FC2ブログ

たかなみれいのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:たかなみれい

たかなみれいのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2011-01-18Harvest novels 「英題」
Harvest novels  Deep voiceDEEP VOICE (ハーヴェストノヴェルズ)posted with amazlet at 11.01.18たかなみれい ハーヴェスト出版 Amazon.co.jp で詳細を見る巧が目覚めたのは山奥の病院。鏡を覗くと左右の眼色が違っていた。それは、過去の出来事を再生する能力が備わっていることを意味して…。献身的な看護婦、優秀な医師、無邪気な患者…だが、巧は唯一、物言わぬ少女の存在が気にかかっていた。闇に浮かぶヴォイスに触れたと...

記事を読む

2010-10-09Harvest novels 「さ行」
Harvest novels 七人の妹 戦国の妹七人の妹~戦国の妹~ (ハーヴェストノヴェルズ)posted with amazlet at 10.10.09たかなみれい ハーヴェスト出版 売り上げランキング: 610431おすすめ度の平均: ベースはゲーム、でも中身は…。Amazon.co.jp で詳細を見る時は乱世・戦国時代。病気で戦に行かず、望樋村に残った平次郎。だが、村に野盗が襲来するという情報が入る。村を守るため、用心棒を探す平次郎だが、集まったのは、なんと七...

記事を読む

2010-09-30Harvest novels 「か行」
Harvest novels 学園☆新選組! 十傑異聞録学園☆新選組!(十傑異聞録) (ハーヴェストノヴェルズ)posted with amazlet at 10.09.30たかなみれい ハーヴェスト出版 売り上げランキング: 386843Amazon.co.jp で詳細を見る新撰組が全員女の子!?ドタバタ幕末チック学園ラブコメディ「学園☆新選組!」が、1キャラ1話の全10話読み切りにミニゲームも付いた大入り番外編で登場! PCゲームが原作のノベライズ作品です。タイトルで分かる様に新...

記事を読む

no-image

2010-01-05Harvest novels 「な行」
Harvest novels 南国ドミニオン南国ドミニオンHarvest novels 著者:たかなみれい(1966-)出版社:ハ-ヴェスト出版/星雲社サイズ:新書ページ数:235p発行年月:2005年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ここは地図にも載らない遙か南国の孤島。一人旅の途中、事故に遭った主人公は、こ...価格 893円 税込 : レビュー 0件(★0.0/5点) : ショップ名 「楽天ブックス」ここは地図にも載ら...

記事を読む

Harvest novels Deep voice レビュー

Harvest novels  Deep voice

DEEP VOICE (ハーヴェストノヴェルズ)
たかなみれい
ハーヴェスト出版

巧が目覚めたのは山奥の病院。鏡を覗くと左右の眼色が違っていた。それは、過去の出来事を再生する能力が備わっていることを意味して…。献身的な看護婦、優秀な医師、無邪気な患者…だが、巧は唯一、物言わぬ少女の存在が気にかかっていた。闇に浮かぶヴォイスに触れたとき、衝撃の物語が始まる…。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公が悪夢を見て目を覚ました場所は山奥の病院。
そんな病院に主人公は事故にあって救急病院から移送されたと伝えられる事に。
怪我自体は問題がない主人公ですが、それ以外に気になる所があると分かり、この病院にしばらく滞在する事になります。
病院内で出会った数少ない患者、看護婦の中でも一際目を惹く存在の少女が主人公は気になる様に。
病院で過ごす内に主人公はここの人間の歪さを知る事に…という展開です。

…う?ん、ちょっとニュアンスは違っている書き方になったけど、私にはうまく書けないです(汗)
ちょっと独特な作品なんですよね、これは。
ジャンル的には「サスペンス」に入るのかな?

登場するヒロインは、看護婦の「織原 葵」(おりはら あおい)、同じく看護婦の「春日 碧」(かすが みどり)、患者の「くるみ」、「檜」(ひのき)、女医の「柳 妃呂子」(やなぎ ひろこ)、ルポライターの「尼野 亜紀」(あまの あき)の6人がいます。

*今回キャラ紹介の画像にアニメ動画版の画像を使いました。
最近ダウンロード版が発売された様ですが、そもそものアニメはビデオで2002年発売だったんですね(汗)
ダウンロード版になるまでに時間経ちすぎでしょう(汗)

葵は、この病院で働く看護婦です。
勝気な性格で主人公にはなぜかツンツンした態度を見せますが、患者のくるみには熱心に看病を行ないます。
基本的には元気で明るいキャラクターですが…。
Deep voice

碧も葵同様に看護婦として働いています。
彼女の義父がここの院長でもあります。
性格は看護婦の鏡と言える程の物静かで献身的です。
Deep voice

くるみは、ここで入院をしている患者です。
まだ年幼く、あどけなさが残る少女です。
天真爛漫で人懐こい性格です。
なぜか主人公と葵を仲良くさせようとする節があります。

檜は、くるみ同様入院患者です。
くるみとは対照的なキャラクターで、言葉も動く事も殆どない状態です。
一見人形かと見間違うほど色白で生気を感じさせない程です(汗)
しかし、主人公とは何か関係があるのかわずかな反応を見せる事もあり、謎の多いキャラクターと言えます。
Deep voice

妃呂子は、女医で主人公たちの診察を行なっています。
しかし、独特の価値観を持っており、興味のない患者は診ないなどクセのあるキャラでもあります。
主人公の体質に興味を抱き、解明を試みたりします。
個人的にちょっと影のある所が素敵です♪
Deep voice

亜紀は、この病院にスクープを求めてやってきたフリーのルポライターです。
性格は男っぽい言動でさっぱりしたキャラクターです。
主人公を自分の調査の手伝いに誘ってきます。
Deep voice


展開的には主人公の秘められた能力がこの病院の隠された秘密を明らかにしていく事になる流れです。
秘められた力とは、主人公は過去の声(ボイス)が目に見えるという物です。
この声によって、主人公は自身が望む望まないに関わらず、病院の人々の真実を垣間見てしまい、巻き込まれていく結果となります。
もっとも最初の頃は急に力が発動してしまい、見たくない声を見てしまうのですが、終盤ではこの力を自発的に使い、病院の秘密に近づこうとします。

この力によって、病院の人間の昼間見せる顔とは違う面を見てしまうので、そのギャップには主人公ならずも驚かされます。
葵もそうですが、特にくるみは結構来るものがありました(汗)

先にも挙げた様に、序盤から中盤までは自発的な発動ではないので発動して、場面転換が多々あるので、話が掴みにくい事も。
なので、結構「あれ?この名前って以前誰かが…」みたいな感じで読み直したりしちゃいました(汗)
まぁ、これは私の記憶力がないだけでしょうから、気にならないとは思いますけども…。

あまりこの作品のストーリーを説明するのは難しいので、うまく書けませんが、二転三転する檜の真実は予想外でしたね…。
メインヒロインも当初は葵かと思ってましたが、最終的には檜でしたね。
まぁ、これは表紙絵が檜だったり、こういう神秘的なキャラですからある意味予想できる事ですね、思えば(汗)

作品の独特な空気感もサスペンス色を感じられていいですね。
病院特有の隔離された空間の中で、薄暗さを感じさせる雰囲気は嫌いではないですね。
まぁ、原作はしていないので、もしかしたら普通に明るかったりして(汗)
イメージです、イメージはそうなのかなぁと…。

ストーリー性が高い分、Hシーンはと言うと、正直それほど量はなかったですね。
でも、それは主人公が絡んでいるHシーンの話であって、声から見えるシーンでは主人公は絡んでいないで見ている訳ですから他者のHシーンを見ているパターンの展開の方が多いです。
そっちのHでは基本的に陵辱系と言うか、愛情があるのかどうか分からない状態での行為が大半です。
主人公のHでは逆に気持ちの入ったHもあるのが対照的ですね。

プレイ的にはそれほどバリエーションはなく、基本的に挿入のみが大半です。
一応妃呂子にはアナルセックスがあるんですが、それくらいでしょうかね。
まぁ、ストーリー重視なので仕方ないでしょうか、その辺は(汗)
個人的にはHシーンよりもストーリーが気になったので、それほど気になりませんでしたが。

表紙絵を手がけているのは、原作版で原画を手がけている「TOMA」さんですが、中の挿絵は「浮月たく」さんが手がけています。
原作版の画像を使っている訳ではなく、手描きで描かれているのが特徴ですね。
トーンを多用しているので、コミックぽさもあって個人的にはこれもアリですね♪
色気のある絵柄で雰囲気に合っていると思います。

結末には、やや物足りなさもありましたが、この手の作品は最近あまり見ないので新鮮に読めました。
キャラによってはあまりにも救われない感じが何とも言えませんが(汗)

楽天は売り切れです(汗)

原作PC版
Deep Voice 初回限定版
Deep Voice 初回限定版
posted with amazlet at 11.01.18
クロスネット (2001-11-02)

*CD-ROM版
 対応OS: Windows95/98/Me/2000 Professional/2000 Server

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

Harvest novels 七人の妹 レビュー

Harvest novels 七人の妹 戦国の妹

七人の妹~戦国の妹~ (ハーヴェストノヴェルズ)
たかなみれい
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 610431
おすすめ度の平均: 5.0
5 ベースはゲーム、でも中身は…。

時は乱世・戦国時代。病気で戦に行かず、望樋村に残った平次郎。だが、村に野盗が襲来するという情報が入る。村を守るため、用心棒を探す平次郎だが、集まったのは、なんと七人の女の子だった…!?村人を納得させるため、自分の妹だと主張する平次郎。七人の妹たちに翻弄されながら、野盗との対決を迎えるが…。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
タイトルを見た時は、「またパロディ的な作品かなぁ」と思ってたのですが、読んでみたら思ったよりは意外にまともでした(汗)

内容は、主人公の村はこれといって何もないありふれた貧しい村でしたが、そんな村に野盗が襲撃するという情報が入ります。
しかし、男手は当時病で戦に参加できなかった主人公を除けば、老人、子供といった現状ではとても村を守りきる事などできない状況。
そこで主人公は乏しい村の資金をかき集め、町に向かい、腕の立つ用心棒を捜す事に。
町で出会い、協力を得られたのは皆女性たちばかり(汗)
腕は立つのは確かと皆を引き連れて、村に戻る主人公一行でしたが、村人はそんな連中は信用できないと難色を示し出します。
何とか説得を試みようと、咄嗟に「皆、自分の妹だ!」と発言した事で女性用心棒たちは主人公の妹となるという展開です。

…かなり強引な話ですね。
ヒロインによっては、主人公よりも年上に見える娘もいるだけに苦しい言い訳ですね(汗)
でも、それを真に受ける村人たち(汗)

ヒロインは、勿論7人の妹たちです。
主人公の村出身の「鈴」(すず)、始めに出会った虚無僧「円海」(えんかい)、剣豪の「千」(せん)、忍者の「霞」(かすみ)、怪力の「乙音」(おとね)、鉄砲鍛冶の「凛」(りん)、遊女の「お蘭」(らん)です。

まぁ、ヒロインらは実際は主人公の妹って訳ではないのですけれども、主人公の事を言い方は様々ですが、兄と呼んできます。

鈴は、元々は主人公の村の娘で主人公の妹分の様な存在でしたが、数年前に行方不明になっており、このタイミングで戻ってきたキャラクターです(汗)
その間、山賊に捕らわれており、その手伝いをしていたという事もあり、常識が山賊基準になっている所も(汗)
無邪気で明るいキャラクターだが、嫉妬深い面も。

円海は、虚無僧として各地を転々としています。
言葉使いや立ち振る舞いに気品を感じさせる、どこか謎のあるキャラです。

千は、父の仇を捜す旅を続けていたキャラクターです。
正義感などが強いですが、勝気ではなく、女性らしさも感じさせます。

霞は、円海を狙っていましたが、説得の末、仲間に加わっています。
性格は、自分の事を俺と呼んだり、独特の考え、価値観を持っています。
更に女性が好きで、他の妹達に手を出したり…(汗)

乙音は、この時代の人間では相当な身長と体格を持っており、怪力の持ち主です。
本人はこの力のせいで怖がられて恋人ができないと悩んでいる様です(汗)

凛は、鉄砲鍛冶職人でもありますが、火縄銃の名手でもあります。
性格は、思慮深いのですが、あまり前に出るタイプではないのか、やや他の妹達に押される印象も。

お蘭は、本来は用心棒などできるような力はないのですが、行き倒れていた所を助けた事により、仲間になった経緯があります。
元遊女だった事もあり、色気ムンムンなキャラクターです。
戦いは不得手なので、どうしても出番や印象は他の妹達に比べると弱いですね。

面白いと思った点は、途中バッドエンドみたいな展開になる事でしょうか。
「えぇ!?」と思ったのですが、本来ノベル化ではありえないバッドな展開を夢オチではないですが、そういった要素として取り込んで表現している構成は新鮮でした。
これにより、陵辱される妹達の姿も描ける事に繋がるのは見事ですね。

更にてっきり特定のヒロインとのストーリーではなく、ハーレム展開になるとばかり思ってましたが、特定のヒロインとの展開になります(汗)
まぁ、読んでて「あれ?このヒロインへの主人公の描写が特別?」みたいに感じるシーンが序盤にあったので、何となく分かりましたが。
それが誰かは、読んでのお楽しみって事で…。

一応各ヒロインとのHシーンはあるものの、やはり人数の多さもあり、あまり見せ場の少ないヒロインがいるのは仕方ないですねぇ。
ここらはPCゲームのノベライズの宿命かな(汗)
まぁ、Hな見せ場は少なくても、それぞれキャラの立ったヒロインたちですので、魅力はありますから十分かもしれません。
…でも、本音はもっとあるなら見たいよねぇ(汗)
七人の妹 七人の妹 七人の妹

挿絵は、私が記憶ある中では初めてではないかと思う、原作PCゲーム版の画像と共に挿絵の方が描いたのが混在しているという珍しい作りになっています(汗)
あまりないんじゃないかなぁ…、こういうの。
そのせいで、原画部分と挿絵部分の差がかなりあります。
正直、原画に似せた感じの絵柄ではないので、ちょっと違和感がありますね(汗)
まぁ、個別に見たらこれはこれで悪くはないのですが、画像との混在は…。
どうも、原作であるシーンは画像を使い、オリジナル?か、そういった画像が無い場面に挿絵を使っているみたいですね。
中々思い切ったなぁ…。

陵辱展開や挿絵の件など、色々な試みが加えられたある意味実験作の様な作品ですね。
当初抱いていたパロディ的な印象からは、いい意味で裏切られ、面白く読めた作品です。


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
戦国の妹 七人の妹

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします。

関連記事

Harvest novels 学園☆新選組! レビュー

Harvest novels 学園☆新選組! 十傑異聞録

学園☆新選組!(十傑異聞録) (ハーヴェストノヴェルズ)
たかなみれい
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 386843

新撰組が全員女の子!?
ドタバタ幕末チック学園ラブコメディ「学園☆新選組!」が、1キャラ1話の全10話読み切りにミニゲームも付いた大入り番外編で登場!

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

タイトルで分かる様に新撰組の面々を元にした作りの作品ですね。
恋姫無双などでも、史実とは違い、女性キャラになっている作品はありますから、そんなに違和感なく適応している自分がいます(汗)

…アマゾンも新組って表記になってますね(汗)
このブログには修正しておいてますが、この作品は新組ですからお間違えなく…。

基本的な話の展開は…、正直この作品からははっきりしません(汗)
いきなり個別のヒロインたちの話になっているので、PCゲーム原作を知っているのが前提とも言えますね。

…とは言え、これでは紹介にならないので公式HPで基本ストーリー見てきましたので、それをザックリ紹介です(汗)

杏都(きょうと)にある「愛津女学園」(あいづじょがくえん)は、名の通り女子校でしたが、少子化などの要因にて生徒数が減少傾向に。
そんな事もあり、教頭は「共学化」を提言するも、伝統を重んじる学園長は現行維持の方針のまま平行線に。
これには生徒達も共学に賛成派、反対派の勢力に分かれてしまう事に…。

いつしか現体制を維持する生徒のことを「佐学派」(さがくは)。
現体制を排除して共学化を望む生徒のことを「討学派」(とうがくは)と呼ぶ様になっていきます。

断続的に続く、勢力の小競り合いによる混乱を治めるために学園長は風紀生徒の選抜を行い、できたのが「新選組」と言うわけです。
そんな学園にテストケースとして共学の相手校の理事長の息子である主人公が編入して来る事になり、2つの勢力は相手側に有利にさせないために主人公を奪い合うという展開らしいです(汗)

…なるほど、そんな話なんだ(汗)

そして、今作品では共学反対の立場の新選組に入る事になった主人公と、新選組の面々との短編が収録されているという作りです。
新選組とありますが、逆の討学派である、ヒロインたちのストーリーも入っています。

ヒロインは、新選組のメンバーからは7人、討学派からは3人で計10人とかなりの人数です。(汗)
その分、各ヒロインらの短編は短めなのは当然ですね…。

いつもヒロイン名は基本、下だけ表記するんですが、今作はモデルとしている人物がいますので、分かりやすくフルネームで表記しています。
なので、ある程度歴史に詳しい人には、「あぁ、この人物か」と分かると思います。

新選組からは…。
局長の「近藤イサミ」(こんどういさみ)、副長の「土方歳緒」(ひじかたとしお)、一番隊組長「沖田総詩」(おきたそうし)、二番隊組長「永倉やち」(ながくらやち)、三番隊組長「斉藤初音」(さいとうはつね)、八番隊組長「藤堂芹栖」(とうどうせりす)、十番隊組長「原田紗乃」(はらださの)。

討学派からは…。
新選組の対抗勢力のひとつ「徒沙班」の筆頭「坂本涼華」(さかもとりょうか)、「超秀班」筆頭の「桂心」(かつらこころ)、徒沙班の過激派「徒沙勤能党」の筆頭「岡田伊織」(おかだいおり)がいます。
残りの組長は、主人公らを含めいますが、女性は上記のメンバーになります。

…当て字だから入力面倒くさいなぁ(汗)

さて個別ヒロイン紹介を簡単にいきます。
イサミは、局長としてまとめ役なはずですが、かなりの天然であり、のんびりしています(汗)
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

歳緒は、厳しい性格で男嫌いであり、百合っ気も…。
そんな事もあり、主人公にもあまり好意的ではないですが、恋人になると可愛らしい面も♪

総詩は、剣の腕前は組でも一番なのですが、普段は日向ぼっこを愛するのんびりしたキャラです。

やちは、「粋」や「風流」といった事柄を愛するキャラクターです。
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

初音は、口数が少なく、無表情な事もあり、何を考えているのか分かりにくいキャラクターです。
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

芹栖は、組内では、比較的まともな性格であり、明るく礼儀正しいです。
しかし、バカ正直であるため騙されたりなどドジな面も…。

紗乃は、男勝りな性格であり、喧嘩っ早い所があるキャラクターです。
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

涼華は、土佐弁と標準語が入り混じった独特の話し方が特徴なキャラクターです。
飄々としており、つかみどころのない性格でもあります。

心は、成績優秀でお嬢様な事もあり、気品を感じるキャラクターです。

伊織は、「人斬り伊織」と呼ばれる剣の腕前をもっており、焼きそばパンひとつで1人で請け負っています(汗)
…焼きそばパンひとつで斬られたら泣くな(汗)

さて、今作では各ヒロインと恋人関係になっている前提でのストーリーが描かれており、いきなりラブラブです。
まぁ、そうじゃないと本に入らないですからねぇ(汗)
おそらくオリジナルの展開なんでしょうが、原作未プレイな私には分かりません…。

当然Hになる展開も早いです。
更にこの主人公、挿入に限らず、行為によってすぐさま発射してしまいます(汗)
早ければ数行で…。
まぁ、すぐさま復活し、行為は続きますのでご安心を。
そういう意味ではテンポの速いHシーンが展開されている訳ですね。
十分Hだと思いますので、それほど物足りなさは感じにくいとは思いますが、これだけのヒロインがいればもっと見たいと思うヒロインがいるでしょうから、その場合はもっと見たいと思ってしまうかもしれませんが(汗)
全体的にコミカルなシナリオですので、読みやすいと思いますが、キャラによってはノリが合わない可能性もあるかも。

更にこの作品、ページ数が厳しいにも関わらず、まさかのボードゲームが収録されています(汗)
タイプ的にはマップを周回する事で点数を稼いだり、相手に攻撃をしかけたりする双六ですね。
結構詳細なルールまで載っており、結構しっかりしています。
表紙カバー裏がマップになっており、トランプをダイスの代わりに使って行なう様です。
一人ではできませんので、お友達とやってみては…?(汗)

*今回、アマゾン、楽天で商品の検索中にパラダイム版も出ているのを知りました(汗)
こちらはおそらく冒頭のストーリーから描かれているのかな?
そのうち、読み比べてみるかなぁ。

楽天はこちらからどうぞ
学園・新選組!

原作PC版
学園☆新選組!  ~乙女ゴコロと局中法度~
メイビーソフト (2008-03-21)
おすすめ度の平均: 4.0
3 いいけど…
3 キャラが多すぎる。
3 前二作に比べると…。
5 面白いよ
4 う〜ん…


DMM 通販はこちらからどうぞ(ダウンロード版ではありませんので、ご注意下さい)
学園☆新選組! ?乙女ゴコロと局中法度?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

Harvest novels 南国ドミニオン レビュー

Harvest novels 南国ドミニオン

南国ドミニオン
南国ドミニオン
Harvest novels 著者:たかなみれい(1966-)出版社:ハ-ヴェスト出版/星雲社サイズ:新書ページ数:235p発行年月:2005年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ここは地図にも載らない遙か南国の孤島。一人旅の途中、事故に遭った主人公は、こ...
価格 893円 税込 : レビュー 0件(★0.0/5点) : ショップ名 「楽天ブックス」

ここは地図にも載らない遙か南国の孤島。一人旅の途中、事故に遭った主人公は、この名も無き島に漂着した。そこでは遭難者たちによる野営生活がすでに始まっていたが、救助が来る様子はまるでない…。やがて、生き残るため、島から脱出するため、仲間たちはそれぞれの行動に出るが…。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
PCゲームが原作とあってか、面白い設定ですね。
最近少なくなっている漂流もの(こんなジャンルがあるかは分かりませんが)という事で楽しんで読めました。
でも、こういった無人島に漂流して、仲間達と脱出するという話は少ないですよね?
昔、「無人島物語」というゲームをやったことありますが、何となくそれを思い出しました(汗)
まぁ、私はこの「南国ドミニオン」の原作版は未プレイなので、全く違うゲーム性なのかもしれませんが・・・。
ちなみに「無人島物語」もノベライズ化されており、探したら、表紙絵に見覚えあったので読んだのでしょうがまったく内容が残っていません(汗)
だいぶ昔に売ってしまい、10年以上も前の作品という事もあって、中古も中々なさそうなので、また読むのは難しいかな・・・。

話は戻って・・・、この作品はサバイバル的な作品かと思うとちょっと毛色が異なる作品でした。
ある程度のサバイバル的な描写もありますが、ほとんど登場人物はこの状況でも緊迫感が薄く、旅行で来たかの様な錯覚すら覚えるほどです。
ですが、何かこの島はおかしいと感じる展開には、最近の作品では感じれないスリルというかサスペンス感を期待してしまい、一気に読み終わってしまいました。
まぁ、そこまでサスペンス的な要素もなかったのですけどね(汗)
ストーリーの謎的な要素にあまり期待をしていると肩透かしを食らう可能性があるので、過度の期待は持たない方がいいかもしれません(汗)
とはいえ、キャラクター達の疑心暗鬼や仲違いなどこういった状況下における心理描写などは最低限はされています。
個人的にはもう少し、そこら辺を掘り下げていってたら、また違った感じになるのではないかと思ったのですが・・・。
この作品は他者を蹴落としたり、殺しあったりという展開は含まれていないので、シビア感が薄く感じ、正直物足りないかなと思ったのですが、原作ではそういった展開もあるんでしょうかねぇ?

主人公たちのキャラクターも個性的で、魅力的なヒロイン達が多いです。
女性陣とは全員Hな展開が用意されているので、濃さは問題ないでしょう。
いきなりフェラシーンから話が始まってますから(汗)
個人的には主人公含め、男性キャラクターのデザインがやや感情移入しずらかったです・・・。
メインヒロインは主人公に対して最初から好感度高い「お嬢」(島での呼び名)です。
お嬢と主人公の関係を感じさせる描写は何度も挿入されてますが、おおよそ想像通りでした。

話的にはすごい目的となるような引っ張る物が薄かったのですが、どうやら原作版は自由度が高い作品のようで、色々自由に行動できるようなので、恐らく全体的な話はあまり元々ないのかもしれませんね。
色んなパターンのシーンとシーンを無理なく繋げるために、一本筋なシナリオではなく、各エピソード的なものの集合体のような作りなのかもしれませんね。
だとしたら、よくそんな話をノベル化できたなぁと思います(汗)
実際、著者さんはあとがきで自分のプレイした展開を元に話を展開させていたとあります。
・・ってことは、この作品はリプレイ集という事なんでしょうか?(汗)

意外に平和な作品でしたが、全体的に面白く読めました♪
原作をプレイしていない事で、妄想も入ったレビューになっていますが、ご了承ください(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます