ヤンデレな姉妹に四六時中愛し尽くされる~妊娠するのは私! 貴方の遺伝子を子宮で育みたいの! ~ (ぷちぱら文庫 250)
12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

義理の姉、妹のふたりと幼い頃から一緒に育った主人公。
そんな姉妹を大事にしている主人公に、姉妹たちも主人公に対し、恋心を抱いています。
しかし…、その恋心はちょっと強すぎた様で、主人公に近づく女性には容赦しない程だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 聖沢 明日香」(ひじりさわ あすか)
  • 聖沢 美希」(ひじりさわ みき)
がいます。

明日香は、主人公の義姉です。
基本的におっとりで面倒見が良い性格の持ち主です。
主人公に依存している節があります。
ヤンデレな姉妹に四六時中愛し尽くされる

美希は、主人公の義妹です。
明るく勝気で活発な性格の持ち主です。
いつも主人公にベッタリする事が多いです。
ヤンデレな姉妹に四六時中愛し尽くされる

ストーリー展開


展開的には、主人公の義理の姉妹たちが強い恋心をきっかけにして、暴走する流れですね。
…まぁ、タイトルでヤンデレってあるので、察しているでしょうが(汗)

主人公と彼女たちは、幼い頃から一緒に過ごしていた訳ですね。
それがいつしか、主人公が姉妹に対し、家族への好意とは違う、好意に変わるってのは分からなくはないですね。
そして、それは姉妹も同じでした。

気持ちをずっと持ち続ける姉妹も、相当に強い想いがあったと言えますよね♪
…そうです、その強い想いが問題だったのです。

長年、主人公への好意を抱き続けてきた彼女たち姉妹の感情は、いつしかどこか歪んでいたんですね(汗)
それでも主人公は、そんな姉妹の変化に気づかず上手くいっていると思っていたのですが、それが大きく変わる事に…。

まぁ、それ以前にも毎日姉妹からメールが逐一届いて、1日のメール量が300通とかなっている時点で既におかしいけどね(汗)
もう会って話した方が早いレベルでしょ、これ(汗)
なので、既におかしい片鱗は見え隠れしてた訳ですが、決定的な出来事が起こったのです。

それは、主人公が受け取った知らない女生徒からのラブレター。
主人公としては、この女生徒を知らないし、姉妹に対し、好意を持っているだけに断るつもりだったのですが、それを姉妹に知られてしまい…。
主人公に近づく女性に対して、牙をむいたのです(汗)

これをきっかけにして、ここから姉妹の主人公への態度が急変。

こうして主人公は、もはや自分以外の誰の物にもさせないとばかりに猛アプローチをかけてくる姉妹と相次いで関係を持つ事となる流れですね。
…で、こうなると想像できるでしょうが、自分以外の女を排除しようとする訳ですから、お互い姉妹であっても、敵だった訳ですね(汗)

こうして姉妹による主人公を独占するための争いが勃発する事になる展開になっていく訳ですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックス、尻コキなどがあります。

やはり今作の見所は、姉妹のヤンデレっぷりですね。
主人公への愛情は疑いようもないですが、その愛情の表現方法が著しくおかしいってのが問題ですなぁ(汗)

話のきっかけこそ、ラブレターがあった訳ですが、この相手は登場する前に姉の明日香によって、合法的に学園から排除されたので一切出てきません(汗)
なので、主人公に近づいてくる相手は姉の明日香、妹の美希のふたりであり、姉妹対決となっています。
…まぁ、ここに割り込めないよなぁ、普通の女性じゃ。

一口にヤンデレといっても、姉妹の方向性は少し違いますね。
姉の明日香は、主人公に否定されたりすると全否定されたかのように落ち込み、塞ぎ込み、自分を卑下し、命を絶とうとします(汗)
妹の美希は、障害となる存在を力で消そうとする、攻撃性の強い性格をしています(汗)
…どっちも嫌だなぁ、これ(汗)
ヤンデレな姉妹に四六時中愛し尽くされる

困った事に主人公は、姉妹ふたりに対して、好意を抱いているだけに、どちらかを選ぶことが出来ないんですね。
なので、片方からアプローチと言う名の襲撃をされると拒み切れず…、その結果、もう片方が怒り、襲撃という悪循環に(汗)

そんな形で展開するので、基本的に主人公からアプローチしての行為ってのは、殆どありません。
大抵は、女性陣の方からのある意味、一方的な押し倒しによるスタートとなっております(汗)
まぁ、中々主導権取れんでしょうね、この姉妹からは。

姉妹どちらも自分が主人公の子供を孕むんだと、意欲満々(汗)
それだけに中出し展開が多めですけども、その他の要素であるフェラとかアナルセックスなどもあります。

特にパイズリは、終盤ですが姉妹ふたり一緒になってのWパイズリが印象的でしたねぇ。
明日香の単体でのパイズリもあるんですが…、瞳に光がないので興奮どころでは(汗)
まぁ、ヤンデレ化している状態で始まっても、行為が盛り上がっていくに従い、正気というかまともに戻ってはきますので、最初から最後までヤンデレって訳ではないですね。

やはり主人公との行為が盛り上がっていくと、彼女たち自身も主人公との行為だけにしか目がいかなくなるというか、悪い方に考えなくて良くなるんでしょうね。
行為に満ち足りた表情を浮かべ、精神の安定が保たれるみたいですな(汗)
ヤンデレな姉妹に四六時中愛し尽くされるヤンデレな姉妹に四六時中愛し尽くされる

終盤では、ここまでいがみ合っていた姉妹も、ようやく妥協点を見出した事で一緒に仲良くハーレム展開となりますね。
…まぁ、片方を贔屓するともう片方が怖いので、これはこれで気を抜けないでしょうが(汗)
上記にもあるWパイズリを始め、W尻コキだったりと、主人公の事を除けば仲の良い姉妹なだけに、一緒の行為も息ピッタリですね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「中乃空」さんが手がけています。

私的には、あまりヤンデレのイメージがない方でしたが、調べるとこの作品の他にもヤンデレ作品があったりするんですね、少ないけども。

やはり見所は、通常時とヤンデレ化した際の表情の落差ですね。
特に妹の美希ですね、彼女は姉よりも顔に出るというか、凄みがありますね。
あんな顔(瞳)した状態でキスとか興奮どころか、股間縮み上がっちゃいますね(汗)

やはり挿絵で、表情というか瞳に生気がないとちょっと興奮しにくい所がありますよねぇ…。
瞳に光がないみたいな事を書くと、全部そんなのばかりかと思うかもしれませんが、ちゃんと光もありますからご安心を。
…ないのも結構ありますけども(汗)

終盤では、ストーリー的に落ち着き始まる様になる事もあり、だいぶ落ち着いているので、ようやく普通の姿ですね。
こういう顔していれば、普通に可愛らしいんですけどねぇ。

ヤンデレ作品見るたびに思いますが、瞳のハイライトって本当に重要ですね(汗)

挿絵数:22枚

総評


全体的には、他のヤンデレ物と大差ない感じの作品だったかな(汗)
ヤンデレ物って、どうしても似たような感じの内容になりがちだと思うので、安定感はあるかと思いますけどね。
まぁ、正直言えば、この作品ならではって物は、特になかったかなぁ…(汗)

良くも悪くもベタベタな流れなので、読みやすく安定しているので、ヤンデレヒロインが好みであれば十分楽しめる作品に仕上がっていると思います。

欲を言えば、ヤンデレの新たな可能性が見たいですね、どうしてもヒロインのタイプが似通ってしまうだけに。
…新たな可能性ってなんですかね、自分で書いといて何ですが(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ヤンデレな姉妹に四六時中愛し尽くされる〜妊娠するのは私!貴方の遺伝子を子宮で育みたいの!〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ