FC2ブログ

夜空野ねこのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:夜空野ねこ

夜空野ねこのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2019-09-17ぷちぱら文庫
姉あそび! ~義姉も先輩も近所のお姉さんもHなスキンシップが大好き~(ぷちぱら文庫 331)posted with amazlet at 19.09.17夜空野ねこ パラダイム (2019-09-13)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、普通の男子学生です。そんな彼の周りには、ふたりの姉がおり、溺愛されています。更に、学校でも先輩や、近所のお姉さん...

記事を読む

2018-08-14ぷちぱら文庫
受精してよ千鶴さん! ~人妻と恋するひと夏~(ぷちぱら文庫 287)posted with amazlet at 18.08.14夜空野ねこ パラダイム (2018-08-08)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、全く女っ気のない男子学生です。そんな主人公は、子供の頃に可愛がってもらってた、ご近所のお姉さん「千鶴」(ちづる)と10年ぶりに再会。10年...

記事を読む

2018-02-02ぷちぱら文庫
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ (ぷちぱら文庫 272)posted with amazlet at 18.02.02夜空野ねこ パラダイム (2018-01-31)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、エルフ好きな青年です。そんな彼は、ある日突然異世界に召喚されてしまう事に(汗)戸惑い、困惑する主人公の前には何と美しいエルフの女性...

記事を読む

2017-10-28ぷちぱら文庫
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど (ぷちぱら文庫 267)posted with amazlet at 17.10.28夜空野ねこ パラダイム (2017-10-25)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、天才的な頭脳を持ち、本来学生な年齢ですが若くして議員にまでなった存在です。そんな彼が、議員で積極的に推しているのが、極度な少子化を解消するためのSE...

記事を読む

2016-04-20ぷちぱら文庫
俺のメイドハーレムはいつだってご奉仕争奪戦です ! (ぷちぱら文庫Creative141) (ぷちぱら文庫 creative 141)posted with amazlet at 16.04.20夜空野ねこ パラダイム (2016-04-15)Amazon.co.jpで詳細を見る4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、普通の男子学生です。そんな彼は、幼なじみの「奏...

記事を読む

no-image

2014-09-24ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 武将娘と子作り生活武将娘と子作り生活 (ぷちぱら文庫 179)posted with amazlet at 14.09.24夜空野 ねこ パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、基本的に大人しく気弱な所がある男子学生です。そんな彼は、ある日学校の骨董品の壺をを壊してしまう事に…。しかし本当に驚いたのは、この後でした。何...

記事を読む

2014-04-04ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略学園迷宮エロはぷにんぐ!〜イクぜ!性技のダンジョン攻略〜(ぷちぱら文庫146)posted with amazlet at 14.04.04夜空野ねこ パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、自分を格好よい正義の味方だという考えをしている痛い奴です(汗)しかし、自分に...

記事を読む

no-image

2014-02-21ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕!僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕! (ぷちぱら文庫Creative 56)posted with amazlet at 14.02.21夜空野ねこ パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公には、ひとつ年上の姉「美里」(みさと)、ひとつ年下の妹の「美羽...

記事を読む

2013-12-17ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバルようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル (ぷちぱら文庫 131)posted with amazlet at 13.12.17夜空野 ねこ パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームのノベライズ作品です。主人公が通うセールア学園は、一般常識にとらわれないエリートを集めた学園です。そんな学園で生徒会長と言う立場にあ...

記事を読む

2013-10-16ぷちぱら文庫
褐色アナメイト (ぷちぱら文庫 123)posted with amazlet at 13.10.16夜空野ねこ パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。この世界では、人間以外にも「魔族」、「死神族」といった種族が存在します。かつては、戦いを繰り広げていた彼らも現在は平和に共存しています。そんな平和を象徴するのが、彼ら三種族の若者が一様に在...

記事を読む

2012-07-29ぷちぱら文庫
処女のシモベくん♪ (ぷちぱら文庫 59)posted with amazlet at 12.07.29夜空野ねこ パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、動物の面倒が得意な事以外は、これといって特徴のない少年です。そんな主人公は何故か、生徒会の夏合宿に誘われる所から物語は始まります。何故生徒会に関係ない主人公が呼ばれたのかは、こ...

記事を読む

2012-05-31ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! (ぷちぱら文庫 56)posted with amazlet at 12.05.31夜空野ねこ パラダイム 売り上げランキング: 4391Amazon.co.jp で詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。目覚めた主人公がいた場所は、自室ではなく、何故か学校の教室。そして、教室にいたのは主人公だけで...

記事を読む

2011-12-02ぷちぱら文庫
発情し~ずん (ぷちぱら文庫 33)posted with amazlet at 11.12.02夜空野ねこ パラダイム 売り上げランキング: 46844Amazon.co.jp で詳細を見る11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。「アトリエかぐや」のPCゲームが原作のノベライズ作品です。物語は主人公のクラスに転校生がやってきたのがそもそもの始まりです。ドイツからやって来たという美少女の留学生「ユリーシャ・高津・ウォルフガング」(以...

記事を読む

2011-09-07ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 ふぇら・ふぇちっ!ふぇら・ふぇちっ! (ぷちぱら文庫 24)posted with amazlet at 11.09.07夜空野ねこ パラダイム 売り上げランキング: 5456Amazon.co.jp で詳細を見る8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公には、クラスメートで幼なじみの「涼原 桃華」(すずはら ももか)という存在がいます。ドジなところがあり、要領が悪かったりとダメ...

記事を読む

2011-06-04ぷちぱら文庫
紅蓮の守護天使ファルナ (ぷちぱら文庫 18)posted with amazlet at 11.06.04夜空野ねこ パラダイム 売り上げランキング: 4304Amazon.co.jp で詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公兼ヒロインの「穂村 唯」(ほむら ゆい)は、ごく普通の学生としての姿だけでなく、実は人々を妖魔から守る存在「守護天使ファルナ」に変身し、日夜戦っています。その...

記事を読む

2011-02-02ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 あいすのっ!あいすのっ! (ぷちぱら文庫 6)posted with amazlet at 11.02.02夜空野ねこ パラダイム 売り上げランキング: 11242Amazon.co.jp で詳細を見る「平手は急にはとまれないっ!」バシーン!と頬を叩かれつつ、雪の公園で出会った、いきなりテンションMAXの美女・沙姫。昔の責任を取れと嫁宣言したばかりか、強引に智一との新婚同居生活を始めてしまった…。「トモに目を見て名前を呼ばれると、我慢できなく...

記事を読む

ぷちぱら文庫 姉あそび! 義姉も先輩も近所のお姉さんもHなスキンシップが大好き レビュー


2019年9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな彼の周りには、ふたりの姉がおり、溺愛されています。
更に、学校でも先輩や、近所のお姉さんにも何故か気に入られています。

そんな中、姉に隠れて自慰をするのを姉にバレてしまい、そこから姉を始めとした女性陣に迫られる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 雨ヶ谷 小雪」(あまがい こゆき)
  • 雨ヶ谷 千夏」(あまがい ちなつ)
  • 疾樫 麗奈」(はやがし れな)
  • 笹森 美知留」(ささもり みちる)
  • 如月 波々乃」(きさらぎ ななの)
がいます。

小雪は、主人公の義理の姉です。
普段はしっかり者の美人ですが、主人公が絡むと…。
とにかく主人公を溺愛しており、何よりも大切にしており、日々甘やかし、からかってきます。
姉あそび!

千夏は、主人公の義理の姉で、小雪の妹です。
姉よりも若い見た目ですが、お姉ちゃんらしく世話焼きな性格です。
主人公を溺愛しています。
姉あそび!

麗奈は、主人公の学校の先輩です。
学校での姉の様な存在となっています。
物静かで、大人しい独特の雰囲気を持っていますが、一途で頑固な面も。

美知留は、小雪の大学での友人です。
基本、面倒くさがりな性格をしており、ぐーたら好き。
快活な性格で、Hな事にもあっけらかんとした
姉あそび!

波々乃は、近所に住むお姉さんです。
美人ですが、おっとりしており、ドジな面もある可愛らしさも。
姉あそび!

作中で、「美知留」の表記が度々変わっていましたね(汗)
「美智留」になっている箇所が、ザックリ数えたけども53個くらいありましたよ…。

キャラ紹介では「美知留」表記ですが、ここまで間違っている個数が多いと、こっちが間違えているのではないかと思う程。
公式サイトも確認しましたが「美知留」で合っているので、「美智留」表記ミスが50個以上あるという事に…。

台詞によっては、1回の「」の内で、美知留、美智留の2種類が入っている台詞もあったけれども、編集の人とか誰も気づかないものなの?(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公が姉問わず、周りの年上の女性陣から迫られる流れですね。
…年上殺しみたいな、何かが身体から出ているんですかねぇ?(汗)

主人公は、子供の頃に両親を亡くして伯父に引き取られ、養子となっており、小雪、千夏の姉たちとは義理の姉弟なんですね。

家族は、主人公を実の子の様に接してくれており、姉たちも…。
いや、姉たちはそれ以上に溺愛し、事あるごとに構ってくるんですね。

タイプは違えど、美人、美少女な姉ふたり。
そんなふたりに甘やかされて悪い気はしないですが、問題も…。

姉弟としては、確実に過剰なスキンシップに嬉しくも悩ましい感情を抱く事になりますね。
義理とは言え、姉な訳ですから、欲望に流される訳にはいきませんからねぇ。
まぁ、こっそり姉たちで自慰したりしているので、既にアウトの様な気はしますが…(汗)

そんな理性ギリギリの状況下の中、とある事をきっかけにして、主人公と姉たちの関係に変化が。


それは、学校の先輩である麗奈が家に来たいと言い出し、家に招いた事がきっかけ。
麗奈を家に招いた(勉強会で)事から、以降更に姉たちのスキンシップは過剰になっていったのです。

こうなると、性欲は募る一方…。
こっそり自慰で発散しようとした所を、姉の小雪に見つかってしまい、手コキで射精させられる事に(汗)

ここから、女性陣の性的な行為が始まる事になる流れですね。

当初は、姉たちのお手伝いをするとポイントがもらえて、一定量貯まるとHなご褒美制みたいなルール設定ありましたが、正直あんまり関係なくなっていきます(汗)

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、足コキ、素股、パイズリ、自慰、アナルセックスなどがあります。

やはり全員ヒロインが、年上のお姉さんってのがポイントでしょうか。
当然、妹などの年下ヒロインは一切いないのでご注意を。

割と早くから、姉たちを始めとした女性陣から手コキやフェラなどで射精に至りますが、本番行為は中盤辺りからなんですね。
本番行為に必要なポイントを得るまで、時間かかったってのもありますけどね(汗)
なので、初体験の相手は小雪とですね。
姉あそび!

小雪も、少しぶっとんでいる(大分?)ので、他の女性陣と関係持ってもOKという…。
遂に本番行為まで解禁された事で、他の女性陣との関係もエスカレートしていく事になるのは必然ですねぇ(汗)

明るく積極的に行為を求めてくる女性陣の姿は、Hですね♪
ヒロインによっては、若干のアナル好きの変態性も垣間見せるヒロインもいたり…。


まぁ、これまでで分かる様に主人公は、基本受け身なキャラクターですね、行為でも普段でも。
ヒロイン全員が年上ってのもあるのでしょうが、主導権が向こうなんですよね。
主人公自身、姉たち年上に弄られるのが満更ではないから…(汗)

終盤では、全員交えたハーレム展開…ではなかったですね(汗)

残念ながら全員交えての展開はなかったですね、複数プレイはふたり同時程度でした。
まぁ、ヒロイン5人同時って絶対収拾つかないので、仕方ないのかなとも思いますしね(汗)

一応、立場的にメイン格は小雪の様で、初体験の相手でもあり、ラストでもふたりでの行為だったりと、彼女がメインどころでしたね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「ジャスティス小町」、「シライシ」さんが手がけています。

可愛らしい年上ヒロインたちを描いていますね。
全員、年上っぽくないくらいに可愛らしいデザインなので、あまり年上感は控えめだったかな?
もう少し、艶っぽさがあっても良かったかなとは個人的に思いましたね。

姉のひとりの千夏も、見た目だけなら完全妹っぽい感じのデザインだったりと、姉なんだけれども年下感も味わえるデザインでしたね。

挿絵数:33枚

総評


全体的には、年上女性、お姉ちゃんたちとのイチャラブH三昧ストーリーでしたね。
逆に言えば、それだけにしかない内容とも言えますが…(汗)

ありがちですが、どうしてもこの手の溺愛物って、何でそんなに主人公好きなのかってのが描かれていないんですよねぇ。
だから、何かヒロインたちが主人公が好きなのか、単にHが好きって感じに見えてしまうのが勿体ない(汗)

何にも考えずに、ひたすら年上ヒロインたちとのH三昧が好みなら楽しめるかな?

まぁ、それでなくても、ヒロイン5人…。
ノベライズのページ数的に、個々のヒロインを深く掘り下げて~ってのは、酷な話ですかね(汗)

って、あとがきをみると、原作よりもライトなノリにして、キャラクターを強化したつもりらしいです。
…あれで? 原作見るの怖い(汗)

Amazon版 電子書籍
姉あそび! ~義姉も先輩も近所のお姉さんもHなスキンシップが大好き~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
姉あそび! 〜義姉も先輩も近所のお姉さんもHなスキンシップが大好き〜

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
姉あそび 〜サポごっこでスキンシップ〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏 レビュー


2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、全く女っ気のない男子学生です。
そんな主人公は、子供の頃に可愛がってもらってた、ご近所のお姉さん「千鶴」(ちづる)と10年ぶりに再会。
10年経過して、より大人っぽく綺麗になっていた千鶴。

相変わらずの優しい態度に、幼少期の憧れの感情が再燃するも、彼女は既に人の妻になっており、いきなり終了(汗)
しかし、彼女がアルコールに弱いと知った主人公は、彼女を酔わせて、無理やり関係を持とうとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 栗原 千鶴」(くりはら ちづる)
がいます。

千鶴は、ご近所だった、主人公の憧れだったお姉さんです。
現在、結婚しており人妻でもあります。
明るく面倒見の良い性格の持ち主です。
お酒にとにかく弱いです。
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

ストーリー展開


展開的には、主人公が憧れの千鶴を酔わせて、無理やり関係を持とうとする流れですね。
…完全に犯罪じゃないですか、アウト(汗)

そもそものきっかけは、主人公が10年ぶりくらいにご近所さんだった、千鶴と偶然に再会した事でした。

当時、主人公はご近所だった千鶴にだいぶ可愛がってもらってたんですね。
当然、主人公は彼女に対して淡い好意を抱いていた訳ですが、10年前に彼女の引っ越しによって、あえなく終了…。

それから10年。
主人公は、立派に?女子とも縁のない、女っ気のないモテない男子学生に成長(汗)

そんな中、見知らぬ美人な女性に声をかけられる事に。
それが、かつてご近所だった千鶴だった訳ですね。
10年経過して、大人っぽく成長した千鶴を前に、主人公の淡い好意が再燃。

どうやら彼女は、またこの地域に戻って来たらしく、また会える様になった事で主人公はテンションアップ♪
もしかしたら、恋人になれるのではないのかと淡い期待も含め…。
しかし、その期待は千鶴が家にやって来た際に砕け散る事に。

彼女と一緒にやって来たのは、男前な男性。
そう、千鶴は既婚者であり、男性の妻だったのです(汗)

まぁ、仮に千鶴がフリーでも、そもそも男子学生が社会人の女性と付き合うってのは、かなりハードルが高いでしょう(汗)
逆パターンは、まだありそうなんだけどねぇ…。

学生である自分とは違い、男前で仕事の出来そうな夫にへこむ主人公。
まだ未成年な主人公をよそに、酒も入って盛り上がる大人達…。

そんな時でした、千鶴の様子がおかしい事に主人公が気づいたのは。
何故か、元々優しい彼女が、いつもよりも大胆に過激にスキンシップをしてくる様になっていたのです。
お酒のせいかと思いきや、彼女は飲んでいなかったはず…?
しかし、彼女がその前に口にしていた洋菓子には洋酒が使われていたのです。

…洋菓子の洋酒で、そんなに酔うのかって突っ込みはなしで(汗)

この経験が主人公にある考えを抱かせる事に…。
お酒の力を借りれば、彼女との距離が縮まるのではないかと思う流れですね。

Hシーン


Hシーンは、千鶴との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、ローターなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

やはり見所としては、お酒が入るとかなり積極的に大胆な表情を見せる様になる千鶴の姿ですね。
しかし、かなり大胆になりますよねぇ、心配になるくらい(汗)
…旦那も、これを利用して結婚までこぎつけたとかじゃないよね?と思うレベルですな(汗)

元々、千鶴は主人公を元から可愛がっているという下地があります。
結構、素面でも甘い態度で接してくれているんですよね、弟として、男の子としてというレベルの認識での可愛がり方ですけども。
さすがにこの年齢の主人公に対して、頭ナデナデってのは、完全に異性としては脈はないレベルでしょうが(汗)

そこにお酒の力が加わると、一気に性の香りが…♪
主人公が告白して、気持ちを知って、キスをしたいという要望にも普通に応えてくれて、更にディープなキスまでしてくる程ですからねぇ。
これは、主人公ならずも、最後までいけるのではと期待するのは分かりますね(汗)
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

その後も、機会がある度に千鶴の食べ物などに酒を盛る混入事件が発生(汗)
何だかんだ、千鶴も、思ったよりも強く拒まないというか、抵抗が控えめなんですよね。
そういう事もあって、主人公も正攻法ではないと理解しつつも、してしまうという感じなんでしょうけどねぇ。

まぁ、そんな強引な勢いもあって、遂に関係を持ってしまうふたり。
彼女も、お約束で夫との営みに関しては、問題を抱えており、主人公の尽きぬ性欲に溺れる事に。
これだと性欲に溺れた関係になる訳ですが…。

しかし、この関係が、この後ある出来事をきっかけに大きく動き出す事になるんですね。
かなりご都合展開ではありますが、これをきっかけにふたりというか、主に千鶴側の心情が大きく動く事になり、主人公にかなりお熱に♪
なので、ここからは彼女も自分からかなり積極的に求めてくる様になったのが大きいですね。

もう、こうなると当初のお酒に頼る必要もなくなり、完全に自分の意思で主人公を求める様になる千鶴が印象的です。
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

タイトルでも分かる様に、中出しも多かったですね、途中からは。
最初は遠慮して、避妊してたけれども、途中からはもはや気にせずですね(汗)

千鶴も、元々主人公に甘い所が強い性格だったのが、より主人公に甘々のHなお姉さんになっているので、基本主人公の要求には恥じらいながらも応じてくれますね♪
Hシーンでも、時にはかなり激しい声をあげ、身体全身で行為に耽っているのが伝わりますね。

終盤では、妊娠した千鶴との行為もあるんですが、まぁ、端折られてあって無い様なレベルなので、期待しない様に(汗)
タイトル的にも、もう少しここのシーンはページを使って欲しかったですねぇ…。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「のぶしと」さんが手がけています。

ちょっと独特な絵柄が印象的ですねぇ。
千鶴って少しトロンとした顔というか、艶っぽい表情が印象的なんですよね。
別にずっと酔っぱらっている訳ではないですよ(汗)
なので、どこかうっとりじゃないですけれども、ふんわりした雰囲気が絵柄からも伝わりますね。
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

時には、主人公の完全なる趣味で、学校の制服や体操服を着せてのコスプレHも。
…学生じゃない大人な千鶴が、こういう恰好すると一気にいやらしく見えますねぇ♪
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

結構、汁気の描写も濃厚ですね。
まぁ、主人公の精液描写がかなり出過ぎな気もしますが(汗)

挿絵数:27枚

総評


全体的には、言ってしまえば寝取りですよね、これ(汗)
まぁ、良くも悪くも作中の雰囲気は、重いものではないので、読みやすい仕上がりだと思います。

千鶴の夫もあまり千鶴を構ってやれていないキャラみたいな方向に仕向けているので、罪悪感は感じにくいかなと。
…夫側からしたら、年下の学生に嫁寝取られるとか、悪夢だろうなぁ(汗)

夫はさておき、主人公たちは甘くH三昧を楽しむ流れなので、そういう展開が好みであればより楽しめますね。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
受精してよ千鶴さん!〜人妻と恋するひと夏〜

Amazon版 電子書籍
受精してよ千鶴さん!~人妻と恋するひと夏~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
受精してよ千鶴さん!〜人妻と恋するひと夏〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ レビュー


2018年1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、エルフ好きな青年です。
そんな彼は、ある日突然異世界に召喚されてしまう事に(汗)

戸惑い、困惑する主人公の前には何と美しいエルフの女性「エフィーリア」がおり、主人公は一目惚れする事になる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エフィーリア
がいます。

エフィーリアは、エルフの女性です。
控えめな性格で主人公に対しても丁寧な物腰で接してきます。
ある理由で主人公を異世界に召喚した張本人でもあります。
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に召喚させられてしまい、そこでエルフのエフィーリアに惚れる流れですね。
…異世界物らしい急展開(汗)

元々、主人公は異世界物な作品とかエルフとかを愛していたんですね。
なので、異世界に行ってエルフとイチャイチャしたいと空想に耽る、ちょっと危ない奴だった訳ですな(汗)

そんな主人公の願いを聞き届けたのか、ある日、いきなり主人公はどこかから声が聞こえたかと思えば、異世界へと飛ばされてしまったのです(汗)
そこで出会ったのが、主人公の大好きなエルフ美人だったのだから、テンションアップ♪
一目で惚れてしまって、いきなりキスまでしたり(汗)

実は、出会ったエルフ美人、エフィーリア(以下エフィ)は、ある理由で主人公を呼び出した張本人だったのです。
その理由は、ここでは省きますが、何とも…、気持ちは分からなくはないけどねぇ(汗)

ともあれ、主人公はある意味では念願のエルフ美人と一緒に入れる環境を手に入れた訳です。
エフィの方も主人公に対して、かなり優しく接してくれるだけに、女っ気のない元の世界よりも恵まれた環境ですしね。

こうして、ふたりの不思議な共同生活が始まった訳ですが、そこから男女の関係に至るのは時間の問題だった訳ですな。
エフィの召喚した理由も考えれば、ある意味自然な流れかなとも思えますしね。
まぁ、直接的な決め手は主人公が召喚された際に一緒に持ってきてた、エルフとのHな行為を描いた同人誌を彼女が見たってのが一番かもしれませんが(汗)

こうして、関係を持ったふたりは、更にイチャイチャラブラブになっていく流れですね。

Hシーン


Hシーンは、エフィとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

エルフのエフィとのラブラブ展開が見所でもあるのですが、ここでタイトルのドMってのがね(汗)

実はエフィ自身も気づいていないのですが、彼女にはMっ気があるんですね。
まぁ、これまで男性との経験どころか、ずっと独り身だった彼女なだけにそれを自覚するのは難しかったのでしょうが、主人公との行為の中でMっ気を自覚していく事に。

元々、のめり込んじゃう気質な所があるんですよね、エフィって。
主人公にも結構早くからご主人様と言う様になったりと、一直線というか…。
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ

ご主人様云々に関しては、例のエロ同人誌に影響を受けています(汗)
なので、呼び方に留まらず、その同人誌の中身、描かれているプレイ内容にも影響を受けるのは当然の事ですよね。
主人公自身も、実はSM系が大好きなSっ気のある性癖をしているというので、Mっ気のあるエフィとの相性はバッチリですな(汗)

彼女もまた主人公をご主人様と呼び、自分を相応しいMとして躾けて欲しいという訳ですね。
…ちょっと意味が分からないですが、ふたりはこれで分かり合っております(汗)

エフィは、こう言う感じなので、もう主人公の言う事には拒否してこないんですよね、全部受け入れて(汗)
勿論、無理やり主人公に従っている訳ではないですよ、念のため。
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ

それだけに主人公の言葉に従って、Hな行為も積極的に嬉々として受け入れていく姿勢が良いですね。
だから、別に嫌々強制的にやっているって訳ではなく、愛情が根底にあるので、痛々しさはないですね。
そもそも、別に痛々しい感じの展開は殆どないので、嫌悪感もなく大丈夫かと思いますけどね。

せいぜい縛ったりとか、お尻をペンペンとか、そんなレベルかな。
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ

ファンタジーの世界なので、魔法を使った展開も一部ありましたね。
魔法で主人公を分身させて、同時に~みたいな展開もあるんですが、個人的に他のレビューでも書いていますが、この展開が苦手なんですよね(汗)
でも、大丈夫。

エフィが失敗してしまって、主人公じゃなくてエフィの分身が出てしまってのエフィふたり一緒になっての展開になるからです。
主人公は増えると萎えるけれども、ヒロインは別にOKってのも何とも都合の良い事ですが(汗)
甲斐甲斐しい彼女がふたりなだけに、ふたりして主人公のアナルと肉棒を同時に愛撫してくるなどのコンビネーションを見せてくれますね♪
でも、エフィ自体はお互いに自分こそが一番主人公を気持ちよくできるとしてライバル心メラメラで張り合っている姿は、普段主人公に見せる顔とは少し違って、新鮮でしたね。

彼女にも、こういう感情もあるんですね。
普段主人公とふたりっきりだったので、これまで見える場がなかったので、分からなかったですが。
個人的には、普段からご主人様、ご主人様♪と言っている彼女も魅力的ですが、こういう面ももっとあっても良かったかもしれませんね。

後は、タイトルにもある孕ませ要素ですね。
大半の行為は中出しになっているので、当然妊娠する事になり、お腹が大きくなったエフィとの行為も描かれています。
母乳も出る様になり、母乳を活かしたパイズリを披露したりと活用していますね。
…活用って言っていいのかな、こういうのって(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「KYO燈弥」さんが手がけています。

以前、ぷちぱら文庫化した作品がありましたね。
ぷちぱら文庫 甘姉メイドとツンデレ委員長の応援エッチ レビュー

上記の過去の作品よりも、絵柄が少し変化しているかな?
まぁ、あれも数年前の作品でしたからね、印象としては今作の方が好みかな。

瞳も描き込まれており、はっきりとした印象がありましたね。
まぁ、淡く柔らかい雰囲気も健在であり、甘さを感じさせますね♪

エフィは、タイトル通りにMっ気があるだけに、そういったプレイの絵柄が多くなる訳ですが、変に生々しすぎず、苦手な人でも見れる仕上がりになっていますね。
そもそもドMってもそんなに羽目を外した展開、行為はないので、普通に嫌悪感なく見れると思いますけどね(汗)
アヘ顔的な表情もこの作品にはないですし、変な痛々しい描写も皆無ですので、大丈夫ですね。
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ

途中でエフィが妊娠すると、大きなお腹が目立つ様に。
シーンによって、お腹の大きさが違う様な気もしますが、これは正面と横から見たから、そう感じるだけかなと思います(汗)

挿絵数:26枚

総評


全体的には、甘々イチャラブな展開が味わえる内容だったかなと思います。

一方で、どうしてもスローライフであったり、エフィだけしか周りにいないという環境面もあって、話の展開というか変化があまり生じない話ではあったかなとは思います。
そこら辺をどう感じるかで、評価も変わるかな?
あくまでも、可愛らしいMっ気のあるエフィとの甘いH生活を楽しむってだけと割り切れば問題ないかと思いますけどね。

ドMはドMで間違いないんでしょうけれども、描写がどちらかと言えばアッサリとしている印象なので、比較的読みやすいかと思います。
逆に内容の濃いものを期待していると、拍子抜けするかもしれません(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ

Amazon版 電子書籍
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど レビュー


10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、天才的な頭脳を持ち、本来学生な年齢ですが若くして議員にまでなった存在です。
そんな彼が、議員で積極的に推しているのが、極度な少子化を解消するためのSEX新法と好きな相手とHできる許可証の制度でした。

主人公は、新法を成立させるため、全国の女生徒を無作為に学園に集め、許可証の試験運用をする事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 春日井 乃愛」(かすがい のあ)
  • 星宮 きらり」(ほしみや)
  • 沖田 奏音」(おきた かのん)
  • 東條 一華」(とうじょう いちか)
  • 朝槻 ほまれ」(あさつき)
  • 田所 南」(たどころ みなみ)
がいます。

乃愛は、主人公と同じく若くして議員となった存在です。
世界一の頭脳と美貌を持っていると思い込んでいるナルシストな面も(汗)
主人公とは、数年前からの腐れ縁的な存在でもあり、主人公に勝った事がないためライバル視しています。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

きらりは、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
明るく元気で人見知りをしない性格の持ち主でもありますが、言動が思春期男子以上の性欲の塊でもあります(汗)
当然、Hな行為に興味津々です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

奏音も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
実は、カリスマ的な人気を誇る人気アイドルとして活動している有名人でもあります。
ボーイッシュで中性的な魅力の持ち主で、女性ファンが多いですが、主人公もファンの一人です。
上級生である主人公を先輩と慕う、良い娘です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

一華も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
親が武道場を経営しており、彼女もまた幼い頃から武術に接していたため、その腕前はかなりのものです。
生真面目で頭の固い頑固な所があり、Hに対しても免疫がないために主人公には批判的です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

ほまれも、主人公と同じ学園に通う女生徒で先輩です。
男性について研究しているのですが、その解釈は間違った知識から始まっており、ズレた言動も多いです。
天然でおっとりした性格の持ち主です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

南も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
口下手でコミュ障、かつ被害妄想的な思考があり、男女問わず友達がいません(汗)
自虐的な所もあるゆえに、中々会話が成立しないですが、本人はこれでも友達を作ろうと頑張っているつもりです。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

ストーリー展開


展開的には、主人公が少子化解決のために必要な新法を制定ために、許可証の試験運用として女生徒を集めた学園でHに励む流れですね。
…自分で書いてて意味が分からない(汗)

この国では、極度の少子化となっており、中でも男女の比率が異常なレベルにまで来ていたんですね。
何と、その男女比は、1:8585というとんでもない比率で男性が生まれていない現状がありました。

1/8585って、レアキャラみたいな出現率ですね(汗)

当然、男性、女性どちらかが欠けても子供は生まれない…。
このままでは、この国は近い将来滅んでしまうという中、主人公が生まれた訳ですね。

主人公は、男性って時点で貴重な存在だった訳ですが、更に有能な存在としてメキメキと頭角を現す事に。
本来ならば学生な年齢という若さで、国会議員にまでなったのです。
この時代は、有能ならば年齢は問わないらしいですね、そのため、腐れ縁的な乃愛も同じく同時期に議員になっています。

そして、主人公にはかつてから、この現状をどうにかしたいという強い気持ちがありました。
それゆえに国会議員にもなり、自身の考える策を提唱したのです。

それが、SEX新法と、自由性行為許可証の交付でした。

具体的には、成人男性は自由性行為許可証の所持を義務付け、成人女性に許可証を提示した場合は、女性はそれに応えなければならないといった内容でした。
まぁ、当然これには女性側の反発が根強かったものの、既にこんな事をしなければいけない状態にまで来ていると危惧する主人公の演説にある程度の賛同の声も上がり始める事に。

そこで全国の女生徒を無作為に選出し、それらの女生徒を新しい学園に集め、そこの中で主人公が許可証を使ってみて、このやり方が効果があるのかとテストする試験運用が決まったのです。

こうして、主人公は学園内で許可証を使い、女性陣とHしまくる流れですね。

…これは、女性陣からしたらとんでもない話ですなぁ(汗)
乃愛ならずも反対するのも当然ですが、意外と中には乗り気だったりする娘もいるから、分からないものですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、素股などがあります。

やはり今作では、少子化をどうにかするためにも、許可証を使ってのH展開が印象的ですね。
…女性側からしたら、とんでもない話ではありますけどねぇ(汗)

上記にもありますが、乃愛たちみたいに反対派もいれば、きらり、ほまれみたいなOKな娘もいる訳ですね。
まぁ、反対派もいないと盛り上がりに欠けますしね、必要な存在ですよね。

そんな反対派の急先鋒な乃愛ですが、一番早く許可証を使われる羽目になり、いきなり経験する事に(汗)
この許可証は、まだ試験運用ではあるものの、拒んだ場合は罰則もあり、更に彼女も議員なだけに法を破れないと渋々応じる結果になりますね。

まぁ、ムードの欠片もない状況で始まる行為ではありますが、何だかんだ幼なじみまではいかないものの、それなりに腐れ縁な関係。
乃愛自身も主人公の有能さは認めているだけに、満更でもない感はありますね。
実際、行為を経験して、乃愛も快感、絶頂を経験し、以前よりも主人公に対し、当たりが柔らかくなった印象がありますね♪


この様に反対派、あまり賛成ではない女性陣も行為を経験すると、何だかんだで満更悪くない印象になるんですね。
普通は、そもそもそんな女性陣を行為に応じさせるまでが難関な訳ですが、許可証の罰則があるため、拒み切れないために行為に至る過程もスムーズな事で、ほぼ問題は一切ない難易度と化していますね。
そういう点では、緩い雰囲気でHが進む印象でサクサク展開されていきますね。

また各女性陣毎に、各章が分かれており、そのパート内で2回ほどの行為が描かれています。
基本的には、どちらかが前半が本番(初体験)行為&後半でフェラやパイズリなどで射精の前後半で構成されています。
(キャラによって本番が後半になっている場合もありますが)
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

そのため作品のテーマ的に、中出しがメインかと思いきや、意外と普通に他の行為で射精していますね。
特に多めだったのがパイズリですね。
大抵のヒロインは、皆巨乳揃いな事もあって、主人公もおっぱい好きなので、パイズリをお願いする展開が多かったですね。
まぁ、本番行為をある意味強引に許可証使ってHした後なら、今更パイズリを拒む娘も少ないでしょうからねぇ(汗)
(ヒロインによっては、初体験よりも先にパイズリになったりもしますが)

この様に、基本は各パートだけでのヒロイン毎の行為となりますが、唯一乃愛だけ優遇されており、更に回数が多く描かれています。
このノベル版でメインヒロイン格として描かれており、終盤の展開は彼女をメインとした展開になっているためですね。
なので、終盤は乃愛との展開に終始するために、全員交えたハーレム展開とかは残念ながらないですね(汗)

その分、終盤では乃愛とのイチャラブHが描かれていますね。
その中には、主人公の子供を妊娠して、お腹が大きくなっている中での行為も少しですが描かれており、彼女との甘い時間を感じられます。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「2-G」「健やか牛乳」「ねこきち」さんが手がけています。
でも、DMMの方で見たら、ねこきちさんの記載がなかったんですが、どうやらねこきちさんは、SDキャラの担当みたいです(汗)

明るく可愛らしい女性陣ばかりで、華やかさと賑やかさがありますね。
巨乳キャラも多いのも印象的でしたねぇ、あ、小さい娘も可愛いですよ、うん(汗)

個人的に印象的なキャラデザインは、きらりかな。
あんまりにもエロエロ男子みたいなノリは得意な方ではないんですが、あの猫っぽい表情と言いますか。
あのニヤぁとした口とか、結構好きなんですよね(汗)
でも、Hシーンだとそういう顔ではなくて、ちょっと恥じらいの表情が浮かぶというギャップも良い感じですね♪
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

まぁ、どの娘もそれぞれ魅力的ですけどね。
各章だけでは、物足りなさもあっただけに、欲を言えばもう少し見たかったですね、それぞれの姿を。

挿絵数:28枚

総評


全体的には、コミカルで緩い雰囲気で展開される作品でしたね。
…結構、許可証云々については酷いことやっている気はしますが、この時代ゆえの感覚なのかな(汗)
まぁ、最終的にはHに否定的ではなくなったので、結果OKって事で…(汗)

ストーリーに関しては、今作では上記にもある様に終盤近くは乃愛をメインとした展開になります。
多分、原作版では各キャラのルートがあるんでしょうけども、他のキャラがどんな感じの話になるか気になりますねぇ。

またこの手の作品では仕方ない事ですが、メインの乃愛の話になると、途端に他の女性陣の存在が消えます(汗)
それまでが何だかんだキャラが多くて、賑やかな印象だっただけに、何となく寂しさも感じるんですよねぇ…。
まぁ、その分を乃愛との行為と、その後の彼女との話がある訳ですが、それも少し駆け足気味に感じたのは物足りなさがあったかな。

ヒロイン6人分、H消化して、最後メインヒロインだから、どうしてもページ的に難しいのは分かるんですけどね(汗)
まぁ、そこは原作版で補うしかないでしょうね。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ぜったい遵守☆にゅ〜こづくりわーるど

Amazon版 電子書籍
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
ぜったい遵守☆にゅ〜こづくりわーるど

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 俺のメイドハーレムはいつだってご奉仕争奪戦です! レビュー


俺のメイドハーレムはいつだってご奉仕争奪戦です! (ぷちぱら文庫Creative141)
4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな彼は、幼なじみの「奏美」(かなみ)に告白し、OKをもらい、付き合い出したばかりです。
無事、付き合う事になった主人公ですが、ある悩みも…。

それは、妹の「柚希」(ゆずき)の存在でした。
主人公を運命の人と思い込んでいる、残念な妹だったであり、奏美から兄を取り戻そうと迫ってくる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 姫宮 奏美」(ひめみや かなみ)
  • 上里 柚希」(かみさと ゆずき)
がいます。

奏美は、主人公の幼なじみです。
純粋で控えめな性格の持ち主で、学校内でもファンが多い存在でもあります。

柚希は、主人公の妹です。
兄である主人公にべた惚れしており、主人公と結婚する気でいます。
なぜか、家でもメイド服でいます。

ストーリー展開


展開的には、幼なじみの奏美と付き合いだした主人公ですが、そこを兄を溺愛する柚希に迫られる事になる流れですね。

めでたく奏美と付き合い出した事は嬉しい事なんですけども、そこで邪魔をするのが妹の柚希ってのがね(汗)
しかも、柚希は何故か主人公を運命の人みたいな思い込みをしているという、ちょっと残念な妹でもあるんですね(汗)

そんな彼女なだけに、主人公の幼なじみである奏美の事を好ましく思っている訳もなく、日頃から女狐呼ばわりする有様。
それだけに、主人公が彼女と付き合い出したなんて知れたら…。
予想通りに奏美との交際に猛反対な柚希…、そして、ついに柚希は主人公と関係を持とうと実力行使に出たという流れですね。

それを知った奏美も、主人公を譲るつもりはないとばかりに積極的になっていく事になりますね。

Hシーン


Hシーンは、二人との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
ほかの要素では、双頭バイブなんてマニアックな物もありますね。

タイプの違うヒロインたちが主人公を巡って、張り合っていく所が見どころですね。
共通するのは、主人公が大好きって所くらいですが、そこがかぶっているから揉めている訳ですが(汗)

初心で素直な奏美、勝気で変態的な愛をこじらせる柚希、性格も違うだけに、お互いの個性が引き立てあっていますね。
…柚希の方が年下なのに、主人公含め、一番に主導権を握っている感があるのが、何とも(汗)

まぁ、奏美も柚希に負けじと、次第に積極的に主人公の行為に応じる様になったりと頑張ってきますけどね。
意外と彼女の方が思い切ったら強いかもしれませんねぇ。

…主人公は、ヒロインの板挟みで終始、ペースを乱されまくってたけども(汗)
ってか、力で妹の柚希に敵わないって兄としての威厳も何もないですな(汗)

しかし、この女性陣の関係性も中盤辺りで大きく動き出す事に。
まさかの奏美からの柚希と一緒に3人でしたいと言い出し、何かハーレムな展開になっていく訳ですね♪
ここで、表紙絵にもある様に柚希だけではなく、奏美もメイド服を貸してもらい、ふたりのメイドさんによるご奉仕展開に。


一部では、女性陣同士での絡みもありましたね。
最初は不仲だった(一方的に柚希だけですが)訳ですが、何だかんだ一緒に主人公との行為をしていく中で、主に柚希の態度も軟化してきますね。
一緒になって、主人公へのご奉仕をしたりと結構息の合った動きを見せますね。

一番、変化が大きかったのは奏美でしたねぇ。
まぁ、初心な性格な分、様々な知識や行為を吸収していったって所もあるんでしょうね。
最後の方では、かなりの積極性を見せて、柚希をも驚かせるような姿を見せてくれます♪

挿絵


挿絵は「きびぃもか」さんが手がけています。
イラストなどの活動をされているみたいですね。
カバーコメントによると、初の文庫本の仕事だそうですが、そんな事を感じさせないクオリティですね♪

表紙絵を見ても分かる様に、柔らかく可愛らしさの強い絵柄ですね。
この絵柄だと、妹の柚希の何か企んでそうな表情も許せます…よね?(汗)

ふたりともぷにっとした肉感的な描写が抱きしめたくなる可愛らしさがありますね。
抱き心地良さそうですねぇ、ふたりとも。
メイド服姿になると、また可愛らしさがより強調されますね。

コミック的な描き文字も行為シーンでは、豊富に描かれており、行為に艶めかしさを加えていますねぇ。
やはりじゅるじゅるみたいな効果音などがあると、余計に卑猥さが増しますもんね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りに女性陣が主人公を巡っての展開でしたね。
まぁ、メイド要素に関しては無理やりねじ込んだ感はありますけどもね、ただメイドを入れただけの様な(汗)

可愛らしい幼なじみと妹に愛される展開は、何だかんだ満更ではないですねぇ。
でも、主人公のキャラがあまり目立っていなかったのも正直な所ですね(汗)
ただ女性陣に流されて、Hしまくっていただけとも言えるキャラクターは好みが分かれるかもしれませんね。

これといった展開がある訳でもないので、そこら辺が気にならなければ、問題なく楽しめるとは思いますけどね(汗)
…大分、挿絵に助けられている様な気がします(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 武将娘と子作り生活 レビュー

ぷちぱら文庫 武将娘と子作り生活


9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、基本的に大人しく気弱な所がある男子学生です。
そんな彼は、ある日学校の骨董品の壺をを壊してしまう事に…。

しかし本当に驚いたのは、この後でした。
何と、骨董品の壺から白い煙がモクモクと出てきて、人の形を形作りだしたのです(汗)
そして、形作られた煙は最終的にふたりの美人になり…、何とふたりはあの歴史で有名な信玄と謙信だったと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

武田 信玄」(たけだ しんげん)
上杉 謙信」(うえすぎ けんしん)のふたりがいます。

信玄は、何故か主人公の学校の骨董品から現れた有名な武将です。
一見落ち着いた雰囲気に見えるものの、実はかなりのイタズラ好きの天真爛漫な面があります。
積極的な性格で、流行り物に目がない所があります。

謙信も、何故か信玄同様に主人公の学校の骨董品から現れた武将です。
信玄よりも生真面目な性格の持ち主であり、冷静なのですが、勝負事となると熱くなる一面も。
性的な事に関してはかなり初心な所があります。

その他、主人公の幼なじみである結衣がいるんですが、賑やかしキャラでしたね。

ストーリー展開


展開的には、主人公の学校にある骨董品を壊した事から、何故か有名武将である信玄と謙信が現れたというとんでも展開です。
…更に武将たちは男性ではなく女性だったというね(汗)

しかし、昨今の流れか、もはや信玄だの謙信が女性であっても、あまり気にならなくなっている自分が怖いですな(汗)
…慣れというのは恐ろしいですねぇ。

さて、それは置いておいて何故に信玄、謙信は学校の骨董品から出てきたかですが、結局はっきりとした事は分からないんですよね(汗)
確かな事は、有名武将である彼女たちは本物であるという事実でした。
男性だと思われていた歴史は、実は彼女たちが意図的に男性として振舞っていたからなのです。

これで男性ではなくて、女性だったって納得できましたね(?)


さて、歴史上ではライバル関係として知られたふたり。
何故か現代に復活しても、この両者の関係性は健在だった様で、状況も分からない中でもお互いを見て、戦いを始めようとする有様(汗)
そんな火花散りそうな場面に主人公が慌てて割って入ったのです。

結果として、主人公の乱入によって、ふたりの戦いは回避されたのですが、それだけではありませんでした。

冷静になった彼女たちは、何かしらの未練を残した事で現れたのではないかという話に。
ふたりとも男性として戦国の世を生きた彼女たちでしたが、やはり心のどこかには女性としての生き方もあったのではないかと感傷に浸る事に…。
そして、自分の子供を腹を痛めて産みたかったという思いになったのです。

そんなしんみりした雰囲気が一変するのは、信玄のまさかの発言からでした。
何と主人公との間に子供をもうけようと言い出したのです(汗)

これには生真面目な謙信は困惑の色を見せるのですが、信玄の挑発に負けん気を刺激され、彼女もまた主人公の子供を産もうとするという流れですね(汗)
完全に主人公の感情は無視な展開ですねぇ(汗)

まぁ、主人公もいきなり現れた女性たちに、心を惹かれるものがあったりで満更ではない様な気がしますけどね。
また女性陣に関しても、ただ主人公を選んだ訳ではなく、ふたりがいがみ合っていた中に割って入った事でそれぞれから気に入られた所があったので、相手に主人公を選んだって訳ですので、ご安心を。

意外と惚れやすいのかなって感じはしましたけどもね(汗)

こうして、主人公とふたりの武将娘たちは子作り生活を送る事になるっていう流れとなっています。

個人的には、Hシーンも勿論魅力的なんですが、普段の彼女たちの反応も見てて微笑ましかったですね。
当然、知識などは当時なままな彼女たちなので、現代で見るもの全てが珍しく新鮮なんですね。
そのため、彼女たちの反応は見ててニヤニヤしちゃうんですよねぇ。

積極的に新しい知識を貪欲に取り入れる信玄と、そこまでではない謙信の違いも面白いですね。
ドンドン話が進むにつれて、今時っぽくなっていく辺りがリアル(汗)


Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、当然中出し要素が多く含まれていますね。

彼女たち子作りだと言っている訳ですが、実は男性経験はどちらもありません(汗)
まぁ、考えてみれば戦国時代では男性になりきってた訳ですから、正体を明かせないってのは当然ではありますけどね。
なので、彼女たちの初体験も見所のひとつでもありますね。

女性とは言え、かつては各領土を治めていた名だたる武将。
それゆえか、初めてでも主人公を気遣ったりなどの度量というか包容力を感じさせる姿が印象的でしたねぇ。
彼女たちの現年齢がいくつなのかは分かりませんが、多分主人公よりも年齢が上っぽいですから、姉の様な感覚も味わえるかなと思います。

面白かったのは、上記にもある様に女性陣のこちらの時代の適応っぷりですね。
特に信玄は、貪欲に知識を得ていき、発言が今の娘っぽくなる様に。
最初は肉棒の事をマラ、精液を子種と言っていたのが、嘘のようですね(汗)

個人的には、当時の言葉使いをしてた彼女たちも結構嫌いではなかったんですけどね♪
言葉使いだけではなく、Hな行為も学んでいく事になり、ドンドンHになっていくふたりの姿は見所ですね。
序盤と終盤のふたりを見ると、大分染まったなぁって感じます(汗)

今作では子作りが目的なので、大半の内容が中出しメインですね。
彼女たちも中でドバっと射精される快感に目覚めてしまっているだけに、やはり中出しされないと物足りないと感じるまでに出来上がってきていますね。
謙信は、1回したらもう妊娠すると思い込んでいたりする辺りが可愛らしいし、違うと分かって、これ(子作り)を何回も…と嬉しがる所にニヤニヤできますな♪

信玄のどこか余裕を漂わせる風格ある態度や謙信の生真面目ゆえの不器用さの愛らしさなど、いずれも魅力的ですね♪
まぁ、どちらも包容力は感じさせますし、何より単純にヒロインとのイチャイチャ甘さを堪能できるってのが最大の特徴でしょうね。
何でここまでと思う程、ヒロインたちから愛されていますからねぇ(汗)

個々のヒロインでの行為だけではなく、時にはふたり一緒の展開が終盤以外にもあったのは嬉しいですね。
特に謙信は信玄が絡むと、目の色を変えますからねぇ(汗)
普段は照れがちな彼女も信玄の影響もあって積極的になるので、ふたりだとまた違った勢いがありますね。

一部では、コスチューム要素もありますね。
水着や裸エプロン、制服、ブルマなどの格好や彼女たちの鎧姿などでの行為もあったりします。
でも、あまり全身が見えなかったのが勿体ないですねぇ、もっと見たかったのに(汗)

終盤近くになると、中出ししまくってましたので、女性陣は当然妊娠する事に。
なので、腹ボテ状態での行為もあるのも嬉しい所でしょうか。
結構この手のシーンは流し気味な作品も多いけども、今作は挿絵数もそれなりにあって物足りなさは感じないはずです。

ふたり腹ボテで同時行為なので、見た目的にもインパクトがありますよね、これは。
まだ産まれてはいないものの、大きく成長するお腹や発言の随所に母としての母性も感じ取れるのがまたHなんですけども、それだけではない女性としての魅力が感じられますね♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使っています。
原画担当は「京極燈弥」さんが手がけています。
どこかで見た人の絵柄と思ったけども、調べたら全く違ってた(汗)

温かみがあって、柔らかさのある絵柄ですね。
そのせいもあって、武将たちがあまり武将っぽくなくて親しみが持てる事にもなっており、イチャイチャ彼女たちに甘える事ができますね♪
彼女たちも主人公を可愛がってくれるので、また甘えている感じが強く味わえるはずです。

コスチューム要素では、謙信のブルマ姿は印象的でしたね。
このシーンは珍しく?かなり全身を見る事が出来るので、スラッとしたスタイルの謙信によく似合いますね。
ブルマから覗くスラッとした足のラインが綺麗ですねぇ♪

終盤ではふたりの腹ボテ姿もたっぷり見る事ができますね。
かなり大きくなったお腹は、こちらも見所ですね。

挿絵数:40枚

総評


全体的には、ふたりの武将娘たちとのイチャイチャな関係を堪能できる作品でしたね。
逆に言えば、それだけなんですが彼女たちが可愛らしいので全く問題なしです♪

度々書いてますが、やはり年上というかお姉さん的なふたりなので、武将娘だけではなく、姉物が好きな人だとより一層楽しめるかもしれませんね。
一応、彼女たちは後で主人公のクラスに参加する事になるんですが、同学年なのかな…?(汗)

そういや主人公には幼なじみがいるんですが、この娘は攻略対象ではないっぽいですね。
公式HP見ましたが、名前もなかった(汗)
そもそも武将娘と~ってなっているタイトルですしね、挿絵もなかったのでどんな娘だったのかちょっと気になるなぁ。

楽天はこちらからどうぞ
武将娘と子作り生活 ぷちぱら文庫 / 夜空野ねこ 【文庫】

Amazon版 電子書籍
武将娘と子作り生活 ~凛々しく可憐な戦国美少女があなたの子種を巡ってエロイチャ 孕み合戦!~ (ぷちぱら文庫)

DMM版 電子書籍
武将娘と子作り生活

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
武将娘と子作り生活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 学園迷宮エロはぷにんぐ レビュー

ぷちぱら文庫 学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略


3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、自分を格好よい正義の味方だという考えをしている痛い奴です(汗)
しかし、自分に相応しい活躍の場がないと不満を持っています。

そんな時、主人公のいる学園を大きな揺れが襲います。
何と、学園内に見たこともない様なモンスターの大群が出現したのです。

この非常事態に主人公は、自身が設立した部活のメンバーたちと共に地下ダンジョンに潜り込み、モンスターの発生源を抑えようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

稲妻 来夏」(いなつま らいか)
星乃 雫」(ほしの しずく)
炎撞 萌」(えんどう もえ)がいます。

来夏は、主人公の幼なじみでクラスメートの少女です。
実は、主人公の事が好きであり、彼の設立した部活に入部しています。
数少ない常識人であり、周りがどこかおかしいだけにツッコミ役に回る事が多いです(汗)
ツンツンした態度を取り、素直になれない所があります。
学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略

雫は、主人公の妹です。
とにかくお兄ちゃん子であり、主人公のお嫁さんになる事が夢と言う程です。
普段は寡黙で言葉数が少ないのですが、邪魔者に対しては全力で事に当たります(汗)
学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略

萌は、主人公よりひとつ年上の女性です。
主人公の設立した部活に惹かれて入部する事に。
格好良い物や可愛い物が大好きで、考えるよりも行動という思考をしています。
状況を理解していないおっとりした話し方やドジっ娘だったりと、手がかかる年上です。
学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略

ストーリー展開


展開的には、主人公が格好良い事を行いたい一心で部活を設立し、それを突如起きた謎の化け物出現事件を解決するために部員たちと共に戦う事になる流れですね。
…もう、何が何やら(汗)

主人公がそもそもどんな部活を設立したのか?
それは…「人類守り隊」という馬鹿丸出しな部活です(汗)

自分の事を超格好いいと言い放ち、そんな自分には燃えたぎる正義感があるとして、人類(美少女のみ)を守るために人類守り隊を作ったんですね。
単に美少女とHな事がしたいって欲だけで動いています、この主人公。

これで分かるかと思いますが、相当な馬鹿です、この主人公(汗)
最初の1ページ目を見て、もうこういう奴なんだと諦めました、私は(汗)

しかし、(自称)正義の味方を気取った所で何も事件など起こらず、学園は至って平和だった訳です。
そんな中、狙ったかの様なタイミングで学園を大きな揺れが襲う事に…。

何と、どこからか化け物たちが学園内に侵入しており、学生たちを襲い始めたのです。
そして、女生徒たちは化け物たちに襲われ、その身体を凌辱されてしまいます。

…結果として、主人公の望んでいた事件が起こった訳です。
予想通り、主人公はこれを解決して女性たちにモテモテになれると興奮する彼は、他の部活のメンバーを招集し、モンスターの発生源を探るために地下ダンジョンに潜る事になる流れですね。


…もうね、この主人公の馬鹿っぷりが清々しいレベルで何とも言えませんね(汗)
化け物が初めに主人公の前に現れた際に、主人公を守ってくれた女教師がいたんですが、あえなく化け物に捕らわれ、凌辱されてしまうんですね、なのに助けもせず、凌辱されて悶える教師をエロいエロいと見続けて興奮する始末…。

ここまで来ると、ちょっと心が壊れているんじゃないかと疑うレベルですねぇ(汗)

しかし、こんな主人公の部活に参加する面々も中々個性的ですが、中でも主人公が好きで部活に入った来夏、雫はまだしも、単純に部活の内容にビビッと来て入部した萌は、かなりマズイ気がします(汗)

こうして彼女たちも武器(剣や重火器)や魔法を駆使して、戦っていく事になります。
…もうどこから突っ込めばいいのか分かりません(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為があります。
他にも、サブキャラたちの行為もありますが、主人公が相手のは上記ヒロインとなりますね。

行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリ、自慰、足コキなどがあります。
他の要素では、触手、乳首挿入要素などもありますね。

原作版は、ダンジョン探索系のRPGって事で、やはりRPGらしいシチュエーションでの行為が多いのも特徴ですね。
分かりやすい所では、罠の効果でHな展開になったり、敵の状態異常攻撃によってHな展開になったりみたいなものですね。

そのため、行為に至る流れとしては、ダンジョン潜入⇒敵や罠など遭遇⇒結果Hな事に(汗)
実際、大体こんな流れなので、困ってしまいますが(汗)

先に進むために必要な行動が「何故か」Hな行為が必要だったりするってのもお約束ですな。

そのため、危険なダンジョン内なはずなんですが、結構軽いノリで展開されているので、緊張感はありません(汗)
悲壮感もなく、明るく読めるのは良いのか悪いのか?(汗)
キノコエリアみたいな所に入り込んで、主人公がキノコになってしまう超展開もあるだけでなく、またそのキノコ状となった主人公をバイブの様に挿入するヒロインというぶっ飛んだ展開も見所のひとつですね。
学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略

一部ですが、ヒロインたちがモンスターたちとHするって展開もあります。
完全に挿入する展開もありますけども、大半は触手で身体を弄られてしまうとか、逆にこちら側から手コキしてあげるとか、比較的軽い物になっていますので、ご安心を。
まぁ、されてても描写がコミカルなので、そこまで不快感はないかと思いますけどね。
学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略

気になったのは、上記のような展開でのパターンで展開に至る事が多いので、恋人同士でイチャイチャってのとも違う事ですかね。
まぁ、3人中2人は好きでいるのが分かっているだけに、ある意味恋人に近い感もしないではないですが、とても来夏が夢見てた様な甘いシチュエーションではなかったですけどもね(汗)

でも、終盤近くになると、鈍感な主人公もヒロインたちの好意を自覚する事となり、ようやく甘さが出てくる様になります。
それと同時期に、ダンジョン攻略も済んだ事で、より一層ヒロインとのHに集中する事が出来る様になりますね。

終盤では、全員一緒のハーレム展開にもなり、より濃厚な展開を味わえますね♪
でも、散々そんな感じだった様な気がしますので、今更って気もしますけどね(汗)
学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用していますので、違和感なく楽しめると思います。
原画担当は「あきのしん」さんです。

コミカル(ぶっ飛んだ)作風な作品ですけども、キャラデザインはコミカルになりすぎず、丁度いいバランスの絵柄と思いますね。
童顔かなって思いつつも、行為中の上気した感じの表情は艶めかしかったりするので、ギャップって程ではないですが、その差も魅力的ですね。

まぁ、凌辱されているサブキャラとか、ヒロインたちの描写はあまり悲壮感はなかったですけども、作風を考えればあれくらいで丁度いいですね。
あんまりリアルでもねぇ(汗)

個人的には、上記のHシーンの所でもありましたが、主人公がキノコになってしまうシーンが面白かったですね。
ちゃんとキノコに顔があったのも、コミカルで良いですね。
まぁ、そんな主人公をヒロインが自慰の道具に使ってましたけども(汗)

表紙絵に触手があって、心配でしたが、中身ではそこまで率は高くなかったので、一安心(汗)

挿絵数:43枚

総評


全体的には、人を選ぶ作品だったという事でしょうか。
正直、この作品のノリが合わない人には、あまり楽しめないと思います(汗)

私もこういうノリは、ちょっと苦手だったかな(汗)
でも、終盤にボス的な存在も出るんですが、それの扱いの悪さはちょっと面白かったですな。
このノリだからこそ許されている扱いというか…(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【新品】【2500円以上購入で送料無料】【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】学園迷宮エ...

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
学園迷宮エロはぷにんぐ イクぜ!性技のダンジョン攻略

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕! レビュー

ぷちぱら文庫 僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕!


2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公には、ひとつ年上の姉「美里」(みさと)、ひとつ年下の妹の「美羽」(みう)がいます。
いつも仲の良い姉妹なんですが、逆に主人公にベッタリであり、嬉しくも困る状況でもあります。

実際、主人公の理性は度重なる過剰なスキンシップで限界寸前にまで追い込まれています(汗)
しかし、ふたりの行動はエスカレートしていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

甘楽 美里」(かんら みさと)
甘楽 美羽」(かんら みう)がいます。

美里は、主人公の姉であり、生徒会長です。
お淑やかで優しい母性的な性格をしており、弟である主人公の事を溺愛しています。

美羽は、主人公の妹です。
活発な性格の持ち主であり、積極的に主人公にアプローチをかけてきます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が姉と妹から猛アプローチをかけられる事になる流れですね。

今までも、ずっと主人公は姉妹からのアプローチを受け続けてはいたんですね。
一緒に主人公のベッドに潜り込んで寝るとか、身体をわざと押し当てて来たり、股間を触ったりと、もはやアウトなスレスレな行為をしていたのです(汗)

まぁ、そんな行為の数々で、これまで股間は反応を見せても、何とか彼女たちを振り切って耐えてきた主人公でしたが、それもそろそろ限界を迎えてきたのです…。

股間を握られてたりしたら、そりゃ限界が近いのも当然ですね(汗)

そんな中、遂に主人公は姉妹に追い詰められ、手コキで射精してしまう事に。
一度、こうなってしまっては、もはや姉妹の行動を止める事は出来ず、更なる行為へとエスカレートしていく事になる流れですね。

また姉妹一緒になって来るってのが、強力ですねぇ(汗)
それでなくても、主人公は中々強く出れない性格なので、ふたり相手では勝ち目がありません。
なので、常に巻き込まれる形になっていますねぇ…。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、素股、前立腺責め、アナルセックスなどがあります。

個人的には、フェラシーンが印象的でしたねぇ。
ふたり一緒になっての玉舐め+フェラのコンボは、かなり凶悪です。
更に玉舐めどころか、すっぽりと口内に咥えてしまうんですが、2個同時とか…(汗)

こんな事されては、主人公も女の娘の様な声を上げて、大量の精液を口内に注ぎ込んでしまう事になりますが、それを姉妹仲良く口移しで分け合って味わう様は、いやらしい光景ですね♪

勿論、主人公だけではなく、女性陣への愛撫描写やキス描写も中々丁寧に描かれていたのは、好印象ですね。
美里と美羽のふたり分の愛撫描写もしっかりあるのは、良いですねぇ、結構端折り気味な要素でもあるので。
愛する主人公に弄られ、舐めあげられて、歓喜の声をあげる様は見所ですねぇ。
美羽は潮吹きまでありましたし♪


ここまで濃厚な行為はするんですが、本番行為には中盤程度までありません。
まぁ、かなり積極的なアプローチはしていても、姉妹ともそこは真剣な気持ちなのだから、軽々しく行うってものでもないですしね。
主人公の気持ちが固まるのも待ってたって所が正直な所でしょうしね。


この手のヒロインの姉妹は、どちらかがツン的な要素を持ち合わせている事が多いんですが、このふたりは仲良しですね。
まぁ、以前は結構主人公を巡って対立してて、関係は良くなったみたいなんですが、この作中では息の合った行動を見せますね。
確かにフェラなどの際に、美里に対抗心を燃やしてより激しくするなんて、可愛らしいライバル心は垣間見せてましたけどね♪

これくらいの負けん気は、可愛らしいですからねぇ。

意外にアナル要素もありましたね。
美里や美羽だけではなく、そこには主人公も含みますが(汗)
主人公もアナルに指突っ込まれて、前立腺を刺激されて耐えきれずにドバっと精液を放ったり、アナルバイブを突っ込まれたり、双頭バイブを装着した美羽から女の娘の様にバックから挿入されてしまうなど、結構濃いですねぇ。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、「清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教!」などの挿絵も手がけていますね。

主人公も一部では、表情が描かれていますが、思ってよりも可愛らしかったですねぇ。
一人称が「僕」だったり、台詞を見るにかなり大人しくて、可愛らしいのかなとは思ってましたが、結構小柄みたいで童顔さがありましたね。

やはり勝手なイメージですが、アナル挿入されてしまって悶える主人公は、可愛らしくないと、個人的にはきついですしね(汗)
そういう意味では、今作の主人公は合格(?)ですね。

かなり濃厚な描写で、可愛らしいキャラクターなんですが、行為の激しさなどの迫力、エロさはしっかりと描かれているので見応えがありますね。
股間を強調したアングルなどの構図も大胆で、いやらしさがより一層増していますね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、甘くも濃厚な姉妹とのHな生活を堪能できた作品でしたね。
何で主人公に姉妹が好きになったのかは、特に描かれてはいませんけども、過去から好きでいたってのは描かれている分、まだ感情に納得はできるかなとは思いますね。

どうしても行為中心になってしまうので、あまりそれ以外の生活風景などが見えにくいのは、個人的には物足りなさはありますけども、仕方ないかな。
その分H要素が、かなり色濃く描かれているので、その点は大丈夫かと思います。

あとがきにもありましたが、著者さんの「夜空野ねこ」さんのオリジナル作品ですね、今作品。
これまでは、原作版のノベライズ作品ばかりだったので、オリジナルは意外にも初なんですね。
そういった点も見所ですね♪


ちなみに、主人公にはお約束の友人キャラの「辛島くん」というキャラがいるんですが、あるシーンで表記が主人公たちの名字である「甘楽くん」ってなっていましたね(汗)
「甘楽くん」の奇行は今に始まった事じゃないって、主人公が思ってたのが、ちょっと面白かったですね。
…なるほど、自覚あるんですね?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕(イチャラブピロー)!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル レビュー

ぷちぱら文庫 ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームのノベライズ作品です。

主人公が通うセールア学園は、一般常識にとらわれないエリートを集めた学園です。
そんな学園で生徒会長と言う立場にある主人公は、今回生徒会に寄せられた投書をきっかけにして、ある企画を立ち上げる事に。

勿論まともな企画な訳はなく、とんでもない企画だったと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

松永 双葉」(まつなが ふたば)
敷島 涼香」(しきしま すずか)
水沼 珊瑚」(みずぬま さんご)
坂上 睦美」(さかがみ むつみ)
後藤 美也」(ごとう みや)がいます。

双葉は、元生徒会長で、現在は副生徒会長という立場です。
面白い事が何よりも大好きであり、主人公の企画に興味津々。
ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

涼香は、生徒会の会計を担当しています。
暴走しっぱなしの主人公や双葉に対して、意見を言える数少ない常識人でもあります。
ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

珊瑚は、生徒会で書記を担当しています。
物静かで寡黙な性格をしています。
ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

睦美は、主人公の同級生です。
テンションの高い性格と主人公の事が大好きで事あるごとに主人公に抱きついて来たりします。
生徒会には所属していませんが、良く顔を出しています。

美也は、主人公の後輩です。
以前に主人公に助けられた事があり、主人公に好意を抱いています。
ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

ストーリー展開


展開的には、主人公がぶっ飛んだ企画を考える事になる流れですね。

その企画を思いつく前に、あるきっかけがあったんですね。
それは、生徒会に寄せられている投書でした。

色々あった中でも、特に目立った内容は異性関係の悩みだったのです。
良くある男女の一線を越えたいけどもきっかけがないなどの内容なんですね。

まぁ、涼香も言ってますが、そんな事を一々生徒会に言ってどうなるのかって話なんですけどねぇ(汗)

しかし、主人公は大真面目に捉え、一大事だと思う事に…。
そこで彼が考えたのが、学園で祭りを行うというものだったのです。

しかもただの祭りではありません。
その名も「中出しフェスティバル」というぶっ飛んだ内容だったのです(汗)

当然こんな突飛もない発想には、常識人の涼香や珊瑚は呆れ顔などの反応を見せる訳ですが、副生徒会長の双葉は目を輝かせての大絶賛(汗)
似た者同士ですねぇ(汗)

更に謎の人物である理事長も、このアイディアに賛成し、正式な許可をもらい、必要な予算までも用意してもらえる事となり、中出しフェスティバルが開催される事となったのです(汗)

もう何でもアリなんですが、それがこのセールア学園なんですね。
スポーツや勉強の成績なんかよりも、いかにぶっ飛んだ発想を出来るかってのを最も重要視する学園なのです(汗)
だからこそ、こんな発想をした主人公が生徒会長でいられる訳ですね(汗)

逆に凄いって事ですなぁ。
こんな学園ですから、他の一般生徒たちも普通ではありません。
主人公の出した企画案にも、皆ノリノリですからね(汗)

何せ、中出ししたいかい?の問いには男子が盛り上がり、中出しされたいかい?の問いに女子も盛り上がるって、異常すぎる光景ですな(汗)

そんな中出しフェスティバルには、フェスティバルと言うくらいですから、様々な祭りがあるんですね。
勿論、全部Hなお祭り関係であるのは言うまでもありません。

それらを見回る主人公ですが、その都度ヒロインたちとのHな展開になってしまうって流れですね。

ちょっと意外だったのは、割と主人公は真面目?だった事ですかね(汗)
あんな祭りを考えた割には、自身は参加せずに見回るなど、一応生徒会長として運営していくっていう意識を持ってはいるんですね。
まぁ、その見回りの中で結局ヒロインたちとHする訳ですが、一応生徒たちの事を考えてはいるんだなってのは分かりました(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。
他の要素では、電マや潮吹き要素などがありますね。

タイトルにもなっている様に中出しをメインにしていますが、勿論他の行為もありますのでご安心を。

今作は、かなりコミカルでHな作風なので、かなりテンポが良いのが特徴でもあります。
実際、あんな祭りとかやっていてHのための環境が作られている訳ですから、そりゃ話が早いってのも分かりますけどね(汗)

学園で様々な祭りが催される訳ですが、それに合わせた内容の行為が行われるのも特徴ですね。
まんまな潮吹き祭で潮吹き、乳挟祭でパイズリ展開だったりなどがある訳ですね。
なので、大体見回りに行く祭りの名前で展開などが分かりますね(汗)

祭りなので、ヒロインたちだけではなく、周りには他の生徒たち参加者がいますね。
挿絵の画像などでは、ヒロインと主人公の絵しかないので、分かりにくいんですけども、何気に凄い光景でしょうねぇ、周りも同じ事していると考えると(汗)

そんな祭りの中で、ヒロインたちは主人公とHする訳ですが、彼女たちは実は男性経験がないんですね。
それなのに、結構乗り気でHに至るのが何か印象的でしたね。
当然、祭りのためにってだけでさすがにHまでする必要はない訳で、ヒロインたちの主人公への好意があればこそですね♪
なので、義務感みたいのは感じないと思います。

一番本番行為が遅かった涼香がメインっぽいかな?
分かりやすい主人公への反応といい、そんな感じですかね。
行為の数々を、生徒会だからという言い訳をわざわざしての行為だったりが、いかにも素直じゃなくていいですねぇ♪

…って、こんな事書いておいてアレ何ですけども、実際のメインヒロインは彼女じゃなかったですね(汗)

基本的には、どのシチュエーションも馬鹿馬鹿しい内容なので、ノリが緩いHが多いですねぇ。
甘さってのとも少しニュアンスが違うんですが、まったりした感じが合うか合わないかですね(汗)

終盤はてっきり全員交えてのハーレム展開だと思ってたんですが、主人公と恋人関係になったヒロインとの行為になっています。
こんな皆と普通にHできるんだから、絶対皆一緒の展開だと思ってたんですけどねぇ(汗)

恋人関係になっているので、より甘さが出ているかな。
主人公も散々Hな企画出したり、行為もしているのに、恋人とかの話になると結構初心な反応を見せるのは何とも納得が(汗)

ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

挿絵


挿絵は原作版の画像を使っているので、問題なく見れると思います。
原画担当は「あきのしん」さんです。

可愛らしい絵柄のヒロインたちは魅力的ですね。
でも、どこか表情が皆似ている印象がありましたね(汗)
原作では、髪の毛の色などがヒロインによって違うので分かりやすいんですが、ノベルだとモノクロなのでちょっと分かりにくいかもしれませんねぇ。

学園が舞台なので、制服のヒロインとの行為が多いですが、中にはコスプレ衣装での行為もあります。
白黒の牛柄の衣装での行為が印象的でしたねぇ。
意外に牛柄のコスってあまり見ないですし、可愛らしいですね♪

ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

この格好は双葉だけだったのですけども、皆スタイルが良いのだから、全員その格好ってのも見てみたかったかな。

挿絵数:44枚

総評


全体的には、軽いノリというかテイストの作品でしたねぇ。
拍子抜けする程、あっさりとHにまでいくので、サクッとヒロインとのHを楽しみたい人にはいいのではないでしょうか。

この作品のメーカーのSofthouse-sealは、調べてみたら「ぜったい遵守☆子作り許可証ぱらだいす!!」や「ぜったい最胸☆おっぱい戦争!!」のメーカーだったんですね、納得(汗)

かなり突っ込み所満載な展開、設定などは人によって好き嫌いがあると思いますね。
このノリが合わないと難しいかもしれませんね(汗)
逆にこのノリを楽しめる人には、かなり楽しめるかと思います。

個人的には、もう少し最後に恋人になるヒロインとの関係を早くから見たかったですね。
終盤になって、急にヒロインとの関係が動き出したって感じがしましたので、ひとつふたつくらい祭りをその分端折っても良かったんじゃないかなって(汗)

ちなみに、あとがきによるとノベル版では理事長の正体は分からず終いですが、原作版では分かるエンドもあるらしいですね。
あ、ヒロインでは美也だけ個別エンドがないらしいです、…美也涙目過ぎる(汗)


楽天はこちらからどうぞ
ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

DVD-PG


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ようこそ♪セールア学園中出しフェスティバル (ぷちぱら文庫)


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 褐色アナメイト レビュー

褐色アナメイト (ぷちぱら文庫 123)
夜空野ねこ
パラダイム

10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

この世界では、人間以外にも「魔族」、「死神族」といった種族が存在します。
かつては、戦いを繰り広げていた彼らも現在は平和に共存しています。

そんな平和を象徴するのが、彼ら三種族の若者が一様に在籍している学園の存在があります。
人間である主人公は、その学園で有名な問題児です。

彼は、魔族である「リディア」、死神族である「アルカナ」にぞっこんであり、日々彼女たちを追いまわしています。
そんな主人公の行動に怒り心頭な彼女たちは、主人公に呪いをかけようとするのですが、結果的に呪いが彼女たちに!?

更に何故か、その呪いのせいで彼女たちは主人公の命令に絶対服従となってしまう事に(汗)

こうして、偶然にも彼女たちを好き勝手出来るチャンスを手に入れた主人公は、ふたりを自分の思い通りにする事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

リディア
アルカナ」のふたりがいます。

リディアは、由緒正しき魔族の少女です。
学園では、生徒会長をしています。
他の生徒の前では、淑女とした立ち振る舞いをしているのですが、主人公の前では勝ち気な態度を取ってしまいます。
褐色アナメイト

アルカナは、死神族の少女です。
リディアの親友であり、新体操部のエースでもあります。
いつも落ち着いた物腰で、クールな印象がありますが、心の優しい性格をしています。
しかし、怒らせると怖いです。
褐色アナメイト

ストーリー展開


展開的には、主人公がふたりの少女を追い回す中で、呪いをかけられるはずが、逆に彼女たちに呪いがかかってしまい、更にそれが絶対服従の呪いだったと言う流れですね。
…都合いい話だなぁ(汗)

まぁ、それはさておき…。
ともかく、主人公は期せずしてふたりの少女を自由にできるチャンスを得た訳ですねぇ。

しかし、何故こんな事になってしまったのか?
それには、主人公が学園でも有名な問題児な事がありました。

何故主人公が問題児なのかと言うと、別に暴力行為をしているとかの不良ではないんですが、学園の風紀を乱すという意味では不良なんですね。

それは、何と彼が無類の尻好きだったから(汗)
授業中でも自作の尻フェチスクラップブックを愛読していたり、尻コレクションを発表していたりと、ぶっ飛んでいる行動をしている訳ですね。
まぁ、一部の男子からは熱狂的な支持を得てはいるんですけどね(汗)

しかし、男子はまだしも女性からの支持は、皆無に等しいのはお分かりだと思います(汗)

そんな主人公でしたが、彼にはご執心な尻があったのです。
それがリディアとアルカナのふたりのお尻だったんですね。

なので、毎日の様に彼女のお尻を付け回す日々…。
これには、ふたりの美少女もウンザリであり、怒りが溜まるのも無理はないですね(汗)

私は、てっきり盗撮とかでお尻を撮ったりするのかなと思ってたのですが、思った以上に主人公の行動は大胆で直接的でしたね。
普通に彼女たちの前に現れて、手をワキワキさせてにじり寄って来るという、変態そのもの(汗)

毎回の様に彼女たちに魔法などで返り討ちにあって、ボコボコにされるのですが、驚異の再生力で毎回チャレンジしてくる事になります。

しかし、今回はいつもとは違い、彼女たちからいくら魔法を食らっても物ともしなかったのです。
そこでついにアルカナは魔法ではなく、呪力を使う事に。
しかし、結果として呪力は主人公にではなく、リディアとアルカナのふたりにかかってしまう事に…。

それが、主人公の命令に絶対服従という事になった訳ですね。
でも、元々アルカナはそんな呪いを主人公に使ってた訳ではなかったみたいですので、何とも都合の良い結果となってしまいましたね(汗)

これによって主人公は、ふたりに対してお尻を自由にできる様になった訳ですね。

一応、効力には一定期間の制限があるので、無制限って訳ではないのですが、主人公はその限られた期間内で彼女たちを自分のものにしようと奮闘する事になります。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、フェラ、アナルセックス、尻コキなどがあります。
他の要素では、触手、レズ(疑似)などの要素もあります。
褐色アナメイト

意外だったのは、これだけお尻、お尻って言っている主人公だったのに、最初からお尻一辺倒ではなかった事ですね。
序盤は、フェラやパイズリ、本番などとお尻以外の行為でしたしね。

主人公曰く美味しいものは後に取っておくみたいですな(汗)

アナルセックスを経験した後も、アナルセックスだけではなく普通にセックスを行っているので、アナルだけだとなぁ…と敬遠している人にはありがたいのではないでしょうか。
まぁ、アナル専門だと期待してた人には物足りないのかもしれませんが、よほどマニアじゃなければこれでも十分かと(汗)

個人的には、疑似なレズ要素が結構良かったですねぇ。
疑似ってのは、主人公がヒロインの姿にある理由で変身しているんですね。
なので、実際はヒロインと主人公の絡みな訳ですけども、中々どうしてヒロインの姿での行為は中々見応えがありましたね♪

ヒロイン側もまさか主人公とは思わないだけに、戸惑いつつも結果的に行為を受け入れていくのが新鮮でしたね。
やはり相手が主人公ではなく、親友だと思うとあからさまな拒絶の色も出しにくいんでしょうねぇ。

キスシーンとかも、片方が主人公と分かっているのに、いやらしく見えてしまうのが悔しい…(汗)


これで分かる様に、ヒロインたちは主人公に対しては、かなり抵抗してきます。
勿論、絶対服従の呪いがあるので、抵抗にもならない言葉程度の物なんですけども。

そういった彼女たちをアナルセックスや普通の行為での快感でメロメロにしちゃう(堕とす)ってノリですね。
サブタイトルにも、「~堕とせ♪」ってありますので、分かるかと思います。
…そんなノリで堕とされても(汗)

まぁ、割と早い内から快感を覚え出す様になっていくので、そこまで凌辱ものの様な頑なさはないですね。
一応、頭がおかしい?主人公ですが、彼なりのポリシーはあるんですよね、これでも(汗)
行為では、自分だけが挿入して射精するのではなく、相手も絶頂に達しないとダメみたいな考えを持っていたりします。

なので、一応彼なりの誠意というか何かはあるんでしょうが、女性陣にしてみれば勝手に決めるなって話ですな(汗)

終盤では、リディアとアルカナのふたり一緒になっての行為もあります。
W尻コキなんてふたり一緒の行為もあったりで見所のひとつですね♪

この時点では、もうふたりはすっかり主人公に夢中になっているので、自分の方を選んで欲しいとお尻を擦りあげてアピールしてくる姿が可愛らしく、いやらしいですね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しているので、違和感なく楽しめると思います。

しかし、ちょっと難点が…。
ご存知の通り、今作のヒロインであるリディア、アルカナのふたりは、褐色の肌を持っています。
なので、この挿絵のグレーがかった色味では彼女たちの肌がシーンによって、あまりはっきり見えなかったのが勿体ないですね(汗)
どうしても表情も見ずらいし。

明るい場所での行為ならば、表情も分かるんですが、少し暗い場所での行為となるとあまりはっきりとは見えませんねぇ。
まぁ、その分、精液の白さはよく映えますけどね♪

スラッとしたスタイルのいいふたりなので、色気がより感じられますね。
それでも、アルカナのお尻はしっかりとしたサイズで肉付きの良さが魅力であり、対してリディアは小ぶりながらもプリッとした引き締まったお尻が魅力ですね。

褐色アナメイト 褐色アナメイト

挿絵数:34枚

総評


全体的には、アナル一色な作品かと思ってただけに、意外でしたね。
絶対服従なんて言い方するので、凌辱ものな雰囲気もあると思うかもしれませんが、主人公のキャラがコミカルなので、そんな憂鬱さなどとは無縁となっていますので、生々しいものにはなりませんので、ご安心を。

まぁ、主人公のキャラクターは、好みが分かれるかもしれませんが、基本的には良くも悪くも純粋な少年の様な所があるので、憎め、ない…かな?(汗)

気になったのは、終盤で一気にリディア、アルカナらの態度が一変したのは、ちょっと違和感があったかな。
まぁ、この直前にある出来事があったので、それの影響があった訳ですが。

気持ちが固まった彼女たちは、一気に主人公への感情を出してくる事になるので、こっちが戸惑うくらいですね。
もう少し感情の変化を見たかった気もしますけども、結構終盤の事だったので、そんなに余裕がなかったんですかね?(汗)

まぁ、それまでの行為を経ていく中で、確実に主人公への意識は垣間見えているだけに、それまで全く素振りがなかったって訳ではないんですけどね。

ノベル版では、正直褐色という売りの要素を全部堪能できたかというと難しいだけに、そこは惜しい所ではありましたね。
だからって、フルカラーって訳にもいかないだけに、こればかりは仕方ないですね(汗)

まぁ、褐色の肌を堪能したい人は原作版って事ですね。

Amazon版 電子書籍
褐色アナメイト ~桃尻っ娘を堕とせ♪~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
褐色アナメイト 〜桃尻っ娘を堕とせ♪〜

楽天はこちらからどうぞ
褐色アナメイト 桃尻っ娘を堕とせ♪

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
褐色アナメイト

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 処女のシモベくん♪ レビュー


7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、動物の面倒が得意な事以外は、これといって特徴のない少年です。
そんな主人公は何故か、生徒会の夏合宿に誘われる所から物語は始まります。

何故生徒会に関係ない主人公が呼ばれたのかは、この時点では分かりませんが、目が覚めると何と全裸でベッドに仰向けで縛りつけられてしまっている状態という状況に(汗)
困惑する主人公ですが、周りにいる生徒会のメンバーから語られた内容は、主人公の耳を疑うものだったという展開です。


登場するヒロインは、生徒会書記の「伊丹 遥歩」(いたみ あゆむ)、生徒会副会長の「翠川 優那」(みどりかわ ゆうな)、生徒会長の「一条 七々織」(いちじょう ななお)がいます。

遥歩は、生徒会で書記をしています。
主人公とは同級生であり、幼なじみでもあります。
幼い頃は交流がありましたが、現在は疎遠になっています。
周りからは冷静なイメージがあるものの、主人公の前では感情が表に出まくるという一面も。
処女のシモベくん♪

優那は、生徒会で副会長をしています。
先輩で良家のお嬢様という事もあり、おっとりしており、母性的な性格をしています。
しかし、性への興味がかなり強くそっちの知識はかなり豊富という面も。
温室育ちもあってか、貞操観念や羞恥心などが一般のそれとは異なっています。
処女のシモベくん♪

七々織は、生徒会長です。
スポーツ万能であり、抜群の行動力とリーダーシップで生徒会を引っ張っています。
今回の夏合宿を企画した張本人でもあります。
性経験は豊富な様ですが…。
処女のシモベくん♪


展開的には、主人公が生徒会の面々に誘われて夏合宿に参加した所、気づいたら全裸でベッドに固定されていたって流れですね。

…どんな流れだよ(汗)

まぁ、ツッコミはこの位にして、困惑しきりな主人公に告げられた内容に主人公は驚く事になります。
それは、七々織の企画した「この夏ロストバージンしちゃうぞ」計画というストレートな企画でした(汗)

そもそもは、この夏にロストバージンを経験して、大人の階段を登りたいという考えがあったのですが、その相手は行きずりの男が相手では勇気が持てないと…。
そこで扱いやすいであろう、主人公を相手に選び、今回の合宿に誘い出したってのが理由なんですね(汗)

もっとも、企画を立案した七々織の案に、遥歩が相手として推薦したのが主人公という経緯もありますけども、これは遥歩の想いが透けて見えますねぇ♪
彼女的には、この企画を利用して主人公と関係を持ちたかったんでしょうねぇ。

まぁ、そんな思惑がある事など知る由もない主人公はひたすら戸惑う訳ですけども、全裸の状態を写真に撮られてしまい脅迫される事になり、断れなくなります(汗)
更に、主人公は合宿中の共有財産として「シモベくん」と呼ばれる事になってしまいます(汗)

そのまま主人公は、いきなり遥歩と優那と逆に襲われる形でHする事になり、彼女たちの初めての相手になる訳ですね。
ここでは、七々織との行為はないですけども、彼女は経験あるって事で他の2人が優先って形で終わります。
まぁ、大体予想ついていると思いますけども、言い出しっぺの七々織も処女なんですよね(汗)

その後、逃走しようとしたりしますけども、当然捕まり、主人公は毎晩誰かと行為をする事を義務づけられてしまう事になります(汗)
ここら辺は、ゲーム原作って感じがしますねぇ、実際はどうかは分かりませんけども(汗)


Hシーンでは、3人との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラにパイズリなどがあります。

他にも前立腺責めやオナホール責めなど、マニアックな行為もありますね。

物語の設定が設定なだけに、それなりに行為のボリュームは多いと思いますね。
合間に皆で海でビーチバレーしたりとHではない遊んでいるシーンだったりも描写されてたりしたのは意外でしたね。
人によっては、不要かもしれませんけども、こういう普段の日常が描かれていると、ヒロインたちに感情移入しやすくなったりするので、悪くはないと思いますね。

最初は有無も言わさずに、強制的にHに至ってただけに、序盤は受け身がちな所がある主人公ですが、少しづつ経験を積んだ事で徐々に女性陣を相手に優位になる流れもありますね。
なので、ずっと受け身ではないので、メリハリがあると思います。
処女のシモベくん♪

個人的には、ツンデレな遥歩もいいんですけども、七々織の普段のお姉さん(先輩)な立場がちょっとした事でグラっと揺らいでしまう弱さが垣間見えてギャップを感じて良かったですね♪
処女である事を隠してたりや、泳げないとかスポーツできそうな見た目とのギャップが大きかったのがポイントですね。

優那は、比較的ギャップという点ではあまり他のふたりに比べると少な目なのが残念ですかねぇ(汗)
まぁ、ああいうおっとり系なタイプのキャラクターは、あまりブレがないですしね。
でも、優那は実は陥没乳首だったりなどの秘密もあり、それを穿られて弄られて悶える姿は普段の彼女よりも余裕がなくて、ちょっと新鮮でしたけどね♪

コスプレ要素も若干あり、かなり露出の多い水着や学校の制服、遥歩はバニー、優那は体操着、七々織はメイド服という格好がありましたね。

しかし、中盤以降になるとメインヒロイン的扱いが遥歩になっていく事になり、他の2人との行為は描写がなくなっていきます(汗)
なので、実質はハーレムっぽい展開ながら、ノベル版に関しては最終的には遥歩との関係描写がメインとなっていきますね。
この辺りは原作版では、どうなっているのかな?

上記のコスプレもまともに描写があったのは、遥歩のバニーコスチュームでの行為だけでしたねぇ(汗)
個人的には、七々織のメイド服も興味があっただけに、ちょっと残念でした。

他には、主人公が逆に遥歩の水着を着させられてしまうみたいな倒錯した感じのシチュもありましたが、挿絵ではアップで描かれており、あまり水着が見えてなかったので、普通のシーンと変わらない感じでしたが(汗)


挿絵は、原作版の画像を使っていますので、クオリティーは問題ないですね。
原作版の原画は「りゅうき夕海」さんです。
可愛らしい絵柄なんですけども、色気を感じさせる表情が印象的ですね♪

Hシーンでの絵では、結構、精液描写多めな印象でしょうかね?
でも、この手の作品だと、これくらいの精液量は普通ですかね(汗)

所々、ヒロインたちがSDキャラになっているシーンがあるのが印象的でしたね。
基本的にH時ではなく、日常のシーンでの登場になっていますね。
SDキャラたちがコミカルでいい味を出していますねぇ♪
こういうの結構好きなので、良かったですね。

満面の笑顔なはずの優那のドアップは、何故か妙な威圧感を感じるけど(汗)


全体的には、ハーレム感がありつつも、作中は遥歩がメインの作品でしたねぇ。

前半部では遥歩の態度は、ツン的な所がありますけども、彼女だけに話がメインで展開される様になると、少しづつデレてくる様になりますね。
元々そこまでツン度は高くなかったと思うのですけども、やはり素直に感情をある程度出してくる様になるとまた印象は大きく変わりますねぇ。

途中から他のヒロインは、あまり出てこないので、ハーレム的な酒池肉林展開を考えてた人には肩透かしな展開かもしれませんね。
まぁ、よくよく考えれば今回の合宿での目的はロストバージンである訳で、それはちゃんと達成できた訳ですしね、全員。
そういう意味では、それ以上の事は自由っちゃ自由なんですよねぇ。

最初の設定がかなり急展開だっただけに、どうなるのかと思いましたけども、最終的には意外に純愛?でまとまっていましたねぇ。
メインヒロインが、遥歩だけなのは好みが分かれそうですけども、他のヒロインが気になる人は原作版って事ですかね(汗)

Amazon版 電子書籍
処女のシモベくん♪ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
処女のシモベくん♪

楽天はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 059処女のシモベくん♪/夜空野ねこ/Lilith

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
処女のシモベくん♪

ちなみに、続編?のシリーズの「水着のシモベくん♪」もあるみたいですね(汗)
そのうち、これもぷちぱら文庫で出そうな気がする…。

原画が別の人なせいか、だいぶ雰囲気違うなぁ。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! レビュー

ぷちぱら文庫 ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! (ぷちぱら文庫 56)
夜空野ねこ
パラダイム
売り上げランキング: 4391

5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

目覚めた主人公がいた場所は、自室ではなく、何故か学校の教室。
そして、教室にいたのは主人公だけではなく、何人もの顔見知りの女の子も。

その後、困惑する主人公たちの前に現れた存在である「美村 菫」(みむら すみれ)から語られた内容は、主人公たちの理解を超えたものでした。
…「今日から1週間、全員で犯し合いをしてもらう」と(汗)
こうして、主人公は女性たちを相手に犯し合いをする「セックス・ロワイヤル」に否応なしに参加する羽目になると言う展開です。


登場するヒロインは…
主人公の妹である「相原 愛莉」(あいはら あいり)
学園一の美少女と称される「此花 沙織」(このはら さおり)
沙織の家に仕える「如月 舞」(きさらぎ まい)
主人公のクラスメートの「鳴海 蛍」(なるみ ほたる)
ドイツ人のハーフの「桃園シャルロッテ」(ももぞの)
上級生の「獅童 涼香」(しどう すずか)
同じく上級生の「氷室 梗子」(ひむろ きょうこ)
セックス・ロワイヤル担当教官の「美村 菫」の8人がいます(汗)

愛莉は、主人公の妹です。
ですが、父親違いの妹という複雑な生い立ちがあります(汗)
そのため主人公とは名字が違っています。
主人公一家の変態の血を引いている事もあり、妄想癖があります(汗)
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

沙織は、主人公の学園で一番の美少女と称されています。
近年急成長した財閥の令嬢であり、正真正銘のお嬢様でもあります。
優しく愛らしい性格もあり、主人公の憧れの存在です。
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

舞は、沙織の家に仕え、沙織を姫と慕っています。
実は忍びの末裔であり、沙織に近づく相手には苦無などで威嚇してきます(汗)
当然、主人公には敵意を持っています。
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

蛍は、主人公のクラスメートです。
オタクであり、いつも薄い本を読んでいます(汗)
普段から何を考えているのか表情からは分かりません。
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

シャルロッテは、ドイツ人のハーフの少女です。
発明好きであり、色々な発明品を作り出しています。
気が強い高飛車な面があります。
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

涼香は、上級生である3年生です。
主人公に一目惚れをしており、以来主人公に猛アタックを仕掛けてくる肉食系女子でもあります。
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

梗子は、涼香同様に上級生です。
風紀委員でもあり、剣術道場の娘でもあります。
生真面目な性格で友人の涼香の暴走を抑える数少ない常識人です。
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

菫は、セックス・ロワイヤルの担当教官です。
主人公たちに今回の経緯などを説明する役回りの存在であります。
黙っていれば大人の女性ですが、すぐミスをしたり動揺したりと弱気な面が目立つ残念な女性でもあります(汗)
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!


展開的には、主人公を含む女生徒たちは本人の意思とは無関係に集まられてセックス・ロワイヤルに参加する事になってしまう流れです。

そもそもこのセックス・ロワイヤル(以下SR)とは何かという所があるとは思いますが、そこにはある法律が関係しています。
その法律とは、「SR法」と呼ばれるもの。

近年の女性は強くなる一方で、反対に男性は弱くなってしまったという現状があるんですね。
そんな男性は、現実の女性の厳しさに逃避する形で二次元の方面へと傾倒していく状況に国が出した考えは、真の漢を教育するというものでした。
それがSR法(セックス・ロワイヤル法)と呼ばれるものです(汗)

それに選ばれたのが主人公たちであり、SR法に則ったルールの中で犯し合いをしなければならないという事なんですね。
勿論、法律ですのでそれを拒否する事は許されず、男女共に重い罰を受ける事になります。

こんな無茶苦茶なSR法に戸惑う主人公たちでしたが、SR法の中の記述に目が留まる事に…。
それは第六条にある「優勝者には褒美が与えられる」というもの。
褒美は男性と女性で異なり、男性の場合は一生涯の生活の保障、女性の場合は女性が望む願いを叶えるというものです。

これに食い付いた一部の女性陣(汗)
彼女たちに触発された訳ではないですが、それぞれ全員はSRに参加するのを承諾する事になり、戦いならぬ犯し合いが行われる訳ですね(汗)

ルールは色々ありますが、ひとつは主人公は他の女性陣たちとは敵対する組み分けとなります。
そして、勝負はお約束でHな行為での戦いとなる訳ですね。

そしてSRが開始されて、いきなり事態は動く事に。
担当である菫がドジをして、主人公に覆い被さって来たのですが、ここで主人公に異変が…。
今までこのSRには、拒否反応を示してた主人公でしたが、菫に密着した事で興奮し、性格が一変し、彼女とHする事に(汗)

どうもこの主人公は、変態の血と称するものがあるんですね。
これは、主人公の両親の変態的性癖と関係がある様で、それが発動するとスイッチが入っちゃうみたいなんですね(汗)
実際、主人公はどこでもお構いなしでエロい事をする両親を軽蔑しているんですけどね。

まぁ、父親違いの妹である愛莉もその犠牲者のひとりなんですよねぇ。
両親の変態寝取られプレイの産物で出来た子という、知ったらグレそうな生い立ちがあります(汗)
主人公はそんな忌み嫌っている変態の血を持っており、興奮した際に発動するという訳です。

…突っ込み所満載な設定ですが、これによって主人公は女性陣との行為に行為中は罪悪感を感じる事なく没頭できる様になる訳ですな。
まぁ、事が終われば罪悪感倍増ですが(汗)

今作では、メインヒロインがいます。
私はてっきりメインの区別なく、全ヒロインが同列なタイプかなと思いましたが、違いましたね。
なので、全ヒロインと関係を持った後からは、そのメインヒロインに絞ったストーリー展開になっていきます。
そうなると、もう他のヒロインはほぼ出てきません(汗)


Hシーンは、全ヒロインたちとの行為があるので、かなりの量になります。

行為的には、基本は本番行為のみですが、他には足コキやフェラ、パイズリなどがあります。

どうしても、これだけの人数なので行為が1回だけとしても、8回もあるだけにどうしても全員をフォローすると個々の描写が薄くなるのは致し方ないですね(汗)
…文庫で8人も登場させるってのはかなり無茶ですよねぇ。
パラダイムノベルスなら2冊構成ですな、きっと(汗)

そのせいで、全ヒロインと行為をする事にはなるんですが、残念ながら本番行為がないヒロインも数人います(汗)
具体的には、舞、梗子の2人に本番行為が用意されていません。
これは勝負の際の内容が、本番行為ではなく、他のパイズリだったりなどの行為を指定されているからなんですね。
なので、それらの行為だけとなります。

主人公はH時は、変態の血によって性格が一変するので、普段よりも攻撃的な顔を覗かせる様になります。
なので、S寄りな性格になるので、言葉も男っぽくなっていますね。

個人的には、主人公にぞっこんの涼香が結構可愛く見えて気に入りましたね。
肉食系な彼女ですが、いざ初めての行為に及ぶといつもの騒がしさは鳴りを潜めているのがまたギャップがあって良かったです。
年上なんですが、結構行為中は幼い話し方になったりして、妙な気分になってしまいますね(汗)

基本、ヒロインは初回の行為だけとなり、メインヒロインだけが複数回の行為が用意されています。
そこからは、ラブラブな要素の含んだ展開があるって事ですね。
まぁ、SR中での行為は、ラブラブとはまた違った雰囲気の中での行為でしたからねぇ(汗)


挿絵は原作版の画像を使っていますので、クオリティーは問題ないと思います。
全員、可愛らしさが強く出ている絵柄なので、作品の設定がアレなのですがいい具合にまったりとした雰囲気を作り出していますね。

どのヒロインも可愛いので、もう少し大人っぽいヒロインも欲しかったかなとは思いますが贅沢かな(汗)
…一応SR担当の菫は、大人のお姉さんキャラなんですけども、普段が弱々しくて今ひとつ頼りになりませんな(汗)
でも、彼女も垣間見せる顔は、導く大人の顔をしている事もあるんですけどね、…たまにだけど。

あるヒロインとのHシーンで、ヒロインがフェンスにしがみ付く形で背後から主人公が責めたてるシーンがあるんですが、そこでヒロインの豊かな胸がフェンスに押し当てられておっぱいの肉がフェンスの形に合わせてむにっ、とせり出ちゃっているのが印象的でした♪
…文だとうまく説明できないので、買って見てください(汗)

ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

全体的には、最初のSR法の設定などでちょっとおバカでコミカルなノリな作品かなと思ってましたが、終盤近くなってメインヒロインの話になると、若干それが変化してきますね。
主人公の例の変態の血に葛藤し、苦しむ姿などが描かれていますが…、ここら辺の主人公の振る舞いは評価が分かれそうですね。
自棄になって、ヒロインを無理やり抱いたりするのは、話としてはいいですが、Hシーンとなるとあまり興奮できないシチュエーションですしね(汗)
そういうやさぐれた時間はそんなにないので、我慢は出来ると思いますけどね。

まぁ、やはり文庫で8人のヒロインをこなすのは中々厳しいとしか言えないですな。
各ヒロインがいいキャラなだけに深く描き切れてなくて勿体ないなと感じる所がありましたね。
そんな事書いて、私原作やっていないので深くも何も言える立場ではないんですけども(汗)

他のヒロインが気になったら原作版を! って事ですな(汗)


楽天はこちらからどうぞ
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! ぷちぱら文庫 / 夜空野ねこ 【文庫】

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! ~無人島犯し合いバトル~

DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!~無人島犯し合いバトル~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 発情し~ずん レビュー

発情し~ずん (ぷちぱら文庫 33)
夜空野ねこ
パラダイム
売り上げランキング: 46844

11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
「アトリエかぐや」のPCゲームが原作のノベライズ作品です。

物語は主人公のクラスに転校生がやってきたのがそもそもの始まりです。
ドイツからやって来たという美少女の留学生「ユリーシャ・高津・ウォルフガング」(以下ユリィ)は、美貌と優しい性格で転校初日から学園全体の人気者になります。
運の良い事に主人公の隣の席になる事になった彼女と次第に親しくなっていく事になります。
そんな関係を続けていた最中に主人公は、ある夜の帰り道でユリィを目撃する事に。
しかし、何かが違って見えたユリィは何故か頭に獣の耳やしっぽがついており…、普段とは違う積極性で彼女に股間を弄られ、Hをしてしまう事になってしまいます。

その後、主人公が聞かされた話は彼女が人狼族であり、彼女の初めてを奪った主人公は「つがい」として添い遂げなければならない状況になってしまうという展開です。

登場するヒロインは、ユリィの他に彼女のメイドである「クーリウス・メルダイン」(以下クー)のふたりがいます。

ユリィは、主人公のクラスにやってきた転校生です。
美人で穏やかな性格であっという間に人気者になっています。
正体は人狼族の少女です。
発情し~ずん

クーは、ユリィのメイドです。
いつも彼女のサポートを献身的にしている有能なメイドです。
しかし、主人公に対してはかなりの毒舌を浴びせてきます。


展開的には、主人公はユリィの人狼状態(耳やしっぽ)を目撃してしまいます。
更に彼女の状態はどこかいつもとは違うんですね。
それは人狼族に起こる発情期の特徴なんですね(汗)
そんな状態の彼女と出会った事で、主人公は彼女に強引に迫られてしまい、結果Hまでしてしまう事になる訳です。

しかし問題は、彼女が初めてであった事。
この場合、初めての相手と結婚「つがい」にならないといけない掟があるんですね。
なので、主人公はあっという間に彼女との結婚を決めざるを得ないはめに…(汗)
まだ好意を持ってる相手だから、まだしも変な相手とだったらしゃれになりませんねぇ(汗)

主人公は彼女と一緒になる事を決意する事になりますが、気がかりなのは彼女がまだ発情期にある事。
それは場所を選ばず、発情するだけに授業中にでも発情したら、えらい事になりますからね(汗)

主人公はそんな発情する彼女を気にしながらの付き合いを行う事になる訳です。
と言っても、別に誰かにバレる様な展開もないので、特別スリリングな展開になるって事ではないですけどね。
どちらかと言えば、学園内や本来Hする様な場でない場所での行為のきっかけ作りとしての要素なのかなと考えるのは邪推ですかね(汗)

Hシーンは、序盤からユリィの発情Hのために色々用意されていますので、かなりボリューム感がありますね。
普段は穏やかなユリィが発情期では、かなり積極的で口調が変化しているのが印象的でした。
でも、口調は暴走していた初回時のみで、その後はまだ意識をしっかりさせているために普段の口調の彼女になっているので、これはこれでレアでしたねぇ。

将来の約束をしているだけあって、最初から最後までラブラブなH三昧となっています。
穏やかでHというユリィのキャラクターはかなり破壊力がありますねぇ。
ユリィは、主人公の妻として少しでも気持ち良くしてあげたいと思うので、クーから情報を得てそれを実践してみたりと向上心を見せてくる献身ぶりも愛らしいですね♪
行為も数多く、見た目の可愛さに比べると結構H度の高い行為があるのも嬉しい点ですね。

クーから教わった知識を使った玉揉み+フェラやパイズリ、足コキ、コスプレH、アナルセックスなどがあります。
個人的にマニアックだったのは、ニーソと太ももの間に肉棒を突っ込む行為ですね。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、ニーソをまくってそこに突っ込んでいる訳ですね(汗)
発情し~ずん

基本的には、中出しでのフィニッシュが多めですが、またに足コキなどでは全身にまで届く程の大量の精液をまき散らす事になります。
主人公の精液を身体、顔中に浴びかけられて、嬉しそうに微笑むユリィの表情がとても可愛らしかったですね♪
発情し~ずん

そして、実はクーともHシーンが用意されています。
個人的には、彼女のキャラクターは結構嫌いではなかっただけに嬉しかったです♪
まぁ、終盤での行為だけになるんですが、いつも主人公に毒づいていた彼女とは思えない態度には中々興奮するものがありましたね。
人によっては、毒づいたままのが良かったのかな?(汗)
一気に従順な態度になるので、ギャップが凄いですな(汗)

クーとは二人っきりでの行為になるので、ユリィとの一緒のプレイというのはないので、ハーレムプレイを期待してた人は残念かもしれませんね。
意外に珍しいですよね、そういう展開って。
初回のHシーンでは、ふたりっきりで後は一緒にって展開だったらなお良かったかな?

挿絵は原作版の画像を使っています。
可愛らしいユリィのHシーンが多いのですが、そういうのにありがちなH度の物足りなさはさほど感じないと思います。
挿絵数自体は3枚程度と少ないクーのHシーンもまた見所ですね♪

ぷちぱら文庫は挿絵画像が多めなのが、嬉しい点ですよねぇ。
表情だけ違う差分のもありますが、そんなに露骨では無いと思うので、気にならないと思います。

全体的には、それ程起伏がある話ではないので、ゆったりとした雰囲気が味わえますね。
甘くいちゃいちゃラブラブしっぱなしの話が楽しめるので、そういう作風が好みな人には楽しめるのではないでしょうか。

Amazon版 電子書籍
発情し~ずん (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
発情し〜ずん

原作PC版
発情しーずん
発情しーずん
posted with amazlet at 11.12.02
アトリエかぐや (2011-09-30)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
発情しーずん

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 ふぇら・ふぇちっ! レビュー

ぷちぱら文庫 ふぇら・ふぇちっ!

ふぇら・ふぇちっ! (ぷちぱら文庫 24)
夜空野ねこ
パラダイム
売り上げランキング: 5456

8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公には、クラスメートで幼なじみの「涼原 桃華」(すずはら ももか)という存在がいます。
ドジなところがあり、要領が悪かったりとダメさが目立つ彼女を主人公はいつも世話を焼き、妹の様な関係が続いています。
そして、この日も彼女は夏休みの宿題を溜め込んでおり、主人公に泣き付いてきます(汗)
とりあえず協力をする主人公ですが、何となくその場の勢いで宿題を終わらせると引き換えに3つのお願いを桃華に聞いてもらう事になります。
全く何をお願いするか、考えてなかった主人公ですが冗談でデートをお願いすると桃華は承諾してくれ、最終的に主人公がお願いしたのはフェラをしてもらう事だったという展開です(汗)

登場するヒロインは、桃華のみです。

桃華は主人公の幼なじみです。
性格はおっとりおとなしくドジな面もあります。
小柄な体型ながら、胸が大きいというアンバランスな魅力も。
同い年ながら、主人公がいつも彼女のフォローに回るので、兄と妹的な構図関係になっている節も。
保護欲をかき立てられるキャラクターです。
ふぇら・ふぇちっ!


展開的には、主人公は彼女の手伝いの見返りに3つの願いを聞いてもらう事になります。
主人公は何となく口にしたデートのお願いを桃華がOKした事で一気に意識し、ドキドキに。
デート中の観覧車内で、2つ目のキスのお願いも承諾され、一気にふたりの関係が進行します。
しかし、何を舞い上がったのか主人公の次なる言葉はフェラを要求するというとんでもない要求をしてしまう事に(汗)
キスした直後の甘い雰囲気の中で何を言い出すんでしょうねぇ、この主人公は(汗)

これで幼なじみから恋人に昇格かと思われた矢先に変態要求で絶縁かと思いきや…、何と桃華はOKするという結果に…。
ですが、ここではその機会はお預けとなります。
その後は、彼女にフェラ特訓と称した特訓をするセクハラパートになります(汗)

とは言え、すぐ具体的な行為などは行なわれません。
彼女は性格が大人しいこともあってか、いきなりそんな行為を行なえる余裕がないんですね。
それでなくても、主人公はかなり思考が暴走してぶっ飛んでますし(汗)
ちょっと焦らされますが、ある意味リアルな反応と言うか、すぐ行為にいかなかったのは個人的には悪くない流れだったと思います。
こういう戸惑いがあるのは、当然でしょうしね、何せ観覧車内でもある訳だし(汗)

そういった先走る自分の行動を反省し、彼女の身を案じる主人公ですが、ムラムラしているの事実であり…。
間接的に桃華を教育していく事になります。
どういう事かと言うと、キャンディを舌先だけで舐めさせてみたりなどフェラの訓練というか、フェラに対して苦手意識を無くすための下地を作ろうとするんですね(汗)
しかし、こういうあからさまな行為すらも特に気づかずに言われるがままな彼女は主人公ならずとも将来騙されそうで心配です(汗)

そして、ついに主人公は彼女に念願のフェラをしてもらう事になります。
たどたどしいながらも、一生懸命に行為を頑張る桃華の健気さに心打たれますねぇ。
でも、やり方の説明でキャンディを舐めた時の様にとか言ったら、あれはそのためだったのかとバレるんじゃないかな?(汗)
しかし、何でか分かりませんがフェラをする場所は決まって観覧車内なんですよね、序盤は(汗)
乗り物の時間制限もあるし、どちらかの家の部屋でゆっくりすればいいじゃないかと思ってしまうんですがね…。

勿論、その後は観覧車内だけに留まらず、学校内の教室などで行なう事になるのでご安心を。
ふぇら・ふぇちっ!

Hシーンは、タイトル通りにフェラがメインになっています。
一応、フェラ以外にも軽く手コキやパイズリなどもありますが、数は少なめです。
本番もありますが、こちらも最低限な印象ですね。
まぁ、タイトルでフェラ重視なのは分かると思いますので、それ程気にはならないのではないかな。
どう考えてもフェラ好きの人が読むだろうし(汗)
ふぇら・ふぇちっ!

また彼女は主人公のすすめでメイド喫茶でのアルバイトもしており、メイド服でのHシーンが見れるのも嬉しいですね♪
メイド服だと思考がメイド寄りになるのか、言葉使いもちょっとそれらしく変化していてまた新鮮さがありますね。
ふぇら・ふぇちっ!
この状態でのフェラなども感じが違って魅力的ですね。

最初は戸惑い、たどたどしかった桃華の様子がドンドン回を増す事にうまく淫らになっていくのが良かったですね。
序盤と終盤の彼女では、かなり積極的になっていますので別人の様です(汗)
すっかりHに対して、積極的になった彼女に主人公もタジタジですな。

挿絵は原作の画像を使っています。
ちなみに原画は「にの子」さんが手がけているみたいですね。
この人は、二次元ドリーム文庫やあとみっく文庫などの挿絵も手がけています。
可愛らしい絵柄で幼さを感じさせる表情の中に、年相応な色気を感じさせるキャラクターが魅力的ですね。

1枚の画像から、それの表情のアップの画像を使っていたりする事もあるために、若干アップは絵が粗い印象がありますが、それ程気にはならないでしょう。
むしろ、アップの多用で挿絵数を埋めた感があるのが残念かな。
まぁ、元々同人作品なのでそれ程CG数も多くはないのでしょうから、苦肉の策なのでしょうけど(汗)

ですが、メイド服の彼女の姿も魅力的ですし、終盤ではまさかの裸エプロン姿まであるのも好きな人には嬉しい要素ですね♪
可愛らしい妹の様な桃華の表情がこれらのコスチュームとも相性ピッタリです。


序盤は主人公の暴走にはちょっとイラっとさせられた感はありましたが、終盤につれて落ち着いていき、逆に桃華が暴走し出す様になった気も(汗)
基本的な流れが、フェラの特訓⇒観覧車⇒フェラの特訓~…の流れなので、ちょっと展開が繰り返しになって感がありますね。
原作がそういう流れであれば、どうしてもノベル版もそうなるのは仕方ない所でしょうけどねぇ(汗)

キャラクターの魅力が全てな作品だと思うだけに、桃華を気に入るかが鍵でしょうか。
最初は、自分からは中々行動を起こせない彼女が徐々にHになっていく様が描かれているのは見所ですね。


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ふぇら・ふぇちっ!

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
【割引】ふぇら・ふぇちっ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 紅蓮の守護天使ファルナ レビュー

紅蓮の守護天使ファルナ (ぷちぱら文庫 18)
夜空野ねこ
パラダイム
売り上げランキング: 4304

5月発売のぷちぱら文庫です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公兼ヒロインの「穂村 唯」(ほむら ゆい)は、ごく普通の学生としての姿だけでなく、実は人々を妖魔から守る存在「守護天使ファルナ」に変身し、日夜戦っています。
その紅蓮の炎の力は、凄まじくファルナはまさに妖魔に敵なしという強さです。
しかし、その妖魔の中でも上級な存在である「アシモフ」は、彼女を目の敵にしています。
その執念でついにアシモフはファルナの力の源である紅蓮の炎の力を無効化する方法を発見した事で、状況は一変。
自慢の力を発揮できなくなった唯ことファルナは、アシモフらのいい様にされてしまう…という展開です。

登場するヒロインは、唯ことファルナのみです。

唯は、明るく元気な学生です。
背はあまり高くないものの、大きめな胸などで男子の関心を知らず知らずに集めています。
妖魔が現れたら、守護天使ファルナとして妖魔と戦う使命を持っています。
紅蓮の守護天使ファルナ -淫獣の刻印-

展開的には、唯ことファルナがアシモフに陵辱される流れですね。

今までは連戦連勝で無敵状態だったファルナですが、その力を無効にし、快楽へと変換させてしまうアイテムを創り出す事に成功したアシモフによって、ファルナは快楽責めに合う事になります。
なので、序盤がファルナのピークでした(汗)
その後は、ひたすら毎回アシモフ率いる触手たちに好き勝手されてしまいます。

…また触手とは(汗)
まぁ、それが分かったので間に「監獄戦艦」を挟んだんですけどね(汗)
幸いな事に、この作品の触手はただの触手なので良かったです。

正直この作品、盛り上がりにかけるところがありましたね。
何故かと言うと、ファルナ側が全く勝てないんですね(汗)
全勝から全敗になってしまい、毎回負けてしまってHな事されるというパターンなんですね。
これが続きすぎて、ちょっと単調でしたねぇ。

しかも、アシモフの責めてくる頻度が高すぎですね。
その日の内に数回責めてくるとか、勝てるようになったからって、調子乗りすぎでしょう(汗)
現れる時の二人のやりとりも毎回似ており、ちょっとマンネリで飽きちゃいますねぇ…。
もう少し別な展開もあれば、良かったんですけどね。

Hシーンに関しては、陵辱と言うとちょっとオーバーな印象かな?
妖魔の行為にしては比較的ソフトな感じですね。
それもあって、触手でもそれほど嫌悪感は感じにくかったですね。

基本的に触手に弄られてしまって絶頂してしまう展開が多いです。
序盤では、アシモフによって口の感度が飛躍的に高まってしまい、口に突っ込まれている触手を咥えている事に快感を覚え、つい舐めしゃぶり、放たれた精液を口内に流し込まれたり、顔にぶっかけられてしまう事になります。
アシモフによって、ファルナは常に快感を覚える状態に毎回なってしまうので、ドンドン行為を行なっていくたびに彼女の正義感などの意思が削られていく事になります。
いや本当、よく頑張っていると思います。
これだけの回数を重ねてそんな目にあっているのだから、相当意思が固いですね(汗)
とは言え、徐々に彼女の意思も緩んでいく事になっていきますが…。

最初から負け続けて陵辱されているファルナですが、挿入はしばらくの間ありません。
それまではフェラや乳首責め、クリ責め、アナルセックス、パイズリなどが行なわれます。
相手も基本触手がメインですが、アシモフが次第に直接ファルナに行為を働くようになります。
終盤では、彼女が守ろうとしている一般人たちに欲情した性をぶちまけられる事にも。
紅蓮の守護天使ファルナ -淫獣の刻印-

展開の間には、ぷちぱら文庫の定番?の原作のバッドエンドを夢や幻覚として追体験させる流れもあります。
これによって、別の起き得る結果も描けるのはいいアイディアですよねぇ。
今作ではこの様な流れが数回挿入されています。
その中では、妖魔の卵を孕まされる展開やクリトリスが肥大化して肉棒としてしまう、ふたなり展開などあります。
…意外にこっちの展開も見てみたかったのは私だけでしょうか?(汗)
紅蓮の守護天使ファルナ -淫獣の刻印-

一部ですが、メイド服に身を纏った状態でのコスプレHもあります。
まぁ、良く考えればファルナの格好自体がコスプレとも言えなくもないか(汗)

挿絵は、原作版の画像を使用してますので問題ないクオリティでしょう。
ぷちぱら文庫は、挿絵が多いのがやはりいいですね♪
唯の可愛らしさはかなり好みでした♪
笑顔がいいねぇ…。
紅蓮の守護天使ファルナ -淫獣の刻印-

全体的にはかなりライトな作風だったかなと思います。
そこまで過激な印象ではないので、読みやすいかなと思います。

まぁ、しっかりやる事やっているんですが、敵であるアシモフが暴力で支配するタイプではなくて、悪企みタイプのキャラなのもあってか、それほどエグい陵辱などが行なわれなかったのかなとは思いましたね。

言葉責めとか、羞恥心に訴えかけてくるタイプですね。
後は、展開がワンパターンでなければ結構面白かったんじゃないかなと思うだけに、ちょっと勿体無い作品というのが正直な感想ですね。

Amazon版 電子書籍
紅蓮の守護天使ファルナ~淫獣の刻印~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
紅蓮の守護天使ファルナ 〜淫獣の刻印〜

DMM 原作PC版ダウンロード
紅蓮の守護天使ファルナ-淫獣の刻印-

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 あいすのっ! レビュー

ぷちぱら文庫 あいすのっ!

あいすのっ! (ぷちぱら文庫 6)
夜空野ねこ
パラダイム
売り上げランキング: 11242

「平手は急にはとまれないっ!」バシーン!と頬を叩かれつつ、雪の公園で出会った、いきなりテンションMAXの美女・沙姫。昔の責任を取れと嫁宣言したばかりか、強引に智一との新婚同居生活を始めてしまった…。「トモに目を見て名前を呼ばれると、我慢できなくなっちゃうのよ!」寝室に現れた沙姫に流され、初めてを奪ってしまった智一に愛の日々が─。

1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。
PCゲーム(同人)が原作のノベライズ作品です。

主人公は冬の公園で謎の女性に出会う事に。
その女性は主人公の事を知っている様で彼女が「沙姫」(さき)と名乗るも主人公には心当たりがなく、何故かいきなり平手打ちされるはめに(汗)
その後、責任を取れだの言い、主人公の家に転がり込んでくる事になり、賑やかな同居生活が始まってしまうという展開です。

かなりいきなりな展開ですね(汗)

登場するヒロインは沙姫のみです。

沙姫は、いきなり出会った途端に主人公の嫁宣言をしてきたキャラクターです。
性格はかなりテンションが高く、喜怒哀楽がはっきりしており、下ネタも結構言って来ます(汗)
頭は…、ちょっと残念です(汗)
あいすのっ!

沙姫のキャラクターはかなりいいですね。
主人公との会話のやり取りは小気味良くて結構面白かったです。

例、主人公「そんないきなりHとか…、軽い女だと思われたくないだろ?」
  沙姫「はぁ!?デブだって言いたい訳!」
この返しは個人的に予想外でした(汗)

展開的にはそんな彼女と主人公は何だかんだで一緒に暮らしだして恋人らしくになっていく流れですね。
正直、最初は何でこんなに急展開で、一緒に住みだすんだろうと困惑気味だったのですが、読み進めていくとなるほど納得できました。
てっきり同人作品だから強引な展開なのかなと思ってたんですが、意味はありましたね。
まぁ、沙姫側は納得の行動なんですが、それでも主人公側は…って感じでしたが、よく考えればそれでも残っていたものがあったからこそ受け入れたのかなと思えましたね。
何ともかなり不明瞭な書き方ですが、まぁ察して下さい(汗)
ラブラブでいちゃいちゃ加減がいい感じですね♪

Hシーンはかなり豊富でボリューム感がありました。
沙姫は、序盤から積極的に主人公にアプローチをかけてくるので早い段階からHシーンがあります。
まぁ、これには色々と事情があるゆえなんですが、その分濃厚なHシーンが繰り返しあるのはいいですね♪
内容は、フェラやパイズリもありますが、基本的には中出しHがメインです。
他には「ふぇらちおごっこ」なる遊びを考案し、遊ぶんですが、ただのフェラでした(汗)
あいすのっ!
しかし、口内に射精されたのを精飲して、楽しかったって感想は新鮮(汗)
お風呂場や神社の境内でもHしちゃったりと場所を選びません。

挿絵は、原作版の画像を使っているのでクオリティは問題なしです。
むっちりとした肉感的な沙姫の身体つきは興奮しますね。
意外に巨乳なのも高ポイントです♪

作風は表紙絵のイメージからは違った印象でしたね。
もっと賑やかなものと思ってたけど、最終的にはしっとりした内容でした。
後で、原作PC版の紹介で切ない物語みたいな事が記述されていたので、それで納得できましたが(汗)

気になったのは、やはりストーリー展開でしょうか。
強引というよりも、説明足らずな印象でしたね、特に主人公に関しては。
具体的な描写がもう少しあっても良かったかなと思いました。
あえて、こういう感じなのかもしれませんが、ちょっと急展開で「あれ? 読み飛ばした?」とページを読み返す事になりました(汗)

ちなみに、本編以外に原作版のシナリオを手がけた「天姫あめ」さんの描き下ろしアフターストーリーも収録されています。
こちらは本編のアフターなので、数年後の話となっています。
正直、このアフターストーリーがないとすっきりしなかっただろうと思うので、あって良かったですね(汗)
ちなみに、挿絵は「refeia」さんのイラストとなっています。

ぷちぱら文庫らしい、アフターストーリーやページ数が少ない中、詰め込んだHシーンなど見所が多い作品でした。

楽天はこちらからどうぞ
あいすのっ!

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
あいすのっ!
現在割引きキャンペーンで10%OFF中です♪
2011年3月31日朝10時まで!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます