FC2ブログ

かゆのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:かゆ

かゆのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2016-10-26ぷちぱら文庫
オークに転生した俺は姫騎士しか狙わない(ぷちぱら文庫Creative 151)posted with amazlet at 16.10.26愛内なの パラダイム (2016-10-21)Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、いわゆるニートで日々、エロゲーやエロ同人誌などでHな妄想に耽るダメ人間です。そんな彼で...

記事を読む

2016-08-03ぷちぱら文庫
気高き姫騎士の性処理ご奉仕! 〜あなたにすべてを捧げます〜(ぷちぱら文庫creative 142)posted with amazlet at 16.08.03うたのはかせ パラダイム (2016-07-29)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、元は平民出の出身だったものの、瞬く間に頭角を現し、遂に一国の王に...

記事を読む

no-image

2015-08-04ぷちぱら文庫
ひたすら甘くイチャイチャな濃厚エロラブストーリー!(ぷちぱら文庫Creative114)posted with amazlet at 15.08.04愛内なの パラダイム (2015-07-31)Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな彼は、学校でも有名な美少女の「直美」(なおみ...

記事を読む

no-image

2015-05-08ぷちぱら文庫
ビッチのフリをするお嬢さまの処女をおいしくいただきました♪(ぷちぱら文庫Creative104) (ぷちぱら文庫 creative 104)posted with amazlet at 15.05.08愛内なの パラダイム (2015-05-01)Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通のモテない男子学生です(汗)当...

記事を読む

no-image

2015-04-03ぷちぱら文庫
異世界で風俗経営を始めたが、美少女達は俺だけとSEXしたいらしい(ぷちぱら文庫Creative100)posted with amazlet at 15.04.03愛内なの パラダイム (2015-03-31)Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、突然異世界に召喚されてしまった存在です。しかし、しがない風俗店の...

記事を読む

no-image

2015-03-06ぷちぱら文庫
童貞捨てに風俗に行ったら女の子が処女だったんだが、俺はどうすればいい!?(ぷちぱら文庫Creative97)posted with amazlet at 15.03.06愛内なの パラダイム (2015-02-27)Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、社会人になって間もない新人社員です。そんな彼は、先輩...

記事を読む

no-image

2015-02-10ぷちぱら文庫
超巨乳のカノジョが俺の巨根に絶対服従でドスケベに! ?(ぷちぱら文庫Creative94)posted with amazlet at 15.02.10メロンバロン パラダイム (2015-01-30)Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。手に入るまで時間がかかってしまいました、今更感はありますがご理解下さいませ(汗)今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主...

記事を読む

no-image

2015-02-03ぷちぱら文庫
チート能力で無双になったので、美少女を片っ端からハーレムに入れて子作りしました! (ぷちぱら文庫Creative91)posted with amazlet at 15.02.03愛内なの パラダイム (2015-01-23)Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通の男子学生です。しかし、気づけばそこは...

記事を読む

no-image

2014-11-27ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 媚薬を使ったウィッチがビッチ化してエッチなデスマッチ!?媚薬を使ったウィッチがビッチ化してエッチなデスマッチ! ? (ぷちぱら文庫 Creative 79)posted with amazlet at 14.11.27うたの はかせ パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通のHな事が好きな男子学生です。そんな彼でしたが、気づけばそこは見知...

記事を読む

no-image

2014-11-02ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 爆乳アイドルを強制発情させて性奴隷にしてみた爆乳アイドルを強制発情させて性奴隷にしてみた(ぷちぱら文庫Creative82) (ぷちぱら文庫 creative 82)posted with amazlet at 14.11.01愛内 なの パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、男子学生...

記事を読む

no-image

2014-10-12ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 巨乳牧場学園でミルク搾りはいかがですか?巨乳牧場学園でミルク搾りはいかがですか?(ぷちぱら文庫Creative80)posted with amazlet at 14.10.11亜衣まい パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、おっぱいに対して目がない事を除けば、ごく普通の...

記事を読む

no-image

2014-08-30ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 異世界娼館でお姫さまをハーレム!異世界娼館でお姫さまをハーレム! (ぷちぱら文庫Creative75)posted with amazlet at 14.08.30愛内 なの パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ごく普通の生活に退屈している、ごく普通の男子学生です。そんな...

記事を読む

no-image

2014-07-29ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 俺とカノジョの仲をサキュバスが邪魔をする俺とカノジョの仲をサキュバスが邪魔をする(ぷちぱら文庫Creative73) (ぷちぱら文庫 creative 73)posted with amazlet at 14.07.29愛内なの パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、以前から親しくなっ...

記事を読む

no-image

2014-06-05ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 気高い女騎士と天然な女賢者を飼育調教!気高い女騎士と天然な女賢者を飼育調教! (ぷちぱら文庫Creative64) (ぷちぱら文庫 creative 64)posted with amazlet at 14.06.05亜衣まい パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、帝都で上級の商人として...

記事を読む

no-image

2014-02-21ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕!僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕! (ぷちぱら文庫Creative 56)posted with amazlet at 14.02.21夜空野ねこ パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公には、ひとつ年上の姉「美里」(みさと)、ひとつ年下の妹の「美羽...

記事を読む

no-image

2014-02-02ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 オナホ☆プリンセスオナホ☆プリンセス (ぷちぱら文庫Creative 37)posted with amazlet at 14.02.02さかもと(猫) パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、エルンスト王国の王子です。そんな彼は、父親の命令で近々貴族の娘と結婚をする事になって...

記事を読む

no-image

2013-10-04ぷちぱら文庫
ぷちぱら文庫 清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教!清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教! (ぷちぱら文庫Creativge 45) (ぷちぱら文庫 creative 45)posted with amazlet at 13.10.04亜衣まい パラダイム Amazon.co.jpで詳細を見る9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、ある事件で両親を幼いころに亡...

記事を読む

ぷちぱら文庫 オークに転生した俺は姫騎士しか狙わない レビュー


オークに転生した俺は姫騎士しか狙わない(ぷちぱら文庫Creative 151)
10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、いわゆるニートで日々、エロゲーやエロ同人誌などでHな妄想に耽るダメ人間です。
そんな彼でしたが、ある事がきっかけで、何と異世界に!
しかも、人間ではなくオークと呼ばれる魔物として異世界に転生したという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • クリスティアーネ
  • マヤ
がいます。

クリスティアーネは、第3王女でありながら、自身も剣を持ち、戦う姫騎士です。
オーク討伐に主人公の元にやって来る事に。

マヤも、クリスティアーネと同じくオーク討伐にやってきた剣士です。
東の国の出身であり、いわゆる大和撫子的な性格の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、ダメニートな主人公がオークとして異世界転生する流れですね。
…もはや人じゃないんですね(汗)

何故、主人公がそんなオークになったのかというと、ある事がきっかけでした。
主人公は、ニートらしく?エロゲーやエロ同人誌を嗜み、中でもお気に入りはオークみたいな魔物に好き勝手されちゃう女騎士物という内容の作品が大好きだったんですね。

そんな中、いつもの様にPCでネット三昧だったのですが、見慣れない広告を見つける事に。
普段ならば、そういった怪しい広告などには目もくれないはずなのに、この時は何故か気になってしまったのです。
そこには、異世界とか転生とか主人公が気になる様なキーワードがあったのも原因かもしれませんね(汗)

広告をクリックしてみれば、気づけばそこは白一色の世界…。
更に頭の中に謎の声が聞こえ、その言葉によると主人公の望む能力を持って転生できるというのです。
そして、主人公は見知らぬ異世界で転生を果たしたのですが…、何故か人間ではなくオークとして転生したのでした(汗)

ちなみに望んだ能力は、どんな物でも瞬時に作れる能力というものであり、これは可能でした。
とは言え、無から有を生み出す事は出来ないものの、原料があれば何でも作れるという十分チート能力であり、これを活かして快適生活空間を作り上げたのでした、オークが(汗)

こうしてとりあえず快適な生活を得たオーク主人公でしたが、それだけでは満足できません。
そう、自分がオークならば、この世界の姫騎士を好き勝手にHしまくるという目的のために動き出す事となる流れですね。


そんな事になっていると思わず、オーク主人公を討伐しようとやってくる女性陣…。
お約束ですが、主人公にアッサリ負けてしまい、「くっ」なリアクションをして、主人公を喜ばせますね(汗)
勿論、それだけに留まらず女性陣とHをし、自分の物にしようとする流れとなっていますね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
一部では、小道具を使用する様な展開もありましたね。

今作に見所として、オークになって、姫騎士の女性陣をHでメロメロにしていくのがありますね。
女性陣は、そりゃ最初は醜いオークなんかにって事で手厳しい言葉をぶつけられるものの、すっかりやる気の主人公には何も響きません(汗)
むしろ、そんな事を言っている女性陣をHで従順にしてやろうと思うだけですからね♪

私はもっとヒロインたちは、かなり激しく抵抗する様な反応をイメージしてたんですが、思ったよりもかなり控えめに感じましたね。
これは、実力差からもはや抵抗など無意味と悟ったってのも一因としてあるのでしょうが、全体的に抵抗がかなり弱いですね。
なので、人によってはもっと歯応えのある反応を期待してた人もいると思うんですが、残念でした(汗)

まぁ、その分無理やりって流れにはならないので、ヒロインたちにとって痛々しい展開にならないという利点(人によっては欠点?)がありますね。

更に割と早い段階の行為で、女性陣も満更ではない反応を示すようになるために、余計に無理強い感はないと思います。
女性陣も次第に行為に対してだけでなく、主人公そのものに心を許す様になっていくので、ラブラブとは少しニュアンスが違いますが、距離感が近づいていくのを感じ取れるようになっているのが印象的ですね。
実際、途中ではヒロインの心情描写もあり、主人公との行為を受け入れていく様が垣間見えますね。

それでももっとヒロインを掘り下げて欲しかったかなと思いましたね。
これではとりあえず用意したヒロイン感があって、印象が弱かったです、自分には。
姫騎士としての個性がないんですよね、自称姫騎士というか…(汗)

オーク主人公なんですが、別にこれもオークっぽさがないというか…(汗)
確かに挿絵で見える姿は、人間とは全く違う容姿をしている訳ですが、それくらいなもので文章からは普通の人間としか見えないんですよね。
そりゃ、中身はオタクでニートな主人公と変わらないんですから、当然人間臭いってのは分かるんですが…。

別に底なしの精力だって、エロ小説の主人公なら皆、人間でもそうでしょ?
上手く言えないんですが、あくまでもコスプレ風オークとでも言うのか…、どっちつかずで中途半端さを感じたんですね。

まぁ、あくまでも今作は、ぷちぱら文庫の緩いノリなので、そこまでこだわる必要はないのは分かりますけどね、私がってのを真面目に捉えすぎなんでしょうね(汗)
なので、展開の緩さ、ノリの軽さ、読後感の軽さはいつも通りな愛内作品なので、痛々しくもなくサラっと読めると思います。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

今作でも醜いオークにやられちゃう可愛らしい騎士たちを描いていますね。
初体験の際は、ヒロインによってはつらそうな表情も見せますが、すぐに快感を覚える様になるので、悲痛さはないかと思います。
後は、Hにすっかりはまっていく彼女たちの表情、姿が印象的ですねぇ♪

オークの主人公の姿も一部ですが、描かれています。
怖いってか、愛嬌のある不細工という感じですかね?(汗)
大半が股間くらいしか描かれていないので、苦手でも大丈夫かと思いますけどね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、オーク主人公が騎士ヒロインたちとHしまくる話ですね。
正直新鮮味があまりなく、最初読んだ時、何かもうこんな話読んだ事ある様な錯覚を覚えました(汗)
ヒロインも少しパンチがないというか、印象が弱いのが勿体なかったですねぇ。

何よりも主人公が、オークっぽくないってのが最大の問題かな。
まぁ、オークらしさってのが、何なのか私にはよく分かりませんけれども…(汗)

逆に言えば、主人公がオークになっているって事で読む事に二の足を踏んでいた人にとっては良い事なのかなとも思いますけどね。
良くも悪くも、いつも通りな感覚で読める作品だと思いますので、過度にオーク要素を期待しなければ普通に読めると思います(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 気高き姫騎士の性処理ご奉仕! あなたにすべてを捧げます レビュー


気高き姫騎士の性処理ご奉仕! 〜あなたにすべてを捧げます〜(ぷちぱら文庫creative 142)
7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、元は平民出の出身だったものの、瞬く間に頭角を現し、遂に一国の王にまで上り詰めた存在です。
そんな彼は、大国の一つに侵攻し、見事に大国を併合する事に成功。

そこで主人公は、大国の王だった姫騎士を我が物にする事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • リリィエル・アルコ・ルタート」(以下リリィ)
がいます。

リリィは、大国の姫騎士であり、女王です。
誇り高い真っすぐな性格で民の事を考えているものの、それが形には至っていない事に歯がゆい思いをしています。
姫騎士として、剣技にも長けています。

ストーリー展開


展開的には、王となった主人公が敗戦国の姫騎士リリィを我が物にする流れですね。

一国の王に成り上がった主人公は、周辺国だけではなく、遂には大国であるリリィの国も我が物としていったんですね。
そこには、主人公の野望、目的があり、それに従っての行動だった訳ですが、リリィ側からしたら侵略者ですかねぇ(汗)

当初は、主人公を嫌悪していた彼女ですが、侵略後の対応などを見て、少しづつ評価を改める事に…。
世の中で伝え聞く様な内容は、簒奪王とか色々言われていますからねぇ。
そこから、普段の仕事ぶりを見ると印象が変わるってのはあるんでしょうね。

とは言え、あくまでも法に則ったリリィの考えとは違う手段、手法を時として使う主人公のやり方を見過ごす事はできないというのも、また確か。

そこでリリィは主人公に決闘を申し込み、自分が勝ったらそれを止めさせようとしたのです。
でも、彼女の立場は本来はそんな事を言える状況ではない訳で…、主人公にメリットがない話ですよね(汗)
結果、彼女は自分の身体を条件に決闘を申し込んだのでした。

まぁ、結果は主人公の完勝で終わるのはお約束(汗)

こうして、主人公はリリィの身体を好き勝手にする事となる流れですね。

この後もリリィは、事あるごとに主人公に対して決闘を申し込みまくる事に(汗)
まぁ、毎回負けちゃってHな事されるのが、パターン化、恒例な光景となっていますね。
…決闘系ヒロイン?(汗)

Hシーン


Hシーンは、リリィとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラなどがありますね。
正直、行為のバリエーション自体は少なめだったと思います。

見所としては、決闘で負けちゃってからのHな行為という、姫騎士ならではの流れでしょうか。
途中からは、Hしたいけどもプライドがあるからそうとは言い出せず、こういう手段でしているのではと勘ぐるレベルです(汗)

勿論、王族だった彼女はこれまで経験はなかった訳ですが、主人公の行為で経験すると、口では色々言うものの何だかんだ行為への抵抗は薄れていくのが垣間見えてきますね。
元々、Hの感度は良かったのか、かなり最初の頃から乱れた姿を見せてましたからね(汗)
主人公からしたら、何言われても響かないでしょうなぁ(汗)

そんな彼女もいつしか主人公の行為で甘さを見せる様に。
リリィって、ツンデレって程極端ではないので、そこのギャップこそ控えめですが、それが王族らしい風格を感じさせる一因になってますね。
あまりにもツンデレが強いと、シリアスさが減りますからね、そこの塩梅はちょうど良かったかと。

タイトルにある性処理~ってのは、読んだ感じ、ちょっとニュアンスが違う様な気がしますね。
もっと甘さが含まれているので、全く気にならずに読める仕上がりになっていると思います。

後、タイトルには描かれていないですが、中出し展開が多かったですね。
残念ながら?ボテ腹状態での行為などは描かれていませんでしたが。
個人的には、表紙絵でも立派な胸を見せつけてくれているだけに、パイズリを期待したのですがなかったですね(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

可愛らしくも凛々しさある姫騎士を魅力的に描いていますね。
特に行為中の顔を上気させた表情は、何とも言えない淫靡さを感じさせますね。
普段の姿とはギャップがあるのも、また魅力的ですな♪

個人的には、フェラしながら手で肉棒を扱いている様がお気に入りですね。
彼女の戸惑い、ぎこちない感じが表情などによく表れている場面だと思います。

中盤から後半辺りでは、行為ですっかりメロメロになっていて蕩けた表情を見せていますねぇ。
姫騎士っぷりはどこに行った!?(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトルである様な性処理云々関係なく、最終的にはいちゃつく内容でしたね。
まぁ、読む前から表紙絵などで大体分かる話ではあるでしょうけども(汗)

それだけにリリィがデレていく様も楽しめる仕上がりだと思いますね。
決闘系ヒロイン?が好みであれば、より一層楽しめるのではないでしょうか。
…そういうジャンルがあるのかは分かりませんけども(汗)

Amazon版 電子書籍
気高き姫騎士の性処理ご奉仕! ~あなたにすべてを捧げます~ (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
気高き姫騎士の性処理ご奉仕! 〜あなたにすべてを捧げます〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 ひたすら甘くイチャイチャな濃厚エロラブストーリー! レビュー


7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼は、学校でも有名な美少女の「直美」(なおみ)に憧れているひとりでもあります。
少しでも彼女との接点を増やしたいと、生徒会に所属し、少しは親しくなれた実感はあるものの、まだまだ知り合いの域を出ません。

そんな中、主人公は直美の衝撃的な現場を偶然目撃してしまう事になり、ここから一気にふたりの距離は急接近する事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

  • 島谷 直美」(しまたに なおみ)
がいます。

直美は、主人公のクラスメートで生徒会長でもあります。
真面目でちょっと厳しくキツさを感じさせるような雰囲気を持っています。
しかし、実際は甘えん坊な所があり、色恋沙汰には不慣れな面もあります。

ストーリー展開


展開的には、直美に憧れる主人公は、彼女の衝撃的な現場を目撃した事から、一気に関係が進展する流れですね。

そもそも主人公は、直美に憧れているんですね。
まぁ、彼女に憧れている存在は大勢いるので、主人公はそのひとりである訳ですね。

しかし、普通の男子生徒である主人公にとっては、彼女の存在はまさに高嶺の花。
そんな主人公は、彼女と同じ生徒会に所属して、彼女と少しでも接点を持ちたいと考えたんですね。
(彼女は、今度の生徒会選挙で新しく生徒会長に決まる事が確実視されていたので)

実際、直美は生徒会長に決まり、主人公も何とか生徒会に入る事が出来たのでした。

主人公も何とか仕事にも慣れ、直美と少しは親しくなっているものの、恋人とかとは全く思えない様な状態ではありましたが(汗)
しかし、そんな状況が続く中で、主人公はある光景を目撃する事に…。

何と、放課後の無人の教室内で、直美が自慰をしていたのでした(汗)

この事が、ふたりの関係を大きく変える事になったのです。
別に主人公が、これをネタに黙って欲しければ~みたいな脅迫するとかではないですよ(汗)

実は、この時、直美は主人公の事を思って自慰行為をしてたんですね。
つまりは、お互い両想いだったんですね、主人公と直美は。

この事が明らかになって、意外とあっさりとふたりは付き合い出す事になる流れですね。
なので、早い段階でふたりは恋人状態になる訳ですね。

その分、早くからイチャイチャする展開を見る事になりますね。
もうタイトル通りですよね、これは。

Hシーン


Hシーンは、直美との行為が描かれています。

行為的には、自慰やパイズリ、フェラなどがあります。

上記にもありますが、割と早い段階で恋人同士で付き合い出しますので、行為のボリュームは結構あると思いますね。
そもそもの交際のきっかけが、自慰だった訳ですしね、直美は恥ずかしくてたまらんでしょうが(汗)

前半部は、主に直美が場の主導権を持って、主人公が受け身側な展開が多めですね。
まぁ、彼女も男性経験はありませんので、そこには微笑ましさもありますね♪

後半ら辺になると、次第に主人公の方からの立場が逆転する流れが目立ってくる事になります。
直美も序盤に比べると変に力を入れずに自然体になったって感じなので、主人公が特別押しが強くなったって訳でもないかな。
とは言え、主人公も序盤に比べればしっかりしてきた所はありますけどね(汗)

直美も結構行為の序盤から、身体の感度も良く、すっかり主人公とのHにハマっちゃった感じですね。
でも、あくまでも相手が主人公だからってのが伝わってくるから、ニヤニヤできますねぇ♪

個人的に好きなシチュエーションは、行為をしている最中に他の人が来ちゃって、その間にどちらかが隠れて、そこでHなイタズラしちゃうって奴ですね。
これ自体は、良くある展開ではありますけども、この作品では珍しく?男女両パターンがあるんです。
主人公に隠れた直美がHなちょっかい出す展開と、直美に隠れた主人公がHなちょっかいを出すって展開の2種類ですね。

そこでの両者の反応の違いなども見所ですね。

キスシーンが多めなのも、結構嬉しいですね。
やはりこういうイチャラブ物は、こういう描写がないとね♪

特に行為とは関係ないんですが、要所要所で直美の視点での描写があるのも良かったです。
ここでは友人との電話でのやり取りが主なんですが、主人公への想いなどが彼女の目線で描かれているので、より感情移入が出来ましたね。
この友人も中々キャラが濃いですが(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

可愛らしいキャラクターに加え、ムッチリとした肉付きの良いボディの描写も魅力的ですね♪
そりゃ、こんな娘が学校にいたらモテモテでしょうねぇ。

作中では、気の強そうな印象みたいな紹介もされていましたが、表紙絵を含めても、言う程そんな印象はなかったんですよね。
どれも柔らかい表情をしてて、とても可愛らしかったですね♪

そんな可愛らしさと裏腹ないやらしさもあるのが、彼女の魅力ですね。
フェラシーンも良い意味で下品さが感じられる表情なのが、またたまりませんね。
残念なのは、あまりフェラを含めて、本番以外の行為が少なかった事ですね(汗)

前も書いた様な気もしますが、肌の質感とかトーンの陰影のつけ方が良いんですよね。
特に陰影は、妙な色気を感じさせると言うか、いやらしさを引き立たせてくれる要素だと思いますね。

相変わらずお尻のラインを含めた、お尻の描写も見所ですね♪

挿絵数:11枚

総評


全体的には、タイトル通りにひたすら甘くイチャイチャするってお話でしたねぇ。
まぁ、本当にそれだけなので、正直書く事に困ってしまいますが(汗)

そのため、あまり印象に残るストーリーがあるって訳でもないので、好みは分かれるかもしれませんね。
勿論、何も全く話がない訳ではないんですけどね。
一応、主人公も時には直美との仲を周りの人間に不釣合いだと言われて悩んだり、それを受け入れ、彼女に相応しい存在になろうとしたりと、成長の要素も無くはないですし。

まぁ、基本イチャ甘なH三昧なので、こういう要素がある方が、直美とのイチャイチャの甘さも引き立ちますしね♪

ヒロインとのイチャラブ展開が好みって人には、楽しめるのではないでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 ビッチのフリをするお嬢さまの処女をおいしくいただきました♪ レビュー


5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通のモテない男子学生です(汗)
当然童貞な主人公でしたが、彼の友人が童貞を卒業したと聞き、焦る事に…。
そこで主人公は、いわゆる学園でビッチだと有名な「リルム」に頼んで、Hさせてもらおうとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

橋本 リルム」(はしもと)がいます。

リルムは、主人公のクラスメートです。
ハーフで鮮やかな金髪が良く似合っており、美少女でもあります。
学園でも有名なビッチとして知られています。
明るく感情表現が豊かな性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が何とか童貞を卒業したいと、遊んでいると有名なリルムにHをお願いしようとする流れですね。

何故にそうなったかは、上記でも書きましたが、主人公の友人がまさかの童貞卒業したと知った事がきっかけなんですね。
友人は、自分と同様に女性に縁のない存在であり、モテない仲間でもあった訳ですが、まさかの抜け駆けをされたと(汗)

しかし、一体どうやって…。

それは、学園でも有名な遊んでいる女性陣の集まりである、通称「ビッチーズ」と呼ばれる集団に頼んだと言うんですね(汗)
…凄い名称ですね、そんな呼ばれ方しても当人らは問題ないのかなぁ(汗)

その名の通り?髪を染めたりなど、色々ヤンチャしている面々であり、それはHでも同様。
一般の女子生徒よりも男女関係はかなり進んでおり、日々いかにもな男子たちと遊んでいるらしいとの事。
友人は、そのメンバーに頼んでHさせてもらったという訳ですね。

友人も、なりふり構ってませんね(汗)
とは言え、どんな形、どんな相手であっても主人公としては、童貞を卒業できた友人は羨ましい訳ですね。

そして、主人公も同じように彼女たちに頼めば、Hできるのではないのかと考えたのです。
でも、どうせなら面子の中でも断トツに美少女なリルムとHできればいいなぁと思ったのです。
選り好みできる立場かって話ですけどね(汗)

主人公は、ダメ元でリルムを呼び出し、Hさせてくれと告白したのでした。
ムードも何もあったものではないですが(汗)

しかし、ここから話は予想しない流れへと進んでいく事に…。
何と結果的にリルムと付き合うという話に発展したのでした(汗)

こうして、主人公はただHしたかっただけなのに、彼女と付き合い出す事となるのですが、予想してたH三昧ではなく、普通の恋人同士の様なやり取りが始まる事となり、困惑する流れですね。


まぁ、そこら辺の理由などはタイトルを見れば、察しがつくかと思います(汗)
ネタバレもないもないでしょうね、こんなタイトルじゃ(汗)

Hシーン


Hシーンは、リルムとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

タイトルでも分かる様に、リルムはフリをしているという立場な訳ですね(汗)
そのため、当然ですが男性経験はありません。
ですが、別にフリをしているってニュアンスとも若干違うかなって感じはありますけどね。

あまり詳細は書けませんが、別に仲間外れにされるからみたいな理由とも少し違ってて、彼女は自然なんですよね。
なので、ツンデレみたいに「本当に遊んでいるんだからね!」みたいなキャラでもないので、そこは逆に新鮮な態度に見えましたね。

素直で感情表現が豊かなので、見てて大人っぽい雰囲気なんですけども、実際は結構甘えん坊だったりと可愛らしい性格なんですよね。
そんな彼女のギャップのある魅力に見てて惹き込まれました♪

とは言え、Hも積極的な所があるので、ある意味間違ってないのかも(汗)
でも、自分(主人公)にだけ積極的になってくれる彼女は、愛らしい存在ですし、他の女性と話している事にヤキモチ焼いたり、頭を撫でられるのが好きだったりと、本当に見た目の雰囲気と違うリルムの魅力には、主人公だけじゃなく、読み手もニヤニヤしてしまう力がありますね♪

本番行為が主で、意外とフェラやパイズリといった行為は少な目だったかな?
個人的には、彼女側からしてあげたいって言ってくるリルムが可愛かったので、もう少し見たかった所はありましたね(汗)

まぁ、本番行為で彼女は感度が良くて、主人公に挿入されて先に絶頂してしまう事が多いんですが、主人公を気持ちよくさせてあげたいのにと言ってくれるのは嬉しいですね。
完全にベタ惚れですねぇ、これは♪

それだけにふたりのやり取りの甘さ、イチャイチャ加減は見応えがありましたね。
今作では主人公もだいぶまともな方なので、感情移入しやすく、読みやすかったのも良かったですねぇ。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

リルムの容姿は、金髪だったりで大人っぽさがあるデザインなんですけども、それと言動の可愛らしさのギャップは魅力的でしたね。
ツンデレ系でもなく、素直な性格なヒロインなのも、好感が持てましたね。
別にツンデレが悪いって訳ではないですよ(汗)

アングルとしては、正面からのシーンが多かったですね。
お尻からのイメージがあったんですが、今作ではお尻からの挿絵は1枚くらいだったので、意外と少なかったですね。
その分、正面からの挿入シーンが多めに描かれていましたね。

相変わらず描くヒロインは、巨乳揃いですな♪
窓ガラスに胸を押し当てているシーンも見所ですね。
押し当てられて、ムニュと形を変える胸はいやらしいですね。

挿絵数:11枚

総評


全体的には、動機がアレな主人公でしたが、可愛らしい彼女をゲットする話でしたね(汗)
目的以上の成果だったのだから、幸せ者ですよね、主人公は。

そんな主人公とリルムの甘くイチャイチャな恋人な日々が楽しめますね。
突飛な展開などは、特にないのですが読みやすい作品に仕上がっているので、キャラクターらが気にいれば楽しめると思います。

しかし、もう少しタイトルは捻って欲しい気がしますけどね(汗)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍
ビッチのフリをするお嬢さまの処女をおいしくいただきました♪

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 異世界で風俗経営を始めたが、美少女達は俺だけとSEXしたいらしい レビュー


3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、突然異世界に召喚されてしまった存在です。
しかし、しがない風俗店のボーイとして働いていただけの主人公がいきなり勇者として、魔王と戦わなければならなくなったのです。

ですが、チート能力を有していた主人公の前にあっさりと魔王は倒されてしまう事に(汗)
平和になった世界で主人公は、討伐を受ける際に交わしていた約束で、女性陣を風俗嬢として風俗店を開くという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アディ
エルヴィラ
フェリス」がいます。

アディは、主人公のこの世界に召喚したお姫様です。
優しく穏やかな性格で、どこか甘えん坊な所があります。
主人公に魔王を倒す事を依頼する事になります。

エルヴィラは、アディたちの国と敵対関係にあった、魔王です。
主人公にあっさりと倒されてしまう事になります(汗)
テンションが高く、結構ノリの良い性格の持ち主です。

フェリスは、魔王討伐に失敗した勇者です(汗)
気が弱い性格の持ち主でもあります。
当然魔王のエルヴィラとは相性がよろしくありません。

ストーリー展開


展開的には、主人公が勇者として魔王を倒し、その見返りとして風俗店を始める事にするという流れですね。
…どういう事なの?(汗)

まぁ、世界の危機に勇者となる存在を召喚するって話は珍しくはないですな。
しかし、主人公は学生ではなくて、社会人ってのは珍しいですね。
それも風俗店のボーイって(汗)

主人公は、どうやらこれまであまり恵まれた人生ではなかった様で、すっかりひねくれた性格になっているらしいんですね(汗)
なので、最初に異世界に召喚されて、勇者として魔王を倒して欲しいとアディに頼まれても断る性格の悪さを見せてくれます(汗)

彼にとっては、勝手に呼び出されて命の危険のある頼みごとをされて、快く受け入れる様な心の広さは持っていない訳ですな。
まぁ、アディ曰く呼び出された主人公の力は驚くほどの力を有しているというんですね。
いわゆるチート能力ってやつですね(汗)

…どっかで聞いた様な能力?
はい、この著者作品でそんな作品がありましたね(汗)

そんなチート性能を持った主人公は、アディの頼みを聞く事に。
しかし、根っからのひねくれている主人公は、ただ頼みを聞くだけではなく、ある交換条件をだしていたのです。

さて、その後魔王討伐に出かけた主人公は、あっさりと魔王を討伐(汗)
その早さは、何とプロローグの間に戦闘の描写もなく、討伐が終わる程なのでした(汗)

そして、世界に平和が訪れた事で主人公は、アディと約束してた事を実行させる事に…。

それは、この世界に風俗店を作り、そこの経営をしようという夢を実行したのです。
その従業員は…そうお姫様であるアディたちであり、彼女たちに風俗嬢らしい行為を教え込んでいくって流れになっていますね。

しかし、先月も風俗ネタでしたが、続いていますねぇ。
風俗プレイに味をしめたのでしょうか?(汗)
まぁ、この手の設定を使う作品って少ないから、狙い所なのでしょうが、連続で出していては飽きられるのも早いのではないかと勝手に心配しておりますけどね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、素股、手コキなどがあります。
その他では、バイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

やはりタイトルにもある様に、風俗って所が肝でもある今作品ですので、そっち系の行為が多いでしょうかね?
ローションプレイだったりとか、らしい行為がありますね。

彼女たち、こちらの世界の住人は当然風俗なんて分からない訳ですから、全てが初めてで新鮮な行為な訳ですね。
男性経験も魔王のエルヴィラだけ経験があるだけで、他のふたりは経験なしですから、一から風俗プレイや性行為を教え込んでいくという流れでもあります。
でも、エルヴィラもある意味、初めてなんですけどね(汗)

最初は消極的というか、風俗を理解していない女性陣ですが、Hな事を経験していく事で、徐々に馴染みだしていく姿が印象的でしたね。
まぁ、最初からエルヴィラ辺りは結構ノリノリってか、主人公との行為が楽しみって感じなだけでしたけども(汗)

途中からは、ヒロインたちを複数交えた展開もありましたね。
ってか、それがメインになっていきますね、個別の行為は中盤辺りまでで。

勇者と魔王であるフェリスとエルヴィラは関係が悪いんですが、一緒に行為を体験する事で関係性にも変化がありましたね。
まぁ、フェリスだけが一方的に気にしてた様な感じでしたけども(汗)
思ったよりもお姫様であるアディが馴染んでなかった様な気がするんですけどね、てっきりメインヒロイン格と思ってたんですけども。


タイトルにもありますが、俺とだけ~ってある様に、風俗店と言っても結局客を取る訳ではないので、寝取らせみたいな話ではありません。
まぁ、そうなると何で風俗店なんぞやるんだって話ではありますが、それは一応結果論って事で(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫ではお馴染みですね。

今作でも可愛らしい女性陣を描いていますが、やはりこの人の描く肉感的かつ柔らかそうな肌がたまりませんね♪
胸も、その柔らかさが伝わってくる様な迫力さは見応えがありますね。

正直、あの細腕さとかはかなり華奢に感じる所もあるんですが、それを吹き飛ばす爆乳具合などは、ある意味突き抜けていますね(汗)
あんまりやり過ぎると、胸ばかり大きくて異形の化け物と化す危険性もあるんですが、このギリギリ?なバランスを保っているのは見事でもありますね。

正面からの構図で、迫力のあるフェラシーンなども見応えがありましたね。
フェラだけではなく、素股やバックからの挿入などはアップで迫力も十分です♪

いずれのヒロインも、それぞれの可愛らしさ、魅力があってひとりに選べないですねぇ(汗)
終盤では、3人一緒に並んでいる姿などもあったりで、中々壮観な光景ですね。

挿絵数:11枚

総評


全体的には、タイトル通りな内容でしたね。
…まんまなだけに、ある程度内容が読まなくても分かってしまうのは良いのか悪いのか(汗)

でも、正直異世界で風俗店やる意味はあったのかと聞かれると…、うーん(汗)
まぁ、普通の店ではいない様な面々ばかりなだけに価値はありますけどね。

結局、主人公、ヒロインらも他の相手なんて考えられないみたいな話になった時には、これまでの話は何だったんだ?って話ですけどね(汗)
いやまぁ、タイトル通りではありますけども、何だかねぇ…。

主人公のキャラもあまり馴染めなかったのが残念かな。
チートとかそういう設定にして、楽を覚える様な展開はどーなのかなぁ(汗)
まぁ、今作は勇者として戦うってのがメイン所ではないってのも分かりますけどね。

ヒロインたちももう少し感情移入しやすい様な展開があると良かったですね。
結構、アディとか存在感薄かったのは残念でした(汗)

個人的には、今ひとつな作品だったなというのが正直な感想ですね(汗)
この人の作品は、当たり外れが大きいのが難点ですな…。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 童貞捨てに風俗に行ったら女の子が処女だったんだが、俺はどうすればいい!? レビュー


2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、社会人になって間もない新人社員です。
そんな彼は、先輩に勧められて初めての風俗店に行く事に…。
そこで彼は、お店で現れた女性に一目で心を奪われてしまう出会いを果たす事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

狩野 乃果」(かのう のか)がいます。

乃果は、主人公が訪れた風俗店に在籍していた風俗嬢です。
大人しく優しい物腰をしており、どこか育ちの良さを感じさせる所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が風俗店に初めて行った先で乃果を見て、一目惚れしてしまう流れですね。
…惚れっぽい(汗)
いやいや、確かにそこで出会った乃果は、とても美人であり、確かに人目を惹く容姿をしていた訳ですね。

そもそも、主人公が人生初の風俗店に行く事となったのか。
それは、会社の先輩とのやり取りがありました。
会話の中で、主人公に彼女がおらず、まだ童貞である事を知った先輩は、風俗店(ソープ)を紹介した訳ですね。

その風俗店で主人公は、彼女…乃果を紹介されたという事なんですね。
すっかり一目惚れな主人公は、即決で彼女を指名したという経緯ですね。

どうやら彼女は、入ったばかりの新人らしく、どこか初々しさを感じる態度を見せる事に。
まぁ、経験のない主人公なので、それどころじゃないし、自分もドキドキですしね(汗)

ぎこちない仕草ながらも、彼女とのキスや手コキなどであっさり射精してしまった主人公。
そして、ソープですので、当然本番行為に…、遂に童貞を卒業だと感慨に耽る主人公でしたが、行為後に何と彼女が初めてだったと知る衝撃の展開に(汗)

って、タイトルを見ればバレバレなので、今更な話ですけどね(汗)
個人的には、こういう全部書いてあるみたいなタイトルはどうかと思うんですけどねぇ…。


まぁ、話は戻って、知らなかったとは言え、乃果の初めての相手にもなった主人公。
しかし、嬉しさもありつつも、男の初めてと女性の初めての価値は同価値ではないだけに色々考える事に。
そして、主人公の中に彼女を独占したいという感情が湧いてきた訳ですね。

独占と言っても、そんな無理やりな感情ではないですよ、念のため(汗)
他の男性の相手を彼女にさせたくないという感情と言えばいいんですかね。
これもある意味、独占欲と言える感情ですよね。

そこで主人公は、乃果が勤務する日に毎回通い、彼女を指名し続けるという行動に出る事を決意(汗)
こうして、乃果との時間を独り占めにしていき、彼女との関係を深めていく事になる流れですね。


普通に考えたら、風俗嬢に入れ込んだら痛い目に遭いそうな感じですけどもね(汗)
まぁ、リアルじゃなくてぷちぱら文庫だから大丈夫!(汗)

Hシーン


Hシーンは、乃果との行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラ、素股などがあります。

やはり今作の見所は、あまり他作品にはない風俗をテーマにした所でしょう。
それだけにやはり他ではあまりない雰囲気が味わえるのも大きいですね。
とは言っても、ぷちぱら文庫ですので、あまり期待しすぎてもってのもありますけども(汗)

実際、らしいプレイってのだと、マットプレイとか潜望鏡とかなどがあった程度なので、そこまで特筆すべきものはなかった様な気がしますけどね。
まぁ、乃果は新人で処女だった訳ですから、プレイとか正直知らないってのもあるんでしょうけどね(汗)
主人公にプレイを教えてもらってたりする始末ですし(汗)

そこが彼女の魅力のひとつでもあるとは思うんですけどね、変にこなれていないという所などは。
自分色に染めるって意味でも、これはこれで男としたら悪くはないシチュエーションもありますしね。

まぁ、自分が教えた行為を他の客に使っていたらとか考えると、凄い嫉妬爆発な感じではありますが、幸いな事に?主人公は本当に彼女の勤務日に全部通っているので、そんな嫉妬心を滾らせる様な事にはなりませんので、ご安心を(汗)

そんな乃果との行為は、何とも初々しくもHな展開が味わえますね♪
どちらも恋愛経験も無い様な、似た者同士なふたりなだけに何だかんだ雰囲気も最初から悪いものではないですしね。
まぁ、それが本当に彼女本人の感情なのか、お仕事によるものなのかってのは、気になる所でしょうが、乃果もそんな使い分けられる様な程、器用ではないだけにご安心を。

そこ疑い出すと、キリがないですからね(汗)

後、目立っていたのはコスプレ要素ですね。
風俗では定番である、セーラー服といった衣装だったり、体操服などの格好での行為がありましたね。
また制服姿の乃果が、良く似合っている事♪

そんな姿での彼女の行為は、主人公ならずも興奮ものですねぇ。
主人公もハマったのか、何回も制服姿での行為をしていますからね(汗)

序盤から甘さを感じさせてはいましたが、終盤になると更にイチャイチャ甘さを堪能できる様になりますね。
この辺だと、もう関係性も当初のとはだいぶ変わっていますしね。
まぁ、最初から十分甘かった様な気もしますが(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

今作でも初々しい乃果のデザインを魅力的に描いていますね♪
お嬢様的な清楚さのある彼女が風俗店にいるってのが、場所とのギャップを感じさせますね。
それでいて、こんなに巨乳だったりするんだから、たまりませんね。

実際、凄い胸なだけにパイズリシーンなど、胸を見える場面ではかなりの存在感を示していますね。
視覚へのインパクトは絶大です♪

コスプレしての行為では、制服や体操服姿の彼女を見る事ができます。
個人的には、体操服より制服の方が好みかな、そっちのが枚数ありましたし(汗)
勿論、彼女の肉付きの良い身体と体操服のムチッと感も捨てがたいんですけどねぇ。

挿絵数:11枚

総評


全体的には、風俗をテーマにした作品でしたけども、そんなに風俗、風俗してないという感じでしたね。
あくまでも風俗を絡めたお話って程度で、そこはぷちぱら文庫らしい仕上がりになっているので、特別読んでいて違和感はないかと思います。

主人公が社会人だったりなど、風俗を絡めるゆえに年齢が上がっているなど、学生主人公が多い中で新鮮さはありましたね。
とは言え、新社会人なので、学生に近い感覚で読めるとは思いますので、言う程違いはないかもしれません。

ちなみにあとがきによると、次回作も風俗絡みな作品みたいですね(汗)
…さては、味占めたかな?(汗)

Amazon版 電子書籍
童貞捨てに風俗に行ったら女の子が処女だったんだが、俺はどうすればいい!? (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
童貞捨てに風俗に行ったら女の子が処女だったんだが、俺はどうすればいい!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 超巨乳のカノジョが俺の巨根に絶対服従でドスケベに!? レビュー


1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
手に入るまで時間がかかってしまいました、今更感はありますがご理解下さいませ(汗)

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、これといって特徴のない男子学生です。
しかし、そんな彼でしたが、学校で一番巨乳と名高い「陽子」(ようこ)と交際をしていたのです。

とは言え、主人公にはある悩みも…。
それは、陽子との付き合いが、未だに清い交際止まりである事という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

吉谷 陽子」(よしたに ようこ)がいます。

陽子は、主人公のクラスメートで恋人です。
少し勝ち気な性格で他人にキツい印象を与える所があります。
学園一の巨乳の持ち主としても、有名です。

ストーリー展開


展開的には、主人公が恋人である陽子との交際が進展していない事に悩む流れですね。

主人公と陽子が付き合い出してから、既に半年を過ぎていますが、まだHはしていない状態だったのです。
主人公としては、やはり健康な男子ですから、勿論Hをしたいという気持ちはあるんですけどね。

何故そういう事に至らないのか?

それは、恋人の陽子がそういった性的な事に対して潔癖な所があり、乗り気ではないからなんですね。
それこそ半年以上も付き合って、キスも数える程しか出来てないくらいという状態なのだから、Hなんてありえない状況ですね(汗)
主人公からしたら酷ですよねぇ、学園一の巨乳な彼女がいるってのに(汗)

また主人公としては、若干の引け目みたいな感情もある訳ですよ。
何せ恋人が学園で憧れの存在なのに、自分の様な地味な相手と付き合っているって不釣合いな自覚があるゆえに、あまり顔色を窺うと書くと、随分と卑屈に見えそうですが、ちょっと積極的に行きづらい所が確実にあるんですよね。


ですが、そんな状況にもついに変化が…。
デートや誕生日などを経て、彼女とHまでようやくこぎつけたという流れですね。

さて、ついに念願だった陽子との初H。
お互いに初めてだったのですが、何とか無事に終える事が出来たのですが、この事が陽子にある思いを抱かせる事に…。


ここら辺の葛藤や複雑な心情の描写は見応えがありましたね。
でも、見応えがある一方で読み手としては何とも言えない歯がゆさも覚える事になりましたが(汗)

詳細は避けますが、主人公と陽子の関係が何とも初々しい訳です、お互いの距離感をつかみかねていると言うか。

陽子が主人公の行動を期待してても、主人公は行動したら嫌われるのではないかと距離を取り、それに陽子が立腹。
しかし、その原因が分からないために主人公は更に刺激しない様に距離を取ったりと悪循環(汗)
こういったお互いを大事にして、好きあっているのに、それが噛み合っていないのが読んでてもどかしさを感じさせましたねぇ。

個人的には、こういうジレンマ描写も嫌いではないんですが、ちょっと長く引っ張り過ぎて若干くどかったかな?(汗)
もう少し減らしても良かったかもしれませんね。

Hシーン


Hシーンは、陽子との行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、フェラ、手コキ、自慰などがあります。

やはり何といっても学園一の巨乳の持ち主な訳ですから、パイズリは重要ですよねぇ♪
でも、そこまでひたすらパイズリ押しって程ではなかったかな?

対して、主人公の肉棒は結構なサイズらしいんですね、タイトルにもある様に。
その巨根要素でしたが、正直あまり話に影響してなかった気がしましたね、無くても問題ないレベル(汗)
まぁ、あの巨乳に挟まれても存在感を出すには、それに負けないサイズの巨根設定が必要だったのかもしれませんけども。


中盤辺りまでと、それ以降では主人公と陽子に色々変化する事になるのも、大きな特徴ですね。
ザックリ言うと、主人公たちの力関係ではないですが、関係性が変化する事になりますね。

それまでは、どちらかと言えば陽子に結構気を配っていた主人公が、ちょっと強きになったというかより彼氏らしくなったからですね。
一方で陽子が、以前よりも従順と言うか、より素直になってきたんですね。
個人的には、主人公にやや可愛げがなくなったバージョンという感じでしょうか、一時的とはいえ(汗)

主人公に対して、陽子はよりHに貪欲に積極性が発揮されていく事となり、序盤の態度が嘘の様な変化を見せる事となりますね。
これまでの彼女の内面描写も見ていれば、彼女の積極性が増しているのもよく伝わってきますねぇ。
より正直になった感情表現なども相まって、何か明るくなった様な印象がありましたね。

別に暗い娘じゃないんですけどね、元々(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫ではお馴染みですね。

今作でも素晴らしい陽子の身体を描いていますね♪
ってか、巨乳とは言え、凄いサイズですね(汗)

そんな豊乳を活かしたパイズリシーンは、圧巻ですね。
確かにこのサイズのパイズリだと、普通のサイズの肉棒では見えなくなるかもしれませんね(汗)
本当に窒息できそうな肉感さは、見所ですね♪

そんな胸が目立つ存在な彼女ですが、挿絵では背後からなどやはりお尻を意識した構図も一部。
背中からお尻にかけてのラインも胸に負けず、美しいですねぇ。

トーンの使い方が上手いので、陰影の加減がより肉体の艶めかしさを感じさせますね。
こういう陰影のつけ方は、好みですね♪

挿絵数:11枚

総評


全体的には、思ったよりも読み応えがあると言うか、Hだけではなかったのが意外だったかな。
ヒロインたちとのちょっとした思いのズレなどがあって、読んでてモヤモヤすると同時にキャラたちに感情移入できた所はありましたね。
まぁ、引っ張り過ぎかなとは感じましたが(汗)

後は、タイトルにある巨根要素は別にいらなかった気がしましたね(汗)
こういうのって、下手すると主人公<巨根がメインになる事があるんで、あまり好きじゃないんですよね、
まぁ、今作の場合は途中からあんまり巨根云々どこへやらな感じになっていったので、そうはなっていないですけども。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 チート能力で無双になったので、美少女を片っ端からハーレムに入れて子作りしました! レビュー


1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
しかし、気づけばそこは見知らぬ場所…。
何と主人公は、異世界に勇者として召喚されてしまったのです。

囚われの身であるとされる聖女救出に向かう主人公御一行。
危険な旅路かと思いきや…、主人公の強さは反則級の強さだったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アディ
ベアトリス
エーヴリル」がいます。

アディは、主人公を召喚したお姫様です。
主人公の強さに惹かれて、旅にも同行する事に。
王族らしく気品のある美しさ、振る舞いなどがあります。

ベアトリスは、未来を見通すと言われている聖女です。
現在、囚われの身となっており、主人公たちが救出に向かう事になるきっかけでもあります。

エーヴリルは、アディの御付きの女騎士です。
それだけの技量の持ち主でもあります。
生真面目な性格で当初は、主人公を信用していませんが、次第に認めていく事に…。

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に召喚されてしまい、囚われの聖女を助けにいく流れですね。

…今に始まった事じゃないですけども、召喚多いなぁ(汗)
いやまぁ、結構好きだからいいんですけども、同時発売で異世界って凄いなぁ、と。

それはさておき…、主人公がこの世界に召喚された目的は聖女ベアトリスを助けるためな訳ですね。
要は、勇者として召喚された訳ですが、主人公は向こうの世界では普通の学生。

そんな戦う術のないはずの主人公だったのですが、それは間違いでした。
何と、主人公は召喚直後に襲撃を受けたものの、あっさりと返り討ちにしたのでした!

そう、何故か主人公はいきなり最強状態だったのです(汗)
タイトルにチート能力ってあるので、途中で身につけた能力みたいに感じますが、最初から有している訳ですな。

いきなり襲撃相手を返り討ちにした事で、召喚したアディはその強さに一目惚れ♪
召喚するだけの役目だったにも関わらず、彼女まで聖女救出の旅に同行してくる事になったのでした(汗)

こうして、主人公は旅でもその反則的な強さを発揮しまくりで、まさしく敵なし。
その強さに他のヒロインたちも惹かれてしまう事になり、ハーレム状態になっていくって流れですね。


至極、単純で分かりやすい展開ですねぇ。
この人の作品の冒険描写というか、戦闘描写ってどうもアッサリしている感があって、正直あってもなくてもって感じる事がありましたが、そこを逆手に取ったかの様な主人公の異次元な強さという設定によって、戦闘描写を極力雑に仕上げても問題ない様にしているのは面白いですね。

何せ、敵の集団がこちらに向かってくる前にもう殲滅しちゃっているから、戦闘にすらならないし(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラやパイズリなどがありましたね。

ヒロインたちは、それぞれ主人公の圧倒的な強さに惚れ惚れしており、展開が早いのも特徴のひとつですね。
唯一、騎士であるエーヴリルは、立場や自身のプライドもあったりで主人公に対抗心を燃やしているので、デレるまでが少しかかりますが、他のふたりに関しては前線で戦う様な立場でもないだけにもう即、メロメロですな(汗)

それだけに、序盤から甘い雰囲気での行為を見る事ができますね。
女性陣もヒロインにもよりますが、比較的早い段階で行為の気持ち良さに目覚めていき、Hが病みつきになっていく事になります。
…これだけだとH好きなだけの様な気もしますけども、勿論、主人公への好意があるってのが前提ですよ(汗)

ヒロインたちのH方面の成長は著しく、主人公もたじろぐ程に成長する様にも(汗)


気になったのは、こういってはアレですが、正直アディとベアトリスのキャラが若干かぶり気味だった様な(汗)
せっかくいいキャラなのに、似ている感じがあるのでどうしても途中参戦のベアトリスの印象が薄く弱かった気がするんですね。
実際、姫と聖女だとどうしても雰囲気、言動なども似てきますからねぇ。

それだけに個人的にツンデレって程ではないですが、デレのギャップも少しあるエーヴリルの方が印象に残った所がありますね。

終盤では、ハーレムものなのでお約束の全員交えての行為が展開される事になります。
個々でも存在感のある身体が揃っているだけに、全員の行為は中々壮観ですねぇ。
挿絵の効果もあって、ハーレム感もより増すってものですね♪

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫ではお馴染みですね。

表紙絵でも分かる様に、凄い胸してますよね。
エーヴリルは、ふたりに比べると控え目ですが、あのふたりが異次元なだけですからね(汗)
人によっては、胸が大きすぎて気持ち悪くなるレベルに近い所まで行きつつある様な…。

そんなヒロインたちなので、さぞ胸を強調した挿絵ばかりかと思いきや、意外とそうでもなかったんですね。
結構、お尻が目立った挿絵が多かったです。
お尻をこちらに向けている姿勢での行為などでは、胸に負けず劣らずお尻の立派な形が拝めますね♪
そんな背面からの姿勢にもかかわらず、胸の大きさが分かるってのも半端ない事になっているのも見所のひとつですね(汗)

挿絵数:11枚

総評


全体的には、タイトル通りな展開でまさに敵なしな強さを見せつけてくれましたね。
その反面、主人公に感情移入がややしずらい作品でもありましたが(汗)

ただ敵を瞬殺して、ヒロインとエロい事するだけでしたからねぇ。
圧倒的な強さもあってなのか、妙に落ち着いてて、あんまり学生感もなかった様な?
まぁ、この人の主人公は比較的冷静なキャラが多いですからね、いつもの事と言えば、いつもかな(汗)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍
チート能力で無双になったので、美少女を片っ端からハーレムに入れて子作りしました!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 媚薬を使ったウィッチがビッチ化してエッチなデスマッチ!? レビュー

ぷちぱら文庫 媚薬を使ったウィッチがビッチ化してエッチなデスマッチ!?


今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通のHな事が好きな男子学生です。
そんな彼でしたが、気づけばそこは見知らぬ場所…。

何と主人公は、異世界に勇者として召喚されてしまったのです(汗)
主人公に課せられた目的は、この世界で脅威となっている「魔女」を退治する事。

言われるがまま、魔女の元に向かった主人公は何故か魔女とHな事になってしまうという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アニー・ハーバー」(以下アニー)
シルヴィ・トラウト」(以下シルヴィ)

アニーは、灼熱の魔女と呼ばれている魔女です。
明るい性格で好奇心が旺盛であり、研究熱心です。
異世界から来た主人公に興味を持つ事に。

シルヴィも、魔女と呼ばれる存在であり、アニーの友人でもあります。
研究熱心で没頭すると何日もこもってしまう所が。
どちらかと言えば、クールな印象があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に勇者として召喚させられてしまい、魔女を倒す事になるものの、Hな関係になってしまうという流れですね。
…最近、こんな召喚される感じの話を読んだばかりな様な?(汗)

勿論、主人公は元の世界では普通のスケベ男子だっただけなので、勇者らしい能力など何も持ち合わせていない訳ですね。
なのに、いきなり勇者として呼ばれて、魔女退治に向かわされるってのは無理がある話ではありますよね(汗)

しかし、何もこの世界を知らない主人公には従うしか他になかったのです。
こうして、主人公は渋々、魔女の住む森へと向かう事に…。

そこで主人公は、ある美少女「アニー」と出会う事に。
彼女こそがこの世界で恐れられている魔女だったのです。
しかし、どう見ても彼女は、可愛らしい少女であり、とてもそんな恐れられている様な魔女には見えなかったのです。

そんなアニーは、異世界からやって来たと言う主人公の存在に興味津々。
彼女に誘われるままに、彼女の家に上がり込む事になり、親しくなる事に。
この関係は、何とも勇者らしくも魔女らしくもないですな、これは(汗)

そんな彼女とのやり取りの中で、話はHな方向に…。

実は、主人公がこの世界に召喚された際に、教えられた事の中に魔女は性的な事が弱点的な話があったんですね。
何ともふんわりした内容で、どう弱点なのかも定かではない話に主人公も半信半疑ではあるんですよね(汗)
そもそも、そんな魔女相手にHに持ち込めないだろうにね(汗)

主人公は、もうアニーに対して警戒心もなく、むしろ召喚した連中達よりも好感を持っているので、全部話してしまっているんですね。
なので、Hの件も話した訳ですが、その流れでHしてみようかという感じであっさりとHになってしまう結果に…。

そこにアニーがHした事をし知った、もうひとりの魔女であるシルヴィも参戦してきて、ふたりの魔女たちとのH生活が始まる事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキなどの行為がありましたね。

見所としては、タイトルにもある様に「媚薬」という要素がありますね。
彼女たちは魔女ですから、そういった薬品を作ったりするのも珍しくはない訳ですね。

元々、彼女たちのHでの感触というか反応は、当初はそこまで良いものではなかったんですね。
まぁ、興味があったアニーはまだしも、シルヴィなんかはただのアニーがしたと聞いて、やった感があっただけにまだまだそれぞれHの魅力までは感じていないのです。
Hもそれまでは未経験だったし、Hよりも研究している方が良かっただけにあまり欲求がなかった感じなんですよね(汗)

そんな彼女たちは、作ってみた媚薬を使ってみる事で、この状況が一変し、Hに積極的になっていく事になりますね。
もう媚薬の効果があると、凄い別人の様な積極性を見せてくれる様になりますね♪
それこそ引いちゃうくらい、ガツガツ来る様に(汗)

特にシルヴィは、あまり元々研究第一な所があって、Hに興味があまりなかっただけに、この変化は凄くギャップがありましたねぇ。
まぁ、素に戻るといつも通りそっけなさがありますが、それでも表情などの中に少し見え隠れするものが良いんですよね♪

そうなると引っかかる人もいるかもしれないのが、全部媚薬を絡めてしまうと、純粋な甘さとは少し違うのではないかという所ですよね。
でも、中盤辺りは媚薬多用な展開ですが、徐々に素の状態での行為もする様になってくるので、ご安心を♪
一部、アニーは、ちょっと本音を出すのが照れくさくて、使ったりする事もあるんですが、それは彼女の可愛らしさが表現されていますね。

終盤では、ふたり一緒になってのハーレム状態での展開になりますね。
それまでは個別での展開だったので、見た目も異なる彼女たちが一緒にいる光景は見所でもありますね。
元々、彼女たちは親友でもあり、家族の様な関係でもあるので、主人公を巡っての対立らしいものもないんですね。

なので、穏やかでHな関係性が全編にわたって描かれている事もあり、まったりとした雰囲気ですね。
まぁ、Hは迫力がありますよ、念のため(汗)

この頃になると、序盤の彼女たちとはだいぶ反応が違って、Hになっているのが印象深いですねぇ。
主人公への好意も見えるだけに、こうなれば媚薬を使うのも気にする事はないでしょう。

思えば、媚薬くらいしか魔女らしい要素の行為はなかったですね。
まぁ、H時に使える様な魔法とかはあんまりないかな…?(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫ではお馴染みですね。

ふたりの魔女ヒロインを魅力的に描いていますねぇ。
良く考えれば、あまり彼女たちって魔女って感じの格好ではなかったですね。
普通に可愛らしい&色っぽい格好でしたね♪

まぁ、いかにも魔女ですみたいな帽子とかする必要もないか(汗)

行為描写では、ふたりの肉感的なボディを味わえます。
胸もなんですが、お尻もこちらに向けているシーンも割とあったりと見応えがありました。
その身体のラインが何とも艶めかしいんですよね♪

フェラシーンでも、しっかり咥え込んで吸引している様が頬を窄めているので、よく分かります。
普段の可愛らしさからは、想像付かない淫らな表情で咥え込んでいる姿はたまりませんね♪

挿絵数:12枚

総評


全体的には、タイトルである様な感じは受けなかったってのが正直な所ですかね。
十分Hになっているとは思いますが、中毒とか男狂いみたいなイメージとは別物ですよ、念のため(汗)
可愛らしい魔女たちとの甘い生活を楽しめるようになっていますね。

まぁ、話としては、そこまでインパクトある展開ってのは無かったのですが、まったりとした雰囲気は悪くないかなと思います。
欲を言えば、これというものがあれば尚良かったとは思うんですけどね(汗)

そこら辺が少し物足りなさを感じてしまうのが少し残念ですね。

DMM 電子書籍
媚薬を使ったウィッチがビッチ化してエッチなデスマッチ!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 爆乳アイドルを強制発情させて性奴隷にしてみた レビュー

ぷちぱら文庫 爆乳アイドルを強制発情させて性奴隷にしてみた


10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、男子学生ですが、とんでもない秘密を持っていました。
それは、どんな女性も「発情状態」にする事ができるという特殊能力だったのです。

この力を使って、めぼしい女性たちをモノにしてきた主人公は、次なるターゲットを芸能界で活躍している人気アイドル「愛希奈」(あきな)に決め、彼女に近づく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

藤村 愛希奈」(ふじむら あきな)がいます。

愛希奈は、芸能界で人気のアイドルです。
可愛いだけではなく、強い意志を持っており、勝ち気な性格の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、主人公が女性を発情させる事ができる「発情能力」を駆使して、アイドルである愛希奈をモノにしようとする流れですね。
…何でしょう、この発情能力とは(汗)

読んでてビックリでしたが、もう主人公は冒頭から、この発情能力を持っています(汗)
生まれついてとかではなく、いつの間にかこの能力が使える様になっていたらしいです。

なので、怪しげな老人とかから手に入れたり、差出人不明な郵便物とかがきっかけで手に入れたとかの描写説明は一切ありません。
もう、最初から持っているので、それを使って好き勝手している所から物語が始まっています。

…まぁ、上記のようないかにもな展開から能力を得たりとかあっても、ベタだなとか良くあるよねってなるから、省いているってのはある意味ありがたくもあるんですが、いざ実際にそうなると何とも手抜き感が(汗)

そんな訳で、主人公は何故か女性を発情させる能力を有している訳ですが、色々とこれまでに女性陣相手に力を行使してきて、色々能力を把握しつつある状態です。

発情状態にさせても、それはその場だけなどの制約がありますが、ある程度の距離からでも遠隔で使える時点で相当反則な能力ですよね、これ(汗)

この能力を使い、主人公はお堅いとされる生徒会長だったりとかを発情させて、モノにしてきました。
そんな状況にも、主人公の心はどこか満たされませんでした。
もっと難しい相手を発情させて、モノにしたいという自分勝手な考えがふつふつと浮かんでいたんですね。

その時、思いついたのが芸能界という普通の人間では遠い世界の存在であり、愛希奈はその象徴でもありました。
愛希奈を自分の物に…、この思いつきを実現するために主人公は、準備を始める事になる流れですね。


んで、最終的には愛希奈の元にまで行き着いちゃうんだから、ある意味凄いですが、やった手段が完全に悪人のそれで(汗)
普通に犯罪者の道を着々を歩む主人公のキャラクターは、好き嫌いが分かれる事になりそうですねぇ。

そして、愛希奈にも主人公の「力」が炸裂する事になる訳ですが、これまでの女性とは違って、かなり強い抵抗を見せるんですね。
この予想外の歯応えにより、主人公の行為はエスカレートしていくって感じですね。

Hシーン


Hシーンは、愛希奈との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

やはり無理やり力によって、行為に至っている訳ですから、ある意味まともな状況ではないですね。
まぁ、好きどころか会って間もない男に無理やり犯されて、まともである訳はないんですが(汗)

それでも、力によって愛希奈もまた身体にはかなりの反応を見せる事になります。
愛希奈は、力に対して若干の抵抗力があるとは言え、主人公の力の前には無力に近いです。
しかし、絶頂し、行為が終了しても主人公への感情は消えないので、タフである事は間違いないですねぇ。

嫌いなはずの主人公に挿入されて、嫌なのに身体はそうではない反応を示す事に戸惑う、愛希奈の姿は見所ですね♪
普通に考えれば、もしかして自分は相当な淫乱なのかと思い悩んでも仕方ない状況下ですからね(汗)

まぁ、割と早く主人公はネタを明かすので、そういった葛藤などはそこまでないですけど、そこら辺をもっと突っ込んだ展開があっても面白かったかもしれませんね。


これだけだと、やっている事はただの凌辱作品と大差ないですが(勿論純粋な凌辱系との差はかなりあります)、途中から主人公と愛希奈の感情に変化が生じる様になる事になります。
何故か気になってしまうっていうアレですな(汗)

そこら辺から、少しづつ甘い雰囲気などが垣間見える様になってきますね。
甘さというか、少しづつ愛希奈が主人公のやり方に従順な所が見えてきたってのが正確かもしれませんが。


だいぶ、この時点になると愛希奈の態度も軟化しており、何か言動が全部甘く感じる程です。
まぁ、元々そこまで鬼気迫るものを彼女には悪いですが、読んでて感じてなかったですけどね(汗)
より素直になっている所があるので、憎まれ口もどこか悪口だけではないニュアンスを含んでいるのが感じ取れますね。

そこまで頻繁にではないですが、要所で愛希奈側の視点での心情描写がされている所も見所ですね。
愛希奈としても、その説明できない感情を持て余している感じが見えるのも、こちらからしたらニヤニヤできますね♪

更に終盤になると、かなりの変化が見て取れるように。
ここまでもかなり快感に対して、反応する様になってはいましたが、力を使わなくても良い位だったりなど、過敏な身体に仕上がりつつある姿も見る事ができましたね。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけていますね。
しょっちゅうこの組み合わせを見る気がしますが、毎月何か作品出しているだけに良く見るって事なんでしょうね(汗)

それだけ安定感のある絵柄は、今作も見応え十分ですね♪
アイドルらしくスレンダーな体型ながら、胸などはしっかり存在感を発揮しているだけに、グラビアアイドルもやれそうな程ですね。

「かゆ」さんの絵って、結構お尻を見せつけているかのようなシーンが多い印象がありますね。
今回もそこまで多くはなかったですが、これまた魅力的なお尻をこちらに向けているシーンは、結構お気に入りです♪

愛希奈は、アイドルなのでアイドル衣装での行為も一部ありましたね。
全裸も魅力的ですが、あのアイドルっぽい(って本物のアイドルですが)衣装ってのが、また良いんですよね♪
より彼女の魅力を引き出していますねぇ。

挿絵数:12枚

総評


全体的には、色々ツッコミどころのある内容だったかなという作品でしたね(汗)
力の事など、これといった説明もないだけに、突飛な印象もありましたが、そこら辺を細かく気にする人にはあまり納得はできないかもしれませんね(汗)

私としては、主人公がナチュラルに外道な感じもあるだけに、そこら辺は何とかして欲しかったですね(汗)
愛希奈を貶めようとしている相手を例の力で破滅させたりと、そこら辺に罪悪感を持たない感じはどーなのかなと。

まぁ、そういう相手はろくでもない感じの性格にキャラ付けされてたので、そこまで不快ではない様にはなっているんですけどね(汗)

てっきり主人公が改心していくかなと思ってたんだけども、あんま変わりませんでしたね(汗)
そこら辺が気にならなければ、それなりに楽しめる作品なのかなとは思います。

主人公たちは最終的にハッピーかもしれないけども、うーんって感じが残るのが個人的には残念だったかなというのが正直な思いですね(汗)
そこら辺を少しはフォローが欲しかったなぁというのは贅沢なのだろうか…。

楽天はこちらからどうぞ
爆乳アイドルを強制発情させて性奴隷にしてみた ぷちぱら文庫creative / 愛内なの 【文庫】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 巨乳牧場学園でミルク搾りはいかがですか? レビュー

ぷちぱら文庫 巨乳牧場学園でミルク搾りはいかがですか?


10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、おっぱいに対して目がない事を除けば、ごく普通の男子学生です。
そんな彼は、気づけば見知らぬ場所に迷い込んでしまっていたのです。

何とそこは、主人公の世界とは色々違っている世界だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

メイカ
カシナ
ナナノ」がいます。

メイカは、主人公と一番最初に出会った女性です。
美しい黒髪が印象的なおっとりとした雰囲気の美少女です。
しかし、Hな事などには興味があります。

カシナは、妖艶な色気を持つ女性です。
そんな雰囲気通りに、気分屋だったり挑発的な言動などが目立つ所があります。

ナナノは、ツインテールが特徴的な女性です。
とにかく勝ち気で負けん気の強い性格の持ち主であり、気難しい所があります。
主人公に対しても、当初からツンツンする態度を見せる事も。

ストーリー展開


展開的には、主人公が見知らぬ世界にやってきた事で、元の世界では考えられない経験をする事になる流れですね。

主人公は気づいたら、もう知らない場所にいたんですね。
それだけでも違和感が凄いある訳ですが、そこで出会った人らの風貌がまた違和感を生じさせるものだったのです。
それは、頭についている角の様なものがあったり、意味の分からない会話などがあったりと、自分が場違いな場所にいると実感させるんですね。

状況が分からない主人公は、そんな連中に連れて行かれて事情を話し、彼もまたこの世界、国の事を知る事になります。
やはりここは、主人公の常識が通用する場所ではなく、別世界だと感じさせる内容でした。
でも、言葉が何故か通じたりするなどもあって、あまり異世界感は感じにくいかもしれませんけどね。

さて、とりあえず不審人物から、多少は認識が変わった主人公の立場ですが、それでもここの人らにとっては怪しい事には変わりがありません。
それでもとりあえずの生活を保証される代わりに、この国で盛んとされる酪農を手伝うを命じられます。

そして、酪農の搾乳現場に案内されたのですが、その光景に度肝を抜かれる事に…。
何と、乳牛の搾乳かと思い込んでいたら、そこにいたのは大勢の女性が機械から搾乳されている光景だったのです(汗)

実は、この国の人らは人間ではないんですね。
「牛人族」っていう種族らしいですね、彼女たちは。
この国は酪農が主な産業であり、彼女たちの胸から搾ったミルクが大きな収入源でもある訳です。

おっぱい好きな主人公にとって、これは天国とも言える光景ですよね(汗)
こうして、搾乳を任される事になった主人公は女性陣3人のミルクを搾る事になる流れですね。
…天職ですな、主人公にとっては(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
他にも一部、ヒロイン以外の女性の胸揉みシーンとかはありますが、ここでは省いています(汗)

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所は、おっぱいや搾乳シーンですね。
おっぱいに対して、妙にご執心な主人公にはこの国の機械化した搾乳方法には、愛がないと力説してたくらいですからねぇ(汗)
…一体何者なんだろうか(汗)

それだけに愛のある搾乳などがしたいと思っている熱い男な訳です。
まぁ、やはり主人公のその熱さは、異世界のここでも引かれる事になりますが(汗)

そんな事もあってか、搾乳だけではなくて勿論キスであったり、Hも含めての行為になる訳ですね。
ヒロインたちもそれぞれの反応だったり、きっかけこそ違いますが、最終的には主人公との行為を受け入れて、積極的に望んでくる様になります。

搾乳に物申すだけに、何故か主人公の手にかかると、どの女性も普段よりも大量にしかも質の高いミルクを文字通り噴射する姿を見せる様になりますね。
…これが主人公の力か(汗)

やはり女性たちも、ドバっと勢いよくミルクを噴射させるのは、強烈な快感なんでしょうねぇ。
特に本番しながらの噴射がより濃厚なミルクが出るみたいですね。
まぁ、本番の快感に惚けてしまって、肝心のミルクを集める事が出来てないと言う(汗)

ちなみに、牛人族ってのは基本的に処女膜がないみたいですね。
それだけに初体験でも破瓜する事がない訳ですから、痛みを感じずに快感を味わうヒロインたちを見る事ができます。
まぁ、大半の作品は破瓜の痛みを感じても最中に快感を感じだす事が多いので、いらない要素かもしれませんけども(汗)

ちなみにカシナだけ経験者みたいですね。
そんな彼女も、主人公(Hも)気に入った様で、何かと色っぽく誘惑してくる事になり、お色気ムンムン担当でしたね。
私、最初てっきりおっとり系なお姉さんキャラかと思ってたけども、ちょっと印象違いましたね(汗)
もう少し、彼女にも見せ場があると良かったんですけどねぇ、この手のセクシー担当はあまり優遇されないからなぁ(汗)

一方のメイカはそこまでおっとり系って感じではなかった印象でしたけどねぇ、勿論優しいってのは分かりますが。
それでも彼女の献身的な所や、甘くイチャイチャする感じはしっかり感じられますから、そこはご安心を♪

珍しく?主人公を名前にさん付けしないってのは少し新鮮だったかな。
最初はさん付けしてましたが、主人公と親しくなるにつれてしなくなった訳ですね。
そういう距離感が縮まる感じが見えるのは、嬉しいですねぇ♪

ナナノは、もう典型的なツンデレタイプのヒロインですから、もう期待通りの反応を見せてくれます♪
もう髪型がツインテールってのがね、この手のキャラは。
更に牛娘コスチュームですから、色々混ざり過ぎている様な(汗)

ツンデレ系ヒロインは、出番が最後になりやすい傾向がありますが、彼女もそれに違わぬ順番(汗)
ですが、やはりこちらをニヤニヤさせる反応とデレの表情は、読み手にはたまりませんね。
Hの時は、少し態度が甘えてくる感じが見え隠れするのもポイントですね♪

終盤では、3人交えてのハーレム展開…と言いたいですが、状況的にあまり派手な事ができなかったのは残念(汗)
まぁ、手コキで射精させられたり、ヒロインたちの母乳を噴射させるなど見所はありますけどね。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

今回も可愛らしくもHなヒロインたちを魅力的に描いています。
やはり今作のおっぱいに拘ったキャラデザインも見所のひとつですね。

あの巨乳っぷりは、凄いですよね(汗)
シーンによっては、片方だけで頭より大きい程ですからねぇ。
そんな胸に挟まれたら、肉棒も殆ど見えないですね(汗)

後は、皆女性陣、表紙絵を見てもらえば分かるんですが、牛娘コスチュームみたいな格好をしているんですよね。
これはこの世界では、別に普通の格好であり、コスプレって思っている訳ではありません。
彼女たちの正装って事ですね、そもそもコスプレって概念があるのか分かりませんが(汗)

そのため、セクシーなんだけども可愛らしさもしっかりありますねぇ。

個人的にはサブキャラである先生とかも、チラっとでも見たかったですね。
先生は、一応搾乳した関係な訳ですし、どんな姿か気になったので(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、やはりおっぱい、胸をメインとした展開が多く味わえる作品でしたね。
特に搾乳、母乳噴射といった要素が好みならば、より楽しめるのではないでしょうか。

絵的にも、ドバっと出している様は絵になりますからねぇ。

ハーレム的な展開も味わえて、中々楽しめましたが、少しヒロインによって優遇の差はあったかなぁとは感じるので、全員万遍なくではないかな(汗)
そこら辺が気にならなければ、十分楽しめるかと思います。

個人的には、主人公のサクセスストーリー的なものもあると面白かったかもしれませんねぇ。
乳搾りで信頼を勝ち得て、名声を…って、アレ? どっかで聞いた事がある様な展開(汗)


楽天はこちらからどうぞ
巨乳牧場学園でミルク絞りはいかがですか? ぷちぱら文庫 クリエイティブ / 亜衣まい 【文庫】

楽天だと「搾り」が「絞り」表記なので、検索で引っかからなくて焦りました(汗)
作品は、搾り表記なのだから統一して欲しいものです。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 異世界娼館でお姫さまをハーレム! レビュー

ぷちぱら文庫 異世界娼館でお姫さまをハーレム!


8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通の生活に退屈している、ごく普通の男子学生です。
そんな彼でしたが、気づけばそこは見知らぬ場所に…。

何と主人公は、異世界に召喚されてしまったのです(汗)
そこで主人公は、その世界の姫との子作りを頼まれる事となってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アーヤ
ソラネ
ルルカ」がいます。

アーヤは、主人公を召喚した国の姫です。
明るく元気なツインテールな髪型が特徴的な女性です。
主人公に積極的に迫ってきます。

ソラネも、姫のひとりです。
しっとりと妖艶な雰囲気を持ち、黒髪が特徴的な女性です。
Hな事も大好きであり、大胆な行動をしてきます。

ルルカも、姫のひとりです。
クールな印象のある凛々しさを持っており、騎士の様な印象のある女性です。
主人公に忠誠を誓ってきます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に召喚されて、何故かその姫たちと子作りをする事になる流れですね。
…どういう事なの?(汗)

そもそも主人公が、この異世界に召喚された理由ですが、何とこの世界の主人公の立場は「魔王」なんですね(汗)
大体、勇者とかなんですが、何故か魔王様って呼ばれているんですねぇ。
まぁ、勿論主人公は現実世界では普通の学生です。

仮に主人公が魔王として、何が目的なのか?
主人公を召喚した、この国の王曰く、魔王には莫大な魔力を有しているらしいのです。
そして、その魔力は子へと受け継がれる…。

そう、国王の狙いは主人公と姫との間に子供を作らせる事だったのです!

まさかの展開に主人公は困惑するのですが、子作りする相手である姫、それも3人もの美少女たちを前に主人公はそれを承諾する事になる流れですね。
まぁ、仕方ないですよね、これだけお膳立てが出来上がっていたら、もう(汗)
しかも、向こうの姫たちも全員最初から子作り前提なのだから、たまりませんね♪


一応、そうなると主人公を別に好きじゃなくて、姫としての宿命であり、義務的な理由でなの?って感じる人もいるかもしれません。
ですが、そういう義務感はないというか無くなっていくので、問題はないでしょう。

元々、彼女たちはそれこそ幼い頃から、魔王となる存在との子作りは名誉な事みたいな認識で育っているので、最初から前向きですし、更に主人公と接する中で彼の人となりを知り、好意を抱くようになります。

なので、最初から前向き+惚れちゃっているので、甘々イチャイチャとなる訳ですね♪
そういう感情を抱く描写も描かれてはいるので、気にならないと思います。

…甘々で見ちゃいられませんなぁ、これは(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
行為のバリエーションとしては、控え目かもしれませんね。

その要因のひとつには彼女たちの子作りが目的なので、基本的には中出しがメインな事がありますね。
でも、フェラで射精させたりなどもあるので、全部中出しって訳ではないですけどね。


3人とも三者三様のタイプがあって、それぞれ魅力的ですね。
皆、積極的に主人公にアプローチしていく訳ですが、意外にも皆初めてなんですね。
てっきりソラネ辺りは、経験あるのかと思ってた雰囲気でしたが、良く考えれば彼女も姫のひとりなので、早々経験できないか(汗)

後は、こういう作品って、そのうちひとりくらいが子作りなんて不本意だ、みたいな態度のツンデレ系ヒロインが交じっていそうなものですが、今作ではそれはないですね。
なので、今作ではその分最初から甘々でイチャイチャ感の強い展開が味わえるようになっているので、小難しい事もなく彼女たちとのイチャラブを味わえるようになっています。
本当に皆、良い娘なんですよねぇ、性格も♪

特に個人的には、ルルカがお気に入りですね。
彼女は一途な感じがより伝わってくるのが良いんですよねぇ。
勿論、他の娘たちもそれぞれ一途に主人公に甘え、尽くしてくれるのですから、ここまで来ると好みですな(汗)


終盤では、3人一緒のハーレム展開になりますね。
ひとりひとりが主人公に対して、強い想いを抱いているだけに、それが集まると凄いですねぇ。
各自の胸を寄せてのトリプルパイズリシーンは、皆、サイズが違う胸ながら、寄せ合わせている姿は見所でもありますね。
こう比べてしまうと、ソラネの胸の存在感は凄いですな(汗)

個人的に何か印象的だったのは、それぞれが「Hしよ」「愛し合いましょう」「セックス致しましょう」って台詞が各キャラクターを如実に表していますねぇ。
この台詞の差も面白いですね、結局意味は同じ事なんですけどもね(汗)
これだけ求められるなんて、主人公も幸せ者ですねぇ♪

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

可愛らしい絵柄の中に、行為での下品とも言える様な迫力のある描写もあったりするのが特徴ですが、今作に関しては比較的大人しめかなと思いますね。

その中では、ソラネのフェラシーンが印象的ですね。
やはりフェラシーンではヒロインが下品なくらいに肉棒を咥えて、バキュームするって描写が印象的なんですが、今作ではそこまで頬を強調させてはいませんね。
でも、フェラしているソラネの瞳、眼力とでも言うのか、何とも言えない絶妙な表情をしているんですよね(汗)

その他では、やはり上記に挙げた様にトリプルパイズリのシーンなんかは見所ですね。
しかし、トリプルとかだと絵的にも映えますよねぇ♪
…気持ちいいのかは微妙な感じですが(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、単なるイチャイチャ甘々な展開をこれでもかと堪能させる作品かと思ったんですが、少しだけ違ってたかな?
基本はその通りなんですが、ストーリーでは少しシリアスな要素も含ませており、それが少しアクセントになっていたかなと。
まぁ、全体から見たら微々たる要素ですから、やはりイチャ甘展開ですけどね(汗)

でも、こういうのが少しでもあると、またイチャイチャもメリハリが出ますし、よりヒロインたちが主人公を想うきっかけにもなるので、ないよりかはあった方が良いんじゃないかなとは思いますね。

ハーレム物らしい仕上がりですね♪

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 俺とカノジョの仲をサキュバスが邪魔をする レビュー

ぷちぱら文庫 俺とカノジョの仲をサキュバスが邪魔をする



7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、以前から親しくなっていたクラスメートの「千恵」(ちえ)に好意を抱いており、ついに告白をする事に。
千恵からOKの返事をもらい、めでたくふたりは恋人同士に。
甘くイチャイチャな時間を送り、幸せを噛みしめる主人公でしたが、そんな彼の前にある女性が現れたのです。

何とこの女性「キアラ」も、主人公の事が好きになってしまい、押しかけてきたのです(汗)
こうして、主人公はふたりの女性の間で板挟みとなる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

津田千恵」(つだちえ)
キアラ」がいます。

千恵は、主人公のクラスメートで、恋人です。
普段は大人しく控え目な所があるのですが、Hになると積極的な顔を見せます。
突然、現れたキアラに対して嫉妬しています。

キアラは、主人公の前に現れた少女です。
実は人間ではなく、サキュバスであり、主人公に惚れた事から押しかけてきました。
感情表現が豊かで明るい性格でもあります。

ストーリー展開


展開的には、恋人の千恵と付き合いだした主人公の前にキアラが現れてしまったという流れですね。
そして、キアラはサキュバスだったと…(汗)

何故、人外な存在であるキアラが主人公の元にやって来たのか。
それには少し前に遡ります。

この日、主人公は千恵に告白をして、OKを貰い、めでたく恋人同士となったのでした。
そして、そのまま主人公の家でいきなりH(汗)
随分展開が早い気もしませんが、その後に主人公は彼女を家まで送った帰り道で落ち込んだ様子のキアラを見つけたのがきっかけでした。

困った様子の彼女の姿に主人公は話しかけたんですね。
この時には、下心があるって訳ではなく、純粋なものです。

軽く話相手をして、この時は別れたのですが、後日、彼女は主人公の前に現れる事になったのです。
いきなり主人公の部屋の中に(汗)

ここで主人公は、キアラから彼女自身がサキュバスである事などを知る事となります。
半信半疑なものの、いきなりドアを開ける事無く、目の前に出現した事などからそれを信じる事になる辺りは、さすがの適応力ですな(汗)

しかし、この後のキアラの発言にはさすがに主人公も戸惑いを隠せなかったのです。
何と、この間落ち込んでいる際に優しくされた事でキアラは主人公を好きになっちゃったんですね(汗)
そして、自分をお嫁さんにしてとプロポーズしてきたのです(汗)


勿論、主人公にはまだ付き合いだしたばかりの千恵がいるので、嬉しいけどもお断りをするんですね。
…意外とまともじゃないか、主人公(汗)
しかし、当然そんな事で諦めきれないキアラは、サキュバスの力(H)をフル活用して、主人公を千恵から奪ってしまおうと実力行使に出るという流れですね。

まぁ、邪魔をするシリーズですからねぇ(汗)

こうして、主人公はふたりの女性陣の板挟みとなってしまう訳ですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為を描いています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
意外に行為の種類は、少な目な感じですね。
サキュバスならではなテクニックなども見てみたかった様な…(汗)

やはり目が行きがちなのは、サキュバスのキアラでしょうか。
見た目もいかにも男好きそうな雰囲気なんですが、意外に純な感じがあって良かったですねぇ。
勿論、サキュバスなのでHなんですけども、主人公への反応だったりは結構初々しかったと思いますね。

そのギャップも彼女の魅力のひとつですね♪

千恵は、普段の大人しさとは違ってH時になると、かなり積極的な所があり、それもギャップがありますね。
この著者作品のヒロインは、みんな相当にHなだけに彼女もまたそれをなぞっています(汗)
まぁ、普通のヒロインでは、とてもサキュバスに対抗できませんもんね(汗)

そのため、HにHで対応する様な展開が目立つだけに、お腹一杯になる恐れも…。
まぁ、これはこの著者作品では珍しい事ではないんですけどね(汗)

終盤では、ふたり一緒になってのハーレム展開となりますね。
ひとりでも濃厚だったのが、ふたりなので身体が持つのか心配な程ですな(汗)
より終盤で甘さが出ているので、読んでてニヤニヤできるのではないでしょうか。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫ではお馴染みですね♪

今作では、ふたりのヒロインがいる訳ですが、それぞれに魅力的なヒロインですね。
千恵はツインテールで、キアラはポニーテールなのも彼女たちのパッと見の性格を表してもいるのかな?

かゆさんの絵柄で印象的なのは、フェラシーンのいい意味での下品さですね(汗)
普段から可愛らしい彼女たちヒロインが、大きく肉棒を咥え込んで表情がはしたない事になっているんですが、それがギャップを感じさせるのか妙に艶めかしくていやらしいんですよね♪

今作でもそれは健在であり、アップで咥え込んだら離さないと言わんばかりな彼女たちの姿を見る事ができます。
サキュバスなキアラは分かるんですけども、何気に千恵の咥えっぷりも…(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、邪魔をするシリーズらしい、コミカルでHなヒロインとのやり取りを楽しむって作品でしたね。
逆に言えば、それだけともなってしまうだけにヒロインの魅力がもう少しH以外でも見えると尚良かったのですけどねぇ(汗)

明るく読みやすいHな展開なので、あまり考えずにサクサク読めるかと思いますので、ヒロインらが気に入れば楽しめるのではないでしょうか。

楽天はこちらからどうぞ
俺とカノジョの仲をサキュバスが邪魔をする ぷちぱら文庫creative / 愛内なの 【文庫】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 気高い女騎士と天然な女賢者を飼育調教! レビュー

ぷちぱら文庫 気高い女騎士と天然な女賢者を飼育調教!


5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、帝都で上級の商人として成功している商人です。
しかし、それは表の顔…。
それ以外にも女性を奴隷化させ、それを求める者に売るという商売を行っていたのです。

そんな主人公は、ある女性を手に入れ、最高の奴隷へと育て上げようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アイサ
カヤ」がいます。

アイサは、最近ほろんだ隣国の近衛団で副団長だった騎士です。
今も亡き国への忠誠心を捨ててはいません。
勝ち気で騎士らしい芯の強さと肉体を持っています。

カヤは、有名な寺院で修業をしていた賢者の少女です。
優しい性格の持ち主で少し気が弱い所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がある女性を、最高の奴隷に育てようとする流れですね。

これで分かる様に主人公は、奴隷を育てて売る仕事もやっているんですね。
でも、この帝国では法で認められている事ではあるんですけども、それは奴隷にされる側にとってはたまらない話ですけどね(汗)

主人公が特に商人として成功している背景には、扱っている奴隷の質が大きかったのです。
彼が扱っているのは、主に地位のある人間、それこそ元王族だったり、貴族など身分の高い存在や高嶺の花を奴隷として提供しているからです。

そんな彼が手に入れたのが、アイサとカヤのふたりだったんですね。
それぞれ別ルートで手に入れた主人公は、それぞれの女性を相手に奴隷として相応しく教育を施していく事になる流れですね。

とは言え、気弱な面のあるカヤはまだしも、アイサは騎士だった事もあり、単純な痛みなどにも強いなど中々一筋縄ではいかない相手。
主人公はふたりを上手く使い、自身の望んだ方向に誘導していくなどする事になります。

知り合いではなかったふたりですけども、お互いに捕らわれている中で心を通わせる事になったふたりなので、それを使って、それぞれ片方の脅迫材料にした訳ですね。
抵抗すると、もう一方を酷い目に遭わすとか脅す訳ですな。
まぁ、こういう手段はこの手の輩の常套手段ですからねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、素股、手コキ、アナルセックスなどがあります。

アイサは、騎士としての誇りなどもあり、調教は進んでいません。
反対に、カヤに関してはかなり進んでいます。
とは言え、まだ理性がある際は中々認めようとはしませんけども、身体が反応し出すとトロンとしてくるなど、徐々にですが確実に出来上がりつつある事が窺えますね。

出来上がりつつあるカヤ。
まだまだ反抗的なアイサ。
このふたりの展開の違いも見所ですね。

基本的には、幾分アイサ寄りな展開ですかね。
やはり仕上げていく過程が分かる方が良いですし、何よりも歯応えのあるヒロインを奴隷にしていくってのが醍醐味ですからねぇ♪

アイサは、これまで分かる様にかなり反抗的な態度が目立ちます。
序盤は、ご主人様に対しての台詞も、完全に棒読みだったり、早口だったりととても気持ちが入っているとは思えないレベル(汗)
そんな彼女を徐々に奴隷らしく仕上げていく事になりますね。

騎士であった彼女は、そんなに性に詳しい訳はないので、一から教え込んでいく事になりますね。
フェラをさせても、最初は当然汚い物を咥えているので、ぎこちなかったり、吸引しろと言われては、ただ力任せに吸いたてるなどかなりいやらしさも感じない出来映えではありましたが、話が進んでいくに従い、主人公に少しづつ従順な所を見せていく様になり、行為も彼女なりに成長していきます。

個人的には、アイサで良かったシーンは、お仕置きでお尻ペンペンされている場面ですね。
ただの尻叩きでは、騎士としての鍛錬を積んでいた彼女には効かないかと思いきや、事前に薬で感覚を鋭敏化させておいたので、効くようになるんですが、痛みだけではなく、快感も得る様になる事に。

意志の強い彼女もこれにはすっかり我を忘れて、可愛らしい声を上げて悶え、主人公に入れてくださいと懇願する様になる姿は、最初の頃の姿とは違った魅力が出ていますね♪
まぁ、行為が終われば敬語でもなくなったりと、まだ完全にらしくなった訳ではないんですが、そのギャップも魅力ではありますね。


まぁ、この作品は調教だの奴隷だのと言ってはいますけども、そこまでハードではありません。
なので、調教色が苦手な人でもそこまで気にせず読めるとは思います。

特に中盤以降になると、物語が進んで、主人公とヒロインたちに変化が起こる事になって、これまでの関係性が少し変わるんですね。
なので、より行為の中に甘さが増す様になってくる事になりますので、見やすくなるかなと思いますね。

カヤは、特にその傾向が強くなって、元々従順な所があったのが、より甘さも相まって、濃厚ないやらしさを感じさせる様になりましたね♪
その変化には、主人公も思わず驚きの声を上げる程でしたね。

終盤では、ふたり一緒の行為もありますね。
この頃にはカヤだけではなく、アイサもかなり甘さが出てくる様になっているので、濃厚な展開となっていますね♪
最初の頃の反抗的な態度が嘘の様ですね(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫ではお馴染みですね。

今作でも可愛らしくムチッとした女性陣を描いていますね。
特にカヤの豊乳具合は半端ないサイズ感で、とんでもないですね(汗)
これはけしからん乳ですねぇ♪

でも、それを活かしたパイズリ展開などはなかったのが残念でしたねぇ。
良くある様な薬品とかで母乳を出しても良かったかな?(汗)

個人的に良かったシーンは、フェラシーンの描写ですね。
アイサは、バキュームしている事で下品な程に頬をすぼめて吸いたてる様が淫らでしたね。
カヤは、肉棒を口内に含んで、下品に頬が肉棒の形がくっきりと浮かんでいる姿がそれぞれ普段の美貌さとは違って、いやらしく歪められていて印象的です♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、調教ものですけども、そこまで生々しくないので、比較的読みやすい作品でしたね。
絵柄の可愛らしさの影響もあって、エグくはないですしね。

ストーリーも途中から変化が起こってくるので、調教一辺倒ではなく、甘さも増してくる様になりますね。
若干、急だなぁって思ってしまいましたけどもね、特にヒロインの主人公への印象には(汗)
もう少し、そういうそぶりを予めあっても良かったかもしれませんね。

Amazon版 電子書籍
気高い女騎士と天然な女賢者を飼育調教! (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
気高い女騎士と天然な女賢者を飼育調教!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕! レビュー

ぷちぱら文庫 僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕!


2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公には、ひとつ年上の姉「美里」(みさと)、ひとつ年下の妹の「美羽」(みう)がいます。
いつも仲の良い姉妹なんですが、逆に主人公にベッタリであり、嬉しくも困る状況でもあります。

実際、主人公の理性は度重なる過剰なスキンシップで限界寸前にまで追い込まれています(汗)
しかし、ふたりの行動はエスカレートしていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

甘楽 美里」(かんら みさと)
甘楽 美羽」(かんら みう)がいます。

美里は、主人公の姉であり、生徒会長です。
お淑やかで優しい母性的な性格をしており、弟である主人公の事を溺愛しています。

美羽は、主人公の妹です。
活発な性格の持ち主であり、積極的に主人公にアプローチをかけてきます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が姉と妹から猛アプローチをかけられる事になる流れですね。

今までも、ずっと主人公は姉妹からのアプローチを受け続けてはいたんですね。
一緒に主人公のベッドに潜り込んで寝るとか、身体をわざと押し当てて来たり、股間を触ったりと、もはやアウトなスレスレな行為をしていたのです(汗)

まぁ、そんな行為の数々で、これまで股間は反応を見せても、何とか彼女たちを振り切って耐えてきた主人公でしたが、それもそろそろ限界を迎えてきたのです…。

股間を握られてたりしたら、そりゃ限界が近いのも当然ですね(汗)

そんな中、遂に主人公は姉妹に追い詰められ、手コキで射精してしまう事に。
一度、こうなってしまっては、もはや姉妹の行動を止める事は出来ず、更なる行為へとエスカレートしていく事になる流れですね。

また姉妹一緒になって来るってのが、強力ですねぇ(汗)
それでなくても、主人公は中々強く出れない性格なので、ふたり相手では勝ち目がありません。
なので、常に巻き込まれる形になっていますねぇ…。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、素股、前立腺責め、アナルセックスなどがあります。

個人的には、フェラシーンが印象的でしたねぇ。
ふたり一緒になっての玉舐め+フェラのコンボは、かなり凶悪です。
更に玉舐めどころか、すっぽりと口内に咥えてしまうんですが、2個同時とか…(汗)

こんな事されては、主人公も女の娘の様な声を上げて、大量の精液を口内に注ぎ込んでしまう事になりますが、それを姉妹仲良く口移しで分け合って味わう様は、いやらしい光景ですね♪

勿論、主人公だけではなく、女性陣への愛撫描写やキス描写も中々丁寧に描かれていたのは、好印象ですね。
美里と美羽のふたり分の愛撫描写もしっかりあるのは、良いですねぇ、結構端折り気味な要素でもあるので。
愛する主人公に弄られ、舐めあげられて、歓喜の声をあげる様は見所ですねぇ。
美羽は潮吹きまでありましたし♪


ここまで濃厚な行為はするんですが、本番行為には中盤程度までありません。
まぁ、かなり積極的なアプローチはしていても、姉妹ともそこは真剣な気持ちなのだから、軽々しく行うってものでもないですしね。
主人公の気持ちが固まるのも待ってたって所が正直な所でしょうしね。


この手のヒロインの姉妹は、どちらかがツン的な要素を持ち合わせている事が多いんですが、このふたりは仲良しですね。
まぁ、以前は結構主人公を巡って対立してて、関係は良くなったみたいなんですが、この作中では息の合った行動を見せますね。
確かにフェラなどの際に、美里に対抗心を燃やしてより激しくするなんて、可愛らしいライバル心は垣間見せてましたけどね♪

これくらいの負けん気は、可愛らしいですからねぇ。

意外にアナル要素もありましたね。
美里や美羽だけではなく、そこには主人公も含みますが(汗)
主人公もアナルに指突っ込まれて、前立腺を刺激されて耐えきれずにドバっと精液を放ったり、アナルバイブを突っ込まれたり、双頭バイブを装着した美羽から女の娘の様にバックから挿入されてしまうなど、結構濃いですねぇ。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、「清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教!」などの挿絵も手がけていますね。

主人公も一部では、表情が描かれていますが、思ってよりも可愛らしかったですねぇ。
一人称が「僕」だったり、台詞を見るにかなり大人しくて、可愛らしいのかなとは思ってましたが、結構小柄みたいで童顔さがありましたね。

やはり勝手なイメージですが、アナル挿入されてしまって悶える主人公は、可愛らしくないと、個人的にはきついですしね(汗)
そういう意味では、今作の主人公は合格(?)ですね。

かなり濃厚な描写で、可愛らしいキャラクターなんですが、行為の激しさなどの迫力、エロさはしっかりと描かれているので見応えがありますね。
股間を強調したアングルなどの構図も大胆で、いやらしさがより一層増していますね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、甘くも濃厚な姉妹とのHな生活を堪能できた作品でしたね。
何で主人公に姉妹が好きになったのかは、特に描かれてはいませんけども、過去から好きでいたってのは描かれている分、まだ感情に納得はできるかなとは思いますね。

どうしても行為中心になってしまうので、あまりそれ以外の生活風景などが見えにくいのは、個人的には物足りなさはありますけども、仕方ないかな。
その分H要素が、かなり色濃く描かれているので、その点は大丈夫かと思います。

あとがきにもありましたが、著者さんの「夜空野ねこ」さんのオリジナル作品ですね、今作品。
これまでは、原作版のノベライズ作品ばかりだったので、オリジナルは意外にも初なんですね。
そういった点も見所ですね♪


ちなみに、主人公にはお約束の友人キャラの「辛島くん」というキャラがいるんですが、あるシーンで表記が主人公たちの名字である「甘楽くん」ってなっていましたね(汗)
「甘楽くん」の奇行は今に始まった事じゃないって、主人公が思ってたのが、ちょっと面白かったですね。
…なるほど、自覚あるんですね?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕(イチャラブピロー)!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 オナホ☆プリンセス レビュー

ぷちぱら文庫 オナホ☆プリンセス


1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、エルンスト王国の王子です。
そんな彼は、父親の命令で近々貴族の娘と結婚をする事になってしまいます。

完全に乗り気ではなかった彼ですが、現れた相手は思った以上の美人であり、一気に乗り気に(汗)
しかし、相手である「アイネ」は、主人公を毛嫌いしており、全く相手をしないという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アイネ
カリン
ユノン」がいます。

アイネは、クライネ家の姫です。
元々は、貴族ではなかったクライネ家ですが、事業で成功した資金を元に貴族となった経緯があります。
他の人間の前では、落ち着いた振る舞いをしますが、本来は勝ち気な性格をしており、主人公に対してはツンツンした態度を取ります。

カリンは、主人公の妹です。
幼い顔立ちなどに似合わず、近衛騎士団長という立場でもあります。
それゆえ、可愛い顔してとんでもない強さを持っています。
大のお兄ちゃんっ娘でもあります。

ユノンは、主人公お付のメイドです。
幼い頃から一緒のため、ある意味家族の様な存在でもあります。
優しくおっとりとした性格をしており、主人公に尽くしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公がアイネと婚約する事となるものの、ツンツン嫌われており、全くそんな関係らしくならない流れですね。

主人公の国であるエルンスト王国は、今厳しい時期を迎えています。
500年程続いた歴史のある国ですが、そんな国も現在は財政難に苦しんでいる状態に陥っています。

しかし、そんな国でも歴史があるゆえに、王家との繋がりを持ちたいと考える輩はいる訳ですね。
そこで王家は、資金と娘を提供できる存在を求めたという経緯があります。

早い話が、政略結婚ですねぇ。
こうして主人公は、会った事もない相手と結婚する羽目になってしまった訳です。

当初は、全く気乗りしなかった主人公ですが、相手のアイネの美貌を見て、すっかり乗り気に(汗)
あ、ちなみに主人公は、エロの事ばっかり考える色ボケ王子です(汗)

肝心の主人公の気持ちが固まった訳ですが、実は問題がありました。
相手のアイネ側もまた婚約に不満を抱いていたからなんですね。
そりゃ、王家とのコネを持つために知らん奴と結婚する訳ですから、主人公同様に彼女の気持ちも分かりますな。

しかし、彼女の立場としては、この婚約を破談にしたくないのも事実。
その相反する感情もあり、夫になるはずの主人公に対して、ツンツンする態度を取る事に繋がる訳ですね。

まぁ、主人公としてはアイネ相手にHな事が出来ない事が不満ってだけなのだから、アイネとは違って気楽な立場ですな(汗)


ですが、そんな関係を当然続けている訳にはいきません。
父親である国王から、まだHもしていないとバレてしまう事になるピンチに。
何とか、この場は主人公のフォローで何とか済んだものの、このままでは婚約破棄なんて事にも…。

ちなみに、主人公が助け舟を出したのは、単に一回もHしないままで終わるのが嫌って、自分本位な考えからなんですけどね(汗)

その後、国王から一緒の部屋で生活を共にする様にとお達しがあり、一緒に行動する事になる流れですね。
何だかんだツンツンした態度は取っているアイネですけども、結構主人公を意識はしているのが、これまでもだいぶあるので、心底嫌っているって訳ではないんですけどね。

他のふたりも主人公を好いているのは、たまに挿入される彼女たちヒロイン視点での心情描写があるので分かりますね。
こういうのがあると、よりヒロインに感情移入できるので、嬉しい要素ですよね。
まぁ、こういうのがないと基本ろくでなしの主人公がモテているのが納得いきませんしね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、素股、自慰、手コキ、パイズリなどがあります。

これまでの展開的に、アイネとの関係を持つのには中盤以降となります。
まぁ、彼女は性的な耐性もないので、すぐぶっ飛ばすしね(汗)
その代わりと言っては何ですが、ユノンやカリンとの行為がありますので、この時点でも物足りなさはないはずです。

中盤辺りになると、ようやくアイネとも少し打ち解ける事になり、Hとなります。
上記にもある様に、アイネは性的な耐性がかなりないため、主人公の指導で色々行為を教えていく事になるのも、これはこれで初々しくてアリですね♪
まぁ、初々しかったのは一瞬の事ですが(汗)

自覚がなかったのかもしれませんが、知らず知らずに相当溜まってた様で、かなり行為に対して貪欲になりますしね(汗)
…まぁ、全員貪欲だったかな、うん(汗)

途中から、話の矛先は主人公の一番を争うヒロインたちのHな戦いになる流れですね。


行為描写でも、ヒロインの視点で描かれている所があるのは、良いですねぇ。
日常風景だけではなく、H時もあるのは意外でした。

シーンによっては、結構なボリュームで描かれており、主人公と同じくらいな事も。
何せアイネ、カノン、ユノンの3人分なだけに、結構な量になるのも確かですね。

H要素が強い作風なので、こういう視点でヒロインの人となりを見せているからキャラクターへの理解が深まる様になっているのは大きいですね。
そうじゃないと、かなり表面的な所しか見えないだけに。


終盤では、全ヒロインを交えての行為になっていきます。
ハーレム系のお約束ですね♪
ひとりでも、結構なH度なのに、まとめて3人ってのはハードですね(汗)

しかし、読んでて気になったのは、終盤は特になんですが、かなり行為中の喘ぎというか絶頂時の絶叫がやり過ぎな事ですね(汗)
それまでの行為中も、結構絶叫は多かったんですが、終盤のは過剰すぎて冷めちゃいましたねぇ…。

例えば、中出しされて「ンギヤハアアアアアアアアアアアアッ」とか連呼されてもね(汗)
行為で迫力を出したいのかもしれませんが、個人的にはちょっと煩わしかったですね(汗)

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫「清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教!」でも挿絵を手がけていますね。

可愛らしいタッチで描かれているヒロインたちは、愛らしいですね。
何か設定よりも顔立ちに幼さを感じるのは、鼻がないからかな?(汗)
あっても、本当に少し線がある程度のものなので、リアルさよりも可愛らしさが強調されているかもしれませんね。

線自体は、細く淡いんですが、結構Hシーンでは艶気を感じさせるのが印象的です。
特にユノンのフェラシーンは、肉棒を吸いたてている吸引の強さが彼女の頬のへこみなども描かれていて、いやらしさを感じさせる仕上がりになっていますね♪

上記でも書いた様なHシーンであんな絶叫出している様な表情が描かれていなかったのは良かったです。
こんなシーン、絶対エグいアへ顔になってた事でしょうからね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ノリが軽くコミカルな仕上がりの作品でしたね。
なので、ストーリーらしいストーリーはあまりなく、Hを重視した構成がメインですね。

気になったのは、タイトルのオナホって所ですかね。
特にそんな描写は、作中にはなかったですな(汗)
それだけヒロインたちがHだって事を表現しているんでしょうが、何か作品の印象とは合っていないかなと思いましたね。

別に主人公も、ヒロインらをオナホ扱いしてた訳ではないしなぁ。
そこに何か違和感が残ってしまいましたね。
主人公は、スケベでHしかしてない様なダメ人間ですけども、まぁ、そこまで落ちてはないはずですしね(汗)


楽天はこちらからどうぞ
オナホ☆プリンセス いつの間にか妹とメイドさんと修羅場に!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教! レビュー

ぷちぱら文庫 清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教!


9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ある事件で両親を幼いころに亡くしています。
そんな彼は、犯人を憎み、復讐を誓い続けています。

そして時は流れ、ついに主人公は復讐すべき相手を誘い出す事に成功します。
主人公は、その相手に対して凌辱し、支配下に置こうとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

山岸 千愛」(やまぎし ちあ)
根本 京歌」(ねもと きょうか)がいます。

千愛は、主人公の罠によって誘い出された少女です。
主人公によって、凌辱されてしまう事に。
しかし、Hは嫌いではない様です。

京歌は、主人公の学園の教師です。
お色気ムンムンな妖しい魅力の持ち主です。

ストーリー展開


展開的には、両親の命を奪った相手に対して、主人公が復讐をする事になる流れですね。

幼い頃に犠牲になってしまった両親の件は、世の中的にはただの事故として扱われてしまっています。
しかし、幼い主人公は事故ではなく、何者かたちの戦いに巻き込まれてしまった結果、亡くなってしまったのです。

それから主人公は、その何者かたちに復讐する事だけを考えて生きてきた訳です。
そして、遂にその時が…。

主人公の元に、ひとりの少女が現れました。
主人公の寝込みにやってきた彼女は、恥ずかしがりながらも股間に手を伸ばす事に…。
そんな彼女を主人公は、強引に凌辱する事になります。


これだけではよく分からないと思いますので、補足すると…。

彼女は「戦姫」と呼ばれる存在なんですね。
戦姫とは、この世にはびこる悪魔と戦う存在の事を言います。
その力の源がエナジーと呼ばれるものであり、エナジーは男の精液に含まれている特殊な力なんですね。

つまり、エナジーを得るためには男性が必要であり、強力なエナジーを持つ男は貴重な存在でもあるのです。
そこで主人公は、自身のエナジーを餌として、エナジーを求める戦姫を誘い出そうとした訳です。
結果、まんまと彼女「千愛」がエナジーに惹かれてやってきたという事ですね。


両親は戦姫と悪魔との戦いに巻き込まれたので、両者に対して復讐しようとしている訳ですね。
勿論、主人公が子供の頃の事だっただけに、同年齢くらいな千愛がその犯人である事は考えにくいです。
しかし、主人公にとっては同じ戦姫である事だけでも、十分復讐の対象になるという事ですね。

そして、主人公は千愛を凌辱して、奴隷とする事に成功します。
更に、主人公は同じように自身のエナジーを餌に、戦姫と敵対する悪魔を誘い出そうとする流れですね。

まぁ、もうバレバレでしょうけども、悪魔は教師の京歌です(汗)
そんな彼女も主人公の前に屈して、奴隷化する事になりますね。


戦姫という要素は、同著者作でレビュー済の「ぷちぱら文庫 初恋の戦姫と誘惑の小悪魔」にもある要素で、今作はこの世界観などを使ったシリーズものと言える作品となっています。
ですが、戦姫という要素(世界観)などが共通しているだけで、登場人物などには関係性はないみたいですね。

なので、こっちから読んでも問題は無いようになっていますので、ご安心を。

Hシーン


Hシーンは、ふたりのヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリなどがあります。

当初は、エナジー補給のためみたいな言い訳もありましたが、すぐ主人公との行為にハマってしまう事になりますね(汗)
一応、設定上エナジーを得るために、戦姫は感度が一般のそれとは段違いに高いらしいというのがあるので、公式設定でHな訳ですね♪

実際、千愛もかなりのエロさを序盤から見せつけてくれます。
確かに登場時からいきなり寝込み襲って、股間弄ってたしなぁ(汗)
そんな彼女が、すっかり主人公の行為で調教されてしまい、奴隷化するのも時間の問題でしたね(汗)

両者とも思ったよりもあっさりと、主人公に奴隷として尽くす事になりましたね。
千愛はまだしも、京歌はもっと抵抗するとか思ってたんですけども、あっさり過ぎる(汗)

抵抗らしい抵抗もその後はなくなるので、負けん気の強い女性陣を調教していくという楽しみは殆ど無い事になりますので、そういうのが好きな人には残念ですね。
これも主人公の力が圧倒的であるゆえの弊害かなぁ(汗)

どちらもすぐに甲斐甲斐しく、熱っぽい奉仕をしてくれる事自体は悪くはないだけに、好みの問題ですかね、この辺は。
すっかり主人公に心酔して奉仕をするヒロインが好みであれば、問題なく楽しめるかと思いますしね。

意外にフェラ描写が多めだったのは良かったですね。
かなり肉棒を咥えたがるヒロインであり、バキューム音なども中々迫力があり、吸引の激しさを物語っています。

終盤近くからは、ふたり一緒になっての行為になります。
ふたりともかなりの積極性があり、Hなのでかなりの濃厚さですね♪

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。

可愛らしく童顔なキャラクターは愛らしいですね。
大人っぽさのある京歌も、色気もあるんですが、割と可愛らしさの強いデザインとなっていますね。

Hシーンでも書いた様に、もっとツンとした勝ち気な感じかと思ってただけに意外でしたね。
なので、母性感のある可愛らしいお姉さんの様にも見えなくはないですなぁ。

個人的に印象的だったのは、京歌のドアップによるフェラシーンですね。
口元が肉棒を咥え込んでいるので、ちょっと不格好になっている様が逆に下品ないやらしさを感じさせてくれますね♪

勿論、千愛も負けてはいません。
彼女も主人公の玉をパックリと頬張っている様は、大胆であり、彼女の積極性が分かりますね。

ちょっと残念だったのは、主人公の尽きぬ精力の前に感じまくりで息も絶え絶えで、遂には白目向いて舌出して気絶している様なシーンもあるんですが、そういうシーンのヒロインの挿絵がなかった事ですね(汗)
無理にアへ顔をこの作品で入れてくる必要はないんですけどもね(汗)
まぁ、そういうエグイ表情は一切なので、可愛らしくHな彼女たちの姿を見る事が出来ますので、ご安心を。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、色々な要素があった訳ですけども、あまり消化できてなかったかなって感じですかね(汗)
あんまり戦姫とかの設定が、活きていなかった気がします。

後は、個人的に微妙だったのは主人公のキャラクターかなぁ。
ああいう理由で復讐心を持っているので理解はできるんですけども、そのせいで反応が冷めているんですね、性格というか。
そのせいで、何とも淡白と言うか、読んでて序盤は特に感情移入がしずらかったですね。

まぁ、大体の凌辱物の主人公なんて似たり寄ったりな反応なんですけども、何か今作の主人公の反応などには引っかかったんですよね(汗)
あくまでも私だけの感想なので、そんな当てにしないでくださいな。
幸い終盤ではヒロインたちに情が入り、少しマシになりましたし(汗)

行為に関しては、ぶっちゃけ調教というキーワードがタイトルにありますけども、そんな感じではなかったかな。
なので、あまり過剰な期待をしない方がいいと思います、あくまでも調教風ってニュアンスですね。

色々、都合の良い展開などもあるだけに、何ともハマり切らなかった感はあるのは残念ですが、ヒロインたちは中々魅力的だっただけに勿体ない作品だったかな(汗)


楽天はこちらからどうぞ
清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます