FC2ブログ

あすなゆうのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:あすなゆう

あすなゆうのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-12-18ぷちぱら文庫
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!(ぷちぱら文庫 303)posted with amazlet at 18.12.18あすなゆう パラダイム (2018-12-14)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、両親を亡くし、家族のいない青年です。彼は、父親の遠縁である「浅葱家」に養子として迎え入れられる事に。そんな浅葱家は、全員女...

記事を読む

2018-09-13ぷちぱら文庫
彼女が異種族だった場合。 〜教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教〜(ぷちぱら文庫 289)posted with amazlet at 18.09.13あすなゆう パラダイム (2018-09-11)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、新人教師です。そんな彼は、クラスを受け持つ事になるのですが、そのクラスにヴァンパイアである「ミラ」が転校してきた...

記事を読む

2017-12-16ぷちぱら文庫
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団! (ぷちぱら文庫 266)posted with amazlet at 17.12.16あすなゆう パラダイム (2017-12-13)Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、義姉と一緒に学校の応援団に所属している男子学生です。しかし、そんな応援団とは真逆にチアリーディング部は大人気で強豪部でした。そんな中、チア部のエー...

記事を読む

no-image

2014-12-23えちかわ文庫
アイドルだってお兄ちゃんといちゃラブえっちがしたいもん! ~三姉妹アイドルが、みんなボクの妹! ?~ (えちかわ文庫)posted with amazlet at 14.12.23あすな ゆう 海王社 売り上げランキング: 17,495Amazon.co.jpで詳細を見る12月発売のえちかわ文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公には、3人の義妹と同居している男子です。義妹たちは、幼い頃から知っている主人公に恋心を抱いていますが、肝心の彼は最近とあ...

記事を読む

no-image

2010-06-25美少女文庫 「は行」
美少女文庫 本日開店! くノ一喫茶本日開店! くノ一喫茶 (美少女文庫)posted with amazlet at 10.06.25あすな ゆう フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る半熟忍者・甲賀つつじ!妖艶お姉さん・伊賀霧香!コギャル系忍び・風魔影美!秘伝の忍法帖をめぐって、小太郎の茶屋は、女忍者ハーレムへ!お姉さんとコギャルが競う淫ら忍法。半熟忍者が贈る分身ご奉仕。とどめは和風ウエイトレスがお尻を並べて。忍法帖より、アナタが欲し...

記事を読む

no-image

2010-01-23美少女文庫 「さ行」
美少女文庫 三姉妹と調教対決!  勝ったら弟にしてあげる三姉妹と調教対決! 勝ったら弟にしてあげる (美少女文庫)posted with amazlet at 10.01.22あすな ゆう フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る「この屋敷で暮らしたければ、私たちと調教対決しなさい!」新しい義姉は、SM術を受け継ぐ丸城戸家の三姉妹!女王サマな梨乃さん(23)に、巨乳グラビアアイドルのあざみさん(20)!ロリ姉・胡桃さん(17)も侮れない!...

記事を読む

no-image

2009-12-11美少女文庫 「あ行」
美少女文庫 あまえて 騎士ねえ様あまえて・騎士ねえ様価格 680円 税込 レビュー( 0件 )「貴公の、スキにしてよいのだぞ。」凛々しくカッコいい騎士ねえ様が初体験を教えてくれる!彼女も実はバージンなのに!甲冑姿のファ姉を思いきり貫いて、何度も何度もイカせちゃおう。異世界から来た竜騎士ファニーとの甘い同棲生活…どんなお願いも最強の年上お姉様がかなえてくれる。 当時、美少女文庫新人賞作品だったようで、なるほど新...

記事を読む

no-image

2009-11-21美少女文庫 「さ行」
美少女文庫 三姉妹とドキドキ 家族計画 三姉妹とドキドキ 家族計画 (美少女文庫)posted with amazlet at 09.11.21あすな ゆう フランス書院 売り上げランキング: 88017おすすめ度の平均: 風紀委員+先輩+美人教師三姉妹の家族計画Amazon.co.jp で詳細を見る鈴菜、蓮、さより…三姉妹がおしかけ家族に!?毎晩夢のハーレム三昧!「同棲なんて校則違反よ!」マジメな風紀委員だってラブモードで初体験!「パイズリしてあげようか...

記事を読む

no-image

2009-09-14美少女文庫 「か行」
美少女文庫 開運!巫女パラ神社開運!巫女パラ神社 (美少女文庫)posted with amazlet at 11.04.12あすな ゆう フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見る「私たちが不幸を祓ってあげるぞ!」漂着した島は、巫女いっぱいの巫女パラ神社!チビッ娘貧乏巫女・みそぎ、お嬢様巫女の依都姫、剣術巫女・八雲。キツネの芙蓉も加わり、島丸ごとハーレム状態!?純潔女体を日替わりで4人がかりで夜の奉仕。尽くして、乱れて、清純巫女が取り...

記事を読む

ぷちぱら文庫 あくめる∞ファミリー レビュー


2018年12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、両親を亡くし、家族のいない青年です。
彼は、父親の遠縁である「浅葱家」に養子として迎え入れられる事に。

そんな浅葱家は、全員女性ばかりであり、そこに唯一の男性である主人公が入る事になるのだから、色々Hなハプニングが起こる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 浅葱 真昼」(あさぎ まひる)
  • 浅葱 朝華」(あさぎ あさか)
  • 浅葱 夕凪」(あさぎ ゆうな)
  • 浅葱 彩葉」(あさぎ いろは)
がいます。

真昼は、浅葱家の次女です。
文武両道なテニスサークル所属の大学生です。
いきなり家族となった主人公をあまりよく思っていないため、冷たい言動も。
意外とムッツリスケベな一面も。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

朝華は、浅葱家の長女です。
見た目は、黒ギャルな外見をしており、見た目通り自由奔放です。
しかし、化粧品会社の社長としての顔も持っており、面倒見の良い面も。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

夕凪は、浅葱家の三女です。
家族から愛され、甘やかされて育ったために、実年齢よりも精神的に幼い面があります。
若手アイドルとして活動していますが、まだまだ人気とはいかない模様。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

彩葉は、浅葱家を支える母親です。
おっとり母性的な雰囲気の持ち主です。
夫を亡くしており、欲求不満な所があります。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

ストーリー展開


展開的には、主人公が女性ばかりな浅葱家に養子に入り、色々なHなハプニングに見舞われる流れですね。

主人公は、既に両親を亡くして頼る身よりもない孤独な状況なんですね。
そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、遠縁にあたる浅葱家の彩葉だったのです。
養子となる事で、苗字は変わりましたが、主人公にとってはそんな事は些細な事でした。

新しい家族となった、浅葱家は地域では名の知れた富豪な家であり、生活に困る事はない環境。
母となる彩葉を始め、姉妹たちは皆美人ばかり。
そんな女性ばかりな環境に、年頃の男性がひとり入り込むのだから、色々起こるのは当然ですよねぇ(汗)

実際、入浴していると女性陣が入ってきたりとか、ラッキーハプニングが発生したり♪
しかし、その後も何だかんだ家族の女性陣とHな事態が発生し続ける事になり、さすがにおかしいと思い始める事に…。

何と現れたのは、座敷童と名乗る怪しげな存在(汗)
どうやら、主人公がHなハプニングに見舞われたのは、こいつの仕業だったんですね。
それには、ある理由が…。

そもそも座敷童ってのは、その家に良い事を呼び込む的な存在な訳ですが、この浅葱家は少し様子が違う様で…。
浅葱家は、昔から凄い繁栄してきた富豪な訳ですが、実際のところは当時は結構色々やってきた歴史があるらしいですね。
その結果、繁栄の裏側では浅葱家に泣かされた人々、亡くなった人々が多くいた、と。

そして、古くからの恨みが呪いという形で、この浅葱家に降りかかってしまっているらしいのです。

それは、種絶の呪い。
この呪いによって、浅葱家の人間は子供を授かる事ができず、家が絶えてしまう、と。
実際、浅葱家も既に彩葉の夫が亡くなっており、浅葱家に連なる男性の親族は皆、亡くなってしまっているんですね。
浅葱と遠縁だった主人公の父親も亡くなったのは、この影響らしいというのだから、とんでもないですね(汗)

…となると、浅葱家に養子入りした男の主人公ってマズイんじゃ?(汗)
そう、今は何ともないですが、いずれ主人公も呪いの影響を受ける事となるのは確実。

何とか、この呪いを解除しないといけなくなった主人公は、解除のために奔走するのですが、それが女性陣とのHという、お約束な展開ですね(汗)
でも、面白いというか、少し違うのは、女性陣はそんなにこの話を信じていないって事なんですね。
だから、そのうち死んじゃうかもな主人公よりも、危機感とかが希薄で他人事な面があって、温度差が(汗)

更に、ただHするだけではなく、ふたりが一緒に絶頂するのが条件というのが肝になっています。
詳細は、行為の方で触れますが、これによって解除だけとはいかない流れになるのはちょっと新鮮でしたねぇ。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキや自慰、フェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、一部バイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

さて、上記にも書きましたが、呪いを解除するためにはふたり一緒に絶頂する事が必要なんですね。
しかし、話はそう上手くいかないのです。

それは、一緒に絶頂ではなく、どちらかだけ絶頂した際には相手を絶頂させた方の願いを叶えるという効果があった事。
つまり、女性陣が一緒に絶頂よりも、主人公を先に射精させれば、女性陣の願いが叶うという事ですね。
結果、主人公の命だったり、浅葱家の呪いに半信半疑な女性陣は、呪いの解除よりも自身の願いを叶えることを優先するんですね(汗)

なので、彼女たちの行為も自然と主人公を先に射精させるために、積極的に迫って来る事になる展開が多くなります。
…呪いは信じ切っていないのに、願いが叶う仕組みは信じる辺りが随分と現金ですねぇ(汗)

浅葱家の女性陣は、程度の差はあれども何かしらの欲望というか、願望を持っているんですね。
そのために、それを安易に叶えられる方法を知って、ちょっと突っ走ってしまう、と。
てっきり甘々な展開なのかと思ってた私には、こういう方向からのアプローチは意外に感じましたねぇ。
決して、嫌われている訳でもないんですけれども、どこかしらで主人公が利用されている感があるのは、人によっては今一つかもしれませんね(汗)

自身の願いを叶えようとするのは分からなくもないですが、裏で結構黒い事しているのが何とも(汗)
さすがに大人である朝華、彩葉辺りは普通に犯罪レベルだろうと思うんですけどねぇ(汗)

なので、流れ的には女性陣の暴走を最終的に主人公がHで絶頂させて、個々で解決って流れが出来ていますね。
それまでは、先ほどの通りに女性陣からのアプローチで射精に導かれる流れが主になっているので、両方の展開を味わえますね。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!! あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!! あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

終盤では、家族全員交えてのハーレム展開に。
この時点だと、女性陣の問題は何とか解決済みって事もあり、雰囲気も変わっていますね。
姉妹、母娘それぞれ一緒になって、主人公を求める様は、圧巻の光景ですね♪

…まぁ、よく考えれば最初からそんな感じだったから、今更かな(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「ILL」さんが手がけています。

すっきりとしたシャープでメリハリの利いた絵柄が印象的ですね。
どのヒロインもサイズの差はあれども、皆、巨乳、爆乳の持ち主でド迫力なボディを見せてくれます♪
ヒロインによっては、ちょっとやりすぎな感もあるので、人によっては気持ち悪いと感じるかもしれません(汗)
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

コスプレ展開というか、行為では一部そんな要素もありましたね。
猫耳、猫の尻尾姿だったり、水着、ウェイトレス姿、テニスウェア、和服、ボンテージなど様々な衣装での行為も見所のひとつですね。
まぁ、胸に視線が持っていかれますが(汗)

挿絵数:31枚

総評


全体的には、当初私が思ってた様な感じとは少し違った内容でしたね。
もっと恋愛というか、甘さのある様な感じかと思ったんですが、若干H寄りだったかな(汗)

個人的には、期待していた要素は希薄でしたが、これはこれでアリかな(汗)
もう少し女性陣とのエピソードは欲しいかなとは思いましたけどね。
彼女たちの抱える問題を見せるのは良いんですが、もう少し掘り下げてくれないと、ただ色々問題ある人らに見えるんじゃ…(汗)
まぁ、Hで解決ってノリな作品でもありますので、そこまで深刻に捉える必要もないんですけどもね。

ツンデレな真昼も、立ち位置的にメインヒロインな感じなのかなって見てたけれども、結局、他の女性陣と変わらない扱いでしたな(汗)
ノベル的には、誰かをメインにしてそれを中心として展開していった方がページ数的にも良かったかもしれませんね(汗)
ちょっと惜しい作品だったかなという印象です。

後は、一部、誤字もありましたね。
多分「やはり」?が「あはり」になっていました(汗)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
あくめる∞ファミリー Hな家族の絶頂遊戯!絶対興奮アクメループロワイヤル!!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 彼女が異種族だった場合。 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教 レビュー


2018年9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、新人教師です。
そんな彼は、クラスを受け持つ事になるのですが、そのクラスにヴァンパイアである「ミラ」が転校してきたという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 黒十字 ミラ」(くろじゅうじ)
がいます。

ミラは、主人公のクラスに来た転校生です。
人間ではなく、名家の生まれのヴァンパイアでもあり、妖しい魅力を持っています。
何故か主人公に懐いています。
彼女が異種族だった場合。 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教

ストーリー展開


展開的には、主人公のクラスに転校生であるヴァンパイアであるミラが来る流れですね。

タイトルで分かるかもしれませんが、今作は以前にレビューした作品のシリーズ物っぽい作品ですね。

ぷちぱら文庫 彼女が異種族だった場合。 文芸部の真面目な後輩サキュバス レビュー

まぁ、人外のヒロインとの話ってコンセプトだけ共通しているだけだと思うんで、多分直接的な繋がりはないと思いますが。
なので、今作から読んでも問題ない作品になっているので、ご安心を。

この世界は、前作同様に人間以外の種族が普通に交流している世界なんですね。
そんな世界で、主人公の受け持ちのクラスにヴァンパイアであるミラがやって来た訳ですね。
しかし、あまりクラスメートと馴染めていない様子の彼女を気にかけていく内に、生徒としてではなく、異性として意識してしまう様に…。

勿論、人間じゃなくても、この世界でも教え子に好意を抱くってのは問題な訳ですが、ミラも同じ気持ちを抱いており、彼女の半ば強引な手段によって、一気に関係を持つ事に(汗)

ここで出て来たのが、ミラのヴァンパイアとしての能力でした。
主人公の血を吸った彼女の目に見つめられた事で、自分の意思とは無関係にミラの言動に従ってしまうという能力。

こうして、主人公は彼女の独特な愛情表現に困惑しつつも、彼女との関係を深めていく流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ミラとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや足コキ、パイズリ、腋コキ、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、彼女の力による催眠的な能力でしょうか。
これによって、基本、主人公はミラの言う事には従わなければいけなくなる事に(汗)
その結果、基本的にミラが主導権を握るので、パイズリだったり、足コキだったり彼女が一方的にできる責めが多い印象でしょうか。

ここまでで分かる様に、ミラは小悪魔…ってかヴァンパイアな訳ですが、小悪魔的な妖しい魅力を持っているんですね。
なので、主人公はこの娘に振り回されっぱなしになり、教師という立場だったり年上という立ち位置を崩して来る言動になす術がありません(汗)
彼女が異種族だった場合。 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教

吸血されてしまい、彼女の言動には逆らえなくなってしまった主人公は、毎回、様々な場所でミラから辱めを受ける事に…。
授業中の教室内で自慰で射精させたり、店舗内での射精、屋外での全裸椅子にされたり、やられ放題(汗)
また困った事に、嫌なはずなのに股間はギンギンに勃起してしまい、この異常な状況下に興奮を覚える気持ちも確かにあるのも事実なんですよね。

元々、Mっ気があったのか、ミラとの関係で目覚めたのか…、それは定かではないですが、その気持ちは認めざるを得ない事に。

教師である主人公が生徒であるミラに良い様にされて、自由に射精できない状況下にさせ、はしたなく射精のおねだりを口にさせられたりと、もはや大人としての尊厳もなく、ミラに射精させてもらいたい一心で懇願する姿は、何とも言えませんねぇ(汗)
こういうMっ気をそそる展開が好きな人には良いんでしょうけれども、そこまでの人には…、うーん(汗)

一応フォローじゃないですが、ミラも主人公が特別な存在だからこそ、こういう行動に及んでいるってのは確かなんですよね。
人間の普通、常識がヴァンパイアも同じ常識って訳ではないですからねぇ(汗)
元々、ヴァンパイアは女性上位の世界らしく、男性は逆らえない土壌が既にあったって事ですね(汗)
彼女が異種族だった場合。 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教

言動も別に悪意ある厳しい言葉じゃなくて、良くも悪くも無邪気なんですよね、年頃の娘らしく。
…それゆえに、ある種の怖さもある訳ですが(汗)

彼女からしたら、大人らしい教師な主人公ではなく、みっともなく感情をさらけ出す、生の感情、本能を見たいみたいですね。
なので、そんなちんけなプライドを捨てさせる様な仕打ちをしてくる訳ですね。
途中からは、主人公も「ミラ様」って様付けで、敬語で話す始末…(汗)

ここまで来ると、もはや彼女から与えられる快感だけにしか見えなくなり、がっつく様になるなど、もう人間としてはダメな所にまで行っている感も(汗)

欲を言えば、彼女の視点での主人公への想いが描かれていれば、よりミラに感情移入できたかなとは思うんですけどね。
どうしても「される側」の主人公からでは、彼女のSっ気の小悪魔的な面しか殆ど見えないんで、魅力が伝わりにくいかなと。
…まぁ、そもそもが人間の娘みたいな考え、価値観ではないからなぁ、人間らしい恋愛描写も何もないか(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は、前作同様に「YU-TA」さんが手がけています。

ヒロインのタイプが全然違うんで、また雰囲気が違って感じられますねぇ。
それぞれの種族としての本能が垣間見える際は、総じて似ている物がありますが。

より今作のミラに関しては、小悪魔的な性格のキャラクターなので、いかにもなデザインですね。
なので、小悪魔的な笑みを浮かべている表情が多く目立ちましたね。
行為的にもミラが責める展開が多いんで、当然、そっち方面の絵が多いですね。
彼女が異種族だった場合。 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教 彼女が異種族だった場合。 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教

挿絵数:38枚

総評


全体的には、主人公がミラに飴と鞭で調教されちゃって、実質人間やめる話でしたねぇ(汗)
主人公のキャラが後半になると、もうH要員みたいになってしまい、自分が無い様に見えるだけに…。
なので、こういう責めをヒロインからされるってシチュエーションが好みかどうかで大分評価は変わるかと思います。

…個人的には、こういうのはあんまり得意ではないかなぁ。
じゃあ、何で買ったんだって言われると困りますが(汗)

前作の後輩サキュバスとは、大分ヒロインのキャラが違うため、かなり別物感がありますね。
彼女は、人間世界に何とかうまくやっていこうという考えでしたが、ミラは人間の常識に縛られたくないし、ヴァンパイアとしての常識も嫌って考えなので、かなり自由です(汗)

自分に正直と言うかね、ヴァンパイアの名家とかも、世間体など彼女にはどうでも良い事なんですよねぇ。
だから、親、親族前で堂々と主人公にいやらしい行為を見せつけるなど、自分を貫くんですよね(汗)
終盤にほんの少しだけ、素というか、弱気な面も垣間見えたけれども、本当にそれくらいだったのでもう少しあればなぁ…。

決して万人向けではないと思いますが、好みそうならば楽しめるかな…?(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
彼女が異種族(ミュー)だった場合 〜教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団! レビュー


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、義姉と一緒に学校の応援団に所属している男子学生です。
しかし、そんな応援団とは真逆にチアリーディング部は大人気で強豪部でした。

そんな中、チア部のエースの「ちえり」が主人公と一緒の時にアクシデントで負傷してしまう事に…。
その結果、主人公はマネージャーとしてチア部に入る事を強制されてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 雫石 ちえり」(しずくいし)
  • 蔵 真琴」(くら まこと)
  • 桜 美散」(さくら みちる)
  • 早瀬 蒔帆」(はやせ まきほ)
  • 松嶋 夕菜」(まつしま ゆうな)
  • 鷹山 皐月」(たかやま さつき)
  • 高柳 侑子」(たかやなぎ ゆうこ)
がいます。

ちえりは、チアリーディング部のエース的存在です。
元気な性格の持ち主で、誰かを応援し、元気づけられたらと考えています。
しかし、男性への免疫がなく、男性陣の前だと恥ずかしくなり、萎縮してしまう悩みを持っています。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

真琴は、ちえりの親友でチアリーディング部のマネージャーです。
しかし、部の事情で彼女もチアとして試合に出る事に。
少しマイペースな所がある一方で、度胸が意外とあったりも…。

美散も、チアリーディング部の部員です。
ダンサーを夢見ており、その一環として部に所属しています。
気が強く、用心深い性格ゆえに主人公の存在を警戒しています。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

蒔帆は、チア部の先輩で、副キャプテンです。
のんびりな性格のキャプテンに代わり、チームをまとめる存在でもあります。
自他共に厳しい性格であり、負けず嫌いな面があります。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

夕菜は、チアリーディング部の先輩で、キャプテンです。
おっとりとして面倒見の良い性格な反面、周りに流されやすいのでリーダーシップは…(汗)
真面目で大人しい反面、怒ると怖いです。

皐月は、チアリーディング部のコーチです。
いつも飲酒をしており、その指導、特訓はぶっ飛んだものが多いです。
今回も主人公をマネージャーとして引き抜き、とんでもない特訓を提案する事に。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

侑子は、主人公の義姉で応援団に所属しています。
チアリーディング部のコーチである皐月とは犬猿の仲です。
所属している応援団が廃部寸前なため、主人公を使い、応援団を立て直そうと画策する事に。
手段を選ばないタイプですが、詰めが甘いです(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

ストーリー展開


展開的には、主人公がライバル的存在のチア部のマネージャーになる流れですね。

まぁ、ライバルと思っているのは、主人公ではなくて義姉の侑子なんですけどもね(汗)
元々、侑子は応援団に所属していて、主人公を無理やり入部させた張本人でもあります。
そんな応援団は、所属しているのはそのふたりだけという、お寒い状況(汗)

それとは真逆で、部員も多いのがチアリーディング部だったのです。
硬派で男臭いイメージの応援団と、華やかな女子たちのチアリーディング部。
そして、両方とも同じ応援をメインとした活動ですから、学校側がどっちに力を入れるのかは、ねぇ…?(汗)

そんな事情もあって、侑子は逆恨みに近い感情を抱いている訳ですねぇ。

そんな中、事態は思わぬ所から動き出す事に…。
たまたま出くわしたチア部のエース的存在のちえりとの会話中に、ちえりが足を踏み外してしまい、結果負傷してしまったのです。
もうすぐ大会が近い中でのエースの負傷…。

彼女の代役は、マネージャーである真琴がやる事になったのですが、これではマネージャーがいなくなる事に。
そのため、コーチである皐月は、主人公にマネージャーをしろと言ってきたんですね(汗)
いきなり、女子たちの世話役であるマネージャーになる事に対して、主人公だけではなく、当然女性陣の反発があったものの。

まぁ、これまでにもぶっ飛んだ指導などでも有名な皐月の前では逆らえる訳もなく…、強引に決定の流れに(汗)
そこには、マネージャー以外にも皐月の思惑がありました。

皐月曰く、このままでは全国大会で勝ち上がるのは難しいらしいのです。
その原因にあるのは、多くの男性の前で委縮してしまうメンタル面の弱さにありました。
皐月は、その克服を主人公相手にする事も含めて、マネージャーに抜擢したのですが、その克服方法がパイズリだと言い放ったのです(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

度胸と色気を得るために、女子部員たちは主人公へのパイズリを命じられる事となる流れになっています。

…凄い話だなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、素股などがあります。

やはり何といってもパイズリが今作の肝ですよね♪
何せ、チア部員たちはそれを命じられている訳ですから、やらない訳にはいかないと(汗)

しかし、やれと言われてそう簡単にできないですよね…。
その後押しではないんですが、ここで主人公の義姉の侑子の指令も関係してくる事に。

実は、チア部のマネージャーになった際に、応援団の復権を狙う彼女からチア部の女性陣に怪しい薬品を使って、スキャンダルを作り出して、それをネタにチア部を失墜させようとしてたんですね(汗)
そのため、彼女から託されたのが、飲むと胸が張って発情し、母乳が出る様になるという搾乳薬なる怪しいものでした(汗)

これを使って、女性陣を発情させ、パイズリ展開&母乳噴射な事態にしていく流れとなっています。
これがある事で、序盤からスムーズにパイズリをしてもらえる様になり、それで快感を覚えた女性陣との関係も深まっていく事になりますね。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

そのため、中盤辺りまではパイズリがメインの展開が続きますね。
その間、本番行為は一切ありませんが、話が進むにつれて次第に女性陣との関係も深まっていき、何だかんだと次々と女子部員たちと関係を持っていく事になりますね。
以後はパイズリ&本番行為(中出し)になっていきますね。

当然ではありますが、この人数ですので、どうしても個々のボリュームは控えめでしょうか。
個人的には、ちえりが本命ヒロインなのかなって思ってたんですが、終盤の展開を考えると特定のヒロインはいなかったかな?(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

また中盤辺りで全員本番行為をしていく中で、ヒロインたちは主人公に好意を示してくれるんですが…。
一体、どこで好意を覚えたのか、特に描写らしい描写がないので、幾分急に感じましたねぇ(汗)
まぁ、これだけの人数だから一々描く余裕がないのも分かるんですけどね(汗)

搾乳要素に関しては、個人的には別にあってもなくても別に(汗)
でも、絵的にも母乳を噴射している様は映えますし、女性陣の快感表現にも使えるのでアリだとは思いますけどね。


終盤では、全員を交えた文字通りハーレム展開になっていますね。
ヒロイン数が7人もいますから、そりゃ凄い光景ですよねぇ♪
更に女性陣は、全員妊娠しており、お腹が大きくなっている状態なので、また凄い絵に(汗)
…7人同時パイズリとか、逆に気持ち良くない気がする(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団! ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「金城航」さんが手がけています。

このブログだと「処女ビッチだらけのテニス部合宿!」も、そうですね。
オトナ文庫 処女ビッチだらけのテニス部合宿! レビュー

可愛らしくスラっとしたスタイルが印象的ですね。
でも、胸はしっかり主張しているという、全員巨乳揃いですね♪

コーチの皐月、応援団姿の侑子以外はチア部のコスチューム姿が多いのも嬉しい点ですね。
…ある意味、応援団姿の方がマニアックさは勝っているかな(汗)

基本、チア姿が多いんですが、中には何故かバニーガール姿も一部あったり(汗)

やはりパイズリ姿が印象的ですね。
同時に搾乳薬で母乳を噴射している姿も描かれており、男女ともに白い液体を放っております(汗)

挿絵数:31枚

総評


全体的には、勢いで強引な流れを作って展開される作品だったかなと(汗)
まぁ、突っ込みだしたらキリの無い内容だからこそ、可能な展開だとは思いますけどもね(汗)

やはり、上記でも触れていますが、ヒロイン数が7人と多いため、個々の描写はどうしても物足りなさがありましたね。
ノベル化が向いている、向いていない作品ってあると思うんですが、何でもノベル化すれば良い訳ではない気はしますね(汗)
文庫のページ数では、ちょっと無茶なヒロイン数ですからね、頑張っているのは分かるんですが…。

ノリは軽いだけに、サクッと気軽に読める作品ですから、そういうのが好きな人には十分楽しめると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

Amazon版 電子書籍
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団! (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

えちかわ文庫 アイドルだってお兄ちゃんといちゃラブえっちがしたいもん! レビュー


12月発売のえちかわ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、3人の義妹と同居している男子です。
義妹たちは、幼い頃から知っている主人公に恋心を抱いていますが、肝心の彼は最近とあるアイドルユニットに夢中でした。
しかし、彼は知りませんが、実はアイドルユニットの正体は義妹3人の事だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

桂川 椎」(かつらがわ しい)
桂川 撫子」(かつらがわ なでしこ)
桂川 すすき」(かつらがわ)がいます。

椎は、主人公の義妹で長女です。
主人公とはひとつ違いですが、甘えられる存在である主人公には甘えてくる事があります。

撫子も、主人公の義妹で次女です。
長く美しい黒髪が印象的な凛とした雰囲気を持っています。
H事に対しては、若干手厳しい所があります。

すすきも、主人公の義妹で三女です。
主人公とは4つ離れている事もあり、まだ幼さを感じさせる顔立ち、言動があります。
子供っぽい所とは裏腹に身体付きはかなりの発育をしています。

その他、姉妹以外にもライバル的存在のアイドルたちがいますが、ここでは省略させて頂きます(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公の義妹たちが実はテレビで活躍しているアイドルユニットだったという流れですね。

…何故、兄である主人公が気づいていないって話ですよね?(汗)
しかも、主人公はそのアイドルたちにハマっているって言うのだから、また情けない…。

まぁ、プロのメイクとか髪型や付け毛などでだいぶ見た目の印象も違うだけに分からないみたいなんですけどね。
でも、名前はまんまで活動しているだけに分かりそうなもんですけどね(汗)


そんな主人公は、義妹たちを日々女性らしさを増していく事にどうしても異性として意識している所はあるんですよね。
でも、義妹とは言え、妹なだけにその感情を押し殺して、そっけなく接したりなどしている訳ですね。

そんな感情を吹き飛ばすかのように、熱中しているのがあのアイドルユニットたちだったのです。
自分たちが演じているアイドルの姿に熱中している兄の姿は、妹たちにとっても複雑な所があるんですよね。

そこまで応援してくれている兄の姿は素直に嬉しいものの、それが自分たちとして見ている訳ではないだけに、皮肉な事に自分たち自身に嫉妬する羽目となったのです。


しかし、そんな宙ぶらりんな状態もある出来事をきっかけにして、変化を見せる事となり、ひとりと関係を持った事から次々と関係を持つ事に至る流れになっていく事になります。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
一部ですが、ライバル的なアイドルたちの行為も描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、素股、足コキ(ブーツ着用)、アナルセックス、尻コキなどがあります。
一部、姉妹でのレズ行為やローターなどの小道具などを使用する展開もあります。

個人的に気になったのは、姉妹がいつ正体を明かす(バレる)のかって所でしたが、意外と早かったですね。
なので、アイドルとしての姉妹たちの行為は最低限になっていますね。

正体を主人公に明かして、思いっきり感情をさらけ出したいけども、妹のままでは関係を持てないという彼女たちの複雑な心情は中々見所なだけにもう少しアイドル状態での行為も見たかったんですけどねぇ(汗)

割とあっさりと妹だと分かってしまうので、そこからは妹としての関係が描かれていく事になります。
ヒロインたち姉妹も正体を知られた事で感情に素直になって開き直れるし、主人公もまた感情に素直になっていく事に繋がるので、一気に関係が深まっていきますね。
関係が変わるきっかけがあった事で自身の感情に歯止めが利かなくなったって事なんでしょうね♪

3人とも、かなりいざ行動になると、積極的な姿を見せる事になり、Hで魅力的な姿を堪能する事が出来ますね。
感度も高く、主人公の行為、愛撫などに過敏な反応を見せ、はしたなくもHな表情を見せる妹たちは愛らしいですね。
とは言え、快感に翻弄されて「お兄ちゃん」×27回連呼のシーンは、どうかと思いましたが(汗)

それだけ凄い快感だったって事なんでしょうけども、ちょっとパッと見、字面が怖いですよね(汗)


ヒロインたちの行為中の描写などもあって、彼女たちの行為で味わう快感、主人公への想いなどが描かれているのも嬉しいですね。

姉妹同士の行為もありましたね。
てっきり2~3ページ程度かと思ったのですが、意外と描写量もあって、中々読み応えがありましたね。
余りレズ描写とかそこまで興味ない私ですが、それでも姉妹が互いを愛撫して、その味の感想を口にするとかのシーンは印象的でしたね(汗)


一部ですが、姉妹以外のアイドルの展開も描かれています。
まぁ、あくまでもメインは姉妹になるので、一部シーンだけの登場なので、あって無い様なものでしたね。
実際、大半の描写は省略されて描かれておりませんし(汗)

挿絵


挿絵は「ちむり」さんが手がけています。
えちかわ文庫の「幼なじみと同級生とくちゅくちゅしてみた結果」もそうでしたね。

はっきりとした瞳や顔立ちが特徴的な絵柄であり、可愛らしい姉妹を魅力的に描いていますね。
どちらかと言うと、いやらしさよりも可愛らしさが強いのが、またアイドルと妹という要素に合っているんじゃないかと思いますね。

アイドルって事もあってか、コスプレ色がややあるかな?
衣装での行為などもあって、そこら辺も楽しめる様になっているのは嬉しい所ですね。

結構、好きなのはエナメル系のレースクイーン風な衣装かな?
あの下品な感じは結構いやらしさがあって、良いんですよねぇ。
まぁ、絵柄的に生々しさが薄い絵柄ですので、下品さは薄く、可愛らしい仕上がりになっているかな?

スク水でのローションプレイ行為もあるんですが、残念な事に主人公の後ろ姿でだいぶ隠されており、全身があまり見えないんですよね(汗)
そこら辺が勿体なかったですねぇ、主人公がなくても問題なかった様に思えただけに。

後は、アイドル時と普段との姿の変化も見所ですね。
私、最初誰が誰か分からず、混乱してしまいましただけに、キャラ紹介ページとか欲しかったなぁ(汗)

えちかわ文庫は、キャラ紹介ページないのが残念。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りにアイドル妹たちとのH展開を楽しめる作品でしたね。
正直、あまりアイドルの世界、業界の活動描写はそこまで多くないだけに、アイドル感が乏しかったのが物足りなかったかな。

アイドル風味な妹たちといった感じでしょうか(汗)

まぁ、嫌みのない明るく素直な展開は読みやすい作品に仕上がっているので、分かりやすくイチャラブできる作品が好みであれば楽しめると思いますね。


楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】アイドルだってお兄ちゃんといちゃラブえっちがしたいも...

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

美少女文庫 本日開店! くノ一喫茶 レビュー

美少女文庫 本日開店! くノ一喫茶

本日開店! くノ一喫茶 (美少女文庫)
あすな ゆう
フランス書院

半熟忍者・甲賀つつじ!妖艶お姉さん・伊賀霧香!コギャル系忍び・風魔影美!秘伝の忍法帖をめぐって、小太郎の茶屋は、女忍者ハーレムへ!お姉さんとコギャルが競う淫ら忍法。半熟忍者が贈る分身ご奉仕。とどめは和風ウエイトレスがお尻を並べて。忍法帖より、アナタが欲しいんです。



6月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
今回唯一のえすかれではない、美少女文庫です。

主人公は「茶屋 半蔵亭」という店を経営している青年ですが、そんな主人公の前に謎の虚無僧(こむそう)が現れる所から話は始まります。
その虚無僧の正体は可愛らしい少女であり、くの一であると語ります。

そして、そんなくの一「つつじ」が自分を探してやって来たとも。
更にそれは彼女だけではなく、ふたりのくの一も現れる事態に(汗)
彼女らは主人公家に存在しているという「半蔵忍法帖」とやらを目当てにして来たのですが、主人公には心当たりがなかったものの、話の流れで彼女らを住まわせる事となるという展開です。

そこでタイトルにもあるくの一喫茶となるかと思いきや、この時点では周囲の人間には正体を隠しているので、普通の和装喫茶と変わらないです。

ヒロインは、押しかけてきたくの一、3人です。
甲賀の「つつじ」に、風魔の「影美」(かげみ)、伊賀の「霧香」(きりか)です。

つつじは、今作ではメインヒロインな存在です。
主人公を何故か話の流れから「お師さま」と呼ぶようになったりします。
メインヒロインであるんですが、最近はツンデレ系ヒロインが多い中、珍しくというか素直な可愛らしいキャラクターですね♪
子供っぽさがどこかある語り口調など、何となく犬っぽさを感じますね。
里で暮らしていたせいか、やや知識が古めだったりするのはベタですが、それもあって可愛いです。

影美は、字を読み替えて「エイミー」と自分の事を呼んでいるのが特徴なコギャルくの一です(汗)
そのため、口調がコギャル口調?なので、結構うっとしいですね(汗)
個人的に「キャハッ」みたいなキャラは苦手です…。
見た目は別にそこまでケバさは感じないだけに、勿体無いなぁ。

霧香は、主人公よりも年齢が一番上のキャラクターであり、いかにもというようなお色気系です。
まぁ、くの一って感じですね、見た目は一番イメージに近いのではないかと思います。
他のふたりは、正直くの一というには幼いかなぁ…。
実際、経験ないですし、ふたりは。
その分、大人な色気でかき回すかと思いきや、やや出番が少なくちょっと物足りない印象ですね。

正直つつじ以外は、賑やかし+H要員な印象は拭えませんね(汗)
いっそ、ピンでも良かったかもしれませんねぇ。

全体的にあまりくの一感が薄いのかなと思いました。
まぁ、「くの一感」ってなんだよって話ですが(汗)
それでも、分身の術で2人になったつつじとHしたりと、少しはこのヒロインでないと無理なHがあるのは良かったですけどね。

皆、ヒロインが意外にあっさり序盤からライバル関係がなく、溶け込んでいて平和なのも薄さになっているのかなと。
それぞれ、主人公家の「半蔵忍法帖」が目当てのはずだったのですけどねぇ。
なので、激しいバトル要素など無縁のほのぼのですので、バトル要素などを期待しないようにしましょう(汗)

そんな展開ですので、あまり大きなストーリー的な起伏は少なめです。
中盤あたりで、主人公との関係が揺らぐ場面などはありますが、それくらいでしょうか。

基本的には先に挙げたように起伏は少ないのですが、ほのぼのした作風ですので、そこまで悪いという感じではないです。
個人的に気になったのは、Hシーンで結構ヒロイン同士のレズっぽいシーンが多いんです。
まぁ、別にそんな毛嫌いする訳ではないですが、そんなに頻度がある必要はあったのかなと。
そういう点でも、皆仲がいいって事なんでしょうけどねぇ。

後は主人公のキャラクターでしょうか。
基本ずっと敬語で話しているのはやや違和感がありました(汗)

挿絵は色気よりも可愛らしい印象が強いですね。
そこがくの一らしさを消しているのかも。

つつじの可愛さは魅力的なだけに、魅力はあるんですが、もうひとつかなというのが個人的感想です。
…喫茶である意味があったのかしら(汗)

楽天はこちらからどうぞ
本日開店!くノ一喫茶

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
本日開店! くノ一喫茶

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 三姉妹と調教対決!  レビュー

美少女文庫 三姉妹と調教対決!  勝ったら弟にしてあげる


「この屋敷で暮らしたければ、私たちと調教対決しなさい!」新しい義姉は、SM術を受け継ぐ丸城戸家の三姉妹!女王サマな梨乃さん(23)に、巨乳グラビアアイドルのあざみさん(20)!ロリ姉・胡桃さん(17)も侮れない!野外調教!服従奉仕!絶頂地獄!実はバージンな姉妹をM奴に変えて、目指せ、逆転ハーレムのご主人サマ。

今月発売の美少女文庫の中で最も個人的には、食指が動かない作品でした(汗)
正直「調教」ものはほとんど興味がないので・・・。

それにこの表紙は、いかにもな絵柄で大丈夫かなと思いながら読むことに・・・。
ムチ+ボンデージ姿は、私にはレベル高いなぁ(汗)

そんな中、読んでいくとまぁすごい設定ですね。
主人公は義姉たちの所にやっかいになろうといくも、そんな事を知らない三姉妹は反対モード。

そんな彼女たちの家柄は代々SM術を受け継ぐ、由緒正しき家系だそうで、そんなぽっと出の主人公が気に入らないご様子。

とはいえ、家系のご威光も昔の話で、今は影響力は薄れて久しいと・・・。
時代が時代ならば、時の政府も思うがままだったなんて、大丈夫なのか、この国は(汗)

そんな中、主人公がこの家の伝承にある、言い伝えの「救世主の印」を持っていると分かるんですが・・・、ナンデスカ、この設定は(汗)

それを知った姉妹はとりあえず家にいることは許可されるものの、義弟として暮らしたければ対決で勝てという超展開になっていきます(汗)

あまりにも強引な展開には、賛否分かれそうですが、その辺は今に始まった事ではないですから深く考えない事にしましょう・・・。


そして、主人公は各義姉らと対決して、彼女らを調教していくという流れになるんですが・・・。
対決と言っても、実際それらしいのは長女の梨乃(りの)くらいなものであって、他の2人、特に一番主人公に対して興味があった三女の胡桃(くるみ)に関してはあっさり調教完了という展開です(汗)

最初の印象だと皆、きつい感じなのかなと思ってただけにあっさりしているので、ちょっと拍子抜けでした。

何だろ?責めてばかりだったから、責められるのは弱いって事?(汗)
経験もない童貞の主人公にあっさり絶頂させられるのは、救世主だからなんでしょうか・・・。

そんな訳で、三姉妹ともに紙の様な防御力でイカされちゃってます(汗)
あれだけ冒頭煽っておいて、このあっさり調教されちゃうのは、何かなぁ・・・。

これは、調教好きの人は逆に楽しめないんじゃないかなぁ。

Hシーンも多く、過激ではあると思うのですが、アブノーマルともノーマルとも言えない微妙なラインでのプレイかなという印象です。

H中のヒロイン側の心情描写があり、こう思っているんだなと感じられるのは良かったです。
まぁ、最終的にはラブラブなHばかりなのでエグサはあまりないとは思います。
ラブラブさを感じさせるのは好きなので、そういう雰囲気好きなんですけどね。

個人的には無理に調教を絡めないで、普通に三姉妹ものとして読みたかったかなぁ(汗)
と、読み終わって他の作品リストを見ると、「三姉妹とドキドキ 家族計画」ってもう三姉妹やってたんですね(汗)
他にも、「あまえて 騎士ねえ様」もあって、正直今作のような調教イメージがなかっただけにちょっと驚きです・・・。

ラブコメ調教ものと考えれば、明るいノリで鬱さは感じないのでアリかと思います。

楽天はこちらからどうぞ
三姉妹と調教対決

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
三姉妹と調教対決!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 あまえて 騎士ねえ様 レビュー

美少女文庫 あまえて 騎士ねえ様

あまえて・騎士ねえ様
あまえて・騎士ねえ様
価格 680円 税込 レビュー( 0件 )

「貴公の、スキにしてよいのだぞ。」凛々しくカッコいい騎士ねえ様が初体験を教えてくれる!彼女も実はバージンなのに!甲冑姿のファ姉を思いきり貫いて、何度も何度もイカせちゃおう。異世界から来た竜騎士ファニーとの甘い同棲生活…どんなお願いも最強の年上お姉様がかなえてくれる。

当時、美少女文庫新人賞作品だったようで、なるほど新人らしい勢いのある作品ですね。
まぁ、?と思う箇所はそこそこにあったりはしますが、粗探しするのはやめておきましょう(汗)

内容は現代世界に異世界から騎士たちがやってきてしまう事になるという非日常ストーリー。
ねえ様となっていますが、血縁関係もなく他人ですが、なぜかそう呼ぶ主人公は女殺しの才能開花でしょうか(汗)
ちっさなドラゴンもいたりとファンタジー色ですが、バトル要素はほとんどなく、意外に日常生活を過ごす展開がメインです。

騎士なんですがヒロインの見た目の可愛らしさもあってか、主人公に対してかなり甘いのでキリッとした凛々しさもありつつ、柔らかい印象を受けます。
個人的には絶妙なバランスだと思います。

でも、良く考えるといつの間に主人公に好意を持ったのかよく分からないままですね(汗)
主人公は最初に出会ってから介抱しようとして、こっそり胸揉んだりする有様です・・・。

こういうヒロインは戦いの腕はあっても、Hの腕前は主人公の方が高く、主人公にイカされちゃうのはお約束ですね。
彼女の方も主人公に求められてまんざらではないようですが♪

他のヒロインである悪魔っ娘もHしたりと、2人とのHが楽しめます。
多すぎず、少なすぎず、いいバランスではないでしょうか。

そういう意味では破綻もなく正直、新人賞作品と知らなかったら気づかないレベルだと思います。
・・・下手な作家より面白・・・(汗)

キャラクターが好みというのが大きいですが、甘えたりとラブラブな展開が好きな人には楽しめるのではないかと思います。
個人的には、現代世界で生活するヒロインが意外にあっさりこの世界に適応して過ごしていたのが印象的でした。

逆に主人公が向こう側に行く展開も読んでみたいですが、日常世界である今作より向こう側のファンタジー全開な設定では世界観を描ききるのが困難かな・・・やはり。

アマゾンはこちらからどうぞ
あまえて騎士ねえ様 (美少女文庫)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
あまえて騎士ねえ様
関連記事

美少女文庫 三姉妹とドキドキ 家族計画 レビュー

美少女文庫 三姉妹とドキドキ 家族計画 

三姉妹とドキドキ 家族計画 (美少女文庫)
あすな ゆう
フランス書院
売り上げランキング: 88017
おすすめ度の平均: 4.0
4 風紀委員+先輩+美人教師三姉妹の家族計画

鈴菜、蓮、さより…三姉妹がおしかけ家族に!?毎晩夢のハーレム三昧!「同棲なんて校則違反よ!」マジメな風紀委員だってラブモードで初体験!「パイズリしてあげようか?」小悪魔系先輩は、本当は純情バージンで…「先生のこと、ママって呼んで」ほんわか長女も加わって、薔薇色生活。

表紙絵を見た時の感想は、「ハ*ヒ?(汗)」でした・・・。
かなり似てますよね・・・? 偶然なのか・・・。

まぁ、そんな事は置いておいてレビューですが、正直インパクトのある作品ではなかったです、私には。
ひょんなことから3姉妹と同居することになった主人公の話です。
それ自体はそれほど珍しい設定ではありませんが、この作品はヒロインたちの視点の描写が比較的多めでしょうか。

個人的にはメインヒロインであるツンデレ3女よりも、長女の先生でもあり、主人公のママでもある、さよりが好みです。
おっとりですが、Hシーンでは主人公に突かれていやらしく喘ぐシーンはエロいですね。

終盤はハーレムぽい流れにもなるんですが、イマイチ盛り上がりにかけるところがあるかなという印象です。
H自体も回数は多めなんですが、淡白な感じがあるせいなのかもしれませんね。
個人的にはもう少しエピソードが欲しかったかな。
関連記事

美少女文庫 開運!巫女パラ神社 レビュー

美少女文庫 開運!巫女パラ神社

開運!巫女パラ神社 (美少女文庫)
あすな ゆう
フランス書院

「私たちが不幸を祓ってあげるぞ!」漂着した島は、巫女いっぱいの巫女パラ神社!チビッ娘貧乏巫女・みそぎ、お嬢様巫女の依都姫、剣術巫女・八雲。キツネの芙蓉も加わり、島丸ごとハーレム状態!?純潔女体を日替わりで4人がかりで夜の奉仕。尽くして、乱れて、清純巫女が取り合いエッチ。

不幸体質の主人公と巫女たちのストーリーですが、どっかで聞いた事ありそうな?(汗)
個人的には、剣術巫女・八雲さんが好みでした。
んで、オチは予想通りでした(苦笑)
不幸で女だらけって・・ねぇ?

楽天はこちらからどうぞ
開運!巫女パラ神社
価格 680円 税込 レビュー( 0件 )

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
開運!巫女パラ神社

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます