FC2ブログ

卑影ムラサキのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:卑影ムラサキ

卑影ムラサキのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2014-03-25美少女文庫 「さ行」
美少女文庫 白銀のお嬢様と支配の聖衣白銀のお嬢様と支配の聖衣 (美少女文庫)posted with amazlet at 14.03.25卑影 ムラサキ フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。学園で知らぬ者はいないと言える程の存在である「クリスティーナ」。主人公は、そんな彼女に呼び出される事となる所から、物語は始まります。呼び出される様な心当たりがない主人公ですが、その要...

記事を読む

no-image

2013-10-25美少女文庫 「あ行」
美少女文庫 妹の美羽が全部シテあげる!妹の美羽が全部シテあげる! (美少女文庫)posted with amazlet at 13.10.25卑影 ムラサキ フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。大学生の主人公には、少し年の離れた妹「美羽」(みう)がいます。しかし、この美羽…、主人公に対して結構な反抗期であり、あれこれ口煩いのです。それは、主人公の性欲に関しても口煩く監視し...

記事を読む

美少女文庫 白銀のお嬢様と支配の聖衣 レビュー

美少女文庫 白銀のお嬢様と支配の聖衣

白銀のお嬢様と支配の聖衣 (美少女文庫)
卑影 ムラサキ
フランス書院

3月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

学園で知らぬ者はいないと言える程の存在である「クリスティーナ」。
主人公は、そんな彼女に呼び出される事となる所から、物語は始まります。
呼び出される様な心当たりがない主人公ですが、その要件は彼の予想を超えた内容だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

白銀・マリア・クリスティーナ」(しろがね)(以下クリス)
優里亜」(ゆりあ)がいます。

クリスは、名家である白銀家の一人娘です。
容姿端麗、成績優秀で品行方正、運動神経も良いと、非の打ち所の無いお嬢様でもあります。
高貴なオーラを持ち、クールビューティな魅力の持ち主でもあります。

優里亜は、クリス専属のメイドです。
クリスや主人公同様に同じ学校の生徒でもありますが、制服ではなく、メイド服を着ています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が学園の有名人でもあるクリスから家に呼び出される事となる流れですね。

名家のお嬢様であるクリスと、主人公に一体どんな接点があるのか?
実は、主人公の両親はクリスの白銀家に仕える使用人だったという繋がりがあったんですね。

そのため、かつては幼い頃に主人公も、クリスの遊び相手になってたりしてた時期があった訳です。
ですが、それはほんの数年程度の事であり、現在はすっかり疎遠な関係となっており、まともに会話する事はありませんでした。

それが今回、久しぶりにクリスの方から呼び出される事となったのだから、主人公は心当たりがありません。

そんな彼にクリスが語った内容は、「試練達成のための相方」を務めて欲しいというものだったのです。
試練という、普段使わない様な内容ですが、それにはクリス、白銀家の抱える状況が関係しています。

そもそも現在、白銀家の当初は、クリスの父親なのですが、その跡を継ぐ事になるはずなのはクリスの兄でした。
「でした」という言い方で分かる様に、兄は事故で他界しており、父親はショックで臥せっているのです。
そして、現在はクリスが当主代行という形で何とか頑張っているんですね。

この裏側では、他の親戚連中が当主代行を狙って、醜い争いを繰り広げていた事も関係あります。
クリスとしては、この様な欲だけしかない連中共に白銀家当主の座を明け渡す事など到底我慢できるものではない訳ですね。

しかし、代行はあくまで代行。
代行である限り、連中からの醜い行動は続く事になります。

そこでクリスは、正式な当主になるつもりでこれまで文武両道に励んで来た訳ですが、ここで一つ問題が。
これまで白銀家では、男性しか当主になっておらず、更にとある試練を受ける必要があるというのです。

その試験は、何と「とある鎧」を着用する必要があるのです!
ん? …急に世界観がおかしくなってきたよ?(汗)

その鎧の名は「支配の聖衣」(クロス・オブ・ドミネーション)!
何とも言えないネーミングですが、この鎧を着用しないとダメなんですね(汗)

しかし、この鎧。
鎧とは言うものの、実際見てみると、どーみてもHな水着にしか…。
でも、確かにこの鎧は、色々不思議な力が備わっているのは確かみたいなんですね、どういう技術なのか分かりませんが(汗)

こうして、主人公はクリスの相方としてサポートする事になるんですが、色々Hな事になる流れとなってしまいます。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。

行為に至る流れには、やはりここでも怪しげな鎧の存在があります。
何せ、ケースから鎧を取り出す時点で、いきなり股間を濡らす必要があるとか、ぶっ飛んだ展開になっていますからねぇ(汗)

更に無事に装着できても、それぞれのパーツでHな事がどうしても関わって来る事になり、必ずHな方向に行く様に仕向けられているんですね。
股間部に装着する貞操帯では、外すためには射精させて放たれた精液を飲む必要があるとか色々(汗)

鎧のパーツによって、必要な行為などが違っており、それらをひとつずつこなしていく形ですね。
いずれも中々のものですねぇ(汗)

主人公もぶっ飛んだ展開に戸惑いますけども、何より当のクリスには衝撃的な展開な訳ですね(汗)
何せ彼女は、最低限の性知識などは持っているものの、性に関してはかなり潔癖な思考の持ち主だから、これらの要求される行為に抵抗感があるのは仕方ない所ですね。
…ってか、経験あっても、こんな試練大抵無理でしょうが(汗)

実際、彼女は自慰もまともにしたのは幼い頃に1度だけであり、それ以来した事はない程なんですね。
それにクリスの中には、自身が女である事に対して、苦い感情があったりします。
それは当主の問題であったり、自身の容姿や態度に関してコンプレックスがあるためですね。

まぁ、彼女の側には可愛らしい象徴の様な優里亜がいるだけに、余計に彼女と比べてしまっている所があるのでしょうねぇ。

優里亜は、優里亜でメイドとしてクリスに対して、ある種異常とも言える程に献身的に関わってくるのも印象的ですね。
例えばクリスが鎧の効果で震動し、身体を常時刺激される事になった際は、優里亜も自ら身体にローターを張り付かせて、同じ様な状況を再現して気持ちを分かち合おうとする程ですからねぇ(汗)

自ら率先して主人公への行為を行うなど、クリスのフォローもかかさない彼女ですけども、結構その際に彼女自身も気持ちが入り過ぎている所があるのが、メイドとしての彼女と素の彼女とのギャップも可愛らしいですねぇ。

挿入する様になるには、中盤程度までかかるのですけども、物足りなさはないと思います。
読んでても「あれ?ようやく本番だっけ?」って思ったし(汗)

クリス、優里亜たちの心情描写などもかなり盛り込まれていて、彼女たちの思っている事が理解できるのは嬉しいですねぇ。
特にクリスは、色々複雑な感情を抱いているだけに、心情が語られるのは感情移入できて良いですね♪

挿絵


挿絵は「織澤あきふみ」さんが手がけています。
美少女文庫では「子づくりプリンセス」以来みたいなので、かなり久しぶりですねぇ。

そのせいか、何か絵柄も結構変化している様な気がしますね。
何せ4年以上経過しているし、絵柄も変わるかな。

絵柄としては、細く繊細な描線で描かれているのが特徴的ですね。
行為自体の描写は、行為の描写に対して比較的清潔感がある、さっぱりとした描き方なので、見やすいものになっていますね。

全体を描写ってよりもヒロインの表情に寄った構図が若干多い印象なんですよね。
勿論、全体を描いているものもありますけども、もっと例の鎧姿をしっかり見たかったかな。
…見た感じ、魔王装備って感じな雰囲気な格好ですけどね(汗)

行為の快感で目を見開いているクリスたちの表情も印象的ですね。
シーンによっては、瞳の中にハートマークが入っているのが面白いですね。
ハートマークがあるだけで、何か雰囲気が変わりますなぁ。

挿絵数:10枚+3枚
+3枚の意味は、作中で鎧を身に着ける度に絵柄が追加されているページです。

総評


全体的には、えすかれかと思う様な濃い目な展開が多かった作品でしたねぇ(汗)
でも、そこまで生々しさと言う面では若干控え目だったので、割と読みやすかったと思いますね。

気になったのは、主人公の個性がやや弱いかなって思いましたね。
全くキャラが立っていない訳でもなんですけども、かつてクリスの使用人的な関係だっただけに、クリスに対して従順な態度で接するので、結果個性的ではないのかもしれませんねぇ。

そのため、主人公、ヒロインも含め、変にぶっ飛んだキャラクターはいないので、読みやすい作品に仕上がっていると思いますよ。
クリスもツンデレって感じでもなかったですし、割と素直なキャラだったかなと思いますしね。


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 妹の美羽が全部シテあげる! レビュー

美少女文庫 妹の美羽が全部シテあげる!

妹の美羽が全部シテあげる! (美少女文庫)
卑影 ムラサキ
フランス書院

10月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

大学生の主人公には、少し年の離れた妹「美羽」(みう)がいます。
しかし、この美羽…、主人公に対して結構な反抗期であり、あれこれ口煩いのです。
それは、主人公の性欲に関しても口煩く監視してくる始末であり、主人公の我慢も限界に近づいていました。

そんな中、美羽の自慰を偶然目撃してしまってから、ふたりの関係は少しづつ変化していく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、美羽だけです。

高村 美羽」(たかむら みう)

美羽は、主人公の妹です。
まだ少女ながらも、胸などの発育はかなりのものであり、女性らしくなっています。
主人公に関しては、かなり勝ち気な言動を取り、主人公を常日頃から監視しています。
思春期の少女らしく色々気難しい所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公の妹である美羽に監視されている主人公が、美羽の自慰を目撃してしまった事から、関係が大きく変わり出す事になる流れですね。

さて、何故に主人公は、妹である美羽に監視されているのか?
これには、ある理由があったのです…。

それは、今現在一人暮らしをしている主人公が、まだ実家にいた頃のお話…。
そこで主人公は、自慰をしていており、その現場を美羽に見られてしまったという事件があったからなんですね(汗)
…確かに、これは気まずいですねぇ。

しかも、間の悪い事にエロゲーの妹モノで自慰をしてた事が、相当に美羽にはダメージを受けてしまったんですね(汗)
まぁ、この年頃の少女は、妙に性に関して嫌悪したり、潔癖な所がありますからねぇ。


この事件で結果、主人公は家を追い出されてしまう形になってしまったのです。

追い出されるってのは、かなりの処分だと思うのですが、それが何故監視という事に繋がるのか?
それからです、美羽が毎日の様に主人公の所に勝手に上がり込み、部屋にある、いわゆるHなアイテムを探しては処分をし始めたのです(汗)

これは、結構厳しいですねぇ、年頃の男子としては。
…私なら、この作品を含め、とんでもない量を処分される事でしょう(汗)

更に困った事にHなアイテムを処分され、抜き打ちでいつ来るか分からないため、主人公としては中々自慰をする事が出来なくなってしまいます。
そんな禁欲生活が既に1か月を過ぎ、そろそろ主人公のムラムラも限界に達しそうになっている状態なんですね。

そんな中、ある日主人公は美羽にいつもの様に口煩く注意される事に。
鬱憤と欲求不満が溜まった主人公は、ついに行動を起こす決意を固めます。

自慰をするためってのが、何とも情けない話ですが(汗)

しかし、この事がきっかけで主人公は偶然にも美羽の自慰を目撃してしまう事態に遭遇してしまいます。
ここから主人公と美羽は、ごく普通の兄妹のそれとはまた異なる関係に発展していく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、美羽との行為が描かれています。

行為的には、自慰、手コキ、フェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。
他の要素では、バイブやロープなどの小道具を使う場面もあります。

話の展開で、美羽は結果として、主人公の性欲を発散させるみたいな流れになってしまいます。
彼女としては、自慰に対しての口止めとかこんな変態が世の中に迷惑をかけない様にとか、もっともらしい事を言っているのがニヤニヤものですね♪

美羽は、日頃Hな事に関しては嫌悪や潔癖な所がある訳ですが、それは興味への裏返しでもあるんですね。
彼女も年頃の少女、性に対して興味があるのは、もっともな事ですしね。

まぁ、美羽はそれを恥ずかしく思って隠し、よりそれを主人公への攻撃に転嫁している辺りが、しっかりしている様でもまだ成熟しきれていない危うさなどを感じさせますねぇ。
彼女自身も、色々内心で自分の感情を持て余しているのが分かりますね。


この様な美羽の心理描写や、行為中の心情がしっかりと描かれているのは、読み応えがあって良かったです。
主人公と美羽の描写がセットになっているので、また読んでいてキャラクターたちに感情移入もしやすく、より物語に入り込めますね。


時に普段の勝ち気さではなく、本来の彼女でもある儚さすら感じる様な態度を垣間見せたりするのは、主人公だけではなく読み手もグッとくるものがありましたね。
やはり、こういうギャップがあるのは良いですよねぇ♪

この様にHな事はしているものの、じっくり描かれている事もあり、本番行為に至るまでは中盤過ぎ辺りまでと結構時間がかかっています。
それまでも散々手コキやフェラなどで射精している訳ですから、そんなに気にはならないと思いますが。


ちょっとマニアックな要素では、ロープを使った緊縛要素がありますね。
まぁ、あくまでも少し後ろ手で縛ったりするなどの、そこまでエグイものではないですけども、胸の発育などは良いものの、やはりまだ華奢な美羽の身体をロープで縛るってのは、何か倒錯した雰囲気を感じさせますね。

大分時間が経過した後で、ようやく美羽も自身の感情に素直になって来る事で、これまでよりも甘さが出てくる事になります。
最初から何だかんだ好意があるのは、誰が見ても分かる訳ですけども、やはりはっきり彼女の口から「好き」などという言葉が出るのはグッと来ますね♪

ここからの美羽の開花っぷりは、見所でもありますね。
それまでもかなりHだと思いましたが、そんなの序の口でしたな(汗)

挿絵


挿絵は「有子瑶一」さんが手がけています。
美少女文庫ではお馴染みですね。

可愛らしくも、色気を感じさせる絵柄はやはり魅力的です♪
特に美羽の様な、微妙な少女と大人の入り混じった年頃の感じを上手く表現していると思うだけに、個人的にはハマっていると思いますね。

私最初に美羽を見た時、何で猫耳付けているの…?って思ってしまったんですが、髪の毛なんですね、これ(汗)
そう見えてしまうせいか、猫耳少女なイメージも(汗)

でも、そんな感じですよね、特に序盤の彼女って。
猫の様に気まぐれと言うか、コロコロ変化する感じが似ている様な気がありますし。


個人的には、ラストの挿絵が印象深かったですね。
あまり詳細を書く訳にもいきませんが、挿絵と一部文章が重なっているんですね。
勿論、それによって文章が見づらくなっている事はないですので、ご安心を。

この表現は、何かグッと来る感じがあって良かったですね。
文章と挿絵が一緒に目に入れる事で、より引き込まれますね♪
また良いシーンなだけに、印象深いものになっています。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、心情描写なども多く、読み応えのある作品でしたねぇ。

反面、物語、行為の進行などがじっくりと丁寧に描かれているので、少し焦れったさを感じる人もいるかもしれませんが、最近の作品は行為に至るのも結構早い傾向があるだけに、ある意味で新鮮に映りましたね。
展開が遅いってのは、別に悪い事ではないですからねぇ。

しかし、気になったのは、詳細は伏せますが、ある事実について。
この要素、正直必要だったのかなとは思いましたねぇ(汗)

まぁ、気になったのはそれくらいなので、妹ものが好みであれば、中々楽しめるとは思いますよ。


楽天はこちらからどうぞ
妹の美羽が全部シテあげる!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます