FC2ブログ

浅沼克明のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:浅沼克明

浅沼克明のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2012-06-16二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時 (二次元ドリーム文庫 228)posted with amazlet at 12.06.16筆祭競介 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 567Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。過去2作品出たエロデレの3作目です。前回が、11年2月発売なので久しぶりですね。正直、細かい所は覚えてな...

記事を読む

2012-03-23二次元ドリームノベルズ 「か行」
きらら☆キララ 魔法少女ってたいへん! (二次元ドリームノベルズ338)posted with amazlet at 12.03.23さかき傘 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る3月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインである「十萌 きらら」(ともえ)は、父がクオーターという事で金髪の目立つ美少女です。そんな彼女は、ある出来事をきっかけに魔法少女「マジカル☆キララ」へと変...

記事を読む

2011-03-02二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 エロデレ2 完璧お嬢さまがときめく時エロデレ2 完璧お嬢さまがときめく時 (二次元ドリーム文庫 181)posted with amazlet at 11.03.02筆祭競介 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 294Amazon.co.jp で詳細を見る「わたくしの身体はすべてあなただけのものでしてよ」憧れていた七海旗あかりと結ばれた悠木拓弥の前に、彼の血筋を狙う星乃宮雅が現れた!あかりから拓弥を奪おうとあの手この手でエ...

記事を読む

2010-08-14二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時 (二次元ドリーム文庫 164)posted with amazlet at 10.08.14筆祭競介 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 380Amazon.co.jp で詳細を見る「私がHなことするのは─キ・ミ・だ・け」憧れのお嬢さま生徒会長・七海旗あかりに婚約を迫られた悠木拓弥。彼を篭絡するため、あかりは積極的に誘惑してくる。ところが誘惑しているう...

記事を読む

no-image

2010-07-11二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 お嬢様パラダイス 譲れない乙女の純情! お嬢様パラダイス 譲れない乙女の純情! (二次元ドリーム文庫127)posted with amazlet at 10.07.11高岡智空 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 222784おすすめ度の平均: はいてる下着も女の子Amazon.co.jp で詳細を見る幼馴染みのお嬢様・静香の命令で女学園へ転入したツグミ。女装して正体を隠すも二人の美少女にHに迫られたり、嫉妬した静香にお仕...

記事を読む

2009-12-16二次元ドリーム文庫 「は行」
二次元ドリーム文庫 ハーレムプリズナー ハーレムプリズナー (二次元ドリーム文庫 144)posted with amazlet at 09.12.16竹内けん キルタイムコミュニケーション (2009-12-10)売り上げランキング: 293Amazon.co.jp で詳細を見る敵軍の女将ネメシスの捕虜となってしまった若き騎士ヘリオード。その武勇を買われて彼女の部下になるよう誘われるが、義理堅い彼は断固拒否。それがネメシスの女王様気質に火をつけることに!恥辱と肉欲...

記事を読む

2009-10-15二次元ドリーム文庫 「か行」
二次元ドリーム文庫 恋人は女神さまっ 恋人は女神さまっ (二次元ドリーム文庫 103)posted with amazlet at 09.10.15空蝉 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 223543おすすめ度の平均: 既に完璧なレビューが ああっほとんど女神さまっAmazon.co.jp で詳細を見るある日空から降ってきたのは、女神さまっ!?心優しい少年のもとに現れた3人の女神さまたちが手コキ、お風呂場でのエッチ、口奉仕など、様々なエッチ...

記事を読む

no-image

2009-10-08二次元ドリーム文庫 「は行」
二次元ドリーム文庫 ハーレムファイター ハーレムファイター (二次元ドリーム文庫 92)posted with amazlet at 09.10.08竹内 けん キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 199085おすすめ度の平均: 20人という数字が妙にリアル エリエンヌ以外とはらぶが足りないAmazon.co.jp で詳細を見る夜盗の襲撃で天涯孤独の身となってしまった少年・クローシュは、傭兵団に入団する事になったが、何とそこは男子禁制美女だらけ...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時 レビュー

二次元ドリーム文庫 エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時

エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時 (二次元ドリーム文庫 228)
筆祭競介
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 567

6月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

過去2作品出たエロデレの3作目です。
前回が、11年2月発売なので久しぶりですね。
正直、細かい所は覚えてなかったです(汗)

なので、大まかなあらすじは…。
主人公は、1作目で生徒会長の「七海旗あかり」(ななみばた)に猛アタックをかけられる事に。
それは主人公を政略結婚の相手に選んだあかりの祖父の意向があったからなのですが、Hなアタックをしている内に主人公の魅力を知り、本当に惚れてしまう事になります。
あっけらかんとHな誘惑をしていたにも関わらず、本当に好きになったらちょっとした事でも赤くなる様になった彼女に主人公もドキドキし…。
最終的には、真っ当な恋人関係になる…というのが1作目のざっくりした内容です。

そして、2作目でもい変わらずラブラブなふたりでしたが、ある日ふたりで一緒にいる時にあかりの友人である「星乃宮 雅」(ほしのみや みやび)と出会う事になります。
その場であかりのうっかり発言から、雅は主人公が特別な存在である事に気づく事に…。
またも主人公を狙い、雅も主人公にHな誘惑をしてくる…という展開でした。


そして今作では、相変わらず主人公の周りではあかりと雅のふたりが主人公の恋人の座を巡って、火花を散らせている状況です。
ヘタレな主人公はそれを止める事も出来ずにおろおろするばかり…。
そんな中、主人公の前に現れた女性が…。
その女性は、幼い頃に一緒に遊んでた主人公の初恋のお姉ちゃんである「織姫 遙香」(おりひめ はるか)であり、何と主人公を婚約者として迎えに来たという展開です。

登場するヒロインは、あかりに雅、そして今作の遙香です。

あかりは、有名商社の社長令嬢です。
元々は主人公と政略結婚のために誘惑してきましたが、今では本気になっています。

雅は、名家である星乃宮のお嬢様です。
あかり同様に、主人公の血を狙い、誘惑をしかけてきましたが、これまた同様に主人公に本気になってしまっています。

遙香は、主人公の幼なじみです。
幼い頃の結婚の約束をしていました。
今は両親と共に海外で過ごしています。
おっとりした性格で海外暮らしが長いせいで、ちょっとずれた行動もしばしば(汗)


展開的には、主人公の前に婚約者として遙香が海外から迎えにやって来る事になる流れですね。
子供の頃の口約束をここまで守るのは、お約束ですけども、やはり凄いですね(汗)

勿論、そうなれば現在主人公の恋人の座を争っている女性陣のふたりには、新たなライバルの出現は困る訳ですねぇ。
恋人の座も決まらぬうちに、婚約者って上行かれている訳ですしね(汗)
更に、幼なじみであり、主人公の初恋の人な訳ですから、最近主人公と接触したばかりな彼女たちには分が悪い事だらけですね。

まぁ、遙香も長い事、幼い頃に海外に行ってしまっているので、何でも知っているって訳でもないんですけどね。
逆に海外生活が長かったせいで、妙な日本の情報を聞きかじってしまっており、的外れな行動もあります(汗)
どうも情報元が日本のアニメなどに詳しいそっち方面の人らしいので、そのせいで裸エプロンで出迎えたり、メイド服があったりするんでしょうね(汗)

そんなマイペースな遙香は、彼女にとってもライバルであろうあかりや雅にも変わらぬ態度で接して来るんですね。
彼女の中では、あかりたちはあくまで愛人であり、自分が本妻という思いがある辺りは、おっとりしている様でもちゃっかりしてますね。
そこであかりたちが、一番かをH勝負で決めようとするハーレム系のお約束な展開になっていく事になります。

個人的な印象としては、こうなる展開はあっても、この早いタイミングでこうなるってのはちょっと予想外でしたね。
大体、終盤くらいでの展開ですからねぇ、今作は中盤辺りですが。
しかし、ここでも経験者であるはずのあかり、雅は未経験な遙香に押され気味なのが面白かったですね。
彼女のペースなどにのせられてしまってた所はありますね。

ですが、その後の展開でそれまで優勢だった遙香にも変化が起こる事に…。
ここでの変化こそが、タイトルである「エロデレ」へのきっかけになるんですよねぇ。

…そういや、エロデレって最初からHに積極的なヒロインたちが、本当に主人公に好意を抱いてから、意識してしまう様になるってパターンなんですよね(汗)
なので、今作も当初から積極的であった遙香にも、それは踏襲されています。
今までのヒロインたち同様に、遙香もまたデレが始まってからはそれまでとは違った可愛らしい魅力を見せてくれる事になりますね♪

デレが始まってからが、本番って感じですねぇ。


Hシーンでは、勿論ヒロイン勢3人との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどの行為が中心ですね。
他に印象的だったのは、ボディソープなどを使ってのヌルヌルプレイでしょうか。
序盤や終盤でも行われており、結構多い印象がありましたねぇ。
なので、ヌルヌルな状態でのマットプレイといったフェチ的な描写もあるので、中々楽しめるシーンになっていますね♪

他にも序盤の3人でのH勝負での、フェラ勝負、パイズリ勝負は各ヒロインの行為が描かれているので、これも見所ですね。
残念なのは、各人の行為で射精までいかない事ですね。
まぁ、フェラにパイズリで計6回の射精はきついですし、仕方ないんですけどね(汗)
それでも、パイズリを各人分描写されている作品ってあまり見ないだけにかなり嬉しいです♪

それぞれひとりとの行為は、結果として今作の遙香だけで、後は複数人数での行為でしたね。
まぁ、ハーレムチックな事になっているので、問題ないんですけど、それぞれ1回はあっても良かったかな。

相変わらず、感じすぎて女の娘の様な声を上げる主人公も健在ですね(汗)


挿絵は今まで同様「浅沼克明」さんが担当しています。
なので、前作も気に入っていれば、何ら問題はないですね。

カラーだと見分け付くんですが、挿絵だと小柄な雅はまだしもあかりと遙香の区別がつきにくい事もあるのは私だけですかね?(汗)
まぁ、キャラクターもどことなく似ている印象があるふたりなんですけどねぇ。

個人的には、ちょっとあかり、遙香に押され気味な雅の猫耳カチューシャ装着の彼女の挿絵がお気に入りです♪


全体的には、ハーレム作品らしい感じになっていますね。

相変わらず主人公の優柔不断ぷりが凄かったですね(汗)
それも終盤である人物に激を飛ばされる事で、この状況を受け入れる様に気持ちを固める事になるんですけども…。
このくだり、必要だったですかね?(汗)
ここの人物の登場が急と言うか…、

個人的には、主人公が3人のヒロインとの関係を自分自身の手で決断する方がしっくりきたかなと思うんですけどねぇ。
これがシリーズではない単作であれば、別にいいのですけども、3作にも渡ってきて、最後の最後に急に現れた存在に言われて決断って形になったのは勿体ないかと(汗)
自分で決めて欲しかったかなと、彼の成長を見せる意味でも。

まぁ、それすらも優柔不断だった彼らしい展開だったのかもしれませんけどね(汗)
そうそう急には生まれ変われないか(汗)

さて、このシリーズはどうも元々3部作の構成だったらしいんですね。
なので、これでこのシリーズは完結って事みたいですねぇ。
彼女たちとの甘々なシーンとも、これで最後と思うとちょっと残念な気持ちですが、まぁ無駄に続いてこれ以上キャラ増やすだけよりはいいのかもしれませんね。

エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時 エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】エロデレ(3)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
エロデレ3 初恋お姉ちゃんが恋する時

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ きらら☆キララ 魔法少女ってたいへん! レビュー


3月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインである「十萌 きらら」(ともえ)は、父がクオーターという事で金髪の目立つ美少女です。
そんな彼女は、ある出来事をきっかけに魔法少女「マジカル☆キララ」へと変身し、敵と戦う事を運命つけられてしまう事に。
敵に操られた友人たちを助けるために戦う彼女でしたが、敵の手に落ちてしまう事になり、凌辱されてしまう事になってしまう展開です。

登場するヒロインは、きらら以外に親友の「小浜ライカ」(こはま)、「平坂ミサト」(ひらさか)がいます。

きららは、金髪な印象的な美少女です。
ですが、彼女自身はそれを自覚しておらず、男子と交ざって遊ぶなど活発な性格をしています。
ある出来事から、魔法少女マジカル☆キララとして戦う事になります。

ライカは、きららの親友です。
きらら以上に活発なボーイッシュな少女です。
運動好きで体操着にブルマがトレードマークと化しています。

ミサトもきららの友人のひとりです。
メガネっ娘であり、大人しい性格をしています。
身体付きは、きららたちよりも発育が良く、胸などはかなりの大きさです。


展開的には、夏休み真っ只中の登校日から始まり、きららは、いつも通りの友人たちとの再会を楽しむ事になります。
そして、それから数日後の彼女の誕生日に物語は大きく動き出す事になります。
きっかけは、彼女の前にぬいぐるみの様な生き物が現れ、言葉を話してきた事です。
エマ」と名乗ったその不思議な存在は、途中で何かの気配を察して飛び出してしまいます。
それを慌てて追う中で、きららは夜の学校にたどり着き、そこで友人のミサトとクラスの男子の姿を目撃する事になります。

エマを追う事を止め、きららは彼女たちの後を追い、信じられない光景を目撃する事に…。
そこできららが見たのは、2人の男子に身体を弄られているミサトの姿であり、それを黙認しているクラス担任の姿でした。
Hな行為の知識は全くないきららでも、ここで行われている行為はとても淫らでいけない行為という事は何となく理解します。

そんな彼女の存在に気付いた担任にきららは絶体絶命のピンチに陥りますが、そこに現れたエマによってこの危機を脱する事に成功し、彼女はこの状態が「魔界樹の種」(まかいじゅ)による影響を受けており、こんな行為をしていると知ります。
そして、きららはそれに対抗する力として、魔法少女☆キララとして戦う事になる訳ですね。

しかし、変身したもののミサトを人質に取られている状態で、キララ(変身したので以後、キララ表記)は敵の手に落ちる事になります。
まぁ、まだ元々彼女は子供ですし、敵の卑怯な行為に対する駆け引きなどの経験値は変身しても変わりませんしね。

そこでキララは、操られている男子生徒たちに身体を弄られる事になります。
自慰すらも知らない彼女の未開発な性感を男子たちによって、少しづつ開発されていきます。
しかし、自慰や子宮などを知らないってなるといくつなんだろうか…、魔法少女って事を考えると結構お若いよね(汗)

その後は、何とか結果的にこの場は何とか解決できましたが、その後も第二、第三の騒動が起こり、彼女はキララとして戦う羽目になる訳です。
まぁ、戦っているのは極一部で、大体Hされちゃうってのはお約束ですけどね(汗)


Hシーンでは、キララは当然として、ミサトなども若干描写がありますが、メインはあくまでもキララですね。

そんなキララは、序盤は男子生徒に身体を弄られまくり、絶頂を幾度となく経験させられる事になります。
ここでは、まだ性を何も理解していないだけにひたすら行為に慣れさせる目的ですね。
キスとアナル弄りだけで何度も絶頂を味わう事になります。
男子生徒の一人がアナル好きという事で、そういう責めが多いですね。
…いくつかは分かりませんが、この年齢でアナル好きとは(汗)

その後、身体が蕩けてしまったキララは男子に処女を奪われてしまう事になります。
この男子は、アナル男子とは違うモテ男で既に何人もの女性経験を持っており、童貞の様にがっつく事もなくじっくりキララの膣内を楽しむ余裕があるのが憎たらしいですねぇ(汗)

きららには、実は幼なじみの男子がおり、彼女自身も自覚していないくらい淡い淡い気持ちが心の中にはあるんですね。
なので、寝取られ的な要素も多少薄いですけど含まれているかな。
凌辱している男も彼女の幼なじみとはかなり仲が悪い事もあり、余計そういう雰囲気が感じられますね。

その次の事件は、触手責めがあるんですが、思った以上にあっさりと短くすぐ終わってしまうので、殆ど無い様なものですね(汗)
はっきり言って、話と話の繋ぎの様なエピソードでしたね。

個人的には、魔法少女のコスチュームでの行為を期待してたのですが、思ったより興奮度は低かったかなと感じましたね。
何でだろうなぁ…、可愛らしい衣装ではあるんですけどね(汗)
他には、体操服にブルマ姿での行為があったりしたりと、コスプレ色もありますね。

行為は、フェラ、アナル、触手くらいで比較的おとなしかったかな?
割とアナル系が描写が多い印象があるくらいでしたね。

挿絵は「浅沼克明」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫で、お馴染みな方ですね。

可愛らしい絵柄なキャラたちがいるんですが、正直今作の挿絵の出来栄えは微妙かな?と感じる挿絵もチラホラ…(汗)
この人の絵柄って、たまに顔がおかしい事ある気がしますけど、今作でもちょっとありましたね(汗)
挿絵によっては、目と目の感覚が空いてて違和感を感じる事がありますね。
まぁ、そういうのは一部なので、大抵はちゃんとしていますけどね(汗)

線は淡く、薄めになっているので。あまりガツンとくる濃さはないので、マイルドな印象ですね。
触手とかの生々しさも軽減されているので、個人的には良かったです。


話的には、これで完結してはいない様ですね。
連載時の話に加筆修正をした作品みたいで、これは前半部なのかな?

そのせいか、今作では1話、3話、7話という変則的な構成になっているんですね。
最初、目次見た時ミスかと思いました(汗)

ちなみに3話は描き下ろしの話みたいです。
それでかなりページがこれだけ少ないんでしょうね。
Hシーンもこの話はかなりあっさりしてたし。

正直な所、私には今作は微妙な作品でした(汗)
完結していない事もですが、何か1、3、7話と間が空いているせいか、かなり繋がりが弱い印象でぶつ切り、繋げた感がありましたね。
何か今回、合間で何回も既に戦いを行ってたみたいな描写があったんですが、それに当たる話が抜けているせいなのでしょうねぇ。

思ってた魔法少女っぽさもあまり感じなく、個人的には何とも印象の薄い作品に感じてしまいました。
明確な敵の存在もなかったし、敵よりもむしろ操られた人間の方の描写がメインで、派手なバトル要素は皆無でしたしね。
これなら、続きは読まなくていいかなぁ…(汗)

まぁ、性に未成熟なヒロインが凌辱行為によって、性が開花していく描写が描かれているのは良かったんですけどね。
薄い寝取られ要素も感じさせるのも、ヒロインの背徳感を感じられて悪くはなかったのですが…。
…後半で、一気に盛り上がっていくのかなぁ(汗)

きらら☆キララ 魔法少女ってたいへん! きらら☆キララ 魔法少女ってたいへん!

DMM 電子書籍
きらら☆キララ 魔法少女ってたいへん!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 エロデレ2 レビュー

二次元ドリーム文庫 エロデレ2 完璧お嬢さまがときめく時

エロデレ2 完璧お嬢さまがときめく時 (二次元ドリーム文庫 181)
筆祭競介
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 294

「わたくしの身体はすべてあなただけのものでしてよ」憧れていた七海旗あかりと結ばれた悠木拓弥の前に、彼の血筋を狙う星乃宮雅が現れた!あかりから拓弥を奪おうとあの手この手でエッチに誘惑してくる彼女に当然あかりも対抗し、拓弥をめぐる三角関係が勃発する。

2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作は10年8月に発売された「エロデレ」の続編です。
登場人物なども、同じです。

前作のレビューはこちらからどうぞ
二次元ドリーム文庫 エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時


エロデレを知らない人のために、前作をざっくり紹介すると…。
主人公は、前作で生徒会長の「七海旗あかり」(ななみばた)に猛アタックをかけられる事に。
それは主人公を政略結婚の相手に選んだあかりの祖父の意向があったからなのですが、Hなアタックをしている内に主人公の魅力を知り、本当に惚れてしまう事になります。
あっけらかんとHな誘惑をしていたにも関わらず、本当に好きになったらちょっとした事でも赤くなる様になった彼女に主人公もドキドキし…。
最終的には、真っ当な恋人関係になる…というのが前作のざっくりした内容です。

そして、今作でも変わらずラブラブなふたりでしたが、ある日ふたりで一緒にいる時にあかりの友人である「星乃宮 雅」(ほしのみや みやび)と出会う事になります。
その場であかりのうっかり発言から、雅は主人公が特別な存在である事に気づく事に…。
またも主人公を狙い、雅も主人公にHな誘惑をしてくる…という展開です。

登場するヒロインは、あかりに雅のふたりのみです。

あかりは、現在主人公と婚約している関係です。
政略結婚を企んでいたのは過去の事で、現在は主人公にベタ惚れです。
主人公よりも年上なために、最初こそはお姉さんな面が強かったですが、現在は素のちょっと子供っぽい可愛らしい姿も見せる様になっています。
明るく楽天的な性格です。

雅は、名家である「星乃宮家」のお嬢様です。
主人公と同い年ながら、帝王学を学び、既に経営にも携わっている才媛でもあります。
かつてのあかりの様に、主人公を狙い、これまた淑女の嗜みとして学んでいた閨の技術を主人公に使って奉仕してきます。
性格は、お嬢様にありがちなツンとした態度は殆どなく、素直な印象です。
とは言え、あかりに対して負けたくない気持ちもある様です。


展開的には、前作同様に主人公にHな誘惑をしてきた雅が、後に主人公の魅力に気づき、惚れちゃう流れとなっています。
しかし、そこにあかりがいる事で、ふたり一緒にHな争いに発展したりするのが前作との大きな違いではありますねぇ。
作品によっては、続編で新キャラクターを追加した事で、逆に前作のいい所をなくすってケースもあったりするのですが、元々前作ではあかりのみだった事もあり、一人増えてもそれほど変わらないと思います。

当然と言うか、全体的にやや新キャラである雅の出番は多いです。
そこには、同学年でかつ同じクラスに転入してくるという事もあり、接する機会が多いので当たり前でもあるんですけどね。
なので、中盤はややあかりの存在感は少し薄い印象ですね。

お嬢様な特権を活かして、修学旅行先を主人公のみならず、全員を海外にする事で、あかりとの距離を引き離す作品などしたたかな面もありますね。
…一体、いくら使ったのだろうか(汗)
そうなれば、主人公を半ば強引に誘惑し、Hな展開に持っていくのは必然です♪
まぁ、会って間もない頃からパイズリ奉仕など、散々アピールしてましたけどね(汗)

H後も雅の猛攻は続き、あかりと電話中の主人公のアナルを舌で舐られながら手コキされるというコンボを受ける事に…。
思わず主人公も「らめええ!」とどっちが女性か分からない喘ぎをする程です(汗)
その声を聞いて、主人公がアナル舐められて、シコシコされている声と分かるあかりもどうかと思いますが(汗)
婚約もしているあかりが自分の感じている声を聞いている羞恥の中での行為は、到底我慢できるものではなく、大量に発射してしまう事に…。
この時、主人公はいわゆる「まんぐり返し」ならぬ「チンぐり返し」な姿勢だったので、雅が手で精を受け止めなかったら自分の顔に大量に放ってしまってましたね(汗)
でも、仮に自分の精液でべっとり汚れた顔を雅が舐め取るというシチュエーションもこれはこれでアリだったかも…(汗)

しかし、あかりもずっとやられっぱなしではなく、急遽参戦し、お約束のHな行為の張り合いとなっていきます。
手始めにフェラ対決で、あかりの甘いねっとりとした奉仕と真逆な雅の口をオナホールの如く、荒々しく使うイラマチオプレイとそれぞれの魅力があり、フェラ好きには嬉しい展開です♪
更にローションを使用した脚コキ、股コキ、腋コキまでありと、かなりマニアックなプレイが展開されます。
そして、Wパイズリとズリズリ、コキコキしまくりです♪
H度は前作もかなりの高さでしたが、今作は更にマニアックに濃いプレイがあるのが特徴ですねぇ。

そんなH勝負は、結局グダグダになる訳ですが、その後に雅の置かれている状況が変化するのが重要な場面となります。
ここで、雅は主人公をちゃんと個人として、認識する事になっていく訳ですね。
そうなると、いよいよ「デレ化」が始まる事になります♪

あかりの時と同様に、彼女も今までためらいもなく主人公に奉仕できていたのが、まともに目を合わせるのもできなくなる変化っぷりにはやはりニヤニヤしちゃいますね♪
このデレがあって、最初の頃のエロも活きて来る事になるので、この初々しさこそが肝ですからねぇ。

しかし、雅はあかりとは違うデレ化をする事になるのが大きな違いですね。
まぁ、同じ様な変化だと面白くないってのもありますしね。
ここでは、あえて書きませんが、「なるほど、ここでこうなるかぁ…」と言うのが私の感想ですね。
ベタですが、キャラクターにも合っていると思いますし、何より最初からではなく、ここでというのが更に彼女のキャラクターを印象深いものにしています。
どちらにせよ、ニヤニヤするのは変わりませんね♪
でも、今までの彼女も良かっただけにどっちも捨てがたいな…(汗)

そんな彼女の変化に主人公も戸惑いつつも、惹かれてしまう事に…。
惚れっぽいですねぇ、主人公も(汗)
まぁ、実際こんな事になったら、私もあっさり転ぶ事でしょうが(汗)
雅とのHでは、今までの彼女とはまた違ったラブラブ感が出ていて、楽しめると思います。

その後もあかりも参戦してのバニーガールとチャイナドレスのコスプレHもあり、満足度は高いと思います♪

ヒロインがふたりになった事で、Hシーンのバリエーションがかなり増した印象ですね。
一方で、ひとりのヒロインとラブラブって感じではなくなり、ハーレム感が色濃くなっています。
そういうのが嫌いでなければ、楽しめるでしょう♪

人によっては、主人公の「らめええええ」とかハートマーク付きなどの台詞が気になるかもしれませんね。
私は気にならないですけどね、結構主人公の驚いた時に出る「ふぇっ!?」も嫌いではないです(汗)

挿絵は前作同様「浅沼克明」さんが担当しています。
なので、前作も気に入っていれば、何ら問題はないですね。
相変わらず、甘い雰囲気が出ている絵柄ですので、この作品には相性がいいと思います♪
最初に表紙絵見た時は、雅の肌が少し褐色に見えたのは気のせい?

どうも、好評なら続編も…?という事もありうる感じらしいので、どうなるのでしょうかねぇ。
でも、これ以上ヒロインを増やすと、どうなのかなという気もしますし、今作である程度出し切った感もあるだけに、無理に出す必要はあるのかなと思うんですよねぇ。
さすがに似たパターンが、もう一回ってのはダレるかなって(汗)
まぁ、出たら買いますけどね(汗)


楽天はこちらからどうぞ
エロデレ(2)

エロデレ2 完璧お嬢さまがときめく時 エロデレ2 完璧お嬢さまがときめく時

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
エロデレ2 完璧お嬢さまがときめく時

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 エロデレ レビュー

二次元ドリーム文庫 エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時

エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時 (二次元ドリーム文庫 164)
筆祭競介
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 380

「私がHなことするのは─キ・ミ・だ・け」憧れのお嬢さま生徒会長・七海旗あかりに婚約を迫られた悠木拓弥。彼を篭絡するため、あかりは積極的に誘惑してくる。ところが誘惑しているうちに、拓弥に本気で惚れてしまった彼女はデレ始め…。

8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

またストレートなタイトルです(汗)
エロくてデレるという…。

ごく普通の少年である主人公には生徒会長の「あかり」に憧れています。
しかし、そんな高嶺の花な存在であったあかりにいきなり結婚を迫られるというすごい展開から始まります(汗)

ヒロインは、あかりのみです。

あかりは、生徒会長であり、有名商社の令嬢でもある、完璧なお嬢様です。
面倒見も良く、カリスマ性もあり、学園の人気者なのは納得です。

そんなあかりには、3人の姉がおり、それぞれ祖父の意向で結婚相手を決められ、結婚し、家を大きくしてきた経緯があります。
そんな環境で育ったあかりも、それをごく当たり前な事と考えてます。
そして、そんな彼女のお相手が主人公って訳ですね。

そんな訳で、主人公を落とすためにあかりは、姉たちから聞いたアドバイスを積極的に実行するという展開です。
なので、序盤からいきなりHな展開が炸裂です(汗)
あかりは経験がないのですが、そんな事を感じさせないほど、ほとんど照れずに主人公にHな行為を行なってきます。
いきなり手コキ、フェラ、顔射のコンボはいやらしいのですが、あかりが明るくあっけらかんと行なってくるので可愛くエロいです♪
「ドピュドピュ精液を出すところ、見せてね♪」みたいな事言われたら、たまりません(汗)
その後も過激なアプローチは続き、人のいる中で手コキやパイズリなど盛りだくさんです。
この状態のあかりは、Hな言葉を言いまくりなので、隠語好きにはたまらないですね♪

でも、それは純粋な好意からではなく、家の事もあっての行動な訳です。
まぁ、元々主人公の事は可愛らしい少年程度の淡い恋愛感情ではない好意はあるんでしょうが。

しかし、途中で本当にあかりが主人公に惚れちゃったってからがエロデレの本領発揮です(汗)
いままでいきなりフェラや顔射やら対して恥ずかしがらずにしていたのに、キスで照れたりと一気に初々しく(汗)
このギャップにはやられましたね…。
主人公にやきもちを焼いたりと色々と素の表情が垣間見れます♪

まぁ、恥ずかしがりながらもアナル舐めしながら手コキしたりと、相変わらずHなところは変わってない気もしますが(汗)

序盤のあっけらかんとしたHなあかりも良かったですし、デレちゃった後のあかりも良いです♪
一度で二度美味しいですねぇ。
なので、序盤とはまたラブラブな感じが更に出て、別の可愛らしさが堪能できます。
Hなお姉さんから可愛らしいお姉さんって感じでしょうか。

しかし、ラストの展開はちょっと詰まった感がありましたね。
ギュウギュウに詰め込んだ結果なんでしょうかねぇ。
もう少し余裕と言うか、余韻が欲しかったなぁ。

挿絵は二次元ドリーム文庫でお馴染みな「浅沼克明」さんが担当しています。
相変わらずの安定感ですね♪
可愛らしくエッチなあかりのキャラクターに合っています。
やはり主人公は今回も女の子みたいに可愛らしいなぁ(汗)

最近では個人的にヒットした作品ですので、おすすめです♪

楽天はこちらからどうぞ
エロデレ

エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時 エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
エロデレ 誘惑お嬢さまが恥じらう時

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 お嬢様パラダイス レビュー

二次元ドリーム文庫 お嬢様パラダイス 譲れない乙女の純情!

お嬢様パラダイス 譲れない乙女の純情! (二次元ドリーム文庫127)
高岡智空
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 222784
おすすめ度の平均: 4.0
4 はいてる下着も女の子

幼馴染みのお嬢様・静香の命令で女学園へ転入したツグミ。女装して正体を隠すも二人の美少女にHに迫られたり、嫉妬した静香にお仕置きされたりと、桃色ハプニングが止まらない!?男子禁制の乙女の花園を舞台にお嬢様たちの譲れない恋のバトルが幕を開ける。

内容は主人公は幼なじみの「静香」(しずか)の半強制的な命令で女子学園へと転入するはめになるという展開です(汗)
主人公は、顔立ちなどが元々女性ぽいのを利用して、女装して通うはめに…。
とは言え、いきなり転入初日で生徒会に所属する「薫」(かおる)に正体がばれてしまいHな事になり、薫のおもちゃのようになる主人公に更にそこへ薫の友人で生徒会長の「穣子」(みのりこ)までも参加してきてしまう有様です(汗)

ヒロインは、静香、薫、穣子の3人です。
一応メインヒロインは、かろうじて静香ですかねぇ…。
何故かと言うと、ほぼ横一線な印象で同格扱いな感もあるからです(汗)
そういう意味ではハーレム系に分類されるのかな?

静香は日本有数の財閥の南条家の娘であり、幼い頃に家族を亡くした身寄りのない主人公を引き取って一緒に生活している関係でもあります。
でも、主人公がそれを恩に感じているので何となく静香とは従者みたいな関係性もありますね。
性格は勝気であり、分かりやすい程のツンデレ系です(汗)
主人公が静香の学園に通うことになったのも、一緒に通いたいとか思惑があったのではないかなぁ。

薫は、見た目おっとりしている感じですが、そういう面以外にもSっ気のある性格です。
主人公みたいな可愛い子が恥らったりする様がたまらないご様子(汗)
Hにも積極的な面もあります。

穣子は、生徒会長なんですが、思ったよりはツンツンしてない感じですね。
もう私の中では生徒会長とはツンツンしている印象が強くて(汗)
ですが、やはり薫同様Hや男に興味はある様で主人公にセクハラまがいな行為を繰り返してきます。
まぁ、確かに女子校だったからそういうのもあって、女の子みたいな主人公が現れたらそりゃイタズラするかな?(汗)

序盤から中盤にかけては、薫、穣子にイタズラされて恥ずかしいのに、気持ちいい…みたいな展開がメインなんですよねぇ(汗)
主人公は薫らを「お姉さま」と呼ぶようになっていくのもあり、ますますMっ気が増してますね(汗)
そのため、いじられる展開が苦手な人にはあまりおすすめしずらいかな?
まぁ、そこまで過剰ではないと言いたいですが…。
いじり方が加熱していき、最終的にはオナホールにローターを仕込まれて、それを装着させたまま、授業を受けさせられるというまさかのハードな展開をしてくるとは予想外でした(汗)
何これ、ドリームノベルズ?(汗)
まぁ、私はある意味なかなか興奮できましたが(照)

行為の中では文章での説明で済まされているものもあるんですが、個人的にはそれをもっと詳しくして欲しかったかな。
薫らが淡々と生徒会の仕事を行なっている中、薫の片手を使って、ひとりで黙々と自慰させられるという放置プレイ(汗)
これ、かなりきついなぁ…。

そんな行為までした薫らを好感持てなくなる人もいるんでしょうかねぇ(汗)
そこからは反省して、デレっぽくなるけど…。
その後は、静香も交えてのハーレムプレイというお決まりの展開ですね。

挿絵には主人公の顔も描かれてますが、設定的に女の子と間違うようなとあるだけに、まんま女の子ですので、主人公の顔があっても問題はないとは思います。
私自身も基本的に、主人公の顔があるのは苦手なので、ゲームとかも顔あるとやや冷めます(汗)
髪で目が隠れているのが個人的に好きなんですが、今そういうのは少数なんですかね?。

まぁ、私のそんな性癖?は置いておいて…、気になったのは話が学園内で終始している点でしょうか。
せっかく主人公は静香の屋敷に一緒に住んでいるという設定が全く活かされていないというか、もっと屋敷内での展開があっても良かったのではないかと思ってしまいますね。
そのせいで静香の存在感が薄れてしまって、メインヒロイン格ではなく、横一線な印象を与える要因になっているのではないかと。
てっきり薫らで性の快感を知った主人公が屋敷で静香をそういう目で見出す事に葛藤を覚えるシーンとか、そういう様子を見て静香が疑問を持つみたいな展開とか大いにありそうなんですけどね(汗)
…ベタすぎるかな(汗)

そこら辺以外は、思ったよりも責められる展開もあるので、H度はなかなかあるので、そういう展開が好みな人にはおすすめかな。
最後までヒロインらに振り回される展開が苦手な人はアレですが(汗)
まぁ、そこまで嫌悪感は受けないとは思いますけどね。

楽天はこちらからどうぞ
お嬢様パラダイス

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢様パラダイス 譲れない乙女の純情!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 ハーレムプリズナー レビュー

二次元ドリーム文庫 ハーレムプリズナー 

ハーレムプリズナー (二次元ドリーム文庫 144)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション (2009-12-10)
売り上げランキング: 293

敵軍の女将ネメシスの捕虜となってしまった若き騎士ヘリオード。その武勇を買われて彼女の部下になるよう誘われるが、義理堅い彼は断固拒否。それがネメシスの女王様気質に火をつけることに!恥辱と肉欲にまみれた捕虜生活が始まる。

12月発売の新刊です。
もう今年最後の二次元ドリーム文庫という事になるわけですね・・・。

人気のハーレムシリーズの最新刊となるこの作品ですが、やはり過去のハーレムシリーズとの繋がりが存在しています。
直接関係があるのは「ハーレムエンゲージ」です。
エンゲージの主人公やヒロインなども少しですが、今作の主人公との絡みが入っており、シリーズを通して読んでいる人には嬉しいですね。

ですが、今作ちょっとシリーズでも珍しいところも・・・。
まず主人公ですがかなりの能力をもった騎士であり、性格は男らしい正に騎士といった感じのキャラクターとなっています。
ですが、そんな戦場では敵なしといった主人公も女性の前では可愛い有様というのがこのシリーズの定番の流れだと思ってましたが、今作はそれがさほどなかったですね。
ちょっと意外でした。

そして、更にヒロインにも意外にも経験豊富なヒロインがいなかった事です。
大体シリーズでは童貞を捨てる事となる相手は、憧れの女性であったり、年上の色気のあるヒロインが性の快感を教え、主人公をHの虜にさせ、女性に興味を持たせていくという展開が多かったのですが、今作にはそういう手ほどきをするヒロインがいません。
表紙の3人のヒロインはいずれも未経験であり、そういう手ほどきシーンがなかったのは個人的に残念な点でもあります(汗)

そういう点が従来のシリーズと違い、若干らしさがなかったかもしれないなぁという印象もありました。
主人公のタイプがまた違うのも受ける印象が違うのかもしれませんね。
あまりHの時と通常時のギャップがなかったキャラクターだったので。
個人的にはもう少し年上のヒロインも欲しかったです。

小冊子の方は、どちらを先に読んでも問題ないと思います。
本編を一部抜粋したような感じですね。
なぜ、こんなのつけたのか分かりませんが(汗)

楽天はこちらからどうぞ
ハーレムプリズナー

ハーレムプリズナー ハーレムプリズナー

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ハーレムプリズナー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 恋人は女神さまっ レビュー

二次元ドリーム文庫 恋人は女神さまっ 

恋人は女神さまっ (二次元ドリーム文庫 103)
空蝉
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 223543
おすすめ度の平均: 3.0
3 既に完璧なレビューが
3 ああっほとんど女神さまっ

ある日空から降ってきたのは、女神さまっ!?心優しい少年のもとに現れた3人の女神さまたちが手コキ、お風呂場でのエッチ、口奉仕など、様々なエッチいことを迫ってきて―。少し甘酸っぱくて、とってもエッチな夏休みの始まり―。

数日前のブログで似たモチーフの女神もの美少女文庫の「ボクだけの女神姉妹」を取り上げましたが、こちらはラブラブな純愛系の作品となっています。
ボクだけ?は、若干調教的な要素もあります。

ボクだけ?のレビュー記事はこちらから
ボクだけの女神姉妹

個人的には純愛的なラブラブな作品は好みですので、こちらの作品が評価は高いです。
でも、これって・・・、某女神さまな・・・(汗)
ほとんどそんなイメージで読めるかと思います。

主人公と前世で関係があったヒロイン達が現世の主人公のところに押しかけてくるという力押しな展開です。
基本、前世との関係を引きずってか(現世の主人公の人柄にも好感を持っています)、ヒロインとの仲は良好なスタートなのでHな展開にいくテンポは比較的早めです。
個人的には、クール?的な表紙左のヒロイン、ヘルがお気に入りです♪
でも、絵が皆可愛いのでクールっぽくないですが(汗)
右側のヒロイン、スクルドは当初、主人公にはツンツンしていますが、いつの間にやら・・・というお約束な展開。

まぁ、某作品のイメージがつきまとうのは仕方ない事でしょうねぇ・・。
あれと比べるのはかわいそうです(汗)
ストーリー的にもほとんど主人公の前世とかが物語に深く関係あるわけでもないので、奥行きのある内容ではないですがハーレム感というか、ラブラブ感を味わい人はいいかもしれません。

恋人は女神さまっ 恋人は女神さまっ

楽天はこちらからどうぞ
恋人は女神さまっ
価格 662円 税込 レビュー( 1件 )

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
恋人は女神さまっ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 ハーレムファイター レビュー

二次元ドリーム文庫 ハーレムファイター 

ハーレムファイター (二次元ドリーム文庫 92)
竹内 けん
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 199085
おすすめ度の平均: 3.0
4 20人という数字が妙にリアル
2 エリエンヌ以外とはらぶが足りない

夜盗の襲撃で天涯孤独の身となってしまった少年・クローシュは、傭兵団に入団する事になったが、何とそこは男子禁制美女だらけ!夜ごと過激なお肌の交流を繰り広げるお姉様たち。そしてついにクローシュにもお誘いがかかり…。

人気シリーズの作品です。
序盤はシリアスな展開から始まり、どうなるかと読んでいくと徐々に女だらけの状況に・・・。

主人公は、美少女と見迷う顔立ちなため、何とかばれないようにとごまかしつつ女性達と生活を共にするのは面白いですね。
こういう設定は学園ものとかでも、あったりするんですが私はこういう展開の作品が好きなので楽しく読めました。

まっさきに正体に気づくヒロインとは、それを脅されたりとおよそラブラブとは程遠い関係なのでもう少しラブラブぽいとよかったかなと思いました。
メインヒロインの憧れの人とはラブラブぷりが高いのが救いでしょうか。
ハレームとは銘打ってますが、もっともそういう感が薄い作品かもしれませんね。
ストーリーなどは気に入っているので、もっとラブラブ感があればいう事無かったんですが・・・。

楽天はこちらからどうぞ
ハーレムファイター
価格 662円 税込 レビュー( 0件 )
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます