FC2ブログ

シコルスキーのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:シコルスキー

シコルスキーのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2014-01-30ヴァージン文庫
ヴァージン文庫 妹これくしょん妹これくしょん (ヴァージン文庫)posted with amazlet at 14.01.30千匹屋某 オークス 売り上げランキング: 16,772Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売のヴァージン文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の高校生です。そんな彼は、ある日長年離れ離れだった父親から10年ぶりに呼び出される事に。向かった先で彼を待っていたもの、それは何人もの美少女たちでした。久し...

記事を読む

no-image

2013-04-03ヴァージン文庫
ヴァージン文庫 アスモデウス・オンライン ファンタジー空間で兄は妹を孕ませるアスモデウス・オンライン ファンタジー空間で兄は妹を孕ませる (ヴァージン文庫)posted with amazlet at 13.04.03綿貫 梓 オークス 売り上げランキング: 38,778Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のヴァージン文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、とあるオンラインゲームにハマっています。その名は「アスデモウス・オンライン...

記事を読む

no-image

2011-06-30ヴァージン文庫
ヴァージン文庫 私立聖水女学院新体操部 性指導要綱私立聖水女学院新体操部 性指導要綱 (ヴァージン文庫)posted with amazlet at 11.06.30長友アオミ オークス Amazon.co.jp で詳細を見る新レーベル「ヴァージン文庫」の新刊です。読み終わったので、レビューです。本来は優先する予定ではなかったのですが、結構検索で見に来ていらっしゃる方がいるらしかったのでレビュー早める事にしました。まぁ、それでもだいぶ発売から空...

記事を読む

no-image

2010-09-01二次元ドリーム文庫 「あ行」
二次元ドリーム文庫 お姉さんが診てアゲルお姉さんが診てアゲル (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 10.09.01神楽 陽子 キルタイムコミュニケーション おすすめ度の平均: 女性は全員巨乳で処女 巨根がすべてをぶち壊す 4人とも巨乳で体型的な特徴がないってのが難点かなAmazon.co.jp で詳細を見る虚弱体質の少年・悟が入院したE病棟。そこで待ち受けていたのは、レオタードを着た四人のお姉さんナースだった!年上の...

記事を読む

ヴァージン文庫 妹これくしょん レビュー

ヴァージン文庫 妹これくしょん

妹これくしょん (ヴァージン文庫)
千匹屋某
オークス
売り上げランキング: 16,772

1月発売のヴァージン文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の高校生です。
そんな彼は、ある日長年離れ離れだった父親から10年ぶりに呼び出される事に。

向かった先で彼を待っていたもの、それは何人もの美少女たちでした。
久しぶりに会った父が語った話は、何と彼女たちが自分の妹になる存在だという、耳を疑う事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

舞鶴 綾音」(まいつる あやね)
横須賀 裕香里」(よこすか ゆかり)
呉田 奈央美」(くれだ なおみ)がいます。

*その他にも名前ありのキャラクターはいますが、上記の3人だけの紹介とさせて頂きます。

綾音は、主人公に選ばれ、一緒に生活する事になる少女です。
天真爛漫な性格であり、見る者を和ませる魅力を持っています。
やる気はありますが、結果が出ないドジっ娘でもあります。

裕香里は、宿舎で舎監の務める少女です。
愛らしい外見とは裏腹に自分を「オレ」などの男言葉を使います。
しかし、綾音を溺愛しており、主人公の元にやって来る事になります。

奈央美は、裕香里の後に派遣される事になる少女です。
主人公の元から、綾音たちを連れ戻しに来る事になります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が父親から久しぶりに呼び出された先で何故か妹を選ぶことになる流れですね。
…どういう事ですかね?(汗)

順を追って説明すると…。
この世界は、少し未来の世界であり、この時代では核家族化によって、各家庭で一人っ子が急増する事となっています。
それを問題視した時の政府は、社会福祉公社を設立し、家族の温もりや人との繋がりの大事さを伝えるためにある計画を打ち出したのです。

その名も「家族補完計画」という何とも怪しげな計画だったのです(汗)

そして、主人公の両親は長らくこの計画のために主人公を祖父母に預け、あるモノの開発を続けていたのです。
開発してたのは、バイオロイドと呼ばれる人工人間だったのです。

主人公は、そのバイオロイドのモニターとして、バイオロイド…、通称「妹娘」(いもむす)のご主人様として参加する羽目になった訳ですね。
…若干、父親とのやり取りなどが某アニメっぽかったのは気のせいでしょうか?(汗)


そこで主人公が何人もの妹娘から選んだのが、綾音だったと言う訳ですね。
こうして、主人公は綾音との共同生活を送る事となり、結果的に彼女と関係を持ってしまう事に。

そこに他の妹娘らがやって来て、事態は更なる騒動に発展する事になる流れですね。


ちなみに、綾音たち妹娘ですが、ある意味では本当に主人公の妹とも言える存在でもあります。
両親の遺伝子から精製された存在であるからなんですね。
…アレ? って、Hとかしたらまずいんじゃないの?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックス、足コキなどがあります。

作られた存在でもある妹娘たちですが、限りなく人間に近いので、普段もそうですし、行為時の際も普通の娘の様な感覚がありますね。
例えば、綾音が初体験時に涙ぐんだりする姿は、普通の少女そのものにしか感じられませんしね。

もっとも人によっては予め主人公の事を好意的に感じる様になっているという設定が余計かも知れませんけどね(汗)
でも、その事は当の本人たちも理解しており、それでも好意を持っているので、そこまで問題視する必要はないとは思います。

個人的には、主人公の事を基本「お兄ちゃん」と呼ばない事が結構新鮮で良かったですね。
主人公の名前は「艇人」(ていと)なんですが、普段の綾音は「てーとくん」と呼んでいますね。
その方が可愛らしさが出て良い感じですねぇ♪

中には、妹らしく「お兄ちゃん」と呼んでほしい人もいるでしょうが、ご安心を。
初体験終えた辺りから、お兄ちゃんと呼ぶ率が上がっていきますから。
個人的には、ちょっと残念ですが(汗)

裕香里は、男っぽさのあるヒロインですが、可愛いって言葉に照れたりと可愛らしい面もありましたね♪
そんな彼女を、普段大人しい性格である主人公が主導権取る流れは、これまたギャップがあって良かったですね。
お尻ペンペンでウットリしちゃうMっ気も、普段の彼女の姿からは想像できませんね。

奈央美に関しては、妹娘な彼女なんですけども、見た目はどう見ても主人公よりも年上に見えるのが…(汗)
個人的には、姉だろうが妹だろうがどっちでもOKですよ?
妹としては、他のふたりとは違い、落ち着いた雰囲気を持つ彼女ですが、Hで感じ過ぎるとそんな姿も吹き飛んでしまい、淫らな姿を見せますね♪

彼女たちの行為中の心情描写もあるのも嬉しかったですね。
感じている描写もですが、何より主人公への感情を温かく幸せと感じていると分かりますね。


後、裕香里に対して特に目立ちますが、結構主人公はHになると普段よりも態度が男らしくなり、強引になる傾向がありますね(汗)
まぁ、そこまで異常になるってレベルではないので、そこまで気にならないとは思います。

終盤では、全員交えての行為になります。
3人同時なので、より賑やかで華やかさがありますね♪

挿絵


挿絵は「シコルスキー」さんが手がけています。
ヴァージン文庫では「私立聖水女学院新体操部 性指導要綱」、「アスモデウス・オンライン ファンタジー空間で兄は妹を孕ませる」以来ですね。

シコルスキーさんの絵柄は、幼さを感じさせる可愛らしさが特徴なだけに、妹がテーマな今作との相性は文句なしでしょう♪
可愛らしく柔らかさを感じさせる彼女たちの姿は見所ですね。

淡い色味のトーンで描かれている挿絵は、独特の柔らかさと雰囲気を感じる事ができます。
言い様によっては、行為の迫力と言う点で物足りなさがあるのかもしれませんね。

でも、個人的にはパンチがないのも確かですが、イチャイチャ甘さがあって嫌いではないですね。

まぁ、ひとつ気になったのは、裕香里が何か顔に着けている装置かな。
某スカ**ー的なアレです(汗)
行為中も着けているので、ちょっと気になってしまいましたね、私は。
他の娘にはないだけに、行為中には外しても良かったんじゃないかなって(汗)

この3人の他にも妹娘はたくさんいるだけに、ちょっとどんな娘がいるのか見てみたかったな。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、話らしい話はなかった作品だったかな(汗)
まぁ、序盤の大仰な設定で話らしい話は、もう済んでしまった感もあっただけに、その後はヒロインたちとの生活を楽しむってのが正しい楽しみ方かなとは思いますね。

上記にもある様に、一応限りなく兄妹であるのにHしちゃったりって事を気にしている所もありましたけども、そこまで思い悩むって訳ではないので、シリアス色はなく、コミカルでほんわかした感じな作品となっています。
できれば、H以外でも皆との共同生活風景がもっと出れば良かったかなって思いましたね。

最初の綾音の時はドジっ娘とかが割と描かれてはいましたが、人数が増えてきたらそういった描写も流し気味になってしまってて、もっと見たかったな、と。


あ、後、正直私的にはあまり妹感を感じなかったかも(汗)
いやいやヒロインたちは可愛いんですよ、念のためフォローしますけど(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】妹これくしょん [ 千匹屋某 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ヴァージン文庫 アスモデウス・オンライン ファンタジー空間で兄は妹を孕ませる レビュー

ヴァージン文庫 アスモデウス・オンライン ファンタジー空間で兄は妹を孕ませる


3月発売のヴァージン文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、とあるオンラインゲームにハマっています。
その名は「アスデモウス・オンライン」(AOL)と呼ばれるMMORPG。
しかし、このゲームが圧倒的な支持を得ているのは、ゲーム内での性行為が認められるという点があります。
そんな世界で、主人公の操るキャラクターは、突然現れた謎の女勇者との一騎打ちに敗れ、奴隷になってしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

現実
主人公の妹の「伊藤 素子」(いとう もとこ)

AOL内
スナオ
ヨハンナ」がいます。

素子は、主人公の妹です。
文武両道であり、海外にいる両親にかわり、家事全般を担当しています。
兄である主人公の事を異性として意識していますが、素直になれない所があります。

スナオは、AOL内のキャラクターです。
エルフ族の少女でありながら、戦闘力は並みの戦士以上のものがあります。

ヨハンナも、AOL内のキャラクターです。
主人公の前の突如現れた、女勇者です。
性の技術に精通しています。

ストーリー展開


展開的には、主人公がAOL内で現れたヨハンナに敗北した事で、彼女の奴隷になってしまう流れですね。

どういう事かと言うと、この世界であるAOLの特殊性が関係しているんですね。
前述したように、このAOLでは、性行為が公式に認められているという特異な世界です。

しかし、ただ性行為が認められてても、所詮はゲームの中だけと思うかもしれませんが、実はこの作品をプレイするためには、専用のインターフェイス「VIF」を頭部に装着する事によって、AOL内の感覚をリアルに感じられる事ができるという、とんでもないシステムが使用されているんですね。

そのため、AOL内の性行為もまるで本当に行っているかの様に、快感を得られる事になります。

これは、本当に廃人を生み出しかねない恐ろしいシステムですよね(汗)
現在のAOL内では、勝負で負けた敗者を強姦するのは当然として、捕虜にして奴隷化し、売り飛ばすなんて人身売買な行為まで行われている混沌ぷりでもあるんですね。

そんな世界で、主人公の操るキャラクター(オーク族の戦士)は、勇者と語るヨハンナに勝負する羽目になり、負けたので彼女の奴隷になってしまいます。
奴隷と言っても、性奴隷の方ですけどね(汗)

まぁ、性奴隷なので、主人公はヨハンナの気分で無理やり行為に応じる羽目になる訳ですけども、やはりそこは悲しい男の性、しっかり肉棒は勃起してしまう事になり、毎回射精してしまう事になります。
そんなただれた生活(性活?)を繰り広げられていく内に、すっかり主人公はAOLにのめり込んでいく事に…。

一方で、そんな部屋から学校以外ではめったに出てこなくなった主人公を心配した、妹の素子は一体部屋で何をしているのかと興味を抱く事になっていきます。
そして、素子もまたAOLの世界へと…。

Hシーン


Hシーンは、ヨハンナ、スナオ、素子との行為が描かれています。

行為的には、足コキや手コキ、フェラ、アナルセックス(アナル弄り)、自慰などがあります。
マニアックな要素としては、触手、ふたなりなんてものもあります。

リアルに感覚があるというAOLですが、さすがに中出しなどをしても、妊娠という事はありません。
なので、ある意味中出しの快感も味わい放題という理想な世界ではありますが、途中から妊娠する要素も出てくる事になります(汗)
まぁ、当然現実世界の操作する人間までも妊娠する訳ではないですよ、念のため(汗)

あくまでもAOL上のキャラクターがボテ腹状態になり、そこでボテ腹Hもある訳ですね。
でも、やはり頭のどこかでデータだと思ってしまうと、あまり興奮はしないかもしれませんね(汗)

今作のHシーンの9割以上が、AOL内での行為となります。
そのために、AOL内だからこその行為が多いのも特徴ですね。
それが前述の妊娠、腹ボテであったり、触手、ふたなり要素でもあります。

データ上な世界な訳ですから、ある意味何でもできる訳ですよね、姿形を変化させたり。
多額の課金である程度、制限から解放されるって辺りが、何ともリアルですな(汗)

AOL内で、それこそ好き勝手しまくっていた訳ですが、現実世界での行為は至って健全?というか、純愛といった感じですね。
あれだけ向こうで、やれるだけの事しておいて、初々しいのだから、冷静に考えるとおかしな話でもありますが(汗)

挿絵


挿絵は「シコルスキー」さんが手がけています。
同レーベルでは、「私立聖水女学院新体操部 性指導要綱」以来ですね。
後は、二次元ドリーム文庫で最近は見ないけどもありましたね。

幼い顔立ちで可愛らしさの強い絵柄が特徴的ですね。
柔らかい絵柄が、AOL内のファンタジーの世界観と相性マッチしていますね、エルフとか。
しかし、こんな可愛らしいエルフとかともHしまくれる世界ってのは凄いですね、改めて思うと(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、思ってたネットゲーム系の作品とは少し展開が違ってたかな。
思ったよりもAOL内というかネット側のシーンが多めでしたね。
勿論、全く現実のパートがない訳ではないんですけどね、生身でのHシーンもありましたし。

でも、もう少し現実世界での描写もあった方が良かったかなとは思いましたね。
両方あってこそ、お互いのギャップが引き立つと思うんですけどねぇ。

気になったのは、この作品のタイトルでもある「アスモデウス」
これ、作品名、表紙には「アスモデウス」なんですけども、中の文章では「アスデモウス」なんだけど、どっちが正しいの?(汗)

中の文章も、複数回アスデモウスってなっているんだけど…。
まぁ、以降はAOLで統一されていますが。

ちゃんとタイトルも統一して欲しいですね、どっちが正しいのかは分かりませんが(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】アスモデウス・オンライン [ 綿貫梓 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ヴァージン文庫 私立聖水女学院新体操部 性指導要綱 レビュー

ヴァージン文庫 私立聖水女学院新体操部 性指導要綱


新レーベル「ヴァージン文庫」の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

本来は優先する予定ではなかったのですが、結構検索で見に来ていらっしゃる方がいるらしかったのでレビュー早める事にしました。
まぁ、それでもだいぶ発売から空いてしまいましたが(汗)

主人公は、男性ですが女子新体操のコーチを目指しています。
そんな彼はコネを使い、名門の聖水女学院へと赴任する事になります。
表向きは真面目に指導に熱を入れる主人公ですが、裏では少女たちと淫らな関係を持っており、ここで彼は新たな少女を加える事に…という展開ですね。

…男性だと新体操のコーチ無理なの?(汗)

登場するヒロインは、主人公が聖水女学院へ来る前から指導している「榊枝 緑子」(さかきえ みどりこ)、緑子の親友の「飯崎 由紀恵」(いいさき ゆきえ)がいます。

緑子は、主人公がこの学園に入る前から指導していた娘です。
主人公によって新体操の才能を見出された期待の新星でもあります。
主人公に好意を寄せており、主人公の女学院の赴任を知り、追って入学してくる行動力も。

由紀恵は、緑子の友人です。
聖水女学院の新体操部に所属しています。
彼女もまた聖水女学院に入ってくる事になります。
主人公と緑子の関係を知り…。


展開的には、主人公は名門「聖水女学院」へと赴任する事になり、そこで女子新体操の指導を行います。

…正直、私タイトル見た時に陵辱系かと思ったんですよね。
新体操、コーチとか…、いかにもな教え子を卑劣な手段で陵辱するシチュエーションじゃないですか(汗)
ですが、蓋を開けてみたら意外にも緑子は主人公を慕っており、シーン描写もないですが開始まもなく、主人公に身体を委ねているんですよねぇ。
アレ? 純愛なの?みたいな(汗)

もっとも、緑子の初体験のシーンは後々こういう経緯でってのが明らかになりますが、結構大胆ですね。
男側からってのは、間々ありますが、催淫剤を主人公に盛るとか(汗)
緑子は、家庭間での両親らとの関係は冷めに冷めている状態なんですね。
彼女は寂しがっていますが、両親らは全く接してくれない寂しさを指導していた主人公に救われた想いがあるだけに、主人公に捨てられたり独りにされてしまうのではという風に強い不安感を覚える節がありますね。
だからこそ、時に衝動的な行動を起こすんでしょうねぇ。

そして、それは主人公にだけではなく…。

結構、読んでいく内に緑子のキャラクターが分かってくるんですが、中々難しいというか…(汗)
まだ成熟していない心がいい具合に揺れ動いているというか、他の女性を見ている主人公に強い嫉妬を覚えたり、開花しつつある性欲に自分を律せない所など、生々しいヒロインでもありますねぇ。

そんな彼女に対して主人公は、その思いの強さに言葉を失う場面もありますが、それがまた主人公に自分の女だと思わせる行動でもある訳ですね。
なので、彼女との行為では少しづつ「お仕置き」的なプレイも顔を出し始めます。
まぁ、陵辱ってよりも調教に近いかとは思いますね、ニュアンス的には。

そんな行為を受けて、緑子は困惑するものの、それに感じる様を主人公に指摘され、変態だなと罵られる事に…。
否定はするものの、そんな自分を受け入れてくれるのではと、また主人公に陶酔していく事になります。

そこに由紀恵がこの関係に関わって来る事で、物語はまた大きく動き出す事になるんですが…。
この作品のヒロインは、中々行動派ですねぇ(汗)

実は彼女、主人公とはある繋がりがあるんですね。
それがまたこの関係をややこしくさせる要因でもあるのですが(汗)
最初は主人公の存在が緑子と自分との差であると思い、主人公に近づいた所はありますが、次第に本当に惹かれていった訳ですね。

緑子と由紀恵の主人公を巡っては、中々の修羅場感がありますねぇ(汗)
それまでの彼女たちの行動を見ているだけにどうなることやらと思ったら…。

Hシーンは、たまに新体操らしく、新体操に使う道具をプレイに使うシチュエーションがある程度かな。
なのでそれ程、新体操部って印象はそこまでないかもしれませんが、レオタード着用のHも多々あるので十分かなと思います。
私自身は、レオタードだけで十分ですねぇ♪
行為自体はフェラくらいと比較的大人しいですが、アナルセックスくらいですかね、まだアブノーマル気味なのは。
まぁ、この手の作品を読み続けていると何がアブノーマルなのかは麻痺して分からなくなっていきますけど(汗)

挿絵は「シコルスキー」さんが手がけています。
私的には、二次元ドリーム文庫のイメージがありましたが、その時よりも少し大人っぽくなった絵柄になってますね。
これは、作品のカラーに合わせての事かな?
まぁ、このストーリーにはあんまり幼いキャラだと違和感あるでしょうからねぇ。
新体操な作品なので、レオタードを着用しているHシーンが多いのでそういった絵も多めですね。
サッパリした絵柄なので、濃厚な描写ではないものの、この年代の娘らの華奢な感じなどが描写されていると思いますね。

新レーベルという事でしたが、それなりに楽しんで読めましたね。
まだこの1作品だけで、全体の評価は付けにくいですけど、興味があれば読んでみても損はないかな?
でも、このタイトル程のインパクトは読んでてなかったかな(汗)
凄い陵辱系に見えますからねぇ、このタイトル…。

でも、最後の一節は中々の怖さでした(汗)
これがヤンデレって奴なのか…。
緑子は、成長したらとんでもない女性になりそうですな…。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】私立聖水女学院新体操部性指導要領

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 お姉さんが診てアゲル レビュー

二次元ドリーム文庫 お姉さんが診てアゲル

お姉さんが診てアゲル (二次元ドリーム文庫)
神楽 陽子
キルタイムコミュニケーション
おすすめ度の平均: 2.5
2 女性は全員巨乳で処女
2 巨根がすべてをぶち壊す
4 4人とも巨乳で体型的な特徴がないってのが難点かな

虚弱体質の少年・悟が入院したE病棟。そこで待ち受けていたのは、レオタードを着た四人のお姉さんナースだった!年上の美女たちに施される、献身的なお世話の域を超えた大胆な奉仕に、少年の心と身体は肉欲の病に冒されていく。

タイトル、表紙絵で分かる様にナースものですね。

物語は、虚弱体質な主人公が精密検査を受け、検査結果に問題ありと診断され、父親が院長の病院へ入院するところから始まります。
しかし、主人公の看護をするナースたちの衣装はなぜかレオタードの上に白衣を羽織っただけだったのです(汗)
そんな大胆な格好をしたナースの看護に主人公の理性は…という展開です。

ヒロインは、皆ナースです。
主人公の姉「エリカ」、エリカの親友「真奈美」(まなみ)、エリカらの先輩である「綾乃」(あやの)、主人公の学園の保険医もしている「唯」(ゆい)の4人です。

エリカは、主人公の姉であり、いつも主人公をほっとけず世話を焼くキャラクターです。
性格は勝気なところもあり、積極的です。

真奈美は、エリカの親友で主人公も面識があり、「真奈美お姉ちゃん」と慕う存在でもあります。
性格はエリカとは違い、控えめで優しいです。

綾乃は、先輩ナースであり、色気を感じさせるキャラクターです。
主人公を院長の息子と知り、誘惑してきたりしますが、経験はないです。

唯は、この中ではベテランのナースでもあるのですが、主人公にとっては学園でいつも相談できる保険医としての顔の印象が強いです。
性格はベテランらしく、冷静ですが冷たいという訳ではなく、面倒見などはいいです。

主人公の入院、そして彼女達の服装などは、主人公の父親の思惑が関係しているんですが、正直それは本編というか全体的にどうでもいい要素ですね(汗)
まぁ、ぶっちゃけ、そういう設定にするための言い分なだけですね。
内容的には、ひたすらH三昧な展開ですので、ストーリー性は皆無に近いです。
なので、可愛らしいナースさんとのHシーンが読めればいい人にはいいですね。

Hシーンは、病院が舞台なだけに尿瓶など定番のシチュエーションが用意されています。
尿瓶を手伝ってもらう展開で…みたいなシチュは基本ですよねぇ♪
でも、この作品ではちょっと違い、実は主人公はかなりの巨根の持ち主で、それにも関わらず包茎という可愛らしい顔からは想像もできないほどの凶器を所持しています(汗)
見慣れているはずのナースさんらが、絶句するってどんなの!?(汗)
更にはお風呂での洗浄など(未発射ですが)もありますが、よく考えると…、別に主人公は怪我している訳ではないから自力でトイレもお風呂もできるよなぁ(汗)
包茎であり、過敏なため、拭こうとしても痛がってしまう主人公にフェラで綺麗にするという展開もあり、こういう展開は個人的に好みです♪

ちょっと気になったのは主人公に最初から好意を持っているエリカや真奈美からの行為などを受けた結果、「ナースはHなんだ」と言う間違った認識をしている所でしょうか(汗)
まぁ、確かにこんなレオタード着て、事あるごとに股間をいじられたら、そう思うかもしれませんが(汗)

そうなると主人公の性格が変化し、変に調子に乗るキャラになるのではないかと、気がかりでしたが、この作品の主人公は良い感じに受け身のままだったですね。
やはりこうでないとね、こういう主人公は♪
まぁ、巨根ってのが引っかかる感もあるかもしれませんが、私は別にアリかな。

とにかくH三昧で、複数だったりとHシーンの量は多いです。
個人的にはそそる展開が多かったなぁ…。

挿絵は、あまり名前を覚えない私でもインパクトのあった「シコルスキー」さん(汗)
この方の絵柄は、どちらかと言うとロリ系な分類ですね。
童顔なキャラクターに相反したボディがまた妙な、いやらしさを…。
リアル系だと生々しすぎるでしょうが、この絵柄でマイルドになっているかなと思います。

まぁ、先にも挙げた様に話的にはこれといった物がない、ハーレム系です。
ナースのお姉さんにHな事されたい人にはおすすめかな。

楽天はこちらからどうぞ
お姉さんが診てアゲル

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます