FC2ブログ

孤裡精のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:孤裡精

孤裡精のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-09-04リアルドリーム文庫
囚われた美少女捜査官 神代さくら 肛虐魔悦の学園 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 18.09.04筑摩十幸 キルタイムコミュニケーション (2018-08-31)売り上げランキング: 2,196Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「さくら」は、悪党たちに両親を殺害された過去を持っている少女です。そんな彼女は、親の仇である容疑者を追い、裏...

記事を読む

2016-12-29リアルドリーム文庫
奪われた恋人 女子校生は悪徳教師に堕とされて…… (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 16.12.29天草白 キルタイムコミュニケーション (2016-12-22)売り上げランキング: 2,416Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「果歩」(かほ)は、弓道部に所属している学生です。そんな彼女には同じ部に所属する彼氏がおり、幸せで充実した毎日を送っ...

記事を読む

2015-09-09リアルドリーム文庫
ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 15.09.09早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2015-09-02)売り上げランキング: 4,955Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。高校一年生の主人公は、この夏、2週間程、父親の生まれ故郷の田舎に世話になる事に。その村で主人公は、ある慣習が残っている事を知る事に...

記事を読む

2014-04-27リアルドリーム文庫
二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 14.04.26早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1,583Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、交際8ヶ月になるクラスメートの「真奈」(まな)と中々恋人としての次なるステップに踏み出せない事を悩んでいる最中です。そんな状況だったのですが、...

記事を読む

no-image

2013-05-01リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 (リアルドリーム文庫 109)posted with amazlet at 13.05.01早瀬真人 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 466Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、父親の転勤によって転校をする所から物語は始まります。そして、転校先は元女子校だったと...

記事を読む

2013-01-30リアルドリーム文庫
ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長 (リアルドリーム文庫 103)posted with amazlet at 13.01.30天草白 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1,587Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。高校に入学をしたばかりの主人公は、3年ぶりに幼なじみである「藤崎 美紗緒」(ふじさき みさお)と再会を果たす事から物語は始まります。久しぶりに再会した憧...

記事を読む

2012-08-02リアルドリーム文庫
リアルドリーム文庫 万引き女子学生調教医療万引き女子学生調教医療 (リアルドリーム文庫 91)posted with amazlet at 12.08.02松平龍樹 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「白瀬 小雪」(しらせ こゆき)は、可愛らしい容姿ながら内気な性格の少女です。そんな彼女は、ある本屋でつい魔がさして、本を万引きし...

記事を読む

リアルドリーム文庫 囚われた美少女捜査官 神代さくら 肛虐魔悦の学園 レビュー

囚われた美少女捜査官 神代さくら 肛虐魔悦の学園 (リアルドリーム文庫)
筑摩十幸
キルタイムコミュニケーション (2018-08-31)
売り上げランキング: 2,196

囚われた美少女捜査官 神代さくら 肛虐魔悦の学園 (リアルドリーム文庫)
2018年8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「さくら」は、悪党たちに両親を殺害された過去を持っている少女です。
そんな彼女は、親の仇である容疑者を追い、裏で悪事を働いているとされる学園に生徒として潜入する事に。
しかし、潜入がバレ、囚われの身となったさくらは、調教を受ける展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 神代 さくら」(かみしろ)
がいます。

さくらは、悪党たちに両親を殺害された過去を持っている少女です。
復讐のため、腕を磨き、悪党を小太刀で討つ、少女剣士としての顔を持っています。
正義感の強い性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、さくらが学園に潜入捜査に乗り込むも、囚われてしまい、調教される流れですね。

んー、何かリアルドリーム文庫っぽくないなぁ(汗)
表紙絵見た時の第一印象は、二次元ドリームノベルズかな?って思った人もいるのでは(汗)

美少女捜査官や刀で戦っちゃう辺り、そんな感じしますよねぇ。
これで敵に人外が出たら、完璧それでしたね(汗)


そもそも、この著者作品では捜査官の作品が2つ出ていましたが、ずっと人妻捜査官だったんですよね。
それが今回は、人妻ではなく、美少女捜査官になっているんですね。

共通の薬、「エンジェルフォール」も今作も登場し、同じ世界観ですね。
前作、前々作のヒロインの名前程度もほんの少し出てきています。

前作、前々作を知らなくても全く問題ない程度の繋がりしかないので、今作から読んでも問題ないですね。
多分、ずっとこのネタで引っ張るんだろうから、当分、核心には触れないだろうし(汗)


今回、さくらはある犯罪者を追っていました。
それは、自分の両親を惨たらしく殺害した憎き犯罪者たち。
連中への復讐心で、剣の腕を磨いた彼女は、連中が裏で関わっているとされる学園に潜入する事に。

外国人向けの学校であり、警察としても中々手が出せない場所だったため、さくらが生徒として乗り込み、調査をする事になったのでした。
しかし、そこでさくらの正体がバレてしまい、囚われてしまう事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、さくらの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、浣腸、電気責め、蛇、小道具を使う展開などが一部ありましたね。

タイトルでも分かる様にアナル寄りな行為展開が目立ちますね。
それは、悪党側にアナル大好きな奴がいるためです(汗)
勿論、アナル以外の行為もありますけどもね。

まぁ、意外と序盤はアナルセックスはなく、アナルいじりですね。
それは、相手の肉棒が巨根過ぎるんで、ちゃんとアナルを拡張しないと壊れるためという(汗)

それと並行して、さくらの身体には当然、魔薬が使われる事に…。
当然、この影響から逃れる事は出来ず、少しづつ確実にさくらの身体にも変化が生じる事になりますね。
とは言え、気丈な彼女なので、すぐさま堕ちる事はない訳ですが、少しづつ身体を蝕まれていく様は悪党をただ満足させるだけなのだから、皮肉ですねぇ。

でも、魔薬(こういう表記になっています)を多用する展開が個人的にはちょっと…。
過去のレビューでも何度か言っていますが、あんまりこういうのを乱用する展開は好みじゃないんですよね(汗)
自分たちの力(行為)で、屈服させる事ができないって言っている様なものじゃないですかね?

それにハーフな悪党の息子もいるんですが、こいつなら使わずともどうにでもなりそうな気がするんだけど(汗)
でも、この息子、知能が相当低そうな話し方で、ちょっとやり過ぎな気も…(汗)
今時、自分を「オデ」とか言う奴久しぶりに見ましたよ、やり過ぎでギャグなのかなと思う始末。

困った事に、こいつが大半の調教相手になるため、若干シリアスさが薄れている様な気が(汗)
てっきり、これの親父たち悪党が全面的なのかと思ったので、少し肩透かしでしたねぇ。
やはり、不良学生では経験値が違うと思うんですよね、悪事(行為)が稚拙で。
まぁ、若いゆえに加減を知らない怖さがありますが、それ以上のアホさ加減で台無しかな(汗)

結局、美味しい所は親父たちが頂くしねぇ、完全なる小物でしたね(汗)

親父たちは、シレっと描かれていたけれども、むしろ行為以外の事がえげつなかったですね。
フェラのために歯を全部引っこ抜かれて、シリコン製の歯にされたりとか、サラっと描かれていた方が怖い…(汗)
他にも色々と肉体を改造される事に…。
処置の場面が一切描かれていなかったのが、せめてもの救いかな…。
息子なんか雑魚だな、本当に(汗)

一部では、寝取られ要素も。
実は、潜入時に昔の知り合い(男子)と再会していたんですが、淡い好意をお互いに持っていたんですね。
若干、このタイミングでの再会は都合よすぎる感もありますが、そんな淡い恋心を抱いていたさくらが嫌悪感の塊である連中に純潔を奪われたり…。
このために再会させられた男子も災難ですね(汗)

まぁ、ここら辺の要素はついでというか、ちょっと再会したばかりなので印象が弱かったですかね。
もう少しふたりの関係が深ければとも思いますが、これくらいの淡い、甘酸っぱい関係性の方が無残に踏みにじられた感があって良いのかな?

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

これまでの捜査官シリーズでは「asagiri」さんでしたが、今回は孤裡精さんと。
こう言った所も、色々一新されていますねぇ。
まぁ、asagiriさんの絵柄だと、迫力出過ぎて美少女ってとは少し毛色が違うかもしれないしなぁ(汗)

シャープで綺麗な描線で描かれたさくらは、凛とした雰囲気や清潔感がありますね。
なので、行為も結構変に生々しすぎない塩梅に仕上がっており、苦手な人でも見やすいですね。

ハーフとか相手の男らが挿絵でも強調されるかと思いきや、割と目立たなかったのは個人的には助かります(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、やはりどことなく、リアルドリーム文庫っぽくないかなって(汗)
潜入捜査官ってネタ自体は、この間のリアルドリーム文庫でも出たばかりですし、特別珍しくもないんですが、学生だったり武器持ったりとかで、一気にノベルズ感が出た感じでしょうか。
まぁ、そんなに武力行使しないんですがね(汗)

内容に関しても、完全に表紙絵とタイトルで何が起こるか大体分かる通りの内容でしたね、嘘偽りなし(汗)
なので、それを期待した人は問題なく楽しめる仕上がりになっていると思いますね。

でも、シリーズとして見ると、若干マンネリというかヒロインだけ変えて全体としての動きがないとも言えるかも…。
これを今後も、ズルズル続けるのであれば、このシリーズは様子見かなぁ(汗)

Amazon版 電子書籍
囚われた美少女捜査官 神代さくら 肛虐魔悦の学園 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
囚われた美少女捜査官

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 奪われた恋人 女子校生は悪徳教師に堕とされて… レビュー

奪われた恋人 女子校生は悪徳教師に堕とされて…… (リアルドリーム文庫)
天草白
キルタイムコミュニケーション (2016-12-22)
売り上げランキング: 2,416

奪われた恋人 女子校生は悪徳教師に堕とされて…… (リアルドリーム文庫)
12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「果歩」(かほ)は、弓道部に所属している学生です。
そんな彼女には同じ部に所属する彼氏がおり、幸せで充実した毎日を送っています。

彼女は彼氏と一緒に全国大会で優勝しようという、ふたりの目的のために頑張っているのですが、思う様に結果が…。
そんな時、いつも自分をじろじろと見ている顧問の教師から、ある話を持ち掛けられる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 椎名 果歩」(しいな かほ)
がいます。

果歩は、弓道部に所属している三年生です。
同じ部に彼氏がおり、彼と一緒に全国大会に出場する事を目標に頑張っています。
明るく活発な性格とポニーテールが似合う存在として、周囲の男子からの人気も高い存在です。

その他にも一部名前ありの娘がいるんですが、ここでは省きます。

ストーリー展開


展開的には、果歩が彼氏との約束を果たすために頑張っている所に、顧問が近づいてくる流れですね。

まぁ、タイトルとかで分かっているでしょうけども、この教師がろくでもない奴な訳ですね。
悪徳教師って書いてあるし(汗)

実際、冒頭で果歩ではない別の女生徒を言葉巧みに従わせて、その身体を貪っていましたからね。
最初見た時、しばらくこの娘が主人公の果歩だと思ったのは内緒(汗)
この娘の次のターゲットこそが、果歩だった訳ですね。

さて、そんな悪徳教師に狙われているとは知る由もない果歩ですが、今悩んでいる事がありました。
それは、彼女が所属している弓道部での事。

彼女には、最近付き合い始めたばかりの彼氏が同じ部に所属しており、彼と共に全国大会に出る事を目標にお互い頑張っているという、青春真っ只中な初々しいカップルなんですね。
しかし、彼氏は間違いなく男子のエースであり、今後行われる予定の予選会にも当然レギュラーとして出場が期待される存在。
一方の果歩自身は、決してレギュラー間違いなしとは言えない微妙なラインの実力であり、このままでは予選会に出場も危ぶまれる様な立ち位置にあったのです。

果歩たちふたりが目標としている全国大会で男女優勝なんて、夢のまた夢の様な話…。

大会の日が迫る一方で、果歩の焦りは余計にミスを連発し、スランプによる悪循環に陥っていたのです。

そこに現れたのが、弓道部の顧問教師である、例の悪徳教師でした(汗)

スランプに陥っている彼女に言葉巧みに取引を持ち掛けてきたのです、大会のレギュラーをエサにして。
普通ならばそんな取引に従う訳もないのですが、今回が三年生なので最後のチャンスという事や彼氏との夢を自分がレギュラーになれない事で終わらせてしまう事など悩む事に…。
結果、彼女が選択したのは顧問に従う事だったという流れになっていますね。

まぁ、ここからはお約束で一度関係を持ったら、相手が手放す訳もなく、果歩は次々に教師の欲望を受け入れていかなければならなくなる事になりますね(汗)

Hシーン


Hシーンは、果歩の行為が描かれています。
一部では、他の毒牙にかかった女子生徒の行為も少し描かれていますが、基本は果歩です。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、彼氏ともまだ清い関係でいた果歩が小汚い教師に好き勝手されるって所ですね。
彼氏持ちである事から、一応寝取られとかの要素も含まれるかな…、かなりそれは弱いですけども。


果歩からしたら、大げさに言えば彼氏との夢のためにという事情があるから、従っている訳ですね。
残念な事に果歩の腕前は元々スランプなければレギュラークラスって訳じゃないんですよね、丁度レギュラー枠の当落線上といった微妙なラインにいるだけに、少しの不調が即レギュラー落ちという事になる恐怖がある訳ですね。
そんな彼女が身体を捧げて得たレギュラーの座。

実力だけで得た立場でない事に強い罪悪感も抱きつつも、彼氏との夢のために全国に近づけば近づく程に、その立場を失いたくない思いに支配され、教師の言う事に従ってしまう事になります。
…そして、それだけではない動機も彼女の中で無意識に芽生え始める事となりますね。

やはりこれまでに多くの女生徒を毒牙にかけてきた教師との行為は、強い嫌悪感を伴う一方で確実に快感をその身に植え付けていったんですね。
本来ならば、愛する彼氏に捧げるはずであった身体を小汚い教師に無残に汚された中でも、否定しきれない感情があった訳ですね。

最初は、ただ痛い、つらいだけだった行為がいつしか快感を感じ出す様になっていったのです。
この快感が果歩を苦しめる事に…。
ただ痛い、苦痛であるだけならば言い訳もできますが、感じてしまっていては、言い訳もできませんからねぇ。

言葉では行為に抵抗を示しても、結局拒み切れず相手を受け入れてしまう事に、果歩としては「取引」があるからという理由をいつしか探す様になる心境の変化も見所ですね。
まぁ、教師側もずっとこんな事しているだけに、そんな彼女の心理を読んで、上手く逃げ道を用意して誘導してくるんですよねぇ(汗)
そして、果歩もその逃げ道を言い訳にして、少しづつ確実に行為にハマり込んでいく事に…。

一部では、果歩が念願の彼氏との初体験(彼女はもう初じゃないけども…)もありますね。
お馴染みの、好きな相手からの行為なのに物足りないという、身体が何を求めているのかを思い知らされる場面も。
まぁ、童貞男子と何人もの女生徒を食い物にしてきた中年男性を比べるのは酷でしょう(汗)

こういう事を彼女が理解、自覚する事で、余計に深みにはまってしまうんですよねぇ。
いつしか、どこかで教師との行為を心待ちにしている節が垣間見える様に…。

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
どちらかと言えば、リアルドリーム文庫では甘めの作品のイメージがありましたが、こういう系統は「万引き女子学生調教医療」以来でしょうかね?

可愛らしく爽やかで透明感のある絵柄が印象的なんですが、今作でもヒロインである果歩を魅力的に描いていますね。
果歩がポニーテールってのが、個人的にも好みなだけに嬉しかったですね♪

絵柄が可愛らしい分、えげつない生々しさというのはかなり抑えられていますので、この手の作品が苦手な人でも見やすい仕上がりだと思います。
…そもそも、リアルドリーム文庫は挿絵少ないですし(汗)

5枚全部の挿絵で、果歩は行為によって涙を浮かべているのも印象的でした。
彼女には悪いですが、涙ぐむ彼女の姿がまたそそるというか…、表紙絵でも涙してましたね(汗)
当初の涙と、ラスト5枚目の涙、果たしてその涙は同じ意味で浮かべた涙なのか、それとも…。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、最初警戒しながら読んだのですが、思ってたよりも読みやすい仕上がりでしたね。
変に重すぎず、テンポよく読める仕上がりで結構サクッと読む事ができました。

えげつない内容を期待すると肩透かしかもしれませんが、安定感あるクオリティで個人的には変に引きずらずに読めましたね。
シンプル、王道な流れで派手さこそないかもしれませんが、中々読みやすくて楽しめる内容だと思います。

割と相手の教師が思ったほど、ねちっこさは控えめだったのも影響しているかもしれませんね。
こんな年末にどぎつい作品はちょっと重かっただけに、個人的にはこれくらいの塩梅で丁度良かったです(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち レビュー

ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2015-09-02)
売り上げランキング: 4,955

ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)
9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

高校一年生の主人公は、この夏、2週間程、父親の生まれ故郷の田舎に世話になる事に。
その村で主人公は、ある慣習が残っている事を知る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 柿本 留美」(かきもと るみ)
  • 柿本 有希恵」(かきもと ゆきえ)
  • 柿本 沙紀子」(かきもと さきこ)
がいます。

留美は、有希恵の娘で、主人公とは従妹にあたる存在です。
田舎育ちで純粋な性格の持ち主です。

有希恵は、留美の母親で、主人公の父親とは異母兄妹にあたります。
年齢以上の色気を持つ、未亡人でもあります。

沙紀子は、有希恵の妹で、主人公にとってはもう一人の叔母でもあります。
結婚して家を出ていましたが、現在は離婚し、柿本家に出戻っています。
解放的な性格の持ち主で、性にも積極的です。

ストーリー展開


展開的には、田舎にやってきた主人公がこの村で様々な体験をする流れですね。

元々、主人公はこの村に来るつもりはなかったのですが、両親が海外に行ってしまう事になり、その間、父親の田舎で世話になる事になった訳ですね。
主人公は、幼い頃にここには来た以来であり、あまり気乗りはしなかったのですが、ある事に気づき、満更でもない事に。

それは、この村にはやけに女性の姿が多い事でした。
それも皆、美人ばかりで思春期な主人公には、ある意味天国でテンション上がるんだから、単純ですねぇ(汗)

実は、女性が多いのには、ある事情があったのです。
この村は、元々女性が多く生まれる地でもあったのですが、更に男性が村を離れる事が多くあり、結果女性が目立つ様になっているんですね。

その原因は…、ずばり夜這いの慣習にありました。
それも、逆夜這いという…。

身体を持て余した女性たちが、男性の所に逆夜這いをかける慣習が根付いているんですね、古くから。
ある意味、男性にとっては天国とも言える様な状況ではありますが、元々女性の数が多いため、男性側の負担が半端ないらしいんですね(汗)
それゆえに、女性陣の相手をするのが苦痛になり、村を飛び出す男性が後を絶たないという程になってしまったんですねぇ。

となると、更に残された男性側の存在は貴重なものであり、猶更女性陣との相手による負担は増える一方と言う、悪循環(汗)
こうして、更に男性が逃げる…という、嬉しくも辛い現状になっていたのです。

そんな所に、思春期な男子の主人公がやって来たと…。
そりゃ、女性たちの痴態に股間が反応しっぱなしですよねぇ(汗)

それとは別に、主人公は従妹でもある留美に惹かれる様にも…。
しかし、そんな純粋な想いとは裏腹に主人公は、誘惑してくる叔母たち女性陣の魅力にもフラフラと…いう流れですね(汗)
性欲が理性を上回るのは、お約束ですなぁ。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他に違う女性たちの行為も描かれてはいます。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり、女性陣からの誘惑ってのが、今作の見所ですよね。
まぁ、別に夜這いって時間でもなかったりもしていましたが(汗)

上記で他の女性たちの行為~と書きましたが、この村は例の慣習があるのは説明したとおりです。
そのため、他の女性たちも他の男性との行為を行う事は珍しくない土地柄な訳ですね。
なので、そういった行為の場面が少し描かれているのも今作の特徴でもありますね。

もっとも、この行為の場に主人公が立ち会っている訳ではなくて、それを覗き見しているってシチュエーションになっています(汗)
でも、そういうシチュエーションがまた興奮を高める結果になっているのはお約束ですね。
まぁ、それで興奮しきって、ちょっと暴走気味に迫ったりするのがリアルドリーム文庫らしい所ですな(汗)

初々しい恋愛な留美とのやり取りは、H以外も含めて何とも微笑ましいです♪
まぁ、それを主人公の溢れる性欲のせいで色々トラブルのが何とも不慣れな感じがありますねぇ(汗)
初々しい純愛は、留美相手で、肉欲行為は叔母たちってのが上手い具合に担当分けされていますね。


終盤は、ハーレムらしい全員一緒になっての行為になっていましたね。
まぁ、どうしても経験豊富な女性陣のペースだったりするのは仕方ない所ですけどね(汗)
でも、母たちのアドバイスを聞いて、性技を学ぶ留美の姿はある意味でそそるシチュエーションでもありますなぁ♪

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みの方ですね。
表紙絵の留美の様に、パッチリとした瞳が愛らしい絵柄が特徴でもありますね。

田舎、叔母とかのキーワードが絡むと、生々しさの強い濃厚な絵柄がイメージされますが、今作では比較的アッサリとした仕上がりになっていますね。
別にそれは悪い事ではなくて、可愛らしさ、清潔感のある絵柄って事ですね。
皆、色気は勿論あるんですけども、可愛らしいんですよねぇ♪

人によっては、それは微妙な点かもしれませんが、個人的には問題はないですけどね。
むしろ、挿絵の枚数を5枚てのが深刻な問題だなぁ(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、田舎で甘美な慣習といったシチュエーションがたまらない作品でしたねぇ。

この作品だけではなくて、他のリアルドリーム文庫でもなんですが、ハーレムって言っているんだけども、純粋に恋愛対象なのが、今作では留美だけな訳なんですね。
どうしても年上とかのヒロインたちとのハーレムものって、こういう本命ヒロイン+H要員っていうのも失礼ですが、そんな構成で正直純粋なハーレムっぽく感じないんですよね(汗)

この作品もふたりの叔母たちは、一緒にHする関係にはなっているものの、私の好みなハーレムではないかなぁ。
まぁ、どっちも年齢がかなり離れていて、叔母でもありますし、余計に恋愛対象って関係性に至るのは難しいってのは百も承知なんですけどね(汗)
同年代だけのヒロインとは違う、恋愛の色ももっと含んだハーレム作品も見たいものです。

Amazon版 電子書籍
ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
ハーレムな夏休み 田舎の美少女従妹と淫らな叔母たち

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 レビュー

二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1,583

4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、交際8ヶ月になるクラスメートの「真奈」(まな)と中々恋人としての次なるステップに踏み出せない事を悩んでいる最中です。
そんな状況だったのですが、事態は主人公の思っていない方向へと動き出す事に…。
何と、中学時代に付き合っていた彼女「玲香」(れいか)が転校してきたのです。

こうして、ふたりの美少女たちの前に主人公の心は揺れ動く事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

浦木 真奈」(うらき まな)
瀬戸 玲香」(せと れいか)がいます。

真奈は、主人公のクラスメートであり、同じ陸上部の恋人です。
明るく可愛らしく少し子供っぽさのある素直な性格の持ち主です。
育ちの良いお嬢様ゆえか、性的な事に関してはかなり潔癖な所があります。

玲香は、主人公のクラスに転校してきた、元主人公の恋人です。
年齢よりも大人びて見え、性格もどこかクールな所があり、小悪魔的な魅力を持っています。
主人公にトラウマを与えた存在でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が真奈と付き合っている中で、かつての恋人である玲香が転校してきたという流れですね。

主人公は、現在付き合って8ヶ月となる恋人の真奈がいるんですね。
可愛らしい存在である彼女との交際も順調で仲良く過ごしているのですが、主人公にはある悩みが。

それは、真奈と未だにHをしていないという事。
何せようやく最近になってキスを初めてしたばかりというくらい、初々しい関係なんですね。

主人公としては、もっと早くHな関係になりたいものの、お嬢様な真奈としてはHをするって事に関して、避けているんですね。
好きな事は変わらないものの、主人公としてはやはり早くHがしたいってのは思春期の男子の正直な心情ではありますから、理解はできますけどね(汗)

そんな欲求不満が見せたのか。
この日の朝、夢で見たのはかつて中学時代に極短期間だけ交際していた彼女、玲香でした。
子供らしい天真爛漫さが魅力の真奈とは違い、大人びた雰囲気と体型の玲香。

当時、主人公はやはり玲香との初体験を夢見てたのですが、そのチャンスも彼女が急にアメリカに引っ越す事になるという事態でこれまた何も経験出来ずに終わってしまったんですね。
しかも、主人公は彼女の口からアメリカ行きを知らされる事はなく、その他大勢と同じで教師から知る事になったのも、彼の心を傷つける事にねってしまった訳です。

結局、この2ケ月間の交際は、ただ主人公に女性に対するトラウマを植え付けるだけの出来事でした。

それから時間は経過して、現在ようやくその傷も癒え始めている中で、主人公は真奈と交際をしている訳ですが、彼の中では未だにトラウマがあるだけに、何とかHをしたいという強迫観念に近い考えがあるんですね。
しかし、そんな事情など真奈には知る由もない事なだけに、この両者の意識の差が出てきている訳ですね。


そんな中で、主人公を驚かす事態が起こる事に。
そう、玲香が主人公の学校に転校して来たから。

主人公としては、今更どの面下げてという憤りと共に、当時よりもまた美しく成長した彼女の姿に惹かれる所も(汗)
そんな主人公に当時の様に接してくる玲香。

こうして主人公は、玲香と真奈のふたりの間で揺れ動く事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、素股などがあります。

Hシーンでは、小悪魔的に主人公を誘惑して来る玲香と初心な真奈との対比が見所ですね。

玲香は真奈がいる中でこっそりと主人公の股間を刺激して来たりと、かなり良い性格していますね(汗)
それでいて、中々分かりやすい態度、真意を見せてこない素振りに、主人公はかなり惑わされてしまう事になりますね。
主人公は結構視野が狭いというか、見えなくなるタイプなので、玲香の素振りには面白い程にやられます(汗)

実際、主人公はかなりガツガツしています(汗)
とにかく早く真奈と初体験したいと思っているんですが、その想いが強いだけに空回りしますね。

そんな中で、玲香からのHな行為を受けてしまった事で、またも性欲に歯止めがかからなくなっていく事になり、増々真奈との距離感がぎこちなくなる悪循環になっていますね。
半端に玲香から快感を知ってしまった事で、よりムラムラしちゃうんでしょうけども、殆どHの事ばかりでしたね、彼は(汗)
まぁ、勿論、射精して冷静を取り戻してみれば、自己嫌悪で一杯なだけに、可愛げは…ある…かな?(汗)


最初は初心な真奈も、主人公や玲香と絡む事で少しづつ変化しているのも特徴ですね。
まぁ、珍しい事ではないですけども、もう一人の経験豊富なヒロインに指導されていくって流れは淫靡な雰囲気や独特な感覚があって、中々見所でもありますね。

終盤では、ふたり一緒になっての行為もありますけども、そこに至る経緯が経緯なだけに何とも(汗)

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では「ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師」などがありますね。

目がパチッとしているヒロインたちはイキイキとしていて、若々しい魅力を強く感じさせる絵柄で好感が持てますね。

特に真奈のデザインは、瞳の透明感や髪型だったり、全体の雰囲気が良く作中の真奈にピッタリなデザインで相性の良さを感じさせますね♪
透明感とあどけなさの入り混じった可愛らしさは、かなり良い感じですね。

勿論、対象的な玲香の魅力もしっかり描写されていますね。
大人びた雰囲気と小悪魔的な性格は一目見るだけで、感じ取れるキャラってのも凄いですね。

終盤に彼女たちは陸上部なんですが、そのユニフォーム姿になるんですね。
この姿が個人的にはかなり良かっただけにもう少し見たかったです(汗)

ああいうユニフォームって、かなり露出というか肌を出している面積が大きいですよね。
そういう目で見てはいけないんでしょうけども、あの健康的な姿はかなりHに感じてしまいますね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、主人公の空回りっぷりが目立った内容でしたねぇ。
この主人公の空回りっぷりが嫌かどうかで、評価も変わりそうですね(汗)
確かに理解はできますけどねぇ、こんな美少女たちに囲まれれば、衝動的になるのも分かるし。

でも、終盤、ラストがそのために甘さよりH重視で終わってしまうのが、自分としてはスッキリしなかったですね。
もう少し捻りがあるかと思って、ラストをどう締めるのかと期待してただけに、残念だったかな(汗)

甘い雰囲気な作品を期待している人は、少し注意ですかね。
まぁ、全く甘くないとは言いませんけども、思ったよりも控え目だったかなって印象はありますね(汗)
キャラクターは魅力的なだけに、もう少し恋愛色も欲しかったかな。

二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女

Amazon版 電子書籍
二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
二人のカノジョ 清純美少女×クール美少女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 レビュー

リアルドリーム文庫 ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師

ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 (リアルドリーム文庫 109)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 466

4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、父親の転勤によって転校をする所から物語は始まります。
そして、転校先は元女子校だったという事で、今でも女子の比率が高いという、ある意味羨ましい環境でもあります。
そんな彼は、水泳部に入部するのですが、ここでも女性ばかりの状態に思春期真っ只中の主人公には刺激的過ぎ…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

水泳部の「内田 久美」(うちだ くみ)
水泳部部長の「金本 友希」(かねもと ゆき)
水泳部の「池波 萌子」(いけなみ もえこ)
水泳部顧問の「畑山 響子」(はたやま きょうこ)がいます。

久美は、水泳部所属の二年生です。
黒髪ロングな印象的な美少女です。
おっとりした雰囲気に見えますが、意外に頑固な面や芯の強さがあります。
主人公の家の隣に住んでいます。

友希は、水泳部の部長で三年生です。
ショートカットな髪型でどこか野性的な魅力を感じさせます。
明るく快活な性格の持ち主であり、性に関しても同様です。

萌子は、水泳部所属の一年生です。
部長の友希とは以前からの知り合いで、彼女を尊敬し、憧れています。
あまり物事にこだわらない天真爛漫な性格をしています。

響子は、体育教師兼水泳部の顧問教師です。
グラマーな美人ですが、お高い所がなく、親しみやすく姉御肌的な所があるので、生徒たちから慕われています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が転校先で水泳部に入部をする事になったのですが、周りが美少女たちばかりで主人公には刺激的だったと言う流れですね。

何故、主人公はこの学校に転校してきたのかと言うと、それにはある理由が…。
転校のきっかけ事態は、父親の転校によるものなのですが、それを受け入れた背景があるんですね。

主人公は以前の学校でも水泳部に所属していたんですね、実は。
しかも、そこは強豪の水泳部として、内外から有名な部だったのですが、そこでの強豪故に厳しい指導などが主人公に合わなかったんですね。
主人公自身は、楽しくやりたいって考えであり、強豪校の指導方針とは真逆ですね(汗)
勿論、強豪校に認められるだけの実力はあるんですが、試合などでは緊張で普段の実力を発揮できないでいます。

しかし、期待していた新しい学校生活では、主人公の予期していない出来事のオンパレードとなります。
その内容の詳細は避けますが、転校早々いきなり誤解などによって好感度マイナススタートって感じでしょうか(汗)
まぁ、誤解だけではなく、ハプニング的な事もあり、全部が誤解ではないのがつらい所ですが…。

話、戻って…。
主人公は、水泳部に入部を果たすのですが、当然女子の比率が高いだけに、水泳部も主人公以外は女子ばかり…。
ある意味、天国な状況なのですが、主人公にとっては地獄の様な環境だったんですね。

実は、主人公はかなり性欲が強い様で、すぐ股間が反応してしまうのです(汗)
笑い話ではなく、これは結構主人公の中で大きな悩みともなっているんですね。
生殖能力旺盛なのか、毎日数回自慰する程度ではすぐ反応をしてしまう困った状態です。

本人は、病気なのではないかと思い悩んでた過去もあるだけに、水泳部の女子たちの水着姿は目の毒な訳ですね(汗)
ちなみに、以前の学校は男子校でした。
そんな美少女たちの水着姿などに、性欲旺盛な主人公の股間は水着では隠せない状態に…。

物語は、そんな情けない状態の主人公が、女性陣とHな事になっていってしまう訳ですね♪

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、自慰、フェラ、手コキ、パイズリなどがあります。

やはり作品的にも、水泳部がメインの舞台なので、当然水着姿での行為の展開も多々ありますね。
水泳部なのでビキニなどではなく、競泳水着な所は好きな人にはたまらないのではないでしょうか。
ちなみに、スク水はないので、期待している人はご注意を(汗)

ストーリー展開的に、メイン格のヒロインは久美ですので、彼女との行為は後半部に集中しています。
そのため、序盤や中盤には他のヒロインたちとの行為が中心となっていますね。
久美以外に関しては、好意は多少はあると思われるものの、ある理由による関係での行為が主なので、純粋に恋心で行っている訳ではないですね。
でも、主人公とのHにそんな理由など、忘れてしまうくらいに行為にハマっていくので、快感重視かなと思います。

なので、ベタベタに甘すぎず、でもあっさり淡白でもないと、丁度いい塩梅になっているんじゃないでしょうか?
まぁ、ハーレム銘打つのであれば、個人的には久美以外とも、少し恋愛色を強めても良かったのかなとは感じましたが、ここら辺は各自の好みですかね。

久美とは、その分甘さ(恋愛感情)が感じられるので、また他のヒロインたちとは違った味わいがあると思います。
彼女との行為は、結構そこに行きつくまでの道のりが、自業自得もあり、長かっただけにニヤニヤしちゃいますね♪
…まぁ、主人公のあの体質を考えると、彼女は今後色々大変な思いをしそうですけども(汗)

挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
同リアルドリーム文庫では、「ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長」、「万引き女子学生調教医療」がありますね。

サッパリとした絵柄ながらも、可愛らしさや色気を感じさせますね。
特にメインヒロインである久美のデザインは、清楚さも併せ持っており、より彼女との純愛感を感じられると思います。
競泳水着との相性も良いですね♪

ちょっと意外だったのは、教師の響子は体育教師だったりするので、凛々しいイメージだったんですけども、挿絵で見たら割とそうでもなかった事かな(汗)

後は、メインヒロインである久美の水着姿が表紙絵しかなかった事ですかね(汗)
なので久美のHシーンは、水着での行為がありません…(涙)

リアルドリーム文庫の挿絵の少なさは、何とかならないものか…。
せめてもう少しでも、増えたらいいんですけどねぇ(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ハーレムものなだけあって、結構な行為の数がありましたねぇ。
上記にもある様に、もう少し各ヒロインとの恋愛色を強めていれば、個人的にはなお良かったのですが、これでも悪くはないとは思います。
性欲処理に近い感じが嫌でなければですが(汗)

しかし、この主人公の節操の無さはどうにかならないものかと思うレベルでしたね(汗)
まぁ、正確には節操がないのは股間なだけですけどもね。
こんなにいちいち反応してたりしたら、人間社会で生きていけないだろうと思わせますなぁ(汗)

Amazon版 電子書籍
ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長 レビュー

ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長 (リアルドリーム文庫 103)
天草白
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1,587

1月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

高校に入学をしたばかりの主人公は、3年ぶりに幼なじみである「藤崎 美紗緒」(ふじさき みさお)と再会を果たす事から物語は始まります。
久しぶりに再会した憧れの相手である美紗緒にいつも通りに声をかけたものの、当の美紗緒からは冷たい対応をされてしまい、出鼻をくじかれてしまう事に(汗)
しかし、諦めきれない主人公は、彼女に少しでも近づこうとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、美紗緒のみです。

美紗緒は、主人公の2つ年上の幼なじみの女性です。
学園3年生で、現在学園の生徒会長をしています。
勝ち気で行動力があり、目的のために活動していますが、その手段を選ばぬ方法を取る事もあり、生徒受けはあまり良くはありません。

ストーリー展開


展開的には、主人公が美紗緒と3年ぶりに再会したものの、その態度は主人公の知っているものではなく、戸惑う事になる流れですね。

元々、主人公は美紗緒に対して憧れを抱いています。
その気持ちもあり、主人公は中学時代から疎遠であるものの、同じ学園に入りたい一心で難しいとされる、この学園にも入学できた訳なんですね。
ですが、再会した美紗緒の態度はそんな主人公を拒絶するかの様な態度を取られてしまうのですが(汗)

それが入学直後の事であり、そこから時間が経過している現在では、入学当時では分からなかった美紗緒についての状態を把握しています。
それによると、現在美紗緒は生徒会長を務めている訳ですが、妥協を許さないゆえに他の生徒会員たちからついていけないと、皆辞めてしまっているんですね。
そのため、美紗緒ひとりで生徒会を切り盛りしている状態にあります。

そういった経緯などから、生徒会だけではなく、学園全体でも彼女に対する評価は芳しくはなく…。

主人公にとっては、この状況は複雑なものがある訳ですね。
そりゃ、想い人に久しぶりに会ったら冷たくされて、そんな想い人を周りの生徒から陰口を叩かれているってのは嬉しくはないですよね(汗)

主人公は意を決して、生徒会に入り、彼女の支えになろうと考えるのですが、そんな事を申し出る前に美紗緒にこき使われる事になります(汗)
しかし、相次ぐ酷使にそんな彼も我慢の限界に…。
好意を抱いている主人公にすら、そう思わせるのだからどれだけ酷使したのかって話ですね、美紗緒は(汗)
ですが、彼女から告げられた「ご褒美」というキーワードに主人公の心は揺さぶられる事になります。

まぁ、ここでご褒美なんてキーワードが出れば、当然発想はHな方へと向かうものですが、別に美紗緒本人はHを誘っているって訳ではなく、単に主人公がついポロッとHな要求をしたからなんですね。
普通であれば、そのまま終わる話ですが、主人公の答えの前に「何でもしてあげる」という発言が大きく影響する事に。

負けん気が強く、勝ち気である美紗緒は、自分で何でも~と言ってしまっていただけに、後に引けずに意固地になり、主人公にHな行為をしようとする事になる訳ですね。

個人的には、ここでの彼女の反応が初々しくて良かったですね、
それまでの彼女は冷たい態度が目立っており、ここでもし、主人公の申し出にも表情や態度が変わる事もなく、行為へと至ってしまってたら、結構厳しいなぁと思ってただけに、実際には言葉に詰まったり、どもったりする美紗緒の姿は素が垣間見えて可愛く思えましたね♪

まぁ、話が展開していく過程で、美紗緒の雰囲気も柔らかくなり、かつての様な親しげな態度も見えるので、そこまで冷たい奴と構える必要はないですけどね。


Hシーン


Hシーンは、美紗緒との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
他には、ローターやバイブ、アナルビーズなどを使用する様な展開も用意されています。

ストーリー展開を見ても、分かるでしょうが、性に関しては不慣れな彼女なので、初々しさがありますね。
2つ年上なんですが、そういうHに不慣れな姿には可愛らしさも感じますね。
普段、成績優秀で隙のない完璧な生徒会長である彼女を見ているだけに、よりそれを強く感じさせるのではないでしょうか♪

どうも胸が特に感じる様で、触れられる度に過敏に反応する様は見応えがありますね。
それに結構、彼女はHに興味津々な所が垣間見えますね。
主人公との行為で本格的に目覚めちゃった感じですかね?(汗)
主人公にHに興味あるんだ、みたいな事言われて、真っ赤になって、否定する彼女は見所ですね♪

美紗緒にとっては、ある意味で「ご褒美」という名目は、都合の良いものになっていますね。
照れ隠しにも使えますしね、あくまでも生徒会への尽力のご褒美って理由でHできますし。

後は、体操服姿での行為もありますが、パイズリのために胸をはだけているので、あまり見えないのが残念かな(汗)
ちなみに今作の学園では、残念ながら(?)ブルマではなく、短パンみたいですね。


挿絵


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
他の作品では「万引き女子学生調教医療」も挿絵を担当していますね。

可愛らしく、すっきりとした描線で描かれている、美紗緒の姿は愛らしいですね。
挿絵で見ると、冷静な感じよりも勝ち気さの方が強調されているデザインをしている様に見えますね。
まぁ、実際そんな感じですしね、彼女のキャラクターは(汗)

目力があると言うのか、瞳に強い意志を感じる辺りが彼女の人柄を表していますね。
そんな彼女が、行為時に顔を上気させて応じてくれるってのが、また嬉しいんですよね♪

後は、主人公の身体くらいしか映っていませんが、何気に結構な筋肉質な体型に見えるので、個人的には作中の主人公のイメージと合わない所があったのが、気になったくらいですかね。
もう少し華奢かと思ったんだけどな(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、本当にタイトル通りなストーリー展開でしたね。
逆に言うと、それ程波乱な展開もなく、進行していく事になります。
リアルドリーム文庫らしいっちゃらしいんですけども、起伏を求める人には物足りなさもあるかな(汗)

美紗緒が序盤冷たいのも、割とすぐに和らぎますし、そこまで関係を引っ張るものでもないですしね。
生徒会長の彼女と一緒に行動するって事に終始するだけなので、もう少し生徒会の存続の危機なり、何かを解決するために奔走するとか何かイベントが欲しかった気はしましたね。
文化祭などのイベントこそありましたけども、もっとあっても良かったかな、と。

ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長 ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長

Amazon版 電子書籍
ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
ご褒美は柔肌で 憧れの幼なじみは生徒会長

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

リアルドリーム文庫 万引き女子学生調教医療 レビュー

リアルドリーム文庫 万引き女子学生調教医療

万引き女子学生調教医療 (リアルドリーム文庫 91)
松平龍樹
キルタイムコミュニケーション

7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「白瀬 小雪」(しらせ こゆき)は、可愛らしい容姿ながら内気な性格の少女です。
そんな彼女は、ある本屋でつい魔がさして、本を万引きしてしまう事に…。
しかし、その光景を学校の保険医に目撃されてしまう事になってしまいます。
そして、話は万引きの件を口止めしてもらう代わりに小雪は凌辱調教されてしまう事になる展開です。

登場するヒロインは、小雪だけです。

小雪は、学生の少女です。
可愛らしく整った顔立ちの美少女なのですが、内気な性格で自分に自信を持てない所があります。
年頃の少女らしく、お姫様に憧れる夢見がちな面があります。


展開的には、小雪が万引きをした所を学校の保険医である「下呂井」(げろい)に見られてしまう事から始まります。
こうなると凌辱系で良くあるパターンの万引きの証拠をチラつかせての脅迫行為に始まり、凌辱されるってのがまず頭に浮かぶと思います。

ですが、それはちょっと違うんですね、今作の場合。
どういう事かというと、今作はちょっとそこに至るアプローチが変わっているってのが大きな要因なんですね。

当初は、下呂井自身は声をかけたものの、小雪への対応に頭を抱えてたんですね。
この時点では、そんな脅して~みたいな考えはなかった訳です。
しかし、小雪に何故こういう事をしてしまったのかなどの聞き取りを行っていく内に、暗い感情が頭をもたげていく事になるんですね。

それは、小雪の言動にありました。
彼女は自分自身に対して、異常なまでに自身を低く見る所があるんですね。綺麗でもなく可愛くもないと。
勿論、他人からは何を馬鹿な事をと思う程に彼女の容姿は魅力的なのですが、それが全く自覚していない訳です。

更に問題は、彼女の万引きした本の内容。
小雪の盗んだ本のタイトルは「お姫様凌辱特集」という何とも美少女が手に取るには一見そぐわないものなんですね(汗)

彼女にもまだ完全に理解できない所、深層心理の中にある、お姫様に憧れるも自身を卑下するために、結果として王子様ではなく、自分にはろくでもない男たちが相応しいと考えているんですね。
更に、そんな男たちにすら自分は相手にもされないのではないかと思い込んでいる節があるんですね。
何とも複雑で歪に歪んだ心理を持っている訳ですね、彼女は(汗)

それを小雪との会話で聞いて、下呂井は彼女の歪みに呆れると同時にそれを利用する事で、容姿の醜さで生徒から嫌われている自分にもチャンスがあるのではないかと考える事になる訳ですね。

実際に下呂井は、彼女に万引きをした行為の罰のために小雪を抱くと宣言すると、小雪の反応は顕著なものでした。
畏れと同時に何かを期待するかの様な熱も感じさせる事になるんですね。
ある意味、彼女は悲劇のヒロイン的な状況に酔っている節がある訳ですね、この態度には。

それは、あたかも彼女の盗んだ本にあった様なお姫様が化け物たちに凌辱されてしまうのと酷似している訳です。
そして、ここで下呂井の「君が抱かれる事で、誰も知られる事はなく、両親も悲しまずにすむ」というダメ押しが入る事になり、完全にこの言葉は小雪の歪んだヒロイズムを揺さぶる事に成功します。

彼女にとって都合の良い言葉となり、結果、彼女は下呂井との行為を受け入れ、初体験を経験する事になります。
その際に、小雪は「患者」であり「治療」する必要があると下呂井に言われ、治療と称した行為は続く事になる流れになっていきます。


Hシーンでは、小雪との行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、アナルセックスなどがあります。

展開的に、凌辱的な展開がメインかと思いきや、終盤まではちょっとテイストが違うんですね。
どういう事かと言うと、複雑な形での恋愛色があるからなんですね。

実は、下呂井は小雪に対し、ドンドンのめり込んでいく事になるんですね。
また小雪も事が起こるまでは下呂井に対し、醜い彼に嫌悪感しかなかったんですけども、行為をする中で感情に変化が起こる事になります。
それは彼女の中で、下呂井への想いが増す事になり、彼に好意を覚える様になるんですね。

元々、下呂井にはそこまで凌辱的な思考はないんですね。
それに教師であり、保険医(かつては病院で勤務経験あり)である彼は、小雪のあの思考を分析していく事になる訳です。
そして、好意と共に彼女を守りたいという意識があるのは、ある種当然なのかもしれませんね。
そのせいもあって、行為にどこか甘さが感じられるんですね。

言うなれば、凌辱ってよりも調教寄りな印象でしょうかね?

なので、ここのパートでは、凌辱感は殆どないですね。
とは言え、行為はそれなりに過激ですけどね。
下呂井はSっ気のある所もありますし、小雪もあの通りのM性を持ち合わせている訳ですしね。

行為ってよりも、その最中のやり取りがメインな感じですかね? 言葉による。
下呂井の小雪に対して、彼女の性癖を刺激する様な言葉をかける事で、ドンドン淫らな表情を見せる小雪は年以上の女を感じさせますね。
…末恐ろしいって事でもありますけども(汗)

若干コスプレ要素もありますね。
ナースコスや彼女の憧れるお姫様の格好などもあり、その格好での行為があるのは嬉しいですね♪

他には、下呂井が保険医って事もあってか、医療器具などを使うシチュエーションも一部ありましたね。
クスコとか、開脚式の診察台などですね。
更に銅イオンの殺精子効果を用いた銅付加IUDとやらの避妊具まで出ています(汗)

調べてみましたが、実際に存在する避妊法な様ですね。
そのIUDを子宮頚部に設置する事で避妊効果が得られるというモノらしいです。
変にリアリティーがありますねぇ(汗)
そういう描写がある事で説得力も増すので、いいんじゃないですかね。

まぁ、ちょっと話がそれましたけども、個人的にはそのIUDとやらのシーンでのふたりというか、小雪の言葉が何とも愛らしかったですねぇ♪
こんな事、言われたら下呂井ならずもグラっと来るでしょうねぇ。


終盤になって、ようやく凌辱感が出てきますけども、寝取られ要素とも言いかえれるかな?
こういう2段構えな展開って、あまり見ないので新鮮でしたねぇ。
まぁ、凌辱ってのは終盤のパートだけだったので、あまり過度の期待は出来ませんけどもね(汗)


挿絵は「孤裡精」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫は初なのかな?
同人活動もされているみたいですね。

可愛らしく生々しすぎない塩梅が個人的にはちょうど良かったですね♪
こんな小雪は可愛らしいのに、これでも可愛くないとか自分を卑下するのは何という贅沢な話ですねぇ(汗)

個人的には、ナースコスチュームやお姫様姿の彼女は、かなりいやらしかったですね。
これは、反則物ですねぇ(汗)
…年齢的な事も考えると、尚反則ですね(汗)

下呂井など気持ち悪い男たちが出るんですけども、顔は描かれていないので大丈夫だと思います。


全体的には、調教⇒凌辱って2段階の展開で中々新鮮な感じで読めた作品でしたね。
最初から、凌辱一辺倒ではないゆえに、そういうのを期待していた人には物足りないかもしれませんけども、そうでなければ問題なく楽しめる作品だと思います。

たまには、いいんじゃないでしょうかね? こういう甘さも含んだパターンの作品ってのも。
変なエグさもあまり感じないですし、読みやすい作品でした♪

この手の作品が苦手な人もいいかもしれませんね、まぁ何の保証もできませんけども(汗)

万引き女子学生調教医療 万引き女子学生調教医療

Amazon版 電子書籍
万引き女子学生調教医療 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
万引き女子学生調教医療

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます