FC2ブログ

相川亜利砂のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:相川亜利砂

相川亜利砂のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2017-09-08オトナ文庫
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜 (オトナ文庫 75)posted with amazlet at 17.09.08さんきち パラダイム (2017-05-31)売り上げランキング: 213,655Amazon.co.jpで詳細を見る2017年5月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、大学受験に失敗した浪人生です。今回予備校に通うため、兄の家に居候する事に。そこで主人公は、兄不在の際に兄の妻である「...

記事を読む

no-image

2014-11-12Paradigm novels 「た行」
Paradigm novels 帝都のユリ帝都のユリ (パラダイムノベルス 97)posted with amazlet at 14.11.12布施 はるか パラダイム 売り上げランキング: 1,347,622Amazon.co.jpで詳細を見るPCゲームが原作のノベライズ作品です。でも、どうやら元々は雑誌掲載の小説を元にソフト化して、それをノベル化したという何ともややこしい流れを経ている珍しい作品みたいですね(汗)「帝」の存在によって、長らく統べられている帝国。そんな長い歴...

記事を読む

オトナ文庫 メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ レビュー


2017年5月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、大学受験に失敗した浪人生です。
今回予備校に通うため、兄の家に居候する事に。

そこで主人公は、兄不在の際に兄の妻である「遥佳」(はるか)と、関係を持ってしまう事に…。
その後も、周りの人妻たちと次々に関係を持ってしまう事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 篠田 遥佳」(しのだ はるか)
  • 二階堂 みなみ」(にかいどう)
  • 波多野 菜月」(はたの なつき)
  • 楠見 律子」(くすみ りつこ)
がいます。

遥佳は、主人公が居候する事となる兄の妻です。
しっかり者で面倒見がよい明るい性格の持ち主です。
主人公との関係も、弟の様な感覚に思っており、無防備な姿を晒す事もしばしば。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

みなみは、兄夫婦のご近所さんで、人妻です。
たまに遥佳の家にお邪魔して、談笑しています。
人見知りな性格で、少しそっけないクールな面を見せますが、打ち解けた相手には積極的な面を見せる様になります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

菜月は、遥佳の妹で、彼女も人妻です。
姉同様に美人でスタイル抜群ですが、それ以上に自由奔放な性格をしており、享楽的な所があります。
主人公に迫って、からかう趣味があります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

律子は、主人公の叔母にあたる女性です。
主人公は遥佳の家に居候になるまでは、彼女の家でお世話になっていた経緯があります。
主人公の事を溺愛しており、執着心があるのか、唯一の独身者でもあります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

ストーリー展開


展開的には、主人公が人妻と関係を持ちまくる流れですね。
…凄いザックリとし過ぎですね(汗)

元々、主人公は大学受験で失敗してしまい、浪人生の立場となっています。
予備校に通う事となったのですが、叔母の律子の家からは通うのが中々大変な距離だったため、兄夫婦の遥佳たちの家に居候し、そこから通う事となったのです。
内心、主人公としては勉強もですが、憧れの存在である遥佳と一緒の生活って事も嬉しい要素でした。

そんな楽しみな新生活が始まって、しばらくの時間が経過すると、困った悩みも。

遥佳は、昔からお互い知っている関係でもあり、弟の様に思われているせいか、次第に彼女の気が緩んできた所があるんですね。
それこそ、風呂上りにバスタオル一枚で出入りしたりと、主人公の存在を良い意味で気にしなくなっていった訳ですね。
それ自体は、嬉しい事でもありますが、興奮した気持ちを持て余す結果となり、勉強に身が入らなく…(汗)

気軽に自慰も出来ませんしねぇ、居候の身では(汗)

そんな中、遊びに来てた遥佳の妹である菜月に過激なスキンシップをされ、思わず股間が大きく…。
享楽的な彼女は、そんな反応してしまった主人公を構わず、手コキで射精させてしまう事となり、余計に悶々とする羽目に(汗)

その後、更にお酒の入った遥佳とも関係を持ってしまう事に…。
彼女は、お酒が入ると結構性格が大胆になるというか、ギャップがあるんですよね(汗)
その流れから、Hな行為が始まり…、遂には関係までも持ってしまった訳ですね。

これをきっかけにしてという訳ではないのですが、その後も他の女性陣と関係を持ち出す事となっていく流れになっていますね。

…そんなに、この主人公は年上の女性の何かを刺激する何かがあるんですかね? 母性本能?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、全ヒロインが主人公よりも年上である所でしょうか。
人妻ってのも挙げようかと思ったんですが、叔母の律子は唯一独身だったので(汗)
でも、大半のヒロインが人妻ってのも大きな特徴ですけどね♪

年上なヒロインたちゆえに、可愛らしくも母性的な包容力のある雰囲気が出ていましたね。
やはり、これは同学年とかのヒロインでは中々出せない味なだけに、印象的ですね。
母性的なんて言うと、甘えさせてもらうとかの甘々な展開をイメージするかもしれませんが、正直そこまでそういうのはないですね。

過剰な甘々さは、控えめになっており、変にクドさはないので、読みやすいかと思います。
逆にそっち方面を期待してた人には、少し物足りないかもしれませんけどね(汗)

年上のヒロインばかりですが、全員が全員経験豊富って訳でもないので、人によっては初々しい反応を見せる人も。
逆に手慣れている感じの人もいたりと、主導権を握ったり、握られたりといった形がそれぞれあるのも個性があって良いですね。
リードしたり、リードされたり…、どっちの女性のタイプもそれぞれ魅力的です♪
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

また相手が大半、人妻って事で、ちょっと寝取り的な要素も考えるかもしれませんが、正直そこもあんまりないですね。
何故かと言うと、女性陣の夫ですけども、遥佳の夫である主人公の兄ですら殆ど登場しない有様で、他のヒロインの夫に至っては一切作中に出てきません。
なので、正直あんまりヒロインたちを人妻って感じる面はかなりなかったと思いますので、寝取る感覚にもならないってのが正直な所ですね。

タイトルにメス堕ちみたいな、ちょっと過激なネーミングしてますが、かなり柔らかい雰囲気で重さは一切ないですので、ご安心を。

作品の構成、展開的に仕方なかったのかもしれませんが、複数ヒロインでの行為は殆どなかったですね。
まぁ、皆に秘密にするもんなぁ、言える訳ないし(汗)
なので、ハーレム的な全員で~みたいな展開は、原作版にはあるのか分かりませんけども、ノベル版に関してはなかったですね。

唯一、遥佳と菜月の姉妹だけ、ふたり一緒での行為がありましたけどね。
性格も正反対な彼女たち姉妹の異なる魅力が垣間見えるやり取りなどは、見所の一つでもありますね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われていますね。
原画担当は「相川亜利砂」さん、「薦田ロボ」さん、「リャオ」さんが手がけています。

どの女性も可愛らしさと、年上の女性の色気を併せ持ったキャラデザインが魅力的ですね。

個人的には、結構肉棒の表現とかが存在感あって良かったですね。
肉棒だけではないんですが、結構パキッとした色使いだったりで、女性の身体も肉感的な描写がされているので、健康的なHさを感じられるのが良いですねぇ♪
こういうはっきりとした表現は、よりガツンと視覚的にも刺激があるので、印象が強いですよね。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

汁気描写も、結構濃いめな仕上がりで射精されて、全身を精液まみれになっているシーンはいやらしさと色気を感じましたね。
でも、ヒロインによって汁気の描写が違うので、原画担当の方の違いもあるのかな?

担当のひとりである相川亜利砂さんのキャラは、遥佳、菜月らしいですが、このふたりの汁気(精液)描写は結構濃くて自分好みでしたね。
…そのため、このふたりの時だけ、主人公は他のヒロインよりも大量に精液出している様な気がしますねぇ(汗)

挿絵数:26枚

総評


全体的には、タイトルのメス堕ちって表現の印象とは違って、割と穏やかな雰囲気の話でしたねぇ。
まぁ、明るい寝取りハーレムって帯にもありましたしね(汗)

実際、陰鬱とした重さは皆無で穏やかな雰囲気の中で関係を持つので、間違ってはいないですかね。
なので、苦手な人でも読みやすい仕上がりになっているので、年上ヒロインが好みならば十分楽しめると思いますよ♪

Amazon版 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ ~年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活~ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜

DMM 原作PC版ダウンロード
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜 DL版【電動オナホール対応】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

Paradigm novels 帝都のユリ レビュー

Paradigm novels 帝都のユリ

帝都のユリ (パラダイムノベルス 97)
布施 はるか
パラダイム
売り上げランキング: 1,347,622

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
でも、どうやら元々は雑誌掲載の小説を元にソフト化して、それをノベル化したという何ともややこしい流れを経ている珍しい作品みたいですね(汗)

「帝」の存在によって、長らく統べられている帝国。
そんな長い歴史がある、この帝国も度重なる政治不信により、不穏な空気が流れ出す事に…。

主人公兼ヒロインの「」(かおる)は、帝を護る少女たちで編成された「近衛連隊」の隊長代理でしたが、そんな隊内にある噂が流れ出す事に。
それは、帝が幽閉されているという、薫には俄かには信じられない内容だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

大須 薫」(おおす かおる)
安藤 玲」(あんどう れい)
野中 百合」(のなか ゆり)
小島 沙織」(こじま さおり)
立花 多香魅」(たちばな たかみ)
有馬 五月」(ありま さつき)
御西の方」(おにしのかた)などがいます。

これ以外にも名前の出るキャラクターは、かなり多いんですが、ノベルの紹介ページに掲載されているのはこの面子です。

薫は、近衛連隊隊長代理を務める事になる少女です。
上流貴族出身で文武両道、才色兼備と人を惹きつける魅力を持っています。
幼い頃に大須家に預けられた「帝」と接した経緯から、想いを寄せて続けています。

玲は、近衛連隊の大尉です。
薫の同期であり、親友でもあります。
男勝りな直情的な性格をしており、時には熱くなり暴走する所も。
薫に対して、強い想いを抱いています。

百合は、近衛連隊の曹長であり、薫付きの下士官という立場です。
薫に対し、純粋な憧れを持っており、薫の側で献身的に仕えています。
薫もまた、年下の百合に対して妹の様な感覚で心を許しています。

沙織は、近衛連隊大尉であり、技術将校という立場です。
過去に男に対して強いトラウマがあり、男嫌いなレズビアンとなっています。
玲とは、深い関係でもあります。

多香魅は、近衛連隊大尉であり、作戦将校という立場です。
慎重で思慮深い性格をしており、隊のバランサーでもあります。

五月は、近衛を率いる連隊長の女性です。
近衛連隊は、基本若い少女たちで構成されていますが、彼女は成人しても近衛に関わっています。
現在は、国防総省に出向しており、彼女の代理として薫が近衛連隊隊長代理を務めています。

御西の方は、帝国の太后です。
美しくまるで人形の様に整った顔立ちをしており、人間味を感じさせない程の雰囲気を持っています。

ストーリー展開


展開的には、近衛連隊内で広がる帝が幽閉されているという噂がきっかけとなり、薫に様々な決断を迫ることになる流れですね。

まず、この作品の世界観は独特なんですよね、ちょっとどこか時代がかった雰囲気がありつつ、意外と文明は発達していたりで。
でも、全体としてのトーンはやはり少し時代がかった雰囲気が漂っていますね。
この雰囲気が好きならば、かなり入り込みやすいのではないでしょうか?

この帝国の正式名は「大ジャポン帝国」ってのが何とも言えないセンスです(汗)

そんな帝国は、長らく帝が統治してきた歴史があるんですね。
その歴史は、約2600年というのだから、とんでもなく安定した国なんですね。
そして、今現在の帝国の帝は、若くして即位したため、太后である御西の方が実質、政務を行っているという状況です。

しかし、長らくこれだけの年数、平和に歩んできた帝国でしたが、それゆえに帝国議会内で度々スキャンダルが起こり、国民の不信、不満は高まって来たのでした。

そんな事もあってか、いつしか議会内で派閥の対立が深まっていく事になってしまったのです。

大きく太后派と帝派のふたつの衝突が起こり始めた訳ですね。
太后派は、これまで通り現状維持を図り、帝派は、改革を求めると、求めるものは大きく違い、この事が帝都を緊張状態にしていたのです。

薫が所属する「近衛連隊」は、帝を護るために存在する隊。
この部隊は、歴史ある隊であり、未婚の若い少女たちしか入隊する事ができず、更に処女である事が求められるという決まりがありました。
それゆえに、周りからはこの隊を「帝のハーレム」などと揶揄する声もあるのも事実です。

しかし、近衛連隊に入隊する事は大きな名誉であり、憧れでもあるため、そんな声にも負けていないんですね。


そんな部隊で、薫は代理とは言え、近衛連隊隊長代理として務めている中で、ある噂を耳にする事になります。
それは、帝は幽閉されているだの、そこに近衛連隊が絡んでいるなど、ここぞとばかりにあらぬ内容が含まれていたのでした。

これは、例の帝派と太后派の衝突に端を発している物であり、それに近衛連隊も巻き込まれた形な訳ですね。
日頃からお飾りの様な存在として揶揄されている状態ゆえに、この噂は一部の隊員たちには我慢ならないものだったのです。

その代表格が、玲であり、代理である薫に発破をかける事になったのです。
その中で、ポロッと飛び出したのがクーデターという物騒な単語…。

これがきっかけとなり、近衛連隊内部で実行派と慎重派に二分されていく事になり、薫は悩まされる事になる流れですね。


薫としては、帝に対して強い想いを抱いているんですね。
それは幼い頃に帝と接する機会があり、そこからずっと想いを抱き続けていたからなのです。
それだけに、この噂は彼女自身も真偽を確かめたい所はありつつも、自身の隊長代理としての立場ゆえに、安易に決める訳にいかず思い悩む事になる訳ですね。

更にそこに、外部で暗躍する存在なども相まって、物語は複雑にそして、各々の思惑を含み、展開されていく事になるのが見所でもありますね。
登場キャラクターが多くて、覚えの悪い自分には最初把握するまで結構大変でした(汗)

しかし、彼女たち少女が自ら溢れ出た想いに良くも悪くも振り回されてしまう姿は、何とも言えませんね。
ある意味では、それはとても純粋で危険な物へと変化していく事にもなりますが、それが多感な年齢である彼女たち近衛連隊の少女たちの真っすぐな熱でもあるので、見てて、まぶしくも感じてしまいますねぇ。

Hシーン


Hシーンは、上記の登場ヒロイン全部の行為が描かれています。

行為的には、フェラ、アナルセックス、自慰などがあります。
他の要素としては、バイブなどの小道具や浣腸などの要素も一部ありましたね。

タイトルやストーリー展開などでも分かるでしょうが、この作品はどちらかと言えばレズ…百合ものと言える内容になっています。
どちらかと言えばとある様に、全部女性相手の絡みばかりではなく、少しですが男性キャラとの絡みもあるので、全部がそういう訳ではないです。

後は、一部では凌辱展開だったり、SM色などを含んだ内容もあるのも特徴でしょうか。
世界観と彼女たちの立場的に、平和でラブラブみたいなノリではないですから、そこはシビアな所、描写も垣間見える様になっています。
まぁ、そこまで過剰ではないとは思いますが、やはり読んでいく内に感情移入していく女性陣が凌辱って事になれば、そこは心苦しいものがありますけどね(汗)

大半は、女性同士の行為というのもあったりするせいか、ガツガツとした行為描写ってよりは、精神的な繋がりなどを重視した様な描写が目立つかなと思います。

個人的には、あまり女性同士ってのは嫌いではないですが、そこまで興奮はないかな(汗)
実際の所、女性同士の絡みであっても、心満たされる感じな場面って思いの外ないんですね、何かしら不安な心のはけ口だったりの流れとかでやるって感じが多いので(汗)

挿絵


挿絵は、いつもの様に原作版の画像を…ではなく、手描きイラストという珍しい内容になっています。
原画担当は「相川亜利砂」さんです。

そして、今作のノベル版のイラストも相川亜利砂さんによるものになっています。
ちゃんとノベル版には、「画 相川亜利砂」と記されていますね。

描き下ろしなのでしょうか、パキッとしたアニメ的な原作版の絵柄とは大分雰囲気が違いますね。
筆ペンなどの様な線で描かれた挿絵は、だいぶ独特な雰囲気を感じさせます。

まぁ、若干、線が荒いというか、かなりラフっぽい仕上がりなので、人によっては好き嫌いがありそうですね(汗)
表情などは魅力的なんですけども、影の斜線とかはかなりラフ…かな?(汗)

でも、これに見慣れると原作版の絵柄が凄い色鮮やかで、逆に違和感を感じるかも(汗)

正直、ガツンとしたエロさみたいなのは、控え目であり、雰囲気を味わうって感じなのかなと思います。
かなりムード重視な絵柄になっているので、中々興奮って感じではないんですよね。
この雰囲気自体は、結構嫌いではないんですけどね(汗)

挿絵数:20枚

総評


全体的には、ノベル版なのに、中々読み応えがありましたねぇ。
私自身が時代がかった言い回しというか、用語だったりがあって、理解するのに手間取っただけってのもあるかもしれませんが(汗)

世界観も少し古き時代を感じさせていたのが、最終的な核心に触れる所は、かなり壮大な事になっていたのが意外でした。
でも、ちょっと独特の神秘さが損なわれてしまった様な気がしましたね(汗)

どのキャラクターも、かなり個性的で存在感があって、どれが主人公でもおかしくないんじゃないかと思う事もありましたね。
それだけにかなり感情移入しやすい作品に仕上がっているのではないでしょうか。

女性同士の絡みが多いって事で、敬遠するのは少し惜しい作品なのではないかなと思いますね。
でも、ダウンロード版の原作がないみたいなのが、残念ですね(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【新品】【2500円以上購入で送料無料】【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】帝都のユリ...

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます