FC2ブログ

ベコ太郎のタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:ベコ太郎

ベコ太郎のタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-05-02ぷちぱら文庫
伝説の宝具チートで無双ハーレム (ぷちぱら文庫creative 187)posted with amazlet at 18.05.02赤川ミカミ パラダイム (2018-04-27)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。あとがき見ると、WEB小説をメインにされている人なんですね。主人公は、アニメ好きなオタク男性です。...

記事を読む

no-image

2014-10-11二次元ぷち文庫
ショタ魔王は、勇者と淫魔に迫られる (二次元ぷち文庫)posted with amazlet at 15.02.13キルタイムコミュニケーション (2014-08-13)売り上げランキング: 37,589Amazon.co.jpで詳細を見るこのレーベルは、「二次元ぷち文庫」という電子書籍専門の新レーベルです。元々、モバイル用のサイトで「モバイル二次元ドリーム」という物があったんですね。私も以前に存在は知ってましたが、確か月額制のサイトだっけかな?それに私が当時使...

記事を読む

ぷちぱら文庫 伝説の宝具チートで無双ハーレム レビュー


伝説の宝具チートで無双ハーレム (ぷちぱら文庫creative 187)
2018年4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。
あとがき見ると、WEB小説をメインにされている人なんですね。

主人公は、アニメ好きなオタク男性です。
そんな彼がアニメを見ようと家路を急ぐ中、気づけばそこは見知らぬ場所に。
まるでRPGゲームの様な世界に迷い込んでしまった主人公は、いきなり戦場に放り出される事になるも、伝説の武具を召還できるチート能力を有しており、いきなり英雄扱いされる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ティアナ
  • エーフィ
  • カミラ
がいます。

ティアナは、王女です。
王家に伝わる魔法を使い、モンスターと戦う事も。
おとぎ話の様な勇者に憧れている一面があり、大活躍な主人公を英雄と認識しています。

エーフィは、魔道具の研究者です。
好奇心旺盛なオタク気質で、物事にのめり込む面があります。

カミラは、王女を護衛する女剣士です。
騎士ではないためか、気さくな性格のお姉さん的存在です。

ストーリー展開


展開的には、いきなり異世界に迷い込んだ主人公が、何故かチート能力で大活躍って流れですね。
何か書いていて、恥ずかしくなる程の都合の良さですな(汗)

元々、主人公は普通に帰宅しようと帰り道を急いでいたのに、気づけばそこは見知らぬ場所だったんですね。
しかも、そこにいる人々の姿はファンタジーで見る様な甲冑の様な姿ばかり。
そんな所に出てきたのは、異形の怪物たち!?
そんな場所にいきなり主人公は迷い込んでしまった訳ですね(汗)

絶体絶命の大ピンチ。
そう思って思わず手を伸ばした時に、まさかの光景が。
何と、伸ばした手の前に盾がどこからともなく出現したのです。
しかも、その盾の効果なのか怪物たちの攻撃から守ってくれていたのです。

主人公には、その盾がゲームだかで知っている「オーハンの盾」だと理解したのです。
そして、同じ様に武器を出現させた主人公はゲームの様に怪物らをバッタバッタと倒しまくる事に…。
怪物らを倒した主人公は、怪物たちと戦っていた人間たちを率いていた姫、ティアナに英雄扱いされる事に(汗)

彼女曰く、この国に伝わっているおとぎ話には、主人公の様な力を持つ人間が現れ、国を救うというんですね。
そして、その力を振るうには女性と性的に接触する事で力を回復できるらしいという事を教えられ、国を救うために力を貸してもらう代わりにティアナが奉仕をすると申し出たのです。

主人公としては、こんな美少女に奉仕してもらえるのですから、即了承ですね(汗)

こうして、主人公は怪物たちとの戦いに武具召喚の力を使い、女性陣に消耗した力を回復するためにHな行為を受ける流れですね。


私は、聞いた事ない様な名前の武具とかも多々登場していたんですが、検索してみると本当にあるんですねぇ。
しかし…、何でですかねぇ、主人公がそういった武器などを召喚して使う度に、何とも言えない気恥ずかしさを感じるのは(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがありますね。

やはり見所は、力の回復と言う名目での女性陣とのHシーンでしょうか。
ティアナを始め、主人公は最初から好感を持たれているので、力の回復云々は事実ではあるものの、それもいつしか建前的なものになっていますが(汗)

個人的に残念だったのは、各ヒロインの初回の行為が描かれていない所でしょうか。
例えば、ティアナは主人公に回復のためにご奉仕すると言い出してから、次の行為の描写ではもう既に主人公との行為が初めてではないっぽい描かれ方をしているんですね。
それはカミラも同様であり、既に何度も彼女との行為を経験をしている状態での描写から描かれているんですね。

一番、初々しい見せ場であろうヒロインとの初回の行為を全く描かないってのは、どうなのかなって思いますけどねぇ(汗)

カミラとの本番行為の中で、「普段は攻めて来るのに攻められると意外と弱い、そんな新しい彼女の一面を見れて~」ってあるけども、その攻めて来るのを全く見せてないのにそんな事言われてもね(汗)

女性陣もなんですが、主人公も既に童貞から経験済みで慣れてしまっている感がもう行為で出てしまっているんですよね。
別に童貞らしくしろとかではないですが、何か男女共に慣れてしまっている状態から始まった事でどこか軽い感じになってしまった感は否めないかなと思いますね。
どうせ、Hしまくって嫌でもこなれるんだから、最初からそうせんでも(汗)
まぁ、明るくライトなHのノリって意味では、これで良いのかもしれませんが…。

そんな経緯があるため、最初からヒロインたちはHにノリノリですね。

一応、途中から登場のエーフィは、唯一初回の本番行為が描かれている貴重な存在ですね(汗)
彼女も、主人公に好意を持っているので、早い段階から甘さを感じる展開が味わえますね。
好奇心旺盛な彼女なだけに、Hにも興味津々ですな♪

…結局、大半カミラは攻められて弱い姿を見せる事が殆どだった気がします(汗)

終盤では、3人交えてのハーレム展開もありますね。
それ以前にも複数人数での行為が描かれてはいましたけどね、Wパイズリとか。

姫であるティアナは、他のふたりとの関係が結構距離感が近いんですよね、姫の割に。
なので、親しみがあるというか、仲の良さが行為中のやり取りを始めとして垣間見えるのも穏やかな雰囲気に一役買っていますね。

後、結構中出し展開が多いんですが、残念ながら?妊娠する様な展開はなかったですね。

挿絵


挿絵は「ベコ太郎」さんが手がけています。

可愛らしいぷにっとした柔らかそうなキャラクターデザインが印象的ですね。
実際、どの娘も可愛らしい性格のキャラクターになっているので、相性ピッタリですね。
皆、素直な性格なんで、ひとりくらいツンデレ的な娘がいても面白かったかも?(汗)

皆、童顔で可愛らしいだけに、お姉さんっぽいキャラがいても良かったかもしれませんね。
一応、カミラはお姉さん的なキャラらしいんですが、彼女も割と童顔ですからねぇ(汗)

どの娘も、Hの際には惚けた感じの表情になるのが、またHですね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、色々緩い作品だったなぁ、という印象ですね(汗)
途中からは、もはや武器を召還して敵を倒す事も無くなっていき、単にイチャイチャHするだけになっていきますしね。
まぁ、終盤の前にボスである魔王を倒してしまったからなぁ(汗)

チート系には珍しく、Hには使い道がない能力ですからねぇ、戦いに特化したものばかりで。
そうなれば、必然的にHしかないですもんね(汗)

可愛いヒロインたちとのHが気軽に楽しめる、ライトな仕上がりな作品なので、サクッと読めると思います。

Amazon版 電子書籍
伝説の宝具チートで無双ハーレム (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
伝説の宝具チートで無双ハーレム

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

二次元ぷち文庫 ショタ魔王は、勇者と淫魔に迫られる レビュー

ショタ魔王は、勇者と淫魔に迫られる (二次元ぷち文庫)
キルタイムコミュニケーション (2014-08-13)
売り上げランキング: 37,589


このレーベルは、「二次元ぷち文庫」という電子書籍専門の新レーベルです。

元々、モバイル用のサイトで「モバイル二次元ドリーム」という物があったんですね。
私も以前に存在は知ってましたが、確か月額制のサイトだっけかな?
それに私が当時使っていた小さい画面の携帯で活字を読むのはしんどいので利用はしていなかったんですね。

んで、いつの間にかサイトが休止?してた様でしたが(汗)

しかし、今回二次元ぷち文庫として、過去の配信されていた作品を電子書籍で各話で販売されたという訳ですね。
文庫やノベルズで出ていた作品の番外編的な作品もあるみたいで、色々ファンには嬉しいですね。

さて、話戻って…。

主人公は、魔王なのですが、実は見ためがかなり可愛らしい少年の様な容姿をしていたのです(汗)
そんな少年魔王の元にやってきた勇者…。

ふたりは、魔王と勇者として死闘を繰り広げるのですが、何故かHな事に話が進んでいく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
ベル
エレミア」がいます。

ベルは、魔王エルビスを倒すためにやってきた女勇者です。
明るい性格の持ち主であり、褐色の肌のグラマラスな体型をしています。

エレミアは、淫魔の少女です。
魔王エルビスを慕っている数少ない存在のひとりでもあります。
魔王に好意を持っており、貞淑に振舞うも内心ではHがしたい思っています。
基本的には、思慮深く感情を露わにはしないのですが、魔王が絡むと激情的な姿も見せます。

ストーリー展開


展開的には、魔王エルビスと女勇者であるベルが戦いの中で、何故かHな事になっていくと言う流れですね。
…どういう事なの(汗)

そもそも、魔王であるエルビスはかなり少年の様な容姿で魔王の風格も威厳もない様なものなんですね。
とは言え、そこは魔王たる程の存在なので、その持っている力こそは凄いものがある訳です。

一瞬、魔王の容姿に目が点になったベルも、強者である魔王との戦いを楽しむ様に死闘を繰り広げる事となります。
しかし、いつまでも続くかに思われた戦いにも、遂に終わりが…。
魔王の渾身の一撃を凌ぎ切った勇者ベルが、遂に魔王を追いつめたのでした。

観念した魔王でしたが、その後のベルの行動に驚愕する事に。
何と、ベルは自身の命を守るはずの鎧などを外し始め、美しい裸同然な身体を露わにしたのです(汗)

見た目も少年な魔王は、その健康的な美しさに思わず目を奪われてしまうんですね。
そんな魔王の態度を知ってか、ベルは魔王の身体を弄り始め、Hな行為へと発展していくのでした。

しかし、そんな場面に淫魔であり、魔王を慕うエレミアが乱入し、事態は増々おかしな方向に向かっていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリがあります。

少年の様な可愛らしい容姿を持つ魔王。
実は女性経験もない童貞であり、増々少年っぽさを感じさせる存在なんですよね(汗)
そんな魔王の姿は、どうやら女性陣の心を刺激する何かがある様ですねぇ。

最初から好意的なエレミアは当然ながら、ベルも最初に魔王を目撃した時とかに可愛らしいと気に入った感じの発言あったりと、既に女性陣の心を掴んでいた訳ですね。
しかし、魔王としては威厳を出そうと発言も大人びた感じにしていますが、そこも余計に魔王の幼さを強調させる結果に終わっていますね(汗)

それゆえに魔王は、勇者ベルとの戦いに敗れて、そのまま童貞を奪われるという、彼にとっては屈辱を味わう結果に。
まぁ、それも最初だけでしたねぇ。
魔王も初めての女性の身体の魅力、快感の前にはもはや何ら普通の少年と変わらず、すっかり自分の事もボクって言っちゃう事になる訳ですね(汗)

こうして、童貞喪失して、すっかり快感に流されかけた魔王の前にエレミアが現われ、嫉妬全開(汗)
そりゃ、ずっと慕ってきた魔王をいきなり現れた勇者にかっさらわれた訳ですからねぇ。

それに張り合う事になっていくって流れになる訳ですね。
まぁ、正確には張り合うというかベルに流されて皆一緒に、みたいなノリになって行く感じですかね(汗)
…結局ベルが一番最強なんじゃないかと思ってしまいますねぇ、戦いだけではなく。


確かにベルのキャラクターは、魅力的なんですよねぇ。
魔王を遂には君付けで呼んだりと、発言がお姉さん感があって、中々最初の戦士らしい印象とはまた違った甘さを感じる事ができましたね。

勿論、エレミアも魔王に尽くしてくる健気な感じや、一度関係を持った後からは、魔王様からまおう様と呼んで来る様になったりと、親密さが表れているのが分かったりと、愛情の深さが伝わってきますね。

反面、行為が進むたびに、魔王が全然魔王らしくなくなっていきますね(汗)
まぁ、その方がより少年ぽくて可愛くて良いかな…?

挿絵


挿絵は、そういや、全くなかったですね(汗)
表紙イラストは「ベコ太郎」さんです。

この作品は、表紙絵だけみたいですね。
元々、モバイル用だった作品なので、そこは仕方ないのかな。

表紙絵に関しては、ベルが褐色の肌みたいな描写だったけども、表紙絵を見るにそこまで褐色じゃなかったですね(汗)
軽く日焼けした程度で、横のエレミアとの差があって、ようやくほんのり色づいている感じだなぁ…。

挿絵数:0枚

総評


全体的には、モバイル用の作品だった事もあってか、ページ数は普通に発売されている二次元ドリーム文庫、ノベルズに比べるとかなりボリューム(ページ数)という意味では物足りなさもありましたね。

この作品のページ数は、77Pです。
その制限の中で、かなりHシーンは頑張っているとは思いますけどね。
しかし、それ以外の描写であったり、世界観、キャラクターたちの掘り下げに関しては、やはり弱い印象は否めないかな(汗)

ヒロインたちは、それぞれ魅力的で可愛らしくHなだけに、もう少しイチャイチャしている所が見たかったかなとは思ってしまいましたね。
魅力的だからこそのジレンマですねぇ(汗)

まぁ、サクッと読めるページ数なので、気軽に楽しめるってのは良いかもしれませんね。

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ショタ魔王は、勇者と淫魔に迫られる

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます