FC2ブログ

凪小石のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:凪小石

凪小石のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2011-07-12なごみ文庫
なごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集3真・恋姫†無双~萌将伝~ 短編集3 (なごみ文庫)posted with amazlet at 11.07.12天草白 凪小石 糸井健一 ハーヴェスト出版 売り上げランキング: 2577Amazon.co.jp で詳細を見る7月発売のなごみ文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。*なごみ文庫は、アダルト要素のないレーベルですが、一応原作がアダルト作品なのもあり、掲載しています...

記事を読む

2011-05-10なごみ文庫
なごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集2真・恋姫†無双~萌将伝~ 短編集2 (なごみ文庫)posted with amazlet at 11.05.10天草白 水無瀬さんご 凪小石 ハーヴェスト出版 売り上げランキング: 988Amazon.co.jp で詳細を見る5月発売のなごみ文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。*なごみ文庫は、アダルト要素のないレーベルですが、一応原作がアダルト作品なのもあり、掲載してい...

記事を読む

なごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集3 レビュー

なごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集3

真・恋姫†無双~萌将伝~ 短編集3 (なごみ文庫)
天草白 凪小石 糸井健一
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 2577

7月発売のなごみ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

*なごみ文庫は、アダルト要素のないレーベルですが、一応原作がアダルト作品なのもあり、掲載しています。

さて、今作品は過去に発売されていたなごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集のシリーズ作品です。
勿論、原作版をプレイしていても問題なく楽しめますし、前作の短編集1、2を読んでいなくても問題ない作りなのでご安心を。

収録されている作品をザッと紹介すると…。
・「八百一之妄想
主人公と名医の「華佗」(かだ)が一緒に行動しているのを目撃した、朱里と雛里のふたり。
しかし、朱里は何故か主人公たちに対し、おかしな妄想をし始め…。
何故こんな話を…(汗)

・「子どもに好かれる方法は?
子供に怖がられてしまう思春を目撃してしまった主人公。
子供と仲良くしたいと思っている思春のために主人公は色々と案を出してみる事に。

・「体験、メイドさんの一日
主人公のお世話をしているメイドさんの詠、月のふたり。
詠が月の働き過ぎを心配し、休ませたいと考えていると知った主人公は、彼女たちの代わりに呉から明命と亞莎のふたりを借り、メイドとして一日働いてもらう事に。
新人メイドさんの働きぶりはいかに!?

・「果てなきメンマ道!
メンマを愛してやまない星(汗)
そんな彼女が究極のメンマと称したメンマを使って調理をしていると、主人公と翠の行動によってメンマは台無しに(汗)
機嫌を損ねた彼女のためにと主人公が様々なメンマを集め、調理をし、星の機嫌を取ろうとするのですが、中々彼女の御眼鏡に適うものは出てこなく…。

・「魔法少女ラジカル桃香
ある日、宝物庫で珍しい首飾りを見つける桃香。
その後、突如として現れた巨大な怪物「螺旋大王」が都で大暴れ。
三国の名だたる武将が出ても、殆ど相手にならないという状況の中で桃香の首飾りが光を放つ!

以上の5本が収録されています。

さて、今回は表紙が桃香である事でお分かりの様に蜀の割合が比較的多い作品だと言えます。
呉や魏などの面々も勿論登場しますが、大体は蜀がメインな作りとなっていますね。
とは言え、蜀の全員を登場できる訳でもなく、見せ場のあるヒロイン、ないヒロインはあります(汗)
前作の2では、愛紗の話があったせいか今作では出ててもちょっとですね。

今作の傾向は比較的ほのぼのとした作品が多い印象でしょうか。
特に「子どもの~」の思春のストーリーは、いつも気を張っている彼女の姿とはまた違った女性らしさ、母性が表れており、魅力がありましたねぇ♪
さすがの彼女も泣く子には勝てないのが、微笑ましいなぁ。
普段接点がほぼ無さそうな美以始め、シャム、トラ、ミケらの南蛮娘たちとのやりとりは見所ですね。

「果てなきメンマ道」では、星がメインのストーリーであり、彼女のメンマに対する思いの強さが延々と綴られています(汗)
途中までは星の舌を満足させるために奔走し、調理対決みたいなノリになりますが、最終的にはアレ?何かいい話になってる?みたいな感じでした(汗)
でも、最後の星の微笑む表情はかなり魅力的で可愛らしく、星好きにはたまらないですねぇ♪

対して個人的に今ひとつだったのは、「八百一之妄想」です(汗)
これは、女性陣が主人公と華佗(男キャラ)との関係を妄想するストーリーなんですね…。
さすがに私もその手の作品は興味ないので、ちょっと苦痛というか面白さをあまり感じなかったですね(汗)
主人公たちの行為を想像してキャアキャアはしゃぐヒロインたちが見所なのか、主人公たちの一糸纏わぬ姿なのか…。
何故最初からこんなストーリーにしたのかな?(汗)
まぁ、これがラストだったら読後感がしんどい事になったでしょうが…。
あ、一応挿絵に主人公たち男たちのシーンは一切ないのでご安心を(汗)

今作も複数の著者と挿絵で構成されているのも特徴ですね。
それぞれ…。
「八百一之妄想」は著「糸井健一」さん、挿絵「白根載斗」さん。
「子どもに好かれる~」&「体験、メイドさん~」は、著「凪小石」さん、挿絵「白根載斗」、「るしま」さん。
「果てなきメンマ道」&「魔法少女ラジカル桃香」は著「天草白」さん、挿絵「龍牙翔」、「るしま」さんがそれぞれ手がけています。
ちなみに表紙絵の桃香は「龍牙翔」さんです♪
龍牙翔さんの絵柄、好きなので嬉しいですねぇ♪

全体的に、今作は挿絵もかなり原作絵に近い雰囲気を持っている絵柄が多く、より違和感なく読めるのではないでしょうか。
個人的には、白根載斗さんのキャラもよかったですねぇ。
好きな挿絵は、朱里が雛里に主人公たちの妄想話を聞かせながら妄想に熱が入って、雛里にキスしそうになっているシーンが可愛らしくて好きですね♪
雛里のパニック具合と朱里の軍師としての顔はどこへやらの妄想ッ娘ぷりのギャップにやられました(汗)
…まぁ、ストーリー自体は微妙なんですが(汗)

気になるのは今後の展開ですが、今の所動きはないみたいですねぇ。
まぁ、今月に新刊が出たばかりなので、まずは今作を楽しんでからですねぇ。
今後、出ればいいけどさすがに厳しいかなぁ(汗)
原作が終わっているだけに、そろそろ頃合かもしれませんけどね。

でも、一応淡い期待はしておきますよっ。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】真・恋姫・無双~萌将伝~短編集(3)

真・恋姫†無双~萌将伝~ 真・恋姫†無双~萌将伝~ 真・恋姫†無双~萌将伝~

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
真・恋姫†無双~萌将伝~

原作PC版


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

なごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集2 レビュー

なごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集2

真・恋姫†無双~萌将伝~ 短編集2 (なごみ文庫)
天草白 水無瀬さんご 凪小石
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 988

5月発売のなごみ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

*なごみ文庫は、アダルト要素のないレーベルですが、一応原作がアダルト作品なのもあり、掲載しています。

さて、今作品は3月に発売されていたなごみ文庫 真・恋姫無双 萌将伝 短編集1の続編です♪
勿論、原作版をプレイしていても問題なく楽しめますし、前作の短編集1を読んでいなくても問題ない作りです。
この辺りは、短編ならではの利点ですね。

収録されている作品をザッと紹介すると…。
・「孫家の血、目覚める!?
小蓮が占いの書物を探している時に見つけた一冊には、降霊術の記述があり、内心小馬鹿にしていたはずの術は見事に成功し、その結果、思わぬ人物の霊を呼び寄せてしまう事に。
小蓮の姿であって、しかし小蓮でない存在である人物はまさかの…、あの人で(汗)

・「暴酔魏呉大戦
雪蓮の酒好きがきっかけとなり、それぞれ主を思う魏からは桂花、呉からは冥琳がプライドをかけ対決する事に。
主人公は殆ど存在感がないお話(汗)

・「いざ! 幻の食材をもとめて
主人公のハートを掴むために手料理を作ろうと思い立つ桃香であったが、それを聞きつけた華琳と小蓮の参戦で三国料理対決をする事に。
華琳の料理の腕を知っている桃香は、腕がないなら食材でカバーと思い、南蛮の奥地にあると聞く希少な食材を求めて向かう事になるが…。

・「暴走乙女・関羽!
最近は忙しく思うように主人公と会えない愛紗。
久しぶりに顔を見れても、思うようにうまく話す事が出来ない自分に苛立つ始末。
そんな彼女を見かねた(面白がる)星の行動によって、愛紗に変化が(汗)

・「関羽のブルークリスマス
遠征で大規模な盗賊団を討伐した愛紗たち。
久しぶりに遠征から都に戻ってくる事となっている彼女たちを労うために主人公が提案したのは、時期的にも丁度いい「クリスマス」。
夜の内に忍び込んで今回の褒美をこっそり置いていこうと提案し、華琳たちも乗り気に。
しかし、思ったより早く帰還した愛紗たちはその話を中途半端に耳にしてしまい、恐るべき誤解をしてしまう事に(汗)

・「バカと袁紹もカゼをひく
都は風邪が流行してしまい、三国の武将たちは皆ダウンしてしまっている状況。
無事なのは、主人公と何故か春蘭のみ(汗)
しかし、この二人ではとても政務はこなせない状況だったのですが、まさかの麗羽が大活躍!?(汗)

以上の6本が収録されています。

前作は5本でしたが、あれは1つの話が2本分のページを使った作品だったためです。
なので、今作は皆同様のボリュームでの6本構成となっています。

前作は表紙が華琳という事もあってか、魏の存在感と華琳の扱いが良かったので、今作の表紙は呉の蓮華だったので、期待してたのですが…。
蓮華の出番は今作全体でも殆どないです(汗)
よほど雪蓮や小蓮の扱いの方が大きいという…(涙)
呉は前作でもあまり存在感が少なかったのですが、今作はある程度は増えてますが、メインどころの武将ら以外はあまり出番なかったですね(汗)
何でなんだろうなぁ…。

そうなるとやはり魏と蜀の出番が増えるのは当然であり、今作は愛紗がかなり多いかな。
それはタイトルを見ても分かると思います。
何気に華琳も前作同様出番が多いですが、これは他の陣営のトップを考えれば仕方ない気もしますね(汗)
どうしても彼女が仕切る展開が多くなりますし、そういう役割に使いやすいんでしょうねぇ。
まぁ、私は華琳好きなので問題ないですが♪

個人的にお気に入りなのは、「孫家の血~」と「関羽のブルークリスマス」ですね。
孫家の血では、原作でも登場機会のなかったキャラクターが垣間見れたりと見所の多い作品でした。
こういう貴重なやりとりを見れるのは、純粋に嬉しいですねぇ。

ブルークリスマスでは、愛紗のお堅い所が悪い方向に出てしまったのが何とも彼女らしいなぁと(汗)
まぁ、確かにあの会話を断片的に聞いてたら勘違いするのも分からなくはないけどねぇ。
巻き込まれた面子も災難ですね(汗)

バカと袁紹~も、麗羽らしくて苦笑してしまいました。
普段アレなキャラが…って展開はベタではありますが、それがばっちりはまるキャラも珍しい(汗)
それに皆風邪にかかっているのに、平気な主人公と春蘭の存在が…切ない…。
何となく春蘭が風邪引いたら甘えそうで可愛くなりそうだなぁと思ってみたり…。

今作も複数の著者と挿絵で構成されているのも特徴ですね。
それぞれ…。
「孫家の血~」&「暴酔魏呉大戦」は著「凪小石」さん、挿絵「ヤスイリオスケ」さん。
「いざ!幻の食材~」&「暴走乙女・関羽」は、著「天草白」さん、挿絵「うすべに桜子」さん。
「関羽のブルークリスマス」&「バカと袁紹~」は著「水無瀬さんご」さん、挿絵「そらったま」さんがそれぞれ手がけています。
ちなみに表紙絵の蓮華は「ヤスイリオスケ」さんです♪
…表紙くらいはこれくらい存在感ないとね(汗)

前作同様、恋姫らしさが出ており楽しめました。
となると…、やはり今後の展開が気になりますねぇ。

ハーヴェストの公式HPを見てみると、なごみ文庫の6月以降の新刊として、 「真・恋姫†無双~萌将伝~」 を原作としたタイトルを予定しております。との文面が。
なので短編集なのか、別の作品としてなのかは分かりませんが一応出そうなので淡い期待をしておきます(汗)

*追記 5/18確認 アマゾンに短編集3が追加されていました♪
7月ごろ発売予定だそうです、期待しましょう~
真・恋姫†無双~萌将伝~ 短編集3 (なごみ文庫)

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】真・恋姫・無双~萌将伝~短編集(2)

真・恋姫†無双~萌将伝~ 真・恋姫†無双~萌将伝~ 真・恋姫†無双~萌将伝~

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
真・恋姫†無双~萌将伝~

原作PC版


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます