FC2ブログ

翔丸のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:翔丸

翔丸のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2014-07-04リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード愛妹レッスン 恥蜜のレオタード (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 14.07.04巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 3,097Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、妹の「更紗」(さらさ)がいます。そんな彼は、更紗を妹としてだけではなくて、異性として見てしまう事に葛...

記事を読む

2013-08-29リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 13.08.29巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 2,738Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子高校生です。そんな彼は、義理の姉である「暦美」(こよみ)に対して、異性として彼...

記事を読む

2012-12-08リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレムぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム (リアルドリーム文庫 99)posted with amazlet at 12.12.08早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 861Amazon.co.jp で詳細を見る12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は今が性欲真っ盛りな18歳の学生です。そんな彼には、お互いの両親公認の2つ...

記事を読む

2012-06-07リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 誘惑美少女チアガール 女子高生彼女と幼馴染み誘惑美少女チアガール~女子高生彼女と幼馴染み~ (リアルドリーム文庫 87)posted with amazlet at 12.06.07早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 913Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、この春に高校に入学したばかりの新入生です。そんな彼の目下の悩みは、中学...

記事を読む

2011-11-06リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 (リアルドリーム文庫 72)posted with amazlet at 11.11.06早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 532Amazon.co.jp で詳細を見る10月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、アパートに一人暮らしをしていますが、主人公が帰...

記事を読む

リアルドリーム文庫 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード レビュー

リアルドリーム文庫 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード

愛妹レッスン 恥蜜のレオタード (リアルドリーム文庫)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3,097

7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、妹の「更紗」(さらさ)がいます。
そんな彼は、更紗を妹としてだけではなくて、異性として見てしまう事に葛藤をしています。

そんな気持ちを知らずか、更紗は主人公にクラスの男子から告白されたと明かす事に。
これをきっかけにして、ふたりの関係に変化が生じる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

菅野 更紗」(すがの さらさ)がいます。

更紗は、主人公の妹です。
新体操部に所属しているポニーテールが良く似合う快活な少女です。
素直で甘えん坊な性格でもあり、兄である主人公をこれまた意識しています。

ストーリー展開


展開的には、更紗が告白されたという事から、兄妹の関係に変化が生じる事となる流れですね。

実は、双方ともに好意を抱いているんですね、この兄妹。
しかし、主人公はそれを表には出さない様にしているんですね。

それは主人公と更紗は、血が繋がっていないという事が影響を及ぼしています。
まぁ、キャラ紹介ページに既に書かれているので、ネタバレじゃないとは思いますけども(汗)

でも、意外だったのはこの手ではお約束である妹側が実の家族ではなかったって事ではなくて、今作では主人公が余所の家の子だったって所でしょうか。
どちらでも良い事ではありますけども、ちょっと珍しいかなって思いましたね。

それをかつてから知っている主人公なだけに、最近めっきり女らしく成長している更紗の姿は目の毒でもあったという事ですね。
それゆえに、最近の主人公はあまり更紗に対してはそっけない態度をして、あまり深く接しない様にしている所があります。

そんな微妙な兄妹仲だったふたりですが、更紗が男子から告白されたと明かしてきた事から、事態は大きく動く事に…。
兄である主人公を男性として、意識している更紗としてはそう明かす事で、主人公の反応を期待してた節があるんですよね。
でも、主人公はそんな乙女心を知ってか知らずか、そっけない発言をする訳ですね(汗)

これで不機嫌となった更紗は、練習と言い出してキスをしてくる事に。
これに理性が飛んだ主人公は、更紗の唇を貪る事になっちゃう訳ですね(汗)

まぁ、この場はディープとは言え、キス止まりで終わった訳ですけども、確実に兄妹としての関係の形が変わるきっかけにはなっていく事になります。

決定的に変わる事になるのは、この数日後でした。
この日、ある事が原因で更紗の様子がいつもとは違って落ち込んでおり、主人公はそんな彼女を慰める中で、結果として関係を持ってしまう事になる流れですね。

ここからふたりの関係はドンドンエスカレートしていく事になります。
そりゃ、今まで我慢していたのが解放された訳ですから、もう止まりませんよね(汗)

Hシーン


Hシーンは、更紗との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラや自慰、アナル弄り、放尿、アナルセックスなどがあります。
他では、剃毛、露出要素やニプルクリップ、アナルバイブといった小道具などを使う展開もありましたね。

今作の主人公は、実は少しSっ気があるんですね。
それに関しては、キャラ紹介ページでもそういう趣味があるって記載されていますし(汗)
そんな嗜好もあるので、更紗をちょっと苛めてしまう様な展開が多いのが今作の特徴でもありますね。

…んー、何か私のイメージですけども、結構新体操とかのヒロインって調教とか苛められるみたいな立場のシチュが多い様な気がするのは気のせいでしょうか?(汗)
新体操の道具とかでリボンとかあったり、そういう行為に使えたりするのも使い勝手が良いのも影響しているのかな?

また更紗の方も、かなり感度は良い様で主人公からの行為にかなり良い反応を示す事になります。
何せお尻を叩かれても、痛がる言葉の端々に甘い響きを残し、股間を濡らす反応を見せるのだから、中々のものですね♪
最終的には、そのまま絶頂してしまうのだから、猶更主人公の行為も熱が入る事となります。

更紗みたいな娘に「何されてもいい」みたいな事言われたら、そりゃ主人公ならずもたまりませんよね(汗)
それがまた主人公を燃えさせる事を、無意識に理解してやっているのではないかと思う程ですねぇ。
ちょっと甘えん坊で、素直な性格だけに、それが更に魅力を増していますね♪

基本的には、SM要素は控え目かなとは思いますが、公共の場での全裸露出させてアレコレ命令したりと、意外とやっているのは過激なものも含まれていましたね。

一部ですが、体操服+ブルマ―姿での行為もありましたね。
しかし、それよりメインであろうはずの、レオタード衣装での行為などが終盤までなかったのは残念でしたね(汗)
もっと出番が多いかと思ってただけに、正直少し物足りなかったかなと。

挿絵


挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

軽やかで愛らしいヒロインである更紗の魅力を描いていますね♪
表示絵を見ると、思ってたよりも顔が丸くてあどけなさを残している印象なんですね。
もっとシュッとしているイメージだったので、現物を見て、思ったよりも可愛らしさが強いんだなと思いましたね。

まぁ、作中の甘えん坊な感じを見ると、それで正解なんだろうなって感じましたので、何も問題はないですね。

ポニーテールも良く似合ってて、良いですねぇ♪
一部挿絵では、ポニーテールではないロングになっている更紗の姿も見る事ができますが、また雰囲気が違って見えて、これも見所ですね。
どっちの彼女も魅力的です♪

行為はSM要素が含まれているのもありますけども、翔丸さんの絵柄が清潔感があって、爽やかな仕上がりなので、全く生々しくないので、苦手な人でも問題なく見れるものに仕上がっていますので、そこはご安心を。

一部、主人公の顔が描かれているのもありましたね。
割と男前でしたな(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、思ってたよりもSM色があった作品だったかなというのが印象ですね。
まぁ、そこまで絵柄もあってか生々しく感じないですし、苦手な人でも大丈夫かなと思いますけどね。

個人的には、あまり調教色だったりいじめたりってのは、そこまで好みの展開ではないので、もっと少なくても良かったかなって思いましたけど、そこは好みの問題かな(汗)
確かにいじりたくなる魅力を持っているなとは思いますけどね、更紗って。

後は、上記にもある様に思ったよりも新体操、レオタード要素が控え目だった事かな。
それ目当てな人には、少し物足りなかったかもしれませんねぇ。

そこら辺が気にならなければ、更紗も可愛らしいだけに十分楽しめるとは思います。

愛妹レッスン 恥蜜のレオタード 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
愛妹レッスン 恥蜜のレオタード

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 レビュー

リアルドリーム文庫 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 (リアルドリーム文庫)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 2,738

8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子高校生です。
そんな彼は、義理の姉である「暦美」(こよみ)に対して、異性として彼女を意識をしています。
そして、それは姉、暦美も同じだったのです…。

とは言え、姉弟であるゆえ一歩を踏み出せないふたりでしたが、そんな中、姉の親友の「由香理」(ゆかり)から主人公は告白されてしまう事に。

由香理と付き合う事になった主人公でしたが、そんな状況に触発された姉、暦美もアプローチを始める様になる展開ですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、暦美と由香理のふたりです。

今泉 暦美」(いまいずみ こよみ)
成島 由香理」(なるしま ゆかり)

暦美は、主人公の義理の姉です。
優しく清楚でスレンダーな体型をしている女子大生です。
弟である主人公を以前から異性として意識しています。

由香理は、暦美の親友の女子大生です。
ショートカットが似合う活発な性格をしています。
主人公に好意を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が姉の親友である由香理と付き合い始めた事をきっかけに、姉の暦美との関係も変化する事になる流れですね。

元々、主人公と暦美、由香理の3人は仲が良いんですね。
一緒に休日に買い物に行ったりするなど、微笑ましい関係なんですね。
なので、主人公も姉の親友である由香理とも親しくなっていますし、姉とは違う魅力を感じてもいますね。

そんな3人の関係は、傍からはおかしくも見える訳ですけども、上手く行ってたんですね。

しかし、ある事をきっかけにして、その関係に少し変化が生じてきたのです。

それはある夜、姉の暦美が酔いつぶれてしまったと一緒にいた由香理から連絡を受けた事があります。
普段はこんなに酔いつぶれる事はなかっただけに、気になる主人公は由香理から真相を聞かされる事になります。

ここの詳細は伏せますが、そんな中、由香理との会話の方向はおかしな方向に向かっていきます。
由香理から告白をされてしまうんですね、主人公は。

この告白に戸惑う事になるんですが、姉とはまた違った魅力を持っている彼女の事を憧れている所もあった主人公は結果としてその告白を受け入れ、恋人同士となるんですね。
でも、この時に姉は酔いつぶれているんですよね、何というタイミングでの告白ですな(汗)

まぁ、その事は主人公もですが、由香理もこのタイミングになった事には申し訳なさを感じてはいますけどね。
その後に、暦美に付き合う事を報告して祝福してもらう事になります。


それからは、由香里との甘い恋人生活が始まる事になりますね。
しかし、その陰で姉の暦美の心中は複雑なものが入り混じっている訳ですけどね…。

そんな中、主人公はハプニング的な事もあり、暦美と急接近する事になるんですね。
まぁ、この展開は、お約束と言えばお約束な感じですけども、こうでもないと暦美は動かなかっただろうから仕方ないのかもしれませんね(汗)

主人公もまた姉への想いも持ち続けているために、暦美を拒む事は出来ず、彼女とも関係を持ってしまいます。

その後は修羅場かと思いましたが、あっさりと由香理に受け入れられて、3人での付き合いが始まる事になるんですね。
拍子抜けする程、あっさりと受け入れたのは意外でしたね、いくら親友であり、彼女の主人公に対する気持ちも理解してたっても分かるんですけどね。

なので、修羅場だったりギスギスした展開にはなりません。
そういう展開を期待してた人には物足りないかもしれませんけどね(汗)

まぁ、主人公含め、皆良い人なんですよねぇ。

勿論、たまに主人公を独占しようと張り合ったりする場面がありますけども、それも可愛らしいものですしね。
そこからHな流れになっていくのは、お約束ですよね♪

Hシーン


Hシーンは、暦美と由香理との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナル弄りなどがあります。

純愛ものなので、そこまで過激な行為はないんですが、甘くイチャイチャしている感じが良く伝わってきますね♪
最近、変に濃い作品を多く読んでいただけに、このまったりとした雰囲気は癒されましたね(汗)

個人的には、姉の暦美も魅力的なんですが、由香理の方がより好みだったかな。
彼女は、はきはき活発な性格だったりなんですけども、ちゃんと思いやりもある女性なんですね。

男性経験こそあるんですけども、それを主人公に対して「初めてじゃなくてごめんね」などと瞳を潤ませて話すシーンは、普段の明るい彼女とはまた違って見えて儚さを感じさせてくれましたね。

ちなみに、姉の暦美は男性経験はありません。

この経験の有無や性格の違いもあって、行為でもふたりのタイプは大分違って見えます。
由香理は結構リードしてくれたりしますし、反対に暦美はおっかなびっくりな感じで接して来たりとそれぞれの違いがありましたね。

逆にそんな由香理が責められて普段の余裕がなくなってたり、暦美が積極的に迫ってみたりする場面もあったりで、ギャップもありましたね。
まぁ、そんな場面は少ないので、基本は普段通りですけどね(汗)

展開的に、ふたり一緒な事が多いので、ふたり一緒の行為が多いのが特徴的ですね。
Wフェラだったりなど同時責めなどでも、ふたり息の合った動きを見せてくれますね♪

挿絵


挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

やはりこのヒロインたちの透明感は素晴らしいですね♪
可愛らしい年上の女性を魅力的に描いていますねぇ。

それだけにやはり挿絵数の少なさは残念でならないですねぇ(汗)
もっと挿絵で見たいシーンがあったりするだけに勿体ないですな。

個人的には、由香理が好みでした♪
もっと男前というかボーイッシュな感じなのかと思いきや、元気が前面に出ているって感じではなく、お姉さんらしい落ち着いた雰囲気と明るさがいい塩梅でした。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、派手さは控え目ですが、じっくりと3人の関係を描いており、楽しめましたね。

本当にイベントらしいイベントがないだけに、まったりしているんですが、それが気にならなければ楽しめると思います。
まぁ、義理とは言え姉とその姉の親友と一緒に付き合っているんだから、冷静に考えれば十分ではありますけどね(汗)

こういう作品だと、結構友人ポジションのヒロインは最終的に姉の方に主人公を譲る様な形で自ら退く事がたまにありますけども、今作はそういう事にはなりませんのでご安心を。

ヒロイン同士、ギスギスする事もないので、爽やかで読みやすい仕上がりになっていると思います。

誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

楽天はこちらからどうぞ
誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 ぼくの彼女は若妻女子高生 レビュー

リアルドリーム文庫 ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム

ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム (リアルドリーム文庫 99)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 861

12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は今が性欲真っ盛りな18歳の学生です。
そんな彼には、お互いの両親公認の2つ下の「二宮 佳奈子」(にのみや かなこ)という彼女がいます。
まだキス程度の清い交際を続けているふたりでしたが、主人公はこの日初Hを狙おうとしますが、肝心な所で親に見つかってしまいます。

本来この後、両親は海外に赴任するので、主人公は一人暮らしを満喫する事になるはずでしたが、今回の件でそれはご破算に…。
主人公は、佳奈子の母親の「由貴子」(ゆきこ)経営するアパートへ住む事になってしまいます。

しかし、そのアパートは女性ばかりであり、性欲旺盛な主人公の理性は限界寸前となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、佳奈子に彼女の母親の由貴子、その他にアパートの住人では、由貴子の妹の「沢村 和恵」(さわむら かずえ)、佳奈子の従姉の「須藤 美希」(すどう みき)がいます。

佳奈子は、主人公の恋人です。
一途で真面目な性格で結婚願望が強いです。
ヤキモチ焼きな面も。

由貴子は、佳奈子の母親です。
自身は未亡人であり、女手ひとつで佳奈子を育てています。
大らかで優しく母性的な性格をしています。

和恵は、由貴子の妹です。
主人公と加奈子の通う高校の教師であり、由貴子のアパートに住んでいます。
恋愛経験豊富な女性です。

美希は、佳奈子の従姉で女子大生です。
明るく奔放な性格の持ち主であり、彼女も由貴子のアパートに住んでいます。

ストーリー実況


展開的には、主人公が由貴子の経営するアパートに住む事になってしまう流れですね。

その理由が佳奈子との初体験未遂を母親に目撃されたからってのが、何とも恥ずかしく情けないですな(汗)
両親としたら、こんな息子を一人暮らしさせてたら、必ずこんな事ばっかりすると思われたんでしょうな、うん。

しかし、悪い事だけではなく、両親から佳奈子と中途半端ではなく、ちゃんと結婚しろと言われてしまい、婚姻届まで話が進む事に。
とは言え、いずれは結婚という考えはありましたが、さすがに学生でいきなりは、という思いがあるんですけどね。
それは、佳奈子の母である由貴子もさすがに今すぐってのは早いと考えており、彼女との意見があった事もあり、この時点での届出提出は見送られる事になります。

届出は、主人公が高校を卒業後という事になるんですね。
しかし、由貴子の話は続き、お試しという事で、娘の佳奈子も一緒にアパートで生活をさせようと提案して来る事になります。
でも、部屋は別々なので、彼女の言う同棲ってのとは若干意味合いが違う様な(汗)

更に彼女から告げられた提案は、ある意味主人公にとってつらい内容だったんですね。
それは結婚するまで、佳奈子の純潔を守れというものであり、初Hに燃えてた主人公には酷ですな(汗)
およそ高校卒業まで10か月間、彼女とHできないという条件ですが、その母親を前にそれはできませんとは言える訳もなく、それを了承する事になります。

こうして主人公のアパート生活が始まる訳ですが、そこは若い女性たちが暮らすアパート。
刺激的な女性たちの姿に、主人公の性欲は至る所で刺激されてしまう事になる訳ですね。

その後の展開は想像できると思いますが、この先、女性陣とHしちゃう訳ですな(汗)
まぁ、佳奈子とはしていないから約束破っていないしね(汗)


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

まぁ、先程も書いた様に前半部は殆ど佳奈子ではなく、他の女性陣との行為が中心ですね。
一応佳奈子も、母親バレした時に手コキをしてもらったりとかはありましたけどね。

とにかくこの主人公は、所構わず勃起しちゃうんですよねぇ(汗)
思春期の有り余る性欲だと思っても、相当なものですね。
まぁ、佳奈子以外アパートには年上の女性陣がいるだけに、反応してしまうのも分からなくはないですけどねぇ。

それにそんな環境ですので、自慰がまともにやれない訳ですね。
なので、余計に精液だけではなく、性欲も溜まる事になりますね。

そんな主人公は、色々な経緯があって、美希や和恵たちと関係を持ってしまうんですね。
しかし、経験をしてしまった故に、むしろ欲求は膨らむ一方であり、またも勃起をするという悪循環になっていますね(汗)
性欲の化け物ですな(汗)


基本的に年上の女性が相手なので、大体リードされるのが多いですかね。
まぁ、主人公の肉棒は経験豊富な彼女たちでもうっとりする大きさみたいですので、次第に本気になってしまったりしますが。

個人的には、由貴子との行為が印象的だったですね。
彼女は普段はおっとりしている訳ですけども、未亡人で長らくご無沙汰だっただけに、かなり行為になると豹変とまではいかないかもしれませんけども、中々の乱れっぷりを見せてくれますねぇ♪

佳奈子の行為は、どうしてもラストに回るのは予想が付きましたし、実際終盤まで本番はなかったですね。
なので、どうしても話の中ではメイン格なんだけども、ちょっと影が薄かった感は否めませんでしたね(汗)

挿絵


挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
同レーベルでは「誘惑美少女チアガール」や「幼馴染みと学園のアイドル」などでお馴染みですね。

やはり可愛らしい絵柄ですねぇ♪
リアルドリーム文庫って、比較的その名の通り可愛いよりも色気、艶気重視な所がありますけども、その中でひときわ目立ちますね。

爽やかで清潔感のある絵柄で描かれたヒロインたちは魅力的でもっと見たくなりますね。

個人的に好きなシーンは、美希との行為ですね。
日焼けした肌で水着の跡が白く残っているのが表現されていて、それがまた健康的ないやらしさを感じさせて良かったですね♪

後は、全体的に挿絵数がもっとあればなぁ…。

総評


全体的には、タイトルにもある様にハーレム展開でしたね。
女性陣ばかりのアパートにひとり男なのだから、そりゃそうですね(汗)

その反面、終盤からラストにかけての展開には、個人的には今ひとつだったかな。
もっとハーレムですけども、純愛色の強い感じになるかと思ってたんですが、途中から風向きが怪しく(汗)

思ったよりも性欲ってか、肉欲的な終わり方だったのは、ちょっとなぁ…。
これは私がそう思っただけですので、これはこれで悪くはないとは思うんですけども、もう少し甘さが欲しかったかな、私的には。

まぁ、節操なしに勃起してしまった主人公が悪いのか、そもそもの話(汗)

ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム


楽天はこちらからどうぞ
ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 誘惑美少女チアガール レビュー

リアルドリーム文庫 誘惑美少女チアガール 女子高生彼女と幼馴染み

誘惑美少女チアガール~女子高生彼女と幼馴染み~ (リアルドリーム文庫 87)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 913

6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、この春に高校に入学したばかりの新入生です。
そんな彼の目下の悩みは、中学から付き合いだした恋人の「須藤 亜佐美」(すどう あさみ)との関係の事。
彼女とは付き合ってはいるものの、未だキス止まりの関係で止まっており、その先には中々進めないでいます。
彼女相手に童貞を卒業したいと思う気持ちがありますが、現状その兆しは見えないまま…。

そんな主人公は、小学生の頃に近くに住んでいた2つ年上のお姉さんである「佐伯 夏帆」(さえき かほ)と6年ぶりに再会することになります。
夏帆もまた同じ学園であり、主人公は彼女に積極的に迫られてしまいます。
更に主人公は、夏帆に彼女が所属しているチアリーダー部に勧誘される事になり、女性陣に翻弄される展開です。


登場するヒロインは、亜佐美に夏帆、それに学園の教師である「峯岸 響子」(みねぎし きょうこ)がいます。

亜佐美は、主人公のガールフレンドです。
ですが、未だ関係はキス止まりなプラトニックなものとなっています。
お嬢様育ちな事もあり、生真面目で処女は結婚まで守りたいと言う程です。

夏帆は、主人公の子供の頃の幼なじみのお姉さん的な存在です。
引っ越してしまい、それからは会っていませんでしたが、同じ学園で再会する事になります。
チアリーダー部に所属しており、勝ち気で負けず嫌いな性格をしています。

響子は、主人公たちの学園の教師であり、チアリーダー部の顧問でもあります。
容姿の美しさや姉御肌な性格もあり、生徒たちの人気も高いです。


展開的には、主人公は幼なじみの夏帆と久しぶりの再会をして、その後彼女に所属しているチアリーダー部に勧誘されてしまい、入部する流れとなります。

そもそも何故チアリーダー部に勧誘される事になったのかと言うと、ある事情があるんですね。
それは、夏帆と6年ぶりに再会した後にあります。
出会った場所は、満員電車で彼女とは知らずに密着してしまい、彼女の身体に主人公の身体は反応してしまい、股間を大きくさせてしまいます(汗)
痴漢かと間違われないかと冷や冷やする中で、直後に夏帆だと向こうから告げられて知る事になる訳ですね。
何とロマンチックさの欠片もない再会でしょう(汗)

後日、彼女の家に招かれた主人公は夏帆と思い出話に花を咲かす事になります。
しかし、そこで過去の約束の話題になる事でおかしな方向になっていく事に…。
実はかつて、子供の頃にふたりは結婚しようと約束してた過去があるんですね。
勿論、それは子供の頃のたわいない約束と思ってた所、夏帆はそれを覚えており、話は付き合っている人はいるのかなどの込み入った話に…。

現在、主人公は亜佐美という彼女がいる訳ですが、夏帆は許嫁である私がいながらという反応(汗)
その流れで主人公は、電車で勃起してた事を夏帆に指摘され、彼女に最終的に手コキで射精させられる羽目になってしまいます。
…この事で夏帆に弱みを握られてしまい、チアリーダー部に入る事になる訳です(汗)

まぁ、許嫁の件は子供の頃の話で片付けられるけども、手コキの件はさすがに言い逃れできませんしね(汗)
その後、主人公と夏帆の関係を怪しんだ亜佐美までもが、チアリーダー部に入部する事になり、主人公は夏帆と亜佐美の板挟みになります(汗)
一応、チアリーダー部は、男子もOKな混合であり、主人公以外にもひとりだけ男子が所属しています。


Hシーンでは、亜佐美、夏帆、響子との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。
まぁ、行為としては派手なものはないですけど、リアルドリーム文庫ですしね。
行為の種類よりも内容の濃さでしょうしね、大事なのは。

それぞれのヒロインが、経験なし(亜佐美)、ちょっとあり(夏帆)、経験豊富(響子)という役割分担が出来ているので、分かりやすいですね、その辺。

実際、主人公は初体験の相手は響子との行為になるんですが、やはりそういう役回りに徹していますね。
なので、本筋ではそれ程関わらずに、アドバイスなどで周りを導いていくって感じですね。
まぁ、彼女は主人公以外の相手とのHシーンが少しだけあるんですが、あのシーンは何気に独特な雰囲気があっていやらしかったです(汗)
ちょっとSっ気を垣間見せる響子の言葉責め?が印象深いシーンになっていますね。

響子は、挿絵だと可愛らしいお姉さんっぽい印象なんですけど、意外に文章だと色気ムンムンな感じに思えるので、その点ギャップがありますね。
あのHシーンでのやり取りは、他のヒロインとは違う色気がありますねぇ。
今作では、主人公と恋仲になる訳ではない訳ですけど、彼女ともそういう関係になった話も見たかったですね(汗)

亜佐美は物語上仕方ないんですが、ちょっと進展するまでが長かったですねぇ。
その間に、響子、夏帆とのエピソードが入っているので、どうしても遅くなるのは仕方ないですね。
まぁ、真打は最後に登場って事で(汗)

尺の都合かもしれませんが、各ヒロインとも基本本番は1回ずつという事もあり、やや物足りなさは感じるかもしれませんね。
まぁ、それ以外の手コキやフェラなどの行為は別にあるので、総量としてはそこそこかもしれませんけども、それでももう少し欲しかったかな(汗)

初々しいHシーンの雰囲気は感じられるので、その点は良いんですけどねぇ。
行為を経験した後の変化も、その後の行為で確認できれば良かったかなと。
一応、亜佐美はあっさりとした、その後の行為の描写はありましたけど、これでは…(汗)

挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
同レーベルでは、「湯けむり下宿の艶尻お姉さんたち」、「幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後」がありますね。
この人の絵柄は表紙絵でも分かりますが、可愛らしく清潔感のあるさっぱりしたキャラクターが魅力的に描かれているのが特徴ですね。
爽やかな絵柄なので、こういう純愛系にはぴったりですねぇ♪

どのヒロインも可愛らしいので、皆良いですねぇ♪
響子の思ったよりも可愛らしかったのもいいし、夏帆のちょっと勝ち気そうな表情もいいですし、亜佐美の清楚な感じも捨てがたい…(汗)
もっと見たいけどリアルドリーム文庫なので、挿絵数が少ないのが残念ですね(汗)

後は、せっかくのチアリーダー部なのだから、チア衣装を着ての行為も見たかったですね。
絶対あると思ったのだけどなぁ…。

何気に主人公も可愛らしかったですね(汗)


全体的には、私が当初イメージしてたものとは違ってましたね(汗)
てっきり、これハーレム的な展開になるのかと思ってたのですが、そんな事はなく、最終的にはひとりの娘を選ぶ事になる展開でしたね。
主人公が基本、優柔不断な性格なので女性陣の板挟みになって、結局選べませんでした、とか思ったんですけどねぇ(汗)
まぁ、それは私の勝手な思い込みでしたけども(汗)

正直な所、読んでてチアリーダーの雰囲気が薄く感じたかな。
でも、合宿してたり練習風景もそれなりに描写されてたんですけどね(汗)
何かインパクトがなかったのも確かですかねぇ…。

誘惑美少女チアガール ~女子校生彼女と幼馴染み~ 誘惑美少女チアガール ~女子校生彼女と幼馴染み~

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
誘惑美少女チアガール ~女子校生彼女と幼馴染み~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 幼馴染みと学園のアイドル レビュー

リアルドリーム文庫 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後

幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 (リアルドリーム文庫 72)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 532

10月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、アパートに一人暮らしをしていますが、主人公が帰宅してみるとアパートは大騒ぎに…。
何とアパートに車が突っ込み、主人公の部屋の壁が崩壊しているという状態に(汗)
そこで主人公は幼なじみでもある「瀬川 夏美」(せがわ なつみ)の家に居候する事になります。
すっかり女らしくなった夏美のドキドキする主人公は、夏美始め女性たちの誘惑にさらされる事に…と言う展開です。

登場するヒロインは、夏美以外に主人公の憧れの先輩の「稲垣 莉奈」(いながき りな)、主人公の前のアパートの大家の「村口 君江」(むらぐち きみえ)がいます。

夏美は、主人公の幼なじみのクラスメートです。
勝ち気で活発な性格をしており、新体操部に所属しています。
主人公に好意を抱いてますが、中々素直になれません。

莉奈は、主人公の所属する美術部の先輩で憧れの存在です。
お嬢様で学園の男子からは、マドンナ扱いをされています。

君江は、主人公の住むアパートの大家であり、学園の非常勤の保健師です。
また夏美の叔母でもあります。
人妻ですが、現在夫の浮気に悩んでいます。


展開的には、主人公のアパートが破壊された事で、主人公は君江の口添えで夏美の家で居候をする事になります。
しかし、主人公は綺麗に成長している夏美たちと一緒に住む事にやや戸惑いもあります。
それは見た目は良くなっても、彼女のきつい性格には子供の頃からいじめられており、苦手意識があるんですね。
なので、主人公はあまり夏美には頭が上がらない訳です。

ですが夏美たちの家に移る前日の夜に主人公は君江の手料理をごちそうして貰う中で、お酒のペースが加速する君江との会話はおかしな方向へ…。
学校で見せる姿とは、違うアルコールによって赤らんだ表情に主人公もドキドキしてしまいます。
そして、彼女と会話で夫が浮気しているとの問題発言を聞いてしまう事に(汗)
そうなるとお約束の彼女はいるのか、経験はあるのかと言うやり取りになっていく事になり、主人公は君江にHな行為をされてしまう事になります。

ここで主人公は、君江から手コキで発射させられるのを始まりに、フェラで口内発射をされて、童貞を卒業する事になります。
まぁ、どうやらその後ももう1回戦あったようですが、搾り取られたとしか描写がなかったです(汗)
随分、溜め込んでいたんでしょうねぇ、彼女も夫に放っておかれてたし、結構若い頃遊んでたみたいですしね(汗)

そんな強烈な体験をしてから、翌日に夏美の家に行く事になるのだから、主人公も夏美の健康的な肉体美を意識してしまうきっかけにもなっていますね。
そんな夏美との共同生活(母親もいますが)では、やはり突発的なお風呂場でのアクシデントが起こります♪
ここで結果的に主人公は、夏美に手コキされてしまい、射精してしまう事になります。

でも、その後も相変わらず態度は変わらない夏美の姿に主人公はますます訳が分からなく困惑する事になります。
とは言え、お風呂場での行為などで主人公は夏美をかなり意識する事になるのですが、そこは男の悲しい性…、またも別な女性に気を取られる事になります(汗)

その相手は、主人公の所属する美術部の先輩である「莉奈」の存在。
偶然、彼女の着替えや秘密を目撃してしまう事に(汗)
学園では清楚でお嬢様なイメージで定着してただけにこの行動には主人公も動揺の色を隠せませんが、お約束で覗いてた事がばれてしまい、主人公は彼女からの「お願い」を聞かざる得ない状況に追い込まれます。

こうして主人公の思い描いていた展開とは全く違う流れではありますが、莉奈と接点をこれまで以上に持つ事が出来た主人公ですが、そんな状況を夏美は面白くなくますます風当たりが強くなっていくという悪循環に…。

Hシーンは、3人の女性陣との行為が描かれています。
タイトルだと幼なじみと学園のアイドルと言う事で夏美と莉奈がメイン所だと思ってたんですが、意外に君江の存在感もありましたね。

最初に人妻キャラで、いかにも主人公の筆おろしの相手役だろうなとは想像しやすいのですが、その後もHシーンが用意されていたりと出番が比較的多かったですね。
個人的には、色気があって年齢の近いヒロインたちとはまた違う魅力のあるヒロインなだけに好みではありますが、彼女の出番で他のヒロインがやや見せ場が減った印象もありますね(汗)
まぁ、H担当な感は否めないですねぇ。

莉奈は、主人公に秘密を目撃された事からHな関係になっていく事になりますが、主人公の股間を観察させてもらうというシチュエーションは美術部の彼女らしいですね。
勿論、非勃起時での観察から始まりましたが、途中でこの特異なシチュエーションでフル勃起してしまうのはお約束(汗)
その後、勢いで主人公は彼女とのHも体験する事になります。

夏美とは、お風呂場での手コキ事件?があった他にも、主人公の隠し事を聞き出すために主人公を縛って、白状するまで手コキで寸止めし続ける拷問プレイが印象的ですね(汗)
口でも勝てないのに、こんな事されたら頭上がりませんねぇ(汗)
個人的に残念だったのは、彼女とのHシーンではコスプレ色がなかった事ですね。
てっきり、彼女は新体操している設定があっただけにそのコスチュームでのHを個人的には期待していたんですよねぇ(汗)
作中でもレオタードを着ているシーンがあっただけに期待が高まってただけに残念です…。

挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では「湯けむり下宿の艶尻お姉さんたち」も挿絵を手掛けていますね。
可愛らしい絵柄と爽やかな雰囲気は今作の作風に合っていますね♪
特にこの表紙絵の出来栄えには惹かれた人は多いのではないでしょうか?

胸の柔らかさや少し巨乳ゆえに重力に逆らえ切れてなさを感じさせる様な胸の描き方が秀逸ですね♪
個人的には、ラストの挿絵である夏美のHシーンが好みでした。
胸の描写や初Hシーンでの涙を浮かべた感極まった表情などがツボでしたね。

勿論どのキャラクターも可愛らしさと色っぽさを兼ね備えているので、文句なしですねぇ。
まぁ、しいて言うならやはりリアルドリーム文庫の挿絵数の少なさですね(汗)


全体的に、メインヒロインは夏美で残念ながらアイドルである莉奈との関わりが薄かったですね。
H自体はしたものの、それは恋愛感情からの行為ではなかったのも大きいですね。
勿論、人妻である君江も恋愛感情ではないだけに、タイトルでイメージするハーレム的な作品とは大分違ってましたね(汗)
なので、散々Hしていて純愛系?なのかは分かりませんが、メインヒロインはひとりなのでご注意ください。

もう少し各ヒロインとのバランスが良かったら、かなりの良作だったのだろうけど、ちょっと勿体ない作品だったかなというのが個人的な感想ですね(汗)
君江はまだしも、莉奈のキャラはもう少し恋愛色が欲しかったなぁ。

正直、君江よりもインパクトがなくて、莉奈はいなくても問題ないレベルなんですよねぇ…。
他のヒロインたちとは基本的に繋がりが弱いし、もっと掘り下げていれば変わったのかなと思うと惜しいキャラクターですね(汗)

幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】幼馴染みと学園のアイドル

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
幼馴染みと学園のアイドル 女子校生たちの恥じらいの放課後

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます