FC2ブログ

うにあはとのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:うにあはと

うにあはとのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2019-04-10ぷちぱら文庫
ぱいずりフィアンセ 坊ちゃま、今日はどのおっぱいを召し上がりますか?(ぷちぱら文庫 315)posted with amazlet at 19.04.10神崎美宙 パラダイム (2019-03-29)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、若くして当主の座を継ぐ事となった少年です。そんな主人公は、今後の事もあり、妻以外の相手との行為を禁じられる事に。...

記事を読む

2018-07-29ぷちぱら文庫
幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム (ぷちぱら文庫creative 194)posted with amazlet at 18.07.29ヤスダナコ パラダイム (2018-07-20)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、冒険者育成の学校に通う男子生徒です。そんな彼の妹の「アイリ」がダンジ...

記事を読む

ぷちぱら文庫 ぱいずりフィアンセ レビュー


2019年3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、若くして当主の座を継ぐ事となった少年です。
そんな主人公は、今後の事もあり、妻以外の相手との行為を禁じられる事に。
しかし、その代わりに主人公の性欲解消のため、メイドたちからのパイズリご奉仕を受ける展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ローラ
  • リズ
  • イリーネ
  • マリア
  • アネット
がいます。

ローラは、主人公の従妹です。
主人公を慕っており、ストレートに愛情をぶつけてきます。
純粋無垢でマイペースな性格の持ち主でもあります。
ぱいずりフィアンセ

リズは、主人公の秘書兼家庭教師です。
有能な大人の女性で、主人公を一人前に育てるために熱心に接してきます。
几帳面で真面目な性格の裏で、主人公を意識しています。
ぱいずりフィアンセ

イリーネは、メイドのひとりです。
物静かで大人しい性格の持ち主で、グイグイ来られると拒めない面も。
ぱいずりフィアンセ

マリアも、メイドのひとりです。
元々は、傭兵をしていた過去があり、主人公に助けられた事からメイドとして仕える事に。
豪快な性格で、主人である主人公をある意味、弟の様な感じで接してきます。
ぱいずりフィアンセ

アネットは、メイド長です。
主人公が小さい頃からメイドとしており、主人公の初恋の女性でもあります。
大人の包容力、魅力、余裕を感じさせる物腰の持ち主です。
ぱいずりフィアンセ

ストーリー展開


展開的には、若くして当主となった主人公にメイドたちがパイズリ奉仕をする流れですね。
…ぜひとも、当主になりたい(?)

まぁ、それは置いといて、若くして父から当主の座を継いだ主人公。
当然、まだ若いだけに当主としての仕事ぶりは、まだまだ不慣れ。
主人公の秘書を勤めるリズの助けもあり、何とか当主として奮闘する日々。

そんな当主には、ある決まり事が。
それは、女性関係。
当主である主人公が、誰彼構わず女性と関係を持ち、もし子供が出来たら…。
それが正妻以外の女性であったならば、事は後継者問題へと発展しかねない訳ですね。

そもそも、主人公はまだ結婚している訳でもないので、余計に正妻と決めた女性以外とは関係を持つ訳にはいきません。
しかし、相手がいない主人公の性欲は年齢も年齢ですから、禁欲生活は酷な話。

そこで、主人公の性欲を解消するために、家のメイドたちによるパイズリご奉仕が決まったのです(汗)
パイズリなら、どんだけ射精しても妊娠しないからという事らしいですが、さすが金持ちの考える事は違うなぁ(汗)

勿論、メイド陣は既に了承済み。
なので、別にご奉仕を強制されている訳ではないですよ。
主人公への好意も個人差あるものの、それぞれに好意はしっかりありますからね。

特に主人公の従妹であるローラは、メイドでもないのに、好きな主人公のために志願したりと積極的な行動に出たりと丸わかり♪

こうして、主人公は激務の合間に女性陣からパイズリご奉仕をしてもらう流れですね。
…まぁ、ある意味ではパイズリの合間にだけ仕事している気がしますが(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリなどがあります。

やはり、タイトルにもある様にパイズリメインな作品になっていますね。
まぁ、結婚するまで本番しちゃまずい訳ですからね(汗)

それで分かる様に、終盤までパイズリ三昧な展開が繰り広げられる事になりますね。
…本当に、終盤までパイズリ行為しかないので、そこは念のため(汗)

女性陣は、皆立派な胸の持ち主なので、全員主人公を満足させるパイズリを見せてくれます♪
主人公にとっても、それぞれの女性陣には好意を抱いています。

そんな女性陣にパイズリしてもらえるんだから、たまりませんよね。
女性陣も主人公に好意を抱いているので、余計にパイズリのご奉仕も一層熱がこもり、射精に導いてくれる事になりますね。
ぱいずりフィアンセ ぱいずりフィアンセ

ご奉仕なので、主人公から女性陣への行為は基本ないです。
まぁ、女性陣も主人公の肉棒を胸で挟み込んで刺激を受けるので、それなりに感じ入っているものの、絶頂とは程遠いですかね(汗)
そういう意味では、この時点はひたすらご奉仕を受けるので、受け身な展開が殆どと言えますね。

終盤近くになって、ようやく妻を選び、本番解禁となります。
ハーレム物でもあるので、妻は全員になるので、全員とのH解禁となりますね。
まぁ、これだけの人数いて、誰かだけ選ばれないのもかわいそうだしねぇ(汗)

これが初めての経験なヒロインもいたりと、中々見応えありますね。
でも、5人分なので、どうしても個々の描写量は控えめなのは仕方ない所ですね。

5人も妻にするってなると、ある意味、これはこれで後継者問題が起こりそうな気もするけどねぇ(汗)
…皆が正妻って事?(汗)

終盤では、無事に妊娠してお腹が大きくなった状態での女性陣との行為も。
まぁ、5人分なので、残念ながら個々の描写は少な目でしたけどね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「うにあはと」さんが手がけています。

可愛らしく巨乳なヒロインたちが魅力的ですね♪
むっちりぷにぷにな肉感的な描写も相まって、余計に巨乳具合が強調されていますね。
大半のヒロインは、主人公よりも多分年上なのかな? 従妹のローラは下でしょうけども。

大抵は年上のお姉さんからのパイズリご奉仕となりますね。
でも、絵柄としては結構皆、可愛らしい顔立ちな印象になっていますね。
ぱいずりフィアンセ

…こんなに、パイズリシーンばかりの作品も珍しいなぁ(汗)

挿絵数:28枚

総評


全体的には、本当にパイズリ尽くしな作品でしたねぇ。
タイトルに偽りなしって事ですね、逆に本当にほぼそれだけなので、他の行為を期待するとがっかりでしょうが(汗)

正直、ストーリー性は殆どなく、良くも悪くも可愛らしい女性陣にパイズリしてもらうってだけの話です(汗)
当主になって何か困難が起こるって訳でもないですが、冷静に考えたら、秘書、メイド長含めてメイドたちが全員同時妊娠とかむしろ、仕事どうするんだって話ですがね(汗)

まぁ、気軽に可愛い女性陣パイズリを楽しむって分には、問題ない内容ですね。
ヒロインたちのデザインが気に入れば、より楽しめるかと思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ぱいずりフィアンセ 「坊ちゃま、今日はどのおっぱいを召し上がりますか?」

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム レビュー


幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム (ぷちぱら文庫creative 194)
2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、冒険者育成の学校に通う男子生徒です。
そんな彼の妹の「アイリ」がダンジョンに連れ去られてしまう事態が発生!
幼なじみの剣士である「スフィア」たちと共にアイリを救うためにダンジョンに潜る一行を待ち受けていたのは、卑猥な指令の数々だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • アイリ
  • スフィア
  • レナティクス
  • ルナマリア
がいます。

アイリは、主人公の妹です。
とにかく兄である主人公が大好きでたまらなく、隙があればすぐ迫って来るぶっ飛んだ所があります。

スフィアは、主人公の幼なじみの少女です。
剣の腕に秀でた剣士でもあります。
少し古風な性格でお堅い言動を使う所があります。

レナティクスは、スフィアの仲間の少女です。
格闘と回復の両方が使える存在です。
基本、あまり表情が変わらないのですが、意外とシレっととんでもない発言をする事も。

ルナマリアは、人間ではなく、魔王に仕えているモンスター娘です。
強大な力を持っているのですが、頭が緩めなお馬鹿系なためか、迫力に欠ける所があります(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公一行がダンジョンに連れ去らわれた妹のアイリを助けるためにダンジョンに向かう流れですね。

連れ去られる前に、妹のアイリと主人公は少しケンカになっていたんですね。
それは、アイリが夜這いにやって来たから(汗)

この妹のアイリは、とにかく主人公が大好きでたまらないんですねぇ。
どうも、こういう迫り方は、割と珍しくもないみたいですが…(汗)

まぁ、主人公は、そういう妹を大事には思いつつも、こういう事はダメだと言うのですが…。
そこから言い合いってか向こうが機嫌を損ねる事になった訳ですね。

しかし、その後にアイリが何者かに捕まり、ダンジョンへと連れ去らわれた事を知ったのでした。
あの後だけに、主人公としても妹が気がかり…。

アイリを助けるために、ダンジョンに向かおうとする際に、幼なじみであるスフィアも協力してくれる事に。
彼女の仲間でもあるレナティクスも加え、ダンジョンに向かったのでした。


ダンジョンに入ると、いつものダンジョンとは少し様相が違う様で…。
何とか、仲間の力も借りつつ、先に進む中で、謎の石版を発見。
主人公がそれを解読すると、そこに書かれていた内容は、目を疑う内容だったのです。

そこには、女が仲間に見られながら自慰をしろという、謎の指示が(汗)
どうも、これは魔王様ゲームなる(主人公の意訳)、指令らしいんですね、これをしないと先に進めない様で…。
…王様ゲームみたいなノリなんですかね、要求するレベルが高いですが(汗)

先に進むには、指令をクリアするしかないため、女性陣がそれに応えていく中で、関係を持つ事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰などがありますね。
その他の要素では、アナルバイブなどの小道具を使う展開も一部ありましたね。

やはり見所としては、魔王様ゲームでの女性陣とのHな指令でしょうか。
指定されたHな行為をしないと、先には進めないから、せざるを得ませんしねぇ(汗)

各階層でHな指令がなされていき、それはドンドンエスカレートしていく事に…。
最初から自慰をするって中々の内容でしたが、次第にひとりではこなす事ができない、他人を巻き込むものになっていくんですね。
もっとも、自慰の指令も仲間に見せるって内容なんで、厳密にはひとりではクリアできない条件ではありますが。

実は、この時点では、主人公は基本見ているだけで行為自体に関与していません。
レナティクスは、先に向かいたいという気持ちが強く、意外に自分から立候補するのですが、対してスフィアは及び腰(汗)
まぁ、彼女はかなり古風な性格というか、性的な事に関してはかなり初心な面があるんですよね。

そして、見ててバレバレなんですが、スフィアは主人公に好意を抱いているんですね。
なので、レナティクスの相手をさせたりとか、淫らな姿を主人公に見せたくないという乙女心も相まって、参加させてもらえないと(汗)
結果的に、スフィア自身が身体を張る結果になって、真っ赤で羞恥に身悶えする羽目になるのは、難儀な事ですねぇ(汗)

その後、スフィアの想いが通じて、関係を持つ事に(ついでにレナティクスも)
この行為は、ゲームの指令とは無関係な中で結ばれたので、良かったです♪
何故か、オマケでレナティクスとも関係を持って、こちらもHありきで満更でもない関係になる辺り、主人公も結構良い性格していますねぇ(汗)

割と思った以上に性欲強めな奴でしたし、あの妹の兄なだけあるか(汗)

本番も解禁した事で、指令もエスカレート…なんですが、真相も描かれており、一気に茶番感が…。
まぁ、あんな指令ばかりなので、最初から緊迫感など無く、コミカルなノリなのは分かってた話ですけどね(汗)

アイリ、ルナマリアのHに関しては、終盤まで出番なしです(汗)
まぁ、アイリは連れ去らわれていたり、敵側のルナマリアなので、どうしてもそうなりますよね。
しばらく最初は、アイリがメインヒロインかと思ってたんですが、よく考えたらタイトルを見れば、メインはスフィアですしね(汗)

終盤では、そんなアイリたちも含めたハーレム展開ですね。
まぁ、アイリに関してはちょっと理由あって、そこでもしばらく本番お預け状態でしたが(汗)

挿絵


挿絵は「うにあはと」さんが手がけています。

可愛らしくムチっと肉感のあるデザインが印象的ですね♪
…巨乳とそれ以外のメンバーの胸格差が凄いですね(汗)

やはり印象的なのは、メインヒロインであるスフィアですね。
表紙絵も分かるんですが、あの衣装よ、乳輪周りが透けているし(汗)
こんな格好してて、性的には結構初心なのだから、良く分からない感覚だなぁ(汗)

普段、無表情なレナティクスも、行為中では結構表情をはっきりと見せていたりと、印象的でしたね。
普通に可愛らしい表情を見せて、行為へのハマりっぷりを見せてくれますしね♪
意外とH好きなのもポイント高いですねぇ。

…まぁ、こういう作品でH好きじゃないヒロインって普通無いか(汗)

挿絵では、しっかりとした描線で描かれていて、女性陣のド迫力なボディを堪能できますね。
あ、巨乳じゃない娘も、堪能できますよ、うん(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトルと内容が若干違ったような気がしないでもないかな(汗)

妹を助け出すっていう、シンプルな目的で始まる訳ですが、二転三転というか、展開が変わるんですよね。
まぁ、それ自体はそんなに込み入ったものではないんですが、そこに主人公が基本関与していないんですね。
結果、どうしても蚊帳の外になってしまうんですよね(汗)

結局、最後まで主人公は真実を知らないままですからね(汗)
そういう意味では、あまり主人公らしさはない主人公かもしれませんねぇ。
もう少し見せ場があると良かったかもしれませんねぇ、Hシーンでの精力っぷりしか印象に…(汗)

緩めでノリの軽い展開が好みであれば、より楽しめると思いますよ。

Amazon版 電子書籍
幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます