今後もこういう作風なら今後はスルーも考えるべきかなと思ってしまいました(汗)
まぁ、私はって事ですので、お好きな人には申し訳ないです(汗)
ここら辺は好みでしょうねぇ。

新年早々に手厳しい事書いちゃったけど、個人的には可もなく不可もなくってくらいの評価ですね(汗)
他のタイプの作品も読んで見たいところです。

AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

楽天はこちらからどうぞ
AVメーカーのSなお姉さんたち

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

リアルドリーム文庫 女子高生メイドと穴奴隷女教師 レビュー

リアルドリーム文庫 女子高生メイドと穴奴隷女教師

女子高生メイドと穴奴隷女教師 (リアルドリーム文庫 40)
松平龍樹
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1143

教え子の穴奴隷に堕とされる二十五歳のグラマー女教師!「やめ…なさい…あなたは、生徒なのよ!」男子生徒による執拗なSM調教、女子高生メイドによる嫉妬交じりの責め。屈服、奉仕、被虐。尊厳を穢された女教師の肉体に、未知なる愉悦が奔る。

6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
遅くなりましたが、読み終わったのでレビューです。

この作品は、同時発売されている「若奥様たちの淫らなお買い物 柔尻営業日誌」とは、対極な作風ですね。
タイトルに「穴奴隷」ってあるので、だいぶお分かりとは思いますが(汗)
なので、萌だのラブだのとは無縁のかなりハードな作品でした…。

主人公でヒロインな「加納 真菜美」(かのう まなみ)は中等部の国語の教師をしています。
美人な目鼻立ちに豊満なボディであり、生徒だけではなく教師たちも目を奪われるほどです。
それが結果として、目を付けられる事になるのは皮肉な話ですが…。

真菜美は学園で担当している教え子の少年「透」(とおる)の家から呼び出しを受けた事で巻き込まれていく事になります。
全国でも優秀な成績を残している透は、親もお金持ちであり、学園でも影響力の高い事で知られていたが、この時点では真菜美は透の正体など知るはずもなく…。
透の家に行った真菜美を待っていたのは、美しい容姿の若い娘「くるみ」とくるみによる強烈な一撃(汗)
身動きの取れなくなった真菜美は透に陵辱される事にという展開から始まります。

くるみは、透のメイドの様な存在であり、ご主人様な彼に全てを捧げています。
それはもう壮絶な程の愛情で、それを目の当たりにした真菜美を驚愕させるほどです。
そんなくるみには真菜美という存在はライバルというか敵である訳でかなりの敵意を向けてきます。
場面によっては彼女が主人公かと思うほどです(汗)
いきなり真菜美の自由を奪うのに、スタンロッドを使うのはやりすぎでしょう(汗)
まぁ、彼女にとっては透のためが最優先なのだから、やろうと思えば殺人すらやるのでしょうが…。

また透のキャラクターもかなりのもので、中学生ですが、考え方などはある意味年齢とかけ離れたものを持っており、真菜美を学園内で性欲解消に使うためにこのような事をしでかしたりと壊れっぷりです。
…実際彼がなぜこんな考えなどしているかは、作中では明らかにはなりませんが、何か信頼された存在に酷く裏切られたのではないかなと思わせますね。
そのためか、これほどまでに尽くす、くるみですら冷酷に扱ったり、真菜美に平手打ちなど当たり前に行なうなど非情な面も。
とは言え、透とくるみは互いを必要としており、愛に似たもので硬く結びついている所もあり、複雑ですね(汗)
実際、ふたりの間には真菜美は入り込めないと感じているくらいで、主人公そっちのけです(汗)

この作品は、他の陵辱ものとは違い、最初の件であっさりと真菜美が透のもたらす快感に墜ちてしまう所でしょう。
正気に戻っても、理性では何だかんだと理由を付けながらも、透を拒めないという心情を持ってしまいます。
透の肉棒が忘れられず、自ら志願して穴奴隷に成り下がっていく展開です。
そのせいか何とも言えない雰囲気なんですよね、この作品は(汗)

Hに関しては、それはもう濃いですのでばっちりですが…、過激なプレイが多いのが特徴で苦手な人もいるかもしれません。
特にくるみにはSM系のプレイが多く、インパクトはあるし、過激なんですが、興奮するかはまた別ですね(汗)
個人的には興奮はなしですね…。
その手のが好きな人にはたまらないのでしょうけどね。

大量浣腸などを注入して、その状態で挿入をし、漏らすまいとアナルを締める事できつくなる膣内の締め付けを楽しむなど年齢離れしたプレイは中々ですね…。
個人的には乳房に針を突き刺してるのはどうも…(汗)
まぁ、ブスブスと刺す描写がある訳ではなく、場面が変わったらそういう状況だったってので、凄惨さはまだないとは思いますが出血的な作品はあまり今まで読んでなかったので意外でした(汗)
自分で漏らした排泄物も自分で後始末するなど、かなりの臭いを感じそうな描写ばかりです。
これに関しては挿絵が少ないリアルドリーム文庫で良かったなぁと思いました(汗)

気になったのは、色々な単語に別の読み方のルビを使うのを多用しており、読みにくい事でしょうか。
粘液⇒マ*ヂル、中学生男子⇒ちゅうぼう、!!⇒ぞくっ!(ずぅぅーん)、!!!⇒ぞくぞくぅっ!など(汗)
それ以外にも、様々な所でルビ振りまくりで凄いです、これは…。
最初からそう書けばいいんじゃとも思いましたが(汗)

ラストの終わり方も「これで?」ってシーンで終わるのがまた(汗)

挿絵は、「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」なども手がけている「英田舞」さんですが、あれはラブラブな作品だっただけにギャップが(汗)
まぁ、挿絵自体は可愛いらしさがあるだけにエグくはなかったので、問題はないですけどね。

読みにくさや、作風は好みが分かれる所でしょうが、妙なパワーと言うか、勢いはある作品だとは思います。
でも、私はこれ読んで興奮はしないかなぁ、圧倒されちゃって(汗)
おすすめはしませんが、ガツンと来る作品を求めるならば読んでみては?

女子高生メイドと穴奴隷女教師 女子高生メイドと穴奴隷女教師

楽天はこちらからどうぞ
女子高生メイドと穴奴隷女教師

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
女子高生メイドと穴奴隷女教師

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

リアルドリーム文庫 ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母 レビュー

リアルドリーム文庫 ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母

ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母 (リアルドリーム文庫 36)
芳川葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1200

精通は美しい義母の柔乳に顔を埋める夢だった。性に敏感な十五歳の少年を惑わす美しい“ふたりのママ”。おっとり義母の豊乳と勝ち気な叔母の若尻がタブーへ誘う。「ママのオッパイは祐ちゃんのモノなのよ」「叔母さんなら、もっといいことしてあげるわよ」義母と叔母、少年をめぐる狂艶が幕を開ける─。

タイトルで分かるようにママものですね(汗)
まぁ、正確には義母とその妹の叔母たちとの物語なんですが。

物語は主人公の父親が単身赴任先で入院する事になり、主人公は義母の「諒子」(りょうこ)の妹の「貴和子」(きわこ)の家に預けられる事になる所から始まります。
その前夜に、諒子は主人公に自分を忘れないようにと手コキをしてくるという急展開です(汗)
スタートからいきなりですが、諒子は息子である主人公を溺愛しているのですが、その妹である貴和子もまた主人公に対して過激なスキンシップをいつもとっていた事を知っている諒子なので、貴和子の誘惑に負けないようにという理由らしいです(汗)

勿論、主人公も諒子ママが大好きなので、こんな形で諒子の身体に触れられるのだから願ったり叶ったり♪
存分に堪能して、貴和子の家にやっかいになるのですが、当然このチャンスを貴和子が逃す訳もなく、Hな誘惑が主人公を襲います。
結局、貴和子の色気に負けた主人公は貴和子にもHな事をされ・・・。
貴和子に先を越された諒子としては、もうためらう事もなくなっていきます。

この姉妹、諒子がふくよかな体系でおっとりとした性格の姉に対して、妹の貴和子はスレンダーな色気ムンムンなタイプと両極端です。
でも、主人公への気持ちはどちらも強く、貴和子も行為中は自分の事を貴和子ママと呼ばせたりします。
貴和子が大人っぽい顔立ちなので、童顔の諒子とは年齢逆でも問題なさそうな(汗)

とにかく、全編主人公への想いが全てのヒロインたちなので、H度は高いです。
主人公が「ママ」を連呼するノリは、人によっては受け付けないかもしれませんが、まぁ、ママものですからねぇ(汗)
こういうのが好きな人には、逆にこの雰囲気がたまらないと思います。
諒子たちにとっては、ママと呼ばれる背徳感もいい刺激になっているのでしょうねぇ。

別に姉妹たちは争っている訳ではないので、修羅場といった展開はないので、安心して読めると思います。
流れ的には貴和子がふたりの仲を裂こうとしている訳でなく、そこら辺はわきまえているので、メインヒロインは諒子となります。
どちらもまた違ったタイプであり、魅力があるので甲乙つけがたいですね(汗)
見た目の印象どおり、若干貴和子はSっ気もありますが、そこまで過剰ではないです。

全体的に主人公は、ママに言われるがまま誘導される展開が多いので、甘えたい放題ですね。
包容力のあるママたちの台詞はいちいちいやらしく聞こえますね(汗)

挿絵はやはりリアルドリーム文庫なので少なめですが、文章描写がしっかりしているので、そこまで問題ないとは思います。
ママものとしては良作でかなり楽しめると思いますよ。

ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母 ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母

楽天はこちらからどうぞ
ふたりのママ

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 女教師の童貞指導 レビュー

リアルドリーム文庫 女教師の童貞指導

女教師の童貞指導  (リアルドリーム文庫 29)
岡下誠
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 8771

「ご褒美に特別授業をしてあげるわ…」怜悧な知的美貌と淫らな肢体を併せ持つ女教師。彼女の誘惑と挑発に少年の性欲は激しく燃え上がる。教え子と教師という関係の背徳感に加速する肉悦。少年の童貞勃起は巧みな指遣いと牝肉に弄ばれ、快楽に誘われるまま精液を搾り取られていく…。

まぁストレートなタイトルですね(汗)
内容はこのタイトルに集約されているのではないでしょうか。

登場人物は主人公と相手の女教師である「観月」(みづき)なんですが、主人公の従姉なんですね。
別に血縁関係でなくても良かった気はしますが(汗)
他に登場人物はいないので、二人きりの濃厚な「指導」が繰り広げられます。

・・・ちょっと気になったのは、登場人物の紹介文。
主人公の紹介文が整った顔立ちの細身の男子生徒って後に「童貞」って・・・、そりゃタイトルに童貞あるからそうでしょう(汗)
そんな童貞の主人公には、色気ムンムンな観月の家での格好に毎日ドキドキするのは仕方ない所ですね。
からかっているのか観月の行動はドンドン過激になっていき、とうとうHな展開に・・・。
目の前で女のオナニーの見本を見せ、観月の履いていた下着で扱かれて射精したりとのっけから濃い指導です(汗)

そんな指導を受けてからは、逆にその事が頭から離れなくなり・・・、授業中でも上の空で勃起する有様。
・・・ちっとも指導になっていないですね、逆効果だなぁ(汗)
まぁ、仕方ないですね、家でも学校でも一緒では意識するのは当然でしょうし。

当然、学校でそんな有様の主人公は観月にはお見通しで指導室に呼ばれる事になり、そこでまた指導が行われるのは分かっているけど興奮する展開ですね。

家でも学校でも行われる性指導を繰り返していく内に、成すがままだった主人公にも若干余裕が生まれていく事になっていきます。
観月を喜ばせたい、感じさせたいという男の顔が少しづつ出てくるのは、成長が垣間見えます。
そうなるとドンドン主人公が主導権を持ち始めていくことに。
敬語で話しつつ、Sッ気が出てくる主人公(汗)
観月もそんな主人公に教師という顔から女として主人公に惹かれていきます。

個人的には終盤の主人公があまり好みではないので、終盤はそれほど感情移入しなかったですね(汗)
翻弄されている位が丁度いいなぁ・・・、私には。
とはいえ、ヒロインが一人で集中した内容は高評価です♪

楽天はこちらからどうぞ
女教師の童貞指導

女教師の童貞指導 女教師の童貞指導

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
女教師の童貞指導

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます