FC2ブログ

おおつやすたかのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:おおつやすたか

おおつやすたかのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2010-08-02Paradigm novels 「英題」
Paradigm novels Futa・Ane ふたあねFUTA・ANE~ふたあね~ (パラダイムノベルス 465) (PARADIGM NOVELS 466)posted with amazlet at 10.08.02おおつやすたか パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る双子の姉、美琴と春奈と暮らす優一は、同級生の若菜に告白され、交際することに。若菜との関係を深めていく優一だったが、心の中には姉への禁断の想いがあって…。姉妹系作品のヒット作を送り出すbootUP!より、最新姉萌えゲームがノベ...

記事を読む

2010-04-28Paradigm novels 「あ行」
Paradigm novels 鬼父2鬼父2 (パラダイムノベルス 454) (PARADIGM NOVELS 454)posted with amazlet at 10.04.28おおつ やすたか パラダイム Amazon.co.jp で詳細を見る妻を亡くして以来一人で娘を育ててきた賢一。しかし、交通事故に遭ったことが原因で、賢一の日常は壊れてしまった。後遺症で変態に目ざめた賢一は、四人のあどけない娘に欲情し、性的ないたずらを繰り返す。娘も、父を愛するが故に拒絶することができず…。 老舗...

記事を読む

Paradigm novels Futa・Ane ふたあね レビュー

Paradigm novels Futa・Ane ふたあね


双子の姉、美琴と春奈と暮らす優一は、同級生の若菜に告白され、交際することに。若菜との関係を深めていく優一だったが、心の中には姉への禁断の想いがあって…。
姉妹系作品のヒット作を送り出すbootUP!より、最新姉萌えゲームがノベル化です。

7月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。
PCゲームが原作の「boot UP!」のノベライズ作品です。

「ふたあね」とタイトルで分かるように、双子の姉の作品です。

内容は、双子の姉と生活している主人公に突然クラスメートの「若葉」(わかば)から告白をされた事から物語は始まります。
そんな恋人のできた主人公にふたりの姉はショックを隠せない様子…。
しかし、まだ若葉を恋人としての実感はない主人公は、どこかふたりの姉の存在が心にあり…という流れですね。

こういう流れだと、まず若葉ポジションの娘は悲惨な感じになる事が多いんですが(汗)
やはり不憫な娘に…(涙)

ヒロインは若葉の他に、双子の姉「美琴」(みこと)、妹の「春奈」(はるな)、主人公の叔母の「出雲」(いずも)、美琴の先輩の「あやめ」の5人です。

若葉は、ずっと思ってた主人公に告白し、恋人関係になっており、主人公にベタぼれです。
ボーイッシュな活発なタイプで、自分の感情に素直に行動するところがあります。
主人公と生活を共にしている、双子の姉らに対抗意識を持っています。
Futa・Ane ふたあね

美琴は、姉らしくもあり、むしろ主人公の母親の様な存在です。
ですが、怒るとかなり怖く、妹の春奈と主人公は頭が上がりません。
Futa・Ane ふたあね

春奈は、妹らしく?弟である主人公には凶暴な面も(汗)
まぁ、じゃれるってレベルなんでしょうがね。
でも、主人公に対する気持ちは美琴も春奈も強いのが丸分かりですが♪
Futa・Ane ふたあね

出雲は、主人公の叔母であり、たまにフラッと家に立ち寄っては泊まっていったりと自由なキャラクターです。
妙齢の色気と言うか艶っぽさを感じさせます。
個人的には結構お気に入りなキャラクターですね。
酔っているとは言え、アクシデントで主人公と浴室で鉢合わせになって、手コキしてくるのはいやらしくてよかったです♪
まぁ、残念ながら発射まで至らずに終わるんですが(汗)

あやめは、主人公らの先輩であり、結婚していたのですが現在は別れています。
おっとりとした性格で年上なんですが、世間知らずな面もあり、可愛らしさも感じさせるキャラクターですね。
あやめも結構いいキャラですね、意外に恋には積極的なところもありますねぇ。
Hシーンは唯一、元人妻で性経験あるだけにいやらしかったのも普段とはギャップがあって♪
Futa・Ane ふたあね

珍しく主人公が初体験シーンで、勃起せず、Hできないという展開は新鮮でしたね。
まぁ、これは主人公の気持ちの中で思う所があったのが原因なんですが。

Hシーンは割りとありますが、残念ながらページ数の関係なのか端折った所があったのは仕方ないとは言え、勿体無いですね…。
あやめに描写でパイズリ、フェラされて射精したみたいな記述のみで済まされてたのがなぁ…。
帯の裏やパラダイムノベルスの特徴である、章の紹介ページ?ではそこのシーンのCG画像が使われているだけに欲しかった(汗)

ふたあねって事で、やはり最終的には姉たちがメインヒロインになるんですが、そこまでの過程に量を使ったのもあってか、ややボリューム不足な気はしましたねぇ。
ふたりと一緒にHしたりと見所もありますが、個人的には個別にHで、その後にふたり同時にって展開があれば良かったなぁ。
でも、これは原作版では無理な展開なのかは分かりませんが(汗)

正直、美琴と春奈の姉も良かったですが、叔母の出雲、あやめらのサブキャラ?が好みだったです(汗)
原作では、個別のストーリーあるのかな?
あやめはありそうだけど、叔母ルートはなさそうだなぁ…(汗)

キャラクターは何となく、頭と身体のバランスが合っていない気もします。
何だろ、体格が骨太と言うか…、頭が小さいのかな(汗)
皆顔がそっくりだったりと、ちょっと難がありますが、まぁ、読んでいる間に慣れるレベルだとは思いますけども。

Futa・Ane ふたあね Futa・Ane ふたあね

そういえば、この作品、何となくふたりの姉だったり、姉の存在にライバル意識を持っており、主人公にアタックするヒロインってのが「しすたー・すきーむ2」を彷彿とさせますね。
実際、結構近い感じがします、設定的には。
でも、個人的には「しすたー・すきーむ2」のがストーリー的には好みであります(汗)

*ふたりの姉以外の若葉orあやめ。ふたあねではなく、どちらかと結ばれていたとしたら?
本編ではサブ扱いだった二人をメインヒロインとした「FutaAne」のFDもあります。
個人的には、サブキャラであった彼女たちのが好みだっただけにこれは嬉しいですね♪
でも、なら最初から一緒に入れて欲しかったかな(汗)
ふたあねHs

楽天はこちらからどうぞ
Futa・Ane ふたあね

原作PC版
FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet (予約特典「あねいも2・あねあねミニFD」付き)
boot UP! (2010-04-30)
おすすめ度の平均: 4.0
5 最高の出来だと思います。
4 姉属性持ちな私
3 まぁまぁ
3 2姉ルート=ハーレム・・・なんか違うだろ(憤)。


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

Paradigm novels 鬼父2 レビュー

Paradigm novels 鬼父2


妻を亡くして以来一人で娘を育ててきた賢一。しかし、交通事故に遭ったことが原因で、賢一の日常は壊れてしまった。後遺症で変態に目ざめた賢一は、四人のあどけない娘に欲情し、性的ないたずらを繰り返す。娘も、父を愛するが故に拒絶することができず…。 老舗ブランドブルーゲイルより、ヒット作品『鬼父』の続編が登場。父親という立場を最大限に利用し、娘に変態的な快楽を教え込みます。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
2作目ですが、展開は近いものがあるようですが直接の繋がりはありません。

内容は、主人公は妻に先立たれるも、男手ひとつで娘4人を育ててきた良き父親。
ですが、そんな主人公が交通事故で頭を強打した事をきっかけに娘たちに女を感じるようになってしまい・・・。

主人公は中年なんですが、その姿で娘の下着の臭いをかぎ、自慰を行なうシーンはかなりきついですねぇ(汗)
ヒロインは長女の「遥」(はるか)、次女の「棗」(なつめ)、三女の「晶」(あきら)、四女の「ふゆ」の4人です。
それぞれ皆、個人差はされど主人公の事を好意を持っているだけに豹変した主人公に犯されるのは見応えがあります。
その後の反応も個人差があるのですが、何度も主人公に抱かれる内に快感を覚えていくのも事実であり・・・。
長女 遥 次女 棗 三女 晶 四女 ふゆ

各章ごとにヒロインごとの視点で描かれ、展開していきます。
そこで娘ごとの心情が描写されています。
やはり見知らぬ男に陵辱されるのではなく、ずっと生活を共にしていた家族なだけにその陵辱された衝撃と家族である、主人公を信じたい気持ちなどが複雑に入り混じった感情が見所でしょうね。
そういったこともあり、娘達は個々に思い悩んでいる所があり、それが主人公との行為によって徐々に変な考え方の方向へ・・・。
最終的には、全員と入り乱れた事になるんですが、皆、目が死んでいるとかはないので、そこまで鬱な感じではないです。

主人公のねっちりとした話し方は、いかにも中年ぽくていやらしいですねぇ(汗)

そこまで凄惨な展開とまではいかない描写なので、物語の重さはそこまでないです。
まぁ、内容は明るいノリでもないでしょうが、陵辱ものが苦手でも読めるとは思います。

キャラクター担当の「鋼丸」さんの絵はクセがあって、個人的に苦手な方だったんですが、今作で久しぶりに見たらだいぶ印象が変わっていてびっくりしました(汗)
だいぶ変化したなぁ・・・。

楽天はこちらからどうぞ
鬼父(2)

DMM 原作PC版 ダウンロード版はこちらからどうぞ
鬼父2?あんたみたいな鬼畜、お父さんじゃない!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます