FC2ブログ

宮代龍太郎のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:宮代龍太郎

宮代龍太郎のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-09-02二次元ドリームノベルズ 「か行」
幻装神姫フェアリーフレア 催眠に穢された聖性 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 16.09.02天草白 キルタイムコミュニケーション (2016-08-31)Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「桃香」(とうか)は、正義のヒロイン「フェアリーフレア」として、世界を脅かす悪の組織と日々戦っています。そんな彼女は、組織を束ねる科学者...

記事を読む

2013-09-06二次元ドリームノベルズ 「あ行」
二次元ドリームノベルズ 聖白天使ピュアハート 白濁に穢される発情コスチューム聖白天使ピュアハート 白濁に穢される発情コスチューム (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 13.09.06火村龍 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。この世界は、現在文字通り悪魔の存在によって、滅びの道を歩んでいます。そんな絶望的な...

記事を読む

二次元ドリームノベルズ 幻装神姫フェアリーフレア 催眠に穢された聖性 レビュー


幻装神姫フェアリーフレア 催眠に穢された聖性 (二次元ドリームノベルズ)
8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「桃香」(とうか)は、正義のヒロイン「フェアリーフレア」として、世界を脅かす悪の組織と日々戦っています。
そんな彼女は、組織を束ねる科学者と対峙する事となったのですが、催眠光線を食らってしまう事に…。
ここから桃香…、フェアリーフレアは、催眠によって意識を蝕まれていく事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 火澄 桃香」(ひすみ とうか)
がいます。

桃香は、学生であると同時に、正義のヒロイン、フェアリーフレアとして戦う存在でもあります。
正義感の強い性格の持ち主であり、幼なじみの少年に淡い好意を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、桃香、フェアリーフレアが催眠光線を食らい、催眠に蝕まれていく事となる流れですね。

桃香は、突如現れ、世界で暴れ出した悪の組織と戦うために、正義のヒロイン、フェアリーフレアとして戦っているんですね。
どうやら彼女には、組織の連中の怪人らとまともに戦える資質を持っていたらしいですねぇ。
そのため、彼女はフェアリーフレアとして戦う立場となったのです。

彼女の活躍により、敵組織にダメージを与えていったのですが、この時、彼女は捕らわれた人々を解放している際に、大ボスである科学者と遭遇する事に。
しかし、その際に彼女は科学者から放たれた光線を浴びてしまう事に…。

その時には、特に異常はないと思ったフェアリーフレアでしたが、実はそれは催眠の効果を持った光線だったのです。
そして、その効果は彼女にすぐさま異常、変化を与えていたのです。

何せ、目の前にいた敵のボスを味方の科学者と誤認する様になったりしますからねぇ(汗)
そして、言われるままに卑猥な行為を普段やっている様な治療行為として、彼女にさせるなど、いきなり催眠で好き放題やっていまっていますね。

こうして、桃香、フェアリーフレアは自身の認識のないまま、催眠によって身も心も蝕まれる事となる流れですね。


しかし、催眠状態になるまでの展開が早かったのが意外でしたねぇ。
こんなにあっさり催眠にかかるとは思っていなかったです(汗)
こうなると、後は催眠されっぱなしですからねぇ…。

Hシーン


Hシーンは、フェアリーフレアの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、アナルセックスなどがあります。

物語早々に、催眠にかかってしまうので、後は催眠だらけの展開となりますね。
催眠によって、彼女の認識を歪められてしまい、敵を味方と信じこまされ、卑猥な内容の行為も正当なものだと思って、どこかでおかしい様なと感じつつも、応じていく姿が印象的ですね。

元々、男性経験がないので数々の行為も何かおかしいと思いつつも、応じるのは、どこか初々しくそそるものがありますね♪
やはりどこかでは、これらの行為を恥ずかしいと思う所は残っているだけに、無機質で義務的な行為になっていないのが良いですね。
淡々とフェラとか手コキされるよりも、興奮できますよねぇ。
…まぁ、淡々と射精させていくってのも、それはそれでアリかもしれませんが(汗)

その他では、淡い想い人と敵の怪人を誤認識させての、処女喪失展開などが見所でしょうかね。
皮肉にも当人は、想い人と結ばれての初体験に喜び、幸せを感じる訳ですが、実際に彼女に肉棒を突き立てている奴は醜い怪人なんですよねぇ(汗)

後、印象的だったのは、ある意味で寝取られみたいな展開があった事でしょうか。
彼女の想い人である幼なじみ、彼もまた桃香を想っており、両想いだった訳ですねぇ。
催眠によって、想い人の前でHな事して見せつけないと、想い人が死んでしまうなどとありえない事を事実と錯覚させて、Hを見せつける展開は中々良いですねぇ。

そんな事情を知らない彼にとっては、何故か自分に他の男との性行為を見せつけるという、理解できない状況ですよね(汗)
自分以外の男が彼女を好き勝手にし、それを見て、股間を勃起させている自分…。
そこら辺の複雑に入り乱れる感情が印象的ですね。

個人的には、もっと見たかった場面なだけに少しボリュームが控えめな感じがあったのが、勿体ないかなぁ(汗)

その他にも男性陣の精液を摂取する事で、消耗した力を回復できるなどと催眠されてしまい、男子生徒らから精液を搾り取るなどの展開は、お約束ですかね。
勿論、当人はそれを正常な行為だとしてやっている訳ですから、その周りとのズレが滑稽であり、興奮を煽る要素にもなっていますね。
この場面では、途中で怪人が絡んでこない方が個人的には良かったかも(汗)

終盤では、ちょっと?病んじゃった感のある状態になったり…(汗)
まぁ、これはこれで、これまでとの彼女とは別物な姿になっているので、こっちの方が好きな人もいるんじゃないでしょうかね?

挿絵


挿絵は「宮代龍太郎」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズでは、「聖白天使ピュアハート」以来かな?

独特のタッチで描かれたヒロインが印象的ですね。
線が太目で、印象が強いので二次元ドリームノベルズ向きな絵柄ですかね?

今作では変身ヒロイン物でもありますので、ボディスーツなどの描写も勿論ありますね。
まぁ、元々のスーツのデザインが露出が激しめなので、あんまりボディスーツって感じでもないんですけどね(汗)

個人的には、フェアリーフレア、桃香の表情が気になりましたね。
…うーん、挿絵によって瞳、目の描き方が不安定な感じがちょっと勿体ないかな(汗)
多分、元々彼女の瞳って黒目がちなんですよね、そのせいで黒目が目立って、そう感じるのかもしれませんね。
可愛いシーンは可愛いんですけどねぇ(汗)

一部には、瞳に光がない表情、アヘ顔もあるので、苦手な人には注意ですね。
単純にあれは好みじゃない瞳していましたねぇ、私には(汗)

挿絵数:13枚

総評


全体的には、催眠物としては微妙な印象の作品だったかなと。

あとがきで、催眠物はあまり経験ないみたいな事を書かれていましたが、実際そんな感じを読んでて受けましたね(汗)
正直な感想として、催眠物としてはちょっとアッサリで物足りなさを感じたんですね。

まぁ、インパクトは控えめな分、苦手な人でも読みやすい仕上がりになっているとは思いますけどね。

Amazon版 電子書籍
幻装神姫フェアリーフレア 催眠に穢された聖性 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
幻装神姫フェアリーフレア 催眠に穢された聖性

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ 聖白天使ピュアハート レビュー

二次元ドリームノベルズ 聖白天使ピュアハート 白濁に穢される発情コスチューム


8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

この世界は、現在文字通り悪魔の存在によって、滅びの道を歩んでいます。
そんな絶望的な状況に、果敢に悪魔に対峙する存在が…。

それは、天界から与えられた力を持って戦う、ふたりの少女たちだったのです。
そんな戦い続ける彼女たちに敵の魔の手が迫る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

美咲 真由」(みさき まゆ)
水名 愛来」(みずな あいら)がいます。

真由は、天界から与えられた力で「ピュアハートマユ」として戦っている少女です。
両親を悪魔によって失っており、同じ様な人が出ない様にと戦っています。

愛来も、真由同様に「ピュアハートアイラ」として戦っています。
単身戦う真由が心配で自身も戦う事を決意したという経緯があります。

ストーリー展開


展開的には、悪魔と戦う真由たちに敵の魔の手が迫るという流れですね。

そもそもこの悪魔という存在は、魔界に存在していた訳ですが、人間の欲望が膨れ上がった事をきっかけにこの地上へと出てきたんですね。
そして、人間に憑りつき、溜め込んでいた欲望などの「ケガレ」を得て、更に力を増したのです。
憑りつかれた人間は怪物と化し、男を殺し、女は犯すという欲望のまま、世界を荒らす事に…。

そんな悪魔たちは勢力を伸ばし続け、天界側もこれに対抗するために、少女たちに力を与えたのです。
それが真由や愛来の様な「聖白天使」(イノセントエンジェル)ピュアハートだった訳ですね。

こうして、彼女たちはその力で悪を浄化するために戦う事になったという経緯があります。
彼女たちも両親らを殺されてしまった過去があるために、同じような人間を出さないために活動しているのです。

どうも彼女たちの他にも何人もの少女たちが同じように戦い、そして散っていった様ですね。
それでもケガレは今もその数を増しており、果ての見えない戦いとなっています。

単体での戦闘力は、その質でピュアハートたちに軍配が上がりますが、決して無敵でもありません。
それならば、かつての少女たちも散る事はなかったでしょうしね。

聖なる光で浄化するピュアハートに対してケガレで対抗する淫魔たち。
それはお互いにとって、強烈なダメージを受ける攻撃でもある訳です。

なので、ピュアハートたちにとっても、ケガレを受ける事は深刻なダメージを受ける事になります。
それは早い話、強烈な発情状態になってしまうんですね。

ケガレは、主に性欲を主成分にしていると言っても過言ではないので、それだけに強烈な疼きを与える事になるのです。
加護を受けている彼女たちでも発情を止められないのだから、何も抵抗する術を持たない人間には、過剰すぎる淫毒ですね(汗)


そんな中で、愛来ことピュアハートアイラは、敵の手に堕ち、ケガレを浴びまくってしまい、真由ことピュアハートマユを堕とそうと敵となって現れる事になります。
一応、敵にまわってしまうってのは表紙裏の説明文にも掲載されている内容ですし、ネタバレではないですよね?(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、自慰や手コキ、フェラなどがあります。
やはりこの手の作品なので、触手などもありますね(汗)

今作では、レズ要素も含まれているのも特徴のひとつですね。
むしろ主にそれが重視されているかなって位ですね。

アイラが即行堕ちてしまったのは、意外でしたねぇ。
でも、こうしないとマユの相手役として機能しない訳ですから、ある意味納得ですけどね(汗)

あくまでもメインヒロインはアイラではなくて、マユの方な訳ですからね。


全体的に、アイラがマユを堕とそうとしてくるので、思ったよりも他の存在の介入は控え目ですね。
それこそ敵である悪魔の存在もいますけども、ガツガツ凌辱して来る感じではなかったです。
単体の存在としては、少なかったですね、触手とかでってのはありましたけども。

お約束の人間の男性陣による凌辱などは押さえていますね。
守る対象である人間から、欲望をぶつけられる様ってのは個人的には好きなシチュエーションなので、中々良かったですね。

そのため大半がアイラとの行為になる訳ですが、ふたなり要素もありましたね。
アイラに肉棒があり、それを使っての行為になります。
まぁ、個人的にはマユ側にあっても良かったかな(汗)

似た様な意味合いでは、マユは凌辱によって母乳を噴く様にもなりますけどね。


個人的にはもう少しコスチュームを堪能したかったですね。
別に全裸になっている訳ではなく、最後まで着衣での行為なのは良かったんですけども。
コスチュームコキみたいなシーンもあるんですが、もっと見たかったですね。

やはりこういうフェチ的要素のあるシーンって、相手が人間じゃないと行いにくい場面だと思うので、人間相手のシーンが短かったのでどうしてもそれらも短めになってたのは残念ですね。


挿絵


挿絵は「宮代龍太郎」さんが手がけています。
見た記憶の無い感じの絵柄なのですが、初めて見たかな?
調べたら、今作が初めての挿絵だそうですね、なるほど。

そのせいかは分かりませんが、若干キャラの絵柄が安定していないかなと感じる事が多々ありましたね(汗)
気になる人は気になるかもしれませんね、そこら辺は。

表紙絵のカラーは、結構色気あって良い感じに思えただけに、ちょっと中の挿絵はあっさりで物足りなかったかな。
モノクロ苦手なのかな? たまにいますよね、そういう人(汗)

瞳に光の無いシーンもありますけども、そんなにエグくないので、大丈夫だと思います。
全体的に可愛らしさの強い絵柄になっているので、あまり生々しさはなかったのは触手嫌いな自分には良かったですけどね(汗)

ガツガツした凌辱系を期待する人には物足りないかもしれませんけどね。

一部、瞳の中にハートマークになっているものがありましたね(汗)
シリアスな話でもあれだとギャグっぽくなるから無くても良かったのではないかな(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、よくあるヒロイン物だったかなって印象がありましたね(汗)
良く言えば王道であり、悪く言ったらこれと言ったインパクトがないと言いますか。

二次元ドリームノベルズだけでも、こういう作品は多いだけに何か違いが欲しかったかなとは思いましたが、それも贅沢な話ですかね(汗)

聖白天使ピュアハート 白濁に穢される発情コスチューム 聖白天使ピュアハート 白濁に穢される発情コスチューム

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】聖白天使ピュアハート [ 火村龍 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
聖白天使ピュアハート 白濁に穢される発情コスチューム

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます