FC2ブログ

早瀬真人のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:早瀬真人

早瀬真人のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2019-05-31リアルドリーム文庫
穢されたレオタード姉妹 淫虐の校内調教 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 19.05.31早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2019-05-29)売り上げランキング: 3,145Amazon.co.jpで詳細を見る2019年5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「紗弥香」(さやか)は、新体操部に所属する学生です。そんな彼女に忍び寄る魔の手が…という展開です。 登場ヒロイン登場す...

記事を読む

2018-09-26リアルドリーム文庫
とろめき修学旅行 清純美少女と早熟美少女 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 18.09.26早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2018-09-22)売り上げランキング: 5,625Amazon.co.jpで詳細を見る2018年9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな彼は、同級生のお嬢様な女子生徒「日菜子」(ひなこ)に好意を抱いています。丁度、学校の修学旅行...

記事を読む

2018-03-06リアルドリーム文庫
魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 18.03.06早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2018-03-02)売り上げランキング: 9,546Amazon.co.jpで詳細を見る2018年3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、父親とふたり暮らしの学生です。そんな彼は、父親が再婚した事により、いきなり義理の母、更にその娘であるふたりの姉妹とも家族に。新たな...

記事を読む

2017-07-06リアルドリーム文庫
恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 17.07.06早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2017-06-29)売り上げランキング: 11,075Amazon.co.jpで詳細を見る6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、根暗で内気な劣等生な学生です。そんな彼は、特に恨みを持っている女子たちに復讐の機会を狙っていました。そんな中、所属する部活の夏合宿で使う別...

記事を読む

2016-11-04リアルドリーム文庫
女子大生家庭教師 魅惑のご褒美レッスン (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 16.11.04早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2016-11-01)売り上げランキング: 1,052Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、進学校に入学した高校生の男子です。しかし、入学早々にそんな彼の成績は伸び悩み、すっかり落ちこぼれてしまう事に。彼の親は、現在名門女...

記事を読む

2016-03-06リアルドリーム文庫
離島の美少女たち つやめく魅惑の放課後 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 16.03.05早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2016-03-02)売り上げランキング: 2,155Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、サッカーが得意な男子学生です。そんな彼には、幼なじみの3人の女性がいたものの、最近はすっかり疎遠に…。そんな中、主人公は久し振りに会...

記事を読む

2015-09-09リアルドリーム文庫
ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 15.09.09早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2015-09-02)売り上げランキング: 4,955Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。高校一年生の主人公は、この夏、2週間程、父親の生まれ故郷の田舎に世話になる事に。その村で主人公は、ある慣習が残っている事を知る事に...

記事を読む

no-image

2015-03-01リアルドリーム文庫
なまめく美人三姉妹 レオタードの誘惑 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 15.03.01早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2015-02-28)売り上げランキング: 1,245Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな主人公は、中学3年の時期に旅行先で美人三姉妹と偶然知り合う事に。そこで起こった出来事は、高校1年になった...

記事を読む

no-image

2014-10-02リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 14.10.02早瀬 真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1,298Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、学校の映研に所属している男子学生です。そんな彼は、この夏に自分の自主...

記事を読む

2014-04-27リアルドリーム文庫
二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 14.04.26早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1,583Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、交際8ヶ月になるクラスメートの「真奈」(まな)と中々恋人としての次なるステップに踏み出せない事を悩んでいる最中です。そんな状況だったのですが、...

記事を読む

2013-12-28リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 13.12.28早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1,083Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、冬休みに実家へと帰省する事に。そこで彼は、幼なじみや憧れの女性たちとの再会を果たす事になる展開です。登...

記事を読む

2013-09-07リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 13.09.07早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 2,294Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、高校三年生の男子です。これから季節は夏であり、楽しみな夏休みを満喫するつも...

記事を読む

no-image

2013-05-01リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 (リアルドリーム文庫 109)posted with amazlet at 13.05.01早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 466Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、父親の転勤によって転校をする所から物語は始まります。そして、転校先は元女子校だったと...

記事を読む

2012-12-08リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレムぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム (リアルドリーム文庫 99)posted with amazlet at 12.12.08早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 861Amazon.co.jp で詳細を見る12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は今が性欲真っ盛りな18歳の学生です。そんな彼には、お互いの両親公認の2つ...

記事を読む

2012-06-07リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 誘惑美少女チアガール 女子高生彼女と幼馴染み誘惑美少女チアガール~女子高生彼女と幼馴染み~ (リアルドリーム文庫 87)posted with amazlet at 12.06.07早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 913Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、この春に高校に入学したばかりの新入生です。そんな彼の目下の悩みは、中学...

記事を読む

2011-11-06リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 (リアルドリーム文庫 72)posted with amazlet at 11.11.06早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 532Amazon.co.jp で詳細を見る10月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、アパートに一人暮らしをしていますが、主人公が帰...

記事を読む

2011-07-02リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南 (リアルドリーム文庫 65)posted with amazlet at 11.07.02早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 5894Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公はよくいる普通の高校生。童貞であった彼は、何とかこの夏に脱童貞を果たすため...

記事を読む

2011-01-02リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイスAVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス (リアルドリーム文庫 52)posted with amazlet at 11.01.02早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 11848Amazon.co.jp で詳細を見る従姉の亜衣の家を訪れた圭佑は、彼女の会社の先輩理名に心惹かれてしまう。アルバイトとしてその会社に入るが─何とそこはAVメーカー!?「うふふ、今日...

記事を読む

2010-07-28リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠 (リアルドリーム文庫 42)posted with amazlet at 10.07.28早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 880Amazon.co.jp で詳細を見る女子校から共学化したばかりの盟朋学園に通う正平は、盗撮趣味を持つ、初心でちょっとM気質の少年。ある日満員の通学バスで、くねる女教師の柔尻に思うがままに若竿をいじ...

記事を読む

リアルドリーム文庫 穢されたレオタード姉妹 淫虐の校内調教 レビュー

穢されたレオタード姉妹 淫虐の校内調教 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2019-05-29)
売り上げランキング: 3,145

穢されたレオタード姉妹 淫虐の校内調教 (リアルドリーム文庫)
2019年5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「紗弥香」(さやか)は、新体操部に所属する学生です。
そんな彼女に忍び寄る魔の手が…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 桂木 紗弥香」(かつらぎ さやか)
  • 桂木 美玖」(かつらぎ みく)
がいます。

紗弥香は、大人しい性格の学生です。
清楚で控えめなために相手の押しに弱い面があります。
妹の美玖と共に新体操部に所属しています。

美玖は、紗弥香の妹です。
快活で明るく人見知りをしない性格の持ち主です。
ミーハーで惚れっぽい面もあります。

ストーリー展開


展開的には、紗弥香に魔の手が…って流れですね。
これじゃ、さっぱり分からないですな(汗)

そもそもの始まりは、紗弥香が通学中の電車内で誰かに身体を触られた事からでした。
ぼかした表現にしているのは、あの単語入れると記事がブロックされるため、こういう表現ですのでお察しください(汗)

大人しく控えめな紗弥香にとっては、恐怖でしかない状況。
逃げだしたくても満員で身動きの取れない状況下では、悲痛な顔で耐えるしかありませんでした。
そんな彼女の性格を見抜いたか、相手の手はここぞとばかりに彼女の身体を弄る事に…。

そんな地獄の様な時間が終わり、学校に辿り着いた紗弥香。
沈む紗弥香をよそに、学校では若い男性の教育実習生の話題で盛り上がる事に。
しかし、紗弥香はそれどころではなかったのですが、教育実習生の顔を見て驚愕。

何と、その教育実習生の顔は電車内で目撃した男に似ていたのです。
実際、教育実習生の男が犯人です(汗)
しかし、あの状況下では彼女は確信が持てない状態なので、疑心暗鬼と言った感じですね。

まぁ、割と早く実習生から正体をバラされて、言葉巧みに逆らえずに従う事になりますが(汗)

そして、行為はドンドンエスカレートしていき、遂には妹の美玖にまで男の手が伸びる事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがありましたね。
その他の要素では、ローターなどの小道具を使用する様な展開も一部ありましたね。

今作の見所は、やはり教育実習生からの行為ですね。
大学でこれまでも女性と遊び慣れている奴なんですが、以前に紗弥香を見かけてその清楚さに惚れたらしいんですよね(汗)
こんなのが偶然にも同じ学校に実習生でやって来るんだから、運が悪いとしか。

まぁ、惚れているとか言っても身勝手な感情で好意とは似て非なる物ですけどねぇ、性欲ありきの。
そうじゃなければ、いきなり電車内であんな真似もしないですしね、学校を始め(汗)

そんな年上の遊び人に、当然、純粋で大人しい紗弥香は主導権を握られっぱなし。
勿論、紗弥香なりに抵抗をしようとはするものの、最初に弱みを握られてはもう勝ち目無しですね。

また困った事に、相手からの行為に紗弥香は反応を示してしまう事に…。
まぁ、ここまで男性との付きあいなどなく、健康的に育ってきた紗弥香の身体は成熟しており、初めての異性からの接触に過敏に反応をしてしまう訳ですね。
好きでもない奴に反応してしまうだけに、紗弥香としては心中複雑ですが(汗)

経験のない紗弥香に快感を植え付けて淫らにしていると、男の方は勝手に盛り上がるのだから皮肉ですね(汗)

行為も最初は手コキだったのが、エスカレートしていき、本番行為にまで至るのにはさして時間はかかりません。
初めてをこんな男に奪われても、次第に快感を感じる様になり、それが自分は淫らなのかと紗弥香の困惑を強める結果となりますね。
まぁ、ちょっとMっ気じゃないですけれども、そういう気質は持っているっぽいですねぇ。

そんな彼女に「紗弥香も自分を見た時から好きになっていたんだよ」と言い放てる男も、こんな事するだけあって中々狂ってますな(汗)


一方で、妹の美玖に関しては、行為の経緯は大分姉に紗弥香とは違う物に。
姉とは違い、恋に憧れる乙女な彼女は、自分から男に接触し、関係を持つ事に。
まぁ、それゆえにいきなり酷い事される訳ではないですが、初っ端から本番に至る所は男の節操のなさを改めて感じさせますが(汗)

美玖は、子供っぽいので自分だけと付き合っているみたいな感じなので、それも嬉しく受け入れている所がねぇ。
姉とは違う、疑似的な甘い雰囲気も姉の対比も相まって印象深いですね。
そんな乙女の純情をよそに男側の内心のゲスさ加減は変わりませんがね(汗)


タイトルにもある様に姉妹は新体操部に所属しているため、レオタード姿での行為もありますね。
最初の行為は、本物のレオタード着用でしたが、その後の時はアダルト系の店で購入したいかがわしいレオタード姿での行為でしたね。

うーん、せっかく本物のレオタードがあるのに、何で偽物のコスプレのレオタードで行為に及びたいのか。
以前に、大会を見学時に彼女の演技を見ていたのだから、その姿、レオタードに執着するかと思ったんですけどね。
少なくても、こいつはそういうマニアではない様ですな(汗)

終盤では、姉妹一緒の行為展開もありましたね。
見せ場でもあるシーンですが、思ったよりもボリュームが薄く、印象は弱かったかな?

挿絵


挿絵は「猫丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫を代表する方のひとりですな。
最近、そういえばご無沙汰だった様な気がしたら、最後が2017年の「ヤブヌマ」以来ですかね?

やはり、この黒と白のコントラストというか色使いが特徴ですよねぇ。
姉妹の悲痛さとかが、より感じられて印象的ですね。

レオタード姿での行為も描かれていますね。
普通ならば健康的な表情が似合う恰好も、とてもそんな顔を見せれる状態ではないですが(汗)

一部、男の顔が描かれたものもありましたね。
見た印象、目が小物っぽく見えるから、顔は描かなかった方が良かったですね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ろくでもない実習生に狙われた姉妹のお話でしたねぇ。

まぁ、個人的な印象ですが、リアルドリーム文庫でよくあるアッチ系の連中の犯行とかに比べればねぇ。
ただの性欲馬鹿の大学生が相手な分、胸糞具合は幾分マシだったかなとも(汗)
薬物とかで縛っている訳でもない事も影響しているかな。

ちょっと残念だったのは、妹の美玖の扱いですね。
思ったよりも、出番が少なめ(彼女のパート自体はありましたが)だったため、姉の紗弥香程の印象がなかった事ですね。
あくまでも、妹の美玖はサブヒロインって扱いなので、その点は注意ですね。

Amazon版 電子書籍
穢されたレオタード姉妹 淫虐の校内調教 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 とろめき修学旅行 清純美少女と早熟美少女 レビュー

とろめき修学旅行 清純美少女と早熟美少女 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2018-09-22)
売り上げランキング: 5,625

とろめき修学旅行 清純美少女と早熟美少女 (リアルドリーム文庫)
2018年9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼は、同級生のお嬢様な女子生徒「日菜子」(ひなこ)に好意を抱いています。
丁度、学校の修学旅行が間近であり、日菜子と仲の良い元カノの「美樹」(みき)に協力してもらう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 森崎 日菜子」(もりさき ひなこ)
  • 村下 美樹」(むらした みき)
がいます。

日菜子は、主人公と同じクラス&部活に所属する女生徒です。
清楚なお嬢様育ちで、主人公含め多くの男性から人気があります。
美樹とはタイプが違うものの、親友関係です。

美樹は、主人公のクラスメートで日菜子の親友です。
中学時代に主人公と付き合っていた、元カノでもあります。
大人びて経験豊富なSっ気の強い性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公の憧れの日菜子との仲を元カノの美樹に取り持ってもらう流れですね。
こじれる予感がプンプン(汗)

主人公は、同じクラス&部活動で一緒にお嬢様の日菜子に好意を抱いています。
部活も一緒な事もあり、多少は男子の中では仲良く話せる存在だとは思うものの、あくまでもそれ止まり…。

もっと踏み込んで、恋人関係に…とは思うものの、そう上手く行動に出れない主人公。

でも、チャンスが…。
学校行事で近々、修学旅行が予定されている中で、主人公は意中の日菜子、そして元カノの美樹の班で回る事になったのです。
日菜子と美樹は性格は全く違うものの、何か馬が合うのか親友同士。
日菜子と一緒に行動できるのは嬉しいものの、美樹とは若干やりにくい気まずさを抱えているんですね。

まぁ、元カノと一緒に好きな相手と回るんだから、やりにくいですよね(汗)


ちなみに、元カノとは言っていますが、男女の関係に至る前に破局しています(汗)
それも、まだ若い中学時代だったので、清い交際止まりな内に破局しているので、殆ど交際していないレベルですかね。
とは言え、主人公的にはこの時の破局を未だに引きずっている所があるんですね、時間が経っても。

それも日菜子との関係に踏み込み切れない要因の一つになっている所がありますね。

そんな中、始まった修学旅行。
そこで主人公はたまたま、美樹がとある男性と性行為をしている場面を目撃する事に…。
後で、しっかり美樹には覗きがバレバレだったのですが、その際に口止めの条件として日菜子との仲を彼女に取り持ってもらう流れですね。

まぁ、そうそう上手く事が運ばないのは、お約束ですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。
一部では、他の人の行為も少しだけ描かれていましたね。

行為的には、手コキやフェラなどがあります。

やはり、リアルドリーム文庫ならではの主人公の性欲の暴走が見所でしょうか(汗)
ちょっとチャンスだと思えば、半ば強引に迫ったり、中々相手の事を想えずに性欲優先の思考に染まり、結果、後悔っていうパターンは健在ですね(汗)

お嬢様な日菜子、経験豊富な美樹。
タイプの異なるふたりなんですが、実はHに関してかなり貪欲な面があるんですね。
まぁ、経験豊富な美樹は分かりますけども、日菜子もなんですね。

なので、親友な美樹には彼女のそういう所も理解しているんですね。
それを知っているからこそ、上手く主人公との仲を取り持とうとする訳ですが、その方法が彼女らしく過激なんですよね(汗)
Hなシーンを見せて、興奮を煽って、そういう雰囲気を作ったりと、アシストの方法が…(汗)
性欲一杯な主人公は当然として、お嬢様な日菜子も、確実に性的に興奮を催し、進展のきっかけにはなっているので、効果は確かですけどね♪

あの無我夢中に身体にがっつく初々しい若さ溢れる行為は、見所ですね。
主人公も当然、かなりがっつくんですが、日菜子も負けず劣らずの性欲の強さを見せる様に…。
まぁ、美樹もそうなので、登場人物全員、性欲は強いですね(汗)

美樹は、かなり経験豊富な早熟な娘なので、童貞主人公は元カノって事も相まって、かなり振り回される事になりますね(汗)
経験豊富な彼女にとって、童貞で女体に鼻息荒くしている主人公の扱いなど、楽勝でしょうねぇ。
そんな彼女からも、主人公は誘惑されて関係を持ったり(汗)

日菜子が本命なのに、そっちにもフラフラするのは、お約束ですねぇ。
まぁ、確かに日菜子とはまた違う魅力を持つ存在なだけに、この誘惑に抗うのは酷ですかね(汗)
でも、日菜子も美樹に誘導される様に行為に至っていましたね、場の主導権はいつも美樹が握っているし。

それだけ美樹の経験値が違い過ぎたって事ですかね(汗)

終盤では、ふたり一緒の行為になるんですが…、これをハーレムというべきか(汗)
ここに至った経緯が経緯な事もあって、あまり甘さは見えにくい感じがあるんですよね。
なので、どちらかと言えば、性欲優先、快感が前に出た行為になっている所があるかな。

結局、主人公が主導権を握って男らしく~みたいな感じではなかったですね、終始。
当人は、そういう想いがあったんですが、残念ながらそう振る舞うには色々足りなかった模様(汗)
そういや、この学校は女性の方が多くて強いんだったか、今思えば伏線だったのかな(汗)

挿絵


挿絵は「みな本」さんが手がけています。
アダルト漫画や同人活動などをされているみたいですね。

繊細で艶っぽい絵柄が印象的ですね。
漫画などを描かれているゆえか、かなり繊細で描き込まれた女性陣は、年齢以上に大人びて、いやらしく見えますね♪

表紙絵の女性陣は、修学旅行ゆえかジャージ姿なんですが、あの姿ならではの色気がありますね。
自分の学生時代にも女子がああいう姿をしていたなぁと、懐かしさを感じましたねぇ。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、リアルドリーム文庫お馴染み、性欲空回ってやらかした主人公のエロ物語でしたね(汗)

ああいう結果的に流されてしまう展開は、別に良いんですが、結末までそうなるとちょっと別かなぁ。
その前にやらかした展開があったゆえに、そういう形でも繋ぎ止められたら…ってなってしまったので、仕方ない面もありますが(汗)
結局、主人公が余計なことしなければ良かったのにってなるけれども、それがあって、こんな関係が始まったので、難しい所ですねぇ。

基本、女性陣にペースを握られる展開が多いだけに、そういうのが好みかどうかで評価は分かれそうかなと思いますね。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 レビュー

魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2018-03-02)
売り上げランキング: 9,546

魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)
2018年3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、父親とふたり暮らしの学生です。
そんな彼は、父親が再婚した事により、いきなり義理の母、更にその娘であるふたりの姉妹とも家族に。

新たな女性たちのいる環境に、思春期の主人公はムラムラが止まらない事になる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 古田 絵里子」(ふるた えりこ)
  • 古田 美貴」(ふるた みき)
  • 古田 萌」(ふるた もえ)
がいます。

絵里子は、主人公の自宅隣に住んでいた未亡人です。
主人公の父親とは、交際しており、最近再婚を決意しました。
色気ムンムンの豊満なボディの持ち主でもあります。

美貴は、絵里子の娘です。
主人公とは昔からの幼なじみの関係であり、主人公に対して常に強気で負けず嫌い。
家族の絆を強く大事にしており、何でも相談できる関係でもあります。

萌も、絵里子の娘で美貴の妹です。
天真爛漫で時に予想しないような行動に出る面も。
主人公に昔から懐いており、慕っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公の父親が再婚した事で家族を得たものの、美人、美少女だらけで色々落ち着かない主人公って流れですね。

元々、主人公と絵里子たち親娘の関係は、近しいものがありました。
それは家が隣同士であった事もあり、昔から母親の絵里子をはじめとして、娘の美貴、萌とも幼なじみの関係だった事です。

そして、主人公は実は美貴たちの母親である絵里子に対して、淡い恋心を抱いていたんですね。
主人公は、幼い頃に母親を亡くしており、以来、絵里子を母親の様に感じており、それがいつしか異性への好意に変化していった経緯があるんですね。

そんな中、突如明らかになった父親の再婚話。
その相手が、絵里子だった事で主人公は驚きやらショックやら入り混じった感情を抱く事に。
事前に再婚話はされていなかったので、いきなりそんな話を聞かされては心中穏やかではないのは分からなくもないですが(汗)

こうして、絵里子たち親娘と一緒に同居する事となった訳ですが、主人公としては悩ましい所で…。

何せ、自宅に憧れの存在である絵里子を含め、女性陣がいる…。
性欲で生きている様な年齢な主人公からしたら、もう気が気がじゃないですよね(汗)
当然?ムラムラしちゃう訳ですよ、健康的な男子としては。

そんな中、主人公たち一家は旅行に行く事に。
まぁ、肝心の父親は最近怪我して入院しているので、主人公+母娘という構成ですが。

しかし、旅行前日に欲望に突き動かされてしまい、主人公は絵里子の下着を盗むという行動に…。

しかし、悪い事はできないもの。
何と、その下着をかぶって自慰に耽っている場面を娘の美貴、萌に目撃されてしまう地獄の展開に(汗)
また不幸な事に、実はその下着は絵里子ではなく、美貴のものである事が分かり、美貴から盛大に見下される羽目に(汗)

こうして、最悪の状況、空気の中で旅行に行く事になる流れです。
…死にたくなりますね、こんな状況で旅行って居心地最悪でしょう(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラなどがあります。

やはり見所は、家族となった母娘との行為でしょうか。

特に主人公の憧れの存在である絵里子との行為は見応えがありますね。
まぁ、下着を盗もうとした行為を知って、叱りはしたものの、軽蔑とかはしていないのはさすが大人ですねぇ。
元々、彼女自身も男の子供がいなかったゆえに主人公を息子の様に可愛がってきた経緯がありますからね。

主人公としては、異性ではなく、あくまでもそういう目線で見られている事には少しがっかりではありますが。
まぁ、年齢差を考えれば当然の事かなとは思いますけどね(汗)
なので、そこから主人公の好意を知っての行為が始まる訳ですが、未亡人なだけに行為でのいやらしさは普段とのギャップが感じられますね。

この時点ではフェラなどでの射精で終わり、本番行為はお預けとなりますが、それでも意中の女性からの行為なんてたまりませんよね♪

その後は、娘の美貴、萌とも関係を持っていく事になりますが、美貴との行為が早かったのは意外でした。
大体、こういうツンデレ?系な娘って、主人公と揉めまくって素直になれないだけに最後に回りがちな事が多いんですよね、リアルドリーム文庫では。
でも、最初から行為に至ったってよりかは、会話の流れでそうなった感じで、これまたこじれそうな関係のままなのが(汗)

ちょっと美貴のキャラクターは、好みが分かれそうですね(汗)
冒頭のあんな事があったのが大きいとはいえ、とにかく主人公にツンケンしまくりで、分かりやすいデレがあまりないので…。
個人的には、もう少しデレがあっても良かったかもしれませんねぇ。

萌は、姉の美貴とは対照的に天真爛漫で最初から主人公に好意的で慕っていますね。
妹らしく可愛らしいベタなキャラかと思ったら、意外と小悪魔的な要素も併せ持っているのが印象的でした。
家族で一緒に食事している際に、シレっと主人公の股間を弄りだす大胆な行動に出たり…。
Hを経験して、一気に開花したのかも…(汗)

主人公は、典型的な流されてしまう所があるので、性欲に理性が負ける展開が多く、それが色々ややこしい状況を引き起こすのもリアルドリーム文庫の主人公らしいですねぇ。

終盤では、母娘交えてのハーレム展開になっていきますね。
三者三様な女性陣なので、純粋に恋愛感情って考えると、どうなのかなぁって感じではありますが(汗)
まぁ、嫌ってはないでしょう、美貴は…、うーん?(汗)

絵里子も、本来描いていた家族という形の関係になってきますが、何だかんだこれまで未亡人でご無沙汰だっただけに、若く精力旺盛な主人公との行為を楽しんでいる節も感じられますね。
彼女が一番火が付くと大胆になっている気がしますねぇ、そこはやはり娘たちとの経験の差かな。
絵里子は、一番最初に行為をするものの、上記の通り本番は終盤までなかったので、ここでようやく解禁ですね♪

挿絵


挿絵は「由衣.H」さんが手がけています。
どうやら台湾の方らしいですね、まさかの外国人でビックリ(汗)

独特のタッチで描かれている女性陣の姿は艶めかしい印象がありますね。
表紙絵では、かなり淡い色味なんですが、中の挿絵ではそこまで淡さは感じないですね、モノクロ画のせいかな。

美貴、萌も、中々のスタイルをしていて、あれだけ見るともう少し年上な感じにも見えましたね。
しっとりしたキャラデザインも、相まってそう感じるんでしょうね。

美貴との行為の場面では、彼女の瞳がたまたまなのでしょうが、光が見えないんで、若干怖く見えました(汗)

挿絵数:4枚

総評


全体的には、女性陣との何だかんだ充実した性生活を堪能できた内容でしたね(汗)

主人公的には、結局何だかんだ絵里子が一番気持ちが入っているのが描かれていたのが印象的でしたね。
本命ヒロインって程の何かがある訳ではないんですが、やはり良い所を持って行った感じはあったかな?
ラストも結構、彼女が娘以上に一番主人公との関係にハマってた印象でしたし(汗)

純粋なハーレムとはまた少し違うんですが、また一味違った家族?の在り方を味わえる、かな…(汗)

Amazon版 電子書籍
魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち レビュー

恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2017-06-29)
売り上げランキング: 11,075

恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち (リアルドリーム文庫)
6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、根暗で内気な劣等生な学生です。
そんな彼は、特に恨みを持っている女子たちに復讐の機会を狙っていました。

そんな中、所属する部活の夏合宿で使う別荘地を復讐の場として、女性陣を自分の物にしようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 日南 環奈」(ひなみ かんな)
  • 磯山 知絵」(いそやま ちえ)
  • 藤倉 美貴子」(ふじくら みきこ)
がいます。

環奈は、学園のマドンナ的な存在です。
アイドル的な容姿の持ち主で、憧れる男子生徒の数が計り知れません。
美術部に所属しています。

知絵は、主人公と同じクラスの委員長であり、美術部の部長です。
真面目で大人しく、地味で目立たないタイプです。
しかし、真面目で抑圧された生活の反動か、性的な好奇心が人一倍強い所があります。

美貴子は、美術部の顧問を勤める教師です。
豊満な身体と色気を持った大人の女性でもあります。
教育熱心ですが、気が強い性格で大の男嫌いでもあります。

ストーリー展開


展開的には、劣等生な主人公が恨みを持つ女性陣に対して、合宿地を復讐の場にする流れですね。

主人公の学校は、元々女子校であり、途中から共学になった事もあり、総じて女生徒の数が多く、男子の肩身が狭い環境下にありました。
残念な事に主人公は性格が根暗で内気なせいで、女子生徒からの印象はよろしくありませんでした(汗)

その他にもお腹壊してしまって、やむを得ず近くの女子トイレで用を足してしまった事なども相まって、完全に女生徒たちに変態として認識されてしまい、嫌悪の対象となってしまっているんですね(汗)

そして、その嫌悪は主人公の憧れの存在である環奈にも…。
偶然、聞こえてきた環奈が口にした主人公への嫌悪感丸出しの発言を聞いてしまった事で、主人公の感情は憧れから憎しみへと変化する事に。
それは、環奈だけではなく、日頃からきつく当たる教師の美貴子にも及びました。

…逆恨みもある様な気がしないでもない(汗)

いつか復讐して、その身体を滅茶苦茶にしてやりたい…。
暗い感情が湧き上がる一方で、現実問題そんな真似などできる訳もなく、悶々とした気持ちを持て余す主人公。

そんな主人公に、あるチャンスが。
美術部で合宿をする予定になっていたのですが、そこの合宿地を本来の予定から自分の計画を実行するために宿泊場所を変更させる事に成功したのです。
これで、女性陣を罠にかけても、誰も助けに来ない場所を確保できた主人公は、合宿で計画を決行する流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
他の要素では、ローターやバイブなどを使う展開や女性同士の絡みも一部ありましたね。

やはり見所と言えば、主人公による女性陣の凌辱展開でしょうか。
正直言えば、リアルドリーム文庫の他の凌辱系作品に比べるとだいぶマイルドだと思いますが、個人的には今作はこれで良いと思います。

大人ではなく、学生。
それも如何にもな不良ではなく、根暗な主人公が、こういう事をやるって事が今作の魅力のひとつでもあると思いますからね。

根暗な主人公ですから、当然それまで女性経験などある訳もありません。
そんな男が、こんな大それた事をしでかすという流れは、最初から極悪人が主人公では描けないものですからねぇ。
そして、童貞主人公だからこその性急さ、不安定さ加減も相まって、暴走した感じが良く表現されていると思いますね。

リアルドリーム文庫の童貞主人公って、他の作品でもそうですが、結構がっつき過ぎて犯罪者スレスレ感な奴もいますけども、今作のは本当に犯罪ですもんね、その女体への暴走感と凌辱と言う要素が良い具合に合わさっていますね。
結果、手段も出たとこ勝負みたいな危うい場面などもあったりと、悪事にこなれていない感じ、余裕のない感じが、他の凌辱作品に比べて、親近感って表現はおかしいですけども、嫌悪感が幾分薄れて感じる事となり、読みやすさに繋がっていると思います。

勿論、行為を重ねる内に、少しづつ大胆にはなっていきますけどね。
相手をある程度、掌握できたって事実が主人公を大胆に精神的に余裕を持たせますからねぇ。
序盤は、結構余裕ない中で女性陣との行為をしてた所があるだけに、次第に行為でも主導権を握る様になっていきますね。


女性陣も、当初は当然無理やりにされているだけに、反応はいまいちですが、次第に反応を…。
まぁ、媚薬や小道具などで様々な方法で責め立てられたり、この異常と言える状況下の中では、ある意味正気を失い、快感に逃避してしまう節があるのも分からなくはないですしねぇ。
そんな風に書くと、壊れちゃうみたいに思ってしまうかもしれませんが、そんな事ないですので、ご安心を(汗)

挿絵


挿絵は「猫丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、もはやお馴染みですね。

この人の黒目な色味の絵柄は、独特の重厚さを感じさせるだけに、こういう絶望的な状況下の話では映えますね。
むちっとした肉感さも相まって、より一層の淫靡さと迫力を感じさせてくれますね。

個人的には、意外と知絵が結構、気に入りましたね。
黒髪おかっぱ?な見た目に眼鏡と普段なら、あんまり好みのデザインではないんですけども、挿絵での彼女は愛嬌があって、結構可愛らしかったですね。
他のヒロインと、彼女はちょっと立ち位置が違う事も影響してか、あんまり悲壮感が出ていないのも影響しているのかも。

他のふたりは、状況が状況だから涙も流すし、悲壮感アリアリでしたからね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ちょっと私の想像とは違った毛色の作品だったかなというのが正直な感想ですね。

そもそも、読む前は表紙絵だけ見て、女性が主人公でろくでもない男に凌辱されちゃう話かと思ってたんですよね(汗)
主人公が学生ってのはちょっと意外でしたし、それが如何にも不良ではなく、根暗男子ってのも意外でした。

それゆえに、凌辱としてはエグさは控えめな印象で読みやすかったですね。
リアルドリーム文庫のクズって、本当にクズじゃないですか、そっちの道に長けた(汗)
だから、今作の主人公のキャラは、それに比べればだいぶマイルドなので、苦手な人でも読みやすいかと思いますね。

どぎつい凌辱が苦手な人なら、より読みやすく楽しめるのではないでしょうか。

ラストの展開も、この主人公だからこそって感じのオチになっているのも印象的でしたね。
ハッピーでもバッドでもないというか、曖昧な感じで(汗)

Amazon版 電子書籍
恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 女子大生家庭教師 魅惑のご褒美レッスン レビュー

女子大生家庭教師 魅惑のご褒美レッスン (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2016-11-01)
売り上げランキング: 1,052

女子大生家庭教師 魅惑のご褒美レッスン (リアルドリーム文庫)
11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、進学校に入学した高校生の男子です。
しかし、入学早々にそんな彼の成績は伸び悩み、すっかり落ちこぼれてしまう事に。
彼の親は、現在名門女子大に通う「莉沙子」(りさこ)に家庭教師を頼む事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 夢野 莉沙子」(ゆめの りさこ)
がいます。

莉沙子は、主人公の家庭教師をする女子大生です。
主人公の親と彼女の親が親友同士で、幼い頃に主人公とは面識がある程度の関係です。
才色兼備な清楚なお嬢様といった雰囲気の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公の家庭教師に美人の莉沙子が勉強を教える事になる流れですね。
…こんな作品で、美人お姉さんの家庭教師ですから、そりゃ、勉強以外もって事ですな♪

主人公は、現在進学校に通っているものの、早々にレベルの高さについていけなくなり、すっかり成績が落ち込んでいるんですね。
当然、親からの風当たりも強く、このまま成績が上がらなければスマホなどを取り上げられてしまう事に…。
まぁ、学生じゃなくてもスマホ依存な人も多い世の中ですから、これを取り上げられるのは困りますよね。

しかし、それでも主人公の腰は重いままであり、母親によって強制的に家庭教師をつけられてしまったのですが、その相手が莉沙子でした。
主人公としては、久しぶりの再会になる訳ですが、記憶の中でも綺麗だった彼女は女子大生となった今、更に眩しい存在になっていた訳ですね。

美人でスタイルが良い彼女から、勉強を教えてもらえる。
現金なものですが、すっかりそれまでの憂鬱な気分も晴れるってもんです(汗)
しかし、一方で主人公の中では、彼女の容姿に興奮、ムラムラ…(汗)

実は、成績が下がった要因には、主人公の強い性欲もあったんですね。
毎日、性欲を発散しないと落ち着かないくらいで、勉強に身が入らなかったのです。
そんな主人公なので、美人なお姉さんである莉沙子から勉強をしっかり教えてもらっても、頭の中は彼女を妄想したエロい事ばかり(汗)

むしろ、彼女の勉強の後は復習ではなく、自慰タイムになる分、成績が上がる所ではなかった訳ですねぇ(汗)


その後、成績が一向に上がらない事に悩む莉沙子は、主人公がエロい事ばかり考えて勉強が手につかないと知る事に…。
そこで彼女のとった手段は、良い成績を出したらご褒美をあげるというものであり、童貞主人公はそのご褒美に飛びつく事になる流れですね。

まぁ、この手の作品では王道パターンなノリ、展開ですかね。
リアルドリーム文庫の童貞主人公って、そりゃもう性欲の獣の様な飢えっぷりなので、これは効果絶大ですねぇ(汗)
時に飢えっぷりに見苦しさを超えて、哀れみすら覚えるレベルですが、そんな主人公をうまくコントロールしていく莉沙子とのやり取りは見所でもありますね。

Hシーン


Hシーンは、莉沙子との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、尻コキ、パイズリ、アナルセックス、素股などがあります。

物語の流れとして、成績が上がった際のご褒美という名目で、Hな行為がある訳ですね。
なので、行為としては本番が一番のご褒美となる訳ですから、少しづつ行為の段階が上がる訳ですね。
まぁ、いきなり本番したらゴールだもんね(汗)

後、今作の特徴としてはSM色が少しあるって事でしょうか。
これは別に鞭で引っ叩いたりとかじゃなくて、Mっ気、Sっ気って意味ですね。

元々、主人公は性癖として若干Mっ気があるタイプなんですね。
グラビアとかでも女王様だったり、ボンデージ的な衣装に興奮を覚えるなど、フェチ的な嗜好があった訳です。
それも、莉沙子にはバレてしまった事で、ご褒美とか接し方も彼女が基本的に主導権を握り、Sっ気のある対応をする展開が多く見る事ができますね。

まぁ、彼女も自覚のなかったSっ気もあったっぽいですけどね、年下である可愛い主人公を弄る中で。

やはりご褒美ってあるだけに、莉沙子側が主導権を握るってのは当然でもありますので、そういう展開が好みな人にはより楽しめると思いますね♪
まぁ、時には理性の飛んだ性欲の化け物の主人公の勢いに押されちゃう場面もありますが、惚れた弱みもありますし、基本的には彼女が主導権を握る流れがメインですね。

性欲の化け物なので、よく暴走しては莉沙子にたしなめられてしまうんですが、そこら辺もMっ気のある主人公にはご褒美になっていますね(汗)
まぁ、美人なお姉さんにたしなめられるのは、Mっ気なくても年下の少年にはたまらないでしょうから、Mな主人公にはよりインパクトがありそうですねぇ。
また莉沙子も、そんな主人公の性質を理解しているので、飴と鞭を使い分ける様にしてくる所も。

でも、基本的には莉沙子は優しい性格でもあるので、そこまで鞭は強烈ではないですから、本当にライトなレベルですね。
SやM要素などが苦手な人でも嫌悪感なく見れる塩梅ですから、問題ないと思います。


莉沙子が主導権を握る展開が多いですが、それでも時折主人公の勢いで受け身になる場面もあり、それも見所ですね。
たしなめて止めさそうとするものの、主人公の暴走に負けちゃって感じて絶頂してしまったりと、時折見せる素もまた魅力ですね♪
彼女だって、経験があっても勿論、どんな行為でも恥ずかしくない訳ではないですから、恥じらいを見せるとより一層愛らしさが際立ちますね。

でも、全体的に莉沙子って何気に性に素直なHな面が目立つ様な気がしますけども、情熱的と言えば良いのかな(汗)


個人的に面白かったのは、念願の初体験の際に中出しではなく、主人公が莉沙子に顔射をおねだりして顔射してた所ですね。
中々こじらせているなぁと思いました(汗)

挿絵


挿絵は「ズンダレぽん」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

可愛らしい童顔なんですが、ボディはムッチムチというギャップのある絵柄が印象的ですね。
今作でも優しそうな年上のお姉さんをムチムチに描いていますね♪
挿絵によっては、どっかの若奥さんにしか見えないんですよねぇ(汗)

一部では、フェチな主人公に合わせてレオタードやボンデージ姿などを見せる場面も。
スタイルが良いだけに、良くハマりますねぇ、童貞主人公には目の毒ですな(汗)

それだけに挿絵数が少ないのは、いつもの事なんですが惜しいですね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、よくある家庭教師物で、安定感ある仕上がりだったかなと。
それだけにインパクトある展開というのはなかったですが、リアルドリーム文庫らしい作品だと思いますね。
まぁ、家庭教師物で、どうインパクトある展開になるんだって話ですしね、これで良いんですよ(汗)

上記にも書いていますが、少しMっ気ある主人公ですから、そっち方面が好みであればより一層楽しめる様になっていると思いますね。
ヒロインの方が年上ですし、少しこちらをリードしてくれる様な女性が好きな人にも勿論おすすめですね。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 離島の美少女たち つやめく魅惑の放課後 レビュー

離島の美少女たち つやめく魅惑の放課後 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2016-03-02)
売り上げランキング: 2,155

離島の美少女たち つやめく魅惑の放課後 (リアルドリーム文庫)
3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、サッカーが得意な男子学生です。
そんな彼には、幼なじみの3人の女性がいたものの、最近はすっかり疎遠に…。

そんな中、主人公は久し振りに会話を交わした幼なじみのひとりから、話の流れからHな誘惑を受ける事になり、これまでの関係性に変化が生じる事となる展開ですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 栗原 瑞穂」(くりはら みずほ)
  • 涼本 さつき」(すずもと)
  • 木下 澪」(きのした みお)
がいます。

瑞穂は、美術部に所属しており、主人公の幼なじみです。
学力優秀な努力家で優しい性格の持ち主です。

さつきは、部活には所属していない、主人公の幼なじみです。
元々は明るい性格だったものの、家庭環境などもあり、次第に周囲とは距離を置く様になり、一匹狼的な存在となっています。

澪は、陸上部に所属している、主人公の幼なじみです。
ボーイッシュで活発そうな見ためをしていますが、意外と内面はナイーブな所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が最近疎遠となった幼なじみとHな関係になっていく流れですね。
…急展開!

元々、主人公と瑞穂、さつき、澪の4人は小さな島の出であり、学校でも一緒だった訳ですね。
そんな主人公たちですが、皆、中学校に上がると島から出る事になり、次第に疎遠に…。

それまでは一緒の家でお泊まり会なんかしていた訳ですが、次第に年齢を重ね、思春期になる頃には今まで通りにはいかなくなったんですね。
まぁ、女性陣は一気に身体付きも成長し、女らしくなっていくなど、男女の差を感じさせる結果も影響しているんでしょうね。

主人公もそんな彼女たちとはすっかり疎遠となり、好きだったサッカーに打ち込んでいたのです。
しかし、高校3年を目前にして、主人公は怪我でサッカーを断念し、目的を見失い、フラフラ過ごす日々…。

そんな中、主人公は偶然、さつきと久しぶりに会う事に。
さつきは、他のふたりの幼なじみとは違い、部活には所属しておらず、現在は喫煙していたりとちょっと素行が悪い存在になっていたんですね。
そんな彼女との久し振りな会話の中で、何故か話はHな方向に…。

あっさりと彼女に童貞だろと見抜かれてしまった主人公は、まさかのさつきからHな誘いを受ける事に。
幼なじみとそんな関係を持つ事に複雑な印象を持つ一方で、止められない欲情(汗)

その後も、他の幼なじみたちとも何故かHな事になっていく流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラなどがあります。

まぁ、とにかくこの主人公、性欲の化け物です(汗)
それは冗談としても、この年代の男子ですから、そりゃ溢れんばかりの性欲ですよね。
それだけに女性陣の身体を前にすると、理性がどこかに行っちゃう様な興奮度合を見せる事に(汗)

それゆえに、性欲重視な言動になり、女性陣に嫌われる事もしばしばな所はご愛嬌ですかね(汗)
ここまでがっつく感じは、久しぶりに見た気がしますねぇ。

ちなみに、3人の幼なじみの内、さつきと澪のふたりは、男性経験があります。
瑞穂だけですね、男性経験がないのは。
さつきは、素行が良くなかったので、いかにも経験がありそうでしたが、澪はちょっと意外だったかな。
瑞穂がメインヒロインになっていますね、今作の。

まぁ、この主人公のがっつき具合だと全員経験ないとえらい事になりそうですし、経験者との初体験がある方がいいでしょうね(汗)
経験者のふたりも呆れる程の精力とスケベ度の持ち主でしたしね(汗)

そんな主人公のどん欲さは、リアルドリーム文庫らしいですねぇ。
じっくり丁寧にその辺りを描いているので、中々読み応えのある仕上がりになっていると思います。

経験豊富なさつきに、翻弄されたりするのも良かったですね。
でも、ずっとやられっぱなしではなく、サッカーで鍛えた体力で逆に彼女を絶頂させたりするので、受け身ばかりではないですね。
実際、ある程度慣れてきたら、持ち前のスケベ力でガツガツやってますしね♪

終盤では、全員を交えたハーレム展開が描かれています。
割と乗り気なさつきと澪と違い、瑞穂はちょっと心情的に嫉妬しちゃっている面が垣間見えるのはニヤニヤものですね。
結果として、一番主人公に対しての行為にも激しさが加わっており、彼女の想いの強さが分かりますね♪

挿絵


挿絵は「ロッコ」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫ではお馴染みですね。

今作でもちょっとリアルさを感じさせる絵柄で良いアクセントになっていますね。
ねっとりとした色気を持っているんですよね、何か今作は特にそう感じたんですが。

若さだけではない、艶っぽさも感じられて、この年代特有の妖しい魅力も描かれていますね。
そりゃ、主人公も辛抱たまらないか(汗)

あ、最初私、読むまで表紙絵のさつきを女教師かと思ってました(汗)
彼女が他のふたりの様に制服着てなかったので、スーツ姿に見えてしまってたんですよね。
それだけ彼女が大人っぽかったって事ですね、うん(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、リアルドリーム文庫らしい作風でしたねぇ。
Hだけではなく、主人公を含め、皆が今後の進路などに悩んだり、決心したりなどの卒業を控えた学生ならではな状況を描いていたりと、読んでいて何となく全体に混じるしっとりとした雰囲気というか、どこか甘酸っぱい様な感覚を思い起こされる気分でしたね。

自分がイメージしてた感じの展開ではなかったですが、これはこれで中々楽しめました♪
しかし、やはりこの年頃の女子は男子に比べて大人だなぁと思いましたね(汗)
主人公が性欲に流されやす過ぎるだけですかね(汗)

Amazon版 電子書籍
離島の美少女たち つやめく魅惑の放課後 (リアルドリーム文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち レビュー

ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2015-09-02)
売り上げランキング: 4,955

ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)
9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

高校一年生の主人公は、この夏、2週間程、父親の生まれ故郷の田舎に世話になる事に。
その村で主人公は、ある慣習が残っている事を知る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 柿本 留美」(かきもと るみ)
  • 柿本 有希恵」(かきもと ゆきえ)
  • 柿本 沙紀子」(かきもと さきこ)
がいます。

留美は、有希恵の娘で、主人公とは従妹にあたる存在です。
田舎育ちで純粋な性格の持ち主です。

有希恵は、留美の母親で、主人公の父親とは異母兄妹にあたります。
年齢以上の色気を持つ、未亡人でもあります。

沙紀子は、有希恵の妹で、主人公にとってはもう一人の叔母でもあります。
結婚して家を出ていましたが、現在は離婚し、柿本家に出戻っています。
解放的な性格の持ち主で、性にも積極的です。

ストーリー展開


展開的には、田舎にやってきた主人公がこの村で様々な体験をする流れですね。

元々、主人公はこの村に来るつもりはなかったのですが、両親が海外に行ってしまう事になり、その間、父親の田舎で世話になる事になった訳ですね。
主人公は、幼い頃にここには来た以来であり、あまり気乗りはしなかったのですが、ある事に気づき、満更でもない事に。

それは、この村にはやけに女性の姿が多い事でした。
それも皆、美人ばかりで思春期な主人公には、ある意味天国でテンション上がるんだから、単純ですねぇ(汗)

実は、女性が多いのには、ある事情があったのです。
この村は、元々女性が多く生まれる地でもあったのですが、更に男性が村を離れる事が多くあり、結果女性が目立つ様になっているんですね。

その原因は…、ずばり夜這いの慣習にありました。
それも、逆夜這いという…。

身体を持て余した女性たちが、男性の所に逆夜這いをかける慣習が根付いているんですね、古くから。
ある意味、男性にとっては天国とも言える様な状況ではありますが、元々女性の数が多いため、男性側の負担が半端ないらしいんですね(汗)
それゆえに、女性陣の相手をするのが苦痛になり、村を飛び出す男性が後を絶たないという程になってしまったんですねぇ。

となると、更に残された男性側の存在は貴重なものであり、猶更女性陣との相手による負担は増える一方と言う、悪循環(汗)
こうして、更に男性が逃げる…という、嬉しくも辛い現状になっていたのです。

そんな所に、思春期な男子の主人公がやって来たと…。
そりゃ、女性たちの痴態に股間が反応しっぱなしですよねぇ(汗)

それとは別に、主人公は従妹でもある留美に惹かれる様にも…。
しかし、そんな純粋な想いとは裏腹に主人公は、誘惑してくる叔母たち女性陣の魅力にもフラフラと…いう流れですね(汗)
性欲が理性を上回るのは、お約束ですなぁ。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他に違う女性たちの行為も描かれてはいます。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり、女性陣からの誘惑ってのが、今作の見所ですよね。
まぁ、別に夜這いって時間でもなかったりもしていましたが(汗)

上記で他の女性たちの行為~と書きましたが、この村は例の慣習があるのは説明したとおりです。
そのため、他の女性たちも他の男性との行為を行う事は珍しくない土地柄な訳ですね。
なので、そういった行為の場面が少し描かれているのも今作の特徴でもありますね。

もっとも、この行為の場に主人公が立ち会っている訳ではなくて、それを覗き見しているってシチュエーションになっています(汗)
でも、そういうシチュエーションがまた興奮を高める結果になっているのはお約束ですね。
まぁ、それで興奮しきって、ちょっと暴走気味に迫ったりするのがリアルドリーム文庫らしい所ですな(汗)

初々しい恋愛な留美とのやり取りは、H以外も含めて何とも微笑ましいです♪
まぁ、それを主人公の溢れる性欲のせいで色々トラブルのが何とも不慣れな感じがありますねぇ(汗)
初々しい純愛は、留美相手で、肉欲行為は叔母たちってのが上手い具合に担当分けされていますね。


終盤は、ハーレムらしい全員一緒になっての行為になっていましたね。
まぁ、どうしても経験豊富な女性陣のペースだったりするのは仕方ない所ですけどね(汗)
でも、母たちのアドバイスを聞いて、性技を学ぶ留美の姿はある意味でそそるシチュエーションでもありますなぁ♪

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みの方ですね。
表紙絵の留美の様に、パッチリとした瞳が愛らしい絵柄が特徴でもありますね。

田舎、叔母とかのキーワードが絡むと、生々しさの強い濃厚な絵柄がイメージされますが、今作では比較的アッサリとした仕上がりになっていますね。
別にそれは悪い事ではなくて、可愛らしさ、清潔感のある絵柄って事ですね。
皆、色気は勿論あるんですけども、可愛らしいんですよねぇ♪

人によっては、それは微妙な点かもしれませんが、個人的には問題はないですけどね。
むしろ、挿絵の枚数を5枚てのが深刻な問題だなぁ(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、田舎で甘美な慣習といったシチュエーションがたまらない作品でしたねぇ。

この作品だけではなくて、他のリアルドリーム文庫でもなんですが、ハーレムって言っているんだけども、純粋に恋愛対象なのが、今作では留美だけな訳なんですね。
どうしても年上とかのヒロインたちとのハーレムものって、こういう本命ヒロイン+H要員っていうのも失礼ですが、そんな構成で正直純粋なハーレムっぽく感じないんですよね(汗)

この作品もふたりの叔母たちは、一緒にHする関係にはなっているものの、私の好みなハーレムではないかなぁ。
まぁ、どっちも年齢がかなり離れていて、叔母でもありますし、余計に恋愛対象って関係性に至るのは難しいってのは百も承知なんですけどね(汗)
同年代だけのヒロインとは違う、恋愛の色ももっと含んだハーレム作品も見たいものです。

Amazon版 電子書籍
ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 なまめく美人三姉妹 レオタードの誘惑 レビュー

なまめく美人三姉妹 レオタードの誘惑 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2015-02-28)
売り上げランキング: 1,245

2月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな主人公は、中学3年の時期に旅行先で美人三姉妹と偶然知り合う事に。
そこで起こった出来事は、高校1年になった今でも頭に残る程の印象を与える事となっていました。

そんな高校生活で、何と例の三姉妹も同じ学校にいた事が判明。
姉妹を忘れる事が出来なかった主人公は、この再会に胸をときめかせる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

川村 澪」(かわむら みお)
川村 友梨香」(かわむら ゆりか)
川村 杏奈」(かわむら あんな)がいます。

澪は、黒髪ロングが良く似合う正統派美少女です。
主人公とは同学年です。
優しく大人しめな性格ですが、性に関しては興味がある様です。
体操をやっていたため、スレンダーな体型です。

友梨香は、澪の姉で次女です。
3年生で新体操部に所属しています。
妹の澪と違い、勝ち気で気の強い所があります。
付き合っていた彼氏にフラれたばかりでもあります。

杏奈は、姉妹の長女で学校の教師兼新体操部の顧問でもあります。
母性的ってより、姉御肌気質な所があります。
豊満な身体付きで大人の色気を持っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が以前出会った美人三姉妹と、学校で再会する事になる流れですね。

そもそも主人公が、三姉妹と出会ったきっかけは、高校に上がる前の中学の頃でした。
その時、主人公は思い立って一人旅を計画し、旅行中だったのです。

見知らぬ土地で、ひとり旅行を楽しむ主人公は、そこである美少女に目を奪われたのでした。
それこそが、三姉妹の三女である澪だったんですね。
ここで知り合った主人公は、その後、彼女たち姉妹が泊まっている別荘にお邪魔する事に。

ここで主人公は、最終的に友梨香、杏奈から手コキされて大量発射してしまう結果になってしまったのでした(汗)
射精する場面を淡い想いを抱いた澪の目の前という、とんでもないシチュエーションで行う事に…。

こうなるに至ったのも理由がありますが、ここでは結果だけ(汗)

これが、人生初の旅行の思い出でした(汗)
美人姉妹から受けた行為は、甘美ではあったものの、あんな醜態を晒してしまい、終わってしまった…。
この事に主人公は、複雑な心境で高校生活をスタートさせる事となったのでした。

しかし、ここで奇跡が…!
何と、主人公の通う高校には三姉妹も通っていたという驚きの展開に。

連絡先も分からないまま、別れてしまった澪たちとまた会える。
その事に主人公は、胸をときめかせる事となる流れになっています。

…まぁ、あの別れ際の状況を思えば、双方にとって気まずさMAXな訳ですけども(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、尻コキ、腿ズリ、フェラなどがあります。

三姉妹で個性がそれぞれ違う女性陣を相手にするので、多様な行為を見る事ができますね。

主人公は、お約束で童貞で経験がない訳ですが、三姉妹の内ふたりの姉、友梨香、杏奈は男性経験があります。
澪だけが経験がないという事になりますね。

それゆえに澪との行為までの間には、ふたりの姉との行為がある流れになっていますね。
まぁ、メインヒロインは後になるのはお約束ですからねぇ、そこは我慢です(汗)

なので、序盤から中盤辺りではふたりの姉たちとの行為がメインとなっています。
そのため、方向性としては女性陣が主導権を握っての行為に終始する感じですね。
まぁ、童貞が経験者のふたりを相手にリードするってのは酷な話でもありますからねぇ(汗)

個人的には、このふたりの行為はいやらしさがあって、興奮もできた反面、物足りなさを感じましたね。
それは行為の物足りなさではなくて、好意の方ですね。

このふたりに関しては、行為のきっかけが好意に基づいた物ではない訳なんですね。
それゆえにHなんですが、イチャイチャとかそういった甘さがあまり感じないのがちょっと物足りなかったんですよね。
教師でもある杏奈は分からなくもないんですが、次女の友梨香も一瞬良い感じになるかと思ったら、違ったしなぁ(汗)

まぁ、彼女たちにとっては年下ですし、あんまり男性としてって感じではなかったかな。

その分、彼女たちとのH度は中々の濃さがありましたけどね♪

特に教師である杏奈は、お色気ムンムンな感じの言動がハマっていましたね。
友梨香も悪くないんですが、やはりそこら辺は成人している長女の方に分がありますね。
友梨香は、ちょっと性格的なものなのか、言葉よりも直接的という感じで行動派な感じでしょうかね(汗)


メインヒロインである澪ですが、初々しさと姉よりも潔癖さを感じさせますが、キャラ紹介でもある様に決して行為に嫌悪感がある訳ではないんですね。
そんな彼女ですが、上手く話を誘導する事で彼女との行為に至るきっかけになっていますね。
一度受け入れだしたら、初々しさもありつつも、姉たち顔負けの貪欲さを垣間見せる様になっていき、素質を感じさせますね。


サブタイトルにある「レオタード」要素ですが、姉妹共に新体操部に所属、顧問だったりとレオタードと縁がある訳ですし、行為の中でも度々レオタードは登場していますね。
まぁ、全部が全部そういう格好で行為をする訳でもないですし、印象としては全体の行為の3割程度な感じかな?

でも、終盤では新体操用のレオタードではなくて、如何にもH用なエロレオタード着用での行為があったりと中々の見所がありましたね。
スケスケで全く意味をなさない様な生地になっている辺りが、そっち用の用途だと感じさせますな(汗)
個人的には、これにローションなどを組み合わせていたら、尚ポイント高かったですねぇ。

もしくは濡れですね。
濡れる事で、透け具合もかなり増しますし、よりいやらしさが増したんじゃないかなと♪
風呂場での行為はあったんですが、残念ながらいずれもレオタードは出てこなかったのが残念です(汗)

挿絵


挿絵は「猫丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

いつも通り、どこか重厚感を感じさせる様なしっとりとした絵柄が印象的ですね。
この黒っぽさが、独自の世界観を表現していますよねぇ。
可愛さだけではなく、淫靡さもどこかで持ち合わせている様に感じさせる絵柄ですね。

レオタードが登場する作品ですが、思ったよりも挿絵で登場する場面はなかったですね。
まぁ、リアルドリーム文庫の挿絵は5枚ですからねぇ(汗)

唯一あったのが、例のスケスケレオタードだった訳ですが、そのままスケスケなので、ほぼ素肌ですね(汗)
一応、素肌の上に着ているのを感じさせる光沢感や胸がレオタードで圧迫されている感じなどが描写されているので、着ているのは分かりますけどね。
もう少しテカり、光沢感を出しても私的には良かったかな?

挿絵数:5枚

総評


全体的には、本命ヒロイン+αなヒロインたちとの展開を楽しめる作品でしたね。
まぁ、正直物珍しい展開こそありませんが、それゆえに読みやすく仕上がっている作品だと思いますね。
レオタード要素が好みな人には、更に楽しめるのではないでしょうか?

そういや新体操部所属だったけども、思えばそっち方面での行為はなかったですね。
新体操の小道具を使用したプレイみたいな、リボンとか使ったりする様な。
なので、新体操要素はほぼないので、あくまでもレオタード要素のためだけの設定だった様な感じですかね(汗)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
なまめく美人三姉妹 レオタードの誘惑

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着 レビュー

リアルドリーム文庫 桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着

桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着 (リアルドリーム文庫)
早瀬 真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1,298

9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、学校の映研に所属している男子学生です。
そんな彼は、この夏に自分の自主制作作品を作ろうと思っています。

が、突然そんな予定は崩れ去る事に。
祖父の代理で祖父の経営する民宿の手伝いをする事になったのです。
しかし、そこにやってきたのは密かに好意を抱いている娘のいる同じ学校の女子バレー部員たちだったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

林田 莉子」(はやしだ りこ)
松本 貴美子」(まつもと きみこ)
工藤 祐奈」(くどう ゆな)がいます。

莉子は、主人公が幼い頃から好意を抱いている存在です。
女子バレー部に所属しています。
大人しく控え目な性格の持ち主でもあります。

貴美子は、女子バレー部の顧問です。
巨乳で色気たっぷりな容姿と姉御肌なさばけた雰囲気から、男女問わず人気があります。

祐奈は、女子バレー部でキャプテンを務める三年生です。
短髪な髪型でボーイッシュで勝ち気な性格の持ち主でもあります。
貴美子とは、ただならぬ関係でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が祖父の経営する民宿の手伝いをする事になり、そこに同じ学校の女子バレー部が合宿にやってくる事になる流れですね。
…アレ、映画撮りたいってのは、どこへ(汗)

まぁ、そのために色々動いていたのですが、突然予定が祖父のぎっくり腰によって無くなってしまったんですね。
祖父は半ば道楽で民宿を経営しているのですが、ぎっくり腰によって、民宿の経営が出来ない状況になったと。

普段ならば、誰もお客など来ない様な場所ですが、今回は予約があっただけに閉める訳でもいきません。
そこで祖父から主人公に代わりに民宿の手伝いをする様にと頼まれたのでした。

当初は渋る主人公でしたが、予約客が主人公の学校の女子バレー部であると知り、態度を一変(汗)
実は、主人公には好意を抱いている莉子がバレー部に所属しており、彼女に自分の映画の主演をして欲しいと思ってたんですね。

何とか合宿中に、彼女に出演を快諾して欲しいと考える主人公でしたが、色々なハプニングなどもあり、莉子以外との女性たちと関係を持って行く事になってしまう流れですね。

今作の主人公は、結構性欲に流されやすい性格をしていますねぇ(汗)
まぁ、気持ちは分からなくはないですが、若干理性が飛びやすいかもしれませんな(汗)

そんな主人公なだけに、気持ちは莉子一筋なんですが、結果として他の女性陣とも関係を持ってしまう訳ですね。
大事にしないといけないのに、性欲、快楽の誘惑に流されて、我を忘れるとか(汗)
人間味があると取るかな…?

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、足コキ、素股などがあります。
その他の要素では、レズ要素もあります。

序盤に貴美子と祐奈のレズシーンの描写があったりと、意外と存在感がありましたね。
まぁ、このシーンでは主人公は結果的に覗いているって形になり、ここに介入する訳ではないので、ふたりはかなり親密で甘さのあるやり取りも垣間見えますね。

いかにもなやり取りが、雰囲気があっていやらしいんですよねぇ。
先輩の祐奈の態度は、相手が憧れの貴美子であるからか、かなり雰囲気が違うのも印象的です。

主人公には、かなり活発でお姉さんぶる彼女がこんな姿を見せるのは、見所でもありますね。
まぁ、この時点では、そんな彼女のキャラが分からないだけにあまりピンとこないのは残念な所かな?(汗)


また主人公は、基本的にあまり女性陣に頭が上がらない所があり、結果それは行為にも影響を及ぼしています。
まぁ、莉子以外には色々と弱みを握られてしまっている所があるので、強く出れないんですよねぇ、主人公は(汗)
それにどちらも莉子以外は年上なので、どちらにしても弱い立場かな…。

それゆえに祐奈との行為は、彼女に主導権がある感じですね、射精を我慢させられたりとか、軽く言葉責めされたりとか。
たまには主人公も意地を見せて、やりあったりする事もありますが、基本的には控え目な印象ですね。
そこら辺は、女性に慣れていない感が凄いですね(汗)

念願の莉子との初体験でも、暴走気味だったりと色々落ち着き、余裕のなさが見て取れますね(汗

そんな莉子との行為では、最初は大人しい彼女も少しづつ積極的な面を見せていますね。
意外と勝ち気な所も垣間見えたりするのも、ギャップではないですけども、魅力的な一面を見ましたね。

主人公にされて恥ずかしかった想いを、後で主人公にやり返しちゃったりする所は、彼女の茶目っ気も感じられてニヤニヤできますねぇ♪

残念なのは、メインヒロインなのに結構初体験まで時間がかかった所かな。
初体験未遂は途中にありましたが、結果初体験は全体の8割くらいからだったから、ちょっとさすがに遅いねぇ(汗)
ちょっと引っ張り過ぎて、印象が弱くなったのは勿体ないですな。

終盤では、全員交えてのハーレム展開になりますが、そこに純粋な恋愛感情があるかと言うと…(汗)
色々な思惑があってのだから、素直に楽しみにくい所は心情的にありますけども、やはりタイプの違う女性が3人同時ってのは、魅力があるのも確かなので難しい所ですね。

主人公は、映研なのでHにもカメラとか絡んでくるかと思ったんですが、あんまりそういう場面はなかったですね。
一応あるにはあるんですが、主人公の本意ではない形だったりで、微妙な存在に…(汗)
ああいう使い方よりも、普通に莉子とのHな姿を収めるって形の方が甘さがあったと思うんですけどねぇ。

挿絵


挿絵は「ロッコ」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

繊細で生々しさや色気を感じさせる表現が秀逸ですね。
表紙絵よりも中の挿絵に関しては、線がよりはっきりとしており、力強さもありますね。
特に表情の艶めかしさは、表紙絵よりもかなり出ているのではないでしょうか♪

先輩である祐奈は、表紙絵にも出ている短髪の娘が彼女ですが、この手の作品では珍しい短髪具合ですね。
結構何気に一番挿絵に登場してた事もあってか、印象的でしたねぇ。
結構、凛々しさの中に色気もあって、これはこれで良い感じではありましたね。

バレー部でブルマだのスクール水着だのとタイトルにあるんですが、挿絵に関してはほぼ関係ないです(汗)
最後の挿絵のシーンでは、かなり変態的な過激水着とか着てたらしいですが、挿絵ではちょっとしか見えないので、あまりそっち方面の描写は期待しない方が良いですね。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ハーレム物としては、物足りず弱い印象の作品だったかな。

勿論、ハーレム合宿と銘打っていますし、実際全員との行為はあるんですが、個人的な印象としてはややハーレム?って感じですね(汗)
それは、やはりメインヒロインの莉子以外のふたりの存在が良くも悪くも大きかったです。
このふたりは、別に主人公の事を好きって訳ではないですからねぇ(汗)

更にこのふたりが、ただならぬ関係(レズ)って事も大きく影響していますね。
ふたりとも別に女性だけしかダメって訳ではないので、主人公との行為もありますが、やはりあまり甘さは弱いかな。
悪くはないんですが、やはり主人公が蚊帳の外になるのがね。

もう少しあのふたりと主人公の絡みが普段からあれば、もう少し甘さも出たのかなって気はするだけに、勿体ないかなと。
メインヒロインだけ見たいって人には、やや物足りなさがあると思うので、ご注意を(汗)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 レビュー

二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1,583

4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、交際8ヶ月になるクラスメートの「真奈」(まな)と中々恋人としての次なるステップに踏み出せない事を悩んでいる最中です。
そんな状況だったのですが、事態は主人公の思っていない方向へと動き出す事に…。
何と、中学時代に付き合っていた彼女「玲香」(れいか)が転校してきたのです。

こうして、ふたりの美少女たちの前に主人公の心は揺れ動く事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

浦木 真奈」(うらき まな)
瀬戸 玲香」(せと れいか)がいます。

真奈は、主人公のクラスメートであり、同じ陸上部の恋人です。
明るく可愛らしく少し子供っぽさのある素直な性格の持ち主です。
育ちの良いお嬢様ゆえか、性的な事に関してはかなり潔癖な所があります。

玲香は、主人公のクラスに転校してきた、元主人公の恋人です。
年齢よりも大人びて見え、性格もどこかクールな所があり、小悪魔的な魅力を持っています。
主人公にトラウマを与えた存在でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が真奈と付き合っている中で、かつての恋人である玲香が転校してきたという流れですね。

主人公は、現在付き合って8ヶ月となる恋人の真奈がいるんですね。
可愛らしい存在である彼女との交際も順調で仲良く過ごしているのですが、主人公にはある悩みが。

それは、真奈と未だにHをしていないという事。
何せようやく最近になってキスを初めてしたばかりというくらい、初々しい関係なんですね。

主人公としては、もっと早くHな関係になりたいものの、お嬢様な真奈としてはHをするって事に関して、避けているんですね。
好きな事は変わらないものの、主人公としてはやはり早くHがしたいってのは思春期の男子の正直な心情ではありますから、理解はできますけどね(汗)

そんな欲求不満が見せたのか。
この日の朝、夢で見たのはかつて中学時代に極短期間だけ交際していた彼女、玲香でした。
子供らしい天真爛漫さが魅力の真奈とは違い、大人びた雰囲気と体型の玲香。

当時、主人公はやはり玲香との初体験を夢見てたのですが、そのチャンスも彼女が急にアメリカに引っ越す事になるという事態でこれまた何も経験出来ずに終わってしまったんですね。
しかも、主人公は彼女の口からアメリカ行きを知らされる事はなく、その他大勢と同じで教師から知る事になったのも、彼の心を傷つける事にねってしまった訳です。

結局、この2ケ月間の交際は、ただ主人公に女性に対するトラウマを植え付けるだけの出来事でした。

それから時間は経過して、現在ようやくその傷も癒え始めている中で、主人公は真奈と交際をしている訳ですが、彼の中では未だにトラウマがあるだけに、何とかHをしたいという強迫観念に近い考えがあるんですね。
しかし、そんな事情など真奈には知る由もない事なだけに、この両者の意識の差が出てきている訳ですね。


そんな中で、主人公を驚かす事態が起こる事に。
そう、玲香が主人公の学校に転校して来たから。

主人公としては、今更どの面下げてという憤りと共に、当時よりもまた美しく成長した彼女の姿に惹かれる所も(汗)
そんな主人公に当時の様に接してくる玲香。

こうして主人公は、玲香と真奈のふたりの間で揺れ動く事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、素股などがあります。

Hシーンでは、小悪魔的に主人公を誘惑して来る玲香と初心な真奈との対比が見所ですね。

玲香は真奈がいる中でこっそりと主人公の股間を刺激して来たりと、かなり良い性格していますね(汗)
それでいて、中々分かりやすい態度、真意を見せてこない素振りに、主人公はかなり惑わされてしまう事になりますね。
主人公は結構視野が狭いというか、見えなくなるタイプなので、玲香の素振りには面白い程にやられます(汗)

実際、主人公はかなりガツガツしています(汗)
とにかく早く真奈と初体験したいと思っているんですが、その想いが強いだけに空回りしますね。

そんな中で、玲香からのHな行為を受けてしまった事で、またも性欲に歯止めがかからなくなっていく事になり、増々真奈との距離感がぎこちなくなる悪循環になっていますね。
半端に玲香から快感を知ってしまった事で、よりムラムラしちゃうんでしょうけども、殆どHの事ばかりでしたね、彼は(汗)
まぁ、勿論、射精して冷静を取り戻してみれば、自己嫌悪で一杯なだけに、可愛げは…ある…かな?(汗)


最初は初心な真奈も、主人公や玲香と絡む事で少しづつ変化しているのも特徴ですね。
まぁ、珍しい事ではないですけども、もう一人の経験豊富なヒロインに指導されていくって流れは淫靡な雰囲気や独特な感覚があって、中々見所でもありますね。

終盤では、ふたり一緒になっての行為もありますけども、そこに至る経緯が経緯なだけに何とも(汗)

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では「ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師」などがありますね。

目がパチッとしているヒロインたちはイキイキとしていて、若々しい魅力を強く感じさせる絵柄で好感が持てますね。

特に真奈のデザインは、瞳の透明感や髪型だったり、全体の雰囲気が良く作中の真奈にピッタリなデザインで相性の良さを感じさせますね♪
透明感とあどけなさの入り混じった可愛らしさは、かなり良い感じですね。

勿論、対象的な玲香の魅力もしっかり描写されていますね。
大人びた雰囲気と小悪魔的な性格は一目見るだけで、感じ取れるキャラってのも凄いですね。

終盤に彼女たちは陸上部なんですが、そのユニフォーム姿になるんですね。
この姿が個人的にはかなり良かっただけにもう少し見たかったです(汗)

ああいうユニフォームって、かなり露出というか肌を出している面積が大きいですよね。
そういう目で見てはいけないんでしょうけども、あの健康的な姿はかなりHに感じてしまいますね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、主人公の空回りっぷりが目立った内容でしたねぇ。
この主人公の空回りっぷりが嫌かどうかで、評価も変わりそうですね(汗)
確かに理解はできますけどねぇ、こんな美少女たちに囲まれれば、衝動的になるのも分かるし。

でも、終盤、ラストがそのために甘さよりH重視で終わってしまうのが、自分としてはスッキリしなかったですね。
もう少し捻りがあるかと思って、ラストをどう締めるのかと期待してただけに、残念だったかな(汗)

甘い雰囲気な作品を期待している人は、少し注意ですかね。
まぁ、全く甘くないとは言いませんけども、思ったよりも控え目だったかなって印象はありますね(汗)
キャラクターは魅力的なだけに、もう少し恋愛色も欲しかったかな。

二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女

Amazon版 電子書籍
二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷 レビュー

リアルドリーム文庫 幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷

幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1,083

12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、冬休みに実家へと帰省する事に。
そこで彼は、幼なじみや憧れの女性たちとの再会を果たす事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

辻村 愛子」(つじむら あいこ)
辻村 美咲」(つじむら みさき)
藤木 由香里」(ふじき ゆかり)がいます。

愛子は、主人公の幼なじみです。
明るい性格ながらも、勝ち気で強情な所があります。
そのため、昔から主人公を子分扱いしていました。

美咲は、愛子の姉です。
愛子とは違い、落ち着いた清楚な物腰の女性でもあります。
現在は、亡き母親の喫茶店を継いでいます。

由香里は、主人公の兄の嫁で、義理の姉になります。
主人公の実家である温泉旅館の若女将でもあります。
しっとりとした雰囲気を持っています。
主人公の事も実の弟の様に可愛がっています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が実家の温泉旅館に帰省した際に、そこで女性陣との再会を果たす事になる流れですね。

冬休みってのが、何ともまた風情があって良い雰囲気ですねぇ。
結構帰省って夏休みのイメージがあるけども、それだと温泉旅館ってのがあまり合わないかしら?(汗)

主人公にとっては、今年ちゃんとしたスケジュールでの帰省になるんですね。
夏とかでは、部活動で好成績を出してたゆえにあまり余裕がなかったのですが、ここにきてゆっくり出来る時間を持てたという訳です。

そんな中、主人公は久しぶりの再会を楽しむ事に。
中でも、彼が昔から憧れていた美咲、由香里は更に美しくなって彼を出迎える事になる訳ですね。
更に意外だったのは、ここを離れる前はガキ大将の様な振舞いをしてた幼なじみの愛子の変化でした。

久しぶりに再会した彼女は、主人公が一瞬誰だか分からない程の変貌ぶりだったのです。
短かった髪も伸び、男の様な慎ましい胸も立派に成長しており、一気に女らしくなっていた訳ですね。
まぁ、性格は以前と扱いに大差がなかったんですけどね(汗)

実際、結構思ってたよりも、じゃじゃ馬というか勝ち気な所が垣間見えましたねぇ。
主人公も何だかんだタジタジになる場面も多かったし(汗)

主人公はそんな彼女に振り回される中で、他の女性たちと絡んでいく事になる流れですね。
なので、メインヒロインは愛子になりますね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、素股、足コキなどがあります。

上記にもある様にメインヒロインは、愛子であり、他のヒロインはサブ扱いに近いです。
特に義姉である由香里は、サブヒロインでしたねぇ(汗)
彼女とは1回だけの行為止まりであり、良くある初体験の相手役って感じでしたね。

それでも見せる艶姿は、姉妹よりも匂い立つのを感じさせる程のものがありましたので、印象には残るかなと思います。
だからこそ、Hがあるならばもっと見たかったですね(汗)
お約束で、最近ご無沙汰なだけに普段とのギャップがあったのは良かったです♪
挿絵の効果もあり、中々の色っぽさです。


あくまでもメインは姉妹です。
姉の美咲はサブヒロインって表現をしましたけども、一応複数回行為があったりと、由香里に比べるとそれなりに出番がありましたね。
元々、主人公は美咲に好意を持っていますし、妹の愛子との繋がりも当然ありますからね。

肝心の愛子が中々素直にならない事や、主人公の気持ちが当初は他のヒロインに向いている事などもあって、序盤から中盤辺りまでは他のヒロインの関係が多いですね。
その合間合間で愛子とも、Hな事になったりするものの、結局の所、こじれてしまい、不安定な関係を続けるので、まともにHらしいHとなると結構終盤までないのが残念。

なので、愛子との直接的な行為は、序盤は手コキ、足コキなどで射精って所止まりですね。
それもイチャイチャする様な甘さってよりも、半強制的にされる感じで主導権が向こう寄りなものになっているので、甘さは弱いですね(汗)
ちょっと屈辱的な思いがあっても、悲しい男の性で股間は張り詰める程、勃起し、彼女の手の感触に悶えてしまうのがね(汗)

個人的には、愛子がもう早く少しデレても良かったかな(汗)
結構素直でなくて気難しい性格というか、主人公の言動もあって、こじれたりするので、厄介なんですよね。
まぁ、主人公の自業自得な所もありますが(汗)

終盤では、姉妹ふたり相手にしての展開もあります。
あくまでもメインは愛子なんですけども、姉妹一緒にという状況は中々そそるものがありますね。
主人公を取られまいと嫉妬心を見せる愛子の姿が印象的でしたね。

挿絵


挿絵は「」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、初めてですかね?
以前レビューした二次元ゲームノベルズの「真・燐月」シリーズでも挿絵を担当されていましたね。

特徴的なのは、独特のタッチなので印象的ですね。
濃いめの線で大胆に描かれた描線なんですけども、しっかり可愛らしさも感じる絵柄ですね。
色気も濃いめの線なので、しっかりありますね。

テニスをしているだけにテニスウェアでの行為も見たかったですね。
一応愛子はあるんですが、上半身だけの描写だったので、微妙でしたね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、肝心のメインヒロインの愛子との関係を引っ張り過ぎてしまってたかなと。
もう少し展開が早くても良かったんじゃないかなって思いましたね。

個人的に、Hシーンで終了って展開はあまり好みではなかったので、彼女たちとのエピローグなどが欲しかったんですよね。
なので、こうなると義姉の由香里の要素はごっそりなくても良かったかもしれませんね。
まぁ、結構由香里好きなんで、それはそれで残念ですが、消化不良な感を残したまま終わるよりかはマシかなと(汗)

もっと甘くハーレム的な展開を考えてたので、ちょっとそれとは違いましたね(汗)

幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷 幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷

楽天はこちらからどうぞ
幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
幼馴染みの美姉妹と誘惑温泉郷

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活 レビュー

リアルドリーム文庫 清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活

清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 2,294

9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、高校三年生の男子です。
これから季節は夏であり、楽しみな夏休みを満喫するつもりだったのですが…。
何とある事で、両手を骨折してしまい、病院に入院する羽目となってしまいます。

その病院には、憧れの存在のお姉さんが働いており、喜ぶ一方で、他の看護師たちからもアプローチをかけられてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

篠崎 沙也香」(しのざき さやか)
高木 玲子」(たかぎ れいこ)
富永 麻衣」(とみなが まい)
栗原 桃子」(くりはら ももこ)がいます。

沙也香は、主人公が入院する事になる病院の正看護師です。
主人公の自宅の近くに住んでいた憧れの存在です。
清楚で献身的な性格ながら、嫉妬深い面もあります。

玲子は、病院で外科に勤務する女医です。
クールな性格の女王様的な所があります。
離婚歴アリ(汗)

麻衣は、泌尿器科勤務の正看護師です。
外見は優しそうな優等生なのですが、意外にもHな事が好きな快活な女性です。

桃子は、准看護師の女性です。
幼い顔立ちで初心そうな雰囲気がありますが、元コギャルという経歴の持ち主でもあります。
小悪魔的な要素を持っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が入院をする羽目になってしまうのですが、そこで看護師たちにアプローチをされる事になる流れですね。

何で入院する事になったのか。
それは、彼が遭遇したある出来事にあります。

偶然主人公は、マンションのベランダを子供が乗り越えようとしたのを目撃してしまったんですね。
思わず駆け出した彼が落下した子供を受け止めた事で、子供は無事だったのです。
しかし、その代償として彼の腕は骨折する事になってしまったのですけどね(汗)

こうして、一躍時の人となった主人公。
子供を身を挺して助けたとして、病院内でも好印象を持たれた訳です。
それがモテる要因に繋がった所はありますね。

中でも主人公の想いは、近所に住んでいた憧れのお姉さんの沙也香にあるんですね。
彼女に気持ちを伝えたいと思うのですが、踏ん切りがつかない状況なんですね。

そんな中、ある日主人公は、尿瓶を使わずトイレに行こうとするのですが、その際に出会った看護師の桃子に手伝ってもらう中でつい反応してしまう股間(汗)
そんな反応に気を良くした桃子から、手コキをしてもらい、射精させられてしまいます。

その後も、桃子をはじめとした看護師たちにHな行為をしてもらう事になってしまう流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、足コキなどがあります。

やはりというか、病院が舞台であり、看護師たちがヒロインな訳ですから、そっち寄りな行為があるのも印象的ですね。
ヒロインの中には、泌尿器科担当の看護師もいますしね(汗)

そんな彼女に前立腺を刺激されて、股間が反応してしまうなどのシーンは、見所ですね。
一応これは主人公の便秘の排便を促すために、指を入れられて腸内を弄られているんですけども、そういうプレイにも思えますな(汗)

基本的には主人公は受け身ですね、病院内は。
そりゃ、両手が骨折しているのだから、自由にできないのも仕方ないですから、女性陣側からって事になるのは当然な事ですね。

当然、女医の玲子以外は看護師なので、行為はナース服が基本なのも嬉しい所ですね♪
主人公は退院しても、ネットで自前のナース服を用意して着せる辺り、結構なマニアですね(汗)
それとも入院中の行為を経験して、ナースさんに目覚めたのでしょうか(汗)

終盤では、複数人でのハーレム展開がありますが…、こういう展開って意外にあまり無い様な気がしますね(汗)


挿絵


挿絵は「クマトラ」さんが手がけています。
初めて見た人ですかね?
どうやら同人活動もされているそうですね。

ちょっと独特な絵柄で印象的ですね。
瞳の描き方とかが特徴的で、個性を感じますね。
そのせいか、可愛らしい中にも艶気を感じさせる仕上がりになっていますね。

今作のヒロインの様な看護師の様に清潔感を感じながらも、爽やかなほのかに感じる色気がよく表現されているのではないでしょうか。

カラーも繊細で色気を感じるのですが、中の挿絵も中々雰囲気がありますね。
より細く感じる様な繊細な描線で描かれているので、淡い印象もあるんですけども、ちゃんといやらしさもありますね♪
トーンも淡めで、独特のムードがありますね。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、中々楽しんで読めましたね。
まぁ、正直な所最初から中盤までがピークで若干終盤に行くにつれて勢いが落ちてしまった感もありますけどね(汗)

主人公がかなり性欲に素直な所があるのが、人によっては好みが分かれるかな(汗)
まぁ、この手のハーレム系では主人公がHってのは必須条件みたいな所はありますけどね。

そのせいでメインヒロインであるはずの沙也香の印象がある意味、一番薄くなっているってのがね(汗)
主人公に対して愛情があるヒロインは、彼女だけな訳ですけども、それなのに扱いがあまりよろしくなかったかもしれませんね。
彼女はこの先、主人公で色々悩まされそうですな(汗)

清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活 清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活

楽天はこちらからどうぞ
清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
清純ナースと豊艶女医 ときめきの桃色入院生活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 レビュー

リアルドリーム文庫 ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師

ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 (リアルドリーム文庫 109)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 466

4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、父親の転勤によって転校をする所から物語は始まります。
そして、転校先は元女子校だったという事で、今でも女子の比率が高いという、ある意味羨ましい環境でもあります。
そんな彼は、水泳部に入部するのですが、ここでも女性ばかりの状態に思春期真っ只中の主人公には刺激的過ぎ…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

水泳部の「内田 久美」(うちだ くみ)
水泳部部長の「金本 友希」(かねもと ゆき)
水泳部の「池波 萌子」(いけなみ もえこ)
水泳部顧問の「畑山 響子」(はたやま きょうこ)がいます。

久美は、水泳部所属の二年生です。
黒髪ロングな印象的な美少女です。
おっとりした雰囲気に見えますが、意外に頑固な面や芯の強さがあります。
主人公の家の隣に住んでいます。

友希は、水泳部の部長で三年生です。
ショートカットな髪型でどこか野性的な魅力を感じさせます。
明るく快活な性格の持ち主であり、性に関しても同様です。

萌子は、水泳部所属の一年生です。
部長の友希とは以前からの知り合いで、彼女を尊敬し、憧れています。
あまり物事にこだわらない天真爛漫な性格をしています。

響子は、体育教師兼水泳部の顧問教師です。
グラマーな美人ですが、お高い所がなく、親しみやすく姉御肌的な所があるので、生徒たちから慕われています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が転校先で水泳部に入部をする事になったのですが、周りが美少女たちばかりで主人公には刺激的だったと言う流れですね。

何故、主人公はこの学校に転校してきたのかと言うと、それにはある理由が…。
転校のきっかけ事態は、父親の転校によるものなのですが、それを受け入れた背景があるんですね。

主人公は以前の学校でも水泳部に所属していたんですね、実は。
しかも、そこは強豪の水泳部として、内外から有名な部だったのですが、そこでの強豪故に厳しい指導などが主人公に合わなかったんですね。
主人公自身は、楽しくやりたいって考えであり、強豪校の指導方針とは真逆ですね(汗)
勿論、強豪校に認められるだけの実力はあるんですが、試合などでは緊張で普段の実力を発揮できないでいます。

しかし、期待していた新しい学校生活では、主人公の予期していない出来事のオンパレードとなります。
その内容の詳細は避けますが、転校早々いきなり誤解などによって好感度マイナススタートって感じでしょうか(汗)
まぁ、誤解だけではなく、ハプニング的な事もあり、全部が誤解ではないのがつらい所ですが…。

話、戻って…。
主人公は、水泳部に入部を果たすのですが、当然女子の比率が高いだけに、水泳部も主人公以外は女子ばかり…。
ある意味、天国な状況なのですが、主人公にとっては地獄の様な環境だったんですね。

実は、主人公はかなり性欲が強い様で、すぐ股間が反応してしまうのです(汗)
笑い話ではなく、これは結構主人公の中で大きな悩みともなっているんですね。
生殖能力旺盛なのか、毎日数回自慰する程度ではすぐ反応をしてしまう困った状態です。

本人は、病気なのではないかと思い悩んでた過去もあるだけに、水泳部の女子たちの水着姿は目の毒な訳ですね(汗)
ちなみに、以前の学校は男子校でした。
そんな美少女たちの水着姿などに、性欲旺盛な主人公の股間は水着では隠せない状態に…。

物語は、そんな情けない状態の主人公が、女性陣とHな事になっていってしまう訳ですね♪

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、自慰、フェラ、手コキ、パイズリなどがあります。

やはり作品的にも、水泳部がメインの舞台なので、当然水着姿での行為の展開も多々ありますね。
水泳部なのでビキニなどではなく、競泳水着な所は好きな人にはたまらないのではないでしょうか。
ちなみに、スク水はないので、期待している人はご注意を(汗)

ストーリー展開的に、メイン格のヒロインは久美ですので、彼女との行為は後半部に集中しています。
そのため、序盤や中盤には他のヒロインたちとの行為が中心となっていますね。
久美以外に関しては、好意は多少はあると思われるものの、ある理由による関係での行為が主なので、純粋に恋心で行っている訳ではないですね。
でも、主人公とのHにそんな理由など、忘れてしまうくらいに行為にハマっていくので、快感重視かなと思います。

なので、ベタベタに甘すぎず、でもあっさり淡白でもないと、丁度いい塩梅になっているんじゃないでしょうか?
まぁ、ハーレム銘打つのであれば、個人的には久美以外とも、少し恋愛色を強めても良かったのかなとは感じましたが、ここら辺は各自の好みですかね。

久美とは、その分甘さ(恋愛感情)が感じられるので、また他のヒロインたちとは違った味わいがあると思います。
彼女との行為は、結構そこに行きつくまでの道のりが、自業自得もあり、長かっただけにニヤニヤしちゃいますね♪
…まぁ、主人公のあの体質を考えると、彼女は今後色々大変な思いをしそうですけども(汗)

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
同リアルドリーム文庫では、「ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長」、「万引き女子学生調教医療」がありますね。

サッパリとした絵柄ながらも、可愛らしさや色気を感じさせますね。
特にメインヒロインである久美のデザインは、清楚さも併せ持っており、より彼女との純愛感を感じられると思います。
競泳水着との相性も良いですね♪

ちょっと意外だったのは、教師の響子は体育教師だったりするので、凛々しいイメージだったんですけども、挿絵で見たら割とそうでもなかった事かな(汗)

後は、メインヒロインである久美の水着姿が表紙絵しかなかった事ですかね(汗)
なので久美のHシーンは、水着での行為がありません…(涙)

リアルドリーム文庫の挿絵の少なさは、何とかならないものか…。
せめてもう少しでも、増えたらいいんですけどねぇ(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ハーレムものなだけあって、結構な行為の数がありましたねぇ。
上記にもある様に、もう少し各ヒロインとの恋愛色を強めていれば、個人的にはなお良かったのですが、これでも悪くはないとは思います。
性欲処理に近い感じが嫌でなければですが(汗)

しかし、この主人公の節操の無さはどうにかならないものかと思うレベルでしたね(汗)
まぁ、正確には節操がないのは股間なだけですけどもね。
こんなにいちいち反応してたりしたら、人間社会で生きていけないだろうと思わせますなぁ(汗)

Amazon版 電子書籍
ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 ぼくの彼女は若妻女子高生 レビュー

リアルドリーム文庫 ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム

ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム (リアルドリーム文庫 99)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 861

12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は今が性欲真っ盛りな18歳の学生です。
そんな彼には、お互いの両親公認の2つ下の「二宮 佳奈子」(にのみや かなこ)という彼女がいます。
まだキス程度の清い交際を続けているふたりでしたが、主人公はこの日初Hを狙おうとしますが、肝心な所で親に見つかってしまいます。

本来この後、両親は海外に赴任するので、主人公は一人暮らしを満喫する事になるはずでしたが、今回の件でそれはご破算に…。
主人公は、佳奈子の母親の「由貴子」(ゆきこ)経営するアパートへ住む事になってしまいます。

しかし、そのアパートは女性ばかりであり、性欲旺盛な主人公の理性は限界寸前となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、佳奈子に彼女の母親の由貴子、その他にアパートの住人では、由貴子の妹の「沢村 和恵」(さわむら かずえ)、佳奈子の従姉の「須藤 美希」(すどう みき)がいます。

佳奈子は、主人公の恋人です。
一途で真面目な性格で結婚願望が強いです。
ヤキモチ焼きな面も。

由貴子は、佳奈子の母親です。
自身は未亡人であり、女手ひとつで佳奈子を育てています。
大らかで優しく母性的な性格をしています。

和恵は、由貴子の妹です。
主人公と加奈子の通う高校の教師であり、由貴子のアパートに住んでいます。
恋愛経験豊富な女性です。

美希は、佳奈子の従姉で女子大生です。
明るく奔放な性格の持ち主であり、彼女も由貴子のアパートに住んでいます。

ストーリー実況


展開的には、主人公が由貴子の経営するアパートに住む事になってしまう流れですね。

その理由が佳奈子との初体験未遂を母親に目撃されたからってのが、何とも恥ずかしく情けないですな(汗)
両親としたら、こんな息子を一人暮らしさせてたら、必ずこんな事ばっかりすると思われたんでしょうな、うん。

しかし、悪い事だけではなく、両親から佳奈子と中途半端ではなく、ちゃんと結婚しろと言われてしまい、婚姻届まで話が進む事に。
とは言え、いずれは結婚という考えはありましたが、さすがに学生でいきなりは、という思いがあるんですけどね。
それは、佳奈子の母である由貴子もさすがに今すぐってのは早いと考えており、彼女との意見があった事もあり、この時点での届出提出は見送られる事になります。

届出は、主人公が高校を卒業後という事になるんですね。
しかし、由貴子の話は続き、お試しという事で、娘の佳奈子も一緒にアパートで生活をさせようと提案して来る事になります。
でも、部屋は別々なので、彼女の言う同棲ってのとは若干意味合いが違う様な(汗)

更に彼女から告げられた提案は、ある意味主人公にとってつらい内容だったんですね。
それは結婚するまで、佳奈子の純潔を守れというものであり、初Hに燃えてた主人公には酷ですな(汗)
およそ高校卒業まで10か月間、彼女とHできないという条件ですが、その母親を前にそれはできませんとは言える訳もなく、それを了承する事になります。

こうして主人公のアパート生活が始まる訳ですが、そこは若い女性たちが暮らすアパート。
刺激的な女性たちの姿に、主人公の性欲は至る所で刺激されてしまう事になる訳ですね。

その後の展開は想像できると思いますが、この先、女性陣とHしちゃう訳ですな(汗)
まぁ、佳奈子とはしていないから約束破っていないしね(汗)


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

まぁ、先程も書いた様に前半部は殆ど佳奈子ではなく、他の女性陣との行為が中心ですね。
一応佳奈子も、母親バレした時に手コキをしてもらったりとかはありましたけどね。

とにかくこの主人公は、所構わず勃起しちゃうんですよねぇ(汗)
思春期の有り余る性欲だと思っても、相当なものですね。
まぁ、佳奈子以外アパートには年上の女性陣がいるだけに、反応してしまうのも分からなくはないですけどねぇ。

それにそんな環境ですので、自慰がまともにやれない訳ですね。
なので、余計に精液だけではなく、性欲も溜まる事になりますね。

そんな主人公は、色々な経緯があって、美希や和恵たちと関係を持ってしまうんですね。
しかし、経験をしてしまった故に、むしろ欲求は膨らむ一方であり、またも勃起をするという悪循環になっていますね(汗)
性欲の化け物ですな(汗)


基本的に年上の女性が相手なので、大体リードされるのが多いですかね。
まぁ、主人公の肉棒は経験豊富な彼女たちでもうっとりする大きさみたいですので、次第に本気になってしまったりしますが。

個人的には、由貴子との行為が印象的だったですね。
彼女は普段はおっとりしている訳ですけども、未亡人で長らくご無沙汰だっただけに、かなり行為になると豹変とまではいかないかもしれませんけども、中々の乱れっぷりを見せてくれますねぇ♪

佳奈子の行為は、どうしてもラストに回るのは予想が付きましたし、実際終盤まで本番はなかったですね。
なので、どうしても話の中ではメイン格なんだけども、ちょっと影が薄かった感は否めませんでしたね(汗)

挿絵


挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
同レーベルでは「誘惑美少女チアガール」や「幼馴染みと学園のアイドル」などでお馴染みですね。

やはり可愛らしい絵柄ですねぇ♪
リアルドリーム文庫って、比較的その名の通り可愛いよりも色気、艶気重視な所がありますけども、その中でひときわ目立ちますね。

爽やかで清潔感のある絵柄で描かれたヒロインたちは魅力的でもっと見たくなりますね。

個人的に好きなシーンは、美希との行為ですね。
日焼けした肌で水着の跡が白く残っているのが表現されていて、それがまた健康的ないやらしさを感じさせて良かったですね♪

後は、全体的に挿絵数がもっとあればなぁ…。

総評


全体的には、タイトルにもある様にハーレム展開でしたね。
女性陣ばかりのアパートにひとり男なのだから、そりゃそうですね(汗)

その反面、終盤からラストにかけての展開には、個人的には今ひとつだったかな。
もっとハーレムですけども、純愛色の強い感じになるかと思ってたんですが、途中から風向きが怪しく(汗)

思ったよりも性欲ってか、肉欲的な終わり方だったのは、ちょっとなぁ…。
これは私がそう思っただけですので、これはこれで悪くはないとは思うんですけども、もう少し甘さが欲しかったかな、私的には。

まぁ、節操なしに勃起してしまった主人公が悪いのか、そもそもの話(汗)

ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム


楽天はこちらからどうぞ
ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ぼくの彼女は若妻女子高生 ときめき新婚ハーレム

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 誘惑美少女チアガール レビュー

リアルドリーム文庫 誘惑美少女チアガール 女子高生彼女と幼馴染み

誘惑美少女チアガール~女子高生彼女と幼馴染み~ (リアルドリーム文庫 87)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 913

6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、この春に高校に入学したばかりの新入生です。
そんな彼の目下の悩みは、中学から付き合いだした恋人の「須藤 亜佐美」(すどう あさみ)との関係の事。
彼女とは付き合ってはいるものの、未だキス止まりの関係で止まっており、その先には中々進めないでいます。
彼女相手に童貞を卒業したいと思う気持ちがありますが、現状その兆しは見えないまま…。

そんな主人公は、小学生の頃に近くに住んでいた2つ年上のお姉さんである「佐伯 夏帆」(さえき かほ)と6年ぶりに再会することになります。
夏帆もまた同じ学園であり、主人公は彼女に積極的に迫られてしまいます。
更に主人公は、夏帆に彼女が所属しているチアリーダー部に勧誘される事になり、女性陣に翻弄される展開です。


登場するヒロインは、亜佐美に夏帆、それに学園の教師である「峯岸 響子」(みねぎし きょうこ)がいます。

亜佐美は、主人公のガールフレンドです。
ですが、未だ関係はキス止まりなプラトニックなものとなっています。
お嬢様育ちな事もあり、生真面目で処女は結婚まで守りたいと言う程です。

夏帆は、主人公の子供の頃の幼なじみのお姉さん的な存在です。
引っ越してしまい、それからは会っていませんでしたが、同じ学園で再会する事になります。
チアリーダー部に所属しており、勝ち気で負けず嫌いな性格をしています。

響子は、主人公たちの学園の教師であり、チアリーダー部の顧問でもあります。
容姿の美しさや姉御肌な性格もあり、生徒たちの人気も高いです。


展開的には、主人公は幼なじみの夏帆と久しぶりの再会をして、その後彼女に所属しているチアリーダー部に勧誘されてしまい、入部する流れとなります。

そもそも何故チアリーダー部に勧誘される事になったのかと言うと、ある事情があるんですね。
それは、夏帆と6年ぶりに再会した後にあります。
出会った場所は、満員電車で彼女とは知らずに密着してしまい、彼女の身体に主人公の身体は反応してしまい、股間を大きくさせてしまいます(汗)
痴漢かと間違われないかと冷や冷やする中で、直後に夏帆だと向こうから告げられて知る事になる訳ですね。
何とロマンチックさの欠片もない再会でしょう(汗)

後日、彼女の家に招かれた主人公は夏帆と思い出話に花を咲かす事になります。
しかし、そこで過去の約束の話題になる事でおかしな方向になっていく事に…。
実はかつて、子供の頃にふたりは結婚しようと約束してた過去があるんですね。
勿論、それは子供の頃のたわいない約束と思ってた所、夏帆はそれを覚えており、話は付き合っている人はいるのかなどの込み入った話に…。

現在、主人公は亜佐美という彼女がいる訳ですが、夏帆は許嫁である私がいながらという反応(汗)
その流れで主人公は、電車で勃起してた事を夏帆に指摘され、彼女に最終的に手コキで射精させられる羽目になってしまいます。
…この事で夏帆に弱みを握られてしまい、チアリーダー部に入る事になる訳です(汗)

まぁ、許嫁の件は子供の頃の話で片付けられるけども、手コキの件はさすがに言い逃れできませんしね(汗)
その後、主人公と夏帆の関係を怪しんだ亜佐美までもが、チアリーダー部に入部する事になり、主人公は夏帆と亜佐美の板挟みになります(汗)
一応、チアリーダー部は、男子もOKな混合であり、主人公以外にもひとりだけ男子が所属しています。


Hシーンでは、亜佐美、夏帆、響子との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。
まぁ、行為としては派手なものはないですけど、リアルドリーム文庫ですしね。
行為の種類よりも内容の濃さでしょうしね、大事なのは。

それぞれのヒロインが、経験なし(亜佐美)、ちょっとあり(夏帆)、経験豊富(響子)という役割分担が出来ているので、分かりやすいですね、その辺。

実際、主人公は初体験の相手は響子との行為になるんですが、やはりそういう役回りに徹していますね。
なので、本筋ではそれ程関わらずに、アドバイスなどで周りを導いていくって感じですね。
まぁ、彼女は主人公以外の相手とのHシーンが少しだけあるんですが、あのシーンは何気に独特な雰囲気があっていやらしかったです(汗)
ちょっとSっ気を垣間見せる響子の言葉責め?が印象深いシーンになっていますね。

響子は、挿絵だと可愛らしいお姉さんっぽい印象なんですけど、意外に文章だと色気ムンムンな感じに思えるので、その点ギャップがありますね。
あのHシーンでのやり取りは、他のヒロインとは違う色気がありますねぇ。
今作では、主人公と恋仲になる訳ではない訳ですけど、彼女ともそういう関係になった話も見たかったですね(汗)

亜佐美は物語上仕方ないんですが、ちょっと進展するまでが長かったですねぇ。
その間に、響子、夏帆とのエピソードが入っているので、どうしても遅くなるのは仕方ないですね。
まぁ、真打は最後に登場って事で(汗)

尺の都合かもしれませんが、各ヒロインとも基本本番は1回ずつという事もあり、やや物足りなさは感じるかもしれませんね。
まぁ、それ以外の手コキやフェラなどの行為は別にあるので、総量としてはそこそこかもしれませんけども、それでももう少し欲しかったかな(汗)

初々しいHシーンの雰囲気は感じられるので、その点は良いんですけどねぇ。
行為を経験した後の変化も、その後の行為で確認できれば良かったかなと。
一応、亜佐美はあっさりとした、その後の行為の描写はありましたけど、これでは…(汗)

挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
同レーベルでは、「湯けむり下宿の艶尻お姉さんたち」、「幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後」がありますね。
この人の絵柄は表紙絵でも分かりますが、可愛らしく清潔感のあるさっぱりしたキャラクターが魅力的に描かれているのが特徴ですね。
爽やかな絵柄なので、こういう純愛系にはぴったりですねぇ♪

どのヒロインも可愛らしいので、皆良いですねぇ♪
響子の思ったよりも可愛らしかったのもいいし、夏帆のちょっと勝ち気そうな表情もいいですし、亜佐美の清楚な感じも捨てがたい…(汗)
もっと見たいけどリアルドリーム文庫なので、挿絵数が少ないのが残念ですね(汗)

後は、せっかくのチアリーダー部なのだから、チア衣装を着ての行為も見たかったですね。
絶対あると思ったのだけどなぁ…。

何気に主人公も可愛らしかったですね(汗)


全体的には、私が当初イメージしてたものとは違ってましたね(汗)
てっきり、これハーレム的な展開になるのかと思ってたのですが、そんな事はなく、最終的にはひとりの娘を選ぶ事になる展開でしたね。
主人公が基本、優柔不断な性格なので女性陣の板挟みになって、結局選べませんでした、とか思ったんですけどねぇ(汗)
まぁ、それは私の勝手な思い込みでしたけども(汗)

正直な所、読んでてチアリーダーの雰囲気が薄く感じたかな。
でも、合宿してたり練習風景もそれなりに描写されてたんですけどね(汗)
何かインパクトがなかったのも確かですかねぇ…。

誘惑美少女チアガール ~女子校生彼女と幼馴染み~ 誘惑美少女チアガール ~女子校生彼女と幼馴染み~

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
誘惑美少女チアガール ~女子校生彼女と幼馴染み~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 幼馴染みと学園のアイドル レビュー

リアルドリーム文庫 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後

幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 (リアルドリーム文庫 72)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 532

10月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、アパートに一人暮らしをしていますが、主人公が帰宅してみるとアパートは大騒ぎに…。
何とアパートに車が突っ込み、主人公の部屋の壁が崩壊しているという状態に(汗)
そこで主人公は幼なじみでもある「瀬川 夏美」(せがわ なつみ)の家に居候する事になります。
すっかり女らしくなった夏美のドキドキする主人公は、夏美始め女性たちの誘惑にさらされる事に…と言う展開です。

登場するヒロインは、夏美以外に主人公の憧れの先輩の「稲垣 莉奈」(いながき りな)、主人公の前のアパートの大家の「村口 君江」(むらぐち きみえ)がいます。

夏美は、主人公の幼なじみのクラスメートです。
勝ち気で活発な性格をしており、新体操部に所属しています。
主人公に好意を抱いてますが、中々素直になれません。

莉奈は、主人公の所属する美術部の先輩で憧れの存在です。
お嬢様で学園の男子からは、マドンナ扱いをされています。

君江は、主人公の住むアパートの大家であり、学園の非常勤の保健師です。
また夏美の叔母でもあります。
人妻ですが、現在夫の浮気に悩んでいます。


展開的には、主人公のアパートが破壊された事で、主人公は君江の口添えで夏美の家で居候をする事になります。
しかし、主人公は綺麗に成長している夏美たちと一緒に住む事にやや戸惑いもあります。
それは見た目は良くなっても、彼女のきつい性格には子供の頃からいじめられており、苦手意識があるんですね。
なので、主人公はあまり夏美には頭が上がらない訳です。

ですが夏美たちの家に移る前日の夜に主人公は君江の手料理をごちそうして貰う中で、お酒のペースが加速する君江との会話はおかしな方向へ…。
学校で見せる姿とは、違うアルコールによって赤らんだ表情に主人公もドキドキしてしまいます。
そして、彼女と会話で夫が浮気しているとの問題発言を聞いてしまう事に(汗)
そうなるとお約束の彼女はいるのか、経験はあるのかと言うやり取りになっていく事になり、主人公は君江にHな行為をされてしまう事になります。

ここで主人公は、君江から手コキで発射させられるのを始まりに、フェラで口内発射をされて、童貞を卒業する事になります。
まぁ、どうやらその後ももう1回戦あったようですが、搾り取られたとしか描写がなかったです(汗)
随分、溜め込んでいたんでしょうねぇ、彼女も夫に放っておかれてたし、結構若い頃遊んでたみたいですしね(汗)

そんな強烈な体験をしてから、翌日に夏美の家に行く事になるのだから、主人公も夏美の健康的な肉体美を意識してしまうきっかけにもなっていますね。
そんな夏美との共同生活(母親もいますが)では、やはり突発的なお風呂場でのアクシデントが起こります♪
ここで結果的に主人公は、夏美に手コキされてしまい、射精してしまう事になります。

でも、その後も相変わらず態度は変わらない夏美の姿に主人公はますます訳が分からなく困惑する事になります。
とは言え、お風呂場での行為などで主人公は夏美をかなり意識する事になるのですが、そこは男の悲しい性…、またも別な女性に気を取られる事になります(汗)

その相手は、主人公の所属する美術部の先輩である「莉奈」の存在。
偶然、彼女の着替えや秘密を目撃してしまう事に(汗)
学園では清楚でお嬢様なイメージで定着してただけにこの行動には主人公も動揺の色を隠せませんが、お約束で覗いてた事がばれてしまい、主人公は彼女からの「お願い」を聞かざる得ない状況に追い込まれます。

こうして主人公の思い描いていた展開とは全く違う流れではありますが、莉奈と接点をこれまで以上に持つ事が出来た主人公ですが、そんな状況を夏美は面白くなくますます風当たりが強くなっていくという悪循環に…。

Hシーンは、3人の女性陣との行為が描かれています。
タイトルだと幼なじみと学園のアイドルと言う事で夏美と莉奈がメイン所だと思ってたんですが、意外に君江の存在感もありましたね。

最初に人妻キャラで、いかにも主人公の筆おろしの相手役だろうなとは想像しやすいのですが、その後もHシーンが用意されていたりと出番が比較的多かったですね。
個人的には、色気があって年齢の近いヒロインたちとはまた違う魅力のあるヒロインなだけに好みではありますが、彼女の出番で他のヒロインがやや見せ場が減った印象もありますね(汗)
まぁ、H担当な感は否めないですねぇ。

莉奈は、主人公に秘密を目撃された事からHな関係になっていく事になりますが、主人公の股間を観察させてもらうというシチュエーションは美術部の彼女らしいですね。
勿論、非勃起時での観察から始まりましたが、途中でこの特異なシチュエーションでフル勃起してしまうのはお約束(汗)
その後、勢いで主人公は彼女とのHも体験する事になります。

夏美とは、お風呂場での手コキ事件?があった他にも、主人公の隠し事を聞き出すために主人公を縛って、白状するまで手コキで寸止めし続ける拷問プレイが印象的ですね(汗)
口でも勝てないのに、こんな事されたら頭上がりませんねぇ(汗)
個人的に残念だったのは、彼女とのHシーンではコスプレ色がなかった事ですね。
てっきり、彼女は新体操している設定があっただけにそのコスチュームでのHを個人的には期待していたんですよねぇ(汗)
作中でもレオタードを着ているシーンがあっただけに期待が高まってただけに残念です…。

挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では「湯けむり下宿の艶尻お姉さんたち」も挿絵を手掛けていますね。
可愛らしい絵柄と爽やかな雰囲気は今作の作風に合っていますね♪
特にこの表紙絵の出来栄えには惹かれた人は多いのではないでしょうか?

胸の柔らかさや少し巨乳ゆえに重力に逆らえ切れてなさを感じさせる様な胸の描き方が秀逸ですね♪
個人的には、ラストの挿絵である夏美のHシーンが好みでした。
胸の描写や初Hシーンでの涙を浮かべた感極まった表情などがツボでしたね。

勿論どのキャラクターも可愛らしさと色っぽさを兼ね備えているので、文句なしですねぇ。
まぁ、しいて言うならやはりリアルドリーム文庫の挿絵数の少なさですね(汗)


全体的に、メインヒロインは夏美で残念ながらアイドルである莉奈との関わりが薄かったですね。
H自体はしたものの、それは恋愛感情からの行為ではなかったのも大きいですね。
勿論、人妻である君江も恋愛感情ではないだけに、タイトルでイメージするハーレム的な作品とは大分違ってましたね(汗)
なので、散々Hしていて純愛系?なのかは分かりませんが、メインヒロインはひとりなのでご注意ください。

もう少し各ヒロインとのバランスが良かったら、かなりの良作だったのだろうけど、ちょっと勿体ない作品だったかなというのが個人的な感想ですね(汗)
君江はまだしも、莉奈のキャラはもう少し恋愛色が欲しかったなぁ。

正直、君江よりもインパクトがなくて、莉奈はいなくても問題ないレベルなんですよねぇ…。
他のヒロインたちとは基本的に繋がりが弱いし、もっと掘り下げていれば変わったのかなと思うと惜しいキャラクターですね(汗)

幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】幼馴染みと学園のアイドル

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
幼馴染みと学園のアイドル 女子校生たちの恥じらいの放課後

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南 レビュー

リアルドリーム文庫 あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南

あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南 (リアルドリーム文庫 65)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 5894

6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公はよくいる普通の高校生。
童貞であった彼は、何とかこの夏に脱童貞を果たすためにと海の家でアルバイトをする事に。
とは言え、それだけで童貞卒業できる訳もなく、ただバイトに励む日々。
しかし、女子大生ふたり組と知りあった事で、主人公は彼女たちに気に入れられ…。
誘惑する彼女たちに筆下ろしをしてもらえる事になり、歓喜する主人公でしたが、彼女たちの友人がかつて憧れていた存在のお姉さんであると分かり…という展開です。

登場するヒロインは、主人公に声をかけてきた女子大生の「増村 亜紀」(ますむら あき)、「佐伯 恵美」(さえき めぐみ)、主人公の憧れの存在だった「志田 優香」(しだ ゆうか)がいます。

亜紀は、海の家で出会った女子大生です。
小麦色の肌がまぶしい、健康的な色気を醸し出している女性です。
どことなく女豹の様な印象もあります。

恵美は、亜紀たちと同じ大学に通う同級生です。
亜紀とは違い、やや幼い顔立ちながら爆乳の持ち主でもあります。
清純そうな見た目ですが、意外に茶目っ気も。

優香も、亜紀たちと同じ大学に通う同級生です。
主人公が中学生の頃に家庭教師をしていた過去があります。
主人公の憧れの存在でもあります。

展開的には、主人公は亜紀、恵美のふたりに気に入られ、彼女たちの家の別荘に招かれる事になります。
そこで主人公は飲み物に混ぜられていたアルコールで酔ってしまい、同じくお酒の入った彼女たちにガチガチに勃起した股間を見られてしまいます。
更に2人がかりで肉棒を弄られて、盛大に射精してしまいます(汗)

翌朝、主人公に彼女たちから告げられたのは、ふたりの内どちらかが主人公の初めての相手になってくれるというもの。
喜び爆発の主人公でしたが、彼女たちの別荘にかつて主人公の憧れの人だった優香が現れた事で3人の女性陣に翻弄されるという流れですね。

主人公としたら、初めての相手になってくれると直接告げられた亜紀、恵美にも心を動かされてしまいますが、憧れた存在である優香の事も諦めきれてなかっただけに迷う事になります。
恵美に至っては初めての相手だけでなく、気に入ったから付き合ってもいいとか言われているのだからそりゃ悩みますね(汗)
…贅沢な話ですなぁ(汗)

しかし、かつて家庭教師をしていた優香とは最後の授業の時にとあるお願いを聞いてもらった過去があり、それが主人公に期待感を持たしているんですね。
主人公がお願いした事は、ビキニの水着で授業を教えてもらうというとんでもないお願い(汗)
こんなの最後の授業待たずに終了でしょうよ(汗)
しかし、快諾してくれた優香のビキニ姿と普段の授業とは違う、妖しい彼女の態度に主人公はたまらず下着の中で射精してしまった過去があるんですね(汗)
清楚なお嬢様なイメージが強かった彼女が、そういった事をしてくれた事が主人公にアタックすれば可能性もあるのではないかと思わせる訳ですね。

主人公の中では、優香がやはり一番好意を持っており、亜紀たちには悪いけど正直に言おうとは思うのですが、実際に彼女たちを前にしてしまうと優柔不断な反応をしてしまいます。
まぁ、その中には全員にいい顔をしていたら、優香に軽蔑されるのではという恐れが強いのが正直な所でしょうね(汗)
しかし、主人公は向こうからの積極的な行動にのまれてしまい、亜紀を相手に初フェラに加え、初体験を経験する事になります。

ここでの見所はバックからの挿入にて亜紀の膣内で動こうにも、あまりの快感に動く事もできない程に射精感が高まっている主人公を余所目に、亜紀のさながらレゲエダンサーの様な腰使いで暴れる立派なヒップの描写が中々いやらしいですねぇ。
亜紀のお尻を強調した挿絵の効果もあり、興奮度は高いですね♪

亜紀と経験をしてしまえば、当然その後は…、恵美ともそういった事になるのはお約束ですな(汗)

恵美とは、プールサイドで彼女にサンオイルを塗るという定番な誘惑ですが、これはたまらないですねぇ♪
ビキニを着けている状態とは言え、かなりきわどいものであり、殆ど裸ではないかと思うレベルは逆に全裸よりもいやらしく見えます。
このオイルを塗った肌のてらてらとしたぬめった輝きがHなんですよねぇ(汗)
勿論、直接手で彼女の肌の感触、弾力感をその身に感じながらのオイル塗りですっかり肉棒はパンパンに…。

そんな状態になっては、引っ込みがつかなくなった主人公は恵美にされるがままです。
そりゃ、恵美に乳首をオイルでぬめった指で刺激されて焦らされたりしたら、一度経験した程度の主人公では勝ち目ないですね(汗)
更に手馴れた手コキに加え、パイズリされて大量に発射してしまいます。
挿絵のいやらしさと可愛らしさの入り混じった恵美のパイズリ中の表情が魅力的ですね。
その後、彼女ともHしてしまいます。

その後も、亜紀、恵美たちと経験を積んだ主人公はいよいよ優香にアタックする事になるんですが、ちょっと終盤過ぎた印象がありますね。
まぁ、今作のメインヒロインな訳ですけども、もうちょっと早くても良かったかなと。

ここでの優香とのHシーンでは、普段終始リードされていた主人公が今までの経験を活かして、優香から主導権を取るのが印象的ですね。
やはり他のヒロインとは違い、想いがあるせいか、甘い雰囲気がより強く出ていると思います。
残念なのは、彼女とのHシーンが1回だけだった事ですね。
やはりそういう点も含めて、もう少し早く展開してほしかった気持ちはありますねぇ。

挿絵は「匿名ヒーロー」さんが手がけています。
表情はあどけなさが残っているんですが、それとは裏腹に見事なボディのヒロインが魅力的ですね。
このむっちり感がたまらないですねぇ♪
肉付きのいい身体には、健康的な色気が感じられて水着姿が映えると思います。

残念なのは、挿絵自体にはほぼ肝心の水着姿のヒロインはない事ですね(汗)
一応水着が着けているとは分かるものもありますが、ほぼ挿絵では目立っていないのでほぼ全裸に見えてしまうんですね。
せっかくサブタイトルにビキニとあるのだから、一枚くらいは欲しかったですね。
挿絵数が少ないリアルドリーム文庫なだけに残念です(汗)
浴衣姿でのHシーンがあるのは、変化があっていいんですけどねぇ。

後は、表紙絵に亜紀と恵美しかいなくて、肝心のヒロインの優香がいないじゃないかと思ったんですが…。
これ実は恵美かと思ってた娘が優香みたいですね(汗)
よく似ているんですよ、恵美と優香。
でも、挿絵を見ていると髪にピン?だかを着けているのが優香なんですね。
後は若干優香の方が髪が長い様ですね。

全体的に、しっかりと童貞の主人公の女性陣を前にしての、チャンスなのかと色々考えを巡らせる描写や流れなどがよく描かれていると思いました。
でも、意外だったのはハーレム的な終わりになるかと思ったら、メインヒロインが優香だったりと最終的には純愛的な方向になった事ですね。
その割には、終盤くらいなだけの存在感だっただけに、ちょっと物足りなく感じました。
後は挿絵同様、水着の展開がそれ程なかった事でしょうか。
サブタイトルで凄い期待しているとちょっと肩透かしかも(汗)
それでも要所要所で登場はしていますので、それなりの存在感はあるんですけどね。

優しい年上の女性好きで水着好きな人には中々楽しめる作品だとは思います。
私もかなり楽しめただけに、欲を言えばもっと水着に執着して欲しかったかなと思ってしまうなぁ。

あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南 あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】あぶない誘惑ビ-チビキニ女子大生の童貞指南

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
あぶない誘惑ビーチ ビキニ女子大生の童貞指南

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 AVメーカーのSなお姉さんたち レビュー

リアルドリーム文庫 AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス (リアルドリーム文庫 52)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 11848

従姉の亜衣の家を訪れた圭佑は、彼女の会社の先輩理名に心惹かれてしまう。アルバイトとしてその会社に入るが─何とそこはAVメーカー!?「うふふ、今日は何回射精させてあげようか?」ローションプレイにオナホールで精液を搾り取られ、見習い社員として奮闘する青年の行く末は─。

あけましておめでとうございます♪
12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

まぁ、新年に持ち越してしまいましたが(汗)

内容は、主人公は高校を卒業したものの、就職難のために就職できず、家族からは早く就職しろと圧力を受けている状態です(汗)
そんな中、主人公の従姉である「亜衣」(あい)に呼び出された主人公は、そこで亜衣の同僚である「理名」(りな)に夢中に…。
その後、亜衣から自分の勤める会社にアルバイトに来ないかと持ちかけられ、両親から就職しろとせっつかれていた事と理名にまた会えると二つ返事でOKをする主人公。
しかし、今まで知らなかった亜衣の会社が実はAVメーカーだったと知る…という展開です。

登場するヒロインは、亜衣、理名以外に会社の社長「夏希」(なつき)、社員の「真里子」(まりこ)がいます。

亜衣は、主人公の従姉であり、幼い頃から主人公に対し、弟というよりも舎弟の様な扱いをしています(汗)
そのため主人公は、亜衣には頭が上がりません…。
性格は当然Sっ気があり、事あるごとに主人公をいじめます。
いじめると言っても、それは性的な行為もある様で、主人公が中学の頃から手コキや足コキで射精させていた様です。
…性欲に支配される思春期にそんな事されたら、そりゃたまりませんね(汗)

理名は、亜衣と同じくAVメーカーに働いています。
主人公の憧れの存在でもあります。
清楚で大人しくお嬢様なキャラクターなのも、主人公的にはいつも虐げられている亜衣と比較してしまっている所があるのかもしれませんね(汗)

夏希は、亜衣たちが勤めるAVメーカーの社長です。
社員の少なさもあって、社長自らカメラで撮影などをこなす事も。
理知的でクールさを窺わせる外見通りの性格ですが、ひとたびスイッチが入ると一変し、被害妄想的なMっ気に(汗)

真里子は、亜衣、理名たちとは違い、メイクや衣装に終わらず、作品の女優としても出演しています。
他のヒロインに比べるとやや存在感が今ひとつで特に書く事も…(汗)

AVメーカーを舞台とした作品なのは、中々ないだけに新鮮で期待感もあったのですが、読み終わってみると微妙だったかなというのが正直な感想ですね(汗)

展開的には、タイトル通りSなお姉さん方にいじめられるのが基本スタイルです(汗)
更に主人公は何だかんだ言いながらもそれを最終的には受け入れるMっ気のある性格をしているので、そういう展開に拍車がかかります。
そのため、そういった展開が苦手な人には向き不向きがあるかもしれません。

舞台がAVメーカーなので、素人物の撮影の手伝いのつもりが騙されて出演させられたり、オナホールで扱かれたりとらしい描写がされています。
一応外部の女優たちとのHな行為もあるにはありますが、基本的には会社の女性陣たちとの行為がメインです。
まぁ、スタイルなど女優でもやっていけそうな面々ばかりなので、演技指導などの名目などでHな展開になったりも。

パイズリやフェラなど定番どころも当然ありますが、これといって特異なプレイはなかったですね。
なので、SM的なプレイは意外にもなかったですねぇ。
まぁ、終盤で主人公がアナルを犯されちゃう展開はありましたが(汗)
残念なのは、タイトルにもある様に主人公は童貞であるために、かなり終盤まで本番はないままな事ですね。
射精自体は、手コキやフェラなどで散々たっぷりとしていますが、童貞喪失まではかなり引っ張る事になります。

終盤では、女性陣全員相手のHシーンが展開され、ハーレム状態と言いたいところですが、正確には「ハーレム」ではなく「乱交」と表現するのがピッタリかなと思います。
なので、愛情はある意味あるかもしれませんが、それはラブラブっていうものではないという事です。

読んでみると同レーベルの著者作品の「女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠」を彷彿とさせます(汗)
これもあれも「童貞」がタイトルに入っていますしね(汗)

更に今作では「貞操帯」を女性陣ではなく、主人公が着ける事になり、射精を我慢させられるという責め苦を味わう展開も用意されています。
同時発売なリアルドリーム文庫の「花嫁調教」も主人公兼ヒロインが貞操帯を装着するんですが、今回のリアルドリーム文庫のテーマは「貞操帯」だったのでしょうか?(汗)

挿絵は、同レーベル作品を多く描かれている「英田舞」さんが手がけています。
「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」や「女子高生メイドと穴奴隷女教師」、「女教師の童貞指導」などがありますね。
柔らかそうな絵柄ながら、艶っぽさを感じさせる表情は見事ですね♪
今作はややコミック的な感じでしょうかね。
個人的には、真里子と夏希のWフェラシーンがいやらしく、色気爆発でお気に入りです♪
まぁ、挿絵数が少ないレーベルなのは残念ですね…。

全体的な評価としては、今ひとつなのが正直な感想ですね。
あれもこれも主人公はヒロインたちに翻弄される展開ばかりで、ひたすらMっ気満載で人を選ぶのは確かでしょう。
最後にそれを主人公は受け入れちゃってますし(汗)
まぁ、Sっ気が決して高過ぎる作品という程ではないとは私は思いますが、展開に今ひとつ感情移入できなかったのは痛かったかなと。
主人公よりも、年齢層が上の女性陣ばかりな事もあり、可愛がりみたいな方向に傾きすぎているのもあるんでしょうねぇ。

著者で買う買わないと決める方ではないんですが、今後もこういう作風なら今後はスルーも考えるべきかなと思ってしまいました(汗)
まぁ、私はって事ですので、お好きな人には申し訳ないです(汗)
ここら辺は好みでしょうねぇ。

新年早々に手厳しい事書いちゃったけど、個人的には可もなく不可もなくってくらいの評価ですね(汗)
他のタイプの作品も読んで見たいところです。

AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

楽天はこちらからどうぞ
AVメーカーのSなお姉さんたち

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

リアルドリーム文庫 女教師たちの童貞いじり レビュー

リアルドリーム文庫 女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠

女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠 (リアルドリーム文庫 42)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 880

女子校から共学化したばかりの盟朋学園に通う正平は、盗撮趣味を持つ、初心でちょっとM気質の少年。ある日満員の通学バスで、くねる女教師の柔尻に思うがままに若竿をいじめられてしまう。「ふふ、もうピクピクしてるじゃない…」女教師たちの甘く激しい童貞いじりが始まる─。

7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューと行きます。

何ともストレートでAVのタイトルみたいですねぇ(汗)
でも、こういうのがリアルドリーム文庫らしくていいですね♪

さて気になる内容ですが、主人公は最近まで女子校だった学園に転入してきた数少ない男子です。
そんな主人公は盗撮の趣味があり、新聞部を隠れ蓑として、お目当ての女教師の姿を撮るのが楽しみとなっています。
ある日の登校のために乗ったバスが大混雑し、盗撮するほど熱を上げている教師「真奈」(まな)の背後に密着した主人公は不可抗力で勃起してしまい、真奈のお尻の感触で射精してしまう事から女教師との関係が変化していく事になるという流れです。

この主人公盗撮以外にも教師のトイレを鏡で覗こうとしたりとかなり駄目な奴ですねぇ(汗)
しかし、男のモノは教師が驚くほどの存在感を誇っているんですが…。

ヒロインは教師の「真奈」にクラス担任の「美帆」(みほ)、そして主人公のクラスメートの「愛理」(あいり)です。
真奈は体育教師の他、水泳部の顧問をしており、主人公との接点は基本的にはなかったのですが、数少ない男子という事で知っている様です。
活発な性格でショートカットが似合う女性ですね。
水泳部というのもあって、当然水着姿の彼女とのHもあります♪
身体にフィットした水着姿は挿絵の効果もあって破壊力ありますね(汗)

対する美帆は、クラス担任であり、優しい印象の女性です。
でも、挿絵見たら結構色気がある顔立ちをしていて、軽くSッぽい印象なんですが(汗)
まぁ、そのシーンは主人公の悪事を咎められた展開から派生しているHシーンだったこともあって、「叱られているのに、何でこんなにしているの?」みたいなのが含まれているからなんでしょうけども。

愛理は、主人公と同じ学校の出身であり、主人公の当時の憧れの存在でしたが、ある一件で苦手な存在に。
もっともそれは向こうも同じで主人公を相手にしてません。
美帆に憧れているようで、主人公との関係を疎ましく思っています。
そういう事情もあり、主人公を軽蔑し、敵視している感も見せます。
個人的には苦手だなぁと思ってたけど挿絵で見た彼女はかなり好みでした(汗)

基本的に女性陣にされるがままな展開が多いですね。
まぁ、立場的にもそうならざるを得ないし、性格もMっ気のある所があるのでいいのかもしれませんけどね。
それにしても、主人公は余りある精力を持て余しているのは分かるけど、がっつきすぎかな(汗)
すぐ口約束して、Hな展開を求めるのは…。

プレイ的には意外にも手コキ、フェラ、素股などの行為はあっても、中々本番までは行きません。
そこら辺は焦れるというか、物足りなさも感じる人もいそうですね。
レオタードや水着などのフェチ的要素もあり、個人的にはかなりお気に入りなんですが、もう少しHシーンが多いと言う事ないですね。
初本番が終盤も終盤だったのは、残念(涙)

一応ハーレム的な感じではいますが、実際はちょっと異なる形ですねぇ。
この関係性はちょっと性欲重視であり、好意はさほどない関係なだけにラブラブな展開を期待しているとがっかりすると思います。
それに全ヒロインとの本番描写がないままなのは、マイナス点ですね。
一応その後、行為を行なっているというような描写のみで、終始したのは勿体無さすぎ。
愛理との初体験シーンすら説明描写のみというのはどうなんだろ(汗)
前半部くらいまでは期待してただけに、終盤の配分には残念としかないですね…。
あえてこうしたんだろうけど、これはなぁ(汗)

そういう意味では確かにタイトル通り、童貞「いじり」に終始したと取れますね。

挿絵は、大人っぽさのある艶のある表情、身体の線が魅力的だっただけに本番シーンがほとんどない作品なのは勿体無いですね。
文章出ないシーンじゃ挿絵もないよねぇ、そりゃ(汗)
元々、挿絵の少ないリアルドリーム文庫なのも、結果として不満に繋がってますね。

…表紙絵が発表されて、私はこの作品を今月発売作品では一番期待して楽しみにしてただけにがっかり(泣)
私的には前半部のいやらしい展開などキャラクターなど魅力な点は多いんですが、それ以上に不満もあった作品でした。

女教師たちの童貞いじり 女教師たちの童貞いじり

楽天はこちらからどうぞ
女教師たちの童貞いじり

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠

素晴らしい挿絵を描かれていた「星野 竜一」さんの最新コミック


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます