FC2ブログ

巨道空二のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:巨道空二

巨道空二のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2014-07-04リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード愛妹レッスン 恥蜜のレオタード (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 14.07.04巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 3,097Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、妹の「更紗」(さらさ)がいます。そんな彼は、更紗を妹としてだけではなくて、異性として見てしまう事に葛...

記事を読む

2013-12-01リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 秘密のデートは母親と秘密のデートは母親と (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 13.11.30巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 3,000Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、父親を亡くし、母親の「美里」(みさと)と二人暮らし。女手ひとつで主人公を育てる美里は、主人公にとっても自慢の母親です。...

記事を読む

2013-08-29リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 13.08.29巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 2,738Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子高校生です。そんな彼は、義理の姉である「暦美」(こよみ)に対して、異性として彼...

記事を読む

2012-09-28リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 熟れごろ人妻農園熟れごろ人妻農園 (リアルドリーム文庫 94)posted with amazlet at 12.09.28巨道空二 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は大学生であり、この夏の夏休みに実家の農業を手伝うために帰郷しています。そんな主人公は、主人公の父親が市に貸し出している農園の利用者である女性「宗像 早苗...

記事を読む

2012-03-25あとみっく文庫
あとみっく文庫 前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました (あとみっく文庫43)posted with amazlet at 12.03.25巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 6657Amazon.co.jp で詳細を見る3月発売のあとみっく文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。物語は主人公の父親が突然事故で他界してしまった事から始まります。幼い頃に母も亡くしていた主人公は...

記事を読む

2011-12-01リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 デートレッスンは若叔母と 年上お姉様と後輩に挟まれてデートレッスンは若叔母と年上お姉様と後輩に挟まれて (リアルドリーム文庫 75)posted with amazlet at 11.12.01巨道空二 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は現在、両親が出張により自宅で一人暮らし中。そんな彼の元に現れたのは母親の妹である...

記事を読む

2010-08-16二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリーム文庫 ドSな甘姉とMなツン妹っ!ドSな甘姉とMなツン妹っ! (二次元ドリーム文庫 163)posted with amazlet at 10.08.16巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 762Amazon.co.jp で詳細を見る「お姉ちゃんのおっぱい、柔らかいでしょ?」「お、お尻はだめなんだからねっ、お兄ちゃん!」義理の姉妹はほんわかドSなお姉様×ツンでもMな妹君!?お風呂場エッチに足コキご奉仕、下着選びに付き合わさ...

記事を読む

2010-03-16リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 美人OLたちの魅惑オフィス美人OLたちの魅惑オフィス (リアルドリーム文庫27)posted with amazlet at 10.03.16巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 103265おすすめ度の平均: 主人公が愛され過ぎるほど愛される甘い誘惑作品Amazon.co.jp で詳細を見る美人上司は幼馴染みのお姉さん、恋人は先輩OL─。甘い花蜜の美女OLたちが織りなす誘惑オフィス。(あたしの身体…ほら、さわってもい...

記事を読む

2010-03-04リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 義姉体験 恋人は兄嫁義姉体験 恋人は兄嫁 (リアルドリーム文庫 5)posted with amazlet at 10.03.04巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 181722おすすめ度の平均: 2人だけで営まれる背徳の密戯Amazon.co.jp で詳細を見る憧れの兄嫁―いつも明るくて優しい綺麗なお義姉さん。青年が恋した相手は、年の離れた実兄の嫁だった…。「わたし、真二君に…慰めてほしいな…」留守がちの夫に愛想...

記事を読む

no-image

2010-01-28二次元ドリーム文庫 「さ行」
二次元ドリーム文庫 すうぃーとオフィス 誘惑の社長室すうぃーとオフィス誘惑の社長室(二次元ドリーム文庫76)posted with amazlet at 10.01.28巨道 空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 231735おすすめ度の平均: エロラノベでは珍しいオフィスモノAmazon.co.jp で詳細を見る女子社員しかいない衣料品メーカーで、突如社長に任命された少年・将和。逆セクハラ、オフィスラブ、社内性交―何でもありの一週間が...

記事を読む

no-image

2010-01-13二次元ドリーム文庫 「さ行」
二次元ドリーム文庫 せい魔術うぉ~ずせい魔術☆うぉ~ず (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 11.04.12巨道 空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 485450Amazon.co.jp で詳細を見る魔術師エリート家系出身の少年・威彦。ふとしたことから彼が強大な魔力に目覚めたとき、四人の美女たちとの甘い学園生活が始まる。密かに想いを寄せる義姉、幼馴染みの巫女、留学生のサキュバスに、高飛車お嬢様まで…少年...

記事を読む

no-image

2009-09-28二次元ドリーム文庫 「た行」
二次元ドリ-ム文庫 とりぷるレッスン!とりぷるレッスン! かてきょとセンセといいんちょ (二次元ドリーム文庫118)posted with amazlet at 10.03.24巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 25013おすすめ度の平均: 最後はハーレムハッピーエンド 実は3人とも「帰ってきた」ヒロインAmazon.co.jp で詳細を見る成績のよくない少年・弘樹は、憧れの沙耶先生に認めてもらおうと猛勉強を開始する。昼休みは委員長...

記事を読む

リアルドリーム文庫 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード レビュー

リアルドリーム文庫 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード

愛妹レッスン 恥蜜のレオタード (リアルドリーム文庫)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3,097

7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、妹の「更紗」(さらさ)がいます。
そんな彼は、更紗を妹としてだけではなくて、異性として見てしまう事に葛藤をしています。

そんな気持ちを知らずか、更紗は主人公にクラスの男子から告白されたと明かす事に。
これをきっかけにして、ふたりの関係に変化が生じる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

菅野 更紗」(すがの さらさ)がいます。

更紗は、主人公の妹です。
新体操部に所属しているポニーテールが良く似合う快活な少女です。
素直で甘えん坊な性格でもあり、兄である主人公をこれまた意識しています。

ストーリー展開


展開的には、更紗が告白されたという事から、兄妹の関係に変化が生じる事となる流れですね。

実は、双方ともに好意を抱いているんですね、この兄妹。
しかし、主人公はそれを表には出さない様にしているんですね。

それは主人公と更紗は、血が繋がっていないという事が影響を及ぼしています。
まぁ、キャラ紹介ページに既に書かれているので、ネタバレじゃないとは思いますけども(汗)

でも、意外だったのはこの手ではお約束である妹側が実の家族ではなかったって事ではなくて、今作では主人公が余所の家の子だったって所でしょうか。
どちらでも良い事ではありますけども、ちょっと珍しいかなって思いましたね。

それをかつてから知っている主人公なだけに、最近めっきり女らしく成長している更紗の姿は目の毒でもあったという事ですね。
それゆえに、最近の主人公はあまり更紗に対してはそっけない態度をして、あまり深く接しない様にしている所があります。

そんな微妙な兄妹仲だったふたりですが、更紗が男子から告白されたと明かしてきた事から、事態は大きく動く事に…。
兄である主人公を男性として、意識している更紗としてはそう明かす事で、主人公の反応を期待してた節があるんですよね。
でも、主人公はそんな乙女心を知ってか知らずか、そっけない発言をする訳ですね(汗)

これで不機嫌となった更紗は、練習と言い出してキスをしてくる事に。
これに理性が飛んだ主人公は、更紗の唇を貪る事になっちゃう訳ですね(汗)

まぁ、この場はディープとは言え、キス止まりで終わった訳ですけども、確実に兄妹としての関係の形が変わるきっかけにはなっていく事になります。

決定的に変わる事になるのは、この数日後でした。
この日、ある事が原因で更紗の様子がいつもとは違って落ち込んでおり、主人公はそんな彼女を慰める中で、結果として関係を持ってしまう事になる流れですね。

ここからふたりの関係はドンドンエスカレートしていく事になります。
そりゃ、今まで我慢していたのが解放された訳ですから、もう止まりませんよね(汗)

Hシーン


Hシーンは、更紗との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラや自慰、アナル弄り、放尿、アナルセックスなどがあります。
他では、剃毛、露出要素やニプルクリップ、アナルバイブといった小道具などを使う展開もありましたね。

今作の主人公は、実は少しSっ気があるんですね。
それに関しては、キャラ紹介ページでもそういう趣味があるって記載されていますし(汗)
そんな嗜好もあるので、更紗をちょっと苛めてしまう様な展開が多いのが今作の特徴でもありますね。

…んー、何か私のイメージですけども、結構新体操とかのヒロインって調教とか苛められるみたいな立場のシチュが多い様な気がするのは気のせいでしょうか?(汗)
新体操の道具とかでリボンとかあったり、そういう行為に使えたりするのも使い勝手が良いのも影響しているのかな?

また更紗の方も、かなり感度は良い様で主人公からの行為にかなり良い反応を示す事になります。
何せお尻を叩かれても、痛がる言葉の端々に甘い響きを残し、股間を濡らす反応を見せるのだから、中々のものですね♪
最終的には、そのまま絶頂してしまうのだから、猶更主人公の行為も熱が入る事となります。

更紗みたいな娘に「何されてもいい」みたいな事言われたら、そりゃ主人公ならずもたまりませんよね(汗)
それがまた主人公を燃えさせる事を、無意識に理解してやっているのではないかと思う程ですねぇ。
ちょっと甘えん坊で、素直な性格だけに、それが更に魅力を増していますね♪

基本的には、SM要素は控え目かなとは思いますが、公共の場での全裸露出させてアレコレ命令したりと、意外とやっているのは過激なものも含まれていましたね。

一部ですが、体操服+ブルマ―姿での行為もありましたね。
しかし、それよりメインであろうはずの、レオタード衣装での行為などが終盤までなかったのは残念でしたね(汗)
もっと出番が多いかと思ってただけに、正直少し物足りなかったかなと。

挿絵


挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

軽やかで愛らしいヒロインである更紗の魅力を描いていますね♪
表示絵を見ると、思ってたよりも顔が丸くてあどけなさを残している印象なんですね。
もっとシュッとしているイメージだったので、現物を見て、思ったよりも可愛らしさが強いんだなと思いましたね。

まぁ、作中の甘えん坊な感じを見ると、それで正解なんだろうなって感じましたので、何も問題はないですね。

ポニーテールも良く似合ってて、良いですねぇ♪
一部挿絵では、ポニーテールではないロングになっている更紗の姿も見る事ができますが、また雰囲気が違って見えて、これも見所ですね。
どっちの彼女も魅力的です♪

行為はSM要素が含まれているのもありますけども、翔丸さんの絵柄が清潔感があって、爽やかな仕上がりなので、全く生々しくないので、苦手な人でも問題なく見れるものに仕上がっていますので、そこはご安心を。

一部、主人公の顔が描かれているのもありましたね。
割と男前でしたな(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、思ってたよりもSM色があった作品だったかなというのが印象ですね。
まぁ、そこまで絵柄もあってか生々しく感じないですし、苦手な人でも大丈夫かなと思いますけどね。

個人的には、あまり調教色だったりいじめたりってのは、そこまで好みの展開ではないので、もっと少なくても良かったかなって思いましたけど、そこは好みの問題かな(汗)
確かにいじりたくなる魅力を持っているなとは思いますけどね、更紗って。

後は、上記にもある様に思ったよりも新体操、レオタード要素が控え目だった事かな。
それ目当てな人には、少し物足りなかったかもしれませんねぇ。

そこら辺が気にならなければ、更紗も可愛らしいだけに十分楽しめるとは思います。

愛妹レッスン 恥蜜のレオタード 愛妹レッスン 恥蜜のレオタード

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
愛妹レッスン 恥蜜のレオタード

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 秘密のデートは母親と レビュー

リアルドリーム文庫 秘密のデートは母親と

秘密のデートは母親と (リアルドリーム文庫)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3,000

11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、父親を亡くし、母親の「美里」(みさと)と二人暮らし。
女手ひとつで主人公を育てる美里は、主人公にとっても自慢の母親です。

そして、その感情はいつしか肉親の情から異性への情に…。
そんな中、想いを美里に打ち明けてしまった事から、ふたりの親子関係は大きく変化していく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

来島 美里」(くるしま みさと)

美里は、主人公の母親であり、女手一つで主人公を育てています。
スポーツクラブで働いており、凛々しく引き締まった若々しい身体をしています。
ひとり息子である主人公を溺愛しています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が母親の美里に好意を抱き、彼女に想いをぶつけた事から、ふたりの関係が変わって行くと言う流れですね。

主人公は、昔から母親である美里を慕ってた訳ですが、いつしか彼女を異性として想う様になっていったんですね。
まぁ、美里はスポーツクラブで働いているので、だらしない体型ではいられないだろうし、それによって若々しいスタイルを維持しているので、女性らしさを感じさせるってのも分かりますけどね。

とは言え、主人公も美里に対して、その感情は抱いてはいけないと頭で理解はしているので、我慢している状態なんですね。

そんな中で、主人公はベタベタなハプニングから、美里に対してつい心に想っていた感情をぶちまけてしまう事に…。

勿論、そんな形でいきなり息子である主人公の気持ちを知った美里は戸惑い、それを拒もうとするのですが、主人公のつらさを知り、彼女は主人公の性欲を解消してあげる事になります。

美里からの行為で射精した主人公は、その後も度々彼女に慰めてもらう様に。
当然、これで満足できなくなった主人公は、ドンドン美里との関係を深めていく事になる流れですね。


意外だったのは、ここまでの関係になるのが早かった事ですね。
結構、頑なに拒むのかなと思ってただけに、この展開の早さはビックリしましたねぇ、

これには登場ヒロインが、美里のみである事も影響しているのかな?
珍しく母親である彼女だけの作品なんですよね。
割と母親との作品でも、間に幼なじみだったり、第三者のヒロインが入っている場合も珍しくないので。

今作はキャラ紹介見て、美里だけって知って意外でしたね。

Hシーン


Hシーンは、美里との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
他の要素では、ローターなどを使った行為などもありますね。

母親である美里は、とにかく主人公にはかなり甘いです。
そのため、主人公の彼女の情に訴える様な言葉には滅法弱いですので、大概の事を許してくれますね(汗)

最初から射精をさせて、性欲を解消してはくれますが、やはり親子なので、最後までは許す事はなく、フェラなどで射精させるに留まっています。
まぁ、それだけでも十分な大事ですが、欲望がドンドン膨れ上がっていく事となり、次第にそれだけでは満足できなくなっていきます。

そこから本番に…って言いたいですが、実際は先にアナルセックスを経験する事に(汗)
とりあえず、これで満足かと思った矢先に、ある衝撃的な出来事が起こり、ここからふたりの関係性にまた新たな変化が起こる事になっていきます。


この先、作品のテイストも変化を見せる事になるのが大きな特徴ですね。
ここからは、単純な母親ものの甘い雰囲気とは少し毛色が異なります。

ザックリ言うと、ふたりの主導権などが大きく変わり、主人公が優位になります。
んで、美里はそれに従う様になるという、甘さよりもある種、調教的な要素を含みだすという感じですかね?

呼び方も「ママ」ではなく、「美里」と呼び捨てにしたり、さながらご主人様の様ですね(汗)
まぁ、これ以外ではママに戻りますけどね。

そんな態度に、美里も戸惑う気持ちの中で、命令されたり、言葉で辱められたりする事に感じた事のない昂りを覚えたりもする辺り、満更ではないのかもしれませんね。
まぁ、育てた息子に女扱いされるってのは、強烈な背徳感などを刺激するんでしょうねぇ。

なので、単純にイチャイチャ甘々な展開を期待してた自分からしたら、「何か思ってたのと違う」って感じになってしまいましたね(汗)
下着なしで外出させたり、ローターを使ったりなどの調教的な要素はいらなかったなぁ…。

せっかくのひとりだけのヒロイン作品で、イチャ甘を堪能できると思ってただけに、ちょっと残念です(汗)

挿絵


挿絵は「アレグロ」さんが手がけています。
どうやら同人活動などをされている様ですね。

初めて見たと思うんですが、独特な絵柄ですねぇ。
個性的な絵柄なんですが、身体の描き方が出る所出て、凄いメリハリの利いていて、いやらしいんですね♪

この色気などは、主人公の同年代の女性には出せないエロさですよねぇ。
胸の大きさも、かなり強調したサイズになっており、一見不格好にすら思えるサイズですが、これがこういう絵柄に合っているんですよね♪
萌系の絵柄では、中々こういう艶めかしさが出ずらい所を上手く描いていますね。

若い娘よりも、柔らかく熟した感のある重量を感じさせる胸の描写はいやらしいなぁ。
垂れている訳ではないですよ、念のため(汗)
寝ている状態でだと、少し重さでそう見えるってだけで、実際は運動しているせいか、張りも十分あるのは見てとれますしね。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ふたりっきりなだけに母親の美里との行為がふんだんにありましたねぇ。
反面、上記にも書きましたが、全部甘々イチャイチャな感じが続く訳ではないのが、個人的には今ひとつでしたね(汗)

まぁ、ふたりの感じが変わっても根底にある美里への想いなどに変化はないんですけどね。
でも、主人公の抑圧してた感情を我慢する必要がなくなった事で、好き勝手する様になったので、もう欲望のままに動いてますな(汗)

行為の雰囲気も結構前半部と後半部では違ってくるので、見所でもありますけどね。
とは言え、異常に露骨に調教でSMだの、牝奴隷だのとかってノリではないので、そこは勘違いのない様に(汗)
あくまでも、調教風ですから(汗)

個人的には甘えれる様なノリを考えただけに、肩透かしを食らった格好となってしまいましたが、いやらしいのはいやらしいですし、悪くはないとは思いますけどね。
でも、凄く良い訳でもないって微妙な所に落ち着いたってのが正直な感想ですね、私としてはもっと甘さが欲しかったので(汗)

私の様に、母性溢れる女性に甘えれる様なのを期待して読む場合は、注意って事ですね。
まぁ、甘えているのは変わらないですけども、そこに至るアプローチの仕方が違うって感じですかね。

秘密のデートは母親と 秘密のデートは母親と

楽天はこちらからどうぞ
秘密のデートは母親と

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
秘密のデートは母親と

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 レビュー

リアルドリーム文庫 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 (リアルドリーム文庫)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 2,738

8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子高校生です。
そんな彼は、義理の姉である「暦美」(こよみ)に対して、異性として彼女を意識をしています。
そして、それは姉、暦美も同じだったのです…。

とは言え、姉弟であるゆえ一歩を踏み出せないふたりでしたが、そんな中、姉の親友の「由香理」(ゆかり)から主人公は告白されてしまう事に。

由香理と付き合う事になった主人公でしたが、そんな状況に触発された姉、暦美もアプローチを始める様になる展開ですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、暦美と由香理のふたりです。

今泉 暦美」(いまいずみ こよみ)
成島 由香理」(なるしま ゆかり)

暦美は、主人公の義理の姉です。
優しく清楚でスレンダーな体型をしている女子大生です。
弟である主人公を以前から異性として意識しています。

由香理は、暦美の親友の女子大生です。
ショートカットが似合う活発な性格をしています。
主人公に好意を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が姉の親友である由香理と付き合い始めた事をきっかけに、姉の暦美との関係も変化する事になる流れですね。

元々、主人公と暦美、由香理の3人は仲が良いんですね。
一緒に休日に買い物に行ったりするなど、微笑ましい関係なんですね。
なので、主人公も姉の親友である由香理とも親しくなっていますし、姉とは違う魅力を感じてもいますね。

そんな3人の関係は、傍からはおかしくも見える訳ですけども、上手く行ってたんですね。

しかし、ある事をきっかけにして、その関係に少し変化が生じてきたのです。

それはある夜、姉の暦美が酔いつぶれてしまったと一緒にいた由香理から連絡を受けた事があります。
普段はこんなに酔いつぶれる事はなかっただけに、気になる主人公は由香理から真相を聞かされる事になります。

ここの詳細は伏せますが、そんな中、由香理との会話の方向はおかしな方向に向かっていきます。
由香理から告白をされてしまうんですね、主人公は。

この告白に戸惑う事になるんですが、姉とはまた違った魅力を持っている彼女の事を憧れている所もあった主人公は結果としてその告白を受け入れ、恋人同士となるんですね。
でも、この時に姉は酔いつぶれているんですよね、何というタイミングでの告白ですな(汗)

まぁ、その事は主人公もですが、由香理もこのタイミングになった事には申し訳なさを感じてはいますけどね。
その後に、暦美に付き合う事を報告して祝福してもらう事になります。


それからは、由香里との甘い恋人生活が始まる事になりますね。
しかし、その陰で姉の暦美の心中は複雑なものが入り混じっている訳ですけどね…。

そんな中、主人公はハプニング的な事もあり、暦美と急接近する事になるんですね。
まぁ、この展開は、お約束と言えばお約束な感じですけども、こうでもないと暦美は動かなかっただろうから仕方ないのかもしれませんね(汗)

主人公もまた姉への想いも持ち続けているために、暦美を拒む事は出来ず、彼女とも関係を持ってしまいます。

その後は修羅場かと思いましたが、あっさりと由香理に受け入れられて、3人での付き合いが始まる事になるんですね。
拍子抜けする程、あっさりと受け入れたのは意外でしたね、いくら親友であり、彼女の主人公に対する気持ちも理解してたっても分かるんですけどね。

なので、修羅場だったりギスギスした展開にはなりません。
そういう展開を期待してた人には物足りないかもしれませんけどね(汗)

まぁ、主人公含め、皆良い人なんですよねぇ。

勿論、たまに主人公を独占しようと張り合ったりする場面がありますけども、それも可愛らしいものですしね。
そこからHな流れになっていくのは、お約束ですよね♪

Hシーン


Hシーンは、暦美と由香理との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナル弄りなどがあります。

純愛ものなので、そこまで過激な行為はないんですが、甘くイチャイチャしている感じが良く伝わってきますね♪
最近、変に濃い作品を多く読んでいただけに、このまったりとした雰囲気は癒されましたね(汗)

個人的には、姉の暦美も魅力的なんですが、由香理の方がより好みだったかな。
彼女は、はきはき活発な性格だったりなんですけども、ちゃんと思いやりもある女性なんですね。

男性経験こそあるんですけども、それを主人公に対して「初めてじゃなくてごめんね」などと瞳を潤ませて話すシーンは、普段の明るい彼女とはまた違って見えて儚さを感じさせてくれましたね。

ちなみに、姉の暦美は男性経験はありません。

この経験の有無や性格の違いもあって、行為でもふたりのタイプは大分違って見えます。
由香理は結構リードしてくれたりしますし、反対に暦美はおっかなびっくりな感じで接して来たりとそれぞれの違いがありましたね。

逆にそんな由香理が責められて普段の余裕がなくなってたり、暦美が積極的に迫ってみたりする場面もあったりで、ギャップもありましたね。
まぁ、そんな場面は少ないので、基本は普段通りですけどね(汗)

展開的に、ふたり一緒な事が多いので、ふたり一緒の行為が多いのが特徴的ですね。
Wフェラだったりなど同時責めなどでも、ふたり息の合った動きを見せてくれますね♪

挿絵


挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

やはりこのヒロインたちの透明感は素晴らしいですね♪
可愛らしい年上の女性を魅力的に描いていますねぇ。

それだけにやはり挿絵数の少なさは残念でならないですねぇ(汗)
もっと挿絵で見たいシーンがあったりするだけに勿体ないですな。

個人的には、由香理が好みでした♪
もっと男前というかボーイッシュな感じなのかと思いきや、元気が前面に出ているって感じではなく、お姉さんらしい落ち着いた雰囲気と明るさがいい塩梅でした。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、派手さは控え目ですが、じっくりと3人の関係を描いており、楽しめましたね。

本当にイベントらしいイベントがないだけに、まったりしているんですが、それが気にならなければ楽しめると思います。
まぁ、義理とは言え姉とその姉の親友と一緒に付き合っているんだから、冷静に考えれば十分ではありますけどね(汗)

こういう作品だと、結構友人ポジションのヒロインは最終的に姉の方に主人公を譲る様な形で自ら退く事がたまにありますけども、今作はそういう事にはなりませんのでご安心を。

ヒロイン同士、ギスギスする事もないので、爽やかで読みやすい仕上がりになっていると思います。

誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女 誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

楽天はこちらからどうぞ
誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
誘惑W女子大生 清楚な義姉と豊満美女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 熟れごろ人妻農園 レビュー

リアルドリーム文庫 熟れごろ人妻農園

熟れごろ人妻農園 (リアルドリーム文庫 94)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション

9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は大学生であり、この夏の夏休みに実家の農業を手伝うために帰郷しています。
そんな主人公は、主人公の父親が市に貸し出している農園の利用者である女性「宗像 早苗」(むなかた さなえ)と知り合う事になります。
今まで見た事のない程の美しい彼女に主人公はすっかり心を奪われる事になる展開です。


登場するヒロインは、早苗です。

早苗は、主人公の父親が市に貸し出している市民農園を利用している女性です。
年の離れた夫と結婚している人妻でもあります。
夏の間だけ、ここに来ています。


展開的には、主人公が早苗と農園の手伝いをする事で、人妻である彼女に惹かれていく事になる流れですね。

元々学生であった主人公は、この夏休みに帰郷しています。
それは、父親が腰を痛めた事で主人公が夏休みの間、アルバイト替わりとして家の仕事を手伝う事になったという経緯があるんですね。

その際に、市民農園を利用している早苗と知り合う事になる訳ですね。
彼女は主人公の父親に色々指導してもらったりという事もあり、親しくしていた事で息子の主人公ともすんなり親しく会話する様になります。
あまり知識などのない彼女に教えを請われて、色々手伝いをする中で主人公は早苗にドンドン惹かれていく事になります。

しかし、彼女は夫がいる人妻であり、気持ちを伝える訳にはいかないと思いきや、とあるアクシデント後に勢い余って告白してしまう事になりますが(汗)
当然、困惑する早苗ですが、主人公の勢いに押された形で結果として関係を持つ事になります。

こうなるまで、もう少しかかるのかと思ってただけに、この急展開はちょっとビックリ(汗)
まぁ、テンポが良いとも言えるので、これはこれで問題はないでしょうかね。

でも、主人公も中々大胆な事をしでかしましたねぇ。
こんな形で行為に至った後って、絶対その後気まずくて仕方ないと思うんですけども、実際最初こそぎこちないですが、また農園の指導のやり取りでいつもの関係に戻りつつある中でまたも「本気です」と告白するハートの強さは凄いですね、人妻相手に(汗)

しかし、この行動は確実に早苗の心に衝撃を与える事には成功した様で、この後から一気に彼女の様子に変化が見られる様になっていきますね。
主人公の行動に、火が付いてしまった彼女の変貌ぷりは中々ゾクゾクするものがありますねぇ。
こうなってしまっては、当初の主人公の勢いもどこへやら、たちまち主導権が早苗に移ってしまうのは当然であり、経験のない主人公には荷が重かったですかね(汗)

こうして、主人公と早苗の関係は行為を経る度に燃え上がる事になる訳ですね。
しかし、どれだけ身体を重ねても主人公の立場と言うのは、あくまで浮気相手な微妙なものです。


夫がいる女性との関係を描いた、この手の作品では、夫の存在感がある作品、ない作品に別れますよね。
意外に全く姿も何も出ないままの作品も珍しくはないですが、今作はちゃんと夫が出ている事で、夫と一緒に歩く早苗の姿を見て自分の立ち位置の不安定な状況を再認識したりと表現されているので、見応えがありますね。

特に主人公と夫はかなりの年齢差があるので、余計主人公は自身の子供っぽさを痛感する事になり、苦々しい思いを抱く事になるなど、ただ甘々なものになっていないのは良いのではないでしょうか。


Hシーンは、早苗との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。

最初の行為は、どちらかと言えば主人公が押し倒しての行為だった訳ですけども、その後は早苗からの行為であり、一気に雰囲気が変化しているのが印象的でしたね。
人妻を本気にさせたって事ですよねぇ(汗)

農園で見せていた様な清楚な感じの彼女とはまた違った妖しい表情を見せてきますね。
ねっとりとした色気、艶気を含んだ声色に仕草、まるで別人の様な彼女は普段外で見せていた彼女とはまた違う魅力があります♪
こんないやらしさを出されたら、経験のない主人公など抵抗する術などありませんね(汗)

フェラひとつとっても、睾丸もしっかりマッサージするかの様に揉みほぐしていくなど、人妻のテクニックを見せつけてくれますね。
かといって、恥じらいは忘れていなかったりする辺りがまた興奮を煽りますねぇ。
やはり恥じらいは大事ですよね、Hなのに可愛いと言われて顔を赤らめて恥ずかしがる姿はたまりませんね♪

アナルセックスに関しては、その前に彼女のアナルを指で弄った際に結構良い反応をした事で、主人公がアナルセックスを要求する事になるんですね。
ここには、主人公の唯一初めてであるお尻の初めてを自分が奪いたい、っていう欲望があるのも大きく関係してきますね。

後は、殆どの行為が屋外での行為になっているのも特徴ですね。
実際、屋内では1回だけでしたね。

個人的には、あまり外での行為ってのは好みではないのでそこは不満でしたね(汗)
まぁ、主人公たちは誰かに見られるかもって刺激で興奮するってのも分かりますけどねぇ、バレたら終わりな訳ですし。
それでも、1回あった様に彼女の家の中でHをするなどの展開がもっと見たかったかなぁと思いましたね。
それか主人公の自室とか。


挿絵は「ロッコ」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、「魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係」や「ハーレムマンション 僕と美人妻たちの秘蜜な昼下がり」などがありますね。

色気のある絵柄が特徴的ですね。
農園で見せる姿や女の顔が色濃く出る場面などはギャップがあって、それぞれ魅力的ですねぇ♪

個人的には、表紙絵にある様に農園時のブラウス姿の彼女が好みでしたね。
汗で身体に張り付いた感じなどが何とも爽やかな色気を発しているのも良かったです。

挿絵数が少ないのは、今に始まった事ではないので今更ですな(汗)


全体的には、地元で体験したひと夏の恋って感じの作品でしたねぇ。

夫が出てきたりなどしていますけども、寝取り感はなかったですね。
まぁ、この表紙絵の爽やかな早苗の姿からそんなドロドロしたものは感じないとは思いますので、分かるとは思いますが(汗)
ここは素直に若妻との恋愛を楽しむべきでしょうね。

熟れごろ人妻農園 熟れごろ人妻農園

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
熟れごろ人妻農園

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

あとみっく文庫 前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました レビュー

あとみっく文庫 前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました

前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました (あとみっく文庫43)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 6657

3月発売のあとみっく文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

物語は主人公の父親が突然事故で他界してしまった事から始まります。
幼い頃に母も亡くしていた主人公は、これで天涯孤独の身となってしまいます。
途方に暮れる主人公ですが、父親は会社の社長でもあり、諸々の手配は会社の社員たちがしてくれる事に。

主人公たちはそんな社員たちに感謝をするのですが、社員たちは皆外国人ばかりという国際色豊かな面々だと気付きます。
そして社員たちは主人公に父親が亡くなった事で、息子である主人公に後継者になって欲しいと頼み込んでくる事に…。
まだ学生である主人公は当然断ろうとするのですが、自分よりも年上の社員たちに頼まれ、つい首を縦に振ってしまいます。

しかし、主人公はここで衝撃的な事実を知る事に…。
それは父親はただの会社社長ではなく、魔界を統べる「魔王」であり、主人公は魔王を継ぐ事になってしまうと言う展開です(汗)


登場するヒロインは、父の秘書の「マリア・カーマイン」、第三営業部部長の「マルシェラ・キュビア」、父親以前の魔王から仕えている専務取締役の「おばば」、勇者の「アルティア」がいます。

マリアは、父親の魔王の副官として仕えていた吸血鬼です。
クールで秘書としても有能です。

マルシェラは、魔王軍四天王のひとりです。
自身も上級淫魔であり、淫魔や吸血鬼を配下にしています。
フェロモンムンムンなお色気担当です。

おばばは、代々の魔王に仕えている年齢不詳の魔女です。
昔は、相当な美女だったとか…。

アルティアは、かつて魔王と戦い、引き分けた勇者です。
普段は気のいいお姉さんです。


展開的には、主人公が父親の跡を継ぐ事になる訳ですが、実は父親は魔界の魔王だったというとんでもない展開です(汗)
主人公は跡を継ぐと言ってしまった事で、高校生兼魔王になってしまう訳ですね。
そして、父親の会社の社員は全員人間ではなかったのです(汗)
顔ぶれは、リザードマンや悪魔、淫魔、吸血鬼、魔女、鎧騎士というバリエーション豊かな面々となっています。

そんな主人公は、魔王としていきなり彼らと一緒に魔界の魔王城に連行される事になります(汗)
とは言え、いきなり魔王になったばかりなので、強くないですし、レベルも低いままです。
ってか、レベルがあるんですね、いきなり魔王になった途端にレベルアップのファンファーレ鳴ってたし(汗)

ちなみに社長ってのも、嘘ではないんですね。
魔王の仕事も会社の経営と同じ様なもので、実際四天王たちに指示する様な事柄は、各部署に指示する会社に近い様なものがあります。
まぁ、細かい所が人間を奴隷として農場で強制労働させようとかの経済対策を提案してくる事がやはり魔物社会らしいのですけどね(汗)

面白いのは、各四天王が担当する営業部に多く予算を回してもらおうと、言い合いをするなんて光景が見られたりするのが、何とも庶民ぽいというか変に生々しいですね(汗)
中には、予算案を承認してもらいたいゆえに主人公に色仕掛けをしてくる様な不届き者もいるのも、魔界っぽいかな。
普通、社長にそんな事迫ってきたら大問題だけど、さすが魔界クオリティー(汗)

なので、主人公は魔王として不自然な所がないかなど、書類に目を凝らし、チェックするのも大事な仕事なんですね。
何か小さな会社みたいな規模ですね、話のスケールが(汗)
ちなみにこの魔界では、魔王は主人公だけではないみたいで、何人かいるみたいですね。


Hシーンでは、部下の女性陣を始め、勇者のアルティアとの行為が用意されています。
他では、…まさかの相手とも行為がありますけど、それは読んでのお楽しみって事で(汗)
やはりファンタジーなので、淫魔とか吸血鬼とか、エルフといった種族との行為が描かれているのも、らしくて良いですね。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
比較的、行為自体は大人しめなものですが、上記にある様に人間以外の存在との行為が主なので、それ自体が特徴ですしね。

基本的に序盤の行為では、ヒロインたちに迫られて、主導権を握られる展開が多いのも特徴的ですね。
まぁ、最初主人公は童貞ですので、それも仕方ないのですけどね。

逆にアルティアとの行為では、既に経験を積んでいる状態な主人公が男らしく彼女をリードする展開が描かれており、また違った感覚ですね。
まぁ、人間のアルティアに比べ、淫魔であるマルシェラや吸血鬼のマリアなどでは、多分長い年月を見た目以上に生きているんだろうし、経験が違うでしょうしね。

表紙絵で見てから気に入ってたアルティアですが、感じのいいお姉さんな印象があってより好感が持てましたねぇ。
自然な感じが、魔王軍の女性陣とはまた違い、振舞いに初々しさがありましたね。
それでも主人公を優しく促したりなど、お姉さんな所を垣間見せるのは魅力的ですね。

他にもエルフのキャラも複数出てくるんですが、彼女たちとの行為もありましたね。
個人的には、エルフ系のヒロインも結構好きなのでそういう娘との行為が描かれてたのは良かったですねぇ。
ツンデレ系なタイプと、人好きなタイプとそれぞれまた違った魅力がありますね。

マリアだけフェラ止まりだったので、本番シーンがなかったのは残念でしたね。

挿絵は「なるみすずね」さんが手がけています。
このブログでは、ヴァージン文庫の挿絵でお馴染みですねぇ。

ヴァージン文庫だと表紙絵のカラーは他の人が担当している事もあって、なるみすずねさんの表紙絵は見るの初めてかな?
そのせいか、カラー絵は新鮮でしたねぇ。
この人の挿絵は、全体的に線や色味が淡いんですよね。
なので、カラー絵のパキッとした絵柄が挿絵の柔らかい印象とはまた違って印象深かったですねぇ。

勿論、柔らかい印象の挿絵も健在ですね。
私はヴァージン文庫での挿絵を見慣れているせいで、こっちのイメージが強いですね。
個人的には、Hシーンもなんですが、終盤のアルティアの挿絵がコミカルなものになってて可愛かったです♪
まぁ、あの状況では、ああもなりますけどね(汗)


全体的には、あんまり魔王っぽさのない魔王でしたね(汗)
一応魔力を使ったりする場面もありますが、基本は普通の学生の延長上で魔界生活を送っている感じですね。
どうやらレベルが上がれば、もとの世界にも行き来できる様になるみたいですね。
そのうち地上側のヒロインとか出るのかな?

読んだ印象ではもっとファンタジー色があるかと思ってたけど、個人的にはそれ程感じなかったですね。
何かあっさりしているというか…、軽いノリだなぁ、と(汗)
つまらなくはないけど、盛り上がりに欠けたかなというのが個人的な感想ですね。

今後、あとみっく文庫だから多分続くと勝手に思っているんですが、実は続かないとか?(汗)
だとしたら、個人的評価は相当微妙になる事になるなぁ…(汗)

前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました 前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
前略勇者様、魔王が交通事故で亡くなりました。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 デートレッスンは若叔母と レビュー

リアルドリーム文庫 デートレッスンは若叔母と 年上お姉様と後輩に挟まれて


11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は現在、両親が出張により自宅で一人暮らし中。
そんな彼の元に現れたのは母親の妹である、叔母の「櫛田 悠香」(くしだ ゆうか)。
幼い頃から、頭が上がらない存在である彼女に振り回される主人公ですが、恋人未満な関係の後輩も巻き込んでのレッスンが始まるという展開です。

登場するのは、悠香の他に主人公の後輩の「佐久間あかり」がいます。

悠香は、主人公の叔母に当たる存在で雑誌記者をしています。
立場上は叔母と言う存在ですが、年齢が25歳という若さもあって、姉弟の様な関係に見えます。
主人公を幼い頃から溺愛しており、可愛がっています。

あかりは、主人公の大学の後輩です。
お互いに好意を持っているものの、中々関係は進展せずに友達以上恋人未満な状態が続いています。
大人しそうな印象ですが、意外に決めたら積極的な面もあります。


展開的には、主人公の家に叔母の悠香が取材のために滞在する事になり、主人公は半ば強引に彼女の手伝いをするはめになります。
ですが、何だかんだ言いつつも幼い頃から魅力に溢れた悠香に憧れていた主人公なだけに嬉しい気持ちはあるんですけどね。
更に自宅で宴会状態になったふたりは、お酒の入った事もあり、お約束の恋人はいるのかなどの会話の流れで悠香からキスをされる事になります。

元々、主人公を幼い頃から溺愛していた悠香は、今までも事あるごとに「最初のオンナになる」と語ってはいたんですね。
主人公は、彼女がからかっているのだと思ってはいたのですが、本気だった訳ですね(汗)
叔母なので血縁関係な訳ですが、彼女はそんな事はお構いなしで自分の気持ちに正直なんですよねぇ。

ここで主人公は、いきなりキスだけではなく初体験を彼女相手に経験する事になります。
叔母と言ってもまだ25と若々しい悠香なだけに、叔母って言う響きのギャップがあって妙な興奮のスパイスになっていますね♪
まぁ、いくつでも叔母は叔母だからこういうケースもありますよね、確かに。
それにただの年上の女性ってだけではなく、「親戚の」って所がまた淫靡さを醸し出してくれますね。
とは言え、悠香は叔母さんと呼ばれるのを嫌っているので、主人公は悠香さんと名前で呼んでいますので、背徳感はそれ程ないかも。

初体験後も主人公は悠香とHをする事になりますが、彼女と一緒にいる場面を後輩のあかりに目撃されてしまう事になります。
別に付き合ってもいないのですが、不機嫌になるあかりがちょっと可愛く見えましたね、もっと大人しいかと思ってたので。
叔母だと説明しても、当然の様に信用しないあかりを、悠香と会わせる事になるのですが、この事がその後の関係に影響してくる事になりますね。

あかりも悠香は取材に同行させる事になったりと、あかりも主人公同様に彼女のペースにしっかり巻き込まれてしまう事に(汗)
彼女たちとデートという設定でプールに取材する事になり、彼女たちの水着姿に目が離せません。

あかりもまた若き叔母の存在を知り、逆に彼女の存在を意識する事になるんですね。
まぁ、好きな相手にあんな若く魅力的な叔母とは言え近くにいては、不安になるのも仕方ないですね。
そんな事もあり、悠香が離れている際に主人公に自分の想いを告白するのですが、正直はっきりとそう言うあかりの真っ直ぐさは好ましかったですね。

主人公も彼女に想いを告げ、そのままキスに始まり、Hをする事となります。
そのままプール内で行為に至る訳ですが、水中で初Hしてしまうのはいくら空いててもやり過ぎ(汗)
それにあかりは、これが初めてなのに中々積極的ですねぇ。

主人公はHを経験してからは、だいぶ落ち着きが出てくる様になるんですね。
なので、あかりとのHでも彼女を常にリードする落ち着きを見せています。
まぁ、お返しとばかりに彼女から乳首を弄られ、吸い、舐められてしまった時はさすがにうろたえてましたが(汗)

こうしてあかりとも結ばれた訳ですが、彼女としては不安があるんですね。
勿論、それは叔母である悠香の事です。
単純に女性として魅力的な悠香の事を悪く思う事ができないあかりとしては、自分に自信が持てない訳です。
普通なら血縁関係なだけにライバルにはならない訳ですが、悠香はそんな事お構いなしですからねぇ、悩みもしますね(汗)

そんな不安がる彼女を安心させようとまたHな展開になる訳ですが、結果的にはそこに悠香も乱入してきて一緒にHな展開へと発展していく事になります(汗)
こういう所があかりは敵わないと思う由縁なのでしょうねぇ(汗)

Hシーン的には、全てではないですが、悠香のリードする様な展開が多いかなという印象ですね。
そこら辺はタイトルの「レッスン」ってのも含まれているためかな?
逆にあかりとは、主人公が基本主導権を取ってリードする展開が多めですね。

異なるタイプのヒロインとの行為があるのは、バランスがいいと思うのでアリですね。
勿論やられっぱなしで終わらず、悠香へ主人公がリードする様な場面もあったりします。
個人的には終盤で主人公にアナルを指で弄られて、珍しく戸惑いの表情を見せた彼女が可愛かったですね♪
レッスンなのは、主人公にだけではなく、あかりにもフェラなどのテクニックなどを教えたりしながらのWフェラなど指導しているのがいやらしいですね。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキやふたり一緒の行為などとそれくらいなもので特別過激な行為は控え目でしょうか。
でも、ローションを使ったシチュエーションは結構生々しくて良かったですね。
ぬるっとした身体を合わせているだけでも、気持ちいいってのが伝わってきそうですねぇ。

挿絵は「サブロー」さんが手がけています。
別のリアルドリーム文庫では「女子寮誘惑ハーレム さくらんぼ荘へようこそ! 」がありますね。
最初、この表紙絵が発表された時見て、「おおっ」と思った程でした♪
女子寮~で初めて見て、好きになったんですよねぇ、この人の絵は。
挿絵もカラーとはまた違う印象で、また魅力的ですねぇ。

個人的には、あかりと悠香のWフェラシーンの挿絵が特にお気に入りです♪
赤らめた表情や潤んだ瞳が何とも艶っぽいですねぇ。
私はキャラ的には悠香派なんですが、挿絵の映え方では黒髪ロングのあかりが目を引きますね。


全体的に、ふたりのヒロインとの関係の話ですが、別に修羅場にはないのでギスギスする事なく読みやすいですね。
個人的に気になったのは、「若叔母」って要素はあまり強く感じなかった所でしょうか。
若いって事もあり、「叔母」と「姉」との明確な差がなかった印象があるんですよねぇ(汗)
血縁関係の要素は姉でも可能ですしね。

後はレッスンってせいなのか、悠香のキャラクターがどこか保護者目線という気がして、あまり主人公との関係にのめり込んでいない気がしましたね。
今は3人でも、最終的には主人公をあかりに任せるつもりなのかなと感じましたね。
もっと主人公への執着心というか、熱さが見え隠れしても良かったかなと思うのが、素直な所ですねぇ(汗)
でも、悠香は仕事もできる女なだけにこういうのもしっかり距離感を見失っていないのかな?とも思ったり。

明るくゆったりした作風なので、そういうのが苦手でなければ楽しめると思います。

デートレッスンは若叔母と 年上お姉様と後輩に挟まれて デートレッスンは若叔母と 年上お姉様と後輩に挟まれて

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】デートレッスンは若叔母と

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
デートレッスンは若叔母と 年上お姉様と後輩に挟まれて

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 ドSな甘姉とMなツン妹っ! レビュー

二次元ドリーム文庫 ドSな甘姉とMなツン妹っ!

ドSな甘姉とMなツン妹っ! (二次元ドリーム文庫 163)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 762

「お姉ちゃんのおっぱい、柔らかいでしょ?」「お、お尻はだめなんだからねっ、お兄ちゃん!」義理の姉妹はほんわかドSなお姉様×ツンでもMな妹君!?お風呂場エッチに足コキご奉仕、下着選びに付き合わされて試着ショーに大興奮と、気忙しい日々に家族の絆の行く末は?─。

8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

発売前は別なタイトルでしたが、いつの間にかこのタイトルに変更されてました(汗)

内容は、主人公には出来の良い姉「かなみ」と妹「由真」(ゆま)がいます。
そんな中、主人公はアクシデントで姉の下着を持っている所を本人に見つかってしまいます。
誤解を解こうと必死になる主人公でしたが…、姉のかなみは、自慰に使おうとしていたと更なる勘違いをしており、Hな展開に…という流れです。

ヒロインはかなみ、由真のふたりです。

かなみは、いつもぽわーっとした天然系なキャラクターです。
優しいお姉さんなんですが、主人公と関係を持ってからは、主人公を優しい口調ながらもHでは主人公を中々射精させずに焦らしたり、挿入をさせないなど主人公を弄ぶ性格に変貌します。
タイトルでは、ドSってありますが、そんなに「ド」が付くレベルではない様な…。
まぁ、甘姉ってのと合わさってそうなっているのでしょうけどね。
個人的にドSは苦手なので、助かります(汗)

由真は、主人公にいつも口うるさいところのあるツンな娘です。
まぁ、言いつつも好意を持っているのが伝わってくるので、ニヤニヤしますね。
これも姉同様、ツン具合が弱く感じるので、どちらも結果甘く優しい印象なんですけどねぇ…。
もっと両極端かと思ってたので、そこは意外と言うか、思ってたよりマイルドな印象ですね。
個人的にあまり最近見ない、金髪以外のツインテールが新鮮でした♪

まぁ、これはこれでアリとは思いますが、もっとキッツイものを期待してた人には物足りないかもしれませんが(汗)

序盤は、姉や妹に手コキやフェラで射精させられてた主人公ですが、とうとう興奮が頂点に達した主人公はかなみとセックスをする事になります。
それを由真に気取られ、主人公はそれを口止めのために何でもするという話から由真ともHな展開になっていくのはお約束ですね(汗)

挿絵は、可愛らしい絵柄で尚更、キャラクターを丸く見せますね。
特に妹の由真は、初々しさがあっていいですねぇ♪

メイドコスチュームになった由真の奉仕プレイなどMっ気のあるシーンは見所ですね。
「お仕置きしてください」とかたまりません♪
まぁ、プレイ中の挿絵がなかったのは残念ですが(汗)

終盤はお約束のふたりまとめてのハーレムプレイです。
主人公を巡っての姉妹のやりとりはお約束と分かっててもニヤニヤしちゃいます。
こういうやりとり、結構好きなんで(汗)
それがエスカレートしてHでどちらが主人公を喜ばせるかみたいな展開に移行していくのもお約束♪

正直な感想として、やはり名前負けな感が否めないタイトルですが楽しめました。
こういう風にヒロイン、姉妹に振り回される作品なんてそれこそかなりの数がある中、むしろ弱いくらいに感じただけにそこが違和感がありますが、それを引けば安定した作品であると思います。
…この程度で暴君扱いはねぇ(汗)

まぁ、最近過激すぎる傾向のあるえすかれ美少女文庫などと比べるとどうしても弱いですが、あれはあれでおかしいから比較対象にはならないか(汗)
ライトな作風が売りな二次元ドリーム文庫なので、ソフトSとMなのが好きならば丁度いいでしょうね。

楽天はこちらからどうぞ
ドSな甘姉とMなツン妹っ!

ドSな甘姉とMなツン妹っ! ドSな甘姉とMなツン妹っ!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ドSな甘姉とMなツン妹っ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

リアルドリーム文庫 美人OLたちの魅惑オフィス レビュー

リアルドリーム文庫 美人OLたちの魅惑オフィス

美人OLたちの魅惑オフィス (リアルドリーム文庫27)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 103265
おすすめ度の平均: 4.0
4 主人公が愛され過ぎるほど愛される甘い誘惑作品

美人上司は幼馴染みのお姉さん、恋人は先輩OL─。甘い花蜜の美女OLたちが織りなす誘惑オフィス。(あたしの身体…ほら、さわってもいいんだよ)深夜のオフィスでの艶めかしいストリップ、通勤電車での情事が新入社員の心をかき乱す。青年を迎える、オフィスレディたちとの秘めやかな日々。

あまりないオフィス物ですね。
以前当ブログでレビューした二次元ドリーム文庫の「すうぃーとオフィス 誘惑の社長室」もオフィスが舞台でしたが、あれはおままごとみたいな感じの世界観だったので、こちらはちゃんとしてます(汗)

そんなオフィスで働く新人な主人公ですが、既に恋人持ちです。
それも新人研修の時に知り合った先輩っていうのは、うらやましい限りですね(汗)
ちょっと研修行きたく…。
そんな年上な彼女「祥子」(しょうこ)とは、社内で密会しちゃったりと新人ながら中々刺激的な生活です。
まぁ、当人は新人って事もあってか社内では否定的な考えのようですが。
祥子は年上ですが、明るく可愛げのあるタイプで好感が持てるタイプに加え、主人公にかなりゾッコンなんですが、祥子だけとラブラブで終わらないのはお約束ですね(汗)
そんな魅力的?な主人公は他の女性にも目をつけられるようで…。
…やはりこの手の作品の恋人って、主人公の気持ちを独り占めできない存在なんですよね(汗)
陵辱ものだと恋人キャラは絶対不幸になるパターンだし。
まぁ、今作はラブラブものなのでそんなに悲惨ではないですが、やや存在感が薄れるのは仕方ないところでしょうか。

他のヒロインで最有力は、主人公の上司でもあり、祥子の憧れの存在である「さやか」です。
祥子的にはさやかとの関係も悪くないだけに、この主人公を巡る関係はやりにくそうだなぁ…。
そして、憧れているのは祥子だけではなく、主人公もです。
この場合は祥子とはまた違う憧れの形でしょうが。
そんな主人公とさやかは、以前からの顔見知り程度の関係ではいるという設定はなくてもよかったのかな。
でも、仕事中は厳しい言動から仕事が終わった後の親密な態度のギャップはやられますね(照)
さやかとは取引先との出来事がきっかけになってHな展開に流れます。
かなり展開早いなぁという印象でしたが、そこで過去にさやかとの約束があったのが明らかになるのでそれゆえの展開という事なのでしょう。
さやかとのHは恥じらいがある展開が多く、普段のきびきびとした態度とは違うのがそそられます♪

最後のヒロインはさやかとの展開のきっかけとなった取引先の部長「佳奈美」(かなみ)です。
何と言うことでしょう、主人公はさやかと佳奈美のフラグを同時に立てた訳ですね(汗)
佳奈美は取引先の相手な事もあって、中々佳奈美に迫られても関係を拒みきれない構図はうまいですね。
キャラクター紹介ではお嬢様で高飛車と書いてあったので、苦手なタイプだなぁと思いつつ、読んでたのですが、いやいやそんな感じは受けませんでした。
包容力のあるキャラクターでHにも積極的な所は、さやかとまた異なるヒロインでいいです♪
…こうなると祥子の立場は(涙)

終盤はこれまた全員でのハーレムプレイで主人公げっそりです(汗)
主人公を巡る3人の攻防(おおげさ)も微笑ましいですね。
ラストの展開はなるほどオフィスものらしい?のかなとちょっと感心。

楽天はこちらからどうぞ
美人OLたちの魅惑オフィス

美人OLたちの魅惑オフィス 美人OLたちの魅惑オフィス

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
美人OLたちの魅惑オフィス

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 義姉体験 レビュー

リアルドリーム文庫 義姉体験 恋人は兄嫁

義姉体験 恋人は兄嫁 (リアルドリーム文庫 5)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 181722
おすすめ度の平均: 4.0
4 2人だけで営まれる背徳の密戯

憧れの兄嫁―いつも明るくて優しい綺麗なお義姉さん。青年が恋した相手は、年の離れた実兄の嫁だった…。「わたし、真二君に…慰めてほしいな…」留守がちの夫に愛想を尽かした義姉が大胆行動!?理性を失った青年は、Yシャツ一枚の無防備な人妻と、欲望の赴くまま禁断の不倫遊びを開始してゆく…。

表紙絵が独特なCG絵のようで、インパクトがありますね。
こういうタッチ好きです♪
この柔らかさと色気を感じさせる表情はたまりませんね(汗)

義姉「涼香」(すずか)にずっと憧れを抱いている主人公ですが、夫婦相思相愛な涼香らには幸せでいてほしい気持ちもありつつ、そんな涼香の愛を受けている兄に対しての激しい感情もあるのには納得ができますね。
そんな中、涼香と仕事優先で海外出張の夫に愛想を尽かす格好となった状態で主人公との関係が大きく変わっていく事になります。

また涼香の方も何とも期待させるような言い回しをするからたちが悪いですね(汗)
意識しているのか、天然なのかは分かりませんが、そういう話し方も彼女の魅力となっているんですけどね。
義姉という事もあってか、人妻なんですが身内の関係もあって、関係性が家族なだけに会話の節々に漂う親密さがいい雰囲気です。
本当、色気ムンムンなとは違って、可愛らしいお姉さんという感じがしっかり出ていて話に入り込めます。

最初は頑なにそういった関係になる事を拒んでいた涼香も、事をしてしまったら後はドンドン積極的になっていきます。
主人公も童貞ではない様ですが、人妻のテクニックに翻弄されています。
またそれがうまければうまいほど、それを受けている兄に対する嫉妬心に繋がるだけに、そのまま与えられる快感には素直に喜べにくいですね。
でも、性交を交わす内に主人公の心情にも変化が出てきて、小道具を使ったプレイなどや後ろの初めてを欲しがったりと自分の欲求を出してきます。
しまいには、酒でつぶれた夫(兄)の横でHを強要したりと感情が暴走気味な所も見受けられますが(汗)

最終的には、何ともせつない感じというか、意味深な感じで締められていますが・・・。
あくまで夫あっての主人公という立場が際立った感が印象的です。

何と言っても、涼香のキャラクターが絶妙でした。
この作品はそれに尽きるのではないでしょうか。
修羅場があるわけでもなく、展開的には派手な要素はないのですが、それがまた合っていると思うので問題ないですね。

挿絵はCGの独特の表現がいいですね。
妙に艶かしさが出ていて個人的にはエロく感じます。
こちらに目線を向けてのフェラシーンは、可愛らしくて♪

楽天はこちらからどうぞ
義姉体験

義姉体験 恋人は兄嫁 義姉体験 恋人は兄嫁

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
義姉体験 恋人は兄嫁

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ

二次元ドリーム文庫 すうぃーとオフィス レビュー

二次元ドリーム文庫 すうぃーとオフィス 誘惑の社長室

すうぃーとオフィス誘惑の社長室(二次元ドリーム文庫76)
巨道 空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 231735
おすすめ度の平均: 4.0
4 エロラノベでは珍しいオフィスモノ

女子社員しかいない衣料品メーカーで、突如社長に任命された少年・将和。逆セクハラ、オフィスラブ、社内性交―何でもありの一週間が始まる…。美女OLたちが日替わりで誘惑してくる究極の社長ライフ。

文庫などでは珍しいオフィスものというタイトルに惹かれた訳ですが、読んでみるとう?ん(汗)
私が思ってたのとはちょっと違ったかな・・・。
もっと大人な感じで展開するのかなと思いきや、さほどオフィスらしさは無かったので(汗)

物語は主人公がアルバイトとして主人公の義母が社長をしている会社に来るのですが、何故か社長に任命されるというすごい急展開(汗)
右も左も分からぬ中、主人公は社員である女性たちとHな関係になっているというのが大筋な流れです。

オフィスという環境なので、登場するヒロインたちは皆年上のお姉さんばかりですので、年上好きには嬉しい環境ですね♪
(主人公と同年齢のヒロインもいます)
そんな年上ばかりの環境に若く、童顔の主人公はモテモテです。
年上のお姉さんで様々な役職のヒロインたちが若い主人公を「社長」と呼ぶ様は何となくこそばゆいですねぇ(汗)
・・・悪い気はしませんね♪

しかし、ヒロインがかなりの大人数でタイプがやや似通った感じのヒロインがいるのは残念ですね。
もう少し減らしても良かったやも・・・。
でも、あまり少なすぎるとオフィスっぽくないかとも思うので仕方ないところなんでしょうか。
ヒロインは、主人公の義母の「陽子」(ようこ)、秘書の「ちえり」、デザイン部の「紗江」(さえ)、カメラマンの「遥」(はるか)、バイトの「ミナ」、主人公の以前のバイト先の先輩「涼子」(りょうこ)の何と6人(汗)
同じメガネの涼子とちえりがややタイプがかぶるかなぁ・・・。

個人的には秘書のちえりが好みです♪
クールビューティーな外見の印象とは裏腹にちょっとした事で頬を赤らめる仕草はたまりません(照)
・・やはりスーツ姿の女性はいいなぁ。

終盤はヒロイン全員との乱交、ハーレム状態でのHが展開されますが、人数多くて描写がごちゃごちゃしている感も(汗)
ヒロインの数人は主人公に対して、甘い口調で迫ってくるので、大人の女性の色気というより母性が強い感があります。
そういう意味ではタイトル通り、甘々ですね。

少し気になったのは主人公の顔が挿絵によってはしっかり描かれているという事ですが、まぁ慣れる範囲内かなとは思いますが。
個人的にはオフィスらしい仕事ぶりなどの描写がもっとあっても良かったかなぁというのが感想ですね。
明るいタッチで、コミカルなノリなので、もっとしっかりとしたオフィスものと思っていると肩透かしを食らいかねないことにご注意ください。
まぁ、ドリーム文庫なのでこのノリで問題ないでしょう。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリーム文庫 せい魔術うぉ~ず レビュー

二次元ドリーム文庫 せい魔術うぉ~ず

せい魔術☆うぉ~ず (二次元ドリーム文庫)
巨道 空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 485450

魔術師エリート家系出身の少年・威彦。ふとしたことから彼が強大な魔力に目覚めたとき、四人の美女たちとの甘い学園生活が始まる。密かに想いを寄せる義姉、幼馴染みの巫女、留学生のサキュバスに、高飛車お嬢様まで…少年の股間は暴発寸前。

まず目につくのが、表紙絵ですが、リアルタッチな絵柄が特徴的です。
そのためクセがあると感じる人がいると思いますので、ご注意を。
とはいえ、ヒロイン達は可愛らしく色気が感じられるのでこれはこれでアリかなとは思うんですが、気になったのは主人公の絵(汗)
何箇所か主人公の顔などが描かれている場面があるのですが、ちょっと私は印象と違うなぁと感じてしまいました。
これはあくまでも私の印象なので、誰もがそう感じるかは分かりませんが何となくホモっぽく見えて苦手です(汗)
イメージより筋肉質というか腹筋などもしっかり描かれているのもまたそういう感想を持った理由かなと思いますが・・・。
股間の肉棒も血管の筋張った感じがまたグロ目に感じるなぁ(汗)

そんな絵柄の印象は正直微妙な今作ですが、内容自体は雰囲気があって結構良かったです。
魔法が関係するという作品ですが、その力がHに関係するという王道なパターンですね。
その力を巡って、ヒロイン達のHな関係が・・・。

まぁ、そう言うとヒロインは主人公の力目当てかと思うかもしれませんが、好意は皆あるのでそういう感じではないですね。
とはいえ、力を発揮してからの関係が始まっているのでどこまで純粋な感情なのかは微妙かもしれませんが。

個人的には序盤がある意味活躍のピークである美沙(みさ)が好みです。
主人公の兄嫁という関係性という事もあって、かなり甘々な態度がお姉さん的な感じでいいですねぇ♪
でも、普通にHしているけど、大丈夫なんでしょうか(汗)
もっとも兄は全く出てこないので、そんな鬱展開ないので安心ですが。
かなりの母性っぷりを感じるキャラクターなので、そういうヒロインが好みならばおすすめですね。

他にもロリ系ですが、能力で身体つきを変えられるという反則的なヒロインがいます(汗)
見た目より年齢を重ねているという設定なので、口調が昔風な言い回しを使うのが特徴的です。
そのためか、言われ慣れていない可愛いというような褒め言葉に恥ずかしがったりする姿はいいですね♪
もう一人は、どちらかと言うと対立的な立場のヒロインなんですが、主人公に惚れているため、ただの恋のライバル存在と変わりません。
でも最初から彼女いるんですけどね、主人公には。
しかし、最初から彼女いる場合の彼女キャラってあまり報われない気がするんですが(汗)
この作品もその法則?に則ったかの様に、やはり他のヒロインに押され気味です。
健気でありつつも、Hでは他のキャラクターに負けないように積極性を見せるんですが、メインヒロインではないなぁ・・・。
まぁ、どのヒロインもメインではない感じですね、この作品は。
最後はなかよく5Pというハーレム関係で締めです。

正直、結局なんだっただろうという感想です(汗)
あまり魔法が影響しないので、もっと展開が動けばまた違った感じになるのではないかとも思うんですが・・・。

楽天はこちらからどうぞ
せい魔術・うぉ〜ず
せい魔術・うぉ〜ず
価格 662円 税込 レビュー( 0件 )


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ドリ-ム文庫 とりぷるレッスン! レビュー

二次元ドリ-ム文庫 とりぷるレッスン!

とりぷるレッスン! かてきょとセンセといいんちょ (二次元ドリーム文庫118)
巨道空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 25013
おすすめ度の平均: 4.5
5 最後はハーレムハッピーエンド
4 実は3人とも「帰ってきた」ヒロイン

成績のよくない少年・弘樹は、憧れの沙耶先生に認めてもらおうと猛勉強を開始する。昼休みは委員長の由香里に、放課後は家庭教師の翠に勉強を教えてもらう内に、沙耶先生からも個人授業のお誘いが!?目指せ、恋もテストも百点満点。

典型的な女教師ものですが、結構楽しめました。
こういうのは、成績が振るわない主人公がデートなどをかけてテストや試験に頑張るような展開も多いですが、これもその路線と王道です。

ハーレム物に近い内容には、主人公とヒロイン達の関係があったりする事も影響しているのでしょう。
これは進行するにつれて、少しづつ明らかになっていきます。

準備室で憧れの女教師にパイズリでイカセてもらったりと、そそる展開。
でも勉強頑張るためのご褒美でされたら、逆効果な気も(汗)
とにかくラブラブっぷりがいいですね。

イラストが結構好きなタイプもあって、楽しめました。
でも、ちょっと教師ぽくはないかもしれませんね(汗)
終盤のメガネなしで髪を下ろした状態でのHシーンがお気に入りです。
色っぽくてお姉さん好きには楽しめると思いますよ。

販売開始日: 2010/03/24
DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
とりぷるレッスン! かてきょとセンセといいんちょ

楽天はこちらからどうぞ
とりぷるレッスン!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます