Paradigm novels Silvern 銀の月、迷いの森

シルヴァーン (パラダイムノベルス 160)
布施 はるか
パラダイム
売り上げランキング: 1262410


PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、華奢な体格や声変わりも大してなかった事で男性っぽさが薄く、中性っぽさがあります。
そんな彼は、大学を卒業後に聖イズールト女子神官学校から採用される事になります。
事務職ながら、名高い学校からの採用に息巻く主人公ですが、理事長の「マリアンヌ」との会話は何か噛み合わない所が…。
何と、主人公は向こうの手違いにより、間違えて採用されてしまったという展開です。

登場するヒロインは、理事長のマリアンヌを始め…
学校の寮生である「アヤソフィア」、「ノアン」、「ウイニィフレッド」、「ローズマリー」に精霊である「シルヴァ」がいます。

マリアンヌは、学校の理事長であり、司祭でもあります。
立場の割に主人公と大差ない年齢という若さでもあります。
おっとりした天然な所があります。

アヤソフィア(以下アヤ)は、寮生のひとりであり、主人公の幼なじみです。
しかし、彼女から一方的に絶縁されて以来の再会であり、余所余所しい態度を見せます。
温厚で面倒見のいい性格で他の寮生からは慕われています。

ノアンも、寮生のひとりです。
神官学校では珍しいエルフ族の魔術師の少女です。
主人公以外の寮生にも、口数は少なくクールな受け答えをしています。

ウイニィフレッド(以下ウイニィ)も寮生のひとりです。
幼さの残るあどけない少女であり、元気で素直な性格をしています。
寮生の中では、主人公に当初から好意的な態度を見せています。

ローズマリー(以下ローズ)も、寮生のひとりです。
がさつで男っぽい性格の持ち主であり、苦学生でもあります。

シルヴァは、精霊です。
主人公の前に現れ、契約を持ちかけてくる事になります。


展開的には、主人公は神官学校に採用されるものの、手違いだったと分かる事になる流れですね。

そもそも、この学校は「聖イズールト女子神官学校」と言います。
…そう、「女子校」な訳ですね。
そこに中性的な主人公が採用…と来れば、もう想像付くでしょう(汗)

そう、主人公は女性と間違われて、採用されてしまったという訳だったんですねぇ。
主人公は、それを知り、ガッカリしながらも事態を受け入れ、帰ろうとするんですが、ここで問題が…。
実は、主人公が女性だと思い込んでいたマリアンヌは、それ以外の応募者を断っており、すぐの代わりの目途がつかないんですね。

そこで、主人公は新しい代わりの人間が見つかるまでの約1週間の間を学校の寮の管理人として働く事になってしまう訳です。
勿論、女子校なので寮生は女子ばかりというある意味、うれしい状態な訳ですが、ここで主人公はかつての幼なじみのアヤと再会を果たす事になります。

主人公にとっては、彼女に好意を抱いていた存在だった訳ですが、当時向こうから絶縁された以来の再会だっただけに、彼女は余所余所しい態度なんですよねぇ(汗)
まぁ、それでなくても女子寮の管理人とか事情が事情なだけに気まずいのは確かですけども。

今でこそ、ただ女性っぽく見られる主人公ってだけなのですが、幼少時の彼の環境はかなり異なったもので育ってた経緯があるんですね。
そして、そこには主人公の抱える秘密があり、それが今になり、大きく関係していく事になります。


Hシーンは、アヤ、マリアンヌ、ローズ、ノアン、ウイニィ、シルヴァの全員との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリなどがあります。

全員と関係を持ってはいますけども、ウイニィに関しては微妙ですね。
彼女とは、途中で中断する事になり、最後(射精)までは至っていないで終わるからなんですね(汗)
正直、可哀想だなぁ、この扱いは…。

ノアンも若干、この傾向がありますね。
彼女も挿入はすれこそ、結果としてこれまた描写も特になく、エロさも全くない状況での行為なので、あって無い様なものですねぇ。

そう考えれば、それ以外の面子がHシーンの対象者でしょうか。
それも各ヒロイン1回のみの行為なので、H度って意味では少々物足りないものを感じてしまいますね(汗)


挿絵は、原作版の画像ではなく、トーンなどで仕上げられたイラストになっていますね。
帯を見ると、原作版の原画を担当されている「卓太郎」さんによる描き下ろしイラストとなっていますので、ファンには嬉しい要素ではないですかね?

確かにこの絵柄、見た記憶がありますねぇ。
特徴的な絵柄なので、印象に残りやすいキャラデザインですよね。


全体的には、かなり話の展開が急な印象のある感じでしたねぇ。
後半になると、かなり展開が目まぐるしく動く事になり、話が分かりにくく感じましたね。
まぁ、単に私の読解力がないって話もあるでしょうが(汗)

個人的には、展開に置いてきぼりになりやすく、その間にドンドン話が進んでいった感があり、気づいたら終わってたって感じだったんですよねぇ。
主人公も、後になってこんな事になってたみたいな事を知ったりと、良く分からぬまま進んでいるのが影響していますね。
設定が色々込み入っており、その説明などが間に入るので、その分詰まった感じを受けるのかな。

そんな事もあり、個人的には今作には今ひとつ入り込めなかったですねぇ(汗)
途中から、学院寮の管理人って展開から移行して、だいぶ毛色の違う展開になるので、戸惑ってしまいましたね。

一応、今作のヒロインはアヤな訳ですけども、どうにも彼女のパートに本格的に入る前にアヤとは無関係な別の要素との展開が入り込んでいるためにゴッチャになるんですよね(汗)
そのせいで話がぼやけてしまったのかなと感じるだけに、勿体ない作品だと思います。


楽天はこちらからどうぞ
 【中古】【古本】Silvern 銀の月、迷いの森/布施はるか 【ブックス0920】

原作PC版


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事