FC2ブログ

七原冬雪のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:七原冬雪

七原冬雪のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-07-18ぷちぱら文庫
勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります(ぷちぱら文庫creative 147)posted with amazlet at 16.07.18鈴風ふーりん パラダイム (2016-07-08)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通の一般人です。そんな彼は、気づけばそこは異世界で...

記事を読む

2015-12-03ぷちぱら文庫
自由自在にできるエロアプリを使ってリア充を孕ませてみた(ぷちぱら文庫Creative128)posted with amazlet at 15.12.03亜衣まい パラダイム (2015-11-27)Amazon.co.jpで詳細を見る11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、目立たないオタク趣味な男子生徒です。そんな彼は、ある事をきっかけにして...

記事を読む

2015-09-03ぷちぱら文庫
都合のいい関係から始まる異世界ハーレム(ぷちぱら文庫Creative107) (ぷちぱら文庫 creative 107)posted with amazlet at 15.09.03亜衣まい パラダイム (2015-08-21)Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、極々普通の男子学生でしたが、気づけばそこは見知らぬ世界に…。...

記事を読む

ぷちぱら文庫 勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります レビュー


勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります(ぷちぱら文庫creative 147)
7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通の一般人です。
そんな彼は、気づけばそこは異世界でした(汗)

勇者として召喚された主人公は、魔王討伐を依頼されたものの、逃げ出してしまう事に(汗)
その最中、たまたまメイドを助ける事となり、そこからハーレム生活が始まる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ミラ
  • レシャ
  • ディーナ
がいます。

ミラは、主人公が結果的に助ける事になるメイドです。
自分を救ってくれた主人公に好意を持っています。
清楚で控えめな献身的な性格の持ち主です。

レシャも、主人公の元にやってきたメイドです。
金髪ツインテールで小柄な容姿の持ち主です。
明るく元気ながら、時折計算高い面を見せる、憎めないキャラクターです。

ディーナも、主人公の元にやってきたメイドです。
H大好きなお色気ムンムンの淫乱メイドでもあります(汗)

ストーリー展開


展開的には、勇者として異世界に召喚された主人公が、その役目から逃げ、メイドたちとハーレム生活を送る流れですね。
…逃げちゃダメでしょ、逃げちゃ!?(汗)

異世界に召喚されたものの、主人公は勇者として魔王を討伐するなんてやりたくなかった訳ですね。
まぁ、主人公だけがこの世界に召喚された存在ではなくて、他にも何人もいるんですよね(汗)
なので、主人公としては自分がそんな危険な真似をしたくないと思っている訳で、あっさり逃げたのです!

そんな中、主人公は偶然魔物に襲われているメイド、ミラを助ける事になり、彼女と行動を共にするようになったのです。
魔王は討伐する気はないですが、全く無力って訳ではないんですね、魔物をあっさり葬れる力は何故か備わってたと。
魔物から助けてもらい、すっかりメイドのミラは主人公にお熱。

こうして主人公は、彼女の故郷の名も無き村にやっかいになる事に。
ここで、主人公は自分を受け入れてくれた村に感謝をし、いつの間にか身に付けた力で村を豊かにしていく流れですね。
その過程で、他のふたりのメイドも加わっていく事になります。

まぁ、タイトルにある様なスローライフって程、スローではなかった様な気がしますけどね(汗)
結構、魔法などで村の生活を豊かにするために奔走して、忙しい日々を過ごしており、それの疲れをメイドたちに癒してもらってたって感じですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所は、3人の異なるタイプのメイドさんとの行為ですね。
段階はそれぞれ違えども、皆主人公に好意を抱く様になるので、愛のある行為が描かれていますね。

まぁ、完全に惚れる前にHしちゃっている事もありますが、主にディーナ(汗)
彼女は、主人公とHするためにやってきた動機の持ち主ですからねぇ(汗)
でも、思ったよりかはH三昧って感じではなかったように感じましたね、全員含めて。

間にストーリー展開があったりするので、思ったよりかは頻度は多くなかったかも?
それでなくても、3人ヒロインがいますので、どうしても個々のHシーンは控えめに感じたのかもしれませんね。
特にレシャは、最初登場して早々にフェラ抜きしてくれるんですが、本番はかなり後になってからと遅かったですからね(汗)
ディーナは、出会って早々Hしていましたけども(汗)

ミラは、普段は控えめなんですが、Hでは少し大胆な姿を垣間見せますね。
とは言っても、彼女らしい献身的な所などは行為中の会話でも表れており、男心をくすぐりますね♪

ディーナの様な明るくHなのも、良いんですが、多少は恥じらいも欲しいというか…(汗)
彼女も最初はHからの関係だった訳ですが、途中から主人公に好意を抱く様になり、甘さも出てくる様にはなりますけどね。
そうなると、かわいらしさがより増してくる様になりますね♪

レシャは、子供っぽい反応が愛らしかったですね。
Hシーンは、上記にもある様に若干本番遅かったりで印象は弱めでしたが(汗)
キャラ紹介では計算高いみたいな所がある様に書かれていましたが、読んだ感じではそこまでって気はしましたね、もっとどす黒いのかと思ってたので(汗)
だから、普通に可愛らしい娘でしたよ。

終盤になって、全員交えてのハーレム展開になりますね。
それまでにもミラ、ディーナがふたりで一緒にダブルパイズリ展開とかはありましたけども、全員一緒だとまた壮観ですね。
それぞれの行為にお互いが触発されて、より一層行為に熱が入るという好循環でしたねぇ♪

挿絵


挿絵は「七原冬雪」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、これが挿絵3冊目かな? もっと多いのかなってと思ったんですけどね。

すっきりとした透明感のある線で描かれた女性陣は、メイドらしく清潔感がありますね♪
それとは違う、行為中の惚けた表情との落差も魅力ですね。

ミラとディーナがふたりがかりでパイズリをしているシーンを見ると、何か結構このふたり似ている様な気がしますね。
髪色を表紙絵で見ると、黒髪に赤髪なんですが挿絵だと似たような色味だから、似ている様に見えるんですかね(汗)

終盤では、女性陣の瞳の中にハートマークが出てますね。
別に催眠状態とかじゃないですよ(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、まぁ、ぷちぱら文庫でよくある異世界物、主人公でしたね。
まぁ、この主人公は魔王退治こそしないものの、村のために頑張っているから、かなりまともな方ですけどね。
…さっさと魔王を倒しちゃえばいいのにと思わなくもないけども(汗)

後は、文章にミスが少しあったのが残念ですね。
ぷちぱら文庫の問題なのか、著者側の問題なのか知りませんが。
ミラと知り合ったばかりの時に、まだこの時点で登場していないレシャと間違えていたりと残念なミスも(汗)

しかし、本当に異世界物多いですねぇ、もうぷちぱら文庫じゃなくて、異世界文庫とか立ち上げればいいんじゃないのかな?(汗)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍
勇者として召喚されたけど、ハーレムつくってスローライフを送ります

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 自由自在にできるエロアプリを使ってリア充を孕ませてみた レビュー


自由自在にできるエロアプリを使ってリア充を孕ませてみた
11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、目立たないオタク趣味な男子生徒です。
そんな彼は、ある事をきっかけにして、学校で憧れの存在である「瑠璃」(るり)を自分の好き勝手に操れる様になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 川下 瑠璃」(かわした るり)
がいます。

瑠璃は、学園一の清楚系美少女です。
成績優秀でクラスだけではなく、学園内の人気者でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が学園の人気者である瑠璃を自分の意志で操れる様になったという流れですね。

そもそも、主人公はクラスでも目立たないオタク男子なんですね。
そのためクラスで人気な瑠璃なんかとは、世界が違うというか接点らしい接点もなかった訳ですね。
別にいじめられる様な事もなく、この日もスマホの新作ゲームを遊ぼうとしてたのですが…。

運悪い事に友人とじゃれてた際に、軽く手が瑠璃の胸に当たってしまったんですね。
幸い、瑠璃はすぐ許してくれたのですが、そう思わないのは周りの取り入ろうとする男連中でした。

瑠璃の目の届かない所で主人公は、男共からスマホを奪われてしまう事に…。
しかし、男たちはうっかりスマホを床に落としてしまい、スマホの画面が真っ黒に(汗)
幸い、スマホはすぐ元に戻ったものの、ここから主人公の風当たりが強くなってしまったのです。

勿論、これは瑠璃の意志ではなく、周りが勝手に行っている事だった訳ですが、主人公にはそんな事は分からず、瑠璃への怒りが募る事に…。

そんな中、スマホゲームをいつも通り行っていた主人公でしたが、見覚えのない画面が出現する事に。
そこには対象個人の写真など意味不明な文字が並んでいたのです。

試してみようと思ったものの、自分の写真は抵抗があるだけに、試しに持っていた瑠璃の写真を使ったのでした。
その後、スマホには写真だけ使ったはずの瑠璃のフルネームが表示されており、画面には肉体操作の文字が…。
明らかに普通ではない状態に、危機感を抱いたものの、主人公はそれを起動させてしまったのでした。


そして、理解したのです。
このスマホアプリで、対象とした瑠璃の身体を操作できる事に。

これに気づいた主人公は、この力を用いて、自分を今の状況にした元凶(と思っている)瑠璃を好き勝手に操作する事になる流れですね。

ぷちぱら文庫で、良くあるアプリ系の流れなので、すんなり入り込めるでしょう(汗)

Hシーン


Hシーンは、瑠璃との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、自慰、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

最大の特徴は、やはりアプリによる操作要素ですね。
最初よりも、話が進む度にやれる操作が増えてくるのもお馴染みなパターンですね(汗)
最終的には、意志すらも操れるらしいですが、さすがにそれは使用していませんけども。

この手のお約束な流れとして、序盤は凌辱風味な流れでの行為で次第に普通に甘く恋人関係になって行く流れになっていますね。
なので、やはり操作の効果が如実に発揮されているのは前半部ですね。
まぁ、この時点では主人公も思考が若干クズになっているので、お構いなしですしね(汗)

そこから改心していくって流れがありますしね。

また瑠璃も最初はそんな凌辱紛いな行為をされてしまってた瑠璃もいつしか、主人公に好意を抱く事となり、徐々に甘さが出てくる事に。
主人公が気を使って、行為をしないでいると、今日は何もしないの?と聞いてくる瑠璃が可愛いですね♪
まぁ、何せ異常な状況下で関係を持った訳ですから、普通の付き合い方にお互い悩むのも分からなくもないですな(汗)

そこら辺の今更な初々しい付き合い方も見所ですかね、ニヤニヤしつつ。
…まぁ、現実でも全くないと言いませんけども、早々ないですよね、凌辱した様な相手とイチャラブって(汗)

一応、好意に関してはアプリでの操作は行っていませんよ、念のため。
そこまで弄ってしまうと、もはや何も信用できないですからね、気持ちすらも(汗)

終盤では、タイトル通りなお腹が大きくなった、腹ボテ状態での行為も描かれていますね。
ここでも母乳が出るように操作したりといった使い方はしていますね。


でも、正直な印象としては、割とアプリの使い方が穏やかとまでは言いませんが、もっとドギツイ事やるかと思ってたので、物足りなさはあったかも(汗)
元々イチャラブな作品に序盤だけちょっと凌辱風味を加えているだけなので、こんなものではありますけどね。
後は、私の感覚が完全に馬鹿になっているんでしょう、きっと(汗)

挿絵


挿絵は「七原冬雪」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、「都合のいい関係から始まる異世界ハーレム」以来でしょうか?
そういや今作の著者の「亜衣まい」さんとの組み合わせでしたね、あれも。

今作でも、瑠璃の様なスラッとした魅力的な女性を描いていますね。
すっきりした絵柄で清潔感のある描写が良いんですよね♪

普段の瑠璃って、ツインテールな髪型なんですが、一部だけ髪を下した姿での行為があったのが、個人的には良かったですね。
やはり髪を下ろすと、大人っぽさが出ますね。
ツインテールだと、どうしても可愛らしさなどが強く出てくるので、ギャップを感じました♪

たまに行為中に、瑠璃の瞳にハートマークが入っていますね。
表紙絵の彼女にもしっかりハートマークが入っていますけどね(汗)
別に操られているって訳ではないはずですが、そんなにも見えますな(汗)

挿絵数:11枚

総評


全体的には、良くあるアプリ物の流れをくむ作品でしたね。
なので、新鮮味は正直なく、悪く言えばマンネリ、良く言えば安定感のある内容だったと言えます。
後は、ヒロインが好みかどうかとかで選べば良いのではないでしょうか。

欲を言えば、この手のアプリ物が似たりよったりなので、何かこれはって言う物が欲しかったかなとは思いましたが、じゃあそれが何よって聞かれると…、うーん(汗)
うーん…、例えばヒロイン側がこういうアプリを使っちゃうとか逆に意外と珍しいのかも?(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 都合のいい関係から始まる異世界ハーレム レビュー


都合のいい関係から始まる異世界ハーレム(ぷちぱら文庫Creative107)

8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、極々普通の男子学生でしたが、気づけばそこは見知らぬ世界に…。
そう、主人公は異世界に勇者として召喚されてしまっていたのです(汗)

この異世界で、主人公は魔王を討伐と引き換えに王国のお姫様を恋人にする約束を取り付ける事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ルイス・サンド・ランブルック
  • アンジェリー・イーツ・メ・ナモトート
がいます。

ルイスは、ランブルック王国の第一王女です。
国力はアンジェリーのナモトート王国の方が大きく、立場は少し弱い所があります。
健気な性格の持ち主であり、好きな相手には尽くす所があります。

アンジェリーは、ナモトート王国の第一王女です。
勝ち気な性格で、物おじせずにはっきりと物を言う所があります。
またHに対しても、積極性があり、情熱的です。

ストーリー展開


展開的には、異世界に召喚された主人公が、王国のお姫様とイチャイチャするって流れですね。
…大体、間違っていないかと思います(汗)

ってか、正直またかと思ったんですけども、これまた主人公が最初から強いんですね(汗)
いわゆるチートって奴ですね、最近のぷちぱら文庫で流行っている設定の。
…この作品に限りませんけども、どうしてぷちぱら文庫って近い時期に似たような設定の作品を固めて来るんですかね?(汗)

飽きられるに決まっているだろうに(汗)

まぁ、話戻って、主人公は異世界に勇者として召喚された存在なんですね。
んで、お約束でその世界では魔王の存在によって苦しめられているので、何とか救ってほしいって事で救世主として、期待される存在だと言う訳ですね。

しかし、これまでの主人公はこれと言った目立った存在ではなく、普通だった訳です。
そんな主人公でしたが、どうもこの世界では普通の存在ではなかった様で…。

それが、あのチートと呼ばれる程の力だった訳ですね。
その力は、正に敵なしと呼べる程であり、魔王の手下の四天王も口上を述べる前に瞬殺出来る程で単なる雑魚に(汗)

そして、主人公は召喚された際にある約束をしていました。
まぁ、その時は勢いのままに口にした、たわいのない話のつもりだったのですが、それが受け入れられてしまった形になってしまったんですね。

その内容は、王国のお姫様に傍にいて欲しいというものでした。
それは、つまり彼女たちお姫様を妻にしたいという事と同義だったのです。

こうして、主人公は魔王を倒すのと引き換えに彼女たちお姫様ふたりを自分の物にするという事になる流れですね。
美少女なお姫様ふたりと一緒になれるという、分かりやすいご褒美が出来た事で主人公も発奮する事に♪


面白いというか、珍しかったのは、主人公は四天王を倒しに旅に出て、そこで四天王を瞬殺する訳ですが、その度に一端城に戻ってくる所ですね(汗)
その都度、お姫様らとイチャイチャする訳ですね、帰る度に(汗)
四天王らとの戦い自体は、それこそ1ページ内でお釣りがくるほどの尺で終了ですから、大半が姫たちとのイチャラブHとなりますね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラなどがあります。

やはり今作の見所は、姫たちとの甘いイチャラブ行為かと思います。
勇者として召喚されたって所もあるんでしょうが、最初から彼女たちには好感を持たれているってのも大きかったかなと。

勇者補正って奴ですかね?(汗)
まぁ、それで実力も申し分なしって事になれば、彼女たちの好感度もグングンうなぎ上りってのは分かりますな。

姫のふたりは、それぞれ性格のタイプは異なります。
ルイスが控え目である一方で、アンジェリーは積極的な性格だったりと。
そんなふたりの異なる主人公へのアプローチも見所のひとつと言えますね、ルイスだって時にはアンジェリーに触発されてかなり大胆な面も見せたりはしますけども。
そんな行動も主人公への想いゆえと思えば、ニヤニヤが止まりませんな♪

主人公は、上記にも書いた様に戦いの度に戻ってくる訳ですが、姫らからしたらまた死地に向かっていってしまうみたいな所がある訳ですよ。
その結果、より一層主人公への想いも強まり、大胆なHな行動に繋がって行く訳ですね。
まぁ、死地どころか気軽な日帰り旅行みたいな感覚ですけどもね、主人公からしたら(汗)

個々のパートが終わったら、後はふたり一緒になってのハーレム展開になりますね。
タイプは、違うものの何だかんだ相性はいいふたりですし、同じ相手を好いている訳ですからね♪

個人的には、どちらもアンジェリーのが好みだったかな?
普段少しだけ勝ち気な感じがある彼女ですけども、行為ではちょっとそれが薄れる感じがまた可愛らしいですね。
でも、ルイスの控え目ながらも、大胆な面も見せる姿も捨てがたい…、結局どっちも可愛いって事で(汗)

挿絵


挿絵は「七原冬雪」さんが手がけています。
どうやら漫画家さんでもあり、イラストレーターでもあるみたいですね。
ラノベの挿絵も手がけられているみたいですね。

ぷちぱら文庫は初かな? 記憶違いではなければ(汗)

淡く可愛らしいキャラクターデザインが印象的ですね。
透明感があるので、今作の様なお姫様みたいなヒロインとの相性も良いのではないでしょうか。
結構大胆な姿をさらしているはずなのに、それがあまり感じないのは王族の為せるものなんでしょうかね(汗)

他の体位もあるんですが、お尻をこちらに向けた行為シーンの印象が強かったかな?
お尻好きな人には嬉しいのではないですかね?

フェラシーンでは、肉棒を頬張ったアップの表情がふたり分あるのも良かったですね。
肉棒を咥え込んでいるだけに、どこか下品なはずなんですが、それも含めて可愛らしさがあるのは魅力的ですね。

ちょっと面白かったのは、ふたりを重ねて挿入シーンで、主人公の股間だけ描写があった所ですね。
浮かぶ肉棒と玉袋が気になってしまいました(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、まさしくタイトル通りの都合のいい関係性からの物語でしたね。

まぁ、どうしても異世界、チート能力と似た作品との共通点が多いだけに、マンネリ感はあるのは確かですけどね。
しかし、書いている人は全部違うのに何で仕上がりまで似た感じになるんですかねぇ、チートでつまんない感じまでそっくりに(汗)
主人公像まで似ている様な気がしてなりませんが…。

そこら辺が気にならないのであれば、楽しめる作品になっているかなとは思います。
既存のチート物と変わらないんですよね、何か独自色みたいのが欲しかったですね、欲を言えば。
どーしても他のと似通ってしまうんですよねぇ…。

個人的には、言葉悪いですが、こういうチートみたいな手抜きする今時の流行りの設定が早く廃れるのを願っていますけどもね(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます